FC2ブログ
クリックで開閉

☆凜男友達シリーズ二次創作 やる夫は、無限の成層圏に手を延ばすようです5前編


ここの板の基本ルール(2013年9月改定)
1 本スレでの予想は禁止、雑談は基本避難所で
  →内容が投下内容の本筋に沿わないもの、3行以上の長文等は禁止です
    安価付雑談は全て避難所でお願い致します。

2 補足説明はok
  ・そこから発展した議論と雑談は避難所でやること。
3 誤字、脱字に関する書き込みは推奨
  →訂正元についての安価をつけて下さい
4 自治不要
  →違反者はその都度☆凜(>>1)が対処するから自治レスは禁止

その他、雑談所で自重するように言われたもの
*共産主義、資本主義等の**主義関連、宗教関連
 その他加熱し易い話題は禁止。
 他スレの話題は常識の範囲内で許可。
みんな仲良くの原則に外れそうな話題はやめましょう。

作者さんより 「少しの気遣いでみんなが幸せになれるという事です。」

追記:考証、議論専用スレが出来ました。アドバイザーの皆様はそちらへどうぞ。


やる夫は、無限の成層圏に手を延ばすようです プロローグ    

379 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:00:23 ID:???0




          _lヽ._
        r'ヾ〉 ∀ `ミヽ            割と脳味噌が胡乱なんで、変な所とか有ったら突っ込んでくださいねー。
        }_ヽ___.、<ヾ } } }
        :}==仁´} } ノノ.ノ             余裕があったら直します。
         〉==⊆レル!'´
         }== {;;了                   色々煮詰まってて堂々巡りもありそうだし、もっとスパッと出来そうなんですけど、
         〈_ ,ニ二>
      ⊂ニ{二 !.{;;;L..__            正直客観的に判断できる状態ではない感じが……。
         〉二i r;;;r‐┘
      ⊆ニ〈`~¨'i ' ┴-┐               あ、書き忘れたけど、バラライカさんとラケルてんてーと知事は、
          )== i {;;;丁~
       に二{____ { ,ニ二⊃            元々奇跡の世代関連の色々で相互の交流があります。
       ,...__)二...j(;j;;(..._
       `ー- }二" }, r;;;;rー┘         と言う訳で、第五話前篇、投下します。58レスレス。
゙:゙':':':~:~;";'';':':':~:”:^:'':';~:゙:゙':':';~::~:":'';';;~;”:^:'':'




.

380 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:00:48 ID:???0




   ヽ.,       /| ,、
 、_  }ヽ、  _,/亠}:ト、      ,イ
  ヾ、‐゙ `戈´..::::::/ |::::`.vイ_,//                       【前回までの要点+α】
   ``'ー/.::::;ィ/ィ:j、_|::i:::::ヾ´_∠
   -=ニi::l::/l/W  ヘj:::l:::|_/´
     寸:;|:l o   o |::l;::}ニア       ・色々無理矢理に初顔合わせ終了!
     ‘!从._-_,.ィrイ1′           ・見た目は子(ryaな小学生が、博士(JK才)と助手(JK才)とを転がす事案発生!
      `` Yh+‐{ゝ,             ・束さんマジチョロイン!まぁ、男友達世界だしね
        У‡ Li↑  .          ・過去ログはスレ冒頭を参照の事!
         1´`゛T゜
         ’ ̄’




.

381 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:01:18 ID:???0




:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.i
.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:( ゝ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:.丶、 }
.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;:.:.:.:.:. 〈 ̄'_.ヽi                      篠ノ之束との面会以降、
:.U:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:(._`__;`ヽ
ー-.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:./´` 、!                   それまで停滞していたはずの時は、
:.:.:.:.:.`:.'':.ー-:.;,_;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.ー'~ヽ,. }
`ー-.;_.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:ー‐---‐ ''´.:`.:.、                  堰を切ったかのように流れ始めた。
;;;;;;'''ーヾ;;-::;;_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::...、
ミi''U   `‐::;;≧ー-_::;_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>                その理由は極々単純なもので、つまるところは……。
.uヽ     `ヽ''"´  ̄¬ー-―┬‐'' ´
  i             {    |
  ;  , '     <,..__   !ー  ´丶,、
    ヽ ー- ..__   ,-ー〈 ヽ U / \_
  u      、.. ̄┌┘   ヽ. /   _,メ.:ヽ
        ┌┘     /  ,...-'".:.:.:.:.:.:.:\
ヽ、        /     ヽ ,./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
/、ー`-...,__.ノー- .,,   ('´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
ー}.}.:.:.:.:´、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:'丶、 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;.:.:.:.:.丶
=il.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:`、 ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;.:.:.:.:.:.:ヽ
==:}:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;,;,;.:.:.:.:.:.:.\.、
==:!.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.;,;.:.:.:.';,.、.  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:..ヽ、
==l:.:.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.,;,;.:.:.:,:.}!:.:.\_,.、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
=!.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:/.:.:.:,;,;,;.:.:.:.;,;リ.:.:.:.:./:./´ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:!
=:7.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:,:':.:.:.,;,;,;.:.:.:.:.,;;{.:.:.:.:.:'.:´.:.:.:.:.:.:`;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,:.:.:.|
=7:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.':.:.:.:.:.:,;.:.:.:.:.:,;.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;.:.:.:}




                   }    {
                _「    ノ
                乂     (               ……彼女がやらかしたのだ。
                 ` ̄) |
                  r- '  ノ                    元より、情より理の方が近しく、
                 ,} __)_
                /xxxxxxxx ヽ                 しかも、最短距離を押し切る傾向が強い彼女が、
               /         ヽ
               { r-zzz、      }              軽いプレゼントのつもりで、私の目的までの道のりを、
               、 |! o |___  /lTrzz 、
               ,.-|!-.__,r|===ミ、// |l|_o |         大胆にショートカットしようとした。
             , :'/7^乂_ノ: : ∨: :r、/|l| |_,ノ!
            /:,:'  _,.-、_T:|: |、:{: : \`乂__ノ             そして、束博士のそんな軽率が、齎した混乱については……。
            {/   r-:/-|: Ⅵ:\、: :と⌒ヽ:、
          , ´    /:{:/  |: |: : :|\_l!:.:.:|  ヽ 
        /    ,.:': =≠={从_} |_| |: : |\  ',
      ,  ´   , イ |: |: :| し'     =ミ !: :リ: |、   .
    /    /|:.:乂!:.|: :| _      /|:./|:.:| ,   :.
  , ´   ,.:'´ /: :/: |:.|: :| {  `¨ヽ  八/: |:/   ,   ヽ
 /    _,.イ/Y^Y⌒\{八:.{、    __',....ィ: : : :/}'   :.   ',
 、   ´ ///j!  、  〈l∨:\}` ¨¨|{: : : {: :/:.イ `TTヽ_':,    ヽ
  `  -// //     〈l ,: : |__.  |マ: : :∨{:/   {/||/| \    :.
     \_/     〈l ∧: :! `  r マ: : |l〉'/   |/||/|    __」
       \__  〈i_イ〈: :}   、  乂ハ} |  _/!/!!/!¨¨ ´
       /: : :\/  〈: ハ    Y /}: :} ∨´: |  ̄´




.

382 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:04:46 ID:???0




                               ___
                           , <: : : : : : : : : > 、
                    -、==-‐ ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :> 、
                     ` >: : : : : : : : : : : : : : : : : ; : : : : : : :.:>、     ……百聞は一見に如かずと言うが、
                     /: : : ; イ: : : : : : : : : : : : : : l : : : : : : : : :.:\
                    /: : : / /: : : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : ヽ     怒り狂った彼女の姿を詳細に描写すれば、
                    /:..:./ /: : : :/: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : : : :',
                   /, イ  {: : : : :./: : : : : : ; : : : : :.ト:. : : : : : : :ヽ: : : : :.l     きっと理屈抜きに理解してもらえることだろう。
                  '´/l  ',: : :.:/: : : : :, イ: : : :..:.:,': :V: : : : : : : :\: : :.l
                 _> ':_:_:!   ',: :/: : : :/:::::!: : : : ;/:::::: V: : : : : : :、: :.'<|
                   ̄  |     '〈: :.:/⌒ヽ:l:.:.:.:.:/::/⌒\: : : : : ヾ`ー-ヽ
                   __ /     };/::::::::::::::::|:..:.:/::::::::Y⌒ヽ:\: : : : :\: ::|
                 /.=.\   /:l:::::Y⌒ヽ:::::|: :/::::::::: 乂__ノ:::::j`<: : :..:\',
                /二二二\,.': : '.:::乂__ノ::::l:./::::::::::::::::::::::::::: /: :/: `<: :..:\
              /二二ニニニニ\: :.'、   :::::::l':::::l:::::::::::::::::::::: /:_:/: : : : l:>、:_:ヽ
             /二ニニニニニ=/ ̄ `     ::::::::::`::::::::::::::::::  ̄/: : : : : l : : : :  ̄
           /ニニニニニニニ/、: : : : :.' ,   、___ イ:::::::, ': : : :..:.:.:l: : : : : : :ヽ
         /ニニニニニニニ/:..:..:\: : : : :.:> 、 マ _ ノ /!: : : : : : :リ: : : : : : : : ',
        /ニニニニニニニ/!: : : : : : :' ,:: : : ::.:..:_:> 、  /, -l┐: : : :./: : : : : : : : : :}
      /ニニニニニニニ/  \: : : : : : :\: : :/ `  ̄7ニr{ ´   ',:..:..:./: : : : : : : : :/
     /ニニニニニニニ/    _`<:_:_:_:..:..:\    /{::::::::::ヾ、   ',:.:/: : : : : : :., ´
   /二二二ニニニニニ/      , ´二二ニ/ニニ/`   / |:::::::::/ ',   y: : : :> ´ ‐-   、
  /二二二ニニニニ/__, <二二二ニ/二ニl  > '  |::::::/   ' , /:.> ´',ニニニニニニヽ
 二二二二ニニニイ二二二二二',ニニニニ\ニニl/    ,/:::::ヽ    {:.:/二二',ニニニニニニニヽ




           「 ̄ ̄∧      ,.ィ=-- 、
           | o _,|∧_. --. ._///\  \
           |-、__ノ |: : : : : : : : : `ヽ/\  _ハ
           〉、_ノ: : : :.|: : : : : : : : :ヽ \_}        何をしたかと言えば単純な話。
          /: :/: : : :.,: :.:.|:|:!: |: :/: |: : : : .
          /: /: : : :_/:_|:/:从、:.∧:_|: |: : : :.          彼女が生出演する事になっていた、
         ':': ':.:|:-|:/: /|' {: : : :| ´l:/`:.:.|:|: :.',
         l:|: |: :|: :}'{:/   ∨:_:」 /'  Ⅵ|:|',:|リ         科学番組の特番での意図的な失言だ。
         ;:|: : |:|: :| ィ≠ミ    ,ィ=ミ |: |:| }'
         /:|: /|:|: :|      ,    ,: : ル:,           「IS技術の民間転用について……」
        /:/イ: 从:.ム   ____   ムイ: : |
       /: : : :|: : : |从、 乂__,ノ イ: : :|: : :|           事前の打ち合わせでは、
       /: : : : :|: : : : :|\ ` ーュ´、 : : : j: : : :.
      /: : :,.--乂,: : : }/∧   | |,: : : : |:_: :., :.          宇宙開発に関するフリートークの切っ掛けとなっていた
     ,: : :./    ヽ: : |/ ト、   ∨、: : : |∧:.| }l
     /: :./     、 ,: :|   , `  Ⅵ 、: : :. \:|          その質問に、彼女は笑顔でこう答えた。
    ,: /      Y}: :|    :.   ∨ ヽ: : .   `ヽ
   /: {          |{: ノ   }  、:l \  、:._    }
   /: :/\_,.ィ///丶「: ノ_,.--r-r-、ヽ  > 乂: }   /
  , : / /{///////〈: ノ´   || ∨ `Y´ ̄乂_}l∨/\
  /:./ /: :| ̄ ̄`Y/从    ||         || }///,
 ,: /  ,: : ;    ,:{_/ 、    jj        / /イ  :.




.

383 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:06:54 ID:???0








                         「ああ、その事なら、パパさんに一任ししたよ」








.

384 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:07:11 ID:???0




    ザワ       ザワ     ザワ
      ザワ       ザワ     ザワ           生放送、公開番組、露出が少ない篠ノ之博士のテレビ出演。

ザワ   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y            元より注目される要素の多い番組での、これだ。
  ザワ:::Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
    ::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人:::人
    :::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:::::Y:




        ,. - ‐:..、
       ,':::::::::::::::::::',
.         !:::::::::::::::::::;'
     _ ..-':::::::::::::::::':‐...、
    ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ             ……パパさん。
   ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',           明らかにニックネームであるそれは、
  ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',          彼女に近しい、そして恐らくは年上の男性を示す言葉であろう。
  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'          ――或は、ハニトラにでも引っかかったか?
   '、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.!::::::::;:'
    丶;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: '           そんな失礼を考慮に入れつつ、
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´
     i::::::::::::::::::i'!:::::::::::::::::!             おずおずとパパさんについて問いかけたインタヴュアーに、
     !:::::::::::::::::i i::::::::::::::::::i
     !:::::::::::::::::i i:::::::::::::::::i             彼女はあっけらかんと答えた。
     i::::::::::::::::::! !::::::::::::::::i
      i:::::::::::::::::! ,'::::::::::::::::;′
.      i::::::::::::::::i,'::::::::::::::::;'
      !:::::::::::::::;::::::::::::::::;'
.       i::::::::::::::;::::::::::::::::i
      ,-'::::::::::::;'、::::::::::::::i
      !:::::::;::-'´ 丶、;:::::::':,
      ` '´       ヽ::::::!
               `´
      パパさん想像図




.

385 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:09:47 ID:???0




                 >zz'ヽ
       _       , . . -iV    V
      i¨ ̄ |ヽ , <,-==l∧  0 _V、
      | 0 .|ilil`Z彡'´ ̄ ̄`¨ヾ 、_,}ll}: :ヽ
      |t  r!´: 、: : : : : : : : : : 、`ー'": ヽ ',
      弋zシ: : :.i\: :\i_:、 : : \:\: : :',:',
    // : |: : : i : | ', >ー≧: `xー-\:',: : i: ',          「アレ?あの子にパパさんってつけたの、
  /´/: :i: !: : : !: :l ',:',: : :| \:' : \__>: |: :',
    i: : ,! |: : -|',´!⌒リ\:!  `ー‐十ー―、: :.',ミ,、        テレビニュースだったよね?」
    |: /|: !: : : !:V    `  x=ミ.乂   .}ヘ :ヽヾ
    |/ .|: ト、 : ト、! x=ミ       |ィーヽ/i'": : :ヘ
      .,V  ヾ!ハ        〝 ri: :/!ミΞ彡、: : :',       しかも悪い事に、この場に千冬さんは居なかった。
      `--y"_|: i_〝     _ <{: : :r'     >: : ',
        7-〈: : 〉7TZ朮ヘ  }ヾ!: イ >-<i ヽ: :i       後で聞いた話だが、私との面会が早期に実現した理由の中には、
        //i: :〈: :7  `Y 〈┴ー/ : : |、/ー==!、 V
       .// .l: i:.ヘ_:>`ー.乂.{   T¨"´〉三三三i'          この日の為に、束さんを懐柔するというものも有ったらしい。
      //  |: ト、: : i/三=l-rt-+rt彡=}≧=-l、_
      {/   .|: | \l`イ彡,l=i_l==i_l=-" イ\`<ミ、、
            /彡/ i       /ヽ\   》




          i
       i  ,ハ
       /| i|ri|
      i|_| i|ri|  ハ    i
      i|_| i|ri| ./⌒:.,   |l l|
.      |_| i|ri| {   .}  ,|l l|                                  i         彼女の夢を世界に発信する
       i|tl i|ri|. ',  八,ノ|l l|                             i    ハ
        i|x| .i|V|. |⌒l ┌|V|                              i|^|     i|^|        貴重な機会を、苛立ちや諦観で
.      i|v| j{Ni|. |´`ト、,,|::| |                               i|v|   .i|X|
..     i{N|.瓜li| /^ヽー|::| |                                ilX|    .i|vi|        無駄にしてしまわないように、
.     j{Niリ_|‐i| |'⌒|  |::| |                                 i|xl|   i|Xi| o_o
.       j{lNj{‐|‐i| |:: : |  |::| |                            i|xi|   i|lXl| |K||     高い知性と宇宙に夢見る感性とを
     j{iN|iー|‐i| |:: : |  |::| |                              j{x_|.   j{iXi| _{Kl}_
、 .    j{_N|iー|‐i|∩:∩∩.|::| |                             j{|Xi|   j{|X|i| |K||     備えた私を引き合わせたのだと、
洲ミs。..,爪N|iー|‐i|| |-| |i .| |::| |___                          j{i{Xi|.   j{i{Xil| |K||
洲洲洲洲ミs。‐‐i|| |‐| | |// :| || ̄| ̄|rュュ                    j{i{Xi:|  j{i{Xi_| |K||_    苦い顔でそう言っていた。
洲洲洲洲洲洲洲ミwx、TTTTTi|_||_|_|_,|_,|   ¶         i       ,爪Xi:|  爪Xi | |K||ニ||
洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ミxx、  ,爪Xix|  爪Xixi|_,,|K||ニ|| _
州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州州ミs。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄从洲wxxf州州州ミw
川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川川ミ=──=彡川川川川川川川川
ーーーーーーーー-=  _`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`:、`ミ、ー=彡,:",:'´,.:'´`:、`:、`:、`:、
                    ̄ ̄``゙゙''ー~ーー'´ ̄         . . :```''ー-  _ーーーーーー_二ニ
                                . . : : : :, :, :, :, :, ー=ニ二 ̄ー=_⌒^´ ̄: : : : : :.
                                       . : :, :, :, :, :; :; :. :;`ヽ、 ``ヽ : : : :. :. :.:.:.:.




.

386 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:12:48 ID:???0




              __
         >≦´/////≧<
        ,ィ´///////////////`'メ、
       //////////////////////ム
      ,'////////////////////:!//ハ
      ,'/////////////////////i////ハ
     ,'////////////////////ハ:i////!ヾ:.、        世界はまだ捨てたもんじゃない。
     '/:!///////////////////Vi//Y/!  `
     ,'メi////////////////////j// j/j           自分と同じ夢を持ち、空を見上げる人が
    /' j//////////////ム/////イ! j/
      ,'//////!/////////ハ//////!´            まだこの世界には残っているのだと、
     ///////!',////////i/ハ/////ハ
     ,'//i/////V//////////ム////ム、          伝えたかったのだと……。
     !//:i',/////V///////////〉、////ハ
     !ハ、!:、////イ//////////'  }/// }ソ         そして、私との対面以降、束は随分その機嫌を良くしており
     マ{ ヾ/',///////////ィメゝ、 }/ イ´
   _>≦ニ':、/_j__///>'ノイニニニニ≧ー-,          それで油断したと頭を下げたのだが、それは余談だ。
   !ニニニニj____/´ニニニニニニニ/ニニ',
   ,'ニ!ニニニ///ハニニニニニニニ/ニニニニi
   iニ',ニニニニ////ムニニニニニニ/ニニニ:!
  .iニニ',ニニ//////ハニニニニニニ/ニニニニニi
  .iニニ':、////////ハニニニニニ/ニニニニ:i
   !ニニ//////////!ニニニニ/ニニニニニi





     /|\    _, . :‐: : : : : : \___.ノ
    .ィ__〉|:ト\./: : : : : : : : : : : : : : : : : \
   /  r::|:::|\/: : : : : |: :i : : : : : : : : : : : : : :\                    兎も角彼女は、多くの視聴者の前で、
  / o./::/:::ル': : : : : : :|: :{ : : : : i: : : : : : : : : : : \
  |_  /::/::://: : : : : : : λ: :、 : : : |: : : ト: : ヽ: : : : : :ヽ                  自分の研究の民生転用に関わる決断を
  | し'///: :/ : : : : : {: ト: : ゝ: : :!:./|⌒i: :} : : : :| : ',
  し.';/  {: :/: :/ {: : : |: |}从:〉 : : !ヽ: }ヽハ:!|: : : :|: : :',                 若干9歳の男児に任せた事を、
       |:/: : {: :|: : :/|:l {\: : : i'´V-―z|:!: : : :!: : : ',.        /ヽ _
       |: : : :| : |: : :|:.:|.メ〉 \__i '" ̄ ̄|jノ: : :i! : : : ',     / // /、      そして、任せた理由として、件の男児は、
       |: {: :/!: :|: : :Ⅳ .ィ:チ   ,.   '' "/:/: : /|: : : : ', { ヽ / // / /
       V|: :{ |: : : : :|ィ/      ′   l:/: : /: |:\: : 丶! レ // / /  __     ジャンルは違えど自分と同等以上の天才だと
        |: :| |: : :\{ 、'' "       ノ /: /: : |: : :\: :ノ 、     〈//
        V ト _{.:_;>.._   ̄   ∠ィ: : l: : :|: : : : _/   )    /      声高らかに宣言したのである。
    ( \   丿: : : :: ヽ: : `i ーr---   |: : :|: : :|/い{   /     /
     \ \(\: : : : : : : 丶: | : : |       |: : :|: : :!ヽ ヽ)ヽ     /===ュ
      \ \ \: : : : /λ|: : ノ      | : V: : |  \ うト=='" i  [_]
  ____〉 i   ヽ: /  (ハ: : { |) __  /ヽ:_: : /_//〉|      | |
 }――――  {    V  (| |: 丿|) 〉 `   〈:ヽ:)--~ヾ |      ,..イ\
  (二二二         _}   (| |}:!:|_|)/      ):〈\___ >r――イ、.丿: : ヽ
      /\___.ノ∧  X (:.:ノ /     ヽ/ } : :)∧::::ヽ |     |/}: : :\




.

387 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:18:15 ID:???0




              __
          ,. -'"´    `ヽ
        /   U         \
       /――        ―― ヽ、
     , '  、ィ= 、       、ィ= 、   ヽ
     /  |:|  ,リ      |:|  ,リ  U '.          斯くして私は、世間と言う名の濁流に
     |    ゞー'       ゞー'      |
     i⊂つ            ⊂つ  /          飲み込まれる事となった。
     ゝ   U (       )     /
      ` 、    `ーr'´`iー- ′ _,.イ             特に不運だったのは、件の番組が
         > 、  `=='   ャ≦
        ,ゝ ̄ ̄ `ー──┴- 〉              国営放送の昼間の教養番組だったことだろう。
      /   ゙ 、 _        /` 、
     / __,,.         ー'    ヽ
     //   \           、  ∧
    i'       }             V ハ
    |         i             }




___ _____     _____ _____     _____ _____
/    ||//    ||   ||//    ||//    ||   ||//    ||//    ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||    授業中突然外が騒めき始めたと思えば、
 ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||
..  /d|     / ||   ||    /d|     / ||   ||    /d|     / ||    取材のマスコミ、
 // ||   // ||   ||   // ||   // ||   ||   // ||   // ||
___||____||   ||____||____||   ||____||____||    フェミナチの無許可デモ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                 警察の乱入と大混乱。
/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|    その内に校内放送で呼び出され、
___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
. ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l        私は殆ど何の準備も無く、
/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||        県庁舎へと連行される事になった。
  . /l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
  l/_____/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
  _|||___||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
 ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l   ./l/ ̄ ̄ ̄/l
.___/:/|   l/_____/:/|   l/_____/:/|
__||/ !||    |||___||/ !||    |||___||/ !||
_  ||.         l||      ||.         l||      ||




.

388 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:21:25 ID:???0




                                 ____
     ―――――――‐〒―――――――‐    / /         校長室で、何時もの護衛の人達と合流し、
            _(〇)l´ ̄ ̄\_n         /  ム
         ,..,.-'´ン     〔 ̄`゛jコヽー------'´_.イ⌒ヽ\       騒乱を横目に軍用ヘリで空へ……。
       ,./´.ンィ"   ,⊆⊃、. ̄    _,,..-ーヽ ヽ、..ノ,/
      (´ `´ __〃_,..'====゛-―'"´ ̄      \_ゝ'"
       `゙`` ̄ヽO"                   O




       _____
    ;γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、;
    ;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;               報道陣のヘリを蹴散らしながら、県庁のヘリポートに移動。
  ;γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ;
  ;(:::::::::::/  /   \\:::::::);                 直接通された県知事の部屋で、まず目に入ったのは、
  ;\:/  o゚((○) ((○)゚o::ノ;
   ;|ノ      (__人__)   |;              部屋の真ん中で武装した護衛に囲まれ、酷く怯えた様子の母さんの姿だ。
   ;\     ` ⌒´    /;
   ;/       ー‐     \;




.

389 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:22:57 ID:???0




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、           母に駆け寄りながら周囲を見渡すと、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ          護衛の兵士らしき人達のすぐ外に、
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,' -ー.      ー   |:::レ'::!ヽj/ )ヽ           苦虫を噛み潰した様な表情の県知事、
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧`-ー=-"   `ー=-‐/|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ       ,     u.l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、u.           ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   ⌒    ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ




                  =-――――‐ヘ_
               "´    _,  "´    ヾ_
              "    彡ゞ´    r=ヾ ※  ソ
           ,、|` ー "´    γゞ弋少  彡゙``ヽ
          @ゞζ心 ζ少 弋乂  彡": : : : : : :)           その傍らに二人、
         くゝヾ ゞン  ゝ杉゚ _ 彡 " : : : : : : : : : {ヽ
        / 〃`≧ー-. .-‐ : : :´ : : : : : : : : : : : : : : :_}           強い好奇心の欲に目を輝かせる
      /: : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : (  ハ          ラケル センセイ
      (   ’ : : : : : : : : : : : : : :r、 : : : : : : : : : : : : :ハ  ハ        小児科専門医。
      \ i.: : : : : : : : : : : : : : :|-―= : : : : : : : : : :i´.    '
         )|: : : : : : : : :__: : : : : :.i : : :ヽ : : : : : : : : ノ      ,
        八l: : : : : : "´| ∨:::::::::::::'; z==〒": : : :i´
         ゝ、_: : : : : :!z==::::::::::ム.弋_ソ ヽ:_/      |    !
        |  .入: : : :| ゞ,ノ \::::::ム.   彡"l      .|    !
         八   ヽ: ̄`ハ. ー , -―::ヤ"´  ノ|     ∥   |
         \::ミ   ; . ゝ.   _ ,\:ヘ ./ |     ∥   |
           ヽ!   ,   .≧o。 _ ..\ r-|    ∥    |
            }:   ',    _くゝ_r-ι-ゝ!    ∥¨¨〃‐,|
            |:   }_,, .-‐.〃:\〈::::ヽ:::::|     |{{:::::∥:::::::ヽ
             ,リ    }::::::::: ∥ゝ:::::::彡::::::,    ; |{{ ∥::::::::::::i
.             /    |:::::::::∥::::::::::::::::::::::,   ,' |ゞ=ソ::::::::::::::λ
         /    i.  !:::::_/ |^ー-‐-‐^ー,,   'ニ!:::::::::::::::::::::::| ∨




.

390 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:24:37 ID:???0




                  _ .ノ`ヽ __
                /ヾ :i! :j }`ヽ、
                〉`ヽⅥ∨ /≠≦}
               〈二ニ=-vx=ニ二三〉
               ///; |:.Vヘ\`ヾ}
              /// _/_/! | ∨ヘ ヽ\ヽ
            , ‐く⌒´/ ∨!/⌒ヾ´⌒Y´ `ヽ、         それから、軍人然とした雰囲気を放つ、女性が一人。
           イ :/     ∧V∧    .:}    ヾ                           タイ フェミナチ
          ノ :i! { 从 〈 ``''"´Y  .:}       .:}         服装を見るに、彼女が噂の公安第五課の人間であろうか?
         (:イ .:{:! ハハノヽ、、   ムイ ハ 从  .:Y
           乂!从ゝ二≧、、   x匕´イイノ j :イ    .       となれば推察される状況は限定されるが……。
           从乂ー癶zァx、  彡xzァ癶ーフイレ小
           //小乂三彡イ   ヾ   ’彡从| :乂_           当時の私は、篠ノ之束がなにかやらかした可能性の高さを、
        __// 从!ヘ\ミミ}         彡イ!.:j:i :!ヽ `ヽ.
      /´   / .:/!| :iハ彡ミ{  `"    /! //! ! :  \   :.     ここで少し下げている。
.     {:. .:ィ .:/ i| :l! i:\ミ, ´ 二 `  イ i// .:|! '、   ∨ヘ: \
      У  .:/  .:i| :l! |l:l \     / li //  .::|!   \ :} !}:  :ヽ
.     ノ   .:ii.  .:i| :l! |l:l    ー    l//   i:.:|i     ..:ノ i:j   i :.
.    /:.   .:j:!  .:i| :l! |l:!         :l/  .:i!.:|:!       .リ   .:j :i
.  /:    .:ハ_.:ノ :ji .::i/        :j    .:i!.:| !、、        ′!
 . . . . ..- :.:"´:.:/ .:/ . :/          / /:   :!l :! i:.:.:.` ー:.:. .. . ./ :/




        _____
     γ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ              「やる夫、もう大丈夫だよ。母さんがいるからね?」
   γ:::::::::::人::::人::人:::人::::::::ヽ
  (:::::::::::/  _ノ   ヽ、\:::::::)
   \:/   (○)  (O)  \ノ              周囲を観察しながら、どうみても一番大丈夫ではない母を宥めていると、
    |ノ      ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /            まず知事がこう口を開いた。
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./




.

391 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:27:00 ID:???0




    ,' ⌒ハヽ、,_r - -¨⌒`へ _,、,ハ⌒ 、
   ノ....:::::::::.%〃:::::::::::::::::::::::ヘ::::::::::::ヽ`ヽ:::::::::::ハ
  i...:::ィ::::∧::::::::  ::_::::::::,::::ハ:::::::::::ヽ:ヽ ´丶:/:i
  ト..:::/::/::|/:::  :/´:::::::::メ:/ヽ:::i::::::: :ゝ:::ヽy::::::::i
 /.:::ノ::::リ/:::/:::::/:::/´::::/::/| l:::::l::::::::::::丶::ヽ::::::リ            「救出されたばかりのやる夫くんには悪いけど、
 {.: 〈jYyノ::/::::イ:::::::::::::::::/|/ l:::/l:::/l::::::::i:ヽ::l:::〈
  )   |/|/:::;;/l;::/.レl/,. j  l::/l;:/ !:::::::l::::l ルリ:::、            時間は有限だわ。そろそろ始めましょう」
      l:/::::l;::/.レl/,.    l/ ,l;_ l:::,::::l:::!   ヽ)
      レ∧:j:l"弋ラ``  " ヒラ``レ::i::l:Y
       |/::ハ''''    .   ''',!ノ:l:::l:/                 自分の言葉に納得できていないような声音。
       !/:::::`ト    ,、  , ':::/|:::i:|
       l:::,':::i:::;;l:`r 、_ , イ/:::/:::|:::i:|                 けれどきっぱりと、軍人然とした女を促す。
      :l::l/:::::l/:l;l:::l     |l::从:ノl:.:.V
     :::/ ...;;::::l:/l::l:{ヾ、  _ ソ/ ̄/'ヽl:.::ヽ,
     /'l..,ィ'´‐∧ ゞi ヘ-‐-イ/  /   `ヽ、
     /:.::{ ゝ ヽ  '⌒`V^~^V⌒ヽ   / i/ 'ヽ




                  r┬「 ̄ `>、
                <圦 -─-くー=辷ュ
              __,イ/ /小 寸\`ヽ`ヽ.
             / // 圦ー辷≦-=  寸 '.
            爪/ー彡ヽハ      `¨寸爪
           /,'    |`V_} 〉 } \ ヽ   Y小              その言葉に、軍人めいた女性が頷き、こちらを向いた。
          イ/ ./   |´ .jム斗-ミ辷 Y  } |l ',
          {ル / イ抓....、  rェェァルイ レハイ圦 .',
          圦{小{ミォェテミj     ノイ |リ    ',             「……判りました」
            | |ハ辷=Y         イ .|    ハ
            | | 込三} ヽ     . | l|    小
            リ |  \} `こ¨´   , .| l|   / ,小            子供に対する為だろう、ふと、彼女の纏う空気が緩む。
            ' .| |   \   /  リ l|        \
           /  リ l   ィ|、`¨´ ㌦/ lト、          Y         そんな雲の上の二人の動きに、
          ./  /  .レ==ァミ{  / /  ,l|ニト、        |
         ム=/  リニ/¨ヾ} / /   ,リニ|==寸    弋        前に出ようとした母を、留めるようにその手を握った。
      ,イ二二/  イフ \   / /  ,/==}ニニニ寸     \
   ー=彡圦ニニイ   . |{.     ´ ̄/   .{===!ニニニニニ寸    λ
   ({ jニニニニム   . |ミュ    イ    |===|ニニニニニニニ寸  圦
    リムニニ/ハ小、 从ミ圦 y .圦  ハ从 二|ニニニニニニニニニ寸  乂
    /イニ/ニ〈ニ`ニニY   / /ニ ヽ{小{` ーニニニニニニニニニニニ} 从}込
     |YニニニニV===ノヾ冫 /ニニニニニニ=<ニニニニニニニニニニニ7/イ
     |.|ニニニニニ寸ニ込//ニニニニ=<=====r≦ニニニニニニニニイ 小、
     代ニニニニニニ寸/ニニニ=<ニニニニニニ=|=ニニニニニニニニ/ /V
     |ニ=寸ニニニ=/ニ=<ニニニニニニニニニニノニニニニニニニニムイ弋
     |ニニ7ニニ=イ<ニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニ/




.

392 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:30:54 ID:???0




             __
        ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
      /             `ヽ
     / -―-        -―-   ヽ、 .      「大丈夫だよ、お母さん」
    ,′            _    ヽ
    i   z==ミ       f:じ::j    |
    ,'                 弋゚zノ     |       そう片目を瞑って前に出ると、歩み寄ってきた彼女は、まず母さんに頭を下げた。
    i⊂つ            ⊂つ /
    ゝ     (       )    /
     ` 、    `ー-'´`ー- ′ _,.イ           「申し訳ありませんが、少しの間、息子さんをお借りいたします。
        > 、   __   ャ<
        ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉             ご安心ください。我々が息子さんに、危害を加える事はありません」
       /   ゙ 、 _     /` 、
      / ,,.       ー'    ヽ
     //  \       、  ∧           そうしてやんわりと、しかし有無を言わさずに、母をここから遠ざける。
     i'      }        V ハ
     |        i         }




     /               ./ヾゝi|i///}               \      そして感じた幽かな耳鳴りは、防諜用の機械だろうか?
     |        i ./   ,  /、\ ||///;|  ,   }        \
     /   ,      | |  , /| ./;.      //|  /           }  .  彼女はそのまま屈みこみ、その視線を私に合わせた。
    {,、 / .  |   || .|| |/;;;;|/:::        "  |  /i          /
      | .ト、  |   |.|.|.ヽ|ー―- 、     ___|_./_.|  |  i       \
      \| .  ト 、. | リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.      ´  .|/ //| |     、  )  「初めまして、やる夫君。
       | /\ .| \|__,. ===.._;;;;;;;;     ___" //|     /ヽ/
       /{ b,. ソ\从;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      ィ (。) ヽ ." /  ,    /        私はバラライカ。五課の公安警察官をしている」
       / \{ \\|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ⌒"'ー。  / ./  /|
     /{   |\ ミ=‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /          ‐=彡" //| |
.   /  |i   |  ソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;    、 ,             / ./|ノ .|.  |  .    きっと子供慣れしていないのだろう。
  /  /|i  |  ∧;;;;;;;;;;;              ‐=彡/ .||  |  |
 (    ´  .|  |   ' ∧;;;;;;;;  ー- ..,,____   ,      /   |.|  |.  |   .   そう告げる笑顔は、少しだけ口元が引き攣っていた。
  ゝ    .|  |   .|   ;;;;;;;;;     __   ̄       /   | |  |  .|
 /     .i|  |    | | \;;;;            //    .| .|  ト.、|\     はいと頷き、目で部屋の隅の母を追う。
 {      |.|   |    | |   \            "//    i | |  | \ \
 |      / |   |    | |       、   ,,..  '" /| {    | | |  ト、 .\ \
./    / ||   |    | |       ` ´     / | |   ノ | |  | .\   \ \




.

393 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:35:28 ID:???0




           ,. -'"´ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
         /             ヽ             やはりこの耳鳴りは、防諜用の機械だったらしい。
         /  -―-        -―-  '.
        /                   |             声が通らないのか口を開き困惑する母に、大丈夫だと小さく手を振る。
       / x===ミ       r=≠=ミ  .|
       ,'                    |
       | ⊂⊃ (    _      ) ⊂⊃|              「初めまして、バラライカさん。
       \    `ー-'´  ` ー ヽ    /
        `ヽ  {         }   /               丹生側出やる夫です。
        ,-‐ \ ゝ _______ノ / 
     _/ヽ--/ ≧ __  <二ニヽ        .       ……いつも付いてくれている護衛の、上司の方ですよね?」
   /  ヾ    /        |     \
  /     `   ハ        人      `ヽ
  /          { ヽ _____/  ヽ      f\




                          ___ r -ーー-、r - 、
                        /__i /   /   \
                   _ , ‐ ' "´   /  ̄´ト.、__  i
              , - ー< , - 、 ,.ヘ       .! .丶\  |
           ,r- ´     /   X  |   ., ヘ, .i    ヽ ̄ ̄`)                                 カオ
       ___/           /    .| /  f-┴ .、   ヾ.、 h        そうして笑顔で答えると、彼女はその表情に、
      /             //  ∧ |/., i   !   .├ー 、丶\i
     /      /       ./  /ゞi  /彡|  i    !   !  .`、\      一瞬、苦虫をかみ潰したような色を浮かべた。
     .i  /  ./        / ./ ``ゞ ´ ´゙ |  !     `、ト、 .i  )
      V   /  /   // .ハ ./       ノ  .,        \ レ´
     / ,   i .i ヽ、  ,从 .i ゝリ、     L/ /|  ./      、>       「……護衛?」
     | ./    リ.|  入 ./  り   `゙ i   ∠ -,´ /__∧       ̄,ゝ
     リ|     ト、| ソ ‐ ----‐´. !    .ミ メ- 、  |  i  i    !
       `ヽ、人|i .|リ ミ≡≡=="    ´`ー- ,,_ `メ_ノ   !    )      「ええ、男子全員についてますよね。
        /{ .Y.| i i.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /   `-==≧≧ー |ノ,イ    /|
        .i .| / .| ヾ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:  /         ̄テ≡ ノ   / ト、!       今日ここまで僕を連れて来てくれた人達とか。
        | Y  |ヽ |.;.;.;.;.;.;.;:   ,           ・ フ   /|/.| .|
       .| .|  | ソ.;.;.;.;.;:    ゙ ´'          ケ‐┬、`) .| |        一夏辺りは良く差し入れを……」
       ./ .|  ||.;.;.;.;.;.;.;:                彡//| .i ./  |.!
      ノ  .|  | |.;.;.;.;.;.;::  _ 、_           ノ/"  .|/|  .|
     /   |  .! `、.;.;.;.;.;.;,,/:::::)`ヽ、        /|   |  |   |        そう続けると、なにやら後ろで凄い音がする。
   .// i .|     ヽ.;.;.;/\/ ̄ ̄ヽ      /  |   |  |   .|
  / /  |  |      .X:::::::/ ``        /|i  .|    | .|   |
/  /  |  |     ./:::::X          /  |  .| i  |  i   i
   ./   |  K  ./:::::/ | \    ,   ´    |  | |  .|  .i   |




.

394 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:38:49 ID:???0




  /三三三三三三三三三三三三三三ヽ
 /三三三三三三三三三三三三三三三ミ〉
 {三三三三三三三三三三三三三三三ミ}
 ヘ三三三三三三三三三三三三三三三|              思わず振り返ると、いつも僕らの護衛をしていた警官の一人が、
  ∧三三三彡"゙´ ̄  ヽ、 ̄i ̄゛`ヾミ三}
   .}三彡'´ i  ∧ .|\__ト i    .i  λ              凄い顔で手にした銃を取り落としていた。
   ∨ i λ .,' 入|'´_レ,' |    .ト-、 ',\
    | .∧ ハ |  代  ̄,ノレ.|    .|´}.| .',ミ`ャ、          もしかすると、彼女が噂の、毎回リアクションが面白いと言う、
    ', 代牟ユ、|   ゞ=彡  |    |レ.ノ |ッ ミヽ、
.     Y .K=彡    il|  u |    |イ , /シミ彡 ミ        “差し入れたお菓子を半泣きで食べていた”
     | i  〈        |    | //三ミ  ミ
     | .ヘ   `        |   .|シベ´   シ彡        お嬢さんなのだろうか?
     | ヘ  r-‐‐'´)     |   |:::::::ソ\ミ三彡
     |   `ゝ、ヽ⌒´   ,ィ行   |彡――-t、三        ちゃんと安全装置はかけてあるようだが、
     |   .|  \__ ィ'´,,ィ-‐|   |     | ',
     ノ   .|  >'´゙|:::T::::::::::::',   ',  ,ィ-ラ┴―        そう言う茶目っ気はほどほどにしてほしいモノだ。
.    /    .,'/   ノ::::i::::::::::::/',   ',-'´ ∧三三/
   /     ,'´  /:::::::t:::::::::/ |   ', ∧三三∨
   ,'    ,':ゝ  {:::::::::::/:::::::::{.  !    i三三/∨
  ,'   i ,':/  /:::::::::/:::::::::,'   ,'    |三三∨ ,
.  i i  l//   /:::::::::/:::::::::/   ,'    ,'/三∨/,'




                  r―-、
               ノ´ ̄ミ、  ト、_
             /`ヾ: ヽ jzzzj_ ム_
            / ,.=-゙´ ̄,'  \` ヽハ             「アレは示威行動だから、見かけても話しかけちゃダメだって
           /,.イ イ_r-、 ハ:>、__ `ヽ
.            /彡'´ ̄/  / ト∨/  ∨ ∨ー:、:、          皆には言っておいたんですけど、
         _/ '   /  /  ,ルミv/∧ ヾ  ヾ:, ハ
.       /   /       ノムイゞハ        ーチ      どうも何人かはお邪魔しちゃったみたいで……」
      ,' ,イ 〃     / /    ノ ∧         `Y
.      ∨  ./    从∧_|    /,.:彡:ノ 人   ハ   ヽ
      {  i: 〈 ,  }八´ゞ从ヘ   ` ̄ミ≦、ソ ノ   }  ノ     「……ああ、いや、お気遣いなく」
      ヽ. |: ∨ゝミz-t・ナz〉    z=t・ ,-、,イ.    Y´
       从リ从 彳`=゙´彡    ー` ̄・彡 ノ 从|
       .' 人|、ヾミz 三 了          ̄;´ ,:!ノ |       視線を戻して言葉をつづけると、
       ;    ! \ミ=- リ         ,.イ / |   !
      ,イ ;'  | 八=`ヽz}  ` ´    彡イ; ||   ト、      バラライカさんはすごぶる珍妙な表情でそうひねり出した。
     /| '  |   ∧ 三 〉r' ´ ̄`ヽ    .イ/ ||  ! ヽ
  ,  ´ ,'|川 i |   |,.<:>'´ ̄ ̄`  ,イ:ハ  ||  | 、 \
/  ,.イ / / i.:| ! ,.<::>'> .     ,.イ | ,'   ||  |  ヾ.  \
  彡 ,イ / ノ !: (::))>'゙.:::|   ` ー< ,:': !`ヽ  || :ム ヽ \  ヽ




.

395 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:41:42 ID:???0




                 __
            ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
          /   U         `ヽ
         ./ ――        ――   ヽ         正直、信じがたい話なのだが、
        ,′ 、ィ= 、       、ィ= 、   ヽ
        ..i  |:|  ,リ      |:|  ,リ  U |        彼女の反応や周囲で愕然とする者達を鑑みるに、
        ,'   ゞー'       ゞー'      .|
        .i⊂つ            ⊂つ /        あの護衛達はどうやら本気で隠れていたらしい。
        .ゝ   U (       )    /
         ` 、    `ーr'´`iー- ′ _,.イ
            > 、  `==' ャ<             「……ああ、いや、なんかすいません」
            ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉
           /   ゙ 、 _     /` 、
          / ,,.       ー'    ヽ
         //  \       、  ∧
         i'      }        V ハ
         |        i         }




                〃〃    ヾ ヽ
                ,レ''¨¨爪|¨¨`ヽート|                「……いや、構わない」
              トァー⌒ヽ__ル | ハ ハ
             rーZ  ⌒ ´∧/ヽへへ}、__
             ソ'〃/  从/ィ     ヽ               流石にその上司は、部下たち程脆くはなかったようだ。
            /从( /从(ソ  | |. | | 、./
           / | ,イ.xtッ≧  メム_ノ ノ .ノ|                僅かな間、その面に怒りと驚きを覗かせはしたが、
        __z-ー=彡.| |ミミミ  イ =tォイ___/lハ
      rzイ// ノ   イ| レ' 〉ミ  」   彡'ii, l | ヽ、
     (〃{/ ,,彡イ // .ム<二二ニア |\ ,|  ハー-、          「ふむ」
      ル <   |//     -ーヾz:::::. |  >- 、 ヽ  ヽ
  r<       ,ノ./      イ´  / .|     `> 、.|
  |  \     ,リ|      /   / l |ヽ        >、       直ぐに、平静に戻して、得心行ったと言う様に一つ頷く。
  |   \ 、.  ノ/    rーイヽ ´ ̄j | | 〉         /
  ム    ミソ ( ∧    /ミゝ    ({ |  ヽ          /
  {∧      人 ` ̄ ̄ヽ  ,  人 l l   〉       /ヽ
  | ∧       /  \_ []/|\i| /  川   リ        /   〉




.

396 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:45:54 ID:???0




                     ,.ヘ、___ __
                  ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
               〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ          「いやはや、こちらで、少しばかり情報の食い違いがあったようだ。
               ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
              // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ         その辺りは後程じっくり摺り合わせるとして……」
             /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
             |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
             \l,! ヘ|Z孖彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
               ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |            彼女は、ばつが悪そうに視線をそむける
                 |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                 | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )    部下達を一瞥すると、私の目を見た。
                 | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ
          /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
  ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
  /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
./  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
| _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
 l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
 |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::




                   _ .ノ`ヽ __
                 /ヾ :i! :j }`ヽ、
                 〉`ヽⅥ∨ /≠≦}
                〈二ニ=-vx=ニ二三〉
                ///; |:.Vヘ\`ヾ}
               /// _/_/! | ∨ヘ ヽ\ヽ
             , ‐く⌒´/ ∨!/⌒ヾ´⌒Y´ `ヽ、
            イ :/     ∧V∧    .:}    ヾ
           ノ :i! { 从 〈 ``''"´Y  .:}       .:}
          (:イ .:{:! ハハノヽ、、   ムイ ハ 从  .:Y                   スラップスティック
            乂!从ゝ二≧、、   x匕´イイノ j :イ              「ここからおちゃらけは無しだ。
            从乂ー癶zァx、  彡xzァ癶ーフイレ小
            //小乂三彡イ   ヾ   ’彡从| :乂_             一つ尋ねる。君は現状をどこまで把握している?」
         __// 从!ヘ\ミミ}         彡イ!.:j:i :!ヽ `ヽ.
       /´   / .:/!| :iハ彡ミ{  `"    /! //! ! :  \   :.
.      {:. .:ィ .:/ i| :l! i:\ミ, ´ 二 `  イ i// .:|! '、   ∨ヘ: \       そうして投げかけたのは、
       У  .:/  .:i| :l! |l:l \     / li //  .::|!   \ :} !}:  :ヽ
.       ノ   .:ii.  .:i| :l! |l:l    ー    l//   i:.:|i     ..:ノ i:j   i :.    子供向けにはほど遠い、硬質の言葉だ。
.     /:.   .:j:!  .:i| :l! |l:!         :l/  .:i!.:|:!       .リ   .:j :i
.   /:    .:ハ_.:ノ :ji .::i/        :j    .:i!.:| !、、        ′!
  . . . . ..- :.:"´:.:/ .:/ . :/          / /:   :!l :! i:.:.:.` ー:.:. .. . ./ :/




.

397 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:49:04 ID:???0




                  ,. -‐ '" ̄`''ー- _
                ////////////////> 、                静かに重く、透き通る、剣呑な気配。
               ,イ//>'"⌒`ー--―- 、///,}
               l'//,{               }//,!                何かを察したか、駆け寄ろうとした母が、制止されて呻く。
               l'//リ .              {'//!
               !// ;           :. V/j                 盛んに口を開く彼女に、大丈夫だと笑顔で手を振った。
               rV .ゝ、._ 、    _,.-ー .}'/ヽ
               } ,l  ‐tzァヽ, j./" tzァ'-_ ソ ;.l
               , r 、 `  '" .: l `   ´  '.ソ '                「幾つかの可能性は頭に浮かびますが、
                、 ,     .::! ! ;     ; ' ノ
                _>,     ー      ハ‐、                 正直寝耳に水の話です」
              ,. : /: :l.ト、 、 -ー  ‐- ; ' ノ } \_
.          _. .-‐: /:/: : :! 、ヽ   ̄ ̄  / / ': : l: :`: : . ._
.      _. .‐: : : : : : : : : /: : :.:| \ >- -< ./ ./: : :.l: : : : : : : : :.‐. _       そうして心配いらない――そう告げる代わりに、
.   ,. :': : : : : : : : : : : : :/: : : : :!  ./ー‐一、'"  /: : : : l: : : : : : : : : : : : : .、
  /:.: : : : : : :::: : : : : : /_: : : :! ./.l:::::::::::::/.}  ./: : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : 丶   できるだけ和やかな顔で、かけられた問いに答える。
  ': : ' : : : : :i::: : : : : : : /: : : :.:l`'  ';:--::/ ヽ./: : : : : : :|: : : : : : : : : : : : : : :.ハ
  l: : : ' : : : :.!:::.: : : : : :'; : : : : : :.!  /:::::::l  ,.': : \: : : :.!: : : : : :::::::. : : : : : ; : : :,   それが全く何でもない事だと、教えるように。
. 〈ヽ: : : 、: :.l::. : : : : : : :'; : : : : :.:l  .!:::::::::l ,.': : : : : : : :<: : : : : :.::::::.: : : : :/: : : ノ
.  iヽ:、: : :ヽ:.!:.: : : : : : : : :,: : : : :.:', l::::::::::l,.': : : : : : : :.:/: : : : : : : :.::::! : : /: : :,:':.〉
.  l: : : :ー-: : !:.: : : : : : : : :ヽ : : : : V:::::::::;:': : : : : : :.:/: : : : : : : : : : : :!: ; ': :/: : :.}




  _ ノ    .:.:.:l    {   \、. . . :ヾヘ:.:.:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:/:.: /:./:/:
  j    j! .:.:八:ヾ:.:.:.:ヾ、、 ヘ. . : : :.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i―-、:. /:.:.:/:/:::      すると彼女は、興味深げな顔で私の目を覗き込んだ。
. 〈   .:.}{ .:.:.{  } :ハ: )`ヾヾヾ. .:.:.:.:j!:.:.:.:.:.:. 、Y⌒ヽヽ :.:.::/:/::::::
 ノ   .:.:.:.:.ヽハ {イ-ーjノ  jソ j:.:.:.:/!|:.:.:.:.:i、:.:!ソこ} } }/:/:::::::::
γイl| .:.:.:.:.:.:.{i!i!       rュ==ァイ:/ Ⅵ:.:./:.:ンl`ヽ/  ,ノ :.:/:::::::::::      「……ふむ、なるほど。
 ノ小从 .:.:.:.Ⅶ、    イヾソ'′ ’/  /:./:.:.|!:.:l: 人  /:.:./::::::::::::/
   ハヽソ:.:ハネj}              /イ : /:.:|!:.:.l いソ/:.:./::::::::::::/       少なくとも、全くの贔屓目と言う事はなさそうだ」
     ( {{  V           /// :.:.|!:.:.:l ,イ彡′ ::::::/
        /           //イi .:.:.:|!:.:.:.l j/ 'ヘ::::::::::::/
        /_ .....:.:.:.:..         //:|:.| :.|!:.:.:.:l二二ヘ从ソ         そう呟いて、口元に、あるかなしかの笑みを浮かべる。
         `ヾ;  ___ ノ     // |.:| .:|!:.:.:.:.!二二ニヾ、
           └彡::::: ´     /′ |:.l :.|!:.:.:.:.l三三ニニ=\
              _ ハ ;;;         イ.:! .:|!:.:.:.:.:!三三三ニニ=       「本来、我々は、君たちに許可を求める義務を有さない。
          . . : :/ :∧         //i . : :,.:.:.:.:.:.l三三三ニニ=
       /: : /  ://ハ、__ _ ...ィ////. . : , :.:.:.:.:.:i三三三ニニ=       これは公安五課の有する、男性保護特例によるものだ」
     /: : / /∠二二ヽ////////. . : : .:.:.:.:.:.:∧三三三ニニ=
.    / /.:.:.:.:/:γ三ヾ、 ::://///// // .:.:.:.:.:.:/:.∧三三三ニニ=
    / /.:.:.:.:/ ::{{:::}}: ////// / /:.:.:.:.:.:.:/:./:.∧三三三ニニ=




.

398 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:53:03 ID:???0




               γr==―――ー -
                ./:: : : : : : : : : : : : : : : : : :≧=ー
              /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧=ー
               /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧=ー
               ,,イ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/
      ,ェェァ=≦::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≦、_
     ァ行三ミ=ー::::::: : : : : : : : : : : : : :r ´ ̄ ̄ ̄ ̄
  . /{爪彡ヾ<ニ=-:: : : : : : : : : : : : : :ヽ        「男性保護特例――国体、ひいては人類の存続に関わる事態に対し
  ,イ三ミリハソバ≧=ー::.. : : : : : : : :r 、: :ィ
 .{心Jハ′i!川リ≦三≧::. : : : : r ´   \       事後承諾で強権を奮う事を許された、公安五課の伝家の宝刀でしたね」
  Ⅶシ<   |{ i仁ニ=ーr ´ ̄ ̄ ト      ヽ
  Ⅶミヽノ≧===≦ト、 ィ、  /  ≧=、_,....≧=ー
   ヽ:三ハ)ミュ,ミヾミヽ `  `¨
    }  /イ≧=ー∨ハ                 ……嘗て起きた虐殺の後、
    以' jシr==、 'v:八
   仏{ / ノ  ゞ= ∨:ハゞーz、               この日ノ本の地で罪びととして裁かれた者達の数は、
   j!ミミヾ:       ⅵ≧=ー ≧=ュ、
  f三ミヾ:ゝ        ⅵ三三≧=: : :ヽ.         実はそれほど多くはない。
  |ヾ三≧:ハ      ⅵ三三≧=: : : : \
  {彡ハミゞ ヽ      ⅷ三三≧=: : : : ノ .     そもかの虐殺は、民主的な手続きにより成立した法であり、
  {:イ/八ミ≧=ヽ     ⅵ三三≧=;r ´
  i}//ミ{ヽミ≧=ヾ     ⅶ三≧=.´          それを罪に問うならば、残存人類の八割を超える数が、
  {!/イニゝ:\二三ゝ      ゝ、
  i{ニ{ヾ>≧=ミュ、三i}      \            断頭台の露となっていただろう。
  {il八 ゝヾミヾ≧=<ミヽ       ヽ
  Ⅶミヽ三≧ュ、__ヾ          \
   }i}≧=ゝ三三ヾ___厂 ヽ        。
   |{!三ミ、ヾハ  ゝ三三ノリ        i}
   |}i三三ゝ仁Vハヾ≧=-<           く




          _r-------ヵ、_
        //    |   ∧',
        //, , ┌┴┐ ∧',
         // .   └┬┘  ∧ム            だが、だからと言って裁かぬわけにはいかなかった。
.       //,',     |     .∧;ム
      /./,      |     .∧;ム           何しろ事は、人類史上最低最悪の愚行だ。
...    /./,'        |       ∧iム
.    /;/,'     .r======ヵ   .∧;;ム          けじめをつけずにはいられなかったし、
.     /l/,'    i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!   ∧i;ム
   /;;/,'    └===┘    .∧;;;ム        なにより、虐殺に賛同した多くの人々は、
   /;;//                 ∧;;;;ム
.  /;;/マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨∧      それを誰かの所為にせずには居られなかったのだ。
 /;;;;ム─────────────∨∧
..仏ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニマ      当時の内閣は、全員議員辞職したが、その程度では収まりがつかない。
  ∨  r≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡7 /
.   ∨ .∨ ,ィ<二二≧≦二二>、 ./ /
    ∨ .∨  _,/ ¥ ∨_  / /
.     ∨ .ヾ>_、__二二二__, ィ<./ /
.     ムニニニニニニニニニニニゝ




.

399 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:56:48 ID:???0




            //:, : /: : :!: ///              ヾヾi : : : : !: : i
         /イ:/: :j : : :!: i':/             ヾヾ: : : : |ヾヾ!     まず最初に、幾人かの急進的な女性優位論研究者が
.           .イ !/:./i : : :! i'′   ,ィ    〈 _       ヾl: : : : |:.ヾヾ
         l| !: :.:.! : : j: !  _,,ィ'"      `゙ー .、,__   |: : : :.|:.: }: i     人類を破滅に導いたペテン師として吊るされた。
         'l !: :.:!: : : !:!'''"´  ヾ、       :,ィ    `~ |: : : :.|.!:. iリ
.           '、V::l: : : :!i     _ `     ′     |: : :i: |:.!:.j'      彼女達の大半は善良な研究者であり、
            V|: : : |i__,,x=≡ミ      ',x==、,,__, !: : :l.:|、i/
             γ」: : : |!γ'   `ヽ、 _ γ      ヾ、| : : !:l‐《、      法的にも全くの潔白であったが、
           { !.!: : : |` 、     ノ´i ̄ 、      ノ'|: : :l:.l゙!i;j.!
.              ゝ'|.: : .:|  ` '' '' ´  '!   ` '' '' ´  !: : :!:!,ノ;.リ二、   人々にとってそんな事はどうでも良い事だった。
.  ⌒.         `!: : : !             _       |: : :l:l:.:,:/,≠`
.  i  i        |: : : | 、       ヾ. ̄.ノ′      ,.イ: : :l:!:.:,'ニ<     次に、執行の過程で問題行動があったとされる役人や、
.   !  i           |: : : | `                _イ:.;,|: : :l:!´
   !  !          | : l: l   ` ト _      _  ' !  ̄ l: : :li         男性摘発の協力者達……。
.   !  !   /´,〉  j.: .l: |      !   ><   .!    !: : :i!
    !  i.  ;′.{    ! : !: !      !           !    '.:. .:,′        その中には、マスコミによって武勇談を
 r''" ー--、 !  j   |: !: !    ,....l           !.  /: : .:,
ノ' ゝ、_  '!>  l    | : l: i  //,..|        |`ヽ/: : : ,'          でっち上げられた被害者も多かったようだ。
′、  ヽ ∨ .l   j.: .l:j/  {'{'´}        〉}'/: : :./
!   `ヽ  ゙、 ,}   !-‐ 'i; : i!    ! i ′       /i/: :.:./ !- 、
l ゙`ヽ  ヽ }r";   }   ヾ: ヽ   { ゙、         //i: :.:/ .!  ` 、




         __
 _    rェェニi_iェェェェェェェェェェェェェェェェ
 ;';';';'\/X\XXXXXXXXXXXXXX\---lニコ---lニコ-、
 ;';';';';';';'\ XX\XXXXXXXXXXXXXX\::::::::::::::::::::::::::i:::\
 ニニニニニニコXXX\XXXXXXXXXXXXXX\===========ェ      そして、日本においては醜悪なる殺戮に、
 i1|i1|i1|i1| XXXXX\XXXXXXXXXXXXXX\ i._H__H_|_H_|
  ̄  ̄  ̄|========コ====================コH__H_|_H_|      卑小な蛇足を付け加えたにすぎぬこの乱痴気は、
  i`!|[]_[].| i「! i「! i「! |_l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]_|iH__H_|_H_|
  H |i---|__l」__l」__l」_|====================.!.H__H_|_H_|      国外――殊に、既に完殺を成し遂げ、
  i`!|[]_[].| i「! i「! i「! |_l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]_|iH__H_|_H_|
  H |i---|__l」__l」__l」_|====================.!.H__H_|_H_|      進歩的を名乗っていた幾つかの国においては、
  i`!|[]_[].| i「! i「! i「! |_l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]__l]_|iH__H_|_H_|
  -壬i: ̄|__l」__l」__l」_|====================.!:ヽ∧∧∧!      大きな内戦となり吹き荒れた。
   i⌒Y⌒i|⌒ii⌒Y⌒ii⌒Y⌒ii⌒Y⌒ii⌒Y⌒ii⌒iI::::||:::||::||:::|
   |::::::::::::::i|:::::||::::::|::::::||::::::|::::::||::::::|::::::||::::::|::lli 三三illi三三 i:      公安警察に、第五課が新設されたのはその頃の事だ。
  lli三三i lli三三i lli三三illi三三i lli三三i||----| ||----|::::::
  ||----| ||----| ||----| ||----|||----|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




.

400 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 19:58:19 ID:???0



. . ................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:........... . . . . ............ . . . . . . . . . . . . . . . . ..:.:...... . .    . . . . . . ...........
. . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.:.:.:............. . . . .................... . . . . . .. . . . . . . . ....:.:.:....     . . . . .
  . . . . ...............:.:.:.:.:.:.:.::............. . . . . ............. . . . . ...... . . . . . . . ........:.:.:....
                  . . . . ...... . . . . . . .... . . . . . . . . . ........... . . . . .
             n      . . . ....... . . . . ...... . .    . . . ....................:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.............
             |] p    . _ . . . .            . . ..........:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:........ . .
             }| {}       ,! | . .              . . .....:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:...... .     嵐は終わり、復興の時代が来た!
-‐‐‐‐‐:‐‐‐.:‐‐‐‐‐‐‐‐'ー'‐‐‐‐‐‐┴┴‐‐- 、,,_           . ....:.:.:.::::::.:.:.:.:. __,,.. --- ''"
_ []  .:  .:      ロ  [|     __ ロ   `゙゙'''''ヾ、,,       . ._,,. - ‐‐ ''"´          政治家たちはそう嘯き、
::|  .:  .::   []       卩 |::|   ___      `゙'ヾ、___''_´_       _
  .:   :::.   口 冂        []  |::.|____          ,.---、、  |;:;:::|          マスコミはそれに追従したが、
  .:    :::.        ____       Π  |::::;;|    .ji ||    |;;::.:.;;;|:|   |::;:::|   ,.-、
 .:     :::.,.‐‐‐‐、.  !:::::;!    ____      _,----、   _ , |::..::;:::|.|   j::.::.|   |:;:::|     崩れ去った建物の下には、
 ___.      |::;:;:;:;:|..|  |.:.:.:|    |::;;;:|   _.  | |:::;:;::;;|.|  || || |.:.;::.:.:|:|  ┌‐‐┐  |::.::|
r‐v'i     |:::::;:;:;|.:|  「 ̄ ,. -‐‐‐‐‐‐-,._ ! i'i'i.| |:;:::;:;:;|:|  || || |.:.:.:::::|.| [ ̄ ̄ ̄] ┌─┐    怨霊達が潜んでいた。
|:::::|.l iヽiヽ r; |::::;:::;;|:.|    l,. -‐‐‐‐‐‐-v´i !| |.l| |::;:::::;;|.|   ┌-----┐       r‐‐‐
|:.:.:| | ! ll !.| !|:.:.:;::::|..|    |::::::;::;:;:;:;:;;;;;;;;|::..! ll |:!l |:.:;:::;:;|:|  ┌┴‐‐‐─┴┐     |`r‐‐
|....:| | ! i! !.| l|;;;;;;;;;;|..|_   |::::::::;::;:;:;:;:;;;;;;|:...! .!l|:lr';;;;;;;;;;;;ト1 └‐─‐‐‐─‐┘     | :|;;;;;
. ̄.´l ! |  i.| ̄ ̄ ̄! l_   |:::::::::;::;:;:;:;:;:;;;|:.:.! ,!,| | ̄ ̄ ̄´!_                  | .|;;:;:
 ̄ ̄   ____|___! ̄i   |::::;:;::::::::::::;:::::|:...!  [ ̄ ̄ ̄ ̄]               | :|:;;:;
     |:;:::::::::::::::;:;::::|./   |:::;:::;::::::;:;:;::;;::|:::.!    ̄ ̄ ̄ ̄                |. |;:::;
      ̄ ̄ ̄ ̄´     |:;:::;::;:;;:;:::::;;:;;;|::::!                           |: |;;:::
                |;:;::::::::;;:;:::::;;;;;|..::!                           |; |;::::




                _ _
            ,..:'.:.:.:.:.:. :ヽ、               そもそもの話として、虐殺と単性生殖技術の失敗に、
              /;;;:;:.r─‐-、jlノ\
           |;;;;:;:;{ ,,_   `ヾN              女性優位論は全く関係がない。
           l;;r、/ rェテ rz< リ
          r‐j uj.    , _j  「              虐殺は、政治家とマスコミの腐敗と民主主義の失敗、
             〉フ^8、 ' r -, /
 二二二 二_ _,, ィ´/  \ `´ /                つまり、衆愚政治の結果として起こった事であり、
    , r‐'"´  / lト、    丁´
   /⌒ヽ.  /   ハ \__/| ト、                 その責任は大衆に帰するモノだ。
   ,!   ゙、  \ / ',  O ト、! \
   |    ',   〈   ,   l ヽ l!               女性優位論は、扇動者達の道具として
   |     ゙i/   ゙、.  ゙、 /  〉| l
   |      !リ   ゙、  V  / ! |       ,/        祭り上げられたにすぎず、
   |      l!     \ l  /  ,! |      /
   .!       }      \!/  ,' |    /i          むしろ、真面目な論者の中には、
   !     |       |  / │   ,/.::|
   |     !   !       | /   |   /.:.::l|          シドニー宣言に反対していた者も数多い。
   |     ! /      |,イ   | /:.:.::::||
   ト、     V        / l   |/.:.::::::::|;!
   / ト、    \     /   l    !:.:.::::::::|;;|
  ′/  \    \  /|   |   」:.:.:::::::|;;;|



.

401 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:01:00 ID:???0



              |               |
              |               |
              |    ,. -===‐-.、    |           真面目な活動家たちにとってもそれは同じだった。
              |  ,ィ"          ミx、   |
              |/          ゙ミx、|           大衆の暴走とそれを煽るマスコミ、政治家に担ぎ上げられ、
             /   冫、`、 `、      il |
            ,; 彳 ,-‐7ヘ |^ー`、 ハ, l| |           奈落に向かって走る神輿の上に乗せられて、
.          ノ'  | ; |c泛 ヾ! 苳ぅ,| /   l| |
.             i}ァ l。 ̄ ′  ̄゜ノ'| A i! |           最後にはそこに投げ捨てられた。
.              |/ !  ャ==、 ゜ l!〈 i\゙ 、_ ,
          /'lrヘ\ ∨_/  ..イ,; `、!   | ̄          全ては、女性優位論とは全く別の場所で決まり、
――――======′ )ノ゙ ー‐、"´ .|   k.、 +―――
                   _}==ニヘ、   〉            自分達は当のその扇動者達に、
                    _彡"   ー- ミx、_〉
               〃" ̄ 厶^ー―― '  "⌒`ヽ          責任だけを押し付けられた。
...三三三三三三三|     マムVハミ=-       \===
           |      ク'⌒㍉......        〉
             ,ソ     ..::::/ i|i ::::::::::::::::::l|l  (い
          /       :::/ i|i   ::::::::::::::::|    {`゙ - 、
            /     ,,;:  i|i   ::::::::::::::::|    |   i
         〈{二二二===- 、_:::::::::::::汽__| ( il
         ;  r    ̄ ̄ ー―-三二二二二)> ){
           i  ノリ      |       ム    笊_廴 )
           |   /         |        {     刈ノ
           | /          |        |     / 彳
           |          ヾ        |   /ノ‐'
                               |_ ノ



    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃     また、扇動された側にも恨みは残った。               ┃
┃     そもそも、虐殺を徹底した国家は、後進国が多い          .┃
┃     女性の地位が低い時代が長く続き、                  ┃
┃     男性人口が低下して尚、頭を抑えられていた女達が、     .┃
┃     外圧でその頸木を脱し、その勢いのままに燃え盛った     .┃
┃     ――その結果が、男性完殺。                      ┃
┃     対して、女性優位論を齎した先進国には、            .┃
┃     議決に反して良心に従い、男達を守る者が多く現れた。     .┃
┃     その結果、音頭を取った国に多くの男子が残り、          ┃
┃     従った国からは居なくなるという捩じれが生まれる。       .┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


.

402 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:03:31 ID:???0



                                      -‐    ̄ ̄_  、
                         -――‐- 、  / ̄ヽ´         /  \ ヽ、
                      /         /  へ__「 ̄`ーへ----ヘ   |  ヽ
                    /  __ ヽ、  /  /    |  ヽ  ヽ、  |  |    ',
                   /   /´___`ヾ、 | /  / |    |  l   l  |  |    i
              __   /   r'´,  、  、、\゙'.| !   l  ! |  |  l   l  |  |    |
     __ ⌒ヽ,r '´     ` 〈 /´ ,--、/ ヽ r‐!‐、`l | ! l l  ! |  |  l  _L.-!  !     |
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二ヽ    V / / l!_|   |N__|_ l l | ! lT''‐L'、  |_|/イ_/! /!  !  l |
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ___|  |   トl/Vイ 。  l! 。  |l l | ! l !/l。:| ヽ/ /|。::ヽ、|  |  | |
  ////|! |_|_l 、 ! ト、 ´,-、|  l  ヽ \`| |ー,    ー‐' l | VヽN| l:: l     ! !::::::ノ/ |  |  | |
  !l l´!l ヽヽ | |N |゚' ゚‐''|  |)、、 \ 」 l、  --┐  / |   | |ヽ""丶--┐"""' |  |  | |
r―-、l ゚  ゚ ;// lr‐ヽフ |  | ヽー‐、.!、_,\`ー' _,../__/ ',  | | ト、  ヽ_ノ    . イ  ∧/Vヽ|
`(ヽ ヽト- //, (´  ト‐/ / /    | l | l`´r|     ∧. ! ! ∧ >- . _ イ´ l /::/:::/ヽ、_
  !`ヽ \/// ヽ   !/ イ レ' /   / / />´/_  / ヽ.|∧/Vヽ|_...,--、__| /|/::://::::::::::::`::....、
  !/_\ `´  /\ \|   /― / //i´   i´―‐ン゙ /´`ヽr‐、 /::(、   ` `ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\
 /`/♀lr`ー‐´  / \ \ /  / //| !   |   /  r' <ヽ | |/|::::::l´        |V:::::::::::::::::::::::::::::/´`ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃    尚、臭いものに蓋をした結果、女性の無意識には男性蔑視の風潮が根強く残り、     ┃
┃    それによって生まれた社会不適合者達が、嘗ての扇動政治家の文言を拠り所に     .┃
┃    政治勢力化した果てにあるモノが、今日のフェミナチ区なのだが、閑話休題。        ┃
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



                _ _
            ,..:'.:.:.:.:.:. :ヽ、
              /;;;:;:.r─‐-、jlノ\
           |;;;;:;:;{ ,,_   `ヾN           斯くして、先進国のマスコミや扇動政治家達にはしごを外され、
           l;;r、/ rェテ rz< リ
          r‐j uj.    , _j  「           生贄とされた者達の中に、強い怒りとが恨みが生まれた。
             〉フ^8、 ' r -, /
 二二二 二_ _,, ィ´/  \ `´ /             そして、それをぶつけられたのが生き残った男性達だ。
    , r‐'"´  / lト、    丁´
   /⌒ヽ.  /   ハ \__/| ト、             より正確に言えば、
   ,!   ゙、  \ / ',  O ト、! \
   |    ',   〈   ,   l ヽ l!           『彼等の敵に最も多くのダメージを与える手段』
   |     ゙i/   ゙、.  ゙、 /  〉| l
   |      !リ   ゙、  V  / ! |           として、攻撃の対象になったのは、だが。
   |      l!     \ l  /  ,! |
   .!       }      \!/  ,' |    /i
   !     |       |  / │   ,/.::|
   |     !   !       | /   |   /.:.::l|



.

403 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:05:23 ID:???0



                            _
                           r‐「::|
                         」:::|:::|                         蓋をされた者達の怒りが噴き出した
                          /|:::|:::|`L_
                       ,|:|:::|:::|、  `ー┬―-、_/l     fi          虐殺から続く対テロ戦争の時代、
                       ,ィ=《|:|:::|:::片ェ爿ーく_,-、  └‐-、_」|、
                      》≦|:|:::|:::|:r、::r:|:::::|:|:.r、_《_r:ァ√| ∧ ,|ッ个ャ=ュ、     多くの国の自治区転落を
                        ||=|:|:::|:::| | |::| |:::::|:|:.| r┐|:.|:|::::| |::| |::|:::|:::ト、《
                     /||==|:|:::|:::|::|_|::|_ト、 |:|:.|_|:.:}_|:.|:|::::|_|::|_l :|:::|:::| /'      決定づけたこの時代に、
                    ' 《彡'|:|:::|:r====|/、| === :|::::|====ョ:|:.:|《_
                       ヾミ|:|:::|:::| r、::r、|:::::|:|::r、:::r、::|:|::::|r、::r、::|:::|:::|/ レ'     人類護持の刃として
                       ||_|:|:::|:::| | |::| ||:::::|:|::| |:::| |::|:|::::|| |::| |::|:::|:::|∨
                      |「|:|:::|:::|:.|_|::|_||:::::|:|::|_|:::|_|::|:|::::||_|::|_| :|:::|:::|《      公安第五課は生まれた……。
                      /ァ|:|:::|::r====|:::::| === :|::::|====ョ::|:::|]|
                      巛_|:|:::|:::|:r、 :r、:|:::::|:|::r、:::r、::|:|::::|:r、:::r、::|::|:::|||
                        ||-|:|:::|:《::| | :| |:|:::::|:|::| |:::| |::|:|::::|:| |:::| | :|::|:::||
                       《 |:|:::|:::|::|_| :|_|:|:::::|:|::|_|:::|_|::|:|::::|:|_|:::|_|:::|::|:::|`>、
                    | |:|:::|:r====|:::::| === ,|::::|====ョ:|:::| |  \
                        |:|:::|:::| r、 :r、::|:::::|:|::r、:::r、::|:|::::|::r、 :r、::|:::|:::|    /
                         |:|:::|:::|::| | :| |::|:::::|:|::| |:::| |::|:|::::|::| | :| l :|:::|:::|
                    |:|:::|:::l :|_| :|_|::|:::::|:|::|_|:::|_|::|:|::::|::|_| :|_|:::|:::|:::|
                     |:|:::l:r ====|:::::|:L_________|____________
                      |:|:::|:::|::r、:::r、 :|:::::/;';';';';';';';';';';___;';';';';';';';';';';';';';';';';';___;';';';';';';';';';';';';';';';';';'
_______         |:|:::|:::l :| |:::| | :|::/;';';';';';';';';';';∧;';';';/;';';';';';';';';';';';';';';';';∧;';';';/;';';';';';';';';';';';';';';';';/
';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'\       |:|:::|:::| :|_|:::|_| :/;';';';';';';';';';';';'|「||エ/;';';';';';';';';';';';';';';';';' |「||エ/;';';';';';';';';';';';';';';';';' ||
';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';\     |:|:::|r====/;';';';';';';';';';';';';' ||」|/;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';||」|/;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';||



      r'          i!.  /:::::::::.       //.l / l  i         }
     .l ,      i   |.W、|,、r'``     ソ`¨`'' ー-/,r/l       .、 、〈
     .И       N i, l''¨´゙::::::::::::::.           '´\.l  ./  .i  i }゙ヽ
      {       i!、ヾ、::::::::-ー''ヽ:::::.      彡F=-ミ、 ムィ  .,  |  ハ/
       l N   、 |:::`之 ̄てうユ:::::::,.     、 ' £ユ  `ゝ /  /|/!/     実行力として、抑止力として、
       ゙.i `ゝ、 |\|::::::::` ̄´:::::::::::'´    .`¨   ` ̄´・ 彡/ .ト, l
       /´ i | ゙  \:::::::::::::::::::::::::::   i:..           //  l .i l       正当な怒りも、不埒な恨みも、
      /   { .| i、.\`:::::::::::::::::     !::.         //  l ! l
     /    ヘ .| ゝ\!\:::::::::::     ^:::`        ´〃/ .lノ.  l      その一切合切を纏めて受け止め、
    i'     `|  \ヾ!ヽ:::::    _,,,,,_          "´,|  l   l
    .{   i    |  \!::::::::::: 、_∠r-ュ匚U ̄|ヽ、 _,      /|.  .l    l      斬り捨てる絶対の盾にして断罪の刃。
    }    l   .|    'i :::::::   /ヽ.,イ'i    .iヘ'´~     / |  .l    .!
    ,i    l   |    |\::::/ヽ// i      .i ヘ     .イ |   .l    ヘ     それが許され、望まれた組織として……。
   ,i    .l  |    l. /ヽ/ / i__□__i ヘ  / .,l j  .l    ヘ
  ./     l  .|    !イヽ/ / '´       ``.ヘ '´  ,l i' .i..l     ヘ
ーム      ! ,|  r' ´ )イ  ./'   ,、r - ー - 、  .`ヘ  ,l j'  .l .l     .\
:::::::::::\_ _,、r'´::|  ` ーi' ./{   /   _.   ヽ  ト、,l i   l l       \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::|     |,r'.  |  .i' γ´:::::::`ヽ  i. .|  ヽ!.   .l  l        \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ,、r'    |  l  i::::::::::::::::::i.  l. |   `ヽ、l  .l         \
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  r'      .|  .!,  又_:::::::_ノ   .j  | .,     i  !          \
::::::::::::::::::::::::::::::::::! i'        ゝ  ヽ    ̄    ノ  /     }  l`:ヽ、        .\
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  i        \  .ゝ- ー - ´ /      j'   .l::::::::::ヽ、



.

404 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:07:35 ID:???0



         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i.    .     そして、それは今でも同じはずなのに……。
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i           「……だが正直なところを言えば、
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |                 我々は今回どう動くべきなのか、それを決めかねているのだ」
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i 
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./              その中でも責任ある立場であろう彼女が、
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /        .  このような迷いを漏らし、子供に意見を求めるとは、
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i           現状はどれだけ混迷していると言うのだろうか?
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、           思考を巡らす私に、彼女はこう続けた。
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ



             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|          「単刀直入に聞こう。君は今、何が起きていると考えている?」
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>        そんな奇妙な問いかけに、護衛達は僅かな困惑を覗かせ、
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル          知事は、止めるべきか止めざるべきか悩んでいる態。
  l::::// l:||::l:::::::::l,' -ー.      ー   |:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧`-ー=-"   `ー=-‐/|:::l丿::リ::|  `丶         上位者達は、私に関する何らかの情報を共有し、
  ( l  リl:!い::::::{tヘ       ,     u.l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、u.           ,イ.|::::|::i|| リ             部下たちはそれを知らないと言った所だろうが……。
      \|::| ||::::ト、   ⌒    ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|              私はちらりと、顔見知りの医師へと視線を向ける。
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ



.

405 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:10:31 ID:???0




                    _--――- _
                     jニニニニニニニ>、
                  <ニニニニニニニニニヽ
                   /': :.`<ニニニニニニニニ{              彼女はただ超然と、その場をあった。
                   /:/: :': : : ': :`:,<二二二二>'"、
               ヽ/: /: : :/: : ,イ:l: : : ̄i、 ̄:!: : : :.': ヽ            好奇以外の情を覗かせる事無く、
                〉:.': : :.': : /_:l: : : : l: V: :i : : : : ': :{
              ,'l: :!: : :.!: :/‐-、: !: : : :l: :.V: l: : : : : ; :.\          ただ、ただ、知事の傍らで、私の事を観察している。
                  /ヽ:l: : :.l: ;代ツ`: !: : : l:_; :V:.!: : : : : ; : .ノ
             / .! l\: l: l: : : : : : :l: : :.!、ツl: l: : : :.l: :/           やはりこの騒ぎの火元は彼女なのだろうか?
                 , l .l .!.  Tー、: : : : : :,:l: : l: : : l: !: : : / '
                , .l | l  .|ト .\ヽ: : _: !: :!: :イ: :l :/ i !  ,           ……ふむと頷き、口を開く。
             , ,  .! !,   l! \ヽ: :_:ヽ:.! :.!: イ ,! !,
               '/. l !.l l   l .l     ´;  '.,l j  / ハ.l ,   ,           
            ' .l  l ',ハ  l.ノ,へ__j⌒ー`ィヽ! , /  'l ,
               ; _ ...-,:ィハ .!::::::::::::::::l:::::///:;  /:::ヽ ! ,   '
            ,./:::::::///::::, !:::::::::::::::::::///:/ .,:':::::::::l  l, ,    ,
           ,::::::::///__l .!___///{/ ./:::::::::::::!  l',    ,ー、
             ::::::::j/、乂 .! !{ }./ /ノ//./ /:::::::::::::::l   } ! ,    マヽ  ,.‐- ._
           ,:::::::////\ } l ,. イ///// /:::::::::::::::::;  , j   ,    マヘl  ._//\
          ,::::::::!//////,'/////////, ./:::::::::::::::::/  /.ノ   ,   マ ヽ/! \//}
             ,:::::::::l//////イ////////,{ /::::::::::/::::/ ノイ     ,     ヽ. },l   Vノ
          ;::::::::::l/////'//////////:::::::::/:::::/    l     l.     V l
         /:::::::::::!//////////////!:::::/:::::::::;'     l     l      V!
        ノ::::::::::::::!'/////////////::イ::::::::::::::;:      l!  l  ! i   '
        j:::::ヽ:::::::::;l'////////////:::::::::::::::::::::/.l       l!   !  ! !   l
        /:::::::::::::::::/.}//////////::::::::::::::ヽ:::::} l     .|!  .!.! l !',   :
      /::::::::::::::::::::;、.l'//////,/:::::::::::::::/:::::::::/  .!     .!| .l .i. ! l ,   .i
     ,.::::::::::::::::::::::::; j'/////:::::::::::::::::::;:::::::::;イ、  .!     !! リ ト、l ハ .l、 .|
    ,.:::::::::::::::::::::::::;イ .l'///::::::::::::::::::::::::;::::::;:'//∧ ,.-/ ̄⌒` 、.! !' ',l ヽ .l
.    /:::::::::::::::::::::::;:' ,ィ//::::::::::::::::::::::::::::::!::;イ'////ハ/ /  .i   fr .\人 ノ .}.ノ
  ,..:::::::::::::::::::_f⌒ヽー--、:::::::::::::::::::::::::::::::;:イ//////!__{.__l__.ノノ\  \ ,ノ〃




  ,←‐‐‐‐‐‐‐{                         _   ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
,←‐‐‐‐‐‐‐‐‐\                     _   ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ >=--    ‐‐=‐‐   --=<‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐   「クラウディウス博士の研究に何らかの進展があり、
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐_ 。z≦
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=≦}       その内容の一部が流出した。もしくは……」
、‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
 `>  ___‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
 ′      ̄ ̄} ̄¨¨¨  _  ‐==ァ¨¨¨ ̄ ̄...............>=‐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}        韜晦すると言う考えは、初めから無かった。
/        ∧........マニ=‐__ ¨_........................................⌒ヽi:i:i_=ニ ⌒ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:}
          `{.........\ ヽ__fうア 〃.........................}′  }i:=‐   ~丶}:i:i:i:i:i:i:}       そもそもそれでこの場を乗り切れたとしても、
           ,.................`ミ¨¨´......................./⌒    ⌒7       }:i:i:i:i:i:i:}
\  ‐‐=  、   /.........................................,  ¨゛          /        }i:i:i:i:i:i:}        例の企画を立ち上げれば、高確率で露見する事だ。
  〉′   ノ .:../´ ̄¨¨¨  ‐-‐              _/    r   /i:i:i:‐=イ
_/   /   {        }               /      {  イi:-i:‐i=∧        吹聴する気はなかったが、特段隠すべき事でもない。
i}   /     ` ‐--  イ               }       レ‐=¨¨´   ‘,
/           }:_:_:ノ                 /       }         ‘,      勿論、私を取り巻くファンタジーは兎も角、だが。
  ,′        `ー= __                               ‘,
              〈ニ=‐  ― ' `丶                       ,∧
 /             `{::.:......      }            ノ      _ 。z≦  \
イ                  {..........,                  イ   _ 。z≦
               {.........′             _ 。z≦il/_ 。z≦




.

407 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:12:59 ID:???0




                    r--zzz--、
         ,.ィ zz 77        |l|      ∧
       /   /∧  . . .---- |l|     ∧
      /     _////>:  ̄ ̄ ̄`∨__ (,}  ∧
    /    ,.イ//: : : {: : : : : : : :、: ∨ {   、∧
   , ' 7   / /: : : : : :.:|: 、: : : : : : :ヽ:∨ 、   } |          「篠ノ之博士が何かやらかした。隣国で大規模な政変が起きた。
   / /  / /: : : : :.:.|: |: |: : 、: : : : : :.':,:、 `¨´  '
  { ー ´  /: : : : : :/|: {: l、: :{:\:_: 、:∨ー:.:r<           ……可能性として有り得るのはそんなところでしょうか?」
  \__,..イ: /: : : /:|,|-マ∨: :∧、:.\: `Ⅵ、: l: :|: :ム
      /イ: ':|: : : |イ:| {:l ∨: :∧\}\:.|:|: : ': :!: : :.',
     /' ':/: |: : : |: |:{  ` \_{ r==、|: / : |: : : : .
      /:;: : {: : : :Ⅵ,ィニチ       ⊂⊃: : :.|: : : : :.        一番高いと思われる可能性から三つを上げる。
     ,: :{ : ∧: : : :、⊂⊃         /:イ: : :/: : ,ィ : l
     {: :|: /: : 、: : : \    ,. -―v ' ムイ: : / j!: ム_,.       二つ目はそれがフェミナチが動く理由になるとは考えにくい、
     |:./イ:r、: : : 「ヽ : ミ  乂:.:.:.:.ノ  ,ィ:r 、: :/ /:/, ' 〉
     | /:〈\\:.∧ Y^}:>   こ  イ: : :| }:/ {,' / /        三つ目であれば、保護対象は私だけにはならない。
     /: : :\\ ー' , ∨ ̄| ` ¨´  !: :./| '   `ヽ/:_,.. -ァ
     /: : :__r-ヽ/ /  ヽ | '    /: ノ {   、\  _,..イ´     今ここにいる面子を考えても、一番目が一番確度が高いと判断した。
    ,: : : :ー-- 、 ' {   |l|--、   /:イ=、|   ノ  / ∧: .
    /: : : /    \    j ト、   /: ノ l∧    イ〉,'  ヽ: .
   ,:': : /', r---r-≧---、| |   {: ノ| ∧ }__{_/___  }: :、
  /: : :.{   ∧  l|      l| |   {: { ! / |    |  r'-、∧: ヽ
. /: : : : : 、 {ー'   |     l| \ Y:.j ,'  |    |  |_}  \: \




           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
          r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\                  「……なるほど、順当な答えだ。
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}                 現状は、君の想定した二番目に当たる。
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL                 国営放送の科学番組に出演した篠ノ之束博士が、
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \          幾つかの無視できない発言をしたのだ」
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /






408 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:15:51 ID:???0




┌────────────────────────────────────────────┐
│          __                                                        │
│     ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、                                                    │
│   /             `ヽ                                                │
│  / -―-        -―-   ヽ、                                             │
│ ,′  __          _    ヽ                                            │
│ i   ん:じj       f:じ::j    |                                              .│
│ ,'   弋゚zノ      弋゚zノ     |   「曰く、ISの民生転用に関する一切は、“パパさん”に任せた。     .│
│ i⊂つ            ⊂つ /                                              │
│ ゝ     (       )    /     彼は専門分野こそ違えど、自分と同等以上の天才であると……」 .│
│ ` 、    `ー-'´`ー- ′ _,.イ                                               │
│    > 、   __   ャ<                                                     .│
│    ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉                                                   │
│   /   ゙ 、 _     /` 、                                                  │
│  / ,,.       ー'    ヽ                                                  │
│ //  \       、  ∧                                                 │
│ i'      }        V ハ                                                 │
│ |        i         }                                                   │
└────────────────────────────────────────────┘




               ___
           ,. -'"´      `ー 、
         /       、      ヽ、           「……はあ?」
        ,.' ー'        ̄ヽ     ヽ、
       /  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、       ヽ、
      ./  .l:l  ,リ.     |:|  ,リ   ノヽ   ヽ        バラライカさんの言葉を聞いた私の中に、
     / .  ゙'‐‐'"       ゞ_彡'    !  )   i
     /.__  (           )  __ `´   l        まず生じたモノは強い当惑だった。
    (__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__)    /
    i        | /   |          /
     ヽ、      `ー――'′          /
      ヽ、_                  /
         `i                  ヽ




.

409 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:19:10 ID:???0




                  r----x
                  {!/ `゚∨
  ,ィ≦二二二ニヽ、      ヽ-´ヽ-Ⅵ                    なるほど、彼女が
  i! i <二 ̄ ̄冫ヽ、  _ ......... _ヽzzzzソ
  ` <___k,  ヽ,<>≦≧xi  :/                       “男子児童に自分の発明の運用を任せた”
          ,ゝ´> ´ i     ` <ヽ
         ./>´  :! i  !       ` ヽ                     となれば、それは大きなスキャンダルだ。
        / /    !ヽiヽiヽ {ヽ、、ヽ   ヽ
        / /  i>代、  i>テュヽヽ、ヽ、 ヽ.   .            フェミナチの中には、篠ノ之束の天才を、
       / !  ヘ≦二ヽ、 { 芹気`iヽ!ヾ、ヽ ∨
       //!  ト`《 k少 ` `¨´ / 冫  ヽ≧メ=-              アインシュタイン博士と言った偉大なる男性科学者達に
       ´  { /i!、ヽ´ ノ    '''//7    〉!、
         !/ i! i>ヽ  、__,ノ  ´>/  // i! ヽ               優越するモノと喧伝する勢力もあるようだし、
         / /`゙ ̄丶、    ,ィ /  /´  `  ヽ
        イ  /  i! i!  ̄≧T ´/  !  f/i i     ヽ             その言が真実であれば、奇跡の二十六人の裏に
        /i / __ i i!rメ´ ̄ !    i// .ヽi ____     ヽ
       ´ iノィ´ ヽソ ! ヽ/´  _トノィ´ ̄ ヽ、`ヽ   ヽ.          私や博士の暗躍があると考える者も出るだろう。
     ,、>イ´    /__i,,/   ィ´ィ':/ソi      `<iz    ヽ
     ヽ  ヽ、 ,/'     ´ / :i i}!        `ヽ、   ヽ      フェミナチや五課が即座に動いたのは、当然の話である。
     //ヽ  >´i   ,     /  :iトソ       ィ彡二ソヽiヽ ヽ
    //  ィ´ヾzzzx、.:/ __,xzzイzx、:i!《k、     // /∨ヽ  ヽiヽ
    ,ゝ、/ /o /  `y ´   /o /  ヽi!k,ヽ____/ィ/   ∨i/}/i'
    / i{  ゝ<   '    ゝ<    ヾi! ヽ/ゝヽ     ∨
   /  ゝ       :.          ,  /    ヽ    Ⅷ
   i!  { ヽ、   .::::.        ノ  /      ヽ   :Ⅷ
    ヽ  ヽ ≧z ´ ` ー---‐ <  /         ヽ   Ⅷ




      _______                 ____
      l          l                     |      i             そして、あの混乱ぶりも理解できる……のだが、
      .l          l                    |      i
      .l          l         ○、         |      i             束さんの無軌道は、最短距離を選ぶ志向と、
      (三}_____{三}       〉 〉     .-ー-|      i
       l l        l l .rーーー、γ⌒ヽ'≡≡ f ..!mn----nm   r==、     他者の感情への無理解・無頓着によるものだ。
 _______  /.l l       / / iノノ ゞ i ’Дf . .i弋 Д/ /γ ̄ ̄`   i ゜Д゜j
f jjjjjjjjjjj/ ,l l f ̄ ̄ヽ/ / r t ‘ャ‘jー、  ノi Д j (  ノ ( ノノ人ヽ  i\∨ \
jjjq゚А゚jj. /...l ゝjー=,二ニ= i i__  i .i_ヾ_  ヽ_i    い、‘o‘丿ヽ i  \ i\\
γ(三} 〈   Y  ヾ ̄ ̄ji  ┌∪ー----ー∪ー∪---∪-------ニニ∪ニ∪-ーー∪ー-ー∪┐
∨ /   .`. ..i   ヾて i  |                                      l
         t      i   |                                      l




.

410 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:22:41 ID:???0




                                          |  .___/
                                          | / : : : |二]:
                      .ィ=ミzzzz_ __    _.. -<> 、    l ∨: : /二]:
___  __________.{  }三=|三| / |   rイヽ \´ \  |_二二二_|:_      ISの軍事転用で、一度轍を踏み学習した彼女が、
三三=.ハ-'-|三三三三三三三∧ーイ三r‐r≦三|zzzィ }、{.rァ}ヾ{ヾヾ{ _|: |: : : | .l:
=====.イ、-リ三三三三三三三三\―|  ̄ ̄ ̄ _/ニ}ハ'、`^.l ̄ ̄!./!/ィ≦フ':><|:      同じ過ちを犯すとは考え辛い。
      .〉-`7777777777777777777777|__./77|三.ノ込¨_/ ̄ ̄|/:|仁/_: /: : :l:_
     ∨/|=//ニ//∧三=//|三/::::::::V三三/三三|ヾイ\___!: :lト/: : : |: : : : : ::      となれば、今回の事には何らかの明確な意図と
       ̄|zzzzzzzz ∨/| ̄: ̄: ̄: ̄|---'------f__!___ /: :|∧:_:_/: : : : : : :
        |/ \三三|\!: ┌――‐┘: : : : : : : : : : : : : : : :∨| : |: : : :|<: : : : : :      シナリオがあると思われるのだが、
        /\  ̄ ̄ .|z:z|z:z:z:z:z:z:z:z:z: 、:_:_:_:_:_r|: : _: : :>---.<: : |>、:_:_:
       /: : : : :\__  {ニニヲ}}》: : : ̄:>..、: : : : : ://--| |:_:_| |_:_:_:_:_:_\〉  ∨:      正直、それが判らなかった。
      /: : : : : : : : : :|  ゞ=}ノ>zz<|::::::::|:_: ≧=-'、_:_//:_://: : : : : : : : |   .∨
   ./ : : : : : : : : : : : |_    /: : : :|ニ/|_:/: :|:_:/: : : ||: :|: :7:777/7777T      ∨
   /: : : /:: : : : : :/: : |: \ |: : : : : : : : lz|: : : |: : : ̄ : |_/:/:////////|: |      .
   〉: /: : : : : : :./: : : |\/‐.|: : : : : : : ∧∨: :.|>---<:/:///////// : |
   \/\: : : : : : : : :.|: : |  l : : : : : : : :∧ヘ/: : : : : : : :>.、//////: : :.|
        〉 : :_:_:_:_:_:_|: : |_|:_:_:_:_:_:_:_:_: /: : : : : : : : : : : : :|///// : : : |
         |: : \: : : : : : : /: : : : : |: :\ : |_ : : : : : : : : : : : : [/////: : : :/
         ∨: : :|: : : : : : :|: : : : : :.| : : : \: \:_:_: : : : : : : : : ト、//: : : :/
        ∨、 |: : : : : : :|: : : : : :.|: : : : : : : : : \\:------'\\: : /




       .*
     .+ 。   キリッ!
         .____    .+ 。 *
        ./\  / \
   .+ 。.../ 〓   〓  \    .+ 。        計画を円滑に進める為に、元より有名な私を持ち上げる。
.       |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
.       ヽ         /...+ .。           ――それ自体は理解できなくもないが、それは同時に、
       /        \
     / ,、      .l> ,>              未だ小児である私を計画の急所として晒す事でもある。
     \ リ       l <
      <_/       ト-'               多少の暴力であれば切り抜ける自信があったが、
       i        l
       l   、__.    l                今後想像される対立者たちは、そう言った手を取らないだろう。
       l    ∧    l
.      l    / l.   l                そして、男児の私は行動を極度に制限され、人脈もゼロに等しい。
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \             現状、謀略に対抗する手段はなにも持ってはいない。
  /                 i
  l                  /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"




.

411 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:25:28 ID:???0




 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
               ,.-zz--、        r-zzzz-、
             / /_/∧   ____  |     {                ……となれば考えられるのは陽動だろうか?
            / / ////∧´: :._: : `|__ 0 __|
          / / / ,.∨//>―――-:| |  | !                  周囲の目を私に向けさせて、
          /ー' /,.-ィァ_: : : : : : : : : : : :.:.| |__j |:ヽ
          `二´' ,.´ィア: : :,: :.|: : |: : :.|: :乂___ノ-、}_               その影で何かをしようと目論んでいる?
        /´     , < : : /: :∧: {: :|: |: ∨: : : rミ_--、  `丶、
      __、_    ,..ィ: : ,: U: /: :/ |: : :.∧:!マ:.∨: ∨}:>、        \
     /  '   ̄7  /: :.∧:_:/_|:_!ノ{: : :| |ト、マ:.∨: ',: : : | : T ー、     }__
  .  /  /    /  ': ,: !: Ⅵrtォ=ミ \:」 ':::::.{:_」\|: : : |: : |:\ r===イ-r--=l
    ---、__/   {/:/|: : :|弋)ソ:::::::::::::::::::::::::::::::/:u:/: |、: :,:.、: :|      | [ニ!
      /   ,  /:{/_从:八::::   , :::::::::::::::::::::/: : :∧:_|: \: . !     }-- '  テンサイナノハ ホントダシ……。
     ,   ,  /:,/  〈l \}:.:::::::::::::::::::::::::::u::/イ: :/:/||l〉`ヽ: :   T¨¨´「、
     /   }'´ ̄   〈l ||',: :ム、 __ ::::::::::: ,.ムイ:./ ||l〉   \:_:、|    \:.
    ,:    |/`ヽ   〈l ||∨: :| >` ` :::::イ | |: : /__/'l〉       l|    | マム        「高く評価してもらって嬉しいけどさ、
   /    八//∧   〈l ー=l : | |ヽ`¨ r― | |: /__/フ      ,ィ|   :. マ :.
   {     / ∨//}   > |: ,  |      | l: {ー r'    //{|     {\ , : .       正直、過大評価だよ。
   |    '   }// |  _,.'   〈: {/  l::/    `|: 〉   マ   //// |    マ//、: :..
   |     ,..ィ--'、__/ { ̄\|: :〉   '     /{:.ハ _}.  |/// :    |///\}      普通の男児が人雇うなんて無理だし、
   乂_,.イ: :///////∧ { { 乂}\_.:l:..._/-乂:}||  ; \Ⅳ{l\ 、   }/////\
      /: /∨//// /\l|{: :ノ    , ̄、    {: ノ|| /、      \    ,///////     会う機会も作り辛いってだけだからね?」
     '//// \// | ̄ /: {--=≦---≧、__〉:{'.イ  }       `ヽ、イ `ヽ、///
    /////: :/  /  {: :ノ\ <{ニ!ニ|>´ {: :.}     \         \   \/
     【匿名のフェミナチ情報提供者@情報料はIS民生化事業に寄付】
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::




                 _ .ノ`ヽ __
               /ヾ :i! :j }`ヽ、
               〉`ヽⅥ∨ /≠≦}
              〈二ニ=-vx=ニ二三〉
              ///; |:.Vヘ\`ヾ}               「ふむん、どうやら君にも心当たりはないようだな?
             /// _/_/! | ∨ヘ ヽ\ヽ
           , ‐く⌒´/ ∨!/⌒ヾ´⌒Y´ `ヽ、           先日、君が篠ノ之博士と接触した事は、こちらでも把握している。
          イ :/     ∧V∧    .:}    ヾ
         ノ :i! { 从 〈 ``''"´Y  .:}       .:}           その時はどのような話し合いがもたれたのかね?」
        (:イ .:{:! ハハノヽ、、   ムイ ハ 从  .:Y
          乂!从ゝ二≧、、   x匕´イイノ j :イ
          从乂ー癶zァx、  彡xzァ癶ーフイレ小           そんな思考を巡らす私に彼女はそう問うたが、
          //小乂三彡イ   ヾ   ’彡从| :乂_
       __// 从!ヘ\ミミ}         彡イ!.:j:i :!ヽ `ヽ.
     /´   / .:/!| :iハ彡ミ{  `"    /! //! ! :  \   :.      「……いえ」
.    {:. .:ィ .:/ i| :l! i:\ミ, ´ 二 `  イ i// .:|! '、   ∨ヘ: \
     У  .:/  .:i| :l! |l:l \     / li //  .::|!   \ :} !}:  :ヽ
.    ノ   .:ii.  .:i| :l! |l:l    ー    l//   i:.:|i     ..:ノ i:j   i :.  私はそれに、首を横に振って答えた。
.   /:.   .:j:!  .:i| :l! |l:!         :l/  .:i!.:|:!       .リ   .:j :i
. /:    .:ハ_.:ノ :ji .::i/        :j    .:i!.:| !、、        ′!



.

412 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:27:46 ID:???0




            ___
        ,. -'"´      `ー 、          「……いえ、それが心当たり自体はありまして」
      /       、      ヽ、
     ,.' ー'        ̄ヽ     ヽ、
    /                     .ヽ、     「……なん…だと」
   ./  .ヘ_ハ     .ヘ   ハ   ノヽ   .ヽ
  / .  ゙'‐‐'"       ゞ_彡'   !  )    i
  /.__  (           )  __`´    l     驚く一同に、私は束さんとの会話の一部を話した。
 (__) `ー--'´`ー--‐'′ .(__)    /
 i                          /      私の目的と、それに彼女が全面協力を申し出た事を。
  ヽ、                    /
   ヽ、_                  /
      `i                  ヽ



                  __ -――- _
                 /二二二二二二ニ> 、
                〈ニニニニニニニニニニ=ヽ          「なるほど、仮想環境での大規模交流ですか。
               , '" ̄ ̄`""''<ニニニニニニ',
              /: : :/: : : : : : /: : : : : i"<二ニ/  .          確かに、まだ女性党が癒着事件から立ち直っていない
            ,.: : : : : ,: : : : : : :/: : : : : : !: ; ; !` -ヽ
            /: : : : : ; : : : : : :.;: : : : : :/!: : :.!: : :ハ         今であれば、実現できる可能性はあります。
           ,`"‐: : :.!: : : : : : :l: : : :./‐ 、: : :l: : : : :!',
           /    lヽ: : : : : /: /'ヽゝ: l: : ;!: : : : :}: 、.  .     ええ、その計画には、ぜひ私も参加させていただきたいものです」
          ,  /   ; ,{: : : : : ィ: : : : : `: |: :ハ.; : : : ': : :
.            ,  ,    ! , 丶: : /',l: : : : : : : :.l.{ヾ: : : /: : : ',
               ',   `: ':_:{: : : 、:_: : : ':{:,:!: : /: : : : :}
        /  .:'   ノハ     l、 ̄ -`- ― 、:j_': : :-‐┘
         ,..-―-...、f::{::::! l  l:.>  / - .、`)';./
      , /::::::::::::::::::V,ヽ:::::, ! .!:::::)ヽ'  ー' l/,イ'  ふ      餓鬼の駄法螺に呆れたか?
.      /.'/:::::::::::::::::::::::V/ヽ::, ', !::':/'   .ト'/ {  ふ
     .' ./::::::::::::::::::::::::::::V/,ハ::, /::f:::ヽ`ヽ .ノ '.!  l.   っ     静まり返った場の空気を、最初に破ったのは、
.      ,::::::::::::::::::::::::::::::::::V/ハ:ヽ.!:/:::/::::/:ヽ !  |
.   '  i::::::;::::::::::::::::::::::::::::::}//}:::::{:!:/::/::::::::::),  ',         今まで無言だったクラウディウス博士の含み笑いだった。
  /   .l::::/::::::::::::ヽ::::::::::::::j'////>、ヽ:::-=::ヽ:.,  .!



.

413 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:32:36 ID:???0




         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i      「そして、篠ノ之博士も君の夢に乗った。
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |             ……となればこの騒動、燻り出してやるから、
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i        露払いをしろと言った事か」
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /     それに続いて、バラライカも閉じた口を開く。
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ 
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i      事前に石を取り除く――確かに、一番順当に行けばそうなのだが、
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、        個人的には少しばかりの疑問が残る。
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ




           ___
       ,  ´         \
      /              ヽ        「篠ノ之博士に、五課が連動する確信があるのなら、そうかもしれません。
     ./   ‐--‐       ‐--‘.
    ,'  u  __     __´_ ‘.       ただ、若干、らしくない気もしますが」
    ,     ̄ ̄        ̄ ̄ ‘.
    { ⊂つ            ⊂つ
    ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
     \              _,.イ         篠ノ之束に会ったのは、ただの一回
      > 、   __     ャ≦
     ,ゝ ̄ ̄ `ー──┴- 〉          ……だが、やはり違和感があった。
   /   ゙ 、 _        /` 、
  / __,,.         ー'    ヽ        なんと言えばいいのだろう、視野が広すぎると言うのか?
  //   \           、  ∧
 i'       }             V ハ       彼女はもっと、目の前の事に拘泥する性質だったように思うのだ。
 |         i             }




.

414 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:38:14 ID:???0




 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
            / /_/∧   ____  |     {           ……承認欲求が強いと言うか、有り得ないと斜に構えていても、
           / / ////∧´: :._: : `|__ 0 __|
         / / / ,.∨//>―――-:| |  | !             その実、親が褒めてくれる事を期待している子供の様な。
         /ー' /,.-ィァ_: : : : : : : : : : : :.:.| |__j |:ヽ
         `二´' ,.´ィア: : :,: :.|: : |: : :.|: :乂___ノ-、}_          悪い意味で丸投げにはできなさそうな雰囲気が、ある。
       /´     , < : : /: :∧: {: :|: |: ∨: : : rミ_--、  `丶、
     __、_    ,..ィ: : ,: U: /: :/ |: : :.∧:!マ:.∨: ∨}:>、        \
    /  '   ̄7  /: :.∧:_:/_|:_!ノ{: : :| |ト、マ:.∨: ',: : : | : T ー、     }__
 .  /  /    /  ': ,: !: Ⅵrtォ=ミ \:」 ':::::.{:_」\|: : : |: : |:\ r===イ-r--=l
   ---、__/   {/:/|: : :|弋)ソ:::::::::::::::::::::::::::::::/:u:/: |、: :,:.、: :|      | [ニ!
     /   ,  /:{/_从:八::::   , :::::::::::::::::::::/: : :∧:_|: \: . !     }-- '
    ,   ,  /:,/  〈l \}:.:::::::::::::::::::::::::::u::/イ: :/:/||l〉`ヽ: :   T¨¨´「、
    /   }'´ ̄   〈l ||',: :ム、 __ ::::::::::: ,.ムイ:./ ||l〉   \:_:、|    \:.
   ,:    |/`ヽ   〈l ||∨: :| >` ` :::::イ | |: : /__/'l〉       l|    | マム       「いや、そもそも、泣く子も黙る公安五課課長が
  /    八//∧   〈l ー=l : | |ヽ`¨ r― | |: /__/フ      ,ィ|   :. マ :.
  {     / ∨//}   > |: ,  |      | l: {ー r'    //{|     {\ , : .      自らパパさんの品定めに動くなんて可能性、
  |    '   }// |  _,.'   〈: {/  l::/    `|: 〉   マ   //// |    マ//、: :..
  |     ,..ィ--'、__/ { ̄\|: :〉   '     /{:.ハ _}.  |/// :    |///\}     想定に入れるわけないじゃない……」
  乂_,.イ: :///////∧ { { 乂}\_.:l:..._/-乂:}||  ; \Ⅳ{l\ 、   }/////\
     /: /∨//// /\l|{: :ノ    , ̄、    {: ノ|| /、      \    ,///////
    '//// \// | ̄ /: {--=≦---≧、__〉:{'.イ  }       `ヽ、イ `ヽ、///
   /////: :/  /  {: :ノ\ <{ニ!ニ|>´ {: :.}     \         \   \/
          【匿名の腕利き情報屋@裏情報を収集中】
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::




            r'ー'´`ー// `ー 、
          ノ`(', ',l | //―-`ヽ
          }ミミ{',ヾ冖ヽ\`ヽ ̄` ,
          <// /l i ヽ' , ノ`ー'⌒`ヽ
          //l| ,' l |ヽ,rー'`ヽ \ ソ ヽ          「……彼女を良く知っていればそう思うだろうがな。
         l_/ノ`ヽー 、/`ヽ\i ヽ',ヽヽ /\
         l´ ,Y /ノ ,ヽl/', l / .l i ヽ .}ヽY          実を言えばここ数年、ウチに協力する匿名のタレこみ屋がいるのさ。
        r' i ノv' { {゙゙ `´ヽlノl / /l // }',l,
       .}Yl 丶 ,、lヽl ', 、  lフj/}/_ノl/l//l l }',         気紛れな上、優秀過ぎて、うちでも尻尾を掴めない難物なのだがな。
       lノリ、 、 x 乂三、ヽ ./イ(・)ゝノ|/l |';|ヘ
        `ヽヘヾゝ rt・チゞ   ー '・ //l|l |i ヘ        例の癒着事件な、アレは、ソイツから買った情報でウチが動いた」
 ,r‐――===`ヽミゝ=彡( l       / | l |.l lヘ
      、└l  i' l \彡ミ   '      ハl.| .| | ',;ヘー-、
  冫、__,ンゝノ ./ l> /l、ミヾ ,rt‐、    ハ|l il ノ ヘ/\
  ´ゝ_   ∠_ノ / /ノl |l lヘ/ミ/`  /  .| l、ヽ \      そう言って彼女は、私の目を覗き込んだ。
    .` ̄´ {/ ̄ヽゝlノ;;;;´/ミ/`ー'     .| l ゝ _ノ;;;ヽ
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|リ /|;;;;;/ミ/ヽ     .ノ ハ|;;;;;;;;;;;;;;;;;     囁くように言葉を続ける。
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j'/ l.|;;;;`゙゙',ミリ\   / l   .|、;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ /.ノ;;;;;;;;;;;;;ヽ彡 ヽ { i \ .`ヽ;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    `ヽ   ヽ };;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ //;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ミ ', }  ,r´;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ < ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ',///;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  j |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;




.

415 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:41:44 ID:???0




     ∨//,∧   /ゞミ∨j从リ}      \     `ヽ 丶 : : : : .
.       ∨//,∧./ ,イ. : : .>、:八       `      ハ  ハ: : : . .
   i:.   ∨//,∧ゝ ' /. :/ ム: : :)  ,ハ !   ハ     |   |!: : . .        「……実を言えばな、篠ノ之博士の発言を聞いた時、
   |!    .∨//,∧ ,イ/ゝイ〃v:/ /ノノ |     !! :.     jl: : : '
、  ハ    ./∨//,: /   /: :ゞ'_イミ:.、/ 人|八 ノi |: :.  |!  /イ.         もしや貴様がと思ってわざわざここに出向いたのだよ。
. \ 从ソ∨ . :' :,イ/  . :/、: : : : '´゙_ __イ'_ ̄__ー=ミ' i/   ';  ∧ム∨
\ `ヽ.:/ : : 〃  . :,イ.`Y: : : : : : ´:7≧' 弋ゞ'ノ フ /,ノ ,イ/ }从 .∨ ∨       何しろソイツは、共幼が甚くお気に入りだったようなのでな」
  `ヽ./  .: ,.'   . ::/彡 .j .: : : : 'ヽ: : : . ̄ ̄ ̄´・イ / .! .'ハ  .∨
\ヽ ./  .,イ . : : ; '、>、'        :: : : '´ =彡 '  '゙ .|/.|: .'.: . ∨
`ヽ ./  ノ .: : : / '     ' ,          /イ ,イ〃 |!ト、|: :.ハ   \       ショック
|  i    .: : /    ,イ: \:.          イ //.i  |:|/ ` <\        IS発表以降は、当然博士も、容疑者だったそうだが……。
|! . ∧    '´  . : : ノ⌒ヽ:. !:          . : ::// ,'  ∧////,` <
ハ  .∧     . : /   ハ jソ          . : ::/ ' /  / ∨////////` <




           -───‐-
       , .::´: : : : : : : : : : : : .丶、___
      / : : : : : : : : : : : `丶:: : : .\:::::::::ヽ       「……何しろアフターケアが細やかでな。
.     / : :/: : : : 、 : ヽ : : : : : ヽ: : : . ヽ:::::::|
    / : : :!:i: : : :i :ヽ⌒\:: : :\:\: : ,〈',::: {         博士のプロファイリングはこちらでもしていたから、
.    ′:.;斗ミ: : :.ヽ: : \_: .、:: : :ヽ:ヽ//: ',:::}
    i | : : ハ≧、: :.:\ イ:.心ヽ:: :ハ} : i/:. : ∨  .      別人だろうと言う結論になった」
    | | i: :ト升心  ̄  弋;zリ ∨ノ: ::|: : : : |
    | i八从 Vリ     `¨´   | : : : |: : : : |
    |: : : : :ト ¨´  '     ""  | : : : |: : : : |
    |:.:/ : 人""  、   ノ   . イ : : : |: : : : |        どうやら束さんには、知らぬ間に沢山の借りができていたらしい。
    ∨: :: :.:个:.、      イzイ : : : :|: : : : |
    | : : :| : ヽ : >r- : ´/::::|: : : : :| : ヽハ        礼を言わねばと思いつつ、今迄の印象とは異なる情報に首を傾げると、
    | : : :|: : : :\ : ヽ:/::::::::::|: : : : :|: : : :ヽi
    | : :八 : : :ヽ, <  ̄ ̄ ̄|: : : : :|: : : : :∧       彼女は立ち上がり、母を抑える部下に頷いて見せた。
    | :人: :ヽ.: :/        人 : : : | : : ヽ: :‘,
    | : :| \.:∨    -彡'イノノ: ::| : : : i: : : ',      ニヤリと口元に笑みを浮かべる。
    | : :|  ヽ|       -=彡' : : : :| : : : | : : : ヽ
    レ:八  ,イ   ___,   人: : : :| : : : | : : : : : \
    【フェミナチの魔の手を逃れた保母、N嬢】



.

416 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:45:02 ID:???0




                      ,.ヘ、___ __
                   ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、                 「まぁ、古来、男が出来ると女は化けると言う。
                 /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ                きっとそう言う事なのだろうさ。
                ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉                               ロメオ
               // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ           .     精々、気をつけることだな、色男。
              /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
              |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |         .    お前の女は当代一の難物だぞ?」
              \l,! ヘ|Z孖彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                  |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                  | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                  | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ       そう言葉をつづけると、笑顔のままにこちらを睨む。
           /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ
   ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫       .   きっちり手綱を握ってこちらに迷惑をかけるな
   /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
  /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ       ――そう言いたいのだろうが、
 | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
 ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ    冗句でも小学生に言うセリフではない。
  l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
  |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::




           ___
       ,  ´         \         しかもどうやら彼女は、わざわざ機械を止めてから、それを口にしたらしい。
      /              ヽ
     ./   -- ..,_       _‘.      .   こちらに駆け寄り、私の両肩を強く掴む母に、困った顔で大きな溜息を吐いた。
    ,'  u  __     __´_ ‘.
    ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
    { ⊂つ             ⊂つ   .  「……仮にバラライカさんの言い分が正しいとして、
    ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
     \              _,.イ         その頃のやる夫は、束さんとの一面識もない、ただ園児だったたんですがね」
      > 、   __     ャ≦ 
     ,ゝ ̄ ̄ `ー──┴- 〉            アイドル
   /   ゙ 、 _        /` 、         「なに、偶像に恋する熱狂的なファンなど、どこにでも転がっている話だろう?
  / __,,.         ー'    ヽ
  //   \           、  ∧.      “パパさん”のファンなら、ほら、そこにもいるぞ」
 i'       }             V ハ
 |         i             }



.

417 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:47:27 ID:???0




                ___
            ィ////////////> 、
           ソr_>)r~ヘ////////////r()クフ
          </>=^(廴ハ)f-ミ//////r=ミ/木_>             顎をしゃくって見せたその先には、
         /../`</ゝ-<廴メr_ァ=┐廴)){{辷))
       //. ./. . . . /`<ゞー((辷ソ/ゞ彡ゝ~/>           珍しくも笑みを浮かべたクラウディウス博士が居た。
     /. /. . /. . . ./. . . ./l. `<///////≫ ' ヘ. .'.,
     \/. . /. . . ./. . . ./. l . . . . . . .l. . . .l. . . . . .i. .ヽ
      ハ. ./. . . .,. . . ../. . .l. . . . . . .lV. . . l. . . . .ハ. . )        「切り開きたい程愛していると言うのは、流石に御免被りますが」
      /ノ./. . . ./. . . /ー- l. . . . . . l. .V. . .l. . . . . . .,. .\
     , {. .,. . . .l . ._,ィ==ミミl. . . . . .l - l、. .l. . . . . .l. .i. . . .Y
     ,'人.i. . . . l. . .弋:.゚_ノノ. .V. . .l. l zzkl. . l. . . . . .;. . ,. . ./   .  「酷い事をおっしゃるのですね。
    /  l\. . l. ./. . . . . . . ..V. . ;..イ:.。.:}l. ..l. . . . . .l. . .,/
    /   l   \./. . . . . . . . . .V. . .l^ - .l. .l. . . . . .l. / l      私は、ずっと貴方に夢中だと言うのに……」
   /   l   l l\. . . . . . . .' .V. ..l. .゙゙´.,}. l. . . . . イ    l 
   /    l   l lヘ. \ `:. . . __. V. .l. . ./.l. l. . //,     l
  ./     l i   l .|ヽ ヽ 、. . . . . V l.イ. . l l/ / /     l     その情熱を愛と言うのなら、確かに彼女は私に焦がれているのだろう。
 /     l l   l-:l ::...、` _--イ----<  ./ /       l
../ / l   l  l    l::l       l r_ニヘ V   / /            だがその愛情は、おそらく人類には重すぎる。多分、物理的に。
l' / l   l  l   l:ノ_ノ^ヽ _|フヽ-:::-イヘ V / /        l
l /  l   _ィ/ハ   l::::::::::::::::::::l:::::::::///ハ V ./:::ヽ           彼女でも冗句を言うのだなと言う変な感慨と共に、そんな事を思う。
li γ::::::::::///:::ヘ   l::::::::::::::::::::{::::::///:::/ ∧〈:::::::::l        l
l /:::::::::::///::::::::::}  l:::::::::::::::::::::: ///::::/  ∧ ;::::::::l        l




   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                 そして、驚きすぎて言葉も無いのか、
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/  ―    ―\:::::::)               ただギリギリと息子の肩を苛む母の愛……。
 \:/    (○)  (○) \ノ___
.   |       (__人__) /―  ―\          それを甘んじて受けながら、バラライカさんに視線を戻した。
   \     |!!il|!|!l|/u. 一   ー \
    /    |ェェェェ|| ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|         母をはぐらかす為もあるのだろうが、皺寄せを押し付けないでほしい。
    \  \   (_ヽ          ィ__)
    ギリギリギリ・・・´           `




.

418 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:49:31 ID:???0




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}          「今後の事もあります。できれば、篠ノ之博士か
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:       .     助手の織斑女史と連絡を取らせてもらいたいのですが」
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、 
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ           そんな思いを飲み下しつつ、バラライカにそう問いかけると、
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,' -ー.      ー   |:::レ'::!ヽj/ )ヽ.           これまで無言を通していた県知事が口を開いた。
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧`-ー=-"   `ー=-‐/|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ       ,     u.l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、u.           ,イ.|::::|::i|| リ       .     「……その件については、私から説明します。
      \|::| ||::::ト、   ⌒    ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|    .            バラライカ課長も構いませんね?」
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ




         /:/  -  ̄  ハ ` ‐ 、ヽ  !,
         Y .// / /  |:i    \、 i
         /ー-、/、_ :/ ', i i,.ヘ ',  ヽ:i|          「……了解しました。
       r―´   ´  /   i /:  ト 、  i:ヘ
      ノ          ヘ | ,.ィ  i  `ー 、 i          私はこれより中央に戻り、捜査の指揮に取り掛かりますが、
     i ,.イ        / ハi,|//|  i    `
      /   i ハ  i /  i|`ー- |                 こちら側への回線は二十四時間開けておきます。
      'i i  ハ ト! ィ:ハ i ハ   ノイ /  i
      ハ/|  |iL__V`'くハハ     |イハ  :i            何かありましたら御一報ください」
      / V\ト卞乏`ミヾ`  ー-=≠―| ./
    /  | :ト、ゞ、:.:.:´彡  i えzゥ‐ラ/:/  /
   /   :/| /iト-=;,;_i'    `    ‘/イi イ /          知事の言葉にそう頷くと、
- ´  / :/ | i :ヘヾ、;,/       /イ//イ |ハ
   /  /,.イ :/ :||;ヘ=:{ _`´_   /イ|i  |  i           バラライカさんは一礼、その踵を返した。
  / .:ノ´./:/  |:|:i,:\{ `ー- `  ,.イ: `| i |   i
/_ -/ //  /:|:i:',: \ ` ,. イi;:/:.  | l ト、            最後にちらり、こちらを見ると、口の中で何かを呟く。
ニ -/  :/´  :/ \:i,.  ` ´  i:;ハ:  | :l | ヽ
.:/   /´  /   `!      /  ヽ |  i:l ヘ




.

419 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:51:23 ID:???0




           ___
       ,  ´         \
      /              ヽ
     ./   ‐--‐       ‐--‘.         『……数字十桁。電話番号、連絡先か』
    ,'  u  __     __´_ ‘.
    ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
    { ⊂つ           ⊂つ
    ヽ       ゝ-‐ ー- '     '        一瞥の表情からして、九割冗談なのだろうが、ふむ。
     \              _,.イ
      > 、   __     ャ≦            微妙な表情でその背を見送ると、県知事へと向き直った。
     ,ゝ ̄ ̄ `ー──┴- 〉
   /   ゙ 、 _        /` 、          最初彼女は、向けられた私の視線に、困ったような表情で
  / __,,.         ー'    ヽ
  //   \           、  ∧        なにがしかを考えていたが、やがて大きな溜息を吐いた。
 i'       }             V ハ
 |         i             }




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、      「……共学幼稚園の交流会で何度かあった事はあるけど、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ      こうして挨拶をするのは初めてね。
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ       県知事の御筆やらない子です。
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )     その、やる夫くんの友人…である篠ノ之博士と助手の織斑さんですが、
   ヽ l/ V|トrヘ、          u ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、  ゝ ̄,フ  ィ:::レ':::::jl:::l            彼女達とその家族は、今現在、軍の拘束を受けています」
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,        そんな知事の言葉に、漸く緩みかけていた母の手に、再び力が籠る。
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
      / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
     / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j




.

420 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:52:50 ID:???0



   γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                 「……千冬ちゃんが!? あんなまじめな子がどうして!」
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/  ―    ―\:::::::)
 \:/    (○)  (○) \ノ___             背後で母がそう叫ぶが、軍の行動として全くの順当だろう。
.   |       (__人__) /-‐  ‐-\
   \     |!!il|!|!l|/u. 一   ー \
    /    |ェェェェ|| ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
    \  \   (_ヽ          ィ__)
            ´           `




                ,. -‐ '" ̄`''ー- _
              ////////////////> 、
             ,イ//>'"⌒`ー--―- 、///,}     . 「それは契約、或は、守秘義務の違反で逮捕されたと言う事ですか?
             l'//,{               }//,!
             l'//リ .              {'//!       それとも、『機密の漏洩疑惑』で拘束されているのでしょうか?」
             !// ;           :. V/j
             rV .ゝ、._ 、    _,.-ー .}'/ヽ
             } ,l  ‐tzァヽ, j./" tzァ'-_ ソ ;.l
             , r 、 `  '" .: l `   ´  '.ソ '       そう、直截に問い返すと、知事は一瞬その表情を歪めたが、
              、 ,     .::! ! ;     ; ' ノ
              _>,     ー      ハ‐、        直ぐに取り繕って口を開いた。
            ,. : /: :l.ト、 、 -ー  ‐- ; ' ノ } \_
.        _. .-‐: /:/: : :! 、ヽ   ̄ ̄  / / ': : l: :`: : . ._
.    _. .‐: : : : : : : : : /: : :.:| \ >- -< ./ ./: : :.l: : : : : : : : :.‐. _
. ,. :': : : : : : : : : : : : :/: : : : :!  ./ー‐一、'"  /: : : : l: : : : : : : : : : : : : .、
/:.: : : : : : :::: : : : : : /_: : : :! ./.l:::::::::::::/.}  ./: : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : 丶




.

421 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:54:28 ID:???0



             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、           「……現状の所は後者です」
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、        どうやら、まだ最悪の状況ではないらしい。
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ       自分から火をつけた以上、想定された事態だとは思うが……。
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,' -ー.      ー   |:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧`-ー=-"   `ー=-‐/|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ       ,     u.l|::::|::/イ|::l     )     「ではまず、軍のIS計画責任者とお話ししなければなりませんね。
   ヽ l/ V|トrヘ、u.           ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   ⌒    ィ:::レ':::::jl:::l            元々、篠ノ之博士から供与を受けた技術には、機密に関わる
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶           ISの根幹部分は含まれておりませんから……」
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ





:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.i
.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:( ゝ、             主に母を誤魔化すべく、そんな楽観を吐き出すが、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.:.丶、 }
.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;:.:.:.:.:. 〈 ̄'_.ヽi            実際には、そう巧くはいかないだろうと感じていた。
:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:(._`__;`ヽ
ー-.:.:.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:./´` 、!           渡されたデータと篠ノ之博士の講義で知った事だが、
:.:.:.:.:.`:.'':.ー-:.;,_;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.ー'~ヽ,. }
`ー-.;_.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:ー‐---‐ ''´.:`.:.、          実はISの多くは、現行技術の組み合わせで出来上がっている。
;;;;;;'''ーヾ;;-::;;_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`::...、
ミi''    `‐::;;≧ー-_::;_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>       考えてみれば当然だろう。
. ヽ     `ヽ''"´  ̄¬ー-―┬‐'' ´
  i             {    |           時間的にも、金銭的にも、まだ二十歳にも満たぬ少女が、
  ;  , '     <,..__   !ー  ´丶,、
    ヽ ー- ..__   ,-ー〈 ヽ   / \_      複数技術の研究を行い、その成果を形に現わせるはずがない。
       、.. ̄┌┘   ヽ. /   _,メ.:ヽ
        ┌┘     /  ,...-'".:.:.:.:.:.:.:\
ヽ、        /     ヽ ,./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
/、ー`-...,__.ノー- .,,   ('´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
ー}.}.:.:.:.:´、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:'丶、 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;.:.:.:.:.丶
=il.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:`、 ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;.:.:.:.:.:.:ヽ
==:}:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.  \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;,;,;.:.:.:.:.:.:.\.、
==:!.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.;,;.:.:.:.';,.、.  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:..ヽ、
==l:.:.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.,;,;.:.:.:,:.}!:.:.\_,.、\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
=!.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:/.:.:.:,;,;,;.:.:.:.;,;リ.:.:.:.:./:./´ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:!



.

422 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:55:50 ID:???0




      =ミ       /  /     /     _____
     .′  >  Y     /    jI斗   .......┐ 7                無論、それは篠ノ之束の天才性を否定するものではない。
    _{/⌒}   i|¨¨¨¨¨> '" ...................._八/
   ア _-ァ゙ ===7 ア"   .........................../ア                 枯れた技術を組み併せ、類を見ない物を作り上げたセンスと、
    ′_-ア   /  ′ /..........................ア゙"}i
   {_-ア゙     /_    ............................./   }i                  それを結合・統率する“真のIS”が秘める技術と革新性――
.  /ア゙    /7 _--........................../    ,从   /
 /゛     ∠ア  ニ7....................../    イ辷¬彡′      /      それらの価値は、全く疑うべくもないものだ。
. {       ′[  _-7_________彡斗rぉi〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i^ー‥…‥   /
.!  / _ i[  _-辷¬≪i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:____:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/         ただ一点、問題なのは……。
 入/[__ ´ i[jI斗  Ⅵ  \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i__'"___________く¨¨¨´
     [___\         -=======ミ/____ァ=ミ________丶〕iト
    `¨¨¨^ー=爪〉〔       /_______乂_,ノ___________\i:i:i:i:i〕iトjI斗
           /i:/---〕     ≪⌒ト ______________________jI斗__________
        /i:i:{----〕 ≪⌒      }_________jI斗__________
       厶イ{ア"          ミx !______,/_______
                /ア ′             ヾ八_____/____




:::::::::::::
::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄~γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
:::::::::::::::        │                           ||
:::::::::::::::        │  最新型軍用パワードスーツ             ||      ISと言う兵器は、その革新性と比べて
:::::::::::::::        │       Infinit Stratosの全て       ||
:::::::::::::::        │                           ||      極めて模倣しやすい兵器であると言う事実だ。
:::::::::::::::        │                           ||
:::::::::::::::        │                           ||      勿論、それは言うほど簡単ではないが、
:::::::::::::::        │./〉─‐>=<:::i< >ソマ/            ||
:::::::::::::::        │/:::::::::ム´ ̄マム、≦===|::::/             ||      本当のISを見つける事ができさえすれば、
:::::::::::::::        │イi:::::| /i、 ノ、  |::::::::::::/}≡=マ             ||
:::::::::::::::        │イイ.| 匁、i匁i .ヽi、─シ≦ム::::彡            ||      見た目よりずっと容易く作ることが出来、
:::::::::::::::        │_/∠.ヽ.ヽ-./.i∧ヽ ̄ ̄ ̄ヽ::::イ          ||
:::::::::::::::        │ゝノ  ィiヽヽ__ヽ / ̄ ̄ ̄i≦マム.         ||      その性質は、きわめてテロ活動に向いている。
:::::::::::::::        │::/ /i/;;;;ヾ;;;;;ム マ;;;;/ヽ,.マ三‐.           ||
:::::::::::::::        │、./:::::(;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;)/ _>イマ::::.           ||      故に今までの情報公開では、その急所を隠す為、
:::::::::::::::        │三〉::::({><i}>‐イ、__.〉ミ三< マ:           ||
:::::::::::::::        │イ::::>、>´    マミ≧、マム─_.          ||      多くのミスリードが行われてた。
:::::::::::::::        │                           ||
:::::::::::::::        │  従来の軍用パワードスーツの           ||      そして……。
:::::::::::::::        │  常識を覆すその性能に迫る!!        ||
:::::::::::::::        │                           ||
:::::::::::::::____│.__________________..||



.

423 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:57:59 ID:???0




  }:}                     ..-‐.-..-.....
  〃                    ..::::´:/:::::i:::::',::::ヽ:\            篠ノ之博士に与えられたものを、
 {:{                      /::::::::./-======- }:::::ヽ
 |:|                    /{:::ィ≦ニニニニニニニニ≧::ハ、         IS民生化の先鞭として発表・製品化した場合、
 V{、                    /:::|/ニニニニ=- 、---==ニ∧:} )
  Vハ         ___   {::::::{ニ/´        `∨}::::ミー       敵対勢力の、“真のISへの道標”になる
  ` <ニニニニニニニニニニニニニニニ≠.l=《      , 、       V!::::::`ヽ
                 ー=≦:イ:八ー'       こ     / Y:::人       可能性があった。
                  {::/乂ヽ         . イーイ八-=ミ、
                       〃  ノ::::ノ::≧=-   </:人:/}/
                   /⌒.ィ≦≧.、_ _/ニニニ>- _
                  . .-≠―--<ノ、} ト、> ´: : : : : : : ` : 、




                                                /       |\
                                             /        i  `ー--,
                                            /       r-´   r'´
                                       r‐、___ノ         i´ ,‐ヽ、 /
      r'´``ー-、                            /               `レ'   `
    丿       `ヽ             ノヽ,           i´              r‐^i
. _,ノ         ノ         _,,,,r'´ / _        _ノ´               {  ヽ
´         i´         (_     ̄´  `ゝ   i´                     丿  .}
         丿             /}        く    \              。 /  .r´
           i           /  `´ ̄_つ    `~ヽ    ヽ             ,、 ノ   i
        '、_, -、___/ ̄     r'´       く    i             〉`'´    /
                      /         }     |       °    i´       〉
                      \          i´ _r‐'    r--‐‐'´ ̄     ,ゥ´レ'
                           `i       `‐'´  ο  i二,ィ---‐‐‐'フ / ̄
    ,-‐‐-、             ,‐-、__ \      o    r'´`ヽ、i´ ̄ ̄} ヽ‐'
_,r'´    `ヽ         ノ´    `<               `i  i´ `´ ̄´
         `ー-‐'´`ヽ_ ,r'´     _丿           レ、丿
                       `ヽ,
                             ,ノ            °     “重要ではないから許した”
                       ノ
                     r'´            o        ――そう取り繕う事はできるにせよ、
                    丿
                   ノ´            ο          果たして、海を挟んだ対岸に、
                    ノ´ /`i
          ,、 _ , ノ´  /  /   。 。 °               複数の敵性自治区を抱えたこの日本で、
 ̄`フ ,-――一'´  ̄         i  /
  し'                  ∨                       軍や公安がそれを許すのだろうか?




.

424 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 20:59:11 ID:???0




          _ -―- _
       _-=ニニニニニニニ=-__             だが、今回の手筋が無しかと言えば、そうでもない。
.       fニニニニニニニニニニニ;
     <ニニニニニニニニニニニ>           クラウディウス博士の言葉通り、今は最大の好機だった。
.    /:/: :`"<ニニニニニニ>":ヽ:.\
.    ,.': / : : : : : : : ハ ̄― ̄: : : : : : : :ヽ: : :、        日本の衆愚政治の象徴にして、女性利益の代弁者、“女性党”。
.  〈: :./: : : : ': : : / ∨: : : : ト : : : : : : : :'; : : : ヽ
   ヽ': : : : :l: : :./_.V: : : :.! ヽ: : : : : : : l: : : : /      彼女達は、近視眼的政策と、虐殺時政府首班であった過去から
    ll: : : : :.! : :/--、V: : : l : ヽ:‐-: : : : l: : :./
.    l:.!: :l: : :l : :ハ:::ソ `∨: : :,イ:::∨: : : : : l: :/        第一党になる事こそ無いが、その言葉の耳障りの良さと、
   l ト、!: : :!: :l : : : : : : ∨: : ;`: "V: : : : ;ィ
   l .! .l` ー :!: : : : : : : :'V: : ,: : :ハl: : j .!        情に訴える扇動とで、政府に確かな影響力を保っている。
.   l  l !  V!\: : :、 : :_:.ヽ: :.; /: : }/ .i |
.   ! i ! '   V丶` : :_: : ヽ:_:,:イ ! .l ! l         主に政権に対するアンチとして働く彼女達が、その躓きで
.   | .! !.  ,  V.! >  <!、\ヽ,  , ハ.|
.   l,..::::::::::....、  .V-‐,   r┴-イ. \、/ /! リ        信用を失っている今、追い打ちをかけて弱らせなければ、
  /:::::::::::::::::::!、  l:::{:::ー―'{:::ヽ-._  ,\'.l.ノ
  ;:::::::::::::::::::::!ヘ  l::::::::、::::::::':::::::∨7/ /_ヽ、        女性に不利益を齎す種の改革は、行う事が難しい。
.  l::::::::::::::::::::::l/ハ l:::::::::::::::::::::::::::::V/.,':::::ヽ
.  !:::::::::::::::::::::::!/∧.! ̄ ̄ ―-- l, /i:::::::::;         そして……。
  l:::::::::::::::::::::::::l//ハト、'/,l.l'/o/,!l//,i ハ::::::::i
  l::::::::::::::::::::::::::!///}/>、`ー--''"/{.!'/i::::::::l
.  !:::::::::::::::::::::::::!'///////>-<//'{'/,}::::::::l
  ':::::::::::::::::::::::ノ/////////////////j:::::::::!




     /                       、        ',
.   /                     } `ヽ       ',
.   /                      /   \     ',             女性党は、今現在分断された状態にある男性が、
  /                   /      ヽ.    ',
  /                  /         >. . . . |            団結、政治勢力化する可能性を絶対に許さない。
. /            . . . . . >'´        ,ィ≦,_,j: : : :|
/        . . : : : : >/`¨≧=-      く辷リj´ |: : : :|            男児の移動制限の解除や、一極集中による密度増加で
       . : : : : : : :./  斗弋.:うゞ'     {. ¨¨` |: : : リ
     . : : : : : : /ヽ::{    ー一′    弋.    |: : /             精神と肉体の安定を図ると言った真っ当な方策が、
     . .: : : : : : : {イY |              ノ    レ′
   . . : : : : : : :. 从 { |                 /               御筆知事の強行まで一切実行されなかった理由も、
: : : : : : : : : : : : : : : ヽ.__,          γ ⌒l   ′
弋: : : : : : : : : : : : : : : : |           弋.__ノ  ∠__               地方民を煽ってのネガティブキャンペーンを
  \: : : : : : : : : : : : :.:人              / ̄`ヽ`> 、
  (( ヽ、: : : : : : : : イ、       >ー---イ `' 、 /    >ヾ ̄¨ ー-.、    幾度となく行ってきた女性党にあった。
  ヽ< ⌒㍉ニニ |__ ミー--=ニ二___ 人 |   j   --イ // ヽ    ヽ
   ',   '<     `>-‐‐-、       / |   .|     : //¨¨'''ii ¨¨¨''ヽ|
    ',    `¨  '≦======ミヽ     辷′< {      ://    ||    |
   Y弋__        ヽ    Y }   {      ヽ    //     .||    |
   .|    `> 、     ',.    | | 、____〃      \∠辷__.  j|    |
  ,イ    イ    ̄>ー-、}   | |           ヽ  ヽヽ.ll
. /      |     {    >-、.| |              ハ  j_j |
                   T辷二ニニ=、       j  ノノ




.

425 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:00:17 ID:???0




                    __
.                 ,......::::::::::::´::::::::::::::::::_,::≧=-..、
          ,...::::::::::::::::::::::::::::::::::>´,≧´:: ̄::`:::...ヽ、
.        ,.:::::::::::::::::::::::::::::, -‐´-‐´::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
         /::::::::::::::::::::::::://´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.ヽ        それが如何なる感情から現れた物かは兎も角として、
.      ,';;i::::::::::::::::: /.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
       i;;;ヾ、::::::: /´::::::::::::::::::::::,- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨      仮想空間で男子を繋ぐこのプロジェクトは、
        |:::::::::`ー ´..:::::::::::::::::::,... ´/;,;,;`;,ー- _____, -ヘ::::::}
       i::::::::::::::::::::::::::::::::::/....., ヘ、,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,i::::::::,ヘヽ:i       女性党にとって、まさに不倶戴天と言って良い。
      ',:::::::::::::::::::::::::::/...../    `ー────一´  i::::|
       ',::::r=i:::::::::::::/......./                 }:::リ       必ず妨害に出るか、中に入り込んでの
        ',/ ̄}:::::::::/......, '                  .ノ::ノ
.       ////j:::::::,'......_i                  ./::/        有名無実化を計るだろう。
      ////´i ̄ゝ、......ヽ              r':::::ノ
.     //// ヽ\::::::::::::::::ヽ、            i:::::l′        共幼とそのコミュニティの成立と普及を許してしまった今、
.      ////.  ヽ \:::::::::::::::::\            j::::リ
     ////    ' , \::::::::::::::::::\         .ノ:::/          阻止行動は間違いなく熾烈なものとなる。
.    ////      .}   `ー──イ      , -‐'::/
   ////       ト、  `ー' / /} .|      r'  |-′           それを防ぐために……。
.  ////.         \・// .l i `l  / ,i l
  i l l |              `ー´  i_| ト-´__ノ.|__!
  l l l |               {H}     {H}
. l l l |                     ̄     . ̄




     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                 先制して物陰から殴り倒し、立ち上がれないようにして事を済ます。
   /: : :: : :: : :: : :: : :: : : \
  /: : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : : : \              こちらが表に出る前でないとできない仕事だ。
/: : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: :\
: : : : : : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : :: : \           敵対者として名乗りを上げる前に、
: : : : : :.: : :: : :: : : : : :: : :: : :: : : :: : :: : :.l
: : : :.:;;: :: :⑪: : : : : : : : ⑪: : : : : : : : :: :|          いや、名乗りを上げた時の混乱を利用して制するのは、
⊂⊃: :: : : : : : : :: : :: : :: : : : : : ⊂⊃:; :i
:.: :.: : : : .:ト----------イ:: :__ _: : : /          五課との強いパイプを前提とすれば、理に適っていた。
\ : : : : : ヽ.        ノ: /: : : : : ヾ
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : :\
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : :\
: : : : . : : . : : .: : :: : :: : :: : :: : :: :.\: : : : : : :\




.

426 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:01:47 ID:???0




            ___
        ,. -'"´      `ー 、
      /               ヽ、       兎も角、今は束さんに会って、今後の展望を知らねばならない。
     ,.'  _ノ     \__      ヽ、
    /                     .ヽ、    どうにも彼女は、私を過大評価し過ぎなようだが、
   ./  .ヘ_ハ     .ヘ   ハ        .ヽ
  / .  ゙'‐‐'"       ゞ_彡'           i    こちらには目隠しをしたまま相手に合わせて踊り切るような、
  /.__  (           )  ___     l
 (__) `ー--'´`ー--‐'′ .(__)    /    謀略の素養は無いのだ。
 i                          /
  ヽ、                    /
   ヽ、_                  /
      `i                  ヽ




 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
             ,.-zz--、        r-zzzz-、
           / /_/∧   ____  |     {
          / / ////∧´: :._: : `|__ 0 __|  .          「だから過大評価なんだってば!?
        / / / ,.∨//>―――-:| |  | !
        /ー' /,.-ィァ_: : : : : : : : : : : :.:.| |__j |:ヽ           考えなしに動いたのは謝るから、
        `二´' ,.´ィア: : :,: :.|: : |: : :.|: :乂___ノ-、}_
      /´     , < : : /: :∧: {: :|: |: ∨: : : rミ_--、  `丶、     もうそれ以上ハードルを上げないで―!」
    __、_    ,..ィ: : ,: U: /: :/ |: : :.∧:!マ:.∨: ∨}:>、        \
   /  '   ̄7  /: :.∧:_:/_|:_!ノ{: : :| |ト、マ:.∨: ',: : : | : T ー、     }__
.  /  /    /  ': ,: !: Ⅵrtォ=ミ \:」 ':::::.{:_」\|: : : |: : |:\ r===イ-r--=l
  ---、__/   {/:/|: : :|弋)ソ::::::::::::::::::::::::::。::/:u:/: |、: :,:.、: :|      | [ニ!
    /   ,  /:{/_从:八゚::::   , :::::::::::::::::::::/: : :∧:_|: \: . !     }-- '
   ,   ,  /:,/  〈l \}:.:::::::::::::::::::::::::::u::/イ: :/:/||l〉`ヽ: :   T¨¨´「、
   /   }'´ ̄   〈l ||',: :ム、 __ ::::::::::: ,.ムイ:./ ||l〉   \:_:、|    \:.
  ,:    |/`ヽ   〈l ||∨: :| >` ` :::::イ | |: : /__/'l〉       l|    | マム        彼女に寄りかかるしかない状況に
 /    八//∧   〈l ー=l : | |ヽ`¨ r― | |: /__/フ      ,ィ|   :. マ :.
 {     / ∨//}   > |: ,  |      | l: {ー r'    //{|     {\ , : .   .     強い無力感を感じながらも、
 |    '   }// |  _,.'   〈: {/  l::/    `|: 〉   マ   //// |    マ//、: :..
 |     ,..ィ--'、__/ { ̄\|: :〉   '     /{:.ハ _}.  |/// :    |///\}  .    私は少しでも状況を好転させるべく、
 乂_,.イ: :///////∧ { { 乂}\_.:l:..._/-乂:}||  ; \Ⅳ{l\ 、   }/////\
    /: /∨//// /\l|{: :ノ    , ̄、    {: ノ|| /、      \    ,///////     軍との対話を願い出る。
   '//// \// | ̄ /: {--=≦---≧、__〉:{'.イ  }       `ヽ、イ `ヽ、///
  /////: :/  /  {: :ノ\ <{ニ!ニ|>´ {: :.}     \         \   \/
   【軟禁中の兎さん@盗聴内容と公安五課からの連絡でパニック】
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::




.

427 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:02:34 ID:???0




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}        しかし結局、知事の首が縦に振られる事は無かった。
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:        この状況で、軍からの要請が来ていないはずはない。
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>      なのになぜ?
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル       そう問いかける私に、彼女は答えた。
  l::::// l:||::l:::::::::l,' -ー.      ー   |:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧`-ー=-"   `ー=-‐/|:::l丿::リ::|  `丶 
  ( l  リl:!い::::::{tヘ       ,     u.l|::::|::/イ|::l     )               コ コ         ホットライン
   ヽ l/ V|トrヘ、u.           ,イ.|::::|::i|| リ         「残念だけれど、県庁にある軍への直通回線は、
      \|::| ||::::ト、   ⌒    ィ:::レ':::::jl:::l 
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|           最寄り駐屯地に繋がるモノだけなの。
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,       内容が内容だけに、通常回線での交渉は許可できないわ」
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ




┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・・
        ____                        「そして、そもそも軍のIS研究部隊は、県内に駐屯していません。
        /ヽ   ノ \ ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)  
      / ○:::::::::::○  \ ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`          現行法でやる夫君を越境させるには……」
      |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ | ;:(´⌒`))
      ゝ  ヽ._)     ィ’    ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)
      / 、=≡≡=_ ,.-' ) ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)⌒゙./
     ( __つ.\ / (_/|  ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`         ……確かにそうであった。貴重な男子を守る為と称し、
  . / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7テ〒 ̄;:(´⌒`))       `)
  //_____///__|.  |    ;ノ;;;;ノ;`)".;⌒`)        この国は男性の移動に数多くの制限を掛けている。
  |○       ○|     | ;人;;;⌒`; ;";⌒`)`)
  |三三i二二i三三|_∩_∩」  ;;人;;;⌒`; ;";⌒`)`
   . ∪   ∪    ∪  ∪ ;:(´⌒`))




.

428 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:03:57 ID:???0




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:          「勿論、こちらからも働きかけてはいますが、
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>        現状では、向うからの返答待ちの状況です。
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l:::::l\!    、:| `イi::::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/L_:;ヽ    ヽィl二,_ j:::|::::,ト、:::\::lル         それに……」
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     u;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ            知事はそこで言葉を切ると、一つ重い溜息を吐いた。
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
      / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
     / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j




┌──────────────────────────┐
│                    γ=<              │
│          , -、         /≧ュ、 `<              │
│        / , へ   __  //// ≧ュ、ノ  .           │
│      / / ∨≦::::::::::::::::::::::::≧x                 │   . 「……どうも中央の一部では、この騒ぎを不祥事として、
│     / /  /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ              │
│     `¨¨´ /:::::::::::::::マ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ハ                  │     政局にしようとする動きがあるようなの。
│        /::::::::::::!: i::ト_マ::::ハ弋=‐-∨:ムハ             │
│       ノイ::::::::::{::;レ'  マ:::ハ  ヽゝ、:}:::::ム:::,               │     それで政府側の対応も後手に回っているみたい。
│        ,':{:::マ::::イ:|    ヽト{ 、__,,.../,'::::ト}::::,              │
│       /::∧::ヽ:::',i -‐''´  i     /イ::::,'::::::::,            │     こちらにも、出所の怪しい要請が幾つか来ているわ」
│      // ∧::::ヽゝ        ムイ:i:::::::::,            │
│         ;::::\ム::ヽ  ` ‐-‐ ´ , ':::::: :|::::::::::,           .│
│         ,':::::::::::ヽゝ ゝ、   イ::::::::::::|:::::::::::,          │
│        /::::::::::::ハ:::::,': r=} `´  |ハ::マ : |:::::::::::::,    .      │     ……どうやら彼女は、私は状況を説明すれば
│       /:::::::::__::: }::/>} .}     {!ハ マム__ >- 、          │
│      /::>´: :{ .〉{  l |ゝ  '´.|.ハ .{::::ヽ: : : : :.ヽ--‐ 、    │     正しい対応が出来るだけの思考力を持っている
│     ,'  ̄7.: : : :.{ r'::/ _.ノ !     l: :ゝ_`t::ト、.: : : : : : : :. :.}     │
│    {.: : : :. :. :. :.r':r'~'   l     l: : : : :.`t:∨.: : : :./: : l .   │     と判断したらしい。
│    人 : : : : : : r':ィ.: : : :.>´   /  ゝ、.: : :. :.t:} : : /: : : :人  ....│
│   ////ヽ: : : :./:r'-‐‐-ヽ...,,_  :}  _ _/=-‐=iム: : : : : :///ヽ  │    そうして語られた現状は、非常にわかりやすいものだった。
│ /`〃// ヽ__/:::i: :,'く///   `¨¨´   ゝ、〉: :マム >´///_,,..<.....│
│ 【天才科学者御乱行? 小児愛に溺れ機密を漏洩か!?】 . │
└──────────────────────────┘




.

429 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:05:56 ID:???0




  ,←‐‐‐‐‐‐‐{                         _   ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
,←‐‐‐‐‐‐‐‐‐\                     _   ←‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ >=--    ‐‐=‐‐   --=<‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐_ 。z≦
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=≦}
、‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}     まず、フェミナチ問題による女性党の転落により、
 `>  ___‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
 ′      ̄ ̄} ̄¨¨¨  _  ‐==ァ¨¨¨ ̄ ̄...............>=‐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}     現政権は安定・長期化しており、
/        ∧........マニ=‐__ ¨_........................................⌒ヽi:i:i_=ニ ⌒ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:}
          `{.........\ ヽ__fうア 〃.........................}′  }i:=‐   ~丶}:i:i:i:i:i:i:}     それを背景に野心的、革新的な法案を
           ,.................`ミ¨¨´......................./⌒    ⌒7       }:i:i:i:i:i:i:}
\  ‐‐=  、   /.........................................,  ¨゛          /        }i:i:i:i:i:i:}      幾つも提出している。
  〉′   ノ .:../´ ̄¨¨¨  ‐-‐              _/    r   /i:i:i:‐=イ
_/   /   {        }               /      {  イi:-i:‐i=∧     一部勢力にとっては悪夢と言って良い状況だ。
i}   /     ` ‐--  イ               }       レ‐=¨¨´   ‘,
/           }:_:_:ノ                 /       }         ‘,
  ,′        `ー= __                               ‘,
              〈ニ=‐  ― ' `丶                       ,∧
 /             `{::.:......      }            ノ      _ 。z≦  \
イ                  {..........,                  イ   _ 。z≦
               {.........′             _ 。z≦il/_ 。z≦




       .*
     .+ 。   キリッ!
         .____    .+ 。 *
        ./\  / \               そこに降って湧いた機密流出疑惑。
   .+ 。.../ 〓   〓  \    .+ 。
.       |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |              しかも、焦点となる人物の知名度が世界的ともなれば、
.       ヽ         /...+ .。
       /        \              追い詰められた勢力が起死回生を目論むのは当然の話だ。
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <              更に言えば、その主要人物の一人は未だ幼い子供であり、
      <_/       ト-'
       i        l                巧く丸め込めば良いように使えると普通ならば考える。
       l   、__.    l
       l    ∧    l               最後は梯子を外して、やはり男子は女性が管理しなければ……
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、             と言う方向にもっていければ最高だ。
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i
  l                  /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"




.

430 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:09:25 ID:???0




              _ _
           ,..:'.:.:.:.:.:. :ヽ、
          /;;;:;:.r─‐-、jlノ\           そして彼女達は、軍と現政権の足を引っ張り始めた。
          |;;;;:;:;{ ,,_   `ヾN
          l;;r、/ rェテ rz< リ           扱う問題の種類や、自己の利益の為に目指す方向性など、
         r‐j uj.    , _j  「
         〉フ^8、 ' r -, /            普通であれば、自分だけが上がっても、社会や人類が沈んでは
       _ _,, ィ´/  \ `´ /
   , r‐'"´  / lト、    丁´              全く意味がないと自省するところなのだが、
  /⌒ヽ.  /   ハ \__/| ト、
  ,!   ゙、  \ / ',  O ト、! \            結局の所は想像力が足りないのだろう。
  |    ',   〈   ,   l ヽ l!
  |     ゙i/   ゙、.  ゙、 /  〉| l           彼女達は人類の未来を削り落として
  |      !リ   ゙、  V  / ! |
  |      l!     \ l  /  ,! |           自分の現在を富ませる事に夢中になるのが常だ。
  .!       }      \!/  ,' |
  !     |       |  / │           そして、大衆が彼女達の嘘に騙されるのも、か……。
  |     !   !       | /   |
  |     ! /      |,イ   |
  ト、     V        / l   |
  / ト、    \     /   l    !
 ′/  \    \  /|   |   」




                _ .ノ`ヽ __
              /ヾ :i! :j }`ヽ、
              〉`ヽⅥ∨ /≠≦}            ともあれ彼女達は餌に食いついた。
             〈二ニ=-vx=ニ二三〉
             ///; |:.Vヘ\`ヾ}           束さんと千冬さん、その家族は、軍に拘束されている
            /// _/_/! | ∨ヘ ヽ\ヽ
          , ‐く⌒´/ ∨!/⌒ヾ´⌒Y´ `ヽ、       ――逆に言えば、保護され守られている状態であるから、
         イ :/     ∧V∧    .:}    ヾ
        ノ :i! { 从 〈 ``''"´Y  .:}       .:}       その工作先は主に私とその家族となるだろう。
       (:イ .:{:! ハハノヽ、、   ムイ ハ 从  .:Y
         乂!从ゝ二≧、、   x匕´イイノ j :イ       そう、必然的に彼等の手筋は、公安五課の守備範囲に集中する。
         从乂ー癶zァx、  彡xzァ癶ーフイレ小
         //小乂三彡イ   ヾ   ’彡从| :乂_
      __// 从!ヘ\ミミ}         彡イ!.:j:i :!ヽ `ヽ.
    /´   / .:/!| :iハ彡ミ{  `"    /! //! ! :  \   :.
.   {:. .:ィ .:/ i| :l! i:\ミ, ´ 二 `  イ i// .:|! '、   ∨ヘ: \
    У  .:/  .:i| :l! |l:l \     / li //  .::|!   \ :} !}:  :ヽ
.   ノ   .:ii.  .:i| :l! |l:l    ー    l//   i:.:|i     ..:ノ i:j   i :.
.  /:.   .:j:!  .:i| :l! |l:!         :l/  .:i!.:|:!       .リ   .:j :i
./:    .:ハ_.:ノ :ji .::i/        :j    .:i!.:| !、、        ′!




.

431 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:12:32 ID:???0




           ___
       ,  ´         \
      /              ヽ
     ./   ‐--‐       ‐--‘.         見事な手筋と言うべきか、
    ,'  u  __     __´_ ‘.
    ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.       それとも場当たり的な対応しかできない政治家達に
    { ⊂つ           ⊂つ
    ヽ       ゝ-‐ ー- '     '        頭を抱えるべきだろうか?
     \              _,.イ
      > 、   __     ャ≦           ともあれ、現状は束さんの思い通りになっているようだ。
     ,ゝ ̄ ̄ `ー──┴- 〉
   /   ゙ 、 _        /` 、          彼女自身も、一見動けないように見えるが、
  / __,,.         ー'    ヽ
  //   \           、  ∧
 i'       }             V ハ
 |         i             }




     /|\    _, . :‐: : : : : : \___.ノ                    実際には、機材から引き離されていても、
    .ィ__〉|:ト\./: : : : : : : : : : : : : : : : : \
   /  r::|:::|\/: : : : : |: :i : : : : : : : : : : : : : :\                  一定範囲内に専用ISがあり、前準備さえして有れば、
.  / o./::/:::ル': : : : : : :|: :{ : : : : i: : : : : : : : : : : \
  |_  /::/::://: : : : : : : λ: :、 : : : |: : : ト: : ヽ: : : : : :ヽ               自由の身の時と変わらない行動ができるらしい。
  | し'///: :/ : : : : : {: ト: : ゝ: : :!:./|⌒i: :} : : : :| : ',
  し.';/  {: :/: :/ {: : : |: |}从:〉 : : !ヽ: }ヽハ:!|: : : :|: : :',              事を起こした以上、その辺りの算段は付けてあるのだろう。
       |:/: : {: :|: : :/|:l {\: : : i'´V-―z|:!: : : :!: : : ',.        /ヽ _
       |: : : :| : |: : :|:.:|.メ〉 \__i '" ̄ ̄|jノ: : :i! : : : ',     / // /、    知事やバラライカ女史からの情報が無ければ
       |: {: :/!: :|: : :Ⅳ .ィ:チ   ,.   '' "/:/: : /|: : : : ', { ヽ / // / /
       V|: :{ |: : : : :|ィ/      ′   l:/: : /: |:\: : 丶! レ // / /  __   私も気付けなかったが、明らかに彼女は
        |: :| |: : :\{ 、'' "       ノ /: /: : |: : :\: :ノ 、     〈//
        V ト _{.:_;>.._   ̄   ∠ィ: : l: : :|: : : : _/   )    /    安全な所から場の全体をコントロールしていた。
    ( \   丿: : : :: ヽ: : `i ーr---   |: : :|: : :|/い{   /     /
     \ \(\: : : : : : : 丶: | : : |       |: : :|: : :!ヽ ヽ)ヽ     /===ュ
      \ \ \: : : : /λ|: : ノ      | : V: : |  \ うト=='" i  [_]
  ____〉 i   ヽ: /  (ハ: : { |) __  /ヽ:_: : /_//〉|      | |
 }――――  {    V  (| |: 丿|) 〉 `   〈:ヽ:)--~ヾ |      ,..イ\
  (二二二         _}   (| |}:!:|_|)/      ):〈\___ >r――イ、.丿: : ヽ
      /\___.ノ∧  X (:.:ノ /     ヽ/ } : :)∧::::ヽ |     |/}: : :\




.

432 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:13:33 ID:???0




 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
             < ̄ ̄ > 、
               ` <   > 、                    だが問題はこれからだ。
               ,.. ----、<_  >、
             / ,.ィ//∧   |////|                 如何に釣り上げ、この騒動を軟着陸させるか?
            / /、////∧>===≠- 、
          /> ´  \//: : : : : : : : : : :> 、             物事は常に、始めるより終わらせる方が難しい。
         //    ,-//: : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
       〈´/     ,: : {/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ム           例の番号でバラライカさんと繋ぎが取れれば
        ´       /: :': :': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
             /: : |: :|: : :、: : : : u: : : : : : : : : : : : : : :.          彼女経由で連携できるかもしれないが、
             ': : : |: :|: : : ∨: : 、: : : : : : : : : : : : : : : : .
             | |: : |: :|!:、: : :',: : :.∨: : : : : : : : : : : : : : : :.         監視がついているだろう現状、下手に動くと
             |_|: : |: :|{: ∨:∧: : :.∨: : : : : : : : : : : U : : :.
              \{: :|:>∨:∧、: : ∨: : : : : : : : : : : : : : : :.       自分や束さんの首を絞める事にもなりかねない。
               |/   ',: :∧\: ∨: : : : : : : : : : : : : : : : .
うう、誰か助けて……。 /     ∨: :|, : \}: : : : : : : : : : : : : : : : : : .
             _/      ∨:|∨: : :\: : : : : : : : : : : : 、: : : : \
        _,.. -//|          Ⅵ l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : \
     ,  ´ .  u |/ |          リ ,: : : : : : : : : |: : : : : :,: : : : : :、 : : : : \
     {.         |/ |          |: : : : : : : : : |: : : : : : :,: : : : : :\: : : : :.\
.    乂___  ,|/∧           |: : : : : : : : : |: : : : : : : :、 : : : : : \: : : : :.\
三三三三三三三ニ\/≧、_,..イ、_   |: : : : : : : : : |: : : : : : : : : ,: : : : : : :.:\: : : : :.\
三三三三三三三三三三三 {. ||     |: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : 、: : : : : : : :.\: : : : :.\
                 人 マ、   |: : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : \: : : : : : : :.\: : : : :.\
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: 
 :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}        県側としては、早急に記者会見を開き、
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:        少しでも事態を鎮静化させたいようだ。
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>      その際、件の仮想現実交流会計画に、
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l-/-ー- _   ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル       言及して良いかとの打診があった。
  l::::// l:||::l:::::::::l,' -ー.      ー   |:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧`-ー=-"   `ー=-‐/|:::l丿::リ::|  `丶      出来れば、私自身の口から発表させたいようだが、
  ( l  リl:!い::::::{tヘ       ,     u.l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、u.           ,イ.|::::|::i|| リ          男児保護の観点から現状では難しいらしい。
      \|::| ||::::ト、   ⌒    ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|           が……。
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ




.
434 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:15:33 ID:???0




            ___
   ,.、.         /::::::::::::::::::`ヽ
  く/\    /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                ここに一つの盲点がある。
   \□\ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    \□\|:::i、:::\:::::::::/:::/i:::〉   ___         男児保護の観点から私を記者会見等に
      \□i:::|  ● fヽ ● |:::|一'´.::::::::::::::::::\
     / ,Xへi ⊃(__|l }__)⊂ j::::≦´ ̄\:::::::::::::/       引っ張り出す事は禁止されているが、
    ヾ/ /\\  / ノ  _ノ:::::::::::::\  ヽ:::::::::〉
       /.:::::::\ヾ:| ´ ̄ヽ}:::::::::::ハ::::::::\ \::ノ       私が勝手に出てくる分には法に触れる事は無い。
      /::::::ハ:::::::ヽノ '⌒ヽ{::::::::::{ ヽ:::::::::\
     /::r'⌒ー‐一'´   )ノ::::::::::::|  ヘ:::::::::::}         現行法は、男子は弱く、従属的な存在と言う
    〈::〈〈XXXXXX{ー一'´\:::::::::::〉   }::::::::,′
    ∧::ゞ'´ ̄ :::::::{ ≧{ }≦〉:::::::::〉\ ⌒V          固定観念を基に制定されており、
    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::7 ハ\ゞ'⌒{\: \
   .{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l__|::ヽ/::}Xx|:::::ヽ: \          その逆を裁く法律は、刑法などを除き存在しないのだ。
    \::::::::::::::::::::::/ ̄〃7/:::::|Xx|:::::::::::',/,)
     `ー一ヘ='ヘ.   {.{ }ム::::ノXx{::::::::::::} ̄
           ,ゞ'"´〉|〈_,.イ´ ̄ヽ::::::::/
         r((⌒_,ノ:人:ノ j , , , }三/
         `ー‐一'゙  `ー'ー'ー '  ̄




              {: .: .: .: .: .{ニニニニニニニ\ 寸ニ} } }、          今の私は囮なのだから、精々派手に踊ってやれば良い。
              ゙'+: .: .: .: .゙'+ニニニニニニニヘ \   ‘,
                ゙'+: .: . : . `¨¨¨に二二_¨´      ‘,        なに、私は彼女が言った通りの天才なのだと、
                 / "'+.,: .: .: . : . : . : . : `ヽ         ‘,
                 {;::;;::::::::"'':::...、、、、、、、、、、圦         ‘,      マスコミの目の前に晒してやるだけのこと。
                 f:::〈::::::、;;;;;;;;;;;;;;;::::;、::::::::::::::::\        }
                 {::''Y:::::::::    {:::::{  \::::::::} `ヾ    ニ=-、     勿論、向うにそれを伝える必要はあるが……。
                  ヽィ:::::::{    {::::::''ァ   ヾ:/   }//: .: .: . \
    __            ,、、//::ヘ:::::{ 、___,.、   /!  //: .: . : . : . .: .:\
.   /: .: .: .: . ̄ ̄¨¨¨/ /: .: ./{\::::::::::::...................,、ィ /}、〈/.: .: .: .: .: .: .: .: .:. .:.\
  /: .}: .: .: .: .: .: . /: .: .: .: ./: .{ { : .\::::::(¨¨¨¨¨¨´ /:Λ〈 (_,.): .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\
. /: . }: .: .: .: . : . /: .: .: . : . / : .{ { : . : .\::::::-.........,、ィ::/ Λ〈 (_,.): .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . \
/: .: .}: .: .: .: .: . / : . : . : . /: .: .{ {: .: .: .: . \::::::::::::::::/: .: . Λ〈 (_,.): .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:. .:. .\




.

435 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:17:03 ID:???0




                          /|_
                         く  ∠__
           ,ィニ三三三三三ニヽ、   . ヽ  /       丁度目の前には伝手がある。
          ,イ三三三三三三三三Y  .   }  >
       毛、_ {三三三三三三三三ミ}     ̄`        本格的な会見は明日朝らしく、少しばかり期間は厳しいが
      ミ三シ ̄|三三三三三三三三∥
      (、ス三、 {三三三三三三三三}               おそらくその伝手から幾つかの手は借りられるだろう。
   -=ミ,ゝ ゞーラ'´,' ,'  ィ 、 `、  ∨
    -‐ラ   __ノ./ レイ ノ\ |\从ヘ ヘ              かつて経験した修羅場の数々と比べれば、
     '⌒ヽ、〃 /  ,' レ'\ゝ`,/   Y   ト、
         ゝ/  イ  〇    〇  ト\  \          このくらいはなんてことはない。
        r‐イ i  A   r‐-- -‐、  |ミ \  \   _
       ,┤ | i 〈∧ |     i ,ノ iヽ、_) ,ヘ ヽ /  )
   rヘ、 ,ィ'´∧ キi i`、 `> 、_,<  /_|从ノ 乂 /  /    __
   \  `ヽ、∧  ∨ヘヽ-ラ:::::::::::::::i  i:::::::::|:::::::`ヽ、ノ  /   /  )
    >、_  ̄`  `ヽ--‐一┐/|  |:::::::ル/::::>'´   人__/  /
___」_/    _   ァ-‐イ:::::|  }-‐┴-イ   、     /
|____   ノ ( _/i !::::人::::| ゝ、__,弌   |\   \
    >イ       /_/ |::::::::::::::|  ヽ、_,!  ゝ-、    ゝ、 \
 ,>'´  ノ ̄`ー‐'´____/::::::::::::::::\____)    \_ノヘ キヘ、_)
 `―イ´       〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨         ∧ \
           ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           `‐'




             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}        
     ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:         そう腹を決め、説明を終えた知事に、
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>      会見資料の作成を申し出た。
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル        当初は彼女も渋っていたが、
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶      その必要性、有用性は無視できなかったようだ。
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ           どうにか説き伏せ、
      \|::| ||::::ト、   ‐―-   ィ:::レ':::::jl:::l
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|            作業用の個室と、スタンドアロンな機材を借り受ける。
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
        |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
       /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
      / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ




.

436 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[sage] 投稿日:2016/10/16(日) 21:17:43 ID:???0



  γ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ        なんとか母を説き伏せて引きはがし、
(:::::::::/  _ノ  ヽ、_  \:::::::)
\:/ / ⌒)   ⌒゚o  \ノ       見知った顔がいいと、介添えは五課の護衛にお願いする。
 |  /  /(__人__)      |
 \/  /   ` ⌒´     /




     ,ィ彡三三三三三ミニョッ、
  ,ィ彡三三三三三三三三三ミ}
  i 三三三三三三三三三三三|                もちろんこれは、バラライカさんと
  ∨三三三三三三三三三三ミi   ☆
   }三三三三三三三三三三ミ|  〃            連絡を取る為の方便なのだが、
   ト三三三彡> ̄、"〒――イ、_
   ∨彡'λ ィ、 A ト、 |   ト、∨ミ、             知事も、男児を県職員とを二人きりにするのには
   ヽ|、 i-ヘ | iノ ,==ミ |   |' | ∨ ヘ
   ノλ代ヲ`       |   |/ ノ  λ            多少の不安があったのだろう。
   '´ |∧  〈      |   |ヽ人ヘシ彡
     | ヘ  、 ノ   |   |ムシ、 ミ毛           これについてはすんなりと話が通った。
     |  ゝ、     .ィ|   |:::::ヘ \ _
     |    | >-イ _,イ   |:ツ' |  イ |           尤も、その介添え人が、先程から顔芸に余念のない
     |   | /:ゝ≦:::|    |  |  |. |\
     |   |(:::::::`iシ'´ |    |  ゝ-.i ,-、___         彼女であったのは、少しばかり意外ではあったが。
     |   |>:::::::|   |   !'´  _},' ,' ,' `ヽ
     |   ノ ヘ::::::|  ノ    !  , (  \i i ィi |`ヽ
     |   i    ̄ フ   / , ' ∧`ヽ_〉┴‐' i
     |   |    '´|ノ ィ/ ,'   ≧  __  ,ノヽ
     ヘ、  |     从イノ ∨   (_ \i__,ィ'_ノ |
     レ乂ヽ     /    i    ト        〉
     /       /    {    !、    _/
      i       ,'    ∧    キ`ー'´   ∨
      i       i      i    i      i




.
438 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[] 投稿日:2016/10/16(日) 21:18:26 ID:???0




                               |   |         ||   /
                               |   |         ||/
                           /|   |       /||
                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| |
                    |                    | 0| |      まぁ確かに、付き添う男児に負担を与えない
                    |                    |  | |
                    |                    | 0| |      と言う一点については、彼女が一番の人材であろう。
                    |__________|_| |
..> _                         / l|   |       ̄ ||      一番年若く、一番らしくなく、技量も一番劣っている。
   > _                       /   |   |   / │ ||
      > _                 /   l|   |  |  │ ||      反面、護衛面では心もとないが、
.        |  > _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   |   |  |  │ ||
.        |     > _ {[二二]}     │   |   |  |  │ ||      そちらにはまた別の人員がついている。
.        |        > _ ー――     |   |   |  |  │ ||
  | ̄|   |   _       > _______ |   |   |  |  │ ||      指定された部屋に入り、運んでもらった機材を立ち上げる。
  |  |   |  | l      _   |  |       |   |   |  |  │ ||
  |  |   |  | |    | |  |  |       |   |   |  |  │ ||
  |  |   |  |_|    |_|  |  |       |   |   |  |  │ ||
  |_|   |            |  |       |   |   |  |  │ ||
.        |            |  |       |   |   |  |  │ ||




       ,ィ彡三三三三三ミニョッ、
    ,ィ彡三三三三三三三三三ミ}
    i 三三三三三三三三三三三|            部屋は五課が既に掃除済みらしい。
    ∨三三三三三三三三三三ミi
      }三三三三三三三三三三ミ|            監視も、五課の人間しかいないようだった。
     ト三三三彡> ̄、"〒――イ、_
     ∨彡'λ ィ、 A ト、 |   ト、∨ミ、          丁度良いと介添えの人に歩み寄り、
     ヽ|、 i-ヘ | iノ 〇 `|   |' | ∨ ヘ
     ノλ| 〇`      |   |/ ノ  λ
     '´ |∧           |   |ヽ人ヘシ彡        「すいません、お姉さん。ちょっとお願いがあるのですけれど……」
       | ヘ   、_,、_ノ   |   |ムシ、 ミ毛
       |  ゝ、       ィ|   .|::::ヘ \
       |    | >-イ _,イ   |:ツ' |  `、         怪訝な顔をする彼女に、頭を下げる。
       |   | /:ゝ≦:::|    |  |   ヘ
       |   |(:::::::`iシ'´ |    |  ゝ-< ヘ
       |   |>:::::::|   |   !'´  _ _≧、 ゝ、
       |   ノ ヘ::::::|  ノ    !  , '     `、 `ヽ
       |   i    ̄ フ   / , '       |
       |   |    '´|ノ ィ/ ,'           |
       ヘ、  |     从イノ ∨        i
       レ乂ヽ     /   i         /
       /       /   ゝ       /
        i       ,'    |        i
        i       i     〉         |




439 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[] 投稿日:2016/10/16(日) 21:18:52 ID:???0




               ___
           ,. -'"´      `ー 、
         /               ヽ、        「あの、バラライカさんに連絡をとりたいので、
        ,.' '⌒       ⌒ヽ      ヽ、
       /                     ヽ、      端末を貸していただけませんか?」
      ./  彡三ミヽ      彡三ミヽ      ヽ
     /.                            i
     /.__  (           )  ___     l
    (__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__)    /      そう笑顔で尋ねると、
    i        |/´ |                 /
     ヽ、      `ー'′              /        彼女はなぜか、酢でも飲んだかのような表情を作った。
      ヽ、_                  /
         `i                  ヽ




.

440 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[] 投稿日:2016/10/16(日) 21:19:39 ID:???0




            ,. - 、     . . .-: : : : : : : : : : :-. . .  , - 、
            l i  \,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:/ 冫 ヽ  ,
         , -.l i.  ,.:´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l      Y
        /: : : l i ./: : : : ; : : : /.: : : : : : : :|.: : : : : : : : :l i'     l          ☆凛男友達シリーズ二次創作
      /: : : : :.ノ/: : : : : : |:. : :/.: : ; : : : : : |: : : : : :,: : :.l i      l            インフィニットストラトス
    /: : : :_;,;彡; : : : : :|.: : :|: : /|: : /:.: : : : : |i: : : : : i: : : l      l    ――やる夫は、無限の成層圏に手を延ばすようです――
   //: : : : : : : /: : : : : :|.: : :|: : i |: :/i,:.: : : : : | i; : : : i.|.: : :l,. ,    l                     カンチガイ
  ´ /: : : : : : : /: ; : : : : :|: : :,|: : i |:;/ i,: : : : : |,,,i_: : / .|: : : i, i.   l           第五話(前) 【擦違い】 完
   /: : : : : : : :i: :.i: : :|: : :|.: :斗七'|/  ヽ : : :/ .i;゛フー|-|;.: i,.    人
.  /: : :/: :´:_;i: :,i.: : :|: : :i; / .|/_|_,,,,  \/ー-i/ニz,_ヽ|: : :'、._ /|  ヽ
 /: / ´. ̄  |: :|i: : : i: : : i''''伝兀下       伝兀心|: : : : : : |:||   i,
 ' ´      i; | i: : : i; : : |. 匕示丁       匕示灯|.: : : : : :|:|:|   i,
         i:|/ヽ; : :i;.: :| , , , , ,         , , , , , |.: : : : : l|:| |    i,
         `i  ヽ; : iヽ|                     |: : : : : ;i|l': |     i,
          i,__ |ヽ,'i: |、             し ||: : : : /:l': :.|    _ノ     「あー、なんか大変な事になってきた」
チョットダケ アノコニ   /: :i;`: :.|`: .。,   ===  ,.。.:≦:|: : : /: :l: : :|,,-:': |: :'
 シンキンカン ワイテキタ /: ;': :i; : :|: : l: : :l:`: _TニニニニT;_:l_: : :|: : /: : l: : : : : i:.: :|: :|
           /: ;': : :_i、: |;=- <_".           ゛;|: /;_: :': : : :, : :i: : |; :|
          /: ;': γ .ヽ|    ゛Y_ー-   -―r、r'.|/  ` ヽ; |: : i: : |i; i,
         ,.': ,:': :/       O   `v^γ'Yυ"´  O     .';': : i; : |.i; ',
        ,.': ;.'.: :/   . `|      O   | ノ|   O     .|'   '; : :i; : i,:',: ':,
             【*やる夫君は女神さまに監視されています】




.

441 名前:ディゴール・ダ・ジゴール ◆ja204PtLEU ★[] 投稿日:2016/10/16(日) 21:20:22 ID:???0




          _lヽ._
        r'ヾ〉 ∀ `ミヽ           本日の投下は以上です。
        }_ヽ___.、<ヾ } } }
        :}==仁´} } ノノ.ノ             男友達世界の色々は、バグとかフェミナチ悪いって所で思考停止するけど、
         〉==⊆レル!'´
         }== {;;了                   結局は衆愚政治の失敗よねという結論に……。
         〈_ ,ニ二>
      ⊂ニ{二 !.{;;;L..__            今回書いていて、民主党政権とか未だに第二党の民進党とか、
         〉二i r;;;r‐┘
      ⊆ニ〈`~¨'i ' ┴-┐               アメリカ大統領選とかEUの移民問題とか、
          )== i {;;;丁~
       に二{____ { ,ニ二⊃            私達も男友達世界の人間とか全然笑えないじゃんと強く思いました、まる
       ,...__)二...j(;j;;(..._
       `ー- }二" }, r;;;;rー┘
゙:゙':':':~:~;";'';':':':~:”:^:'':';~:゙:゙':':';~::~:":'';';;~;”:^:'':'




.
関連記事
2016-10-16 : 続きのないチラシの裏 : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いろいろこじれまくってるw
急展開っぷりがいいね
2016-10-17 00:02 : URL : 編集
No title
ヒャッハー続きキター!!!!
民進党についてはまともな野党がいないのですよ……
故に組織票で票田を確保できる連中がのさばっているわけで……
共産党も1野党に置いとくならいい仕事するのになぁ(例:東電の一件)
2016-10-17 03:34 : URL : 編集
No title
束さんが勘違い系作品の主人公状態にw
2016-10-17 07:04 : URL : 編集
No title
こう、それぞれがそれぞれの思惑を持って動いてるのがいいね
男友達関連で一番好きかもしれん
2016-10-17 16:57 : URL : 編集
No title
何らかの明確な意図とシナリオがあると俺も思ってたけど、本当に何も無いのなwww
2016-11-10 18:48 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示