FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫はパーティの中のみそっかすのようです(DQシリーズ)14

         10 11 12 13

82 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:17:13 ID:JCpNUzr6



  やる夫はパーティの中のみそっかすのようです14
                      (DQシリーズ)

            ____
           /_ノ   ヽ_\
         /( ●)( ●)\
        /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
        |     (  (      |
       /\     `ー'     /
      │/ ̄ ̄\__/ ̄ ̄\
      /::::\::::|:::::::::∪::::::::::|:::::/:::|
      |:::::::::::|::::::|:::::::::∥::::::::::|::::|::::::|
      |:::::::::::|::::§:::::::∥::::::::§::|:::::::|


.
87 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:26:44 ID:eAZczHC6
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,,___
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. .,,.r-~''´ ̄   .. .. ..   ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,..,,_,. -─- 、..,,____,,.....,,,_.. ..                _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,____,,.....,,,_.._,..r-'''"´      .. . ..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...                                         ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. ..   . ... ...    ..::   .         ,ヘ
/ / '::... `:.\、                         ,ハ';'ヽ、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´\,ヘヘ,、 :.     ,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------- ,....へ.,.,.,,,,,,,.. ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、w:.、,、v、,、v、;. ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W゛j;yノw''" ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛' ~    彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj从リWv,ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 W:;,',:从シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'"゙:.:゙,;`彡ハノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjwv,:.:.、;..:...: ;:ノハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj":::",:.:.、;:...: `ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj从リ、从:'"゙:.:゙,:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:jリw",:.:.、;:...: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 さて、ロマリアを出て今日で五日目になった。

 視界の右側に広がる森の向こうには山があり、視界の左側にも山がある。
 山と山に両端を囲まれた道を最後に進んでいく必要がある

 この辺りからは昨日何とか倒したような強いモンスターが出てくる地域でもある
 昨日は早めに休んで備えをしてはいるが、気を引き締めなければならないだろう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

88 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:31:39 ID:tCdZ4uiE
             __
          ,. : ´: : : : : : :> 、
        ,イ´: : : : : : : : : : : : : : : ヽ、
.      ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \                          __
.     /: : : : : : : :!: : : : :/: : : : : : : : : : : i                     , .‐''゛  > ′
     /: : : /: : | : |: : : : ,'ミ?| |: :|: : : : : :',                  , .‐''   ,.‐''゛´
     i: : : i: : : :!: :!: : : : i  ̄ } !: :|: :,': : : :i             ,, .‐''゛, .‐''゛´
     |: : : |: : :┼-、: : | { ´ ̄卞l、|: :/ } : : ',           , .‐''゛, .‐''゛
.     ! : : |: ', ', 圷、、 |ヾ、,イ圷≦: /_ i : : : ヽ   , .‐''゛, .‐''゛
.     ', : : !: :i:ハ. ',:::|ヾ、  {:::刈イ:/ }|: : : : : :\''゛ ,.‐''゛...γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      \ !\: :.! ゞ′   ゞソ: :/_ノi: : : : : : `ヽ: :`: : ̄......|  あ、あれ?  ...|:
       ヾ、ヾ人 `   u./ / /|/: : : : : : : : : : : : : : : :...ゝ________,ノ
         // |\`   / /--´::/: /: : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :―――\
         / i  ヽ: :`フ /',_::-/ / |: : : : : : :.\: :`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : : : : :ヽ
       _ i レ‐''゛ ゝ: /´   / / !: : !: : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.       _/r≧ ヽ. ,'''゛{ /    / /  ',: : ',: : : : : : : : :`ヽ_: :――――――
     x_jヾノ',ヽ- `ヽ/|--≠- / /、   ∨ ∧: : : : : :、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  , イ´ >¨--< ヽ/―:.´:.:.:.:./ /:.:.:.:.:.`ヽ∨: ∧ヽ、: : : : ――――
. ゝ、  , --   //:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.i: i:.:.:.:.:.:,イ´ ヽ: : :\`ヽ --------
;;;;;,イ` <  / ヽ i:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:| .|:.:.:./    -\: : : :` --
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 が、山間道に入るなり遭遇したさまようよろいにヒナギクが一撃を喰らわせたあたりで
 何かおかしいことに気が付く

 彼女が攻撃した直後、やる夫が放ったヒャドが当たっただけで
 あのさまようよろいが倒れてしまったのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
90 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:35:47 ID:WDLPQh42

     _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |     なんだったんだお今のは?
. |   (__ノ ̄    /
. |         /      さまようよろいにしちゃ簡単に倒せたけど…
  \_      _ノ\
    /´         |
.    |  /      |


          /        l/ / ヽ、
          /       l /  /  Vー──‐'´
         /   /  / /  / ,イ  /  /==
         ;;   /  / /  / ,' l  ,'i  ,' /〃l
         l l   l   l ,' ,' ,イ,' l  ,'l  l,'  u l l
         l l   l   ト、l,'l/ l i l i l l l-ー- l l
         l l ',  l  l l l:「i. l !``l',l ',l !   l l l
          ',! ',  l',  ll Lリ ',!  ,.イ ̄「 ー、 l l l    ちょっと分からないわね
           ヽ l ヽ ll:::::.      l:::::il プ ,.イ l「
            / ',  ',  、   ....::::::ー- 'ノ l l_.ノ   さまようよろい側が万全じゃなかった、とか?
           / ノl   ヽ        し ,.イ l
          / / l  l  l\つ   , -´ l / l ',
         / ,イ   l l  , -、`‐-r '    /,イ  l
         ,'  l   l_l lイ  _>l    // l_ l
         i  l  /l ', ',  /_  ノ   ノ   \  ̄
         l  / l l  ヽ、/l  ヽ         7

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 あまりのあっけない戦闘に困惑する二人

 しかし、自分たちが一晩で強くなったとは思えないため、何かしらの
 理由があるのだろうと考えるが、結局分かることなく先へと進むことに

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
93 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:42:43 ID:EOiFNwoQ

    _,-、_,-、r'~^`Yヽ、
  γ'':::::::::::r-t、::::::::ヽ~ヽ
  i:::::イ⌒y':::::J::::::v':::::::{
  ゝ:r':::::::::、:::::::::::::,:::::::wヽ
  !:::|::::::,-、:i''・-・''i:::::::::rく   えっ… また戦闘っすかぁ…
  ゝヽ::(:::::ヾ-,,,-l´:::::::し::|
  `,::l~:::::::,-'、,-、::ヽ- ':::::f   あっ、先制取られたぁ がはっ!
   'ー、:::::l::::J:::::::::,、l::::丿
      ̄`ー、,、__-'  ̄


       ./: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
       /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : l: :、: : : : : : :.
      ,': : {: : : : : : : :/:/ /: /: : :|、ヽ| : : : : : : |          ___
      |: : |: :|: : / // / /: :i: : /! ヽ | : : | : : : |          .//  /
     /, イ|: :|: :\. /: / // /: ://  _.| ,: : !: : : :!      //   /
    r:|| |   |: :| :.r- r≦__: : /: // ≧__/|: : l: : : /      .//     /
   /:.:.| | |  |: :| /.` ゞ-┘`// 弋ノ '/: :/: : :/.    //       /   (ま、またこんな簡単に…)
  i:.:.:.:| | |  | : リ:|     /     //: : : /    / /        /
.  |:.:.|:.:.l l l  |: : : |.u.   __´    ノ/: : : /  / /       /     (どうなってんのよいったい…)
  l:.:.:|:.:.:.トl l  l : : l::::\ ヽ ∨  <// : /、  /  /        /
. l:.:.:.|:.:.| ヽヽ ! : : !‐ 、:::> <   ///   /   ./     /
 |:.:.:.:|:.:.!  ヽヽ\ l  /       // -- /    /___/
. |:.:.:.:.|:.:|:.:\ \l ヽ´二二二二〃ニ . /    /    /
.,':.:.:.:.:.l:.l:.:.:.:.:.`/`ヽ===―― /:.:.:.:./    /    /
i:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:ゝ、  /:.> -/:.:.:.:./    /     /
|:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:./   7:.:.:./:.:.:.:.:./    /     /
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、この道を進んでいって遭遇するモンスターの多くは似たような形になっていた

 あと一撃、二撃程度で倒れてしまうような状態のモンスターばかり
 さすがの二人も訝しまないではいられなかった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

96 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:50:08 ID:iCfM9hh6

       ____
     /     \
.    /       \    ねぇ、桂さん…
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  これたぶんやる夫たちの前に誰かと戦ってるお
   /,'才.ミ) (__人__) /   半端に戦って敗れたか、もしくは逃走したかとしか思えんお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



.     /:. :., :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ
     /:. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :ヽ
    /:. :./:. :. :. :. :. :. :, :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.ヽ
    /:. :./; :. :. i :. ;. :. l:. :. :. :. :.人、:l:. :. :. 、ヽ
.   i:. :. :i:i:. :. :i:. :.i:. :.l:., :. :. :. :/ソlミ;i:. :. :. :i:. !
   i:. :. :i:l:. :.l:.l:. :イ:,':ィ:.l :. :, :,:/ `ヾ:.l:.l:. :.' l: .!
   |:./:.,l:i:. :.i:.lNハ;.i:.i !l:. :. l:.l:i   .i:./:l:. :.i:ハ:l
.   |/:. :.il:', :.:i:ト、 `,_ーiイ:i!:.,l:N.  /:/:.l:. :.i:.l リ
   /:. :. ソ;.ヽ l,弋心ミ' ソi/l/ー--ナイ:イ:. イ/ '
.  /:. :. /:. i:.ヽ:l' `゙'ー  '   ィァt=、,//i:../l/     そうでしょうね…
 /:. :. /:../ト;_:ヾ、'''      ゙┴゙ '/イ//.'
./:. :. /:,.ィア´  ` ヽ、   '   ''',イ:. :.i':i        でも、なんでこんな中途半端なこと…
:. :. :/イ//: : : : : : : . ヽ ‐  _, イ:.!:. :.l:.l
:. :.////: : : : : : : : : : . ヽ´l:.l:,l:. :ハ:. :l:.l
:..////: : : : : : : : : : : : : .ヽ,:/l:. l !:. l:.!
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 二匹目のさまようよろいと戦った後に服の切れ端と思わしきものが落ちていた
 もしかして、やる夫たちの前に別の冒険者と戦った結果なのではないかと推論できた

 やる夫たちからしたら、美味しいところだけ貰っているようなものだから構わないのだが…
 なぜこんなことをしているのだろうか

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

98 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 22:55:51 ID:yyoh/DQk
       ,";'.:.:;”:;,`:;,':,”:;:;.,:;.:;'.:.:;”:;
       .::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"ノ'.:;ノ'.:.:;”:;,`:
       ..:;,`ヽ|/:;,':,:;.,:;.:∨//.:";'/.:.:;”
       .:;.:'";|'ノ.:.:;”:;,`:;:i;|.':,”ソ::.:゙,:;、,". : .: . :.lニ|: . . : . : . :
      ,,`:;\i;|i;/:,:;.,:;.::i;i;/'.:.:;”:;,`:;,': :. . :. .[]n「「 .|ニ .:__... -
    "".:::;.:".:i;i|.:';'.:.:;”:|:i|.;,`:;,':,”:"゙:.:゙;'_   __.:.__,,,,-‐‐ ゛ .: :. .: . :.
     ".:;,`:;,i;;i|;'.:.:;”:;:i;i|.,/`:;,':,”;”:;,`:;,  -ニ二_ :.: .:. .:. :. : . .:
     ,,.:;'.:.:|iii|;”:;,`:;,'|i;i|.:,”//:;.:'"゙:.: "'‐..._―、_^ー-‐‐、___  ;::. :. : .
     .:; .:ヾ'|;|'ノ.:.:;”:i;i|i:;,/`:;,':,”::. ;:   -  _ヽ.   ̄^~^^ー―ニ___..._
     .::; .:".:i;i|.:';'.:.:;:i;i||”:;,`:;,':,”:"゙:::-_  =- -ヽ.  :::li::.:. .:l
      .:`:;,i;;i|;'.:.:;”|:i;i|.:;l:;.;"~‐     -  ̄,λ`ー-、..__  : .: . : .:
   "   ;'.:.:|iii|;”" :i;i|.|i;,`::;;"::::  =―  _,,-'″`ヽ...: .: .: "`ー、__
     " ;;:;i|,i;;ii:i;;i:i,`:;;,`:;,':,__      ,,‐'"~:..: .: .:.. ,;`-,:: ;: ;: : ; :; ::.:..:.: ̄
   ._,,,.,,,,-‐'"~ ―=-   .    ,,‐'"  :.:. :. :. :; :;::. :. `ー-,.__. :. :..: .: .
      ニ ―  =―  _  ,,'   "..: .: .:. :. :. : .. :.: .: . :. : : .:."`ー-, . :
   ―  --― _   ̄-  ;;"  .: .:. .: . :. .:.:. : .: . :. : .: . . . :. : .: .: .: .: .
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その答えは、目的地である賭博場が視界に小さく映る場所に着いた頃に判明する

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
100 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:04:10 ID:A5eJGxS6 [1/2]

         , -─‐──‐-、
        /        ゚    \
      / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
      ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
     (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 道、というわけではないが、やる夫たちが通ろうとしている場所のど真ん中で
 倒れている男を見つけたのが全てだった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

               / . / :./ :/:/: : : : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
              / . :/: :/: /:/: : : : : : : : /「こN: : : : : : :ヽ
             / . : /: :/ :/:./: : :.i: : :.l: l/// /lN: : : : :l: : :.l
            / . :.:.l: :.:l: ::i: :l: l: : {: : :.l: l  ̄`ヽ|: : : : :l: : :.l
            | . : : :| :l l:.⊥⊥l:.:.:.|: :.l:L:L_ _  |: : : :.:l: : : |
            | : : : :|: l l´l:{⊥:l .: :|: :.N リ __  `1: : : .:l: : : |
            | : : : :| :l.彳フ〒メ、: |: :.l 〒 ==ミヽj: : : : l: : : |  これ、この間見た二人組の片割れじゃない?
            |ハ.: : :| :ハ V ハ。lヽ| V  r小 } Vl: /: :.:l: : : :|
             V:.: :.:ハ ヽ りノ      じ。ソノ l/: : :.ハ: :.:.:|   あー、まさか私たちを先行して進んでたのって…
              V.:.: i..ハ    、           /l: : : lノ: : : |
              ヽ\ :.:ハ           u. /: : : :l: : : : :|
                 1: : i\   rっ     , イ: : : :/: : : :.:.|
                 l: : :l : :> 、 __ , イ: :/:/ : /: : : : ::.:|
              __ _」: : l/:::::〈     /V: /// : : : i: : : |
             /     \ |::::::::.ヽ   l:::::V//: : : :i: |: : : |
            /-- 、       \::::::::::.L   \/丶、: l :|: : : |
           /    ヽ     ヽ:::::::::.\二二ヽ:::::.、`丶、: |
          /      \     \::::::::::.\   \::\  \
.

103 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:08:48 ID:A5eJGxS6 [2/2]

            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /ー   ー        ー   ー\   ___,ノ-、
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ  でも、その残りの方はどこにいるんだお?
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /          こいつ一人だけ残していくわけないはずだお
         /                       ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 周りを見渡すが、見える場所にもう片方の人間らしき姿は見えなかった

 と、この辺りにいないんじゃないかとやる夫が判断をしようとしたとき低く掠れた声がした

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

106 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:12:20 ID:D5lzYKLk
                             _____
                           //;;:;;;:;;:;:;:;;:;/  \..゙, ‐‐、
                         //;;:;;;:;;;:;:;:/     /    | ;
                        / {;;:;;:;;:;;;:;;:/.        |    ノ     __
                  γ⌒ヽ /   /;;;:;;.:;.:;.:/.         ;^ ーf ; /  } ;
                  ( ハァ )  /;;:;;:;;:;;;:;;:{       |、__ ./  /   /   _
                  ゝ_ イ...  {;;:;;:;;:∧;;:;;:;}     ' ´  {   } ,ィ  ーr'   /   }
                    | U  {;;;:;;;:{ {:;;;:;:}.    ‐ェ::::/ヽ- '「  __/  / 、_/,   あ゛…が…
                    |    /;;:;;:;/ {;;:;;/..     ,イ     -くr‐ f´ __/ :
               γ⌒ヽ   \  {;.:;.:;:{ /;;:;;{ . ______,ノl `ー=ミ、  ヽ--<__
               ( ハァ )..  \{;;:;;:/ {;;:/ ̄          }  \_{__l   { ̄ ̄)
               ゝ_ イ     /ヽ;{  {゙ト-----'--<     ,ノ     /   ̄ `¨¨´
                     /     ;’           ー一'⌒ヽ._,ノ ;’

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 意識をわずかに取り戻したのか、残った力を振り絞るようにして
 道の脇の薄暗い林に向かって手を伸ばす

 まるで、そこに何かがあるかのように…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
109 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:15:21 ID:uDqw1uIA

                       ―――――――― 、
                     /::;;:;;#;:;;:|::::::::::::.:.:.:.:r‐… '' ¨   ` <
                   /:::::;l,;;:;;;:;,;:;|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙{          ,.ゝ- 、
                  /:::::{;;:;;;:;;:;。;;:;;:}:.:.:.:.:.:. : : :..` ー -‐ ''⌒ヽ/    \
                  :::.:/;;;:;;:;;∧;;;:;;〉 : : : :       r ゙      ,ィッ'⌒¨''‐、
       γ⌒ヽ       ::.:.:.:.:{;;:;;;:;;;:{ };;:/.             ヽ...,,,..  /´     ‘,
       (  ⌒ )     |.:.: : : :{;;:;;;:;;:;{ };;;}             ` ̄{             i
       ゝ_ イ.      |:. :  {;;:;;;:;;:;{ };;;}               `ーr-='-‐'^!´  {、
                |:   {;;:;;;:;;:;{ };;;}                  |.}    ,> ''" \
                | u. /;;:;;∧;;;} {;;/               __,,,.. イ   r '"        ‘,
                |  {;;:;;/  };;} {;{.       ,r-‐ ''"           ヾ           }
                  {;;;/  /;;;{ {;{     ;;l.....{               `ー‐'''^    /
                 ヽ{;;;{  {;/};} };.         ヽ.__ __....γ⌒ヽ             /
                /\}  {; {;_,.ィ≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧ュ...(  ⌒ )` = ---'、      ∥
               /          `~´  ̄ ̄ ̄ ̄i;;;{ `~...ゝ_ イ.:.:.:.:.    `- ‐ '"
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 が、それが最後の力だったのだろう

 伸ばした手は力尽きるようにダラリと落ち、その場で再び意識を失ってしまった

 ヒナギクが心拍を確認する。なんとかまだHPはわずかながら残っていたようだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

110 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:18:43 ID:.XOv2m6c

          ____
        /     \
       ‐   ─     \   あの林の中かお…
       (  ( ●)     \
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 意識も朦朧としている人間のことだ 正確な情報かどうか定かではない
 しかし、ここまできたら確かめずにはいられなかった

 ヒナギクに倒れている男を見てもらい、自分が林の中へと入っていくことにした

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
113 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:26:44 ID:bp8CBdMg
ヾ ゞ:;ヾ ゞ:;ヾ ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞゞ:;ヾ:.:..:..::..
ゞ:;ヾ ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ :::ゞゞ:;ヾ :::ゞ:;ヾ:.:..:..::.
.:...:..:..:...:ヾ;; i r´;ヾ :::ゞ;.li:::ゞ:;ヾ ..  l;.i|ヾ;; i r´;ヾ :::ゞl.;l::ゞゞ:.:..:..::.
.:..::.:..:...::..:.ll. i ;|::::ll. i ;|:::|,;i.l. . .. .  . |l,;l::::ll. i ;|::ll. i ;|::::|,;il.:..::.:..:...::
.:..::.:..:...::.. | l; .li::::| l; .li: l ;li| . .. . .. .|,i;|:: | l; .li::| l; .li:: l ;i|:.:..:..::.:.:..:..::.
.:..::.:..:...::..:|, ;i0.l:: |, ;i .l::|l: i;l . .. . ..丿;;;::.|, ;i0.l::|, ;i .l:: |l,i;l.:..::.:..:...::
.:..::.:..:..::.. l ; l. i|:::l ; l.i|::|i,i;.;| . .. . .. . . l ; l. i| l ; l.i|:: |i,i;|.:.:..:..::.
.:..::.:..:... . |l:; .l,i;l |l:; .l;l/::i;;'ヾ . .. . .. . . |l:;..l,i;l:|l:; .l;l丿;i;.ヾ.:..::.:..:...::
.:..::.:..:...::..|0l i .;|:| l .;:.| . .. . .. . .. ..  |0l i .;|| l .; |.:.:..:..::.:.:..:..::.
.:..::.:..:...:丿;i;;'、:丿;i;;'; ヾ . .. . .. . .. ..丿;i;'、:丿;;i;;';ヾ.:..::.:..:...:::.:..:..::.
;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;::::''::.;;'' ;;:;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'' ::''::.;' ;;:;::.;;'' ;;:;: :::'':;: :::'....
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そして、それは林の中に入ってすぐに見つかった

 隠れているわけでも何でもなかったのだ。そして、その姿を見て全て合点がいった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    そういうことかお…
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |
 \      ` ⌒´   /

.
116 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:32:46 ID:L7viZJps
 ̄ ̄ ̄ ̄´     > ' ´三三三三三/
____>- ' ´ ̄三三三三三三三/
三三三三三三三三三三三三三><、
三三三三三三三三三三三>'´:.:.:.:.:.::.ヘ
三三三三三三>-' ' ´:./:./:ハ:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:iヘ
ー── '' ´ ̄/ハ:.:.:.:.:./:./:.:.ハ:.::.:.:.:l:.:.:.:| i
:.:.:./:.:.:./:.:///  }:.:.:.:ム./ / ̄ ヾ:.:.:.:|:.:.:.| .l
:.:/:.:.:.:.:/-:.:/-  /:.:.:/ / .ム- -、}::ハ:.|:.:.:.|  |
/:.:.:.:.:/ / /  /:.::ノ/ ィ彡=-.i::.:.:.:i:.:.:}.  |
:.:.:.:.:/レニ==-、/;:;:;:  ´  "" .ハ:/:.:/  ノ
:.:.:.:.:ハ ̄゛゛´'' ゜ ;:;:;:    ;;:# /:.:/:.:.:i
:.:.:i:.:.:.:.:.ヽ、.,::;;;# ヽ      ノ:.:/ハ/
:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.\  ;:-ー   彡:.// /
} ̄てミ廴vr´ヾ、   `   イユ/ レ
/ ̄ ̄ ̄\ iヽ > -イーフ レ-、_,、
:::::::i:::::::V::::::::ヽ{ i}> ⌒\_≦ニニミ て及
:::::::l:::::::::ヾ:::::::::} l] V´ ̄ 不ミ、   ヽ }5
:::::::|:::::::::::i:::::::::{ i i   /∧\    }}  ]i}、
::::::ハ::::::::::l::::::::::廴i }  .//.il > 入  //  廴ヽ
::::::i:::::::::::::|::::::::::了i .}  ノノ il><\V    ヾ::::\
::::::l::::::::::::::l:::::::::::{ i }/ノ  i<>il       ゞ:::::ヽ
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 同じようにして、HPが尽きかけているのだろう

 怪我を負い、頭から血を流しているもう一人が木に寄りかかるようにして意識を失っていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

121 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:40:36 ID:VY9YLgoU

        ___
      /_ノ '' 'ー\
     / ( ●) ( ●)\    差し詰め、先に前衛のこいつが倒れて
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\   ギリギリのところで後衛の奴がこいつを引きずって逃走したってところかお…
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/   後衛のあの男もHP的にギリギリで救助を呼びにいこうとして
             (   ゝ    あそこで倒れて意識を失った、と…
             i   \





    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ   とりあえずこいつ連れて桂さんのとこに戻るかお
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

.
125 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:48:09 ID:5vkJzu8o

     / : : /:: : /: : :/: : : :./  .l.: : 儿: :
    /: : : :{ :l /{:.//l: :/l /   |.: : フ「 :
.    {:.リ :l :| :{:l\l}l }:.:{ ,リ /  j.: : : : : :
.     乂{ {i ヽl ◯ リ. Vl   ◯ //: : :} : :   拾ってきてどうするのよー!!
     ヽ!ヽ{;;;. ::::::::::::::::   ;;;//: : ;/、l/
      `l :|   ┌-‐一.┐.j/}: :./, ':{
.      _|: {≧ュ、{     }_,ィ/: /_ : :\
      ∧:八`ー`jー‐一';‐' .|:/:::/ヽ: :
      l::::ソ:::乂. /;;へ;;;;/ .ノ:::::::;':::::::}: :
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 当然のことながら怒られた。当たり前だ。不干渉が原則なのだから

 とはいえ、なんとなく再び捨てにいくのも後味が悪かった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

      ____
     /      \
   / ─    ─ \    とりあえずこの戦士の奴だけでも背負っていこうかと…
  / -=・=-   -=・=- \
  |      (__人__)  U  |  もう一人のそこの彼を背負ってくれとはいわないお
  \     ` ⌒´     /

.
128 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/14(木) 23:55:28 ID:.vU/kTPo
       〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三=彳  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\  ヽ .  :! :i i
       i  i  / /_/_/ ´ ̄ ヽ \ >x  _,,..-―――‐-..,,_
       l  |i / イノ     ;:;:;:、 イ_ぃ ,,-''´              `ヽ
       { ハノ´ 小 , ===z;:;:;:   /                ヽ、
       V i  \ ヽ    ;:;:;: i/               ー 、   '.,
         i i   ハ\_     /      ´  ̄            ',
         i l   l ヽ . ;;#  ,'      //::::ヽ ヽ     //::ヽ ヽ   i
         l ト、  ハヽ >  l.      ゝー '  丿    ゝー 'ノ  |     (よっこらしょっと…)
         |l  } ./   ヽ> |                        | くム_
            i/ ⌒> ´ .:::',            /       ヽ   .l  ヽ-く
          ゝ-/ ..::::::::::::::::::ヽ            {    ,.、   }   ,' c├く
         r┘ ′.:::::::::::::::::::::::: \          ゝ- ´ `"-.'′ ,  c  !__ノ
        └/ / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'',-..,,            ,,..-'' _ ∠ ノ   γY⌒ヽ
          !/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/`゙"''―‐ ――― ''"´ ∠人ノ ̄   乂     )
         / .::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _          _/_,ゝ- '´丶       ゝ、_ノ
       / .:::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::| :::::::::/ ̄   ―- /        \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 かくして、この戦士を背負って賭博場までの最後の道のりを歩くことになりました

 もう目的地は見えているのが、やる夫の心に余裕を持たせたのかもしれません

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
131 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 00:04:57 ID:qh1XO6HI
       〉 <三三三三三三三三三三三三三三〉〉
      , <三三三三三三三三三三三三三三三7/´
    〈 〈三三三三≧.イ"´ ̄   ヽ.    、   i`Y/
     \、三三=彳  i        、  '.   } ハ
       ヽ./  i  ハ \ 、     ヽ  '   ! .ハ
       / /   i/ /i ハ.  ヽ \、   ヽ  .   i i i
        ′  i′' j ' \ ヽ丶、\  ヽ .  :! :i i
       i  i  / /_/_/ ´ ̄ ヽ \ >x  _,,..-―――‐-..,,_
       l  |i / イノ     ;:;:;:、 イ_ぃ ,,-''´              `ヽ
       { ハノ´ 小 , ===z;:;:;:   /                ヽ、
       V i  \ ヽ    ;:;:;: i/               ー 、   '.,
         i i   ハ\_     /      ´  ̄            ',
         i l   l ヽ .;;#   ,'      / /::::ヽヽ    ./   ヽ   i    (ん…?この感触…)
         l ト、  ハヽ >  l.      ゝ ー ' 丿    ゝー' ノ  |
         |l  } ./   ヽ> |                        | くム_
            i/ ⌒> ´ .:::',            /       ヽ   .l  ヽ-く
          ゝ-/ ..::::::::::::::::::ヽ    u.       {    ,.、   }   ,' c├く
         r┘ ′.:::::::::::::::::::::::: \          ゝ- ´ `"-.'′ ,  c  !__ノ
        └/ / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'',-..,,            ,,..-'' _ ∠ ノ
          !/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/`゙"''―‐ ――― ''"´ ∠人ノ ̄
         / .::::::::::::::::::::::::::::::::::∠ _          _/_,ゝ- '´丶
       / .:::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::| :::::::::/ ̄   ―- /        \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そして、背負ってみて背中に当たる感触や手に触れる感触に違和感を覚える

 それはもう必然だった だが、これは後々どうにかすべきことだと思った

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.

132 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 00:06:48 ID:Ze/U.tUk

         , -─‐──‐-、
        /        ゚    \
      / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
      ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
     (  ヽ'"  '   "'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ちなみに彼は道の脇の林に隠されるようにして捨て置かれた模様

 道端に放置しなかったのは優しさだと思う

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

139 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 00:11:26 ID:QN47eBRM
                                                    _n
                                               _==∧...|...|
                                              /":::::::::/ .ヽ|_ |       xヘ
                            __                /:::::::::::/ ∩ \    ./_____ヽ
                            ! ..."'-、-、___          /:::::::::::/  . ̄.  _ヾ、   |¨.|! 田 i|‐==ニ二/ヽ
                            !    ヽ\::""''''‐-、__===/:::::::::::/ ...┌!   .i|   . | |!  ζ 三三/
                            !     ', \::::::::::.:::/:::::::::/_x-イ¨    |_|   .i| /::.| |! ./三三./
                            !    .ノ:.', 田\::::::/::::::::::::::| ロ |       r´ / 三.i__.!/三 三 ./.  ____
                            0 、__、':::::イ   `-´ ::|┬‐||┬┬ |        i| /.三三三_x-‐‐‐ゞ、  |_」_
                           _ニ' l 了 く气气乂 ./ ̄"フ ̄ ̄"       i| /_x-‐''''´¨ . ロ [田] | . | .|
                       _、-‐''"/// ゝ ! ヽヾ ../;:;:;:;:/            \ o ロ          | ヾニニ
                   _、==´////////// | !ヽ- ./;;:;:;:;:/                \            |
         _、,,,, ,,,、_ニ、-‐ ´"///////////// /:::ム イ________ |  、-----、   __ __ __ __ ム‐-----------! |二二
 __、、_、-‐‐‐''""///////////////////////// /:::/   ./:::: :/..|  !ゝ==ーゝ . [] [] [] [] .|  γヽ     ! γ‐
''"////////////////////////////////// 宀|`´!  .r.! |二__|.田.!   γヽ               |   ! | |     !  !
::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.:: ... :::..:.......... |.ロ.i   i ! ヽ  \ |    |.:::::|       .      |`''''亠=カ、__    } _|
: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.  _-----‐‐┴、.!---≡- |    .|   |¬、__ヽ___、 .       .|        ̄ ̄¨
. :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............::::: / """"''''''‐‐‐‐-、____  ""''''''┘--┘‐-、'!,==',-‐‐‐‐‐‐‐‐┘、
:.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    ,''"´  "'==、____      ` ヽ-‐、____                   `ヽ
 ::::::: ... :::..:........::::::: ... _、-'   .__    .__    .__ ‐‐‐ ..__     __  ̄"'''' ._、_   .__          \
. ..|..ト、____, オ.ト、___.__.,オ.ト、______,オ.ト、____._,オ.ト、____._,オ.ト、.__,オ.ト、.___,オ.ト、__._,オ.ト、__.,オ.|ヽ、          .\
___| |____| |___| |_____| |____.| |____.| |____| |____.| |____.| |____| |_ .ヽ、_        ノ
 __     __     .__     __ .   __      __     __     .__     .__     ',__   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ト、______,'オ.ト、______.,オ.ト、______,オ.ト、___,オ.ト、____._,オ.ト、_.__,オ.ト、.__.__,オ.ト、.____,オ.ト、____,オ.|ヽ、
__| |     .| |     | |    .| |    | |    | |    .| |     .| |     .| |      | |  .ヽ、_______x-‐‐==''´
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんないざこざを乗り越えつつも、何とか五日目の夜に差し掛かったころ
 賭博場のある小さな町へとたどり着くことができたのだった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.
143 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/15(金) 00:16:48 ID:diUF7.LU
今日はキリがいいのでこの辺でおわりー

また明日なー
関連記事
2014-08-15 : HIO ◆GSpyI2J3e6の雑談所 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

検索フォーム

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
昨年から利き腕の痛みがありブログ更新を中断していましたが検査を数か月繰り返した結果、筋肉が切れているだけだから治療不可と言われてしまったのでぼちぼち更新を再開させます。

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

RSSリンクの表示

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート