FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫はパーティの中のみそっかすだったようです(DQシリーズ)47

         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34-1 34-2 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46

367 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:04:43 ID:iuUt4vZk [11/30]
     , ': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :',ィ<ヽ.: : : :. :                :::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    /: : : : : : :., ´: : : : : : : : : : : : : : :,: : : :i!>゙ ハ.: : : :. :              // :::::::/ ::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ,': : : : : : :./: : : : : : : : : : : : :,: : : ,': : ,: :}`¨¨ }.: : :. :. :.ヽ            // :::::::/:::::::::: /::::/| :::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::
.   i:.: : : : : :./: : : : : : : : : : : , :/,: : /: : :.},リ _x ‐|: :i.: : :. :. :.;          7¬iト|L::::::メ{:::/ :|::::::::::::::|::::::::::::::::::: |::| ::::::::::::: ::::::::|
   i:.: : : :. :.,': : ,: : : : : :,': : :./:/ /: /: : :.// '´  ,リ i!.: : : :. : :             /::::::│ テ=ミ |/  |::::::::::::::|::::::::::::::::::: |::|:::::::::::::: |::::|::|
.   i:.: : : :. :.,: :./.: : : :. :.:i: : /:/ // }: :./  ィf芹芋i! i..: :. :. :.}.            ,::::::/:::|:|l r::ノ| ヾ  |/|::::::: メ::::::: / :::::: |:::::::::::::::::::|::::|::|
  i:: : : : : :{ , ': : : : :.i: ::i: /{/ /   //   {ヒナ} .;リ: :}i: : : : :;          ::::::::::::リ  Lソ      ̄二\_/:::::::::://:::::::::::::::/ ::::::;
  {: /: : : :.|,'.{: : : : : :i...i.!ィf芹芋芋"      し.ノ '}: i:|i.: :. :.,'.           |:::::レ'7//       ¬テミ \:::://:::::::::::::::/::::://
.   {,': : : : :.i!' i.: : : : :.:i: {`ゞミ''ツi } ;     ー   |.:i:|i: : :./.   ___   | :/ ;     ,         r:::::ノ刈  >:::::::::::::::::/::::://
  /: : : : : :!: :.i!: : : : ::i { ヽ ゝ ノ.        、   l.:i:リ: :./..  /   ー \|/  i{            L.ン//::::::/:::::::::::::://
  /: : : : : : : : :.i!.: : : :.iレ'              八{ }:./.  /    (● ) ヽ           ///./::::::/:::::::/::::://
/.: : : : : :. :. :. :.i!: : : : :iゝ、       ー一'  / : : ,:i/... /       (⌒  l.       ヽ         ∠二∠::::__/}::::://
.: : : : : :. :. :. :.γ 、: : : {. j h。.,_    ヾ ノ /  \: :ヽ.゙''";'''"''";;"'';;;.,  _ ̄l__)     \            ー _/::::://
/.: : : :. :.,: : :.{    \,ム    ≧ー-  _ ィ´ヽ\   ヽ: }..,:::;:,;;:::,,,::,,,;;..,,"':;,_` ノ       _≧=┬……   ⌒iT¨´::::: /:::::;′
.: : : : : :., ': : : :\    ヽム      /ヽ\.  } .}   }/.         _"':; ,.;.".       〃/ /|   __,,. -‐‐||:::::/:::/:::::::
.: : : :./ : : : : : : ヽ    }\..... ┌────────────────────────┐     | ::/:::/::::::::;
: : /.: : :. :. :. :./ }   '`ヽゝ、゙│ やる夫はパーティの中のみそっかすだったようです47 .│.   /∨::::::::::::|::i
/.: : :. :. :. :./ /        \.│                       (DQシリーズ)    │...  ´   V:::::::::::|::|
.: : : : : :. :., ´  /          └────────────────────────┘         | ::::::::::|::|
: : : : : : : '. /{  ヽ  ー-  \  `j ヽ' \ .! ヽ|          |   \|    人/| / /               | ::::::::::|::|
: : : : :., ' ./ / }   } 丶  ヽ.   ヽ ̄ \}     ヽ   ∨       .|    |   .///人__/        _   | ::::::::::|::|
: : : :./ ./.: .:.i! {  {、  ヽ    丶.}    ヽ    i}  }\             〈////      '´       \ | ::::::::::|::|
.

369 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:12:22 ID:iuUt4vZk [12/30]
       / .:/:.:.::::::,r'´.:.:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::.:.:. :.、\
      / .:/:.:.:::::::/.:.:.::::::::::.::.:.:.:::::::::.:.:..、..:.:.:.、:.ヽ\
     ,/ .:i:.:::::::::::|i.:.::::, ,ィイハト、:::::::::::::.:.`ヽ.:.:\:.\\
     l .:.::|::::::::::::||::::/::/ハ!;;::::::ヾ::::::::::::.:.::ト、.:.:.:!:::::.:.i |
     | .:.::::|::::::::::::|!:/:://^i!;::::::::::ト、::::::::::.:.:|l:ヽ:.:|::::.:.| |
     |.::::::::|::::::::::::|/,イ/  |/\:.::i! \:::::::.:.l!::::!.i|l:.|:::!:|                 | ̄|
     !.:::::::l:.::::::::,iイ/ ̄`メ、_, ヾ! 、_,ム=ニト、:|ノ川:イリ.     _      l二  フ/⌒\   ,ー―-- 、..__     /\
      !.:.::::!::::::::::| ' ,.z_ミ      __ .zミリ::ノ::!:/..   ///\     / レ /`ヽ | 'ー―-- 、..__/  / /
      ト.::::::!:::::::::| r づ ̄ `    ´  ̄`cぅ'::::/...   |///ヽ ヽ  ノ   /   / /         / _⌒l
      l/ヽ.::!:::::::::! ゚.j           ;. ソ:;イ.         |/  ||  ̄|__|  ∠_ノ          \/ |  し')
        \:::::::ト、     _′   。/:::/|              / /                       `ー'´
      __, ィ´\:::! \   〈´ `!  .,イ/l/7L_          //
    ,イ ^ヾ    ヾ!  `弋ニ=ー-='7'´l/::/   「j「ト、
   //.:^ヾト厶         _\_ /   |:/   「j ト7:.ヽ
.  !/.:.:.:::.:.1}: 入      /;;r介;;ト、  ′   「j ト7::::.:.',
  /.:.:.:.::::::::::Ti 入   /;;/´//^!ヾ;;|      「j ト7::::::.:.:l
. /.:.::::::::::::::::::::T1入 /;/ // | l:;|     「j ト7::::::::::::|
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 できる夫がこの宿屋に寝泊まりしていないことが判明するや
 なぜか蒼星石が泣きだした

 あまりに唐突なことだったので、どうしていいものか
 あたふたとしながら何とか泣きやむよう慰める

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\         だから泣いてても分からねーんだお
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |        何があったか教えてくれお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
.

374 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:16:27 ID:iuUt4vZk [13/30]

       .      ____
       .    /      \
          / ノ    ヽ  \
         /  (○)  (○)   ヽ   モンスターに近づいて、逃げるだけの簡単なお仕事ですから…
         |      ´        |
       .. \      ⌒      /   命がけではありますがね…
          >         <
          ( |        / )
       .   `|       /'
       .    |   r  /
            ヽ  ヽ/
             >__ノ;:::......

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 蒼星石の言うことを整理すると、だ

 最初はできる夫の装備を売ったのだという
 釣りをするだけなら装備は無くてもいいということで元本減らしのために売ったらしい

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

375 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:17:51 ID:iuUt4vZk [14/30]

           ___
         /     \
        / ⌒   ⌒ \    売るのは私のだけでいいんです
      /  (⌒)  (⌒)  \
      |     ___´___     |   蒼星石さんのまで売ったらモンスターを倒せなくなるでしょう?
       ヽ、   `ー '´   /   1日にある程度倒せたら借金はそうそう増えないんですから
       ノ          \



        ,  -─┴          ─- 、.:.:.:::::::/
       /           .:.:.:.:.:.:.::::::::::::.:..`ヽ、/
      ヽ   , -───‐ ─ - 、.:.:.:.:.:::::::.\
        \/.:.:.:.:.:.::::/l:::::::::::::.:.:. . .\:.:.:.::::::::.:.\
        /.:.:/.:.:::::::/::;|::、.:.:.::::|l:::::.:.: . \ .:.:.:.::::::::!
        /.:.:/!.:.:::;ィイ:i:;;ト、!\.:::N::::::.:.:!::.:.:ト、.:.:.::/
       /.::/:::l;:ィイ/^1:;| >、_ヾトト、.:.:/ .:.:.|:::l:/
       l.::/i:::::l -‐一''|/    r==z、V.:::::::::!:::|
       |/!:|.::::| ヾじ。シ    {ジソ/,::,;;:.:.:::,′!    そう、かな…
        ヽヽ.:l   ̄ 、      ̄ /:/;:;:::;/;;;/
          |::|          イ:/;:;::;/;;;/      (たしかに僕の装備まで売ったら倒せなくなるな…)
          l.::\    ⌒     ;/;;;:;:/:;;イ
          \.::l\_   _ , イ;:;;イ/
           ヾ!   丁    l N/
               /l   _/⌒ヽ、
             , イ lL/      >=-、
          ,.イ  ,ィ介>、     /ソ.:::::::.:.ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ただ、その時点で蒼星石の装備を売ることはできる夫がさせなかったのだという

 この時点ではまだできる夫が釣って、蒼星石が倒して稼ぐという形を
 実行する気でいたのだと蒼星石は言う

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

379 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:26:17 ID:iuUt4vZk [15/30]
  _,-、_,-、r'~^`Yヽ、
γ'':::::::::::r-t、::::::::ヽ~ヽ       ____________\∧          X/ ̄ ̄ ̄\   ガッ
i:::::イ⌒y':::::J::::::v':::::::{    ________─────,.-─-、 7'       V/ ⌒  ⌒  \
ゝ:r':::::::::、:::::::::::::,:::::::wヽ    ──────── ̄ ̄ __,     ヽ>  、   // .;;,((○)  (●) |
!:::|::::::,-、:i''・v・''i:::::::::rく        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           )>,   ,・_ | |    ___´__     l
ゝヽ::(:::::ヾ-,,,-l´:::::::し::|         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ) ゝ ’,∴  ¨、    |r┬-|   ノ
`,::l~:::::::,-'、,-、::ヽ- ':::::f             _______    ´ > 、・∵ ’ /   `ー'´  ̄ ̄\
 'ー、:::::l::::J:::::::::,、l::::丿                          /∨      /        / ̄\〉
    ̄`ー、,、__-'  ̄             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           /          /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 最初の内はそれなりに順調に行っていたのだという

 キャタピラーあたりを相手にしてる内は問題がなかったのだが
 ギズモあたりの素早さの高いモンスターを相手にしたときに作戦が破綻の兆しが出た

 できる夫が釣る行為に移る前に攻撃をされてしまい、ダメージを負ってしまったのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

382 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:32:15 ID:iuUt4vZk [16/30]
r三三三三三三三三三三三ミ7
',三三三三三三三>=--<ミ∨
.〉-――'''.:¨¨ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
,'.:.:.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:ハ.::.:.:.:.ハ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:{∨.:.:.:\.:\\:ヽ',.:.:.:.:.:;
.:.:.:.:.:{.:.:.:.! ∨.:.:!、:ヽ:__\__:ヽ.:.:.:.:.l
:.:.:.:.:八.:十'"ヾ,{ \\.:.:\:ヾ,:.:.:!   や、やっぱり危ないよこれ…
乂{:∧.ィ示ぅミ \ ィぅ示ア}.:\;.:'
. ヘト::从. ゞ= '    ゞ- '/,イ.:.:;ヽ,   別の方法を考えた方がいいんじゃ…
.  ∨.:.ヘ,""   '  ""ノイ.:.:./   \
   ∨.:.:ゝ、.  ‐‐ . イ.:|.:.:/
   ∨.:.:{.:イi` ¨ ´ ノ !:/ {`}´}.、
 ,r‐{`!\ゝ,,x:≠`X三三ミ  { } }:::',
./::::::( | ) 巛"´/:∧\ }::} { | }:::::',
':::::::::{ .! } ∨∨::::!{}::kミ=:::! ) ! {::::::',
:::::::::::{ | }.  ∨イ::|{,!::{ `-'  } .! {::::八



       ____
     /       \
    /  _,ノ   ー \
  /   (●)  (●) ヽ    す、少し二人での門外での討伐を減らしましょうか…
  |  u.    '      |
  \       - ―    /     夜は危険ですから、夜の間は僕はアルバイトをすることにします
   /            \

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その日は借金の返済をせず、できる夫のために薬草を買って何とか事なきを得たという

 しかし、ここで二人での討伐の時間を減らし、バイトをするという決断をできる夫がする

 夜間はモンスターも凶暴だ 今の自分は足手まといになると思ったのかもしれない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

384 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:35:08 ID:iuUt4vZk [17/30]
                ,. 、
              ,,イノ: !
             ,.:'.,ィ彡,ノ
            _l∠,,イ
          /く ̄:l、
         /    .∧
        ./ ̄ ̄.Y ̄/ ̄ `: .、
_______.| l l l l l.l\ \    `: .、
二二二二二二Y>―‐<\ \     .`: .、     まーた馬鹿が来たな
         \ ̄ ̄/ /\ \      .`: .、
           |  ̄   .|  > `<      `: .、
           ∨   ∧   /!>、` <    .:`: .、
           `ヽ       ̄ /、`Y.Yr、_`<     .\
             /`; .、__.,,イ ∧ .しl _ノ`ト.,  ̄ ̄ ̄ ∧
          _ /| `=イ ,,―-、:!       ̄ ̄ ̄
         / |   !    /::\ / \
         _| ` .´.\/ ̄ ̄/    .∧
        (  `ー,,イ      .|      ∧
          ̄           ',       |
                   ∨ ,,―-.i、
                    /     ’,
                    |      .|
                    `ー―― ´
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その後は昼間だけ二人で釣り→討伐の形を採っていたのだが…

 ここで二人に不運が襲う 本当に不運だったと言うしかない

 さまようよろいにできる夫が遭遇してしまったのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

390 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:41:23 ID:iuUt4vZk [18/30]
     _,. '´      ̄`、 ;;
   :; /          \
   ,   \, #;;; ,/   ヽ    だ、誰か… ガハッ…
   |.u (:;:;:ノ   (<)   |
   、 {;;;;{ ; _`_ };;;;}  / ;
    ,"ヽ、   ´ー'´ #;; '´ `、
   /    #;          ゙ヽ、
 : |  #;`-ー-  、   ;;;,,#    ヽ
  \        )  /;;;ヘ ;r-'´^ ^ ^ ヽ   ズリズリ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 当然無装備の僧侶がどうこうできる相手ではないし、釣りもままならない

 瀕死の状態にまでなりながら、何とか蒼星石の元に辿り着けたという

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
         .':::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
         /:::::::::::::::::/::::::ハ ::ト、::::::::::::::::::::::::::::::゛.         ヘ
        ':::::::::::::::::/j:;小! l:::| \:ト、::::::::::::::::::: !           ′ヽ
       ./' :::::::::::::/_/__j ノヾl  ー|:-ヾヽ:::::::::::::|       /  ∧
        .|::::::::::: i:|/,. ==ミ  )   ,.== 、 |:1::::::::|         /    }
        i::::::::::::从 r乏v     rぅリ  リ:::::::::|        ′ヽ  V    できる夫!!
   ポ    人:::::::::::ハ ○ ̄o  ’  O ´ /::::::::i!: |      .'三V/  |
   ロ      |::::::::∧ ヽ    r ― 、     7:::::::j::.′     /三il/ .  |    あと少し!!あと少しこっちに来て!!
         レヘ::::::::::.、  u|  V    .'::::::::乂      .′Zi/    ,
           ヾ::::::::\   ー ′ /.:::::/      /三Z/    /
            V)::::/ `  _  ィ:::::::∠_   ポ  ′iZ/    /
       r ⌒ヽ_ r v_::/      /:::/l! 〈ー.、ロ  .′iZ/    /
      /::::::::::::::( 》 `ヽ      イ  )  〉::::::ヽ /三Z/    /
      ':::::::::::::::::( ゝ, ==≧、---‐'__ (   7:::::::::: V三Z/    /
     l::::::::::::::::::::::) ||   ィrにく⌒ヾ 、 (:::::::::::::/三Z/    /
     |:::::::::::::::::::(  ||  //|| 「 ヽ\ | |_)::::::::/三Z/    /
     |:::::::::::::::::::::::\ヾ===彳 | 〈 ヽ ニノ::::::::::/三Z/    /
     ∧::::::::::::::::::::::::: 〉 || < ! ィ  | |く::::::::::/三Z/    /
    /::::ゝ:::::::::::::::::::::::|  || ィ ( !  | |´:::::: /三Z/    /
    ' ::::::::::::::::::::::::::::::: トヘlj__リvくノ..__Lj::::::::/三Z/    /∧
.

394 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:45:43 ID:iuUt4vZk [19/30]
.              _______
            r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.
            ヘ,___,________/::.
             |   /     \  |、:..
             | / -   - \|::..
            ./  (ー)  (ー)  .\:
            |  //;;:.   ´    //|
            \      ⌒  / //
             |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、|l::::
             |         ::::....  ..:::|l::::
             |             |l::::
             |             |l::::
             |   ''"´         |l::::
             |              |l::::
             |           ``'   |l::::
             |   ''"´         |l::::
             \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::
              `´::::::::::::::::::::::::::::::`´::::::
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 蒼星石もギリギリまでダメージを負いながらも何とかさまようよろいを退けたらしい

 だが、いたるところに怪我をしていたできる夫には大量の薬草が必要だった
 できる夫を助けるために、蒼星石は防具の一部を売って薬草を買ったのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

400 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:49:17 ID:iuUt4vZk [20/30]
          ___
         /     \
       /―  ―‐   \
      /(◯ ) (◯ )   ヽ   どう考えても僕が足を引っ張ってますよね…
.      |      ´          |
      \   ―        /、   それならいっそ…
       /`ー------      ∧
.      /  __ , -―-、 /     ∧
      ,' /  /    /       ∧
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∧    i
     ヽ_______/  ',   |
      ヽ----‐''"´  |      i   l
       |    |    |          /
       |    |    |、    _,,.-'′
       ヽ --ヘ _/   ̄ ̄
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それでもできる夫は無事回復した。だが、ここからが大変だった

 できる夫は自分が完全に足手まといだと認識してしまった
 それが事実かどうかは別で、蒼星石に装備を売らせてしまった事実が重すぎたのだろう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

401 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:51:53 ID:iuUt4vZk [21/30]
           ____
          /    \
.        /          \
.      /    ―   ー  \
      |    (◯)  (◯)  |     はいっ!ただいま!
.      \ u.    '    /
       /      ⌒  ヽヽ, ) )"
   "( ( ( ヽ        /./.            \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
        \ \   ゛ // |             ≫  新入りぃ!!さっさとしろ!! ≪
       ゜。 (⌒。 ⌒ヽ ゜ ○            /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
     。○ (´⌒ ○⌒ 。⌒ヾ ゜
    ゜。゜('⌒ ; ⌒。 ○::⌒○ )。○
    ○。 ゜(´ 。 ゜○)  。゜ 。:::) ゜。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 話し合った結果…というのだろうか

 半ば一方的にできる夫はフルタイムでアルバイトをすると言い出した
 今の自分では足を引っ張るだけだと蒼星石に告げて…

 こうして蒼星石は一人で門外でモンスターを待つ日々が始まった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

405 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 22:57:06 ID:iuUt4vZk [22/30]
               /: : : : : : /: : ; : : : : : : i: :i: : : :ヾ
              ,: : : : : i : :!: : :ハ: : :',: : :i: :|: : : : : ',
              |: :i:.r!: :!: :|: : ム二ミi: }: :.!: ト. : : : : i
              i: :!:{ |: :',: :|: 《 iJ::::! レ!: :ハム_!: : :i: :!
              !: |: ゞ: :.',: :N ゞ- '   }/ 赤!}: : :}: :!   これでもう売れるモノなくなっちゃった…
              ',: !: : i: : :ヾ        ヾイ: : :/: /
               }: :}: :!: : : | u.    '   ハ: /|: ;    剣だけは我慢してもらったけど…
              ノハ/}∧: : :|ヽ.     -  .イ: :/ .j:/
               _ ! ',: : ! `i: :.. - <: : / 〃
             /   マ! ',:.:!  Vレ' |: :ハ: /
            , '      マ! ヾ ー 、ヽ.. ',:.!__i_
          ./        Vi       ´ ̄ \`ヽ
          /       ,  ノ/≧ー-..,,   ヽ  \ ',
         /        /:. /三三三三≧==`- 彡三ミ、
        /      ,.:::::: /三三三三三三三三三三三\
        ,      ,::::::::: /三ニi三三三三三三キ三三三ニ.ヽ
       , ′    , ' V≦メ三三!三三三三三三半三三三三リ
      ,         ヾ三三ニハ三三三三三ニ≠三三三三/
     ./    /    ∨三三ニ≧ミ三三三彡ニミニ三三彡′
    /     く         ∨三三三三三三三三三三三{´
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、蒼星石一人で一体どれだけモンスターを狩れると言うのか
 そもそもモンスターと戦う段階に至れる確率が低すぎた

 返済が滞る日々が続いた結果… 残った装備を売るに至った

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.     / : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
    / : : : : : : : : : : : : : : : ; ヘ : :!: i: :i
.    ,′/l/ : : : : : : : : : :{~´   }: :l: :!:|
.     l: : : : : : : : : : : : : : :l\  /ノjノ: ノ
.    l : : : : : : : : : l\l\l   ィ/{ /
    ',: :xへ:,ヘ{\{  イ´  ヽ  }     こっちもいくらか取り立てないと困るからねー
    }/::::/^::\         _′/
.    / \{:::::::::__\    (´/ /==ァァ   何日も返す金がありませんじゃ話にならないじゃない
   /: : : : >'´ : : : : `'く  ̄| _/:::::〃/
   ,′/ア´ : : : : : : : : : \「\::::〃/
.  {: :〃: : : : : : : : : : : : : : :\ ∨ /.

409 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:00:21 ID:iuUt4vZk [23/30]

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
    /    。<一>:::::<ー>。  うわあああああああああ!!
    |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j
    \、   ゜   ̄ ,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 アルバイトから帰ったできる夫が見たのは、防具を持たず帰ってきた蒼星石の姿だった

 それだけで何があったのかを悟ったのだろう 泣き崩れてしまった

 このままでは、宿屋で一日寝泊まりする金にも困るようになってしまう
 そう瞬時に考えてしまったのかもしれない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

417 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:15:06 ID:iuUt4vZk [24/30]
         ____
       /     \
      /         \
    /            \   週払い日給45G… 下働きで住み込みだとこれが精一杯なんです…
    |              |
    \           /
     ノ           \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その日からできる夫は住み込みで働くようになってしまった

 週に1回宿屋に訪れては、蒼星石の宿泊費を稼いだ金で払い込み
 払い終えて残った金は蒼星石の部屋に投げ込んでおく

 詰んでいると分かっていても、こうする以外に方法はすでに無かった

 これが今の自分ができる最大限のことになってしまっていたのだ…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


423 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:21:59 ID:iuUt4vZk [25/30]

     ____
   /      \
  /         \
/           \  (それで住み込み… 理由は分かったけど…)
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/   (それじゃ結局何も解決してないのくらい分かるはずだお…)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ここが賭博の街でなかったのなら、あるいはほかに稼ぎ方があったのだろう

 だが、ここには教会もない 冒険者の需要がない
 僧侶を必要としているところにはすでにお抱えの僧侶がいるのだ

 そもそも僧侶の需要がない だからこそ一般人の仕事をせざるを得なかったのだろう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

430 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:28:08 ID:iuUt4vZk [26/30]
            /ヽヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;、 -::|
            /;;;;;ヽヾ;;;;;;;;;;;;;,、-:;'ニ - ''"´;;;|
           /;;;;;;;;;;;;ヽヾ; ', ィ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
          ,、〈、;;;;;;;;;;;;;;;| '/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;、l
       /_ ̄Z:::::\、;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-:;'ニ - '';ヽ
     /´:::::7 ヾ:::::::::`ヾ | |;;;;::、‐:;'..ニィ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
    /::/:;:::/:::::/::イ:::::;、-ヽ/;;、::::::::::::、:\::::ヾ、:;;;;;;;;;!    どこか別のとこで借り換えでもできたら違ったのかもね~
    !イ:/:::i::::::::l:::i::::|:/ `ヾw;;::、┤:i:::ヾ:ヽ::::ト::::::l;;;;;;;;;;!
     !|l:::|::ヽ、ム,ゝャ‐'    、,ノ;ィリ::ノ:::i::::l;;;;;;/;;;;;;;;;!    でも冒険者風情に金を貸してくれるとこなんて
      〉、;:八-;-;.二、    ゛-``><|;イ;;;ノレ;;;;;;;/     この街にはないからねー
      j/ /`!' `゛‐ '゛    ~ひー‐-; イ`'l'゛ l i;;;/
  ,.、- '"´ヽ. Y       ,    ` '' "´  j  l: l: i ``‐ 、    遅かれ早かれこうなってたとは思うわよ
'´  ,、; ''"゛ i  !      ヾ          ,:'  ,'  ! l'- 、_ `ヽ、  まだ死んでないだけマシな方よ
:::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、        ,. '  i / /;;;〃;`ヽ、 `ヽ、
/;;;;;;;;;;;;;;;ll;;;ヽ.  \. `‐    , '´    ' /;;;;;〃;;;;;;;;;;;;;`;、-―`.、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ll;;;;;ヽ    ` 、   ,:'        /;;;;;;〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ll;;/      ノ`''";'     /;;;;;;;;〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'' """"i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      ,.;';;;;;i:::::',     ';;;;;;;;;;〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l



        ____
      /      \
     /   _ノ  ヽへ\
   /   ( ―) (―) ヽ    そりゃそうですけどね…
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
   \     ` ⌒r'.二ヽ<    (普通もっと早くに気付いて、二人でバイトなり仕事するなり
   /        i^Y゙ r─ ゝ、   冒険者の枠を外れてくれると思ってたんだけど…)
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!
.

445 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:40:52 ID:iuUt4vZk [27/30]
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \    (まさかここまで冒険者にこだわる子だったとは…)
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /    (もうこうなったらこっちが強制的に別のことをさせるしかないお)
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 弱りきっているのは蒼星石も同じだった
 できる夫という司令塔がいて初めて力を発揮できる戦士であり、パーティなのだ

 基本的にほとんどのことをできる夫が判断してきたのだろう
 ここ最近の全てを自分で考えて行動するという行為自体が大きな負担だったのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
      / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾゝ、
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :` : 、: : : : : ゙lヾゝ
     ,': : : :i: : : : : 、: : :ヽ、: : : : : : :ヽ.: : : : }
     i: : : : :', i: :ト:、:\;.、 :\: : : : : : : ヽ : : l
     { : : : : :',ト、ヾ`゙:,ミ:.、ヾ、--─: : : : : :ヾ:人_,  できる夫にこれ以上辛い思いさせたくないよ…
     {k: : : : : i 大^~  `ヽ. ィチ示ト、:i、 : : :トミ`゙
     ! ∨ : : :ハ.仡示.     弋cソ从ス',: : :|    僕にできることならなんでもするから…
       ∨i: : 、:.ゞ= '′ 、    .ムイ: :ハ:N
       ヘト、:、ヘ`゙    _,.、   ,.イ/|/ ′
         ヾ:、:> ..,_ ,..<トノ、
           `ヾ;ムイ. ゙ヽ、.x<  `゙ーz、_,.、
           ,ふ  ,ィ==,又==ュ、    ふソ:.、
          ハふ 《 ,〃iij マ:、 》〉  ふソ.:.:.ヘ
         /.:.:ふ  ゞ彳 iij ゙トゞ彳  ふソ.:.:.:.:.ヘ
.


446 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:41:25 ID:yVGphZh2 [17/20]
ん?

447 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:41:38 ID:kp0wR0M. [2/4]


451 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:43:07 ID:abEGJJOQ
なんでもするって

454 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:43:25 ID:4D4ry38U [3/3]
言ったよね


462 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:48:12 ID:iuUt4vZk [28/30]

         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   それじゃこっちが仕事を用意してやるお
  | / .イ '=・=  =・= u|
   /,'才.ミ) (__人__) /   ただ絶対に文句は言うなお 逃げることも許さんお
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \   それができるなら、できる夫もいくらか楽になるはずだお
 /\ ヽ          ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 やる夫の頭の中にはいくつかのプランがあるにはあったが
 結局そのどれにも当てはまることがなかったため、仕方なく別の道を模索した

 その結果ひとつだけあるにはあるのだ
 ただ、この子にそれができるかどうかがあまりに疑わしかったため躊躇していたが…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:丶
.      /.:.:.:.:{.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.
     /.:.:,:.:.ハ:.:.:.:.:l、:\:.:.:.:.:.、:\.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.i  /)
.      .:.:.:/:/斗、.:.:l.:!`¬ー:ト.:\.:\:.:.l.:.:.}.:.| ⌒_っ
     j/.:.'.xzミ\Νf沂弌㍉:.:.:\.:.V.:./.:.:|
  __/イ:.:〈{ {vハ    _Vrツ/.:.:..:.:.∧:∨.:.:.:|    ほ、本当!?
  `⌒ 从:{.::.^¨r    .::::: /.:.:.ハ:'.:.刈.:.:.i.:.:|
      i|:.:しァ         厶イ!:./.:/.:l.:! .:.|/}
      i|:/:..、  c--っ   川/.://.:リ.:.∧
      i|:!::.:.:.\       .:/.:.:./八/イ/
      八{\f⌒'ー r x仏 ' ├ 、
         _r‐ 、_ノ(_/___/ ' └‐ 、ノ(
        」 / v_/0\ー '   _r‐' _,{し┐
        人{∠ _ У\ ノリ   ノ /    |
.

469 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:52:35 ID:iuUt4vZk [29/30]
                ,.:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_:',
               /: : : : : : /: : ; : : : : : : i: :i: : : :ヾ
              ,: : : : : i : :!: : :ハ: : :',: : :i: :|: : : : : ',
              |: :i:.r!: :!: :|: : ム二ミi: }: :.!: ト. : : : : i
              i: :!:{ |: :',: :|: 《 iJ::::! レ!: :ハム_!: : :i: :!
              !: |: ゞ: :.',: :N ゞ- '   }/ 赤!}: : :}: :!
              ',: !: : i: : :ヾ        ヾイ: : :/: /
               }: :}: :!: : : |      '   ハ: /|: ;
              ノハ/}∧: : :|ヽ.     -  .イ: :/ .j:/
               _ ! ',: : ! `i: :.. - <: : / 〃
             /   マ! ',:.:!  Vレ' |: :ハ: /
            , '      マ! ヾ ー 、ヽ.. ',:.!__i_
             /        Vi       ´ ̄ \`ヽ
          /       ,  ノ/≧ー-..,,   ヽ  \ ',
         /        /:. /三三三三≧==`- 彡三ミ、    ┌─────────────────────┐
        /      ,.:::::: /三三三三三三三三三三三\.   │ 出来る方に賭けてみようと思わされたのだ    │
        ,      ,::::::::: /三ニi三三三三三三キ三三三ニ.ヽ. └─────────────────────┘
       , ′    , ' V≦メ三三!三三三三三三半三三三三リ
      ,         ヾ三三ニハ三三三三三ニ≠三三三三/
.     /    /    ∨三三ニ≧ミ三三三彡ニミニ三三彡′
    /     く         ∨三三三三三三三三三三三{´
    !     \        ヾ三三三三三三三三三三ニ!
     ヽ       \      'i三三三三三三三三三三!
      \.     \    j三ヾミ三三三三三三ニⅣ
        ヽ         /三三三三三三三三三ニ!
                \'三三三三三三三三三三f!
             \   \三三三三三三三三ニ彡
              ,.ゝ、   ∨三三三三三三三三イ!
             / >     }三三三三三三三三ハ
             /./,イ,ィr、  ハ三三三三三三三≧彡!
            ム:' i i' { r'  / `  ̄ | |r ======ォ |  }}
            ハ: ´`゙ー -- 'ー- .,.,_| |{ 匸__,ji. jr-ヘ
           i  /i        //   .|   }   i ! {
           !  ,.ヘ         .イ/    |   !   ヾミル!
           レ    =ニ二 彡   ヽ  !  //    ハ
            ',  ,.ィf ´ 二二二 ニ ミヘ_∠ 二二二ニミ,
            }イ彡''´           `Y            ',
            Y               |            ',
             i              |             ',
.

473 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/03(金) 23:54:17 ID:iuUt4vZk [30/30]
きょうはこれでおわりー

またあしたなー
関連記事
2014-10-04 : HIO ◆GSpyI2J3e6の雑談所 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

検索フォーム

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
昨年から利き腕の痛みがありブログ更新を中断していましたが検査を数か月繰り返した結果、筋肉が切れているだけだから治療不可と言われてしまったのでぼちぼち更新を再開させます。

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

RSSリンクの表示

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート