FC2ブログ
クリックで開閉

☆凛冒険者シリーズ二次創作 やる夫はあんまり冒険とかしないようです。4


ここの板の基本ルール(2013年9月改定)
1 本スレでの予想は禁止、雑談は基本避難所で
  →内容が投下内容の本筋に沿わないもの、3行以上の長文等は禁止です
    安価付雑談は全て避難所でお願い致します。

2 補足説明はok
  ・そこから発展した議論と雑談は避難所でやること。
3 誤字、脱字に関する書き込みは推奨
  →訂正元についての安価をつけて下さい
4 自治不要
  →違反者はその都度☆凜(>>1)が対処するから自治レスは禁止

その他、雑談所で自重するように言われたもの
*共産主義、資本主義等の**主義関連、宗教関連
 その他加熱し易い話題は禁止。
 他スレの話題は常識の範囲内で許可。
みんな仲良くの原則に外れそうな話題はやめましょう。

作者さんより 「少しの気遣いでみんなが幸せになれるという事です。」

追記:考証、議論専用スレが出来ました。アドバイザーの皆様はそちらへどうぞ。


やる夫はあんまり冒険とかしないようです。1  

4982 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:00:30 ID:1m136cjN0 [1/21]
それでは時間になりましたので、投下を始めたいと思います。

4983 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:01:00 ID:1m136cjN0 [2/21]





                     原作:☆凛冒険者シリーズ
                     やる夫はあんまり冒険とかしないようです。4




前回まで
1 ttp://hosirin.sakura.ne.jp/test/read.cgi/bbs/1454131547/4391-
2 ttp://hosirin.sakura.ne.jp/test/read.cgi/bbs/1454131547/4477-
3 ttp://hosirin.sakura.ne.jp/test/read.cgi/bbs/1454131547/4725-



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     前回の口座に入ってる金額、最初の支度金の余りの銀貨2枚がないんですけど。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |   おうやる夫の金やぞ。
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          \            /
          /     ,二、    \
            |    (⌒Y⌒)     |
          \   (●)  (●) . /
           \ ─    ─ /     何かあった時のためにどこかに隠してあるって事にしといてください(震え声)
             \      /
                ̄ ̄ ̄

4984 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:02:08 ID:1m136cjN0 [3/21]

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::zzz...:::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \: .:::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/   ヽ、     ヽ.:::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::(ー) (ー )      .ヽ:::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \_.       ⌒ゞ'´:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ / \.|::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   .ヽ::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ /  \  ._丿::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__ (___):: ̄: :: .:::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::.パチッ::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \: .:::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/   ヽ、     ヽ.:::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::(ー) (● )      .ヽ::::::::::|    お?
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| (__人__)'       i:::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \_.       ⌒ゞ'´:::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'/⌒/⌒/ /  |::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(つ/_/ / \.|::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(____/   .ヽ::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;/ /  \  ._丿::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(__ (___):: ̄: :: .:::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


         ___
       /ー  ー\                         チュンチュン、チチチ......
      /o(>) (ー)\
~   /   (__人__)  ..\    っと、朝かお。
~  |  l^l^ln ノ   ヽ,   |
    \ヽ   L /⌒ノ´フ   ./
     . .ゝ  ノ. ̄ ̄´  <.
     /   /


顔にかかる光に目を覚ます。

城壁にもたれかかっていた体を、のっそりと起き上がらせた。

4985 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:03:03 ID:1m136cjN0 [4/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    どうもおはようございますお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /     お、おう。外で寝れるなんて肝据わってんね。
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /     
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/
      \_],)、 /ヽ,_ソ     
      |i    ヽ  i
       \,--、,|  λ      
       /ヾ-'^i-/丿 
       ヽ,ー,/~フ'"      
        1 | 'ヽ、 
        ノ  ゝ--'        
      (__/


モンスターのはびこる時代、都市というのは高く分厚い城壁でぐるりと囲まれている。

その通用門は、夜間締め切られている。

当然間に合うはずがなかったので、門番詰め所から少し離れた横で、開くまでの時間をうたた寝していたのだった。

4986 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:04:00 ID:1m136cjN0 [5/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    入れないんだからしょうがないし……。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



         _
        /_`ヽ_     ,ヽ
     ,--"-λ━i~     / |
    /   \ヽニフヽ,   / /
    ヾ,--,___|__ソ,ノ  / /     大物なのか馬鹿なのかわからんなあ……。
    ,-|__/ヾ_ノ,ノ ,i  / /     
    ヾ  \-, 「」)^<0ヽ/       まあ、もう通れるよ。どうぞ。
      \_],)、 /ヽ,_ソ     
      |i    ヽ  i                                        アザッス>や
       \,--、,|  λ      
       /ヾ-'^i-/丿 
       ヽ,ー,/~フ'"      
        1 | 'ヽ、 
        ノ  ゝ--'        
      (__/


あらかじめステータスカードは見せて、門の開く朝まで傍で休んでいる、ということは伝えておいてある。

真面目な衛兵さんのようで、少し離れて寝ていたこっちもチラチラと見てくれていたようだ。

クローキングでそっと入ろうか、とはちょっとだけ思ったが、扉自体が閉まっていたので大人しくやめておいた。

4987 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:05:22 ID:1m136cjN0 [6/21]

                  _,,....,_
              ,.-‐''" -- 、`"'‐- ,,_
          ‐=、'ニ´-  ̄` zー'ー- 、  ',
             -=ニ,.=-‐,..、 z` - ,_  `´!'
           `ーz‐' i.r ;ヽ'   rr;jー r'
             `i. '、(i       l
              ',,.r`'i.        i´              ,、_
               |  `      ̄,'                /  `'' - .,_     _,,    おや、お帰り。
.             ,. '/`'‐.、   'ーr- '              /       `''ー '",.'
       __ ,.-i" .ヽ   `'ー ,、'、.      ,.、     /           , '     早いね。故郷はどうだった?
    ,.-'-´- 、    l   ヽ   ,'""i;\     | ',、.  /          ,.'
   ,.'       ヽ  '--.、,. '´'、-.、l、_!',. ヾ'.、 r'=! l. i ./         , '      
   !        i  ./    ヽ ` l '、!ヽ,ゝ/.,ノ ,! l ./        , ,.'
   l        、  `' 、.   ヽ. |  ヾ ゚,.'  '  ィ i/    r;- .,_ ,.'.,.'         
.   ',           ヽ     `' 、.  ヽ!. ,...!、!,_     '/     `'-、'ヽ;'
.    ヽ        ヽ     `' 、,.r'"  `"ヽ、_,,. '゙i ``'ー- .,,r'´;`ヽ ',        
.    ヽ        ヽ   ,. ‐'         ヾ、 ! !    r'´;"'ー  i'
      ヽ       ,`ー'"          | `!. !   ,.ri"´`- , r'         
       ヽ      '            ,. ‐'  |   ', ,. !,' `''  ,)'.´
        ',、               , ‐'     !  / ','- .. ィ´l



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    兄貴の子供はすくすく育ってましたお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    あ、これやくそうです。
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


草原でやくそう観察のために一夜を明かします……とかいうとたぶん頭がおかしい人扱いされるので。

受付には、故郷の村に一度顔を出すので日を跨ぎます、と伝えてあった。

誰にも迷惑のかからない嘘は、名分と呼ばれる社会の潤滑油である。

4989 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:06:08 ID:1m136cjN0 [7/21]

                          
       (  ⌒ )    ____        γ⌒ヽ
       ゝ_ イ.   /      \      (  ⌒ )
           /         \     ゝ_ イ
         /   _ノ   ヽ、_   \      
         |   ( ≡)  (≡ )  |        あぁ^~生き返るお~
   .     , \ ///(__人__)/// /      
   .     γ⌒    ` ⌒´    ⌒\     
  ____ ,′                   。____
/____〉           i        マ_____
/|_,、__,, |    i:       .:    .j  {_,.___,、_
/: ::;.;::.. ;:. . |    |  ー--  ー- 〈ハ  !:... ;... ;..:::....
: ;;::.... ;..:....;.."~ー'ー---~-------≠干¨´:.. :.;,,  :....::::
;:..::.  :;; :  .; ;:.,;:.;  :;,:. ,;:;.: . ,.:.:.  ,:.:;.. :.:.. :.;,. .; ,;.. :



                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    /
    |___|/                     /
  /                          /


いつも通りの大銅貨2枚を懐に、風呂屋でゆっくり湯を浴びた後、アパートへ帰ってそのままベッドに横になる。

昼過ぎにもそもそと起き出すと、どこか懐かしい気持ちになった。

前世の水商売とまったく同じパターンだと気づくと、苦笑いが漏れる。

4990 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:07:05 ID:1m136cjN0 [8/21]

               _____
             / ⌒  ヽ_\     
           / 。( ―) ( ―)          今日は夜勤明けの半休だお。
          /    ⌒(__人__)⌒ \  _ノ⌒
            l         |   l^l^ln  | ――、_
          \      |r⊂    ノ/ ⌒丶、
          /      `ーゝ  ノ \


水商売にそんな甘えた概念はない。一度言ってみたかったんだ。うん。

……真のホワイトカラーは、そもそも夜勤なんて言葉すら出てこないか。骨の髄まで貧乏人だなとまた苦笑した。



         ____
         /     \
      /   ⌒  ⌒ \ 
     /    (●)  (●) \     ここでメシテロやろうと思ったけどパクリって噂とかされると恥ずかしいし……。
     |   、" ゙)(__人__)"  ) ))
     \      。` ⌒゚:j´ ,/
    /           ヽ
   / ア ̄~〉==ニ⊃        ヽ
  // `‐‐r´           マ  ヽ
 /   /           マ   ヽ
 |___/    _ _ _       l    }
  | , - rイ〕:.:: .: .:.:.r久=、- 、} r=、ァ/
 ̄ ̄〈 く:.:.:....:tァ:.:.::.:..c:.:ヘ _フ し Y  ̄ ̄ ̄
     >- 二二二二二 -く._.ノ


昼食にも遅い食事を、ふらりと立ち寄った一見の食堂でゆったりと取る。

長く独り者をやっていたし、バーテンダーもどきであったので、男メシなら作れなくはない。

が、このセンダイ、美味しくて安い外食が充実しているので、ちょっと前世の味を再現してみようという気まぐれを何回かしただけで終わっている。

4992 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:08:03 ID:1m136cjN0 [9/21]

                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              | 思 完 橘
                              | い 璧 流
                              | ま な  イ
                              | す 出  チ
             ___ 入    _/^ヽ,       |    来  ゴ
            /∴}メ∴Y⌒ヽ7∴∵iー7.^ヽ,  |    だ  パ      だから普通のテロするお!!>や
          ,ヘJ∵_ノ辷ニ冖⌒ヽ ̄`ヽ辷ヾ_∴ } !   と   ス
         ん∠^∠^ヽ∠^∠^ヽ∠^∠^ヽんJ 1       タ
       ,ィ≪三^^=-三三三ミミx≦三三ミzニニヘ \     で
      ,ィ三三=- 彡∠^ヽ彡三三三 =--ミ=ニヾゞ ヽ     す
     ノ'/;:ヽ-ニ三三=-三/⌒ヽニ三三ニニr⌒ヾ三ミん `ー‐‐‐ヘJ‐'
   ,ィ彡〈∴∴iΞミゝ、  ,ィ∴∴ 〉三У 三{ ∴ Y三三ヘ
 __λ三=,ヾ∴;ノ≧=‐ 彳彡ヾ、∴厶≠三三圦∴_丿_三三j
 ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ノ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


名古屋の喫茶店定食と同じような感覚で食べられるのは助かっている。

どうも前世では、牛丼チェーンだとかカレーチェーンだとかラーメン屋だとかには入りにくかった。

5分も歩けば喫茶店があり、何かしらメシが食えてコーシーが飲める。

いいじゃないか。こういうのでいいんだよ、こういうので。

4993 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:09:04 ID:1m136cjN0 [10/21]

―――センダイ政庁 アオバ庁舎 資料室


ァx、Ξ=- .,,_ ~゚'''∞c。,,_゙'~ミ[ミh。;_: : : :,;;/ /7∥7ァ∥}h、</∥}: : : :l|}h、 ゚c`'~--'''"   ゚。や}i §        §| ∥         c゚ ,:/   ゙込]アベ沁, ,;i{
//7//-ァ‐-=二ニ‐ .,_ ~゚∞c。,_ーミ[ミh。,_ア,:゙∥/,',∥jl∥7\,/,⌒i l|l|l| \ ゚c        _,,。cや}i ゚~゚~゚~゚~゚~゚~゚~゚~゚~゚ !∥゚~~""''''∽∞ ,:/ 、゙込}ア   ∨公i{{{
///////∥ ,:'ァ/ ァ‐- 二=- .,,_ァ ゚Sc。_ーミ[ミh。,_^}∥\_(匕i;;;}}h、| l|l|l|_: : .\ ゚c。。c∞'''゚~ _,,.、、' ''''""二ニにニニニ 二二二二ニ7ミ〈{_、゙込刈{i,   》州吟
=// ..,,_ ∥,:',:゙/ / / //アミミミ7,ミh。,_ ゚Sc。_‐ミ[ミh。,⌒\「{7=ト、辷ヘl| ト、 : : `、___ャヤニ=-‐¬冖や,ヤ゙    |l   8 ,゙ √      ,゚`ヘ/', ゙,V《  Ⅶi,,ィi{州リ沁,
7 /..,,_ ``''~、、,,_ //,:' ‰‰∥`7ァx。,,_h。,_ ~Sc。_‐ミミh。,{_{{ ト、`ヽ;;}|ヘ、} j, 「/゚c       やヤ     |l  8 ゙∥       。゚, ゙:, , ゙, ゚,Ⅶi  》洲}㌣゛∨}}
_/77 ァΞニ=- .,,_ ´"''~ ..,,∥ ∥∥∥77ァx。,_h。_,~Sc。_‐ミh。, `ヽl{ V{/(゚ーヘ,,|''|心,゚c       ヤヤ    |l  8 ゙ ,゙     。゚, ゙ _/', , ', ゚,Ⅶiィi{州《   Ⅵ
゙∥∥∥/∥∥∥,' ∥,7ァx、∥"''~ .,,_∥;∥| |i||lミ7ァ。_ ~Sc。_}}h。,`'`ヽ、{i,∩}{ト| |心゚c   _,,,.。cヤヤ゚~゚~゚~゚゚「~゚~,゙_,゙∞∞∞ ゚_,:゙Г,ィi{', , ', ゚,Ⅶ㌣^Ⅵi   》
∥∥∥,゙∥∥∥,゙ ∥,゙,゙∥,∥,,_´"''~ミミ~ .,,_||l|i∥,','7ァx。,_⌒゚ o。}}h。,   ∪}{|| |::::::ム゚~´__,,.、、 -き「 r―…|┐|__}「 ̄ ̄ ̄| |ノf゙X゙ ', , ', ゚,Ⅶi   Ⅶi、,xf{{
Ξニ=‐-゙' ∥∥,゙ ∥,゙,゙∥,∥ i|jl|i||i||i|l|| l_´"'~ミ∥ミ∥∥77ァx。,_ ~ o。}lh。,lJ(ト|ミ|へ、[|li|〔_,,,.`ヽ、i|g !| ,,、「「Lハ i| l´ ̄`ヽ!ヤi'゜ i_,ィi ゚, ゚, ゚,Ⅶi、 _Ⅷl{州}}
.,,_㏄cc。。冖¬‐-ニ.,,,__‐-∥Li|jl|i||i||i|l|| l||li|i| |i|i|j {ミh。,_=-' ∥_|г‐┐.,_゜o.,}h、」,八「ヽ[|li|::´_ /⌒`:i|^ !|j{ Ckノ C | | ∩ ハ|l ',|i,ィi{{㌣i _}x}-}iⅦf〔洲州㌣’
   ̄´"'''¬‐- ∞∞=ァl{{-  ̄二ニ=‐- .,,_L|i|i|j {ll| |iihv'''ャx、、|i|¨ | L,,,.≫┐ぃ}h、`、 l[|li|:: { {f^辷}[| ]|СC' |С i| | | | 「'刈 ゙,|iア《_∠,ィi{}Z|i Ⅶ斗Ⅶl|j
‐-- ,   /ニ=‐-  .,, i| j {Tгi___ ̄ニ=- .,,,_``l {h。l,_|,|∨ヤ|l| |i|__,j 「|г「il ||lト .,|゚ぇh、[|li|,]_! ーリ^「| i| L、、、、、、| i|_,,i| レ `ヽ、|! }|l  i乂彡ヘГ! ⅱi i ∬l|j
..,,,__;  ∥:: ¨¨ :: | | | | | | l !','∧∨ムV∧i r l |∞㏄c。ニ=‐- i|___, |.| !ⅱ| |ミh。,|l|ト|.,_ミh|mmmmmmn}===匸l==mmmmmn|_jjj,ィi{レ「 _,ィ|j |; ;}} i i ∬l|j
三三三二ニ===―--i| ∟ L,|V/∧∨ムV∧| l |__ __     T ̄i| i| |.|jニ!ニ |_l|_ll |`~ミ|h|=====ーー{‐zzzzzzzz‐}rrrrrizzzz「゙゙゙|Г | 「li「][,|j |; ;}} |_| ⅱl|j
冖冖¬¬ー―--xxx、、| 「二ΞΞΞ二ニ===‐!|- ∟L[_}ヽ>___i| i| |.| !ⅱ| |rr‐-ト .,|[|i|ト|l|冂冂l|ー―| |i|//   |i|i|==|j}}}二二二ニニjjl「「l|j |; ;}} |_| ⅱl|j
}^|i|jj|: i|ヤV∧ムvム il| |「|_,| |ll|i||l|_,|l|! 「]二ニニ|Г=ー-- xx、、i| _h|.| !ⅱ| |=ニL|.,,,_|lili|l~|l|冖冖l|ririlil| |i|/_______|i|i|==|j]}}二二ニニニ}}|=|」 i; ;l} LLⅱl|j‐
} 」i|jj|: :|ヤV∧'ムvムii| ||i|jl| |ll|i||l|ji|l|! | ||l|l|l|j |i|「i|i| |li| |l|l|||i|i||  |゙|.| !ⅱ| |「lfffi|ー-!rr|h|l|)│ |ヤ{ {{l| |ZZZZ|¨¨¨゙l==|j]}}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}}|[[[| l i; ;}} |_| ⅱl|ii
} 」i|jj|;, | ヤV,∧゙ムvム| ||i|jl|_|ll|i||l|ji|l|!_|_||l|l|l|j」 |LLLL∟∟∟i|___| |.| ー゙ー |zzzz|==j==!=|l|‐┼‐l|iヤ.,{廴∟-t ┴―┴―ー!l}}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}}|[[[|_l_L,;}LLLⅱl|ij,
三三三三三三三三三|li「三三三三ΞΞΞΞ]li|ーー¬冖冖冖|‐┐|.|Г|''l |_j_i|jI斗riセl|l|‐┴‐l「[V,ヤ二{iてヽ|Г / ー--' }}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ijj二∟二二ΞΞΞ
―‐┐n 「{lnn fr ヤrn | {_,r‐ |l|__トrfrrrfriri「「「i|i|l|i| !l| |i |i|∨|ii!| i! |.|∟L| |rセffl|_,.、riセ〔Ξ三竺竺}i「 ̄`゙刈、 |l 亥}「}i} ̄}∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥__,八 }{ }{丁!「::::
‐¬冖```` ̄| | i ヤj !i| ヤ |lil|l|l|l||il||ill|l||l|l!|i!i|,,j |l|,|」i=-ー==ニ!|‐┘|,L.,,,_ |=‐``―==≫≫≫≫}リ'ァー―rrfノハ‐┴}i},,,,,∥ー-------'∥‐‐)li(ミ~}i{::)Y(::::::
∥∥∥∥ⅰ i| |l |i ヤ!jli| ヤ|lil|l|」」Iニ=-ー¬ニ二|i「-‐=二=ー- li|,,,,,,,,|    ̄´´"""""""゙'''''‥……∥,゙ : : : :|!||V,ノ ∨ 、 ∥`````````7,゙≫ ∥ー‐≦ミ}l{(゙``
,' ///, ∥  ', l|斗--‐‐=ヤ{_二ニ=‐冖````_,,l |г'"´_,. -=ニ‐''゙三ニ、:, :, ., ,_     . . . . . . . . . ',' . . . . : :リ}} }{__}i\`j{‐--------彳ミミ7ァァァァ `ヽ|l冖}}{
// //, ,′ j} ]=-‐ 冖{ {_,,.、、 - ‐ '''"´_,,.、 -‐ ニ"´,.=‐ ̄г======-‐、 、_ _ . . . . . : : : : ′: : : : : :∥}i{ー‐jj{―j{{――[フ}√¨}}!///ミh。,_ミh。,_ミh。,_
/ // ∥  j} |,,.、、 -‐、{ { _,,.、 -‐ "´_,,. -‐ "´―┘l,,,j__| | ', ゚。 ', ぃぃぃ_Ξ二ニ=-‐ _,,,.. . . . . . . : : : : : :”: : j}}: : :j{{: : : : ”:∥: :∥ァ ァ ァ ァ ァァ∥∥; i ; ;
/ / , ,' i    |,,.、、 -= ニ ̄ _,,.、 -‐ " ,: ,:' / 7ニニ=====,,,,; ', ':, `、`、\\丶ヘ‐ 、-_,,. -‐ニ=‐  .,_ . : : ∥: : i{{: : : : : ∥: :∥ : : : : : : : : ::'':: ':: :: :: ::
'/ i∥j  j  |_,,,.、、 -‐'''```ニ==‐-_, '_/ ,: ,゙ ; ;' г==ニニニ二-― `、_':, `、 \\\` 、゙ 、<ミh_ミh。,_ニ=- .,,j{{: : .,,_ : : : : :{l{ . . . . . . . .
′i { j  ;i;  |/, '//´"''~------'-/ ,′! ;  ! 「~├‐ΞΞΞ二ニ=-‐_,,.二ニ-‐_,.、- 、` 、` 、` ミh。_ミh。,_ミh。.,_ j{{ミh。,_ミh。,,{l{ミh。,,_ .,  . . . .
 ,′{ } ; ;i|i;}i; ! //, ゙ ,:'´""'''―--  、、、∟ ! ,′j  |  |  「 {-┬…、、、 -‐冖```-‐ _,,.、 丶`、丶` > > ' >ヘ ヘ, 'ヘ, ~~ァ^ァ`/ ,゙ ,゙ ' ; ; j ;
  / ; ,゙ ;i|i;}i; ゙ ‰‰ ‰ ,:'=ァ‐-- ニニニニニ,゙_l | |  |  ',  ',  ', ‐г二 -‐'' _,.、 丶`´.、丶´,、丶´_、‐゛_、‐゛_、‐゛_、‐゛、` .:' ,:' / / / ,゙ ; ,゙ l ;
,′ ,゙ { ;i|i; ;  :,‰ ‰ ,:' /¨ァ¬―----  、、、、、、∟| | '   ',  ゚,  ゚, `、 `、 ヘ,.、丶`´_、丶`´_、丶`,、丶`_、‐゛_、‐゛ 、‐゛ / ,‰ ‰ ‰ / /.,_,~' .,_~'
   ; | ;i|i; |i  ', ‰ , ' ,:' / ̄7¬ー―--------------l  |  ,  ,  ゚。  ':,  ':, 丶 ` 、 \ '^ 、 ヘ ,. ヘ ,. く /、 /、/ 、,:'ミh。,_ミh。,_ミh。,ミh。、,_
  j { | ;i|i; |i  ', ‰ ‰ /  / ̄/"'''¬―――------―¬''|  ',  ',  `、 `、 `、  \ \ \  \ ` 、` 、 ` 、 ` 、`'~.,_`~ ,_`~ .,_`~ .,_`~


食事を終えて、もう夕方にも近い昼下がり。

徐々に人の増え始めている受付を通り抜けて、資料室に上がった。

4994 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:10:08 ID:1m136cjN0 [11/21]

そして、職員さんに持ち帰った種を見せた時だった。



                          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人   /    ∨}
                     ,.'.:.:.:.:.:.:.:.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>'' {    //
                        /.:/.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i´   乂___,厶'⌒ヽ
                    {,.'.:.:.:./.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:. 人    厂 \   }
                   /.:.:.:./.:.:.,゙.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ.i:.:.:.:.:.:≧=‐く     }、_..ノ
                    ,'.:.:.:._'___l.}{.:.:.:.:.:.:.:.: 斗f七I~.:.:{l.:.:.:.:.:.:\__ ノ{
                  .:.:.:.:i.:l.:.:.」{iト --- ミ{ lLlL.:.:{ト、:.:.:.:. ‘,{{ }}
                     i.:.:.:.:Ll/斧苧ミ    斗筏竿㍉゚,.\:.:.:.{..{{_}}         ……これは、どこで?
                     L.ィ⌒'  Vり     弋 沙  }.:.:.:.\「:.:{{::i
                     ~l|.:.:.:.:.:. `^~  ,     ~^´  }.:.:.:.:.:.:}l.: {{::l
                    l|.:.:.:.:小              j}.:.:.:.:.:.:}l:.:[]:l
                    l|.:.:.:.:.:l込、   i/ )     ィi{.}.:.:.:.:.:.:}l.:.:}}:.゚,
                    l|.:.:.:.:.:l{.:.:./⌒ヽ _ .。sセ升=-}.:.:.:.:.:.ハ.:.:.:.:.:.、
                    l|.:.:.:.:.:l{.:.,' /⌒X:::::X /i:i:i:i:i,.:.:.:.:./i:i:i:゚,:.:.:.:. ‘,
                    l|.:.:.:.:.:l{.:{ ,  / ハ'/i:i:i:i:i:i:/.:.:.:, 'i:i:i:i:i:i゚,.:.:.:.:.:.}
                        八:.:.:.: l{∧   ' / ,'i:i:i:i:i:i:i:i/ イ`~ ̄ ̄~¨''*、ノ
                        \「/.i∧    {i:i:i:i:i:,.+'”             \
                    「 ̄``' 、i'、    ゚i:i/  ,、丶`~ ̄ ̄~¨''*、  .}
                         |     ∨    }'  ,.+'”          \/
                         L.    /   / /   /          {
                    厂>'' /   /イ   /             {


目の色が変わったのがわかった。

常の穏やかな微笑みが消え、凛々しげに眉が吊り上がる。

4995 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:11:13 ID:1m136cjN0 [12/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    まるまるうまうまというわけで……これが何か、知ってるんですかお? 
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


                  r-、/≧___
                 rー<ヽ/ /__,」_
              L  _ノ¨¨]ニ≦ー--]
              / ̄ ヽf<、    /:::: ̄`::ヽ、
         __ ノハ  /  /|   ヽ-一':::::::::::::::::::::::ヽ、
     / ̄     ノ7ヾi、__」:: ヽ/::::::::::::::/::::::::::::::::::.ハ::::ヽ
    /    _,. ≠'''" l.  i! :: ノ :/ ::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::.i :::::::::ヽ
   /  ,ィ'' ./:::::::::/ ヽ マ l :: |::::::::::::::::./ ::, ::::::::::::::::::::i::::::::::::::::ヽ
  ,イ  ./   ./:::::::::,'   マ.ハl: : | ::::::::::: /' ::,j ::::::::::::::::::::j:::::::::::/ :::: ',
.  ハ j   /::::::::: l:::::::::/:l i!: : | :::::::::/''l:: /l::::::::::::::::::::/:::::::::ノ/:::::::::l
  l  .V /|:::::::::: j:::::::::l: :j /:::::i!:::::::/_ l./ i! :::::::::::::/ :::: //:::::::::/
     /:/ :l:::::::::::l:::::::::l //i:::::: | ::./≧t_トt  l.:::::::::,.'::: // / :::: ノ      ―――いのちのきのみ。
    /:/::::::l:::::::::.l:::::::::l/'':l::.:::::::|::/込オ ヾ'  l:ィr≦//ノ :: /
   /ハ i!:::::::l::::::::l:::::::.l:::::::l:::::::::.|i!         代示ツヽ)' ::,.イ /        そう、確かに回復の効果ではあるけれど、まさかやくそうの……?
   l l: i:l:::::::l:::::::l:::::::l:::::::.l.:::::::::|l         ¨ ア´/.| .l /
    |ハl:::::::l:::::::|:::::::l:::::::l:::::::::::|l            .i:::::::::::l |l          いえ、ただやくそうが踏み荒らされるだけなはずはない。夜、モンスター、それとも―――。
      .ハ\:ヽ::」」ハ:::::::l:::::::::::|i!   r  、     ハ:::::::::l
          ¨ フ i`¨ヽ、:l::::::::: |\     ̄ ,. イ ::::::::::::: |
.         人z.,_   ヾ`ヽ:: i!: ハ.ヽ.,. ィ夭 :::::::::::::::::::: |
       /、.,_  `'''-..   `ヾi l_::::_:::_::::::::::::::::::::|
     /`ヽ   ` ヽ、.  ` ヽ、 ヾ、 `ヽヽ.  ` ヽ川川
.   /     ヽ     `ヽ   `ヽ ヾ:::\ヽ
 /        \      、  ヽ. ヾ::ハ .i!ヽ、
./                  ヽ、  ヽ.ヾ::',ハl`ヽ\
i!             l      ヽ   ヽヾ::',ヽ ヽ \
|                  i       ヽ   ヽヾ,iヽ  \ ハ
                   〉      ヽ   ヾ ',.ヽ,.  \
                    |        ヽ    V.i li!    i
i               i!        ヽ   i l ハi    .l
ヽ              ヽ         ヽ   」V」 i!ー- 」_
ノ               l =======≠ニ三トVi      `¨"'''‐-._


         ___
       /      \
      /  ─   ─ \
    / ―(●)-(●)‐.\ 
    .|      (__人__)   |    __   やる夫です……絶賛シカトされてます……やる夫です……。
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      / 因幡 / てゐ /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ


昨夜あった事を話し終えると、自分の世界に入ってしまった。

まあ、彼女はこの一月の間にも、こう、まるで、研究ノートの山を前に仮説を捏ね繰り回している理系学生のようになってしまう事が時々あったので、あまり気にせず手元の資料に目を戻した。

今日は、職員さんレポートの中の、いっかくうさぎの解剖図だ。


4996 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:12:18 ID:1m136cjN0 [13/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    ……いのちのきのみ、かお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


少しだけ漏れ聞こえてきた単語には、聞き覚えがあった。

スライム、いっかくうさぎ、おおありくい、やくそう、ときてそれなら……うん。男の子の9割9分はピンと来る事だろう。



           /⌒ヽ
             i   l
           ノ    ヽ、
        ,  ´        `  、
       /              ヽ.     おう最近渋谷や秋葉原にも颯爽と現れた国民的マスコット様やで(キリッ
     /     , - 、   , - 、    ',
      i       { ● }  { ● }    i    
      |    〈\ ー‐'   ー‐' /〉   |
     \   \`ー‐―‐一'´/  /
      ヽ、    ̄ ̄ ̄ ̄  /


いや、スライムのあのビジュアルの時点で考えなかったといえば嘘なのだが。

安易に竜討伐だヒャッハーと考えるほど生活が楽なわけではなかったので、いつしか日々の農作業に埋没してしまっていた。

魔法も、ホ○ミではなくヒールであり、ギ○ではなくエナジーボルトだったし。

4997 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:13:09 ID:1m136cjN0 [14/21]

とすれば……やる事は一つであろう。


           ____
           /     \   ポリポリ
        /   ⌒  ⌒ \
      /    (●)  (●) \   ……ふむ。ちょっと香ばしいクルミかお。
       |   、" ゙)(__人__)"  )
      \      。` ⌒゚:j´ ,/    ちょいと塩振って炒ったらラスティ・ネイルあたりのつまみに良さそうだお。
        `>  ゜      <   
       /          `ヽ
       (  ̄ ̄ ̄ヽ       ヽ


机の上に取り出していた幾粒かからヒョイと摘み上げ、口に放り込んだ。

お高い栄養ドリンクを飲み干した時のように、ほわっと喉が熱くなる感じがした後……。



                          ____
                        /      \        ピロン
                       / ─    ─ \ 
                     /   (●)  (●)  \   おっ?
                     |      (__人__)     |
                     \     `⌒´    ,/
                     /     ー‐    \

                    やる夫  LV1 15歳

                   生命10 → 15  気合10  

4998 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:14:04 ID:1m136cjN0 [15/21]

        ____
       /    \
.    /          \ 
.  /    ―   ー  \    やっぱりこうかお。数値的には価値があるのかどうか微妙な―――
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ



                     {
                        \
                    __\  ___
                  . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‐-. .
                  . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :}ー―~⌒ー 、
            / : : : : : : : : : : :/: : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : :ノ        ヽ
            /: : : : : : : : : : : / : : : : / : : : : : : : :\ : : : : : :ノ    ..:.:.:.:.:.:..  (
.         /: : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }     .:.:.:.:.:.:.:.:.:. {
         / : : : : : : /::: : : : : : : : : : : ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : } ̄   :.:.:.:.:.:.:.: ̄t'
.      .′: : : : : /:: : : : : : : : : : : :::/|: : : : : : : : : : : : : : : : : : }_    :.:.:.:.:   /
.       i: : : : : : / : : : : : : :| : : : : :/ i|: : : : : : : : :|: : : : : : : : : :}         ヽ|
.       |: : : : : /: : : : : : : : |: : : : /i i |: : : : : : : : :|: : : : : : : : : :  ̄)/    !  r'            ああああああああああ!!!!1
.       |: :/ : /! : : : : : : : /!: : : /i i i |: : : : : : : : :! : : : : : : : : |: : :  ̄:T⌒)/_ノ\
.       |:/ | / |: : : : : : : / i!: : .′ i |:: : : : : : : ::ト、 : : : : : : : |: : : : : ::|i:i:i:i:i:i:i:i!:i:i:i\          なにやってるんですかああああああああ!!!
        |:′l: : : : : : /! i斗ャヤ´  ', : : : : : : : |ー:‐-: :_: :| : : : : : |i:i:i:i:i:i:i:i:i!:i:i:i:i:i:〉
        |'  |';: : : : :/ i! '; : |    \: ト、: : /  '; : : : : : :|: : : : |: |i:i:i:i:i:i:i:i:i!:i:i/:|
.            |∧: : / : i!とつ三三     \ ヾ' 三三三三とつ: : :|: |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!: : : /\
.          /| : :',:/: : :レ/////////////////// : : /: :|i:i:i:i:i:i:i:i:i:」 ̄ ̄ ̄ \
.        /_| : : : : : 八////////////////// : : /: : :|i:i:i斗<__       \
     / ̄   .|:i : : : : : |: \     iー――――― 、    7: :/>     /   フZァ<   \
.. ̄ ̄/      从: : : : : :|: : : \  ∨          ヽ   / /        <      }    \  \
   / / ̄  \ ヽ>"7\/⌒ > ヽ _____ ノ イ: />―――- 、  ̄ ̄ヽ)    ∧
.  |/(      )、   /                      /           !ヽ    }ート、_ノ}
   `ー`ー―t_ ノ  ̄ ̄                    / イ    ,_ ノ }    |      /
                                       `ー'ー ′   /            /



               ____
            /      \
    i⌒',   /   ⌒    ⌒\
    |  つ / u  ( ○)liiil( ○) \    おおおっ!?
    |  | |        (__人__)   |
    |  | \       |r‐- l u./
    |   ̄ ̄   ,- 、 `ー'´   \
    \____  ヽ  ヽ___)   |
           \⊂_         /
           \ `ー─── ' ヽ


ぶつぶつと自分の世界に没入していた職員さんの、聞いた事もないような素っ頓狂な悲鳴に、椅子を倒しそうになった。

5000 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:15:07 ID:1m136cjN0 [16/21]

              ,., -‐…  ‥ -  .,_
            '"              r‐=、
        /                rヘ{   厂〔
                     /        {   ::.  〕、
        /  /      /|     |    [ ̄  ∵ ⌒ヾ‘,
       ′ /     /   /^|     |    \´/  { ヽj  ,
.      | .〃    /   |. |     |    {  )_r‐廴入  i      たっ、食べ、食べちゃった!?
.      | :||:|   ./{    |, |   ハ    |    |   ',  ヽ|
       \||:|  / }斗匕| | {  |`ト-=ニLj__  |   ', /l!
.        |:| :| .|。〓〓 レ \|〓〓〓ぅ  ! !   .|_j|、
.      /| \|o{////////////:}o | |  /............\
      / ̄ | }  人    r‐r―-―- 、 / ,斗*'" ̄ ̄ ̄\.......ヽ
__/ .… |/{_j、___> ∨       } 厶-――=ミ、................\......,
   {....(    ).........}     `¨¨¨¨¨¨¨´/      ハ...................',.....}
   `¨¨`ー‐ '¨¨¨´           └' ー――<__j.................../....j




               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    いや、食べるもんじゃないんですかお。これ。
          / u(●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


              ,., -‐…  ‥ -  .,_
            '"              r‐=、
        /                rヘ{   厂〔
                     /        {   ::.  〕、
        /  /      /|     |    [ ̄  ∵ ⌒ヾ‘,
       ′ /     /   /^|     |    \´/  { ヽj  ,
.      | .〃    /   |. |     |    {  )_r‐廴入  i      そうですけど! そうですけど!
.      | :||:|   ./{    |, |   ハ    |    |   ',  ヽ|
       \||:|  / }斗匕| | {  |`ト-=ニLj__  |   ', /l!
.        |:| :| .|。〓〓 レ \|〓〓〓ぅ  ! !   .|_j|、
.      /| \|o{////////////:}o | |  /............\
      / ̄ | }  人    r‐r―-―- 、 / ,斗*'" ̄ ̄ ̄\.......ヽ
__/ .… |/{_j、___> ∨       } 厶-――=ミ、................\......,
   {....(    ).........}     `¨¨¨¨¨¨¨´/      ハ...................',.....}
   `¨¨`ー‐ '¨¨¨´           └' ー――<__j.................../....j

5001 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:16:00 ID:1m136cjN0 [17/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    あー、やくそうみたいに何か加工するんでしたかお。
          / u(●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    道理で効果が微妙な……。
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



               _,.. --‐-ト7アヘ-ァ、.
            ,..::''"´:::::::::::::::::ヽキ  Y ,ン、
         ,. :'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝュトン_フ:::、
        /::::::::::::::::::::::::::;:::::::';::::::::';::::::::::::::::::::::::':,.
      .,.:':::::::::::/:::::;':::::::;::::';:-‐!‐-::::!、:::::::':;:::::::::::::':,
      /::::::;:'::::/:::__:!:::::;'!:::::ハ::_」=-;-'、;ハ:::::::i:::i:::::::::',.
     ,'::::::;':::::;'::'´/ |::/ |_,/ レ'i´ ,ハ Y'i::__」_」:::::::::i
     ノ;::::::!::::::!::::/,:'=:;-、     '、_,ソ ノ !::::::|::::::::::::i     そりゃ怪我もしてないのに食べてもちょっと生命値が増えるだけでしょう!
    く:::i::::::!::::::!::/7'i ハ         ´ ⊂⊃::!::::::::::::!
    ヽ!::::::';::::;ハ ヘ. '、_ノ    '       '!::::::|:::::i:::::!
     レへ!::::;ハ `             ,ハ:::::!:::::!::::!
        ,'::::::::;ハつ    ⊂つ    ,イ:::!:::i:::::!:::;'
       く::::::/::::::;ゝ.、.,         イ::|:::::::::!::::!::;'
        >':::::::/::::::::/::`"''ァーr=''´ 7`i:::::::::!::::!/
          `ヽ、/!::::::;ハ:::_,!イ´ヽ、, / L_;ハノY^ヾ.
           レ'>'7´  '、  /  /   Y'  , ヽ,
          ,:'´  ,'     ン'  ./     !/   ',
          / ヽ.,イ    /  /      ハ!     ',
          /   !,'、   /__,/=-‐─- 、,_!/       ',
        ,/   r7-‐「´`rァ'"´ ̄/::::::::::!_,,.. -=、   ',
       ,イ _,. -‐''´/7'´ ̄`ヾ´ ̄i7´ ̄     `   i
       ,' '´    ! !  、`ヽ._)'´ | |            !
       !      | |_,.-、_ン^ヽー'i |           ,.イ


うーんこの別人のような切れ味のツッコミ。

いや、何か研究的なものに情熱を傾けている人って、えてしてそういうものだそうだが。

5002 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:17:06 ID:1m136cjN0 [18/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    怪我もしてないのに……というと、
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    もしかして → 回復する?
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



               _,,.. -──-_.,,_
            , '"´     r'-、ヽ` 、
           , '´/        く}ァ ンハ  ヽ
         / ./ /    、 ∠ヽ.r-<>ハ
        ;  |/ ;   ハ、  ;-‐| | '|     |
        i  .' _|_  | l|  |__」_| .|     !
        |  ||_」_」 └' '、___.!.  i   |    ええ、そうです。瀕死の重症からでも一瞬で全回復するそうです。
        |  |!弋_りリ    弋_りリ|   |   !
        |  l|      .        !   |!  |    希少なものなので、一般書籍には載っていませんけどね。
        |  l|、         u ,|  |!  /
         、 | |>,、 ´ ̄`   イ||  /|/
         \|へ/イl>-rァ'" ト、|/
      /7       _,,. イ|  / /` 、
    , r//       /´/| |,l/ /  l/  \
    ,しr' }ヽ、   r' l/ | / /   //   ';
    l//ノ} }ハ ./ .;'   /  /    r'´     }
   //|:::::| |  ∨ {  ./  /    /_,,.. -─-、」__
  (リ lヘ::::り  }ヽ. }ゝ┴ ┴‐--/::::::::::::_/´! | l`ト、
     ||  /   |  ,ト===ァrr--/::::::::::_/´     'ア\
    、ー'    リ く_ くム/:::::::::/´{{   _,,.イ}|:::::::::\
     ヽ、    // ァ''"´:::::::::::/{  |ト-‐'´:::::::|リ、:::::::::::ハ



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    Oh……。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


竜討伐というより、龍の球の仙人の豆か。

いや、何か最新作では回復もするようになったんだったか。

5003 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:17:59 ID:1m136cjN0 [19/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    それは……お高そうですお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


            _,,,... -──-:;ァ7ニヽ、_
           ,. :''"´:::::::::::::::::::::::::rk' 〈__ン)、フ
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くrゝ、__ン、>
      ,:'::::::::;:::::::::;'::::::::;::::::::::i:::::<ァ-キ-ュハ〉
     ./::::::::/::,':::::!::::::::/!:::::::/!::::::i:::::::`Y:::::::::i
      .,'::::::::/!:/ !ー!‐ァ'/ i:::::/、_!_:ハ:::i:::::::';:::::::::!
     i::::::;:'::!/ァ'!ァ‐;、,/ L/、,」_/`ヽ:!:::::::!::::::::!      、    あまりオークションなどには出回りませんが、一粒金貨2、3枚から、というところですか。
      !::::/:::::!.ヘ |_,r|.    /i _,i`ヽ/:::::::!::::::::| ___,,..)   )
     i::;':::::;ハ.  'ー' ..::::...  !,_,ソ .ノ7:::::;'::::i:::::!  --‐''´     効果は高いのですが、実用性が高いとは言い辛いので、研究用、高ランク冒険者や行商人、施療院の備蓄などとしても……
     └'^7!::::!'"'"      ,.,.,.,./-ヘ/:::::::!::::|
      ,':::i:::iへ、,   r-‐っ  u_/:::::::/:::::::ハ:::|          目玉が飛び出る、というほどにはなりませんね。
     ノi::::|:::!:::::,!_`'iァ´`ヽr=''´7::::::;':::::::/:::i:::!
     `└''ヘ:i>'"i7´    ,ハ_/!::i:::!ヽ、/:;ヘレ'
        レ7r'ーヘ、,____,// ./!へ」   Y
       ,'i´`''ー--‐''7  /   i/    |
       />     /ー'--‐='i   _,. '-- 、_
       !     _,.イi'7'"´フ:::::i 7´V /7´`ヾ、
      ,.,'   ,r''i´::/ムヽ、__」:::::::! !   i ! ,.、.,_`ン
    //  ∠rく`''ーr---rァ‐''´,ゝ、.,_  ヽト、_)‐'i |
   ,:'   ,.イ7:::/::`:''ー-r-'‐''"´';::::::ヽ.   | l::::::::;'/
    i   ,':::::::/::::::::::::::::!:::::::::::::::::::':;::::::::`ヽ、ヽ、::::'/


それでも一粒20万円……さっきのはまさに金貨を食べた感じか。

あまり現実味がないが、もったいなかったかもしれない。


5004 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:19:00 ID:1m136cjN0 [20/21]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     全回復って、すごいんじゃないですかお?
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    なんか上限も増えるし。
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



         , -─‐1弌oス
        /::::::::::::::!:(__ノ__ノ丶
      /:::::::::ト __'.:::::::::::::::::'.
      .'::::ト、ムイ__1::::::::::::::::'.   瀕死の重傷を受けて今にも死にそうで、その重症を与えた相手が目の前にいる時に、悠長に木の実を取り出して食べてる余裕があるかというと……
      l斗_     ̄⊂⊃::::::::::|
     !N, ̄      Ⅵ: !:::::::/|   まあ、腕の立つ魔法使いのヒールでいいんじゃないでしょうか。
      ⊂⊃、 r_っ   l:::|:_::::トi
      /1::::r∩─ r イj:::| ヘ::! |   高級施療院ならなおさら、魔道具や治癒魔法使いが充実しているでしょうし。
      i:::: |\ド、/_//Ⅵ  ハ
        7=、 ¬Zz 、7  7ハ
       7:: /:: :: :: :: :: !7_ -=ソ ' 、
       └ - _ト、:: :: :: :\_,. -'´
          |__ん'⌒`し'´



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     あー……。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


5005 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:20:26 ID:1m136cjN0 [21/21]

           _,,,... -──-:;:;;ァ7ニヽ、
        ,. :''"´::::::::::::::::::::::::、,rk' 〈__ン)、フ
      ,. :''"´:::::::::::::::::::::::::  くrゝ、__ン、>:::::::ヽ
    ,/:::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::`くゝrァ'ンイ::::::::::::ヽ
   ,:'::::::::::::::::::,:::::::::::::::i:::::::::::i::::::::::,::::::::::::::、::::::`,:::::::',
   /:::::::,イ:::::::/:::::::::::::Λ:::::::::ハ::::::::'_,__:::::::::::',::::::::',:::::::i    もちろん、あれば命を繋げる場面は多いでしょうから、値が下がる事もないでしょうけれどね。
  ,':::::::,:' i:::::::i::::メ,::::::ノ::::' ,:::::::!ア'´::::ヽ、::::::::::',:::::::i::::::::i
 .. !::::::/i !::::::!,ノ `,>-  \i  ->、,,_\::::::':,::::::':,:::::i    過去、何十も何百も食べて生命値を無尽蔵に増やせば不死身になれるかも、と集めさせた王がいたそうですが、
  i:::::,':::'、!:::ノ ヲ-r‐-、     '´i  ´'i`i"`'':::i::::::::!:::::!   
 ..└'^7!:::::::::,.イ | |  i      ゝ-‐' ノイ  、::::::::!::::::!    一定値で止まってしまったとかで、今ではする人もいません。
    ..L'i'イ"::::::ゝ.', ゝ- '       ⊂⊃i´:::::::/:::::::!:::::!
       └'^7!::::!⊂⊃   ,,.. -‐フ  ,イ i、,::::::メ,::::::!::|    そもそも入手法が稀に山の奥地に落ちているらしい程度でまったく不明なので、そんなに出回りませんし。
       ,':::i:::i、 > ,, _ __ __ ,, . ' :iヘ,i__,:::ノ::::::::ハ::| 
       ノi::::|:::!:::::,!Λr‐ァ'`Y   / .i`ヽ,:::::;'::/ レ
       `└''ヘ:i>`i-‐,:':/´ヽ、, / / レ',::::/  
            .Y、_」i´ / '、  /  /  !::i:::!ヽ、
       ,/'i´ Y _,''   ン'  ./   .'vv'..  Y
      ∠  !w、,:'    /  /      ノ___)  i
     イ_ノo .〈、________/__,/=-‐─-、,,:'´  ,.-、 ヽ、
    〈ー- 、..,,  7`:::::::::::ノノ::::i_|::::::::::〈   .ヽ-'   ノ


あって困るものではないのだろうが、これでなければならない用途は少なく、帯に短し襷に長し、というところか。

こういう場合、数が少ないのも微妙な扱いになるだろうし。



                 __,,.....,,,__
            _,,..:::'' "´::::::::::::::::::::`>!\∧/L_
         ,..::'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;ゝ、,.:'⌒ヽr'‐ァ
       ,..:'':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<.,_レヘ`7::;ゝア
     ,..::'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∠.,.ヘへr'、_,.>
    /:::::::::::::::::::::;::::::::::::;、::::::ヽ;:::::::::::';::::::::::::;:::ヽ;:::::::::':,
  /::::::::::::::::::::::::/!:::::/!:::!.':;::::::! ':; ̄`i:::::::';:::::i:::::::';::::::::::',
  ,':::::::::::;':::::::::!::;-‐‐;' .!::! ';:::::! ';::::_」_::::::i:::::|::::::::!:::::::::::',
 .!::::::::::::i::::::::::!/!:::::::! |::|  !:::::!,ァ;''7ヾヽ;::!:::::|::::::::!:::::::::::',
 |:::::::::::::!::::::::::! 'ァ'r='、.レ'  .レ'7´ r‐f‐ ┐ r‐-ト::、:|::::::::::::',      やくそうなどに使われる抽出加工などでは効力が失われてしまうという話で。
 .';:::::::::::ト;:::::i:::!r─t--, :::::::::::::: '、.ゝ ノ, .!::::::!:::::::!:::::::::i:::::i
  ヽ;:::::!';:::::';:!,ヘ  '、_ノ ::::::::::::::::::   ̄,.,,.,':::::::::::::::::::::::::::!::::i      研究用にも数がいりますから、物自体の少なさに専門の研究も滞っているようですね。
    ヽ;! ゝ;::;ハ `'    ,       _,ノ:::::::;'::::::::::::::::::::!:::::!
     _ノ:::::::::! ''"     _,,.. -ァ   `ヽ;::::/::::::::::;'::::i:::::!-┘     私は門外漢ですが、それでも入手経緯などの貴重なサンプルだったのですが……。
   <:::::::ノ:;:::'ト.、,     ` ー '    ,.イ/:::::::::::/::::;'::::::!
     `ヽ//:::::ハ`"7'ァ-..、..,,__,,. ,イ /_;;:: -‐-'、;:/`ヽノ
     ∠イ__::/ i::::::/ヽ;:::::::::ハ   /´, '"´ ̄`ヽ、
       ,.、    ヽ/  ヽ;::イ レ'/7´  _,,.. -‐ ヽ、
        |:::',      ,.'"ン' |/ /  '´     __\
       ,.、!::::';/´i   / ノi/ /,' /      ´   `"'' ー-- 、..,,_____
    ,-〈  ヽ;:i  .!   !/./ / / ,'
   ,イ、 ヽ.  ';',_,ノ  // /  〈 i             `"'' ー   、.,_
    ! 、 `ヽ、ヽ_ノ'; |、,.' /'´     ヾ、 i
  ,イゝ-`'ー'´|:::::::';!7 ,'         '、!
 / | l   `ヽ:!r‐、ノ| i          ',
,〈  ', '、   /! ハヘ !_,,.. -‐::''"´`"7ヽ,.ヘ.        \
 ',  ヽヽ. / ハ. ノく´:::`rァi'´_::::::::::::/´二ニ:',         ' 、
,.ノヽ  `Y/  V  _>::;:イへ::::::::::::::`ゝ   ハ          `' 、


5 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:30:29 ID:1m136cjN0 [3/37]

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     悪かったですお。まあこれも検証という事で……。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    それで、これ、受付に出してきて問題ないんですかお?
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



                   ト、
         ,..  '' "´ ̄ ̄`"''<{てメ、
       ,. '´            `ヽュ)}
      /   /            ∨ア
    /    ,:'  ./  /|!  l   |__ ハ  ,ハ´ 
    ;'    /  ;' |__ .' !  || ,ハ  |! |  |
    |   .'   .|/|_| |__/ レ'ァ=-、__」   !
    |   |    | , -‐=、    r'ハ Y .| /     んー………ものがこれで、自前の口座があるんでしたら問題ないとは思うのですが。
    |   |、  |7  ァ'ハ    弋リ 八レイ!
    |   レ'\八 弋り   ,  xx∨ ||     ババコンガの皮とかでしたら、真っ先に盗難を疑われるところですね。
    |   | |ヽ|  |`xx    _   八 .リ
    '、 | | 人  、 u   /´  } ,.イ /
 .   \|、  .|\ |> 、.,{__,,. イヽ\|
        \| , イ´.| |ト _//  / `>,、
      r、   / |  | || //  /   |/  \
       | |   / /  .| |/ /    |     ハ
    r‐'、|、.r'-、{   ∨ /     ./|.     }
   / `ヽソ}7  人  / /      {r' -─-、ヘ
   {ゝン|_|イ─-、.ト-'__.」___,. -‐'、__   }
   r|、  レ||`ヽ  { rへrr'" ヽ/ ァー-‐-、  `ヽハ
   ||:::\_/::::::l}_く_]_[___|__{ | / ,ハ `ヽ }/__
  ̄ ̄ ̄ ̄ , ──────‐ゝ'-'、/_/ー‐'
       / / ̄ ̄ ̄// ̄/ /



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    世知辛ぇなあ……。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


Eクラスに推定無罪の原則などという甘えた概念は存在しない。


6 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:31:18 ID:1m136cjN0

    /  /     /  |               ノ \ {  /\
     /  . |  |          ヽ { ̄` ‘,  '   }
  ,     / |  | |ヽ     ハ    | }__,. .,_(@  ノ}
    |  /| /||  | | |    ||    |. )   ⌒ヾー‐{
      | | ||斗─┼ | | |  | ┼── 、 \/ }  \_/
  イ  | | || |    | | |  |  \  | |  `ー{_  ,ノ
     | | || ___ | |.从   | __\ | |        |
     |∧::| ,ィ示笊テト    ̄ ,イ示笊k、L/      |      ……少し、待っていていただけませんか?
|    ト{({ |i::::::::::::l       |i::::::::::l| })/{
      : :.ヽつトイソ       つトイソ / }   }
| ::|  | :.  , , , ,    ,    , , , , .:  |   | |  |
| ::|  ト.._}               _...ノ|   | |  |
| ::|  |::::八      、   ,     八:::::|   | |  |
| | :|  |::::::::::>.          <::::::| :::|   | |  |
| | :|  |::::::::::::: ::::: ≧ ..   .. イ:::::::::::::::| :::|   | |/.リ
.乂{\  Nr-──.丿 |   ̄   |/\─-L/j  /ノ
     ̄    /  \_   _/   \
        イ      ヽ/       ト
     ´:::::::::\     /      / |:::::::::`
/:::::::::::::::::::::::  \           / /::::::::::::::::::\



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    お? 今日も閉館までいるつもりですから、それまではいいですけどお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



                 , ,..-― ‐-....、_( ̄`ヽ/ `ヽ_
               /,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::≧:..、 /;;;;;;;;;〉
              /;:;:;::;:;:;:;:;:;:;;:;:;;:;;:;:;;:;;:;:;:;:;;:;:;::\;;;;;;;;/
              /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;`'";:;:;:;:ヽ::::::ヽ::ヾ=l)
                ,':;:;:;::::;:;:;;:;:;:;:;:/;/!;:;:;:`ー-':;:;:;:;;:;:;:;マ
                |:;:;:;:;:;:;!;:;:;: ,./-‐|‐、//!1;|;:|;:;:;:;:;:;:;:;:|
             l;:;:;::;:;:;,!;:;:;:;:/!_/__!;:// |;:l‐l-、!;:;:;:;;l
                 |;:;:;:;:;:;|;:;:;:;:|イ´ノ/`|/ /-、 l :;| :;:;:!;:|
                 |;:;:;:;:;:;:!;:;:;:;l ゞ-'    /ノ/! !;:;l :;:;:|;:;     はい。すいません、少々席を外しますね。
              /イ;:;:;l;:;:ヽ;:;| "",--、  ゞ' /|/|;:;:/|/
                   |/_ -、ヽ!、!⌒ノ "",.イ;:;:;:l|:/!
               /´::. \r'´(丶、 ,. <l;:;:|、;:;:|ヽ|
                /:::::   ヽ \ ハ ヽ|
              !|::::::..    |\ \} } ヽ 
                |:::\::::..  l  \/ /  }|
              };:::::     |  / /  /: ,!
              /ヽ::::::     l / /  /:: |
              /::: \::     l./  /::  |
              /:::::  ヽ:::    ',: |.    |
            /::::::   |、:::    ヽ l::    |
             `丶,____l:::      ヽ|     !
.              /ー--‐:!:::      ヽ     |
             /〈;:;;:;:;:;;:|:::       ヽ    !
            /;:;:;::;:;:;:;;:;:!::      ヽ  |
           /:ー--‐ー-:、|::        ヽ  !`'' ‐- ..__
           //、__`丶、:::::|::      ヽ  |:::::::::::::::::::`' ー-、
     _____ r'"´/:::::::::::::::::::::::::ヽ:        ヽヽ,::::::::::::::::::::::::::::`' 、
 ,. ‐ '"´;:;:;:;/;:!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__/ ̄ ̄!/-、/:::::::::::::::::/::::::::'ヽ
l´;: , -―‐;:;|;:;:|:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::| !   i .|,  lヽ:: ,. ‐'":::::::::::::::::::::::}
|:;:;:|:;:;:;:;:;:;:|:;l:;:;{ヽ'" :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 l. l__ !__,l__|7::::::::_,. :::::::::::::::::::::!
`ー‐------丶、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽY:::::::::::::::::::::::,.. '::::::::::::::::::::::ノ
          ` ー-- ..::::::::::::::::::/`ーヽr、:::::::::::::::::_,. イ<:::::::::::::::_,. "´
               ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄

7 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:32:18 ID:1m136cjN0

と、職員さんは何かを思い立ったように、裏に引っ込んでいってしまった。



     ,.イニニニニニニニニニニニニニ丶        ____
    ./ 「                |.!     /      \
    _/  i.|             |.!   /         \
   .|   i.|  ふ ぅ り す と |.!  /            ヽ
   .|   i.|             |.!  |             |
   .|   i.|             |.!  ヽ               |
  _  〉  i.L________」.!   >   _____ <
  _「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ニニニニニニニY´⌒ー´  /´二二二二二二二〉
  |         \二二二(´      ,/ ,/          /
  |           |      `ーィ二 ̄/ ,/          /
  |           |   γ"´   ゙7 ,/          /


その背中を見送って、うさぎの解剖図に目を戻す。



               ,.  |7
               ヽ|  ´,.--<>
              |> / ノ: : :!
                 ノ: : : : : :/
               ,.|: : :,;彡'´
             /^)'  ̄__
              (ソ「  /⌒ ⌒\
                | |/( ●) (●)\
                  i/||:::::⌒(_人_)⌒::::|
              | |\   ヽ_ノ   /
             < ( ̄ ̄ //〃/ア
               `Y\/  \/\
               i⌒v' ̄ ̄ ̄| \,.ヘ
                i=<ニ>= = :!  \丶
                |_∧___ゝ  (__ノ
           ヾ,v.>  |__/⌒\  }
 ヾ.v.>  _____  .| |   { }   `Y⌒)
  | | f' =ニニ =ゝ | |   ,ノ」       ) L、
  | | !ミ     彡!,|,」,            ̄
  ,,|,」,`'─----─'


その内食肉加工業者の真似事もしなければいけない、と思うと、何とも言えない感慨が湧きあがってくる。

別に職に貴賎があるとは思っていないが……そういえばそういう業種は、前世でもアウトロー扱いだったな、と思った。

文明度が上がってくると血を忌避するようになるのは、古今東西、異世界まで同じという事か。


8 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:33:04 ID:1m136cjN0

          __,,==v-、
..__   .,,;-=-ーァソ  rイ⌒ヽ,,_、                /    i   人     ノ              l
_i `'<´_:::::::::::〃::::::/ ,r;;;、 ヽt           ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ                 l
:::〉/ / /:::::::::∥:::::::{  i;;;;;ヽ ヾ',,_             i   ∴;;;;`、        l  ∴              /
∥∨ ./::::::::::∥:::::::::::} !;;;;;;;;;ヾ  ヾ,         |   __,,_  | .ノ;;;;;=-´ .l.  ;;;;;;            /    しかし、通常の繁殖でもない、どこからともなく湧き出てきたモンスターの肉が食えて人の血肉になる……。
i.i l::く:::::::::::::i.|::::::::::::::`'-t;;;;;;;;;;;\  { iゝ,、    ,=-'´`ー"'´-ァー==-^::;;;;;;;;;; l  ::::゜j        /
||:::::ヾ´::::::::::{i::::::::::::::::::::::ヽ--;;,,"''=- \ヾ..,,=-'"´ ;;;;;''",,=-'´:::::::::,ノ:::/    .l  ∴         /       不思議な感覚だお。
リ:::::::::::::::::::::::i !:::::::::::::::::::::::::::::};;;ヾハ;;;;,,,,_"",,;;;"_ ノ"'´ ̄::::::::::::-="´:/──‐ l.            ヽ
',::::::::::::::::::::::::' ,:::::::::::::::::::::::::::::"''7ミ/、""''''' ノ´::::::::::::::::::::::::::::::::;;;=-"i_/  / _ '.            ヽ
ヽ:::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;:/;; /::::""´::::::::::::::::::::::::::::::,=-'"´ /   ̄ ̄                 ヽ
:::' ;,:::::::::::::;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', i;;;;;;;;;;;彡;;,,,,ノンソ,,,,::/"
;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ{;;ノ -、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ┌┐[][]┌┐┌┐      ┌┐[][]┌┐┌┐
ヽ;;;;;;;`ヽ、;;;;;;;;;;;;-='""7`ー'"´ヽヾ_ソ ヽヾ-ァソ   ┌┘└─┐││││┌┐┌┘└─┐││││┌┐
;;;;>-ー-'"´   | |        . ̄   `-イ   └┐┌┐│└┘└┘││└┐┌┐│└┘└┘││
| |   | |   | |                     ││││    ┌─┘│  ││││    ┌─┘│
| |   | |   | |                     └┘└┘    └──┘  └┘└┘    └──┘
| |   | |   | |


いやまあ、薬や木の実や呪文一つでケガがたちまち治るのも同レベルか。

【ここ】の自然は【こう】なのだ……そう捉えるしかないのだろう。万物の根源たるマナ、というやつだ。

ラリー・ニーヴンか。読んだのは学生の頃だったから、もう幾らも覚えていないが。



         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\     異世界でなく、地球は古代以前のさらに前、だったりしてお。
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \
    ヽ   L   |r┬-|    |
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))


確かそんな話だった。

確かめようもない想像の翼は、血を前に尻込みしている日本人には格好の現実逃避だ。

9 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:34:01 ID:1m136cjN0

          _,,... --- ..,,,_,、.,_
     ,. ::''"´::::::::::::::::::::ア(rノュヽ
    /:::::::::::::::::::::::::::::∠ンキヘ!ノ>
   /::::::::::::/!:::::::;::::::::;!__ハ::::::::i::::`:::';
  く:::::;::::::/__!::::/!:::::/ !_」_`i::::!::::::::::::i
  i:::::!:::/´V|_/ レ' 'i´ ハ〉!/;、::::::i::i      お待たせしました。
  !::::!:::;':ァ'i´ハ    '、_ソ /:::!ソ:::::!::|
  L/!,ハ;ヘ '、_ソ .    ⊂⊃::/::::::!:::!
   /:|::::::;i⊃    _     /:::/::::::::ハ::|
   ヽ!::::::::ト.,、.,,_____,,. ,イン'‐-、_/::V   _,,.、
    |/|/`ヽ;:/,'r'7´  ̄ ヽi ! `く/ /:::::::i`7
    `     ヽ/7     i,/   `;ァこ_____〉」,,..,,_
         /)/      ;'   、_/::;/:::'´::::::::::::::::::`ヽ.
         r'´//    /  ,/;'::/::::::::::::;::::::::::::::::::::::::':、
        ン'´      ,'i、  !」/:::::::::;'::::::::i::::::::::::::::::::::::::::':,
       /        |`'ァiン::::::::::/:::::::::;':::::::::::::::::i::::::::::;ハ
      /       /  i/,.:':::::::::::/::::;:-‐ァ、::::::::::::::!::::__;;:::::!
     ,.へ.,/     ,'  /:::::::::::::::;':::://´`ヽ;::::::::///´ `ヽ
    r'______>、__  __」____i::::::::::::::::::i:::::/    ムイ/:::::/    ト、
           ̄    `'ー--=ニ!二!  ___ i、r/‐-i  __ V´
                      ヽ、.,______ソ' ̄´`ヽ、,_____ノ


気付くと、ろくにページも進まないまま、裏方から職員さんが出てきていた。



              __,,,,.....,,,,__
           ,...::''"´::::::::::::::::::::::`゙'::.、
       ,.::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r7(ン)ヌ
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::くイゝァキ'ュ
     /:::/:::;':::::;!::::::!:::::::_;__!_::::';::::::::::ヽヘノイ
   .,'::::;'::::::!__/!::::;ハ:::::/!_」__`ハ::::::::::!:::';::::';
   |:::::|:::!´::/ 」_/ |_/'´;' ア'ヾ,|::::::::/!_」:::::|
   |:::::|:::|;/7´iハ      !ノ  jリ!_/|:::::::::::::!    時に、ものは相談なのですが。
   |/レ|:!ヘ Vj     `ー‐'’ |:::::::|:::::::::i:::|
     |:::|::::|,.,. ´       ''" |:::::::|:::::::::;!::|
     |:::|::;ヘ、    `     ,.ィ'|::::::;ハ::::::;ハ!
     |,ハ;::::::`7'ァー‐rァi'" /`!/::::|/
        \/`ヽ、ハ;:イ!/ / `ヾ.
            ,く!/ /  /ハ
           /||/ /   i//  |
             /イ ! ,/    /'    !
          ./ ,! レ'__,.ィヽ/    ,ハァーァ
        /´ ,K>く_,]/     '  ';:〈



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \    あげますお。どうぞ。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



ごろごろっと巾着袋の中身を机の上に空ける。

計8粒。約200万円か。うーんバブリー。

スケープドールを故買屋からせしめた後に付加価値をつけて売りつけるほどじゃないが。


10 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:35:15 ID:1m136cjN0

          /,. ,ィ''     _,..-'''¨¨¨¨¨≧=ー‐--、__             っ
         / //   ,.ィ'''´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ヽ、         っ  つ
       / // . ,.ィ''´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,r<ヾ¨¨ヽ    っ  つ
            /: : ; : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ、 _Vソ‐''¨'l   つ
.           ,.': : :/: :,ィ: : : : : :.l.: : : :,: : : : : : : : : : : く´ ̄ニz、   ヽー ヽ
           /: : ,.': : :,.': : : :/: :./|: : : :l: : : : : : : : : : : :',:.V    ヽ  _j_  _ノ
.          /: : /: : :./ : : :./: :/ .|.: : : l.: : :.i.: :.l: : : : : : ',: l_    /  ̄``ヾ:::::::>
       /:,オ7: : :./: :./:/: /  .l: : : |: : : ハ: : |: : : : : : l: : ヽ,ァ''ア  _,ノく:_ノ
       レ'' ,': : :/i : .i:./|::/ ー 'l: : : i!: : /、l: :.i!: : : : : :.|:. :./:::::::`Ti¨::::::ヽ:::\
/ , ,  /.   .レ|; /:|:i: .j iハ/__   ヽ: :ハ: :/  Vトi__: : : : i: :/::::::::::::ハ::::::::::ヽ::::::ヽ,
. ,' .,' /       ノ: : :レi: |l ア´ `ミi  ヽ|. V  __V ヽi; : : ;': :ーへ__ノ: :l:::::::::::ヽ::::Y
.,' ;. i       /: : :/: :iヾl i!.rti '     ァ'' ̄`<ハ: :,': : : : : : : : : :|:::::::::l::::レ''
.l i .l    ./: : : l: : : :.i.!, ,tij        ,rti   ヽV: : : : : :i: : : : |:::::::::レ'
.| l l    ./:/: : l:. : : :.|,/////      lt'リ    ,j'ヽ: : : : j : : : :.|::::::ノ.:l     いやいやいや!! まだなにも言ってませんよ!?
.| l l    ./ i!: : :|: i : ハ ////        `´, , ,..,.,イ/: : : : :./: : : : :.|/: : :l
.l l |   |/.l: : :|: !i: : : : ヽ、  ____  ////////: : : :j: :/i: : : : : : : : : : i!
.       | l: : :|_ハ>‐''' ´ ̄.   .`ト.、   __/:.; : : /:./:j: :i: : : : ; : |: :l j
        」才               ヘ. Vアア'/:/: : /:./:/l: ;j: : : :/: :i: ノl/
      ./               ',. レ /_ノ: :/i:/.\|/.|: : :./: :/:ノ
     /                     ',. ',. ,ァ7: , '..レ'__>ヽ|: :ノ|: /´
   /                    l l l.// オオ´   レ'\レ
/. /                      | .|  ./' ´       |
 /             ___           | オシ´          、 j
 l          r<==ヽ`"''' ‐-..rxイ´            ヽ
、...ヽ       /'´ ̄ `ヽ ヽ        ` ーz、          |



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     ん? 大方譲ってくれってところですお?
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    全部あげますお。正直、手に余る代物ですし、引き取ってくれるなら万々歳ですお。
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


ぶっちゃけ、正直な感想だった。

偶然手に入っただけのもので冤罪をかけられるなんてたまったものではない。

モンスターは脅威だが、人の悪意は泥沼だ。

人生を買える金額であるならともかく、多少のあぶく銭では到底割に合わない。


11 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:36:04 ID:1m136cjN0

職員さんはしばらくぱくぱくと言葉も出ない様子だったが、すぐに我に返った。


                 _..  .... .._
              ,...:::::::::::::::::::::::::::::`:::‐.、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,r'⌒ヽュ_
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::い f_,y j
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ_ゝ._ノ´}
         ,:'::::::::::::::::::::::;::/!:::::::::::l:::::::::::::::::::::/r-‐'ヽ
          |::::::::::::::::::::::;_/ lハ;;:::::::|」;;;::::、::::::::|l:::::||、 ||
         l:::::::::::::::::::/_!.,_ !   f´r"'ヽ::::::r=v'||:トr'
         |:::::::::::::::::/´r'::ヽ    L:::ノ |::::|ヘ l:||:|.||      ……それでは、私の立つ瀬がありませんよ。
         |;:::::::::::::::;ヽヽ:ノ  ,   "" |::::|_,.ノ:lj;' lj
          |ハ:::::::::::|ヘ ""        l:::::l:::::::,/        代価はきちんとお支払いしますから。
           l |::::::::::`ーヽ、    ´`  .ィ'::::::://
         ! レ'''ヽ:::;;:::::::::>-,.、_..: ´ /:.:l´  ' \
             _,ン` ヽ''´/:.:l 〉   /:.:.l      \
           r'´     /l:.:.:l  /:.:.:.l       _'、
           / 丶     ,!:.:l:.:.:l /:.:.:.:.l     /  ヽ,
            l    ヽ ,  !:.:.:l:.:.:∨:.:.:._l     /     i
          |    ∨ .|:.:.:.:l:.:./:.:.:.//    /     |
           |     | |、,;_,;_У;_;,/7|      l       l
         ,!      | | ̄/∧ヽ ̄「|     |      |
         /      |」,_〈/! |ヽ〉__|      |      |
         ノ         |:::://―l」:::::::|  r'⌒Y´|      |
       r′     \{:::`:::::::::::::::::::| _(     }       |
       /   /´ -.、_  |:::::::::::::::::::::::|´ ` ○ |        |
      ,イ /      `∧:::::::::::::::::::::|ゝ._, /|       |
     ノ ´     /⌒ヾ ';:::::::::::::::::::|  (/__ノ|       !、
    /        ゝ   , l:::::::::::::::::::| /    (|     ,.-‐| \
  /-、  , -、     `ー,'´  ∧::::::::::::::ノ〈   r'⌒ |     l  j ○\
/   ヽ'    )     ゝ_.ノ ヽ::::::::::::\`  ゝ.__, |    `ー‐〉  〈ヽ
 ヽ._     イ-、       _,r=!、:::::::::::::::::\  ( |      ゝ_.ノ ヽ
 r'´  ○     )     /ヽ、 \:::::::::::::::::ヽ、`|  i⌒Y´`ヽ、     \
│       )´     ∠-‐´:{    `ヽ、:::::::::::`、|⌒`     ) (__)    ヽ
 `ー'^ゝ.____ノ  _..-‐"´::::::::::::::::\. ,、 `ヽ.}:::::::::::::::::|  ○  <  ̄ rっ    \
` ̄ ┬‐- .....__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::l |:::ヽ、ン:::::::::::::::::|ーr      )         >
    ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´::::::::::::::::::::::::::::::l、`ー^ヽ―'     __.. ―´
     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`>-‐_――、_ ̄ー‐ヽ
      ` ―- _::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.. -‐"´    ``ー‐' ̄ ̄´
             ̄ - ::::;;;___;;;;:::::: -‐ ´


          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      金貨を何十枚も貰ったEクラスほどじゃないと思いますお。
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


12 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:37:33 ID:1m136cjN0

          ,,..  '''"´ ̄ `>'7⌒メフ
       , '´         )八(ソノア
      /   /      ヽゝ--へ. `ヽ.
    /     ./  |    , ‐|-   ヽ、     ':,
    ,' /  ,'-‐/|  /|  /_| |  ',      ',
    | |   | /_ !_/ ァ'´7アヽ !  |.     i
    |. '、 .|,ァ'7メ.      |ノ ,ハ!  ,      |    うーん、特に問題なさそうですけれど。
    ',   \.|  !ソ|     ゝ-゚'/ / ,     |
    \//ハ ゝ'  '     "|/ /  ,   |
        ,>'  |    i7  ̄`i  ,!  /|   /| .,'
     /  .人       ノ /|/─</ ∨
      |/|   `アTァ=ー<// ./´ヽ.
       \/  |//// /  /    ヽ.
            /i // / /      ハ
   (`ヽ.   _   |/ |/ /  |/     / .|
    \ \/´/   ,'  .|| ./  ,!      ∧
      /`ヽ. ト、  !  ∨  /       / ,ハ
    r| 、ヽ)ノ、ト、|ヽ,.ヘ.__/      /-‐'ヌ´ ̄ ̄|
    |:ト、__,ソ  | | Y  {  ,r'-       ,'__/ /\  /
    .,|:|:::::`>- | | .|  「 /        , |.  /   Y


わざわざ頭の上からつま先まで眺め回してから言うあたり、この人もなかなかいい性格をしている。



          ____
        /      \
       / ─    ─ \
     /  (●)  (●)  \    田舎から出てきたばかりの純朴な少年にひどい扱いですお。
.     |     (__人__)     |
      \    ` ⌒´    ./ヽ
      (ヽ、       / ̄)  |
       |  ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ  ノ      ヽ  ノ |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



         _,,.. -──-- 、.,_/⌒ヽ 
       ,.::'"´::::::::::::::::::::::::::::::_;:,! i  ノ'-、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´ _,ゝ+‐'- _ノ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[_'ーァ' |`ヽ ),
   ,':::::::::;::::::::::::::/|::::::::::::::::::::;:::::!、__,ハ、_ノ、_,>
   |:::::::;'::::::::/_/__|:::::/´|:::::::ハ:::::::';:::::::::::';::::|〉
   |:::::::|::::::/|:/__ |:::/  |::::/‐!-:::::i::::::::::::|:::|
   レ、__|ハ_| ' ̄`ヽ'   レ',.==、/|:::/|:::::|:::|     あら、純朴な少年ですか。
    |:::::::|:|""          `i/:::|_ハ|:::|
    |::::::从      '     "",ハ|::::|ノ::::::|
   ノ::::/|:::|ヽ、  「 ̄`i   ,/::::|::::|::::::i::::',
  ∠、:::::|:::|へ|`ヽ、.,__‐'_,,. イ/::::/|:::|::::::ハ::::|
    レヘ、|_,>イ  |  /`レ'、/:;ハイ::::|/
       ,..‐''/ .|  |/  /  /`' 、ハ'" 
     /_,r/  |/  /   /_  とヽ.
   〈Y (_,イ  /  /   Y___)    ',
   _ハ.',  |. / /      |       |
 ,.r''"ヽア`r」、__/____    ___!  ,.-、  |
/ 、 ヽ._|、ノキ (><) ̄´ュ7  ヽ-'   ',
 、 ヽ,.イヘ〉、へ、.,________,,.ァ'"-‐ 、_    ノ-‐ァ、
:アー'´:::| ヽ!ー'^ヽ-ヘ-/_)        /|:::::/7

13 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:38:00 ID:1m136cjN0

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     はい。職員さんのレポートがなければどこかで野たれ死んでいたはずの、ただの子供ですお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



             ....::::::::::::::::::::::::::::....
       /\___.:::r.、_/:::::;:::::::\:::::::::::\
        r‐>ヘ⌒ヽう〕::::/:::::::::::::ヽ:::::::::::::::.
        `/ ー O<__j)〉::;:::::::::::::::::::::;:::::::::::::::.
       └:ァ  、 /¨´:::{::::::i:::::::::::::::}::::::::::::::::.
      /イ、_j∨:i:::::::::|::::::}::::::::::::::|:i::::::::::i::::|
.       / / |:::| |:::::::::|:::::::::|::::::ト、::::::::i:| !:::{:::::!::::
     〈_/  :::l_j::i::::::{:::::i::::l:::!::}::l:::::;:从j:;人;/::::!
          :::::::人::::|-┼┼| 川::/_┼┼ /i:::イ     ―――!
          ::::::.. ヾ'ィ:::::::テ㍉ レ ィ:::::ヶ/ノ::/
          :::::::`:..\ ̄      ̄ /;:::::/
           ::{:::i::ハ::i:::..、   _'_  ,..:::/:::/
             从;乂乂乂∧ ー ' ∧乂从
               // V‘,  / V: { \
               /  {: : : V‘,/ ∨: :|  \
              /_)\ |: : : :∨/ ∨: : :|   )⌒ヽ
             ,ー 〝 |: : : : :∨ /: : : :|  ⌒´‘,
             |)   i |:‘, : : ∨: : : : |   ,:    ,
             |    :::}: :‘, : /: : : : /!  ,:⌒!  }
            }   .::::i : : ‘ /: : : : /: | i¨´   /|
             ;\  ::::l: : : :/: : : : /: : !: '  / r!
             |  ヽ :::j: :/: : : : /:¶:_:j|: //`Y;|
          ,   \{≧=====彡'}!_ノ!:  '   `!
           ; (⌒X(:|`¨¨¨¨¨¨¨/)Y}|:::. ,    |
            ;   )'⌒::|、____く_,イ} |ハ::::/    |
         j}  ⌒´ V⌒⌒⌒⌒j;|/ノi:/)_    :|
           '′    ‘  ______,以イ'/ヽ`    :!
           ;  /( )`Y´‘ }      ,:⌒      |
        i}⌒ヾ/`ヽ}/,}       ,:      |



14 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:39:13 ID:1m136cjN0

               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     金貨なんて貰ったら、堕落していくだけですお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    些少ですが、命の恩という事でひとつ。
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    



                      , -…‐ 、
                        / ̄ ̄ ̄\)_  [\  _
                       . : ⌒^: : : `Y^ヽ∨, ┐
                          /: : : : \: :\: [^^ヽO_,ノ
                   _/_,./ .:{:_,.斗く : ヽ{  ノ )\
                 ´  /:/: : {: : :{:!: :}: : :}`〈_ (__,ノ
                   /: :/{: : :{ヽ斗ャ ア):/ : // |     ―――……。
         __      ノ;/\)\)  J}/ ̄_/ /{
     /           _ヽ     ⌒ ー人   \// ./レ
               /)/)_\   ,/ノ: :>=‐//{::|_{八]
  /        __ | { {/)┘\ ___,.厶;(__,. レ _{:{‐ァ…‥、
  ⌒>    /       ヽ,{└く^\. . . . . (  ,//.../    ;
   ⌒>  /      ____ 〕ト }   \ー‐/ア../........{
    ⌒V   /     _/   } __`V∨_/...............ヽ   ⌒ヽ       -‐…┐
       / ̄ ̄ ̄       /〈_/\\人三二ニ=- .△      \_/     /
       /___           __/   / ̄ミ=┛\_)-----∧        `ヽ   {
     ´:   `ヽ  ┌厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕>‐=ニ二三三三∧             {
      八ノV\{\]{(            / /   / ̄ ̄ 「  ;           ノ
             ]{ \_,.   '" /     /      }  {:,          /
            〉/ ̄        '     ,           | ,         _,ノ
              ]{      ,.           '      ,′ } :.,_     /
            ⌒ヽーッ'゙                   ; `¨ ー‐'
              ]{         /         ,   ,



そう言うと、職員さんはしばらくの間、瞑目して何かを考え込んでいた。

16 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:40:11 ID:1m136cjN0

                   ___
                ,  ´: : : : : : : : ´ ` 、
              イ  : : :/ : : : : : : : 、: :、.,_/⌒ヽ
            /: : : : : ' : : : : : :   : : : : ヾ: : ,! i  ノ'-、
          ,ノ: : : : : :/ : : : : : :   : : :: : : :i´ _,ゝ+‐'- _ノ
           , '/,: :: ://: : / : : :   : : :: : : : : :_'ーァ' |`ヽ )
           / .ィ: :/ //: : :,ー-: :_: :/: :,ィ: :/: : ::;:::::!、__,ハ、_ノ>
        //j { /: : :/: :/l / 、〃//,./-‐/' /: : :,: : ::’、
          " .'} l’ ,/ /,.イてマt/'"./, '! ,_/〃 ,/: :!: :.トN
            /V∠ ノ l. 弋z少   ´ ,イて:::ト、 ,': : :.l: :j      ……重い恩ですこと。
          , '" ´{V_,.ヾ、ゝxw       マz:り/ /_: : ,'l. ,′
          ,.Ⅵ: :./ ハ    、 '    xw〃// //l/      ではせめて、これだけ。
             / ̄  ̄  ̄  ̄|ト.-- '   ´/': : イ/
            /  /      }}_ _ ィl:∧:./
         /   /     , ∥ __./:::::/:.,:.:.:.:.:Y 、
       /          ∥  /::::::/::::::::::::/ ヽ
      /           ∥  /::::::/::::::::::::/    ヽ
       ∧          ∥ /:::::::/::::::::::::/      }
     /            〃::::y":::::/:::::::::::::/   _   .ヘ
    ,'            〃:l:::::/:::::::/::::::::::::/   ´、`Y",∧
     | くY_7  <    《::::::l:::/:::::.:/::::::::::::/    ,´ ,人," |
    ,l´、メ、j      .|!::::i/::::.:::/:::::::::::./     "    }
      ,l          l.:..::!:::::::/::::::::::::/            l
      ,l           l.:..::|:::::/::::::::::::/   、´`、,´`,  ,'
      |         l ̄ ̄ ̄○ ̄./     `,"゚,"´ /
     !        |┼┼‐ムハ/        、.j   /


やがて、ふっと口元を緩めて、穏やかな声を出す。



                          ,ニ=、
                     , - 、/⌒'ーi   'y
               , == 、_〈  〈   { /  / }‐、
              (( 〃´ 丶 \≦) /ニミy ノ ノ┐
               ` {i    `/ノ /     xイ ノ
             `>一'´  /     ∧ヾ`ヽ
                /            { ', )) ))
           /                    |彡'
             '                  |
           {                     |
           ヽ                  /
            \             /
                  丶        /
                ` ー---‐=ニ´


そうして懐に手を入れると、机の上にコトリと何かを置いた。

細長い巾着包みのようだった。


17 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:41:03 ID:1m136cjN0

     ./
     / ',
     ,'  ',
    ,'   ' 、    
   i'     i'  
   i     i'    
.    ',    ',    
    ',    ',      
     ',     ',        
      ',     ',      
      ',     ',   
       ',    ',     
       ',   ,   ',      
        ',  ';;,,  ',     
         ',  ';;',  ',      
          ',  ';;;;', 丶、    
        ',  ';, _ヽ::::/     
          i ,_ヾソ/:::i     
.         ' ‐ - 、;;;;;;;',      
           ヾ;;;;;;',      
            ヾ;;;;';,       
             ヽ;;''`y   
                  Y:::ソ   
                  '''    


               ____
             /⌒  ⌒\
             ./(○)  (○ )\      短刀……懐剣!?
            ./ ::::⌒(__人__)⌒::::::\
       ゚ 。゚ 三 ≧     ゚'ゝ    |
       -== 三       ≦。   /
       .。 -=≦        ,ァ-
  ゚ ・ ゚。  三<       、,Jト
       .≦ ッ       ッV´≧
  ・ 。 ゚ 。 ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。


どうぞと促されてそれを紐解いてみると、家紋らしき簡素ながら精緻な蒔絵模様が施された漆の黒鞘と、ほつれ一つない臙脂の柄巻……。

刃渡りが手の平ほどの護り刀だった。


19 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:42:04 ID:1m136cjN0

      _......_
     , ´  <*y 
     i,(i ノノハ)_)    小さきとはいえ、メトロテカクロムの刀です。
    ノ_iパ ヮ゚ノハ   
      ,´i'_ソノj,〈つ    適当な故買屋でも金貨10枚にはなるでしょう。
    〈_,ノ^^^ヽ.´
     .^^i_ソ_ソ^´
      ̄ ̄  ̄ 


        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)    受け取れるかァーーー!! 
   /     (__人__) ヽ
   |       |!!il|l|   |   金貨100枚よりよっぽど重いじゃねーかお!!
   \        lェェェl /
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿


思わず素に戻ってしまった。

懐剣とは、要するに女性の最後の拠り所……いよいよという時に、自衛、もしくは自決をする為の短刀である。

古来、やんごとない女性の成人の祝いや嫁入り道具として贈られ、常に身に着けていたというそれは、命や尊厳の象徴とも言える。

決して質草のごとくぽいと渡していいようなものではない。


21 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:43:02 ID:1m136cjN0

                             __
              _ ―  ‐-― _   ,.r-―'-、\_
            . ´::::::::::::::::::::::::::::::ィr'⌒ヽ-―ヽ_}、_}j
         _/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ(,_ン) ). l    |
     /´ ̄ /:::::::::::::::::::::::;::::::l::::::::::::::::ヽへ__ソ _|    |
   . │ 、_ /::::::::::::::/::::::/l:::::|ィ´|::::::::l:::|:/'|ll|:ヽ|    |
     |   /:::::::::::l:::|::T´ハ:::|!ヽ;ハ:::、::|::|し|l:l|ノ:!ヽ   |
       !   l:::::l:::::::|::!,r‐-!、 '    ___゙|::l::,::|l:l|、:| '、  |、        ふふ。返される恩の重さがわかっていただけましたか?
      '、 |:::::l::::::::リ〈 r'ヘ    '´  l::レ::::|lj| }|  ヽ | i
      ヽ.{::::l:::::/:ト  ゝ'′ ,    l::{:::/:::レ'   ∨ |
       ハ:::|::::{::::| ヽ     _ -―' |:!::{::::/       ヽ
       / ヽ!ヽト:::|`ーゝ _  ´    /ゝ::ソ r-、   /   〉
      /⌒ヽ  ヾ〈:l::::ヽ:::>ュ ‐'´ ノ/| ( o _)  /     |
      / o <     ` `ヽ / |l   // .|  ゝ_,ノ       l\
     、/  _ノ ヽ   ,.r‐/| |lヽ //  |   i         r⌒\
   / `ー'    〉  (. o,' | ヾ、//  _|     l  、 /    (_ o _,\
  /       /   `Y | //  //!    !  ∨     ゝー'  \
/    ―  ̄´     |_Уrt、___/7」                 \
-―  ̄_/⌒ヽ   /    |―ァ/∧ヽ―‐|  /⌒ヽ,へ            \
    (   o  _) 〉 /ヽ |_,_///__ハ.ヽ_,_,|  ゝ     )    ,rー、       ノ
     )_,.、_ノ / /o. `)|::〈 /|::::::|ヽ_〉:::| (  ○ く    ( o )     /
    ___/ /,、_ ィ´|::::::`| |:::::::| |:::::::::|   ヽ__人_ノ r―――――┐ /
   | ̄ ̄ ̄|┐  〈〉 |:::::::::l_|::::::::l_|::::::::::|     r―┴―《二二二二二)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__|::::::::::::::::::::::::::::::::::::|___《三三二二二コ三三三三三]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|



         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )   恩を返すのはこっちの方ですお!?
    |     |i|||||||i|     /  /  /  /
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙' 、_.)


その口ぶりからして、懐剣の意味は自分の知っているものと大して違いはないのだろう。

それでいて、職員さんは楽しげに笑う。

23 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:44:03 ID:1m136cjN0

    ミ
    ミ                    ‐…‐-  .,_                /\
   ミ               ´                    /::::::::::::ヽ
                           ⌒ヽ   \_/ ̄厂 ̄)::::::::::::}
             /                        ノ \ {  /\:::::::::}
                      {            { ̄` ‘,  '   }¨¨´
         , .   /  '   ,{               }__,. .,_(@  ノ}
          / '   /   |   /i{     |i    }   )   ⌒ヾー‐{
       ′.|   |   ,iレ T7{      j=ミ  {    \/ }  \_/
        |  |  j|   jli{   | {    /{   \}     `ー{_  ,ノ\
        | /'| ¶i   ji{ ッ==ミ ヽ   .' }l     {\j   j i:::::::::\:::::::\
  ニ    |′| i|li  |li}       \/ =ミト、/ /  /l |:::::::::::::::ヽ:::::/     私もつい先ほど、あなたに返す恩が出来たのですよ。
  ニ    |  レ゙||il{ j]{////           ヽ〉 /  /i l |:::::::::::::::::::∨
   ニ       |州Y抓    _   ///// /  /)li | |::::::::::::::::::::{
    ニ        州州州\  {/   `ヽ      /  /´ij{/ /|::::::::::::::::::/
    ニ     |州州州]斗>。`  - '   _ ィ  ,州洲l// |::::::::::::/
           |「|レ'/ }: : : :| 〕ト ,. -=ニア7  ノ州州州/|:::::/
           ‰  {: : : ::|: :}i|、   //)/く州州jル′ レ'
          /   ∨: : : : |: :}i|  //: :/   ‘〈
            /⌒> }: : : : ::|: :}iレ゚/: :/      ゚,
          '  λ {: : : : : }r「YY : /    ./ ̄‘,
            { / } }: :_:_∠i|.| | {ト、__  ' /     ‘,
          /Y⌒´ {///}   //∨ /       ∧
          , /  _,rfv′   }.//  .∨   _,ノ⌒V }  ____
          . ゚ V∧   .//     ‘,<)  @ }./)/::::::::::::::::::::::::}
            /   . V∧//         ‘,、\_{_ノ.{:::::::::::::::::::::::::::::::/
          ' /    >'゚./          ゚。\ レ' ∧:::::::::::::::::::::::::::/
       ;/     / /                ゚。 ヽ /::::}::::::::::::::::::::::::/
        /       ヽ/             ',  }':::::/⌒(\ー― ゚
.       {      ./                 ; {::::/⌒V:::::::\
.       {     /                  {:/⌒V::::::::::::::::\



\   \   /                   ヽ.    /  /
  \   \ /                       ヽ    /  /
\  \   /\                        i        /
  \     ,'               -ー'^~     ゙^'ー-   |     /
      i                 ./i⌒li        ,イ^lij  |        ̄ ̄ ̄
―――  |               ,' .l .l i     ,' l li  i      _____      何ですかおそれはああああ!?
__    |            .::! ! l l     l ! l.l:.  !
三      |           ill|! `¨ .!       l ` l.|ii l       ――――   
      |             lili:i   /     l  l:lili l
三.     |                ゝ '      、_.ノ '  \         \ ̄
       !               (____入___)   `Y     \  \
──     \             /         ヽ三三{    /       \\  \
         \          /             i三ミ{ ,.ィ´        \\
       ____


25 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:44:59 ID:1m136cjN0

                          /`ー―‐ 、
                      /::::::::::::::::::::::)
                    _/⌒ー┐:/ヽ/
                   (     厂  \_
                    )      ) /  ヽ
                   ̄⌒)  ⌒V'"´ ___ノ―――  、
            ´       (___     ,    ̄//////////
            '"            \ /  \_(\///////{
      /      \           ⌒ ー~ゝ:::::\////∧      
               {l\         \   ‘,:::::::::::::\///l}      
     /     ' |   l|l  ヽ   `、   \  }:゚。:::::::::::::::::\ー        
.    /'   /   /  |!   l|l   \  -―‐ - ∨l、‘,:::::::::::::::::::\  
   〃  /   /   |i、   |iト、 / 、   `、   :} } ゚。:::::::::::::::::::::/  
   |l! i |  ' {  |、  ″l{\   \_,.斗ャ   ! !  ‘,::::::::::::::/   
   |l! l |  !   \ l.斗‐、〝{、ヽ,xf㌘弋ノノ,  } }   ゚。::::::::::/   
   |l! l |  !  ,.イ\| {\  \'"′゜"´  ',   /   ‘,:::/         ふふふ。秘密です。
   〝k '|i l / i{l_,斗そヾ ` ー‐  /////|      i!  ハ∨     
    〝{、 {{! i   ⌒ヽ ー '           }   :} :| ノ       
      )\:}i、!:  |//∧/////  '      /| ;   }V´        
        \!ト、 ∨//丶      ー ′ ' |;| /
           |i \)//////≧=ァ‐ 「'rr‐'  ' レー ァ'7⌒ヽ
.    l⌒⌒! |l   i|/////{\/> | | }:       / /   /\
.      \/ .|l   l|\//, '´ {   } | '.___   , -/ /   /   ` 、
           |l  }〉 レ'゚     ヽ./ /'⌒ヽ //   /       \
.          )\/ /⌒ヽ     /'    '⌒ ∨   /,      -‐‘,
.              /⌒) ‘, : {      厂} !   / /   '     ,
            ん'´    ゚。:;/{′   / /レ  ./ //           }
               '  〕    ノ/    ,ノУ    //′         /
              ,  (   /' {  /! /    //       イ   /
            ,  ノ __,/ / {:/  {/     //       /  |  /
              厂/ /´./  ;l/   {   .//___r~~(_  /  イ
           , /  / /  ;:{   { /.ィ'゚ _ノ   人 /   /
.            , ′ '  /  / j   {y//  人  、 }  )'   '
           {    /   { |   {l(__/ __) _ ν  {   {
           { /   ,     { !    {lll/ / ⌒)    `ヾ   '


               -―─- 、
           /         \
        /⌒'  _ノ   \  (⌒ヽ,
.       /  ′ ( >)}lil{(< )o.\ 丶
      {  { 。゚ (__人__)   ゚  }  )    意味がわかりませんおーーー!!
.     \ 、   |!lil|!|!l|   ; / /
        \ ー |ェェェェ|    /
         7         l
          /             |
.          ′           |
         i             l
.        乂            イ
          | /ー――一、 |
         し′      、_j


ダメだ。これは話を聞かない笑顔だ。乏しい女性経験でもはっきりわかった。

どうしてこうなった、と頭を抱える。

面倒を押し付けようとした報いか。お、おのれー。


27 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:46:03 ID:1m136cjN0

                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈     ……わかりましたお。一つだけ条件を呑んでくれれば、いただきますお。
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|



               _,,.. -──-_.,,_
            , '"´     r'-、ヽ` 、
           , '´/        く}ァ ンハ  ヽ
         / ./ /    、 ∠ヽ.r-<>ハ
        ;  |/ ;   ハ、  ;-‐| | '|     |
        i  .' _|_  | l|  |__」_| .|     !
        |  ||_」_」 └' '´ら,ハヽ!.  i   |    はい。何でしょう。
        |  |! ァ=t、    弋_りリ|   |   ! 
        |  l|xx   .     xx !   |!  | 
        |  l|、    r‐- 、   ,|  |!  /
         、 | |>,、  、 ノ  イ||  /|/
         \|へ/イl>-rァ'" ト、|/
      /7       _,,. イ|  / /` 、
    , r//       /´/| |,l/ /  l/  \
    ,しr' }ヽ、   r' l/ | / /   //   ';
    l//ノ} }ハ ./ .;'   /  /    r'´     }
   //|:::::| |  ∨ {  ./  /    /_,,.. -─-、」__
  (リ lヘ::::り  }ヽ. }ゝ┴ ┴‐--/::::::::::::_/´! | l`ト、
     ||  /   |  ,ト===ァrr--/::::::::::_/´     'ア\
    、ー'    リ く_ くム/:::::::::/´{{   _,,.イ}|:::::::::\
     ヽ、    // ァ''"´:::::::::::/{  |ト-‐'´:::::::|リ、:::::::::::ハ


28 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:47:18 ID:1m136cjN0

―――ボーイ・ミーツ・ガール


                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /   / ̄`ヽ                  ヽ
                 /                            ヽ        ……お名前を、聞かせてくれませんかお?
                   /     /   ヾ                     i
                   i     { ―-   ii                   i
               i     ゝ    ツ                   i
                    /`     ゝ    ´                  /
                   i       ヽ                    /
                   i        }          _______/__
                 \____ノ       _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      \⌒ ̄´      i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ


                   ___
                ,  ´: : : : : : : : ´ ` 、
              イ  : : :/ : : : : : : : 、: :、.,_/⌒ヽ
            /: : : : : ' : : : : : :   : : : : ヾ: : ,! i  ノ'-、
          ,ノ: : : : : :/ : : : : : :   : : :: : : :i´ _,ゝ+‐'- _ノ
           , '/,: :: ://: : / : : :   : : :: : : : : :_'ーァ' |`ヽ )
           / .ィ: :/ //: : :,ー-: :_: :/: :,ィ: :/: : ::;:::::!、__,ハ、_ノ>
        //j { /: : :/: :/l / 、〃//,./-‐/' /: : :,: : ::’、
          " .'} l’ ,/ /,.イてマt/'"./, '! ,_/〃 ,/: :!: :.トN
            /V∠ ノ l. 弋z少   ´ ,イて:::ト、 ,': : :.l: :j 
          , '" ´{V_,.ヾ、ゝxw       マz:り/ /_: : ,'l. ,′       あら……これは不調法を。
          ,.Ⅵ: :./ ハ    、 '    xw〃// //l/
             / ̄  ̄  ̄  ̄|ト.-- '   ´/': : イ/
            /  /      }}_ _ ィl:∧:./
         /   /     , ∥ __./:::::/:.,:.:.:.:.:Y 、
       /          ∥  /::::::/::::::::::::/ ヽ
      /           ∥  /::::::/::::::::::::/    ヽ
       ∧          ∥ /:::::::/::::::::::::/      }
     /            〃::::y":::::/:::::::::::::/   _   .ヘ
    ,'            〃:l:::::/:::::::/::::::::::::/   ´、`Y",∧
     | くY_7  <    《::::::l:::/:::::.:/::::::::::::/    ,´ ,人," |
    ,l´、メ、j      .|!::::i/::::.:::/:::::::::::./     "    }
      ,l          l.:..::!:::::::/::::::::::::/            l
      ,l           l.:..::|:::::/::::::::::::/   、´`、,´`,  ,'
      |         l ̄ ̄ ̄○ ̄./     `,"゚,"´ /
     !        |┼┼‐ムハ/        、.j   /


29 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:48:06 ID:1m136cjN0

: : : : :/                        /.:.:.:. :|
: : : :/                       /:.: :|: : : :|
: : :/                     /: : : : :|: : : :|
: : i!                    i: : : : : : :|: : : :|
: : !                  |: : : : : : :|: : : :|
: :.|               ....:::::::::::ノ: : : : : :.:.|: : : :|
: :.|             ...::::::::::::::/-‐ヽ: : : : :|: : : :|
: :.|            _::r ィ、7'     |!: : : : :!: : : :!
!: :|             ::::::.....:)      !: : : : :.!: : : :|
{: :|              :::::::ノ      |: : : : :.|: : : :i!
.Ⅵ},          ,. イ |      |: : : : :.|: : : :|
 マム        /: : :|: |      |: : : : :i!: : : :|
  ヾ}.         /: : : :|: :|      |: : : : |: : : :.|
            /: : : : :|: :|      |: : : :.j: : : :j!
         /: : :|: : :.!: :|      |: : : /!: : :/
.        /: : : :|: : :i!: :|      |: : / j: :./
:...        /: : : : :|: : :|: : |      |: / |: /
: : : : : ミ: T升: : : : :|: : :|: : :}      }!  /
: : |: : : :|: :|: : : : :.:.:.:|: : :|: : :.!      |


はふ、と短く息を吐く。肩が気持ち下がったような気がする。

ただそれだけで、少女は居住まいを正したと言えるほどに凛とした雰囲気を放った。



                      ___
                 ,. . . :´: : : : : : : : : : :`: .、_ /´⌒ゝ‐-、
               ,. :´: : : : : : : : : : : : : : : 、: : :.( レ'フ  ノー-、
             ,. : : : : , . . : : : : : :   . . : : ',: :/⌒/´f':::;:;。'   }
               / : : : . ,'  ,'  . . . . . :ヽ : : ',.{  {_ノ-、゚'”ゞ-<
.             /.: . . . ,. . . .i: : :l: l: : :l: : : : :', : : ,ヽ._ 〉-、 }"´ ノ }
           ,′     l: : : ;l: : ハ l: : :l:i : : l: l ! : ',: :{   〉‐-<.._.ノ
           l ,i l . : l: :l_」L⊥ ',: i :l:l、 :⊥Ll _: l : `ーヘ.__ノ 、
           l/ l | : レ小ハ_j_ V从l \l_:l l:ヽ:ト、: :l、:.: . ’, ヽ,/
           l ヽ: ',: : l ィ圻刈`    ´抔示x/:. :..小: : l: :.',       阿求。稗田阿求(ひえだのあきゅう)、と申します。
               |:\ヽ l:l 込以      以炒/:. :.,イノ∧: !: : :,
               |: : l\八:.:.:.:..   ,   ..:.:.:./:.:/:.lイl:.ヘ:!:. .:.i       どうぞ阿求と。
               |: : l:.: ∧     、 ,   //l:.:.:/:.l l:.:l:.ハ:.i
               |: : l.:.ハ:.> .. _    _ .. <l:.:∧:.l l:.:l/ }ノ
              !:./∨ Vハ _r┤  ̄  ト-t 、 l/l:. ::| l:/
      _,r─ 、_,rく`ヽ  __ノ´.: ヽ',   / /.: :ヽ、!:.:/ ′
    r'´   _,r‐<  〉' .:´ /.l.: .: .: .:ヾく_,ノ , ' .: .: :}`ー-:. ..、
    人  f´ん-- ∨l    l..:',.: .: .: .: .\/.. .: .: .:/.!     }              ..:
   {  ー<{ (句 ,' l    !: .:ヽ.: .: .: /:. .:  .: .:/ l    /l´ ̄`ヽ、         .:.:: 
   ノ    }ゝーイi  ヽ、  l', .: .:ヽ/ .: .: .: .: :,.'.: .. /  ,.' lv─- 、ムx、:.     .:.::.: :
     ̄`Y´ >‐く |    ヽi.: }.: ./.: : .  .: .:/ .: .: {:. /  l`Y⌒く  ハ:.:..   .:.:::.::::
       .:`く    _|     ∨-─- 、.: .: /.: .:  :.∨   .l!(句) Y´ い:::.:.......:.:.::.::.::::
:..     .:.:.:::::`¨¨´ー|      ',、    >'"´ ̄ ̄`ヽ//   ilゝーく {  } }:::.::.:.:.:.::.:::::::::
:::.:.:.... ...:.:.:::::::::::::::::.: il.       ',` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〃    .l l、_,人ノーく_ノ:::.::..:..:.:.::::::::::
:::::::.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::.:. l l.         ',:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./       .l: l、   j__ノ::::::.:::.:.::.:.::::::::::::
:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.j l         ',==<ニ>==/      .l.: l `¨¨´ :::::::::::.:.::.::.::.::::::::::::::
:.:.:::::::.:.:::::::::::::::.:.:.:.:::l  l.         ',:..:..:..:..:..:..:..:..:/ r'⌒ヽ     l :::::::::::::::::::::.:.:.:.:.::.::.:::::::::::::
.:.:..::::. .::::::::::..:.:.:.:.:.:::l  l       ヽ:.:..:..:..:..:..:./ (  〇 _,)  ノ ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.::.::.::.:::::::::::



30 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:48:58 ID:1m136cjN0

                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /   / ̄`ヽ                  ヽ
                 /                            ヽ     やる夫。姓はない、ただのやる夫ですお。
                   /     /   ヾ                     i
                   i     { ―-   ii                   i
               i     ゝ    ツ                   i
                    /`     ゝ    ´                  /
                   i       ヽ                    /
                   i        }          _______/__
                 \____ノ       _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                      \⌒ ̄´      i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ




                                 ∠ニ{
                               ∠二 入
                              ∠二二二ハ
                             ム二二二二j
                  __ . - ─ -  . ノ´  ̄ ヽ ≠<ム
             .   ´          ノX    / ト、
         .  ´             〈   \ /   乂ノ
         . ´              ヽ    ハ   ⌒V   /{
     / /                    Y  /乂/⌒ヘ=ミx
    / //                 ヽ     {     {   \ 〉二.ハ
.   / / /              l    l  !   乂    ハ  _ノ二X.ニヘ
  / /  .            |   _i_ |     `⌒ Y )メ二二二 X ヘ
 .     .i !         i    l    i! i !  ! ̄ `  .| i ハ二二二 X 〉
 l /    l !   l    l    l    l! リム斗=ミx } | |  i!マ二二二7        はい。ではこれを。
 レ'     l !   |    i /  i|ト、  l| 入:::::::cソス  ! リ l  i! マ二二7
      i !   i     .ィ!    !  \ル'  ≠ 彡 | ル'   !  l.  マニフ
       从   !へ  l|  __⊥.       """ i!  .|  !  l   }フ
         人 ∧ ノ\リ/´       '       リ   !  !  !
.        )/ 〉ヘ  `ヽ""     . _ ノ  . イ  ! | リ リ
        / /〉 ヘ     .          ∠二! リ リ / /
      /  / _ フハ    i 二ニ= =≦二ニフ / ム ' ル'
       /|   /__     |二ムイ`マ二二 7 / / `7ァ へ
.     /ム  /XX/ ̄ \ ムへへ!    ̄ / / /   '/   \
    // j 7XXく/⌒  ∨  \\    / / /  /    / \
     i/  リ/XX / /    i{    \\ / / / /     /    \
     | //XXX〈/      .lト、    \/ / /       /  /⌒ヾ \
.    /X/XXXX し'⌒ヽ  i| \   / / /    /  ∠斗<⌒ヽ ハ




                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i     ……謹んで。
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ


包みを受け取りながら、何だかお姫様から忠節の証を頂く騎士のようだ、なんて似合わない事を思ってしまった。

彼女の方はそのままハマリ役だが、こちらが斧を吊るした穴あきマントの与太者では何とも格好がつかないな、と苦笑した。


31 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:50:22 ID:1m136cjN0

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ー)  (ー )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


ずしりと重い。さっきも持ったはずなのに、格段に重く感じた。

懐に入れると、ほのかに熱を持っているような気さえする。




             __
           ,,.-´    ``ヽ
         /         \
        /           .ヽ
        |     __ノ  `ー ..|      まったく、重いですお。
      /.|    ( ●)  ( ー)|\
     / / ̄'‐、  (__人__)/  ..\
   /  /    .7───ー′ヽ   ..\
   \ ∧   __ノ ∧   .∧  |   ./
     ./´  `ー'〉   i   .l ..|  /  /丶
    /     /    ヽ /  | / ./   \


ぽつりと愚痴っても許されるだろう、とジト目を向ける。

32 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:51:08 ID:1m136cjN0

         _,,.. -──-- 、.,_/⌒ヽ 
       ,.::'"´::::::::::::::::::::::::::::::_;:,! i  ノ'-、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´ _,ゝ+‐'- _ノ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[_'ーァ' |`ヽ ),
   ,':::::::::;::::::::::::::/|::::::::::::::::::::;:::::!、__,ハ、_ノ、_,>
   |:::::::;'::::::::/_/__|:::::/´|:::::::ハ:::::::';:::::::::::';::::|〉
   |:::::::|::::::/|:/__ |:::/  |::::/‐!-:::::i::::::::::::|:::|
   レ、__|ハ_| ' ̄`ヽ'   レ',.==、/|:::/|:::::|:::|     メトロテカクロムですからね。
    |:::::::|:|""          `i/:::|_ハ|:::|
    |::::::从      '     "",ハ|::::|ノ::::::|     遥かな過去、古の魔法文明が巨大ゴーレムに持たせた剣の材料だったとか。
   ノ::::/|:::|ヽ、  「 ̄`i   ,/::::|::::|::::::i::::',
  ∠、:::::|:::|へ|`ヽ、.,__‐'_,,. イ/::::/|:::|::::::ハ::::|
    レヘ、|_,>イ  |  /`レ'、/:;ハイ::::|/
       ,..‐''/ .|  |/  /  /`' 、ハ'" 
     /_,r/  |/  /   /_  とヽ.
   〈Y (_,イ  /  /   Y___)    ',
   _ハ.',  |. / /      |       |
 ,.r''"ヽア`r」、__/____    ___!  ,.-、  |
/ 、 ヽ._|、ノキ (><) ̄´ュ7  ヽ-'   ',
 、 ヽ,.イヘ〉、へ、.,________,,.ァ'"-‐ 、_    ノ-‐ァ、
:アー'´:::| ヽ!ー'^ヽ-ヘ-/_)        /|:::::/7



              __
            ,,.-´    ``ヽ
          /         \
         /      '⌒   '⌒ヽ
         |      ( ⌒) ( ⌒)      なんとまあロマンな話ですお。
       /.|        (__人__)./\
      /  ..\         /  .\
    /    / `ー───ー′ ヽ   . \
    \    l |  ∧   .∧   |   /
    /\   i l  .| .i   .l ..|  / ./丶
    /   \ | . | /  ヽ /  | //   ハ


メトロテカクロム鋼。

資料には、【製法自体が国家機密の特殊魔鋼】という一行しか書いていなかった金属だ。

おっとろしすぎてちびりそうだ。質に入れるどころか、持っているのがバレるだけで手が後ろに回るんじゃなかろうか。


33 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:52:00 ID:1m136cjN0

              __
            ,,.-´   ``ヽ
          ./         \
         /           ヽ
         .|   .'⌒`  '⌒丶  .|
       / |   ( ー)  (ー )  .|\
      /   \  (__人__)   /  \
    /    / `ー───ー′     \
    ,\   .l |  ∧   .∧   |   ./
   / .\  i l  .| .i   .l ..|  /  ./丶
  ./    .\| | ./  ヽ /  | / ./   \


でもまあ、懐の中で軽く握り締めた感触は不思議なほど手に馴染んで、気分が静かに落ち着いていく。

手放そうとは、欠片も思わなかった。


35 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:52:59 ID:1m136cjN0

―――はじめてのおつかい。



                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /     う~獲物獲物。
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\       今獲物を求めてぶらぶらしている僕はセンダイに湧くごく一般的なモンスター。強いて違うところをあげるとすればボーパルに興味があるってことかナ。
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |      名前はいっかくうさぎ。そんなわけでセンダイの近くにある草原にやって来たのだ。
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~





















                           / 三三≧、_,.≦/        ヽ 三三三三三三三三
                           |  三三三三/            \   ',ニ:ニ三三三
                           ||  三三三/       ',/       ',   ',ニ:ニ:三三
                          ヾ   三三三!          l        l    ',ニ:ニ三三
                           丶   三三三、        ,' 、        ,'   ´  ',ニ:ニ:三
                            ヽ  _,.=''"´: ヽ . _ .. '  ヽ . _ .. '    __,. ',ニ:ニ:三:
          ,r‐─-、__            少='": : : : : : : : : : : : : : : : : -''"´     ,.-‐'''゙   ',ニ:ニ
      __ノ   ミ  `ヽ       少=''": : : : : : : : : : : : : : : : : -''"´    ,.---'"      _',ニ三
     /  ミ  ;     ;, ',,∨少='"ll´: : : : : : : : : : : : : : : : : : -''"´    ,--//´       _,. -''"ニニ三
   ,.-'"   ミ  i     ト-'"´    :ll: : : : : : : : : : : : : -''"´   ____ノ  //     _,. -''"三三三三三
  ,r' ミ ',     ゙l     ヽ      :ll_,.-i: : : : -''"´       / /    //  _,. -''"ニ:ニニ三三三三三
 r'     i     i||      ヽ   -=ニ_ゞ''ニ','"´     ,.---'" /    //,.-'"ニ:三三三三三三三三三
.i゙ミ 、    l    l||,  =ニ三ミi i _,.-'、¨´三三',  ,..,,___ノ / ./  _,. -''"´ニ:三三三三三三三三三三三


37 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:53:58 ID:1m136cjN0


                           /         \ 
                           -(⌒(爻爻/       }
             jll|l|!   ! .! .!        }爻狄 /      /
            j!l|  il|l i! i! l!        _ノし'レ -――-
            l|l  l|l|l|j! j! j!          )/  三三三三三 \
             j!    l|ll|ll|ll|ll|l!     トしリ′ 三三三三三三三
          l||    !l|l|l|l|ll|ll|夊爻爻爻)./  三三三三三三三三
          l|l    l|ll||iii!/∧)ハ/ノ}/: :.{   三三三ヽノ三三<三:}
            l|l   jl{iiiiiiii|//∧ : : : : : : : :  \(1)ヽニニイ①ノ三三
             l||l|ll|liiiiiiiiii| ///| : : : : : : :八    , ´三 `^三ヽ三三,'
              l||iiiiiiiiiiiiiii} ///ト、 : : : : :_ - ‐  、{  三人 三}三ノ
  l!  i!      l||iiiiiiiiiiii/////| '/,: :/´       `ヽー ―― ´
  i|  ll! i ! l!  l||iiiiiiiii//////|:. :.'/,            ∨
  |i! l|! i! i! l!   jl|iiiiii///////|:. :. :'/,  ,x爻爻爻爻x ∨
  l|l i{! j! j! j!  リl|////////|. :. :. :'/,幺" ' ゙ ⌒ `゙ミホx
  辷=========彡'//////////{:. :. :. :.'/,         ホ
. `ミ、       \////////////∧:. :. :. :.'/,    ____  ',
   \     \///////////∧:. :. :. :.'/,   /_-‐- ヽ }
     \     \//////////∧:. :. :. :.'/,彡xく ___`ヾ{___
      \     \/////////∧:. :. :. :/,   ⌒^⌒   V∧
        \     \////////∧ :. :. :.'/,         V∧
         \      \//////∧. :. :. :.'/ ,         V∧
           \      \///// |\. :. :. :' /,          X爻
            \       \/// |  \:. :. :. '/,         X爻
              \      `ー┤   \. :. :. '/,         X爻
               \       |     \:. :. :'/爻爻爻X爻爻
                      \     |      \:. :. \爻夊爻X爻
                       \    |      {爻爻\:. :. \  \爻爻
                      ̄ ̄       メ爻爻{{\:. :. :X^ヽ}爻X
                                爻爻{{. {`ー'  ノ 〉爻X
                                  爻爻{ i`ー‐彡' ├、X
                                爻{ `iー― 彡'}
                                  爻爻`ー― =く:. :.\
                                         \:.ノ



                            ゙''-、.  ...,゙''-、.    `''-、
                              `'-、. `゙ヘiコ;;、,    .`'-、
                                 `'-、. ゙'''て      `'-、   -、
  : 、                                `ゝ、  ゙''-、       \   .\
   ヽヽ                                    `'-、 ゙㍉、      \  ゙゙t、
    ヽ.ヽ                                  `''-、 ゙''ミ'-、  、    ゙'' 、`.l、
     ヽ ヽ                                   `'-,   `'-,.゙!t、.   .\.゙〈-,
     ヽ.ヽ .\                                            `-,゙'ミ-、   `-ヽ'、.
   .、 ヽ.ヽ \ .ヽ                                           `'㍉\    `、㍉
 .ヽ.、 .ヽ .ヽ,.ヽ .ヽ. ヽ\                                       、 `'.li \    ゙')i㍉
  .ヽヽ. ヽ .ヽ.゙‐  `- ヽ \                                       ゙ヽ、`ヘ、\.   ゙‐     ヒュオッ―――
..,   ヽ.\ヽ ヽ      ヽ ヽ                                       ゙' !、、.\ \.
. ヽ.  .ヽ `' !、 ヽ     .ヽ .\                                       ` !、、.゙' .\
  ヽ.'、 ヽ. ..''ヽ ゙‐    .′ .ヽ,                                    ` ㍉,
   ヽ.ヽ ヽ.  ゙           \                                     ゙' !、、
     .ヽ.ヽ ヽ,            \                                     ゙' ㍉.
   .'、 .、 ヽ.ヽ ヽ.            .ヽ,                                     ゙'
   .'、ヽヽ `'、ヽ               \
    ヽ\ヽ .ヽ\               \          、
    .ヽ ヽヽ ヽ丶                \         \
     .ヽ .ヽヽ ヽ         \         \.        \
       ヽ .ヽ  ゙‐           \         `'、           \
        \ \            \,         `-、       `'、ヽ、
            \ \     .、    ヽ, .\,            \           `-\、
             ヽ,      \     \ \,            \、       .\.\、
               ヽ,      \     .\. `'-、        `'-、       .`'-,゙'-、
            `'ミ┐     \     . \ . \             `'-、       `'-, \
                 ` !、,      \      \  \、         `''-、.      `'-、 \
                `㍉\      \      \  ゙'-、             `''-..、     `'-、゙'-、



38 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:54:52 ID:1m136cjN0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                            ┃
┃やるおは クローキングから いっかくうさぎにきりかかった。そして 1かいあたり 5のダメージ。 ┃
┃                                                            ┃
┃クリティカルヒット! いっかくうさぎは くびをはねられた!                         ┃
┃                                                            ┃
┃                                                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          _.,‐.‐、_
            .          /    \            
              _(こ^)、_ (       )                                  
             〃、__ノノ、__,ヽヽ_ -‐‐- _〃                              
               {.っ>  <っト、      ヾ                      /\        
             (⌒i  (千于`ー┴'─────┐.、                   IV\\      
          (O人  `ー|                |\\                 |   \\
            /⌒ヽ(^う 見せられ.      |  ヽ ヽ                  |   | |       _、7
                |`ァー─イ    ないよ!   |  | |              || | i 、    _.ヘ ./
                |/  (0::|__________|  | |              \|  |  |   _ヘ ヽ,.′
              /\____/.   /\        / ./                   _|      |_. ヘ\.冫
           /   /  ⌒ヽ /    \   / /\              /       .< \ヾ冫             ano,missミス、あの、ゲームがちがうんですけど。
       ___/  / ̄ ̄`)  ノ\     /ヽ、//   ミ           /  /\  . \.冫─ ─、___
      (__r___ノ ~'''''" ̄(.__つ  ̄ ̄ 'vVv' ̄ ̄"'''''~            |    |___|    ^    _____\    むしろ俺がくびをはねる方だろ、種族的に考えて……。
                                               ミ     / ._     ___    \\
                                                ` ─   /|  \  |  \____∠/
                                                  ! ∟. | ∟_/ /
                                                  i∠_彳、__/




             z ‐=‐ ミ
           /   _メ、 `ヽ
           〈、_ ト<_・__ノ    ',
            i じ    )      }     ふぅー……
          ヘ └'` ̄´     イ
            ` ‐ゥ      `ヽ
  iー―‐i       /       i ハ
  i    |二二二二〕ィ        レ' ヘ
  /    ヽ、      {         ',
.../ー―――\     ゝ        へ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / , ィ===‐‐‐-、   \
            ゝ }        ` ̄´


翌日。色々な意味で決心はついたので、初の討伐へと赴いた。

クローキング状態のまま斧を振りかぶり、渾身の力を込めて、いっかくうさぎの横合いから首筋に向けて振り下ろす。

うまく骨鋼の重刃が通ったのか、うさぎの首は一撃でゴロンと落ちた。どばり、と噴き出た赤い水溜りが草原に広がる。

クローキングは自動解除され、勢いに靡いていたぼろマントがぱさりと草を揺らした。


39 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:56:00 ID:1m136cjN0

     ._
     | ``ヽ、
     |``ヽ、\
     |   \ \
     /     .\ \
    ./     __\ \
   /      //  ̄ ̄
   \   /(~\
     \//.\ \
     / \, ̄ ̄/.\
   / (● )  (● )\
 /     (__人__)  y`ー 、       これは一日2、3回が限度かお……ま、それでも収入は倍以上だお。
 |  u    ` ⌒´  /  y气
 \         /   /\`ヽ,
 /    ̄ ̄ ̄ ̄´    入  ヽイ
 |   _____/  \
 \            ヽ \
   \            ヽ \
    \               j(ミノ


斧を振り下ろした格好のまま、首筋を汗が伝っていく。

一回でかなり消耗した感覚があり、そのまま大の字に寝転がりたい衝動に駆られるが、ぐっとこらえてウサギの腹にナイフを突き立てた。

討伐だけで一匹大銅貨8枚。素材は大銅貨3枚。

素材分は痛み具合によって減額されるそうだが、首だけをストンと落としてあって血抜きをしっかりしておけば、問題なく満額のはずだった。




                 / ̄ ̄ ̄\  
               /          \
              /    ノ  ヽ、_  \    ……解剖図通り、中身は動物と変わらんみたいだお。
              |    (●)  (●)   |
              \   (__人__)   /    血も出る。内臓もある。はてさてモンスターとは何ぞや。
              /            ヽ
             /  ,         ,  l   ブシュッ
         □■□■□■□■□■□■□■□■
         ■□■□■□■□■□■□■□■□
         □■□■□■□■□■□■□■□■
         ■□■□■□■□■□■□■□■□
         □■□■□■□■□■□■□■□■


血抜きでモツを取り出すために腹をナイフで掻っ捌く……それだけでも十分衝撃的だった。

前世のいつだったか、猟師生活か何かのブログに、モザイクなしの写真を載せた野ウサギの解体風景の記事を読んだ覚えがあったので、何とか吐かずに済んだ、というところだ。

部位ごとへの解体までは、もう少し余裕が出てこないとする気力も残らないだろう。

今のままでも満額だから、将来的にしなければならないとわかってはいても、する動機が薄いのも大きい。

40 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:56:59 ID:1m136cjN0

      ___
    /       \
   /          \     うーん。一撃というのは間違いではないけど、火力での蹂躙ではなく、アンブッシュからの暗殺になってしまったお……。
 /   ノ  ヽ、_    \
 |   ( ●) (● ).     |   こりゃもう少し何とかなるまで徒党は組めないかお。
 \ l^l^ln__人__)     /
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ


うさぎの処理を終えて、血塗れになった斧とダガーを拭いながら、一息。

それなりの安全は確保されたが、課題は残ったままか。

すごい装備を手に入れておいて進歩したのかしていないのか。



               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     これを1年続ければ1レベルアップ……何とも気の長い話だお。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


1時間ほど休憩を取った後、もう一匹、何とかかんとか首を刎ね飛ばして、2匹分の肉を担いで帰った。

この2匹だけで大銅貨22枚……日当2万だ。週3でやっても前世以上の稼ぎになる。

無論、命懸けの作業だし、保険も保障も何もないのだが……しばらく使う当てもなし、とりあえず1月続ける事が出来れば、多少寝込んでも何とかなる程度には貯まるだろう。

41 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:58:09 ID:1m136cjN0

          ____
        /      \
       / ─   ─   \     ……虎の子もあるしお。
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            `



   イ厂 ~ミ、
  .′/ ;      ヽ
  | {{ :      l
  | マ '.     l
  ゚。 'マ ',    ′
   ヽ ヽ ;   ノ
    `⌒¨¨´


と、懐に忍ばせている懐剣とは別の袋に、ころころ転がる幾つかの粒の感触を感じる。

しばらく、手慰みに手の中で遊ばせた。

42 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:59:01 ID:1m136cjN0

―――全部あげますって言ってましたよね?


               ____
             /      \   
           / ─    ─ \     (巾着に入ってて机の上に出したやつ)全部をあげたのであって、別に取り分けておいたものがないとは言ってない。
          /   (●)  (●)  \    
            |      (__人__)     |    
          \     `⌒´    ,/    
          /     ー‐    \    


ま、これも保険だ。渡した数の方が多いのだから勘弁してほしい。



         _,,.. -──-- 、.,_/⌒ヽ 
       ,.::'"´::::::::::::::::::::::::::::::_;:,! i  ノ'-、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´ _,ゝ+‐'- _ノ
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::[_'ーァ' |`ヽ ),
   ,':::::::::;::::::::::::::/|::::::::::::::::::::;:::::!、__,ハ、_ノ、_,>
   |:::::::;'::::::::/_/__|:::::/´|:::::::ハ:::::::';:::::::::::';::::|〉
   |:::::::|::::::/|:/__ |:::/  |::::/‐!-:::::i::::::::::::|:::|
   レ、__|ハ_| ' ̄`ヽ'   レ',.==、/|:::/|:::::|:::|
    |:::::::|:|""          `i/:::|_ハ|:::|
    |::::::从      '     "",ハ|::::|ノ::::::|
   ノ::::/|:::|ヽ、  「 ̄`i   ,/::::|::::|::::::i::::',
  ∠、:::::|:::|へ|`ヽ、.,__‐'_,,. イ/::::/|:::|::::::ハ::::|
    レヘ、|_,>イ  |  /`レ'、/:;ハイ::::|/
       ,..‐''/ .|  |/  /  /`' 、ハ'" 
     /_,r/  |/  /   /_  とヽ.
   〈Y (_,イ  /  /   Y___)    ',
   _ハ.',  |. / /      |       |
 ,.r''"ヽア`r」、__/____    ___!  ,.-、  |
/ 、 ヽ._|、ノキ (><) ̄´ュ7  ヽ-'   ',
 、 ヽ,.イヘ〉、へ、.,________,,.ァ'"-‐ 、_    ノ-‐ァ、
:アー'´:::| ヽ!ー'^ヽ-ヘ-/_)        /|:::::/7


……なんとなくお目溢しされてそうでもあるし。

男の隠し事なんて、いい女には大抵バレるものだ。


43 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 20:59:58 ID:1m136cjN0

                      ゝ - - -
               ,.: ' ´          ` 、
              /               ヽ
                 /                   ' ,
              イ                     ',
            i                       }     底辺の身軽さも悪くないけど、お。
            人ー-ニ_  ::____::          ノ
           yイ/////.y"´///`/¨`ヽ. ___   イ      ……ま、この重さの分ぐらいは、無い気を張りますかお。
       __...。sー-______//////イ////i////i`ヽ.′
  _.。s≦/////////////ゝ_____/、____/______/ー‐,',
≦///////////////////////////////////////.ヽ
//////////////////////////////////////////ハ
/////////////////////////////////////////>"、
/////////////////////////////////////>“´    ト.
//////////////////////////////////]/ i`ヽ.     ヽ
/////////////////////////////////   i i ゝ     ヽ
//////////////////////////////]/   。 .i i_ 夕‐   'y
//////////////////////////////´   。 .i//{/     .イ
/////////////////////////////     。Y〈//i    .イ
///////////////////////////       }人/∧sイ
/////////////////////////イ         [/i\/\i


とりあえず、やっとスタートラインに立ったという気分ではある。

五里霧中であった将来に一筋光明が差した―――


46 名前: ◆O3SFWv6iLE [sage] 投稿日:2016/06/14(火) 21:01:43 ID:1m136cjN0










                      ―――かのように見えた。







                                                              へべく。

関連記事
2016-06-15 : 続きのないチラシの裏 : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
プロポーズだ! 今のプロポーズですよね?
2016-06-15 07:13 : URL : 編集
No title
あぁん!この静かな雰囲気の物語たまらないのぉぉぉぉ
2016-06-15 10:31 : URL : 編集
No title
最後のが不安でならない。
2016-06-15 20:34 : URL : 編集
No title
まとめ乙
続き期待
首狩り兎とはゲームが違うっと…。
2016-06-15 21:56 : URL : 編集
No title
一気にまとめ読み。
新作期待
2016-06-16 01:02 : URL : 編集
No title
グイグイと読ませてくる
メッチャ面白い
2016-06-16 01:38 : URL : 編集
No title
最後の最後に頼るモノを預けるって、私の尊厳と命を預けますって意味か
ある意味、祝言よりもすごい話だ、よっぽど気に入られたんだねえ
2016-06-16 23:49 : URL : 編集
No title
冒険者に出てくる色んな一角ウサギを見てきたけど首落とされてるAAは初めて見たかも、熊とかババコンガでそういうの有っても良いかもな
2016-06-17 09:53 : URL : 編集
No title
短命設定だったけど実で寿命伸びるとかかな?
2016-07-02 01:33 : URL : 編集
No title
ボーパルってまさか・・・
2016-09-23 22:30 :   URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示