FC2ブログ
クリックで開閉

☆凜冒険者シリーズ二次創作 『やる夫とお狐様 第0話』


ここの板の基本ルール(2013年9月改定)
1 本スレでの予想は禁止、雑談は基本避難所で
  →内容が投下内容の本筋に沿わないもの、3行以上の長文等は禁止です
    安価付雑談は全て避難所でお願い致します。

2 補足説明はok
  ・そこから発展した議論と雑談は避難所でやること。
3 誤字、脱字に関する書き込みは推奨
  →訂正元についての安価をつけて下さい
4 自治不要
  →違反者はその都度☆凜(>>1)が対処するから自治レスは禁止

その他、雑談所で自重するように言われたもの
*共産主義、資本主義等の**主義関連、宗教関連
 その他加熱し易い話題は禁止。
 他スレの話題は常識の範囲内で許可。
みんな仲良くの原則に外れそうな話題はやめましょう。

作者さんより 「少しの気遣いでみんなが幸せになれるという事です。」

追記:考証、議論専用スレが出来ました。アドバイザーの皆様はそちらへどうぞ。


5117 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:43:36 ID:???0

                     ....-―-......
                        ,.::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::::l:::lヽ::ト、ト、:::::::::::::::ヽ
                   /:::ハ:lハハィ笊‐、ヽ:::l:::::::::::::,
                    |:::lィ笊 |  ヒツ l l:ハ::::_:::::::!
                    |:::l ヒリ          l::「`}:::::,        やる夫とお狐様 ビフォーストーリー
                ,:::{  , ィ   ヽ    |::|ノ:::::::,
                /::::.、 V     !  ノ:::|::::::::::::,       『やる夫とお狐様 第0話』
                  /:/::::::::::..`_ー‐'_ .イ.:.:!::|、::::l:::::::,
              /:/:::::::::::::::::::/!.:l  /.:.:.:|::|.:.\::::::::ヽ
                /:/:::::::::/:::_::/.:.ト、!.:.:/.:./!::!.:.:.:.:.ヽ:::l::::!
                 /:/::/::::/,.イ:.:.:.:.:.|__ヽ, イ /!::|.:.:.:.:.:.:.ハ:!:::|
             /7::/:::,.イ.:._.:.:.:.:__:--、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::::!
              /::// ̄-、ヽ と    ヽ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::|
                /::/::{、 r、\)  //ィ r‐'" .ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::|
            7::/ ヽ)ヽ)   `ゝ' "   ';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./L:::!       はじまります。
              L::|  (●)   (●) u    !.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
              L|   (__人_)      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              \  `⌒ ´        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\
              /  ー        \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!

5118 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:44:03 ID:???0


       かつてトウキョウに災い有り………

       不幸を生み出し破壊を愛した生ける災厄。

       その名を………




























             _,,--‐'""""` ‐- 、,
           /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ` 、
         /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\
       ./; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;`、
      ./; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;; ; ; ; ; ; ; ;ヽ
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
     │; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
     .l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; \
     l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\
    │; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ト、; ; ; ;jj; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\
    │; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;ト、; ; ト、 ;l\\X; ;;lヘ廴; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
    │; ; ; ; ; ; ;λ、j1L\弋\lイ\;;\k,_jィz; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
     .l; ; ; ; ; ; ; 仆、\\ \ヽ、ヾ_xィヒチ"メアヘ、、; ; ; ; ; ; ; ;
     l; ; ; ; ; ; ;弌弋ナヲミェ_ ヾ、  " ‐=ゞ'"  .〉ト、; ; ; ; ; ; ; ;
     .`、; ; ; ; ; ;;;ヾゞ==〃^ ヽ `       /.ノ; ; ; ; ; ; ; ;
     /}/}; ; ; ;;;\     i        /; ; ; ; ; ; ; ;
   ,// // /ゝァ; ; ; ヾ     .`       /i; ; ; ; ; ; ; ;
  ./ ./ .// ./ーヘ; ; ; ; ; \     ̄  ̄´  //l; ; ; ; ; ; ; ;
 〈 〈l l .l  l  ); ; ; ; ; ; ; `ゝ 、    /; ;ノ.│; ; ; ; ; ; ; ;
  \l l .l  \ /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;`ヽ- ´; ; ;/  │; ; ; ; ; ; ; ;
   ヾ ヽ ヽ   `ヽ、,; ; ; ; ; ; ;lヽ、; ; ; ; ;/    l; ; ; ; ; ; ; ;
    \       \; ; ; ; ;│ ` ̄´     ヽヘゞ; ; ; ; ; ; ; ;
   _,-‐'"\      ヽ; ; ; ;ヘ           〉; ; ; ; ; ; ; ;
..ィ''"; ; ; ; ; ; ; j\     ); ; ; ;;ヽ          │; ; ; ; ; ; ; ;
.│; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;=   ノ; ; ; ; ; ;ヽ    ____」; ; ; ; ; ; ; ;
.ノ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ̄ ̄; ; ; ; ; ; ; ; ;`` ̄ ̄; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;


          金毛九尾の狐、と云った。

5120 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:45:20 ID:???0


       トウキョウ中を巻き込んでの大決戦。

       数多のモンスターを率いる生ける災厄……生物災害の金毛九尾の狐。

       対するはトウキョウで後に伝説となるA級冒険者とその仲間たち。





                     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                 , '::::::::::::::::::::::::ハ::|Ⅵ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
             /:::::::::::::::::::::::::::| :/i∨::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::∧
              ,'::::::::::::::::::::::iV:|:レ',. r仡フ::::::::::::::::::: | \:::::::::::::::∧
            i/!::::::::::::::: Ⅵ::',!〃_,ゞ'’ Ⅵ:::::::::::::::::| く }:::::::::::::::::∧
           / |:|!::::::::::::::L:|: :|     | }'i:|::::::::::::! //:::::::::::::::::::::∧
             { |:|i:::!:::::::::戉:}       ノ|::::::::::リ_.イ:::::::::::::::::::::::::::ヘ
               |i.Ⅵ::ヘ:::ト、ヽ          !::::::::::i ∨::::::::::::::::::::::::::::::‘ ,
               |! ',!∨:::ヽ  くィ ̄ ヽ   i:::::::::::l  V::::::、::::::::::::::::::::::::::\
                  ,':::::::‘ . ‘ ,: : : :}  ,::::::::::::l  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    /:::::::::::::::\ ゝ-_'  /::::::::::::|  /}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::::::::::::::::ヽ _,. イ:::::::::::::///:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                  /::::::::::::::::::::::::::|::::::|:::::/::::::::::::/:://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::::::::::::::: : i|::::::|::/::::::::::::/:, ' ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\





                _ __,,.. .-一- ,_
            _, -‐イ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>- 、
        r‐' ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ 7
        { ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
        ヽ、____ィ'  ̄`ヽ _________/
           〉___{     }________i
         r--、 __!     ノ_______」
       _ / y-、_二ユ>─‐イー-─────-、ト、
     / ー'  ̄_z -‐、`二ゝ:::::::: :::::: ::::::::::::::,/利
    /     <_:::::::::::::::::::::::::::::::: :::::: ::::::::_/:::r-、|
.   /      `ー、.._}>-、___,, .. -‐'、" !::::::::{j7.〉
  , '      r-、 ./弋云斗   ィ之伝ノ |::::::/レ/
\,'       / / /ゝ,  ̄´ .|    ̄ ̄" /;/_ノ
:::::ヘ      /  ゝ'   ヾゝ  〈      / / ト-、
::::::∧    /       ∧   ゝ''       , ' /:::: |
ヘ:::::∧_/        r-入  ===   / /::::::: |
.ヘ::::::∧         |::ム.ヘ  ー   / /:::::::::.|
 ヘ::::::亅 ____y-、_|::|::::\>-‐ '" / /:::::::::::::/ヽ-─- 、
ヽ ヘ/_/ :::::::::::::::::::::,  /:::::::::>─<゛l/::::::::::::::::/ ..::::............
::::/ ,/ :::::::::::::::::::::::::::. 〈::::::::::::::|..:::...ヽ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::
´ / ::::::::::::::::::::::::::::::::::. ヽ:::::::::::|..::::... |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \:::::|.:::::::::.|:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \|.:::::::...|/:::::::::::::::::::::::::::::::::::. :::::

5121 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:45:50 ID:???0


       死闘、そう呼ぶしかないほどの過酷な戦いの後に冒険者側は勝利を収めた。

       だがトウキョウの持ちうる力の全てを結集させても討伐には至らなかった。

       寸前で金毛九尾の狐は己の残りの力を全て費やし、身をはるか遠くの時代へと送った。

                 __ --=====-
             __ ==三三三三三三∥ソ、
               -==三三三三三三=∥ソ
         - ´三三三三三三三三γ⌒ヽ/
        ´三三三三= :::i l l ll l11「   `
       ´三三三= ::i i l ´       ゞ  ヘ
      ゞ三= ::- ´_    -==三: :::iiiillllll `ヽ
        ヽ;:i´  ´υx== ================ゝ
          i´==≦巛《    弋≫::;;;::丶::::::
            ,.; ´γ ヘ :::::,.         ヽ::
           :::::::《 ´ ヽ::::::::::::了 --==  イ:
            -====三三三三三    三三彡≧
         ゞ 三三三三三三三三三三 ´ ̄三三/
           三三三三三三三三三三    三/
          ヽ三≡==--三三三三三 :::::=三/
           三≡==----彳===== :::::=〔
           ==三三 γγ⌒ヽ三三三=
           三三三三八入,○丿+三三三
           --===三 入 =三三三三三
       ..=三三≡====-≧=二二二≡=-
      =三三三三三三三三三ミヘ=三三三==-
    =三三三三三三三三三三三ミヘ==三三三===
   =三三三三三三三三三三三三三ミヘ===三三三==

5122 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:46:10 ID:???0


       妖力の全てを使い果たし、魂までも極限まですり減らし、肉体も限界寸前。

       何とか追手は来ぬよう逃げられたが……

       その姿はかつて数多のモンスターを率いた首魁などではなく

       何の力も持たぬ一匹の狐。




                 ト、
                   } ヽ
                  ノ   ヽ
                 f    ヘ
              {     ハ
                |.      ハ
      ,r、    ./,rヽ {       }
    .〃ヽヽ. / ./ .ヘヽ ヽ      |
   〃   〉 ∨ /   }ハ ヽ    リ
   {レ´     `ヽ、 } .ト、}   ノ
   イ          `' ミ ヽ - '
   丿           ハ、 |
  ヽ   fj    fj     ソ }
    ゝ          /し'
      ゝ、●   _,  ' /
        ̄ ̄しーし'

5123 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:46:32 ID:???0

                 ト、
                   } ヽ
                  ノ   ヽ
                 f    ヘ
              {     ハ
                |.      ハ
      ,r、    ./,rヽ {       }
    .〃ヽヽ. / ./ .ヘヽ ヽ      |
   〃   〉 ∨ /   }ハ ヽ    リ
   {レ´     `ヽ、 } .ト、}   ノ
   イ          `' ミ ヽ - '
   丿           ハ、 |
  ヽ   fj    fj     ソ }
    ゝ          /し'
      ゝ、●   _,  ' /
        ̄ ̄しーし'



       かつて己を支えてくれた部下も。

       目をかけて可愛がっていた妹分も。

       忠実な下僕たちも。

       誰も居ない。

       今ここで疲弊しきっている自分を支えてくれる者など誰も居ない。

       暗愚で劣った生き物であると冷笑していた人間達が何人も自分の側を足早に歩いていく。

       今の自分など何の価値も…捕まえる価値すらない小動物、と言うことか。

       かつて生物災害と呼ばれたそれは己の境遇をどこか冷静に受け入れていた。

5124 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:46:56 ID:???0

                 ト、
                   } ヽ
                  ノ   ヽ
                 f    ヘ
              {     ハ
                |.      ハ
      ,r、    ./,rヽ {       }
    .〃ヽヽ. / ./ .ヘヽ ヽ      |
   〃   〉 ∨ /   }ハ ヽ    リ
   {レ´     `ヽ、 } .ト、}   ノ
   イ          `' ミ ヽ - '
   丿           ハ、 |
  ヽ   fj    fj     ソ }
    ゝ          /し'
      ゝ、●   _,  ' /
        ̄ ̄しーし'


       おそらくこのまま自分は死ぬのであろう。

       誰にも看取られる事なく草原の道端で、そこらの動物と変わらぬ屍を晒すのであろう。

       かつてトウキョウを震撼させた金毛九尾の狐もこうなってしまっては終いよ、と。






       疲弊しきって泥の中に沈みそうになる意識でそんな事を思考している時だった。

5125 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:47:12 ID:???0































         ___
        / .u   \                 わわっ!
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒).    きつねさん、酷い怪我をしてるお!
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



        ノラギツネ
       路傍の石に声をかける変わり者が現れたのは。

5126 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:47:38 ID:???0

          ___
        /      \
     ,---、   \, 三_ノ \―、
     .l   l  (●)  (●) \ |
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /
      ゝ     |ェェェェ|   ノ
      \         /
       /          |
      /          |



       貧民のそれと分かるボロボロの身なり。

       年の丈も幼さが目立つ。

       ……にもかかわらず、安全な市街ではなくモンスターの跋扈する結界の外に居る理由はおそらくひとつ。

       彼は口減らしのために捨てられた子供なのだろう。

5127 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:47:57 ID:???0

         ____
        /     \
      /  _ノ  ヽ、_  \
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \   本当はきれいな布で巻いてあげたいんだけど…
      |      (__人__)     |
     \     ` ⌒´     /    やる夫の服で我慢してくれだお。
      >    / )ヽ   <
      (  \ / __ハ ) /  )
      \  ゙  /ヽ ゙  /
         \_/   \_/


                                              ワラワ
       彼はそう言って自分の着ている粗末な服の袖の部分を破って子狐の身体に巻いた。

       そして…

5128 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:48:22 ID:???0

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l     いたいのいたいの、とんでけー。
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /



       ゆっくりと優しく頭を撫ぜた。

       親が子供をあやすように。

       なんとバカな少年だ。

       わらわを生まれたての子供のようにあやすなど。

       かつてトウキョウを震撼させ、生ける災いと称されたこのわらわを。

5129 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:48:40 ID:???0









               : ト、 :
                 : } ヽ :
                : ノ   ヽ :
               : f    ヘ :
            : {     ハ :
             : |.      ハ :
      ,r、    ./,rヽ {       } :
    .〃ヽヽ. / ./ .ヘヽ ヽ      | :
   〃   〉 ∨ /   }ハ ヽ    リ :
   {レ´     `ヽ、 } .ト、}   ノ :
   イ          `' ミ ヽ - ' :
   丿           ハ、 | :
  ヽ   fj    fj。    ソ } :
    ゝ          /し' :
      ゝ、●   _,  ' / :
        ̄ ̄しーし' :








       何の言葉も出なかった。





                    ワラワ
       小さく震える子狐を拙い手つきで撫ぜる。





       …やさしく、あたたかかった。

5130 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:49:01 ID:???0

                  ,ヘ
      ____      / /
     /\  /\   / /
   /( ⌒)  (⌒)\/  /
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /
  |     |r┬-|       |     今日は森で食えるもんを探してやっと見つけられたんだお!
  \     ` ー'´     /
  /          \.        二日ぶりの食事だお!
 /             \
/  /\           ヽ     狐さんにもおすそ分けしてあげるお。
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ


                    ワラワ
       夕暮れ時の木の麓で子狐を側に置いて一人ごちる彼。

       二日ぶりの食事だというのにその日逢ったばかりの
          ノラギツネ
       路傍の石に食事を分ける。

       彼はおそらく10人中10人が愚かだと指を差して哂うであろう。

5131 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:49:23 ID:???0

               : ト、 :
                 : } ヽ :
                : ノ   ヽ :
               : f    ヘ :
            : {     ハ :
             : |.      ハ :
      ,r、    ./,rヽ {       } :
    .〃ヽヽ. / ./ .ヘヽ ヽ      | :
   〃   〉 ∨ /   }ハ ヽ    リ :
   {レ´     `ヽ、 } .ト、}   ノ :
   イ          `' ミ ヽ - ' :
   丿           ハ、 | :
  ヽ   fj    fj。    ソ } :
    ゝ          /し' :
      ゝ、●   _,  ' / :
        ̄ ̄しーし' :

                                             ワラワ
       彼は火を起こし、懐から取り出した芋を焼いて半分に分けて子狐の前に差し出した。





       おそらく今までの生で最も粗末な食事。





       だけど…












       どんな食事よりも美味しく、あたたかかった。







.

5132 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:49:40 ID:???0

      /:::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /:::::://:::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
   /:::/´/ /:::ィ/,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   /:::/ / ///ィ::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::',
  ,':l:/ / // / ィ::/:::::::ii:::i::i::i:::,:::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::,
  i:::リ ,' /! / /:::/::i::ll::ii:::i:::i::l:::::',i::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::,
  ルハ  i  i::::::l::ll::l >ィ-‐==ゞ::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::,
   i.ハ  i   V:::::l`リ   ,ゞ::::::ツil::l:::::::::::::::i}i::::::::::::::::::::::::,
    l     V:ノ       ̄¨l::l::::::::::::/):::::::::::::::::::::::::::,
    ∧    iヽ         l:ノ::::::::::lィ::::::::::::::::::::::::::::::,
   /::/    /  ー‐-     , i:i:::::::::::li:iミ_;;:::;;_:::::::::::::::::::,
  ,イ::/    /:ヽ `    , イ:./::::::::::/ィ'   ':, `ヽ、:::::::::::::,
イ::::::/    /::::::::` -,、‐<: : : /::::::::イ      ':,   \:::::::::,
:::::/    /:::::::::::::::::lゞ:::::::::ヽ:/::::/.          ヾ   \::::::,


       決して短くはない生を紡いだが…初めての感情だった。


       この者のために何かをしてあげたい。


       そう思ったのは。


.

5133 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:49:57 ID:???0

         ____
        /      \
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /
                   /


       食事もままならず絶望的な生活をしているというのに
         ワラワ
       子狐を懐に置いてなけなしの食事を分け与える。

       そんなどこまでも愚かで、優しい、少年のために。

5134 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:50:19 ID:???0

             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::::::i:::i::::/:/l::::::l::::::::,:|:::/:|:::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           l::::::::::::::::::/l/|:/`ヽ|:::/|::::/ .」イ:⊥:|::::/:::::::::::::::::::::::::::::::
      /} |:::::::::!::::::ニミi/、/_ |:/ |::/ ´/ |::/ l::/:::::::::::::::::::::::::::::::::i
    ./ //):::::::::::::::ト、乂;;;;卞/ |/ ,,;ニコ/二i/_i/:::::::::::::::::::::::::::::::
  // /-/ /―,:::::i::::::|   ̄`   ´ ´ 乂;;;;;;シノi:::::::::!:::::::::::::::::::::::::i
 〈  .i i ./ / ̄l::::::::!::::::ゝ     /       ´ ̄  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  !   ! ! {  !::::::::!::::丶              /!::::::::i::::::::::::::::::::::::::i
  \    \/:::::::::!::::::::\  ` --     /`´!::::::::l:::::::::::::::::::::::::::i
    ヽ     \:::::::!:::::::::l:::\      ..:</:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l      丶:::!:::::::::|\::` ー:::<::/ /:::::::::::!::::::::i::::::::::::::::::::::::::::i
   ___\      ヽ:::::::::|  \:::::::>´  l::::::::::::::!::::::::!::::::::::::::::::::::::::::i
 /::::::::::::::::\     l:ヽ::::i           |::::::::::::::!::::::::!::::::::::::::::::::::::::::i
 ゝ、:::::::::::::::〈:丶__ ノ:::::i:::!           l`ヽー-!::::::::!- 、__:::::::::::i
/:::::::\::::::::::::::〉:::::::::::::::::::::|:::i           /:::::::::!::::::::!:::::::::::::::::::`>::::i
::::::::::::::::ヽ::::::/::::::::::::::::::::::::!:::|___       /::::::::::::!::::::::!:::::::::::::::/::ヽ::
:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::!:::::::::::::::`:..─--/:::::::::::::::!::::::::!:::::::::/:::::::::::!:i



       少年の…やる夫の献身的な看護で傷も癒える頃には

       姿こそ子狐のままであったが念話出来る程度に力が戻った。

       意思疎通が出来る事でわらわのことを動物神の類と理解したようだ。

       少し舌っ足らずな声で「おきつねさま」と呼び始めたのもこの頃からだ。

5135 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:50:47 ID:???0

              __ _
         ,..::'"::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::...
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::/::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.   /:::::::::::::::::, ヘ::::::::::::::::::::::::://`X∥:::::::::::::::::::::::::ハ
  /:::::::::::::::://`/::::::::::::::::::::必≧zx、,∥:::∥:::::::::::::::::::::::i
 ':::::::::::::::::::l ! i::::::::::::::l/`ヾ:::;;;;バ/::://:/::i:::::::::::::::::::i
/::::::::::::::::::::::!丶|::::::::::::::|     ` ///:/_:/⊥:::::::::::::::i
::::::::::::::::::::::::::ヽ !:::::::::::i !         /_z≠ノ::::::::i::::i::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|            !ヾ;;;ノメ:::::::::|::::| !
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|          〉 //::::/:l :::!
:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::!    ヽー-、    /::::/  :/
::::::::::::::::::::::::::::::,l::::::::::::ト        `´    /:::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::' !:::::::::::| \      .:<:::::::!::::::i
:::::::::::::::::::::::::/ l::::::::::::!  \_ ..:<´:::::::::::::::;!::::::i
:::::;:':::::::::::::::;'\ !:::::::::::!    !:::::::::::::::::::::::::::/ !::::::i
:::'::::::::::::::::/:::::::`!:::::::::::!    !::::::::ー::-:::∠_!::::::i_
:::::::::::::::::/:::::::::::::!:::::::::::!    i`ヽ:::::::::::::::::::::::::!::::::i::`ヽ



  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \
 |   / ///(__人__)/// \
 !   !    `Y⌒y'´    |
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ



       念話が出来るようになった事でやる夫とコミュニケーションが取れるようになった。

       元々住んでいた村では動物の世話をしていたらしく毛づくろいなども心得た物だった。

       日々の糧を得るためにお互いに協力し合って山野を駆け回った。

       草を編んで作ったかばんがわらわの居場所になったのはこの頃だ。

5136 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:51:08 ID:???0

 /:://::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::/i::::::i|:::::人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
./:://::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::/ .|::::::!!:::}  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
i:://::/i::::::::::::::::::::::::::/i:;'i:::::/i::::/  l::::::l|:::i   i::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::
|, !:, |:::::::::::::::::::::::,' j .!:ノ .!:∧  |::::八::|   |::::::::| ヽ::::::::::::::::::::
  レ .|:::;:::::::::::::::::::i ____,イ  ヽ.|:::i  i:|__.,ト、::::!-―i:::::::::::::::::::
.     !/i:::::::::::::::::::| ¨~⌒`ヾ)   i!:::! :|:!     ∨   i|::::::::::::::::::
    ,イ .|:::::::::::::::::::!          八::l  iノ ____  i|::::::::::::::::::
    八:::::::::::::::::j         ヽ   ¨¨~~⌒`ヽゝ!;::::::::::::::::::
       ヽ::::::::::::::}       /                 /::::::::::::::::::
      人:::::::::八      ヽ              イ::::::::::::::::::::
.     /:::::::::::::::::::ヽ     __            ムイ::::::::::::::::
    /:::::::::::::::::::::::込、    ヽ  _ノ          /:::::::::::::::::
    ,′::::::::::::::::::::::::::个。                イ:::::::::::::::::::::::
.   / :::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::\          / |::::::::::::::::::::::::




         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /



       さらに力が戻って霊体を晒せるようになったので

       夢の中でこの姿を見せたところ、普段は見せぬ驚いた表情を見せた。

       このとき言われた一言は今でも鮮明に思い出せる。











       「あんまりにもキレイな女の人が出てきたので驚きましたお」










       言われて顔が熱くなったのもよく覚えている。

5137 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:51:34 ID:???0

          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ー)  (ー) \
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |
     \      `ー'´     /
      r´、___∩∩__,  /
      \__ ´人 ` _ノ
       ヽ   ̄   ̄ |
       |      /
        |   r  /
        ヽ  ヽ/
         >__ノ;:::......



       調理の腕前も磨かれる頃にはわらわの力ももう少しだけ戻った。

       やる夫にわらわの加護を添えてやれる程度には。

       ようやっと、機は熟した。

       わらわの「センダイに行って冒険者として生きよう」と言う提案をやる夫は何も言わずに賛同してくれた。

       こんな世捨て人のような生活ではなく、当たり前の生活をさせてやりたい。

       これほど心根の美しい者が口減らしに遭うだけが世の中ではない、と言うことを教えてやりたい。

5138 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:51:53 ID:???0


              _. -―――- 、.__
            /          `ヽ、
           /         ___    \
         /      ,-‐ ゙´ ̄        \
         ./,__      ,-―- 、        \
       「         {r'゙ ̄:::ハ i         .ヽ.
       }  /´ヾ.     ii:::::::::::::::i i            \
      /  .iソ::::ii      ii:::::::::::::ノノ             ヘ.
      /   i;::::::ii     ヾ-‐゙´´ ヘ            ヘ.
     {    ヽノ'               i.                 i.
     i    i.    i             }            }
      {    {.   ノ\_        ノ            ノ
     ヘ.    ゙ー-'´--- `ゝ-――<´           ノ
       \                        /
        \                     _. -‐ ´
             ゙> 、_ _    ___. _/ ̄  ̄ ヽ、
           i /    ̄ ̄      ./        \
          / /                           ヽ
         / ./
        / .i
        i /                ヾi.
        i /                  i.
        i/                      i.
        ./                         i
       /                      ∧



                 ト、
                   } ヽ
                  ノ   ヽ
                 f    ヘ
              {     ハ
                |.      ハ
      ,r、    ./,rヽ {       }
    .〃ヽヽ. / ./ .ヘヽ ヽ      |
   〃   〉 ∨ /   }ハ ヽ    リ
   {レ´     `ヽ、 } .ト、}   ノ
   イ          `' ミ ヽ - '
   丿           ハ、 |
  ヽ   fj    fj     ソ }
    ゝ          /し'
      ゝ、●   _,  ' /
        ̄ ̄しーし'



       こうして長い道のりをやる夫とともに進んでいった。

       目指すは新天地………センダイ。










.

5139 名前:タイガージョー ◆MidsHfdgNA★[] 投稿日:2015/07/18(土) 22:52:08 ID:???0

                     ....-―-......
                        ,.::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /:::::l:::lヽ::ト、ト、:::::::::::::::ヽ
                   /:::ハ:lハハィ笊‐、ヽ:::l:::::::::::::,
                    |:::lィ笊 |  ヒツ l l:ハ::::_:::::::!
                    |:::l ヒリ          l::「`}:::::,
                ,:::{  , ィ   ヽ    |::|ノ:::::::,
                /::::.、 V     !  ノ:::|::::::::::::,       『やる夫とお狐様 第0話』
                  /:/::::::::::..`_ー‐'_ .イ.:.:!::|、::::l:::::::,
              /:/:::::::::::::::::::/!.:l  /.:.:.:|::|.:.\::::::::ヽ
                /:/:::::::::/:::_::/.:.ト、!.:.:/.:./!::!.:.:.:.:.ヽ:::l::::!
                 /:/::/::::/,.イ:.:.:.:.:.|__ヽ, イ /!::|.:.:.:.:.:.:.ハ:!:::|
             /7::/:::,.イ.:._.:.:.:.:__:--、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}::::!
              /::// ̄-、ヽ と    ヽ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::|
                /::/::{、 r、\)  //ィ r‐'" .ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::|
            7::/ ヽ)ヽ)   `ゝ' "   ';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./L:::!       第1話に続く
              L::|  (●)   (●) u    !.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
              L|   (__人_)      |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
              \  `⌒ ´        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\
              /  ー        \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
関連記事
2015-07-28 : 続きのないチラシの裏 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いい話だな~
さっそく読み返してこよう
2015-07-28 20:30 : URL : 編集
No title
懐かしいな、おキツネ様シリーズ。
また読み返してみます。
2015-07-28 21:30 : URL : 編集
No title
何故にタイガージョー氏が書いてるんだろ
2015-07-29 23:22 : URL : 編集
No title
コラボやってたのよ
2015-08-03 14:54 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

最新コメント

荒れるコメントや不快なコメントについては削除します。悪質な場合には制限をかけますので、内容をよく吟味して書き込んでください。

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示