FC2ブログ
クリックで開閉

やるめは騎士としてドラゴンを退治するようです11

453 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 15:45:21 ID:Sq6fz3U60 [30/135]
さて、家臣団何人かでもいるかーい?

457 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 15:49:04 ID:Sq6fz3U60 [31/135]
おk-。
じゃあちまちま、進めていきまっしょい

461 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 15:55:21 ID:Sq6fz3U60 [33/135]
ぎゃあ、しまった。黒猫さん忘れてた!

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――全ての内政行動が終了しました。

 外政パートに移行します。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



今月の外交先を決定します。

1.ガンダムさん
2.社長
3.クロコダイル
4.フレイザード
5.黒猫さん

【再安価 ↓3~5】

462 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 15:55:50 ID:Sq6fz3U60 [34/135]
っていうかあんまり人が少ないようなら、小ネタにすっかい?

464 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 15:56:01 ID:EX9U3B7k0
5.

465 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 15:56:31 ID:ZnfzdtxY0 [2/2]
3

466 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 15:56:32 ID:q2YDRY66O [8/31]
黒猫

469 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 15:58:59 ID:Sq6fz3U60 [35/135]
じゃあ、黒猫コース決定で、具体的に進めるのは夜になって人数が増えてからにしよう

470 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:00:07 ID:Sq6fz3U60 [36/135]
小ネタやるよー。ネタを寄越せ。

481 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:06:11 ID:Sq6fz3U60 [37/135]

1.艱難辛苦! ジュライさん!
2.黒衣の魔獣ケット・シーの不断に連続する奇跡(訳:黒猫の日常)
3.早苗さんの盆踊り

【安価 ↓5】
一発勝負!!


486 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:06:43 ID:HsxBVQLw0 [2/5]


493 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:10:44 ID:Sq6fz3U60 [38/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 小ネタ:ロンダルキア大領主 五更瑠璃の華麗な日常

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                ///// ::::::::::::: /:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::: \
            /:::,'/// :::::::::::::::/:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::\
.            /::::::|// :::::::::::::: /──---く ::::::::::::::::::::::::::: '|::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::|/ :::::::::::::::: i ァ==ミ_`丶\::::::: /:::::::::/ |:::::::::|:::::::::.
         .::::::::::::| ::::::::::::::::::::| i{ '_x价k_ \\/:::::/:/ :|:::::::::|:::::::::|
           i::: /⌒| :::::::::::::::::: |  i|トィヘi| ヾ  ヽ ー|/  |:::::::::|:::::::::|
            |: //⌒|:::::::::::::::::i:::i   弋):.ソ       -─八:::::リ:::::::::|
.          |:八\∧_ :::::::::: i:::|              ィ=ミ_  厂:::::::::::'  「―――これは心亡き人形(ひとがた)の永劫の刻、鳴り止まぬ詩」
        │:::::\い \::::::j八\\         iトィ价k,/:::::| :::::/
        │:::::::::::ー'i、 \|               , 弋)ソ/厶::-ト∨
         |/ :::::::::::::::| 丶                .,:::::::::::|
.          / :::::::::::::::: |            ャー- 、   \\::::::::::::|
         / ::::::::::::::::::::j             丶 _ノ       / ::::::::::;′
. __    / ::::::::::::::::/⌒⌒^ヽ、\           イ|\ ::::/
´:::::::::::\_,/_:::::::::::::::: }  (_ ̄ ̄二>ー-r──-< :::::::: | iVイ
:::::::::::::::::: \  ̄¨¨⌒\   r‐=ニ二r‐=ニ´>‐- 、 `、:::::::| |::::|
:::::::::::::::::::::::∧      丶 `ー─‐ヘー< \   \  \ | |::::|
::::::::::::::::::::::::::::∨      \   r─\ \ `   `  \:|::::|
::::::::::::::::::::::::::::::|:\        \ ゝ、_ `丶、   ー-   \|
::::::::::::::::::::::::::::::|:::::{.        \ /\  Y⌒丶       `く⌒ハ
::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::\        \_/人             ∨ │

494 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:11:39 ID:Sq6fz3U60 [39/135]
早速だけど安価とるよー。
ただし、ノムリッシュ翻訳されるよー。

【安価 ↓3~10】
黒猫さんの領地の都の名前


497 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:12:26 ID:UCCt8Mhw0 [9/20]
円環の理

498 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:12:43 ID:.plO3sPM0 [2/4]
エル・プサイ・コングルゥ

499 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:12:44 ID:cQjdYpzw0 [1/2]
安価を全部適当に混ぜる

500 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:12:48 ID:x3Fqdb.M0 [2/20]
ラピスラズリ

501 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:13:02 ID:khuor/qw0 [3/4]
ブラートプファンネ

502 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:13:06 ID:5KqMxQMI0
ラ・ヨダソウ・スティアーナ

503 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:13:06 ID:8lI8tg6w0 [3/10]
福岡

504 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:13:18 ID:x3Fqdb.M0 [3/20]
>>499
おいばかやめろw

安価下

508 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:14:12 ID:Sq6fz3U60 [40/135]
>>499
ちょまwwwww

509 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:15:00 ID:Sq6fz3U60 [41/135]
>>497-504
ですな。そして>>499……www

515 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:18:41 ID:Sq6fz3U60 [42/135]
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 プラートプファンネ大領主領が誇る都。ロンダルキア第二の規模を持つ都市―――

エル・プサイ・コングルゥ
【 円 環 の 理 のラピスラズリ】

※前領主時代の名はラ・ヨダソウ・スティアーナ福岡

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

519 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:20:08 ID:Sq6fz3U60 [43/135]
※流石にこれをノムリッシュしたら意味不明にも程がある事態になったので、これで行かせて頂きます。
 無理の無い範囲で全部混ぜたらこうなりました。

525 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:24:44 ID:Sq6fz3U60 [44/135]
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 エル・プサイ・コングルゥ            アークエンジェル
【 円 環 の 理 のラピスラズリ】の  領 主  である五更瑠璃の朝は早い―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


               /:::::::::/三三三==ー- ー\ !ゝコ
            ,彳、=、、三.,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\´
         /}ムレ_/,イ‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::ヾニンフ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::、:::::::::、
           ::::::::::|{{{/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::\:::::i
        |::::::::::|{{|:::::::::||:::::|::::::::::::::::::i::::::ト、::: |i::::::::::l:::::|
        |::::::::::|{{|:::::::::||:::::|::::::::::::::::::l::::::| l::::;|レ::::;ィ::!::!
         l:::::::::::l{{|:::::::::|l:::: |i::::__::||::::,l |:/:ルri' |::|::|  「よく眠れたかしらね?
        ';::::::::::レ!:::::::::l|::::::!l'´_,,二lレノ ´'ク;;::! l .|::|::!    想いが交錯する13日間が終わる時、 彼らの戦いが始まる―――」
          ';:::::::::! !:l:::: 小ーY´、);;::l`     ー' ,,゚,,|::l::!
          ';:::::::ヽ!ト、::::∧   ヾ_;ノ     ,    |r'リ
          ';:::::::::::ヽi::::::ヾ、 ,,,,,,            ,イ    (訳:おはよう)
          i::::::::::::::`iーtヽ丶      ,、  /:::|
          |:::::::|::::::::|:::_|`ミ 、.      /::::::::,!-、
          |:::::::|::::::::lハ  ゚`'ー。ミ t廾'  ̄ ̄}::、:::ヽ
            ,!:::::::!::/  ` 、 、_  ゚ヽ{l.} _    :}::|:::::::i
            ,':::,ィ´.       ` ー 、,i'r三ヽ   :}::!:::::::|
           ./'´::::ヾ           {l,lYロ} 7  /::::l:::::::|
          /::::::::::::::ヾ_、        /`yミン`='::::::::l::::::|:\
        ,::::::::::::::::::::::::ヾ.__ . . . . /  .レ ヽ ヽ \::l::::::!:::::::i
          l:::::::::::::::::::::::::::::::::::`::ー -/   l    ヽ /::|:::::!:::::::!

527 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:27:26 ID:Sq6fz3U60 [45/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 彼女が起きて真っ先にやるのは―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



瑠璃<「フンフンフーン♪」

ジュージュー トントントン


                                _┌┐___|_|:|
                              |\└┘ (二)  \  |::|
                              |  |[l二二二二二]|  |::|
                              |  ||______||  |::|
                              |  ||______||  |::|    「ZZzzz.....」>妹
                              |  ||______||  |::|
__________________|  ||______||  |::|
                                \|[l二二二二二]|  |::|    「ZZzzz.....」>弟
                              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|::l、
                                         \\
                                         \\
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\                           \\
                        \                           \
                        \
                        \
二ニ二二二二二二二二二二二二二二二l
                        l | |
                       !,|_,ン



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――弟と妹の為の朝食の準備である

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

532 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:30:28 ID:Sq6fz3U60 [46/135]


       コトッ....

                 r=-ーーーー‐‐---ー--ーーーーーー--==---=ー--ァ
                 ∥    _ノ三ニ=-―'''三二ニ=-ー--v- 、__        }
                ノ     i,二二三三三三二二ニニ==--==ニ=、    ヽ,
                ij     /二二三三二二二二ニニニニ==---===j__     ソ
                ∥_   ソ三三三三ニニニニニ,,=-―‐- 、三三ニ=-,ヽ   ハ
            _, - ' ´   `" ' =,,,_`ー---ー---ァ"´::::::::::::::::::::::`"'ヾ        )
          ,, '´     _,、=-、   `"' 、-==-ァ":::::::r==、ハ__,.:.:.:.:.:.:.:'ヽ==--=-=-"´
        /   ,、_、/ / : : : `-v、   ヽ、 ∥:::::::∥  そヲヽーァ.:.: ハ
       ./   _i^: : : : : /      `ー、  ', .i.{:::::::〃 <くi !フ}__ノ.:.:  i     _
      ../  ,、ノ: : : : : : j    : : : : : : : 7 ハ .ヽ 、::ト、__ノ iVハ八.:.: _,,=-^~ ̄  `"' - 、
      ∥ ,,j: : : : : : : ,,ノ   . ::::::::::  ∥ ∥ .ヽヽーvn、__V、 ノ / ,;;;;;;'" ̄ ̄`"' - 、 ヽ、
      i  {   : : : : : i ヾ..  :::::::   / ∥ __ `'-=,,__  >__,,=ァ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘv:;:;:;`ハ ハ
      ∨ `}   : : : ::::::ゝ..       ソ /;;;;´::::::::`::ヽ、ー二ニ=イ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:O:;:;:;:;:;:;.', .ハ
      ..∨ ヾ,: : : : : ノ  ::::..      ノ /〈三三ニニコ;;;;;ヽ     .i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:@o。:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ リ
        ヽ、 `,_: : : : : : :  ::::;;;,,,''"´_/;;;ノ,ニニ>、ヽ,,/i     ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Cハ:;:;:;:;:;:;:;リ∥
         ヽ,  `ー==-~´_,, -' " ヾ;;;((_,-----、::::/∥      ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/./
           ` ー--==‐'"´      `ヽ、t____ノノ:::ノノ        ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..//
                           `ー-=-'"´           `ー-...,,,___,,,...=‐"´
                    | ̄^i
                  -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                  -=ニニ二二二二二二二二二二二二二IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII
                    !n___j




      l|::::::|― ┼―‐l |―--------―‐|l――〈::::〉::::::::|
      |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::l:::::::::::::::|::::||:::::::::::::|〈:::::::::::|
      |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::|:::::::::::::::|::::|l:::::::::::::|ノ:::::::::::|
      └┬L _ 丁_l_| |:::::::.ー|- ..._::::|::::||:::::::::::::|:::::::::::: |
        |::::::::|r≧ミ    ̄ ̄ 三二二  ̄|l:::::::::::::|:::::::::::: |
         | :::::::|l トrヘ     〝了¨¨丁刈 リ:::::::::::::ト、:::::|::::|
          | ::::::::l ヽ='         ヒンノ ./:::::/:::::∧|:::::|:: |  「それじゃ、お姉ちゃんはお仕事行って来るから。
          | :::::l::|"''           .:.:.:. /:::::/::: /´ ノ:::::|:::|   ご飯食べたら学校に行くのよ?」
          | :::::|人   `         厶イ 二 イ:::|::::|::|
.          ̄   |\   、 _,      /|::|::::::|:::::l::::|:|                    「えー。僕、お魚苦手……」>弟
           |::|:::丶       _   /⌒7::::|::::::|:::l|
         ┌‐-⊥ _> 、 -≦ /⌒´゚ _厶 ⊥:::_|:::|   「こら、お魚は身体に良いのよ。
         /丁::}     /  |゚ | /⌒´゚   _/ _ ノ ̄::::::`ヽ   小骨が刺さったら、ご飯をあまり噛まずに飲むの。
       l::::|:::〈      |У゚   _/ _ ノ::::::::::::::::::::::: |     そうすれば取れるから」

537 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:35:06 ID:Sq6fz3U60 [47/135]
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 そして朝早く。
                     エナジークリスタル
 弟と妹の食事の準備を終えて、 お 弁 当 を手に家を出る。
 元々プラートプファンネ大領主領の財政は十年ほど前まで逼迫していた為、
 ある程度財政が健全化した今でも出来る事は自分でやるのが家風なのである。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


     _,.-==================-、
   /;'`¨゙´゛ ´'゙´`¨゙´゛' ´'゙´゜゚。´'゙´`¨゙´゛´゜゚´゙'`¨゙´゛';・。\
   |l。`´            _    ゚     「l   .'´゛。!|
   |l{,゚    o      ,;'"´}´:;:ヾト、      「| | | ,。'`,゙  !|
   |l  。゚       , {.ゞ´〈ヘ;:丿::}      l | | l   ,'゛  !|
   |l          c ヾ;〉::;;ゝ;l::;丿    | | | |   ., o!|
   |l,;‘ ゜    o。   `゙''"´`゙゙`  。   | | | | c ゚. 。 !|        「いってきまーす!」>瑠璃
   |l  。,        ゙ ゜   ; ' ´`   | | | | . ,    ゙!|
   |l    r  ゙,、  _   .,    。    | | | |     .。 !|
    i\,、。,,、。.;.' ´ .` ,。.; ',。' `、.。, ,.、 | | | |、。,,.、./i
    |  `'‐==============| | | |==‐''"  !
   \                      | | | |     / ←エナジークリスタル
      `ー--------------------------| | | |---一´
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | | |
                           | | |_|
                           |_|

543 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:40:43 ID:Sq6fz3U60 [48/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――そして午前。
 領内に関するもの、国内に関するものといった事務を、文官と分担してこなす。
 家で見せる姿とは違う、領主としての顔である。

 アークエンジェル
   領 主  は忙しい。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


           _f:rォ }ノィ :.V::::::::::::ァーチ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミ:.:.:.:乂:::\:{ミx.
          匕才'ノ:.}:....}:ァ==''.:./..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\:.:.:...\:}:.ヽ.}
           込z≦彡ノ  ..:.〃 .:.:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:..  `く`’
              / /.:.:::/     /        :}:.i:.:.:i:.:}:.:... ヽ  .∨  .i‘,
          .′i ::::/.: ..:.:.:.:/:.:.:.:.................... '..′..!..{. i.....:.:.:.:.:.i:∨ :.. i:..i
          i .:.{.:.::′.:.:.:.:.:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:/:.:.:.:|:.:}:.ト:.:.:.: } :.l!:.i :.:.. |:i:|
          | .:.:ア! .:.:.:.:.:.:}ハ--.――一/ァ:.:.:.:,'}:/|斗―十ノ}:.}:.:.:.:.},}:
          | .:/i´| .:′i:.:.{ー-<:._:メイノ:.:.//' }ノL:.斗ヒ 丁: 爪ノ′
              }八 、|..:i.:. i!::.| 不¨テぅ::示ミ´ ̄´′ ァヂ丁孑ん:!:.|  「ファイナルエデンに総てを救う文官――――
             } ..:.ヽi :|:.: l!:..!八 ト.:;;:n}       iィ:;;nリ ノ 小:}: |   と光と闇のルシは未だ居ぬ……か」
             ト..:.:小 :!:.:.:.:.:.   乂::ン          乂ン . ′:リ: i
             | ..:.|∧i!:.、:.、:∨ /:/:/       ,  /:/:/. ん:.//:′
             | ..:.|:.:∧:.:ヽ:ト:∨                 从:./}:/
             } ..:.|:.:.:.:.:≧:z┬\               .イ:iイ ノ′  (訳:出来る文官がどこかに居ないかしら……)
            .′..:.j:.:.:.:.:.:.i:..ト.}介x.       ´ `    イ:.:.|:.l:.|
          ノ ..:.:i!:.:.:.:.:. }:.:} ⌒ーx.≧  .    _,≦:.}:.|:.:.:|:.|:.!
           .′ ..:. }:.:.:.:.:._:ノ 、    ‘゚,ヽ. `爪,, {、:.:|:.:.:}/!:{
            { ..:_:斗≦     \    ⌒i/´'’  ノ ≧ー廴リ___
     ,..-一<  .{’,         \     {    /     ,}:... .:..  ヽ
      /.....::::....V..::::乂_         丶 _ァ≦ミマx      ノ::....::::::::..ハ
    〃....::::::::....V.::::::::入,        〈.:《:.i:ハト:{..}   ,‘ノ:::::::}::::::::::.... }



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 どこも文官不足は似たようなものであるらしい。
 特に最近、国内の各種折衝にまで手を伸ばしている関係上、負担が増している。
 家に帰れる時間が、日を跨ぐ事も珍しくない。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


545 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:41:43 ID:d5skcyyw0 [1/10]
こんな貴族ばっかりだったら民主主義の出番はないなww
まあ、例外はどこにでもあるが・・・

546 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 16:43:15 ID:rbc7GQsI0 [15/61]
>>545
アークエンジェル閣下みたいな首脳陣ばかりなら、ロンダルキアは大炎上してないと思うの。


547 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:45:09 ID:Sq6fz3U60 [49/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

    アークエンジェル   お ひ る ご は ん
 昼。  領 主  の『永き旅路の仮初の休息』である。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



              xくヘ/ 三三三三三三三三\{>x
            /)乂,レ^⌒^⌒⌒^⌒⌒^⌒ー、三乂 (\
            {人/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`⌒\人}}
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ :::::::ヽ
            / ::::: / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
              :::::::::/ ::::::/:::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::| ::::::::::|
               | ::::::|:::::::::| ::: | :::::: /:|:::::::|::::: | ::::: | ::::::::::|    エンジェリッククリスタル
               ト :::::| ::_|_::: |::::: / |:::::::|:::::_|_:::| ::::::::::|   「 梅  干  し  美味しい」
              |::\l\::::ト、:::|::::::| │:::::L:::::|:::/| ::::::::::|
              |:::,小. 斤テ抃 ̄   ̄ィテ圷、 j::::::::::::|
              |::i(ハ  V::ソ      V::ソ ./ ::::::::: |
             |::::\_'.":::::         ::::"/イ::::::::::/
            |:::::::::八      '       八::::/|
             ∨|:/::::::\   、__,     . イ::::∨:::::|
               | ::::::::/{>/:;:;:;:;:;\<}\i:::::::::::::::|
               | _/  ∨:;:;:;x―x;:;:;∨   \ :::::::::|
.             _,   '´    -‐つヘ_∨ノ;:;:_}   //\::::|
          /(_     / //) 厂(ヽ\\ //  _)\
         {.::.:(_   / / / / / :/ } ヽ ヽ.∨ _).::.::.:ヽ
          !.::.::.::. (__l   / /== l | j} ' l  _).::.::.::.::.::}
          ∨.::.::.::.::\|    {   }       厂/.::.::.::.:∨
              ∨.::.::.::.::八.    | {八     //.::.::.::.:.::.:/



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 食事をしながらも、軽く午後の仕事の書類に目を通す。
 午後は国外との折衝と、各種面会希望者との会合だ。
 
 フレイザードを筆頭とする国内過激派の動きも気になるし、メガザルの動きも気になる。
 中々いっぱいいっぱいである。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

548 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:46:07 ID:Sq6fz3U60 [50/135]
>>546
語呂いいなアークエンジェル閣下wwww

553 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:52:55 ID:Sq6fz3U60 [51/135]
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 午後――――

 目の回るような忙しさで、国外折衝と面会をこなす

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



                          ..,. ―────- ..
                        r―vへ:.:r  r  r :.:.:.へ
                      イ:rてzつハ          ヽr ハハ
                       / く人弋少少.:⌒:.⌒:.⌒.:⌒ ⌒ヽvrイ代ハ
                    .  :.:/ く つr少..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:弋从:炒
                       /   / / ヽ.:.:._/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:てノ
                  .′.: |/:.:.ー - / _―_ - .:.:.::.:.:.:_:|.:.:.:.:.:.:_.ノ ハ
                  i! :.:.:./..:.:.:.:.::.:. ′.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.::.:.:.::.|!:.:.:.::.:. .:.:: .:.:.|   「メガザルとの交渉では、領土を割譲ではなく“貸与”という
                  i!.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:.i!.:.:./.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.::.:.:.:.:!|.:.:.:.:.::.|.:.:.|:.:.:|    形に出来れば―――じゃない、
                   i!:V.:.:.:. ′.:.:.:.i!:.:/i_/.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:!|.:.:.:.:.:.:|:.:.:|.:.:.|
                    i!:.:!:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.L八!_.:.二:.:ナ:’.:.:iノノー一::|:. ノ:. リ   割譲ではなく“貸与深淵”と云うアスペクト(相貌)に―――」
                     i!:.:ト.:.:. !:.:.:.:.:.::| 行テー:ァ  ̄   z:ニz‐!―/
                     |.:人こヽ .:.:.:.:.:|  弋r:歹     弋炒:.:.!:ト、 っ
                 . .:.::.:. ー \:.:ハ  ヽヽヽ       ヽヽヽ:..!:|ハ   ⊃
                      .′.:.:.:.:./.:.::ヘ           '   ∧ .::|ノ ! ゝj
                  /.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:rへ     r   っ   イヽ_\!  !
                 . :.:.:.:.:.:./.:.:.:.:: ト ァx ヽ         イ:.:.:.|   /  .'
               ′:.:.:.:.イ.:.:.:.:.:;人  ⌒こァ 丁ハーて⌒ヽ    /
                  }.:.:.:.:.:.:.:|.:_:./弋  ー… ='⌒Vノ三三ヽミ|    ’
               .:.::.:.:.:.:.r'三三三≧ー― =γ⌒rハハ三: }人    '.
               y'´三三≧三三三三三三代r弋ぅテリ三イ三ハ    Vハ             「閣下、少し休んで下さいマジで」>文官
              ! 三三三三≧三三三三> ゞテさ少⌒ーァ ∧   Vハ
               | :三三三三三≧__三<厂  / ⌒!  ⌒<つハ    Y八
                  从三三三\三三ヽ:三::′  ′  |   イ⌒Y !   爿 ハ
             八 ヽ 三三三:\三 》 '⌒ーく__ 人 イ...人  | : !   (: |  !
             . .:.:.ヽ 三三三三三ーく三三/___ ノL イ⌒ヽ ヽ  γ⌒ヽ:人
             !::.:.¦三三三三三三:人三三三三人弋γ⌒ \:!  て γ /ハ
              |.:.:.:. 从三三三 弋彡ノ:::∧三三 /  γ⌒  r:ュァ―广/ /三ハ



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

アークエンジェル
  領 主  ではなく少女としての顔が出る事もある。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

556 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:56:12 ID:Sq6fz3U60 [52/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――夜

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


            ≦三三三三____ : : : : : :. .
         <///// .-‐::::::::::::::::::::::::::::::ヽ : : : : : : : .
        //////:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : .
          ///////::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : :
       /////:/∧::/ :::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧: : : : :
       i//////|::V::::::::::: ′::|:::::|:::::::|::::::::::::::::::::::: } : : : :
       i//////|:::i!::::::::::::|:::::::!:::::::::::::|:::::::::|:::::::|::::∧ : : : :
       i//////|:::|:::::::::::::|-::┼:一::::ハ:::ー|-::}::::::::| : : : :
       i//////|:::|:::::::::::卞テ抃ー‐' ー=ュテ/:::::::::| : : : :   「……ねむい」
       i//////|:::L::::::::从 込V     込c.イf⌒': : : : :
       ///// /::::::人下 ""     .   人::|:| //: : : : :
      i://// /:::/:::::::≧ゝ  ────←-├‐.. : : :
      /// r‐< ̄ ̄「Ⅴ               `⌒丶
      ノ// /    ヽ. |′                   \
    {////: {   \  /                         ヽ
    /////∧  ヽrV                          }
    //////∧   人 V⌒ヽ                       {
   V//// 人 :V(      \                   ノ
    V////::::∧ ゝ      厂ノ、               ////}
.    ////::::/:::∧  `ー―‐/ /::::::>──────―:≦//////.
    //:/::::/::::::{ ハ  ー‐:V /:   >――-v  ⌒ヽ:ノ///////
   :/: ′::::::::::::|:::::::  ― ≧::::::o/       .     \://///
    i ::::::i!:::::::::|: : :∧ ::::::::::::::::/          i       V///
  //::i::::::::!:::::::八:.   \ :::::::/  ::!        |       V/
  //:::从::::i:::::/::::: )     ー/    .′       |        ′
 // /::::::::::!::::{::::く′     .′              |
./// \::::ノ:::::ヽ/     /      !         |       ¦
ヽ//// V::::::::::/{           |   .____ |、 ...-─‐ 、|
  \.///\::::/::乂  V       v ´::::::::::::::::::`:.:V ::::::::::::::::::::::
        ヽ   ー/          :::::::::::::::::::::::::! V::::::::::::::::::: |
        ノ_>イ∧           V::::::::::::::::::::::!  ,::::::::::::::::: |
       厂: : : : : :/:: |         .::::::::::::::::::: i:  i ::::::::::::::::: |
     /: : : : : : :/:: : |         v::::::::::::::::::::  |:::::::::::::::: |
    /: : : : : : : :/.:.: : :|           ::::::::::::::::::::i 人:::::::::::::::: |
  く: /: : : :.:.ー/:.::..: :人         ∧:::::::::::::::::::V′ ::::::::::::::|
   く: : : : : : : :./:.:.:.: : : : :)ー──── ⌒' ::::::::::::::::  |:::::::::::::|
    ー── 'ー…・・・′            V:::::::::::::: ハ  i::::r ::⌒ヽ
                         :::::::::::::::::::: ノ::/::::::::::/⌒ヽ
                          .:::::::::::::::::V::::::::/::::::::::::ノヽ


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 残務処理。既に完全に素。
 部下は余り残らせずに帰しているのは、無理をさせない為なのかこの顔を見せない為なのか。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

560 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:58:23 ID:Sq6fz3U60 [53/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――深夜。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



      ___
    (ツ'´ ̄ `'(ツ
     | |_」L」|」
     |(i」゚ -゚ソ」  「今日もちかれた」
     |_/i}笊i{'、
     く_/†__†〉〉
     └u‐u┘



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 既にAAサイズすら酷い事になりながら家に帰り―――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

563 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 16:59:58 ID:Sq6fz3U60 [54/135]
 

     .:::;‐__....--‐''''''''゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ''''‐‐--:::::::::::
    ..: .' " _.....-‐‐'''   ' .,. ' '''''''' -::::::::::::::::::::`、
.   ,.:..‐''":::::::::.,::::::::::::::::,l'l!::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::l
   .,l'::::::::::::::::::,'l::::::::::::::'|l .|:::::::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::.l
   .::::::::::::::,. :/j:::::_____l. !' | _:::::::::.jl:::::::::::::::::::::::::::::|
.  .l:::::::::::l||..''!,'       ` ´  .゙''',':ー-..l::::::::::::::::::::l
   .l:::::::::::::l   __,,,,,,,,     _,,,,,,,,,,,_  `'l:::::::::::::::.l
  .''、|:::::::::::::| r'""        ` `"゙''   .l':::::::::::::::l   「Zzzzzz……」
.    l;::::::::::::!      '             ,':::::::::::::::.|
、   ∨::::::::.l ///          /// /::::::::::::::::::|                「Zzzzzzzzz……」>弟
.ヽ、 ゙'、::::: ゝ      r  ー  .     ./:::::::::::::::::::ノ
.  丶 ヘ   丶   ゝ、. _ _ .'    .:l':::::::.リ:::::::/
    .\      │>'‐-.    r<  ̄ ̄ ` ´
      .、゙ 、   !  `:、 ゙''‐--' l  、    _..-‐''′
.      ゙'',   .′   '゙、-.........'  ゙| _ ‐''
        .│ .                l
.         j                │
       .ノ     .         │
.      ′              .  丿




              _ -===―===―- 、_
           ノス_r=彡 ^ー一^ー―ヘ>、::::\::>=、
        /ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈\:::八{它ハ
         く{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄〈{ハこフハ
         /〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ト<ノ::::::
       ′ 7ー― ---l| -------- ――|l―┘〈::::〉:::::: l
      l|::::::|― ┼―‐l |―--------―‐|l――〈::::〉::::::::|
      |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::l:::::::::::::::|::::||:::::::::::::|〈:::::::::::|
      |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::|:::::::::::::::|::::|l:::::::::::::|ノ:::::::::::|
      └┬L _ 丁_l_| |:::::::.ー|- ..._::::|::::||:::::::::::::|:::::::::::: |
        |::::::::|r≧ミ    ̄ ̄ 三二二  ̄|l:::::::::::::|:::::::::::: |
         | :::::::|l トrヘ     〝了¨¨丁刈 リ:::::::::::::ト、:::::|::::|   「………」
          | ::::::::l ヽ='         ヒンノ ./:::::/:::::∧|:::::|:: |
          | :::::l::|"''           .:.:.:. /:::::/::: /´ ノ:::::|:::|
          | :::::|人   `         厶イ 二 イ:::|::::|::|
.          ̄   |\   、 _,      /|::|::::::|:::::l::::|:|
           |::|:::丶       _   /⌒7::::|::::::|:::l|
         ┌‐-⊥ _> 、 -≦ /⌒´゚ _厶 ⊥:::_|:::|
         /丁::}     /  |゚ | /⌒´゚   _/ _ ノ ̄::::::`ヽ
       l::::|:::〈      |У゚   _/ _ ノ::::::::::::::::::::::: |
       |::::|:::::}      ∨  / _ ノ:::/:::::::::::::::::::::::::::|

564 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:01:41 ID:Sq6fz3U60 [55/135]
 

       |:::i:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i:::::::::|:::|
       |:::|::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::|:::|
       |:::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::|:::|  「ただいま。
       |:::|:::::::::::::: |::⊥:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::|:::i::::::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::|:::|   ――――お姉ちゃん、明日も頑張るからね」
       |::::::::::::::::::::|::::| ::::::::::::―─-ト 、::::::::::::::i:| |:::::::::::::::::::|斗:::::-─:::::匕::::::::: |:::::::::|:::|
      ′|::i:::::::::::::L亅:::::::::::::::::::::/ L ::::::::::::: 从 jL::::::::::::::::」ノ|:::::::::::::::::::」ヽ:::::::::」:::::::::|:::|
       l. |::|:::::::::::::| 抖テ汽芋≧=ミ、            ィテ汽芋示テ≧=ミ   / ::::::::::::|
        |::|:::::::::::::| {   __ノ::::;;;:::ハ                 __ノ:::::;;;::ハ    }  }:::::::::::::: |
       Ⅵ::|:::::::::::::l ヽ   ::::::::::::::::}               :::::::::::::::::}.  /  |::::::::::::|:::|
       |::::|:::::::::::::|      乂   ン                  乂   ン    /l:::/::::: |:::|
       |::::|:::::::::::i:|                               ・ / .|/:::::::/::::l
       |:八::::::::::i:| ', /:/:/:/:/:                      /:/:/:/:/ / /:::::: /::::::|
       |:::,ィ\::: l:|                    '                 / /:::::: / ヽ:|
       /     ヽN                                ' ノイ⌒'     \
     / i            \                        /           i  ',
      { |            | \         ` ─  一'          / |         |   }
      } {            |   >                     イ   |         |   {
       ヽ          |    |   `   .             ´  |:   |           ′
.      {   \       |    |         ‐-‐           |:   |           /   }
.     |    丶  }   |    |       /爪\       |:   |     {  /   |




▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――愛する妹と弟の寝顔を見て、明日も尽力する事を誓い、就寝。

 これが五更瑠璃の―――ロンダルキア大炎上連邦国を支える大領主の日常であった――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

566 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:02:43 ID:Sq6fz3U60 [56/135]
――――小ネタ、了

575 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:08:11 ID:Sq6fz3U60 [57/135]
あれよね、難しい所ですわ。

メガザル側からすれば国家という立場上、『全力で軍を出して助けて何も要求しない』という立場は取り難い。
負傷者や死亡者も相応数に出てるわけで。

しかし一方、ロンダルキア側からすれば小国故に金も資源も超大国が満足するような量を払えず、
更にこれまでのような緩衝地帯という立場も無くなったが、どうにか払う物を少なくして切り抜けたい。


立場が違うだけで、どっちも正しい悪いは無いわけで。

580 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:15:21 ID:Sq6fz3U60 [58/135]
そういう意味で今回は題材失敗した気もする。
どっちも正しいとも言える(と、>>1は少なくとも思ってる)以上、どっち寄りの展開にしても不満は出るし。
システム面では一定の成功を見て改善点も出揃ったと思う反面、ストーリーテリングの捌き具合はまだまだ精進ですな。

585 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:21:13 ID:Sq6fz3U60 [59/135]
まぁなんというか、大勢に受け入れられるようなストーリーテリングって難しいよねというお話


586 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 17:32:22 ID:uWaPvTHc0 [2/4]
でも、どっちも正しいと言えてこその戦記物だと思うんだ。
もちろん、敵対者として悪の侵略国家は存在してたほうが感情コントロールしやすいけど。


589 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:39:22 ID:Sq6fz3U60 [60/135]
>>586
まぁねー。
その辺のバランスが難しいんですよねー、やっぱ。
どうにも一流どころの人のストーリー作成能力を見てたり、或いは自分の書いたことへの不満を目にすると自身の未熟を感じるわけで。

590 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 17:44:35 ID:uWaPvTHc0 [3/4]
それに、どちらも悪くないって話を言い出すと。
我様のところだって、戦争に踏み切った理由は何かしらあるはずだしな。
悪を掲げたままじゃ戦争を継続するのは難しいから。

戦争をするにあたって正義と言う名の大義名分は結構重要なわけだし。

591 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 17:51:58 ID:Sq6fz3U60 [61/135]
まぁ、余りこの話を踏み込んで行うと、取りとめが無くなりそうですしこの辺で。
20:00くらいから五更瑠璃との交渉から行きませう。
暗屯子様救助で少し交渉の舵取りが楽になってます。

何をどう話すのか考えておいてねー。

594 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 18:41:47 ID:Sq6fz3U60 [62/135]
何を話すというか、

【何を伝えて】
【何を要求して】
【何を対価として出せるか】

って所かな。では風呂ってきます

603 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:06:46 ID:Sq6fz3U60 [63/135]
ただいまー。
少し食休みを淹れてから進めるのである

606 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:17:42 ID:Sq6fz3U60 [64/135]
んじゃ、はっじめるよー


609 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 20:19:52 ID:QchVjrHY0 [15/54]
スレ見返してて思ったがジュライの【特殊諜報員】
『マモー&フレイザードがつながってることの証拠固め』
これは社長の所で手に入れたやるめの情報と被ってたから省略かな?


610 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:19:56 ID:Sq6fz3U60 [65/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 エル・プサイ・コングルゥ             セラフィックゲート 
【 円 環 の 理  のラピスラズリ】の  領 主 館  

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

611 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:20:20 ID:Sq6fz3U60 [66/135]
>>609
( ゚Д゚)

612 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:20:37 ID:Sq6fz3U60 [67/135]
忘れてたぁぁぁあああああああああ!!

614 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:21:33 ID:Sq6fz3U60 [68/135]
そう、社長の所の書類のデータも合わせてボーナスのって判定出来るんです。
うん、今やってしまおう。
成功すればジュライが資料を用意してくれたという事で!

620 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:24:11 ID:Sq6fz3U60 [69/135]

『マモー&フレイザードがつながってることの証拠固め』

難易度:12-5(※社長の所で得た情報)=【7】

判定値:【12】

基礎成功率:70%

補正:5%+10%(>>1が忘れていた事によるゴメンナサイ補正)

最終成功率:85%


【安価 ↓3】
1~100

623 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:24:36 ID:Sq6fz3U60 [70/135]
>>620
( ゚Д゚)

624 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 20:24:37 ID:4rRYqMwA0 [1/7]
65

635 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:25:33 ID:Sq6fz3U60 [71/135]
(´・ω・`) 一週間以上跨ぐもんじゃないね……。
遠出を跨いだ為にもうしっちゃかめっちゃかですがな。
マジ御免。
そして出てる数字が全部成功範囲な件。

639 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:28:45 ID:Sq6fz3U60 [72/135]
いやその、本当にごめんなさい。
何らかの形で埋め合わせします。
一週間くらい間が空くとこうなるのね……

645 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:31:06 ID:Sq6fz3U60 [73/135]
 

                              ∧
                             /:∧
                             /圭∧
                            / 圭:∧
                            / 圭圭∧
                           /圭圭圭∧
                           |li_.il||li._il|
                             |ニニニニニニニ|
                             |ニニii⌒iiニ|
                            lココココll非llニ|
                             |ニニニニニニニ|
                  ∧         |ニニニニニニニ|
                  /.∧        |ニニニニlココココ
                 ./圭∧       |ニニニニニニニ|
                /圭圭∧.      |ニニニニニニニ|
                /圭圭圭∧      lココココニニニニ|                    ___
               ./圭圭圭圭∧     . |ニニニニニニニ|                    /圭.∧
              /圭圭圭圭圭∧     |ニニニニニニニ|                   ./圭圭.∧
           l二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l        /圭圭圭.∧
         _,, ||ニニニニニニニ|-|ニニニニニニニニ|-|ニニニニニニニ||        i圭l土l土l圭i
      _,,<圭圭\..ニニニニニ..| :|...∧ニニニニニニ| :|ニニニニニニニ||_____|圭|土|土|圭|__
   _,,<圭圭圭圭圭\、ニニニニ..| :|./.∧ニニニニニニ| :|ニニニニニニニ||       |圭圭圭圭圭|   \
 <圭圭圭圭圭圭圭圭\__、ニニ..| :/圭∧...ニニニニニ| :|ニニニニニ/          `―――――'     \
 |ニニニニニニニニニニニ|ニニニ.l/圭圭∧.ニニニニニ| :|ニニニニニ:l二二二二二二二二二二二二二二二二二l
 |ニニニニニニニr'⌒ヽニニ.|ニニニ/圭圭圭∧.ニニニニ|-|ニニニニニ|ニニニニニ|-|ニニニニニニ|-|ニニニニニ||
 |ニニニニニニニ||.非.|lニニ.|――/圭圭圭圭∧―――..、..|ニニニニニ|ニニニニニ| :|ニニr'⌒ヽ.ニ | :|ニニニニニ||
 |ニニニニニニニニニニニl二二二二二二二二二二二二l.ニニニニニニニ:|ニニニニニ| :|ニニ||.非.|l.ニ | :|ニニニニニ||
 |ニニニニニニニニニニニ.|ニニニニニニニニニニニニニ|..ニニニニニ:|ニニニニニ| :|ニニニニニニ| :|ニニニニニ||







              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ─ |×`\i|  「……さて、領主館の前に来たお。
          |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|   領主館のルビが『セラフィックゲート』って書いてあるのは実際どうなの?」
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
        / ;ハレ!>,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、
          /: : ;'  /    ∩ノ ⊃ノヽ  ヽ: :ヽ
       ,': : ,'  (  \ / _ノヽ  |   i: : l
       i: : l   \ “  /.__ ノ  .|  l: : j
        '; : ',    \ /___ .ノ   ,'/

651 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:34:59 ID:Sq6fz3U60 [74/135]
 

               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|  「―――で、ここに来る前にジュライから渡された資料も有るお。
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   内容的には―――【グンマーの呪術師マモーとフレイザードの関係の証拠】」
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、   
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │




                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|
                |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|  「あたくしらが社長の所で働いた時に知った情報まで含め、
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │  ガンダムさんのとこに来たのと同じ人物がフレイザードに接触した事。
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、  そして、その人物にフレイザードが資金投入をしたらしきと分かる帳簿―――。
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ 【証言や各種物証、まぁこれだけあれば証拠としては十分】だお」
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |

652 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:39:32 ID:Sq6fz3U60 [75/135]
 

                    - ─── -
                 ...: : : : : : : : : : : : : : `::...、
 .              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            /:/: :,′: : :i: : : /: : |: l: :.l: :l : : : : \ヘ
            .: r、: ; : : l.: :|: :./! : : |: l{: :!、:|: : : : :/ ∧:.
           ,: : \}: :.l |:./|:./ l.: : :,l:,ハ:..l :!`ヽ、/ /: : !\
              .:i: : |: l: : | l'\;′!: ://  };′;! /V: : : |: : :ヽ
          i:.!:.l |: l: : | l   \|://   / //  }l> <l{::「 ̄
          |;ハ:!:|: l: : {リィr=t=ォ.    .ャ=t=ォz |: : : :ド!
             从{:ト{: l: : :i 弋z歹     弋z歹 '|: : : :|リ
             |ソ} |: : :|                |: : : :|l   「五更大領主は、【メガザルによる併合に穏健に反対している】立場だお。            
             |.:,リ: :,∧⊂⊃    '   ⊂⊃/|: : : :|{    政治力と権力、影響力はあるけど、武力に欠ける領地だおね。
             l厶ィ´: : l\   / ̄`⌒ヽ   イ/|: : : :「    何か依頼するにしても、直接的に武力を借りるのは難しいお」
               八l |: : l: :{ : {> ー‐ 一 <  }/i|: : : :ト、
           /: /リ|:::∧ :∨⌒j′    |⌒ヽ-∧ : : |} :ヽ
             /: /′∨ヽ\}  |´  、    ´7   } ヽ :リ〉: :ヽ
         /: /ヘ    ヽ   ヽ    ′ /   /  ∨\: : ヽ
        /:/  \   \  \-----/  /  /   \: :ヽ



                      -‐…… -  ..
              . <: : : : : : : : : : : : : ミ x
                //: : :/: : : : i :、: : : : : : : : : :\
              /: /: :.:./: : : :i: | : }: : : : :、 : : : : : \
          ,:.〈∨: : :/: : : : :|: |:i: !: : : : ; \: : : : : : :ヽ
            ,: : i´: i_;'i: |: :.:./,/|;乂: : //: :ヽ: : : : : ;ヘ
             i i: | : 从{:`!: :// ´ ̄ く/ : : : : : `ーz: : :i
             | i: |: :iリr-ミ、//   イ//i\: : : ォ≠≦: : : !
           ,'∧ハ从:{ i//ト    |//l| }>.イ<7 ヽ::i: : : |  「―――後はどうやって協力を取り付けて、
            〃  |: :|::. Ⅵl      乂ツ !: : :У } }: !: : : !   フレイザードとマモーを追い込むか……という話になると思うお。
           ,/    |: :|:∧_ツ       ̄´! : : i  ,イ: |i : : {    さて――――」
                l: :i⊂⊃ ′    ⊂| : : |=彡: : :|l : : |
            ∧: 乂:>   n   ,| : : |--、 -、|l : : ト、
            / ∧: : :ト、: : :≧ー匕  | : : |/  ,ヽ{ト、: :ヽ
              厶イ }: : !/ / / }  ./.! : : ! . , - ' ヽヽヽ: : ヽ
              トヘ〉i  .,  -,.' , レ\|/, '  ̄ヾ ヽ: : ヽ
               ハ .{ ト.__.,/ /  , イ '      |   ヽ: : ヽ
              ./, .ハ | .|::::/., '  ,// , <   .!   ',: : :',
             /  ハヽ.|:// , < , .'- '      ,ノ     ',: : :',
             .,   !  ヾ.!'/  /, .< -‐‐  ̄,.イ      '; : :i
             i  {  ./7  /<     , イ /         ',: :|
             〉  、  `! /      フ,/ ./        '; !
            ./   !  /     , -' /  ,.i         ,ソ
            ,    .ト .,.'     ./ /   '.,イ
            }    | /    / /    , ' ,i

653 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:40:28 ID:Sq6fz3U60 [76/135]


                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


655 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:41:53 ID:Sq6fz3U60 [77/135]
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――応接間

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

658 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:46:11 ID:Sq6fz3U60 [78/135]
 

                   _____
                ,....-≦´ ̄ ̄ ̄`<>、:.、  ___,
             ,ィr=/::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::\\::r〈:.イ7
          {(ソ, '::::::::::::::::::,イ ::::::::::: |::::::::::::::`ヽ乂〉:r;フ
             ∨::::::::,::::::::::/ |:::::::::::::::|::::::::::',:::!:::::::ヽ r'
           ′':::: |:::::::: ' {:、::::::::::::| :::::::: |::|::::::|:::::ハ
          ':::: |::::_|_::::| Ⅵ:::ム斗-二-L!::::::|:::::: |
            {::::::|:::::」--__`   ̄ ´ん:::ハ } |::::/:::::::_|
          </::{ イ んハ     込zソ' /イ⌒- 、\  「お初にお目にかかるわ、友の友。
           {:::ム{ 弋zソ      :.:.:r-・〈 /   , ⌒ヽ、  聞こえる? 貴方の来訪に、この熾天の宮が喜んでいるのが―――」
           |:::::::} :.:.:.  '        >-/⌒ヽ///////\
           |::::叭           `{ {、  ////////// ∧
             ´ ̄ ゝ    ^     ,..Y  7////|/////// ∧
                |::>  __ .. <r-{,イ/////|/////// ∧
                r┴―-'「|}  / ,イ \///{/////////∧
          ___,..イ{。   、 |!_/ / _,..イ/`ヽ、'////////// ハ
        _////Y//ム__  rイ=ミイ_,..イ/// {///∧///////////}
        「:.:.:,'//// }//////乂Y_ン//\////∨//{:.:∨///////_,..ノ
     ,イ:.:.:////////////  / ∨///`ヽ、/ ∨/\:.:\/>´:.、
   <彡77{:.{///////r {⌒ヽ  '   ∨//////\\/イ}:.:/:.}::::::::::::\
    {//{//、::ヽ///イ >'イ \_,.- \/////////}::/:.:.{乂:::::::::::::::::ヽ
    |///\//7{/// \_「_,.-r 、_}  `丶、////〈:::`::¨:::} ヽ::::::::::::::::::.
    ∨////`777/{     {|  |i}   ヽ   ` </ }::::::::::::|  }::::::::::::::::::〉
   /:∨////// /     〃o //     \  ///イ ::::::::: |  |:::::::::::::: /
  ,:::::::::: ∨/////{    // ,.',イ      \ {¨´:: |:::::::::::::; /:::::::::::/
  /::::::::/:}/////イヽ、   { { o{i}         ヽ::::::/:::::::::::/ /::::::::/
 ム-イ::::::|////乂///≧=` ー''、___\____,ノ:/:::::::::::/   ̄ ´
     ̄´{/イ⌒/////////////////////////:/:::::::::::/
      ∨`7'//:.T≧=--////__r-- 、///ハ,ィ::::::::/
       {_,///(:._|/\//////////∧:.:.:.:.YT´:.:.{ ̄´
         ////(.:_|///\/////////∧,..:ィ介ーr」
.       ///// (_|/////\/////////}:.:|/∧:.:.:7
      ///////ム∨//////ヽ/////////// ∨∧
     ,:'////////ム:∨////////、/////////////}





               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(○)  (○)l;小|
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   (わぁお、パンチ効いたご挨拶!!)
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │


【安価 20:51:00】
御挨拶です。なんと応じますか?


665 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 20:50:40 ID:FpovFttsC
はじめまして、紫天の君


666 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 20:51:00 ID:I6xpOc060 [2/8]
おお、もちろん、彼の国祖ロンダルキア公もうちふるえておいででしょう

667 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 20:51:00 ID:dmYI8yi20 [1/6]
我、熾天に入りし者なり。

668 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:51:02 ID:Sq6fz3U60 [79/135]
>>665
誰ぞwwww

672 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:53:05 ID:Sq6fz3U60 [80/135]
 

                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|
                |l:/|,'(○)  (○)} ̄i, ̄i|  「この出会い、彼の国祖ロンダルキア公も打ち震えておいででしょう。
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │  我ら熾天に入りし者なり」
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |





                   `¨¨7: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶::::::::::マく
                    /::/::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: Vハ
                        :::::::::::::::|::::::::|:::::::::: | :::::::::::::: | ::::::::::::::|::::::::::::::::::|   「―――ほほう……」
                      ::::::|:::::::::|::::::::|:::::::::: |:i:::::::::::::::| ::::::::::: i| :::::::::::::|::|
                       |:::::|:::::::::|::::::::|:::::::::: |:|:::::::::::::::| ::::::::::: i| :::::::::::::|::|
                       |:::::L:::::工::::::ト::::-:::|八::::::─匕::::::::::」| :::::::::::::|::|_________
                       |:::::::∧ if¨¨ラ外 ̄   ̄ イ¨ラ朮ア | ::::::: i:::|::|
                       |::::::::Yヘ ヽ Vソ :::::::::::::::::::::: Vソ/.j::::::::: i:::|::|""""""""""""""""""
                   /|:::::::j{( './/             ///:::::::::厶::: |
                    /∧:::::小、ハ      ′       /厶匕)::::::i:|
                      |│ ∨│:::八              、_/ ::::::::i:|
                      |│   |:::i:::::::>、   ー  一'   /::::i ::::::::::::::::|
                      |│   |:::i/   丶、       イ/〉 :i ::::::::::::::::|
                      |│_,,/      \ヽ>ー ´/⌒゚入::i ::::::::::::::::|
                  /⌒(/    , -、 、∨\ _r'   /  \::::::::::::::|
                 {.   \  /\ } }∧  ∨ /      \ ::::::|
                /\/  (∠ -、_( し/   >r'トく           ̄>、
               .::.::.::.::.::\  /  /     {{{苳}}}         _ノ.::.::.:\
              /.::.::.::.::.::.::.::.:く__/\    /`ー=彳\      _ノ.::.::.::.::.::.::.:}

685 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:56:11 ID:Sq6fz3U60 [81/135]
 

                 ,∠二ニ=- ..,_
                    /::::::::::::::::::::::`''ー-`ヽ、,r-v-、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ{ <薔>}
             _,/:::::::::::i::::::::::::::、:::::::::::';::::';:::::ヾニY<__
           f´,/:::::::::::/l:::::::::::::::',ヽ;:::::::';::::';:::::::゙T><゙_iニi .〉
            .{,/:::::::::::,' V:::::::::::::ハ_,\:::l:::::l::::::::ハ\\ ̄´
           /{::::::::i:::{  ヽ;:::/,.ィニ二 ̄ }:::::::::::ト、\\
             /: |::::::::l__l=ミ,   ´ { 不 l  l::::::::::i:}::::|ヾ〉_,〉
            ヾ,∧:::::::',/i云}     ` '' "・ /:::::/:::l:l::::l .\\
           |_/lヽ;:∧, ヒ;ソ ,       /::::ノ-イ:::::ハ,  \\
      l^i ./゙j  _ l | lリ:::〉   `   _ ´ ̄ ´i,_rイ::::::::::ハ   \\  「貴方のクオリアは素晴らしいわ。
      | .レ /_/ノ| | l::::人    -=ニノ   ,イ:::∨:::::::::::∧     ⌒`   熾天(そら)を語りにけりとは―――気に入った。
      ∧ `´/y `, `´ l>..、      ./ ,ryvry:::::::::::∧          ご用件を伺いましょう、能天使(エクスシア)」
      ∧   ,<,     .|::::::::::`''ーr-<ニ//ノ ̄`ヽ:::::::::::\
        ',   ヽ      |:::>f゙Yシ ` ̄ f //_j/⌒Y⌒ヽ;:::::::\
        〉、  ./    .レf //  _ f゙ /,ノ / /r-[><]ニ=ヽ;:::::::::\
   ,rv'⌒⌒/   ./Y^)  ./rY゙薇jY´_, .゙7{-{ { ,l/⌒ ̄/ ̄`ヽ;:::::::\
   ト/⌒ニ=j. _/゙⌒iv/  l .ヒミツー-、_,八-V,∨   /シ,r.y ニ {:::::::::::::\
   .V f_r-i_,/   ,r-/ } r-イヌ介T >=/  \Yi  ,/斥 l/ /   }::::::::::::::::::ヽ
   .∨イ_,,.-‐''" ./  ',_/ [| |].l_/′    /`{ /"´ ̄ツ /ヽ,.  ト、:\::::::::::::\
    ∨i     ,ィ个i- .} {{ [| |] }}        ∧ツ, 、 _´l i ト、  ノ:::::::\::::::::::::ヽ
     .∨     } }- .Y{{ .[| |] .}}  、 / ./::::{ li   _,| l ト、ヽ、_::::::::::::ヽ;:::::::::ハ
      }     ,}ノ.  / {{ [| |]  }}   .Y /:::,ニ>' ,ィ'ノニ,八_l l/`ー-':::::::::::::ヽ;::::::::∧
      l _,.-‐''"ト、 Y. .{{ [| |]  .}}  -{. 〈,r..`''ー"ヽ__/ `´/i:::ヽ;::::::::::::::';:';:::::::::::',
           >、 | {{ [| |]   }} /⌒ヽ=-、       ´ /::::::::',::::::::::::::} l::::::::::::}
             r|/ニ,\{ [| |]  ,イ´  _广/,}ノ|_      /j::::::::::::::}';:::::::::::| |/\;j
          /_廴   \l,l_/  _厂´,x< _/ }     ´/:::::::::::::::| ';::::::::リ
        /∨  廴_, ̄,_厂゙ ,x< ,/し´\   ニ=::l:::::::::::l:::l l::::::ノ
       <:::/\/ /`Y´ | ,x< / ̄     .\ミ=<::::ll::::::::/,ノ |:::/




               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(○)  (○)l;小|  (あ、称号付いた)
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │

689 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 20:56:48 ID:Sq6fz3U60 [82/135]
あ、安価の際に『ノムリッシュで』とか言ってくれればこっちで翻訳するよ?w

698 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:00:03 ID:Sq6fz3U60 [83/135]
 

                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|
                |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|  (ま、まぁとりあえず掴みはOKみたいだし……。
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │  まず、要件をどう切り出すかお?)
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |

       【能天使(エクスシア) 高師やるめ】



              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ⌒ |×`\i|
          |l:/|,'(○)  (○)} ̄i, ̄i|
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │  (おい、紹介文ちょっと待て)
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
        / ;ハレ!>,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、
          /r7´   f r┐| 〔/ミ!ハlノ-、  ヽ: :ヽ
       ,'Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、  i: : l
        i: ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l  l: : j
        ';/ (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|   ,'/
    .   |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /  '´
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
    .      └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
    .         l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′


【安価 21:10:00から↓3つ】
用件をどう切り出しますか?


699 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:00:05 ID:n4d5OPQc0
急にハリアーPみたいになってきたなw


705 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:01:59 ID:Sq6fz3U60 [84/135]
>>699
ポエム会話は無理だwwww
あの風味は私には出せませんwwww

712 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:04:47 ID:Sq6fz3U60 [85/135]
さて、邪気眼連結システムのちょっとした応用の準備でもしておくか


713 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:04:52 ID:gH6v.vqQ0
みさくら語でとか入れてもいい?


722 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:09:10 ID:Sq6fz3U60 [86/135]
>>713
出来るかwwwww


724 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:10:00 ID:jeR4neTI0 [10/39]
1 ロンダルキアとメガザルとの関係を悪化させる案件が発生しました
2 ドラゴンの陰謀の概略を説明
3 ドラゴン自体を何とかする算段はありますが、政治的な処断にについて
  は手に余るため、ご相談に参りました。

725 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:10:00 ID:dmYI8yi20 [2/6]
我、熾天の君の輝きを求む。
当節、不埒にも我が聖域を侵す者あり。
その者を置き去れば、天墜もありなん。
是非とも熾天の君と翼を合わせ、布石を詰めたい所存。

726 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:10:00 ID:QIu8eZ6E0 [10/16]
ロンダルキアとメガザルとの関係を悪化させる陰謀を見つけた。
(ビジュアル系バンド風で)

736 名前: ◆O2UsXEr482[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:12:50 ID:Sq6fz3U60 [87/135]
ちょwwww>>725がハイセンス過ぎる上に>>724と完全に役割分担してるwww

746 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:16:21 ID:Sq6fz3U60 [88/135]
ビジュアル系バンド風は>>1が良く分かって無いので、>>726は外させて頂きます
あとごめん、風呂掃除いってくる

757 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:26:29 ID:Sq6fz3U60 [90/135]
 

                        ___ __
                    ,. : : :´: : : : : : : : : :`: .、
               /; : : :〈/: : : : : :、: : : : : : \
                 / / : : : ; | : : !: : : : ヽ、:\ : : ヽ
             / : |: : : :/i:l : : |`ヽ、: : :ヽ : ヽ : : ',
             ,' : i |/: :/ .ソ : : | /ヽ::===\:_:_:_:_i
               |: : | |: : /ォミ、 : 》 ィ==ァ×、_:_:_:_:_:≧  「我、熾天の君の輝きを求む。
               | i: | |: /:| |/| V/  |//l: : /7: : : : : |    当節、不埒にも我が聖域を侵す者あり――――。
               |八| レ'V| トリ 丶. ト リ : i: {: : : : : :l     その者を置き去れば、天墜もありなん。
                   |: ;'⊂⊃ '_._,    ⊂⊃:∨ : : : ヽ      是非とも熾天の君と翼を合わせ、布石を詰めたい所存」
                   |: { : : :l\ Y_)   l: : 爪: : : ト、:〈
                   |: 乂: :厂}!>r ´  :!: : !: :ヽ: :ト、ヽ》
               ヽ: : :「`: x/ノ    |: :人 : {\》ヽ: ヽ
                    \;/ィ/. / ´./ 人{. . ∨>、  ヽ: ヽ
                     /. ./. . ./ . . . . . /. . . . .|   ',: :',
                  / ./´. . . . . . . / . . . . . . .|    ',: :',
                   /. / . . . . . . . ヽ{ . . ' . ./ . .|    '; :i
                 /. . /.丶. . . . . . . . l!. . }/ . . . .|     '; !
              {. . /. . . ゝ . . . . . . l:!. . . . . . . . .|     ,ソ


※訳:「今回は貴方のお力を借りに来ました。最近、ウチの国で厄介な奴が暗躍してます。
     そいつ放っておいたら国がヤバいんで、貴方と協力してそいつを潰す為に委細を話したく存じます」



            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:"`i
               {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
            i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii
              i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           |::::::::::::::::r.,_リ::::::::::::::::| .|::::::::::::::::::::::::::::::::i|::::::::::::::::::::::|   「―――唐突な譚ね。でも、貴方は私が認めしエクスシア。
           |i.::::::::::::::ii.`r‐‐-=ェリi i::::::::::::::::::zュ=-‐ャ:::::::::::::::|}:::::i   然り、然り。貴方には私の朋友に救いの羽を差し伸べて貰った
           |!{:::::::::::::{ヘ ヽ 弋,,__ノ` `´ ̄  ´ 弋.,_,ノi::::::::::::::ノi::::{   縁もある。良いでしょう、其は全てを救う物語―――」
            `ー:::::::::i i.〟〟          〟〟ノ::::::::/,'::::::|
               j:::::::::ゞ        、       ノ::::/ ノ:::::::::i
             i::::::_,.>、                  ''"/‐ :::::::::::::::|
           _,. '"    ヽ    r--‐‐  マ  /::::::::::::::::::::::|
         ,. '"        、\ヘ. ゝ..,,_ ノ ,/,´{:`:‐-::::.,_::::::|
     、  /           \j i ヘ,, ー<ヘ"〃{:::::::::::::::::::ヽ:{
     /\/                '、 ヽ /Z、、/, 〃 /:::::::::::::::::::::::::\
  v,、/  /ヾ         ,. '〈  ' //jソヘ`/v〉フ,,"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 /\ 〃  \  /‐ ‐ '"::::::::::〉 〉,{ ヽ`´', { 〉.},,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ

※訳:「唐突なお話に驚きましたが、貴方は紹介状を持って来た方ですし、
     友人(暗屯子)を助けて頂いた恩もあります。どうぞ話してみてください」

772 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:35:53 ID:Sq6fz3U60 [91/135]
 
                      -‐…… -  ..
              . <: : : : : : : : : : : : : ミ x
                //: : :/: : : : i :、: : : : : : : : : :\
              /: /: :.:./: : : :i: | : }: : : : :、 : : : : : \
          ,:.〈∨: : :/: : : : :|: |:i: !: : : : ; \: : : : : : :ヽ
            ,: : i´: i_;'i: |: :.:./,/|;乂: : //: :ヽ: : : : : ;ヘ
             i i: | : 从{:`!: :// ´ ̄ く/ : : : : : `ーz: : :i
             | i: |: :iリr-ミ、//   イ//i\: : : ォ≠≦: : : !
           ,'∧ハ从:{ i//ト    |//l| }>.イ<7 ヽ::i: : : |  「ありがとうございます。貴方と貴方の魂(スティグマ)に感謝を。
            〃  |: :|::. Ⅵl      乂ツ !: : :У } }: !: : : !
           ,/    |: :|:∧_ツ       ̄´! : : i  ,イ: |i : : {   ―――我らが宮と南の屠竜の国の間に、星々の大いなる災厄を招かんとする
                l: :i⊂⊃ ′    ⊂| : : |=彡: : :|l : : |   者が居ます。その者、我が星に顕現(で)たドラゲリオンの背後にて、
            ∧: 乂:>   n   ,| : : |--、 -、|l : : ト、   大いなる火の竜を用いて竜屠に一矢報いようと神々の黄昏(ラグナロク)を
            / ∧: : :ト、: : :≧ー匕  | : : |/  ,ヽ{ト、: :ヽ  計画しているのです」
              厶イ }: : !/ / / }  ./.! : : ! . , - ' ヽヽヽ: : ヽ
              トヘ〉i  .,  -,.' , レ\|/, '  ̄ヾ ヽ: : ヽ
               ハ .{ ト.__.,/ /  , イ '      |   ヽ: : ヽ
              ./, .ハ | .|::::/., '  ,// , <   .!   ',: : :',
             /  ハヽ.|:// , < , .'- '      ,ノ     ',: : :',
             .,   !  ヾ.!'/  /, .< -‐‐  ̄,.イ      '; : :i
             i  {  ./7  /<     , イ /         ',: :|
             〉  、  `! /      フ,/ ./        '; !
            ./   !  /     , -' /  ,.i         ,ソ
            ,    .ト .,.'     ./ /   '.,イ
            }    | /    / /    , ' ,i

訳:「聞いてくれてありがとうございます。
   我が国とメガザルの間に亀裂を入れるような事件が発生しています。
   ウチの領地に出たドラゴンの裏で暗躍している奴が、そのドラゴンを利用してメガザルに喧嘩売る心算で居ます」

781 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:40:28 ID:Sq6fz3U60 [92/135]
 

           じ=、_ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 r-、
.            /IⅣ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::X ヽ}}、
          /IⅣ::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::::::::::::::..,ノヾ
           /::Ⅳ :::: :::: i:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::,^′
.        ,′|i|::::::::::::: |::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::::i::::::::i
         ,::::: |i| ::::::::::: |::::::::|:::::::::::::::::i!::::::::::::::i!::/!:::::::::::::::::::: |::::::::|   「なんてこと……。天墜(エンゼル・フォール)でも起こそうというの!?
       .::::::::|i|::::::::::::::|__,,,..!___ji____ji/ | ::!:::::i!::::::::::| ::::: |   そのような虚像事象が深い幻想の世界より舞い戻ては、
         i::::::: |i|::::::::::::::i {{  んr'うト \_,,  、j__j_ji_j__j__」V   我らが熾天の宮にとって世界のバランスが『混沌<ケイオス>』
         | :: /^|::::::::::::::|    弋::::ソ        ,イr'うト,,.  /::::: i     へと傾く事しかないというに!」
         |::::{  | ::::::::::: |              ヒ::ソ }}  .::::::::|
         |:::::ゝ._\:::::::: | /////          ,       ..:i::::::::|
         | :::::::: `ー\::八               ///.::::|::::::::|
         | :::::::::::: i:::下、 u                {.:i::::| :::::::|
         | :::::::::::: |:::::| ::...      、--‐  _,       人|:: |^)八|
         | :::::::::::: |:::::|__  \       ̄        /:::::::::::|
         |/::::::::::: |:::::|。`ヽ__ 丶、        ,..イ::::::::i::::::::|
       / ::::::::::::_|:::::|   。`ヽ__>  _,...:<}::::: |:::::::::|::::::::|
〃⌒ー、-.'_:::::://::::/\       。`ヽ ,r'^}:::::::::::|:::::::::|:::::: |
:::::::::::::::::::ー、 \:∨:::/   \       ノソーくi:::::::::: |::::: /!:::::::|
::::::::::::::::::::::::乂 。ー '      \  /}({ 仄_}}:::::: |:::://::::: ノ
::::::::::::::::::::::::::::乂゜。         X  人弋辷ソjヽ_::|:/厶'⌒ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::: 乂゜。      ./    ヽー‐'^、 \「:::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂゜。   /   i   \ } ヽ  \::::/::::::::::: \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 乂゜。 /     V    ∨     ∨:::::::::::::::::::


訳:「なんてことでしょう。戦争でも起こす気ですか?
   そんな事になっては、我が国にとって悪い事しか無いというのに」

789 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:44:40 ID:Sq6fz3U60 [93/135]
 

                    - ─── -
                 ...: : : : : : : : : : : : : : `::...、
 .              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            /:/: :,′: : :i: : : /: : |: l: :.l: :l : : : : \ヘ
            .: r、: ; : : l.: :|: :./! : : |: l{: :!、:|: : : : :/ ∧:.
           ,: : \}: :.l |:./|:./ l.: : :,l:,ハ:..l :!`ヽ、/ /: : !\
              .:i: : |: l: : | l'\;′!: ://  };′;! /V: : : |: : :ヽ
          i:.!:.l |: l: : | l   \|://   / //  }l> <l{::「 ̄
          |;ハ:!:|: l: : {リィr=t=ォ.    .ャ=t=ォz |: : : :ド!
             从{:ト{: l: : :i 弋z歹     弋z歹 '|: : : :|リ  「―――呪壁を連ねて神の名を穢す事象に、参画する者あり。
             |ソ} |: : :|                |: : : :|l    その名はフレイザード。
             |.:,リ: :,∧⊂⊃    '   ⊂⊃/|: : : :|{     これがその者の原罪を照らす真実の太陽なり」
             l厶ィ´: : l\   / ̄`⌒ヽ   イ/|: : : :「
               八l |: : l: :{ : {> ー‐ 一 <  }/i|: : : :ト、
           /: /リ|:::∧ :∨⌒j′    |⌒ヽ-∧ : : |} :ヽ
             /: /′∨ヽ\}  |´  、    ´7   } ヽ :リ〉: :ヽ
         /: /ヘ    ヽ   ヽ    ′ /   /  ∨\: : ヽ
        /:/  \   \  \-----/  /  /   \: :ヽ



訳:「あ、それ黒幕はフレイザードです。
   これ、証拠の書類色々」

790 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:45:40 ID:Sq6fz3U60 [94/135]
 

                              , -rヘ、
                    ...-‐……‐- .... くヽ_ゞヘ ゝ、
               ,..:."´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`{ λノーr'
.      ,rヘ、 /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l::::ヽ::::::`マ弖ゞ'
     r〈∨〉У::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::: l:::::::‘::::::::::::V》:::..
     {K/r'/:::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::‘ ::::::::::V》:::::.
.     V_,/:::::::/::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::| l_:::::_|:::::::::::: V》:::::.
        ,′:::: !:::::::::| l:::::::::::::::::::::: ,斗=ミ |:::::::::::::: V》:::::
        ,':::/::::::|!::::::::l  ー''"´ ̄ィ´トrj } i} |:::::::::::::::::l:::::::::
.       i::/:::::: 」ー,斗=ミ      乂ソ ' ・|:::::::::::::::::|:::::::::   「え、ちょ、ま――――」
.       l:レ'"ハ 〃トrj }         ^¨´   |:!:::::::::::: ハ :::: i
       从::::::::::. {{ V_ソ           '''  从::::::::::/ノ}:::::::|
.         `7::::::.` ^¨´ ヽ            ` ̄ ノ::::::::|
.        /:::::::::} ''''             u rー:'´:::::::::::::|
.       从::::爪 u     _   -‐    厶ィ::::::::::::::::: |
         `ヽl::::...    ´         / l:::::l::::::::::::::::::::|
            ` |:个:......       イ⌒⌒Y:!:::::::::::::::::: | _
           |:::l::::::::::l`::::ー:.:.: ´ ,ノ∴∴人:ノ⌒ーァ_/:.:.:.:.'.,
           |:::l::::::::::l::::::rヘ}  ノ∴  /i:i:i:i:i:i:・ノ /:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           |:::l::::::::::l:/ヽ:V=== /i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       /`ヽ了ー―/⌒YY⌒Y /i:i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.        /:.:.:.:.:.:.{・i:i:i:i:i:{ゝζψζ〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       /:.:.:.:.:.:.:.:{・i:i:i:i:i:ゞ=≦≧ソヽ:i:i:i:i:i:・ノ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:}i:i/ // ノ   ヽ \:iノ:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
...    {:. :.:.:.:.:.:.:. |:У   ノノ_ノ⌒) ゝ ノ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.ハ:l
.     ___l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヽ)ー'ー'ヾ  ヽ ー' ヽ:.:.:.:. {ー=彡:..:.:.:. (・ω・)
    》:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:У   ノノ     ヽ   〉:.:.:.:У:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:/::゚,
   《/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く(`ヽ // _    _}_,ノ´:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:/:::::::゚,
    {:.:.:.:./`ヽ:.:.:.:.}:.`´:ー‐'/ーヽー':.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ー‐'::::::::::::゚,
.     ヽ:.〈:.:.:.:.:.:、:.:{:.:.:.:.:.:..:.:ノー―\ :.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::ハ:::::::::::::::゚,


訳:「え、ちょ、ま――――」


791 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:46:05 ID:c7D0gWk20 [1/4]
逆に盗聴対策にならねえかこれwwww

792 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:46:53 ID:QchVjrHY0 [26/54]
素になったwwww

796 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:48:16 ID:DazeagSI0 [17/36]
流石に予想外だったかw


799 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:49:06 ID:Sq6fz3U60 [95/135]
 

              _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::"ヽ{ゞ〉´、ヘケ
     ,、  _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ^ヾ、〃〉
  /ヽ,',ノ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ー.."´
  「jヘ〃:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ト〉ゝ /::::::::::::::::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  V-‐´:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::_i {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::::::::::| 从_::,. '"_ ,, ..zュ=ュ, ̄|:::::::::::::::::::::::::::}
   ::::::::::::::::::::::>、゛´    〃´ん::::::} } |:::::::::::::::::::::::::::::l  「―――い、今のは幻想。一瞬の夢幻に過ぎない。
  ,::::::::::::::::|l/__.,,z.    .′ ヘ:::ソ   .j:::::::::::::::::::::::::::::|   まずはその太陽を我が手に――――」
  i:::::/:::!  /て::::}`        ///. /,::::::::::::::::::∧::::::|
  {/::::::∧〈. 弋::リ           /ノ::::::::::::::::ノi }:::::::|
   '´ヾ,::::ヘ`     、           ̄ ̄,'厂 ノ::::::::::|
     /::::::::}.///               _,.ノ´::::::::::::::|
    /::::::::::l υ       ,,. -   υ /:::::::::::::::::::::::::|
    ´"ヾ,::::ヘ       -‐ ´       ヘ::::::::::::::::::::::::::::i
       ヾ:::ゝ、               _,.  |:::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::: ゙‐ .,_      ,. '" ,‐´ l:::::::::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::::: _` t  ' ,、/´゚`  |.,_:::::::_:::;;:::::_:::.!
            ',::::::::::::::::::ヘ`、 ,、/ ゚ ゚  , - ´::.: ̄:::.::::.::.:
       ヾ 、Ⅴ::::::::_::_::ヘ V ゚  _,. '":::.::::.::.:::..::
    /:: :`ヤ:::.:`:‐´/´,ゞj`〉`>/:::.::::.::.::
    /::.:.:.:.:〈::.:: :::. :::{`<,'ヾノ'ノ´j:::.::::
   { :.: :.: :.:.:>:::.:::::.:::ーヘ


訳:「い、今の無しで。えーと、まずはその書類を……」




                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|  「然り。熾天の君よ、太陽をここに―――」
                |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |

           ↑【なんか楽しくなってきたエクスシアさん(19歳)】

訳:「あ、はい。これっすよ、どーぞ」

800 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:50:05 ID:Sq6fz3U60 [96/135]
                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


818 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:57:08 ID:Sq6fz3U60 [97/135]
 

          }/ノ ._>''::::;::::::::::::::::::::::::::::::::、::::`:ヾー.、 __
        `´.>'//::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::|i:::::::::::::\!ミミ.、
         ///:::::::/::::::/:::::::::::::i:::::::::::::::||!:::::\:::::::\!、}
         ./://::::::::|::::::イ:::::::::::::::|l::::::::::::/!|::::::::::|::::::、:::ヾ'
       ,':::{{::::::::::::!:::::||___||___// |::::::::::|::::::::!::::::i
       i::::{l:::::::l::::l ̄'i´ 、乃`ヾ    , ><i:::::i::l:::::::l
        |:::::}:::l:::|::::l.  !  辷ノ '      テ、=、`i、ノ::::l:|
        |:::::|:::l:::|::小 、、、、         l:'::! l l::::::ヽノ
        |::::i|:::|:::!:::|::ヽ            '   ゙´ '.::::i:::l  「―――然り。あらゆる可能性が一つの『解答』を示していた――。
        |::::!`ミ_ .小 ヾ、          ```.l::::::!::|   予言成就せし刻、国政の宮から貴方に翼を合わせれば良いのね」
        |:::|::`ー`_,、` u                 ,'::::/!:,!
        |:::|::::::::i::::|:ヽ        ´ `    /::|へ/
        |:;':::::::::,!:::|:. 丶         /::::::::|
       !'::::::::/:!:::ト、,r、,.、  、  , ....::'i:::::::|::::::|
        /:::::::/::::!:;'    `´ヽ_` ´_!;、::::|:::::::|::::::|
 ,...‐--、,、,':::::::/,又ノ- 、      ,}r',、_{:::/:::::: !::::::!
..'::::::::::::::::ヽ_。 ̄ ̄    `ヽ、  ,.トli<mヾ.':::::::::;'::::/
::::::::::::::::::::::::::`ヽ。       >' !ヽニ='、:::::;':::/__
::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、。    /   \-'、' 、 `ヽ<´:::::丶
::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::`´ー、。 /   !  ヽ i \.  ヽ:::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::`/     .レ'  `i     ヽ:::::::::i


訳:「……事実のようですね。つまりその件の解決に、政治的な側面から協力しろという事ですか」




               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|  (……ふむ。なんと答えるかお?)
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │



【安価 22:08:00から↓3つ】
黒猫さんは現状を認識し、危機感を抱いているようです。
彼女に対して、具体的に提案・要求などがあればどうぞ。
また、なんと言いますか?


820 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 21:58:39 ID:Ye/28MF6C
(適当なタイミングでいきなり素に戻って)
その喋り疲れませんかお?


821 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 21:59:01 ID:Sq6fz3U60 [98/135]
>>820
外道wwww


834 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:08:00 ID:suQwkW9s0 [4/6]
とりあえず、さらに馬鹿やらかす危険性があるのでフレイザード周辺の警戒を怠らないでください
こちらはこちらでマモーという人物について調査を進める所存ですので、何かがわかったら改めて連絡します(ルー語で)

835 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:08:00 ID:.u/39dNo0 [2/10]
>>828

828 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:04:21 ID:jeR4neTI0 [18/39]
・マモーとドラゴンはこちらで対処するが
 フレイザードのような中央の高官はこちらでは対処できないので
 閣下にはそちらの方をお願いしたい。
・またそれがなった暁にはアシナンテ風里をメガザルへの割譲や貸与
 する地から除いていただきたい。
また反メガザル過激派が下手なことをしないように牽制を
これらをノムリッシュ語で

837 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:08:11 ID:0Vr.JCKc0 [7/13]
是なり。我が実像を結ぶ寝所に巣食いし邪魅魍魎を星辰の彼方に還すは、握りし聖剣の数々の力に依りて叶えど
幽玄の底にたゆとう氷炎之君に届く指先を持つは熾天の君なればなり
輝ける断崖を背にすればこそ、我ら禍の焔を消し去らん
(はい、腐ったドラゴンとかは対処しますので、フレイザードとかの政治勢力黙らせるのはお願いします。そっち方面の影響力はなくって)

839 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:09:25 ID:Sq6fz3U60 [99/135]
なんでルー語とかさっきのビジュアル系バンドとか、対処不可能な要求も出てんだよwww

846 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:14:49 ID:Sq6fz3U60 [100/135]
 

                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|
                |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i| 「是なり。エクスシアから熾天の君に願う。
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │  南西の蛮国の冥府より具現化せしイドは我らにお任せを。
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、   然れども氷炎の徒に我らが聖剣は届かず。
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ  熾天の君の優しき翼を以て、彼の者に安らぎを。
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }   輝ける断崖を背にすればこそ、我ら禍の焔を消し去らん」
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |


訳:「はい。ドラゴンとマモーはどうにかしますが、フレイザードはそっちで対処して下さい」

854 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:17:50 ID:Sq6fz3U60 [101/135]
 

              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ⌒ |×`\i|
          |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │ 「そして星辰が像を結びし刻には、我らが宮の時を凍結せん。
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、  仮初の安堵、しかしそれこそが永遠なる旅路の中で
        / ;ハレ!>,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、我らに安らぎを与えてくれる―――」
          /r7´   f r┐| 〔/ミ!ハlノ-、  ヽ: :ヽ
       ,'Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、  i: : l
        i: ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l  l: : j
        ';/ (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|   ,'/
    .   |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /  '´
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |
    .      └ L 」_,|__l_l.__L.l′
             |   |  |   |
              l   l   !   !
    .         l   l.   l   l
            ト--┤   !--‐1
              f‐t央j.   ト央ァヘ
              |  甘l、  / 甘  |
             l  ,.-‐ヽ レ'⌒ヽ/
            `く.__ ノ ゝ--‐′

訳:「あと、それが成功したらメガザル側へ譲渡・貸与する領地からウチを外してもらえませんかね?」

860 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:20:17 ID:Sq6fz3U60 [102/135]
 

               ,, -‐=─=─=─=-=- 、 rツ父ツ
                ,, -=≫'"´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `'≪ミ{⌒Y7 `)
          _ノ父ツ:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `弋__しノ
         {じ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : \ii\
         マ : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : :Ⅵハ\
.          / : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : ハ : : : : : : Ⅶハ: ヽ
         / : : : : : : : : : |: : : : : :|: : : : : : :| : : : : : : : : : : : :Ⅶ{: : ',
          ,′ : :/: : : : :/│ : : : : |: : : : : : i| : : : :| : : : : : : : :|iii|: : :i
.         i : : : :|: : : : : | | i: : : :/|: : : : : : i| : : : :|: ! : : :i: : : |iii| : : |
       | :i : : | :| : :i: | | i : : :i八_ ∠: :_j」ー‐-| :!: : : i: : : |\: : :|  「―――彼の国、あたかも星々の彼方より降り立ちし巨人。
       | :i : : | :| : :|八  ̄ ̄,_/_,斗ぅF戎¨}i | :!: : : i: : : 「 い.: :|   然れども我、熾天使としての矜持あり。
       | :i : : | 」ー'ー-、      〃 弋..:(ソ . | :!: : : i: : : | } }: :|   是なり。その言、受け入れましょう」
          VL∠ハ斗ぅ戍             | :!: : : i: : :∧ ノ: : |
          ,': : 'i{弋(ソ        //// ノ厶斗七´ / : : : |
          | i: :}    ,                、__,ノ: : : : : i│
          | i: :ii///                  /{ i : : : : : : : :i |
          | i: :i :                 /八:i : : : : : : : :i |
          | i: :i人      f ⌒ヽ         /r'⌒ヘ\ : ___:_i_|
          NL:广゙\     ー '       r'⌒゚ /7'´:::::::::::::::::`丶
                丶、       ´  r'゚   / ノ:::::::::::::::::::::::::::::::',
                  |:i>: :-‐<   r'゚   / 。゚ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
                  |:i: i: : : : : ∧  r'    /  ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                  V八: : : : : >∨゚    / 。゚ノ:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                  \_>匕ノ⌒ハ  /  )::|::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::\
                     /{゚。 ( (爻ノ ∨  。゚ノ:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>ヘ
                  /:::::::}  ゝしこ)∧  ノ::::::::i:::::::i::::::::::::::::::::::r─-r‐く.  }
                 {:::::::::ハ。 /  / ハ。゚ノ:::::::::::、:::::{:::::::::::::::::::::{   \厶<\
                  ∨::::{ ∨  Ji  ∨:::::::::::::::\} ::::::::::::::::::::::\_//:::::\_>}
                     ∨:|/      ハ::::::::::::::::丶{::::::::::::::::::::::::::::く_/:::::::::::::::/|
                   ∨/       / }::::::::::::::::::::∨::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::〈: |
                   〈ん   んヘ厶く:::::::::::::::::::::::::\:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::ヘ|

訳:「国力差は凄いけど、交渉戦ならタダでやられる気は無いわ。
   とりあえずその件は了承します」

866 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:22:04 ID:Sq6fz3U60 [103/135]
 

                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|
                |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │  「御意。―――然るに、熾天の君」
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |




                ///// ::::::::::::: /:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::: \
            /:::,'/// :::::::::::::::/:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::\
.            /::::::|// :::::::::::::: /──---く ::::::::::::::::::::::::::: '|::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::|/ :::::::::::::::: i ァ==ミ_`丶\::::::: /:::::::::/ |:::::::::|:::::::::.
         .::::::::::::| ::::::::::::::::::::| i{ '_x价k_ \\/:::::/:/ :|:::::::::|:::::::::|
           i::: /⌒| :::::::::::::::::: |  i|トィヘi| ヾ  ヽ ー|/  |:::::::::|:::::::::|
            |: //⌒|:::::::::::::::::i:::i   弋):.ソ       -─八:::::リ:::::::::|
.          |:八\∧_ :::::::::: i:::|              ィ=ミ_  厂:::::::::::'
        │:::::\い \::::::j八\\         iトィ价k,/:::::| :::::/
        │:::::::::::ー'i、 \|               , 弋)ソ/厶::-ト∨
         |/ :::::::::::::::| 丶                .,:::::::::::|
.          / :::::::::::::::: |            ャー- 、   \\::::::::::::|  「なにかしら、エクスシア?」
         / ::::::::::::::::::::j             丶 _ノ       / ::::::::::;′
. __    / ::::::::::::::::/⌒⌒^ヽ、\           イ|\ ::::/
´:::::::::::\_,/_:::::::::::::::: }  (_ ̄ ̄二>ー-r──-< :::::::: | iVイ
:::::::::::::::::: \  ̄¨¨⌒\   r‐=ニ二r‐=ニ´>‐- 、 `、:::::::| |::::|
:::::::::::::::::::::::∧      丶 `ー─‐ヘー< \   \  \ | |::::|
::::::::::::::::::::::::::::∨      \   r─\ \ `   `  \:|::::|
::::::::::::::::::::::::::::::|:\        \ ゝ、_ `丶、   ー-   \|
::::::::::::::::::::::::::::::|:::::{.        \ /\  Y⌒丶       `く⌒ハ
::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::\        \_/人             ∨ │

880 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:23:38 ID:Sq6fz3U60 [104/135]
 

               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.! 「そろそろその喋り、疲れませんかお?」
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │



                            ハ
               ||\  ____ _  /∧
               ||ミ.ゝ´::::::::::::::::::::::::::`〈://ハ
                . ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く彡)
             /:::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::\\
              /:::::::::::::::::! |::::::::|::::::::::!:::::::::::::::|\
               //:::::::/:::::::! |:::::;ハ::::::::!:::::::::::::::ト=:》   「……えっ」
               /:::::::/‐::‐::|  从:十‐|‐::: |:::::::::::::::}}:::::i
           /i:::::::牙≡从   示ぅ::〒ゞ:::::::::::::}}:::::i
               l ::::i琲代リ     込つ. /::::::::::∧V:i
              イ::i//// .     /////:::::::::::/:::::∨
             |:::i              /:::::::::::/ ::::::::|
             |レヘ    マ つ   /::彡⌒ヽ:::::::::|
                |::> .       イ⌒ヽ ⌒ フ::::|                ,::⌒:ヽ
                |:::::::| j>ー  /  厂: : : : :ヽ⌒ヽ                 // ⌒ヽ:\
                    ノ:::::::V |  ゝく  /: : : : : : : : }  〉               |:|     ):::)
                .′:::::/  ト/:::T:::|V : : : : : : : : :} .イ                   |:|     (::ノ
              /イ:::Ⅴ   〈:::/:i::::|′: : : : : : : :/|〈:::ヽ              |:|
                 |:::::{i   く/ !L/: : : : : : : : .:/:ハ ⌒ヽ             }:}
                /   |:::::乂  弋___(: : : : : : : :.:.////∧   人 ___       //
            〈    、::::::八  ト  ヽ: : : : : :.∧//: : :∧イ::::::ヽ    `ヽ  //
              \  ):::} j  |/////|: : : : :∧//: : : : : )}:::::::::::)._       〉//
              \::::::} ヽ. |/////|: : : : :{ ヽ: : : : :./:|::::::: / : : : :⌒ヽ//
                 >:}‐:━\///:∧: : : :|  }: : : :/ 人::::∧⌒ヽ: : : : :\
             ⌒ヽ|::::|: : : : : :.\://{ : : : |__レ/   :::/  〉   〉: : : : : :ヽ
           / / 厂 )ゝj: : : : : : : : :】/| : : : |-…′ /::::::/ く  ⌒〉: : : : : : :}
             し ´        ̄ ̄ ̄∧ | : : : |- ― 彡:::::〈    〉  〉: : : : : : :


882 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:24:04 ID:b7y.sYT60 [7/9]
こうかばつぐんだ!

883 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:24:10 ID:nAqVoSx60 [11/12]
や、やった!

885 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:24:22 ID:.u/39dNo0 [6/10]
それいじょういけない


901 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:26:24 ID:Sq6fz3U60 [105/135]
 

              ∧
              / ∧                 ィヘ
.            ///i∧              //∧
.             /////∧________////!
           ////// ∧────‐/////|
            /i/////二二二二二〈/////{
          ////才´:::::::::::::::: /::::::::::i::` ̄ ̄ ̄ ̄¨\
.     /\ /////::/:::::::::::::::::::/::::::::::: !::::i::::::::::::ヽ::::::.  \∧
    L_\////:: /.................../........... ∧::|     \   | |
     / ∧/::::/:::/:::::::::::::::::::/::_ノ::/ }人 \_ ::::::\  |<
..   く_/::/::::/:::: |_,ィ´ ̄ ̄ ̄`ヽ′/  |,ィ  ̄ ̄ ヽ `Ⅵ_/   「ええぇええええ!?
.       | / ::/::::::::/ {           }    {       .}\|/      あ、貴方だってノリノリだったじゃない!?」
.       |:{ .::{:::::::::{:. 乂____,ノ \\乂____ノ:::::::\
.       | |.:::|:::::::::| ⊂つ\\\\\\\\\\⊂つ:::::::::ヽ
     /:∧::!::::::: | \\\\\\\\\\\\\ .)::::::::: ∧
.    / / ∧}:: : 人\\\\/ ̄` ─- 、      ィ::::::::::::::: !
.     / / /::::乂___\____(_____ノ_ イ .廴j__八}
   / / / ::/::::::::::::::::::/::::::く ⌒ヽィ>∨} r::ヽ_/¨ヽ:::!
.  / / /::::/::::::,ィ¨二二ヾ::〈\_ノノ薔/∧_(_)_ノ::::}
  ムム〈_{__//__, ィ´ ̄(く{二二二})_|:::::::::/ /:::|
       {::::(  (_ \  ({_ _ __ })_/_/:::::|
        乂ノ   (廴_\_(_ハ_人_人ノ_〉. \_|
                  |::::/ ̄ ̄厂丁




              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ  「んー……まぁ楽しかったですお。
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ─ |×`\i|   けど流石にそろそろ、疲れて来たって言うか?」
          |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
        / ;ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、
      r、/: : ;'.  r、/     {!ハlノ   ヽ: : }
      ヽヾ: :三 |:l1        ヽ    i: : l                    「~~~~○□×☆!!」>黒猫
       \>ヽ/ |` }       | |    l: : j                     ↑声にならない悲鳴&罵声
        ヘ lノ `'ソ        | |   ,'/
         /´  /        |. |  '´
         \. ィ           |  |
             |           |  |


903 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:27:22 ID:q2YDRY66O [24/31]
ひでぇwww

904 名前:名無しのやる夫だお[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:27:29 ID:AK2JYXfw0 [3/3]
やるめ、鬼畜www

909 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:28:22 ID:QchVjrHY0 [37/54]
もうすぐ終わりだったんだから最後まで付き合ってあげてよぅwww


913 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:28:47 ID:Sq6fz3U60 [106/135]
 

               ,, -‐=─=─=─=-=- 、 rツ父ツ
                ,, -=≫'"´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `'≪ミ{⌒Y7 `)
          _ノ父ツ:´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `弋__しノ
         {じ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : \ii\
         マ : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : :Ⅵハ\
.          / : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : ハ : : : : : : Ⅶハ: ヽ
         / : : : : : : : : : |: : : : : :|: : : : : : :| : : : : : : : : : : : :Ⅶ{: : ',
          ,′ : :/: : : : :/│ : : : : |: : : : : : i| : : : :| : : : : : : : :|iii|: : :i
.         i : : : :|: : : : : | | i: : : :/|: : : : : : i| : : : :|: ! : : :i: : : |iii| : : |
       | :i : : | :| : :i: | | i : : :i八_ ∠: :_j」ー‐-| :!: : : i: : : |\: : :|
       | :i : : | :| : :|八  ̄ ̄,_/_,斗ぅF戎¨}i | :!: : : i: : : 「 い.: :|  「こ、交渉相手に舐められない為に頑張ってるのよ!
       | :i : : | 」ー'ー-、      〃 弋..:(ソ . | :!: : : i: : : | } }: :|   ウチ、軍事力とかは無いから政治力と交渉力で
          VL∠ハ斗ぅ戍             | :!: : : i: : :∧ ノ: : |    頑張るしか無かったんだもん! 今もだけど!!」
          ,': : 'i{弋(ソ        //// ノ厶斗七´ / : : : |
          | i: :}    ,                、__,ノ: : : : : i│
          | i: :ii///                  /{ i : : : : : : : :i |
          | i: :i :              U  /八:i : : : : : : : :i |
          | i: :i人      f ⌒ヽ         /r'⌒ヘ\ : ___:_i_|
          NL:广゙\     ー '       r'⌒゚ /7'´:::::::::::::::::`丶
                丶、       ´  r'゚   / ノ:::::::::::::::::::::::::::::::',
                  |:i>: :-‐<   r'゚   / 。゚ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::{
                  |:i: i: : : : : ∧  r'    /  ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                  V八: : : : : >∨゚    / 。゚ノ:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                  \_>匕ノ⌒ハ  /  )::|::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::\
                     /{゚。 ( (爻ノ ∨  。゚ノ:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>ヘ
                  /:::::::}  ゝしこ)∧  ノ::::::::i:::::::i::::::::::::::::::::::r─-r‐く.  }
                 {:::::::::ハ。 /  / ハ。゚ノ:::::::::::、:::::{:::::::::::::::::::::{   \厶<\
                  ∨::::{ ∨  Ji  ∨:::::::::::::::\} ::::::::::::::::::::::\_//:::::\_>}
                     ∨:|/      ハ::::::::::::::::丶{::::::::::::::::::::::::::::く_/:::::::::::::::/|
                   ∨/       / }::::::::::::::::::::∨::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::〈: |
                   〈ん   んヘ厶く:::::::::::::::::::::::::\:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::ヘ|




           ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
           /: : : :/: : : :`ト、: : :\
        ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
         {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
         |: レ': :|: : {(○)  (○)l;小|  (……なんという努力の方向音痴)
        |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
        ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
         / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
      /:⊂⌒ヽ/         ヽ /⌒つ}                    「何よその顔!?」>黒猫
       ,': :,' \ ヽ  /     ヽ    /i: :l
      i: :l    \_,,ノ      |、_ノ l: :j

925 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:32:45 ID:Sq6fz3U60 [107/135]
 

    ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
   /: : : :/: : : :`ト、: : :\
  ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
  {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
  |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|
  |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
.. ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
 / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
/: : ;'. _r‐' { ̄rj   {!ハl;ハ  ヽ: :ヽ
: : ,' / \  |ヽ.  / }  / }、 i: : l  「いや、別に。
: : l/  i \ | __ ノ/ / ヘl: : j   ――――まぁとりあえず、後こっちからの要求は、
'; :/   l   \:::::::/´    ハ  ヘ /    過激派が馬鹿やらないように見ててくれってくらいですお」
. /    |     Y         |  ヘ
/   八      |      ノ    ヘ
     / 〉.    | \     {    ヘ
    ./ i      |       |:ヽ    ' ,
   /  .|.    |       |  〉     .i
  ./ .  ノ.     |        j/     |
 /  . //>   .|     く        ノ
./  /_/   ∧    \\   ./
′/      / :} \    \ヽ/
  }       ./‐r─r::ヽ    _〈
. 〈_     〈:::::|::::::|::::ハ  ̄   〉





           ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!}}}}}}}}/:::::::::::::::::::::/:::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|}}}}}}/:::::::::::::::::::::/::: !::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!}}}}/::::::::::::::::::::: !::::: !:::::::::::::::::!
          ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !}}/:::::::::::::::::::::::::|:::::::!:::::::::::::::::!
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|}i:::::::::|::::::::::::::::::|::::::;!_::::::: !:::::|
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L!::::::: !::::::::::::::::::!--'-`--.ト、/!
        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::|::::::::::::::::::| 丁リ゛ F´
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /|:::::::::|::::::::::::::::::l.  ! ll  !
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l '!:::::::::!::::::::::::::::::!   ''   !    「了承するわ。
        |::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\!:::::::::!::::::::::::::ト ! ''''''    ー   フレイザードを中心に、監視は強めておく。
        |::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾー-';::::::::::::::| ヽ      /   で、こちらからの要求は―――今の話を、メガザルとの外交で
        |:::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::| `ー、`ー- ::_l  丶    /    使わせて貰う事」
        |:::;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::;':::::|   ヽ         '`/
        |:;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;':::::::|    、       /
        ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;':::::::: !^へ、  `_ー_   /
        ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;':::::::::: !   `ヽ/     ̄
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;'::::::::::/\    ♭
      ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;':::::::::/ .、\  /
      ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;':::::/.   \ `〈 iヾミー、
     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::;':/       .`,ニ\ `ヾi〉

928 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:34:50 ID:Sq6fz3U60 [108/135]
 

                     _......................_
             , 、   ,,r::::´:::::::::::::::::::::::::::::`:ヽ、
            ry八ヽ/::::::::::::::::::::;::::::::::::::、:::::::::::::ヽ、
               彡'´ノ:::;:::::/:::::::::::/::::ハ:::::::;ハ:::::::::::::::::ヽ
             Y//::/::::/::__:::::/::::::!..|::::|:! .l::::::::::l:::::::::i
               ,'l}}|::::|:::::|---`'ー= 」、|::::|;! .l::::::::::l::::::::l|
            i:;l}}|::::|:::::l .l`tぅーr、   ̄  'ー―t-、::|!
            |':!}}l::::!::小.  辷.ノ     rぅー,、,|:::`i
            |:::;ヘ::::、:::!:ヽ 、、、     ,  .辷ノ !|::::::!
            |:::! ヽ:::::ヽ.           、、、゚ |:::l::!
            |/::\ ヽ´`                ,!:::!:!  「メガザルに恨みを持つグンマーの呪術師が、ロンダルキアで暗躍している。
            |::::::::::`:ー..、     r ´,)    .,イ-' ''    メガザルに手を借りずに処分する事が出来れば、これはメガザル側にとって
            |::::::::::::::::::::|`      `.´   ,/:::!       ロンダルキアに対する借りになり得る要素だわ。
            |::::::::::::::r-''ー-.、_  、_  ,.r..:´::::::: !
            |::::::::::::::|     `ー-、 Y!::::::::::::::::!      ―――この件を解決したら、証拠物件の一切含めて私に預けて欲しいの」
            /__,r'- 、      Y1:::::::::::::::;l
         ,..r'ー´-、      `  、  r薔>、::::::/
         ./::::::::::::::::::`ヽ_       >'ヾミ彡ミー' 、
       /:::::::::::::::::::::::::、::ヽ.._  /   |  ヽヽ、`>..、
         |:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::`:7       _,  >':::::::.、
         |:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::/`ヽィ´ヽ_,.イ.ヽ/\::::::::.i
        /:|::::::::::::::::::::::::::ヽ::::/:::::::::`..、_/   '  __、__/:::::::::!
     /::lニロニl:::::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::`ー‐'`ー'::::::::::ヽ::::::::::|ー、
    ./:::::::ムヽ〉::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::/ _ノヽ\:::::::::i:::::::::iヽ.|
    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/ _ノ 。 |ゝ \:::|:::::::::!::::ヽ
     `i:::::::::;ヘ::::::::::::::/:::::::::::::::::::/。/.l |   .|.〉ゝ .ヽ!::::::::::::::/
     r‐'t‐i´ .|----/:::::::::::::::/ ,r'´ / .!    .|.〉 ゝ .|:::::::::::/,ri

934 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:37:09 ID:Sq6fz3U60 [109/135]
 

                    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
                /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
                 {/ /ゝ、ノイ ノlソ/ |×`\i|
                |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|  (―――メガザル側との約定についてはどうするお?
                 |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │   話すべきかお?)
              !iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
              ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ
                /:::::::::::::::::::::\   ヽ : }
               /::::::::::::::::::∧::::::い    i: :l
                 /:::::::::::/:::::/叉::::::}::i    l: :j
              i:::::::::::/::/   \i:::i    ,'/
              i:::::::::,' ´      |:::i   '´
               i:::::::::|       |:::i
                i:::::::::l          |:::i
                 i:::::::::|          ト、|
                /| :::::::i.         ∧
              //リ::::::::i         ∧
          __/ yく_:::ノ           '.
       \∧  ‘ーーー'                i
         |:∧                    |


【安価 ↓10~12】
話す/話さない


944 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:38:43 ID:DazeagSI0 [24/36]
話す

情報は投げるべきだよね

945 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:38:46 ID:c7D0gWk20 [3/4]
話す一択じゃね。

946 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 22:39:00 ID:jeR4neTI0 [28/39]
話す

953 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:41:27 ID:Sq6fz3U60 [110/135]
おーらーい。
話す了解。ちょっと失礼、10分くらい時間くりゃれ。
別件を少々片付ける。

964 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:50:43 ID:Sq6fz3U60 [111/135]
うーし、進めるよん

965 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:51:26 ID:Sq6fz3U60 [112/135]
「全てを白く……包み込む『声』が…。
迫りくる……クラウディ・ヘヴンでさえ……。
白い輝きが、雪解けを癒していく―――。
啼き声も……シルフの囁きが奏でる、煌めくベルの旋律に―――」

byハリアーPのポエム会話

966 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:51:47 ID:Sq6fz3U60 [113/135]
うん、俺は幾ら修練してもあの人の言語センスを越えられんね。
では、はっじめっるよー

975 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:56:00 ID:Sq6fz3U60 [114/135]
 

               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!  「その件ですけど、メガザル側からの情報提供を受けて発覚した部分も
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、   多かったですお。あと、その見返りにこっちもそのマモーって奴の情報を
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、 返したりもしてますし」
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │




                 _,,,,,,,,,,,,,,,,,__
         ,、,、_   ,,,=ニ...-..ー...-..ー..、__ミニヽト、ヾ`iヽ、
        i/'/ ヽ/::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::`ー.、l `ト三'r'
          7´ ̄7:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::、::::::::ヽーi-<´
         ``ー/:::::::::::::::::::/!:::::::::::i::::::::::::::::::::!::::::::::::l}}!:::::、
         /:;:::::::::;:::::::::| |:::::::::: !:::::::::::::::::::|:::::::::::::|}|:::::::i
          |::|:::::::::|:::::::::| |::::::_|廴_-―:::|l::::::::::::::i|::::::::|
          |::|;:::ィ''''二ミ  ̄ '''.彡斥亡T i:::::::::::::::|::::::::|
           '´l::::::l彳i丸`     !::'::::ノ l .| :::::::::l:::|::::::::|  「情報だけ?
            |::::::| ! 廴ノ       ー' .,!::::::::::|:::|::::::::|    人を借りたりとかはしてないのよね?」
            |::::::| ,,,,,, 丶       '''''' ;:::::::::::::|,イ :::::::!
            |l:::::|             ,!_;: '_.'ノ::::::::::|
            |l/.\    ,、       , -..' :::::::::::::::::!
               |::\        , _,´_! :|::::::::::::::::::::|
               |::::::::`:..、__,  ,r´'´   |:::|:::::::::::::::|::::!
               |::::::::::::::_ト.|_r'´    _,,l,ヘ!::::::::::::::|::::!
               |:::::_./r.!}'   ,  '´    >、 :::::::!::::!
           __,,r/´薔)`ヽ ,  '´   ,..:::':::/` ー;、:|
          /:::{  {ゝ、__,_/,イ     /:::::/  ノ´::::::::ヽ
         ./::::::{ , ゝ, _,ノ、    /:::::/  _ノ´:::::::::::::::::.、




              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ⌒ |×`\i|  「そこは当然ですお」
          |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
        / ;ハレ!>,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、
          /r7´   f r┐| 〔/ミ!ハlノ-、  ヽ: :ヽ
       ,'Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、  i: : l
        i: ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l  l: : j
        ';/ (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|   ,'/
    .   |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /  '´
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1
           ゝノ-‐^ー'一''丶  ヽ ヽ
           ト、_       `ーァ'¨不ヽ
            | | 「 ̄「 ̄l ̄ト、,イトヒi′
             l l. l   l  !  !└' l |

977 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 22:59:46 ID:Sq6fz3U60 [115/135]
 

              _ -===―===―- 、_
           ノス_r=彡 ^ー一^ー―ヘ>、::::\::>=、
        /ノ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈\:::八{它ハ
         く{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄〈{ハこフハ
         /〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ト<ノ::::::
       ′ 7ー― ---l| -------- ――|l―┘〈::::〉:::::: l
      l|::::::|― ┼―‐l |―--------―‐|l――〈::::〉::::::::|
      |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::l:::::::::::::::|::::||:::::::::::::|〈:::::::::::|
      |l::::::|:::::::::|::::::::::| |:::::::::::::|:::::::::::::::|::::|l:::::::::::::|ノ:::::::::::|
      └┬L _ 丁_l_| |:::::::.ー|- ..._::::|::::||:::::::::::::|:::::::::::: |
        |::::::::|r≧ミ    ̄ ̄ 三二二  ̄|l:::::::::::::|:::::::::::: |
         | :::::::|l トrヘ     〝了¨¨丁刈 リ:::::::::::::ト、:::::|::::|   「なら、大丈夫よ。
          | ::::::::l ヽ='         ヒンノ ./:::::/:::::∧|:::::|:: |    向こうも『自分らを狙ったアホが同盟国の中でアホやってる』という事を
          | :::::l::|"''           .:.:.:. /:::::/::: /´ ノ:::::|:::|     知っているという事だし……。
          | :::::|人   `         厶イ 二 イ:::|::::|::|     それなら十分、カードとしては使えるわ」
.          ̄   |\   、 _,      /|::|::::::|:::::l::::|:|
           |::|:::丶       _   /⌒7::::|::::::|:::l|
         ┌‐-⊥ _> 、 -≦ /⌒´゚ _厶 ⊥:::_|:::|
         /丁::}     /  |゚ | /⌒´゚   _/ _ ノ ̄::::::`ヽ
       l::::|:::〈      |У゚   _/ _ ノ::::::::::::::::::::::: |
       |::::|:::::}      ∨  / _ ノ:::/:::::::::::::::::::::::::::|




               /:::::::::/三三三==ー- ー\ !ゝコ
            ,彳、=、、三.,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\´
         /}ムレ_/,イ‐'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           /::ヾニンフ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::、:::::::::、
           ::::::::::|{{{/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::\:::::i
        |::::::::::|{{|:::::::::||:::::|::::::::::::::::::i::::::ト、::: |i::::::::::l:::::|
        |::::::::::|{{|:::::::::||:::::|::::::::::::::::::l::::::| l::::;|レ::::;ィ::!::!
         l:::::::::::l{{|:::::::::|l:::: |i::::__::||::::,l |:/:ルri' |::|::|  「後は―――さっき言ってた通り、
        ';::::::::::レ!:::::::::l|::::::!l'´_,,二lレノ ´'ク;;::! l .|::|::!   【私がフレイザードに、貴方達がマモーとドラゴンに対処する】。
          ';:::::::::! !:l:::: 小ーY´、);;::l`     ー' ,,゚,,|::l::!   相互に連携を密にする。
          ';:::::::ヽ!ト、::::∧   ヾ_;ノ     ,    |r'リ
          ';:::::::::::ヽi::::::ヾ、 ,,,,,,            ,イ     これで、ロンダルキア内部の力だけで今回の一件を解決する。
          i::::::::::::::`iーtヽ丶      ,、  /:::|     これが基本方針で良いわね?」
          |:::::::|::::::::|:::_|`ミ 、.      /::::::::,!-、
          |:::::::|::::::::lハ  ゚`'ー。ミ t廾'  ̄ ̄}::、:::ヽ
            ,!:::::::!::/  ` 、 、_  ゚ヽ{l.} _    :}::|:::::::i
            ,':::,ィ´.       ` ー 、,i'r三ヽ   :}::!:::::::|
           ./'´::::ヾ           {l,lYロ} 7  /::::l:::::::|

983 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:04:59 ID:Sq6fz3U60 [116/135]
 

          `ラ.t''}/:::::::::::::::::::/:::::::/:::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
          /:/}}/:::::::::::::::::::/―‐''- 、/::::::::::::::::/::::::::::::;:::::::::::::ヽ
            /::|}}/::::::::::::::;::::/  .シヽ、\ヽ、:::::::/|:::::::::i:/|::::::::::::::::ヽ
         /:::::|}|::::::::::::::::|::::|  ! ,ェ'::...、\.` ´ .!::::::::/ .|::::::::::::::::i::.i
           |:::::::|}|::::::::::::::::|::::|     l:i:::::::l` . \  \/  .!|::::::|:::::::l:::|
           |:::::::/|::::::::::::::::|::::|     ヽ;_::ノ         、./''|::::::|:::::::l:::|
           |::::/i'l|::::::::::::::小::| 〃〃            ,ミ、` ヾ、l::: /l:::|
           |::::! ! !::::::::::::::::!:|ヾ、              iイ::゛i 、,'::∨::|:::|
           l:::::\`ヽ、::::::::|ヾ、. `          ;  廴;ノ/,'::::|:::/|;/
           |::::::::::\,.ヘ`'´                 。i::::::|/   「フレイザードの方は実質的な武力に乏しいから―――。
           |:::::::::::::::::::::i、            、       〃〃,!::::;'     まずはそちらにマモーとドラゴンをどうにかして欲しいの。
           |:::::::::::::::::::::| `             `  ‐       /::::;'      特にドラゴンね。
           |:::::::::::::::::::::|                      /:::::;'
           |:::::::::::i⌒ー'⌒ー-、_           , ィ:::::::;::;'      ドラゴンさえ潰せばマモーはフレイザードを頼って逃げるだろうし、
´::::ヽ、    ./::::::::::::|       ヽ、 、     ,....::´;-;t、:::/|;'        そうなれば一網打尽にするのも可能だわ」
:::::::::::::\ー‐'――‐‐'ー、       `ー、`i、´:::::::::::::| |:| `
:::::::::::::::::::\_         `ヽ、       .∨r'i:::::::::::::;'..|:|
::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ        \     / /::::::::::::;' |:|          ※【黒猫の協力を得る事が可能です。協力を得れば
::::::::::::::::::::::::::::i::::::ゝ、        \   ./ /、;r 、:::;' //             ドラゴンさえ退治すれば最終勝利条件は満たせます。
::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::ヽ        \ |.//ラr‐ミ=、//               勿論、その前にマモーを潰すのもアリです】




               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │



【安価 23:15:00から↓3つ】
なんと答えますか?


995 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:15:00 ID:suQwkW9s0 [5/6]
今のところ、特に問題はありませんお
ただフレイザードとマモー以外に協力者がいる可能性もあるから、
そっち方面での情報交換もお願いしますお(武家言葉で)

996 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:15:00 ID:0Vr.JCKc0 [11/13]
其の儀、承りて候。滅びの残照尽く討ちて氷炎の衣剥ぎ取らん
熾天の君に於いては安んじてあれかし
しかして氷炎の君の振りまく最期の忌まわしき塵粉を吸わぬよう胸中に留め置かれ候
(オッケーです。ドラゴンはうちでぶっ殺すってことで、そっちはそっちの仕事に専念してください。
ただ、フレイザードが最後、ヤケになって色々やらかすかもしれないのでご注意を)

997 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:15:00 ID:OMhYrW420 [2/11]
では、協力をお願いしたいと思います
マモーの身柄や連絡方法はいかがしましょうか?

あと、外交のキャラ作りはともかく。身内の人と話す時は
多分いまの言葉遣いの方が仕事早く終わりますよ?
ぶっちゃけさっきまで何言ってんのかサッパリな所が

1000 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:16:50 ID:UXfxhQbg0 [5/6]
1000ならやるめが時々ノムリッシュで話すようになる

1011 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:21:48 ID:Sq6fz3U60 [117/135]

               ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
               /: : : :/: : : :`ト、: : :\
            ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
             {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
             |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|  「今のところ、特に問題はありませんお。
            |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   ただ、フレイザード以外にもマモーの協力者が居る可能性もありますから、
            ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、   そっち方面での情報収集もお願いしますお。
             / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
              /: ;'    乂 \∨//乂    ヽ : }  あとは―――連絡方法と、マモーの身柄はどうしますお?」
.           ,': :,'    / `ア 「 ̄ ̄|∧\   i: :l
          i: :l    /  〈,,斗、   |_ハ )  l: :j
.           '; :',    \_{_{_ノ─ 个ー'    ,'/
              ヽj     ノ        ,L.   '´
                    く__/\__/
                    {三三,艾三ニ|
               レr--、} V=-、}
                   `|  | |  │




             _ -_ ニニニニ _ - _   ィfテ==、
   _ノス  ノ‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::.-、:::\トい弋リハ
  ノ ノこハ/:::::::::::::::::_____::::::::::\八ヽゝニイ
  フ/ ̄ /L>'´  ̄/______  ̄ ̄`―ヘr┬く
  レ^ー/   ィ  ̄/|:::::::::::::::::::::::::::::::\「|ト― 、|:::|  '
    ′/ l|::::::::::| |:::::::::::::|l:::::::::::::::::::::::||:::::::::: ∨:... '.
     |:::|:::::::::||::::::::::| |:::::::::::::|ハ:::::::::::::::::::::||::::::::::::: l:::::::. |
     |:::|::::::::儿ニ、」└―=彳≫==ミ廴_ ||:::::::::::::::|::::::::l|
     L.レイ ≫==、     〃l  ハ|`}〉 ||::::::::::|::::| :::: ||
      |l:::::::| {{ ト- l      ∨ 丿   ||::::::::::|::::|:::::::||   「生かして捕らえてくれた方が利用価値がある、程度の話ね。
      ||:::::::|  乂ノ         ̄  . ||::::::::::|::::|:::::::||     リスクもあるから、そこはそちらに任せるわ。
      ||:|:::::|     、        """  リ :::::::ノイ::::::::||      遺体でもあればメガザル相手に話は早いけど、
      ||:|:::::l ""             厶-< ノ::::::|:::||       無理に最善を目指して失敗してもどうにもならないし。
      |八:: ヘ               -イ ̄ ::::::::|:::||
        |\   ´`        /|:::::|::::::::::::::::|:::||     あとは―――連絡方法は、そうね。
        |l:::::ト 、      . <ノ⌒7::| ::::::::::::: |:::|l      社長を介しましょう。手紙を運んで貰うだけなら目立たないし、
        ||:::::l:::::::>┬<_ノ⌒ ゚   |::::|:::::::::::::::::l:::|l       社長なら口も硬いわ」
        ||:::::l::::::/ト| _ノ ゚     ´ ̄ヽ::::::::::::::::::|:::|l
        ||:::::l∠ /_|ノ ゚   /    _\::::::::::::l:::|l
.        __リイ乞7 い   /    /::::::::::::>‐-、l::|l
     /〈  トヘ辷彡厶|  ̄     /:::::/ ̄  _ノ ̄>、
   /::::::〈   ヽー<ノ〈      /:::::/   _ノ::::::::::/:::::::::.
    |:::::|:::ヽ/ ア ̄「 ヽ  /:::::/   _ノ:::::::::::::::::::::::::::::l
    |:::/::/ /    |  | /::::::::厶イ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

1014 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:25:14 ID:Sq6fz3U60 [118/135]
 

    ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
   /: : : :/: : : :`ト、: : :\
  ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
  {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |   「了解ですお。ただ―――」
  |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|
  |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
.. ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
 / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
/: : ;'. _r‐' { ̄rj   {!ハl;ハ  ヽ: :ヽ
: : ,' / \  |ヽ.  / }  / }、 i: : l
: : l/  i \ | __ ノ/ / ヘl: : j
'; :/   l   \:::::::/´    ハ  ヘ /
. /    |     Y         |  ヘ
/   八      |      ノ    ヘ




    ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
   /: : : :/: : : :`ト、: : :\
  ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
  {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |        「外交のキャラ作りはともかく、身内の人と話す時もあんな感じなんですかお?
  |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小| .     r‐,    今の言葉遣いの方がさっぱりしていて仕事早く終わりそうですお」
  |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   .  / /
.. ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、   _ ! ハ
 / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{i;人:`ヽ_{ i f/^l
/: : ;'. _r‐' { ̄rj   {!ハl;ハ  ヽ:{〈 └( }
: : ,' / \  |ヽ.  / }  / }、 /ミ` ―‐'〉




              _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::"ヽ{ゞ〉´、ヘケ
     ,、  _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ^ヾ、〃〉
  /ヽ,',ノ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ー.."´
  「jヘ〃:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ト〉ゝ /::::::::::::::::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  V-‐´:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::_i {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::::::::::| 从_::,. '"_ ,, ..zュ=ュ, ̄|:::::::::::::::::::::::::::}
   ::::::::::::::::::::::>、゛´    〃´ん::::::} } |:::::::::::::::::::::::::::::l
  ,::::::::::::::::|l/__.,,z.    .′ ヘ:::ソ   .j:::::::::::::::::::::::::::::|
  i:::::/:::!  /て::::}`        ///. /,::::::::::::::::::∧::::::|   「い、良いのよ! ウチの家臣団は訓練されてるから、
  {/::::::∧〈. 弋::リ           /ノ::::::::::::::::ノi }:::::::|    ちゃんと意味通じるし!!
   '´ヾ,::::ヘ`     、           ̄ ̄,'厂 ノ::::::::::|
     /::::::::}.///               _,.ノ´::::::::::::::|   っていうか貴方だってノリノリだったじゃない!?」
    /::::::::::l υ       ,,. -   υ /:::::::::::::::::::::::::|
    ´"ヾ,::::ヘ       -‐ ´       ヘ::::::::::::::::::::::::::::i
       ヾ:::ゝ、               _,.  |:::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::: ゙‐ .,_      ,. '" ,‐´ l:::::::::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::::: _` t  ' ,、/´゚`  |.,_:::::::_:::;;:::::_:::.!
            ',::::::::::::::::::ヘ`、 ,、/ ゚ ゚  , - ´::.: ̄:::.::::.::.:
       ヾ 、Ⅴ::::::::_::_::ヘ V ゚  _,. '":::.::::.::.:::..::
    /:: :`ヤ:::.:`:‐´/´,ゞj`〉`>/:::.::::.::.::
    /::.:.:.:.:〈::.:: :::. :::{`<,'ヾノ'ノ´j:::.::::
   { :.: :.: :.:.:>:::.:::::.:::ーヘ

1017 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:27:24 ID:Sq6fz3U60 [119/135]
 

           ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
           /: : : :/: : : :`ト、: : :\  「そうですかお。では―――此度の儀、これにて承りて候。
        ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ  滅びの残照尽く討ちて氷炎の衣剥ぎ取らん。
         {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |  熾天の君に於いては安んじてあれかし。
         |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|   しかして氷炎の君の振りまく最期の忌まわしき塵粉を吸わぬよう胸中に留め置かれ候」
        |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
        ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
         / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
      /:⊂⌒ヽ/         ヽ /⌒つ}
       ,': :,' \ ヽ  /     ヽ    /i: :l
      i: :l    \_,,ノ      |、_ノ l: :j




           じ=、_ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 r-、
.            /IⅣ::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::X ヽ}}、
          /IⅣ::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::::::::::::::..,ノヾ
           /::Ⅳ :::: :::: i:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::,^′
.        ,′|i|::::::::::::: |::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::::i::::::::i
         ,::::: |i| ::::::::::: |::::::::|:::::::::::::::::i!::::::::::::::i!::/!:::::::::::::::::::: |::::::::|
       .::::::::|i|::::::::::::::|__,,,..!___ji____ji/ | ::!:::::i!::::::::::| ::::: |
         i::::::: |i|::::::::::::::i {{  んr'うト \_,,  、j__j_ji_j__j__」V
         | :: /^|::::::::::::::|    弋::::ソ        ,イr'うト,,.  /::::: i
         |::::{  | ::::::::::: |              ヒ::ソ }}  .::::::::|  「ここでさらっとそう返して来る辺り、貴方も相当イイ性格ね……。
         |:::::ゝ._\:::::::: | /////          ,       ..:i::::::::|  まぁ――――」
         | :::::::: `ー\::八               ///.::::|::::::::|
         | :::::::::::: i:::下、 u                {.:i::::| :::::::|
         | :::::::::::: |:::::| ::...      、--‐  _,       人|:: |^)八|
         | :::::::::::: |:::::|__  \       ̄        /:::::::::::|
         |/::::::::::: |:::::|。`ヽ__ 丶、        ,..イ::::::::i::::::::|
       / ::::::::::::_|:::::|   。`ヽ__>  _,...:<}::::: |:::::::::|::::::::|
〃⌒ー、-.'_:::::://::::/\       。`ヽ ,r'^}:::::::::::|:::::::::|:::::: |
:::::::::::::::::::ー、 \:∨:::/   \       ノソーくi:::::::::: |::::: /!:::::::|
::::::::::::::::::::::::乂 。ー '      \  /}({ 仄_}}:::::: |:::://::::: ノ
::::::::::::::::::::::::::::乂゜。         X  人弋辷ソjヽ_::|:/厶'⌒ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::: 乂゜。      ./    ヽー‐'^、 \「:::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::乂゜。   /   i   \ } ヽ  \::::/::::::::::: \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 乂゜。 /     V    ∨     ∨:::::::::::::::::::

1022 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:29:50 ID:Sq6fz3U60 [120/135]
 

                ///// ::::::::::::: /:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::: \
            /:::,'/// :::::::::::::::/:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::\
.            /::::::|// :::::::::::::: /──---く ::::::::::::::::::::::::::: '|::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::|/ :::::::::::::::: i ァ==ミ_`丶\::::::: /:::::::::/ |:::::::::|:::::::::.
         .::::::::::::| ::::::::::::::::::::| i{ '_x价k_ \\/:::::/:/ :|:::::::::|:::::::::|
           i::: /⌒| :::::::::::::::::: |  i|トィヘi| ヾ  ヽ ー|/  |:::::::::|:::::::::|
            |: //⌒|:::::::::::::::::i:::i   弋):.ソ       -─八:::::リ:::::::::|
.          |:八\∧_ :::::::::: i:::|              ィ=ミ_  厂:::::::::::'
        │:::::\い \::::::j八\\         iトィ价k,/:::::| :::::/  「我が熾天の翼、斯様な氷炎によって傷つくとでも?
        │:::::::::::ー'i、 \|               , 弋)ソ/厶::-ト∨   ―――だけど、貴方の心遣いはありがたく。
         |/ :::::::::::::::| 丶                .,:::::::::::|       能天使(エクスシア)、貴方に熾天の祝福を。
.          / :::::::::::::::: |            ャー- 、   \\::::::::::::|       我ら共に翼を重ね、天墜(ヘヴンズフォール)を防ぎましょう」
         / ::::::::::::::::::::j             丶 _ノ       / ::::::::::;′
. __    / ::::::::::::::::/⌒⌒^ヽ、\           イ|\ ::::/
´:::::::::::\_,/_:::::::::::::::: }  (_ ̄ ̄二>ー-r──-< :::::::: | iVイ
:::::::::::::::::: \  ̄¨¨⌒\   r‐=ニ二r‐=ニ´>‐- 、 `、:::::::| |::::|
:::::::::::::::::::::::∧      丶 `ー─‐ヘー< \   \  \ | |::::|
::::::::::::::::::::::::::::∨      \   r─\ \ `   `  \:|::::|
::::::::::::::::::::::::::::::|:\        \ ゝ、_ `丶、   ー-   \|
::::::::::::::::::::::::::::::|:::::{.        \ /\  Y⌒丶       `く⌒ハ
::::::::::::::::::::::::::: ノ:::::::\        \_/人             ∨ │

1026 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:30:46 ID:Sq6fz3U60 [121/135]
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――外政パート終了。

 五更瑠璃の協力を得る約束をとりつけました!

 コミュパートに移行します!

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


1027 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:30:46 ID:OMhYrW420 [4/11]
すんません、下に翻訳お願いします

1035 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:32:54 ID:QchVjrHY0 [48/54]
た、たぶん
「大丈夫だ。問題ない。
一応警戒しておくけど心配してくれてありがとう。
んじゃ一緒に計画つぶすか!」
かな……。ニュアンス的に……。

1036 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:33:13 ID:rbc7GQsI0 [52/61]
壁|ω・)たぶんこう。
「私がフレイザードごときに遅れをとるとでも?
でもあなたの心遣いはありがたく思います。
ともに協力して、ロンダルキアを守りましょう。」


1037 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:33:31 ID:Sq6fz3U60 [122/135]
>>1035
正解wwww

1038 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:33:57 ID:Sq6fz3U60 [123/135]
うん、>>1035と>>1036がニュアンス的に双方正解であるwww
やるな家臣団w

1039 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:34:09 ID:Sq6fz3U60 [124/135]
んじゃ、コミュ安価いくよー

1041 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:34:56 ID:Sq6fz3U60 [125/135]

1.ジムさん(1)
×.コーラサワー(3)
×.霊夢(3)
4.番長(3)
5.春香さん(2)
6.ジュライ(4)

今月のコミュ対象2名

【安価 ↓5、↓7】


1046 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:35:20 ID:BVzi/2JU0 [3/5]
いそのーコミュもノムリッシュ全開でやろうぜー

1047 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:35:20 ID:QkW9LjVo0 [3/3]
ジュライ

1048 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:35:21 ID:TAR8Nia20 [2/2]
4


1057 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 23:36:05 ID:OMhYrW420 [6/11]
磯野と番長か……


1060 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:36:47 ID:Sq6fz3U60 [126/135]
>>1057
いや、台詞から察するに発言者は中島という可能性が……。

1068 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:39:01 ID:Sq6fz3U60 [127/135]
まぁ、下にズレてジュライでいいかな?

1077 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:40:18 ID:Sq6fz3U60 [128/135]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――コミュ ジュライ&番長

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1081 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:43:56 ID:Sq6fz3U60 [129/135]
 

                        :☆:
                          ::* ◎.。
                        ::彡彳*‡:*
                   :+彡*★:ミ:♪:ミ。
                 :彡'゜‡,※゜.◎::▲:ミ
                ,;彡*;▲ /´ ̄ ̄`ヽミ
                 *彡◎从./       ::.ミ,,
              :彡★*.  〈 ヽト、从ハノ乂 }..゙:  「磯野ー、野球しようぜー」
            :゜:彡彡彡/ / l`ー'}`ー'jr)〃ミ::
               /⌒} ヘ  、 ┐≦ニl
             /⌒ヽ≦ニ> <ニニニ-、
             {j-、x≦ニニニ{、/|ニニニニ‐、
             / / ∨三\{_|三/三ヽ
             `´  ∨三三三三三三/
                  ‐ニ三三三ニ‐'
                   |ニ| || ∨ニニニ|
                   |ニ| || ∨ニニ∧
                  / ニ| ||  ∨ ニニ∧
                     /ニ_/ :||.  \ニニニ\
                   /ニニニ.X/\/二\ニニニヽ
                 /ニニニ/ ̄ ̄ ̄\ニニニ\
             〈ニニニニ〈          \ニニニ\
                Vニニニ ヘ.          \ニニニ\
                 Vニニニ ヘ            \ニニニ\
                    Vニニニ_ヘ           \ニニニ\
                 7三ヽ            ̄|三ヽ
               l三三三ノ             ヽ三ヽ




                        _
                 ,.   ´: : : : : : : : : : : : '
         _, -―~´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶
         ヽ__ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       >彡'y―― ,へ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ヽ
      // ./:::::::::::λ::::::ヽ,ー― -: : : : : :_: : : : : : : : : : : : :ハ  「誰が磯野だよ馬鹿野郎!?」
      ./:/   /:::::::::::::::i::\::::::::ヽ_:_:_:_:_: : : : : : : 丶: : : : : : : : : :∧
     l:::!    !:::::i::i:::::::ハ::;ヘ;:::::::\:::::::::ヽ ,へ、: : :ヽ: : : : : : : : : ヘ
     l::|   l::::λ|::::::l/\:;::メ;:::::::ヽ;:::::::ヽ  ヽ, ヘ,ー-、: : : : : : ゝ、
     ト:!   l::::ハ::ト;::::|,孑''"ヽ! \:::::l::::::::/ `ソ  ̄`丶ノ : : : : : : : ノ
      \  !::ハ:|ヘ:::| l        l\|;:::::;ゝ-/:::::::::::::::::::ヾ: : : : : /
       ` ∨ リ 〉!____,とつl::::ハく_/:::::::::::::::::::::::::ハ:;~´
               /| | | | | '!:::::::ハ::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::l
          _     l           | :::::::::ソ::::::::::::::::::::::::::::::::イ
        )    丶       | :::::::/ |::::::::::::::::::::::::::::::::::l
        )      ,ゝ        !:::::/  ! :::::::::::::::::::::::::::::::ハ
         `Y     ̄ ̄ `v ~l:::/y--l::::::::::::::::::::::::::::::/ 、
                        l/´: : : :! :::::::::::::::::::::::::/: : :ヽ

1087 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:47:34 ID:Sq6fz3U60 [130/135]
 

                         /    i      i               「知らんのか? 家臣団序列十六位、磯野―――。
                         ,     |         ',               あの中島を凌駕する実力者だ」
                            i  i.     |       ヽ       ヽ        \  .、         |
                        |  {    ヽ     ヽ \       \  _   \__>       |
                        |   ヽ    \     ゝ.._`>      ` <.._               !
                ,. - ―― - 、 !  ヽ \     \_    ヽ    ヽ..     _> ,..-..、      ,
              /        `ー、  \ \.  ヽ __>     \     `  ̄ ̄  ≧=ァ⌒ヽ.   |. ,′
             /    ァ'ー‐ 、 __ ソトト、  \ \.  \ ヾ、    \    、 _フ三ニ,/ /´  i    i/
           r‐´―=  ̄ヽ       {i!ヾ从!r-乂__>\ヽ  、廴__ヽ、__>__>三三// 〈 i;  !  /
          , - ''        ',    , --マト、  ト、弋i}ニニニ{ヽ}`ヽ! _..ニニ二、マム三三,/!,.j  ハ.! ハ  /
       /     `ー- 、   ,  /   )ヾミ、! __ム厂マム   '"´ __ゞ:::ソ''|川|三/  "  r ..,ノ / },/
      /   ヾ、       i.  } /   /   ヾ三彡'  ∨ト、      ̄´ ,j川|/     i' /   |
     ./       ` ー 、  |  /'    /      ', /    ` ー=ニ二三三三彡''      __ ィ /  i|
     ./   .、_       i.  !_/   ,         У                     / /イ   ,リ
    /      `ヽ.   !  /     ,         ゝ.、                     /   | / /{ニミ、 ー- .、
    ,          /  ./. 7    , ′              ヾ¨´                         iハ {  ノ |`ヾ;; ;;!
   ,        / ,.  ム- '   /             ,ィ∧ヾニ=-          .イ       _,,.-''´  .!イ ;; ;;|
  ,′       ゝ{_ノ    ノ             /  ∧廴__            ..イ   _,,.. - ''´ __,,> ´ ;; ;; ;; ;;.|
  ,:         ,__ .. -‐ ´              /    .∧         イ  ,,..ィ´  _> ´;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;!
           /  ハ             /{ヽ      ゝ.. __  ,,.. イ   r'} ,,|..ィ ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;ト、
        ー- '    リ!               r''  i! ',         }       |r''.;; ;; > ´ }.;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;/:::::ヽ
               / |        _,,..::ハ___  |  ',     > ´ ',.         || ;; ;; ;{. rォ.i;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;; ;/::::::::::::::\

1091 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:48:53 ID:Sq6fz3U60 [131/135]


              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ─ |×`\i|  「あー、そんな名前の人、居たような気がするお。
          |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|   でもその序列ってなに?」
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
        / ;ハレ!へ,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、
      r、/: : ;'.  r、/     {!ハlノ   ヽ: : }                     「ジュライちゃんprprクラブ会員番号」>番長
      ヽヾ: :三 |:l1        ヽ    i: : l
       \>ヽ/ |` }       | |    l: : j 「なにそれこわいけどあたくしに被害無いから別に良いや」
        ヘ lノ `'ソ        | |   ,'/
         /´  /        |. |  '´





                , ―
         _ , - ―´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ,
          l: : : : : : : : :_ ,.ヘ:∧,:ヘ:_:_:_:_: : : : : : : : : :ヽ、
          _<\, ヘ::::/:::::/|::::|:::|::::ヽ: : : :ヽ__: : : : : : : : :ヽ
    ,  ´::::::;ソ/::::::::::,::':::::// |!::::l::λ::::ヽー-´:::::\: : : : : : : : \
   /::::::::::::く_/::::::::::/:::::,イ/ |:::/.!::!ヘ::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : ;ゝ
  /:::::::::::::::::::::/::イ::::::i:::::/ノ   !/ |::| ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::∨: : : :./   「うわぁぁぁぁぁぁん!
. /:::::::::::::::::::::::{/::i|::::::レ'! /⌒ヽ  .l::|  /⌒ヽ::ヽ::::::::::::::::∨:.:.∧     お前らくたばっちまえ!
/::::::::::::::::::::::::::|::::i|::::::!::j /   }  ヘ| ./   }::::lヘ::::::::::::::::∨ ̄ ̄/     あ、いや、くたばる前に俺様が家臣団内でどういう扱いされてるのか
::::::::::::::::::::::::::::/八::::i::リ{_   ノ   .{_   ノ\|ハ::::::::::::::::!< ̄::ヽ     説明してからくたばれ!!」
::::::::::::::::::::::/   ヽ!Y しノ ////// しし'  /::::∧:::::::::::ハ_,>::::∨
::::::::::::::::/      八      r-―く     /:::::::::ハ:::::::/:::::::::::::::::::::ハ
:::::::, イ        /::::,\.  |/  ',   /:::::::::/ |/ヘ:::::::::::::::::::::::l
- ´            {:::::::从` 、 {/   }  , !:::::/    ハ::::::::::::::::::::::!
           `Y  ソ >ァ--―イ.  Y´       ハ:::::::::::::::::::∧
            /YYY},ーyノニニニンr-/YYヽヘ       !::::::::::::::::/
           ./   ノ!:.:.:.:lヘッッッ/:.:{     'y::〉     |:::::::::::::/
          /   /:.ノ:.:.:.:リⅩイ:.:.:.:.:.:ゝ   ンヘ    !::::::::::/

1104 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:51:50 ID:Sq6fz3U60 [132/135]
 

              z  ̄` 、
           _ <       >、
          , ´           ヽ
         ,::             '、
         ,:::   乂       ヽ  ;  「まぁ野球云々は冗談として。
         ,::::. |   \ 、 、 ヽヽ i   家臣団と兵士連中の手すきの奴らに、目立たん程度に情報収集をして貰ってる。
         ,:l:::ム   \弌 、 \__弌イ    磯野中島含めてな」
          ,V::::_ゝ_\ ヽr-r辷リ´フfリ_
             〉ヽ_ 辷リ /--ヽ__-' ヒく l
         ,' ヾ`ー一  l     ,'/ 〉ハ
         i  ,l ヽ     〈    , / .///\
       _<|   ',`ヽ ` ̄ ̄´, ./ィ//∧∨>x_
     <////\`ヽl  l> ―― ――,'//////////ヽ、
  γ´/”,//////|| ソ ´     `⊇〈/////////////ヽ
   l////”,//////|      ー一「////////∨//////l
   '/////”//////{        ク{///////∨///////!
   }/////”/////〈     _ ーl/ !//////∨////////|
   {///////〉///j \ γ´ /   l/.!///☆∨/////////}
   V/////”///〈   \| /  { !/|////イ∧////////
    V/////”//V\    \\ { !/|<>イ//l!/////∨
    V/////|/V\/\    /  Y{////f// |//////
     V/////V\ Y//三/    |/|/// |///!/////
     V////f///〉´//// |    |/|///イ///|////ヽ
      V///V///”//// 中   !/|////////////\



              -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
          /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
          /: : :/l/ }:l:/l,:} \__\ : ヽ
          {/ /ゝ、ノイ ノlソ─ |×`\i|
          |l:/|,'(●)  (●)} ̄i, ̄i|  「なんか目新しい情報でもあったかお?」
          |/:l:l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ !ソ │
          ,!iVヘ、  ゝ._)   |: : | ; : ト、
        / ;ハレ!>,、 __,  イ: : :!;ハ人:`ヽ、
          /: : ;'  /    ∩ノ ⊃ノヽ  ヽ: :ヽ
       ,': : ,'  (  \ / _ノヽ  |   i: : l
       i: : l   \ “  /.__ ノ  .|  l: : j
        '; : ',    \ /___ .ノ   ,'/

1107 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:53:55 ID:Sq6fz3U60 [133/135]
 

                                        -―…―-
                                   /  / !  ヽ   \
                                      /:/: /    |   |   : : .
                                   /: : /    }   |    : : :.
                                    /: : :/          l    : : !:.,
                                     l: : : !           /      }
                                     |: : :.ノ 〉!   l   / _,.. l   .l_リ
                                     !_/ /__. : ::/)//_厶r-}リ! /f| |
                                 「 | {代リ//)l/ 弋ソノ l/l/ ノ
                                ノ.ノ |_,// /         「/
                               _{ ゝ      / 〈        /
                                _ノ、 `ヽ     !: : _`__   /!  「―――マモーが最近、麓に降りてきた形跡はない。
                      ___,.. -―く:::::::::::}ヽ ヽ / }`ー 、: .   ,.イ .!_   どうやら暫く前に食料を大量に買い込んで、
           _,.. -―…:::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::!:::.、 ハ ./.:.:.:.:.|`ヽ_,.イ/ ,′\   山に篭りだしたようだ」
     ,. -‐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::::!:::::.! .レ'.:.:.:.:.:.| ハ!//   ! \ \
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::`ヽ::ヽ==く.:.:.:.:.:.:| | {/   {   \ \
   /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; -‐'":::::::::::::::\.:.:.:.! ! |    i    /|  /:::.
   !:::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; -‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|、 | .!:.   !\ / .! ./::::::::l
  〈: : :!: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r=='"::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\! .\:._   ヽ! .レ':::::::::::!
   ヽ :.!: : : : : : : : : : : : : ::::: :二ニイ::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ   :}\{::::::::::::::::\
    `…-、: : : : : ; :.-―'":::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::-―::::::::::::'"::!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ  \  :ト、 \::::::::::::::::}
         ` …-- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :_: :-::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::O:::!   ! } ヽ |::::::::::::::::ト、
               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ: : : : : : : : : : ヽ:/:::::===::::::::__:::::::::::::|   ', !  〉|:::::::::::::::::!::ヽ
                         ` ヽ: :===={::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|    ヽ! / !::::::::}:::::::|:::::!
                            '; :::::::::::::|: :::::::::::::::::::|::::::::::::::::::}    { / | .i::::::::::|:::::::::::::!
                              }: :::::::::::{::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::!    {  ! }::::::::::::::::::::::::j

1111 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:55:38 ID:Sq6fz3U60 [134/135]
 

           ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
           /: : : :/: : : :`ト、: : :\
        ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
         {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |  「……こちらの動きがバレた、と考えるべきかお?」
         |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|
        |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
        ハi : : |: : :|∪      丿Vト、
         / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
      /: ;'  /:::.n:n    nnlノ   ヽ : }
      ,': :,'.  | nf|||    | | |^in  i: :l
      i: :l.   | f|.| | ∩  ∩|..| |.|  l: :j
        '; :',   .| |: ::  ! }  {! ::: :|  ,'/
       ヽj   | ヽ  ,イ   ヽ  :イ '´




             -――‐-
          , ´         ` 、
         /    、         \
        /        丶      、   ヽ
        ,′        \   :..   ヽ:..  :.
        .//ハ:. 、   、:.:.::`ー=、:..、:.:. \:ハ
        |:.|:|从、:.:.:\:.:、:\:.丶:.\:.\:.:、:.:}、:}  「その割には動きに緊張感が無いな。
        |:.|:|{:从\、:.丶:\:.:、:.:\:.\:.ト:.:ヽ从   ―――恐らく、計画の段階が徐々に進行して来たのだろう」
       V/,__:.:.ト、、ミ、ュ、__\ト--ィ守リ7从仆
          ∨{ヽ}:.:トヽ守リ`    {    ´ .'7
        ヾ、 (ミ   `            ハト、_
            \_,        ト,    从ノ}X、
      . '二二/八∧      ` " _  .イ/ jxX}
    /,'   _/  八:.ト .   -‐ __  ,"´ ,イXX}、
   /| ;   《ハ   ヽ `      __/  .ィXXXX}\
    | | ;   Vハ     、    ー「{  ,z´XXXXX八 \
    | | ;    Vハ    }     ハlX┌‐┐Xx//   丶
    l人、    ∨ハ  ,′   ハⅨx〕|〔Xx'"/⌒ヽ    \
  /j,'∧\    / /   ト、  _ノ {X└‐┘        \    \
.  { {;|| ; |\  \}\ 、  l | {X イ´           \_ _ _ _ 、

1113 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/28(火) 23:57:06 ID:Sq6fz3U60 [135/135]
 

           , -' ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶,
         /, -'_"ニ⌒'、: : : : :∧: : : :: : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
       r, -'"´ ̄: : : :`ヾ!:_:_:_:_:|::::!.: : : : : : : :_:_: : : : : : : : : : : :`ヽ
     /'\: : : : : : :/::ヽ/ヽ,へ|::::l.,ヘ,ー ´::::::::\: : : : : : : : : : : : \
     〃  _ 〉、: : : /::::::::/:::::::!:::::|:::::l::::::::\:::::::::::::::::\: : : : : : : : : : : : L_
 ,. - 'イ´ ̄:<, `ー./:::::::::/::::::/:::::::|:::::lヽ:::::::::\::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : : : : /
::::::::::::{:::::::::::::::::;> /:::::::::/::::::/!:::::::ハ:::ヘ \,::::::::\::::::::::::::::ヘ: : : : : : : :./
:::::::::::|::::::::::: <_/:::|:::::::::::!::::::/ ト、:::| ハ::::! _.斗<ヾト,::::::::::::::::ト、___/┐_
:::::::::::::::::::::::::::: /::::;l:::::::::::|::::ヽ斗-=ヽ、ヘ:| ' .{:;;::}_,'|:::::::::::::ハ/_,   |:::::` ' 、
:::::::::::::::::::::::::: ,´:::ハ::::::::∧ ::イ〈 {::},   `  ==" /::\::::::::::ハ `く" ̄´:::::::::::::::::\
:::::::::: , < ̄ l::::::l ハ:::::i::::!::λ ┴' '       ,ハ:::::::::\::::::|  _,ゝ::::::::::::::::::::::::::::ヽ  「グール化がどれだけ時間かかる作業なのかは
:::::/     ヘ:::!  .ヘ:::|、:l/::ヽ      __,, ィ   !::::::::::::∧::!-T::::::::::::::::::::::::::::::::::::    知らねーが、野郎はそっちに向けて動き始めてる
:/       ヽ!   ヘ|ハ:::::::::ト.   ぐ_ -‐ '    ,l::::::::::::| N  \::::::::::::::::::::::::::::::::    と見るのが自然、か?」
         |   ノ !::::::::|::l、           ,. ィ:::::::::::::!       \:::::::::::::::::::::::::::
              |:::::::/ソ `> 、_, <  |\::::::::|, へ、_   \:::::::::::::::::::::::
               」:::::|, へ.、     !ニニニニL_λ::/ : : : : : : : \  \:::::::::::::::::
           >: : :.\|: : : : :〉'ー´ノ    _,... /: |/ : : : : У: : γ>ー‐-、::::::::::::
          .r ´: : : : : : : : : : : :/.  ̄`ー ―'" /: :/ : : : :.__>イ ̄      ヽ::::::::
         |: : : : : : : : : : : : /L^ソ´シ´Y´ンyγ/ ̄ ̄ヾ    <,        }ヽ:::              「……だろうな」>番長
         | : : : : : : : : : : /: :.//`\/´~'//: イヽ`」 __,     /        / ハ:
           }、i : :ン : : : :}: : :| |、/`\, //: 〈ヽ二フ.::      >'  ̄ ̄ ̄
       ,/_ ̄⌒ヽ : : :_l: : :| |`\_/`.| |: : :.`=勹 ,ィー-.ィ "
     ,/   `ヽ  ソ´|: : :| |、,/\,__| |: : : : : :/ .//
   ,/      /v´  ノ: : | |'´\/´ | |: : : : : :ヽ':/ , イ
  /      /     l: : ::| | ,/ \_ | |: : : : : : : イ/.  !
 {      /       |: : :| |´\./´ | |: : : : : : :/|    /
 ヽ   ー〈.       ノ: : //__/\__//: : : : : : //   /
  \    .\     |´  ̄.  ̄ ̄ ̄  ̄ ` ' / ソ  く
    \_| Y´\.   /-イ 二  ̄/.: ! ̄: :T. ー ┐    ヽ ___
     \    ,/´: :/ : : : : : :}: : j: : : : :l : : : : ヽ、__|   /
       ヽ ./: : :./: : : : : : : :/ : : : : : : : |: : : : : : 丶     /
       У: : : :/: : : : : : : : :/: : : : : : : : : |: : : : : : : : \ /

1120 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:00:09 ID:rNLy.Djs0 [1/29]


                      ___
                   />´     ¨>
                  V く        ヽ
                 V{  ヽ        ヽ
                    | V \ \    ハ  ヽ
                 ハ  V  ヽ  ヽ  ヽ、  {  「―――だが、ある意味ではチャンスとも言える。
                 ∧ 、ト-__\ >r==r フ  ミ   奴は現在、麓の情報を得る手段が無いわけだからな。
                  ∧|`ー一"~ゝー一 ソΝ    フレイザードの手の者も、そう簡単に奴とは接触出来ない」
                   ヽ    |〉   ,/>
                    へ  、_ ,  イ >
                   >- ヽ   // { ____
                 >| , ヘ ,  ̄  {  |///////ヽ
              ><//ゝ \ ヘ ゝ   V  トV///V/ハ
           ノ///ヽ////////>> ヘ   ',  V////|//ハ
          //////ハ////////O | ヘ  i   V///|///ハ
          |///////ハ////////リ   \」   ,///////ハ
          |////////∧///////|    0ヽ   V///リ//∧
          |////////〉ハ/////リ  //  i   V/V|//V∧
          |.///////女/|\////__/ /  |__  V/イ///V∧
          |///<⌒>リ/ .// ̄ ̄ ̄ ̄   >V__////V∧
          |ノ<//////// / f  __   r=⌒つ--r '|////V':,
        ///|///////{{/7  / `    `ヽ´ ̄¨   |Vヽ////V∧
       /__\//////||/|  i ヽ   て<  > __  |/|: :.V///V∧
     //////////>==>へ  ', 、ヽ  \  `>レン |i∧: : :V///V’,
   イ/////////////////>¨ ヽ , `ヽヽ  へ  |    |//Vく }////V 、
  /V/////////////=< |    \ 、 `ー イ  !    |////i ヽレ///V 、
  /V///////>< ̄      〉     `       |    |∧/V   |////// 、





     ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
   /: :,//; : :ト、: ヽ: : \
   ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
   {: /:/ /ゝノ\ノ l/ ノ }_} ! |
   |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|  「―――仕掛けるにしろ、準備をするにしろ、
   |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   【多少派手に動いても気付かれない】という事かお」
   ,ハi : : |: : :|       丿V\
 / .ハレVl ヘ 、.__, イノ{!;人`ヽ、
/: : ;'. _r‐' { ̄rj   {!ハl;ハ  ヽ: :ヽ
: : ,' / \  |ヽ.  / }  / }、 i: : l
: : l/  i \ | __ ノ/ / ヘl: : j
'; :/   l   \:::::::/´    ハ  ヘ /
. /    |     Y         |  ヘ
/   八      |      ノ    ヘ
     / 〉.    | \     {    ヘ
    ./ i      |       |:ヽ    ' ,
   く |.    |       |  〉     .i
    . \     |        j/     |
.、   ./ >   .|      く        ノ
. \/_/   ∧    \\   ./
  /      / :} \    \ヽ/
  }       ./‐r─r::ヽ    _〈
. 〈_     〈:::::|::::::|::::ハ  ̄   〉

1124 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:02:10 ID:rNLy.Djs0 [2/29]
 

              /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'  「その辺りの細かい判断は任せる。
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´    ―――コーラの言を借りるようだが、俺も武官だ。
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll     命令があればそれに従う。それを出すのはお前やジム様だ」
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'
  |   ゝ         ヽ ! {   ヾ、   /´   /|




           ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
           /: : : :/: : : :`ト、: : :\
        ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
         {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
         |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小|  「……責任重大だおねー」
        |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!
        ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、
         / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{!;人:`ヽ、
      /:⊂⌒ヽ/         ヽ /⌒つ}
       ,': :,' \ ヽ  /     ヽ    /i: :l
      i: :l    \_,,ノ      |、_ノ l: :j

1128 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:04:09 ID:rNLy.Djs0 [3/29]
 

                  _,.. -. . ―. . . ,
                 |: : : : : : : : : : : : : :丶
                ,斗-.、: : : : : : : : : : : : :ヽ
               / ゝヽヘ,λ_; : : : : : : : : : : ハ
             / /::::::|:::::|::|::::\: : : : : : : : : : ',
            / /:::::::::/i::::::|::!:::::::::\: : : : : : : : :ヽ,
             ./:/:::i::::ィ:l_\:|:|\::ヽ::::ヽ: : : : : : : : :〉
             .,イ!/!::/::/:::i、`i' リ,ニニ二,l::: \,ク: :γ7
           ./:::ノ::l:/V/|人"´, \__|ノ |:::::|く/::く´| .l  「―――ま、そろそろ大詰めってワケだ。
          /:::::::::::::リ:::/ r-:';丶三フ_" ィ//人,-~' !、   気を引き締めていこうや、やるめ」
          ノ!:::::::::::::::l:/ .ノ:.:.:._/:/゙=´'/:/-!:/, 〈r    |/、
          |:::::::::::::/リ 〈: :/:./:/ソンツ'/:/ : : : :ヽヘ  ,ノ::::ヽ
          |:::::::::::/ / 〉!:./:/≫≪/:/ : : : : :ノ !   |::::::::::',
            ハ:::::::::l.〈~'.ソ: !::|≫≪/:ハ: : : /ヽノ  |::::::::::::l
           ヽ::::::| ヾ,-〈:.:.|::l≫≪|::|: :.ゝくγ´/`~/::::::::::::ハ
           \:!γ 人:|::l≫≪l::|: : 〈´ \.  /::::::::::::/
             ,ノ ,ン´:ソ:`= = = ― イ,     ー ::::::::::::/
            /: : / : : : : : : : :ヽ: : : :\  /::::::::::::/
          /: : : : : : : : : : : : : : : : l : : : : :ヽ/::::::::/
        / ̄|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`、/
          ,ん'ノ´|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:::::ヽン|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :___ヽ
        /::::::::::::) !_____: : : : : : : : :/ヽ ヾ  ゝ
      \::::::::::`~⌒ソヽ、 ン\: : : : /ヽ  Y´~´::ヽ
        \::::::::::::::::::::::::::::し~ヾ\/んへ)´~:::::::::::::::::::',
         \::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ~´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
           \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
            \__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;_/
             |xI : : l`ー───~,"⌒~ヘ ̄
             ノXI : : :!        ヘ IXI: :ヘ
           /メ/: : : :.!        ヘ:IXI: :ヘ
         , :´: l/ : : : : :|         l:IXI: :.ヘ
         l.; : : : : : : : /l         |:∨: : : ヘ
         ヽニニニー ´           l : : : : : : :ヽ
                          l : : : : : : : ハ
                          ゝ,: : : : _ノノ
                          ヽ= ニ'- ´




    ,. :'´ ̄ ̄` ー - 、
   /: : : :/: : : :`ト、: : :\
  ,': :∧〉/ l/ }:l:/l,: } ヽ.ハ ヘ
  {: /:/ /ゝノイ ノ l/─ }_} ! |
  |: レ': :|: : {(●)  (●)l;小| .     r‐,
  |: i: :(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂l ! l.!   .  / /
.. ハi : : |: : :|   (_.ノ  丿Vト、   _ ! ハ
 / ;ルlハレVl> 、.__, イノ{i;人:`ヽ_{ i f/^l  「あいよ。―――二人とも、頼りにしてるお」
/: : ;'. _r‐' { ̄rj   {!ハl;ハ  ヽ:{〈 └( }
: : ,' / \  |ヽ.  / }  / }、 /ミ` ―‐'〉

1129 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:04:42 ID:rNLy.Djs0 [4/29]
 

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――コミュパート終了

 ランダムイベントパートに移行します

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1131 名前: ◆kpB9jYoc6w[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:05:46 ID:rNLy.Djs0 [5/29]
 


治安80
0.何か良い事が起こる(有利になり過ぎない程度で安価)
1.領内で魔物の群れが発生。『領内の治安-10/次月の軍事行動で戦闘可能に』
2.ゆったりと時間が取れた。『コミュイベント 1回』
3.臨時収入! 『金銭+200』
4.良質の資源が産出。『資材+200』
5.豊作だ! 『食料+200』
6.特に無し
7.天災により、アシナンテ風里で建物が崩壊。『復旧に300資源を消費する』か『商業力が-100』
8.事故発生! 工業生産の設備に被害が……。『復旧に300資源を消費する』か『工業力が-100』
9.ボーナス! 誰か1人の成長ポイント+2。



【安価 ↓5】
1~10の数字を!


1136 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:06:10 ID:Tt4Nkcjs0 [2/12]


1141 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:10:36 ID:rNLy.Djs0 [6/29]
◆kpB9jYoc6w = #3olo

3+3 = 6

6.特に無し




                     f i
                    | |             __
                    | |  / ̄ヽ        ム_マ
                   fー} ム ヽー‐Y_      ム_マ
                   |, ゚  `〈/口| ヽ.    ム_マ
                   i       __i__   }_   ム マ
                  f´l〕⊂O {::::::::} Oi }   ム マ
                  { l〕 r―┘:::::└‐┐}  ム マ    _ 二ニ=-‐  ̄\
 r―‐-=ニ二 ____   _____ 乂j {:::::::::::r‐┐::::_}ノrzi__〔_〕r‐  ̄          \
. j             |  ム:〔:/ヽ__{_ ̄: ̄l  | ̄: }゙ーrzr‐r‐┐\       二ニ=‐ヘ
/‐-=ニ. _        |r‐┴‐イ___ `冖圦 :  l  |  ノ_ } }、 | 「||、: : \_ ニ=‐  ̄  ____}
{___ 二≧zz、__|::::Y´ ̄  \ \≧z辷‐'壬―‐'} } `| l」| V: : }‐‐‐==  ̄  ▽/
V ▽         |zミム      \ \三三三三ニ} }    ̄  V: |          /   「平和ですね……アイタタ」
. V              |三}ム       ゙ー――――― '       }:.|          /
  V          |三}::ム           r‐‐‐‐‐‐、      ____j:.|       /
  V          |辷}::::ム_______{      ーr―≦‐‐┐}:|      -イ
   廴_        |:::::::::::::| r―――‐┐l:'.,       l l三三三=| }j__ニ=‐  ̄  |
   /   ̄ ー―ァ、_|:::::::::::::l |三三三三l |: :.'.,___}辷z二二zヲ {  r=≦三}j-、
.  / /Zzz、_ /   `ー‐r‐辷z二二二z_j: : : 厂fj ̄} |    /    〉__l三三={  ゚ ,
  {__/三三=//      マ::',       l: : : l三三=} |    /     〈  マ三三ム-‐〈
/¨l {三三=//_       〉、'.,        l: : :.l三三=} |-‐=〈     ゚, マ三三ム  ゚。




              r‐‐ -- ,,,, ____
              ` ̄¨¨""'''''‐‐--"二)二へアフ
   ,, --、                 {ミ}ゝ<'/ /
 ヾ__  >- 、           /´ ̄"'''ー 、-'     「ほら、無理に動こうとしないで下さいな。
     ヾ{  ,/          /  ,r,__.,,    ヽ       まったく、年甲斐も無くダンジョンになど行くから……」
   ,,, -__"ヘノへ         β"γ⌒ヾ    }  /i` ‐ ,,
  `ー"   ヽ、  ヽ,     ,,ノミゝヾ、___,ノ    ノ_,/, 'l |   |
         ゛ーくヽr;-─''")⌒)_>〟    ≦〃Υ l |.   |
           ヾ(て-‐"`ー´  ヾ∞o,Z〒ヲ'//`ヽ、,! |     |
                        〈=ァ/ _   /`ー-,,__ノ
                       r')´ ゝr'|ミミ;`r" /
                       ヽベ__,! }ミミミ;|/
                          ,! }ミミミ;!|
                          ! 'ミミミ,!|
                          ` '' -.





【Info】―――――――――――――――――――――――――――――
|アシナンテ風里は平和でした!
―――――――――――――――――――――――――――――――

1143 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:11:54 ID:rNLy.Djs0 [7/29]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ランダムイベント決定パート終了

 キャラの成長に移行します

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1145 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:13:59 ID:rNLy.Djs0 [8/29]
■各キャラ成長ポイント■
やるめ:29(能力値成長)
ジムさん:18
コーラ:23
霊夢:25(固有スキル取得)
番長:21(能力値成長+汎用スキル取得)
ジュライ:37(能力値成長)
春香:14(能力値成長)

1147 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:14:41 ID:rNLy.Djs0 [10/29]
まず能力値成長からいくよー

1151 名前: ◆UU5fQCdgcU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:17:40 ID:rNLy.Djs0 [11/29]
やるめ:
0:統率
1:武勇
2~5:情報
6~9:政治

番長:
0~3:統率
4~5:武勇
6~8・情報
9:政治

ジュライ:
0:統率
1~3:武勇
4~7:情報
8~9:政治

はるかっか:
0~2:統率
3:武勇
4~5:情報
6~9:政治


酉に4人の数字を仕込みました。
左から順に適用します。


【安価 ↓5~8】
1~10の数字を!


1156 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:18:34 ID:e1Iu8.ko0 [2/16]


1157 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:18:41 ID:Tt4Nkcjs0 [3/12]


1158 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:18:43 ID:lgDfzFng0 [5/5]


1159 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:18:44 ID:SJ6QncNo0 [2/2]
3

1161 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:23:13 ID:rNLy.Djs0 [12/29]
◆UU5fQCdgcU = #Y7B2H9J2


やるめ:
7+4=11
1.武勇


番長:
2+8=10
0.統率


はるかっか:
9+7=16
6.政治


ジュライ:
2+3=5
5.情報

1165 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:24:29 ID:rNLy.Djs0 [13/29]
 

【高師やるめ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【統率】3 【武勇】5 【情報】10 【政治】8

┃■成長率■
┃【統率】D 【武勇】D 【情報】A 【政治】A

┃■成長ポイント■
┃【29点】

┃■能力■

┃◎文句あんの!?ver2.0
┃ 押しが強く、気が強い。
┃ 奇数月に1回、領地内の他のキャラのランダム行動を指定できる。
┃ 指定した行動が判定を伴う物だった場合、その行動における全ての判定の成功率に+5%。
┃ ただし、大規模戦闘にのみは効果を発揮しない。

┃◎常識的に考えて文句あんの!?
┃ 月に1回まで、外交・会話での安価会話にて、致命的なミスをした場合に自動発動。
┃ 不味かった安価を弾くか、再安価が発生する。
┃ このスキルは成長しない。

┃○内政力
┃ 政治的な感覚に長ける。
┃ 判定に参加している場合、全ての【政治】を使用する判定の成功率に+5%。

┃○情報力
┃ 情報の取り扱いに長ける。
┃ 判定に参加している場合、全ての【情報】を使用する判定の成功率に+5%。

┃○農業力
┃ 農業振興判定に参加している場合、成功率に+10%。

┃○商業力
┃ 商業振興判定に参加している場合、成功率に+10%。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1169 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:25:20 ID:rNLy.Djs0 [14/29]
 
【鳴上悠】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【統率】10 【武勇】6 【情報】6 【政治】2

┃■成長率■
┃【統率】A 【武勇】C 【情報】B 【政治】D

┃■性格■
┃◎ハイカラ:ランダム行動の結果、資源を使う行動の成功率が40%以下になった場合、判定をしない。
┃       その場合の行動は『他のキャラの手伝い』となる。
┃       誰を手伝いに行くかはGMが選択する。

┃■成長ポイント■
┃【21点】

┃■能力■

┃◎コミュニティ
┃ 仲間と絆を作り、育む能力。
┃ 戦闘以外の判定に参加した場合、同じ判定に参加した仲間の人数分だけ、判定値をプラスする。
┃ (3人で判定するなら+3、2人で判定するなら+2)
┃ ただし、自身単独での判定には使えない。

┃◎ワイルド
┃ 絆を力に変える能力。
┃ 大規模戦闘に参加した場合、『同じ戦闘に参戦している味方キャラクター(モブ除く)
┃ の人数×1%』だけ最終勝率を上げる。
┃ 小規模戦闘の場合も同じ効果を発揮するが、『同じ戦闘に参戦している味方キャラクター
┃ (モブ除く)の人数×3%』に効果が上昇する。

┃○小規模統率
┃ 大規模戦闘時、自身がメイン指揮官として参戦している場合、指揮する軍が合計で3部隊以下で
┃ 構成されているならば、兵力に+15%。

┃○強化訓練
┃ 自身が参加した部隊訓練成功時の兵力上昇値が更に+5される。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■行動タイプ■
┃タイプA:領地の資金が800以上である

┃1.部隊訓練
┃2.部隊訓練
┃3.治安維持
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.同僚(霊夢)の手伝い
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.やるめに聞きに来る
┃9.やるめに聞きに来る
┃10.やるめに聞きに来る

┃タイプB:そうではない

┃1.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃2.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃3.自己鍛錬
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.同僚(霊夢)の手伝い
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.やるめに聞きに来る
┃9.やるめに聞きに来る
┃10.やるめに聞きに来る

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1172 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:25:59 ID:rNLy.Djs0 [15/29]

【天海春香】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【統率】8 【武勇】3 【情報】5 【政治】8

┃■成長率■
┃【統率】B 【武勇】D 【情報】C 【政治】A

┃■性格■
┃◎ふつう:ランダム行動の結果、資源を使う行動の成功率が40%以下になった場合、判定をしない。
┃      その場合の行動は『何もしない』となる。

┃■成長ポイント■
┃【10点】

┃■能力■

┃◎どんがらがっしゃーん
┃ 何も無い所で転ぶ。
┃ 単独で何か判定させた場合、成功率-10%。

┃◎乙女よ大志を抱け
┃ 戦闘以外の判定で、女性メンバーのみで参加した場合、その成功率を+(参加人数×4)%する。
┃ ただし、自分ひとりの判定の場合は効果を発揮しない。

┃◎気配り上手
┃ 戦闘以外の判定に補佐として参加した場合、その判定の成功率に+5%する。

┃○商業力
┃ 商業振興判定に参加している場合、成功率に+10%。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■行動タイプ■
┃タイプA:領地の資材が800以上である

┃1.商業振興
┃2.商業振興
┃3.農業振興
┃4.農業振興
┃5.工業振興
┃6.工業振興
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃9.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃10.やるめに聞きに来る

┃タイプB:そうではない

┃1.工業振興
┃2.治安維持
┃3.治安維持
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.同僚(ジュライ)の手伝い
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃9.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃10.やるめに聞きに来る

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1176 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:27:02 ID:rNLy.Djs0 [16/29]
 
【ジュライ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【統率】1 【武勇】9+1 【情報】11 【政治】4

┃■成長率■
┃【統率】D 【武勇】B 【情報】A 【政治】C

┃■性格■
┃◎三下:ランダム行動の結果、資源を使う行動の成功率が20%以下になった場合、判定をしない。
┃     その場合の行動は『ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)』となる。

┃■成長ポイント■
┃【37点】

┃■能力■

┃◎不死身の三下魂
┃ このキャラは老衰以外で死ぬ事は無い。明らかに死ぬ状況に放り込まれてもとんでもない幸運や
┃ 底力の結果として、後に残る負傷を負わずに生存する。
┃ ただし、戦果がそれに伴うかどうかは定かではない。

┃◎特殊諜報員
┃ 毎月1項目だけ、月はじめの選択肢の前に、行動を消費せずに情報収集が出来る。
┃ ただし、使用する場合は資金100消費。
┃ また、判定は必要であり、その判定には当人以外は参加できない。

┃◎情報特化
┃ このキャラクターがメインで【情報】を用いた判定をする場合、【情報】ステータスを+2して計算できる。

┃○情報力
┃ 判定に参加している場合、全ての【情報】を使用する判定の成功率に+5%。

┃○探索士ver2.0
┃ ダンジョン探索に参加している場合、判定に成功した後で得られる探索度を+2。

┃●ボーンベスト
┃ 亜竜の骨と表皮、甲羅をふんだんに用いて作り、魔法で強化したベスト。
┃ 体格に恵まれない人間でも、高い防御力を得る事が出来る。
┃ 【武勇】を+1するが、10を越えては上がらない。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■行動タイプ■
┃タイプA:領地に資金が800以上ある

┃1.情報収集
┃2.情報収集
┃3.情報収集
┃4.情報収集
┃5.情報収集
┃6.ダンジョンに行く
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃9.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃10.やるめに聞きに来る

┃タイプB:そうではない

┃1.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃2.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃3.情報収集
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.何もしない
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃9.上司(コーラサワー)に聞きに行く
┃10.やるめに聞きに来る

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1177 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:27:54 ID:rNLy.Djs0 [17/29]
やるめ、4回の成長のうち2回が武勇である。あれー?


では相談時間含めて、汎用特殊能力の安価いくよー

1181 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:29:46 ID:rNLy.Djs0 [18/29]

【安価 00:37:00から↓3つまで】
番長の汎用特殊能力は何を選ぶ?


【安価 00:42:00から↓3つまで】
霊夢姉貴の固有特殊能力の成長は?

1.妖怪バスター
2.巫女サマー
3.野生の勘

どれがいい?

1183 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:32:44 ID:rNLy.Djs0 [19/29]
あと、ジュライと番長の行動を指定して今日は終了かなー

1184 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:33:08 ID:e1Iu8.ko0 [5/16]
敵の戦力の判定値が150を超えない限り、小規模統率ver2の方が有利になるな
なのでここは小規模統率ver2の方が良いかも


1190 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:37:00 ID:txbs2BvM0 [9/19]
番長汎用
【小規模統率ver2】

1191 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:37:00 ID:TQNXlGuk0 [2/8]
小規模統率ver2

1192 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:37:03 ID:CbcU/iik0 [7/16]
小規模統率ver2

1193 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:37:48 ID:rNLy.Djs0 [20/29]
おk-。
番長は小規模統率ですね。

1195 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:38:58 ID:rNLy.Djs0 [21/29]
あれね。
前回というか、やらない夫男爵の時ではあっても価値低かっただろうけど、
今回みたいな短期決戦で用意できる部隊がそもそも少ない場合、小規模統率ってかなり有力な選択肢なのね。


1198 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:42:00 ID:e1Iu8.ko0 [7/16]
巫女サマー

1199 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:42:00 ID:TQNXlGuk0 [3/8]
1.妖怪バスター

1200 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:42:01 ID:CbcU/iik0 [10/16]
巫女サマー

1213 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:47:34 ID:rNLy.Djs0 [22/29]
巫女サマー了解、っと。
ちょっと待ってねー

1215 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:48:38 ID:rNLy.Djs0 [23/29]
              /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'
  |   ゝ         ヽ ! {   ヾ、   /´   /|

1252 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 01:07:49 ID:rNLy.Djs0 [29/29]
【鳴上悠】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【統率】10 【武勇】6 【情報】6 【政治】2

┃■成長率■
┃【統率】A 【武勇】C 【情報】B 【政治】D

┃■性格■
┃◎ハイカラ:ランダム行動の結果、資源を使う行動の成功率が40%以下になった場合、判定をしない。
┃       その場合の行動は『他のキャラの手伝い』となる。
┃       誰を手伝いに行くかはGMが選択する。

┃■成長ポイント■
┃【21点】

┃■能力■

┃◎コミュニティ
┃ 仲間と絆を作り、育む能力。
┃ 戦闘以外の判定に参加した場合、同じ判定に参加した仲間の人数分だけ、判定値をプラスする。
┃ (3人で判定するなら+3、2人で判定するなら+2)
┃ ただし、自身単独での判定には使えない。

┃◎ワイルド
┃ 絆を力に変える能力。
┃ 大規模戦闘に参加した場合、『同じ戦闘に参戦している味方キャラクター(モブ除く)
┃ の人数×1%』だけ最終勝率を上げる。
┃ 小規模戦闘の場合も同じ効果を発揮するが、『同じ戦闘に参戦している味方キャラクター
┃ (モブ除く)の人数×3%』に効果が上昇する。

┃○小規模統率ver2.0
┃ 大規模戦闘時、自身がメイン指揮官として参戦している場合、指揮する軍が合計で3部隊以下で
┃ 構成されているならば、兵力に+30%。

┃○強化訓練
┃ 自身が参加した部隊訓練成功時の兵力上昇値が更に+5される。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■行動タイプ■
┃タイプA:領地の資金が800以上である

┃1.部隊訓練
┃2.部隊訓練
┃3.治安維持
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.同僚(霊夢)の手伝い
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.やるめに聞きに来る
┃9.やるめに聞きに来る
┃10.やるめに聞きに来る

┃タイプB:そうではない

┃1.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃2.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃3.自己鍛錬
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.同僚(霊夢)の手伝い
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.やるめに聞きに来る
┃9.やるめに聞きに来る
┃10.やるめに聞きに来る

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1218 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:49:37 ID:rNLy.Djs0 [24/29]
.          >':ィ::".:::::.:.:.::i:::.:.:.:.:::::.::.:.:::.:ヽ::.:ゝ;::... `ヽ、
        //i /.,':.:i ::::;rl::::.:::::ヘ:::::.:.ヘ:::::ヽ:::.:l:  ,,,__`_、
        ´ >i,' ::i:::/t-i、l::::ハ:::::ハ:::. :.::',:::::i:::::l;:ィ'"ハ/`t、!
         7:::::l/_イ !j l/ .!/___!::ハ::::!::::!:::::!:  .::.  !
       __r ,l.::/,':tイ,,ー,   ´ し'/ 7;!/t:,':::::,': _;;::r -rゝ
       >「 .l//::/: ゝ、  _  `ー/_/;_,.ノ:::::/;:ィ'"ハ/ `゙
        >!  イ::/:::::::::: `ーr‐//:7:::/:::: /`ヽ:::l::::.|
       >r' . !/..::::::::┌ァ'"/::;/:/゙、ィ"!/:   ..:`` ┘、
.       7',:::::::::::::::::l `i" 7;イ:.:/__ 」 :::::::    :. /ゝ
      Тォー‐-ァニl l',  '',.l:.,'´  :',!.::::::::..     i >
      ,. -‐''"´...:::::;! !`''´7ヘl   ::;!i::::::::::::.._,. - イゝ
      〉.::::::: . ::r"  `V゙_`ゝ、.,_ 7 L,.へr=イヘ「`
      ゙┐ .:::.:::;l  l  ´λくヽ:::``γ.`"
       ヽ、:::::/lヘ.  |  ∧.  `.::::::、ゾ゙''ァ
        〉".:``〉、_ ,./〈,ヘ::.. ::::::.:/::::::::!
【博麗霊夢】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃■ステータス■
┃【統率】3 【武勇】10 【情報】7 【政治】4

┃■成長率■
┃【統率】C 【武勇】A 【情報】B 【政治】D

┃■性格■
┃◎巫女:ランダム行動の結果、資源を使う行動の成功率が40%以下になった場合、判定をしない。
┃     その場合の行動は『ダンジョン突入』となる。発見されているダンジョンが無い場合、
┃     『ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)』となる。

┃■成長ポイント■
┃【25点】

┃■能力■

┃◎巫女サマーver2.0
┃ 巫女さんサマーソルトキック。その他格闘戦に優れた能力を発揮する。
┃ このキャラが【武勇】を用いる判定に参加する場合、成功率に+15%の補正をかける事が出来る。
┃ また、小規模戦闘に参戦した場合、勝率に+15%。

┃◎野生の勘
┃ 索敵や戦闘に関わる方面での【情報】判定に限り、自身の【情報】ステータスを+3する。
┃ 野生的な直観による、非論理的な判断能力。

┃◎妖怪バスター
┃ 魔物に対して非常に戦いなれている、天性のハンター。
┃ 魔物系統の敵と戦う際、自身の兵力を+10%。

┃○探索士
┃ ダンジョン探索に参加している場合、判定に成功した後で得られる探索度を+1。

┃○単独行動
┃ 小規模戦闘で他に味方が居ない場合、最終的な勝率に+10%。
┃ 大規模戦闘では、ソロで行動している場合、自身の兵力を+10%する。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃■行動タイプ■
┃タイプA:領内でダンジョンが発見された

┃1.ダンジョンに行く
┃2.ダンジョンに行く
┃3.ダンジョンに行く
┃4.ダンジョンに行く
┃5.ダンジョンに行く
┃6.何もしない
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.やるめに聞きに来る
┃9.やるめに聞きに来る
┃10.やるめに聞きに来る

┃タイプB:そうではない

┃1.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃2.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃3.ぶらつく(金銭消費無しで下級ダンジョンを1回捜索)
┃4.自己鍛錬
┃5.自己鍛錬
┃6.何もしない
┃7.主君(ジム)に聞きに行く
┃8.やるめに聞きに来る
┃9.やるめに聞きに来る
┃10.やるめに聞きに来る

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

1219 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:49:57 ID:rNLy.Djs0 [25/29]
よし、こうなる―――っと。
では、安価行きますー

1221 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 00:50:41 ID:rNLy.Djs0 [26/29]
【安価 00:55:00から↓3つまで】
番長の来月の行動


【安価 01:00:00から↓3つまで】
ジュライの来月の行動


1226 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:55:00 ID:e1Iu8.ko0 [12/16]
治安維持

1227 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:55:00 ID:TQNXlGuk0 [4/8]
治安維持

1228 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 00:55:21 ID:txbs2BvM0 [13/19]
治安維持で


1234 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 01:00:00 ID:TQNXlGuk0 [6/8]
マモーダンジョンに突撃

1235 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 01:00:00 ID:e1Iu8.ko0 [14/16]
マモーのいるダンジョンに特攻

1236 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2012/08/29(水) 01:00:00 ID:txbs2BvM0 [15/19]
マモーのいるダンジョンへ逝ってらっしゃい

1246 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 01:04:50 ID:rNLy.Djs0 [27/29]
ジュライはダンジョン突撃、番長は治安維持ですねー

1247 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 01:05:07 ID:rNLy.Djs0 [28/29]
了解しました。では、今日はここまで。
お疲れ様で御座いました!

1264 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 06:56:03 ID:rNLy.Djs0 [30/35]
 
▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 ―――小ネタ

 さっき見た夢を忘れないうちに視覚化するテスト

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲

1266 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 06:58:07 ID:rNLy.Djs0 [31/35]
 
 ―――聖杯戦争。
 それは七人の魔術師が相争い、根源に至る聖杯を奪い合う魔術儀式。
 七人の魔術師それぞれが従えるは、七騎の――――
































    ,‐- ,、
    lヽ丶゚,``ヽ
   l \_ 、: :::`ヽ、
   ヽ:   ´ )::::::::::`ヽ/lヽ
    ヽ::   (   |:: ::::`ヽ_ヽ、
     \:ヽ_/  Y `ヽ、::::::::::`‐_
      \_   | 、___ヽ、::::::::ヽ_/ヽ、
       'ヽ `‐ ´ 三/ `ヽ、:::::::`ヽ、
       /\  ' ̄:     `ヽ::::::`ヽ.、    ./|
       ヾlll|ヽ  :  :  :  : `ヽ、::::::`ヽ___/.=/
        `  `ヽ  :  :  :  ' `ヽ、:;;;;;;;;ヽ=<
             `ー、-_ _          ~ソ=ヽ
               丶'-~´ ̄ゝゝゝ~~~ ̄´\=ヽ
                              \/


 サーバ
  鯖  ント。

1267 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 07:00:57 ID:rNLy.Djs0 [32/35]
 

                      _,,.. -─- 、.,_
                     ., '´        Y´ ゚ヽ。
                   /           ̄`ヽ)ヽ、
                 /    /./     ! __      ∨       _ /)__
                 !   ,' __!__.ハ.  ,ハ_」、 ,ハ   ,!      /::::::: ̄`ヽ.-‐ノ
                  !  .i. ´/|_/__|/  iハ`l |] /|      / ̄ ̄`ヽ;:::!-‐'
                 ,'   |/|'7i´'ハ    ゝ',,∨∨|/    /        |:::|   「―――というストーリーを夢で見ましたので、
  (` ー- 、‐-、_     /   / |_].、ゝ-'   __'  ,ハ,ハ」,. -‐''"´ ̄ ̄`     |:::|    今日のオススメメニューは鯖の味噌煮にしましょう」
   ,> 、 ヽ::::\ ` 、/   / ∧ \" l´ ソ/| |_ノ!               .|:::|
 // ,  (  ,ハ:::::ハ  `゙''ー<_/_八  ハヽ--rく\|(_ノト、           /::;'
(,/ //, イ:::::|:::::::!       `ヽ::\\ |\__ト、\! |_ノ)ハ.____    /::/
 `ー'´| ̄::::::|::::::|:::::::|        ',::::| レ' 、   ハ  Y。。ト、    ` ー-----'‐'´
     ',::::::::::|::::::|:::::::|     __   |::::!   \∧:ヽ∧_,ノ| ハ
     ',::::::::|::::::|:::::::|     /|\_,!:::ト、     ';::',  ∨  |
     .|::::::::!::::/:::/_,,.. イ .∧ \」ノ、      ,|:::|   イ  /
     \_」__/ ̄ ∨  |/  \  \ `゙''    !:::!   .!/
                     ` ー-〉    |:::|   ,ト、
                      ,.イ> 、__」_」,.イ _,ハ、
                     /  `>-ー‐r'"´ ̄   \




              ヽ:.:.r‐、:.`:.:、_:.:.:.:.:.:.:.:.彡:.:.ノ:.:.:レ
            `ヾ;!:.:.{_ \:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:彡,
              ゝ´ 冫´冫ー '´ _\;.:.:.、:.:.:,ィl:.7
             ./ ./ . へ.いィ埓´ ̄  i:.i'{9),!:}
            / /  /`ニ彡| i'K゙ニー'  :::i:.ゝ/:.:/
           ,' ,' , ‐'-- 、 | i::::::    :::レ'ン:.:リ  「山岳の国であるスペースコブラで、そんな軽々しく海魚が用意できるか!!」
           / / / _...._ ハ .| i::::  u :::/:{:.:.イ
          ,! ! ! / ,_  ハ }≧´ミー.、 .::/::::7:.ノ
          / '    ,! `i };;`ニ´ }:} /: .::;ィ/`ヽ、
         /      / /トイ';,, ,;;, ,,,,ノノ  ,/ //// |/ヽ、
   ___ /      /イ//| ヽ、'''''''''", - '´  //////|///
  /~ヽ////∧     ,イ/////|  ,r`' "´、   ///////.|///
. ////}///∧ \  /ル/////|  ハ~~∧  ////////.|///
.i ///|/////X   ̄ 7/|/////|∨ Y~/ \/////////.|///




 ―――小ネタ 了。
 別に続かない。

1273 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 07:17:39 ID:rNLy.Djs0 [33/35]
■ちょっと続いた■ 

        >: : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ j
      ー=彡: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :レ{
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ー:弋: : :ヾ: : : :ハ: :.人
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミヾ : :.}: :V:.j: : : :ヽィ
     : : : : : : : : : : : : : : : : : : :≠´ ̄`¨ヾ从人〃: : : : il
     : : : : : : : : : : : : : : : ≦        `¨¨´?: : : :リ
     : : : : : : : : : : : : : :彡'             `|: : :j
     : : : : : : : : : : : :;>' ,, -ー─- 、        |:;イ
     ,イ: : : >ーミ: : : 〃   __,二¨≧‐辷ソ,   ___ j′
     j: : // ,>, V:.:|    `込''ソ弋     ノ≦''7′
      ハ:.:{ i イ } .}.リ     ´ ̄ ̄´    {込ナj′
       Vゝ. i.{    U             ', ̄    「……参考までに、鯖ントはどうやって戦うんだ?
        ヾハ.___                ', ′    魔術師同士の戦いはともかく、鯖ント同士の戦いはなんというか、
        ∨        /,,,,,.    `  イ /       想像し辛いか、或いは想像しても盛り上がりに欠けるんだが……」
        }      ,イ 〃、込小从小ハy,,/
       /(   ヽ  ハi{   `¨¨ ー-ミ Y
     ,ィ:7  \    '<iト;,,、   ー-ァ  /
    //∧   \     `''<li;rィi;i:i:i;、_ノ
   .////∧     <      ` ー一イ、_
   ./////∧       `''<.     /´ V//ヽ
    .//////∧          `¨ヽ.ノ  レ////
   ////////\        ,.くミ==、 |/////
   //////////\        く    ', レ/////




                      ,  ───  、 _rァ、
                /: : : : : : : : : : : : : て) タ
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
             r.、 /: : : : : : : : : : : : ; : : : : : : : l
               }Ⅳ : \ : : : {!: : : :ハ / : l: : : :l
        |     | !|: :|:_: l\: :ハ: : :l/レV!: !: : : :|
        人    f 二Y/´|ハハj Vレ' ===|/ : : : ハ   「魔術師同士が自分の鯖ントを握り締めて、
      ̄`Y´ ̄  | 孑} 、: | ̄´        |: : :/: : |     其れを武器に相手に殴りかかるに決まってるでしょう?
        |      |  ノ : トヘ   _, ヘ  辷ソ: : :ハ      そう、聖杯戦争の本質。それは―――SSW(死んだ 魚で レスリング)!」
  十       ,ヘ‐7 ∧: : l: ::ゝ、 ヽ _丿<!‐┤: ノ: l
            ,':::::\ {:::ヽ :ヽ|\! >‐t '´ r'、 :|、: : :∧
     _j_    |\::::::`ー‐}: : : , ィ´|  /T ´∧ヽ!' ̄ヽ: l             「新しいな!? いや、ある意味懐かしいが!
     `Y´   |  \__ノヾ´ /  !/!::∧イヽヽ! ./ヽ,k              つーかそれ鯖ント死んでね!? 全滅してね!?」>トニー
            /     イ::::::| ,'    ,!:j::/ |:ヽ∨/ /:::::\
.          |    / }:::::::!イ    /::/:,' λ: :V,ヘ,':::::::::, 、::::!
            |   /i l:::::/::/    j:::j::j ハヘ: :!| 1:::::/   `|
            |   /7!/::ノ:.:,'   ,'::,':::,' |:ヘ V ´ハ::::!    ハ
         `ー─テ!´: : ,'   ,'::,':V  1: :.〉∨: :l:::!      |
            |' |: : : :|   j::,':::,'  レ`ヽ) : :ヘ!__./  }
                  |: ハ:∧   /:/:/       __j: : :/´   /
                  |::|::}'\::ー'::j::::|___/::ノ/      /
                  レ' ∧::::`ーへ.____//`ヽ      /
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ___/


今度こそ終われ

1281 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 07:59:07 ID:rNLy.Djs0 [34/35]
しかし、なんだな。
早苗さんが便利すぎるwwww

1282 名前: ◆o2mcPg4qxU[] 投稿日:2012/08/29(水) 07:59:47 ID:rNLy.Djs0 [35/35]
さて、流石にこの状況、この時間に本編進めるのもアレですな
関連記事
2012-08-29 : やらない夫は貧弱男爵家を立て直すようです : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
オーフェンネタとか懐かしすぎるだろwwwww
2013-08-03 20:55 : URL : 編集
No title
鯖は吹くものです。
2015-08-23 09:23 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示