FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫はパーティの中のみそっかすだったようです(DQシリーズ)58

         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34-1 34-2 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 キノさんのなぜなにみそっかす!1 56 57


416 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:05:51 ID:HZsQuINs [1/33]
きょうもゆっくりいくぞい

418 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:09:16 ID:HZsQuINs [2/33]




     やる夫はパーティの中のみそっかすだったようです58
                           (DQシリーズ)
           ____
         /     \
        /  _ノ   ヽ、\
      /   (○)  (O)  \
      |       ||  (__人__)  ..|
      \    ノi   !  |.  /
     イ ー三 ̄し'[]=`ー'´イ"ゝ
     /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ



.

419 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:10:45 ID:HZsQuINs [3/33]

               ____
            /      \
           / ─    ─ \ 
         /   (●)  (●)  \      本当の… 勇者…?
           |  u.   (__人__)     |
         \     `⌒´    ,/
         /     ー‐    \




.        / /   l.l  l.l l      l  l  l     、
      / |   |.|   | l |       |  |  |   |∧
      l   !   l| !  .|│ l        ト,  !  |  ./ / |
      l   ヽ   | !ヽ. ヽ 、ヽ、 l   / |. | / ./ /l |
      |     \ {ヽヽ\ ヽ\ヽ|  / -l/l/l//| l
     |    |\ヽ \ ヽ-、ヽ| / , -_仏∠∠| . |   |
.      !|l   | /"7¨丁゙}\   レ'  ,イ、_>ー} 〉 / .| ∥   そうだ お前は知る資格がある
        l | |   | ` ヽ二ン      ヾ='´ノ / / | ∥
      l.l |   |ヽ   ̄       |       / /  1  |    あの魔王戦役の真実について
      ∥|   ト、丶        '       / /  /|  |
       |│  |  `\     -─    /}′ / ||.   |    お前らが聞かされてきた英雄譚の
       |│  |  , -‐ヽ、       / /   /' ||    !、   真実の物語をな
       |│  |/     | `丶 、 __/"7  /イ  ||    lヽ
       |│  │       | , ‐ ´    /  //_|.  ||    l  、
       |│  |ー---‐ "´         /  // | ||   ',   ヽ
       |│  |          - ┬‐/  //´ ̄ \ \、   ヽ  \
.

421 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:12:28 ID:HZsQuINs [4/33]






                         ┌────────┐
                         │  暗黒の時代 .....│
                         └────────┘





.

422 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:14:37 ID:HZsQuINs [5/33]
                  __
.       , -- 、       イ´: :/ : : : : : : `: .     ,  -‐ァ
      `  、 ` ー-- く: :/ : : | : : : : : : ヽ:\> --‐'  γ´
         \    /: :l: : : :|: : | l: 、: : : Y: マ   /
          `ヽ_Y.:.:__レ_/|: : | l: :L、- :!: : Y_ ィ´
               :.| : : :|/ ¨≧、:.:匕|__ト、:|.: :|
            |: | : : :l,.x作ミ`ヽl゙作ミx、|.: :| |
            |: | : : :|"弋_リ   いソ "!: : :|: :|
            |: | :l : |""   ′ """|: |: |: :|
            |: | :l 圦   、   _,  .小:!: !: :! ,
.            予 ̄| :l : | ヽ      イュ|: |: |ィム'≦ユ_,ィ、_.     ・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
       __rえニニ| :l : |≧介 -  个二j: ヤ:!二二二二ニミ
      ≦ニニニ二|:/ : |ニニl- ―‐-lニニ! : マ二二二二二ミ     魔王戦役 ―――
      >ニニニニ/: : :ムイ´'、 ̄ ̄``<ヘ: : :マ二二二ニニス
.      チニニニ二//: :/リ ―--ゝ ム--― `マ: : マ二二二二ニミ.     かつて魔族と人族はその地を分け合った
     彡ニニ二二//: :/ /           ヤ: :、ヽ二二二ニミ
     rイニニニ/イ ノ ′     、       ヤ、: ヾ、二二ニミ、    しかしながら、共存の道を選ぶことはなく
     l::≧ィ≦::': ム'/        Y        ヤ;\:ヤ了::::|__\}     魔族と人族は争うこととなる
   // ̄ ̄::::::/:.//         |        ヤ;.:.:ヾ:::::::::::::: ̄|\
 / ./:::::::::::::::::/:.:.| |           |         | l:.:.:.:マ::::::::::::::::|  \ . 魔族は強く、そして魔王は強大な力を有していた
'__./:::::::::::::::::イ:.:.:. ヽ二二ニ====┴====ニニニノ:.:.:.:.:ト、::::::::::::: ̄ ̄
::::::::::::::::::://八:.:.:.:.:.:.:| |. . . . . . . .|二|. . . . . . . | |:.:.:.:.:.:.:八\:::::::::::::::::::. 多くの国が魔族を倒そうと挙兵し、
:::::::::::::/l ////ヘ:.:.:.:.:.:マ,. . . . . . マ / . . . . . . //:.:.:.:.:.:イ////\:::::::::::::.....そして兵を失っていった
::::_γ’ .|//////ヽ:.:.:.:.:ヾ、_,ィ‐‐ァチ トー--,__/':.:.:_;.イ///////| `≧‐-
 ̄`ヽ  .l/////////丁 ̄:.:.:||.くィ 水ヽ`>|l:.:.:.丁////////// レ´::::::::::. 人々は暗黒の時代と当時のことを謳う
:::::::::::::. .!///////// |:.:.::.:.:.:||. .く/| |ヤ>. .||:.:.:.:|////////>’:::::::::::::::::
:::::::::::: ヘ !///////// |:.:.:.:.:.:.|l . . . | |. . . ..||:.:.:.:|/////>’:::::::::::::::::| ̄.  しかし、一人の勇者が立ちあがる
::::::::::::::::: ヽ////////,へ:.:.:.:.:!!. . . .| |. . . ..||:.:.:.へ<_::::::::::::::::::::::::::: !
 ̄ ̄j:::::::::::\r≦`/,へ \:.|l . . . | |. . . ..|レ' へ.\`アュ、::::::| ̄|::フ....・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
.\‐┼‐┐::r予.//:.:.:.:.`> \. . ..| | . ./ <´:.:.:.:\\ ≧ュ ̄|>イ
.  `ヾ ___!イ //:.:.:.:.:.:.:.//`. .ミニ .ニ彡´マ,:.:.:.:.:.:\\`チ千/ |
    |≧//:.:.:.:.:.:.:.:.// . . . . . . | |. . . . . .マ,:.:.:.:.:.:.:.\\≧’/ !
.

427 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:18:20 ID:HZsQuINs [6/33]

                        、---、
          ;/(_        ____--/゛_ _゜ゝ--:ゝ__
         /  ゝ___/ゝ_  __/゛゛ヽヽ゛(_∞_) 丿/;;;; ---;__
         |; |   ;;| / ;;;;;;;;\    ;//; 、 --ゝ\     単騎であそこまで行けたのは俺だけだから(強調)
         |  |    |/ (;;;;;;;;;;//゛\_____/゛`\_;;;;;;;;;;;|;;; ;|;
         ;|  |_  __--、____;;;;;/_。 ___::|::______。/|゛ゝ_______-;;|
          \_ ゜|゛ | |___ \/ゝ--;;    ;;; _ノ|| ヽ\ ; |∋
            ゛-- ;|゜b_)_丿|_/゜--------゜│;;|  | ∪゛∨
               /|_-_))_/゛゜゜\   _/゛゛\--_| |
              | |-__-- |   _丿____丿    ヽ | ;|
              ∨  ̄゛ゝ---゛;|゛゛  \_ ;;  |  ∨
               ゛   ∠----゛゛   |゛----ノ
                           (____)

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・

 それが後の『ゆうしゃ』の父親

 この男が幾多の魔物を倒し、魔王の足元にまで迫った

 結果として彼は火口に呑込まれ命を落とすが
 彼の残した事実が、人々に希望の光を見せたのだ

 勇者なら、勇者を助けるものがいれば勝てるのではないか…、と

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・
.

428 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:20:20 ID:HZsQuINs [7/33]
      、 _
      ヽ    =-  _
.       \      `  、
        \            、
         \            \
              \         \                       _、_
            \            \                   ノイ;-ミ::::::ゝ
              \          \                 イ/fゞイヘ{ミ!ゝ
               ` <          \                ゞ゙ '__ イ/{   ゆうしゃだからな
                  ` <          \                _ゝー' イ《`
                    ` <        \           マ⌒、マムー=ァ
                       ` <       \.          /、. ‘:.マム≦:.\
                          ` <.     \....   ____./_ュヽ、ソ:.:マム:.:.:}:.λ
            _.             , -―-ミ. ` <.    \.. 三 У_ヽレ:.:.:マム:.:!/ .}.      _______
          /////\.     }>f7.:::::::::::::::::く⌒ ` <  \ 三∨: :_:`Y:.:.:.:マム:!  i.   ___.//////ハ
         ////////,ハ     r匕{从rtァハ}八ミ.    ` <  ーi ∨イ:`!:.:.:.:.:.マム!─〉..... /| //////|
        斗=====气       7::八(' - ノ)) [[]].....≧= ヽ  \};メ:、:{:.:.:.:.:.:メ、:\ゾ/..゙|////// |  __
         it{{  ゚ ij ゚ }j     {::{厂>r===く⌒Y:{ {   L-==  ̄>(○;ヾ{:.:./ : : ヾ/.     L_________」 〈:0:〉
.         八乂  = .人       イ  {/  fK )__j7∧   /二二 ,〈'メ〈7/ノ、¨ヽ斗:.´∧..   i j{   |   .|I|
        / ̄ヽー=セ `ヽ.    {{ {{ {{_リV_______{ __〉 }.  }二二.../=:ヾ'==<;、ノ、:.:.:.:.マ∧..... 人 ^   人......|I|
        {____j   ヽ }iー 、...└r-┤7rfrfrfr{「::{ ./  ノ二二../    、  フー─=マ∧.. 〈 r====cメア(__)
       /    ∧   } / !   \.               {二二 /     /ヘ.   .∧ マ∧....} !/////}ハ  |I|
       L__________}   } {|    }                 /      /   ∨   .∧ マ∧./ |/////{八ノ|I|
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そして、アリアハンは幾多もの『勇者PT』を送り出そうとしては失敗することとなる
 アリアハン以外の国も勇者PTを送り続けるが魔王へは届かない

 さっきも話したが、そうした経緯を踏んで奇跡が重なって生まれたのが
 『ゆうしゃ』がリーダーを務めていた『ゆうしゃPT』だった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
429 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:21:37 ID:HZsQuINs [8/33]
                         ,,
                     、_-、、f/ム-ミぇ、_λ
                     、_ゞ////////////-イ/ ,ィ
                     _>/////////////////ソ
                  ,. '>'/////////////////////ィ,
                /_,. フ///////////////////////,
              广´''""/' ////////><//////ヾ////
               〉マ、 _ィ//////`" ,.-、 ー//∧ヾ//ソ′
              /: : : : :\ {/!/// ー、弋:ノ ,:_!lハミヾ////'´
              7¨ ヽ、: : :/ノイハム´莎ェ= 'ィィ筏ヽヾ/ソ/ゝ     勝った!!
             /: : : ヾ:r`'   iハヘ  ´,´′   イ/'イハム
            〈: : : : : イ 、   マ: .i 、 r‐--、  /彡ソイ}ニ!     第一部 完 !!
            rヾ; : : /ニヽ'   ',: .i! ミi>、`¨´ イ´≦ニ/ニム
           /!:ヾ: ;イ三: !、    ',: ミ,ヾミ>三彡ニ/ニニニム、
          丿: :ヽ:ヽ}ニ! : i: :\.   ',: マニニ彡/ニニニニニニi
         !:,、ヾ: :/  !; : !: : : >‐: .、',: マニニ/ニニニニニニニニ!
     r、ェ、_/タ_;_/__ ヽ:i :/ : : :_;_》ゝ>ー<≦ ̄ ̄``ヾミニニi
     )_r'(_,ノ`" '"ヾ==¬ ∨: : :/'"/ヾ≡≡=、、_`` ー-  ヾミi
     />‐ ' ヽ、..イ       i :// /          ̄¨¨ ̄  /ニ}
.   / / /         }' ィ! ,i!、           _,. ィニ≦ム
  / ./ /           ヾミi ′ ヾ     ``ヾ≡≦三ニニニム
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そのゆうしゃPTはこの世界で旅を続けながら成長していく

 その過程で魔王の手先となる魔物を打ち倒していき、次第に魔王へと迫っていく

 成長を遂げたアリアハンのゆうしゃはついに魔王と対峙できるだけの力をつけ…

 ついには魔王を倒すに至ったのだ!

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

430 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:23:54 ID:HZsQuINs [9/33]
                   ,. -─-
                ,. ' ´       ` 、
              /               ヽ
             / / //  / /  :.      ヽ
             ! l .:l :l :/ :/ .:. :l:. :l:. l:. } l
             l .:{ ::l :! ::l ::l  :.:.:. ::}: l:.l:. l::. .l !
            l:l ::ト、l.:L:_l: :l .:.:.:.:./:: l:/./:.:./l !
            l:l :l!| ::l>ァtト、:! .:l:.:7ト从ム/| l l     というのが、アリアハンに伝わる
      ┌‐く⌒\l:l ]:l:| ::| 辷ソヾ、:|/,.tラ ̄}ノ|: |l l l     ゆうしゃの英雄譚なのではないか?
      |:::.. : : : : : :y:`ヽ::ト、     ト!  ``"´/ || ! l |
      ノ:::::::::.... : /: : : ノ` ゝ   ,.._    /|:. |/l l !     実際に私は聞いたことがないが、どこか違うか?
     /:::::::::::::: :/: : : :/     ヽ`´ イ /|:. |:::l: l. l
    人::::::::::/: ,. '´         ヾ  / l:. lフ'´⌒ヽ
   /  `ー-‐ ' ´        ,ノ  ∨ --┴ァ: : : : : : :.ヽ
   !                ‐'          /l: : : : :./⌒〉
   {                      _,.イ l: :_/    !
.   !            ,ノ     ノ   ∨ /イ//   /l
             ー'     厂      Y l}ム -‐-、/ l




         / ̄ ̄ ̄\
        / /     \ \
      /  (●)  (●)  \    いや、教科書で教わった通りですお
      | u.  (__人__)    |    子供の頃からアリアハンの子供はその手の話を聞かされてるお…
      \    ` ⌒´    /
      /              \    でも、まさか…

.

431 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:27:52 ID:HZsQuINs [10/33]

     /     |   /     |  |   |  |   |   |  l    |   |  ||
.    /    |  ′     l|  |   | l|  |   |  |    |   | ||
   イ    | l      |ヘ |ヽ   | ||  |    |  |     ;   ,   | |
  / |       | |      ト \__\ |l 八  |   ハ  !   ′ /    l
. /        | | |    |f才7卞ミメ、  \|  / | /   /   /  / /
_/    /   | | |     代^辷ゝ、バミメ、 j/  リ   イ /′ ' '
'    /     | | |     | `ー<        厶斗三>'/ //
   /     /| | | |   |             イアテ ∠ イ/     そのまさかだよ
   ′   /  l | |  l   |            /^ニ´/   _」  -―
  /    /   |  |   l  |、          {   厶-‐          嘘、とまでは言うつもりはないが
 ′   /     |   |    | \     、,,___   ´ /             その話が完全な真実かというと ―――
/    /   /.::|   |   l|\\   `ニ´ _,  ´
    / /.::::::::|  ',  ヽl::..\7 \_  </                 違うと言わざるを得ないな
.   //-‐ 二ヘ   、  \/〈___/
  ///     \  \   ヽ:::::::::::/





                ____
        ............................/:::::::
      ...........:::::::::::/:::::::: ─   ヽ_
    ...................:::::/:::::::::::: ( ○)  ( <)    もう何が何だか…
           |::::::::::U::::::: (__人__)
           \::::::::::::::::::..` ⌒´
       ......::::::::ノ::::::::::::

.
433 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:30:48 ID:HZsQuINs [11/33]
                         ,,
                     、_-、、f/ム-ミぇ、_λ
                     、_ゞ////////////-イ/ ,ィ
                     _>/////////////////ソ
                  ,. '>'/////////////////////ィ,
                /_,. フ///////////////////////,
              广´''""/' ////////><//////ヾ////
               〉マ、 _ィ//////`" ,.-、 ー//∧ヾ//ソ′
              /: : : : :\ {/!/// ー、弋:ノ ,:_!lハミヾ////'´
              7¨ ヽ、: : :/ノイハム´莎ェ= 'ィィ筏ヽヾ/ソ/ゝ    やっぱ俺って凄いんじゃん!!
             /: : : ヾ:r`'   iハヘ  ´,´′   イ/'イハム
            〈: : : : : イ 、   マ: .i 、 r‐--、  /彡ソイ}ニ!
            rヾ; : : /ニヽ'   ',: .i! ミi>、`¨´ イ´≦ニ/ニム
           /!:ヾ: ;イ三: !、    ',: ミ,ヾミ>三彡ニ/ニニニム、
          丿: :ヽ:ヽ}ニ! : i: :\.   ',: マニニ彡/ニニニニニニi
         !:,、ヾ: :/  !; : !: : : >‐: .、',: マニニ/ニニニニニニニニ!
     r、ェ、_/タ_;_/__ ヽ:i :/ : : :_;_》ゝ>ー<≦ ̄ ̄``ヾミニニi
     )_r'(_,ノ`" '"ヾ==¬ ∨: : :/'"/ヾ≡≡=、、_`` ー-  ヾミi
     />‐ ' ヽ、..イ       i :// /          ̄¨¨ ̄  /ニ}
.   / / /         }' ィ! ,i!、           _,. ィニ≦ム
  / ./ /           ヾミi ′ ヾ     ``ヾ≡≦三ニニニム

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 たしかに、魔王にとどめを刺したのはゆうしゃだよ

 それは紛れもない事実だな

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

434 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:35:22 ID:HZsQuINs [12/33]

        | l  |  {   |  /  /      /    / /  |   !  ハ
        | l  |  !   |   {  {    / /    / , ′ /   }   l
         、 \ ト 、 \ |  l  /    , イ     / /   /   /    |
          ヾ∧\\ ト1  」 ハ    //    / .イ   /  /  /  |
           7 \ト、V∨≧ヘ l´},  /7   ∠ ∠ ノ  イ  /  /   1
          ,′l    | { fんィ:入\\! | ///フ . <ノ_ イ  _イ   , ′
          ,′∧   l '、戈廴rぅ`        ィたテ示卞 _ムイ /   i 1
         /   l   |      ̄   i      弋廴t:rう } イ  ,/イ  ! |    だが、それだけだ
        /   N   ∧         |          ̄  /   { /  1 !
       /   / ヘ/ l  、     〈             〆!    7  1 ∨    あいつがしたのは、それだけなんだよ
       ∧   /   l |  \    `           /| /   /   | {l
      ∧  i/   N  |    ゝ、  <こァ 、   , イ1 |   /    /l  |
      ∧  /    l |    ∧\ ー‐  .  ´/  }  |   ,′   , l  |
     /   /       l |   /::::\ ー  ´   /}  ,   !   ,′   |/   ハ
    ,.´ ̄ ̄ ̄`<三キ |_/::::::::::::`ー 、ヽr 二/ /   l  |         ∧
  /         \;} !::::::::::::::::::::::::::::::::/ //:::::::\   |   |    |l     ∧
 /                \l::::::::::::::::::::::::::::::/ //:::::::::::::::`丶,|   |    |      ∧






           _____
         / _ノ  ヽ_\
        /  (○)  (○)    …… へ?
       /     (__人__)  ヽ
       |  U   ` ⌒´   |
       \         /
       /         \

.
436 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:38:42 ID:HZsQuINs [13/33]

  `フ/////ィ////´!//ハ/////////////ヽ、
 '""7///k__!///、z=≠'ヽ∨/i//////!'////∧
.   !//ィ-=' ヾハ 'z=-、 Ⅶ1/!////!'/////ハ
   从i/i           }/|/i////;///////i
    '           ' ,!/ィ//ア////////i   マジかよ…
    { r─ _-、         /イ/ア.,Y'///////ハ
.    ハ ´ ̄ ` ┘       '"/´,!:::! !////////'
.     i  `           ,_ _,. ィ///////ア′
     !          _  '´ i/////////ア
     ゝ  - 、-一: '"´    ノ/////アマf′
         ハ: : :      ' iハ//マ′ `
         _!  ,-、‐'"¨` ー-li{- .,_
    r、 '" ̄  |三i  ::Y     ′  |

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 とどめを刺したのはゆうしゃだが、そこに至るまでの過程を潰してきたのは
 ゆうしゃなどではない

 ゆうしゃがまともに機能したのは、旅の序盤~中盤まで
 それ以降はただ壁として、回復役としてしか機能していなかったんだよ

 魔王討伐に至るまで、旅の後半の全てを担ったのは、他にいる

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

438 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:40:32 ID:HZsQuINs [14/33]
                     ____
                  .  ´      `丶、
                /
               /   / /        '.
              .′ /  .′   i     i '.
              .′  { { ¦    }  }  .′} ;
             .′ ト、!ト、 {     / / / /  !
          , ヘ/  i l トl、tァミl、  / /∠}/|   l    それが賢者だよ
       r一'. : : :ヽ、」」  代ft癶ヽ、{´ィrfikマ  {  l
       ,|: : : : : : : : :} :`Vム、    i  `¨¨,l  ij  l
.       /」: : : : : : : ノ: : :/ ``ヽ. r_、   // | ! !
      {: :ゝ‐‐‐: : : : :/      ヽ._ .ィ匕7  厶」__j、
     , ヘ、: : : : : . ´      _   ヽ//l  l'.::::::::::::ヽ、
     /   `¨¨¨´        ノノ   `xー‐⌒}:::::::::::::::::::}
    .′             `´        /.:::::::/⌒}′
.    {            _     「i   、f斗ーァ'′  j
    ',         __ノノ   rf‐′   l/イ/ __ ハ
     、            __ノノ    i _トv'"´::::::::::::ヽ. .
.      ヽ          └‐ ´    「 l {:::::::::::::::::::::::::} '.
       >、             /⌒ヽ 」'"´ ̄ ̄ヽ;/   '.
      /  }ヽ、  , -‐    _ .. イ、  _.. ┴─¬ v:ハ    '.
.      /  ハ、 `ゝ{    /    Y´:::::::::::::::::::::::::」   '.    '.
     /  / '⌒>{/l   /      ∟; -‐rfL ̄/   }   }







        _____
       /      \
     /    ⌒  ⌒\
    /    ( ・ ) ( ・ )\   ほ?
    |          __)   |
    \        l_  /
    /         ‐'  \


.
444 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:44:54 ID:HZsQuINs [15/33]

         ___
        / ー ー \
      / (●)  (●)ヽ、
      /.   (__人__)   ヽ   …… 賢者?
      |     `i  i´    .|
      \ _.   `⌒   /
       /    ⌒    `ヽ、
      /  .     ,9mー )
      |  |     `ーー‐'゙
      ヽ、 \       |
       |\ ヽ     .ノ




  { {      i  i`、   |!_:l_斗 ´  // |l   :::/ /:/` ー/    .:/ /  / ::/
  、`、     i   i 丶 | ', i 丶  Ⅳ :|l   ::/ /:/  ,/   .:/ ̄/  / ::/
   、 、    Ⅵ li  _Ⅵ__{{ニ=厶 {  |l ::/ /:/  /  _ ≦--/   ..::/
    ヽヽ   \ f ⌒//⌒ィァ气 i  |l :i /:/ /-=≦ニ_/_,ィf㌣≦ /
    |  rs。   \ / ん_ノ::::::::;ヘi  λ :i[{ {      /⌒ィ三ニ=㍉/ .::
    |  |  T―r 《  {fj:::::rィ::::fj ㍉  \{ {{    /ん_ノ::::::::::::::} ヾ_,.イ
    |  |  :|l  i   ヽゞ三彡cノ_       `       {fj::::::rィ::::::::fj  】|.:|
    |  |  :|l  li   "⌒^¨ ̄                  ゞ三_彡ctノ ノ |.:|
    |  |  :ll   li           ::i           ¨^⌒'゛  |i   自慢するわけではないが私だ
    |  |  :|l  li             .::ノ                  ,′
    |  |  :l!| i ∧            ::}                   ,′    ゆうしゃが実際にしていたのは私の壁役だよ
    |  |  :i l l / /〉                            ,′
    |  |   l l // f\       t‐-   __               /
    |  |   l l,// /|/ /: .       `こ¨            </
    |  |   l l,/ / l|,/  i丶                <   /   .::/
    |  |   l l /  lL_  i:_` 、         <   //   .::/.:
    j/⌒ヽ ヾヽ  〕 / ̄   〕i`   __  ≦      / /    .::/.::
.

447 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:47:16 ID:HZsQuINs [16/33]

       _/:::::/:::::::::::;::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
       "/:/:::::;::::;ィ:::::::ヽ:::::::、:::::::::i;:::::i
       lイ:i::;::::il::/ i::、:i;:::lヽ、;::i;::::::::;i;::::!
        i::!/::::iヘ,二、!ヾリ,ニ二マ::::::i;l;ム{
        イ∧i{〈丈リ 、/ 弋ソ,`}::ノァ!``
        ハミヾ    ノ   i!! "//!'
          ハ    __  u. /ツヾ
            ヽ `ニ ´ . イk’ェ、、
          r≦三' `_ー ´-‐':::!>''ノ!
         _,.マ=ョョ、ニ_ー_.ニィョ≦Ⅳ、,__       【Lv.30】
    _,.ィ=≦アニλニニニニニニニニソニニ≧ェ、,_
  ,riニニニ´ニニl!ヽ、ニニニニニ,ィ'"ニニニニニニ≧r、

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 魔王と対峙した時、ゆうしゃのレベルは30だった

 厳密に言えば、勇者以外の面子はそれよりも低かった
 戦士も僧侶も武道家も… みんなレベル20台後半だったんだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

451 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:50:38 ID:HZsQuINs [17/33]

              ____
           . '"   U    `丶、
          /  \         \
            /     `¨″  `'ー'" ̄`    レベル30…? 嘘いっちゃいけないお
         {  三三       三三   }
         '.                 J /  魔王をそんなレベルで倒せるはずが…
          \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
           `¨7    ̄       ‘,
            /          ‘,



          ..-―… …‐- ..
        .イ             `ヽ、
      /                  \
     / /           ヽ        ヾ.
.    / //    / / / i   i  :.  ヽ  、   、
.     / /.:    / / .:  |    |   !   :.  :.   :.
   / .: ! i   { { i!   |    |   } i  i   !  i
.   /  {.||  | | |  l i:  |   | |  }  :}  |
  / ,  l ト:.  ヽヽ.ト、 l! ハ. |  / .イ  .:  / / l
. / /  :| ヽ `ト、 {ヽ!ヾ「トミ从!.|/ /〃 イ ,/ / ,イ
/ /   |  ヽ{rxィxチミxヽ\ヾイ 〃イ/,イノ〃 イ / |     そうだ 倒せるわけがない
イ   i |    |!`弋:;z'::::ソヾ  〃イ,イチ7ィ 》彡イ i l!
   l!. |    ト} `¬'' ´   ".: 弋zン,. ィ!´ イ |ハ!     だから壁だったんだよ あいつらの役目は
   | |    |入        {    ̄ /ォ| / i| }i
   | |    | : :\       '    .イ: :リ 〃八 ハ    唯一レベル70を超えていた攻撃の核となる
   | |    | : : : :ヾ:.、   ‘=’   イ: : : :{:/ /  ハ  :、   私を守るためだけの、な…
   | |    |i : : :,ィノ、` . . イ {:、: 、 /イ /  / }  \
   |:_」 i  |l : :/  }       `  }彡l.′〃 八    \
  / ! |  |l : {:   ノ          /イ,/  〃 ,:イ::::`ヽ、  ヽ
. /    | i!   !i : :.             /{r/  /イ ィ /::::::::::::::\
〈.     | |  i!ヾ: ヽ:、       /X/ イ彡フ/::::::::::::::::三ミx
. :. 、 :ハ  ハ:㌧ `:ミ、  _, -‐;イkィ彡'´.::::://:::::r:;:ィ ´   `}
 、 :\|{ ヾ  ヾ:}ハ、: `ー=彡ィ::/,イ/::::::::://::::/:/     イ
  ヽ `ー廴 }    ヾ廴_..イ//.:/ j:_::::イィァ‐一'      /
   \  ヾト、  ハ`ーァ辷彡イ/才r::://、{       / /イ{
.

457 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:52:45 ID:HZsQuINs [18/33]
             __
             ∨ハ   .____
             ///{_´: : : : : : : : :i: :\      ___
             V//: : : ::ノ: : : : : :i : \:ヽ   ///ア    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
             /: ∨: : : /: : : j: : : :.!: : : ∨77//i´      .ノ       く
            |: : :|: : : :{: : /ヘ: : : ト. : : |////       〈....  あ..   そ
            i: :r.f Y: :|/_ノ',: :.:| '; : :|: : :|        Y   っ...   っ
            Yf「| | |/ 〉⌒Y |ノルメ\:!: : :!         .|   そ
           //. | | | .l入.メっ  /⌒i :|: : :|           |.   ん     つ
.            //    ' {"ヽ"   乂_メっイ从'⌒         |   な.    よ
   〈∨\     i |__     リ } ⌒ヽ「ト、""∧o。 :\ : \    |   魔....   い
  〈\\\ > ´ ̄      /.‐┴‐〈Ⅵ〈Yレ'//爻ィ : :.\: :〉  _ノ.   法      な
   \ >'´   )ゝ._     __. ィ´〈.Ⅵハ ∨`Yヘ爻、: : : \\ \.   や      お
ー─<      ⌒  /´       }    ∨ Y´〉/幺: : : : \\ ).....め.     前
            /    y'´r─へ.    |  }く〉从ト、 : : : : :.ヽ::!......て
 ̄ ̄ ̄ ̄\   /::{    /   > 、 {   j_ノ/メイ : : :ヽ: : : : ノ:|.  ! !
       | ./ : !:::!   /    _ノ:::ノ⌒ーイ!⌒.: : \: : 「\/´::Y.!
       | { : : ヾミ=- '--==彡イ : : : リ: :リ: :\: : : :.\Lメへ::ノ \         /
..  壁   |. ', : :|:::| : : |:::|: : : :|:::::|: : : :/: /_: : :\: : : :)ノ: :\:\ j/\ __ /
..  が   |l  \{:::{ : : |::::! : : :|:::::|: :/ ::/|:::::::::>'´ ̄:> 、: ノ\:)
..  邪   |i    ≧== 介ー-:==≦: : :/: :.j_::::::::::::::::::::::::::::::::> 、イ
..  魔   |  .i ̄::::::::|::|: :|:::| : : |::::|: : : : 人\へ::::::::::::::::::::::::::::::> 、
..  だ....  l.厂j::::::::::/j:::!: :!:::!: : :|::::| : : : : : : : :.\\ハ.:::::::::::::::::::::::::::::::> 、
   ! !...  厂>⌒:ヒ从.: |:::|: : :.!::::! : : : : : : : : :Y }\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\へ
       |:::.::::::::::入ノ八 |:::|: : :.|::::|: : : : : : : : : ノ Y:::::::\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ i
       |::::::::::::::::::::Y  \! : : |::::|: : : : : : :./ヽノ::::::::::::::\.:::::::::::::::::::::::::::::::::}H!
       | :::::::::::::::: 人 / _> ─┬─ <`ヽノ.:::::::::::::::::::::: ー - . _ ::::::::::: },┤
       | :::::::::: /:::::::⌒`ー -- ┴─< ⌒.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ノ メ
       |::::::::/::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんなアンバランスな布陣だ

 実際に討伐を成功させるまでに幾度か挑戦する羽目にはなったが…

 結論から言うと、その布陣で私たちは魔王を討伐することに成功したんだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

459 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 22:57:10 ID:HZsQuINs [19/33]
   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─

          ____
        /      \
       /    ⌒  ⌒\
     /    ( ・ ) ( ・ )\   ・ ・ ・
     |          _)   |
     \        {__   /
     /          一  \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 幼いころから擦り込まれてきた勇者像が一気に崩れ去る音がした

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.       / /   l.l  l.l l      l  l  l     、
      / |   |.|   | l |       |  |  |   |∧
      l   !   l| !  .|│ l        ト,  !  |  ./ / |
      l   ヽ   | !ヽ. ヽ 、ヽ、 l   / |. | / ./ /l |
       |     \ {ヽヽ\ ヽ\ヽ|  / -l/l/l//| l
     |    |\ヽ \ ヽ-、ヽ| / , -_仏∠∠| . |   |
.      !|l   | /"7¨丁゙}\   レ'  ,イ、_>ー} 〉 / .| ∥   呆けたくなる気持ちはわかるが、事実だ
        l | |   | ` ヽ二ン      ヾ='´ノ / / | ∥
      l.l |   |ヽ   ̄       |       / /  1  |    お前程度に嘘を言って見栄をはるほど
      ∥|   ト、丶        '       / /  /|  |   私は愚かではないからな
       |│  |  `\     -─    /}′ / ||.   |
       |│  |  , -‐ヽ、       / /   /' ||    !、
       |│  |/     | `丶 、 __/"7  /イ  ||    lヽ
       |│  │       | , ‐ ´    /  //_|.  ||    l  、
       |│  |ー---‐ "´         /  // | ||   ',   ヽ
       |│  |          - ┬‐/  //´ ̄ \ \、   ヽ  \
.

461 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:01:36 ID:HZsQuINs [20/33]

       ____
     /      \
    /         \
  /           \   いやいやいや… それでもおかしいお
  |     \   ,_   |
  /  u  ∩ノ ⊃―)/    だってやる夫がこの街に来るまででもレベル12になれてるんだお?
  (  \ / _ノ |  |     世界中を旅していたゆうしゃたちがなんでたったレベル30台や20台なんてことに…
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /




   ′           :   l   :.   丶    {    {   '.  \   \
   |i         |   |   \  \  丶   }    }   丶   :.
   |i         |   :.     \ { 、丶 ^ト {_:i   {、 :.  }  '
   |i         |   丶      :ア^\{\{  Ⅵ 、}} }   ;   }
             |            |  〃^芹x }{ // .:  /  /
   ′              |    | {{  }r爪Ⅵ//}  ' /  /
  l ;          ;    |    |  ヽ. {l/ 丶,仏イ/  /
  | l           .:      |i       |     ‘′  {x彡ァ-‐     それがこの話の最大の焦点だ
  | l                 |i       |        :.
  | l          /       八     l        \         私はお前にこれを話したくて
  | l       /       /   ;     l          /        ここまでつまらない話をしてきたんだからな
  ; /        /     f圦  l     |  `⌒丶, ′
  /       :′    ,:j厂^\|     |     /
/′     /     /': : : : : :.|     ト _ イ /
  ;      /    / : : : : : : : : |     |i   l;′
 ′    /   / : : : : : : : : : : ;ハ    |i   |i
/     /  /        . : : : :〈爪   |i   |!
.

467 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:05:04 ID:HZsQuINs [21/33]
: : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/: :/  /: : :/  /: : : : : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./: : : : :}
: : : : : : : : : : ' : : : : : : :./: :/--/: : :/─/: : : : : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./: : : : :.:
: : : : : : : : : ' : : : : : :.:/: :/  /: : :/  /: : : : : : : : /: : : :/: : : : : : : : :./: : : : : ::
: : : : : : : :./  : : : : : ,.':., ^--/: : :/_ /: : : : : : : , ': : : : ': : : :: : : : : : /: : : : : ::
ハ: : : : : :/  : : : : ://   /: :/  /`: : : : : :/: : : : ': : : : : : : : : : ': : : : : :./
 }: : : /  ': : : /---- //   /: : : : : //: : :./: :: : : : : : :,.. : : : : : :/
. j, '´ :  /.:/≡ニ二三二≧zx/_....'  /: :/: : : : : : :_. ´: : : : : : .. '
/     : /'^ ≧ュ{:::::::::::::人   ¨^ヽ`¨^ヽヘ´_.... '^´/: : : : : : : : /   私がレベル70を超えているのに
    :.       ≧ュ (厶)ゝ........ノ}   }:::::〉    . : : : : : : :.: ´     なぜゆうしゃたちは20~30台なのか
     :.          ≧ュ:::::::::::ノ  /イソ    '.:.:.: : ´: :|: : |
    八                ≧ュ-   _....'´イ: : : : : : : :|: : .       知りたいのはその大きすぎる差の理由だろう?
     /                      / |.: : : : : : : :|: : :|
.    /                     , : :|.: : : : : : : :|: : :.
.     /                          .': : :|.: : : : : : : :|: : ::
   /                        /.: : :|.: : : : : : : :|: : : i
                        /.: : : :|.: : : : : : : :|: : : :
                        /.: : : : :|.: : : : : : : :|: : : :.l

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ゾクリ、とするほど冷たい目をした女がそこにいた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

477 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:09:34 ID:HZsQuINs [22/33]

         ___
       /      \
      /ノ  \   u. \     そ、そうですけど…
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |    (そ、そんな目で見られても困るんだお…)
    \ u.` ⌒´       /
    ノ            \ ツィ
  /´               ヽ




 ' /'      |        `、`、  \|      |     |
/     | |           i i    |  ハ  l  / | |
  i    | |           | |  _|_/ | , /  j| |
:j| l    人  、      , 斗 ≦´   | ハ/| / /|  八/
八      \\―     | |/'/ |/_/ノ' ノ / | |
、 \    / (\     j|  j/ /'⌒ハ 》イ'   | |
 ト  \ /|`丶、\\  从 {  〃)乂 刈  |   | |
 l \ ∧ ― x===ミ、 ∨  ヽ    ` - ''ノ  |   | |i     ふふっ… なんていうことはない
 |  ハ\ ,ィfう '⌒刈          ¨´    |   | |l
 |    ―人 乂_ ソ              ,     八     “私だけが”レベルが上がった
 |  八/ ∧  - ´     、        /    ;       ゆうしゃたちはレベルが上がらなかった
、  /  ',// ( ⌒ヽ           __      / |   |   `、
7\   (ヽ ヽ\/ ∧_    _  ノ   ,   |   |    `、   ただそれだけのことだ
'   \  i i Vバ'// 、\         / l  _,     |――、 `、
    -| |  |ヽ∨// i |   __ /  |/ |    ,/  ノ
       |  | |∧ / | |i \       | /|    i   {
.      _{ |  | |//}// ,///ハ     ,/  |    |   |
.   ____圦 |  l  ∨/,| |゙ //∧--==彡   |    |  ノ__
/    厶     V/| l////∧         |    | /-=ニニ
     | ',     i八 V゙///∧       ,|    | |-=ニニニ
     l  i      |ヽ \∨////\___ / |    | |-=ニニニ
.

485 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:15:29 ID:HZsQuINs [23/33]

         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\         ちょっ… レベルが、上がらない?
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |        な、なんで?そんなことあるのかお?
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  真の勇者なのにそんな馬鹿なことが ―――
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /





        ,.  '"                `丶、
      /           `ヽ         \
.     /             |              ヽ
.    /       /     }  ' |   |         '.
    ′ /   /  /   '   } |   |             '.
   i   /   /  /   .イ   ノ '  |
   |i ; / ,' ,‐/-/_/_ /i/    |
   l| { i{ i|厶Tニヽ厶イ  ノ    |             事実あったんだよ
.   八 ⅥV八 ィ仡:テア |       |
     ヽ{ヽУー'゙ jシ'′ |      |             とある時期を境に、ゆうしゃたちはレベルが上がらなくなった
      . '   ′   |      |
     く     ''   |      |             私だけが、旅が進むにつれて順調にレベルが上がっていった
      、 。         |      ト、
       ヽ       |      | i\           そういう事情があったから、私が攻撃に専念せざるを
       ∧         |      | |: . \          得なくなったんだ そうしなければ、進めなかった
.       / 个ー―‐‐ 、|      | |: :   \
      /( `¨¨  ー-=ミ|       l 从 : . ⊇)\
.     /  >x、      |        | ̄ ̄ ̄   }\
    _/_/_,/_乂う≧=|        |-‐=ニ二三/:.\\
  /        [o`ヽ |        l       ∧: : : \\
.

486 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:18:11 ID:HZsQuINs [24/33]
                   - ――‐――――-
               /                 `丶、
             / /  /       '" ̄ `ー‥‐- 、 \
            / /  / :/    /             \
           /:/   :/   /    /      -―‐           丶
           |│  /   /   /     /                ヽ
           ! |  |  /   /    :/  -―…―          ',
           ヽl  │./!  /    / /        /       l
            lハ /レ-jヽ/  / /        /  /      |
           │Ⅳ沂心/j  / /    _  -‐ '´ / /   /   │
            l リ 弋外.八/∠斗<二ニ -≠´ ̄  /" /      |
            |lV  ¨/     _ ‐-\<.______ イ/  /      .|
           │l   r'      ー气f心、 ヾ  /    /  /   :|     |   ゆうしゃたちは呪いに掛かっていたんだ
            l八          ヽ込孑㌻  /   /  /    |     |
            | l∧ ヽ       `¨´   /   /  /    l     :|    『真の勇者』に選ばれたものだけが
           │|小   `ー            /  /  ./     l     |    掛かってしまう呪いにな
            |│ ∧            _./ /   /     l   / |
            lン==^ー― x― ‐   //   //       l   ,' :|
           /(_______j___/   / /        l  /   |
           `ト、________/   /  /       :l  /   :|
            |∧   {  |`ヽ /   /    /        :l /   │
            | ヽ___{_|o/   /   //          l /     |
            |   l   { /   / _., -=‐/           l/      :|
            |   |  _∠ニ=‐<  ̄     ,′          '      |
            | ム匕: : : : : : : : :.ヽ    ,         !        :|
           /二二`ヽ: : : : : : : :.ヘ    i         l        |
             / /    \:\: : : : : : :.ヘ   |         |        |
          l∨      \:\:.: : : : :ヘ │         |       |
          レ        ヽ:.ヽ: : : : : :ヽ|         │      │
            ノ|             V:ハ : : : : : :|         l         |
.           〃|            Vハ: : : : : :|         |         |
            {!│            V∧: : : : |         |        |
         ヽ|            ∧∧: : : :!          |       |
.

488 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:19:27 ID:HZsQuINs [25/33]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                              ┌┐
                              └┘


                              □

                               ・

490 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:25:01 ID:HZsQuINs [26/33]
              _,....,,_
          、_ _,.´-≧//ム¬‐、,_ ,.
           `>//////////////≦、
          /'/////////////////,ム
         ノ'/////////////////,ヾ/∧
       ー=イ///////////////////ヾ/∧__
        //////////イ//////ム'//,ヾ/∧´
        Ⅶi///// iア_マ/!ヾ/、_寸ミ//ハ/iヾ
        ノ/i'///,i  ̄.、   ,ヾ__ `!'//,!ハ
        ´ マ//ハ!z≠ヽ    ´ ̄` !/ヽソ `
          ソハ_     i!     '!'//
          /´ィ!    ′     ,'イヘ
          /,.ノ、',.ヽ   ー._‐..'.フ イ'ヾ
         r' , ー-{ i>、   イ,|;i; \
         i  '`_¬ヾ!ミ三三彡从 ,.、 ヽ
        ,. ヘ  ヾ!ノ! ,.\     / ,!ヾミ ! ` 、
     ,. '"  冫   ソ  \ー=  /イ  ヾ    > 、
    / ,::.、 /   /    ヾ、,/´        .::.   ヽ
.   /   ヾ/     /     ヽ            !:: i
.   / /z'      /       i .0         !:. !
. r'"¬'   |.     /        !          |:::.!
. ! /!   i、   /          ! 0          !:::i

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 賢者曰く、真の勇者に選ばれた者たちには加護が与えられる

 それは、『蘇生』『強化』『促進』の3つの加護らしい

 それゆえに彼らは死んでもなお蘇り、魔王を倒せるほどの力を持ち
 魔王の城に辿り着くまでにかなりのレベルに辿り着けるのだという

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

494 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:28:55 ID:HZsQuINs [27/33]

           //-――:‐: : :、: :} V / /: : : :|:!二ニミ .、
         /!:|':/ ̄二: :三: :ミ米彡: 三 : :||ー 、 \:\
       //| |': : :/: :/: /:/ ,、 }\:\: : }!\ : \ \:ヽ
       / / /|:| /: :/: /: ::/ l:l |  \:`:x' : : ヽ: : ヽ  } :}
      / / \:|!,': : :/: /: //  |::| |   X: :\ : :` 、/  | :|
      i :|   {ヾ|: : :/: ∠=|=  V丿-===\: :\: : :}   ! |
      ! |   ミ|/: / x==ミ      x==ミ、 ヽ: : ヽ/  | :!
      | |    /: /! / {イ:}`       {ィ:::} ヾ ハ : : :}   /, '
      ヽ!   / : ,ィ: : |_ ´ ̄        ̄ ._/∧: : | _/     ノンリスクで加護を得られるとお思いで?
         / : / |: : |∨            ∨!{: :|: : !、
        /: :/  !: ::|ソ:.      __'__    /|: :|! : |、\      最初の試練はあくまで選別に過ぎません
        /: /  |:: ::|: ::ハ      ‐    /:| |: : || : | ヽ : ヽ
       {::,'  /!: :::|ノ: : >、         イ: :| |: : || : }   :: : :i
        ! !//|: : :|: :/ r='=≧ - ,≦ ='=、| | : //  | : : |
       ,|:|/   !:: ::|:/ : : |0   ))  (( 0  {| /´i    ! : : !
     / ,.ヾ、   /: : :|i : /    ((  ))    ヽ| : : !___/_:/
    / /    , ': : ://!       \/      ! : : |     ` 、   /\
  /: :/  -―/: : : / } }      | |     |: : :!       ヽ/:::::::::::
 / : : :/ / /: : : : /  `⌒ヽ._    | |     |: : :|       /:::::::::::::::::

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、加護を与える神はそこまで都合のいい存在ではない

 神は脇目も振らず戦いに挑むものこそが相応しいとでも思っていたのだろう

 神はそれを拒む真の勇者たちを軒並み脱落させる罰則を設けていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

501 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:35:31 ID:HZsQuINs [28/33]

                     ____
                 .  ´      `丶、
                /
               /   / /        '.
              .′ /  .′   i     i '.
             .′  { { ¦    }  }  .′} ;
             .′ ト、!ト、 {     / / / /  !
          , ヘ/  i l トl、tァミl、  / /∠}/|   l
       r一'. : : :ヽ、」」  代ft癶ヽ、{´ィrfikマ  {  l     これは私が導き出した結論でしかないが…
       ,|: : : : : : : : :} :`Vム、    i  `¨¨,l  ij  l
.       /」: : : : : : : ノ: : :/ ``ヽ. r_、   // | ! !     『セックスをしたこと』
      {: :ゝ‐‐‐: : : : :/      ヽ._ .ィ匕7  厶」__j、
     , ヘ、: : : : : . ´      _   ヽ//l  l'.::::::::::::ヽ、   それこそが、加護を失う切っ掛けになったんだろう
     /   `¨¨¨´        ノノ   `xー‐⌒}:::::::::::::::::::}
    .′             `´        /.:::::::/⌒}′  ゆうしゃたちはそれを切っ掛けに『強化』『促進』を失い
.    {            _     「i   、f斗ーァ'′  j    レベルの上限ができてしまったんだ
    ',         __ノノ   rf‐′   l/イ/ __ ハ
     、            __ノノ    i _トv'"´::::::::::::ヽ. .
.      ヽ          └‐ ´    「 l {:::::::::::::::::::::::::} '.
       >、             /⌒ヽ 」'"´ ̄ ̄ヽ;/   '.
      /  }ヽ、  , -‐    _ .. イ、  _.. ┴─¬ v:ハ    '.
.      /  ハ、 `ゝ{    /    Y´:::::::::::::::::::::::::」   '.    '.
     /  / '⌒>{/l   /      ∟; -‐rfL ̄/   }   }

.
512 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:38:55 ID:HZsQuINs [29/33]

       ____            ____
     //,;'::;;;;;:、\         /     \
    //,ィ':::::;;;;;;;;;;;;;、\      /       .\      ─    ─
  //,ィ';;;;;;;;;;;餡;:::::;;;;;;、\     /   (:::::)_(:::::) \    ○   ○
  | | イ;;;;;;:::::;;;;子;;;;;;;;;;;;;;;;} |   |     (::::::::::::)   |    (__人__)
  \\ `;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;;;イ /    \     |::::::::::|  ,/      トェェェイ
   ノ ノ イ;;;;;::::;;;;;;;;;;;;;;;'、 \    ノ    `ー'´    \      、ェェ/
 /´              ヽ
 |   l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それはセックスをしてはならない、ということ

 セックスをした時点で、能力には上限が生まれる
 高レベル状態になってからする分には問題はないが…

 問題は、低レベル状態でセックスをしてしまった場合だったのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

517 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:42:54 ID:HZsQuINs [30/33]

 ::::::l :::::::::|   :::::::|t ::::::::|、 { :::::::;;;;;{|::::::;;;;;;;;;/;;| |;
  ::::l :::::::ヽ   :::::`Z、 :::::`z 、 :::::::;;;;|,,l::::;;;;;;;;l ;;;| |;
  `::ヾ ::::::ヽ、  :::::::|~ェ、 :::`、_、ヾ :::::;;;|`t:::::;;;;;;|:;;l.  !
   ` ::ヽ ::::ヾ、  `::ヤ"'\:::、~ヾ、 ::::;;;| \::;;;;!;リ      私たちは5人で旅をしていたんだ
\\、 ` :ヽ::::`ヽヽ、:::li.  \i__ム、::::|  i \;リ
、`\、 ‐- __` ヽ`≧ニ≧E二三三≡ラ\ }   `!       男2人女3人のPTだったんだよ
lliゝ、 `ー-ォ-`~%" f_,,,,,,ノ■;F,,/,   ソ
||||| T`ー-''_`>ft、. ゞ、,,,`--''',,ニ'-''"  /          そして、私だけがレベルが上がる
||||| | ::::::::∧    ゛¨¨´       《
||||!i |   :::::||;;;|              :{{          これがどういう意味か お前にだって分かるだろう?

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 またしても冷たい瞳で賢者はやる夫を見つめる

 5人PT 男2人女3人 賢者だけがレベルが上がる…
 ここから導き出される答えは ―――

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

526 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:46:53 ID:HZsQuINs [31/33]

         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :  か、カップルが2組…
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜   旅の初期の段階で… すでにセックスするまでになっていたものかと…
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:
     :_|::: |::::.      :|.´:
     :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 こういう結論を導くほか、なかった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   /::::::::/i   /::::/   //__/__ゝ    /....::::::::::_ . 、__──────  .:::::::::::
......./::::::::/ |  /:::::/  /:::|/ 二≡ミヘ. /    . : : : : : : : `..ー _,..-'''".....:::::::_,. ''"
:::::::|::::::/::::::| |::::/  /:::::::::| ,/___ ! |´    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:,_,..-'''".........::::::::,..-'" ..:::::
:::::::ゝ/:::::::::::||::::::| /::::::::/:| ,≠==ミミ |  ー-=二二 ̄´......::______ ,..-'''",/....::::::::::::
==ム|__:::::::::i!::::::| |:|::::::/:::| ∥んノ::\ |       ̄二三≠≡==_,..'".::::::_, ..''":   そういうことだろうな
─── ̄------ |::::/--| . |::ゞyiソ'`ノ       /´ /v。ノ:::::一十-ミ ̄ /::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::/:::::::j ゞ==亠/         ,_匕z::::::::__ノ:::ノ ゙'》ゝ /::::::/ .   それでも私は優しかったんだ
________}/---′   ./            `¨ー≡<_,   /:::/  ..::
:::::::>---,-----,.---一i    ::}                   ` /::/   ...::::::   あんな奴らの尻拭いをしてやった
< _, ..'"   /::::::::::::::::|    ::::                   /:/   ...:::::::::::
-''      /:::::::::::::::/:',                       //  ...::::::::::::::::::::    私は頑張って強くなった
     /::::::::::::::/::::::::ム      r- ._             /´ ....:::::::::::::::::::::::::::::
   /:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヘ     ゝ ._ '' ._     _.. '".....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    一人で攻撃のほとんどを担い
 /:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::丶    ::::::..  ー一_,..-''".....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    魔王を倒せる程度には、な
::::_,.. -''":::::::::::::::::::::::::::::::::::__ム    ::: _,..-'''"   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
_,..''":::::::::::::_,..- ゙  ̄ ̄ ̄ ̄\_,..-''"   ......::::::::::_,..-'''":::::::::::::::::::::::::_,..-'''"::::::
::::::::::::::::::::::(: : : : : : : : : : : : _,..-'"    .....::::::::::::,..''"::::::::::::::::::::::::::::_,..'''":::::::::::::::::::::

.
531 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:52:14 ID:HZsQuINs [32/33]

  { {      i  i`、   |!_:l_斗 ´  // |l   :::/ /:/` ー/    .:/ /  / ::/
  、`、     i   i 丶 | ', i 丶  Ⅳ :|l   ::/ /:/  ,/   .:/ ̄/  / ::/
   、 、    Ⅵ li  _Ⅵ__{{ニ=厶 {  |l ::/ /:/  /  _ ≦--/   ..::/
    ヽヽ   \ f ⌒//⌒ィァ气 i  |l :i /:/ /-=≦ニ_/_,ィf㌣≦ /
    |  rs。   \ / ん_ノ::::::::;ヘi  λ :i[{ {      /⌒ィ三ニ=㍉/ .::
    |  |  T―r 《  {fj:::::rィ::::fj ㍉  \{ {{    /ん_ノ::::::::::::::} ヾ_,.イ   魔王をあと一歩で倒せる
    |  |  :|l  i   ヽゞ三彡cノ_       `       {fj::::::rィ::::::::fj  】|.:|
    |  |  :|l  li   "⌒^¨ ̄                  ゞ三_彡ctノ ノ |.:|    そうなった時、私はどうでも良くなったんだ
    |  |  :ll   li           ::i           ¨^⌒'゛  |i
    |  |  :|l  li             .::ノ                  ,′    だからくれてやった ゆうしゃに
    |  |  :l!| i ∧            ::}                   ,′
    |  |  :i l l / /〉                            ,′    祭り上げられるのも英雄になるのも
    |  |   l l // f\       t‐-   __               /        何よりこれ以上このPTにいることが嫌だった
    |  |   l l,// /|/ /: .       `こ¨            </
    |  |   l l,/ / l|,/  i丶                <   /   .::/   だから、私は英雄を別に作ってやったんだ
    |  |   l l /  lL_  i:_` 、         <   //   .::/.:
    j/⌒ヽ ヾヽ  〕 / ̄   〕i`   __  ≦      / /    .::/.::

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それがゆうしゃなんだ、と彼女は言葉にはしなかったがやる夫には伝わった

 彼女の言葉は悲痛さに溢れ、悔しさに溢れ、何より虚しさが詰まっていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


      ____
     /:::     \
   /::::::::::     \
  /::::::::::         \
  |:::::::::::::::         |
  \::::::::::::::       /ヽ
   /:::::::::        くゝ  )
  ;|::::::::::::          / ;
  ;|::::::::::::::       イ ;

.
544 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/29(水) 23:58:25 ID:HZsQuINs [33/33]

.        / /   l.l  l.l l      l  l  l     、
      / |   |.|   | l |       |  |  |   |∧
      l   !   l| !  .|│ l        ト,  !  |  ./ / |
      l   ヽ   | !ヽ. ヽ 、ヽ、 l   / |. | / ./ /l |
      |    \ {ヽヽ\ ヽ\ヽ|  / -l/l/l//| l
     |    |\ヽ \ ヽ-、ヽ| / , -_仏∠∠| . |   |   さて、ここまでが魔王戦役の本当の話だ
.      !|l   | /"7¨丁゙}\   レ'  ,イ、_>ー} 〉 / .| ∥
        l | |   | ` ヽ二ン      ヾ='´ノ / / | ∥   長々と話してしまったが、本題に戻ろう
      l.l |   |ヽ   ̄       |       / /  1  |
      ∥|   ト、丶        '       / /  /|  |   アリアハン出身者の一部が特別である理由だ
       |│  |  `\     -─    /}′ / ||.   |
       |│  |  , -‐ヽ、       / /   /' ||    !、
       |│  |/     | `丶 、 __/"7  /イ  ||    lヽ
       |│  │       | , ‐ ´    /  //_|.  ||    l  、
       |│  |ー---‐ "´         /  // | ||   ',   ヽ
       |│  |          - ┬‐/  //´ ̄ \ \、   ヽ  \

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、そんな過去のことなどどうでもいいと言わんばかりに
 彼女は本題へと戻っていく

 やる夫の方が想像でダメージを受けてしまっていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

       /  ̄ ̄ ̄ \:
     ::/        ::::\:
    ;: |          :::::::| :   な、なんだかどっと疲れましたお…
      \.....:::::::::    ::::, /
     r "     .r  /゚。
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"
.

548 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:05:27 ID:QfW7FDnY [1/18]
        ,.  '"                `丶、
       /           `ヽ         \
.     /             |              ヽ
.    /       /     }  ' |   |         '.
    ′ /   /  /   '   } |   |             '.
   i   /   /  /   .イ   ノ '  |             私はかつてノアニールにいたんだ
   |i ; / ,' ,‐/-/_/_ /i/    |
   l| { i{ i|厶Tニヽ厶イ  ノ    |             そして、その前はロマリア近くで居を構えていた
.   八 ⅥV八 ィ仡:テア |       |
     ヽ{ヽУー'゙ jシ'′ |      |             つまり、だ アリアハンから訪れる冒険者たちを
       . '   ′  |      |             しばらくの間見続けていた
     く     ''   |      |
       、 。        |      ト、            そうして分かったことがある
       ヽ       |      | i\           
        ∧        |      | |: . \
.       / 个ー―‐‐ 、|      | |: :   \
      /( `¨¨  ー-=ミ|       l 从 : . ⊇)\
.     /  >x、      |        | ̄ ̄ ̄   }\
    _/_/_,/_乂う≧=|        |-‐=ニ二三/:.\\
  /        [o`ヽ |        l       ∧: : : \\

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 どこか遠く もしかしたらそれはアリアハンの方向だったのかもしれない

 彼女は遠くを見つめながら、ぽつりとつぶやく

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

553 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:10:12 ID:QfW7FDnY [2/18]
.           / .::: / .:::: / .:::/:/    :/ .:/    ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.          //.:::/ /.:::/  .::/.:::/  .::/ .::/      .:::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::|::::::ヽ:::::::ヽ
.         //:::/  /:::/::   .::/.:〃 .:::/  .:::/    .:::::::::::: '´ .:::::::://:::::::j::::::::::l::::::lハ
.        /イ.::/ __/.::/: |   .::/ :_j| .:: / ! .:: /|    .:::::::::/  ..:::::::/::::/:::::: ハ::::::::| ::::|::∧
.          レ'":::::|.:::l.::::l .:::∧.::八.::::7ニ|:-/ _!   ,::::::: /.:::; -‐/ .::/::::::::/::::! ::::::| ::::|:::::::',
.___,.. -=ニ二.::::|.:::l-‐| .::/ ∨─ヽ{ _ |:/ ヽ| ̄´:::/::::; く   /.:: / :::::::/::: ,':::::::::| ::::|::::::::::
゙:::::: _::二ニ    ̄ |:::/ .:Ⅵ ア行千≠=zk  |..:::::::::::::/  ゝ'::// ::::/:::::γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
二            V:::::/-、| ヾV:八:::::::::j心  !:::/:::/  /::/:メ、:/ /:::::...|  アリアハン出身の魔法使いで         |
          ::::::::::: -‐{  |   'ゞ= 辷,二仆 V/  ∠:_ <::/\/.:::/゙|  あの最初の試練を乗り越えられる者  |
..  ::.:::::::::::::::-‐    ∨(|        ¨        斗z弍≠=k ノ:// ゝ__________________,ノ
゙:::::::::: -‐::      ..:::::::::::ヘ7|                    、_八i:::::::::;r心㍉'_.::/::::::::::| :::::|:l::::::::!::
..‐::       ......:::::::::::/::::::ヘ!           /      ` ヾニ彡ヘノ 》   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.      :::::::::::::: :/:::::::::::::∧            /          `''く    /|:::|  彼らは皆同じだ    |
゙:::::_::::::::::::: -‐:::::´:::::::::::::/: ∧                          /⌒|...ゝ__________,ノ
.       ::::::::::::: :_ /-==厶      ` =-             /   | : :   ::::| :::|::::::!:::::::
    ::::::::::::::::::x '´  -== ―‐ヘ                      /ー=:,/ ::|゙γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
_:::::::::::::::::::::/ /: : : : : : : : : : : : : i                イ ` ̄`⌒ヽ、|...|  極度の不幸と、微かな幸運を持っている   .|
゙:::::::::::::: / /:: : : : : : : : : : : : : : |::::\       _  < /: ::/: : : : : : : : : :.|...|  そういう星の下に生まれているんだ      .|
゙:::::::::::::/ レ: : : : : : : : : : : : : : : : : : |   ::`ー=ニ二::::::::::::::/ : : : : : : : : : : : : : |...ゝ___________________,ノ
゙:::::::/{ ∧ : : : : : : : : : : : : : :____|            ,′: : : : : : : : : : : : : |   :::::l  ::::|:::::::::::!::
゙://∨ \: : : : : : : : : :/: : :  j              |:.:. : : : : : : : : : : : :.:/|  ::::::l  ::: |::::::::::::!:
_/::::::xヘ   \: : : : : : :ん―-<′           ト、 : : : : : : : : : : /: |  :::::l  :::: |:::::::::::::!
.::::::/: : : \.  \ : : :/                  l  `ー----}: /: :.:/|  ::::l  ::::: |::::::::::::::!
.

557 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:13:56 ID:QfW7FDnY [3/18]

         ____
       /   u \
      /  /    \\    極度の不幸と… 微かな幸運…?
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /



   |    |    |  |     i|        | |  j   '    }    }   } i}
   |    |    |  |     l|、       i| /  '|  /   ,'      ノ
.  八   !,    !  !    |ハ   }    ’  ,   / !   /   /   ,’
.    \  人 \  Ⅵ Ⅵ   i| Ⅵ |   / ' /  /  '   '   /   /
.      `ト 、ヽー\ '。-ヘ   lト、 Ⅵ l   ' / /j /_,' ノ   /    /  〔
      i  \\ \\ \ l{  Ⅵ!  /r'//7 /  /イ/   /  /   i|
      f≧ュ。..._\ \}  \}   |  / / /j/ _... 斗≦1/ . イ     |
 |    从  {i{::::::外≧メ,         | '     。≦廴 リ} 从, ´         分からないとは言わせんよ
 |     》 戈=z。::::。ツヽ¨ =-   j/  イ ゝ。:::.::::少′イ    |
 |       i `¨¨¨¨¨¨¨´        i   `¨¨¨¨¨¨¨´ /     |       |   お前にもここまでの旅路で経験したはずだ
 |      ∧                 }           '      |
                                              心を折られるような不幸な出来事と
.         ヽ              /        /!        |       |   それを補うにはほど足りぬ小さな幸運を
     |   i会x                     /   !        |       |
     |    {iニニへ    ^ ー‐  ¨´    /     |               |   アリアハンからの魔法使い
     |   ⅥニL._ ^              .。会y     i|               彼らは総じてそういう経験をしている
  |   |    寸iニニ≧=-` ..   ...。イ ニニス   i|        |
  |        寸三ヲ寸三三≧≦zニ三三ス  ヽ, l|        |     |
  |           }  /  寸ニ三三三三ヲ^ヾ \ ' |        |     |
  |            l  '    ヽ `¨ヽ /∨\   '  ヽ |        |     |
  |            | /      }    ヽ   ハ   ハ  ハ j       |     |

.
561 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:18:06 ID:QfW7FDnY [4/18]

   ′           :   l   :.   丶    {    {   '.  \   \
   |i         |   |   \  \  丶   }    }   丶   :.
   |i         |   :.     \ { 、丶 ^ト {_:i   {、 :.  }  '
   |i         |   丶      :ア^\{\{  Ⅵ 、}} }   ;   }
             |            |  〃^芹x }{ // .:  /  /
   ′              |    | {{  }r爪Ⅵ//}  ' /  /
  l ;          ;    |    |  ヽ. {l/ 丶,仏イ/  /   魔法使いの素養を持つものは少ない
  | l           .:      |i       |     ‘′  {x彡ァ-‐
  | l                 |i       |        :.          その少ない才能を持つ人間にも関わらず
  | l          /       八     l        \        与えられるのは不幸
  | l       /       /   ;     l          /
  ; /        /     f圦  l     |  `⌒丶, ′         私が偽物と本物を使い分けたのはそこが理由だ
  /       :′    ,:j厂^\|     |     /
/′     /     /': : : : : :.|     ト _ イ /             偽物たちは、その不幸に耐えられない
  ;      /    / : : : : : : : : |     |i   l;′
 ′    /   / : : : : : : : : : : ;ハ    |i   |i
/     /  /        . : : : :〈爪   |i   |!

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 PTに入れば、ハブられる

 PTを作れば、少しはマシに

 それなのに、何かを理由にPTは崩れていく
 不幸な事故か、それとも人間関係か あるいはその両方か

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

568 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:26:02 ID:QfW7FDnY [5/18]
                    _...-‐.:.":. ̄ ̄`:.:.:-.、
                 ..:.:':´:.:.:.:.:.:.:.     :.:.:.:.:.丶
                /:.:.:.:.:.:.:.:        , ;  i. ヽ .}
              ,.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.      .: . .; i: i: .:::}.: ;i:.;
             ,.:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .  . , .:i. .: i:i | .: :!.:川,:リ
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  l  ;' ; ::;゙{.:: l: !i:!.:  {,'、〈:{
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     ! :! : .:i: _!、t¬'゙、 :{ッリ '、!       アリアハン出身の洞窟を抜けた魔法使いで
      _,....:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    i:.  ! i :{'゙,´,..;,ー `゙`- ,. :゙.       何事もなく生きているのは私とお前だけなんだよ
   _...-:.゙ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     i:.: .: 丶ヾ、化;リノ     , ; ヽ
-‐:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   .   .: :!:. .:  .:.`i:゙ゝ. '´     ' 〈:.:.:丶     洞窟に選ばれず制限を付けて生きているか
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:   .:   .: .:i.:. .: .:.:. !:. 、_    __ ./ \:.:.:ヽ    あるいは不幸に耐えきれず自ら命を絶つか
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:    .:.:  .:.: .:/.: .: .:.:. ,゙ ̄"'¬一'= ::;;::ヾ).  ヽ:.:.}
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:   .:.:.: .:,:.': ..;.': .::. .:.:. ./~"'ー‐-=_== ./     ):.j    そのどちらにも属さず、こうしてここまで
:.:.:.:.:.:.:.  .:.:  .:.:.:. .:/: .:,:.':.:.:. .:.:  .,.' ー.-‐ ´ ̄ `ヽ、/   ,.':.:.リ    辿り着いたのはお前が最初だ
.:.:.:.  .:.:.  .:.:.:.: .:.:,:.:'.:  .:,:.':.:.:.: .:.:   /~.゙ ´        }   /:.:.,:′
  .:.:.: .:.:.;.:.'.:.;.:.:':.:  .:./:.:.:.:   ,:'/ ´  .,       j ,.:.': .:.:.:,ノ
:.:.: .:.:.;.:.:':,:.:.:'.:.:   .:.,:.':.:.:.:.:   /;.;.゙    ./      ,..:':. .:.: .:.;.イ
_:.:‐;.゙:.:':.:.:.:  .;.:.:';.':.:.:.:.:  ,.:.':.:.;.',i.|   :,':     /.: .: .:.::/
:.:´:.:.:  _  .;.;.':./.:.:.:  /.:.:.:/:/ !l   :!:   ,.:.゙:.   _,.:.:゙\
   ...:.:,:.:.:.:".,:':.:.:.:  ./.:.:.:.:.;/.,:' l 、   i:  ./.:. ,. ‐リ:.:.    ヽ
:.:.:.;.:.:.":.:.:./.:.   ,:.:': ..:.:.:.:. ;:.;.';i! !. 丶,,;;;-,.' ,/,. " .:.;゙.:     ;
 ...:.:.:.:,:.:':.:.:. ..;.:. ..:.:.:.;.:': ,.イ;;;;;i! |: .:. ノ;;;;/.,;';;{;゙へ. .:/.:     ,'
:.:.:.:,:.:'.: .:.: ./: .:.:.;.:. /;ヽ!;;;;;i!|: .:{!, :,-{:゙、;;;;;;;;;;;;;;ヽ:.     /
:.;.:.:.:. .:.: .;.:.:.  .:.:.:   ,.' !   :!、;;;;i! _i! !: `゙、 丶;;;;;;;;;;;゙;,    , ゙

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ロマリア近くに住んでいた時に偽物とは何度も接触していたがな、と
 彼女は小さく呟いた

 きっと自分と同じ故郷を持つ魔法使いとなら何かを分かり合えると思ったのかもしれない

 ただ、きっとそれは徒労に終わり、その者達は命を自ら絶った
 それゆえに偽物 それゆえに、それに耐えられる本物を求めていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

575 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:34:14 ID:QfW7FDnY [6/18]
                   - ――‐――――-
               /                 `丶、
             / /  /       '" ̄ `ー‥‐- 、 \
            / /  / :/    /             \
           /:/   :/   /    /      -―‐           丶
           |│  /   /   /     /                ヽ
           ! |  |  /   /    :/  -―…―          ',
           ヽl  │./!  /    / /        /       l
            lハ /レ-jヽ/  / /        /  /      |
           │Ⅳ沂心/j  / /    _  -‐ '´ / /   /   │
            l リ 弋外.八/∠斗<二ニ -≠´ ̄  /" /      |   だから私は住処のカギを
            |lV  ¨/     _ ‐-\<.______ イ/  /      .|   『アリアハンの魔法使い』としたんだ
           │l   r'      ー气f心、 ヾ  /    /  /   :|     |
            l八          ヽ込孑㌻  /   /  /    |     |   私は本物に出会いたかった
            | l∧ ヽ       `¨´   /   /  /    l     :|   私以外の本物に
           │|小   `ー            /  /  ./     l     |
            |│ ∧            _./ /   /     l   / |   レベル10を超えてなお
            lン==^ー― x― ‐   //   //       l   ,' :|   ここまで来れるのなら本物だろう
           /(_______j___/   / /        l  /   |
           `ト、________/   /  /       :l  /   :|   そういう意図も込めて、ここに
            |∧   {  |`ヽ /   /    /        :l /   │   ダンジョンを作ったんだ
            | ヽ___{_|o/   /   //          l /     |
            |   l   { /   / _., -=‐/           l/      :|    噂が広まれば、いつかきっと来てくれる
            |   |  _∠ニ=‐<  ̄     ,′          '      |    そう信じてな
            | ム匕: : : : : : : : :.ヽ    ,         !        :|
           /二二`ヽ: : : : : : : :.ヘ    i         l        |
              / /    \:\: : : : : : :.ヘ   |         |        |
          l∨      \:\:.: : : : :ヘ │         |       |
          レ        ヽ:.ヽ: : : : : :ヽ|         │      │
            ノ|             V:ハ : : : : : :|         l         |
.           〃|            Vハ: : : : : :|         |         |
           {!│            V∧: : : : |         |        |
         ヽ|            ∧∧: : : :!          |       |
.

584 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:40:39 ID:QfW7FDnY [7/18]

         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\        そ、それでもやる夫が『本物』かどうかなんて…
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |       やる夫はそんな大した魔法使いじゃありませんお
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒) それにやる夫みたいなのと会えても別に何も…
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



.        / /   l.l  l.l l      l  l  l     、
      / |   |.|   | l |       |  |  |   |∧
      l   !   l| !  .|│ l        ト,  !  |  ./ / |
       l   ヽ   | !ヽ. ヽ 、ヽ、 l   / |. | / ./ /l |
      |     \ {ヽヽ\ ヽ\ヽ|  / -l/l/l//| l
     |    |\ヽ \ ヽ-、ヽ| / , -_仏∠∠| . |   |
.      !|l   | /"7¨丁゙}\   レ'  ,イ、_>ー} 〉 / .| ∥   いいや、お前は本物だ
      l | |   | ` ヽ二ン      ヾ='´ノ / / | ∥
      l.l |   |ヽ   ̄       |       / /  1  |    直接会って、ステータスを見て確信したよ
      ∥|   ト、丶        '       / /  /|  |
       |│  |  `\     -─    /}′ / ||.   |   お前が使える生活魔法には随分と偏りがある
       |│  |  , -‐ヽ、       / /   /' ||    !、  それこそが本物の証だからな
       |│  |/     | `丶 、 __/"7  /イ  ||    lヽ
       |│  │       | , ‐ ´    /  //_|.  ||    l  、
       |│  |ー---‐ "´         /  // | ||   ',   ヽ
       |│  |          - ┬‐/  //´ ̄ \ \、   ヽ  \

.
591 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:45:56 ID:QfW7FDnY [8/18]

       ____
     /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   そ、そりゃやる夫の生活魔法はなんか変なのばかりですけど…
  | / .イ '=・=  =・= u|
   /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



  { {      i  i`、   |!_:l_斗 ´  // |l   :::/ /:/` ー/    .:/ /  / ::/
  、`、     i   i 丶 | ', i 丶  Ⅳ :|l   ::/ /:/  ,/   .:/ ̄/  / ::/
   、 、    Ⅵ li  _Ⅵ__{{ニ=厶 {  |l ::/ /:/  /  _ ≦--/   ..::/
    ヽヽ   \ f ⌒//⌒ィァ气 i  |l :i /:/ /-=≦ニ_/_,ィf㌣≦ /
    |  rs。   \ / ん_ノ::::::::;ヘi  λ :i[{ {      /⌒ィ三ニ=㍉/ .::
    |  |  T―r 《  {fj:::::rィ::::fj ㍉  \{ {{    /ん_ノ::::::::::::::} ヾ_,.イ
    |  |  :|l  i   ヽゞ三彡cノ_       `       {fj::::::rィ::::::::fj  】|.:|
    |  |  :|l  li   "⌒^¨ ̄                  ゞ三_彡ctノ ノ |.:|   変なのが当然なんだよ
    |  |  :ll   li           ::i           ¨^⌒'゛  |i
    |  |  :|l  li             .::ノ                  ,′   お前が自分を守るために
    |  |  :l!| i ∧            ::}                   ,′    無意識のうちに選別してるんだからな
    |  |  :i l l / /〉                            ,′
    |  |   l l // f\       t‐-   __               /      私もお前と同じだよ
    |  |   l l,// /|/ /: .       `こ¨            </       性風俗方面に活用できる魔法ばかりだ
    |  |   l l,/ / l|,/  i丶                <   /   .::/
    |  |   l l /  lL_  i:_` 、         <   //   .::/.:
    j/⌒ヽ ヾヽ  〕 / ̄   〕i`   __  ≦      / /    .::/.::
.

595 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:51:24 ID:QfW7FDnY [9/18]

                     ____
                 .  ´      `丶、
                /
               /   / /        '.
              .′ /  .′   i     i '.
             .′  { { ¦    }  }  .′} ;
             .′ ト、!ト、 {     / / / /  !   人は明るい時間にはセックスをしにくく思う生き物だ
          , ヘ/  i l トl、tァミl、  / /∠}/|   l
       r一'. : : :ヽ、」」  代ft癶ヽ、{´ィrfikマ  {  l   ゴムがあれば子を為すことは出来なくなる
       ,|: : : : : : : : :} :`Vム、    i  `¨¨,l  ij  l   本来の生殖行為の意味を失わせることができる
.       /」: : : : : : : ノ: : :/ ``ヽ. r_、   // | ! !
      {: :ゝ‐‐‐: : : : :/      ヽ._ .ィ匕7  厶」__j、  セックスの代用品があるならば、もしかしたら
     , ヘ、: : : : : . ´      _   ヽ//l  l'.::::::::::::ヽ、 そっちに走っていってしまう男や女もいるだろう
     /   `¨¨¨´        ノノ   `xー‐⌒}:::::::::::::::::::}
    .′             `´        /.:::::::/⌒}′ 仮に近くで生殖行為が行われても
.    {            _     「i   、f斗ーァ'′  j  自分の部屋が静かなら気にせず知らずに眠れるはずだ
    ',         __ノノ   rf‐′   l/イ/ __ ハ
     、            __ノノ    i _トv'"´::::::::::::ヽ. . 最悪、縛ってでもやめさせればそれでいい
.      ヽ          └‐ ´    「 l {:::::::::::::::::::::::::} '.
       >、             /⌒ヽ 」'"´ ̄ ̄ヽ;/   '.
      /  }ヽ、  , -‐    _ .. イ、  _.. ┴─¬ v:ハ    '.
.      /  ハ、 `ゝ{    /    Y´:::::::::::::::::::::::::」   '.    '.
     /  / '⌒>{/l   /      ∟; -‐rfL ̄/   }   }






            ____
           /      \
         /         \    ・ ・ ・
        /              \
        |       (__人__)    |
        \     ` ⌒´   /

.
601 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 00:57:38 ID:QfW7FDnY [10/18]

         ____
       /   u \
      /  \    /\    (ライト… ウスウス… フィックス… サイレント… バインド…)
    /  し (>)  (<) \
    | ∪    (__人__)  J |   (本当にこれらの魔法はやる夫が無意識に欲していたから…?)
    \  u   `⌒´   /




                        ___
                   ,  '"´           `丶、
                 //             \
                // .:::/ .:: '´           \
               / / .::::/ .:/             :::ヽ
              ,' .:!.::/::/ .::::/ ..:::::::: '´          :::::',
              l:::::|:::!:,' .:::::〃 .::::: /    .:/       ::::::::l
              ヽ::| :|:{.::::メ/.::::::/::::   ..:::/  ..::/   .::::::::l
               j小代k.{ | ::::/:::/ .::::::::/ .:::::/::.:..:/::::::::::l
                 ハl 、込仆|::://7..:::::::/...::::/::.::: /::::::::::::l
              ,' :l   `¨∨ ∠::-/.::::、/::::::::/::::::::::::::l   これから先お前が旅を続けるのなら
                 / :{   ノ    -弌≦k≠=‐ァイ::::::::/::::::::l    きっとそういう魔法を覚えつづけるだろうさ
            _/ :ハ   l      ヾf乏圦 /::/:::::::/::::::l:::|
          _// /::::∧ t 、      `¨´ ,/::: ::::::/:::::::::l:::|    私たちは、PTに属する限り
            jト、./  .:::/  ヘ `ー`        イ/:::: :: /::::::::: l:::|    そういう不幸とは常に隣り合わせなのだから
            / / ..:::/._  ∧ __,   < ノ7:: :::::/:::::::::::  l:::|
        l{ /  .::/   ̄厂{{ { ___/'´/:: :::/:::::::l:::::::  l:::|     どれだけ目を逸らしても、お前に負荷は
        |∨   /    {  /レ/─一''´ / .::/\ :::|:::::::: l:::|     掛かり続ける
        l/  /     \_///      __/ .::/   ヽ!:: :::: ::::|
        /   /_____,(⌒)′  ̄  / .::/    ゝ、:::: ::::|     その手の魔法は、その瞬間のストレスや
       /   /´     //爪     / .::/\     `ーヘ:::|    過去に受けたストレスを元に無意識に選ぶんだよ
      // :/    /// |l. ヽ     /,....::/   \      ヽ|
      〃 :/   / //  .||   \ 〃::: /      \    /}

.
606 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:01:30 ID:QfW7FDnY [11/18]

         ____
       /   u \
      /  /    \\   そういう… ものなんですかお?
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |  どうすることも…
    \  u   `⌒´   /



       / .:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:\
      /.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:/:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.: 丶.:.:ヽ.:.:.:.ヽ
.       / .:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.l.:{.:.:.: {:.:.:. l.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.: l.:.:.:l.:.:.:.:. '.
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:|.:.:.: |.:.:.: |.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:..:l.:.:.:.:.:.|.:.: | .:.:.:.: |
    / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.l.:|.:.:.: |.:.:.: |.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:..:|.:.:.:.:.:.|.:.: |.:.:.:.:.: !
.     /.:.:.:.:/ .:.:.:.:.:..| .:.:.:.:.:.:. 小.:.:.:{.:.:.: !.:.:.:.:.:.:. { :.:.:.:.:.:.:.:..:|.:.:.:.:..:}.:.: |.:.:.:.: ,′
   /.:. / .:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.: |:ヽ.:.ヽ :.:.',.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:. l.:.:.:.:. |.:.:.:.:./.:.:/.:.:.:.:/
  /:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.: |ヽ{\.:\ \.:.:.:.:.:.:∨l.:.:.:.:.:j.:.:. /.:.:/.:.:.:.:/
/.:.:.´:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.: | テf仆<\:\.:.:..:.:l |.:.:.:.:∧.:/.: /.:.:.: イ   そういうものだ どうすることもできない
.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:/| :.:.:.:.:.:.: │弋,;i込__癶\{\.:.l |.:.: /ニ斗ヵ/.:.:/
.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:| :.:.:.:.:.:.l.: | ` ー ─‐' ^ヾ  ∨ |.:./孔ソ〃.:.:.:./     強いてできることがあるとすれば
.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:/:/:.:/| :.:.:.:.:.:.l.: |            j/`ー‐ ,イ.:.:.:./      私のようにソロで居続けることだが…
ー '.:.:.:.:.:.:.:.:/.:/.:.∧|.::.:.:.:.:.:.l.: |               ′  /.:|.:.:.:.l
.:.__.:.:.:.:'".:.:.:.:.:./ │:.:.:.:.:..:l.: l            . j  /.:.:.:.:|.:.:.:.|
. :.:.:.:.:.:.___ 彡ヘ   |:.:.:.:.:.:.:.l.: |\     r‐ァ  , くl.:.:.:.:.:. |.:.:.:.|
 ̄ ̄`\: : : \: : \. |:.:.:.:.:.:. !.:.:|  >     . </  | .:.:.:.:. |.:.:.:.!
.  {   \: : : \: : ヽl:.:.:.:.:.:.:!.:.:l/  /个<   /: : :.| .:.:.:.:. l .:..:|
  ヽ    \: : : \: : |.:.:.:.:.:.l.:.:.|.   ∨    / : : : | .:.:.:.:. |.:.:.:|
        \: : : \:|:.:.:.:.:.l:.:.:|\ ∠. ___/ : : : : | .:.:.:.:. |.:.: |
.     \    \: : : :|:.:.:.:.:.|.:.:|\     /: : : : : | .:.:.:.:. |.:.:.|
.      ヽ    \: :|.:.:.:.:.|.:.:|: : >ー< : : : : : :/| .:.:.:.:. | .:.|

.
611 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:06:36 ID:QfW7FDnY [12/18]

       ____       ヽ v /
     /─  ─\     -(m)-
    /( ●)  (●)\.       ≡
  /   (__人__)   \
  |              |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そこでふと冷静に己が属するPTのことを思い出す

 よく考えたらヒナギクと瑠璃と自分の三人PTなのだ
 女二人と男一人 これでどうして不幸なことが起こるのだろうか

 あの二人にレズッ気はない ハブられる要素すらないではないか、と

 流石にあのPTで自分が不幸に陥る姿を想像するのはかなり難しいのではないだろうか

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
623 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:11:41 ID:QfW7FDnY [13/18]

       ____
     /      \
    /  ─   ─\    とはいえ、やる夫にも今所属してるPTがありますお
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |   早いところPTに戻らないと…
  /     ∩ノ ⊃  /    きっとやる夫のことを探してくれてるはずですお
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
    \ /___ /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 現にここまではいろいろなことがPT内でもあったが、問題なくやってこれた

 きっとこれからも問題などそうは起こりはしないはずだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

   ′           :   l   :.   丶    {    {   '.  \   \
   |i         |   |   \  \  丶   }    }   丶   :.
   |i         |   :.     \ { 、丶 ^ト {_:i   {、 :.  }  '
   |i         |   丶      :ア^\{\{  Ⅵ 、}} }   ;   }
             |            |  〃^芹x }{ // .:  /  /
   ′              |    | {{  }r爪Ⅵ//}  ' /  /
  l ;          ;    |    |  ヽ. {l/ 丶,仏イ/  /
  | l           .:      |i       |     ‘′  {x彡ァ-‐     戻るのか?
  | l                 |i       |        :.
  | l          /       八     l u.      \        あのPTに?
  | l       /       /   ;     l          /
  ; /        /     f圦  l     |  `⌒丶, ′
  /       :′    ,:j厂^\|     |     /
/′     /     /': : : : : :.|     ト _ イ /
  ;      /    / : : : : : : : : |     |i   l;′
 ′    /   / : : : : : : : : : : ;ハ    |i   |i
/     /  /        . : : : :〈爪   |i   |!
.

636 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:16:25 ID:QfW7FDnY [14/18]

       ____
      /      \
    /   _ノ ヽ、_.\   そりゃ戻らないと…
   /    (●)  (●) \
   |       (__人__)    |  そんな寂しそうな顔しないでくださいお
   /     ∩ノ ⊃  /   やる夫なら暇を見て遊びに…
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 どうにもC.C.さんの落ち着きがない 顔には汗が浮かんでいる

 先程まではずっと冷静な表情で話をしていたはずなのに…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

        ,.  '"                `丶、
      /           `ヽ         \
.     /             |              ヽ
.    /       /     }  ' |   |         '.
    ′ /   /  /   '   } |   |             '.
   i   /   /  /   .イ   ノ '  |
   |i ; / ,' ,‐/-/_/_ /i/    |            あー… そのな…
   l| { i{ i|厶Tニヽ厶イ  ノ    |
.   八 ⅥV八 ィ仡:テア |       |            驚かずに聞いてくれるとうれしい
     ヽ{ヽУー'゙ jシ'′ |      |
      . '   ′   |      |
     く     ''  ij.|      |
      、 _        |      ト、
       ヽ`        |      | i\
       ∧         |      | |: . \
.       / 个ー―‐‐ 、|      | |: :   \
      /( `¨¨  ー-=ミ|       l 从 : . ⊇)\
.     /  >x、      |        | ̄ ̄ ̄   }\
    _/_/_,/_乂う≧=|        |-‐=ニ二三/:.\\
  /        [o`ヽ |        l       ∧: : : \\
.

642 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:18:43 ID:QfW7FDnY [15/18]



             __  _____           __
             | |/─  ─ \======| |
             |/ (ー) (ー)  \        | |
             /  (__人__)     ヽ      | |
           _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |.    ┌────────────────────┐
        __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |.     │ お前がここに落ちてしまったあの日から    .│
      / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |.    │                            ....│
     ノ                    `ヽ/|  /| |.    │ 今日でもう三週間が経っているんだ     ......│
    /                      ) |/  |_|.    └────────────────────┘
                        / |  |
                      /   |/


.
652 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:22:00 ID:QfW7FDnY [16/18]

           _. -─‐-
         /      ─ \
          /  /   (● ) \        ・・・・・・ えっ?
       /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、
         |u.     (__ノ         |E ) コリコリ
        ヽ            _ノゝ ヽ
          >      ̄     `  ノ




            /    /   //        / / /ヽ ヽヽ
           //    /   // ./     /  / /  l   l ヽ
          /i|   イ  // イ !   ./  / .//  |  |  l
          l.l | .|  l | .| l| | !.|  / ./ //  / / /   l
          !.! .! l  |∧.」 |l H | / /」 ,∠! / / / / │  |
         l | ヽ\!' _Nヽ、∨ !/ /-///// ,イ │ │
         l |  .!ヽ|/´,rこ心、 ∨´   ァ=='-、'//  |   !    その間は私が回復魔法で身体が衰弱しないよう
.          |! │ .l` .ヽ、_゙ン      ´ {゙ーイ、) >/  │  |    色々と手を尽くしていたからな
         | |.  !  !    ̄´   /      ='" ,/   |    !
         /│ l  .!     〈        /!     | | |    空腹以外何もおかしなところがなかったから
         / ∧ ヽ. l\    ,_      u. /│   .| .! |    そう言われても信じられないかもしれんが…
.        / /  '   ヽ '、_l>、  と"`ヽ、   /./|  | !  |
       / /   ∧  ヽヽ ̄\   ̄_ヾ<´/ / ./!    |  |  |
      /// / _/\  ヽヽ: ̄::`:< _ ` ミ、// .|    |__|__| __
.      // / ̄   ̄\ ヽヽ_:::::::::::::: `丶、`ミ三二三";元ラ'ニニヽ-<`ヽ
     // /         \ ヽヽ: ̄::`丶、:::::`:77:::入:_`ー∩ヽ'.;:゚:;;}; : :}~:`;
     //./             \ヽヽ::::::::::::::  ̄::77:::7|   T''|| |ヽニ∠_; ベ: ;
    | | l                ヽヽヽー- 、_ :: //イ |   :|./  /|゙T''くニ二 ; :
    | | l                \ヽ\    ̄|::::|. |   {  {||  >→'´
.

656 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:23:18 ID:QfW7FDnY [17/18]







                   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                    |  三週間… 経ってるんだよ… .|
                    ゝ______________,ノ








.
658 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/10/30(木) 01:23:52 ID:QfW7FDnY [18/18]
きょうはこれでおわりー

長々と投下してしまったけど、付き合ってくれてありがとー
関連記事
2014-10-30 : HIO ◆GSpyI2J3e6の雑談所 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
ということはあの二人にもレベルの上限はあるってことか?
たしかヒナはハヤテとやってたよな
2014-10-30 09:18 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示