FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫はパーティの中のみそっかすのようです(DQシリーズ)61

         10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34-1 34-2 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 キノさんのなぜなにみそっかす!1 56 57 58 59 60

57 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:40:29 ID:aT5/06f2 [1/7]

                        /.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ.      `i、    __
                       /.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::.゙-〟-t+n ゝ...../'i ̄:i:≧s。.   _ ,...-ー―' """ ``
                      /;:: ;:: :: :{:: :: :: :: {:i-=}:: :: :; :: ::___'.'`i }゙,:''i:i:i:i:i:i:,i:i( ):i≧s。、 ー - 、   ,
                      {/.:::{:: ::/{:: :: :: ::/i}  }:: :: i:: :::i.' '-=ァナ`''..,:''i:i:i:i:i:i:i/ >:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。..゙! ` " i
                      !{:: ハ:,::-ハ:ヤ:: :/}ィ´ ̄ }:: :::i:: :::i.゙|;;`i、....,:''i:/` </ /i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:/’. 、 r ' "
                      ! ヤi::ヽ:!_ヽ_ヽ' ' ィ乞j圷:: ::i:: :: i.`- ' ,:':i:i:i:>.,ァ, ` <_:i:i:i:i:i:i:i:i:/イi:`ヽ . ,  、 ;
             ___        ヽヤハ佗圦   ヾ少:: ::;::!:: :: :!....¨ . /'i:i:i:i:i /./:i:`ヽ/:i:i:i:i:i:i/イー-:i:i:i‘-。=, i
           /     \.     从!:::. ¨ 丶   u:: ::;'/:/.:: ::!゙-‐'..゙>s。:i:i:`iYi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!.. ,イ
          /     ─   ‐.    ノ i:i:: ヽ..  、 フ ィ.::/i/イ:: :: :i.゙/ ':;:'::::':::`:;<:i:i:i:i:i:i:i:i:i/イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/.. i ノ
        /     (● )  ).    _,,,リ-=i::ノ≧=´=/ノ:/ニニ=-.../イ::/::::/:/ /':::`:.</イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/. '゛ ,/"
        | u.       (__人) イヤニニ厄'{:/- 、 , -/ノ勺ニニニ イ/〈/::-/ィ´/:::::::::;!::::::`:.<i:_i:i_i:i:i:i:i:i:i:i/.. ,'";; /
        \         `⌒´   ヽ ニニ◎{i     {!ヽ◎ニニニ ィ´.゙/`ir笊 }'|:`::::|!:、::::|!:{::::::::!::::::`ヽi:/、 `i ! i /
        ゙ィ圭圭圭圭圭圭圭´l     /  i!!i、     ,,,i!!i 、   !:: ':{:;' t'リ   `ィ笊≧.、:|::::::::!:::::::{::; ´ーヽ-、  ,-/
      ,r'圭圭圭圭圭圭圭圭;;;;;\.     /ゝ゚ィヽ  ,イニゝ゚ハ i   ij. !:゙;::}!; :::::,      r':りノ'/::::::::|、:::::!/.゙、  `、  /
     ッ圭圭圭圭圭圭圭圭;;;;    \..! {ニニニニi}ー{iニニニニi} !   iレ八       ::::::¨´.':/:::/ノ:::::{.  `=-`lーi=
    ゙ィ圭圭圭圭圭圭圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;_.i 丶==彳 ̄ヽニニニチ=!i   !::i:::...ヽ ,、     u. /イイイ´:::::::::!.      !_i
   /圭圭圭圭圭圭圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;; __|i゙/Zニ=!        ̄  `/.:iz=--Z:iヤ:...\_ .。s≦_..{、::|::::::::::::‘..    -一 i
  ッ圭圭圭圭圭圭圭. ┌──────────────────────┐゙:: : : : :!:: |::::::::::::::‘. , - ー '" i
゙ィ圭圭圭圭圭圭圭圭圭 │ やる夫はパーティの中のみそっかすのようです61...│...`_ー='|::|:::::::::::::::::‘.゙- ー ' " ,
/圭圭圭圭圭圭圭圭圭: │                          (DQシリーズ)   │ . :i:i:i:i:i!::i!::::::::::::::::::‘ . ,..==- i
|圭圭圭圭圭圭圭圭圭....└──────────────────────┘..: }!i:i.':i:i:::i!:::::::::::::::::::‘.゙,-ー ' "i
l圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭;;;;;;;  iニニハヽ       //ヽ { iニ...〈/_/' : : : : : : : : : /':/i:}:i,::::}!::::::::::::::::::::‘゙_ ,.. -、!

                       【※NTR風表現の可能性有※】

                          【※ハブラレ注意※】

                      【※苦手な人は即刻撤退すべし※】
.

63 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:45:01 ID:aT5/06f2 [2/7]
.        \\ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
         \\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヘ
        /: :\\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.ヘ
       / : : : : : \\ :.:.:.:./ / : : /: :./: : : /: : :/ミ : : : : : : : :.:.ヘ
     /: : : : : : : : :.:.:\\:/ : :/: : :/ : /: : : /: : :.//‘,: : : : : : :.:.:.ヘ
    /: : : : : : : : : : :./:.:.:.\\:/: : :/ : /: : :./ : : :/ ̄∧: : : : : : : : :! ヘ
  / : : : : : : : : : : : : | : : :./: \\:/: :./ : : /: : :./    ∨: : : : : : :.}: :.ヘ
./: : : : : : : : : : : : : : : |: : : | //: :\\/: : :./: : :./       Ⅵ: : : : : :.|\: i
: : : : : : : : : : : : : : :Yヘ|: : : |`≧ュ、、\\ /: : :./      i: : : : : : :l  ヽ{
: : : : : : : : : : : : : : :.| ,ハ : : l   ,斥≧、\\: :/     ,斗≧|: :/: : ::.:.l  `  そっち行ったわ!!
: : : : : : : : : : : : :./| { | : : |  《 .トzイ }/:.\\   ,イ}li::/ 》 /:\: : :|
: : : : : : : : : : :///l\ i| : : !   `乂こソ: /. \\  じシ ' /: : : :\:|     打ち漏らした分お願い!!
: : : : : : :.:.:./////,\/| : : |     //    \\   , ヽ: : : : :‘,
: : : : : : ////////// |:.:.:.:|.\  /         j \\ ./:∧\: : : : i
: : : :./////////ニ= |:.:.:.:|.二\              \\:.:∧ }: : :.:!
: :////////////'>:.:!: :〃:.:.:.:. ≧ュ.、、_´ ̄ ̄   .ィ:.:.: \\ヘ i: : /
://///////////:.:.: : |:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ≧ュ、<//,|:.:.:.:.:.:.:\\ l: /
'///////////∧:.:.:.:.:.:.レ′:.:.:.:.:.:.>――――V///,|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\
'///////////|/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヤ///!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i \\
'///////////|l∧:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヤ//ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:. |!  \\
'///////////|l/∧:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\/∧:.:.:.:.:.:. : ||:.   \\
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 翌日になりロマリアを出発したやる夫たち一行

 少し北上した後、南西方向に向かって降りていく形で旅路を進むことになる
 今日は森に入って少しでも進めたらいいなという形で行くこととなっている

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

65 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:48:10 ID:aT5/06f2 [3/7]
                                              r '''ヽ,
                                              !弌__ .\
         rt-rーvt`'‐v、                                  `', `ヽ
       r^ヘ       `i、                            ,z'ご,_「/>  ._,い  )〉
       彡ィ-v-〟-t+n ゝ                            `ヾ'} - rレァ'゙´ム  /   遅いぞリュウ!
       ミ,.' ____'.'`i }                         ,rrrト、ぅ''"| .,ムゝ、 ,ノ
        Tt=ァュ' '-=ァナ`''^j        任せろ!!....   ,.ィ<`屮と{   弋_____,ノ´
        t{ 彡 |;;`i、 ノ八                       f゙  ./.入       . /
         `i  `- '  j ゝ\                   `"""´ ,ノエロエ,,,_‐-ィ゙
        n1`、¨ ̄¨ // , -''"ユノjノ゙                   /  ,','   `ヾ
        」 ; `'‐-‐'/ ,. ' ¨    `''ー-、,           ,r''.´   |.|     . ',
  =ニ一- L| |;;;`'  /  r' ,.'´   `i、               /    ,>'^ヽ    .',
ニと(ニニ... 、   ̄  ̄ヽー一 ''¨                    ノ   ,r .'゙    弋   .ヽ,
 / `i、一' ノ`i、    `、 `''ー-、.               |   .j       \   ,ハ
   ノ  ,,,,,.....--‐'´    ,' __                    トニィ゙         `!   ,ノ
 r'¨`i, -''"`''‐---'......___ ノ                        ,.ィヲ ,ハ          `f´い、
  ̄¨く   `、 /  / λ`''ー-、               fニニフ- '゙           ゞご,,,`)
 `i、 ` i   〉  /  ハ    `''ー--- -''"
 `'ー-、, }   / /  / `、\    } }
     У、 / / /   `i、 \  〈〈 ,.'´
      \/ / 〈     \      , -''"
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 とはいえこの日はロマリア周辺ということもあり、モンスターも強くない

 加えて前衛が3人と大幅に戦力が強化されたこともあり、順調に進んでいく

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

70 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:52:17 ID:aT5/06f2 [4/7]

                ____
            /      \
           / ─    ─ \
         /   (●)  (●)  \   (暇人になってしまったお…)
            |  u.   (__人__)     |
         \     `⌒´    ,/
         /     ー‐    \

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 戦闘開始と同時に弾かれたように飛んでいく三人を眺めるしかできない後衛組

 特にやる夫はMPを温存する方針を立てられたこともあって
 補助呪文や防御呪文も使わず、状況を見てたまにメラを撃つ程度になってしまった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

73 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:55:28 ID:aT5/06f2 [5/7]
              . 。s≦|
           .。s≦i:_:i:i:i:i:i::!
       。s≦:i:i:i:i( ):ii:i:i:i:i:i:i:i:|―― - 、
      ‘.:i:i:i:i:i:i:i:、― ´ !:i:i:i:i:i:i|:i:i-i:i´:i:i:∧
       ‘.i:i:i:i:i:i:iヽ  {:i:i:i:i:i:i:!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
        ∨:i:i:i:i:i∧ {> ´{:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
         ∨ヽ― '  。s≦:i:{:i:i:i>.-..=.≦、
         ∨:i≦´:i}_,ヽi:i:>':-´.::‘.:::::::∨:‘.
         ∨:i:i:i:i:i:i>i!´:、{_::‘、_:!:::::::∨:‘.
          ヽ>i´:::::::}i>' '芹笊! |:::::::::∨:‘   前よりも回復魔法の頻度は減ったわね
           }::::ヽ;x≦、    ∨ノ.!:::::::::::∨|
           |_:/: :笊rj  :::::::::::::::}::::>,::'::::!
            ‘:::∧:::`      /'xイ:::::::,:ハ
            ‘;:::ハ    -     !、;> ¨ヽ
             |::/‘,≧s-イ    /{、    ‘.
                ‘.:ニ/_.,,.へ'ヽーヽ.   !
                .:'>_´_:i,:' },ハ ////‘.   .
              /´:i:i:}  /i:i:i:i:i:{/////,!   `
             .';i:i:i:i:i:i:i| ,'_!i:i:i:i:i `ヽ //ヽ    ∨
            八 ̄ ̄,  ‘-ヽー ―.‘..///\  ∨
              i`≦´}  {`≧s。. /:i:i∧////`<‘.
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それは瑠璃も同様であった

 前衛が三人に増えた分敵の攻撃が分散されるのだろう 
 ホイミを使う頻度が明らかに減った これは良いことのような気がする

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

75 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:56:56 ID:aT5/06f2 [6/7]

           ___
         /      \
        /ノ  \   u. \ !?
      / (●)  (●)    \   (へっ?)
      |   (__人__)    u.   |            テレテレッテッテッテー
      \ u.` ⌒´       /
      ノ            \
    /´               ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんな暇人状態でも経験値だけは積み上がっていく

 レベルが13に上がったが、何となくそれを言い出せなかった

 それがなぜなのかはやる夫自身わからなかった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

77 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/03(月) 23:58:24 ID:aT5/06f2 [7/7]

         ____
       /   u \
      /  /    \\   (メモリー… 光景描写…? また新しい生活魔法かお…)
    /  し (○)  (○) \
    | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 レベルの上昇と同時に、新しい生活魔法も覚えてしまう

 ただ、C.C.に教えられたことがチラついてしまい素直にそれを喜べない

 果たして自分はどういう欲求でこの魔法を覚えてしまったというのだろうか
 それを知るのが怖いのだ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

85 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:01:53 ID:wrNVhSRc [1/15]
                                    ∧
                                   //∧
                                   ////∧≧==‐-.......、   ___
               _ ___ _ _               {/≫...:::::::::::::::::::::::....-‐=≦///7
            , .:´ . : : : : : : : : : `ヽ、.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\////∨
          / . : : : : : : : : : : : : : : : : .\       /:::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::、/
        / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ...  /::::/:::::::::::::::/{::::::::::::::ヽ:::::丶:::}
       / . : : : : : : : : : : : : :r==ュ: : : : : : : :.',.  ヽ:::{:::::::/::::::{ :{::::::::{:::::::::',::::::::::',
      / . : : : : : :/:./..:./:/ ////ム: : : : : i: : :.',    |:::::::≧=x:ハ ヽ::::::',:::::::::}:::::::::::',
      i. .:.:.:.|:.:.i: :|: :|:.i: l: |: | ´ ̄`ヽ. :i.:: : l: : : :i.   |::::::} V:ツ     汽テ=x::::::::}::ハ
      |: : :.:.|:.:.|.⊥⊥{.:.l:.|,:.ィ´  ̄`ヽ l:.:.:.:l: : : :|.   \:ト、::::.  ,    ゞ ' .::::/::{:
      |: :.l.:.:l.:.:l.:仁V |:.:l:.|.:.:|r=〒テミヽ: : :.l: : : :|    |:::.       .:::::::´}/::::::::
      |: :.|:.:.|: :l:{〈{ l。1ハ|ヽ| { ト。 rイl.:: : : lヽ: : |     |:::个  -、    イ:::::::::::::::::
      |: :.|:.:.|: 从 ヽり    ヽヒノノ リ . l: l!: :|   __rァ'⌒^ヽrv、 rvf^l:::rァ:::::::::::
.      \|ヽl: :.|:ハ  ,         l:.:.l: レ'.:.:.:|..... }/     }≫Уx≪{ 辷}、:::::::::
         l: :.| :ハ    _       ,.イ: :l/: : : : ',......〃       | /7く  ノ} 辷} i:::::::::丶
         \|ヽ: :>、  `  ,. ' ,': :/: : : : : :.l..../      |、 ゞ}‐’´} }/.ノ  :::::::::::::::\
            i : :l: : `ニニ´ _,.. イ.:./ヽ: : : : : :.l  ヽ     |、rv}ーrv }f^.   |::::\:::::::::::\
            l : :l: l ソ )::::::::::::::l:./   ヽ: : : :..:l::|   ',    ‘:  `⌒^} } Y   |:::::::::ト、:::::::::::::
             >:|  /.::::::::/ l/     \: :.:|゙:ト、  ',    ,  i  // }:   |:::::::::| ヽ:::::::::
            /「| /        ,.  -─ `ヽ.:|.. ',.    !  i .// /   |:::::::::|   }::::::::
            N:| |      ,. '´ '.:´ ̄ ̄`ヽ   Y.',  ! :i// x≪⌒ヽ:::::::/  /__/
            |:l | |  ,.  '´, ィ´.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉......:} :    ', .//     /:/
           /:.Lヽ|/'´,.  '´ /.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./i..... } }、   Ⅵ      /、{
          /.:.:l.:「 ̄|`ー---‐'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.|..∧ ∧     /      ./  \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その魔法を覚えたことも当然のように言い出せなかった

 戦闘を重ねていくうちになんとなく感じてしまう三週間の差

 なんとなく、強くなっていないか?
 そんな魔法、覚えてた?

 そうしたものが積み重なって、何となく何も言えなくなってしまった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

88 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:05:37 ID:wrNVhSRc [2/15]
.:.:..\|;:;::;!;:;:;:;::::::;:;:l;:;:;:llll|                      /| ̄...ヽ.:ヽ:;;y.,,ヾゞ ヾヾヾヾバヾジヾヾ,|l;;ヾ;;;:;:;:;:;:;:
..:.:.:.:.:|;:;:::i:;:;:;;::::!;:;::::;;;;;lli||                  / .l..   |.:バヾゞ ゙ ヽヾ ヾ,、ヾー、;;;;;;;|ヾゞゞ;:;:;:;:;:;:
..:.:.:.:.:|;;:;;:;!;:;::::::!i:;;:;::::::lllil|                /.;;; l.    ノヾ ヾヾヾゞ彡 バ ゞヾ  バ:.:;;;|:;:;v';:;:;:;;;;:;;:
..:.:.:.:.:|:;:;;;;:!;:;:::::l:;:;;;:;;;;lllill|                  /.:;;;;: l.  バ:.:ヾ ゞヾヾ.:バ ヾジ:;;;;;;;`/;:;:;:ll;;:;);:;:l!;:;:;:;:;:;:;:
..:.:.:.:.:|:;:;;:::i:;::::::;;;;;;;;;;::::;iili|                  /.:;;;;;;; |.  ノバヾゞシー-、ミゞ;:;ヾゝゞ:;:;::;\ー-|;;;;;;:;::::::::::::;::;
..:.:.:.:.:|:::;;:;;;i!;;::;:::::;;:;;;::;;iiill|              /.:;;;;;;;;;.:l    バ ヾゞヾノヾゞゞ゙.:;ヾ;:;:/バ;:;:゙'.、|;:;:;:::;;;:;;;:;;:
..:.:.:.:.:|::;:;:;:;!::;:;l;l;::::::;:::;:;::::| ,.   .    '""゙".   /.:.;;;;;;;;;;. l    |::;:;:;:;;;;::!バ゙ヾヾ.:ヾ;:;ヾゞ゙;;:;:;y;::;::\l;;;;;;;;;;;
  ,ノ;::: ';l:v:.:::;;;;i;:;;、:;;:;;:;|/",.,.,.,.     ,..   ,,.,._w. ;;;;;;;;;;; l    ノ.:ヽ.:.:.;;;|.:.:..,:| .ゞヾ\;;;;;;;;;;;:;::ヽ;:;:;:;:;ヽl;;;;;;;;
  /:;;;:::;::::::ヽ::::;;;:;;:;;ヾ;;;;;;ヽ-、 ,,   ""゙ '   ,.,,.       l..  /.:.:.:.:i.ヽ-'、.:.:.:|-、.:.:.:.:..\;;;;:;;;:;::::;;;;;;;:;::;l|;;::::::::
/;:;;;;:;;;;:;:;:;/:;!;:;:;:::::;;;:;ヽ;;;:ヽ;;;(,,")       - -     /.:.:.:.:./.:.l.:.:.ヽ.:/ヾ >、.:.:.:.:.:.\:;::;;;;;::;:;:;:;;;:;;:::::;:::::
;:;; , -ー''''"ヾ;:;;;:;;;:;;;;:;_;:;ヽl;ヽ、ノ|  ''""  /(● -)ヽ .:.: ´"w"WwWwヾ.:.:.:.:l;:,;,;wWw.:.:.: ヽ;::;:;:;;;;;;;;/.:;;:;;:;!;;:
''''"wWwwWwwWWwwwWw`:;:wW     ゝ (_人_) ノ         /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |`ー-:.:::...;;;;:;!i.:;;
wWwwwWWwww_________/      ||_          / .l  .....................................|;:;::::;::::;:::;:;:;:::::::
.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ. |       |).、ヽ     /.;;; l   ................................|;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::
    ノi    |!三三三三三.:三三三 〉 |⌒ | l´@i!|     /.:;;;;: l   ...............................|;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::
         '.ニニニニ.:从ニニニニ(__ノ  (_)ヽ'/wW  /.:;;;;;;; |    ............. ..............|;;;;;;;;;;;;;;;:;;:::::::::::
               ,;;'人,,i .: '                   /.:;;;;;;;;;.:l    ..........................|;;;:;;;;;;;;;;;;;::::::::::::
  ''"" :.  . ::.       ノノ .:;.(. ,  "''                /.:.;;;;;;;;;;. l     ........................|;:;;;;;;;;;;;;;;;::;:::;;;;:::::
              (゙:  ,.:.人:.                .:.;;;;;;;;;;; l              |;;:;:;;;;;;;;;;;::::::::;::::::
             从ヾ;. '',人ヾ, ;::  .:.:                   l    __  --.|;:;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;::::
             '''''"'"''''"'''"            , -───  '" ̄ ̄ ̄ l-、∠ ̄_/;:;:;;;;;:;;;:;;;;::::;:;:::;:::
  '" ''"   -ー-                     _/.>─-- '"' ヽ-        , -ー/;:;:;:;:;:;:;:l!:;:;;:;:;ヽ;;/
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんな状態のまま旅は続き、森を抜ける一歩手前のところで野宿をすることに

 人数が増えたこともあり、木を間に挟む形で二つのテントを使うようになった

 仮眠は基本2人一組で3交代制に話し合いで決まった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

90 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:08:31 ID:wrNVhSRc [3/15]
   、ィテヽ : :ヽ : : :ヽ : : : : :i : : :/. : : : : : : : /. : : : : ー-,,_
   ̄ ヽ :ヽ : ヽ : : : : : : : : : : ; ; : : : : : : : : : : :> ゙ ´.    、   ハ / !イ: : :': :ィ.: : : / _
       ヽ: : : : : : : : : : ヽ/´ ゙ ゙ ` 、,,: :_:/.          __ヽ:` : : : : : : : : : : : : : : : : チ´
        ヽ: : : : : :ヽ: : ;冫ヽ      l  ヽ.         , ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >
         ヤ: ; = 、: : /   'ヽ__ __ { , !.         >: : : : : : ; ; : ー={ハ:/ヽ}ニ}ハ/}ー`
         i:/! ィ }ヽ'   、 `”'-'冫, イテ'.         チイ}i:/ニハ/三三三三三三三ニ.、
         /、:.、_j     ヽ   ,  i !ノ.         j、三ニ≦=..:  ̄ ゞヽ_ _ , イ /
        / ヽ` 'ヽ    /    ` ー '           /ニヽ,イ ヽ: : i'   、迩弐  ' {仗!
       ,.イヽ  i  i     ` ー ‐ /.         /三i:{i ゝiヽ:!         ヽi
     /ヽ }   !   >、 ヽ     i         i三 {: :.、ゞ冫        ー 'i
   , イ≧、 ヽ }  i   } > = _ '           !三ニ!ー '' ヽ      ,  ― /
ォチ三三三 ヽ ヽ  !   { i   /、               !三 i     >      ー i
 ヽ三三三三 ヽヽ }  ヽ !   ∧ニヽ       ーチテ = - 、    > _  _ '
   `<三三三ニヽ ー 、  ヽ  イヽ - 、ニヽー - = _          `≧ァ、      !
  i  ヽ三三三三≧ 、 ー、 /ィ ヽ  ー、ニー.、  ` <  = - 、 _   ` ヽ / ヽ、
  ノ   {三三三三三三>、 ヽ   i}   ∨三=、_   ヽ..゙-   _  >.、    ヽ  ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 最初は男女で二人一組を作った方が良いという案もあったが
 テントを男女で分けていることもあり不便だということでその案は却下

 結果として、慣れた者同士で組むのが最善だろうということとなり
 ガイルとリュウ、ヒナギクと瑠璃、そしてやる夫の三組で交代制を敷くこととなった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・゙∧゙・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
      ,  -ーー-  、.           //∧
     /         ヽ.        ////∧≧==‐-.......、   ___
.    //           ヽ       {/≫...:::::::::::::::::::::::....-‐=≦///7
    i i  |:| i.lヽ l |三ヽヽ   ',.     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\////∨
.   |:i  .|:| i.|.!ヽ|ノ=--i l   l....  /:::::/::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::、/
    i:i  !:|⌒ ! !イ:てアi |ヽ |.... /::::/:::::::::::::::/{::::::::::::::ヽ:::::丶:::}
    ヽヽ:ハイiヽ  ヽ_!ソ | |ノ |.   ヽ:::{:::::::/::::::{ :{::::::::{:::::::::',::::::::::',
     ヽ,フ|ハソ 、 // u .イ| ',\...  |:::::::≧=x:ハ ヽ::::::',:::::::::}:::::::::::',
.     //| iヽ、 _-__/ |:リ \\.....|::::::} V:ツ     汽テ=x::::::::}::ハ
     //i. l l ,__ヽ,  .|ヽ7ー、ヽ. \:ト、::::.  ,    ゞ ' .::::/::{:
    //{. ヽ!' iー__,/ i/ ヽヽヽ |:::.       .:::::::´}/::::::::
    {:{.ヽ/ヽ l  ∧ ヽ_.l__. - } ', ',. |:::个  -、    イ:::::::::::::::::
    ヽ/ー ー- _  _|ィー   /  __rァ'⌒^ヽrv、 rvf^l:::rァ:::::::::::
.

95 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:12:39 ID:wrNVhSRc [4/15]

           ____
         /       \
        /   ─   ― ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'   (静かなもんだお… まだこの辺は弱いモンスターだからかお?)
      |  u.     (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/   ( ::)
      /      ー‐   ヽ ( ::)
     /      /^ー r ̄ ̄ ̄i
     |   i   /    ノ、___ノ
     |   l /  r‐´    ̄ |

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そういう事情もあって、やる夫だけが一人で見張りをすることになってしまった

 あまり夜遅くに一人では危ないだろうということで
 見張りの順番は一番最初にしてくれたのだが…

 なんとなく、なんとなく一人で見張りをすることが落ち着かない
 三人で旅をしていた時は当たり前のように一人で見張りをしていたというのに ……

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
97 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:17:19 ID:wrNVhSRc [5/15]

           ―‐ 、
         /    .:ヽ
       /       .:.:.:.:,   (何考えてるんだお… 情けない…)
       |     .:.:.:.:.:.:.:}
       \  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
       /  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      (_  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      | i !     .:.:.:.:.:.!
      (__ゝ ____,_ノ
         :::::::::::::::::::::::::::
          ::::::::::::::::::::::::::::
            ::::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 三週間という空白の期間

 自分の知らない4人だけの時間

 その空白の存在が、どうしてもやる夫の頭の中からこびり付いて離れない
 何かがあったのではないかと、頭の片隅で考えてしまう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

99 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:18:55 ID:wrNVhSRc [6/15]

             ____
            /      \
          /        \
         /) ノ '  ヽ、       \  (馬鹿馬鹿しいっ…)
       / .イ(ー) (ー) u     |
       /,'才.ミ) (__人__)       /
      .| ≧シ' ` ⌒´        <
     /  /                ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんなものはただの妄想だときちんと分かっているのに ……

 行方不明になった自分を三週間もの間必死に探してくれたであろう仲間を
 こんなしょうもない形で疑ってしまう自分に嫌気がさす

 だけど怖くなる 自分が眠ってしまったその後に、何か起こっているのではないか

 揺らぐ火の中に、そんな有りもしない光景が浮かんでは消えていく

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

103 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:21:29 ID:wrNVhSRc [7/15]
               / . / :./ :/:/: : : : : : : : : : : : : : :.`ヽ、
              / . :/: :/: /:/: : : : : : : : /「こN: : : : : : :ヽ
             / . : /: :/ :/:./: : :.i: : :.l: l/// /lN: : : : :l: : :.l
            / . :.:.l: :.:l: ::i: :l: l: : {: : :.l: l  ̄`ヽ|: : : : :l: : :.l
            | . : : :| :l l:.⊥⊥l:.:.:.|: :.l:L:L_ _  |: : : :.:l: : : |
            | : : : :|: l l´l:{⊥:l .: :|: :.N リ __  `1: : : .:l: : : |
            | : : : :| :l.彳フ〒メ、: |: :.l 〒 ==ミヽj: : : : l: : : |   おつかれー
            |ハ.: : :| :ハ V ハ。lヽ| V  r小 } Vl: /: :.:l: : : :|
             V:.: :.:ハ ヽ りノ      じ。ソノ l/: : :.ハ: :.:.:|    何もなかった?
              V.:.: i..ハ    、           /l: : : lノ: : : |
              ヽ\ :.:ハ             /: : : :l: : : : :|.         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 1: : i\   rっ     , イ: : : :/: : : :.:.|         |  特に何も…  ..|
                 l: : :l : :> 、 __ , イ: :/:/ : /: : : : ::.:|.         ヽ_______/
               __ _」: : l/:::::〈     /V: /// : : : i: : : |
             /     \ |::::::::.ヽ   l:::::V//: : : :i: |: : : |.      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            /-- 、       \::::::::::.L   \/丶、: l :|: : : |.       |  って、起こすの忘れてたお!ゴメン…  ....|
           /    ヽ     ヽ:::::::::.\二二ヽ:::::.、`丶、: |.     ヽ__________________/
          /      \     \::::::::::.\   \::\  \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんな無意味な考えに浸っていると、ヒナギクから声を掛けられた

 気が付いたら、いつの間にか交代の時間になっていた
 本当ならやる夫がヒナギクたちを起こしに行かなければならなかったのだが……

 起こせなかったことを謝りながら、ヒナギク・瑠璃と見張りを交代する

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
105 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:25:24 ID:wrNVhSRc [8/15]

              / ̄ ̄\/ ̄\
            / ̄ ̄ ̄`.  \    \
           /           、    、
          /           i     l
       _/ 、  ,イ            /
      (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ヒナギク・瑠璃と入れ替わるようにしてテントの中へと入り、仮眠体制に入る

 久しぶりの旅に疲れているのが自分でも分かった

 眠気も来ている きっと少し目を閉じていれば眠りに落ちるだろう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

107 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:28:17 ID:wrNVhSRc [9/15]

         , -─‐──‐-、                                 // //
       /             ヾ)                          ┌――┐ ¨  r≦}
      /              .>-┐    /⌒ヽ                   ̄ ̄| .|  f r  | |  O O O
      l               /  |   /   r l   /⌒\           __| .|  | |__ 彡'
     |             /  / .|‐--'   f、l__/     ヽ            └――┘  ー ´
.      !         /  /|   | ノ   ,;         /  ヽ
      ゝ      /  .,ィ } i'′ |             ./ヽ   ト、_
        ヽ   /, , , /ム,ノ ヽ、ノ________ノ  {____ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´゙ ^ ゚゜

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 それなのに、なぜか目を閉じれないまま時間だけが過ぎてしまった

 もう1時間くらいこうしてテントの天井を見つめている

 もしかしたら、今テントの隙間から外を窺ったら、何かあるのではないか

 そんなくだらない妄想が、浮かんだまま消せないでいる

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

110 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:33:12 ID:wrNVhSRc [10/15]
三三三三三三;;;;}!.゙∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三 ;;;;l.....∨;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;}!.゙ . V;;;;;;三三三三三三三
三三 三三三三;;;;;',゙:::::゙Y;;;;;;三三三三三三三
三三三 三三三;;;;;;', ::::: }!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三 三三;;;;;;;}::::::::{!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;l゙:::::::゙|{!;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;;}::::::: i};;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;ノ :::::: ヽ;;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三三;;;;;ヘ....-.゙ヾ、;;;;;;;;三三三三三三三
三 三三三三三三;;;;;;;ヘ...-__..\;;;;;;;;三三三三三三
三三 三 三三三三三;;;;;\..゙__. ヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三 三 三三三三三三;;;;}    {!;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;{ ●.....ヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;i!.._  .ノ.. }!;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;l{ -‐..'..゙j!;;;;;;;;三三三三三
三三三三三 三三三三;;;;;;;;;;;}!゙:::::::゙ノ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;} 〃;;;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三三;;;;¦゙}!;;;;;;;;;;;;;;;三三三三三

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そして、その浮かんだ妄想が消せなくなったまま

 やる夫は静かに腰を上げ、テントの布の隙間から外を窺ってしまうのだった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

113 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:38:07 ID:wrNVhSRc [11/15]
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !: :|川ム:. :. :. :. : :ヽ
   i: : : : :/.: : : : : : : : : :i:. :i:. :i: :i: :|、 | ̄ ̄ヽ:. :. :. :. : :'.
   |: : :. :.|.: : : : : :. :.i:. :.:|:. :!:.:.|: :!:.:| |:|  __|:. :. :. :. :.i l
   |: : :. :.|.: : : : : :. :.|: : :| : | : |: ||: | |:| /   .!: : : : : : | !
   |: : :. :.|: : : : :.i i: :|:_:/|_/|_:_|_:||: | |:|' ____|: : : : : : | |
   |: : :. :.|: : : : :.| l'´!:/ .!' ! /!/.!:/ リ ./l' /i/!:. : : : : :| |
   |: : :. :.|: : : : :.| l: :!' ィ了 ̄ゝ      !r' ! |:. : :i:. : :|/
   |: : :. :.|: : : : :.| l: :く l'、_/|      ゝ' | i:. :|: : /    それでね ―――
.   |: : : :.|: : : : :.| l、:|  ヘ:::::::ノ          | |:. :|:.:/
    |:. :. :.|{ヽ: : : :|t `    ̄      `   ,} |: /!/
.    |: :. :.|ヽ '.: : : :|              /: :!/|/
    |: : :.|: :`ヘ: :. :.|、.       r' ̄ ̄ア ,ィ': : :|:.:|
    |: : :.|: : : :ヽ:. :.| :ゝ、    ゝ   ノ イ !:. : :|:.:|
    |: : :.|: : :. :.|ヽ: :|くヽ_`    ―‐ ´、‐,!:. :/:.:.|
    |: :./ : : : : |,ィヽ:.|、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l' |:./ゝ: |
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 だが、そこで見えたのはヒナギクと瑠璃が小声で楽しそうに談笑する姿

 彼女たち以外の姿は見えない リュウもガイルもテントで寝ているままなのだろう

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
                                  /ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈\:::八{它ハ
                                 く{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄〈{ハこフハ
                                 /〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ト<ノ::::::
                                 ′ 7ー― ---l| -------- ――|l―┘〈::::〉:::::: l
                                l|::::::|― ┼―‐l |―--------―‐|l――〈::::〉::::::::|
                                |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::l:::::::::::::::|::::||:::::::::::::|〈:::::::::::|
                                |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::|:::::::::::::::|::::|l:::::::::::::|ノ:::::::::::|
                                └┬L _ 丁_l_| |:::::::.ー|- ..._::::|::::||:::::::::::::|:::::::::::: |
                                  |::::::::|r≧ミ    ̄ ̄ 三二二  ̄|l:::::::::::::|:::::::::::: |
                                  | :::::::|l トrヘ     〝了¨¨丁刈 リ:::::::::::::ト、:::::|::::|
               ふふっ… そうなの?       | ::::::::l ヽ='         ヒンノ ./:::::/:::::∧|:::::|:: |
                                  | :::::l::|"''           .:.:.:. /:::::/::: /´ ノ:::::|:::|
                                  | :::::|人   `         厶イ 二 イ:::|::::|::|
                          .          ̄   |\   、 _,      /|::|::::::|:::::l::::|:|
                                     |::|:::丶       _   /⌒7::::|::::::|:::l|
                                   ┌‐-⊥ _> 、 -≦ /⌒´゚ _厶 ⊥:::_|:::|
                                 /丁::}     /  |゚ | /⌒´゚   _/ _ ノ ̄::::::`ヽ
.

114 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:40:12 ID:wrNVhSRc [12/15]

          ____
        /   u \
       /  \    /\
     /  し (>)  (<) \  (何やってるんだおやる夫は!!仲間を疑うようなことをして…)
     | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 息を吐きそうになった自分を恥じた

 なぜそんなくだらない妄執に取りつかれて、大事だと言った仲間を疑ったのか
 疑っただけでない こんな覗きまでしてつまらない疑念を晴らそうとしてしまった

 あまりの情けなさに涙が出そうになってしまった

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

116 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:42:47 ID:wrNVhSRc [13/15]

              / ̄ ̄\/ ̄\
            / ̄ ̄ ̄`.  \    \
           /           、    、
         /           i     l
      _/ 、  ,イ            /
     (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 自分の器の小ささが嫌になってしまう瞬間だった

 それでもバレてはダメだと思い、音を立てないようにして身体を横にして
 静かに目を閉じた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.
119 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:43:26 ID:wrNVhSRc [14/15]




┌───────────────────────┐
│ 今度は、何事もなく眠りの世界へと入っていけた    │
└───────────────────────┘

┌──────────────────────────┐
│ 不思議なほど、穏やかな気持ちで眠りに就けたのだった    │
└──────────────────────────┘



.

120 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/11/04(火) 00:43:46 ID:wrNVhSRc [15/15]
きょうはこれでおわり
関連記事
2014-11-04 : HIO ◆GSpyI2J3e6の雑談所 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

検索フォーム

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
昨年から利き腕の痛みがありブログ更新を中断していましたが検査を数か月繰り返した結果、筋肉が切れているだけだから治療不可と言われてしまったのでぼちぼち更新を再開させます。

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

RSSリンクの表示

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート