FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫はパーティの中のみそっかすだったようです(DQシリーズ)44

         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34-1 34-2 35 36 37 38 39 40 41 42 43

762 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:14:33 ID:dqdDBX9w [2/24]
     , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',ィ<ヽ.: : : :. :                :::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    /: : : : : : :., ´: : : : : : : : : : : : : : :,: : : :i!>゙ ハ.: : : :. :              // :::::::/ ::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ,': : : : : : :./: : : : : : : : : : : : :,: : : ,': : ,: :}`¨¨ }.: : :. :. :.ヽ            // :::::::/:::::::::: /::::/| :::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::
.   i:.: : : : : :./: : : : : : : : : : : , :/,: : /: : :.},リ _x ‐|: :i.: : :. :. :.;          7¬iト|L::::::メ{:::/ :|::::::::::::::|::::::::::::::::::: |::| ::::::::::::: ::::::::|
   i:.: : : :. :.,': : ,: : : : : :,': : :./:/ /: /: : :.// '´  ,リ i!.: : : :. : :             /::::::│ テ=ミ |/  |::::::::::::::|::::::::::::::::::: |::|:::::::::::::: |::::|::|
.   i:.: : : :. :.,: :./.: : : :. :.:i: : /:/ // }: :./  ィf芹芋i! i..: :. :. :.}.            ,::::::/:::|:|l r::ノ| ヾ  |/|::::::: メ::::::: / :::::: |:::::::::::::::::::|::::|::|
  i:: : : : : :{ , ': : : : :.i: ::i: /{/ /   //   {ヒナ} .;リ: :}i: : : : :;          ::::::::::::リ  Lソ      ̄二\_/:::::::::://:::::::::::::::/ ::::::;
  {: /: : : :.|,'.{: : : : : :i...i.!ィf芹芋芋"      し.ノ '}: i:|i.: :. :.,'.           |:::::レ'7//       ¬テミ \:::://:::::::::::::::/::::://
.   {,': : : : :.i!' i.: : : : :.:i: {`ゞミ''ツi } ;     ー   |.:i:|i: : :./.   ___   | :/ ;     ,         r:::::ノ刈  >:::::::::::::::::/::::://
  /: : : : : :!: :.i!: : : : ::i { ヽ ゝ ノ.        、   l.:i:リ: :./..  /   ー \|/  i{            L.ン//::::::/:::::::::::::://
  /: : : : : : : : :.i!.: : : :.iレ'              八{ }:./.  /    (● ) ヽ           ///./::::::/:::::::/::::://
/.: : : : : :. :. :. :.i!: : : : :iゝ、       ー一'  / : : ,:i/... /       (⌒  l.       ヽ         ∠二∠::::__/}::::://
.: : : : : :. :. :. :.γ 、: : : {. j h。.,_    ヾ ノ /  \: :ヽ.゙''";'''"''";;"'';;;.,  _ ̄l__)     \            ー _/::::://
/.: : : :. :.,: : :.{    \,ム    ≧ー-  _ ィ´ヽ\   ヽ: }..,:::;:,;;:::,,,::,,,;;..,,"':;,_` ノ       _≧=┬……   ⌒iT¨´::::: /:::::;′
.: : : : : :., ': : : :\    ヽム      /ヽ\.  } .}   }/.         _"':; ,.;.".       〃/ /|   __,,. -‐‐||:::::/:::/:::::::
.: : : :./ : : : : : : ヽ    }\..... ┌────────────────────────┐     | ::/:::/::::::::;
: : /.: : :. :. :. :./ }   '`ヽゝ、゙│ やる夫はパーティの中のみそっかすだったようです44 .│.   /∨::::::::::::|::i
/.: : :. :. :. :./ /        \.│                       (DQシリーズ)    │...  ´   V:::::::::::|::|
.: : : : : :. :., ´  /          └────────────────────────┘         | ::::::::::|::|
: : : : : : : '. /{  ヽ  ー-  \  `j ヽ' \ .! ヽ|          |   \|    人/| / /               | ::::::::::|::|
: : : : :., ' ./ / }   } 丶  ヽ.   ヽ ̄ \}     ヽ   ∨       .|    |   .///人__/        _   | ::::::::::|::|
: : : :./ ./.: .:.i! {  {、  ヽ    丶.}    ヽ    i}  }\             〈////      '´       \ | ::::::::::|::|
.

763 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:17:38 ID:dqdDBX9w [3/24]
    /          /ヽ\//ヽ\
   /     /       l/ミNM∠Zト  ',
   |  /   | / | | | |      `|l\ |
   | |/l    |/|l  |__∧| 」___  _|ト、 |
   |/ │  | /|l|/|/「_|ヘ|_ ̄  / ̄| |∧|
    }     r-、|l -Xv厂`     1i厂〉リハ|
   ノl    |/r    "'´     i `.ト、    客用の部屋じゃないから多少綺麗じゃないけど
  //  ..:::::::ト。、         _ ゝ /トヽ    それでも良ければ…
  /  /:::::::::|::◇      _.--z /l:::::| |
  |/| :/:::::/::::::::| \      ̄ .イ::::::/|/    裏手の建物になるから不便かもしれないけど
   |/|/|/|/l「`‐-、_` -..__/イ|/|/
        |:::::::::::::::::: ̄:::::|「:7
       r┘:::::::::__\:::::__||:/、
     /|   \::::::--ヘ::::::》/ \
    /  |    \:::::::::r´⌒ヽヘ ヽ
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ヒナギクとやる夫の個室は街に着いた時に確保していたが、
 瑠璃の部屋など当然誰も確保しているはずもなく…

 店主に頼み込んで何とか瑠璃の部屋を確保することができた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

766 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:19:07 ID:dqdDBX9w [4/24]
              , -―     ‐- 、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::、
       /::::::::::::/::::::::/:::::::::::::∧:::::::::i::::::::、::::::::::::::::::.
      /::::::::::::/i:::::::::i:::::::::::::/__i::::::::::|:::::::::ヽ:::::::::::::::::、
    /:::::::::::::::/ i::::::::::l__/ └─‐!::::::::::::i::::::::::::::::::i
   ノ'l::::::::::::::::/ レ- ┘/ ,.ィo弍卩 l::::::::::::::i^ヽ:::::::::::|
     !:::::::::::::{-‐-、    ″ 乂:::ノ /::::::::::::::|  }:::::::::|    本当にありがとうございます
     `  、_ヽ rャ,、      ///, /.イ::::::::/ノ /:::::::::::!
         ∧ヘッ        ノ' /:::// ノ::::::::::::::、    今日は宿屋に泊まれないのかと思ってたんで…
         /:::ハ//、        /'´  r‐'´:::::::::::::::::::ヘ
        /:::::::::!     ,. '´:)    /  ∨:::::::::::::::::::‘,
        リ:::::i}人   く:::::::ノ   /   ∨:::::::::::::::::::::.,
        '  ̄   ` 、     ,.   ,ィ=====、:::::::::::::::::::::ヽ
                ` ー ´_∨≦=ミ.,_ヘ::::::::::::::::::::::::ヘ
               r  ̄: : : : : : : : : : : : : : `、::::::::::::::::::::::::、
               ,': : : : :\: : : : : : : : : : : : : ハ::::::::::::::::::::::::ヽ
               i : : : : : : :\: : : : : : : : : : : i:}::::::::::::::::::::::::ハ
               | : : : : : : : : :\: : : : : : : : : !ノ::::::::::::::::::::::::::::',
               ! : : : : : : : : : : :ヽ: : : i : : : /:::::::::::::::::::::::::::::::::
               〉: : : : : : : : : : : i l : /.: : :/::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::
              /: :}: : : : : : : : : : :iノ: : : : :/::::::::::/i::::::::::::::::::::::::::::、
              i : : i : : : : : : : : : : i: : : : :/::::::::::/: !::::::::::::::::::::::::::∧
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 これまた当然のように瑠璃はお金を持っていなかったため
 やる夫がその日の宿代を出すことに PTメンバーだから当然と言えば当然だが

 とはいえ、別れ際までしきりに感謝されむず痒い気分になってしまった
 別にPTメンバーなら普通の気もするが… 記憶がないから分からないのだろうか?

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

768 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:22:05 ID:dqdDBX9w [5/24]
                       ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;,;,..''""゙
                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:;;:'""''''''''
\                   ,. ' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    ::...    . :..   . :.  .. . :.:.
::: : ' ,              , '゙ ::::::::::::::::::::::,,_,,,..;''""''''"      .  .. .. .      ..  . . . . .. .. . .     .. .::...
,.,;:;:;:;:; ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''" .,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..     .. . .            ,,.,,,...,.,.,,_,,,,,,,,,...;;;
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..         ,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""            ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"'''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                           ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
                     ..  ... .  .. .                              ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
                                   . . . . .    .: ..  . .
                            ,.' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;::;;;,;,..''""゙
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんなやり取りを終えて、やる夫も部屋に戻り一度就寝

 あっという間に夜は更け、辺りは静かになり真っ暗になってしまう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

773 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:26:42 ID:dqdDBX9w [6/24]
          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \   (疑問は早いうちに解消しておくに限るお)
     |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|
        i     \ ::::/
        \     |::/
          |\_//
          \_/
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんな静かな丑三つ時に宿屋の廊下を音も立てずに歩く男が一人いる

 カウンターにはこんな時間でも店主が一人座っている いつ寝ているのだろうか

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
         __/‐,:-'"´   、      ',
        / ,:=、 ';ヘ       ',    ,    !
.         / / ./≧_l,ヘ , , i  !   , !    |
       i. '  l !   i. |l∧!__,イ__,'/ ! __  '、
       !   、 |=、 レl7ラi,Z_ iノ/リ'´i }    \    やっぱり来たわね
        V゙ヽヾrf'p!     '-'゙.  l/ノ/  、   、ヽ  
          ` ゙リ           /∧!  l    ヽ`
            ,!ヽ、 __,    / V:| .ハ:Nヽlヽ|
   r ''"´ ̄ ̄ l  レV \¨   / ノ::::|/;リ ` _フ、
. 〈^'|  oo。 _|r-、._ ヽ/ヽ -イ:::::ぐ:、::::::l!′/   \
 rヘ'|。。 ()fー--二ヽ`ヽ.  . :`ト:、:::ヾヾ/ /        \
 `i-、|0°  (`ー-- 、`  ヽ. : : :/: ;!;kz;;;;! l   / /´    ヽ
  ゝ,、| ゜  。。\ヽ、 `   ヽ.: ,'.: ;!;〃i;;;!|  i'´    .: :. ', ヽ
  `ーt-‐゚ラ''T´ ヽ、`      Y  |;;{しj;! l.  /    : : : :. ', ヽ
    ヽ   |   /`ー- 、   ',_, |;;;;!i;;,!  l/    : : : : : : l. ヽ
.     |   i.  〈  `:、ヘ.   ヽ.|;;;;!i;;|<{        : : : : /  ヽ
     !    ヽ,ノ    ヽヘ   ヾ:;!i;;| / }_,. -一 "   : :/     ',
.      !     ヾ\_    ヽヘ   ヾ:;;| /r'´        / /  l
.

777 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:28:58 ID:dqdDBX9w [7/24]
        ____
      /      \
     / ヽ、   _ノ \
   /   (●)  (●)   \     部屋へ繋がってる隠し通路とかあるかお?
   |      (__人__)     |
   \     ` ⌒´     /ヽ
    /              \
    (  ヽγ⌒)        ヘ   \
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




         _/  /_,ィ    /     ヽ__
       /´   フ´/´,  /     /,イ/`l
      彳'´   ,ィレ/ / ィ ,イ /  / /,/-<〈
     /ィ'′  | ハ レ'ゝハ,A_ル! /!/! / ,  リ
     "ヘ ,イ ヽ_'   `Iijー゙ヽ{ __/ ィ/, ノ        ここは宿屋よ そんなもの…
       ',"-ヘ/〈〉           /タ´//レ'
     __/`ゝ  ';:ヽ       ._j/l ´            あるに決まってるじゃない!
  /     '.、 ';::ヽヽ   `"ィ´ノリ キリッ      _
 / __     i   ';::::Y::i> イ  ´      「 ̄ ̄ ̄:l,ヽ
/''´    、   |   ';:;イ ヽ \_     |ERV  :| _`)
      \ └- 、 !^!:ヽ   ヽ   ヽ    |      |´__ 〉
:   、.    ヽ _ノ`トJ ..:〉_/   ,ハ____ |      |´ _ }
:    ヽ::..   /:ハ  i:i! ::::i  ヽ  /  '_, } `ー--┬'に. ,!
     \:::/:/:::|  |:i! ::::| ,/ ,'丿_/_ -']    |    イ
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 この世界の宿屋はどこかおかしい

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

783 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:33:46 ID:dqdDBX9w [8/24]
  \:::: :: : . . .      . . . .: : :::.  /
    \ : . . .   (⌒)i  . . . . :  /
     \              |
       \ _   o,   / .| |
        | |ヽ    _,/   .| |
    |`::!   | | | ̄ ̄i.|:: ::::   | |
    |::::|  |_|/ ̄ ̄ \::::   | |
    |::::|  |:::..... . . .  \  | |...   : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
    |::::!  /         \| |...  : :   右が本館で、左が瑠璃のいる別館かお  : :
    |::::| /            ̄!   : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
    |::::| /             \
    |:: /                 \
    |,/                  \
    /                    \
   ,/                     \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 店主に教えてもらった通りに、とある場所のとある部分の壁を押す

 すると壁だと思っていたところがあっという間に通り抜けられるように早変わり
 通り抜けるとおそらくそれぞれの部屋への隠し扉と思われるものが並んでいるのだ

 おそらくこの通路は本館と別館の間を通るようにして作られているものと思われる

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
785 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:37:30 ID:dqdDBX9w [9/24]
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ilil
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭伝斗ゃ'で~ ̄ ̄ ̄¨功ァュ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ili
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭<゙:l:ヽ.   ´       .:/:/´`丶、圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ilili
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.rf厂. _...:ヘ::':,. -─-- ..__,. -─-、/_,:.:' ´...劣ix圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ili
圭圭圭圭圭圭圭圭圭/. _'´  _;:ィ´ .:.:::.::.: :.      , 丶::`ヽ;.__......\圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i
圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅹ..  :.; ̄´.::/ ,'::.::.:..       .:;',:  `:.、::.::.:. . ̄` ヽ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭il
圭圭圭圭圭圭圭Ⅸ´.::.;:.: '´  .::; '.:,:'::.;: '´_,. '´ .;:'´.::.;:.:' !::.   .:丶::.:....   Ⅹ圭圭圭圭圭圭圭圭圭i
圭圭圭圭圭圭Ⅳ. :;.: '´..:.;  .; '.:.;:'::::;' ,.'´     ' ' ´  i::.:     .:丶::.:.:.. 、..゙Ⅸ圭圭圭圭圭圭圭圭ili
圭圭圭圭圭ミⅣ゙'´.:..:,: '´   ..:.::.::.::.:;' .;    _,. -     i::.::.`、      `丶::.:......Ⅵ圭圭圭圭圭圭圭ilili
圭圭圭圭圭Ⅳ..::.::;. '  . .:.::;. - .:´;':: ,'.. - ´       ヽ::.:..丶:..      `丶::. Ⅶ.圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭φ....'   ,.:.- '´ ..:.::.;::': ';'.:' .. .. _,. .: .: ..:.:;:'´ '、 、ヽ:..丶:..        `..Ⅷ圭圭圭圭圭圭ilili
圭圭圭圭圭.i.  _,:.'´  ..:.::.::::;: '.;:' ,'_,.::.:_:,.ニ. _,. -.: '´   丶 ヽ::.:... ヽ::.:       キ圭圭圭圭圭圭ililili
圭圭圭圭圭.|.;:.'´.. ..:.:;. - .:´;' ,:' .,:'::.:`::.:='´          `、 `:、:::.:::`::.:.: .:.:.:..:..:..... |圭圭圭圭圭圭圭i
圭圭圭圭圭.l゙- ‐ ¨  .,:. '..,:' '´ _,. ‐- 、丶::.:.. ..     . ';.  `' 、::.:::.:`::.:.、.    l圭圭圭圭圭圭圭il
圭圭圭圭圭キ.       :.:;. '  ,.' .,.::-‐- 、丶:..`.: ´`,. - '´、ヽi::..     `丶`丶::._::.:..゙i.圭圭圭圭圭圭圭il
圭圭圭圭圭.Ⅷ..  :.::.;. '  ..:,:' ..;/:.    \丶::.::.:.'.    ヽ !::.:.. .   :,._    `.゙A圭圭圭圭圭圭ililili
圭圭圭圭圭ミⅦ :::;:.'´   .:.:;' .:;:':!:        ヽ丶:._::..、     ', `丶、:..   ` ‐ :.::_:゙,'圭圭圭圭圭圭圭ilili
圭圭圭圭圭圭Ⅵ.    :.:::;'.::;'.::j|:.       :/` ー-、丶::.  i.   丶、      A圭圭圭圭圭圭圭ililil
圭圭圭圭圭圭Ⅸ......,.'.::;:':;:'::/.::;ハ::.:.    ..:/:     \ヽ:.  !:、::.:..    、. _.....A圭圭圭圭圭圭圭圭lil
圭圭圭圭圭圭圭Ⅹ゙::;': .,' .;'::.::j::.:.:V:   ...:.::j::.       :ヽ`、 !. ` .::.:_::.:.:... Ⅹ圭圭圭圭圭圭圭圭圭li
圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ..,.' :/;/.;.:/   .:.::,:イ:.        :ハ .:';. !:.   _ ¨.....≠.圭圭圭圭圭圭圭圭圭ili
圭圭圭圭圭圭圭圭圭\..._,.:'´/    .::' .:j:      :j`ーゝ;`:、::.:...... /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.ヽ、:.:!        .:ノ:      .;' :.:..::.:\:.:.゙,.ィ{圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭lil
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミ`ミ<    :/:!.     .:/   : .:.:゙rf〔.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ili
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ミ`≧=‐-=ニ二二ニ=孑≦.圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭lil
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ilil
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 目的の部屋、瑠璃が泊まっている部屋へとたどり着く

 部屋の前には、室内がどうなっているのかを覗くための穴のようなものがあった

 どうなっているのかと思って覗いてみると、どういう仕組みか部屋の上から見たような形で
 瑠璃がベッドの上ですでに眠っている様子を覗き見ることができた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

787 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:38:51 ID:dqdDBX9w [10/24]

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \    (どうやってるのかは知らんが、なんて無駄な技術…)
   /  (●)  (●)  \
   | u.  (__人__)    |   (鏡でも使ってるのかお?)
   \    ` ⌒´    /
   /              \

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 普通に横からじゃダメなんだろうかと少し疑問に思いはしたが、飲みこむ

 宿屋のやることに細かく突っ込んでいたらキリがないだろうと察していたからだ

 とりあえず目的を果たすため、瑠璃が眠っている今を逃すわけにはいかない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

788 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:39:41 ID:dqdDBX9w [11/24]

                                        |
                           r 、  i´Y    ! /   ..|
                           ヽ \j |/7 /リ   ....|
                             ',   _>'´      .|
       ::;;:#                       ノ .//       ...|
                              / _〈  l     _/  |
                           ¨´  \_>一 ´/:   |
        ,‐、                              .|     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.      rヽ, i i /´i         ::#:::;;;                    ....|     |  フィックス .....|
.      ヽ '゙ '゙ ./                           .....|     ヽ______/
    , -―ヽ._ /                             |
、-‐ '     ヽ::} _`ヽ                             |
        j:レ' `¨                            .|
/       .リ         :::*;::;;;;                  |
     _ .. - '                               |
-―  ´                                   ..|
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 先程と同じように手で壁を押すようにして力を入れ、呪文を告げる

 何度やってもこれは不思議な感触なのだ どうみても壁なのだが…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

789 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:41:36 ID:dqdDBX9w [12/24]
                        |          |
                        |          |
                        |          |
                        |          |
_,,,、、 -ー ' ´                /          |
           .l`ヽ、       _,,--..,,_          .|
           .',  `"''――‐''"            l,,,________
       __.,,,、、 -‐ \                       ,'        ̄ ̄```
rー ''''''¨¨´       _`''-.、               /
        ,、  ' ´    `ヽ             /`¨'' ー 、、,,_
    ,、 ' ´         ゚  \          /・        `'' 、
,、 '´      ,、 ゚ 。- '''¨´´ ̄ ゚  l            /``¨''' 。 、        `
      ,、 '´ ,,、、  -。゚ ー r'ゝ、|           / 、、゚   ¨`ヽ 、
   ,、 '´  ,、 '´       ゞ'´ _,,,,|   ./   /、゚  `゚ヽ。、    `ヽ、
 '´  , '´   , ' ´。   .r゚、 _r'´  .l   /  /./ . ,ゝ゚。 ヽ   `ヽ、    ヽ
  , '   , '´  , '    \`¨''`¨'' ‐ ''¨´''''¨´/   ヽ  `ヽ、  ヽ、
  '    ,i'   ,i'       `¨'' ー---─ '''¨´     ヽ   'i   ヽ
 {    {   {                        }   }    }
 'i,    i,   i,                        ノ   ノ   丿
  ヽ   .ヽ    ヽ、                    , '´  , '   , '
   `ヽ、  `ヽ、  `''' ー- 、、,,,,,,,,,,,, _ ,,,,,,,、、  '´  ,、 '´  ,  '´
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 壁のように見えていたものにヌルリと手が埋まり、身体が埋まっていく

 数秒間息を止める必要はあるのだが、このまま真っ直ぐこの中を進んでいけば
 あっさりと壁をすり抜けることが出来てしまうのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

792 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:43:34 ID:dqdDBX9w [13/24]
          .  -‐─--─-
        /      ⌒Yrー- \
       /          ヾ〃    ヽ
      .′    / , /゙ミ彡ヘ 、  ;
    -─レ  / / 〃 / ゙゙'"⌒}  ;   i
   _フ   ハV i 八从从   __ノ从}   }
   7   (ぅ从 <它¨`  /rゥ‐fノノjノ    こんなこともあろうかと、ね
   (  iノ ィ个ー         {   八、
     ハ/.::〈〉:::}    _┘ /.:} ハ)
      └┴「'く  \ ` ´/.::ノイ
        r}:::::::::......`ーく
       く\::::::::::::::://、
      厂\ \:::::::::}{ヘ\ヽ
     ′  \  〈::((゚):.. . \
.    /       ∧  :::::{{:::::::. 丶 \
   /      .′ .  ゚:::::ヽ:::::..  \|
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 一部の壁をスライム素材で作っているためにこういうことが出来てしまうのだという

 スライム素材で作ってはいるが、室内の方は巧妙に壁に見えるように
 それはまた別の細工をしているのだと宿屋の主は言っていた

 もっともフィックスを使えなければ無用の長物なので他にはバレ難い仕様らしい
 まさしく魔法の無駄遣いというか悪用というか…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

794 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:45:45 ID:dqdDBX9w [14/24]
.            ::´::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::: ::::::::::::::::::::::`:..、              __
       /:::::::::::::::::/:::::::::::::/!:i!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                 /
.         :'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ::li!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’,             /
     /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::! i::! !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’,             ̄ ̄
.     /::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::i:l  :::! ゚v::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,:::::::.,        _
    /:i::::::/::::::::::::::l!::::::::::::jI斗l!   リ  ゝ<_::::::::::::::、::::::::::::,:::i::::::.,         /
.   /::::l:::/!:::::::::::::::!l>< 一     ─ - ><リ:::::::::‘,:l::::::::i.         ̄
  / l::::l:/::l:::::::::>'  ´             `    ` v!::リ::::::::l.       Z
   l:::::l!::::::v ´                        j!:::::::::::::!     ・
   {:::::::::::::::,       ,.ィf         ヾト、        j!:::::::::::::::!.   ・
   }:::::::::::::::゚v 辷二少            匁二少./:::::::::::::::::::,..゙・
   l:::::::::::::::::::ト、          ,           〈:::::::::::::/::::::i
   !:::::::::::::::>ヾ                     ヽ:::::/:::::::/!
   l!::::::::/ヾ.                        / ヽ::::::/ j
   ! ト:/:::`:.ー:.              _             ._...:イ)/::i  スゥ…
    ,:::::::::::::::::人           ´-`         人::::::::::::::::::   スゥ…
.   ::::::::::::::::::::::个:.。                ,ィ::::::::::::::::::::::::∧
   ,::::::::/:::::::::::::::::::::>             。个:::::::::::::::::::::::::::::∧
.  /:::::::::::::::::::::::::::::::::/,〉 ト       .。s≦!\::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
 /::::/::::::::::::::::::。+・'  / i!   ≧s。 。s≦   l!ヽ. ヽ_::::::::::::::::::::::::::::::∧
./::::/:::::::><ニ/ニニi l!              j! i!ニYヽ_:::::::::::::::::::::::::::::
::/ー=´ニニニj!ニニl  l.             /   l!ニi!ニ’,¨≧s。._::::::::::
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 音を立てないようにして部屋へと忍び込む

 起きる気配はない
 都合が良いと言えば聞こえはいいが冒険者としてはどうなのだろうと複雑な気分になる

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

798 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:48:13 ID:dqdDBX9w [15/24]

                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \   (とりあえず起きる前にやってみるかお)
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )   エット…
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 瑠璃が目を覚まさないように慎重に持ってきた袋を開けてブツを取り出す

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


          _>-――-、_. 
        __〃         ミ:\
       / /ハ         / / / ト、
       | ! }         |:.!{ !∪〉}
       ヤヽイ        ヤ丶=ノ/
.         ̄          ヽ==く

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 殺は運が良ければ、と言っていた

 早いうちにその運とやらを試しておいた方がいいだろうと思い
 こうして瑠璃の部屋へと忍び込んだのだ

 意識があるときにお願いして付けてもらうのはあまりにも不自然というか
 実行できる気がしなかったためこうするしかなかったのだが…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

802 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:52:54 ID:dqdDBX9w [16/24]
  /.:: :: :::i::/=/.: :::/.:: :: :: :: :/.:: :: :: /.:: :: :: :: :: :: :::
.  :: :: :: :::i::{=!:: :: /.:: :: :: :: :/.:: :: :: /.:: :: :: :: :: :;'.:: :: :::.    \\====||===/======================================//
. :::: :: :: ::!::{=!チ=ヽヽ:: :: ::/.: /:/.::/.::/.:: :: :: :: /.:: :: :: ::i   //                                            \\
 !:: :: :: ::!:/ニ ヽ }ニ}:: ::/ ヽ!:/.::/.::/!:: :: :: :::/.::i :::!:: :::!... ≫  私、五更瑠璃はおチンポ様に奉仕することしか―――   ≪
/i:: :: :: ::!:{! ィ  } }ニ}::/i   ヽ、' ::i i:: :: :: :/.:: :i:: :i:: i:i. ≪                                       ≫
! i:: :: :: :i::{ヽ イ /ニ/.:/i!  ミヽ   、!:: :: :/.:: :: i:: :i:: :!:!... ≫  おチンポ様への奉仕のためならどんな命令にも―――  ≪
! !:: :: :: i:: ヽニ イニノ:::i i!   ヾ、  `ヾ.:: :: :/.::/.:: :!i:!.... ゙\\                                             //
. !:: :: :::i!:: :/  ハ:: :::! i!            ヽ:/.::/.:: :/ /   //=============================================||=\\
/.:: :: ::i!/     ヽ:i i i        ミヽ   ;イ:: :::/ /!
:: :: :::/        ` ! `      ,   ヾ '.::iヽ:;/ //
:: :/ ‐ - 、   ∧               /.: :}       / ̄ ̄ ̄/
::/                  ー,     イ:: ::ハ.       ̄ .フ ./.   _ノ ̄/
/          _ヽ    `  _   イ  ヽ:! ヽ     __/  (_.. /_  ∠_,
 !         、 ヤ::!::!:: :i:: ::::¨i i           /____ノゝ_/ /_  __/. _n__  _ _
. !      .:  { ヽ:i:i:: ::!:: :: ::! !                        /_/  └i┌z」 UU/7
/      ./  ヽ イ ー、:::!:: :: ::! i                          U    くノ
      i/      }::! :: :: !/ i
      /       /.:i:: :: ::i !i
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 眠っている瑠璃に対して慎重にゆっくりと耳当てを装着させていく
 極小さな不鮮明な音が装着させた耳当てから漏れ出ている

 装着して何秒経ったか分からないが目を閉じたまま何も起こる気配はない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

806 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:55:39 ID:dqdDBX9w [17/24]

           ____
         /ノ ヽ、_\
        (●) (● ) \    (これは殺さんの見込み違いだったってことかな)
      /⌒(__人__)⌒   \
      |    )  )    u.   |   (運が良ければって言ってたし、別に気にするほどのことじゃ ―――)
      \   `ー'´      /
   ⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
    \ ヽ           ヽ /
      \_,,ノ|      、_ノ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その様子に少しほっとしたのか心の中で言い訳じみたことを並べる

 あんな調教を施された子なのだ まさかということがあると思うのは仕方ないと
 ちょっとだけ思いながら、がっかりする心を否定しようとする

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

808 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 22:59:51 ID:dqdDBX9w [18/24]
  /.:: :: :::i::/=/.: :::/.:: :: :: :: :/.:: :: :: /.:: :: :: :: :: :: :::
.  :: :: :: :::i::{=!:: :: /.:: :: :: :: :/.:: :: :: /.:: :: :: :: :: :;'.:: :: :::
. :::: :: :: ::!::{=!チ=ヽヽ:: :: ::/.: /:/.::/.::/.:: :: :: :: /.:: :: :: ::i
 !:: :: :: ::!:/ニ ヽ }ニ}:: ::/ ヽ!:/.::/.::/!:: :: :: :::/.::i :::!:: :::!
/i:: :: :: ::!:{! ィ  } }ニ}::/i  /ヽ、' ::i i:: :: :: :/.:: :i:: :i:: i:i          ___
! i:: :: :: :i::{ヽ イ /ニ/.:/i! ‘.,乞弌.、!:: :: :/.:: :: i:: :i:: :!:!.     /7 ◎  コ匸
! !:: :: :: i:: ヽニ イニノ:::i i!   ヽ少゙ ’ `ヾ.:: :: :/.::/.:: :!i:!.   // ヾ〉   ̄|「´ r>r>,ク
. !:: :: :::i!:: :/  ハ:: :::! i!            _ヽ:/.::/.:: :/ /              rシ
/.:: :: ::i!/     ヽ:i i i          仗圦;イ:: :::/ /!
:: :: :::/        ` ! `      ,   ヽ”'.::iヽ:;/ //
:: :/ ‐ - 、   ∧               /.: :}        \\====||===/=====================================//
::/                  ー,     イ:: ::ハ.       //                                         \\
/          _ヽ    `  _   イ  ヽ:! ヽ      ≪|  『私の職業は僧侶ではなく雌奴隷です!!』       |≪
 !         、 ヤ::!::!:: :i:: ::::¨i i             ≫|                                     |≫
. !      .:  { ヽ:i:i:: ::!:: :: ::! !                 ≫|  これからは神に仕えるのではなく、おチンポ様に      |≫
/      ./  ヽ イ ー、:::!:: :: ::! i                 ≪|  お仕えする卑しい雌奴隷として忠誠を誓います!!   |≪
      i/      }::! :: :: !/ i              \\                                  //
      /       /.:i:: :: ::i !i                //========================================||=====\\




         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\  ウォッ!
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)  (め、目が覚めた!?や、やばい どうすれば!!)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /   ギョッ
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、安心しようとした矢先のことだった いきなり瑠璃が意識を取り戻したのだ

 あまりに突然のことに気が動転したが、あんな声を聴かされていれば
 目が覚めて当たり前だと思い至り、どう言い繕おうか頭の中は一杯になってしまった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

811 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 23:03:06 ID:dqdDBX9w [19/24]
.  |     |                '!      .|    .|
   |       |             '!       |     |.      / ̄ ̄ ̄/
.   !      .|\             ',      !      .'!        ̄ .フ ./.    ./'''7'''7
.   |     .| .∧.             '.,     !'!     '!.       __/  (_..   / / /._
.   |       |   ∨               \  .{. '!      !     /____ノゝ_/  _ノ /i  i/ ./ nn
   !       !   i             ̄ ¨ ' x- ._   |              /__,/ ゝ、___/  UUノ゙7
.   |      '!   l!                 \ ` <,!                     く/
..  |.     '!   !                 \    \
   |      | !  .|                   ∨    .\
   |      ! |   l                   '!      \
.   !      | .   '! .,!                  '!      ∨
.   |       |   '!,!                      }        .'!
   |     |    .,!                    ,!         .'!
.    |      .|    ,!                    ノ           }
.....  |      |   .,!                   _,.イ!         ,!
..   | .     |   ,!                     i/           ,!
.    |     !   .,!                  /             /
...   |    .|  ,!                     /           ./
...   |     .|   ,!                   /           /
    |    |  .i                   /!         Ⅹ
    |     |  .!                    / .!        ./
...   |    |  |                   /  |      /
...   !    i、 !               /   .|    ./
.   ∧     ∨                /    |    /
    ∧    ∨             /   ..|  /
     ∧    .i           ,.イ     .|/,!
      ∧    .|         _,.イ        ! ,!
      /.l    i.      _,.'´  _,..,_     .{ {
.     / ! .l! .! .i、_, .-・",..‐ ¨´/  \  .i_ .∨
     \i、\\∨‐'"´.    ./    / .r‐x//
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんなやる夫の動揺を余所に、目覚めた瑠璃はベッドから出ると
 着ていた寝巻を脱ぎ捨て、下着も躊躇なく脱ぎ捨ててしまう

 そして瑠璃は脱ぎ終えるとやる夫の方へと向き直り、腰を落とす
 やる夫は瑠璃のその突然の行動に驚きながらも ―――

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

815 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 23:05:22 ID:dqdDBX9w [20/24]
              ,.....::::::: ̄:::::::....、
            ,..::'::::::::::::::::::::゚。:::::::::゙:.、
           ,ハ:::::::l!:::|l::::::|::::::゚。::゚。::::::::ヽ
           /:::i::::::|l|_」∟」:::::::|_:_|_::::::゚。::
          ,:::: i:::::::|jI斗-=  ̄ rr=ミ=-r'
          ::::::i::|:::::込じリ    じリノ :::ハ    『私はおチンポにご奉仕するために生まれてきた雌奴隷です』
          ::::::i::{::::::. //// `   }::八
          ::::::弋ー-ゝ    ,.-、   小⌒   『ご主人様のおチンポに忠誠を誓い、ザーメンのためなら
          :::::::::|`ーゝ     こ゚  イ:::|      どんなことでもよろこんでさせて頂きます』
          :::::::::|::::::ノ:::}≧s。 -r'´:::|:: |
         >-‐…''´ ̄}    乂 ̄ ー-、
        /     ー‐-   -‐…__   ∨
        ,′        /\、r'´-- ヽ   ',
       ,′    ,′  /  xヘY´r'´/ '、}  ',
            {  /   _二ハノ´(∠  ヽ :,.          ┌──────────────────┐
       ,'    リ/  ,.'゙´  :.    ',  ゙、 ',          │ ただ眺めていることしかできなかった   │
      ,'    ノ'   ,.:' r;:   :     ∨  ゙、 ,         └──────────────────┘
        ,.'´    イ     .:' :.    Y   ヽ',
      { ,.:′    ,.: ゝ __ ィ   ゝ __ ,イ     }
      i      ,:′      ,.:     八    ,:
.      i     /       ,:    /  ヽ  /
      ゝ  ,ィ´        ,:    ,.:′   `¨´
       ア          .:   イ
      , '           ノ   ,′  __二ニ=-   -=ニ二_
     ア   :.        γ    }-─ ´           `Y
.    / _,,....__ ::..           ,.:′               }
   /    `丶、        ,.:'                  ;
  /         ヽ      /          _,,,,.....'゙   ,イ
.  {           ',    ,′      ,.'゙ ̄       ィ升
  〉´      _  ノ  ,,  /    _,,.. -'゙      。o≦
.  {.         ∨ゝ_ノ_,ィ=ァ'´ ̄     。o≦
  ゝ       _ノ     .{      ィ升
    ≧s。   ヽ       ゝ    {
.      ヘ   ',        ヽ   i
       ',   寸        '、  `ー、
        }    ゙:、        乂__ ̄つ
          {     `Y          ̄
        ゝゝ(__{ ノ
            ̄
.

816 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 23:05:57 ID:dqdDBX9w [21/24]
きょうはこんなところでおわりー
つづきはまたつぎのとうかでなー


817 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 23:06:38 ID:AiDbYogo [3/3]
おつかれさまー
とうとう脱童貞か


825 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/09/27(土) 23:08:40 ID:dqdDBX9w [22/24]
この回で脱童貞できると思ったか!!
残念だったな!!世の中そんなに甘くないんだゾ
関連記事
2014-09-27 : HIO ◆GSpyI2J3e6の雑談所 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示