FC2ブログ
クリックで開閉

やらない夫は貧弱男爵家を立て直すようです25

9152 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:46:50 ID:MIlQfJNE0
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 3年目 4月

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )
                     (__人___)    |   「―――そろそろ俺が親父の後を継いで丸二年か。
                   , =二ニニヽ、   |     早いもんだろ」
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
           / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
             { :::::::::::::::::::/::/     i `ー-,::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
          l ::::::::::::::::::.. ∧_     ヽ:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::i
          〉、:::::::::::::/ \_`‐- 、___l :::::::::::::::::::::::::| :/:::::::: ∧::}
            /   ̄ ̄   、    ヽ >:::::::::::::::::::::| ::::::::::::::: r:::::ノ、




                       /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l
                       /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l  「正直あの時はここまで復興するとは
                        //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l   思ってなかったぞ俺ァ」
                     // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                         // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l
                    l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
                  -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l
               , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
              /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
             /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
            /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
          ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
         / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
        / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

9160 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:49:27 ID:MIlQfJNE0
 
             '‐ ̄、:ヽ
          , -―-.、_i:::i__
         /::__:::::::::::::::::::::::::::::`ー..-...、
        // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ' /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::/:::::::::::::/:::::,::::::::::::::::::::::\:::::::::',
         |::::::/:::::/::ト/、::/|::|::::|_::_::::、:::ヽ、j  「初期メンバーとしては色々と感慨深い物が
        |::./|::::/:::::, rテミ、.!. 、ト.´i、\::::::|:::::i::::}   ありますね」
.          |/ .|:::|::::/ {トt::」   x示ミ.、 ヽ::::::|:/i
          、|\|、:i`-´     {ri::》 .|:://::ハ
             | !  '    ゝ-'イ. .!//ノ::::i
                 ! \ ー-       '//:!::::::i:}
                 \|从、__ . イ//ハレ`,从
      ●       , -―|ー-― ',ソ、_ '´
             /:. /:::::::/:.:.:.:.:.:.:._:.\
    -、,、       /| : :/ ‐-/:.:.:.:.:.:./ - ‐i\
  '`| i |.,'-,_    | | .!_./_ /:.:.:.:.:.:.// : : : : |::::ー― 、_
  ! | |./ //     Y,-v-―_-、:.://,.: : : : : : :|::::::::::::::::::::/
  |  ′/、    <_/|\`、//ヾ/: :i.: : : : : :. :.|___ /
   、   |\  / /:ト、 、ー_' ― 、: : :|.: : : : : :. :.!、
    _|ヽ/:::::::\| |::|、i_!: :  ̄`、_> : |.: : : : : : : :./
  < /:::::::::::::::/| |::| |:::::|: : : : : : : : :.|.: : : : : :. :.|
   \:::::::::::/ | |:::| |::::|.: : : : : : : :./|: : : : : : : :|
     \/: : :.|、_|::|: :l:::|___/:| : : : : : : |
      \: : :.\_/: :\:::::::::::::::::::/|.: : : : : :. :.|
        \_/.: : : :. :. ̄ ̄ ̄: : : :>___|



               _____
            ., ' {_ イ⌒乙ニ、_
          /く  > ⌒ ー 辷_`>_
         /   ソ´ /   i   `V ヽ
         }`フ、/   ′ i/ }i  }  ',  }
      ー=彡廴 ′ ,'   | .ハ | i  }__」
       /  r={   i  }i八  :|i | |  j_人_  「まったくです。
     /. / ヽ j イ_`メ、 i ヽ八ノ l  }i∧   メイドの私さえ領地経営に携わる有様でしたものね。
    '´⌒7  , | { i弋ぃ. | iイ-‐=丿i  | ∧   ……まぁ、そこは今でも変わってませんが」
      .′/{ノ 八 |  ¨^ V fで )  } リ\i `
      .i ′ }/ i ヽ    ,   厶イ 八_{
      j/   | ,ノ _|\ ー- _ イ/ .ノノ
           j八 / |  `ニj ∨〈.{ ´ ̄>:.
           〈{八  ノ >、 }〉  /  i
         .ィT/:}〉、ニニソ/:::;〈}:i .′   |
      r<   |::〈{  }ニ|/:::}ハ::|/     {_
      | 、   |::ハ:/ニニム:::从 ′     i
      |  \ j/  }ニニニム /        |
      }    |从 j\ニニニ} { ,斗‐==-、  |
      ′   {:::j/::::::iニニニ|:::`}ニニニニニニY´
     /      ヽ ::::::::{ニニ斗:::::¨i´ ̄`Yニソ
     \     ∨::::::::::::::}:::::::::::|   |⌒
       }ニニニニニ}V:::::::::::::::}:::::::::|   |
       ⌒iニニニソ }:::::::::::::::c}::::: |   ト、-‐…<

9165 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:50:58 ID:MIlQfJNE0
 

                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,  「ま、そんな発展した領地を更に発展させる為に次の行動だろ。
            ( ●) ( ●)   |     | r   次は―――」
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |



【安価 00:55:00から↓3つ多数決】
4月の内政行動1回目

9170 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:52:29 ID:MIlQfJNE0
訂正。申し訳ない。
神速忘れてた。

9172 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:54:14 ID:MIlQfJNE0
 

            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |  「――――っと、いかんいかん。
          (__人___)    |   その前に文に頼んでおいた諜報の結果は―――っと」
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |


【安価 00:58:00から↓3つ多数決】
今月の神速諜報の対象×2個

【システムメッセージ:調査する事により、マジックアイテムを購入する事も可能となりました!】


9185 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 00:58:00 ID:cA7/NKik0
・入手可能なマジックアイテム
・アーカードについて

9186 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 00:58:00 ID:nSeKcuXQ0
マジックアイテム調査
アトリームの付近にある遺跡

9187 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 00:58:00 ID:KhLczdxo0
シュテルの父親は誰?
マジックアイテムを売っている場所

9195 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:59:55 ID:MIlQfJNE0
 
①シュテルの父親(※高難度)
②アーカードについて(※高難度)
③遺跡(※ルール新設)

【安価 ↓5~7】
多数決 ただし同数の場合、どれかが突出するまで↓にずれる。


9200 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:00:23 ID:9J/mxgvI0
1:失敗してもかまわない、ありったけを

9201 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:00:24 ID:cA7/NKik0
2

9202 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:00:24 ID:KhLczdxo0
1

9213 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:04:10 ID:MIlQfJNE0
調査情報:シュテルの父親

目標値:25+10(状況・距離による補正)=35

判定値:16


    【判定値】-【目標値】<-15 = 成功確率:  0%(判定せず失敗)

 ―――自動失敗.....

9221 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:05:20 ID:MIlQfJNE0




: : :|ミ、: :ト、: :、: : : : 、: : :'; : : : : :ヽ: : : : : ; : : : : : :
: : :|    `V: `、: : : :`ゞ=i---、-、_i___|_: : : :
: : ::i    /ヽ; :ヽ、: : : : : :ヾ、: :ヽ、: :`、: : :|: : : : : :
: : : ',   /  ヾ、ヾ、: :、: : : :ヽ\:::\: :`、::|: : : : : :
: : :ト:}_;/  u \:';\ト、: : :rニニニニニYア: : : ::
: _,斗"       \_> アイ |    |⌒Y: : : : : :
: : : |  _,,.zニニミ、     イノ    |  |: : : : ::   「無茶言わんといて下さい……」
: : : { z彡"rァ  |      .|     |  |: : : :|::
: :、:ムヾ} .T  |       ゝ___.ノ  |: : : :|::
: ::ト。: ム   |  _ノ  ,            |: : : :|:
:\i: : : ハ  `".   `         u  .|: : : : |::
: :|:\: : : }       _,,... --、      .|: : : : :i: :
: ::|: : : : : :i      {    _}   u  ,ム: : : :从
  |: :、: : 八  u   ゝ- ''"    _,ィ" |: : i: : : :
  V: :i : : : :> 、         ,.ィ" u |: :ハ: : :/
  V::ト、: : : |/ >- ...   ..,<    ,イ::/ `、:/
   V{ ヘ: : : |      ¨´  /ヽ、 /|:/  .リ
   ヾi ヘ: : :|        / i レ"  レ
      ヾ、{       .{ z。.Y"、
                } z。 ト、
               / /|  r< \
               // .{  ∧ .`ヽ、\
              〆  } | 、   `、 ヽ
              /  /ア7ヘ     \\




                       /) ̄ ̄\
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |
                    l / /(__人___)   |  「えっ、そんなに厳しい?」
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l

9232 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:08:48 ID:MIlQfJNE0
 

                     ____
                  ,。< 二ニ>。、
                    {_>‥……‐- ...
                    ,. :::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::..
               ,.:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::.
             /::::::/::::::::::::::l|:::::::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::.、     「【母親が明確に分かっていない】、【そもそも根本的に距離がある】、
.            /::::::/:::::::::::::::八::::::::::::::::八:::::|-‐::::::::::::::::::ヽ:::.     【グラズヘイム自体が閉鎖的な国となっている】と、
           .:::::::::::::::::::::i:::/  |l:::::::::::/ ´}八::::l|::::::::::::::::::i::::::.     大分調査が厳しいですからね……。
          i ::::i::::::::::::::::|/   八:::::::/  斗==ミ八:::::::::::::::::}::::::i     前回のなのはさんみたいに、こちらに露出がある方なら
           l::::::|::::::::::::::::!  x=ュ\;{    行ハ ヽ}::::::::::/八:::} 、    まだ調べ易いのですが……」
.             |:!:::|:::::::::i:::::::.〃行ハ     V.り ノ:::::/:::/:::::}个:\
            八人:::::::ト、:::::{{ 乂り        厶イ:::::::/:::::::::::!`ヾ::\
           /:::::::/,ヘ::::|::::\八      '      从:::::;'::::::::j::::|  }::::::::}
        /:::::::::::ハ::八|:::::::::::::ハ      ,  ,   ,.イ:::::::/:::::/{:;/ ノ:::::::/
.        {::::::::::/  {:l:::::\:::::::::::::>。 ..   ,.ィ⌒ー=ミ{::::::{    ⌒}/
.      ノ|::::::::{  从::::::::::}:::/}::::|:::::::::ノ〕/        八:;廴    /
      ,/  \:::::\   \::::Ⅳ八人_/ {          /ハ
          `¨¨⌒ _}乂  , ノニニ7          :,
            / / ̄`ー->マ厂´             ′
.             〈,./ _ノ ソ⌒                /  i
                  / r‐‐-入             厂   !
            / /{__,.ノハr─-、_     {     ′
             Ⅵ_{      | 〈___   \   |    ′
             {圦 /  八 ′   `ヽ_/___ノ  ,/{
               /  ∨   У     厂       「
           /  ⌒`ー- /       .′           i




            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    |   「【他に情報を得たり状況が変わる事で難易度が下がる可能性はある】って事か。
              |` ⌒´   u. |    ……ありがとう。で、マジックアイテムの情報の方は――――」
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |

9237 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:11:25 ID:MIlQfJNE0
 

                       /!ヾ'ー-z、         「おっと、失敬。これは説明しなかった私が悪いですが―――。
                         /:;i:;:;:;:\/;:;::Y:、ー-..、    【どんな種類の】【何級のアイテムが欲しいか】を明記して下さい。
                    /___i斗''"´ヘ;:;r''"_:::::::::::::ヽ、   ちなみに中級の方が下級より難易度が高く、
                      >_,,r==〃ヽ`゙:::::::::::::::::::::ヽ、  値段は相場が中級2500金銭、下級が1000金銭くらいですね。
                   /::::::::''´:::::::::'::,::::::'::,:::::::::::::::::::::ハヽ   まぁ、【これはあくまで一般的な相場ですが】。」
                    /::::::::::i::::::::::::::::::\::::\:::::::::::::::八::ヽ   さて、何について調べますか?」
      .、-‐      ヾ      ′:::::::|::::::::::::::::::イ⌒>、\::::ヽ:::::}:::::ヽ==‐、
      .r!、,___.  `○ー== |:::::::i|.人:::::/Ⅴi;:| / ,. ヽ_::::\:}r゙ア,个`,   ヽヽ
       !、,___          ノ::::::::l::イ「`」、 ∨  'ゞ=='',八彡ノソ:ヽj!:ハ /´`ヽ
                     ,イ'::::::::::j::∨'ゞ=='',.           l .!:::::::::/::::::} '、.r,_ノ     ‐-、
                   /:::::::::;イ:::::人         u ,|/::i:::::イ:::::::ノ  ノj    ___,ノ-
                ,/:::::::::/ ;i::::::::::ハ    r‐ 、   イ仄㌃ 丶jノ           .___,ノ
                  ;iハ::_ノ´ノ;;::::::::;:个 、_    .イノ/ /      |
    ( `丶、             /´:::::/くヾソ'リソ[ヘ-=-iノヘイ /      |             / )) /)
  ヘiヾr-.、 f^ト 、        レ'"´    ゝ、 \ <r‐、ソ: . ノ.、   __| _         -─/ ////)
  l l ',l. ヾ | !  `¨ヽ           / //'〉イ、\_  .∧/       |     /⌒ー  /イ //
  ヽ、\\ ー、 ヽ    ヽ    ┌</ /::/::::/! lヽ、::::>  〈   ____|   /           /
    ` ー----― 、    ' ,   ノ).〃 //::::/::| l:::::l`  ..∧/    乂/     `ア¨ ̄ ̄´
            ヽ    Y_'⌒ヽヘ ..\:::/\|ヽl/  ../ ∧       /      /
             ヽ       /    ●         /    、          /
               ヽ      /    .'        ,/     \      /
                ヽ .  イ    ●      _〈      \   /
                 `¨´乂       |      ─く           `¨´
                  ノ/      {.         \




【安価 ↓10~12】
どんなアイテムについて調べる?


9247 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:13:52 ID:TUQjwolE0
ジェレミア向きの中級アイテム(防具とか名馬とか)

9248 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:13:58 ID:9J/mxgvI0
政治下級

9249 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:14:00 ID:9mZqqjd20
情報中級

9256 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:16:46 ID:MIlQfJNE0

『~向き』というのは流石にアバウトすぎるので外させて頂きます。

【決戦安価 ↓7】
①政治下級
②情報中級


9263 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:17:32 ID:h8oxvWNU0


9267 名前: ◆RB4ljipW/E[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:19:50 ID:MIlQfJNE0
調査対象:情報中級アイテムの捜索

目標値:20

判定値:17(さっき16と書いたけどミスよ)

- 3≦【判定値】-【目標値】<  0 = 成功確率: 50%

補正:+15%



合計:65%


【安価 ↓5】
1~100


9272 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:20:25 ID:h8oxvWNU0
勝利の数字65%かこれならいける
35

9278 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:21:11 ID:MIlQfJNE0
◆RB4ljipW/E = #66hnh

66+35 =101

1 < 65%

   ―――成功!

9291 名前: ◆T1LX11m.8k[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:26:19 ID:MIlQfJNE0
 
アイテム購入ランダム表

0.基礎価格通りの額を要求された
1.盛大にふっかけられた! 基礎価格×1.3の値段
2.ふっかけられた! 基礎価格×1.2の値段
3.少しふっかけられた! 基礎価格×1.1の値段
4.どうやら相手は早急にアイテムを手放したいようだ。基礎価格×0.7の値段
5.相手は即金で金が欲しいらしい。基礎価格×0.8の値段
6.少し安い価格を提案された。基礎価格×0.9の値段
7.値段が1/3!? ってこれ、全然別の品だー!? 別属性・別ランクのアイテムに変化。
8.値段が半額!? しかし目的のアイテムと少し違う……。別属性のアイテムに変化。
9.どうやら相手は何か困っているらしい……? イベント発生。


【安価 ↓7】
1~10


9298 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:27:05 ID:cA7/NKik0
9

9306 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:30:10 ID:MIlQfJNE0
◆T1LX11m.8k = #4way

4+9 =13

3.少しふっかけられた! 基礎価格×1.1の値段






                       /!ヾ'ー-z、
                         /:;i:;:;:;:\/;:;::Y:、ー-..、
                    /___i斗''"´ヘ;:;r''"_:::::::::::::ヽ、
                      >_,,r==〃ヽ`゙:::::::::::::::::::::ヽ、     「見付けるには見付けましたが、
                   /::::::::''´:::::::::'::,::::::'::,:::::::::::::::::::::ハヽ       金銭2750の値段です。……買いますか、これ?」
                    /::::::::::i::::::::::::::::::\::::\:::::::::::::::八::ヽ
      .、-‐      ヾ      ′:::::::|::::::::::::::::::イ⌒>、\::::ヽ:::::}:::::ヽ==‐、
      .r!、,___.  `○ー== |:::::::i|.人:::::/Ⅴi;:| / ,. ヽ_::::\:}r゙ア,个`,   ヽヽ
       !、,___          ノ::::::::l::イ「`」、 ∨  'ゞ=='',八彡ノソ:ヽj!:ハ /´`ヽ
                     ,イ'::::::::::j::∨'ゞ=='',.           l .!:::::::::/::::::} '、.r,_ノ     ‐-、
                   /:::::::::;イ:::::人         u ,|/::i:::::イ:::::::ノ  ノj    ___,ノ-
                ,/:::::::::/ ;i::::::::::ハ    r‐ 、   イ仄㌃ 丶jノ           .___,ノ
                  ;iハ::_ノ´ノ;;::::::::;:个 、_    .イノ/ /      |
    ( `丶、             /´:::::/くヾソ'リソ[ヘ-=-iノヘイ /      |             / )) /)
  ヘiヾr-.、 f^ト 、        レ'"´    ゝ、 \ <r‐、ソ: . ノ.、   __| _         -─/ ////)
  l l ',l. ヾ | !  `¨ヽ           / //'〉イ、\_  .∧/       |     /⌒ー  /イ //
  ヽ、\\ ー、 ヽ    ヽ    ┌</ /::/::::/! lヽ、::::>  〈   ____|   /           /
    ` ー----― 、    ' ,   ノ).〃 //::::/::| l:::::l`  ..∧/    乂/     `ア¨ ̄ ̄´
            ヽ    Y_'⌒ヽヘ ..\:::/\|ヽl/  ../ ∧       /      /
             ヽ       /    ●         /    、          /
               ヽ      /    .'        ,/     \      /
                ヽ .  イ    ●      _〈      \   /
                 `¨´乂       |      ─く           `¨´
                  ノ/      {.         \





                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、
                 (__人___)  r' l |.lヽ
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ    「うーん……」
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |




【安価 ↓5~7】
買う / 買わない


9311 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:30:57 ID:9J/mxgvI0
やっぱり中級はきついね

買わない

9312 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:30:59 ID:h8oxvWNU0
no

9313 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:31:01 ID:Lx0SFhvw0
無理
買わない

9322 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:34:56 ID:MIlQfJNE0
 

       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /  「たっけーなぁマジックアイテム。
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/     流石に無理だわ、すまん」
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|





           /  /    ヽ \
           ,イ─_二l二 二 l_‐-ヽ
        , .:´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::ヽ  「まぁ、流石にそうでしょうね」
     /::::::::::::::,':::::::::i:::、::ヽ::::、::ヽ::::゙、::::::l:::::::::::::::、
   /::::: /:::::::::l:::::::::::|::::l:::::l:::::|::::::l、:::l:::::::!:::::::::::::::l
   ,':::::;:i::::i::|:::|:::::::::::!ヽ|::‐|ヽ|、::::! |:::|::::::|:::::::::、::::|
   !:::::l::!:::l::ト:::!、::l:|:|´リ!:::!ニ|!_∨、l/:!:::::l::::|:::::::::::l
   |:::::!::l:::|:::!V ヽ从!  l:ハィ下Y|゙!:/l:::/::l::!:::::|::::|            ,イ
   l、:::|ヾ::::、:ヽ斤、     弋_夕 |':::|/:::::!::l:::/l::::、          // ,
   |!ヽ! l:\!::::ヽV〉     ー''´ ,:::::::::::/:/:/::ハ:::::\        /:::〈//
     /:::::}:iヽ::l ''´          /:::::::::/:/V|:::lニ\:::::l─- 、  /:::::::::::/,
     ,':::::://::::l:\ く     /:::::::::/:/::|__|/   l:::/ ̄`ヽヽ〈::::::::::::l/ノ
     i:::::;'〈::::::l:::::l:/7、_ _/':::::::::///  l__ |/     〉ノ ヽ::::::::∠
     l::::l::ハ:::|l:::://::|l:| |:::::/ 〉|:::::::;:/´      /`ヽ_ivヾiVr_  !::::::::/
    |:::!:| ヽ:l、// V  ヽ::{/ /!::::::/    /    l7::::::::::::< ,':::::::::レ〉
    ヽ|゙iニ/ ̄二フ   ,r''´ ! |!:::/   / , -‐  !:ノ::::::::::リ/:::::::::∠
    //  /  ̄`Y 〉 /|  __|/_V   /  /     ヽ;:ィ'イノ/::::::::::/
_ゞv、イ/_ / 二`Y / ノ !/_::::;ィ:、\ l   l         \‐'::::::::::丿
フ:::::::::::< ! 、_ }' !''´ |/::/ /:/ |::|`!:ト、!  ,'           、-‐''´
7:::;:::::::::ゝ l └‐゙ ノ   /\:V:/  l::`゙::l  ノ   /-─-、  ノ
〈∧、M丿 |   ノ、/  l:::/l   |::i ̄   \  /::/ ̄ `Y´

9324 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:35:56 ID:MIlQfJNE0
 

.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l   「で、それはそれとして今月の行動は―――」
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}


【安価 01:41:00から↓3つ多数決】
今月1回目の内政行動


9335 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:41:00 ID:l0t47WRI0
工業振興 メインエリー サブ咲夜&チルノ 式神 95%
へっ、失敗率たったの5%か!勝ったな!

9336 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:41:00 ID:9mZqqjd20
工業振興 メインエリー サブ咲夜&チルノ 式神

9337 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:41:01 ID:cA7/NKik0
工業振興 判定有 
メイン エリー 
サブ チルノ 咲夜
  + 式神

9338 名前: ◆Wj.mYsKUn6[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:41:54 ID:MIlQfJNE0
工業振興:エリー チルノ 咲夜

成功率95%


【安価 ↓5】
1~100


9343 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:42:24 ID:BdQ2zj/g0
10

9349 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:43:17 ID:MIlQfJNE0
◆Wj.mYsKUn6 = #14etc

14+10=24

24 < 95%


 ―――成功!!

9354 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:45:34 ID:MIlQfJNE0
 

          r―‐ "  ̄ ̄ ̄ ゛― _
          /_  _          `''┬、,_
         /'  _       ̄ '' ―- _ | | \,
         /'  ̄  ̄ ` ―- 、._     / |,_///
         レ――-- 、,_ __     ' - _/   };,,)" }
       /.;.;.;.;.;.;.;.;,l'     ̄`‐-- ___/ /_/l7\,l    「学校の図書室に、簡単な錬金術の教本を寄贈しました」
      /:/.;.;.;.;.;/ /l.;.;.;! ト、.;.;.;.;.;.;.;.;\ ヾムl_,/\ \
       // ,.;.;,' /l /.;.;!  l.;.;.;! \.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ  \  ヽ、`l
       | ! l l /l|‐ト、..;|.;.;ハ /-‐--ト、.;.;.;.;ヽ、.;.;.;.;.;.;.;\  \_|
       jハ l :|/ ll|_,_、 j/ ./ ,z=、,_jノjハ  ';;ヽ.;.;.;.;.;.;l/ \  \
       リハjヾlハj心i   ,イ似,ゞyjリlハ.イニヾ.;.;.;.;.;.;.;.;|  \
          j.;.;|ゞ'´    ゞ=' ´  ´ !l.,/|..;.;;.;.;.;.;.;|   \
         ´! |l ノ               /イ! !',.;.;l.;.;.;|
          j !|ヽ`、         /lj♀ | |.;.;|.;.;.;l
         ノl|!ハ,\  ̄´    /  彳 | | |.;.;!.;.;/
            ノjハy|イl\_,.  ´__,二ム从j.ノ/
             ''kjv|:`Y' ̄:: :: :: :: : }___´_
            ___|:: :|:: :: :: :: ;;- ‐´> '´  ヽ
         / ,  ̄ ラ:;:/ :: :: ::l´  _/      }
        /   ト=彡'/8、:: :: :::レ'´         \
       /    ヾ,'/  8 ヽ;:/ / /       __}、
       ト‐=、,_(_)/______j (__)'´  _, ニ二´―< |
       ヽ  〃ム,廴)lll廴ノlll(レ '  ̄ ̄       \/
       | //    ̄  ̄7 ̄ 《/ノ           /
       // /       /   //            {






                   , - 、 _
                イ⌒}   Y / Y  ̄ Y⌒ヽ
              ,rク Y, -  == ≠ ==  - 、/ ̄\
              / ヽ イ               \ー―ヾ
           r―< ./ /                 ヽ__人
           |   ./  /        ト、        \  _\
         ノゝ/    /     |     |ハ  i!        ∨ _{
      / ̄/          /|     | i|__ト、  ハ   ∨ /ヽ
     ./ ./         /_/ i|     | i|  ハヽ  }    ∨ _}
     r.イ     /     ./|i/  |,イ  l | i} ./  }   i|    ∨ ヽ   「あぁ、べったりコーヒーこぼした痕がある本が
    / イ   /   {  / i|'   i| |   ハ i| ,.ィ≠=ミ、|  リ       ∨ノ   寄贈されたと、学校のミミ先生が愚痴ってましたが……」
.-=≦≠ / / .イ   i| / 二二, | / | |" frハ  》  /   }     \
    └/ イ  i|  八/./ frハ. ヾ|i/     乂ツ / ./ i|  i|     \. \
     ./イ/|  |    ヾ《  乂ツ        ー= './ ./ i|  リ     ハ≧=-
   /  / i|  .八  ト、八ヾ _ ノ         '''' /イ}  リ /   \  \
      ./ 八./ ∧ i! \ \  ,,     ′   /  ハ/ /  |i  \ ハ
     / //  / ∧ト、 }‐一             u /} //     i!   ハ   |
   / /   {   / ヾ|ヽト、:ヽ      _    イ| 〉∧  |  ハ    /}  i!
__/ イ|     |       \ リ  >      ` ./| リ ∨/} /l / }  ./ i| /
 ̄  .八  /ハ  /   / 《∧   |   }>  イ   |//.∧〉 ./ j./  .八/  j/
      ヽ{ { \{   i{ ハ∧  iト、 |      |ム《_/イ__/_  //  /
          \八〈Y_〉 ヽ.八 〉.j _  __ ノ:::::::f:》:::::::::/
   __      r―f /--,  /   フYヽ 〉:::>=ミ、::::{       _
 〃: )_ ≧=-   ヽ:::ハミ/_≦     /_水¨} }::/ノ }ヾ:ノ    -=≦ ={`ヽ
 {{: :{   `ヽ     ̄ //リ ̄ヽ    //:::|::ヽ\ /_ノ    ̄ ̄         |: :人

9360 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:48:01 ID:MIlQfJNE0
 




          __
        r' r――- 、ヽ _  -――-
        \ヽ、 __}f ]ニ二  二 ー   \
__      > ニ x <ノ-――― ッ´: :ヽ \
__`_ー- 一 ´/// /: : : : ://:/: : : : :,ハ  、
____  ̄ ̄__ ノ/ , : : : : : :.:/: /: /: :,/l: : ヘ  }
ー― - ニ二 -一' {; ,ィ: : : :ム;-、:/ム斗f‐- !: : : i ノ
            〈/!: :;/,r‐ミ  " ィ⌒ヾノ: : : :l
              Ⅵ:l.{ {!;}    {:!;} }7: :_:;:|
             /: ! `:::::ヽ   `:::::´ム'´r l:!   「そ、そこは気にしない方針で!
         , ― 、 l: :,;ハ         u   _ ノ/    ほら、色々と便利アイテム作って工業力も伸びましたんで、
   rー‐一ニ こヽ ーミッ;  >、 r ニ ヽ /: : /      そっちを褒めて下さい!」
   /  厂: : : : : :ヽ  V:´:.:.:.> - , ィ: : : x;/
 _ノ /: : : : : : : : : l!  |>:.:.:.:.:./:.ト、 レ;/ ″
〃 ̄: : : : : : : : : : : : |  L;,;,;,>〈:.:.:! ヽ
': : : : : : : : : : /: :;<|  |     ∨:!  \_
:ヾ; : : : : : /<:.:.>' ∨〇 、 、:. Ⅵ     〉
: : : ー- くノ: : : : : : : : : : :\ \  リ     /
: : : : : : : : :\: : : : : : : : : : :.\ \ム - 一〈





                               _,.  -――‐-
                          /          `丶
                         /              \
                            ,'      /ーァ ー一ァ    ヽ
                            |    /二/ >く        ',
                            {       /二二二 \.      |
          、         _ _.   ',      / |  ヽ        ,'
          ヾマヽ     /´  ヽ\...',     ___           /
            \ ',   ,'i    }: :ハ..ヽ / ',  |  /`\      /
              }}   i::',   /: : :il.  \ ', l / / ヽ  /
              ヽi、  ヾミ=彡:.:.::/ イ. ,/\ __ -―' "´
               ヾミミートヽ:/})7レ/イ  //
                \:.. r'不 ,.、j、` Y/≧'.//    「コーヒーこぼしたりするけど、エリーってすげー!」
                  ,ヶ、l/人):::、ヘ \// _>
                 /´.::!::::::::::::::::\`ー=<     
                `´:::::::l:::::::::::::::::::::::ヽ`ヾヽ、_
                    〃.:::::::::i:::::::::::::::::::::::::::lヽ-`ー=ミ
                  ノ,:.::::::::::::l::::::::::::::::_::「フ..::::::::::::::..丶
                ´-─━─-L^_∠ゝ'-‐ヾ´-─━─--`
                      ヾ、   `ゝ
                       ´










 ―――工業力が+300されました!


9365 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:49:05 ID:MIlQfJNE0
■リザルト■



【領地ステータス】―――――――――――――――――――――――――
|領主:やらない夫

|【所有財産】
|金銭:3690
|食糧:3000
|資材:1400
|【経済】
|商業力:1900/季
|生産力:2800/季
|工業力:2700/季

|【支出】
|金銭:1000/季(ルサルカ200 射命丸300 ジェレミア200 二代300)
|食糧:1600/季(軍備1400 チルノ200)
|資材:300/季(ルルーシュ100 エリー200)

|【軍備】
|第一部隊島津擲弾兵ヴォルフバイル:兵力425(※特殊兵科 食糧消費200 上限兵力500)
|第二部隊ラングリッサー:兵力345
|第三部隊グローランサー:兵力330
|第四部隊シュバルツシルト:兵力290
|第五部隊ステラデウス:兵力240
|第六部隊デモンベイン:兵力150
|第七部隊フラム隊:兵力150
|(正式名称:フラム系列の強くなる爆弾や、氷の爆弾レヘルン、変り種では地球儀やタルと錬金術は夢が広がりんぐ隊)

|【特産品】
|“至高のゴボウ玉”:毎季金銭収入+(600×2)
|“至高のゴボウ玉”:毎季食糧収入+300
|ヤムチャ領からのマージン(金銭+100)
|オレンジ(金銭+100)
|物産展効果(金銭+100)

|【治安/民忠】
|現在治安:75(毎月末のランダムイベントの質に影響します)
|毎月末に5ずつ下がります。

|【その他】
|学校施設with孤児院により、
|振興判定に+10%ボーナス、土地キャップ+500の効果が付与されます。
|備中鍬の開発により、土地キャップ+500の効果が付与されます。(現在3000)
| 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■交易レート(左がクール男爵領)■
金銭/食料/資材1 : 資材/金銭0.9 (ラオウ)
金銭/資材1.25 : 食糧1(ワルクヌェー)
金銭/資材1.2  : 食料1(ワルクヌェー・取引量1500以上)
■治安効果■
治安が一定値に達すると、ランダムイベントの質に加え、月末にボーナス/ペナルティが発生します。
治安100:グッドイベントのみの追加イベントが発生します。
治安80以上:治安向上により、貿易が活発化します。この状態を維持している限り、毎月末に金銭100の追加ボーナスが発生します。
治安40以下:治安悪化により、貿易が委縮します。『交易』コマンドが使用不能になります。
治安0:即座に商業力、生産力、工業力が-200されます。これは永続であり、治安0が維持される場合、毎月発生します。

9366 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:49:53 ID:MIlQfJNE0
そういえば、調整役が復活してるけど今月使う?



【安価 ↓5~7】多数決

YES/NO


9371 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:50:31 ID:cA7/NKik0
YES

9372 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:50:31 ID:9J/mxgvI0
YES

9373 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 01:50:32 ID:xMT.337.0


9377 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 01:51:44 ID:MIlQfJNE0
おけー了解。

9418 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:12:24 ID:MIlQfJNE0
どうしようか、チルノ。
これは>>1の設定ミスじゃね、はっはっはー。

おはようございました。

9419 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:13:01 ID:MIlQfJNE0
さて、ちょっと思い付いた小ネタをやらせてください。
ベイ&ジェレミア過去篇。

9426 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:16:49 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――私がその男と初めて会った時。
 そこは有り体に言って、鉄火場だった。

 当時の主君、ダディ様の命を受け治安維持に当たっていた私が遭遇したそれは、
 場末の喧嘩と呼ぶには少しばかり猛威が過ぎていたように思う。
 そして、その中心でゴロツキどもを薙ぎ払っていたのは、
 成人を迎えたばかりだった私よりまだ若い少年だった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                         -- 、
                    -''" \  \     ____,,.、、 -
                     l''"ヽ  \  ',  ', \,-''/ ,、--、  /_|_
                 | トx''"  |  ヽ /::::::://    ノ /::::::::::::::::::::`''-、
                    | |〉ソ ',   |  ト|::::::::::/ { | ,、 //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    ヽ<_,、-'| l |  |ソ::::::::|  `'''''´ /:/:::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::',
                   '、''´レ || ノ;;|、 |___|,、/::::-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                    `-''"/| / |,、-''"::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     |从レ k::::::::::||,、-''''- 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
                          ゝ, -''"::::::`''::-:、, ̄`''-、,:::::::::::::::::::::// |
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、, ヽ-、_-''":::::| |
                      , -'', -''"\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::/ ||
                /ヽ  /:/ /二二 \::::::::::::::::::::::::/::::::::/_::::::::::/ /::|
            - 、.,,_/ }  `~ ^ "/>ー t>\:::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::/ /::::\
             /    `~ ^ " '´    |>| ,、-''|| ∨|\:::::::::::::::::::::::/-''" /::::::::::::::\
          /  / __  _    ∨∧ `‐´ / |/ \>::::::-''"::>--'´-、,\::::::, -''
          /  / /  | />  /   <ニ―ニ>/   \|>´::::::::::::::::::\:::>ユ:ヽ
         〈 -''"、   /           ̄ ̄ー---''":::`''-、,:::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ
          `''-、, ) /    /ヽ        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''"::::\
             `/    /  /    〉 `''〈:::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::`''-、
          ,、-''"',ヽ  _ /  /    ∧/  〉:::::::::`''-、,::::::::::::';::::::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::
    _,,. - ‐::''::^´:::::::::::::',__/ /y     //    /::::::::::::::::::::`''-、,::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 <   λ''''/  /::::::::::::::::::`''-、,::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _/:::::\_/::::::::::::::::::::::::::::::::,、-ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''":::::::::::::::::::::> ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

9429 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:20:13 ID:MIlQfJNE0
 




.     / / /    -=≦ ==ニ  ̄ /   /  r‐、 i ト、
     〉、{ / / /  ̄ /     /   /i|   | ハV |  ヽ
.     /  ヽ. 〈 //  /   /  _≧='" レ、__ノ i/ } |   ∨___
.    \r―-、{ 〈 、 | //  ノ´    ,     ヽ |ノ     i       `
     /  ´ ̄>ミ≧ル'´ ̄ ̄     / __     "/i/ヽ   |    、
      |   イ            / ,ィ打    「 l//∧  !     i    「街の治安を乱す狼藉者め!
      L_〈 \ __    i   /_癶汐     |  !///|  |    |     このジェレミア・ゴッドバルドが相手だ!!」
         ヽ  〉 __ヽ l{_ ≦ ´ ^¨        | ,'///,   !     |
          } ∧ ヘ 刄圦  ̄           ,' /////        !
        _, イ / |\    、              / /////  /     ′
       ̄ ̄  |  |\  |      __   / /////  /
.            ,  !//,ヽ ‐- _ -‐´__ヽ / //// '   {
           ∧ ∨///>、 ` -―一' //////{       /
.             ∧ ∨/////\ ´ ̄ ////⌒V/ハ     /
              ∧ \//////777/ ヽ// / ヽ}//∧  /
                 \ \//////∧ {∧{ .{//////,∧_/
                  `  〉//////`//ハ ヽ////////



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ちなみにこう叫んでその現場に突っ込んで行った3秒後、私の意識は途切れ、
 目が覚めた時には倒れ伏すゴロツキの山の中に紛れて転がっていた。

 一瞬で少年に意識を刈り取られたと思しき事に気付いたのは、
 胴に鈍く響く痛みに悶絶してからだ。
 ちなみに骨に亀裂が入っていた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9432 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:22:12 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 彼と二度目に会ったのは、ダディ様が彼を家中に招き入れた時だ。
 明らかに路地裏のチンピラと言った風情の少年を家中に召し抱えるとダディ様が言った時、
 多くの家臣が反対した。

 ―――ちなみにその筆頭は私である。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




                / __ -―==ニ二 ____ >'"   }
              / /::::::::/:::::;::-‐==ミ         /  ∧
          / 〈::::::::::/:::::/  __  `ヽ    /  / :ト、
          \_ \::/::/   / ___    \      / |   「目を覚まして下さい、ダディ様!
         / ̄ >}'"    / 〃tクノ    \/⌒ヽ  |    確かに腕は立つでしょうが、あんなチンピラに何を期待するのですか!」
            |   /::「  〈 {/  '′¨´       く⌒i /  |
            | /::::::::' _ `                 〉 /  '
            ∨:::::::::{く r t:カ                 /   / ̄ ̄ ヽ
              ̄\:ヽ `¨/             r' ';./
                _ノ::∧ `ヽ   ‐ァ= 、       l 〈
           ⌒ ´ ヽ   く /  _ノ     / _.∧
                \   ヾ'~       / ///∧
                       \   `    / //////∧
                ∧   ヽ   / /////////,‘,
                / ∨   `=≦rxく///////////,‘,
                |  ∨、__//ハ ∨/「 ̄ ̄ヽ'//∧
                    \  ∨   V/∧ V,| i777} ノ///∧

9441 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:26:30 ID:MIlQfJNE0

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――しかし、私を筆頭として反対した多くの家臣の予想に反し、
 チンピラ上がりの少年は愚直なまでにダディ様に忠実だった。

 口調こそチンピラそのものだが、チンピラなりに思考して、
 ダディ様のお役に立とうとしている事は徐々に家中の者にも分かり始める。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /  「……騎士の心得……って書いてるんだよなコレ多分。
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ   覚えないとダディ様に恥かかす事になりそうだが、
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l     ヤベェ俺文字分からねぇ」
                   / l /   ./ l l    l ヘ  u _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l ←お夕飯にもう一品! と書かれたレシピブックを手に
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l





▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ……うん、まぁ、努力はしていた。
 それだけは伝わった。
 成果が上がっていたかはともかくとして。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9443 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:29:27 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 だが、礼法や学問はともかくとして、少年はとにかく強かった。
 強靭な身体もそうだが、勝機を嗅ぎ取る嗅覚は完全に天性のそれだ。
 成人もまだの少年に、蛮族や盗賊との戦闘を幾度も掻い潜った騎士たちが、
 一対一では誰も勝負にならなかった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



           /     /     -―― '" _/   !
          / /    /    /        /__     }
          ヽ ヽ   ,    / / ̄ ̄ ̄ヽ   / ヽ   ,
          /   \ |    ./          \{ {` 〉 /
       く  / ̄ヽ,!_/        /       〉,'  {    「今日こそは負けんぞ、チンピラ!」
        { /  「 ̄          /,ィ´,     /\ 」
         `ー,==7         / 近ノノ     ∨  ヽ/
        __/ 〉 / ̄≧__   }i/'´ ̄          ∨./
          ヽ_./ \´弋メ 、             /
               ヽ ¨´ ',              /
                \  ‐-     ノ!   <
                > .  t‐=='"ノ   /:\
                       > . こ´   /::::::::::\
                    _/   ヽ _/::::::::::::::::::>
                     \\   ∧ 、::::::::__:::/
                      \\ ./:::::ヽ\i´/:/
                ____\_{:::::::::::::> /:/




              /   .....: ´         \
            /  ..:´` iヽ ̄ `ヽ  ヽ    .  ヽ
         / / ./ヽ!:.;   ,  、 '    ...   !
           / , ,  .|;;;ッー'|   |... , ....', .. . ...  i
        / / i  ,. i   i  ,. i、..  .....i ... .......... !  「誰がチンピラだってんだ、ヘタレ騎士!!」
          i / i  i !!    } , i .} ヽ ....i ..... .......... ..|
       {i:.  !  ! |!  ,ノ}/! |y_.ニ,} ..i ............'........i、
       {iヽ  ;  { ニ、、 ' '} frtック:i.. .., .............,........,..ヽ
       ` !  .: iヾゼ}、_,{::.i !: ̄/!. ., ....'.................,.... }
        { i::、iヾー" `:. `リ-‐  {.  ...'.........'......./!... }
         } ::;`::::..   ::.     } .. ,..........'...,../=i. /、
           / ∧:::;zム `-_. _  , / ...,........,.'../リj={/二}}
        {   {‐ニ三=ヽ`ー-‐ ̄/  ,.'..../.../三三'三ニ {、
        rヽ  i三三三=\  .i  /./.../'三三三三! iニ\
    r-t=ニ二:ヽ_{三三三| 冫´j/i/ }/ /三三./\ニ! !二二\
  ,:z=i圭!=二二i}1r`._1ニ,! .∧ー-‐jヽ {i /三三:/ ” /i i三三二 ヽ
  〉二圭{=}二二! i|=¨|二!{/ 〉-、:/ i//ニニ=、 {  ” i.:! i三三三二,.ヽ
  !ニ,={圭}=ニニ! !|='¨,.!二i  ./:.:.:.:.!. /ニ二二=.ヾヽ ”!.i i三三三/二ニ`ヽ
  !ニヽ=圭}iニ=! !,.ニニ=='} i.:.:.:.:..|/二二=二二ヽ\`ノ/三ニニ"三ニ三二ニ、
  !二ニニ二i二=! /三三三、 i:.:.:.:.:/二三三二二ニ',ヽノ三三'三三三三二ニ',




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ちなみに家中最多敗北記録は私である。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9449 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:34:29 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 チンピラ少年と私の関係が変わったのは、彼が仕官して一年近くが経過した頃の話だ。
 奇しくも彼と初めて遭遇した時と同様、治安維持の任についてアーランド内を周っていた私は、
 治安の悪い区画でふらついている彼を見付けたのだ。

 ―――正直あの頃の私はろくでもない男であり、
 気に入らぬチンピラの化けの皮を剥ぐつもりで彼の後をつけた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




    ` ー- .__ ,. 7′          _ .. -┴‐- 、
            / /|   _ -― ァ-‐  ̄          l
           /   / ! ! / |     |  /    _ .. -‐.、 |    /
        /  / / | |.!    / /| {   ,∠三三ミ. ヽ | /   -
         /   ! ! {_||  /{ /=!   {‐   ̄ `ヽヽ } |/ / _
      /    | | | /|  { ヽ._j_ -  } \、   `ハ/ 三三三
      _../   | | ! .|/l | \ ー‐ ,ィー\、 ト.      ̄ `‐z 三
  ,. ‐, -/      l  l |  ! !|′ ` ̄ ヾ 逝jヽトl         `>z
// イ       |  !| /  ! !     ヽ\  ト| V|    //
r'  /|  ⌒ヽ. |  ||V  | |         ` ̄、 ヽ.| /' /イ __ ノ   「奴が単なるゴロツキだという動かぬ証拠を掴んでやる!
  /  |     } } !  |! V | !           ヽ、{z_/≦三テ/..-    きっと奴がクール家に仕えているのも、
 /  |   ノ//  }| V | l             /^辷'ノ/´       何か企みあっての事に違いない!」
/  / |rー '/ _/ ノー、 V|.|  , <丶        /   /
  /  j   /ヽ/  ハ-V!V{′ \\  r--   イ
     く   /  /  /    Vト、    }`¨> .イ´ /
      ヽ |   /  /  /  ハ-へ ___/z</ /
        l |  ′  { /    >ミ_ /‐  イ  ̄
       | |    r__ュ  __ / -‐_.. ‐ ´ j

9451 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:37:09 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――しかし、そこで見た光景は、私の予想とはまるで異なる物だった。

 治安の悪い路地裏の奥にある小さな広場で、
 彼は手製と思しき案山子相手に、幾度も打ち込みを繰り返していたのだ。
 その姿はゴロツキではなく、真摯な武人のそれであった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



\_ノ  \\ ヽ/  / /,. -ー-  ー-ミ_ ハ
  \::::::::::::::...\\ヽ // /::_;::ー:、__>ミ、─' ノ::ヽ
   `   =ァ::::\ Y{/∨/__/\\ ヽ;::\:__丿
、   /   ..:`ヽ::|l;::ヽ<′   \\ ∨/::/
:::ゝー/  ..::彡ーァ´~  \\ 、 、   ヾ}.__}/:/
\{ 〈   .:/::/ 〃   u   \', 〉 〉≧彡く|:::厶-─- 、
 .:\\  {:::{  |L _ ,.ィ≦ミキ l ,ィ;:) 〉 ト〈        \
\  ..::ヽ:::人 ||   二二ミ、 }} |/ ー '  | ヽ        \
\>、::_ノ |:| ||イ´ (:) ノ〉 } リ ヽ.     l   \        .}
   ゝ-彡' |:| ||  `二彡'      、   ∧    ',      ,'
   ヽ::::\ ソ ヘ     /      〉   / ',    }      /
     \::::ヽ            ′ /  l    l    /
      \::::\        ,. ー _フ ,'  |    |   ./
        \:::::ヽ      ∠ -‐   l         /  /
         \::::::>ー- 、     /   ヽ     /
           `>、:::::::::/ ̄ ´〉/     ',  _〃
              7:/    //      } }´:/
   /    /     //          /::/




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 場末の慮外者らしい行動ばかりを予想していた私は、
 自分の行為が酷く恥ずかしい物であったと気付き、逃げるようにその場を後にした。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9456 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:42:16 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 その翌日、屋敷に出仕して来た少年に、私は思わず尋ねていた。
 何故、と言われると今でも分からないのだが……。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



           ト'::::.              ,,. ''",,..-ニ´::\    /::::::::::..     〉
           |::ヽ:::..         r '"  〈:::::::::::::::::::::\ /:::;ィ'^ヽ:::::.  /
          ノ:::::::\::. /      \    \:;=―‐゛ヾ、V/   i::\ ノ
            〈:::::::::::::::\{:.         >、    〉           ,〉彡'
          ゝ::::::::::::::::∧:  __ /::::i   /          //:::〉
         /: ト、:::::::::::/ \ \::::::::::::ノ /`ニ==‐-ュ 、  ´,.ィ|:::/
        /: : /: :{::::::∨   ∨ `ー-'―''" ,,.=―‐ッy、   ノ レ' ヒi|´   「……ヴィルヘルム・エーレンブルグ。
      /: : : / : : :〉:::〈 o   ∧       ヘ _歹'      |`¨|     君は何故、ダディ様に仕えている?」
       / : :  i: : :/ )::\   ,.へ                ', ∧
     ./ : : : |: :i  ∧::/\〈 ト、L                   ∨、 i
      i : : :| !: :∧  ∧   ̄ |  \                , /: :i|
    _」: : : : !  ヽ'::∧  ∧    \   \         _,. -ゥ /: : :||
-― '"|: : : :\  \::\  \     \  \     /-―、7/: : : :||
      i: : : : : : \  \::\  \    \  ゛''t‐-,ト-―‐ ´/: : : :||
     i: : : : : : : : \  \::\  \     ̄`ヽ ̄  -― /: : : : :/|\__
     ∨ : : : : : : : : 〉  〉:::::\  \        `'' 、__ ,. ': : : : :/ /     \
     ∨: : : : : : : /  /:::::::::::::\  \     / /::::::\: : : : :/ /      \
        ∨: : : : : /  /::::::::::::::::::::::`7  `''i/ ̄ /:::::::::::::}: : : / /           \




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 或いは彼が、金などといった分かり易い物の為にクール男爵家に仕えている事を望んでいたのか。
 そうでなければ、昨日の自分が惨め過ぎると考えたのかもしれない。
 だが―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9457 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:43:13 ID:MIlQfJNE0
 


                          /         ヽ  /           ヽ
                         /           ヘ、/ l           ヘ
                        / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                        / l/        l     l    l lヘ        l  l
                       /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l
                       /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l  「……ガキ臭い憧れだよ」
                        //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l
                     // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                         // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l
                    l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
                  -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l
               , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
              /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
             /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
            /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
          ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
         / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
        / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
      //;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
    / /;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
;:;:/;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 少年は、暫しの沈黙の後にそう呟いた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9458 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:44:49 ID:MIlQfJNE0
 

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l  「ガキの頃にな。母親によく聞かされたんだ。
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li   おとぎ話の、騎士物語って奴。
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l    小さい頃から、憧れてたんだ」
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////




         i: : .            /!        |  /: : : :| /    ヽ_
         |: : : : .          /i i |         / : :`―、 _i/ / ̄ ̄ \ \
       、 }: : : : : : . .        !: :\ ヽ __/  . : : : :/ ∨: : : . .    ` /
        ヽ: : : : : : : : : : . . .  |、: : : . . .     /: : ;\   ∨ : : : : : : : /
        / ̄| : : : : : : : : : : : : / ヽ : : : : : : : : / ̄ ̄ _\   !: : : : : : /
      /    |: : : : : : : : : : :/      i  ̄ ̄ ̄    r―=、 `ヽ i: : : : : /
    /      |: : : : : : : : :/        |               f:i  '/: : : :ノ     「……まさか、それだけか?」
_/        |: : : : : : : :〈  O       |            ヽ _ン  i ̄ ̄
            ヽ : : : : : : : \  ┌―‐|              ー,   \
 \        \ 「:i ̄   \ |   .|   u            \
   \          、|::|      \   |                   >                「……悪いかよ」>ベイ
    ヽ         !:::.、      /\」                   /
       、      ∨:、     〈  \      ∠____, ´
       i        ∨:ヽ      \  \       \  ̄`マ
       |         ∨::::\      \   \__   ヽ __、
       |          ∨::::::::\      ̄ ̄ ̄ ̄´       /
       |          ∨::::::::::::\     __>、    /
                   ∨ ̄\:::::\  /    /    ̄ ̄
                   ∨:ヽ i:::::::::>――‐'i
                   ∨ /::::/::::::::::!  ./

9467 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:52:28 ID:MIlQfJNE0
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 拗ねたようにそっぽを向き、歳相応の拗ねた顔を見せる少年からは、
 嘘の気配は欠片も感じられなかった。

 ―――本気でこの少年は、騎士への憧れだけでこの家に仕え、武官となったのだ。
 場末のチンピラが身の程も弁えず、などと笑うのは簡単であろう。
 だが、先日の彼の姿を見た私は、それを笑う事は出来なかった。

 嘲笑の代わりに出て来たのは別の言葉だ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



           ト'::::.              ,,. ''",,..-ニ´::\    /::::::::::..     〉
           |::ヽ:::..         r '"  〈:::::::::::::::::::::\ /:::;ィ'^ヽ:::::.  /
          ノ:::::::\::. /      \    \:;=―‐゛ヾ、V/   i::\ ノ
            〈:::::::::::::::\{:.         >、    〉           ,〉彡'
          ゝ::::::::::::::::∧:  __ /::::i   /          //:::〉
         /: ト、:::::::::::/ \ \::::::::::::ノ /`ニ==‐-ュ 、  ´,.ィ|:::/
        /: : /: :{::::::∨   ∨ `ー-'―''" ,,.=―‐ッy、   ノ レ' ヒi|´
      /: : : / : : :〉:::〈 o   ∧       ヘ _歹'      |`¨|   「……では、兵の皆と混ざって鍛錬する事だ。
       / : :  i: : :/ )::\   ,.へ                ', ∧    今のまま我流で磨き続けるよりは、
     ./ : : : |: :i  ∧::/\〈 ト、L                   ∨、 i    幾分かはマシだろう。
      i : : :| !: :∧  ∧   ̄ |  \                , /: :i|    流石に君には負けるが、私も案山子よりはマシな心算だ」
    _」: : : : !  ヽ'::∧  ∧    \   \         _,. -ゥ /: : :||
-― '"|: : : :\  \::\  \     \  \     /-―、7/: : : :||
      i: : : : : : \  \::\  \    \  ゛''t‐-,ト-―‐ ´/: : : :||
     i: : : : : : : : \  \::\  \     ̄`ヽ ̄  -― /: : : : :/|\__




                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l 
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /  「……おいテメェ!
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ    まさか俺の秘密訓練見てたのかよ!?」
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ U  _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 秘密訓練などという少年らしい響きに、思わず私は声をあげて笑った。
 少年は拗ねた様子でそっぽを向いてしまったが。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9471 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 10:57:30 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――その数日後、またも市中見回りをしていた私の耳に、路地裏での騒音が響いて来た。
 明らかに大人数が暴れる音に、慌てて私は路地裏へと足を向けた。

 ―――そこで起こっていたのは、軽い戦争だった。
 初めて少年に会った時に倍する、いや、それ以上の人数をかき集めたゴロツキが、
 少年を囲んでいたのだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



       / ト、」                  (_,.ゝ、
        /  |             \  jl      Иイ
     ミ′  ヘ    >一¬-ヽミ、ト、}∨レ{     ´イ
       |    ∨ / '" ̄二、\ \   ヽ {_/    /イ
      |l |    |  {   ァ≠ミミXヽ   ヽ-| |∠、   //
     ヾ|   --、|  |  弋_ o ヾト廴{j   イ j≦ィ /厶
       .| / ⌒Y| ノ   ̄`ー=彡_ ご,,厶/ /=、「/ <
    __ノ二い、 ハ {     ` ̄"´ f´ イ /ミ ン/
r===ィ冖  ヽ∧ ) ヽ|          | ト/<゚_ノ/´     「生意気なんだよヴィルヘルムゥゥゥ!!
\ /// r^'┐   l     _‐ /  `ニ"ノ        俺らと同じゴロツキあがりが、貴族仕えだぁ!?
  \{ / / // |     ノ∠ --、\     '          首輪付けられて犬になっちまってよぉ!!」
ヽ  \{ / {  ヽ   〃/'⌒ヽ__乙/   /
 ト   \ヽ ヽ  '. ヽ|∧ー-、 }/ /
 \\_ノ| ヽ ト、  !  ヽヽ- く_y' く\
\ l   |  |{ \ \   ̄`ーイ   \ヽ
  \ヽ ヽ | 〉  ` ーヽ __/リ    「人
    ヽ\ l |{ \    ノ ノ \    ノ| |




                    .... _
                 ´ ̄ , 、ヽ ` .、
              ., ´,.'ハ ソi|  ヽ ヽ  \
                 / / 从Ⅵii| i     ',  ', ヽ
            ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  ',  ', .i
             ,' i! ilj     レ' l.il__リ ii l  ', i   「くそ……テメェ、どれだけ人数集めやがった……!?」
              ,' ,イ.l | ≧_、  ,rlリェァミjl .l     .!
          ,'./.ll l.i.f<>''`)=ゝl!= イ!.!l l  i  i
         / ,'i .l:l从j`  ̄ ,...、   lj リ .li、 ! i .!
        / /l l! l:::::::',   ,.-== 、u l  .l:::i .! ゝi
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,j/::i i! l .ト}
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {:;::j/ ! .l .ノ
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ノ } .} ./
     _ __     _,. イ/{  .\    r= ''  !-レ'
   _/ミ, ヽ-〈 ̄: : { i///l   l .l  / l!    i///\
  //77ヽノ/∧: : : V//∧  i、`V  l!  .//////i }> 、
  l/////////∧: : : V//∧=-i7===7l///////./ /////> 、
  l//////////∧: : : V V∧ ヽ三7  //// ヽ/ /////////≧-,
 .j///////////∧: : ヽ V∧ |三|.////  / /////////////{

9476 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:02:28 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 今の彼なら歯牙にもかけない数であろうが、
 その時の少年には荷が重い数であった。

 私に出来る最善は、早急に味方を呼びに行く事だったであろう。
 しかしそのタイミングで、流石に数に抗し切れずに肩で息をする少年へと、
 リーダー格と思しきゴロツキは嘲笑を向けた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



       / ト、」                  (_,.ゝ、
        /  |             \  jl      Иイ
     ミ′  ヘ    >一¬-ヽミ、ト、}∨レ{     ´イ
       |    ∨ / '" ̄二、\ \   ヽ {_/    /イ
      |l |    |  {   ァ≠ミミXヽ   ヽ-| |∠、   //
     ヾ|   --、|  |  弋_ o ヾト廴{j   イ j≦ィ /厶
       .| / ⌒Y| ノ   ̄`ー=彡_ ご,,厶/ /=、「/ <
    __ノ二い、 ハ {     ` ̄"´ f´ イ /ミ ン/     「騎士ィ?
r===ィ冖  ヽ∧ ) ヽ|          | ト/<゚_ノ/´        ハッ、なれるもんかよ。お前にはドブネズミが似合いだ。
\ /// r^'┐   l     _‐ /  `ニ"ノ          どうせお前なんざ、その貴族の屋敷でも誰にも認められねぇで、
  \{ / / // |     ノ∠ --、\     '            便利な鉄砲玉扱いされて使い捨てられるんだろうさ」
ヽ  \{ / {  ヽ   〃/'⌒ヽ__乙/   /
 ト   \ヽ ヽ  '. ヽ|∧ー-、 }/ /
 \\_ノ| ヽ ト、  !  ヽヽ- く_y' く\
\ l   |  |{ \ \   ̄`ーイ   \ヽ
  \ヽ ヽ | 〉  ` ーヽ __/リ    「人
    ヽ\ l |{ \    ノ ノ \    ノ| |



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――その言葉が、二重の意味で癇に触れた。
 我がクール家をバカにされた事と、少年の夢を嘲った事と、二重の意味でだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9478 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:05:22 ID:MIlQfJNE0
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 そこから先の私の行動は蛮勇だったが、それを恥とは思わない。
 むしろもう一度同じ状況になっても、私はそうするであろう。

 私は即座に躍り出て、最後列で偉そうに講釈を垂れていたリーダーゴロツキを打ち倒したのだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                     /       <         厶=‐x 〉\
                   /  /    {!   \ ノ     {::::::::::::{/_ \
                       / /     ヽ≧‐一'"       /゚~`゙''V:::::::::`ヽ 〉
                / /         _>      /     ∨:::::::::::}'
               / /       /`ニ=ァ--一'"  ̄\   ∨::::::/
              _∠   ´         /::::::::::::::::::|        -ミ\  l:::/
           _\_        〈:::0::::::::::::::::::|         、 tメ ≧}/
              ヽ、  ー一'     ∨:::::::::::::::::::|        `¨  八                  ・ ・
             ゝ      -―  \::::::::::::::::|             \    「―――我が家中の騎士を侮辱する言葉、
             ⌒>――-- .._ z''"~ \:/\:{                >    断じて捨て置けぬ!
             /         `゚ <  L::::::::\      ,___   , ´
               /                 \ \::::::::\    \ー―‐ミ>/      我こそはジェレミア・ゴッドバルド!
 ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、___/               \ `<::::::\     ー一彳′      そこなヴィルヘルム・エーレンブルクの同輩にして、
            \   ̄\                  〉..  `<:::ヽ、 ´ ̄ /        クール男爵家の騎士である!!」
            \    \              /  `> ..,  ̄      {
/|             \    \         /\     `>、 __ ノ
. |               ∨    \         /\ \/ ̄ ̄
/                ∨      ヽ       ////\ ヽ_
 ⌒ヽ               ∨           //⌒ヽ/} //\
⌒ヽ }            }  r77ヽ     ///⌒ヽ }///  /
   }/              |  |////\_///////} //  /
  _____      |  |////////////// .//  /
_..ノ       /        l ////|∨///////,}  〉! ./ ̄ヽ__
        /         / /////! \/////〈  //| ′  `  \

9481 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:08:31 ID:MIlQfJNE0
 


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そして不意の援軍に動揺したゴロツキども。
 そのタイミングを、戦の申し子が見逃すわけはない。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



    厶イ≧<二二>ー、
..ニニ\/     ⌒ヽ  ー、
ニニニ>`    /〃//ハ iミヽ `ー=ミ
ニニ>    / / イ/イ  V/i Vゝー、
>`  .//   ′ /1:!  ゙:.:ハ  \
7厶イ/   /  /|! !   从.イi ヽ、_丶    「――――っづぉらァァァァ!!」
ニ二     イ i: /≧=:-、イ:f。:'i! |
ニニУ    ム!.:| `ゞ゚"` 乂 从:|
ニニ! 厶イ≧=i ||:.、_ _..:::ァ/ !ヘ!
ニニ!/ニニニニニニ亦アラ厶>゙/
ニニニニニニニニニニニニニ〃ニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニ,イニニニ≧=-
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=-
ニニニニニニニニニニニニニ≧=-ニニ-‐=ニ ¨ニニ≧=-
ニニニニニニニニ≧=--‐=ニ 三三三三三三三三三三≧=-
≧=--‐=ニ ¨  ̄ -‐=ニ  ̄ ニ=‐-三三≧=-二二二二二二≧=-         -、
ニニニニニニニニ-‐=ニ  ̄ ニニニニニニニニー=ミ二二二二二二二二二≧=-  >
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>、ニニニニニニニニニニニニニニニニ>         \          ≧=-
ニニニニニニニニニニニ≧=-⌒ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7                    /     \
ニニニニニニニ≧=-        ̄ ニ=‐-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>             YニニニY          i
ニニニニニ≧=-イ          \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、          リニニニニ        イ
ニニニニニニニニム            <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、        -‐=ニヲ__
ニニニニニニニニ /              `<ニニニニニニニニニニ≧=-───-‐=ニニニヽ、_       ̄ ´  `     i
ニニニニニニニニ !                      `<ニニニニニニニニ|          ヽ、ニニヲ     i|
ニニニニニ≧=-                    `<ニニニニニN            `-‐=ニ _  l||          i
ニニニニニ≧=- ̄ ヽ、_                  `<ニニニニニ、_                    リ          |
ニニニニニニニニニニニニニニ                   `<ニニニニニニニニ≧=-                  ∧
ニニニニニニニニニニニニニ/                     Vニニニニニ/                ヽ、_____ニニ7
ニニニニニニニニニニニニ./                      Vニニニニニ                 ≧=-ニニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニi                      Vニニニニ、       厶               i
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-                      Vニニニニニ≧=-─、
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-‐=ニ ̄                  Vニニニニニニニニニ7                 /
ニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニ≧=、           ̄ ̄ ̄ ̄|       >≧=--‐=ニ ¨  ̄
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニニ=‐-              、___/




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ヴィルヘルムが残り少ない体力を振り絞って、ゴロツキの包囲に突撃。
 その輪を崩し――――

 後はもう、二人して無我夢中だ。
 互いに合流し、背を庇い合うようにして武器を振り続け、
 程無くして全てのゴロツキは倒れるか逃げ去り、路地裏に立っているのは私と彼の二人だけとなった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9484 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:11:59 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 そして、互いに肩で息をする中で、先に言葉を発したのはヴィルヘルムだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




                        / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                        / l/        l     l    l lヘ        l  l  「……助かった、感謝する」
                       /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l
                       /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                        //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l
                     // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                         // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l
                    l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
                  -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l
               , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
              /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
             /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
            /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
          ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:





               く  { /  _二ニ==ミ   ヽ. ____      /
                   /\ ∨ /   __    V              /{,ィ
                  /⌒>ミ/`゛   /     ∨ /⌒ヽ       /{
               /  /  /  x:≦ ,.ィf「       ∨/ ヽ }        /
               \ ヽ '  レ' r弋リ′      〉  ノ    __/  /   「なんの。同輩の危機とあらば」
               ヽ∨{〈    ´            __∧         /
                ノ }/              「  ヽ     /
                 <_彡'                | i   \   /
                \     __,      ||   ニ=-―…
                      ヽ ´               j:=‐ ¨
                      ∧  ´        ,. <          ,.  '"
                    ∧       , <   \     /
                      .    /     //|   /
                      └‐一'"¨¨ヽ ////|  / '′ |\
                    ∧____//////,|: / /   |  \
                      /  V    \\/////|/ /    ‘,   \   |
                        {   ∨     ヽ \///′.′     、   乂_,.ノ
                     \   \   /∧ :}'/          \


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 言葉少なに返したのは、それで通じるというよりも単純に息が整っていなかったからだ。
 それに気付いたのか気付いていないのか、少年はもう一度私に礼を告げた。
 残念ながら、返事をする余力は一度目の返答で使い果たしていた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9488 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:17:02 ID:MIlQfJNE0
 


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 その一件から、私は彼を友と認め
 ――――自意識過剰でなければ彼も私を友として遇してくれるようになった。

 私は彼に礼法や文字を教え、
 彼は私に武芸を教える。
 ―――と言っても、武芸は教えるというよりひたすら訓練相手を務めて貰うだけだったが。

 同時にこの時期にメイド見習いとして家に仕えるようになった少女も彼によく懐いた。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



        ,-r⌒L⌒」⌒yヽ、
     _r─ノヽヽ,_ _,ノヽヽイゝ、、
    rヽ,/ /       `ヽイヽヽ,
   r` /  /λ   入、ヽ、 ヽy i
    'y r イ ゝ、i,  λ,_,.イヽ、  ヽ, |
   ∠/  /r;;=;;、i レ' r;=:;-, !ヽヽ、、i
    /  ,イ}. ヒ_! ´   ヒ_,! イヽ、 ヽ、
   / /くl""    .    ""{yイ\ ヽゝ
   i//{.人   ir ̄ヽ   ,イiy}イ´/ヽ!   「ベイお兄ちゃん、あそぼー!」
    //y}レヽ..、  _,ノ, イゝ|{yレV
    ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、
     r´y}「´ ̄`rt´ ̄ ̄フ  {y 'ヽ、
    /   > →しi←  く  [><]  ノ




                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l  「お前は休憩時間かもしれねーが、
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /   俺はまだ訓練中なんだよ!」
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ  U _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l



     i::.                  ,. -――- 、 ̄\
     ヽ:::..   ` ー‐-   ∧ 〈     __ ヽ  ヽ
     i }::::::::..\     i\! \_ゝ、  /::::::::::〉'   〉
    ゞ::::::::::::::.`..=‐- ゝ_     _ ノ \::/    /
      \:::::::::::::::::: 「:::::::::::/  ̄ ̄ \   7  /
  ,. -―‐ 〉-‐''"ー┤:::::::/     r 、 ヽ  / ''"
/´\ ハ¨7      レ1/       ヽム! レ/
   \\     〈:::::::i          ´ 「
     \\  i ∧:::::|          |   「単なる文字の書き取りですけどね」
      ,> \ l  ∧::!    _   _|
      /::::\ \   ヾ.ュ   `ニ`r‐'
     ./::::::::::::\ \,ィ今、 _ /
    /:::::::::::::::::「ヾ、 ||r 、!   ヽ
   /:::::::::\;;:::レヘ } ||/^|     \
 /::ト、::::::::::::::::::::::::::! ||:::::.:\    \
´:::::::::\`'' ;;::::::::::::::ヽヽ::::::ノi:\     〉

9495 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:22:09 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そして数年後。
 彼が武官としてクール家に仕え始めてからそれだけの時間が経ち、
 ヴィルヘルム・エーレンブルグは正式に騎士として叙される事となった。

 その事を一番喜んでいたのは本人だろうが、
 二番目は恐らく私であろうと自負している。
 三番目はメイド見習いから正式にメイドになっていた十六夜咲夜という少女だろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                            _,、_r‐、
                      ,. ' ´ / \/ , \
                    、_=彡   〈  ∧ i / ィ:.、 ヽ
                       \::::..  、_>ノ二., ̄"'ヽ! |
                    |::/∨  ̄ r莅、ヽソ,_ |::. フ
                         !::ヽ |        〈tッv'/
                       \〉∧      〉 !´
                       r‐┤ ト、\__,‐_‐ , '    「最高のワインを仕入れておきましたよ、騎士殿。
                     /i` ‐- .., ̄、 ̄ /― 、    貴殿の夢の成就を祝い、一杯如何ですか?」
         ,. -――――´‐'"/\ , ―、〉   ̄i〉\.  \
        ///\//////////// ⌒>/`「`「`7  /、   \
        i//////  ̄ ̄ ̄ ̄    )ヽ    」 // i\   \
        |/////           \i o /_/ '/  !    \
        |///     i  「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`r‐' r‐''"   |       \
          /|‐´       |   || ヽ _/)     `¨       | ..へ     \
      / 〈        ,,   || _/)\             レ':::::::::\ ___\_
     /  /     /    ||                 / \::::::::::::::::|




                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /  「……ハッ。ありがとよ、ジェレミア。
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ   お前に騎士と呼ばれるのは二度目だな。
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l     ―――覚えてるか? 俺がゴロツキ連中に囲まれてた時。
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l      あん時ゃお前、俺の事を騎士と呼んでくれたよな」
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l

9499 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:26:28 ID:MIlQfJNE0
 



               /     _      `'' =‐- 、
              /  ,.. -‐'":::::::二ニミ       \
            〈  /::::::::;::-‐::::::::::::::::::ヽ  \     \
          /ヽ |::::::/:::/:: ̄::::::::::::::::\  ヾ =ニ    ̄ ̄ 7
        ム_ヽ_!::/:::/:;;:'二ニ= z.,,:::..  \ __   _ /
         //::::::\r" ̄ ̄        ヾ::::...    ..:::::::::::::::::/
         〈 \:::::::::|            \::::::::::::::::::::::::::::::レ,
        `ヽ,\ ノi   ノ _ノ,.二=-‐'    i::::::::::::::::::::::::::::::/    「えぇ、覚えていますとも。
         / ノ〈=:、 く 'ー' ィ七广ラ`   V⌒ヽ:::::::::::::::::{,ィ     ―――貴方には嫉妬していた部分もあるのですよ、私は。
       ー‐'^L::::トtァ〉     ̄ ̄        <ヽ }:::::::/::::::::/      たかがゴロツキがこれほどの武を何故、とね。
           ヽ|¨ノ               ン/:::::/:::/:::/
                く              r ‐'、::ノ/:::/      ですが貴方が夢の為に磨き続けていた武を、そして夢を嘲られるのを
            ',               /   \;:彡'        見て、思わず……ね」
               ∧ Tニ=‐          /    |
               ∧ ´「 ̄       ,. '´     |
               }       !´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           ハ、_ヽ -― '" | 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
            | |:::::::::::::::::;/!_厂| | / ̄ ヽ        i
            | |::::::::::::冂  /  .| |/ / ヽ  〉      |
            | |:::::::::/ レ / /|   {   //         |
            | |:::::::〈 ト、  / |  ゝ  ´         |




                          /         ヽ  /           ヽ
                         /           ヘ、/ l           ヘ
                        / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                        / l/        l     l    l lヘ        l  l
                       /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l  「……感謝するぜ。
                       /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l   あの時の言葉がどれほど
                        //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l    俺の助けになったか」
                     // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                         // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l
                    l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
                  -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l
               , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
              /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
             /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
            /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
          ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:

9503 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:28:14 ID:MIlQfJNE0
 


                 _ -─ァ‐-,、__
              ,ィ'´〈   fr‐=ニ三≧、
           { __ヽ  |l /,.-‐=ミヽ\ニフ
             ,ィf/ ヽ\| ∠..,_  \ヽノ
          (  \/ ̄`"´    `ヽ /リ  「友の助けになれたならば、それは望外の喜びですね。
          〈У  )=‐- 、   _,z-= |//    ―――では我が友の夢の成就に」
         ー=ニィ´ rt:::ッミヽ},ィヒ::テラ ji/
          〈o ∧ `  ̄  i   ̄ '}
.            ∨r∧     }    /ノ
             ∨{\   r===,  /
           ヽl\\. `二´  イ__
.        | ̄ ̄ ̄ ̄\{ヽ._/|_   |ヽ
.        |       |二二Y二i}   | |
.        |_      | 「_ヽ| | f |   | |
--──< ̄    ̄`ヽ  ト、 }  | | l\___! |─-----‐==ミ、
             __|   ̄\\\  ∟ __ \    \
  \      / ̄ ̄、_     ヽ \\  __ノ}`ヽ      ∧




                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l  「我が生涯の得難き友に」
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

9506 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:30:28 ID:MIlQfJNE0
 


                ―――――「「 乾杯! 」」――――-







▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そうして飲み交わしたあの酒は、
 生涯三指に入る味であったと記憶している。

 同時に私が、誰よりも愚直に騎士を目指す友に恥じない騎士になろうと、
 改めて誓った日でもあったのだ―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9509 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:30:39 ID:MIlQfJNE0
小ネタ 了

9510 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:31:15 ID:MIlQfJNE0
と、まぁこんな感じで男の友情的な過去話。
コトリザバス様はお帰り下さい。普通に友情ですから!

9519 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:33:20 ID:MIlQfJNE0
たぶん、ベイとジェレミアの関係は、やらない夫とルルの関係に近い物があります。
と、書いてて思った。

9521 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:33:37 ID:MIlQfJNE0
>>9518
おいやめろ。咲夜さんが泣くw

9523 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:34:00 ID:MIlQfJNE0
と、小ネタが終わったところで次の内政安価いいかーい?

9534 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:36:39 ID:MIlQfJNE0
【安価 11:45:00から↓3つ】
今月2回目の内政行動。
今月は調整役効果でもう1回行動がある事に注意。


9544 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 11:45:00 ID:cA7/NKik0
巡察 メイン ジェレミア サブ 二代

9545 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 11:45:00 ID:uZudDiMs0
農業振興判定無し メインルルーシュ サブやらない夫&ルサルカ

9546 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 11:45:00 ID:G9x8k69o0
農業振興判定無し ルルーシュ やらない夫 ルサルカ

9561 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 11:57:25 ID:MIlQfJNE0
■農業振興風景■


             _
        /77/
      _/ i ムイ
      /ヾ、 /
    /   ソMMMM
.   /i___/ {二二ニニ=}  「すげぇ、すげぇぜこの新型鍬!
   /./  /   } 。 ´。Σ}    面白いように地面が耕せる!!」
.  //  {    ! ト-イ j 〈
 (/   ー<ミTヽ玉_//`>─┬、_
  `ー-、   i L_// ./ >├ー-、二ヽ、
      \  .  <  /  > || _,、  ',
       ヽ   >-‐' L .」レ   ',  ',
        ',  「o     Y i      ',  ',
         i  `i     .| .|     .}、ノ.ヽ
            |  |    i |.      ',  .∧
           |  .|    { i        T  }
         |  |     || |       ヽ)}'
         |  |     ||  |
         |  |     ||   i
         |  | , -‐  ̄` T}
         L⊥/      i
          i i   __ノ
             | .|  {
           i .|  .|




                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´   「新型鍬の威力は凄いじゃないかルルーシュ。
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、    玉城さん、アホみたいな勢いで地面耕してるだろ」
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|





       ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
     /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> 、
    /.:/.:.:.:l.:.:./.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:/.:.:.:l.:.:.:.:.:.ヽ
   ,.:.:./.:.:.:.:|/.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:爪
  /イ./.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.::/.:.:.:.:.:.トー-、.:爪
 '/,.:l.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:/.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:人.`ー 、VL',\   ,_,
 '  ,イ.:.:.:.:.:.:.:|//フ>く//V.:.:.:.:/ゝ、`ーム ゝ┴  ̄    \-、-、      「……えっ?」
   | |.:.ム.:.:.:.:|〃隹不 フ /.://≠―チ> 、_     ァγ ´/イ: :\
   ’ , l.:ll.:.:八ゝヒ角ムメ./.:彡´ テri一 ,.:.:.:.:.:.:.:lヽ ー " /| イ/: : : : : : \
   ' ,.:.ヽヽ: ヽ     '  l 〔角7 "/.:.:.:.:.:r ' ̄'__./  | 'V: : : : : : : : : :\
     l.:.:ゝヽ.:` U      /   ` //.:/.:.:/" ̄      Y: : : : : : : : : : : : :.\                        「えっ?」>やら
     从.:.:.:.:l>\ ____   ,.:.:/.:/V         乂: : : : : : : : : : : : : : \
   , ´//リ.:.! \   ̄ ̄ "  イ.:.:.|/レ'           ` <: : : : : : : : : : : : :ヽ
    //j.:.不  \    ィ ´.:.:.:.:|乂"                ` <: : : : : : : : : :.\
      / ⊂ニテニ> <ニ乂|乂                     ` マ: : : : : : : : :
       イ: : : :| |: : : : | |: :从       _____              ヽ: : : : : : : :
         |リ厄 | |: : : : | |う||__/ヽー ´      ヽ - 、       __ _V: : : : : : :
      人ク: : | |: : : : | |: )ル: ノ: : : : : : : : : /: : /: : : : ヽ―――≦: : : : :/: : : : : : : :

9567 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 12:01:34 ID:MIlQfJNE0
 

       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  「……玉城の奴、確か昨日地面に埋まってた硬い石を思い切り
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|   鍬で叩いて、壊してしまったんで旧型で代用してる筈だが……」
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ
           \      /   U   |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \




            , -‐- 、
                )}_
             , . : ´   ミ 、
             / :{: :    : i: \
           / :ハ八,: : ハ}: ハ: :ヽ:ヽ,
        ,ハ:{-{‐ \j 十{ | l │ .i|
        {小i ●    ● 从 | .i|   「良く見たら玉城さんの鍬、先端が三つ又になってない普通の鍬な件」
           ヽ|:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |) .i|
        (⌒ヽi:.ヘ、 ゝ._)   八/⌒i|
        ``y:| _ > __  . :介/  /.|
         /.:| |:(_ハ_∧/:::{ヘ、__∧ |
       ,<::::| |:/{::) \:::::/ヾ:::彡'. |





                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j    「……じゃああのアホみたいな勢いはどこから来てんだ」
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::                           「お……思い込み、とか?」>ルル
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,                            「思い込みすげー……」>ルサルカ
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

9571 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 12:02:59 ID:MIlQfJNE0
 

判定無し振興完了。
農業力が+100されました!



■リザルト■

【領地ステータス】―――――――――――――――――――――――――
|領主:やらない夫

|【所有財産】
|金銭:3690
|食糧:3000
|資材:1200
|【経済】
|商業力:1900/季
|生産力:2900/季
|工業力:2700/季

|【支出】
|金銭:1000/季(ルサルカ200 射命丸300 ジェレミア200 二代300)
|食糧:1600/季(軍備1400 チルノ200)
|資材:300/季(ルルーシュ100 エリー200)

|【軍備】
|第一部隊島津擲弾兵ヴォルフバイル:兵力425(※特殊兵科 食糧消費200 上限兵力500)
|第二部隊ラングリッサー:兵力345
|第三部隊グローランサー:兵力330
|第四部隊シュバルツシルト:兵力290
|第五部隊ステラデウス:兵力240
|第六部隊デモンベイン:兵力150
|第七部隊フラム隊:兵力150
|(正式名称:フラム系列の強くなる爆弾や、氷の爆弾レヘルン、変り種では地球儀やタルと錬金術は夢が広がりんぐ隊)

|【特産品】
|“至高のゴボウ玉”:毎季金銭収入+(600×2)
|“至高のゴボウ玉”:毎季食糧収入+300
|ヤムチャ領からのマージン(金銭+100)
|オレンジ(金銭+100)
|物産展効果(金銭+100)

|【治安/民忠】
|現在治安:75(毎月末のランダムイベントの質に影響します)
|毎月末に5ずつ下がります。

|【その他】
|学校施設with孤児院により、
|振興判定に+10%ボーナス、土地キャップ+500の効果が付与されます。
|備中鍬の開発により、土地キャップ+500の効果が付与されます。(現在3000)
| 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■交易レート(左がクール男爵領)■
金銭/食料/資材1 : 資材/金銭0.9 (ラオウ)
金銭/資材1.25 : 食糧1(ワルクヌェー)
金銭/資材1.2  : 食料1(ワルクヌェー・取引量1500以上)
■治安効果■
治安が一定値に達すると、ランダムイベントの質に加え、月末にボーナス/ペナルティが発生します。
治安100:グッドイベントのみの追加イベントが発生します。
治安80以上:治安向上により、貿易が活発化します。この状態を維持している限り、毎月末に金銭100の追加ボーナスが発生します。
治安40以下:治安悪化により、貿易が委縮します。『交易』コマンドが使用不能になります。
治安0:即座に商業力、生産力、工業力が-200されます。これは永続であり、治安0が維持される場合、毎月発生します。

9579 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 12:10:18 ID:MIlQfJNE0
では、次の内政安価行くよー

9582 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 12:11:51 ID:MIlQfJNE0
【安価 12:18:00から↓3つまで多数決】
今月最後の内政内容


9592 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 12:18:00 ID:uZudDiMs0
治安維持活動 メインジェレミア サブ二代&ベイ

ついでに今ホットな騎士様も入れておこう

9593 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 12:18:03 ID:XAVRBsgs0
巡察 メイン ジェレミア サブ 二代

9594 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 12:18:47 ID:YDe8vwRs0
>>9550
お祭り娘チャージ済んでるから、今回100にしてお祭り娘使えば治安100イベント*2だよ

というわけで治安
ジェレミア+二代 あと暇潰しに誰かいれても可

9697 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:33:46 ID:MIlQfJNE0
最近いろいろ支援貰いまくりである。
ありがとうございます。

9700 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:35:59 ID:MIlQfJNE0
あ、ちなみに本編開始前にアナウンスというかなんというか。

 汎用特殊能力は『条件さえ満たしていればだれでも取れる特殊能力』です。
 一方、固有特殊能力はその当人しか持てない固有の特殊能力です。
 基本的には『汎用特殊能力+α』か『それ固有の能力』を持っています。
 中には『名前だけ固有っぽいけど性能は汎用特殊能力』というものも御座います。

9701 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:36:29 ID:MIlQfJNE0
>>9699
おっぱいに埋もれて見えないというわけではないのかw

9704 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:39:14 ID:MIlQfJNE0
基本的には汎用スキル+αなんで強力です。
また、成長条件も汎用に比べて緩いのが多くなっています。

9707 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:40:21 ID:MIlQfJNE0
んーと、さて。
ジェレミア、二代、ベイの武官トリオで巡察かな。

9718 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:48:37 ID:MIlQfJNE0
■治安維持活動の光景■


                 _.. -, '  ̄ =-- 、
                 /     /´   }´,、 ヽ
                  ./     ./  i  liミi!  `、
                  / /     i   .i!.  l  リ  i }
               / /  / ,' !  .i!.!, l  .l i! i'
            / ;'  /  ,'  !  i二l_リ_  ,}ム.!:l
           ノイ  ./  .,'  l l i lェテァj }´ヾ_jリ }
           j:,' |       !:l i l`ー-''’ ` 、.l:リ  「この辺、昔は治安悪い区画だったのになぁ」
          ,.イl !   リ    トヾ`      ´ !l
         {( !} .l   / ,, i   .!   `ー=二ヨ’ !l
          `j! ノ  ./:/ .i!ヽ i: :!`    __    !j
           ({ ./i、   i!iリ、   ,-'i_ij ̄
           r´///∧     \  j\V>..._
         //⌒,////\     .',/ /i!.V///>..._
       __.l/ / V/////∧   //〉 /∧V//////〉
      /,-==ミノ∧: : V V///∧/',/〈 .〈//∧V/////





                   ,. < /    ヽ、 /   \_
                     /   /  x≦⌒i}/    -、 }
                 /   \  く'"´ ̄`~゙''‐、   ハ
            、_ /   ト、 __〉 / ―-、_  r。v'Z.ィ__}
            \    ミ≧__/ r茂ぅ、 ヽ / __ -イノ}
            ≦ ―- __;!   `¨    〈乏xノ/¨´
             ヽ_ \_{ r、           〉 ハ     「今ではすっかり様変わりしましたねぇ」
                  ⌒V   \_          ´V ノ
                   ` <_;"∧   ー‐ _ 一/ {
                  |  ヽ。.      {゚´
                  /777=zz..≧‐-  イ
                     ///////////>_ハ|
             _,. -=≦、\////{∨ ̄ /ヽ!
     ―=、一x 7///////∧ ∨//,7 { ̄ / i \
        ヽ、 ∨///////∧ ∨///}  { l  \____
             ', ∨///////∧ ∨///l  ヽ.       /_
              l  '/////////,L._////!    、 ____ ///∧‐- 、




                                 _/》
                          「{ ///::.
                       _ rfL厂Ⅳ {ア::',
                     /.:::.、::::::::.\\/::::∧
                     /.:/.::::: |:::::::::}:::.ヽ∧/.:∧
                  /.:::::i{::::::}::トムイ:::::::::V:}::/.:∧
                     イ:::::::|_ト、}ル' f仡〉::::::::::}ノ::::/.:∧
                   /}{::::::::{仡}    "ム.::::::ハト、:::::/.::::}
                    八::::::ミメ、 '_    '.:::::/マLム:::::::::::|  「むむ、拙者が来る前の話に御座るか」
                    ヽ::::ト、  ` ムrく| マn」::::::::::|
                    }ヾir ´ ̄∠|::::{>-==ミ:::::|
                    |∠ト /廴i|::::|ニニニニヽ!
                  /|廴{// Ⅵ::i|ニニニニニト、__
                   ノニi|/{∠   /';::|ニミiニニ/.:::ト、L_
              rfラく_=‐ ´y ´__ 二二廴,:|ニ\ト <{::::::|:::ト、L_
             rfラ::.`Y二r介=ヘ:.:.:.:.:.:.:.:| iリニニト、:::::::|\|:::|/  \
         r─<  }:/{:.:く/ニヽノ──‐ L 「\ / /::::::i|   ⌒ヽ   ー<二ト、

9726 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:51:04 ID:MIlQfJNE0
 


                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /  「あぁ、その通りだ。
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ  10年くらい前には俺がこの辺でブイブイ言わせてたり……。
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l    2年くらい前には、家出したルサルカの潜伏場所だったな」
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////



                    /.::.\
                   /.::::ムユ≧=ミ
                      {/.::::::::::::::::::::::::::.、
                     イ.:::::/.::::::/.::::::::.\:.\
                /r/.:::::{::::::: {:::::::::::|:::i|::::::.ヽ
               /⌒ {::::::::|ァ=ミ从:::::rヘ__|:::::::::::ト、
              /    |:::::::::fカ7  ヽfカ7}::::::::::i}::}
                    ∧:::::::::ト、      .'.::::::::::ハ!   「今ではすっかり住宅街ですな。
                     /ニヘ:::::「 ` ー - 人::::::::∧     まぁ、街の規模も数倍になったと聞きます故、
                 ムr‐ 一、!──‐ く  ト、:/::::.\    様変わりも無理無き事かと」
                   Lr─‐}\:.:.:.:.:.:.:ト、 ヽ::::::::::::::::.、
                 ///77/ \ > ´i} 」_\::::::::::::.\
                   ///////     ̄ ̄  ヽ._ハ ヽ::::::::::::::.\
               //////.´____ ヽ'__ ヽ \::::::::::::::.ヽ
            ∠二}///f {──── ァ‐v=ミ─‐';   }:::::::::::::::::.\
          ∠二}:::::.∨ニニ}:.:.:.:.:.:.:.:.〈::r介!:::〉:.:.:.:}  ヽ\:::::::::::::::::.
            ∠二}::::.\/|厂 ̄i|───..イ.:::ミ='─.ノ   }:::::ト、:::::::::::::.',
        ∠二}::::.ヽ/ 廴r}_/≧=── 'ミ =─ く〉     |:::::| \:::::ト、:.
      /   ヽ /       ∨///L  |  |  | | ト、     ::::|   ヽ:| ヾ、

9732 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:53:06 ID:MIlQfJNE0
 

                        、_  ,. -ァ―‐…  、
                          }ト、  `ヽ { ̄ ̄ ̄ \ \
                       / / ̄ ̄ヾ ___    \ 〉
                         {: く  z:=ニ`V三三ニ‐   \__
                       ト、__〉 V'"⌒ ゙'' <三ニ=- ≦ィ
                        }\__/ \_    `ヾ_三二ノ},′
                        ト、 r‐、 tf拆、ヽ fぅ'´ r:、__ /}  「まぁ、懐かしき歴史ではありますね。
                       ゚. }_   `¨ ´ , イ , =ミァ 、\-┐ 10年前の方は特に」
                           _`} i       / ∨`¨/ ,、\∨!
                      ,ィラ//∧    /j   {__ノィ⌒ヽ、 ヽ
                         ///::::{ ∧ `  ..´_,   リ`¨ ̄\    }
                    _.///:::::::ヽ._∧ `゚   .。イ∧    .}   |
                 -=ニ ///i::::::::r{::/r ^=‐ ≦:ィ:::|'/∧、  |   | /}
.           --―  ̄    ////|::::::∧〈/ .:  i Ⅵ」}::::!'//∧ニ=‐ゝ.  ∨/!―- 、
       { 、            /////|:::::::::// .:  l ';|!::::::|'///∧ _.「/ // , ´ }
       | \        .//////|=='/ .:;   l  'ト==!'////∧{___ //    /
.         |    ヽ     //////ハ:::::/ .:/   l   ';::::::|///////{: : : : : {     /
.        |        ./////////∨ .:/   !   ';::::!///////| : : : : :|   〈
          | /       ./////////// .:′       ∨///////|: : : : : | //
         ∨ /    //////////,〈__{_厂 ̄}`ヽ   }i///////| : : : : :|  ./
        ∨   //////厶―-、//\_ノ   {:. ノ__/l|/ ̄ ̄/: : : : : :| /




                 _.. -, '  ̄ =-- 、
                 /     /´   }´,、 ヽ
                  ./     ./  i  liミi!  `、
                  / /     i   .i!.  l  リ  i }
               / /  / ,' !  .i!.!, l  .l i! i'
            / ;'  /  ,'  !  i二l_リ_  ,}ム.!:l
           ノイ  ./  .,'  l l i lェテァj }´ヾ_jリ }
           j:,' |       !:l i l`ー-''’ ` 、.l:リ  「ま、お互いにな」
          ,.イl !   リ    トヾ`      ´ !l
         {( !} .l   / ,, i   .!   `ー=二ヨ’ !l
          `j! ノ  ./:/ .i!ヽ i: :!`    __    !j
           ({ ./i、   i!iリ、   ,-'i_ij ̄
           r´///∧     \  j\V>..._
         //⌒,////\     .',/ /i!.V///>..._
       __.l/ / V/////∧   //〉 /∧V//////〉
      /,-==ミノ∧: : V V///∧/',/〈 .〈//∧V/////
    ////∧///∧: : '., V///∧  V∧ .}//∧V///l
  .///////.∧///∧: : ',/ 二ニニヽ }/∧レ.ニニヽV//l
  {//////////} ///∧: : V////∧V///i.|///∧///l

9735 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:53:44 ID:MIlQfJNE0
 
 ―――巡察活動、完了。
 治安が+25されました!

9738 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:54:51 ID:MIlQfJNE0
 

【領地ステータス】―――――――――――――――――――――――――
|領主:やらない夫

|【所有財産】
|金銭:3690
|食糧:3000
|資材:1200
|【経済】
|商業力:1900/季
|生産力:2900/季
|工業力:2700/季

|【支出】
|金銭:1000/季(ルサルカ200 射命丸300 ジェレミア200 二代300)
|食糧:1600/季(軍備1400 チルノ200)
|資材:300/季(ルルーシュ100 エリー200)

|【軍備】
|第一部隊島津擲弾兵ヴォルフバイル:兵力425(※特殊兵科 食糧消費200 上限兵力500)
|第二部隊ラングリッサー:兵力345
|第三部隊グローランサー:兵力330
|第四部隊シュバルツシルト:兵力290
|第五部隊ステラデウス:兵力240
|第六部隊デモンベイン:兵力150
|第七部隊フラム隊:兵力150
|(正式名称:フラム系列の強くなる爆弾や、氷の爆弾レヘルン、変り種では地球儀やタルと錬金術は夢が広がりんぐ隊)

|【特産品】
|“至高のゴボウ玉”:毎季金銭収入+(600×2)
|“至高のゴボウ玉”:毎季食糧収入+300
|ヤムチャ領からのマージン(金銭+100)
|オレンジ(金銭+100)
|物産展効果(金銭+100)

|【治安/民忠】
|現在治安:100(毎月末のランダムイベントの質に影響します)
|毎月末に5ずつ下がります。

|【その他】
|学校施設with孤児院により、
|振興判定に+10%ボーナス、土地キャップ+500の効果が付与されます。
|備中鍬の開発により、土地キャップ+500の効果が付与されます。(現在3000)
| 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■交易レート(左がクール男爵領)■
金銭/食料/資材1 : 資材/金銭0.9 (ラオウ)
金銭/資材1.25 : 食糧1(ワルクヌェー)
金銭/資材1.2  : 食料1(ワルクヌェー・取引量1500以上)
■治安効果■
治安が一定値に達すると、ランダムイベントの質に加え、月末にボーナス/ペナルティが発生します。
治安100:グッドイベントのみの追加イベントが発生します。
治安80以上:治安向上により、貿易が活発化します。この状態を維持している限り、毎月末に金銭100の追加ボーナスが発生します。
治安40以下:治安悪化により、貿易が委縮します。『交易』コマンドが使用不能になります。
治安0:即座に商業力、生産力、工業力が-200されます。これは永続であり、治安0が維持される場合、毎月発生します。

9740 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:55:22 ID:MIlQfJNE0
さて、では戦争のお時間で御座る(wktk)

9745 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:57:34 ID:MIlQfJNE0
あ、ごめん。
そういえば治安100になったの初めてだけど、
これって『治安100のランダムイベント』+『グッドイベント表1回』って意味なのよ!
お祭り娘切られても『治安100のランダムイベント2回』+『グッドイベント表1回』になるわ!!


9746 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 20:57:45 ID:0z0PigHA0
三年で数倍の規模かぁ……いまいち想像付かん


9750 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 20:58:50 ID:MIlQfJNE0
>>9746
だって産業規模見てるとそうとしか……

9756 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:00:04 ID:MIlQfJNE0

さてでは殴り合いのお時間です。
今月は奇数月なので1人×2だけだね!

9760 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:00:31 ID:MIlQfJNE0
 

1.【ベイ(10)】
2.【咲夜(8)】
3.【シュテル(8)】
4.【チルノ(6)】
5.【ルサルカ(12)】
6.【ルルーシュ&ゴボウ玉(ナナリー)(8)】
7.【射命丸文(6)】
8.【ジェレミア(5)】
9.【二代(5)】
10.【エリー(2)】

【メモ:合計コミュ回数71回】



【安価 ↓12】


9772 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:00:52 ID:xMT.337.0
咲夜さん

9792 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:02:38 ID:MIlQfJNE0
咲夜さん了解。
さて、どんなイベントにするかな。

9800 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:05:19 ID:MIlQfJNE0
咲夜さん関連で見たいイベントを言うが良い!
まだ>>1、眠気が抜けきってないので思い浮かばぬ!

9818 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:08:56 ID:MIlQfJNE0 [90/102]
①女性陣相手に惚気話(ない夫:俺の出番が……)
②結婚式に向けて
③咲夜さん学校へ出向く

【安価 ↓5~7】
多数決。同数の場合は1個下も含む。


9823 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:09:24 ID:O3WOwwN60 [9/14]


9824 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:09:24 ID:9mZqqjd20 [12/14]
②結婚式に向けて

9825 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:09:25 ID:Bz9fJSXY0 [2/10]
3

9851 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:15:21 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――コミュ 咲夜

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

9856 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:17:48 ID:MIlQfJNE0
 

                             iフ-┐_xz _
                            ∠ヽ} 八 〔 {`ノ`/  X
                          ー/`/   / ヽ~ヽ{ノ く__ \
                          /  /´ {       ヽ ノL_  :
                      〃  〃 ∧-、| {  i|   \ k| }} :
                         /   /{  { ム i| i| ム _ /   }-フ〃 }
                      {    /´|  乂/´ | / | `ヽ/  |/ /      「やらない夫様。
                        |    心|Nム`乂i /    /  i      こちらが新しく出来た学校です」
                             {八∧ゞ゚ |´ 芹ミ刈  イ   /
                       /ヽノ´厂 {     ゞ゚/ / / /{ /
                         フ{} フ |/´ \ー _-=≦ / /_/ 〃
                       }/ /`  x≦}ニノー~ー┤ 人/人
                    |i(_   } /_ ゝ.iヽ:.\_ _ヽ{ }:{ ィz
                         〃  `ヽ_ゝ_ヘ:.ゝ-=ニ:.「  〕
                        ∧      } 〉:.:.:.:.i:.:.:.「-〔 ヽ.
                        / }      ゝ:.:.:.:.:.ノ:.:.:/-/   ′  _
                          /      _   /:.:.:.:./:.:.:/´ _  /ノレ'/_
                      _`ヽ. x≦-==}:.:.:.:.:':.:.:.人‐-== }   彡
                   _   } `八 /-==≠:./.:./:.:.:/  |  {/ , ノ
                  _ ノ ,ヘ〕-}/ヽ ∧ }:.∧  ∨:-=≦ノ__|_  } /
.                r Y´ r~   ∨_/ ノ-=ニ    ト-=v´     ヽ/
                マ_ ゝハ    _〉-=ニ       」 」  L._      /
                 x≪∨ ∧        _ -=ニ二~ }_ 人_   ∨
              x≪ ヽ  >.  `ー一 / {      〃:.:.i|     >
              zt/ \マ __,ノ  人- z-=ニ/:.:.:.:}ヽ.  /     .x ヘ.へ
.       / /  xz´  _.,x<__   ノフ /   ノ:.:.:.:.:.|   ヽ_  -=≦:.:.:.:.:.ヽ. 「_
    / / _x   <.       7´: ̄ ̄:`ヽ/:.:.:.:.:.:.∧   \_ -==ニ二L ヽ.
      / Zノ~      く>、 _ x≦ ̄:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.∧___     /:.:.:.「ヽ_\



                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |     「おー、改めて見ると感慨深いだろ。
                   /  二 ヽ、V   ト、_____   まぁ学校っても首都にあるみたいな高等教育用じゃなくて、
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、10代前半程度の子供相手のもんだけど」
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|

9862 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:20:50 ID:MIlQfJNE0
 

                  /:::::,ィ::::-:、::::::\::\ __
                /:::::/:::::::::::::::::ヽ:::::\:::ヽ } ヽ、
              ,::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::,:::::::ヽ:::∨ { ,!
           ,::::::::::/::::::l::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::,:::∨-'}
              ,:::::::::/::::::::!:::::::::::l::::::::,:::::::::,::::::::::,:::l ,イ
           ,:::::::::{::::::::ハ::::::::::!',::::::',:::::::::,:::::::::l::|-' l
             l:::::::::|::::::::|  ,::::::::| ヽ::::ト、::::::,::::::::l:!-'ノ
           |::::::::|::::::/ ̄ヽ::::::! ´ヾ::j ヽ:: :::::::::!ゝi}_
           |::::::::| ,ィテ心  ̄  ,イて心〉リ!::::::::! / (   「とはいえ、そのような学校でもあると無いでは雲泥の差です。
           |::::::::| 弋z(ソ     弋z(ソ  l::::::::{ ゝ_ア   大抵の都市では知識人が私塾を開く程度がせいぜいですからね。
           |::::::::ハ       ,         ,j:::::::,:!        ―――ようこそやらない夫様、お待ちしておりました」
           |:::::::|  、      ,     ,.イl::::::,:::!
           |:::::::|  |:`:.、   ̄    ,.:':::::,:::::,:::::|
           |:::::::|  |:::::::::> ._ <|:::::::,:::::/::::::!
           |:::::::|  从:::/:}       !-、:l::::,::::::::リ
              ',:::::{   /:.:.ヽ    /:.:.}::::,:ト,:::::{
        , -―ー!::::l ' ´ ヽ:.:.:.:.\/:.:.:.:/:::::l、 l:::::!
         /     !:: |    ,\:.:.:.:.:\イ l:::::l ` ー- 、
     _{       !:::|  /:.:.:.:\:.:.:.:.\ !::::|       `ヽ
   ,.-///|      l:::| /:.:.:.:./  \:.:.:.:ヽl:::リ       }
  //\//|   l _lリ:.:.:.:,..イ      \:.:.:.l:/:.、        !---、
  /////\!   〉:.:.:./-´、--.、      _\/:.:.:.:\,____|///>Y
 ////////>、r-ハ_/-、{  / 从、__/ソ / ー-/O/////////// ∧
,///////////// ̄O}、: ヽ `- 、_/_/,イ: \{`ヽ/////////// ∧
///////////////  !: : : \l  l 7ハ/: : : : : :l ////////////// ∧
    【学校教師 ミミ・ウリエ・フォン・シュヴァルツラング】





                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |
             (__人___)     |  「おう、先生。学校の調子はどうなってる?」
             '、        |
          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|

9872 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:24:30 ID:MIlQfJNE0
 
              _,..::::::Y:::::....、
              ,.::::::,::':: ̄::ヽ、::::\
              ,:::::/:::::!::::::;:::::::\::::∨ ̄ヽ
          ,:::::/:::::::/{::::::::,:::、:::::::、:::::.ヽ {_)
           l::::i:::::::/ |::i:::::!::::',:::::::|::::!_/ /
           |::::{:::::j-、 |::l::::j-l::ト、_:j::::|_/
           |:::::|ィチ≧、 ̄´ィ≦圷::::::!
           |:::::|弋(ソ   弋(ソ|:::::::|  「今のところは上手く回っていますよ。
           |:::::l     '    |:::::::|   困り事は少しばかり元気な子供が多過ぎるくらいで」
           |:::::l::..   ー ‐  ,..:|:::::::i
           |:::::; l> . _ . ィ:::::j|::::::;
           |:::/ j::::::l  _斗、:i |:::::;
           |::{_,..< ̄!/  ,. -ヽ!:::,'
         ,ィ|::|  /li i',//     !::{`ヽ、
            { !:!/i∧r-、_    |::|   ,
       //{从:l //r、</l 从、_  jリ   l __
        //\' /、从x{i i| ̄\フ}/_,..-7´/}
        ///{O/:、/ l l /!i i}//77/////////∧
     ///// {: : \/: :ヽ/_////////////// \
     /////} ,|: : : : : : : : :| >///////////////∧
     ////ノl /!: : : : : : : : :! {+////////////////∧
    ,'///∧ /:|!: : : : : : : : | >/////////////////∧




           }>  ---ラー --    、>ヘ,
        /X´/    {        \」ヽ
       /  ヽ/      ハ         ヽ´ヘ
       >ヘ/ /     | i   ヘ       ハ/__>
      r´ / /  /   |_ i    ヘ    ハ  ヽ_{
      {>´/ /  /  ii | ヽ  i  \   }  ト \_
    /く_/  i i { ム从i   \{\≧\i  i ハ>┬ ´
.       i  / 人 ヘ<{∧ラハ    仆テ∧>} ィ  i┘ハ   「子供ってなんであんなに元気なんでしょうか。
      ノ ノイ  ヽリ 弋_ソ    弋_ソ レ从iリ  ハ    体内に永久機関でも搭載してるのかというくらい、
      {/ノ\{\ ム      '      ハ /レ i iム     毎日走りまわってますよね」
      ノイ ヘ >ハ           〈 Y 〉 イ /i リ
        人i> ´ノ/ノ、   ゚    /< Y 〉 イ ∧{
        / イ//〈 >   __  イ  〈 Y 〉リi/
   _ -  ´  ´ <〈 Y 〉 /i      ト从〈 Y 〉/{
 /        ソ〈 Y 〉   リ、   /   〈 Y 〉 {--t
/       ノf--イ}>=<{__ \__/  }>=<{ 〉 ヽ
|    r - ´/  ム{ |ノ } ̄ ーt┼r ´  ̄ |_ノ 「{   丶
.    i  /   7  /: : |:::::::::::::}:::::{ :::::::::{: : | └t   ハ
    i/    }丶/: : : Y:::::::::/i-i丶:::::::::i: : ヘ/ {    ゝ
    i     r┘y: : : : :i:::::::/:::i: :i::::\::/: : : ハ 」    ´\
    i     ヘ /: : : : /└´::::/: : i::::::::\: : : :ハ/       〉
    i     λ: : : /::::::::::::/: : : :i:::::::::::丶: : : :}      /

9878 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:26:26 ID:MIlQfJNE0
 

                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    .| :::::::::::(●).(ー )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /  「まぁ、そこが子供の良い所だろ。
                   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /    咲夜さんとベイの子供が出来たら、
                 .| :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /      やっぱりここに入る事になるんだろうなぁ」
                 | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r




                ,.ヘー'´  i `´/  `i_
            /ヾ、 ヽ、 i /   /ヽ
              _ィ、〉   > ´ ̄  ̄ ` く  ,ゝ、
          }、 ,>'´           ヽ./`ヽ
          ┌! / /    /  i ヽ    ヽ ヽ   }
            Y  /     |   ハ  i     \ ',__,.ゝ
         / __/   , イ |  ./ !  l .i\ ヽ、__>そ     「ぴゃいっ!? そそそ、そうですね!!」
         ̄7,ノ__, イ!ノ!_⊥、/   | !_⊥_ ヽ、___ \ そ
           |i! ヽ イ'´,!‐ナメ   リノ, 十ト`|ノ、! 丁´
           | ! 〈Y 〉, 'i´`j     "i´ `iヽ, i| ,|!   _
         ,/ l  〈Y 〉バ__ソ     L__ソ /.ノ|ハ,  _ヽ)
        〈 ハ,. 〈.Y〉、//// '  /////〈X〉 ハ   ヽ)
         ル!ハ  〈 Y〉ゝ' ´ ̄ ̄ ` く 〈Y〉y'|!
          __,ノ レ'ヽハ〈/             \}'´ ̄`ス
        }ィ´ ̄ ,べY                   Y`i ァ'ヒ
         / ,〉// , 、ヽ             /_`ヽi弋\
       /,ィ'ん、! '´__ ヽ             /´__,.` ',j´ ヽ
      / `ヽ、 /!   __`ヾ!           レ'´ _,.  !   ハ
    /    ィ__!  ___`フ         /  ヽ二  /7    ',
   /     j  !   ヽ      / /    /  / }    〉
    ヽ、   冫 ヽ__ュ_y\    /   /     /ヽヘ/    /
     \'´` `}ー-、_,ゝくi ヽ、 ____ ,. イィ_,、  _r'  __/
      `>ャ,>Yー-‐'^ |ニ=ー-   ー-/  `^7二ニゝ'
          l !     |           /    }   /
       .f´ ̄l/      |          i     y /-、_
         | ┌ヽ.     / `ー-='´ _|     /`   \
        | ,ゝ,ハ  /         ´,ハ   /〉       ヽ
      / ,K_,. ` ´ヽ、        / ` ´_ソ ヽ     /
     /// i )  i         / /  _ソ  i ヽ   /
    / /   i `ヽ `Y      / /  ‐弋  i i  ヽ-'
 /  /   ,i  ノ ヽ         、_,ゝソ´   ! !  ヽ\

9895 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:29:54 ID:MIlQfJNE0
 


                   , - 、 _
                イ⌒}   Y / Y  ̄ Y⌒ヽ
              ,rク Y, -  == ≠ ==  - 、/ ̄\
              / ヽ イ               \ー―ヾ
           r―< ./ /                 ヽ__人
           |   ./  /        ト、        \  _\
         ノゝ/    /     |     |ハ  i!        ∨ _{
      / ̄/          /|     | i|__ト、  ハ   ∨ /ヽ
     ./ ./         /_/ i|     | i|  ハヽ  }    ∨ _}
     r.イ     /     ./|i/  |,イ  l | i} ./  }   i|    ∨ ヽ
    / イ   /   {  / i|'   i| |   ハ i| ,.ィ≠=ミ、|  リ       ∨ノ   「や、やっぱり初めは女の子が良いのかしら。
.-=≦≠ / / .イ   i| / 二二, | / | |" frハ  》  /   }     \     あ、でもベイは男の子の方が喜びそう……。
    └/ イ  i|  八/./ frハ. ヾ|i/     乂ツ / ./ i|  i|     \. \    いやいや、でもやっぱり女の子にお料理とか
     ./イ/|  |    ヾ《  乂ツ        ー= './ ./ i|  リ     ハ≧=-    お裁縫を教えたいし……」
   /  / i|  .八  ト、八ヾ _ ノ          /イ}  リ /   \  \
      ./ 八./ ∧ i! \ \       ′ ////  ハ/ /  |i  \ ハ
     / //  / ∧ト、 }‐一////          u /} //     i!   ハ   |
   / /   {   / ヾ|ヽト、:ヽ      _    イ| 〉∧  |  ハ    /}  i!
__/ イ|     |       \ リ  >      ` ./| リ ∨/} /l / }  ./ i| /
 ̄  .八  /ハ  /   / 《∧   |   }>  イ   |//.∧〉 ./ j./  .八/  j/
      ヽ{ { \{   i{ ハ∧  iト、 |      |ム《_/イ__/_  //  /
          \八〈Y_〉 ヽ.八 〉.j _  __ ノ:::::::f:》:::::::::/                         「あ、駄目だこりゃ」>やら
   __      r―f /--,  /   フYヽ 〉:::>=ミ、::::{       _
 〃: )_ ≧=-   ヽ:::ハミ/_≦     /_水¨} }::/ノ }ヾ:ノ    -=≦ ={`ヽ
 {{: :{   `ヽ     ̄ //リ ̄ヽ    //:::|::ヽ\ /_ノ    ̄ ̄         |: :人





     /::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\::∧ } (__,ノ
     ,:::::::/::::,' ::::::::::|::::::::::::::::::、::::::::ヽ::::::::l_ノ{-'XX /
     {:i::::i:::::;!:::|:::::::::!::::::i::::{::::::::',:::::::::}:::::::{/Tlー r'
     |:|:: |::::!:::_|::::::: i :::::|::::ト、:::::::',:::::::|:::::::|:::::} {ト、|
     |:|::::!{::i::::}|`ヽ::l ,::::|::::|,.斗'´リ::::::!:::::::!::::; \!_    「……新婚さんですか?」
     {:l:::从l下芹圷   ̄ 丐芹て下:::::li},':!  ((_`
     リⅥ::::! 弋z(ソ     弋z(ソ |:::::::|/:::.  `´
        |:::{            i |i|  |::::: j:::::::::,
        |:人 u              |:::::;'::::::::::::,                              「遠からずそうなる見込みです」>やら
        |::::::|>  r― '´`ヽ  ,..ィ:/::::;'::::::::::::::::.
        |::::::|   T_>ニニ´<r--/:::::ハ:::::::::::::::::、
        ,.|::::::|-{ ̄i {-'    /  /:::::/ ̄ヽ、_:::::::}
     / |::::::| ∨ ∧    /  ,イ::::/    7///\
    /  |::: リ  \ \. /  / l:::/    //////ハ
 ///`ヽ. !:::/    \ \ / /::/    ////////}、
´///////ヽ:::!r-从/ィ,/\ \ l::/r-、ァr////////// \
//////////ヽ}イ{ミi/  / \ \:从///////////////\
////////////\´ ,/:\/ ヽ_o}////////////////// ヽ

9918 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:34:03 ID:MIlQfJNE0
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1342441970/



                 __/ {, --'―' ̄` -、ノ \__
                /´ |/            \/ \
               /ヽ /                ヽ、__人
             >、/      /|\         ヽ、 この感じ……
               `7     / |  ヽl\
     ピキーン!!   /    ,イ /  |      `ヽ、      次スレね!!
____∧,、__,/     / レ'        ヽn\       _ _______
 ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ̄ |    /ヽn.          |::|〈 \     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            |    イ  |::|         |::|〈, Y ゝ、
             l   /Y}  |::|        `' 〈 Y ノ ヽノ
            レ|/〉vj   `′         〈 Y,〉 i
               〈Y {                 〈,Y 〉!,ハ

9927 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:36:44 ID:MIlQfJNE0
 

                   __
                ,..::´::::::}::、:::`ヽ
                 /:::::,::::::::::::::::\:::\‐- 、
               /::::::::/:::::::::::::::::::::::ヽ:::::,___>
                /{/:::::/:::::::::/::::::l::::、:::::、:::∨〉_テ=-
           /:::::,:::::::l:::::::::/|::::: lヽ:::ト,:::}::::ト、/
           /:/:::!:::::::下≧、}::::::j ≦矛 !::::l_}
         /:/:::::|:::::::::|弋)ソ  ̄ 弋)ソ { l::::l_!
        /:,.イ:::::::|:::::::::|     ,     八::/|   「あぁ、成程。まぁ、めでたい事ですね」
      /´ /:::::::::∧:::::::{ヽ   ー ‐  ,イ/::/_|
         /::::::::::/::∧::::::', l> _ < /::/三!
          /::::::::::/::/ _,、:::::ヽ、  /:.:>{::/l三l____                 「おおお、おめでたなんてそんな!?」>咲夜
        `ヽ/rr==--r--、-:::-、二ノ:::::::::::::、::`ヾ- '
       /////}  /´ ̄ヽ }:::::::::}_}::::_,..-、::ヽ}、〉_
      /////<   {    } l:::/:.:.:}  ̄l三 !し'///`ヽ、  「しかしもう駄目ですねこの人」
       ///////=ノ  |- '、´_!/  ヽ:.:.〉//三 |/////////\
     ///////<   !: : :\  /: : \ -l三ニ!///////////\
   /二二ヽ////\  l: : : : :`:´: : : : : :ヽ,::―:、l/////////////\
   {    ` ー-----': l: : : : : : : : : : :,..}- 、}:::∨_////////////\
    `ヽ、_       j: : :.|: : : : : : : : : {::, -―::、:::\ ///>'´二二二ニ二ヽ
         \   ,: : {: !: : : : : : : : : と_ノ⊂二:`ヽ:.、:::::ヽ´       ノ
          \_/: : |: |: : : : : : : : : : : l 三三 }::/::::ヽヽ::} ヽ  _,.. - ' ´
              /: : :/: |: : : : : : : : : : : l 三三 |、::::::::::} ヽ!_ノ ´
          /: : :/: : l: : : : : : : : : : : | 三三 | `ー ' \__)
          /ヽ_/: : : |: : : : : : : : : :.:.:| 三三 |: l /:.:.:.:/





                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j   「すいません、普段は完全で瀟洒なんです……」
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,

9939 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:38:36 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 コミュ 咲夜 終了

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

学校視察も無事終了しました。

9942 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:39:54 ID:MIlQfJNE0
さて、成長安価とかは新スレでやるよー。
こっちは埋めちゃって下され。

10000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:43:13 ID:nspyh13Q0
>>10000ならシーマ様が幸せになる

8 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:41:02 ID:MIlQfJNE0
 

咲夜さん成長


①能力値成長
②スキル成長(既定)
③汎用スキル取得(情報)
④汎用スキル取得(内政)
⑤汎用スキル取得(武勇)



【安価 ↓5~7】


13 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:41:13 ID:1YWssuYU0


14 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:41:16 ID:9mZqqjd20
2

15 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:41:17 ID:kZfCdfNU0
2

22 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:42:05 ID:MIlQfJNE0
え、なにこの統一感

24 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:42:59 ID:MIlQfJNE0
 


                    _┌-t´7ソ7ゝ、
                  z-tXニf--´>- 、フ八
                 ゞィ /  ` ̄ ´    \>-<ヽ
                 }> ´           ムf- }_ヽ
             __ イ /    i   i i  i    ハ=〈 ハ
                ̄ 7 / i|∧ /i A i  i   ハrソ ヽ __
                 i  i i iィム∨ リrチム  i  リ}-〈 i-ー ´
                 i ィリレハラテ   弋ソ  /ソ从.fツii
                 i/i i ハ ゞ ,   /イ /i/リ / 从|
                  リ ハ ハ   。  //〈Y〉レ-、
    ∈ 三 ∋         レi〈Y〉 ≧  -ィ/ソ`〈Y〉 ハ
   r=ト==red=イi         〈Y〉リィ--t  /_ 〈Y〉   ハ
   {{ .i     |         〈Y〉´} ヽ=≠´ }〈Y〉     〉
  >人________人ー 、      〈Y〉 /ソ-〈 __ソ::〈Y〉-- 、/
 ゝニニニニ二ニニニ丿     }>=<{ん|::/ |:::::::::}>=<{--v〈{
    ヽ --ー- 、 ヽ       |ノゝイ:::{rz|::::::::::::|ノ /:::::::|
           ヽ  \  /  /λ:::::::::::::::::/  /::::::::i
            丶  -  /   ゝ:::::::::::/  /-:::::::fz
              `   ´      |::::::::/  /::::::::::::::::ヽ
                       〉:::/  /-ー:::::::::::::::>
                       ゝ/  /:::::::::::::::::::/ ト、
                ____rソミ/  /ー----<ィ´:::::::::ヽ
              にY:::::::::::::rソ//  /       /ツ{::::::::::::::\
               に{::::::::::rツ  /  / /    /んソ:イ>ニ」≧ヽ
               iラ{:::::rソ /   イ/     イんソrツ    ヽfヘ|
               に{:::{ツ zイ ̄     /んソ彡´      }ゝ{
               に{::::ゝソゝ~~t--彡んレソ7マ      /:::}=}
               ノソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r-んソ´      //ミ/
『十六夜咲夜』
【ステータス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃【統率】6 【武勇】8+1 【情報】9 【政治】7
┃ クール男爵家に仕える従者。メイド。
┃ メイドなのだがどういうワケか大抵の事はそれなりにこなす事が出来る万能選手。
┃ 冷静で理知的だが、マイペース。
┃ 
┃【能力】

┃○メイド
┃ 日常的な雑務やお世話はお任せ。彼女一人が居る限り、クール男爵邸は上手く回る。
┃ この能力は成長しない。

┃○時間制御?ver3.0
┃ 流石に原作のように時間を止められるわけではない。
┃ スケジュール管理が抜群に上手く、自分や他者に余暇を作る事が出来る。
┃ 奇数月にコミュニケーションパートにてやらない夫の行動回数を1回増やす。
┃ この能力は成長限界である。

┃○おゆはんver2.0
┃ 美味しい御夕飯で皆のやる気を引き出す。
┃ 内政パートにて各種振興を行い、彼女を含む複数人で判定する場合、
┃ 『参加人数×5%』の成功率ボーナスを得る。
┃ この能力は成長限界である。
┃ 
┃○憩いの場ver4.0
┃ 毎月1回、コミュニケーションパートにて1行動で2人と同時にコミュ出来るようになる。
┃ 屋敷を管理し、憩いの場を作り、家臣団の間を取り持つハウスキーピング能力。
┃ この能力は成長限界である。

┃○至銀のナイフ(固有アイテム)
┃ ベイから12歳の頃に渡された銀のナイフ。カスタマイズし、修理し、ずっと使い続けている。
┃ 武勇+1、小規模戦闘時に勝率+10%。アイテムなので成長はしない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

26 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:43:22 ID:MIlQfJNE0
そういえば咲夜さんの固有はコミュ増加だから当然と言えば当然であった

32 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:44:14 ID:MIlQfJNE0
シーマ様www
どうにかしてやりたいが、とりあえず本編進めませうw


34 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:44:18 ID:CtFd4UEQ0
これ、やらない夫が超強化されない?


53 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:45:39 ID:MIlQfJNE0
>>34
されますよ。大丈夫、計算済み。――の筈

では次の安価行きますよー。
2回目の殴り合いじゃあ!

58 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:46:23 ID:MIlQfJNE0
 

1.【ベイ(10)】
3.【シュテル(8)】
4.【チルノ(6)】
5.【ルサルカ(12)】
6.【ルルーシュ&ゴボウ玉(ナナリー)(8)】
7.【射命丸文(6)】
8.【ジェレミア(5)】
9.【二代(5)】
10.【エリー(2)】

【メモ:合計コミュ回数72回】



憩いの場効果発動
【安価 ↓9】
2人選べ!


67 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 21:46:40 ID:clY2jDlc0
文とシュテル

90 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:47:57 ID:MIlQfJNE0
意外と接点少ない所来たなぁ。
文とシュテルか。

108 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:51:55 ID:MIlQfJNE0
んー……。
なんかネタありますか?

110 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 21:52:21 ID:MIlQfJNE0
或いは自分で考えるか。うむむ。

174 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:02:07 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――コミュ 文&シュテル

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

197 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:09:45 ID:MIlQfJNE0


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
    /: ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : :Y
.   /: :イ: : : : : : :/: : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : .'
  ///: : : : : ::/: : ::/: : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|  「―――お師匠様について、ですか?」
. /   ′: : /: ::|: : : :|: : :/: : :|: : : : : : :|: : :|: : : : : : : : ハ: : : : : : : :|
   |: : : /: : ::!: : : :|_: :ハ: : i|: : : ::|: : :ト、: |\: : : : : : : !: : : : : : : :!
   |: : ::|: : : :|: : : i|: :≧ 、λ: : :∧: :|x-‐ヽ \: : : : ::|: : : : : : : :|
   |: : ::i: : : l|: : : :x≠==ミx . : :ハ ヽ x==≠=ハ: : : ::|: : : : : : : :|
   |: : :i|: : : :|八: :{l、f::J:抃. \∧   伝Ji:勿 }i : : ト、: : : : : ::|
   ∨::Ⅳ: : :i|: ::\ ∧こツ   \.   ∧こツ |: : : | }: : : : : .'
.     ∨ ∨: i|: : : : ヾ    ,            |: : : |ノ: : : : : : {
       \|: : : : : |                 /: : :/: : : : : : : 八
         }ハ: : : 个      ー ‐         ィ: : :/: : i: : : : :/
.          从: : : 丶: `. 、         イ./: :/: : /|: ∧/
          \{∨|: :! : : l≧-‐ ≦.__./ イ'|: :/|/ :}/
         _    ∨\/|_} ┃┃     {ト、/__      -─-、
       ....´ :::::::::`Y´ ̄ ̄Ⅳ {二二二}:   /::::::::::: ̄}`Y´ :::::::::::::::`ヽ
     / :::::::::::::::::: // ::::::::: |:  ┃┃:   /:::::::::::::::: //:::::::::::::::::::::::::::: \



           /  /    ヽ \
           ,イ─_二l二 二 l_‐-ヽ
        , .:´ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::ヽ
     /::::::::::::::,':::::::::i:::、::ヽ::::、::ヽ::::゙、::::::l:::::::::::::::、   「えぇ、そうです。私が来る前に居た方との事ですので、
   /:::::/:::::::::l:::::::::::|::::l:::::l:::::|::::::l、:::l:::::::!:::::::::::::::l    少々興味がありまして」
   ,':::::;:i::::i::|:::|:::::::::::!ヽ|::‐|ヽ|、::::! |:::|::::::|:::::::::、::::| 
   !:::::l::!:::l::ト:::!、::l:|:|´リ!:::!ニ|!_∨、l/:!:::::l::::|:::::::::::l  (……グラズヘイムの情報を調べる切っ掛けになるかもしれませんし)
   |:::::!::l:::|:::!V ヽ从!  l:ハィ下Y|゙!:/l:::/::l::!:::::|::::|            ,イ
   l、:::|ヾ::::、:ヽ斤、     弋_夕 |':::|/:::::!::l:::/l::::、          // ,
   |!ヽ! l:\!::::ヽV〉     ー''´ ,:::::::::::/:/:/::ハ:::::\        /:::〈//
     /:::::}:iヽ::l ''´          /:::::::::/:/V|:::lニ\:::::l─- 、  /:::::::::::/,
     ,':::::://::::l:\ く     /:::::::::/:/::|__|/   l:::/ ̄`ヽヽ〈::::::::::::l/ノ
     i:::::;'〈::::::l:::::l:/7、_ _/':::::::::///  l__ |/     〉ノ ヽ::::::::∠
     l::::l::ハ:::|l:::://::|l:| |:::::/ 〉|:::::::;:/´      /`ヽ_ivヾiVr_  !::::::::/
    |:::!:| ヽ:l、// V  ヽ::{/ /!::::::/    /    l7::::::::::::< ,':::::::::レ〉
    ヽ|゙iニ/ ̄二フ   ,r''´ ! |!:::/   / , -‐  !:ノ::::::::::リ/:::::::::∠
    //  /  ̄`Y 〉 /|  __|/_V   /  /     ヽ;:ィ'イノ/::::::::::/
_ゞv、イ/_ / 二`Y / ノ !/_::::;ィ:、\ l   l         \‐'::::::::::丿
フ:::::::::::< ! 、_ }' !''´ |/::/ /:/ |::|`!:ト、!  ,'           、-‐''´
7:::;:::::::::ゝ l └‐゙ ノ   /\:V:/  l::`゙::l  ノ   /-─-、  ノ
〈∧、M丿 |   ノ、/  l:::/l   |::i ̄   \  /::/ ̄ `Y´

204 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:12:41 ID:MIlQfJNE0
 


  .,_ィニ二二 ̄ ̄:>. 、
  ´       ̄二ニ=-: :ヽ, -ー―-  、
       , ィ: : , : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : :、>、
    , イ: , イ: : :, イ : : : : ,ィ: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ、
   ,イ, イ,.イ: : ,.イ ,イ: : ,: :/ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ,
  ./イ  /: : : /:,.イ: : : /: /:/: : : : i!: : !、 : ',: : ',: : : :.',: : '、
 /   ,': : : /:/:i: : : /i_/!/',: : : : i '、__!_'、_:'、: :',: : : : ',: : ',   「そうですね……。
    i: : ,イ:./: i: : :/_i;'_i;'`.',: : : :!.´ィ=---、!ヽ:!: : : ,: !: : i    私の知る限り最も強い魔導師でした」
    i: / i:/:i!:.!:.:,ィ !::i!!` ',: : :i  i:::i!:::::! ソi:',i: : :,':',!: : :!
    i/  i:./!: ',: i  i_ツ  ヽ: :! i::::::ツ  i!: !: :/:.:i!: : :!
    i   !' i: :.,'ヾ、   '  ヾ!   ̄   ,': ,': / ',i: : :i
        ,': : ! "            " /:./イ`, ノ: : : !
       ,':.i!: ヽ、           /: :/ニイ: : : : :!
       /,' !: i! : 丶、         /: /: : , : :,: : :i,: :',
       /  ',:.i ',: : !,: > ___    /,イ: : :,': : :i!: : !'、:.',
        ..',i ヽ: !ヽ:i',: : : : : l  イi: : : :,'/!: ,' !: ,' ヾ',
         i!  ヾ ,.ィ ̄∧´    >ー、 !/ !/
             , イ  /、 二二 /   >、
               /! .i --'、    /   /.  ヽ



                     / ̄ ̄ \
                     ⌒´ ヽ、,_  \
                      (● ) (● )  _,-|、   「だが、色々と破天荒な人だっただろ、常識的に考えて。
                 (__人___)  r' l |.lヽ    ……農業魔法とか」
                    '、`⌒ ´   l i | l} }
                    |       l l, |. l ノ__ _
                   |     /    /ィ::::::::.. ヽ
                  _,,ィ'´:::ヽ__、_r'´   /:/:::::/::::::::. ヽ
      __    __ ,. ''´..::::::::::::::::「:::::人__..ry:::::::::::::::::::::::::. ',
   ,.- v ヽ r´ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈::::::::::::::ム:::::::::::::::::::::::::: l
  rー、 ヽヽ }_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ::::::::::::::::::::ハ:::ノ::::::::::::::::: l
 r ヽ ` 、_」イ_] |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::: i
 i >、_〉-".| ,,,,,, |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::ハ:「 ::::::::::::::: !
 ヽ   ) | | ,,;;'' |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::: |




                      _,, -‐ ‐ 、
                    ァ''´ ,'__ヽ__ \
              _ 二ニ=-―l_  |  |  ./
           , .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、く
          /.:;:::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::ゝ、::ヽヽ
         ///.:::/.::::::::;::/.::::::::::;:イ:::::::::::::::::::::`ヘ
          /:;〃.:::::::::/:/:::/.:/_/|、:::::::::::::::::',::::::::!
          {/ {:::::::::::/_」/ l:/  /`トl:::::::l::::::::::l::::::::l   「農業魔法?」
            V:::::::l^iさ    =ミ:、|/!:::!:::::::::::!::::::::l
            〉::::::l 」り     /(_ハノ:::l::::::::::::|::::i:::|
.               /.::::::/  ´    、代ノノ.::::「ヽ:::::::!:::ハ:l
            l::::/、        `7.::::::/.ノ::::::ノ:/ }
            |/   、 丶     /.::/::::/:::/:/ /
               , -=ー'-ニ// {:::://}/
             /´  、       ∨'  ヽ
            /      ',           ヽ、_

227 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:16:20 ID:MIlQfJNE0
 

                    / ̄ ̄ \
                      _.,ノ ヽ、,_  \
                    (= ) (= )   |
                     (__人___)  u |         ⌒ヽ  「地面耕す時期に、何を思ったのか『私も手伝うの!』
                 '、        |   ____  ,.-、ヽ、    とか言い出して―――」
              ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
             / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、
             l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ
            」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
            l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i
           / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
          / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|
         / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
         / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |



                    -‐…─-     , .-―- 、
               ´: : : : : : : : : : : :`Y  -=⌒
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
              ,': : : : :/: : : /: : : : : : ! : : : : : : : : :_,ヽ
          |: : : : /: |__/」_,.ィ|: : /|.: : :| : : : :ヽ:\
          |: : : : | _.レ' /l./. | / l∧ナト-. !: :.|: :.!
          |: : : : |.汀斥卞 j/  ! イテ丁| i : :| : |   「……あぁ、地面に砲撃叩き込んで炭化させたアレですか。
          |: : : ..八 弋_zノ    弋_,ソ | ト: :.| : |    結局責任持ってその土地の持ち主に別の土地提供したんですよね。
          |: : :{. | : i` .//   ,  //  .レ|l: :八,'     ……クール家が」
          |八l: .人:!.u   r_―ュ  _∠:|: |l/
.          /   |: :|: i.> 、,  _,.. イ:i :| :!: |'
              ハ|\ト─..|/´}て ハ/{/N| ,'
            / ̄ ̄\ \ :./ /、 .| :| |i|  ̄ ̄\
        / ::::::::::::::::::  ./  '‐く  |_:| |i|::::::::::::::::::\
          |::::::::::::::::::::::::,'   、ヽ}.三三| |i| :::::::::::::::::::: \
          / :::::::::::::::::::::.{  r、ン'.\┬| |i|::::_::::::::::::::::::::}



: : :|ミ、: :ト、: :、: : : : 、: : :'; : : : : :ヽ: : : : : ; : : : : : :
: : :|    `V: `、: : : :`ゞ=i---、-、_i___|_: : : :
: : ::i    /ヽ; :ヽ、: : : : : :ヾ、: :ヽ、: :`、: : :|: : : : : :
: : : ',   /  ヾ、ヾ、: :、: : : :ヽ\:::\: :`、::|: : : : : :
: : :ト:}_;/  u \:';\ト、: : :rニニニニニYア: : : ::  「なにそれこわい」
: _,斗"       \_> アイ |    |⌒Y: : : : : :
: : : |  _,,.zニニミ、     イノ    |  |: : : : ::
: : : { z彡"rァ  |      .|     |  |: : : :|::
: :、:ムヾ} .T  |       ゝ___.ノ  |: : : :|::
: ::ト。: ム   |  _ノ  ,            |: : : :|:
:\i: : : ハ  `".   `         u  .|: : : : |::
: :|:\: : : }       _,,... --、      .|: : : : :i: :
: ::|: : : : : :i      {    _}   u  ,ム: : : :从
  |: :、: : 八  u   ゝ- ''"    _,ィ" |: : i: : : :
  V: :i : : : :> 、         ,.ィ" u |: :ハ: : :/
  V::ト、: : : |/ >- ...   ..,<    ,イ::/ `、:/
   V{ ヘ: : : |      ¨´  /ヽ、 /|:/  .リ
   ヾi ヘ: : :|        / i レ"  レ
      ヾ、{       .{ z。.Y"、

254 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:19:51 ID:MIlQfJNE0
 


                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉
                   ノ U   { )     j
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r     「基本、フィーリングで動く人だったからなぁ。
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、 愉快なエピソードには事欠かんだろ」
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,




.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.丶
.      /:.:.:.:.:.:.::.:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.'.
      |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:./:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.|
      |:.:.:.:.:.:./:.:. |:.:.:.:./!:./l:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.l:.:|:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:i|  「蛙と流しそうめんと雛人形とチェス、
      |:.:.:.:.:/.:.:.:. |:.:.:/‐l/-|:.:ハ:.:.:ハ:.:. |:.:.:.|: |:.:.|:.:.:.|:.:.:.:.:.: !   そしてその結論としてメタモルサイコシス土下座システムが発動した
.      ',:.: /|:.:.:.:.:.l:.:.:.|<圷示 ∨|ー-|:./」_:|:.:.|:.:./:.:.:.:.:..:.|    “闇の田中一郎”事件は酷かったですね……」
        ∨ |:.:.:.:.:.|、.:|l ゞ='   ヘ| 'イ圷示/|: /:/'^Y:.:.:.:.:{
.        八:.:ハ! ヽ|    ,    ゞ=' ′|/:/|r;/:.:.:.:.:八
        /∨ Ⅳ八.    ′       /イ:.:.|/:.:.:.:.:.:.{___
       /:::::::::::::::::::Ⅵ:.:\  ` `     / |:.:/:.:.:.:.:∧!::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::://|:.:.|::::\__ .. イ :! |/ィハ|i{/:::::}::::::::::::::::::∧
     ./::::::::::::::::::::::::/〈. Vリ::::::::|::\_>'′::::::l/∨::::::::::::::|:::::::::::::::::::::∧
   ./::::::::::::::::::::::::/::\\::::::::l|::::!ニニ}::::::::::/::::::::::::: /::|:::::::::::::::::::::::::::\
  /.::::::::::::::::::::::::::::;':::://::::::::|::::|::|:::::::::::/':::::::::::::::\ |:::::::::::::::::::::::::::::::::\





: : :|ミ、: :ト、: :、: : : : 、: : :'; : : : : :ヽ: : : : : ; : : : : : :
: : :|    `V: `、: : : :`ゞ=i---、-、_i___|_: : : :
: : ::i    /ヽ; :ヽ、: : : : : :ヾ、: :ヽ、: :`、: : :|: : : : : :
: : : ',   /  ヾ、ヾ、: :、: : : :ヽ\:::\: :`、::|: : : : : :
: : :ト:}_;/  u \:';\ト、: : :rニニニニニYア: : : ::
: _,斗"       \_> アイ |    |⌒Y: : : : : :
: : : |  _,,.zニニミ、     イノ    |  |: : : : ::   (何が起こったのか全く分からない!!)
: : : { z彡"rァ  |      .|     |  |: : : :|::
: :、:ムヾ} .T  |       ゝ___.ノ  |: : : :|::
: ::ト。: ム   |  _ノ  ,            |: : : :|:
:\i: : : ハ  `".   `         u  .|: : : : |::
: :|:\: : : }       _,,... --、      .|: : : : :i: :
: ::|: : : : : :i      {    _}   u  ,ム: : : :从
  |: :、: : 八  u   ゝ- ''"    _,ィ" |: : i: : : :
  V: :i : : : :> 、         ,.ィ" u |: :ハ: : :/
  V::ト、: : : |/ >- ...   ..,<    ,イ::/ `、:/
   V{ ヘ: : : |      ¨´  /ヽ、 /|:/  .リ
   ヾi ヘ: : :|        / i レ"  レ
      ヾ、{       .{ z。.Y"、

276 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:23:45 ID:MIlQfJNE0
 


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ ⌒
          |    ( ー)(ー)
          .|    (___人__)     「後は何があったっけ?
           |         ノ       あぁ、そうそう。農業魔法ver2.0事件。
           |        |_,-‐、_ -、   通称“ダーク田中一郎事件”」
          .人、      厂丶,丶 v 〉
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"...:::::::::\::::::::::::::::::::(    〔"ニ‐-、
/.::::::: ':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ:::::: )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',::::|
:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::... ',::i
:::::::::::::::!::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. ',



                       .,.へ
               ◯    _∠/___\_
                    /´└‐'---┘丶 ○
                   o/〔∨::/:::/::::j:|:::i!::::ヽ
                ′∨:/ :/|: /|:レ';:リ':::::::O   「それさっきの“闇の田中一郎事件”とどこが違うんですか!
                   |::レ^{/|:X_,|/、j/ |::::::∧    名前! 事件名もう少し考えて下さいよ!!」
                   {:/∨/////リ'´}:::∧
          〃        /::::{  / ̄  ⌒ヽ ノ:/:ハ
        (\    〃  /イ:::个 {_____ノY⌒¨ ̄}――--、
      /ヽ ー、__ /⌒Y下、_>rく___ノ∨   |ー―--、 \
       〈ヽ\と____ ̄}  ∨ /:::::仆::::i! .廴_」       \ \
      // ̄ ̄ //    \フ    } レ::7!|::::ヽ  }          { 、〉
    {{       '    / >、 / /::::/ | }:::::〉 i           ̄
              / xく_レヘ  \{ o| レ'´ /
     ヽ丶  {{ //      i!    |    i!
      ⊂ニ'⌒´ r'        _ハ     o|    ト、
        └‐とノ\     〈ハ    |    | 〉
        \         人-=.  o|    l 〈
                   〈 =ニ孑  | .-=孑〉〉
                      ∧二ニiニニ∧o三i,/:::\
                    /:::::厂::::::::T:::::::::::丁:::ヽ::\
                   /::::::/::::::::::∨:::::::::::∧::::::::\::〉

285 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:26:48 ID:MIlQfJNE0
 


: : /: : : : :/l{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
: /{: : :.:.:/ l: :l: : : : : : : :\: : : : :.ヽ: : : : : : : : .',
/斗‐-:/   l: ハ: : : : : :-─ヽ:─-、」: : : : : : : : :.i
  ヽ:.:.:l   iノ .∨:', : : : :ヽ:.丶: : :.:.l: : : : : : :.:.:.:l
   \|       ∨ヽ\: ヽ\\: : l: : : : : : : :.:.|
____     `ヽ_\__ \}: : : : : : :.:.:.|
¨T::::::::T`         'T:::::::::T¨` .,': : /: : : : : :.|   「……確か……。
 |::::::::::|           |:::::::::::|  ./: :./: : : : :.:.:.:|    お師匠様が適当に作った魔法の薬をこぼした所に生えていたヒジキが、
 |::::::::::|           |:::::::::::| /:./: : : : : :.:.:.:|     触手生物化した事件でしたね」
 `‐─'            `‐─' //: : : : : :.:.:.: : :{
         i       / l: : : : : : : : :.:八
                  ,': : : : : : : :人: : :ヽ
ト、       、-、         //: : : : :.l: /:::::\ト、ヽ
:.:.'`丶      ̄     .ィ: :/: : :,': l: :l/l: /レ'  ヾ
:.:州:.:冫≧‐- ..-‐≦´ゝ! /: : :/: 人:l .}/ '  ,  ─-
-─‐{二二二二二二二二}//: :/─‐----─≦::::::::::::::::::`ヽ
:::::::::人:::::::::{二二二}:::::::::::人:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}




                     , ´  ̄ ̄ ` 、
                    /        ヽ
                      /    _,ノ_ `ヽ-、
                  /   (√丶丶´v 〉  「男しか襲わない誰得な触手にな。
                   ノ U   { )     j    ちなみに被害者となりかけたのはウチの親父」
                ,.イ 、    V     /
              ,/(:::ヽ.ヽ   {     r
      _, 、 -― ''":::::::::::::\::::ヽヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
     /::::::::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ '.,:::::
    丿::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::... '.,::: |
   r ::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::.. '.,::i
  / ::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::. '.,
  / ::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ ::::::::::::::::::::. '.,





        ,j"  ヽ′::::::  .:::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::}:::::::::::::::::,     `7゙'''x
        ㌦ ,,.;!:::::::/  .::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::/ヘ:::::::::::::::.     {、 冫
         ¨´ i::::::′.:::::'i::::::::/::::::::::::/::::::::::::::/  V:::::::::::i      `¨´
            |:::::i:::::::/|:::/::::::::;/ !::::::::;/    .∨:::::::|
            |:::::|:::;/ ̄|:/^L/  L:/´ ̄ ̄ ̄ j:::::i:::|   「田中一郎さんはどこに消えたんですか……」
           Ⅵ/^V   ´n           n    }/^Ⅵ
         ハ{  .:;     |:|            |:|     ;:.  }ハ
        ′:\_|     U           U     |_/::::::,
          ;{::::::::::::人         `ー'^ー'′      人::::::::::::}
        八:::::::/::::::::.. .               イ:::::;ハ::::::;人N、,:ヘ_,.:ィ
         \{\{\;ハ{≧==─u─==≦}ハ:从/}/}/i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            /  }\z丕iノⅶ丕I/{  \     >.:.:.:.:.:.:.:.:.7
           /\ ∨  /::{::}::\ |ⅸ|/  /\ ./,ィヘ、.:.:_;.z
     _iュ_ /     ヘ}   `Z7Tkス´ |:x:i{.ヘ    ゙,/   ¨´
      |::::◎::::|{__/  〈_ _ _ _・_ _ l_z_i〉  \__}
      ̄ ̄ ̄       ,ゝ.、   /\   !Mメ、

311 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:31:51 ID:MIlQfJNE0
 

{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
l: :l: : : : : : : :\: : : : :.ヽ: : : : : : : : .',
l: ハ: : : : : : : : :ヽ : : : : :i: : : : : : : : :i
iノ .∨: , : : : :ヽ: :丶 : : :l: : : : : : : : :l
   ∨ヽ\:i: :_>ヘ : : l: : : : : : : : :|
   ‘ー― ´     \:}: : : : : : : : |
     _,斗≠≦≠-,': : /: : : : : :{   「そしてそれらの事件の時に埋められていた伏線全てが回収された、
. ::::::::::::::: '"弋::’:ツノ i :/: : : : : : :|     “暗闇のイチローTanaka-Fall”」
. ::::::::::::::::: ´ ̄ ̄`  .レ : : : : : : : !
           / : : : : : : : : {
           / /: : : : : : : : 八
  '            ,': : : : : : : :人: : ヽ
-  ―      .//: : : : : l: :/::::::\ト、ヽ
          ィ : / : : ,': l: :l/l: /レ'  ヾ
- ..-‐≦´ゝ! /: : :/:.:人:l .}/ '  ,  ─-
 二二二二二}//: :/─‐----─≦::::::::::::::::::`ヽ
二二二}::::::::::::人:.:./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}




                     - ─- 、       ノノ
                    /      (,ヽ、   ((
                  /     _,ノ___ヽr__i____ ノ
                  /    (√丶丶´v┬─'"
                   i U   | )     j
                 ,.ト、     V     ./    「……栓抜きを振りかざしつつ『世界が平和に!』と叫びながら
              _,/( く、.    (    r      後ろ向きにすり足で高速移動しながら襲って来る田中一郎さんの姿は、
       _, 、 -― ''":::::::::::\::::ヽ,ヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、  ベイが逃げ出すレベルだっただろ」
      /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::、__:::::::::::V/..... ̄ ',;;;;;
     丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ;;;;::::::::::... ',;;;;|
    r ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハ :;;;;;;::::::::.. ',;;i
   / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: !;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',
   / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::!;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;;;;::::::. ',





                         >.:::´:::::::::::::::::::::::::`::..、
                     ⌒:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /::::::::::::/::::::::∧::::: ト ::::}:::::ヽ::::ヽ   「 ヾー
          ノ「 ヽ.__彡〃::::::::/:::〃:::/  '::::/ ;::ト ::::::}:::::::' /  ´⌒´
.            ⌒ 、 \ ノ::::::::::/:/「`/   }/ ´ }/ }::/:::::::::レ  /
               __彡 ,::::::::::}厶=}='ミ    彡==ミ}:::::i::: | /
             ̄ >、. {::::::::::l{   ________   ;:::/::::::{/    「もう 理解を 諦めても いいよね」
               /′.`|:::::::::::ミ辷_ |:::::::::::::::::::::::::| 彡.:::::::八 ` 、
             {l    |::∧:::::{⌒  、:::::::::::::::::::ノ /:::::/:「``   ヾ
             l|   V  、::::>   ____  < ∠}::::/      }}
             l|      ヽ{⌒X  \ /   「 ` j/       (%
               (℃        ⌒/ [{二ニ}リ^ヽ リ r         / {
.              「 {         //⌒//o}「ヽ }/ {.        _彡 {
               }  、     /´/  L{ o}j  }j  :,       ⌒ヽ ノ
                {   (       〈      o       }
               ⌒``     /ミ辷_  __  __彡 、
                       <       ̄     /\
                     /::::\    ∧.     /:::::::::\

331 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:34:22 ID:MIlQfJNE0
 


                 / ̄ ̄ \          (
                /   _,.ノ `⌒        ノノ
                |    ( =)(=)(,ヽ、   ((
                .| U   (___人__) ,r__i____ ノ
                |     √丶丶丶┬─'"
                |     | )     j    「まぁ何かしらトラブルに愛されてた人だけど、
                .人、    ヽ´     /     愛嬌と面倒見の良さなんかもあって、好かれる人でもあったよな」
             _,/::ヽ、.,ヽ., __ (    r
      _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::ー-- く / ⌒ヽニ-、
     /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/....., ̄ v,;,ヽ
    丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;( ;;;;:::::::::::... ',;;;;|
   i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ :;;;;;;:::::::::.. ',;;i
  / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',




          ,. : : : ::一: : : 二: :=: : .        _
       r: :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: :ヽ r: :´: : ⌒
     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : :/、
   /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
.   /: : : : : : :/;: : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.   : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: `ヽ : `\:_: : : : .;
  : :: :|: : : : : : : : :/: : : : :|: : : : : :ヽ : : : : : : : ヽ: : ヽ:.: :、ヽ ヾ: :.i
  : :: :|: : : : :|: : :/ : : : : : !: : : : : : :} _i_:i: : : ヘ: : : :ヽ: ヽヽ ヽ}
  : :: :|: : : : :|: :/´':|メ、__}、..: : : :./ " |: : :!:`:| : }: : : : :!ヾ',
  : :: :|: :: :: ::|:/ |_/|.---、.!: : : : :ハ`゛丁: :j:!: : : :|: : : : :!:|: :i  「まぁ、あのベイが未だにさん付けで呼んでますからね。
  : |: :|: : : : :!ィシ弐芹≡ゞ': : :/:/ イ≡斥ミッ|: : :/: : : : :!:i!: !   ……ただ、毎回渦中ど真ん中に行く事になる私としては、
  : |/:ヽ : : :|ヾ弋;;;;;;cノ. ,',.イ,'イ  .弋;;;;cノ メ|::j/: : : : : :!リi/     色々勘弁して欲しかったですけど」
  : : : : 丶、!   :゙ ̄´´         ̄ " i/ : : : : :|: :!
  : : : : : : : !   `````      ′ ```` ./: : :i : : :八|
  : :|: : :| : :|:ヘ.   u                /!: : : ! : /
  : :|: : : : ::| : : :、    .⊂=ー ⊃  , イ: :|: : /|: /
  : :|: : :|j、|\ :|:::i丶       ̄   イ : i: /|::./ .|/
../⌒ヽ./   >r´i|    `  ´, | // !/ ル  ´,.:‐:.、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:rrく:.:.:.:.:.:}\__彡く:.:}:.:.:.:.`:.:.. _  /.:.:.:.:.:.\
:.:._ :.:.:.:./://:.:.:.:.:.:.:.:ト┌┴┴┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} }Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.: |:.{ {.:.:.:.:.:.:.:.:.|:└┬┬┘.:/.:.:.:.:.:.:.:.//.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

343 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:37:56 ID:MIlQfJNE0
                  ,  ト_ 、
               _,.ヒ-┴--ユ、
             /::/::::::::::::::::::::::\
            /::::::::::::!:l:::::::::::}:::::::::::ヽ、
              /::::::|:::::::|:ヘ::::::::ハ::::::l::::::|:l   「……なのはさんがグラズヘイムに居た頃の話などは、
           /イ:l::::|r=ミト、ハ:::/十ミj::::::|:|   知っていますか?」
            / {:::{::::l ィf气ヽV fテ㍉|::::,'::|
            ,'.::ヽ:ト代:り   込ソ}}::メ、:|
           〃 メ、jゝ""  '  "" /レ:::::ハ
          /´ /::人::::::>、´_` ィ´:::::::::人 '、
        o'   7 八从 ,>j   jァ、:/レ'   'o
       ノj      イ  '、__/  \    '`
               /  |__〈::〉、   /`丶、
          / ヽ、 V:::::仆:: ̄}/  ,. ‐ヘ
           .′   \レ 7!|::::∨  /  |
            |     /:::/ | }:::::〉イ     l
           ノ    }\{ o! レ'´ /     |
        /     ヽ、 |  /        |
        \     __ノ  !  7、___..,ノ



               / ̄ ̄ \
            _,.ノ `⌒   \
           (●).(● )    |.
           (__人___)     .|
                '、           |
               |        |    「……そっちは俺は全然だな。
        ,. -ーー|       /レ、    シュテルはどうだ?」
       /:::::::::::::::: ヽ__、____,. "/::::)- 、._
        l:::::::r/::::::::::::::「二二二 :::::::/::::::::ノ:::::..ヽ
      |::::::::_,,. -‐、.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧
   ::ニニニニ/,. -‐  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧
     // ノ -‐    V:::::::::::::::::::::::::::::,′::::::::::::::::: j
     `-iノI_ノく__ヽ   `7ヽ::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::: /
      |:::::l::::::::::::::へ___/:::::/:::::ヽ、::/:::::::::::::::::::: /
      /::::::::l::::::::::::::::::ヽー::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::: /




     _ . .´: : : : : : : `  ‐- _
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.` 、
. /: : :./:.: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\   , .-―- 、
/: : : :./: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : `Y: :-=ニ⌒
: : : :./: : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
: : : :′: : :./: : : :/: : /| : : : : : : :.ハ : : : : : : \: : : : ',
: : :.|: : : : :.l: : :.,イ: : / .!: : : : : : |: : !: : ハ: : : :.:l\: : : :
: : :.|: : : : z!-/./_.,イ  |: : : : : /|: : l |: : !: : : : !: :ヽ: : |
: : :.|: : : :.:Tア从7´ ̄.|: : : : /`トミ,イl! : |: : : : l: : :.|: : |   「私も小さかった頃ですし、
: : :.|: : : : l下ア抃 .   |: : / _l/`ト「ゝ/: : |! | : : |\|    グラズヘイムに居た頃の記憶には曖昧な部分も多いので詳しくは。
: : :.|: : : :.l弋_zソ    |/ ァfカアノノ :::/ル'|/∨       ―――あ、でも」
: : :.|: : : :lゞ           込zソ ./'イイル'
: : :.!: : : :! """     、 ,,.,,.,, /: : : :|
: : :.l: : : :|\            /l : : i :|
',: : lヽ:.:.:|ヾ{\    ̄ `   .イ: li : ル'
:!\|lノ\ト、`ー`-ー―<´|!|/l: ノレ'
/ :::::::::::|:::\:::::::{二二}:::::iヾ从|
::::::::::::::::::|::::::::\|\/\/l::::ヽ:!:::`ヽ
::::::::::::::::::|::::::::::::: ヽ====l :::::`i::::::::ハ

356 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:42:51 ID:MIlQfJNE0
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


                      ヽ、
                        }
               ..,、 - ─ -ム- ― - 、
              /               \
              /                    ' ,
.           /                        '.,
        /                           i
        /                        |     l
   _,、イ_/            ,斗‐   !    |    |
.     ̄/       |   \ ヽ/  ∨ヘ l |    |.__   !
  一一一二二二二二三三三三三三三 三三三三三三三 三三三三
一一一一一二二二二二二二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 三三
      一一一一一二二二二二二二二二二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  一一二二二二二二二三三三三三三三三三三三三三三 三三三三三三
一一一二二二二二三三三三三三三 三三三三三三三 三三三三
         ヽヘハ ∨ /、    ,   | / /  _,フー‐ヽ、
            | ;ハ/ /、  ー  ´ ___リ//´ ̄    ムjト、、
           リ ノ .ムヘ>     \  /´       /  / `>,.、
              「 ー─‐┐ `>ー ´\       //   /      `>,、、
             l   ー─┐<      )〉   /:::/   /     /     ヘ
.            l   r,ュ j  `/>ァ ノ)<::::::イ    ,'     /        ',
.              l    Ⅴ´   /  /i´⌒ヽ>"´/l    !      ,'        ',
             l     }   〈  /|:::::::/  / |   j      l          ',
           r‐/    /     イ  〉:::_/   /   i /     l         ',
        iヾヽ、___jュ_  / .l  i:::::::i   /   \      !            ',
.         l     ` ー--l l   l  l:::::::l  ,'       /       l             ',
        l      O l  l  l  !:::::::l ;      /         l          ',
         l        l  l l l::::::::l ;      /          ∨         ヽ、
.        l      O l   l| !::::::::| !    /            ∨           j
       l        l   i| l:::::::::l l    /           /∨         ス



▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



 「……いつも師匠の家に来てくれる、優しい男の人が居たような……」



       , ィ: : , : : : :, : : : : : : : : : : : : : : : :、>、
    , イ: , イ: : :, イ : : : : ,ィ: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ、
   ,イ, イ,.イ: : ,.イ ,イ: : ,: :/ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ,
  ./イ  /: : : /:,.イ: : : /: /:/: : : : i!: : !、 : ',: : ',: : : :.',: : '、
 /   ,': : : /:/:i: : : /i_/!/',: : : : i '、__!_'、_:'、: :',: : : : ',: : ',
    i: : ,イ:./: i: : :/_i;'_i;'`.',: : : :!.´ィ=---、!ヽ:!: : : ,: !: : i
    i: / i:/:i!:.!:.:,ィ !::i!!` ',: : :i  i:::i!:::::! ソi:',i: : :,':',!: : :!
    i/  i:./!: ',: i  i_ツ  ヽ: :! i::::::ツ  i!: !: :/:.:i!: : :!
    i   !' i: :.,'ヾ、   '  ヾ!   ̄   ,': ,': / ',i: : :i
        ,': : ! "            " /:./イ`, ノ: : : !
       ,':.i!: ヽ、           /: :/ニイ: : : : :!
       /,' !: i! : 丶、         /: /: : , : :,: : :i,: :',
       /  ',:.i ',: : !,: > ___    /,イ: : :,': : :i!: : !'、:.',
        ..',i ヽ: !ヽ:i',: : : : : l  イi: : : :,'/!: ,' !: ,' ヾ',
         i!  ヾ ,.ィ ̄∧´    >ー、 !/ !/
             , イ  /、 二二 /   >、
               /! .i --'、    /   /.  ヽ

370 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:45:47 ID:MIlQfJNE0
 

            , - ー―― - 、
          , イ: : : : : : : : : : : : : : : : > 、  __
        ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:´: : : : : > 、
          / : : : : , - : : : : : : : : : : : : : : : : : : : -= 、 ̄`ヾ、',
       /: : : : :./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : : ヽ、  ヽ、
      ,' : : : : /: : : : : , : : : : : : : : : : 、: : : : : ヽ: : : : : :ヽ
      i: : : : /: : : : : /: : :/: : : : : : : : ',: : : : : : : ', : ヽ、: : ',
      i: : : :,':.,' : : : ,': : :/:,: :,: : : : : :,: :i: : : :i: : : :i!: : :', ヽ: :',   「……うーん、顔も思い出せません。
      !: : :.:!:.i!: :--,'+-/、i',: !: : : : : :i!:.!i、: : :!: : : i: : : :i.  ヾ、   ごめんなさい、余り覚えている事は……」
       !: : : ,!:i!!: : :,'、_レ'__i!_',!',: : : : / リ_i!_',: i!:i,: :,'ヽ: : i     ',
      ,': : : ! i!i:', : i i! .!っ:::i` ',: : :/ ´んi!iア.!:',!',,'  ',: :!
     ,': i!: : ',.i !:',: i  弋:汐  ',:./  弋ソ .,': :i!i   i: ,'
     ,', イ: : ,':ゝ!: ヽ! ' ' '    /'   ' ' ' ,': : : i   i/
    /  ',: ,'i : i!',: ! r> 、      , イ: : :i!: !.  i!
         ',! ',: i ',ヾ:i:.:.:.:.:.:.:` - ":./,, : :/',: /ヾ',
        ! ヾ, イ:.:.:.:.:、、r-、_:.:.:_:.://.!/ ヾ  ヽ
        /-,:.:.:.:.:.:.:.:.`!_}_.{__ノ:.:ヽ、
       /::::::::::´ヽ,:.:.,、:/./:.:.:.iヽ:.:.:.:.:.r、



                       /!ヾ'ー-z、
                         /:;i:;:;:;:\/;:;::Y:、ー-..、
                    /___i斗''"´ヘ;:;r''"_:::::::::::::ヽ、
                      >_,,r==〃ヽ`゙:::::::::::::::::::::ヽ、
                   /::::::::''´:::::::::'::,::::::'::,:::::::::::::::::::::ハヽ     「……いえ、ありがとうございます。十分ですよ」
                    /::::::::::i::::::::::::::::::\::::\:::::::::::::::八::ヽ
      .、-‐      ヾ      ′:::::::|::::::::::::::::::イ⌒>、\::::ヽ:::::}:::::ヽ==‐、
      .r!、,___.  `○ー== |:::::::i|.人:::::/Ⅴi;:| / ,. ヽ_::::\:}r゙ア,个`,   ヽヽ  (私の推測が確かなら、その人は恐らく―――。
       !、,___          ノ::::::::l::イ「`」、 ∨  'ゞ=='',八彡ノソ:ヽj!:ハ /´`ヽ   いえ、確証が無い以上は現時点で言うべきでは
                     ,イ'::::::::::j::∨'ゞ=='',.           l .!:::::::::/::::::} '、.r,_ノ     ‐-、                  ありませんね)
                   /:::::::::;イ:::::人         u ,|/::i:::::イ:::::::ノ  ノj    ___,ノ-
                ,/:::::::::/ ;i::::::::::ハ    r‐ 、   イ仄㌃ 丶jノ           .___,ノ
                  ;iハ::_ノ´ノ;;::::::::;:个 、_    .イノ/ /      |
    ( `丶、             /´:::::/くヾソ'リソ[ヘ-=-iノヘイ /      |             / )) /)
  ヘiヾr-.、 f^ト 、        レ'"´    ゝ、 \ <r‐、ソ: . ノ.、   __| _         -─/ ////)
  l l ',l. ヾ | !  `¨ヽ           / //'〉イ、\_  .∧/       |     /⌒ー  /イ //
  ヽ、\\ ー、 ヽ    ヽ    ┌</ /::/::::/! lヽ、::::>  〈   ____|   /           /
    ` ー----― 、    ' ,   ノ).〃 //::::/::| l:::::l`  ..∧/    乂/     `ア¨ ̄ ̄´
            ヽ    Y_'⌒ヽヘ ..\:::/\|ヽl/  ../ ∧       /      /
             ヽ       /    ●         /    、          /
               ヽ      /    .'        ,/     \      /
                ヽ .  イ    ●      _〈      \   /

378 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:49:57 ID:MIlQfJNE0
 

                   ド>x_≠=≠=≠=ミx、"´゛:、
               /斗'"´::::::::::::::::ニ=─'    :  ,∧,゙ ,,'"゙゛:,
.               __ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニ     ゛゙,i .! i,ミx  ゙:
.               /7ハ:.::::...x=ミ:. :::::::::::::::::ニ=   ,i r i;,, ,_;"_, ‐,,
      _,、{(__,    /7 .!::::ix=ト:.伝下、::::::::::::::ミ、、‐-'ヾl   l/  {  ゙,
       _jニニニ{,、})/7  ヾ:::伝, `   )ト、:::::ハ:::.ー、  _ _ト_,/ /,, , "  (―――まぁ、ある程度推測は固まって来ました。
        7ニニニニ/7ニニ´ l::l:.ゝ ‐   .: l::ヾ   _,ー= _l!i!i}   ¨"フ     後は情報を集めるだけ―――ですね)
      ヽニニニ{7ニニニニハjハ`ニxー1|〉 i‐i乂_ ヽ_/   `{ ̄_て
         ´   ス、'"´゙'ミニニニ〉"´¨`ーミヾ7_ ./  , '_,....〉´゙`
           ヾ   ゙、ニ/    i>=xY三j/  /  lilil
             ゛゙ ":  !     { i  `ー/   ./_、  `¨,、,、ノi
                ゛゙ ドーx__ゞ、_     / / ヽ、ノニニニ{,、ノヽ
                 ヽ、   てニ>: .. _ノー'ミ、 ヽニニニニニニニヾ、
                     _}      〈・ /ニニニニニ:.  ヽニニニニニニニて
                 }ニ/_     }  |ニニニニニニ ヽ、 \ニニニニニニ{
                    _ノフ/7`     /・ .トー-ニニニニニニヽ.. ヽニニニ〉
            _ ニ─' ´¨ ¨ iコ iコ |・ iコ   `iニ'´`"V'"V  `iニニて
          lニニ`>tx__     /\      ド、ニて  人 , } ̄ ̄
            ヽニニマ´¨¨`\  /ニニニ  ̄二>x'ニヾマヽ   `’ 
             _,マ´|     Y/ニニ"´   ニニ}三三三{ム
.           ) /  l     { /     ニニiニ三三i} (_,
          マl   ヽ     }/     ニニ/三三三/ _)
             (´|     ヽi   /       ニニニ(三三// (´
          マ|    .ニヽ /     人ニニニゝ、 ./ 、/
              マ   ニニ}/__  ニニニニニ_/ `ム
              (,、    ムマ ,ム_ `ヾ__., ヘ  ムイ
                マ- 、ト、| ̄  ´'マ_几__几ムイ`¨
               `マ={     /
                 ∧ヽ __ノ'i
                     ∧    {
                      :.   ヽ,
                     :.   i ヽ
                     ゝ- ′ ヽ
                         \
                       :.
                            ∧  :.
                          ∧  j`ー,
                         ト-'´ゝ{
                              }ム-'´ト、
                         l'´`ヽi .}
                        ノ     |\

380 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:50:26 ID:MIlQfJNE0
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――コミュ シュテル&文 終了

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

391 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:53:52 ID:MIlQfJNE0
 
■オマケ■



                            / ̄ ̄ \     )ノ
                               /_,ノ  ヽ、,__\   ((
                    -、           .| (● ) (● ) |   ノ'
              ヤ  ',          |  (___人___)  .|  ,i'
               i.  l     ,.-、   |   ` ⌒ ´   | .::.
                ',  j   / /     .|    ____/./    「あれ、そういえば殺生石事件もなのはさんだっけ」
                  ノ_..ヽ-、′,'       ',   (____././ニ`、
                    l .___ ヽノ     __ jハ. __ 、__ノ__,. -、 ` {
               Y     )ハ.‐ ' ´ ..::ヽ:::::::::::::: ノ,. -   トー- 、 _
               ト.  ̄ ̄ 〕y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ャ    '!,:::::::::::..\
               ハヽ 一ニイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ_〉   i,::::::::::::::::..ヽ



                     /ハ\
                   /-―-i-ヘ
             ,r‐‐、_ ,ァ'`ー-─-'、_,ゝ、_, ‐‐-、
          ( /´;;;;;;;;;;;:::::::;;:::::::::::::::ヽ/    ハ
          ァ‐/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;:::::::::::::::::ヽ    ノ
         (/;;;;;;;;;;__;ハ;;;;;;;;;;;;;::::;;;_,;;;;;::::::::ハ`;7⌒ ヽ、
       、‐ ´'-‐!;;;;;;;ト;;√゙、;;;;;;;;;;;;;ハ;;;/ ヾ:::|:::::::|;;|   ハ__   「あやや? 殺生石……なんか凄そうなマジックアイテムの名前ですか?」
        ゙ゞ、,,、ノ;;;;;;;/ Tァヾ::,、:::/ r=ァ〒N::::::::!;ゝ、  ノ、 /
         コメ;;ハ ト-' !` `'  ト-' i i::::::::::::::;;;;` ‐´ ヾ
         /;;;N ! 弋__ノ    弋__ノ /:::;;::::::::::::;;;;N,、,-゙
          /;;;;;;;;;;|"""         ""'´!;;;::::::::::/;;;ハ
          |;;;;,、,;;;;ゝ _  `こフ   , イ;;:::/|::/|;;;八!
          八;;| \;;|\`>ァ、‐z ´、;/!/ !' !'
          `   `z‐-/| ,><、ノ `ァ、z―――‐z
              <;;;;;/ ,,<;√ヽ>  ./  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
             !_ /  ● 「 ̄レ_  `>‐ 、;;;;;;;;;;;;;\



     -ー==ニ ̄ヽ
          `ヽ,: ヽ、    __
        , . .''" ̄:`: : ヽ. ' ": : : : : : : : :>. 、
       , '": : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : -.、: : : :ヽ、
    ., ": : , ''", ": : :, : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : ヽ
   /:.,. '"  ., ' : : : /: : : : /: : : : : : : : : : :、: : :ヽ: : : : ',
  ./'".   /: : : : /: : : : /!: i: : : : : i、__: :ヽ: : :、:',: : : :i  「いえ、空き巣に向けて手近にあった漬物石を投擲して、
  /      /: : :,: :/:,.:.: : / i: :i',: : : :´! ヾ、:i、 : ',: : :iヾ, : : i  危うく殺生しかけた事から――」
      ,': : :/: ,':,'!: :´/ ̄',:.i.', : : : i〒气〒ア',: : !:.i!: : :i
      i: : ,'i: :i:,':.',: i!.〒示,i ヽ : : i i::i!::::! i!i:',:/!、: : : !
      i: :,' i : i!: : ヾ、 i:::i!::i  ヾ、:!.i:::::::i  i:/:.! .!: : : !
       ',i i: :,'i: : :i  弋ツ     `.ゞイ  i: :,' /: : : :i                「殺生石は『殺生する石≒凶器』って
       i! ',,'.i!: : i ""         "" !:,'": ,: :,: : ',                               意味じゃないですよ!?」>文
         i ,':/ : '. 、          , イ/:,: : !: i'、: :',
            ,'/i: : !: ', ゙ ー,、 ---_<-,: ":/: :/',:.i ゞ-ゝ-
         イ' .',: :!',: iヽ、.ノ、ノ:.:.,、:.:.:.:.:.:"ヽ、 i:/. ',!
              ヾ! '.,':::::::::::i!:-=!Jニ{}彳:.:、ーヽ
                ,'::::::::::::i!:イ',:.:.:.:,、:.:r--`::::::!




オマケ 了


400 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:55:23 ID:MIlQfJNE0
 
シュテル成長

①能力値
②スキル成長(既定)
③スキル成長(武勇汎用)


【安価 ↓5~7】


405 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 22:55:38 ID:rqY2dEt60


406 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 22:55:39 ID:1YWssuYU0


407 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 22:55:39 ID:O3WOwwN60


414 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:57:09 ID:MIlQfJNE0
星光の殲滅者がver3.0になり、成長限界に達しました!

417 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 22:57:43 ID:MIlQfJNE0
 




                >'''"゙ ̄ ̄ ゙̄"> 、!
               /,,、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ゙>、
             ,-イ" ゙i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; i; ; ; ゙',
              !、  /; ;i ; ; /!i、; ;i !', !、 ; ; i; ; ; ;i
              !゙""i i、; ;ii / リ i; ;/リ_リ_i; ; ; !リ; ; iリ
              ! ; ; リ ヽ,!イ゙i;Ti゙ iソ .i;Ti゙゙i; ,イ , i; ; i  
              ! ; ; ',; ;',   i;;;;i   i;;;;i ゙i; ;iリリi; ,'    
              !; ; ; ;',; ;',   ゙"    ゙" ヽ; i  !イ     
             ,!,!; ,、;,ヽ !、///   ///イ; i
 ブンブン         !イ i从!゙リ ゙>   _ -‐''" iソ
     ,イr 三./i      ,';.;.;゙ヽ。 ∀ソ ゙ ".i
    /// !  i/i    .! 、-ー、.{ ̄{ } ̄}‐!、
  ///   !  ' .!    !;.;゙',ー‐ i ̄/i ゙̄',イ
 そ / /,    N !ヽ!    .!、_',;.;.;.;.'," iヽイ;.;!
   ,'  ',    ゙、N  '、,   !、__,!;.;.;.;.;',  i;.;.;.;.;.!
  そ'、  ' 、 ,  ゙ヽ,  ヽ-.!;.;.;.;.;.;!'ー―゙i .!ーー!
ブンブン  , , , , ,' ./゙'''''''ヽf";.;.;.;.;.;.;.;! 二二! i二二!`ー、
     そ    !;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;'ーrzzt.tzi--イ.;.;.;.;i
  ビターンビターン!.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;i_
         ー―――――-----------------イ
『シュテル・ザ・デストラクター』
【ステータス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃【統率】2 【武勇】12 【情報】8 【政治】5
┃ クール男爵家の食客にして魔法使い。
┃ ダディ・クール男爵の恩人の娘さん、らしい。
┃ 基本的には書斎に引き籠って本を読んでいるインドア派だが、魔法使いとしては一流。
┃ 特にその火力は高く、なんかもう【らめぇ】的な勢いで敵が吹っ飛ぶ。
┃ わんこ系。
┃ 
┃【能力】

┃ ザ・デストラクター
┃○星光の殲滅者ver3.0
┃ 大規模戦闘において本領を発揮する、破壊的な魔法の使い手。
┃ 戦争等の大規模戦闘における勝率に+20%の補正を得る。
┃ この特殊能力はこれ以上成長しない。

┃○大魔力
┃ 多くの魔力を溜めこみ、戦闘に運用する事が出来る。大魔術師の条件。
┃ 1季(3ヶ月)に1度だけ、戦争・戦闘・判定などの際に【武勇】の値を+3出来る。
┃ ただし、上昇後の数字が20を越える事は出来ない。
┃ 
┃○砲戦型魔術師ver3.0
┃ 大規模戦闘において実力を発揮するが、小規模な戦闘では劣る。
┃ 戦争等の大規模戦闘における自身の兵力を+30%出来るが、小規模戦闘での判定値に-5。
┃ とかく小回りがきかず、少数対少数の戦闘が苦手なタイプ。
┃ この特殊能力はこれ以上成長しない。

┃○全力砲撃
┃ 大規模戦闘開始前に敵の全部隊の中から1部隊を選択。
┃ その部隊の兵力を20%削り取る。ただし、個人で動いているソロ戦力には効果を発揮できない。
┃ ―――砲戦魔術師の本領。大規模戦闘で敵の戦力を削り取る、先制の面攻撃。
┃ 
┃○加速の札(アイテム)
┃ 使用すると使用者の行動速度を上げる魔法の札。
┃ 効果時間は長くはないが強力であり、主に戦闘用に使用可能。
┃ 使用するとその戦闘の間だけ、自身の【武勇】を+2する。20を越える事は出来ない。
┃ 1度使うと再充填に半年かかる。再充填完了は1月と7月。 

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

430 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:01:07 ID:MIlQfJNE0
あやややや成長 

①能力値成長
②スキル成長(既定)
③スキル成長(情報汎用)

【安価 ↓3~5】


433 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:01:21 ID:0z0PigHA0


434 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:01:22 ID:O3WOwwN60


435 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:01:23 ID:Lx0SFhvw0
1諜報

444 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:02:59 ID:MIlQfJNE0
これは情報+1で良いのかな


445 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:03:12 ID:h8oxvWNU0
そういや武闘会いつやるか決まってなかったと思うけど、そろそろなのかな?


449 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:04:33 ID:MIlQfJNE0
>>445
他所の領地のネタなので、機会があればという感じで。
描写はともかく、そろそろ行われても可笑しくはないですね。

451 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:05:45 ID:MIlQfJNE0
情報が成長しましたぞ!


『射命丸文』
【ステータス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃【統率】2 【武勇】4 【情報】14 【政治】7
┃ アムステルダム薩摩出身の諜報屋。好奇心が強く、それが長じてこの道に踏み込んだ。
┃ 神速を売りとした諜報活動が売り。テンション高く、早口。
┃ とにかくすばしっこく、頭も切れるが、軍事・戦闘的な事は門外漢。逃げ足は速い。

┃【能力】
┃ 
┃○神速諜報
┃ 毎月2項目だけ、月はじめの選択肢の前に、行動と金を消費せずに情報収集が出来る。
┃ ただし、判定は必要であり、その判定には当人以外は参加できない。

┃○文花帖ver2.0
┃ 【情報】を用いた判定にメインで参加している場合、成功率を+15%する。

┃○諜報特化ver2.0
┃ 情報収集判定に参加している場合に限り、【情報】を+4して判定値を計算する。
┃ 
┃○伝統の幻想ブン屋
┃ 情報収集判定に失敗した場合、判定を振り直せる。
┃ 3ヶ月(1季節)に1回使用可能。情報特化型である彼女の真髄。足と頭で情報を得る、伝統的なスタイル。
┃ 使用回数の回復は1月、4月、7月、10月。

┃○あややアイ
┃ コミュで彼女と会話した時に、通常のコミュに加えて追加で金銭100を支払えば、
┃ 領内の家臣誰かの成長傾向・成長限界・成長条件などを知る事が出来る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

470 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:14:30 ID:MIlQfJNE0
失敬、少し離席してた。
では、ランダムイベント行っちゃいますかー。

476 名前: ◆I8YPmKXeuI[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:16:30 ID:MIlQfJNE0
0.何か良い事が起こる(有利になり過ぎない程度で安価)
1.特に無し
2.魔物発生。治安-10。来月戦闘可能。
3.特産品が大ブーム。『金銭+300』
4.良質の資源が大量算出。『資材+300』
5.有力な商会が、アーランドに支店を作った。『商業力+100』
6.ゆったりと時間が取れた。『コミュイベント 1回』
7.天災により、アーランドで建物が崩壊。『復旧に300資源を消費する』か『商業力が-100』
8.近くの都市から使者が。有利イベント発生。
9.大豊作! 食糧事情が大幅に改善。『食糧+300』




【安価 ↓5】
1~10


481 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:17:03 ID:rqY2dEt60


488 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:18:06 ID:MIlQfJNE0
おぉ、あややアイ忘れてた。申し訳ない。
とりあえず、ランダムイベントの結果は―――



◆I8YPmKXeuI = #6pe

6+1=7


7.天災により、アーランドで建物が崩壊。『復旧に300資源を消費する』か『商業力が-100』

497 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:19:13 ID:MIlQfJNE0
申し訳ない。順番に処理していきましょう。

まず、この結果に対して『地星の魔女』を使うか否か。

【安価 ↓5~7】
使う/使わない


502 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:19:27 ID:7sBZdJdM0
>>479
ルサルカにこれ以上抉るパイはないじゃない

503 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:19:28 ID:cA7/NKik0
使う

504 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:19:28 ID:O3WOwwN60
つかう

514 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:20:39 ID:MIlQfJNE0
使うがルサルカにこれ以上抉るパイは無い了解。


【安価 ↓5~7】
5~9の範囲でどこにずらすか


519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:21:01 ID:Bz9fJSXY0
有利イベントのほうがいいんじゃ?
指針が欲しいところだし

520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:21:02 ID:rqY2dEt60
有利イベント

521 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:21:02 ID:xMT.337.0


533 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:22:16 ID:MIlQfJNE0
8了解。
近くの街から使者が来ます。

で、次。遡ってあややアイの使用の是非。


【安価 ↓5~7】
使う/使わない
使うならば対象を明記


538 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:22:50 ID:rqY2dEt60
オレンジ

539 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:22:51 ID:WtvQoFpsO
ジェレミア

540 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:22:51 ID:O3WOwwN60
つかう
エローさん
あとやらない夫の成長もこれでぴったり64じゃない

547 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:23:21 ID:MIlQfJNE0
ジェレミア了解

550 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:23:57 ID:MIlQfJNE0
で、最後に忘れないうちに。

チルノのお祭り娘を使うか否か

【安価 ↓5~7】
使う/使わない


555 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:24:21 ID:rqY2dEt60
使う

556 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:24:21 ID:O3WOwwN60
つかう

557 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:24:23 ID:Lx0SFhvw0
使う

563 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:25:36 ID:MIlQfJNE0
使う了解

566 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:29:17 ID:MIlQfJNE0
 

                 | ̄ ̄`7
         _,,,,、     .|   /
         ヽ,  |   |   /
          ヽ_| ,.へ``'''"
  /\       _,.. ∠/___\、
/    \    ア;-'└‐'---:┘ヤ、
``''ー、,,_/   ,r' /:::;:::::::::::、::::;::ヽヽ,
         ,'::/::;'i‐'ト、:::::::|'i‐ト,ヤ::::',   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |:::i::::i:|.○ \ノ ○|::i/:::::|    | ぶんぶんの
  「 ̄`|   |、::i:::::i'   r─┐ レ'レレ''!  <    お役立ち情報~!
  ー''''"   く.`,ヘレ  |  ,| ノ'"ヽ,'   | ポンポコピーのピーヒャラピ~
          /\  `''ーr'─''''j"  ,/,.)   \________
        ,ァ  `ー,  レム、/ 、 ,/  `;
       7´ `;  /、 _  l゚ _ ,ヽゝrァ '
       ゝrァ'´ >-、,,_  Å ,/、
          /;;_/:::::::`":::`"::::::::ヽ,
            `ヽ;、_:::::::::::::_;;/
              /   `'''' ̄|
           /       |




                 | ̄ ̄`7
         _,,,,、     .|   /
         ヽ,  |   |   /
          ヽ_| ,.へ``'''"
  /\       _,.. ∠/___\、
/    \    ア;-'└‐'---:┘ヤ、
``''ー、,,_/   ,r' /:::;:::::::::::、::::;::ヽヽ,
         ,'::/::;'i‐'ト、:::::::|'i‐ト,ヤ::::',    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |:::i::::i:|.○ \ノ ○|::i/:::::|    | ジェレミアさんは【副将向きの指揮官タイプ】! 固有スキルはいずれも【副将でも
  「 ̄`|   |、::i:::::i'   r─┐ レ'レレ''!  <  効果を発揮する方向で成長していく】よ!
  ー''''"   く.`,ヘレ  |  ,| ノ'"ヽ,'   |   あと、治安維持は【伸びても低下治安0とかにはならない】ので注意!
         ' '\  `''ーr'─''''j"  ,/ヽヾ  \________
  ブンブン (( /`.フ  レム、/ 、  \ ))  ,
     ,ァ  .℃//、 _  l゚ _ 弋\/)  7´ `;
    7´ `;.   >-、,,_  Å ,/、 ´  ゝrァ '
    ゝrァ'´  /;;_/:::::::`":::`":::::::::ヽ,
            `ヽ;、_:::::::::::::_;;/
              /   `'''' ̄|
           /       |

571 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:33:10 ID:MIlQfJNE0
 

                 | ̄ ̄`7
         _,,,,、     .|   /
         ヽ,  |   |   /
          ヽ_| ,.へ``'''"
  /\       _,.. ∠/___\、
/    \    ア;-'└‐'---:┘ヤ、
``''ー、,,_/   ,r' /:::;:::::::::::、::::;::ヽヽ,
         ,'::/::;'i‐'ト、:::::::|'i‐ト,ヤ::::',    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |:::i::::i:|.○ \ノ ○|::i/:::::|    | 能力値の限界は【統率>政治>武勇>|10の壁|>情報】だね!
  「 ̄`|   |、::i:::::i'   r─┐ レ'レレ''!  <  【政治を上げれば固有の内政スキルも目覚める】けど、
  ー''''"   く.`,ヘレ  |  ,| ノ'"ヽ,'   |   汎用の農業強化スキルが少し強くなった程度だから、そこまで期待しないでね。
         ' '\  `''ーr'─''''j"  ,/ヽヾ  \________
  ブンブン (( /`.フ  レム、/ 、  \ ))  ,
     ,ァ  .℃//、 _  l゚ _ 弋\/)  7´ `;
    7´ `;.   >-、,,_  Å ,/、 ´  ゝrァ '
    ゝrァ'´  /;;_/:::::::`":::`":::::::::ヽ,
            `ヽ;、_:::::::::::::_;;/
              /   `'''' ̄|
           /       |



                 | ̄ ̄`7
         _,,,,、     .|   /
         ヽ,  |   |   /
          ヽ_| ,.へ``'''"
  /\       _,.. ∠/___\、
/    \    ア;-'└‐'---:┘ヤ、
``''ー、,,_/   ,r' /:::;:::::::::::、::::;::ヽヽ,
         ,'::/::;'i‐'ト、:::::::|'i‐ト,ヤ::::',    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |:::i::::i:|.○ \ノ ○|::i/:::::|    | 現状の編成だと、誰かの副官に入れるのが安定だと思うよ!
  「 ̄`|   |、::i:::::i'   r─┐ レ'レレ''!  <  以上、あややアイでした。
  ー''''"   く.`,ヘレ  |  ,| ノ'"ヽ,'   |   それじゃまったねー!
         ' '\  `''ーr'─''''j"  ,/ヽヾ  \________
  ブンブン (( /`.フ  レム、/ 、  \ ))  ,
     ,ァ  .℃//、 _  l゚ _ 弋\/)  7´ `;
    7´ `;.   >-、,,_  Å ,/、 ´  ゝrァ '
    ゝrァ'´  /;;_/:::::::`":::`":::::::::ヽ,
            `ヽ;、_:::::::::::::_;;/
              /   `'''' ̄|
           /       |


572 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:33:47 ID:Im5meFGg0
外交スキルは?

573 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:34:05 ID:rqY2dEt60
固有スキルの取得条件に触れなかったってことは、前提自体は満たしてると見ていいか


575 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:35:01 ID:MIlQfJNE0
>>573
政治系固有スキル以外は満たしてますぜよ

577 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:35:23 ID:MIlQfJNE0
>>572
あややアイでは外交スキルは出してません。

578 名前: ◆bqoObXy6mA[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:37:01 ID:MIlQfJNE0
さてでは『お祭り娘』効果での2回目のランダムイベントを先に出しませう
内容に依っては1回の演出に纏めるのだ。


0.何か良い事が起こる(有利になり過ぎない程度で安価)
1.特に無し
2.魔物発生。治安-10。来月戦闘可能。
3.特産品が大ブーム。『金銭+300』
4.良質の資源が大量算出。『資材+300』
5.有力な商会が、アーランドに支店を作った。『商業力+100』
6.ゆったりと時間が取れた。『コミュイベント 1回』
7.天災により、アーランドで建物が崩壊。『復旧に300資源を消費する』か『商業力が-100』
8.近くの都市から使者が。有利イベント発生。
9.大豊作! 食糧事情が大幅に改善。『食糧+300』



【安価 ↓5】
1~10


583 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:37:34 ID:TUQjwolE0
7

590 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:38:51 ID:MIlQfJNE0
◆bqoObXy6mA = #2fg

2+7=9

9.大豊作! 食糧事情が大幅に改善。『食糧+300』

601 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:40:50 ID:MIlQfJNE0
そして、イベントでどの都市から人が来るかを決めて貰おう!

①寺前ロマエ
②ワルクヌェー
③アンタッテ一輪


【安価 ↓5~10】多数決


606 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:41:10 ID:vXomfZAY0
1

607 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:41:11 ID:oboFBjp.0


608 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:41:13 ID:Lx0SFhvw0


609 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:41:13 ID:9mZqqjd20
③アンタッテ一輪

610 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:41:14 ID:TdDQYr4.0


611 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:41:16 ID:h0D6vXHg0


637 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:43:50 ID:MIlQfJNE0
あっ、ごめん。ワルクヌェー3票だった

640 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:44:50 ID:MIlQfJNE0
えー、まぁ決戦投票でもワルクヌェーだった事だし良いか。

>>624
あららら、申し訳ない。表記変更お願いします。
あと、ルサルカが1回成長していなかっただと……。

644 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:46:40 ID:MIlQfJNE0
んではルサルカのその忘れてた分の成長してしまいませう。



①能力値成長
②スキル成長(既定)
③スキル獲得(武勇汎用)
④スキル獲得(情報汎用)
⑤スキル獲得(政治汎用)
⑥スキル成長(汎用)


【安価 ↓5~7】多数決


649 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:47:09 ID:O3WOwwN60


650 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:47:10 ID:cA7/NKik0
1情報

651 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:47:10 ID:vXomfZAY0
①情報

661 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:49:10 ID:MIlQfJNE0
『ルサルカ・シュヴェーゲリン』
【ステータス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃【統率】4 【武勇】10+1 【情報】10 【政治】8
┃ メガザル王国出身の魔術師。実家は宮廷魔術師の長の家という超エリート。
┃ クール男爵領に流れ着いた後に成り行きでやらない夫に雇われていた。
┃ どうにか家族の許可も得て、正式にクール男爵家に所属する事に。
┃ 貴重な魔術師であり、その実力はまず魔術師としては一線級。
┃ だがそれ以上に、敵対相手の『足を引く』ことが天才的に上手い。

┃【能力】

┃マレウス・マレフィカルム
┃○最終魔女
┃ 戦闘・情報戦など、相手と判定値を比べ合う判定に参加している場合、
┃ 相手の成功率を-20%する。月に1回まで使用可能。(事実上こちらの成功率+20%)
┃ ―――情報戦、戦闘などで相手の隙を見極め、足を引く。『足を引っ張る』事への天才的な才能。
┃ ただし最初から勝ち目が無い(勝率0%の)状態では意味を為さない。この能力は成長限界である。

┃○地星の魔女ver2.0
┃ 季に1回(3ヶ月に1度)だけ使用可能。ランダムイベントの結果を最大±2(任意)ずらす事が出来る。
┃ 魔術師としては一流だが、超一流にはなれない程度の才能。
┃ それゆえ、力押しではなく状況を利用するのが病的に上手い。それが領地経営であってもだ。

┃○要領が良いver2.0
┃ 誰かのサブとして内政判定に参加する場合、【判定値】を+3する。
┃ 意外と要領よく立ち回る。

┃○調整役ver2.0
┃ 意外なまでに気が利き、他人のフォローに回る事に長けている。
┃ 他者の行動をさりげなくサポート、或いは最適化し、時間的な余裕を作らせる事が出来る。
┃ 1季に1度、内政での行動回数を+1出来る。
┃ 使用回数の回復は1月、4月、7月、10月。この能力は成長限界である。

┃チェイテ・ハンガリア・ナハツェーラー
┃○拷問城の食人影(固有アイテム)
┃ 【武勇】+1、小規模戦闘参加時に勝率+5%。
┃ 明らかに闇属性の魔導書。ルサルカ自身の特性と非常にマッチしており、
┃ 彼女が使う『食人影』というタイプの影を操る魔法を強化してくれる。アイテムなので成長は無い。

┃○罠
┃ 戦闘時に敵の最も【情報】が高い相手と判定で対決。
┃ 勝利したならば勝率に+5%の補正をかける。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

662 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:49:28 ID:MIlQfJNE0
情報成長了解

663 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:50:39 ID:MIlQfJNE0
さて、で、少々申し訳ないのですが、
明日朝早いので今日はこの辺にして、ルークからの使者については明日という事で。
ちょっとしたミニゲーム的イベントになる見込みです。

666 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:50:57 ID:MIlQfJNE0
あ、最後にちょっとだけ安価やります。

671 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:51:57 ID:MIlQfJNE0
 

【安価 ↓5~40】
ルーク主催天下一武道会に出場するキャラ
キャラ名+元作品名明記

※チョイ役になる可能性高し。注意

672 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/16(月) 23:52:09 ID:MIlQfJNE0
3名ほど拾います。


676 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:11 ID:l0t47WRI0
モンテスマ(CIV4)

677 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:12 ID:Lx0SFhvw0
ゾット(ベルセルク)

678 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:12 ID:m22k.f6Y0
イタチ(NARUTO)

679 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:13 ID:TUQjwolE0
ブロントさん(FF11)

680 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:14 ID:TV4lITpIO
キュアサンサャイン
ハートキャッチプリキュア

681 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:15 ID:9mZqqjd20
リーゼロッテ・ヴェルクマイスター(11eyes)

682 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:20 ID:TdDQYr4.0
クリリン ドラゴンボール

683 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:21 ID:Y2MoRsHc0
清村 緒乃(清村 くんと杉小路 くんと)

684 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:21 ID:h0D6vXHg0
織斑一夏(IS)

685 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:23 ID:5gMyZ2VQ0
デスマスク(聖闘士星矢)

686 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:23 ID:LdTKgbFU0
藤木源之助

687 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:25 ID:71AHU1YM0
チャド(BLEACH)

688 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:34 ID:h0D6vXHg0
鑢七花(刀語)

689 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:35 ID:9utk5AUU0
ゼンガー・ゾンボルト(スーパーロボット大戦)

690 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:40 ID:O3WOwwN60
ブロリー ドラゴンボール

691 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:41 ID:h0nZyxDY0
やる夫

692 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:43 ID:YDe8vwRs0
ブロリー(ドラゴンボール)

693 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:50 ID:h0D6vXHg0
アチャ子(Fate)

694 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:53 ID:Bz9fJSXY0
幕内一歩 はじめの一歩

695 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:54 ID:QOXXtF/A0
ガッツ(ベルセルク)

696 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:56 ID:2N0D5/iA0
紅美鈴(東方)

697 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:53:59 ID:vXomfZAY0
ベジータ(ドラゴンボール)

698 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:00 ID:Lx0SFhvw0
ゴンさん(H×H)

699 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:01 ID:ozjNu6mQ0
あと汎用及びそれの変化系っぽいスキルを
派生ツリーにまとめてみました~。ガンガン編集しちまってください。

700 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:04 ID:WncPJ8mc0
衛宮士郎 fate stay night
セイバーの食費、リンの失敗の借金、桜との将来のためのお金のため出場

701 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:12 ID:jYFPkxUU0
如月弦太朗 仮面ライダーフォーゼ

702 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:13 ID:h0D6vXHg0
姫騎士アンジェリカ(あなたって本当に最低の屑ね)

703 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:17 ID:Nzwdo04U0
ロート・シュピーネ(Dies)

704 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:19 ID:a.doYu7.0
風鳴弦十郎(戦姫絶唱シンフォギア)

705 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:21 ID:Bz9fJSXY0
セシリア=オルコット IS

706 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:43 ID:zmPRfW4A0
紅美鈴(東方project)

707 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:45 ID:XAVRBsgs0
シャナ

708 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:46 ID:h0D6vXHg0
篠ノ之箒(IS)

709 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:54:50 ID:0P2y0mpI0
恋するドラゴン(竜†恋)

710 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:55:03 ID:O3WOwwN60
うめ

711 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/16(月) 23:55:04 ID:uOu54kxs0
小野塚小町(東方)


720 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 00:00:16 ID:5aoSxvdA0
シュピーネさんとか誰得w

729 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 00:07:22 ID:iQfdi9/A0
しかしシュピーネさんは本当になんで騎士団に所属できたのか不思議で仕方ない

732 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 00:08:28 ID:Wu3098b.0
シュピーネファンの方々はKKKでの彼の名前覚えてるのだろうか
ちなみに俺は忘れた


734 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 00:09:03 ID:v9TJbhjc0
>>720
超俺得

735 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 00:09:42 ID:v9TJbhjc0
そして帰還。
六条シュピ虫さんの事ディスんなよー(棒)

736 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 00:10:32 ID:v9TJbhjc0
では、色々とカオスな面々になって参りましたが、
この中から三名選出させて明日のイベントで参加とさせて頂きます。
では皆様また明日。

822 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:17:24 ID:v9TJbhjc0
次回作、なんとなーくだけど子の話の10年後くらいの隣の大陸とか考えてるんですよね。
世界観同一・システムを多少verUpした感じで。

825 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:20:06 ID:v9TJbhjc0
なんとなく次は『領主』じゃなくて『その部下』を考えてるのです。
他の部下や領主様は各々指定されたAI(※ランダム+状況に応じた思考)で行動するので、
三国志10や太閤立志伝辺りでの『部下になって主君を盛りたてつつ、
こっちの思い通りに動いてくれない周囲にやきもきする』事が出来ればなぁと。

826 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:20:30 ID:v9TJbhjc0
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm11904685

ちなみに現在見てるブツ。

828 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:26:17 ID:v9TJbhjc0
で、領主様は未定ながら、
固定メンバーの選出がかなり脳筋仕様。


藤井蓮(Dies irae):
どう考えても戦闘系。軍勢変生とかいう統率に関わりそうな要素がある分、統率・武勇両方行ける気はする。
内政? ハハハ無茶言うな。
情報? 作中屈指の無策特攻型主人公だぞこいつ。

美樹さやか(まどマギ):
どう考えても戦闘系。
内政? ハハハさやかちゃん可愛い。
情報? ハハハさやかちゃん可愛い。

領主様はレミリア様が一番イメージに合ってるけど、今作で使ってるのでどうするか。
しかしレミリア様だった場合、やはりガチ戦闘系。
運命操作は情報系スキルと強弁する事も出来そうだが。

ちなみに第二候補は比那名居天子。
情報要素すら消えたガチ戦闘系。


……なに、このメンバーで作る領地って、蛮族?

830 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:28:07 ID:v9TJbhjc0
あぁ、そこは気をつけませう。

832 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:30:56 ID:v9TJbhjc0
一瞬、君主:【愛玩超人インコマン】という光景が脳裡に浮かんだ。
どうよ、これ。
やべぇもう何が起こるか分からねぇ

834 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:32:32 ID:v9TJbhjc0
 


                         ,.. -‐- .、
                       ,.' ,;'', ' '';;,, ,'.、
                   /,;  ,   ,' ' .',
                     l ;;, ●  ● ,; ;l
                     l;;,''   ,.‐;‐、 ,,:' ,;'l、
                 ,. ノ';,'' ;,, '、´!.7 ,; '' ;;`' ..,_
               _,.. ‐''゙,,   ';,   ゝ'   ,;'   ,,;` ' .、
          _,. -‐'゙     '' ;,, '';;,       ,;;' ,,; '''      `.' .、
            / ,.. -―- .,_    '';;;;;;,';;;,,,,,,,,, ,;'' ''     _,,. -‐-=、.ヽ
        / /       `' .,_   ''';;;;;;;;;;'';''   _,.-'、./´     ヽ '.、
         ,' .,' ,     ; ;!  `゙''-.、 '';;' ';; ,.-''゙   .l!        ,. ';  ',
         ,' l  ;;,  _,,,;.'.ノ;,      ヾ, ,. '゙     .'!、,,. ,  ;'';,_,ノ:.  ',
        ,' .:';ー '';' ;'' '  ';;;;;;;、     丿!.,_     _,ノi'´  ';.   ';::::.  ',
      ,.  :;!.   ' .;'   .; l;;' ';`ニー‐‐''゙ ,!、 `゙ ''',゙´ '',;;!    ';;'   .';::::.  ',
.       ,   :::!;,,、 ;;';;;,  ; ;;;!;;;;;;,-‐'ト--‐'゙ ,!.,`゙'ー-,--‐';;!、  ,,,;''  ,,,;/::::::.  ',
.      ,  .:::';;;'''; ;;'';,'' ;,;'/;;;;;! ';;,, l!、  ,.!、  ,.ノ,,;;''';;' ;lー,;''';, '';,'';,i'::::::::::.   ',
     , ,   ::::::::!,; ;  ;';;'' ''ヾ;;;'';,. ''';i´゙ ゙´ .! .`゙´ ';'' ,;''、;/,;'  .'; .; !;:::::::::::.   ',
.     , ,!   :::::::l;、.; ; ;;'    ';';,,`'ー;ヾ -‐'l'ー-‐'゙';;'' ,,;''/;''  .,;' ,' ノ::::::::::..  i. ',
     i.,!l  :::::::::'i;;. '; '';,.   ';l;;;ヾ,.';,..  ..;!- .. -l,;;' ,,/ .'  ,;'  .; i'::::::::::::::.   !'.、',
     !i',!  .::::::::::::':、 ';,, '';,, ;' 'i;;;;, '!´;;;,,,_,l;, ,;;;;;;;У,/  ' ,,;'  ,;'./:::::::::::::::::.  l
    ' i  .:::::::::::::::::::'.、'';;,  ';,; 'i;'';;,,ヾ,.''゙   ヽ,.i' ,.i  , .,;' ,; '',..':::::::::::::::::::::.  l
.     l  :::::::::::::::::::::::ヽ '';, ' , l,'゙´      `´ /  ,'' ,;''.r';:;::::::::::::::::::::::   !
.     l .::::::::::::::::::::::::::::',  '     ヽ、      ,.-'   '  ''r':'、 '、::::;、:::::::::: .i .!
.     l :::::::::::::::::;、;:-、:;'、       '.、    , '   ,    ,!::::::'.、 ' 、!l::n:::: .l! l
.      i .::::::::::; ‐'  ./::::',      ', '; :...: i'.,'  / .,   ,!::::::::::::'.、 ':;! !:: .|l .!
.      l  :::::;.'   ./:::::  ',  , ,,, :,''' i/::::::::::'i ; .i ;,, , , /:::::::  :::::::'.、`.!:. l.! !
      !., ;:r'  ., ':::::      '、 '' 、''、,.'-':::::::::::::::'ー'ー‐'ー'-.':      ::::::', ヾ!.!.l
.     '.!.!  ,.'::         `゙''゙´::;r――――-.、::::::::::::.        ::'、 'l .!
      ',! ./:          ::::::/         .';::::::::::::.          ::::', '゙
        /::::        ..::::::/             '、::::::::::.       :::::',

                ↑【第二期君主案の一例】↑

836 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:33:50 ID:v9TJbhjc0
 


.∨ ∧   //////////////∧ヾト、ミ ヽ
 ∨ ∧///////////////レ─` ヽ\トミト             ____
.  ∨/////////////// !::::         ',           /
.  //////////////// |:::::          !                心
///////////////////77777777ト、              ,'  私
. //////////////////////∠//_//∧  _' ,          |       配
/ /////////////////////ヽ{・__レ/// ∠⌒ /          |  .は
 | !///////////////////////// ∧ {:{・}ヽ,         j.        す
 |.j///////////////////     j∧ V ̄ l       <     無
 / ∨////////////// /       //∧ V  !         |        る
   ∨//////////////!      |/// > ヽ /           .|.   職
   j∧//////////// l         ⌒'  ´ /         .|         な
   i V////////////∧    , -- 、  /            .|.   だ
     |ト////////////∧  _  ̄_"´             ',
     i ∨///////////.∧  ` ̄   /             ヽ
      |//////////////\      /                ̄ ̄ ̄
      |////////∧ ̄ ̄ト三≧ - '
      |/////////∧  { ∨ ∧
     /////////// ∧ ヽ!  ∨ ∧
  r─'   ̄ ̄ ̄ ̄ミ 、∧ ',  ∨ ∧
 ノ///////////////≧  \  ∨ ∧
    ↑【第二期仲間案の一例】↑

841 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:39:03 ID:v9TJbhjc0
というか真面目に初期メンバー案が、
現行の案で行くと


領主(主君):
比那名居天子(スキル型)

騎士としての同僚:
美樹さやか(武勇型)

???(未定):
藤井蓮(統率=武勇の超戦闘型)

???(未定):
ガッツ(武勇特化型)


って感じになるんだよね。
出来れば主人公予定のできる夫にもある程度戦闘要素があった方が回し易いので、
結果どうなるかと言えば―――


842 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 09:39:49 ID:2qVucH3.0
>>840
少なくとも上が美少女かただのオッサンで大分変わりそうだwww
でも教皇総長みたいなおっさんならわりかし有りかと気がしないでもない

843 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 09:39:54 ID:DZ.lW1Lg0
可愛くて健気なんだけど実力が伴わない領主とかどうだろう
「俺らが支えなきゃアカン!」と思わせるようなタイプ。


845 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:41:12 ID:v9TJbhjc0
>>842
そういう魅力的なオッサンが描ければ是非やりたいwww

>>843
天子でそういう系統出来るかな?

857 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:46:11 ID:v9TJbhjc0
基本的には

1.『月頭に会話ターンがあり、そこで会話した相手はこちらの指定に従って行動してくれる』
2.『行動を指定していない相手は、ランダムで行動する。ランダム表は状況・キャラの成長などに応じて変更?』

って感じにする予定です。
例えばさやかちゃんの行動表は


1.部隊訓練
2.部隊訓練
3.部隊訓練
4.治安維持
5.治安維持
6.治安維持
7.なにもしない
8.なにもしない
9.部隊数が3以下なら部隊設立。それ以上ならなにもしない。
10.自己鍛錬。能力値が1箇所成長。


という感じで。

861 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:51:31 ID:v9TJbhjc0
領主もある程度の指針を持って行動するけど、
主人公であるできる夫を一番信頼していてくれて、よく相談してくれるみたいなのが良いかな。
あ、いや、今少し思い付いたのがあるがこれ、いけるか?
脳内で色々捏ねまわし中。

862 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:52:43 ID:v9TJbhjc0
ふむ、給料増加によるボーナスかぁ。
難しそうだけど考えておきます。
そうじゃなければ、そもそも給料というゲーム概念を消しても良いと思うの。

865 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 09:55:41 ID:v9TJbhjc0
ヤムチャ様みたいなキャラなら良いのか!w

870 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:03:14 ID:v9TJbhjc0
一切の余談

没案となった領主と楽しい仲間達




■領主(上司) 金剛番長■

                                 , ...-
                            , ..-:::':::/
                        , ..-::'::::::::::::/
                    , ..:::':::::::::::::::::::/       _
            ,,ィ、   , ..:'::::::::::::::::::::::::/  , ....-::::::'::, '
           〃 i::', .-'::::::::::::::::::::::::::::ー:::::'::::::::::::::::; '
            i;'  / ノ::入::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  '
           ヽ / /,.ィ  ';:::;:へ::::::::::::::::::/_____
            ( イ「ソ   !:ノ プ)::::::::::::::::::::::::::::;   '
           / '"     _.ノヽ:::::::::::ヾ- '
           く  , ...-‐::::´::::::::::::: ̄ ̄ ̄` ー  、
          ,  '::::::;::::-───::::-::::::、:::::::::::::::: : : l
        「: :::::/: : ::: : : : : : : : : : : : : : ::::::`  ー‐- 、
         l:/-ー-::、: : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::: : : ヽ
       , イ : ::::::::::::: :\: : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::: : : : :  ` ー- 、
      /: :l : : ::::::::::::::: : : \: : : : : : : : ::::::::::::::::::::::: : : : : : . . .......  \
      l : : :l : : :::::::::::::::::::::: : :::ヽ: : : : : : : : ::::::::::::::::: : : : : . . : : :::::::: : . ._',
        l : ::l: ::::::::::::: : : : ::::::::::::::::'; : : : : : : ::::::::::::::: : : : : : : : : :::::::::::: ; :'::: . i
      l:::/ : ::::::::: : : : : :::::::::::::::::::i: : : : : ::::::::::::::::: : : : : ::::::::::::::::::::/::::::::::: l
      / : ::::::: : : : : ::::::::::::::::::::::::l: : ; -::::::::::::::::: : : :::::::::::::::::::::l:/:::::::::::::::::: 7
      ,' . :::::::: : : : ::::::::::::::::::::::::::::/':::::::::::::::::::::: : ::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::: \
       i  : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::: : ヽ
     l . : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :l:::::::::::::::::::::::::::: :  ',
     l . : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :;:イ:::::::::::::::::::::::::::::: :   i
     , - . : ::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : / l: ::::::::::::::::::::::::::::: :   l

871 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:03:26 ID:v9TJbhjc0

■騎士(同僚) ロリコン■


                      | |::::|      /;;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;/;;!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;',;:',;:ヘ
                  | |::::|     _/;;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;/;;;;;i;:;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;i;:i;:;:;',
                    | |::::|      ハヘ};;;;;;;;/;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ;;;;;;;;;;/;;;;;;;ハ;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;i;:iレト、
                      | |::::|     「i!7;;;;;;/;;;/;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;/;;;;;;;/!ヘ;;:;:;:;:i;:;i;:;:;:;i;:i;ヘク
                  | |::::|     i:|:!;;;;;;/;;;/;;;;;;;;;;;/ //;;;;;;//;;;;;/:/i ∨;;;i;;;;i;:;:;:;|:;i!ノソ
                     | |::::|     {レi;;;;;i;;;/;;;;;;;;;;/  //;;;;;;//;;;;/:://!  ∨;;∨;i;:;:;i;:|i!7
                 | |::::|       i;;;;|;;;;|;;;|;;;;;;;;;/\/;/;;;;;//;;;;/::/// _/∨;;;i;;;|;:;:|:;|i!ソ
                   | |::::|       i;;;;|;;;;|;;;|;;;;;;;/弋タ7;;;;;/:/;;/_,,///,rュァヘ;;|;;;|;:;:|:;レ'i
                     | |::::|       i;;;;|;;;;|;;;|;;;;;;/ ̄/7;;;;;/ //〃///´ヾ゚=イ |/;;/;;;/;/;:;|
                 | |::::|       i;;;;|;;;;;!;;;|!;;/  / i;;;/ //;   //      i;;;;/;;;/;/;:;:;|
            ___.,,,,、rー| |::::|.、    i;;;;;|;;;;;∨|;;|   i  |/ /´ ,! /       /;;/;;;/;/;:;:;:;|
            /;;/;;/;;;| |::::|二:ヽ、 i;;;;;|;;;;;;;;;!;|;ヘ.   ! ¦ 〈|;        /;;/;;;/;/;:;:;:;:;|
.          /;;/;/´ ̄_| |::::| ̄\\ |;;;;;|;;;;;;;;;;リ;;;;;ト、    ,、,,,____      ///ノ;:;:;:;:;:;|
      /;/;/  /7:::| |::::|:ヘ  \.|;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|∧  〈 ` ̄ ̄\  ///;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|
      /;;;//;   _//:::::| |::::|::::ヘ   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;「へ..ヘ  ` 一 - ' ////;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
     /;;;;//;   _/C::::::::| |::::|::::::::ゝ.、 |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;ト..、` ヘ.    ̄  //´ ̄」;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
    ∧;;;//;  /∧)レヘ::| |::::|;γヽ{::}ヘ.|;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;i: : : :`:::、`;:ー、ーク"´.,::'"´:i;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
   /;;;;;レ'//  //:::>∩ノ| |::::|ト∩ヾ:::::!l:|;;;ヘ;;|;;;;;;;;;;;ノ: : : : : ::::::::ヽ ∨ /:::::::::::::::|;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
.  /;;;;;;/7:/  //:://:::::〉l:ヘ、| .//く:::::::',::::ト;;;;',..:|;;;;;;;|: : : : : : : ::::::::::| | |:::::::::::::::::|;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;i;:;:;:;i
  i;;;;;;;;i::/   ∨:::ヘ:::::∪|ト:!|.//ト∪:::::ノ:::::〉;;;;', i;;i!;;;| ; ; ; ; ; ; ;:::::::::| | |:::::::::::::::::|;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:i:;:;:;::i、
  |;;;;;;;;K    ∨ ゝ、;;;ノヘヘ//:|:::::;;;ノ:::::/∧;;;)!;i!;;;;!; ; ; ; ; ; ; 「」 ̄ ̄ ̄「」:::::::::: ̄i;;;;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:ヘ
  |;;;;;;;;;!|\   ∨{::}::::::::::|!|::::::ヽ〃ヽノノ  〉;:::!;|ヘ;;!: : : ; ; ; ; ー、______」‐─¬ ̄:|;;;;:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:ヘ
.  !;;;/;;ヘ     ヽゝ::::::::::::|!|:::::::::::しノノ //: :ヽ: ヽ; : : : : ; ; ; ; ; ;}::}::}::::::::::::::::::::i;;;:;:;:;:;:;:;:| ̄:¬ゝ,<ヽ、_
.  ∨;;;;;ヘ    \ `|i::::::::::::|!|::::::::::/(  //: : : : : :\:\: : : : : : ; ; i::「:::i; ; ; ; : : :::::::|;;;;:;:;:;:;:;:;|::::::::::::::::::ヽヘ;.;.;.ヘー、,,,,__
   ∨;;;;;;ヘゝ-  \iゝ::::::::|!|:::::::://´¨7//: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|::|::::|; ; ; ; : : :::::::i;;;;;;:;:;:;:;:;:|::::::::::::::::::::ト:ヘ;.;.;ヘ:::::::::::: ̄::¬、

872 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:03:36 ID:v9TJbhjc0

■騎士(同僚) 無職■


.∨ ∧   //////////////∧ヾト、ミ ヽ
 ∨ ∧///////////////レ─` ヽ\トミト             ____
.  ∨/////////////// !::::         ',           /
.  //////////////// |:::::          !                心
///////////////////77777777ト、              ,'  私
. //////////////////////∠//_//∧  _' ,          |       配
/ /////////////////////ヽ{・__レ/// ∠⌒ /          |  .は
 | !///////////////////////// ∧ {:{・}ヽ,         j.        す
 |.j///////////////////     j∧ V ̄ l       <     無
 / ∨////////////// /       //∧ V  !         |        る
   ∨//////////////!      |/// > ヽ /           .|.   職
   j∧//////////// l         ⌒'  ´ /         .|         な
   i V////////////∧    , -- 、  /            .|.   だ
     |ト////////////∧  _  ̄_"´             ',
     i ∨///////////.∧  ` ̄   /             ヽ
      |//////////////\      /                ̄ ̄ ̄
      |////////∧ ̄ ̄ト三≧ - '
      |/////////∧  { ∨ ∧
     /////////// ∧ ヽ!  ∨ ∧
  r─'   ̄ ̄ ̄ ̄ミ 、∧ ',  ∨ ∧
 ノ///////////////≧  \  ∨ ∧

874 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:04:31 ID:v9TJbhjc0
■ヒロイン ポキータ■


      i''-.,,_ ______  _,,-''7
      i,'i> : ´: : : :  ̄: :'''i:/
      ,f : : : : : : : : : : : : :'i,
      ,!:/,;,:,ri,:へ;,/'vヽ;ri: i:i,
     ,i: '´ '='   '=' ヽi :'i,
     i: : i    l     i: :.i,
     i : i    --、    i: : :i
     i: :.ヽ.    ̄    / : :,!
     V'i;rv`.---┐r--.´vVV
.           ,f''''''''i,_
          ,r"    ヽ、
         ,!      .'i,
         ,!       i. 'i,
        ,! ,ri      i、 i,
.        ,! .i .i      i i, .i,
        i .i i      i. i i,
.       i  i i---.,,,,,,,,,,,i, .i i,
.   ',    i_i i'''''''-----i,. i-┤
    ' , ,  i  i、.,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,ム,_,,i
      ' ,.i_,_i´.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'i,
 ' ' , , , ,  ' ,,|| .,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i,
      ' ' '  .,!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,
         ,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i,
         └┬r------r.┬'
           i,,,i,     `i┤
          _,i__'i,    ,!_ヽ__
          '----'    '----'

878 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:05:36 ID:v9TJbhjc0
廃案理由:
南雲さんのAA少ない
ポキータヒロインは心折れる人が出そう
領主が強すぎる

881 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:06:16 ID:v9TJbhjc0
>>877
イメージ固定は別に良いんだけど、今作とやる事変わらないとかってなるのが嫌だから、
色々考えてるところっすw

884 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:09:37 ID:v9TJbhjc0
>>883
逆にBBA系君主で……。




                             _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,_        
                          ,,, ‐''~    ,,  ~`''-,,     .
                        /,,;.''  .    ';:,    `''、,  
.                      ,, '' ,,;'' .:  :     ; ';   ;,   `、 
                      /::  .:   :  :.  :: ;;  ';;;   `、 
                     /:: ,  ,; .:: ,:  ,:'   ;:  ::.. ; ':.   `、
.                    /::  l,  il ;;:: ;:: ::.   ;:::. ,; ::.   ::..   ,,}
                   /:::  li, {l;; '';; ';;i;;,,i;;,,,;;; ,';::: :i::: :! :::;;; ..::::}
                     /::   {{,,  \X^....    ゙´~~~`''''''''''''{;;::::;;'' }__
                   i゙:::..    \/:: ::  .::: :. :. :::. .::::::. { // i゙`、~'''-,,,,
                  l::.::::::::;;;;;; /:::: _;;;_ _ _ :::::.:::::.::  .::::: {// ./  ヽ   ~'''-,,,
                   \/~,,,,,ヽ/:: :. ,';;:::;;;;;;;::.'.     _;;;;;,,{, /‐、  `、;;,,.  ,,;;;|~''''-,,,
                 ,,-'''~゙i { :::゙i |~`-、 'ーん,,_;;`;、..,;.;,r'~___;;:`,_V~ i   `、;;,,,,;;;;;;|    ~'''-,,,,
               ,,-'~/    ゙i `i ( l_  `ー{;;;~゚^~ .ム‐-,{;;^゚~;;;::ノ :} {;/    |;;;;;;;;;;;|
            ,,-'゙゙ ,, /   .: ゙i ソ. `、 ...  `ー-‐'";;   | `ー-‐゙ ..:/_ソ.}i、   |;;;;;;;;;|‐t─--、,,,,_
         ,,,-''~  ,;;',,-IIi.  ::   ゙i ゙  } '''';;;,.::.:::..:;;;;;''   |;;;;::..,,,;''ソ~ ,,;;''}   |;;;;;; |  ';;;;
       ,,-''~    ,,=''  |;;|   ;;,  `‐--|.   ';;;;;;;''''Y ,;; | '';::;,..:;i  ,,;'' i    |;;;;; |   ';;
     ,,-''    ,,-i'~     |;;;|  ';;;;,,,   l_   ';;;;'\__2ュ,,,,∠,,;;:::::;'  ,;' i     |;:.:: |   ';;
   ,,-゙    ,,,-ii~ ,;'     |.;;;|   ';;;;;;;,, ...`、 ;,;''':."`、,,,,,,,,,,,,,,,,.....;::/ ,,;' i     |.  |    ,;
  .i゙、  ,,-ii~;;;;;;;  ,;;'    |.;;;;|   . '';;;;;;;,,,,, `‐;:,   ;;;'''''''''';;, :;/,,;;''  ,i      |  |    ,;;
  i゙ .l ~ ;::::::::;'  ,;;'    |.;;;;|   ;;,   ''';;;;,,,,,,`、,  '    ';; ;/ ,,;;;;-''        | |    ;;;
  i ゙ ゙l    ';;;;;'  ,;;;'    |.;;;;|    '';;;;,,,    ''-,,ヽ,_   ''_ノ  /  ,,-''     |. |    ;;;
 {    l   `;;'  ;;;;'      |  |     '';;;;;;;;;;;,,,,,  'ヽ ~~~ ̄  ノ _/       ||   ;;;;
 ゙i    l.   ' ;;:;;,     |  |        '''';;;;;;;;,, `、    ノ ̄            |.|    ;;;
  ヽ、  ヽ,   ;;;;;;..::;    |. |           ''''''''>-‐''~~^''メ、_         ||    ':::
    |`、,,,}   ;;,::     |.|          ,,,,-‐'''~  t-‐'''^~  ,ン'''-,,,      |    ::::
    {;;,, ''-、  '      ||        ,,-''~      l  __,,-''~     ~'i-,,,   |    ;::.
    ';;;,,  }        |.|      ,,,-'''~  ,,      l    ,,,...  ...:::: }  ~''-J    '::.
    /';;,,  |        ||   ,,,-i''~      ''ニ-、,,,__/ ,,;;;='''~    ..:'' |    |
   〈  '';,, {       |レ'''~ |        ~'''‐-、,/'~          |    |ヽ、


……これか?

886 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:10:47 ID:v9TJbhjc0
>>885
えっ、このBBA領主様で逆玉目指す猛者が居ただと……。

888 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:11:22 ID:v9TJbhjc0
>>887
回せる自信がねぇwww

892 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:15:46 ID:v9TJbhjc0
ヒロインさやかちゃんで行くか、ヒロイン領主様で行くか悩み中。
一人に決め打ちしたいので。
ヒロインさやかちゃんで行く場合、領主は誰がよかろうか。

……あっ、ねぇ。道下とかどう?

895 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:16:43 ID:v9TJbhjc0
>>891
ステータスに『寿命』という新要素が必要ですな。
行動する度に寿命が減って行き、0になると死ぬ。

……言っておいてアレだが不謹慎すぎてやだwww

919 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:37:24 ID:v9TJbhjc0
 

まぁ、ヒロイン枠はさやかちゃんで良いかなーと思いつつ。

メンバー構成としては戦闘特化要員として蓮かアカツキを入れたい。



                  /  ./二ニニ=-
            __〉/:∠. ‐‐‐---.、
           ,. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.、ニ=--
     __/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    ./::::≧=-、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
.‐-ァ/:::::::::::::::::::}.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、`ー
l::://::::::::/`i::::::i.: : : :.,、: : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧
レ'/::::::::/  ヾ:::j>‐、ヽ\: :\`ー-- .__: : : : : : : : : : : :.\
::::::::::::〈___>.:´:::::::::::}`≧x、:.:.:\.   x≦´',: : : : : : : :.:、`ーヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::/::::iだ心 `\: :ヽ ィ笊心ハ',:.: :.:\: : : :\
:::・::::::::::::::::::, イ___/弋少    ヾ::ゝ 弋少ノ ':,:.: : :.:\: :.\ゝ
/:::::::::::::::::::::`ー――.、    |           ∧: : : : :.:\: :.ヽ、
¨...‐-:::::::::::::::,.--┐::/   〈          / ',: : :ト、\:ヽ ̄
:::)-::::::::ヽ:/:l {: :.lノヘ   ,、_____   ., ' / ', : |. ヾ:ゝ`
´::::/:::::/ニ=.|. \:\ \  }/     .〉.//  .ハ:.|       ,
:::‐′:/二ニニ∨ `ヾゝ\ .` ー‐一.'//     jノ     /ニ
.┐:::/.二ニニニ.∨       \≧-</            ./ニニニ
:/:::/ 二ニニニニ.|∨        ヽ、/    /      ./ニニニニニ
::::/.ニニニニニニニ!__`ー‐-―‐/¨´.     ´      /ニニニニニニニ
:/ニニニニ___.ヽ.  ̄ ̄ ̄           /ニニニニニニニニニ
'― 、  ゝ.__、 ̄\ `ー           /  /ニニニニニニニニニニニ
-、  \    \  \.  , -、- 、     /ニニニニニニニニニニニニニ
  \  ` ー- ..__>.   \/ ,.、. ', ニ`>´.、 ニニニニニニニニニニニニニ
ー-.._>              ∨ .',. ',ニニニニニニニ> 、 ニニニニニニニニ


              _   -‐―――-
             ̄   ‐-  _         `
               _ -‐ ´           `
           _-‐__´____              `
               zイl///          .ィマl   >
             /x-‐/    >z     /`マ.ィ≦7Ⅵ
            ´  ./ _> ´1//.    , ×       ム/iⅣ
              / ィ7∧( 〉|/   弌 tッ、\   .ム/Ⅳ
             ´  /x1l八_./  ./  ` ー’`´ ィニ!///
                ´ レ'l/l/ /        l オ1l//
                 /kll// 、        _ ィ′|//
                 _/ ´\   \  -―-/   .|l/
             > ´ ヽ    > _.\__./     .|'
          >´      \  / < ーz、
         /         ` < _7 //‐zx
       ∠ ̄ ‐- _     _____` ー' '  ヘヘ、
      /   ̄ ‐- _ >   「r-‐――一'    ̄ l
     /   ̄ `丶      l l ○      ○  l
.    /        丶    l l              l
    ヤ>zx       ヘ     l l               l
     ヤ////>     !    l l                l
     〉_´           i.   l l ○         ○  l
     ヤ三三>    i.     l l                l
     〉 ´         !.    l l                l



ダダ漏れの趣味構成である。

920 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:39:04 ID:v9TJbhjc0
で、南雲さん+インコマンが頼れる大人ポジ。
あれ、これ行けそうじゃね?
あとは領主を誰にするか。

923 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/17(火) 10:40:35 ID:v9TJbhjc0
アカツキは結構AAあるよー。
ムラクモやアドラーもあって面白い。

1000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/17(火) 12:17:25 ID:Yjj4UPSk0
>>1000ならあややのサービスシーン

1119 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:47:35 ID:Vf8R8KI60
とりあえず、前回のランダムイベントの結果としてワルクヌェーで行われる西部一武闘会をやるとして。
それだけやったら休もう。
あと、その前にグッドイベント安価振っちゃって良いですか。

1123 名前: ◆UmGfZBejrA[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:51:47 ID:Vf8R8KI60
 
治安100によるグッドイベント表


0.金銭400を得る。
1.食糧400を得る。
2.資材400を得る。
3.来月の行動回数が1回増える。
4.全ての経済力が+100される。
5.成長チャンス! 仲間が2人成長する。コミュ回数には加算されない。
6.成長チャンス! 仲間が3人成長する。コミュ回数には加算されない。
7.情報収集難易度15までの情報を1つ入手。
8.ラッキー! 初級アイテム入手!
9.超ラッキー! 中級アイテム入手!



【安価 ↓4】
1~10


1127 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 00:52:23 ID:1KLHy.rU0
10

1132 名前: ◆UmGfZBejrA[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:53:48 ID:Vf8R8KI60
あっ、ちなみに【治安100ボーナスを取れるのは1季に1回までです】
治安100ボーナスは強力ですが、そればかりを狙われない為の対策。

1134 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:54:47 ID:Vf8R8KI60
◆UmGfZBejrA = #1exd

1+10=11

1.食糧400を得る。


1135 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 00:55:01 ID:txByFOro0
なんと、下手な内政より美味しいじゃないか、とか思ったのにw


1137 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:56:12 ID:Vf8R8KI60
>>1135
次回作では少し弱くします。
今作では強く設定し過ぎてると、自分でも思うのでw

1139 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:57:05 ID:Vf8R8KI60
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――4月末 都市ワルクヌェー

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1140 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 00:59:12 ID:Vf8R8KI60
 

                / ̄ ̄\
               /   _,.ノ `⌒
               |    ( ●)(●)   __    ノ'
               .|    (___人__)   / .i   .i´'
               |     ` ⌒´ノ   | レ/;;:
               |        |_,-‐、l//.  「ワルクヌェー伯、今回はお招き頂き、ありがとうございます。
               .人、      厂丶,丶, v´j    西部一武闘会―――ヤムチャ子爵が発案した、在野の武人を集めての
            _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ     武闘会ですね」
     _, 、 -一 ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
    /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
   丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
   i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;:|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;〈 ;;;;::::::::::... ',;;i
  / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::;;;;;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::::. ',



                         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、
                     ,r=≠::::::::::::::::::::::::::;::へ:;::::::ヽ、:ニ=ー
                        /:::::::::::::::;::<ヽ::::::/:::::::::::::`ヽ、::::\t
                  ト、,、/|   /::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::ヘ     「あぁ、よく来てくれたやらない夫。
                ノ     'フ.|:::::::::::/:::::::::::::::::ム:イ:::::::::::::::::::::::::::ヽ::ハ      その通り、この地方に居る武人を集め、
             У,、  ,  ヽフ::::::::/::::::::::/::::/  {::::::::i:::::::::::::::::::::ハ:ト,_r 、rz、   こちらの眼鏡にかなう武人を探す大会だ」
 r、∧,,, ._      レ' `´ ヽヘ.}:::::::,r{:::::::::::|:::ソ、_ ∨::::ト、::i:::::::::::::::::|'//  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨¨
-'   ' Z  `ヽ、     {      从:::{ 〉;:::::::ト;::| r=-ニミ:::::|ヘ::ト、::::::::::::}',/  /
    _ヘ       ヽ.  ヽ_   / ヽ:∨::ヽ::::| リ `ゞ'゚゙` .ヽ:{ '云入:::::::リ/!  イ
   ト`       ヽ‐´、,r。`ヽ'   ,_Y:::::::::ト:{        、  ./:::ト、/ `ゝ、_{7 ̄ ̄ ¨ ー ___
⌒レ人         /゚   `fミト<::::r|::::::::::L`__      ′イ::::::| '            ,r/
    `ー ---‐‐{ /rfミ.   ゞ'ヽ':::::l.|::::::::::|ー‐t /  ー=≠.「二!::::::|             _/ {
            { ゝゞ' _,rァ ゙フ:::::::| {:::::ト、!  | ト    /||  |::::::}        ,ィチレ´///|
           \ Z ヽ..ノイ::≠∧∨|. ` .| |  ` ー ´ 〈||  |::::/___,r θ/7 / {////,|    /
            7¬¨  | ム>'⌒ヽ{   .! {     .,リ  |::/    /  //  { |////,|   /
            _ム ノ-‐´¨´        ヾ`、    / ./.レ     ./  .//   | |////,|,.イ
            /  ¨              ` >/  /   .|  ム__//  「 ´_|////,|/,|
             / 、               〃彡 '          |   ̄/   | |///////,/}

1143 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:01:31 ID:Vf8R8KI60
 

                    ヽゝ 、 _
                 _, -‐= ‐- = 、 ̄> 、
             __, -‐ニ‐  ̄::::::::::::::::::::::`ヽ::::::`ヽ
             ̄ ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::>‐=::::ー=ヘ
               /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             fr:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::r:::::/`7::::::::::::ヘ   「上位入賞者には豪華賞金。
             リ:::::::::/::::,.ィ⌒ミ!:::::::::::|:::/、 f:::::::i::::::::ヘ    そして、俺の目から見て眼鏡に適う奴がいれば、
             {:::::::::f:::/:::{ r',ト;:::::::;イ::j、 ヽ{:::j:::|::::::::::j     そいつに仕官する気はないか声をかけてみる―――ってわけだな」
              ヽ:::::{/::::::ヘ ∨ヘ::::::| {ト,㌧`.ヽ:::j::::::::/
              , 〉::::::::::::::/`y::::::ヽ::{    ijλイ:::::/
              , <::::::::;:::::::::;イ f:::::::::::| `    丶 }:::/
        -=¬ス::Fヲ:::/ニニ{:::::::::::{ニフヽ., ′  j/
           ./::::::」´イ    ∨::::|リ゙7/ f―ッ
            /:> ´ { ____.   ゝ::| ff ´ フ/
          '´    厶   _  ヽ\ jj  //
             斤  - 、_`ヽ、 ` 弋.//
              /   > ´⌒``ヽ、  1}
            ./  /       ハ jj ゝ、
              j  /     ー_- =.、_⊥!Lf∩
           f  f     /\\'    ト∪!
             .|  |   /   ヽ.ヽ.  \ ヘ




                / ̄ ̄ \          (
               /   ⌒´  ⌒           ノノ
               |    ( ●)(●)(,ヽ、   ((
               .|    (___人__) r__i____  ノ
               |     √丶丶丶┬─'"'
               |     | )     j
               .人、    ヽ´    ,/    「時期が時期です。グラズヘイムからのスパイなどにはお気を付けを」
            _,/::ヽ、.,ヽ., __ (    r
     _, 、 -一 ''"::::::::::::\::::::::ー-- r / ⌒ヽニ- 、.
    /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/....., ̄ v,;,ヽ
   丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;( ;;;;:::::::::::... ',;;;;|                            「大丈夫だ、その辺は身分照会含め
   i ;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ :;;;;;;:::::::::.. ',;;i                               雇う前にしっかりやる心算さ」>ルーク
  / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',

1145 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:06:08 ID:Vf8R8KI60
 

                   / ̄ ̄\          (
                  /   _,.ノ `⌒        ノノ
                  |    ( ●)(●)(,ヽ、   ((
                  .|     (___人__) ,r__i____ ノ
                  |     √丶丶丶┬─'"
                  |     | )     j     「……しかし優勝者を予想する賭け屋含め、
                  .人、    ヽ´     /      大きな興行になっていますね。
               _,/::ヽ、.,ヽ., __ (    r        屋台もすっげぇ出てるし」
        _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::ー-- く / ⌒ヽニ-、 
       /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/....., ̄ v,;,ヽ
      丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;( ;;;;:::::::::::... ',;;;;|
     i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ :;;;;;;:::::::::.. ',;;i
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',




                  j
                /|
               /::::ノ∠ ̄ ̄二ニ=ー
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
               /::r、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               Y::::ト :::ヽ、::::\:::::::::::::::::::::::::::レ   「シュナイゼルの発案でな。
            |::::::|ヽ:::ヽイタヽ`Tヽf^i:::::::::::{    どうせやるなら、こっちも儲かる形でやるべきだとの事だ。
              λ::::|ィタ`ーヽ __」::::K´:::::::::::::\   なんならクール子爵も誰かに賭けてみるか?」
             ゝ、ヽ、'   , V!::::トヽ―t:::\:ヘ
               /^:、 ‐ ´   j:::::f ̄ ̄|:::::::ヘ::|
                 /、::ム_\_ xイ:::::j  _⊥::::::} `
              {::::::ト、    /:::::/ ´   `ヽ、
                  ヽ:::|. \  /::/    , -‐ ̄ヘ
                    ヾ .Fノ ´    /  ●, イ入
                     У     i! く 、__, ク -´  \
                  /0ヽ }  }  ゝ‐'    > ´xへ、
                {  /   ゝ、,|      /^ x<圭,へゝ
                |/     .乂     / /圭/    \
                |        ∨ / ./圭{、   .ノ   \
                |     ヽ   Χ´,ス´圭圭≫j´     ノ
               f|       ヘ   ヽム介彡」./     ./
                    ||         ヘ   /{:::::::/    /
                    ||       ヘ  く  }ヘ´    /
                  イ!         ヘ∠X´  ヘ  /
                 _A||    とニ二jノ//∧   x.<.T┐

1157 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:13:28 ID:Vf8R8KI60
 

                    ヽゝ 、 _
                 _, -‐= ‐- = 、 ̄> 、
             __, -‐ニ‐  ̄::::::::::::::::::::::`ヽ::::::`ヽ
             ̄ ̄フ:::::::::::::::::::::::::::::>‐=::::ー=ヘ
               /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
             fr:::::::::::/::::::::::::/:::::::::::r:::::/`7::::::::::::ヘ
             リ:::::::::/::::,.ィ⌒ミ!:::::::::::|:::/、 f:::::::i::::::::ヘ  「ちなみに予想屋の予想では、
             {:::::::::f:::/:::{ r',ト;:::::::;イ::j、 ヽ{:::j:::|::::::::::j   この辺りが優勝候補だが―――」
              ヽ:::::{/::::::ヘ ∨ヘ::::::| {ト,㌧`.ヽ:::j::::::::/
              , 〉::::::::::::::/`y::::::ヽ::{    ijλイ:::::/
              , <::::::::;:::::::::;イ f:::::::::::| `    丶 }:::/
        -=¬ス::Fヲ:::/ニニ{:::::::::::{ニフヽ., ′  j/
           ./::::::」´イ    ∨::::|リ゙7/ f―ッ
            /:> ´ { ____.   ゝ::| ff ´ フ/
          '´    厶   _  ヽ\ jj  //
             斤  - 、_`ヽ、 ` 弋.//
              /   > ´⌒``ヽ、  1}
            ./  /       ハ jj ゝ、
              j  /     ー_- =.、_⊥!Lf∩



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼



               |.:.:.:.:|:.:/:.:./:.:.:i:|:.:.:.:.i|:.:|i:.:.|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:..
               |:....:.:|.;.:.:.:.i:.:|:.:i:|:.:.:.:.i|:.:|i:.:.|i:.:.:.:_ムィ^:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:i:.:..
               |:.:.:./;' :.:.:.l:.i|:.:|:.:.:.:./:.:/'!斗ャj厶=ミ,:.:.:.:.::::.:.:i:::.::.:.:.:.:.|
               |:. //:.:.:.:.i|_i|:_j:.:.:./i:.//ィ゙抖i::::::::}} 》:.:.:.::i:::.:レヘ:.:.i:.:|
               |:/ i:.:.:.:.:.:.|:.「弐ミ;/ ^~   i:しヘノ}/ .:.:::::|i:.:.ヒ^ ;.::::.i        ギャンブラー
               |′|:.:.:::.:.:.V{{:i:::::さ     ^ー‐ァ':.:.:.::::/:::::.{⌒ }::::::    「私の 外交官魂 に任せろ! 得意分野だ!」
               |  i:.:.:::::.:.:.ト乂_,フ        /} ::::::::/厶ィ //::::::|
                    }  |:.::::::::.:.{ '¨  '       '^ ´    /i:::::::|
  __            ; 八ト、:::::.:.::.    _ -‐  ア      rー个::::|i::::::|
./ニニ,        __  ;     7ー:.:.:::..   ー‐      /′::i|::::::|i::::::|
=ニニニ,ー‐--<    7{=-   /ハ:.:.::::::::\        ,.   ,':::::::i|::::::|i::::::|
ニ=ニニニ,ーt   } /ニ{{ニニニ=;:.:}:.:.::::::_:::-\.          {::::::::i|::::::|i::::::|
ニニニ=ニニ,{__jL ノ/ニニ{ニニニニ=-vァ7///ハrー '′    i::::::::i|::::::|i:::::jL. _
ニニニニニニ,_ -=ニニニニニニニニニ=,///__/V}二ニ=- _ -==ニV///////ヽ
ニニニニニニニ,ニニニニニニニニニニニ= ,   )   /         V////////,}
ニニニニニニニ,ニニニニニニニニニニニニニ, // /         }「`ー¬宀7

                 【出稼ぎに来た予想屋のお姉さん】


▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



①なにかと語尾に『ェ』を付ける忍者。あんまり忍ばない。
②蛮族の英雄。超好戦的。
③寡黙な巨漢の武人。霊圧が消えそう。
 


【安価 ↓10】一発勝負
誰に賭けますか?(※勝敗は後でランダム安価で決まります)
また、ゲーム的な意味での予算は消費せず、あくまでやらない夫のポケットマネーです。


1167 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 01:14:15 ID:T6w/J.X20


1175 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:16:18 ID:Vf8R8KI60
 


                 / ̄ ̄ \          (
                /   _,.ノ `⌒        ノノ
                |    ( =)(=)(,ヽ、   ((
                .| U   (___人__) ,r__i____ ノ
                |     √丶丶丶┬─'"
                |     | )     j     「そうですね、ではグンマー出身の武人だというこの方で。
                .人、    ヽ´     /       ……マリナ様みたいな羽付けてるなぁ」
             _,/::ヽ、.,ヽ., __ (    r
      _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::ー-- く / ⌒ヽニ-、
     /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/....., ̄ v,;,ヽ
    丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;( ;;;;:::::::::::... ',;;;;|
   i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ :;;;;;;:::::::::.. ',;;i
  / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

           {ニニヽ..、   {::::::::}   /:::/ニニラ/ : : }/)
       <¨''ー',ニニニヽⅥ/ ̄ ̄ヽ/:::/ニ二/: : : : ∠ニ/ 、
     (:\_\ .',ニニニニV ,--、,--、Vニニニ/: : : ∠ニシ /:)
    <:\ \:::::::≧、ニニニ{ ー=''Aー=’ }ニニ/: : ∠ニラ/::::/
      ¨''ヽ: :\:::::::::ヽニニハ ェ㎜㎜ェ /ニニ/: /ニフ''¨:::::;ィ´
         \: :ヾ、:::::ヽニハ____/二ノ: /-‐''::::::::::/./
       (゙゙''''ミx、 ヽ、:::」┗┓□┏┛L∠:::::::,, -<,,/
        \   ミx、,-、L i┗┳┛i 」γヽ《ニニニニニヽ、
         >.イ≧=し', ======ヽ-'::::〉..<⌒ヽニ',
       .∠ラ´:::::::ハ /ィ゙≧x、,,,ィ≦゙゙ヽヾ,∧::::::::',ミz,\j
       {ニラ:::::::::/ニ形,´tェ:ュミ  ィtェ:ェミ }¨ト、,:::::',  ',
       .V.l:::::::/ニフ{ l ー-''  l ヽ`--´ / i ! ハ.',:::::',  ',
        { :l::::::{ニラ ト,.! ー''´/、 ::::,、''´  ! l lニニ} }::::::}ヽノ
        .`ヘ::::::V i!l-!  / `i j´ ',ヽ /liノ lニニレ::::/
         .入:{  l ! '.,. { /ー=一` } / l トニl:::/
         .}ラ` ゚iiii゚ ',、 . ̄ ̄  'j,イ .゚iiii゚.ヾレ'
            .(_,,)./:iヽ、_i:_,,/ ,i、 (_,,)
             ,, ノ l ヽ  .::  :i ヽ、
      _,,rrr-fi´ i{   :.   /  リ   }i`.fi-rn,,_
    /   |:l.l  .l.i□l   ::.      .:::'  i□i.l  l.l:l   ̄ヽ
   /    .l:l.l   l.i□i   :..        /□i l .l.l:l    '.,
    !      l:l.l   ヾ□ヽ、  ::..     ./□./  l.l:l     ',
   .l      l:l.l   \□`┬┳┳┬''´□/   l.l:l      .}
    }     .ハ:i.l     `ー┐┗┛┌一''´     l.i:l、     .l
  .,_!     i!/〉ミ、      l.i::l!¨i!::i.!      .,ィ,イヽ、    .!
  /ミx、  _.ハイノ〉≧=-┐  l.i:l!  i!:i.l  r=≦〈\)\)   ,,.ノ!
γ⌒ヽミ=≡イ,.ィノ>=i:l.!   l.i:l!  i!:i.l  l.i:代ヽ;ハ:ノ ,イ≡=彡'⌒ヽ
人   リ    ハ  .(/ l:l.l  l.i:l!: :i!:i.l  l.i:l\)   / {    .{  人


▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1179 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:16:54 ID:Vf8R8KI60
おっと、キャラ名付け忘れ。


【蛮族の武人 モンテスマ】

1197 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:19:31 ID:Vf8R8KI60
 

            /:::::::::::::::::::::;;;::::::::;:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ./::::::::::::::::::::::ム:V''´{:::::::::::::::{:::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::ヘ
           ./:::::::::::::::::|::::::|    {:::::::::::::::{、:::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::ハ   「モンテスマか。
          {:::::::::::::::::::{:::::|    ∨::::::::::ハゝ ::::ヘ、::::::::::::::::::::::::ハ   指揮官も務められる蛮族の武人だな。
          |:::::{:::::::::::::|::::|-―‐-- ヽ:::::::::::ハ ,>、ヘヽ、::::::::::::::::::::}   ……ヤムチャ子爵のとこのビッテンフェルト殿が引くレベルで
          {:::::∨::::::::::|:::{ ,rェョァ-ミ \:::::::ヘ.,ュェョ-ヽ `ヽ、:::::::::::|    好戦的だが」
           .|:::::{∨:::::::|ヽ{`乂少.     \:::ヘ乂リ  ' /::::|:\::::::l
             ゝ:::ヽ|∨::ハ リ         `''ヘ    {::::: l:::}.∨:}
               ヽ:{::::ゝ:::ヘ          〉       |::::::::lヾ ソ
             |::::::::ヘ ヾ.   ,.. -t          /|:::::::::l
             |:::::::::::ヘ ,..- ´,.. t .| -‐ -    イ .|::j.`ヽ.
                ,{:::::::::::::{,.. ‐´  .| l        ∠_⊥! j゙У
           ッニゝ::::::::ト;:l     | |    /|`ー‐´/./ /:l
             /:}.  V::::ヘ ヘ.     | l`ー‐ ´ .|    /./ /:ノ
         ´- ' |  \:::ヘ `    .| |     l   /./ /´
              厂}`ヽ ヽヘ.     ゝ\    ト、 /./ /!
           厶{ ̄\` `      ヽ\  `ソ/./ / > 、
         , <                ヽ\ イ/./ /     > 、



                      - ─- 、       ノノ
                     /      (,ヽ、   ((
                   /     _,ノ___ヽr__i____ ノ
                   /    (√丶丶´v┬─'"
                    i U   | )     j
                  ,.ト、     V     /   「雇うんですかこの人」
               _,/( く、.    (    r
        _, 、 -― ''":::::::::::\::::ヽ,ヽ., __r  /⌒ヽニ‐-、
       /;;;;;;::゙:':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',;;;;;
      丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ;;;;::::::::::... ',;;;;|
     r ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハ :;;;;;;::::::::.. ',;;i
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::: !;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',
    / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::!;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;;;;::::::. ',




               _____
              /:::::::::::::::::::::::∠___
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::ヽ
         レ::::/^ヽ::::ト、:::::::::::::ヽ:::::::::::::::l
          /::{::{ ― ∨   ―:::::::::ヽ:::::::::::|   「……うーん……」
           {::::小 ○    ○、:::::::::|::::::::::/
         ヽゝ⊃ 、_,、_, ⊂⊃、/j:::::::/
       ./¨`x |::ヘ           |::::|´/三i
      `く/ `|:::/ >t __ r―‐┤::|/  7
       \ ∨´  || ||    レ./___,/
          ヽ〃/   ∨     ゞ 彡'

1203 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:20:21 ID:Vf8R8KI60
モンちゃんの解説は他の人に任せた!
知らない人もいるみたいだから、モンちゃんの魅力を教えてあげてね!!


1204 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 01:20:54 ID:FEbJbJLU0
>>1185
シヴィライゼーションシリーズにおけるアイドル、
アステカの指導者モンテスマ

その文化という単語を投げ捨てたような外見と
出会った傍から宣戦布告、
宗教が違えば宣戦布告、違ってなくても宣戦布告、
親しみを感じている(友好度評価最大)でも宣戦布告という
アグレッシブという言葉では到底言い表せない素敵AIをしているキャラ
あとすげぇ少ない賄賂で周りに噛み付いてくれるので狂犬として割と便利


1205 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:20:57 ID:Vf8R8KI60
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そして、熾烈な戦いが始まった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


1206 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 01:21:02 ID:9KCyQfF.0
モンテスマを的確に表した一言
「こんにちわ、死ね」


1217 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:27:04 ID:Vf8R8KI60
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――戦士達の激闘に次ぐ激闘

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                              -‐=ニ二 ̄ ̄ ̄二ニ=‐-,、
                          , <´≫≪     ̄ ̄ ̄    ≫≪l
                 / ̄\  /》≪≫ ≪≫    __  ≪≫  |
                  |    ヽ′《》≪≫ >:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <|
           r'⌒  ⌒ヽ._..|__/O〉ヽ>'"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
          /        ヽ /  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ‘,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          {         ノ    //:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:/:.:.:/:.: /:/   !:.:.l:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:
          ヽ          j..゙、  / l:.:.:.:.:.:.:.:.:/::./:/:.:.:/l:_:/:/   :.:_.l:.:l:.:.l:.:.l:.:.:l:.:   「ルルーシュさん見て下さい!
           l    _,ノ....../`ヽ ,:.:.; -、:.:/:.:イ-:‐ィ::´l/}/   |/l/`lヽ:.:/:.:. l: i   あれ、スペースコブラの最新モデルの
            `ー‐'   /|   i| ,':.:.{ ハ Vl:./ y=≠ミヽ:/    y≠ミヽ };/:.:/:/l/   遠心分離機です!
            /  / |  i| .::.:.: ', く l,' ,イ {rし;}     {rし;} リノ' :./:/      あの機能性と美麗さを合わせたフォルム……。
              , '  , '    i|  i| ;.:.:.:.:.ヽ。_,、  ゞ-''      ゞ-'' 从ノ'´  r'⌒ヽ  凄く良いですよね!!」
          /   ,     ;i|  i| ヽ从/O:.人 ////////.       }   )
            /   /r'⌒ヽ....i|  i| ノ ̄ヽ‐ヽ :ヽ     ヽ ̄ ア    人_...   ヽ-、_ノ
        /   /.(   ,).゙_三/'´    ∨Λ :. :....  ___    /  / ヽ- 、
          /   /  ヽ.__ノ. /         ∨Λ:.:.:.:// ̄`ヽ´   / /   {_
.         /   /     r―' \         ∨ 〉:.:/―'"´l⌒ヽ Y  / /__ハ
        /   /    |ノ   \       ∨/|    / ̄ ヽ ',O' /     l
.       /ミ≫/    /´      \    ◯:〉三|    |  ̄ヽУ‐'´      |
      |≪≫|      | /´ ̄ ̄ ̄ ̄\___,/li≫|    | ト、_ノ ‘,       〉
      |≫≪|      | |           // ̄l ̄/    :| /  { ', ;     /
     \≫i|      | |     二ニ={´    !/´ヽ __;l l  λ , ,'二ニ=-{





             /:.:.:./:.//:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.\
            , '.:.:.:./:.//::..:.:.:.//.:.l.:.ヽ:.:.ヽ
           i:.:.i:.:/:.:.:///l:.:.:.:.:/:./|:.:.ハ:.:.:!.:.:.:.:.'.
            l:.:.|.:.|:.:.// l l|:.:.://∠/:./__',:.:|:.|:.:l:.:.',   「ふむ……言われてみれば確かに、この品のある曲線。
            |:.:.l:.:l:./7/|!‐|:./// 〃/‐‐-ヽl:.!.:.|:.|:l    ゴボウ玉(ナナリー)に近い何かを感じるな」
           }:.:{:.:.|f仆ス7ミ|{/ } /´tf匁ヌヾ〉!:./:.lリ
           /:.:.',.:.', ̄ ̄  ! i| .   ̄ ̄ ,':./:.!:.|
             /:.ハ:.:.ヽヽ     ___     ノ:/、:.|',|
         /}/ '.{ヽ\   〃 ‐:. ヽ  /://}|:.} ヽ
          ノ  ヽヽ\ゝ         /イ´ノヽ
             }l:.:.l:.:`丶、      イ:.:.l:.:/
             リ',:.|:|:.:|  ` - '´  |:.l:.|:.{
              リi:.|:r´- 、 ___,lヽ:.{:|
              /`ー -r、,--、-、-┴ 、ヽ
              >‐'  / /  ヽ ヽ-‐<
    ______,/\ ̄/ /    l '、/)__
 r‐'´: : : : : : : : : : : : :\\ ∨ ,'     i  l  / l `ー--、___


              【やらない夫と一緒にワルクヌェーに来た家臣の皆様の風景①】

1231 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:30:14 ID:Vf8R8KI60
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 数多のドラマが展開され――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




                    /      ヽ
                  / :/     \.',
              { /          ヽ
              ∨            }
                        -――‐- ミ
                  /
                 /        \       ヽ
                    ,                ヽ      ,
                  ′    /           ',  U  ′
.                /:     .′  :|                 ',
              /  {   :{ i../|     :}__j_    i   ′    「なんで露店でそんなもんが売ってんだか。
                   |  -┼< :|   γ∧ }ヽ`i  |         ……あ、チルノ、シュテル。なんか回りたい屋台や露店ある?」
             {    |  /i/  ヽ| :   / ,云zミi|   |   ',
             |    |  云zzミ八  / V::::;}} }|   |
             |    |  { V:::::;}} ヽ'  乂.タ    |    ',
          __,/!   ‘  ', 乂rタ   、     ,,,,, |   i
       _-=// {    ', ヽ''''             |   |
     _- ニニニ|    /:     _∧. ‘,o。   `^′ イ  |   |     |\ '。
  _ -ニニニニニニ:{  ,/: _>'"|.「ニ, :V/ 「¨¨  √¨〉:|   |==┐ {  ', '
ニニニニニニニニニニY j}:ニニ\.  | |ニ! :}',   \ /  /ニ}  }ニ} }、.‘,  }│
:ニニニニニニニニニニ{_/:ニニニニ\| |ニ| :|:ム,_/⌒ iヽ_/ニ/  ./:ニ} } ∨', } }
ニニニニ=-=ニニニニニニニニニ〉|二} :|ニ,{    〉<゙ニ/  ./ ニ7.,'  ∨V ,′
=-=ニニニニニニニニニニニニニニニ | |Z/  }/¨ヽ/ x\/  ./:ニニ//    マ:/___
ニニニニニニニニニニ==-‐"¨ ̄:/ |_7′./    /|   /  ./:ニニ//_ ,x<  __ \
.        /./       {  /  /-‐=T´ :}   .{ ,/:{\_//ニ/  γ ./\ ヽ.X



         ____     ______
         「::::::::ヽ、__/:::::::::::7
          !:::::,-''" ̄`"'ヽ::/
         ヾ,'  , ,  、 、ヽ
  ((  ,ヘ, ノ ア タ/λイλチ弋 .,ヘ ))
      '、 .'、ルル ○   ○ ル/ ノ   「かき氷!」
     _ヽソ.弋 ""r-‐¬""ノ/__/_
    \ (   ゝヽ、__,ノ_ノ   ) /
       ̄弋、 イ;;L∞_/;入 ノ ̄
     <二>弋.{::::::::::::::::::}-イ<二>
       _ ヾ:ノ:::::::::::.::::::i` _
      /././:::::::::::::::::::::ヽ.,\ \
     .|/ /ヘ;:;∧;:;∧;:;∧;:ト \|



     ―==ニ二 ̄ `丶
      ´  ̄ ̄ ̄`: : : ¨ ̄ ̄ ̄. . .
.   /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
   /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヘ
.  // /: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :ヽ : : :',
 /   /: : : : : : : : : : ::/|: : : : : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ
   ,': ::/: : :/: : : ::_:/  |: : : ::|: :l: :i: :ハ: : :i|: : : ::|
    |: /|: : /:|: : ::/l/>x{: : ::八x<丁 |: ::∧: : : |  「ホットドッグも是非」
    |/ :|: : |八: :::|下¨抃 . : :| 才¨不アl: / :|Y: : :!
    |! 八: :|l}:::\|.弋_ソ  ヾ! 弋_夕 |/: : | }: : :{
      ∨ |: : : |              }: : /|イ: : |
         |: : :人             イ: :/ソ: : : :!
         |八: ::| : ≧. .__`_  ィ7: :7::/: : : : :八
          '  \|∨\/Ⅵ-─‐ト、ハ{/|\イ:ハ{
          / ̄`Y´:::|::{二} ::|:::::|`Y´ ̄ヽ
        /:::::::::/:::::: |:∧∧:/ :::|:: |::::::::::::}
.         {===〉〉::::::|==/:::〈〈:::}===〉



              【やらない夫と一緒にワルクヌェーに来た家臣の皆様の風景②】

1241 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:37:26 ID:Vf8R8KI60
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 そして、強者の中の強者4人にまで、
 集まった猛者は絞られた――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                                 _/》
                          「{ ///::.
                       _ rfL厂Ⅳ {ア::',
                     /.:::.、::::::::.\\/::::∧
                     /.:/.::::: |:::::::::}:::.ヽ∧/.:∧
                  /.:::::i{::::::}::トムイ:::::::::V:}::/.:∧
                     イ:::::::|_ト、}ル' f仡〉::::::::::}ノ::::/.:∧
                   /}{::::::::{仡}    "ム.::::::ハト、:::::/.::::}   「拙者も在野であれば出場したので御座るが……」
                    八::::::ミメ、 '_    '.:::::/マLム:::::::::::|
                    ヽ::::ト、  ` ムrく| マn」::::::::::|
                    }ヾir ´ ̄∠|::::{>-==ミ:::::|
                    |∠ト /廴i|::::|ニニニニヽ!
                  /|廴{// Ⅵ::i|ニニニニニト、__
                   ノニi|/{∠   /';::|ニミiニニ/.:::ト、L_
              rfラく_=‐ ´y ´__ 二二廴,:|ニ\ト <{::::::|:::ト、L_
             rfラ::.`Y二r介=ヘ:.:.:.:.:.:.:.:| iリニニト、:::::::|\|:::|/  \
         r─<  }:/{:.:く/ニヽノ──‐ L 「\ / /::::::i|   ⌒ヽ   ー<二ト、__                __.. -‐=ニニ
         |:.:.:.:.:.:.y ´ 人ニニニ >r──‐ }// L/:::::::: |       \       >─くト、 _ __∠二{^つ-‐=ニニニニニニ=-‐
         |.:.:.:.:.:/   |:::/ 丁二二二二二ノ'// |:::::::::: |       ≧=- ..__ {:::::::::/ ┴ ‐=ニニrfヘrfヘト、ニ=-‐  ´
           〔厂 V    }/  i|/L{ |  トイ,'////   ::::::::::::|       __.. -‐=ニニニニニ=r‐  ´ 〉ソ}ノ 厂
        〔厂∨    j!  i|/| | |  |  {'//〈   |::::___..l-‐=ニニニニニニ=-‐   ´     `≧=─ ^=彡




             .、
          /__j,ヽ
      _,../__  i _|,.、,
    /,;;/::::::::::::::::::ヽ:`、
   /::::/:::::::/::::i:::::::i:::::::::ヽl'、
   ;'::::::::/!:::i::::ハ:::::/!::!ヽ:::';::::::';    「馬鹿な……二代さんが食よりそっちを優先しただと……。
   i::i:::/`iヽレ' ∨イハ::::::i`i´::::';    そういや忘れかけてたけど、この人本業は害獣(バブー)じゃなく武人だった……。
   .レヘハ ≡     ≡ レ'::::!:::::';      どうしよう、屋台巡りの取材目的でこの人呼んだのに」
    ノ:::!"  r‐─┐u |::|:::::';::::';
   (ヘ:::!>、,_!______,j_, イ::|:::::;:ハノ
    `∨´レイ_∀_」ヽヽレレ'
       /´`i)/::(!´`ヽ!」



              【やらない夫と一緒にワルクヌェーに来た家臣の皆様の風景③】














▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


     / ̄ ̄\
   /u_ノ  ヽ、_\
   | ((●)) ((●))|
.   |  (__人__)  |   「二代以外全員、大会よりも屋台や露店に興味向いてるじゃねぇかああああ!!」
    |ヽ |!il|!|!| / .|
.    |  |ェェェ|   }
.    ヽu      }
     ヽ     ノ
     /    く
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)、

  【そして御主君様より一言】


▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1248 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:38:59 ID:Vf8R8KI60
>>1246
ここに出てないメンバーはお留守番ですw

1257 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:42:00 ID:Vf8R8KI60
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 で、4強が出揃った後。
 会場にて――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                       __    -‐‐/  ヽ
                         / __ `      :.   :.\
                     / /           ',   :. ',
                          /  __ /   i |__    :.   ,
                    i // ´ i /|i | | ト ` |  i   ′  「さぁ、多くの猛者が集ったこの大会も、
                    |i | :i |抖=ミ |ハr芯ミ |  | `、}    残す所はあと僅か。
                    |i |/i |{{ Vツ∨   ゞソ,   i|\ :{\   4名の強者が残るだけとなっています。
                    |   j八"" ′  ""ムィ i|  丶  ヽ  ここで全員に自信の程を伺ってみましょう!」
                       ,|  /x=ミ、 マ  }   /i   ト、   `ー---‐‐ 、
                   /:| 〃==ミ}::..     个i|: ∧ \ \ _彡'⌒: }
                       / ∧, -‐、::ノ}}:.:.〕壬_ | i ∧ `、 \ \  \j/
                  // ./:./.-/〉、〉 {{ニ}=-Ⅵ I| i /: {\`、  \ \  \
                  {  `ー:/ /∧/“´}}    _Ⅵ / {_ニ=- __   \ ≧=- ', __
                `“/ /  ノ:/, /  /} ゝ}i{/',  }ニニニニ=‐ __  ヽ   i   `ヾ
                -‐=≦ ∧′ ,/:/__//⌒V ゝ'//  } /:       Ⅵ|   }\./{    }
           /´ /´  /ニニ´/:/: | |i|/“`7 {___|i:==/ /=i     {ニ|   /  }  \ ,./
             {  {__./:{ Ⅵニ/:/:.:.:| |i|/⌒ rv、|i| / :i|      {ニ| /  {   //、 ______
         八  ./ニア`、 Ⅵト’:.:.:i| |i|´ rァ r、 |i| ヾ、   }\    /:// ヽ ! / ./ \     __ `ヽ
           ≧=}:ア´  `、 Ⅵニニ≫:}i{=彡'´ゝ=|iL(::{__ヽ    /ニ{′  } !:{ {    \ー'’   } }
             {7      ニ=‐/“¨¨}´       `¨¨¨¨7¨´:|   }ニ/ ト、 八 ヽ\\   \  / ./
             `“7¨´Χ  ∨ /: :}         /: : : :|   }ニi  | `、. \  \\     Ⅵ {
                //   ',  i| .∧:./   ;       :{:.i : : :|   }ニ ',. |   `、  \  \\    \ }
.               /´    /i  :| r==='{    /`=====ミ:.:.:|   }ニニ     `、   `=-. \\  !ヽ
              /    ′ .八:}  }ir,___r‐、 __ ___:{: :|   }ニニ  \ー‐‐‐‐=ミ.     \/  }
              ,.     у /| / ̄}}´ {  } 「“} }   ∨   ニニ\     /´ \  \ }  /
          / {   //  .Ⅴ=彡{  }ゞ='’/i{〈 、  !    ニニ ヽ、__彡 }   \ \  }/  /\
.           ′八.// ∧  /  /ニ\〕}:〔/}ニ{ \\ !     ニニ Ⅵ {  /    }  } ./  /   \
            {    /、 / .∧/ -‐ニ/: : :!: : }ニニ=-\. !      ニニア Ⅵ } /    , // / \   ヽ
             \ /{  \/ ./ /ニ/´: :|: : : | : : { ̄ マニ、¨´}     }ニ=-/{ :{{ \-=彡´ ./ /    }

                    【実況者(アスカ領からの出稼ぎ)】

1267 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:44:20 ID:Vf8R8KI60
 

ユーリ<「まずはグンマーより出場のモンテスマさん―――」




           {ニニヽ..、   {::::::::}   /:::/ニニラ/ : : }/)
       <¨''ー',ニニニヽⅥ/ ̄ ̄ヽ/:::/ニ二/: : : : ∠ニ/ 、
     (:\_\ .',ニニニニV ,--、,--、Vニニニ/: : : ∠ニシ /:)
    <:\ \:::::::≧、ニニニ{ ー=''Aー=’ }ニニ/: : ∠ニラ/::::/
      ¨''ヽ: :\:::::::::ヽニニハ ェ㎜㎜ェ /ニニ/: /ニフ''¨:::::;ィ´
         \: :ヾ、:::::ヽニハ____/二ノ: /-‐''::::::::::/./
       (゙゙''''ミx、 ヽ、:::」┗┓□┏┛L∠:::::::,, -<,,/
        \   ミx、,-、L i┗┳┛i 」γヽ《ニニニニニヽ、
         >.イ≧=し', ======ヽ-'::::〉..<⌒ヽニ',   「貴公らの首は柱に吊るされるのがお似合いだ!!」
       .∠ラ´:::::::ハ /ィ゙≧x、,,,ィ≦゙゙ヽヾ,∧::::::::',ミz,\j
       {ニラ:::::::::/ニ形,´tェ:ュミ  ィtェ:ェミ }¨ト、,:::::',  ',
       .V.l:::::::/ニフ{ l ー-''  l ヽ`--´ / i ! ハ.',:::::',  ',
        { :l::::::{ニラ ト,.! ー''´/、 ::::,、''´  ! l lニニ} }::::::}ヽノ
        .`ヘ::::::V i!l-!  / `i j´ ',ヽ /liノ lニニレ::::/
         .入:{  l ! '.,. { /ー=一` } / l トニl:::/
         .}ラ` ゚iiii゚ ',、 . ̄ ̄  'j,イ .゚iiii゚.ヾレ'
            .(_,,)./:iヽ、_i:_,,/ ,i、 (_,,)
             ,, ノ l ヽ  .::  :i ヽ、
      _,,rrr-fi´ i{   :.   /  リ   }i`.fi-rn,,_
    /   |:l.l  .l.i□l   ::.      .:::'  i□i.l  l.l:l   ̄ヽ
   /    .l:l.l   l.i□i   :..        /□i l .l.l:l    '.,
    !      l:l.l   ヾ□ヽ、  ::..     ./□./  l.l:l     ',
   .l      l:l.l   \□`┬┳┳┬''´□/   l.l:l      .}
    }     .ハ:i.l     `ー┐┗┛┌一''´     l.i:l、     .l
  .,_!     i!/〉ミ、      l.i::l!¨i!::i.!      .,ィ,イヽ、    .!
  /ミx、  _.ハイノ〉≧=-┐  l.i:l!  i!:i.l  r=≦〈\)\)   ,,.ノ!
γ⌒ヽミ=≡イ,.ィノ>=i:l.!   l.i:l!  i!:i.l  l.i:代ヽ;ハ:ノ ,イ≡=彡'⌒ヽ
人   リ    ハ  .(/ l:l.l  l.i:l!: :i!:i.l  l.i:l\)   / {    .{  人




                 _     __
                 /´ \ ̄ ̄/ヘ`ヽ、    っ
.             / , -       ', `ヽ    っ
.              /  /              ヘ
            /  /             |    ',
            , ィ / | i|   i| | | | |   !
           / |/イ|/i/イ|   i| l i ハ!   !   ヽ
        ,:'   | i从i_ノx{   八xヽ./イ !  ∧     \   「やめて下さい、人死にを出したら失格です!!」
        /   / |  >人  |  <  | / | Y  !   ヽ
      /   / /| :::::   ヾ!  :::::  |/  | }  {
     /     /   人     △      イ!  ,|イ  /|      \

1273 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:46:58 ID:Vf8R8KI60
 


ユーリ<「次にメガザル南部から出場のチャドさん!」



              r、_ィVミ彡';、__
              r┘イ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;ゞゝ‐-、
            (;〃;i;ノソ从;i;i;i;i;i;i;i;i;ヾ、;i≧'
           、_);i;i圦{;j人!ヾ.トヘ、トミ;i;i;i入_,
           ゝイ;i;i;i((仆;i;i);i;iヽ;i;i;iミ;i;i;i冂
      _     rr、;i;i;i;i};リ;i;i;i;i;ト、;トV、;i、;i;ヽ._,
    イ| |      l | |`≧=‐┐トミ乂、.._゙, リ ヾ{´     「――――」
 ,ィ≦i;i;|.| |!    l | |;i;i;i;i;i;i;i;|ゞ. 、ー =イ
 !;i;i;i;i;i;|.| |i    j | |;i;i;i;i;i;i;i;|`ヽ.  ̄{´
 V;i;i;i;i;|.| ヾ.___ノ' | |;i;i;i;i;i;i;i;|\/三Ξ≡ァ
  '/;i;i;i;|.|  ` ̄  ,l |;i;i;i;i;i;i;i;|:;.:.: ̄> /             〈`ヽ  , - 、
.  '/;i;i;i;、ヽ.    /./;i;i;i;i;i;i;i;i|:※くヽ≦、:,\          } l、/ /ヽそ
  i;i;i;i;i;iヽ ゙.   ././;i;i;i;i;i;i;i;i;i|.:;.::: :.`ーァ >:;:.:ヽ        〈 ノ ヽ./ /、そ  グッ
  |;i;i;i;i;i;i;ii |   | i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|.:: ;;:..ヽ:〔Ξ7:: :;.’.          ,′  ゝf__ . ヘ
  '/;i;i;i;i;i;| |   | |;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;|て::、.::. ::.L/.:*:.'V        ヽ  ´  ̄〈_.イ
   V;i;i;i;i;i| |   | |;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/Ξ>::::':,::; {::ィ:、::.i:〉        ィ}丶    /
   ヽ;i;i;i;| |   | |;i;i;i;i;i;i;i;i/=/:.;}:: :::::。:Y.:;ゝ:{           'ysky_ヽr ゙
    }i;i;i;| |   | |;i;i;i;i; //.:ゝ::: :::、,.:::!.:...: :!        / `¥‰'
    {i;i;i;| |   | |;i;i;i;i;i{ニ{.:ヽノ).:::...ー:::...ヘ::: :::!         / 〃  ,′
     '/;i;} }   } };i;i;i;i;i|Ξ::.ゝ::.;,::... .:..: .:.::〉:.:::! .       /    ,′




                 _     __
                 /´ \ ̄ ̄/ヘ`ヽ、    っ
.             / , -       ', `ヽ    っ
.              /  /              ヘ
            /  /             |    ',
            , ィ / | i|   i| | | | |   !
           / |/イ|/i/イ|   i| l i ハ!   !   ヽ
        ,:'   | i从i_ノx{   八xヽ./イ !  ∧     \   「寡黙キャラは良いんですが、何か喋って下さい!」
        /   / |  >人  |  <  | / | Y  !   ヽ
      /   / /| :::::   ヾ!  :::::  |/  | }  {
     /     /   人     △      イ!  ,|イ  /|      \

1283 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:50:48 ID:Vf8R8KI60
 


 
ユーリ<「で、では次。木の葉隠れの里より、うちはイタチさん―――って、どこ!?
       木の葉隠れの里ってどこですかイタチさん!?」



    /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\
  /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ト――一'´ /
. /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:_ -‐|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: |  サ  〈
/.::.::.::.::.::.:「 ̄ ̄ ̄ ̄    |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.|  ス    〉
::.::.::.::.::.::.::|     ,, ==〃  |::.::.::.:l|::.::.::.::.::.::.::. ノ  ケ  (
::.::.::.::.::.::.::|___〃_fニミ-===|::.::.::/'|::.::.::.::.::.::.::._〕  ェ   丨
::.::.::.::./ |::| ̄7∧ 二 ノ    |::.:::/ d::.::.::.::.::.::.::.lノ  !!  |
::.::.::.::| o|::!   ̄ ̄ ̄    |:::厶イ|::.::.::.::.::.::.:/  _   __ヽ、
::.::.::.::|ー|:|---――==ニ二l|厶-‐ |::.::.::.::.::.::..丁「::| ノ /: : : : :)!
::.::.::.::ト--l-≦,,_-┬¬、彡イx=ミ=|::.::.::.::.::.::.::_|_|:::レ (__,∠イ
::.::.::.::.| ヾ''孑ミミ<〈   ヽ 〃弋;ソ |::.::.::.::.::.::.::}        /|
::.::.::.::.:l >_ゞシ_,) > -‐ <_ ミ==='|::.::.::.::.::.::.::| 新 オ お |::|
::.::.::.::.::l  `¨´ イ   ´ \    |::/|::.::.::./| た レ 前 |::|
::.::.::.::.::.|     /  |      \ |:/ |::./::::::| な に は |::ト
::.::.::.::.::.|',   /   {、 ,      `ヘ イ::::::::::/ 光  と    〉::
::.:|l::.::.: |∧  、___,,.  -‐¬ト  | |:::::::::::}  だ  っ   丨:::
ヽ| l::.::.:|'::::ヽ  ヾ __,. -― 7´}′ | |:::::::::〈  ! て    |::::
 | l::.::|::::::;へ、 〈 | : : : : : :/ /  ||:::::::::::|    の    |::::
   l::.|::::/  ∧  \ー― /   /| |:::::::::::j         |::::
   ヽ|:/  / |: .、  二二  /. : :| |::::::::厶--――----、{:::::
    |:::| (0) |: : :\__  <: : : : :| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




                 _     __
                 /´ \ ̄ ̄/ヘ`ヽ、    っ
.             / , -       ', `ヽ    っ
.              /  /              ヘ
            /  /             |    ',     「誰!?
            , ィ / | i|   i| | | | |   !         サスケェさんっていったい誰ですか!?
           / |/イ|/i/イ|   i| l i ハ!   !   ヽ      イタチさん……イタチさーん!!?」
        ,:'   | i从i_ノx{   八xヽ./イ !  ∧     \
        /   / |  >人  |  <  | / | Y  !   ヽ
      /   / /| :::::   ヾ!  :::::  |/  | }  {
     /     /   人     △      イ!  ,|イ  /|      \

1295 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:53:57 ID:Vf8R8KI60
 

                               __
                       __    -‐‐/  ヽ
                         / __ `      :.   :.\
                     / /           ', U :. ',
                          /  _U /   i |__    :.   ,
                    i // ´ i /|i | | ト ` |  i   ′    (……ど、どうしよう。マトモにインタビューになった人がいない。
                    |i | :i |抖=ミ |ハr芯ミ |  | `、}      さ、最後の一人くらいはまともな人でありますように……。
                    |i |/i |{{ Vツ∨   ゞソ, u i|\ :{\     あ、うん。外見はマトモですね)
                    |   j八"" ′  ""ムィ i|  丶  ヽ
                       ,|  /x=ミ、 マ  }   /i   ト、   `ー---‐‐ 、
                   /:| 〃==ミ}::..     个i|: ∧ \ \ _彡'⌒: }
                       / ∧, -‐、::ノ}}:.:.〕壬_ | i ∧ `、 \ \  \j/
                  // ./:./.-/〉、〉 {{ニ}=-Ⅵ I| i /: {\`、  \ \  \
                  {  `ー:/ /∧/“´}}    _Ⅵ / {_ニ=- __   \ ≧=- ', __
                `“/ /  ノ:/, /  /} ゝ}i{/',  }ニニニニ=‐ __  ヽ   i   `ヾ
                -‐=≦ ∧′ ,/:/__//⌒V ゝ'//  } /:       Ⅵ|   }\./{    }
           /´ /´  /ニニ´/:/: | |i|/“`7 {___|i:==/ /=i     {ニ|   /  }  \ ,./
             {  {__./:{ Ⅵニ/:/:.:.:| |i|/⌒ rv、|i| / :i|      {ニ| /  {   //、 ______
         八  ./ニア`、 Ⅵト’:.:.:i| |i|´ rァ r、 |i| ヾ、   }\    /:// ヽ ! / ./ \     __ `ヽ
           ≧=}:ア´  `、 Ⅵニニ≫:}i{=彡'´ゝ=|iL(::{__ヽ    /ニ{′  } !:{ {    \ー'’   } }
             {7      ニ=‐/“¨¨}´       `¨¨¨¨7¨´:|   }ニ/ ト、 八 ヽ\\   \  / ./
             `“7¨´Χ  ∨ /: :}         /: : : :|   }ニi  | `、. \  \\     Ⅵ {






            __,.-‐''" ̄ ̄`丶、
        ,.-―'':::::::::::::、::::::::::::::::::::::ヽ
         }:::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::::ヽ、
        r':::;:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::`ニニ;',._
       イ::::::゙;、::::::;、::::::::::::::::::::::ヽ::;;:::::::::::::::::::::、;::::`ヾヽ、
.       l:;::::::ヽヽ::ヽ、>;:=;、:、:::::::::ヽヽ::::::::::::::::::::ヾ、 ̄``
       l;1:::::::ゞミ、ヽ'、 ヘテ;`ヽ::::::::::∨:::::::::::::::::;;;::::\     「――――」
      / {ト;::{i:、:゙ゞ; `ヽ ̄  ';ト、:::::;ヽ::ト;::;;;;:ヾ` ̄``
        ` ヾ `i:'/         l_,.ヘ:::ハ;:;リ|`  `゙ヽ
            ` l;`ヽ, -- r;ニオ"~ ';:! リ j,
           リヾ゙ヾ、__,.ヘ',ヘ7 _,リ-''´ ヽ
             `  ゙ヾ、_>>''´        ',
              r‐'´,ィ_,ィ         ',
         ,.-'''‐、f'y'-'"´メ_f´    ___    ',
        / 、ヽ,`; 〉  /,.-''"{ /    \  ',
         〈,.、ヾ、Y゙1  '´   |/          ヽ.}
          { ヾ`''′l   r- 、 ハ      _,. -- 、{,
       /.! "ヘ  ヽ  |、  }  ヽ   / _ゞ/r' ハ
       lヾ、__ノ`ヽ ヽ ヽ、゙7   ヽ  ヽ、ニニシ′|
      |     |゙ヽ',  ~     ヽ       }
.       |     } /ヾ ヽ      \    ハ
       ヽ   /ノ  ',  ``     ヽ`丶、ノ  ',
        ヾー' /    }           ヽ     ',

         【四強最後の一人 謎の参加者】


1297 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 01:55:23 ID:qTjyo2gQ0
全裸か

1298 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 01:55:38 ID:T6w/J.X20
げぇ!人民の騎士!

1299 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 01:55:51 ID:WD7enIdk0
人民の騎士さん!人民の騎士さんやないか!


1303 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:56:09 ID:Vf8R8KI60
 

ユーリ<「え、えーと、最後の一人。スペースコブラより出場の、
       『人民の騎士』さん――――」



             __      _. -───ッ‐'
            /.  `ー‐"´<::::::::::::::::::::`ミ、>、__ノ
        _......ノ.:::_:::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::\´
     /:. ..  :::::::`三三ミ_::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::、:::` ー--ィ____
    /:::::::::::::...::: .::_::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\、__::. .::::::::::::::`ヽ、   「……おい、ジャンプはどこだ?」
    j.:::::::::::::::::::::::::. .::::::__::::::::::::::::`丶、:::::::::::::::::::::::::::::.. :: . ..:::::──:、::::\、
    {:::::::::::: .....::::::::::::───:::、:::::::::::::::::::::::::::. :::::::::\、::::::::__ -:::ィ´ ̄ ̄\
    '.:::: . .::__::- _二二三三≦> 、::::::::::::: 、::..\、..<二二─<、
    \/.:::::::/¨ - ニ<`>/,≧;マ' \::、::. :. 、  、. ::::::::::`丶、丶.\
      l: ::::::{     ><彳}::j,j!   ヽ\、. .:::::、:::`:ー::::__:::::::丶、\`
      {: 、:..::`ーッ-     >'′    ` ヽ:ト、. ::.\、__:::::ヽ、:::::>´ノ
       l :.二:=ィ',f≠、            l| ハ::::::}`\  ̄ ̄  ̄´
      '、::.、::::::弋{Yj/              _ >::lヘ}``ヽ
       ゝ、>、:::∨            _. ->'´ ヘ| ' \::\
            \ゝ、-  , -―   _ >'´      V \:}
            |:l:.::\'′r‐   { く ハ          V   `            ___
            |ハ:::::ハ`ヽ、  _ハ v | VL        '._  -─   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :\
            |l l::::| くく__`¨¨´: ハ v7l j    , . : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : ハ
             ヘ:j /_....._\ : : ハ v |/  , : :´: : : :_:_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : : : : : :{: : : : : : : : : :}
              /  ── 、`V_ } }_ //}: : : /       `ヽ: : : : : : :!: : : : : : : : : :!
              j    二 ̄} lノ¨{: :,rく <: :/          \: : : : l: : : : : : : : : /
             /    j 7 .ハノ/l: :}¨j'"¨:/             i: : : : |: : : : : : :_:_j′
          , - 7      Y_ノ/  |:ノノ: /  __ --┐       l: : : : l: : : : :/__\





                 _     __
                 /´ \ ̄ ̄/ヘ`ヽ、
.             / , -       ', `ヽ
.              /  /   U          ヘ
            /  /             |    ',      「……はい?」
            , ィ / | i|   i| | | | |   !
           / |/イ|/i/イ|   i| l i ハ!   ! U ヽ
        ,:'   | i从i>x{   八x<丁 !  ∧     \
        /   / |  ◯人  |  ◯  | / | Y  !   ヽ
      /   / /| :::::   ヾ!  ::::: U|/  | }  {
     /     /   人    、,     イ!  ,|イ  /|      \

1311 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 01:58:32 ID:Vf8R8KI60
 

      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\\\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙::、ヽヽ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶\\
   l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::..‐'‐''''―‐、:::::::::::::::::::::::ヘ::::ヽ::ヽ
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::〔      ヽ、:::::::::::::ヘ::::ヽ::}',::',
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::{:::::::::',ヾ      ヽヽ:::::::::::',::::',::|::j::}
   │::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::',:::::::::',        j/〉::::::::::::}::::j/ }/   「俺はスペースコブラより、少年の『ジャンプ買って来てよ』
   l::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::',::::::::|ヽ、'廴___,,..、 ノ≦i::::::::::::l',::! /     という願いを叶える為に来たのだが、ジャンプは―――」
   l::::::::::::::::::::::::_..-|:::::|::::::::::::::ヽ::::lニ≧ ─---''"  ィ'彳::::::::::::::|j/
    }::::::::::::::::::::rン l:::::l::::::::::::::::ヽ ',ゞr===ニミ   /ヒj:::::::::::::::::ヽ、
    !:::::、:::::::::〈 ノl:::::l:::::::::::ヽ:::ヽ ヤ〈 辷r'_′  丶 }:::::::',::::',`''‐-ニニ-
    |::l::lヽl::::::::ヽ  '、|:::::::::::::::ヽ::\::ヽ,`       \:::::ヽ弋
    |/||¨',:::::::ハ`ー-,l::|'、::::::::::::::ヽ、`''‐-,,      .,.-‐'::ト:::'、
    |' リ| '、::{\ヽヽリ\ヽ:::::::::::::::ゝ、::\     __,/ゝヽ',ヽ::ヽ─、
      |  ヽ|  ヽ\ゝ、ヽ、::::::::::::ヽ'‐-`ヽ ‐'''..┘  ク:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     ノヽ‐、`   ヾ  `''>、ゝ::::::::',     ¨|   //:.:.:.,、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    /:.:.:.:`''‐-        ≧\::::', ー‐‐--<  ィ/:.:./ `丶、:.:.:.:.:.:|
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、      ∨ \',フ  〉  /:.:.:.:.:.〉     `ヽ、:.:.|
../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶、   ∧ //ヽ  l\:.:.:.ヘ:.:.:.:.:|        ヽ}




               __
            _,../  `ヽ、_
            , ' /   , -   `ヽ、
          / /   /      ヽー 、
  !´二二ニ,.ィ,:'   // /  / /  、  、 ',
_/  ̄   //   //7ー/-、,' /   } | ム ',
_` ー――'' /   / {/ 从イ / /  // } i  | !   「知りませんよ! これ、ワルクヌェー伯主催の
/ヽ、____/   / |下示㍉、|  //ヽ,/} } |     西部随一の在野の武人を決める大会で――――」
|  ,..イ   /  ,イ ハ {弋こソ { /,t、/イ/ / ;'
}イ  {! ,イ  /}  /      ´ ムソ}!/ / /
//≧、 / |  /`!  {  U  __ ' `¨ ムイ /
  ,.--- | ,' /  / 、   ( ∨   人   /                        「成程、これに優勝すればジャンプが―――」>バカ
  / ___,! /__,..イ `ヽ≧--、 ≦ ´ /  /
_!/   {/ ,ィ/}ヽ、r, {/ヽ/ / /イ,:' /        「ありません!」
/´   \//}_ヽ,: :ニ,} {!, 〈 {∧/ /、
      //-、: : 〈_ r// / ヽ/イ   }
、、    //  /:/-,// /   } ヽj!  ,ノ

1319 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:02:00 ID:Vf8R8KI60
 

                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.三ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 ′..:.:.:.:.:.:.:.:.:|   \:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |   「馬鹿な! ええい、先に入手した赤マルジャンプに続き、
                   |:.:.:.:.:.:.:.:. : |:.|   ij .ヽ : :.:.:.i:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.: : |   新たな罠とは!!
                   i:.{:.:.:.:.:.:.: : ト.、     '.:.:.:.ハ : 斗:.:.i:.: |:.: : |
                   i:.:.、:.:.:.:.:. : |____`ミ   |:.:.:.レ'_i∠」_:/:.:.从 : |   こうしてはおれん、俺はジャンプを探さねばならぬのだ!
                 V:.:.:.:.:.:.:.:.:{{´ ○`   |:.:/.'´○ . }/:.:/:.| }:. |    まずは東の塔で賢者マルコメから魔法のオーブを受け取り、
                 ヽ| |ヽ:.:.:.ト   ̄   '´   ̄ /:.イ:.:.:|/:.:.|     北の孤島で僧侶オゲレツから「しんじるこころ」を―――」
                    |:.:.:.ハヽ u     i:.:.     / ´.|:. : |:.:.: |
                    |:.:.:.: ∧      ___       .|:. : ト:.:.:.{
                   _|:.ト:.:.:.少:.    {  ̄ .}  .u./.|:.:.:リ:.:.:.:.ト
                  /∧ヽ V///\  ゝ==.'   / |:/!:./|/`ヽ|、
              ___{ {:∧ .V/{≪| `ヽ. ___ ィ -‐'  }/   ハ }
            //////ヾ /∧ .ヾ|: : : >=-<´: : : : : : |'  ////
                {///////////∧   }: ´: : : : : : : `: : : : : :.} /////
                |////////////∧ /: : : : : : : : : : : : : : : : :|//////





      /   `ヽ     ´   ヽ
.     /  ,       _     ヽ\
    / /          ヽ    ヽ ヽ
.    / /           ',    ‘, ',  「なにその酷い名前の僧侶!?
   / / | | | |    ! ! l | ゙、    Ⅵ |    っていうか貴方本気で何をしに―――」
   } ' ! | ! | | |  |_| | | | ',    ',\
  ,イ | ! {ィ |  ̄| {  |リ  ̄|`ヽム    |、\\
/,.! { |! |从 ! リ{!マ  ! 从iリ{イ / !   | \ヽ、`ー 、
,ィ ! {|Ⅵ|  ∩   \|∩、'  ,ハ    ト,  ヽ `ヽ、_`ヽ、
/ |   Ⅵ. ∪    .∪  /イ .i   | ',  ':,   `ヽ }...   ━━┓┃┃
 /|   |八    '        |  リi   | ヽ  ヽ、           ┃   ━━━━━━━━
イ.゚ 。゚ 三 ≧ ̄ ̄ ̄`゚'ゝ. ,ィ|  i l   |、  \  } \_ __.         ┃               ┃┃┃
...== 三       ≦。 r==| リ/!  | \  \__ ト、_',                            ┛
/ !-=≦        ,ァ- / j! / |  |}\ `ヽ、_   `ヽ、'
 /!三<       、,Jト..!| j!/ ィ|  | / \   `ヽ、  }
イ |..ッ       ッV´≧|/ト/   } リ `ヽ、 ヽ    }  |
..。 ミ´    、、 ハト・。゙i ゚。

1324 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:05:48 ID:Vf8R8KI60

バカ<「待っていろ、少年! 君の願いは俺が叶える!
      うおおおおおおおおおおおおおお!!」

   タッタッタッタッ



                               __
                       __    -‐‐/  ヽ
                         / __ `      :.   :.\
                     / /           ', U :. ',
                          /  _U /   i |__    :.   ,
                    i // ´ i /|i | | ト ` |  i   ′ 「え、ちょ、人民の騎士さん!?
                    |i | :i |抖=ミ |ハr芯ミ |  | `、}    人民の騎士さぁぁぁぁぁぁん!!?」
                    |i |/i |{{ Vツ∨   ゞソ, u i|\ :{\  
                    |   j八"" ′  ""ムィ i|  丶  ヽ
                       ,|  /x=ミ、 マ  }   /i   ト、   `ー---‐‐ 、
                   /:| 〃==ミ}::..     个i|: ∧ \ \ _彡'⌒: }
                       / ∧, -‐、::ノ}}:.:.〕壬_ | i ∧ `、 \ \  \j/
                  // ./:./.-/〉、〉 {{ニ}=-Ⅵ I| i /: {\`、  \ \  \
                  {  `ー:/ /∧/“´}}    _Ⅵ / {_ニ=- __   \ ≧=- ', __
                `“/ /  ノ:/, /  /} ゝ}i{/',  }ニニニニ=‐ __  ヽ   i   `ヾ
                -‐=≦ ∧′ ,/:/__//⌒V ゝ'//  } /:       Ⅵ|   }\./{    }
           /´ /´  /ニニ´/:/: | |i|/“`7 {___|i:==/ /=i     {ニ|   /  }  \ ,./
             {  {__./:{ Ⅵニ/:/:.:.:| |i|/⌒ rv、|i| / :i|      {ニ| /  {   //、 ______
         八  ./ニア`、 Ⅵト’:.:.:i| |i|´ rァ r、 |i| ヾ、   }\    /:// ヽ ! / ./ \     __ `ヽ
           ≧=}:ア´  `、 Ⅵニニ≫:}i{=彡'´ゝ=|iL(::{__ヽ    /ニ{′  } !:{ {    \ー'’   } }
             {7      ニ=‐/“¨¨}´       `¨¨¨¨7¨´:|   }ニ/ ト、 八 ヽ\\   \  / ./
             `“7¨´Χ  ∨ /: :}         /: : : :|   }ニi  | `、. \  \\     Ⅵ {




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |


               _____
              /:::::::::::::::::::::::∠___
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::ヽ
         レ::::/^ヽ::::ト、:::::::::::::ヽ:::::::::::::::l
          /::{::{ ― ∨   ―:::::::::ヽ:::::::::::|
           {::::小 ○    ○、:::::::::|::::::::::/
         ヽゝ⊃ 、_,、_, ⊂⊃、/j:::::::/
       ./¨`x |::ヘ           |::::|´/三i
      `く/ `|:::/ >t __ r―‐┤::|/  7
       \ ∨´  || ||    レ./___,/
          ヽ〃/   ∨     ゞ 彡'


【一連の流れと、大会ガン無視で去って行く人民の騎士を見た貴賓席の反応】


▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1328 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:09:00 ID:Vf8R8KI60
 

      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ●) |
.     |      (__人_)
     |      ` ⌒ノ   「……さ、流石は武勇に優れながらもどこかに仕えず、
      |        }     我が道を貫いている武人達。一味も二味も違います……ね?」
      ヽ u      }
       ヽ     ノ
      ノ     \ ←必死のフォロー
     /´        ヽ



               _____
              /:::::::::::::::::::::::∠___
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::ヽ
         レ::::/^ヽ::::ト、:::::::::::::ヽ:::::::::::::::l
          /::{::{ ― ∨   ―:::::::::ヽ:::::::::::|  「人民の騎士……いったいなにものなんだ……」
           {::::小 ○    ○、:::::::::|::::::::::/
         ヽゝ⊃ 、_,、_, ⊂⊃、/j:::::::/
       ./¨`x |::ヘ           |::::|´/三i
      `く/ `|:::/ >t __ r―‐┤::|/  7
       \ ∨´  || ||    レ./___,/
          ヽ〃/   ∨     ゞ 彡'

1333 名前: ◆lRlUbKazkY[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:10:56 ID:Vf8R8KI60
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そして、残った三名で行われた優勝決定戦の結果は―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


0.全滅
1.モンテスマ
2.モンテスマ
3.モンテスマ
4.チャド
5.チャド
6.チャド
7.イタチェ
8.イタチェ
9.イタチェ


【安価 ↓5】
優勝者決定安価。ない夫が賭けてるのはモンテスマ。
1~10の数字を。


1338 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:11:18 ID:K5s2rrXY0
6

1343 名前: ◆lRlUbKazkY[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:12:05 ID:Vf8R8KI60
あっ……

1347 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:12:44 ID:Vf8R8KI60
 

◆lRlUbKazkY = #4ttt

4+6=10

0.全滅


1348 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:13:01 ID:q8jKTLUk0
全滅だ-!

1352 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:13:08 ID:17CFzRMU0
うわぁぁぁぁぁwwwwww

1353 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:13:12 ID:n7srr9lg0
全滅したwwwww


1367 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:14:59 ID:Vf8R8KI60



                               __
                       __    -‐‐/  ヽ
                         / __ `      :.   :.\
                     / /           ', U :. ',
                          /  _U /   i |__    :.   ,
                    i // ´ i /|i | | ト ` |  i   ′ 「人民の騎士さんが居なくなってしまった為始まった、
                    |i | :i |抖=ミ |ハr芯ミ |  | `、}    バトルロイヤル式決勝戦!
                    |i |/i |{{ Vツ∨   ゞソ, u i|\ :{\    三者ともに強烈な打撃を食らい、吹き飛ばされております!
                    |   j八"" ′  ""ムィ i|  丶  ヽ    最初に立つのは誰―――え、誰も動かない?
                       ,|  /x=ミ、 マ  }   /i   ト、   `ー---‐‐  全員気絶!? えっ、これ勝者はいったい……!
                   /:| 〃==ミ}::..     个i|: ∧ \ \ _彡'⌒: }  ちょ、え、えぇぇぇぇえええ!!?」
                       / ∧, -‐、::ノ}}:.:.〕壬_ | i ∧ `、 \ \  \j/
                  // ./:./.-/〉、〉 {{ニ}=-Ⅵ I| i /: {\`、  \ \  \
                  {  `ー:/ /∧/“´}}    _Ⅵ / {_ニ=- __   \ ≧=- ', __
                `“/ /  ノ:/, /  /} ゝ}i{/',  }ニニニニ=‐ __  ヽ   i   `ヾ
                -‐=≦ ∧′ ,/:/__//⌒V ゝ'//  } /:       Ⅵ|   }\./{    }
           /´ /´  /ニニ´/:/: | |i|/“`7 {___|i:==/ /=i     {ニ|   /  }  \ ,./
             {  {__./:{ Ⅵニ/:/:.:.:| |i|/⌒ rv、|i| / :i|      {ニ| /  {   //、 ______
         八  ./ニア`、 Ⅵト’:.:.:i| |i|´ rァ r、 |i| ヾ、   }\    /:// ヽ ! / ./ \     __ `ヽ
           ≧=}:ア´  `、 Ⅵニニ≫:}i{=彡'´ゝ=|iL(::{__ヽ    /ニ{′  } !:{ {    \ー'’   } }
             {7      ニ=‐/“¨¨}´       `¨¨¨¨7¨´:|   }ニ/ ト、 八 ヽ\\   \  / ./
             `“7¨´Χ  ∨ /: :}         /: : : :|   }ニi  | `、. \  \\     Ⅵ {

1370 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:16:27 ID:Vf8R8KI60
 


    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |  「……全員気絶でドローゲームとは」
. |        |
  |        |
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



               _____
              /:::::::::::::::::::::::∠___
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::ヽ
         レ::::/^ヽ::::ト、:::::::::::::ヽ:::::::::::::::l  「呪われてんじゃね、この大会」
          /::{::{ノ  ∨ ヘヽ::::::::::ヽ:::::::::::|
           {::::小 ●    ●、:::::::::|::::::::::/
         ヽゝ ||、_,、_ ||\/j ::::::/
       ./¨`x |::ヘ || ゝ._) ||.|::::|´/三i
      `く/ `|:::/ >t __ r―‐┤::|/  7
       \ ∨´  || ||    レ./___,/
          ヽ〃/   ∨     ゞ 彡'


【やらない夫の予想は当たらず!
 ―――ボーナスはありませんでした!!】

1379 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:19:53 ID:Vf8R8KI60
さて、ではまぁボーナスはありませんでしたが、使者来訪のグッドイベントの景品は別途にありますので、
それの内容を決めましょう。


アイテム(初級)
能力値+1、ただし10までしか上がらない

1.統率+1
2.武勇+1
3.情報+1
4.政治+1



【安価 ↓5~7】
どれが手に入る?


1384 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:20:38 ID:n7srr9lg0


1385 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:21:19 ID:DZvS9yyk0
3.情報+1

1386 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:21:53 ID:AGraYphQ0


1395 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:25:19 ID:Vf8R8KI60
政治+1アイテムですね。
まぁ、外見と設定は明日決めよう。





      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
  , ':.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.: /.:.:.:./:.:.:.|:.l .:.:.:.:.:.| .:.:.: .:.:.:.: .:.:.:,   「露店巡ってたら、マジックアイテムが格安で売ってた」
  }:.:.:. l.:.:|: :.:.:. :./.: .:./:.:.: .l|:.|:. :.:. :.:.:l :. |:.:.| .:.: .:. :.:|
  |. i:. |:.:.l: :.:. :./. :./.:. ./ l:.l:.:. : .:. :| :.:l :.:l: .:. .:.ト:.:l
  l. |:. |:.:.|. .:./l :./ :/ /  ',ヽ:.: .:. l :.,'.:.,':.:. :.:.l |:l
  |. l: .l:.:.|:. :.,' .| :./ /:./   ヽヽ.:.:.,':.:/:./7、.:.:l:.| l:|
  l.:.|:.:.|:.:.|:.:.ト、|:.,':././∠=-‐'弋´∨.:/:.,':./} }:.:|.| ヽ、
  ,:.:ト.:.l.:.:.l:.:|㍉l:.:/:/〃彡z辷テミフ./:./:./)/.l:.|l|
  /´|:l:.:|:.:.l:.:.,ゞ'}:/:イ    ` ̄ ̄7/:/./_ノl:.:.l|:l
   ',{ヽヽ:ヽ∧' / |       ///:/ l:.:.l:|ソ |i
    ヽ\\ヽリ\ヽ、 _     /´/ r‐フ)
        ヾ __.>-‐、ニ‐  ∠///{
        /  <ヽ \イ-‐r/./ / ヽ
       /   \ \´/フ ,'. / .///>、
       /   \ \ノ- '   |彡////: : `‐--- 、_
, -‐ー: : :/   \ ヽノ彡   |////: : : : : : : : : : : : : : ̄
: : : : : : : /     \ノ(:::) l|  l///: : : : : : : : : : : : : : : : : :




                     . -=ニ二二二二二ニ=- 、
                  , イ >' ´,.. -―――- . `'く!
.          / ̄`Y゙ || |,.<: : :>‐――――‐<:>|
         | ー=О:|| |: ;> ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.            ̄//}l!||/;':'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
          / //:|;';';' : /:./:.:/://:.i:i:.:|:.:.| ‘,|:|:i :.:.:.:.:.
.          \/ /|;';': :/:./:.:/://: // /:.:.′ !:.||:.:|:|:.i:.:.i:.|   「一緒に色々見て回るの、楽しかったですね!」
           /  l: |;':.:.:||/:.:/://;_//_/: /  .|:.||:.:|:|:.|:.:.|:.|
            |   l: |:.:.:.:||:.:/l// l// / l/   十ト、|:l/: /}/
            |   l: |V⌒Y  z==ミ     z=ミ 厶イ ′
            |   l: l:ヘ 〈  ′            〃
            |   l: |:.:.i\。,         〉   ' |
            |   l: |:.:.|:|:○:、    r===ァ   イ:;′
            |   l: |ヽN:.:|:∨i::....   `ー   ///
            |= =l: |  \\ヽ」___> ... イ/|//
            |= =l: |       |:::::::. : :l! : :.|  .へ.
            ̄ ̄/ ̄ > ´}::::::.:.:.:l! : : ヽ.ヘ  `ー-  .
         r‐=ニ¨´   '  /: : : /b!\: : ヽ}       \
         人         ∨.:.:.:./一   ー\: :|      /ー-、
.       「=一\     ヽ  ‘:/_____ヽ|  i:   ∠二二ヽ
.       /      \   ◯ |=============ヘ ◯./: : : : : : ',:|
      /      / >、__ノ:≫:≪≫:≪≫:≪: ゝ-く:::.:.: : : : : : :'|
.     /    / / /:i:/ー=ニニニニニニニニニニニニニ=-' ヽ: : : : : : :.:‘、
    /   / /  /:.:/::.: : : |: : : : : : : : : : : : : : : ‘,: :.::', : : : : : : : 〉
.   〈  / /   /ー ':::.::.: : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :}: : .:.:}ニ=一:.:/
    ',   /    /三{::::.:. : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : :! : :.:/:::.: : : /|
    ',       /ニ=ヘ::: : : : ‘, : : : : : : : : : : : : : :/: : /≧=一{: : |


【ルルーシュが土産としてマジックアイテムを格安で手に入れてくれたようです!】

1402 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:30:11 ID:Vf8R8KI60
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 一方その頃、アーランドでは

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



       l| /: : : : : ,,:::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::`ヽ_
       lV: : : //::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::`¨==-''ヤ
        |: : : / /::: : - - ‐,'': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
      {、/  ,'/´  /、_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::シ
       f        ,,     ミ: : : :_: : : : : : : : : : : : /
       l i   ノ /      `V´ `ヽ:: :: :: :: :::/
       //,, /,/,         / ´:: /:: :: :: :: /´      「―――総員、収穫体勢に入れ!!」
      ヽi≠ェュィ´      / ヾ:: /、:: :: :: ::|
       l   ヽ       /::::  _ ノ -ゝ=- イー ― ‐ - 、
        /       .r― 、.´  ̄               |
     /        | :l ::}                  |
     r‐`ヾ, _    l :| ::|                  |
     | :ヘ ヽー ヽ、 l ::| .::|              ..::::::::: |
     | ::iヘ  ヽ,    | ::| .::|               ::::::: {
     | ::l::ヘ  /    | ::| ::\                 |
     } ::|::l:ヽ ー - '/ / \ ::\                |
.    } :/ ::} :}    } :|:   \ ::\              |




    /.:/.:/.:.::,/.::.:{::.::.::.::.::.::.:i::.::.::.::ヽ::.::.::廴 _::.::.:Vノ
 ー=彡'.:{::/.::.:: ./.::/.:ノハ::.::\::.::.:}::.::.:. ::.::.',::.::.::.i:: 「 . ',
   /.::.::/:メ、:.::./ーァー7ィ.:〉、_::.`:ーァ: :i::.::.::.:i::. : .}::.ト、 }
   {.::.:/./  V.::.:/. ./ /./.:{ l:斗「:.:{::.::.l:: :: .::}. :/.::.!ト、:V   「了解!」
   V.::.i   {::./.::.厶{/≧ミ」::.:iハ::.ト、::.}:: .//.,イ.::.::リ::.::.ト、_,
  _ノ.::.::!   Vト、::{  {rf行㍉{、V }/.::/厶{/.::.::.:}::l::.}
   {::i::」、   メ、く  、竺x′ `^`ノl::.代ノ/.::.::.::./.:ハノ
   ,}/ 」、 /   vハ         ノイ竺イイ::.:/}ノ
-‐ ´{>イ{、{   } ,}         { / // ´
     ヽ ヽヽ.  ヽヽ       // 〈′
       ヽ ヽ\   ヽヽ ̄ 二 ー .ィ´L     ___
     ト、rfLヽ ヽ\  ヽヽ   /  l l  ̄ ̄     i`丶、
     L } r、}  vハ/> . `く   } }         }  i`ト、
     / 、\. / ///  } ̄  //            | ∟ヽ.



                /                    ///
            / ト、{\        _       /´/{ イ
            「 ̄ ̄ ̄` ー- < ̄-‐≦二    /   /
            ├―--  __     ` <二≦    7   /
            ', _,,〟   ,,.≧xー- _    `ヽ、ー‐'´  /
              | ┬ァミ}  '"⌒゛\   `ヽ 、 〇下 、/
             イ  ゞソ    ≧ュ.,,,_ヽ   / }>く   〉  「へへっ、ルルーシュさんが帰って来たら驚かせてやろうぜ!」
                |     /    、 弋ゾ"  / /⌒〉 ヽ/
           |  〈           イ/イ´ /  ∧
            -―ヘ                ″'´ノ  / ',
     ,  ´  -― ヽ L 、____  _、    rイ「   ハ |
    ′/        ', `ー==ニ彡´   ノ´ ノ   | | |
   | ′         ! `        ´   /イ   | l |
   ||         イ州」厶ィ´        ノイ}ハレ/ ′
   ┤|           ̄「       /    // /
 ̄  ̄\            ヘ      /   /  ' / |




【―――ランダムイベント+治安100イベントにより、空前の大豊作。
 食糧が合計+700されました!】

1405 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:33:29 ID:Vf8R8KI60
 


■4月終了。5月開始段階 リザルト■



【領地ステータス】―――――――――――――――――――――――――
|領主:やらない夫

|【所有財産】
|金銭:3690
|食糧:3700
|資材:1200
|【経済】
|商業力:1900/季
|生産力:2900/季
|工業力:2700/季

|【支出】
|金銭:1000/季(ルサルカ200 射命丸300 ジェレミア200 二代300)
|食糧:1600/季(軍備1400 チルノ200)
|資材:300/季(ルルーシュ100 エリー200)

|【軍備】
|第一部隊島津擲弾兵ヴォルフバイル:兵力425(※特殊兵科 食糧消費200 上限兵力500)
|第二部隊ラングリッサー:兵力345
|第三部隊グローランサー:兵力330
|第四部隊シュバルツシルト:兵力290
|第五部隊ステラデウス:兵力270
|第六部隊デモンベイン:兵力160
|第七部隊フラム隊:兵力160
|(正式名称:フラム系列の強くなる爆弾や、氷の爆弾レヘルン、変り種では地球儀やタルと錬金術は夢が広がりんぐ隊)

|【特産品】
|“至高のゴボウ玉”:毎季金銭収入+(600×2)
|“至高のゴボウ玉”:毎季食糧収入+300
|ヤムチャ領からのマージン(金銭+100)
|オレンジ(金銭+100)
|物産展効果(金銭+100)

|【治安/民忠】
|現在治安:95(毎月末のランダムイベントの質に影響します)
|毎月末に5ずつ下がります。

|【その他】
|学校施設with孤児院により、
|振興判定に+10%ボーナス、土地キャップ+500の効果が付与されます。
|備中鍬の開発により、土地キャップ+500の効果が付与されます。(現在3000)
| 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■交易レート(左がクール男爵領)■
金銭/食料/資材1 : 資材/金銭0.9 (ラオウ)
金銭/資材1.25 : 食糧1(ワルクヌェー)
金銭/資材1.2  : 食料1(ワルクヌェー・取引量1500以上)
■治安効果■
治安が一定値に達すると、ランダムイベントの質に加え、月末にボーナス/ペナルティが発生します。
治安100:グッドイベントのみの追加イベントが発生します。ただし、発生は1季に1回です。
治安80以上:治安向上により、貿易が活発化します。この状態を維持している限り、毎月末に金銭100の追加ボーナスが発生します。
治安40以下:治安悪化により、貿易が委縮します。『交易』コマンドが使用不能になります。
治安0:即座に商業力、生産力、工業力が-200されます。これは永続であり、治安0が維持される場合、毎月発生します。

1406 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:33:46 ID:Vf8R8KI60
で、やらない夫の成長かな。

1409 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:36:22 ID:Vf8R8KI60
 
ない夫成長

①能力値成長
②スキル成長(統率汎用)
③スキル取得(政治汎用)

【安価 ↓5~7】
多数決


1414 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:36:49 ID:HTWZJ0aQ0
1統率

1415 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:36:50 ID:n7srr9lg0


1416 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/07/18(水) 02:36:51 ID:1DqPuDjk0
1統率

1421 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:38:29 ID:Vf8R8KI60
統率が成長しました!




        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|
     |                    .|
     | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
     |  .´"''",.     "''"´   |
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /
      .丶     ` ⌒ ´      /
      ヽ               /
       ヽ           /
         ゝ    _   /イ\
      /                \
     /                      \
                            \
『やらない夫・クール』
【ステータス】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃【統率】19 【武勇】6 【情報】4 【政治】8
┃ クール男爵家後取り。まだ未熟だが、才能的な面では先代よりも優秀。
┃ 常識的な性格だが、ここからどうなって行くかは安価の皆さん次第。
┃ 
┃【能力】

┃○主人公
┃ 他者と一緒に成長する。
┃ コミュニケーションパートで他のキャラとコミュニケーションを取った際に成長する可能性がある。
┃ 他のキャラはコミュニケーションパートで選ばれた際に成長する。コミュ4回につき1回成長。
┃ この特殊能力は成長しない。

┃○式神作成ver2.0
┃ シュテルから教わった魔法。何だかよく分からん魔法生物を造り、内政を手伝わせる。
┃ 1月に2回、内政で判定が必要な行為を行う場合、その成功率を+10%出来る。
┃ この能力はこれ以上成長しない。
┃ 
┃○指揮能力
┃ 大規模戦闘時に指揮官として部隊を率いている場合に限り、味方の勝率を+5%。

┃○大規模統率
┃ 大規模戦闘時に指揮官として率いる事が出来る部隊の上限数を、3から4に上げる。
┃ この能力は自身がメイン指揮官でなければ発動しない
┃ 
┃○常識的に考えてver2.0
┃ 外交・会話での安価会話にて、致命的なミスをした場合に自動発動。
┃ 不味かった安価を弾くか、再安価が発生する。
┃ ただし、1月に2回が限度。この特殊能力はこれ以上成長しない。

┃○カリスマver2.0
┃ 大軍を率いる才。他者を惹き付ける才。そのキャラクターが戦場で指揮官として動いている場合、
┃ 味方全部隊(含・単独兵力)の兵力を+10%する。
┃ この手のスキルは重複せず、最も補正の高いもののみが適用される。

┃○天空の剣(アイテム・超級)
┃ メガザル王国の宝物庫に入っていた長剣。
┃ 儀礼用の品であり実用性には乏しいが、これまで数多の英雄の元を渡り歩いて来た宝剣である。
┃ 使用者の指揮能力を増す効果がある。
┃ 部隊指揮官として参戦している場合、指揮下の部隊の兵力を+30%。

┃○宝剣ガルディオス(アイテム・中級) ※効果無し
┃ きらびやかな装飾を施された宝剣。
┃ 実用性は並程度だが、指揮官が用いれば配下の兵の指揮を上げる効果がある。
┃ 部隊指揮官として参戦している場合、指揮下の部隊の兵力を+10%。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1429 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/07/18(水) 02:41:24 ID:Vf8R8KI60
さて、まぁ今晩はこんな感じで終了です。
皆さまお疲れ様でした
関連記事
2012-07-27 : やらない夫は貧弱男爵家を立て直すようです : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
関連記事が「やる太が変態淑女に愛されるようです」の方になってる。
2012-07-27 16:32 : URL : 編集
Re: No title
> 関連記事が「やる太が変態淑女に愛されるようです」の方になってる。
修正しました!報告ありがとうございます。
2012-07-27 19:07 : yaruokei URL : 編集
No title
やらない夫の統率力がえらいことに
2012-09-13 04:14 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示