FC2ブログ
クリックで開閉

【R-18】やる夫たちは魔物娘に敗北するようです【魔物娘図鑑】設定解説


14 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:07:52 ID:dTZb3atM [2/35]
>>1でございます。どなたかいらっしゃいますか?

15 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:10:20 ID:dTZb3atM [3/35]

【シタラバ公国王宮・公王私室】

\    ;;;;||  o;;;;;||   ;;;;;;;||  ψ;;;;;||   ;;;;;;;||
 ll\..,,__||__iii___||___||__ζλ_||___||
 ||ll ||================
li ||li || || il;;||| ll |y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
lli|| il|| ||lljjj|||l;;L|y|| ll ||y| il;;||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || ||llliii|||l;;L|y||llliii||y| ll ||llliii||| ll ||y||llliii||y|
 || || || ll |||llliii|y||lljjj||y| il;;||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
lli|| || ||l;;L|||llliii|y|| ll ||y|lljjj||llliii|||l;;L||y||llliii||y|
 ||lli||====   ________=lヽ/|ヽ/|ヽ/|==
li || ||(○ ||llliii| /      \:::;| | | | | |
li ||lli|| Y:::;||l;;L| |;;;| ̄ ̄l ̄ ̄|;;;| :| | | | | |
li ||lli||_||________,||' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;| :| | | | | |_____
 ||/       '[] '' ̄ ̄ ̄ ̄'''[] i|/ヽ|/ヽ|/


【シタラバ公国公王:ルルーシュ・ランペルージ】


.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.
          ,'.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:!..:.:.:.:.:l
         } .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:. :.//.:./.:.:.:.:./i :.:.:. |:.:.:.:.l:.:.:.l:.|.|
         .':.l.:.:.:.| :.:.l:.:.:.:./:. :. :./:./:.:/ : :.: .:./.:.|:. .:. .|:.:.:.:.l:.:.:|:.l.:!
.        /:./'..:.:.| :.:.|.:.:./l:.: .:/:./:./ .: .:.: :.:./.:.:.:l:.'、: .l.:.:.:.:|.:.:.|:.|:l
       /:./ l.:.:.| :.:.l.:./ l.: .:./:./:./:.: .:.:.: /:.:./l:.l:.:.\.|:.:.:.:l.:.:.l:.|:.l
       }/  l'..:.l :.:.|/ヽ|: ./|:/:./.: .:. :.:/.':./ |:.!ヽ:.:.} .:.:/:.:/|:|'.:{
       /   |ヽヽ :.', ミ|:/‐|{:./l:.:.:.:/ /:.∠-‐´ヽ_',ノ .:/ }.{.',{ ヽ
          l .:.ハ:ヽ:.{f㍉,爻イ、|:/ //,rz=伐升フ .:/ /:.:l ヽ    なんだそれは。
          | ノ ',ヽヽ',¨冖┴-/´',  彡`ゝー┴‐7 ../ /:.:,'
          |/ ヽ:.\ヽ、     }        /:.:./_/ |/
          ノ´  ヽ:.:.ヽ ̄    i}        /:.ノ:.:.l /
              l:.|:.:. ヽ、  -‐- -、..  ,イ、/.:./リ
              リ!|.:.((`丶  ``__イ_/厶.:{
            __ -‐ゝ‐|: ミr >、_才‐‐‐‐イ´: : : \
    _ - ‐‐‐=´ : : : : : : : l艸 | F ̄ ̄ ̄`l | 圸巛: : : `丶_____
,── : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 卅 | | : : : : : : : | |: :丱: : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄`ヽ
|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : : : | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
', : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | | : : : : : : : :| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'
.ヽ: : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : : : : | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
 } : : : : : ',: : : : : : : : : : : : : : : : : : | |: : : : : : : : :| |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : :/
 ヽ: : : : : ヽ: : : ,________,l |: : : : : : : : :| !_______: : : : : : /: : : :./
  |: : : : : : ',: : | r────── ´: : : : : : : : :`──────‐、 l : : : : /: : : :./

16 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:10:47 ID:dTZb3atM [4/35]


【シタラバ公王愛妾:C.C. 種族:魔女】


            /    /   //        / / /ヽ ヽヽ
              //    /   // ./     /  / /  l   l ヽ
          /i|   イ  // イ !   ./  / .//  |  |  l
            l.l | .|  l | .| l| | !.|  / ./ //  / / /   l    なんだ、見たことがなかったのか?
             !.! .! l  |∧.」 |l H | / /」 ,∠! / / / / │  |
           l | ヽ\!' _Nヽ、∨ !/ /-///// ,イ │ │   これはピザという食べ物だ。
            l |  .!ヽ|/´,rこ心、 ∨´   ァ=='-、'//  |   !
.          |! │ .l` .ヽ、_゙ン      ´ {゙ーイ、) >/  │  |   小麦粉を練った生地の上に具を乗せて石窯で焼いたものだ。
            | |.  !  !    ̄´   /      ='" ,/   |    !
         /│ l  .!     〈        /!     | | |   美味いぞ?
         / ∧ ヽ. l\    ,_        /│   .| .! |
.        / /  '   ヽ '、_l>、  と"`ヽ、   /./|  | !  |
       / /   ∧  ヽヽ ̄\   ̄_ヾ<´/ / ./!    |  |  |
        /// / _/\  ヽヽ: ̄::`:< _ ` ミ、// .|    |__|__| __
.      // / ̄   ̄\ ヽヽ_:::::::::::::: `丶、`ミ三二三";元ラ'ニニヽ-<`ヽ
     // /         \ ヽヽ: ̄::`丶、:::::`:77:::入:_`ー∩ヽ'.;:゚:;;}; : :}~:`;
     //./             \ヽヽ::::::::::::::  ̄::77:::7|   T''|| |ヽニ∠_; ベ: ;
      | | l                ヽヽヽー- 、_ :: //イ |   :|./  /|゙T''くニ二 ; :
      | | l                \ヽ\    ̄|::::|. |   {  {||  >→'´

17 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:11:14 ID:dTZb3atM [5/35]


       /:.:.:.l .:.:.:.:.:.:.:.ヽ :.:.: .:l|:.: .:. :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
       /:.:. :l| :.:.:./||ヽ:.:.:.:`、: .|:.: .: .:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|
      l:.:.: /l| :.:.:/ l|  ヾ_\\|:.:. : . .:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:l:.:. :.:.:.:.:.:.:. :. :.:|
      {:. /:.:l :.:/、 リ  ∠\ 丶}:.:. :. .:.:.|'^ヽ、:..:.|.. : .:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.l
      |: l|:.:.| :.l:.:.:', /r彡戈ヽ |:.:. :.:.:.:.:ノ  )}:.:.:|:.: .: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l     いや、それぐらいは知っている。
      |l l|:.:.| :.|:.:.:.}  ,イレ}/ |:.:.:.:.:.:.:/ゝノ丿:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:|                      ・ ・ ・ ・
      |! |!:.:l:.:.||:.:.:.} ノ }/  ,':.:.:.:.// __ノ|:.:.:::.l:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ll:.|     俺が聞きたいのはその赤いものだ。
        |:.:|l:.{ヽ:./   ´   //:.:.//  l  |:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l|:.|
        ヾヽ/      ///    } |:.:.:.l:.{:.:.:.:.:.:./:.:.|:.l|ソ     何かの血や臓物にしてはあざやかに過ぎるからな。
           \      /       |:.:.l|:.:|:.:.:.:./|:.||:.l:.l
            |ヽrー--      _,   |:.l| l|:.|:.:.:./ l:.| |:|i|
            |/|ノ r      /    }ノ__l|_|:.:./‐‐リニソ
            l '  ヘ    <   _-ニニ─‐|/ ̄ ̄: : {
                `´  ,∨ニ‐´: : : : : : :': : : : : : : :l
      _--‐-、_       <∠: _: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /  ___、_ ノ、      ∨((: : : : / : : : : : : : : : : : : : \
   /  / /))─ー'       ∨乢-‐' : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  {  ヘ /  / ̄`l  _-ー一ニ ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
   l   l/  / ヽ | ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \




.        / /   l.l  l.l l      l  l l     、
        / |   |.|   | l |       |  |  |   |∧
      l   !   l| !  .|│ l        ト,  !  |  ./ / |
       l   ヽ   | !ヽ. ヽ 、ヽ、 l   / |. | / ./ /l |
       |     \ {ヽヽ\ ヽ\ヽ|  / -l/l/l//| l    ああ、そうか。
      |    |\ヽ \ ヽ-、ヽ| / , -_仏∠∠| . |   |    そういえばこの国には殆ど入ってきていなかったな。
.      !|l   | /"7¨丁゙}\   レ'  ,イ、_>ー} 〉 / .| ∥
        l | |   | ` ヽ二ン      ヾ='´ノ / / | ∥   トマトという野菜を潰したものだ。
      l.l |   |ヽ   ̄       |       / /  1  |   酸味が程よく効いて、溶けたチーズと絶妙に合う。
      ∥|   ト、丶        '       / /  /|  |
       |│  |  `\     -─    /}′ / ||.   |   慣れるまで時間はかかるだろうが、
       |│  |  , -‐ヽ、       / /   /' ||    !、  普及すればこの国の味覚を変えるぞ。
       |│  |/     | `丶 、 __/"7  /イ  ||    lヽ 
       |│  │       | , ‐ ´    /  //_|.  ||    l  、   ……ところで、お客様だ。
       |│  |ー---‐ "´         /  // | ||   ',   ヽ
       |│  |          - ┬‐/  //´ ̄ \ \、   ヽ  \

18 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:12:03 ID:dTZb3atM [6/35]


                /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`丶、
                /.:::::::::::::::::::/.:::::::::::::. :: ::::::. .ヽ.
             /.::/.:::::::.::::::::/. .:::!:::::::::::. : :. :::.:::::ヘ
               i′:′.: .:.::::::/.::::.:::l、:、:::::::. ::. l::::::::ハ
               |:::::i ::: :: :!:::/.:: .:/.:jヘ、\:: .::::::ト、:::::::ト、      ああ、ようこそお客人。お待ちしておりました。
               |:::::l: :. ::::l:/|::!::/}:/ ,rァ≠fト、::::::|/.::::ト|       ではただいまから、シタラバ公国についての説明をさせていただこう。
               |:::::|::::::::::|kl::|:{ /  ィ代fiツ:::::::::{::::::::ト|       
               l:i{::ト、::ゝ㌘f沁′    ̄ |:::/:/ l::::i:|        先に説明しておくと、ここはメタ空間だ。
               爪:l::::ヽ::::\¨´ }       |/l/  }:::ト!        だから「そちら側」の事情を使ったたとえ話や、
             ノ ヘ.::.::トxヘ、 ` t一ァ  /  .イ|从         身も蓋もない裏事情を語ることになると思うが、ご了解いただきたい。
                メ、 ─‐`┐. _  /,r',仆、l、 ゙ー‐-   .._
                /      `二丁{、「 ̄ヾマヽ f           >‐‐、
                /      .イ」 /} }/〉、  ヽマk」`      /    i
           r'´     ∠  -‐〈/  {/iハ   メ}    i     .′     l
           {   `rイ            } }  | |   i   /        l
           l__,/,小、        | |  | |   ',  /  /      |
         /{ // | ヽ        | |  { >ニニV  /    / j
        /__//   j      r‐─ 二ソ        「」 } .′    / /{
        {-- ´     ト、    { 「」´          | |/     / / }
          ',      |} 丶、   ト、ヽ            \|/   /    .イ
          ',      {ー‐‐一ァj ヽヽ           .′ /  / . {
          ',       l   /,イヘ. ヽヽ         .′   /  .′ !
          '.      l   //  ヽ `、`、     / .  /   .′ |

19 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:12:22 ID:dTZb3atM [7/35]


   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::;:::::::::::::/::::::::::::::::::/!::ト;::::::::';:::::i::::::::::::::::::::ハ
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/::::::://:::::::::::;'::::/ {::{ V::::::::';:::i:::::::::::::::::::::ハ
  /::;:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:::::::/:::/:::::::::::/::::/ マム V:::::::|:::!:::::::::::::::::!:::ハ         シタラバ
 .ノィ::::/::::::::::::::::::i:::::::/:::::::::/;:::::://:::/:::::::::::/}:::/  ヽム V:::::|:::!:::::::::::::::::!::::ハ   まず、この国の地理的条件についてだが、
    /|::::::::i::::::::::|::::/:::::://}// /:::/:::::::::::/ ,':/    ヽム.V:::!:リ::::::::::::::::|:::::トヽ  非常にろくでもない。
      |::::::::!:::::::::{::/:::/__/.〃  .//!:::::::/./:/    ,,.. -‐. ';::|'::::::::::::::::/::::::| ヾ
     |::γ.::::::::::::,ィーtー- ,,`''ー-/.,, !::/ .〃 ,,..-‐''.,,-‐=''ヽヾ!::::::::::::; ィ:ハ:::!   そもそも地力に乏しく冬が長く、
     |:::{ ';::::::::::ヽ. ト -'万i卞.   `}/ヽ /   ,.ィiチ__ノ心} / ,:::::::::::/ /::{ }::!   農耕牧畜林業と、最低限のものしか育たない。
     |:::ハ ':::::::::::{ヽ乂竺!,ソ ゝ    / i   '  乂竺沙. ' ./:::/::::::レ':::/ i::!
     レ' |ヾ::::::::::::', ` ̄ ̄ ´       :|      `  ̄ ̄´ ./:::/::::::/ |::/ i:!    2話で「芋によって餓死者が10分の1に減った」とあるが、
         }!ヽ:::::::::::ム               |            /:;:'::::::::/ レ'
            ∨:::::::::ゝ.             j            〃/:::::::;:'         それだけの餓死者が冬のたびに出ていたということだ。
          }ハ:::::::::::ヾ                / /::::ハ::|          戦争がなくとも、自ら魔界になる選択をしていたかもしれん。
              jヽ::::::ミ:.、                 /::::/ }:|




            _  -─-- 、
.         /        丶、
      /            ヽ
.     / /  ,       ヽ  i ヽ        そこそこ質のいい鉱山はあるが、産出量は知れたものだ。
     l/   /       |   ! │い        海に面した港も小さなもので、とても他国が貿易の拠点にしたがるようなものではない。
     ∥l  l |    /   /   │ | :l i       細かい気候や地形は>>1が設定していなかったから、追求はご容赦願いたいな。
    :!| |. | |  // /l. / / l :! !       
    l |iヽ ト-ト、 !| //|//イ  li  ! !       rmY.)
    l |ヽミy'ォュヽ|l/ ィzォュ|  .!\_ヽ_!     _,/   ノ_ 「湖や川の設定をしておけば水棲系の魔物娘さんが出せたのに!」
     | |   ト ̄  i    | ! 7´:: /`ヽ //|  / |.}ヽ と悔しがっていたが、後悔先に立たず。
     | .j l |l丶、 ー  /|  !/:::::/   | / .lノ │/  |
.    j ! l  | |  、l` - ´/!  !:::::/    :ト′ ト、_ノ/  /ヽ  設定はちゃんとしておくようにとの教訓だな。
.   ノ | ヽi |、\ヽ二∠ -l  l::::/|    ||  /7ノ/   \ト、
    i|:||: | !ヽ  ̄\ /,l  lj:r |    || //∧|__     \
    |l ! |: | ! 〉     /|  !_)} │    フ`ト、 \  丶、    ヽ
  __||__|_ヽl | !    / ! ll:「 |, -‐ :::: /ヽ ヽヽ    >‐、 ヽ
ィ´j. j`ーヽ lr┴-、ヽ、   | ijヾ、/:: , -‐ ´| |   | |      |:: |\ }
|{. !〈/´/ ||_ ∠ヽ ̄ \-l_||_ y:: ,ィ>─-、 l |   | |      j:: l._ -'‐─-
\ヽ )ィ/__/ ィン´, -\   \_ ̄ ̄      ヽ/ .//  _ ニ‐'´
  <互互互∠< へ \ _//>、 __r-ォ   |l=ニ二_, -'´
              ̄Ζ::Ζ______ト、|`ヽ.|   \_     : : : : : : : : :
               ̄  ̄ ヒノ  ̄ ̄ く_ノ==┘-      ̄ ─- ____

20 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:14:34 ID:dTZb3atM [8/35]


       .':.:.:.:.:.:.|: .:.:/:.: .:./:. .:.:./i:.:.: .:. ./:.:.:.:.:.:.ヽ、 ヽ:.:.:.:.:.
        l.:.:.:.:.:.:.l :. .:.l:.:.:.:./ :.:.///l:.:. :. /:.:.:.:./:.:.:.∧ \:.:.
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:  こんな国だから、人間ぐらいしかまともな資源がない。
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:  公国以前から傭兵の産地として有名という裏設定だ。
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l    レスカティエからも近く、かつて教国が健在だったころには、
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ    かの大国が我々最大のスポンサーだった。
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l  見返りとして受け取った魔法の技術を独自に練り上げることで、
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',          特務兵を作る下地の一つとなったわけだが……。
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
          /´l:ハヽヽ、 \    ¨   `才:.ハ          彼らについての解説は新城将軍にでも譲ろう。
          ノ _}:.:|\\ \   , ' ´/:.:./ /,ヽ
           }二二匁≡⊃><ヲ‐≠ォ{! ./´  \
          /:∧: : / /: :  ̄7 / ̄ ̄l ヽ     _〉___
           /: ∨: :/ /: : : : :/ /-、〈〉/     __|____
_____ / 《〈〉》 l { : : : : { {^}} }{}ヽ_   |_____
: : : : : : : : : : : : :.≧≦ / /: : : : : | |: :巛r: : : 卜-'|: : : : : : : : : :

21 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:14:59 ID:dTZb3atM [9/35]


    |.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
    |.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/ {.:.:.:.:/.:.:.:.:/ ヽ\.:.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.: !   政治形態は基本的に王政だが、
    {.:.:.:.:|.:.:.:.:.:/从.:/ .{八:{.:.:.:.:.斗‐廾弋ト、.:.:.:.:|.:.:.:.:.:..:',   「評議会」という一種の議会があり、
.    !:.:.:.:|:.:.:.:.:i _仆_! }:/l:l:.:/   __x、冫:ィ⌒i.:}八{  平時に限っては王の決定に異議を申し立てることさえできる。
.    |:.:.:.:|:.:.:.:.:{. .ノ´   |:jノル'  ィ 芯戊ヌ〃.:.:i }ノ :|  `
      }八:.:.:.:.ハ〃戊ヌ弐.!′     ´ ̄  /イ //:.:.:.:|    初代公王が異様なまでに開明的な人物で、
    /  }八{:.:∧ ` ̄   |         ル':.:.:.:.:.:.:|    「いかに名君といえど道を誤ることがあるのだから、
      ′ ヽ:.:.:.:.      :!        /从.:.:∧ .:!     常に王を諫めるものたちを置いておくべきだ」
.          \.:.:\    ー ‐一   .イ/ |.::.:.:jハ !    と言って評議会を設立した。
           }.:.:/ヾ>   ー   /  |:.:.:i:}  ヽ
           | / .jハハ≧ 、   イ     |.:.メ′     まあ、かなり形骸化しているのが実情だが。
.            ノ'     ,r‐‐≠こ≠==='∧
                || ̄|| ̄ ̄ ̄| |::/ヽ:::∧
                ||゚::::||::::::::::::::::| |::ヽ !::::::::≧ 、
                /′::||::::::::::::::::| |::::::`::≪》::::::::\





        ,.  '"                `丶、
        /           `ヽ         \
.     /             |              ヽ
.    /       /     }  ' |   |         '.
    ′ /   /  /   '   } |   |             '.
   i   /   /  /   .イ   ノ '  |               大きな影響力を持つ組織としては第一に軍だな。
   |i ; / ,' ,‐/-/_/_ /i/    |                なにしろ軍事力のみで国を保とうとするわけだから。
   l| { i{ i|厶Tニヽ厶イ  ノ    |                兵権は王にあるが、
.   八 ⅥV八 ィ仡:テア |       |               混乱時には独自で兵を動かすことが半ば黙認されている。
     ヽ{ヽУー'゙ jシ'′ |      |               評議会や貴族たちの他には商工ギルド、
        . '   ′  |      |               魔術師や錬金術師の組合などがあるが、これまた>>1が細かく設定していない。
     く     ''   |      |               最初は政治的なところに首を突っ込むつもりだったようだが、
        、 。        |      ト、              生兵法でしかない上に登場人物が増えすぎるので止めたとのことだ。
       ヽ       |      | i\
         ∧        |      | |: . \
.       / 个ー―‐‐ 、|      | |: :   \
      /( `¨¨  ー-=ミ|       l 从 : . ⊇)\
.     /  >x、      |        | ̄ ̄ ̄   }\
    _/_/_,/_乂う≧=|        |-‐=ニ二三/:.\\
  /        [o`ヽ |        l       ∧: : : \\

22 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:15:19 ID:dTZb3atM [10/35]


       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : : : |: : :ヘ
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : : : : |: :|: :|
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : : :.|: :|: :|    税はそこそこ重いが、
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: : :.|: :|: :|    それが軍の維持に繋がっているので
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :.|: :|: :ヽ、  不満が他国に比べて大きいということはない……はずだ。
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:. !:. !` ー`‐
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:.:.|     とはいえ、住民の魔物化と国土の魔界化によって
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /: :.:.     今まで述べた事情がまるきり変わることになるだろうが。|
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.: :|:ヘ
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.: |: :.ヽ、   大雑把で申し訳ないが、解説としてはこんなところだ。
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !: :.!` ー `-
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !      またいずれ、どこかでお会いできればと思っている。
        |               /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |
        |         /: : : : : : | |: : : : |
       /        /: : : : : : : : .| |: : : : |
--─==ニニ/      /| |: : : : : : : : : | |: : : : |`ニニ=- 、__
: : : : : : : : .|        /: : ! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : .|        |: : :! !: : : : : : : : : ! !: : : : : : : : : : : : : : : :



                   - ――‐――――-
               /                 `丶、
               / /  /       '" ̄ `ー‥‐- 、 \
             / /  / :/    /             \
              /:/   :/   /    /      -―‐           丶
               |│  /   /   /     /                ヽ
              ! |  |  /   /    :/  -―…―          ',
           ヽl  │./!  /    / /        /       l   ご健勝でありますように。
            lハ /レ-jヽ/  / /        /  /      |
           │Ⅳ沂心/j  / /    _  -‐ '´ / /   /   │
            l リ 弋外.八/∠斗<二ニ -≠´ ̄  /" /      |
            |lV  ¨/     _ ‐-\<.______ イ/  /      .|
            │l   r'      ー气f心、 ヾ  /    /  /   :|     |
            l八          ヽ込孑㌻  /   /  /    |     |
            | l∧ ヽ       `¨´   /   /  /    l     :|
            │|小   `ー            /  /  ./     l     |
            |│ ∧            _./ /   /     l   / |
            lン==^ー― x― ‐   //   //       l   ,' :|
            /(_______j___/   / /        l  /   |
             `ト、________/   /  /       :l  /   :|
            |∧   {  |`ヽ /   /    /        :l /   │
            | ヽ___{_|o/   /   //          l /     |

23 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:16:00 ID:dTZb3atM [11/35]
まずは第一回、「シタラバ公国について」でした。
次は特務兵と特務兵団について。続きは少々お待ちください。

27 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:59:36 ID:dTZb3atM [12/35]
>>1でございます。
設定解説「特務兵と特務兵団について」、投下させていただきます。

28 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 19:59:58 ID:dTZb3atM [13/35]

【シタラバ公国王都・特務兵団本拠】

||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
||==========|| ||==========|| ||============||
||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
||==========|| ||==========|| ||============||
i⌒⌒⌒⌒⌒i|| ||[[[[[[[[[[[[[[[ || ||[[[[[[[[[[[[[[[[[[.||
i'--、_______, -'、  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
i丶_丶  丶\\          ____     \
」\| |-----ヽ| |          |\       \,.-、  \
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\         |  \      \}    \
 | | .\__________\       |   \      \    \
     | |-----------| |        \    | ̄ ̄ ̄ ̄|      \
       .i~⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒i  \  |        |       \
   .(ヽ~ヽ:i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l    \|____|        \
    ヽ.\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!ヽ  .                     \
     \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)                    \



【シタラバ公国軍・特務兵団長/新城直衛将軍】

           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ   特務兵と特務兵団について、か。
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!   僕だってあまり大したことは知らないよ、客人殿。
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/    表向きは勇者もどきの軍団を作るため、
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′     裏に回れば神もどきの兵器を作る為の人体改造だ。
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ     
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、   神々の一柱である理法神から受け取った技術を原型にしている。
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -‐''"

29 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:01:05 ID:dTZb3atM [14/35]

【シタラバ公国軍特務兵団魔術/錬金術顧問:木山春生 種族:レッサーサキュバス】


     /: : / : : : : :l: ト、: : |: : i : / : :l : ハ : | : ]ト、 :| : : | : : : : |
     |: :/: i : : : : | | ヽ:.l : :l :/ : : |:/ |: l : 小: :.l : : | : : : : |   改造の手法は投薬だったり魔術儀式だったり、
     |:/l : | : : : : | |   |:.l : l/ : : 从_L:L/::lリi:.:| : : | : : l : |   部分的な外科手術を行う場合もある。
     |:l | : l : : : : | |,--l;ハノ: l ://  _j=|:/ _ハ| ;|: : :.| : : l :∧   かなり、個体差が大きい部分だ。
     |イ| : :l : : : : :l ィテ示下`∨/  イ、辷彡 ヽ; : : //ヽ :∨: : ` 、
     ' ∧ ∧: :、: :ヘ ゞ≠'"        ̄ ´ / /: //-/\:\: : \   この際、特務兵は二種類に分かれる。
      /∧/l人: \:ゝ     i           /イ:/r-'l: : l : : l>一: : :ヽ  特性を持つものと、持たないものだ。
      _//リ: ヽ : 圦       `         |//: : | : } : : | : : : : : : : }
        /: :八\ ∧             イ: | : : |:/ : : :| : :l : : : : /  似たような特性を発現させることには、すでに成功している。
         /: : : : :∨: l :` 、    rニ丶   / l: :.| : : l/ : : : l : :l : : : /   白鐘直斗と鳴上悠が同じ特性を持っている理由がそれだ。
         ∨: /: : :∨从: : \      , イ   |_:_ :./: : : : :l、: :l : : 〈
        ∨/: : :/: : : : : : :iキ≧ュ, -     //: : : : : : /: 〉: : :l :ヽ   特性を持たないものの代表格が、島津豊久だ。
        //: : :/: : : : : : : | . . . ハ     / /: : / : : : : / :∧: : :l : : :\  いわゆるパラメータの上昇だけで戦っていることになる。
      /:./ : : /: : : : : : : :リ   /l      , /: : / : : :∧!- 、: :\:j : : : : :\
    /: :./ : : /: : : : /: : :/ /  |      〈/: :/l : : :/ j|    ̄ ̄ ̄ヽ: : : :ヽ
.  /: : : /: : ; /: : : :/ : : :/∠ ― 、   ,  ̄|: : :| |: : :|  リ           \: : : 〉
  {: : : : /'´ /:/ : :/: : : /       ̄   人: :.l∧ : l             ∨/!
.  }: : :./  /: i : : l l : :l'            ヽ从ヽ; :ヽ      ,      |: :|
    \|   |: ∧: :.l l : :|               \  >二`    /. . . . .    |: ノ
     |  ∧j \l八: !、           /   ,-、j-ォヽ  \   /. . . /     | '

30 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:01:40 ID:dTZb3atM [15/35]



【シタラバ公国軍特務兵団“聖歌隊”所属・新城直衛副官:如月千早 種族:ネコマタ】

                          ___     ___
                      //: ̄ ̄:`:´-― 、\
                      //: : : : : : : : : : :   . \ヽ
                     //: : : : : : . , : : : : . : : : : :.\、
                  /: : : : : : : : : :/: /.::.::.ヽ: : : : : : :. \
               /.: : : : :/; : : :./! /^V^、: \: : : .',: :..丶   私の特性は聴力と声の強化です。
                /:: ./: //: :.//: /     \::\: : l: : : }   周りの音を聞き取ることで報告を受け、
.               |: : l:: //:/__//     __\ : : l : : |   声を調整して届けることで命令を伝達するわけですね。
                  |: : ..l //´ ̄`     ´ __ `\: :}: :./
               ヽ.: ハ:| Y´「[」ヽ      /|└|`Y l:ハ.イ    本編中、乱戦のさなかでも状況を正確に伝えられたのは
                  |〈  、 ┴┘       └┴'   l ノ|    この能力のおかげです。
                  |::.\ハ       ,       ル':.|
                  |::.::.:: .:、     ___,     /: :l: :..|    逆に侵攻部隊にセイレーンやマーメイドがいれば、
                  |: ::.::.: . \          /.: : :l : :|    あっという間に魔物化していたかもしれません。
                  |: : ::.::.::.::::.::>.、       イ.: : :   l: : |
                  |: : : ::.::.:/| ̄:`: ー .´ ̄|7ヘ: : : :l: : |    それはそれで、幸せだったでしょうけれど。
                : : : : :|: :i: :.i:/ _,ト 、: : : /二`ヽ/^ハ: :.:l:.: .|
            : : : : :, ┴┴┤ / |: : :>' ̄.   \l__〉.:|: : |
         : : : : :/      |/   |: ::|_ト、      \  ̄`ヽ
          : : : :/            |::.:..:.`-\        i__   \
        . : : : : :l             |: : : :.:.::.:..:>、__, -┴|    l
        . : : : : : |     i        \: : : / |     |    |

31 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:02:14 ID:dTZb3atM [16/35]



     /::::::::/ /   /   ‐ ‐ ‐----゛,,‐-、ヽl::::::::`丶、:::::::::::::::::l
     |:::::::/ /   /;:;:;:;:;:/゛゛ ノ  ,---‐-、  \\_:::::::::`丶、/
     \:::|. /  /;:;:;:;:;:;:;:/   ヽ 〈   0  ハ  ̄\ \::::::::::::::\     だが僕は猫の千早が一番好きだ。
       /ー <;:;:;:;:;:;:;:;/    `  \___ノ ノ    |>‐‐、ヽ:::::::::::\
       /  ヘ ヽ'''三彡         _ ´  ̄   <  0 i |───'   さて次だ。われわれ特務兵団について。
      l l 丶ノヽ_ノ彡     、 -              \¨´、.|        本編中に出てきた特殊部隊としての使い方よりも、
      | l乂  /       | ヽ、            リ;:;:;:;:!、      実は特務兵の改造・教育機関としての役割のほうが大きい。
      | ヽ ヽ |       |`、 \        イ_/、  | 〉
,,,,,,,,,,i!i!i!i!i!i!i!i!i》㍉lMMヽ     |:::::{_  `iヽ、     ` ー''   //       大概の公国キャラがもと特務兵団所属なのも、
゙゙!i!i!i!i!i!i!_;;;、;;゙゙!ヽ゛゙WWヘ.    |、´`!;;;__,、___` ー  _     /´        話の都合ばかりではないということだ。
;`ヽ`;;;;;;;;;;;;;\ノ;;;;;;\ ;;; `ヘ    | `Y、   :::`ー'、i_`ア   /、
''''''゛゛゛ヽ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;ヘ  \ ノ\  ̄ |::::::/.  /!i!i!ヽ        
_   ;;ヽll ;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;ヽ::::::::ヘ    \  `ー‐': /   /i!i!i!i!i!i!\      
\  ̄\:::::::゙lllll、 :::ヽ:::ヽ:::::ヽ::::::::ノ、   ` ー―‐' ヽフTTTTi!i!i!i!i!''''''\
:::::ヽ::::::::::`::::::゙゙lllll、:::::ヽ:::ヽ:::::ヽ:::::::::ヽ____   ソl l l l i!i!i!/ヽ:::::::::::\
:::::::::ヽ:::::::::::::::::::゙llllll、:::::ヽ:::ヽ:::::ヽ::::::::ヽl l l l l l l,  |/.! ! ! ! i!i!´|、__|::::::::::::::ヽ
::::::::::::ヽ::::::::::::::::::lllllll、::::::l:::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ..l l l l l/|./_//// |゙゙ヽ-'、:::::::::::::::::|
:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::゙lllllll、:::::!:::::::::ヽ:::::::::::::::::゙《《}ヽトアメ / /|、:::::ヽ.`ヽ:::::::::::|

33 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:02:48 ID:dTZb3atM [17/35]


        ,. <: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`> ._
      /: : : : : : : : : _: : : : : : : : : : : : :`ヽ
    /:/: : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : :ヘ     
   / : / : : : ハハ: : : : : : ::∧: : : : : : : : : : : : :ヘ
.  /: : ,': : : :/  V: : : : : : :∧: : : : : : : : : : : : :ハ   私たち特務兵団は「一種のひとでなしである」という仲間意識から、
  /: :|: {: : : /   l: : |: : : : : :∧: : : ヽ: : : : : : : : ',   非常に強い仲間意識を持っています。主役十人は少々いきすぎですが。
  !: /|: :',: :/── l: :ハ: : : : : : ∧: : : :l : : : : : : : : ,
  l/ ! : ヽ| ─  |/ V: : : : : : ハ : : :! : : : : : |: : :}  ですがそれは特務兵団による軍閥化……、
    ヽ|ヽl  ̄l ̄`l  V: :ト、: : : :}: :: l : : : : : | : : !  ひいては新城将軍による軍閥化を招くとされ、
     ノ   廴 ノ   l :/ V: /⌒く: : : : : : !: : :!  正式な一部隊としての特務兵団の運用には、公王と評議会の許可が必要になります。
     |      "   l/  .∨二) }: : l: : ::l: : ,'
.     ',             ⌒ /: : :|: : ::l: :,'   彼らの危惧はまっとうなものであったのでしょうが、
       ', -         ,r┬ :':|: : : : !: : ::!: l   あっという間の敗北を招く一因となったのは否定できません。
      ヽ   __     弋: ::|: : : ::l: : ::l: :!
         ̄ l: : __r=j____ノ-ュ_:| : :|: : ::!: l   それから、私が所属している「聖歌隊」は後方支援部隊です。
          |ノ V: : : : : : : :>'´ }l: : | : : l: :|   細かいことはやはり>>1が設定していませんので、明かせません。
       ,ィ´/  .〉: : : : : /    /\ ! : : !: :!
        /l  |/ /: : : : : ∧  /   >、:l : |
.       / .|    {: : : : : / l_/  /⌒ヽ ヽ:|
     ノ  V   ヽ:___ノ     /      }:!
    /  /    o〉      /       l:|
.   / , -'ヘ     /      /       /: |
   {     \o./     /       /l: ::|





  |: :/| : : |: : : :ハ ll: : :/ |: :|: :/__| | |: : |: : : : : :||: :|: :ヽ
  | / | | |: : : :| |:|ヽノ  | /|/   ヽハ/|: /|: : : : | |ヽ |: : :ヽ
  | | |: : | |: : ハ|ー-ヽ、 ハl/リ ,イ弋夕フゞ// : : : : | | ヽ: : |: : \    どうせ遅いか早いかの違いだけで、
  | | |: : |: : : :| ,-i--iゝリ    ̄三三´ リ/: :/ : : / |: : ヽ: :|: : : :ヽ   いずれ我々は負けていただろうがな。
  レ /|: : | : : |弋彡イ .i          /: /|: : / リヽ_: :ヽ |: : : : : :ヽ
  ∠ハ :|: : : |. ~~~. /         /:/ .|: :/,、 ) ノヽ、l |: : : : : : : : ヽ、
    /ヽ |: : : :ミ   ヽ         レ / / --イ/: : : : : :!: : : : : : : : : : )
   レイヽ!: : :ヽ               レ ,--イ|: : : : : : ヽ: : : : : : : : /
       | : : ヽ     ____        / .| : : \::: : : : : :ヽ: : : : : :/、
       |: : : : \   ´ __       ,   ヽ: : : :ヽ: : : : : : ヽ、: : /: :ヽ
       |: : : : : : \        , イ  /  .,ヘ、: : |: : : : : : : : |: ::|: : : : ヽ、
       〉: : : : : : : _>ー-、ー、イ    |/   ー-|: : : : : : : /: ::|: : : : : : : ヽ
      /: : ,へ´ `ヽ、_  \ \  /     //: : : : : / `' - 、: : : : : :
 .  , -イ / , \-,,,  ヽ-、 \─- 、   / ̄: : : : : /     ` - 、: :
  /´: : /  、|、 ヽ \ ヽ 丶、__ヽ  `' 、/ : : : : : : / /   , --- ヽ: :
  |: :/    | `|  .i  ヽ ヽ       ヽ:: : : : : : :|  /   /     ヽ
   Y      ヽ ヽ iヽ、___ヽ-`     ,--、_ヽ_: : :|、 | /    /        i
  _| \_____/ ヽ ヽ_|、__|-!`ー´`i /´~    ̄ヽ: :|\|/   /         |
  /\      /ヽイ       /        ヽリ  |   /          |

34 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:05:11 ID:dTZb3atM [18/35]


   _,,,, -‐''''.´ ̄    ̄'''ー=x
 /''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'=、
/::::::::::::::::::::._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_::::::::::::::::::::|
::::::,, -''゙ ̄_ ,,. __ _x_ __ `'''::、::::::::i    語ることがなくなってしまったな。僕らからは以上だ。
゙Y゙ ィ '´_,,,;;::==--竺:-=::ミ、-.`ュノ    追加の質問はいつでも受け付けている。
=:}''ッ〔c_゙:::::::::::  ..:::::::::::::::::::..`‐ミ{
:Tヽ;:;;/`'ァ‐。x;;;,___,,,;;;;ィTi、__   次は火矢についてか、
.{.iヽY  (_ _ノ〉   K(´゚ )`l:/ }::::、゙ヽ、 それとも我々を滅ぼしたリリカルフォースについてになるだろう。
::ヾ,`|        | ゙ー  ,lイ /;;:;:ヾ、::.\
,w'゙Yl       rV'〉   .,!ソ'' "ミ::jノ:::::::::::`ー
, .}ミi、     ` '    /ミリ ミ ミ::::::::::::/i::::..
ミ,, ヾiミヽ, -=ニニニ= ,,ムジ ,,ミ'゙::;ィ゙:://:::::::.
:::ミi, l:;:;ゞiミx、_   _,,,イミジ 彡゙://::/./::::::::::::
:::::::ミ、ヾ、:;゙ヾi}エケZ゙エヅ:/ ミ:;ィ゙ ,,イ::j'./:::::::;;;;_::

35 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:05:52 ID:dTZb3atM [19/35]
というわけで出来た端から投下しております。
他に質問があればどうぞ。答えられる限りは答えていきたいと思っております。


37 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 20:09:52 ID:oczt4ojE [2/2]
……っと、連投になってしまいますが
首置いてけとキル夫は似たようなコンセプトで改造されたのかしらん

38 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 20:17:07 ID:urnx/292 [2/4]
むしろ、コンセプト的にはレベル上限無しのない夫の方が近いんじゃね?


39 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:18:18 ID:dTZb3atM [20/35]
       /: : : : : : : : : : : : : \
      /: : :/: : : : : : : \: : : : ヽ
     ./: : : :/: : : : : : : : : : : ヽ: : : 、ヽ
    /: :i: : : : : :|: :|: :|: : |: : : : ヽ: : |: i
    / : |: : : : : :ハ: l : l: : ハ : : : : : : :|: : !
   ./: :i |: : : :ハ/ ! ハ : : l \|リ| : : :|: : \    >>37
   i: : i |: : : :| リ二 レヽ、/ 二二|: : : :| : : : 〉   正解だ。双方とも「生物としての人間の戦闘機能」を強化するというコンセプトで、
   ヽ/ | ヽ: :|ヾ弋イ, リ 、弋乂フ : : : |: : : :i    精神を改造……最適化を施したキル夫の人格に問題が生じたと判断したため、
  .∠、:| | :ヽヽ ~~   {|   ~~レ ハ |リ : : /    純粋に肉体機能の上昇に留めたのが豊久だ。
    ヽ : : : : ミ    `     リ: :リ: : : : !                       ・
     |: : : : : ヽ、  -―  ./: : : | : : |: :`ヽ、  あの「首置いてけ」は彼の素だな。
     / : : : : : : : ヽ、   ,イ: : : : ノ: : : ヽ: : : `ヽ、
   /: : : : : : : : : : : i` ' ´ __|ヽ、/: : : : : :ヽ: : : : : `i
  /: : : : : : : : : : : : /|ヽvイ´  .|/ : : /| / : : 〉: : : :/  >>38
 ./: : : : : : : : : : : /||/|⌒|\/| : : | リ ̄`'ー、: :|   やらない夫の加護「限界突破」はいまだに研究中で、
 .i: : : : :/: : : :|イ/ | ├┤ / 从从.   /´ .ヽ: :ヽ せいぜいレベル上限を引き上げるぐらいのことしかできていないのが現状、という設定だ。
  `ヽ、 | : : / /  |.  |. |./  |   |  /    i: : : :|
  /: : lヽ: :| /  |.  |  | / |    |  |    ヽノ从
 / ハ: : | 从|___√|.  |  |/ .├──ゝ |     i
 ヽ| ヾ-|  ___/ /  .|  /   |  `''ーi |      ヽ
    /  .|   /  |.  |.   |    /ヽ|      ヽ
    〈   |  |   |  |ヽ  |    / /ヽ      ヽ


40 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 20:33:19 ID:urnx/292 [3/4]
そういえば、特務部隊は教練部隊みたいなものだっていう話だけど、
ひょっとしてやる夫達はまだ正規に配属されてないの?


41 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:36:24 ID:dTZb3atM [21/35]
>>40
「任務終了後に特務兵団に戻って再訓練」という建前です。
一般の軍が常に特務兵を受け入れてくれる、とは限らんのです。


42 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 20:42:21 ID:urnx/292 [4/4]
なるほど…
じゃあ、首置いてけや番長達がレアケースなのかな


43 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 20:48:36 ID:dTZb3atM [22/35]
>>1でございます。もう少ししたら火矢についての解説いきます。

>>42
そうなります。
王都の最終防衛戦と情報機関ですから、まず能力が高いことが要求されます。
豊久の場合、特殊能力が「無い」ことがメリットになってる側面もありますね。

44 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:00:52 ID:dTZb3atM [23/35]
立て続けにいきます。
今回のお題は「火矢」について。
矛盾、粗その他山ほどありますが、何とぞご容赦を。

45 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:01:48 ID:dTZb3atM [24/35]


【特務兵団宿舎・ほむらの個室】


               |     iニニニニニiニニニニニニi
               |     |;:;:,i;::,;!;:.:i;::;:|:;;.:i:;:;:|;;:::!::; i!     |
               |     |,;; |,;; |,;; |,;; |,;; |,;; |,;; |,;; ||     |
               |     |;;: |;;: |;;: |;;: |;;: |;;: |;;: |;;: |!     ¦
               |     |;:._|;:._|;:._|;:._|;:,_|;:._|;:._|;:._,!
               |     _/__                  |i\
         __    | ⊂⊃ ({::串:::})   ________||  \
        〈_〉   ..|_.|:: ..| |i ̄| ̄|_|||,!  /         \   \  |!
      ___ 」L ___,/ `ー'..||___|_:,|_|||,! /.         \   \||
     /__,,ィ'|‐┘/|       ̄ ̄ ̄ ̄ .iー - ― -‐ - - ‐-)――||、
     |__,レ゙ //|            ゙~'ー-~'゙ー~''~ー' ――‐' \
   /____/,r_,.「i          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   |___||/(_ノ      /´"ヽ/          ':,
   ||  ,r'  ||  ⊥      (...,_,;; i'― ―――――‐i
   ||/  ..||                  |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~||





【シタラバ公国特務兵団所属:暁美ほむら 特性:時騙し 種族:魔女】

    /:::::l::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i:::::::ヽ
    /:::::::::|////////////////,l::::::::::ヽ
   /:::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::i::::::::|::::::::::::|
   l::::::::::::i::::::::::::,:':::::/:::::|::::ト::::|::::::::|:::::::::::|
   |:::::::::::l:::::/::/l:::::/|::::l |:::| l:::|、::::::|:::::::l::|   メタ空間にようこそ。
   |::l::::::::|::A-ムi/ |::/ l l:|__l::|-、:::|::::::::l:|   今回の解説はシタラバが誇りそこねた魔法の武器、「火矢」についてね。
   l::|:::::::|'__'___-_  レ  リ___'___ヽ:l::::::::l:}
    |:::::::| 'l//ゝヽ     イ//ゝヽ.l::::::::l:l
    |:::::::| ゝ-'        ゝ-'   |::::::::l
    |::::::::l       '       |::::::::|
    |:::::l::ゝ、     --    , .イ::::::::::|
    |:::::l:::l::::::::`:i 、 __  ...r:::'::::::::l:::::::::::|
   /::::::::::l:::::::::::ト=-,.-.-、-'ヽ:::l:l:::/:::::::::::!
  /::::::ヾ:::i::;;;イ;;;;;;| |;;;;| |;;;;;;ヽ!:!/::::::::::::::|
  /::/ ヾ:ヽ::}ー―--_r-r_-----,゙ ̄フヽ::ヽ
../:::/   \_ヽ_,,,.イ,Arヽ.、_/ イ´   ヽ:ヽ
/::/     ヽヽ;;;;;/ /;;;;l ll l:::::::::| |     ヾ:、

46 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:02:07 ID:dTZb3atM [25/35]


   _r ,________________
  /                        __  ヽ´ ヽ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!,''!,'!,'!,'!,'!/二゚) ヽノ
  ヽ、 ̄ ̄ ̄ヽ───────tttttttttt=──‐ l
    ̄ ̄ ̄`ー- ──、─ 、└─` ─‐- 、   _ノ
          //    ,ノ r´ ヽ /´: : : : : : :ヽ-,´
           `、ヽ   -‐´   ) ハ`ー----‐ ´ (
            `====== o|ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                    ヾ ',::::::::::::::::::::::::ヘ
                    ハ ',::::::::::::::::::::::::ハ
                     ハ ',::::::( ☆ )::::ハ
                     | ,::::::::::::::::::::::::::l
                     | ',:::::::::::::::::::::::::|
                    ノヽ、 ー=== ノ


    |::::::::::::::::::::::| ////さヽ  V  レ !_ V`゙i::|-ヽ::::::::::::::::::::                        
    l::::::::::::::::::::::|弋==' ソ        ,rr`-.、V   l:::::::::::::::::::    まず誤解を解いておくと、
    .l:::::::::::::::::::::|  ̄`¨゙          ////,C!ヽ .l:::::::::::::::::::                     ・ ・ ・ ・
    l::::::::::::::::::::|             .! oゞ´/  ,}:::::::::::::::::::     火矢はいわゆる「火器」ではないわ。
    l::::::::::::::::::::|        '      `゙゙ '   / |:::::::::::::::::: 
    l:::::::::::::::::::::!、     _           ム |:::::::::::::::::/    何度か本編中でも解説してるけれど、
    /:::::::::::::::::::::::::\     `         /‐ '::::::::::::::::/     あくまで大量生産が可能な魔法の杖。
   /::::::::::::::::::::::::::,...| `ヽ、    _ __  , イ:::::::::::::::::::::::::/      銃の形をしているのは主にAAとキャラネタの都合だけど、
   /:::::::::::::::::::::::::::|゙゙ヾ== 、_ ̄二___|,.>::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      「携帯に便利で、かつ銃口を相手に向けやすい」という
  /:::::::::::::::::::::::::::::|     l.l.l ̄ ̄ ´ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/       目的の為にそうなったと思って。
 _/:::::::::::::::::::::::::::::::|     |.|.|    ,ノヽ、::::::::::::::::::::::::::/

47 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:02:23 ID:dTZb3atM [26/35]

【シタラバ公国軍特務兵団所属:キル夫 特性:狩猟本能】

     ____
   /     \
  /         \    で、どういう代物だったっけ。
/     (●) (●)\
|    (トェェェェェェェェイ) |
.〉     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



              . . : :´: : : : : : : : : : : : : : :.、
            /: : : : : :-=≦二二二≧=-:.丶
          .': : : : : : :|/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.
        /: : : : : : : :|: : : : /: : : /: :/: : : : : : : :.
         : : : : : : |: : |: :./:/ : : :/ j,ヘ : : : : :!: : :.:   「使用者が注ぎ込む魔力によって弾丸を発射する」。
        {:: : : : : :.l: 斗:/j/‐ ト/ _ 斗 ─ メ、: ::;   これだけよ。火薬のかわりに魔力を使ってるから、
        ∨: : y= |: : レ   j/    ノイノイ.: : :/   銃器であることには違いがないかもしれないわね。
       ∨ :{ `|: :Vf笊芯     笊ミ ムイ :|
          ∨ゝ 」: : |乂けノ    弋  /Y: ::|    とはいえ、現状ではあまり意味のない装備とも言えるわ。
         l: : : :| : :|     . _ .   ;  Ⅳリ    魔力効率は良くないし、威力だってそこまで高いわけでもない。
         |: : : :l : :|>-    _  -<|  |Ⅳ     弾が切れたらそれっきりだから、十分な魔力があるなら魔法を習わせたほうがいい。
         |: : : :l : :|>z__」>k: : {  j/     
        /⌒ヽへ:|   > ry<  ̄\      「魔力はあるけど何らかの理由で魔法が使えない場合」の代用武器、ってところね。
          /    `ヽ}_ .イ: : : Ⅴ: : :.`ヽ  丶     だから魔物に流れるとまずい代物の筆頭よ。
       /      ハ : : : : : 人: : : : : }、 /     人間だった頃の私は、時騙しを覚えていたせいでほとんど魔法が使えなかったの。
      ノ        レイ: : ノ⌒Y: /⌒} >     
     \          ;  j:/    j:/  ; l::.     むしろ魔物が手に入れるとまずい武器の筆頭ね。今の私の立場で言うのも何だけど。
        /\     /          i !: :.
.      /: : :.ハ   ⌒Y               | |: : :.
      /: : : : : |     |             | |: : : :.、
.     /. : : : : : |     |             | |: : : : : .、

48 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:04:14 ID:dTZb3atM [27/35]

       ____
     /     \
   /         \    あのクノイチ……ティアナの使ってたアレとはまた違うのか?
  /     (●) (●)\
  |    (トェェェェェェェェイ) |
  \   \ェェェェェ/ /



        |::::|::::::::|::|:::::/|::::ハ:l::::::|::::|ヽ::::l:::::::l::::::::l:::::|
        .|::::l::::i::::|::|:::/ |:::,' |゛:::::ト:::| l ::::| ::::::|:::::::|:::::|
        l:::::|::::|::::|イ--|ト|、_ .| 、:::|、::|---|-l:l::|:::::::|:::::|
        |::::|:::::|:::| .V____|    ヽ| l:| ___'____|ハ:::|::::l:::|   あれは本当に「ああいう形をした魔法の杖」よ。
         l::|::::::l:::| ´r'//T      ´ r'//T  |:l::::|:/   それこそ「用途が似ていたから似た形になった」いい例ね。
        V:::::::l:::| ゝ--'       ゝ--'  |::l::::レ
         ,}:l:::::l::| ヽヽヽ   '    ヽヽヽ |::l::::|    「火矢」について>>1が設定したのはこんなところよ。
         !:::l:::::::|、       __      ,ノl:::l:::::| 
        ,!:::::l::::::|::` 、         ,....:'´::l::::|:::::::|   またどこかでお会いできるといいわね。キル夫と一緒に。
        !::::::::l:::::|:::::::::::::`゛i_‐ - ‐ 'i:´::::::::::::l:::::|::::::::|
        .!:::::::::::l:::|::::::::::::} ̄`.ili´ ̄ ̄{:::::::::::l::::/::::::::::|
        !:::::::, -ヾ::::r---―-、tt,.---<二r,/:/::____::::::|
       !::/  ヽヾ、    ,.|__i´´    / }/   ヾ:|
       ,!/  l   |、ヾ,   ,イ Tl、    / /   ./ ヽ
     /   | |  |_,. , X'/ / || | ゝ、   /   |/   l|
    ,<     Y   L____/ /____.||__| |__,>'   |     ヽ
    ヽ ` ー-,.|     / /     | |      |   _____>
     ,∧    |    / /     .| |      ト- '´   /,
    /:::::::{  二=,|   ー'       ー'     ,'     /:::::|
   /:::::::::/    |                 ,.'     {:::::::|


         ____
        /      \             またなー。
      /         \
    /   (●) (●)  \l⌒l
    |   (トェェェェェェェェイ)   | .|
    \  \ェェェェェ/   //

49 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:11:40 ID:dTZb3atM [28/35]
次は王宮武装書記官(ロイヤルスカウト)とシュマ/カルナンについてまとめて投下します。
今日になるか明日になるかもっと長くなるか、この時点だとわかりません。


50 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/23(日) 21:12:27 ID:nmYtzqgQ
>またお会いできるといいわね、キル夫といっしょに

いかにも魔物娘的な言動のほむらが微笑ましいでござる
しかし火矢は連射は利かんのかしらん


51 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:20:08 ID:dTZb3atM [29/35]
>>51
効くものもありますが、信頼性は低めです。

52 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:49:26 ID:dTZb3atM [30/35]
        ロイヤルスカウト
【シタラバ王宮武装書記官:白鐘直斗 特性:心象形態 種族:アルプ 特記事項:もと特務兵団所属】

              .zニニニニ/ニニニニニニニニ≧、 、
            /ニニニニニ/ニニニニニニニニニニニ\ ヽ
              /ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニヽハ   ええと、僕らロイヤルスカウトについて、なんですが。
          /ニニニニニニ 'ニニニニニニニニニニニニニニニ}リ
          .'ニニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニニニソ   他の項目と違って、決めてること自体が少ないんですよね。
          丶ニニニニニニlニニニニニニニニニニニニニ,入}    「王宮直属の諜報機関であり、
             `>、ニニニニ{ニニニニニニニニ≫{区l}_イ:.\    人材の多くを特務兵団からのヘッドハンティングに頼っている」
            {≧、___{{____{{_z≦/:::::::.:.:.ト;:.:.:.:ト  これだけで話が終わってしまいます。
            人ニニニニニニニニニニニニ,イjルイ:.:.:.:.:l}|:.:.、:.\
          ノ ト辷ニニニニニニニニ,イ妁;メ ,::.:.::./,ノ、::ト、 ̄  単独あるいはごく少人数で動くことが多いため、特務兵向きの仕事なんです。
               :.:.:.::ト ` ̄j从リ  ´ ^` /:::::::/7jト、\
             从::「`  |      〃:::::/:/八     ……本当、何しに来たんでしょうか。僕は先輩と一緒にいられるからいいんですが。
               从:.、   ヽ     {八ノイ:{ム
                 ノ \  -__-  /   lニニニム
               /ニニニ≧、_ .   .ィ彡lニニニニム
           __/ニニニニニ,ハ____//彡'ヽニニニニム
         ___ノ /ニニニニニ/厶イ〔_〕人ノ    》ニニニニム
.        /70ニソ ニニニニニ|  /:/|o}ハ       /ニニニニニニム二ニヽ
       / / ̄巛ニニニニニニl /:/ { }ハ    /ニニニニニニニムニニ0}}\
       / ,'ニニニトマ,ニニニニニl /:/ 〈o l ハ   /ニニニニニニニニソ==='ニニ }



【同:鳴上悠 特性:心象形態 特記事項:もと特務兵団所属】

              /     ヘ.             丶 、  ヽ
              ,'  ,    ヽ丶        、    ヽ  i   ハ
                i 丨l i  ! ヽ\ ヽ 丶  ヾ、 丶 ヽ  !  ,ハ
                 |  { .! ト、 ヽ 、\\丶 ヽ  ! \ ヽ ', リ   }
                !  ト.! ト、ヽ \ ヽ丶.ヘ、. _\ 丨 \ヽ ハ ソ !ハ.!   よく言えば共同戦線が張りやすいし、
             ヽ  !ヽ { {\ヽ\ヽ ヽ \` \ {ヽ、 ヾ、レ'ヽ,ノノリ    悪く言えば癒着している、といったところだな。
              ヽ `r,`=゙= ヾヽ` ヽ \,._\`=゙=.ヾ//、} } ,/
               ヽ|l`゙、で_,ハ `ヾ,ヽ.〃´ ク じ,) ノ` }} 〈ヽ //'     ……一緒にいられる機会が増えてよかったじゃないか。
                >ゞ `ー '´ 〃ニ,ヘ ´ ー‐' ノ′r'´/i´
               / ∧`" =‐ '´    ` ==‐ "´  ,`7l´.ll
                 , / ,/  ',       ;         /グ | |lー、
         ,, r<´〃,/    ゝ     、- ,.       / / l ,/lヽ. ヽ、
     , r<´-─、 // !ヽ    ヽ   _ _      ,イ /  l/ | l ヽ、 > 、
   ,.イ-‐      {.{   ヽ \.   iヽ  、二  ´  /r'´  /  !,' /  ヽ、 `>、
   / l         ヾヽ   \ \ lヽ\     / /l  i′  / /     ヽ、
.  i {          \\  ヽ  ∧!   ` ー '   / |  ,|  /  /
  l  V            ヾ\/!} / / !  \     / { /l ,/ , ′
  l  ∨            冫 { ゙ /ヘ. ト、   ヾ   _/!  !/ | / /
  |  ∨           / l /  ヽヘ `ヽ _〆/´    ,|'
  |   ゝ         ヽ ! {   ヾ、   /´   /|

53 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:49:57 ID:dTZb3atM [31/35]


         _ ____
      //: : : : : : : : : >、
     /: : {: : : : : : : : :/: : : :\
     ヽ-  ̄ ̄` ー-:: _: : : : : : :\
     /-―― -.__  ヽ : : : : : : :ヽ
    /.: .: .: .: .: .: .: .: .: ‐  \ : : : : : i
   /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \ \ : : /
 ∠イ.: /.: .: .: .:/.: .: .fィ l.: . N_ヽ、j:/    ……ずるいです、その言い方。
  ル.: /.: イ.: .:/ .: ./ {i_l |.: .:l iソ !:〈
   |/ l.:/ .: /.: .: .l .: 〉 i.: .:l ` 从::!、
     ソ.: .:l/.: .イ. /i l.: .! *_」 トv‐、‐-、
     /.: .: イ.: / Vリ l  V c┘ | イ { r→、
    ル/l/l/l/::: ‐-ヽ_ /   l ヽ Ll_t }
    l::::::::::::: >    !  ゝ ‐ l
    「 ̄ ̄ ̄ ̄`ー―┴――、 ヘ (  /
   /         /      l/ニニ= 、<
  イ         /       l    ヽ〈
 / l         l        l_   /
. 〔 l_ -―┬―¨ \  こ二ニ‐ニ〕  /
  ヽl      !     \      \/
   i|      l       \      〈
   l     l         \    \


              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □

54 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:51:16 ID:dTZb3atM [32/35]




 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ

55 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:51:36 ID:dTZb3atM [33/35]


【シュマ王・ギルガメッシュ】

    l
  ト、.|  l       /:''            フ
  | ル  l   |:   /:      ノ      /
  l  |   i:  .:!  {::       /'     <
  ! ∧   |::  {、 |:: i  / ー≦ニ ` ヽ
  _V  ∨ ト::  ヽ |:: { / ツ /⌒ヽ    ヽ
 ヽ≧ 三>ー‐一ミ\从_/イー=ト-.  -== ∨
.  ∨ __}}         `'"     }_;〈三=-\_ニ
   ∨ シ_             __ ゞ-== ノ
     ∨__≧x_        _/__≧ _テ´
    /ニ'l ヽt:i:j>、     イt:i:} ノ´{-=     直々に名を聞く栄誉を与えてやろう。
    { ソ !   ̄         ̄   斥/                                オレ
     ゚ート,        |:       /-'゚     大陸最古たるシュマの王、ギルガメッシュとは我のことよ。
    〔__」 ,       i::.      /〔___〕
       \    _ _   ./
    ____イ \         / ト、___
\  /( ,.,.,.,|   \    /   |.,.,.,.,.,∧ /
  V ヘ :;:;:;:l        ̄     .l:;:;:;:;:/ ∨
    V ヘ :;:;l.,.,.,.,.,.,. ____ .,.,.,..,l:;:;:;:/ ./
    V ヘ:;:;:;:;:;:;:/ _⌒_ \:;:;:;:_イ ./
     V ヘ ̄ ̄i  | |   i ̄ /  ./
     }  ヘ  |  | |   | ./   {



【カルナン王・イスカンダル】

           ,.  ,. __,
          _, _,イノ-'´'´ ¨¨´⌒ィ゙
    ,  ,イ(_,ゝ_,、 ノ ,ノ ,  ノ .,ノ `´⌒ゝ
    、i! イ, i (´ i、'´, i! ,ィ'´'´,ィ-‐'ノ  `ヽ、
    ヾゝ' i、 ゝ、.i '',ィ-ノ,、=' ー' ,ィ‐.、  (_^
    i、)ー、__i_ヾ、i!ノ'"´ `´⌒ノ__=-、ー'´`ヽハ
    ヘ`、 .ゝ ``'´  ,ィ'´  , ., ,Zミ、,=、  ハ!`       相変わらず物々しいのう、金ピカ。
    `')i´ `ヾー、ィ'´  __,ィ'-'く _廴ゝ、ヾ!i         余はカルナン王イスカンダルである。
      Y、゙ヽメ-、 i" /.;ィ'(。)゙メ, `ィ 辷, ) ヽ. .   ,.   以後見知りおけ……と言っても、
      /ハ┬ヒメ=ャゝ'¨´、`ー'=ニ>ヾ'/`、(`,ノi_,./ノ_  顔を合わせる機会とてなかろうがな。まあ気にするな。
      ゝ.! `´'〈゙!^..i "ィ   ーぐヾ.;ゝ  ヽ. '´  '´
    、ー"ヘ,ノi  , i゛`i,.> ` ̄`ヽミ `〈、 : ト、!       元々我らはシタラバ側の重要人物として設定されていた。
  ,∠´ ̄` ゙)ノ) ,、_`_ー'.ィ=='ア`)゙`、!ゞ !ノ;〉'´       上の金ピカが公王で、余が特務兵団の後ろ盾たる前王の弟であったのだ。
.,ィ_.,-'     "!,ヽ`,二二、 ̄´、イ゙,、メ` 'Y' ,′
/´        )'!'ゞ'ノ, iゞー゙ヾ、!、i`   ! |   ,     だが先だって魔女が言っておったように、政治に踏み込むと話が泥沼となるし、
           'ハ,、i i .,、!、;v'`゙/     i!i ,ゞ     我らにふさわしい花嫁は、そう居るものではない。
            ,! ゙'"    /   i   V i'      
      , i   / ヾ.    /   |   ヾ!      第一、あの外道(※シックス)におめおめと討たれる我らではないわ。
         i!  /'   ヽ、  ,ノ   、ヽ,=―く"
       iノノ´ー-ヽ、_' ` __,イ´ ̄´/´゙ "
     ヾ/´ ̄`ヽ ヾ ノ;;;;;;;;;;;;;;;イ´¨/",,
     ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`く´ `y'´ ̄;;;;;;;;;;;,′  "

56 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 21:54:43 ID:dTZb3atM [34/35]

.         \ソ  r──,,- x,__,::     :::::::::::::::::
    \   ミ   八   {{   ∥ \、__:::::::::::::
.     }\ゝ" f' > =,,‐- ,__{{   \ ∥ヽ::::::::    我らをお蔵入りにするのを恐れる>>1は、舞台装置として利用することにした。
     ヽミ  八   ∥   ∥\     Y{ ∧:::::    「正規軍を出さなくていい、出すべきではない状況」として、
     rv}  _ ̄ ` < /   \  ノ \∧:::    レスカティエ陥落後に生じる軍事的空白と、そこに必然的に現れる
      l  :  `厂了㍉、  \    \}    `ヽ:    拡大路線の大国……つまり我々を用意したのだな。
      ト  :  ヽ トiツ ヽ   \    ノ
      :   l   `¨¨¨`      \/::::..         結果として話がますますややこしくなったような気もするが。
      ,  !     ___ _! _{{
      ヽ . r< {{    {{     )
      ゝ (    ヾ_  ヾ    ノ    ::::.    .:    我らシュマは「昔日の栄光を取り戻そうとするかつての大帝国」、
     /||i `ー ´  二ニ=──}:::::::......::::::::::... ::    カルナンは「覇道に燃える新興国」という程度の設定しかない。
.      |  ||八  r‐=<   {{   ノ::::::::::::::::::::::::::::::
.      |  ||  ヽ ゝ   -‐  ̄二



                 _  r==ァ _,.ィ
               r'" てノし' / ̄   ̄≧.___
                _ ノヘ |,' ,/ / ,-=  ̄ ̄`ヾr'"_
            、_)`\ヘ.! /-ッ''"",≧_ー-- 、  /   本編ではいつのまにか魔物の手玉に取られてしまったが、
               ,ゝミr--'"     _,/≦     \ ヽ   別の話があれば誰かの良人であり父親として出てみたいものだな。
              ヾシ'  Y´/´_フ,二,  `ヽ>、_  {
             { __,.、_゙、 `´ィ _じ' ,   ヾ ゞ _`! ゝ   では、またいずれどこかで会おうぞ、客人!
             ヽ`テrf゙  l !丶  ´    ミ、ゝ´ }ミ}
.               } ``!   {       -=ニ }  」Ⅳ
                ノ、 {-‐'^ゝ´   ,  、-'\ヽイ  {
                 '1:'{´`_-'.-― '´   1ヾ、ミ\ 「`
                '圦´ 、-ァ    _ッ'ー-」 'ヘ,Ⅳ!
                ´ラム  j !ヽー-=彡、ミr'´   V
                  ´ヾ辷'ノル、\`r=、「`  |  ゙,
                    -'、‐'V`ヽ!`` !     ′  ヽ
              __,,....-,=-イ       |   i     >''⌒>,、
        ,  -‐ "//////{   、        l   |:  ,。</////////>-‐ … -、
    /       {ZZZZZノ   ヽヽ    ノ    ヽ/////////,>'゙´        \
   /         [___」  / ノ   /    /------v'/            ゙ 、
.  /       r'´ `ー---く  -  ,、___,.ニ===-、_/               ヽ
.  .'          レ⌒ー-、'///,ヽ  r '゙///ZZZZZZZZ//`ヽ                 V
.  {       ////////へ//  ヾ////////////`ヾ/,}

57 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/23(日) 22:02:45 ID:dTZb3atM [35/35]
というわけで、いったんここまで。
おつきあいいただきまして、ありがとうございました。
語ってみると設定のスカスカぶりがよくわかります。

58 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 00:01:38 ID:GoCrDp5o
>>26

軍事的・経済的にデカい国をひとつ想像してみてください。
で、その国がある日突然無くなる。あるいは政治体制が激変する。
ただごとでは済まないと思います。

60 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:06:08 ID:x3zDVl5g [1/18]
>>1でございます。どなたかいらっしゃいますか?

62 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:17:15 ID:x3zDVl5g [2/18]
ではすぐ終わる「やる夫たちは魔物娘に敗北するようです」設定解説、
魔王軍三十九女直属部隊リリカルフォースについて、投下を開始いたします。

63 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:17:32 ID:x3zDVl5g [3/18]


【魔王軍三十九女直属部隊本拠・高町城】



               \\__二二ヽ.      .┣━ ┃┃ \\_.
                 ~\\   \\     ┗━       ~\\
       .           \\_   ~ヽ\    ╋┓       ~\\ヽ\__
                  丶 ~\\  \\    ┃┃         ~\\ \\
                      ~| |     ヽ                 ~| |    ヽ
                       ||       ヽ\               ||     ヽ\
       ,;-、 ,;-、 ,;-、 , ー、  ;-、 ,;-、        ̄丶\
       l'i;;l l'i;;l l'i;;l  i!;l⌒i| l'i;;l l'i;;l    __    ヽ\
      /l三三三三三三三三三三三三l`ー'";:;;|        ━┓┃┃
      //i;:'';':;'';:;:'';':;'';:;:'';'i/:;'';;i/';:;''i/:':;;''i/ ;:;:;: :; "|          ┃
     //;:!'';':;''   ';':;'';:;iコ';':;'';: ;:'';[l] ;:' : ;';' ;' :;'';'|        ━┛
     //'' |;':;' ;':;'';:;:;':;'';:;:;':;'';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: :i! |    ,,;=‐=,,..  ┏┓
     `i'' |   ;':;'';  :;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;;:;;'  i!;:;;|    |∩;:;:;|   ┗┛
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;'';:; [l];':;'';: ;';:;;':;'';:;  ;':; '';;;;: |   ,|:! i ':;:;|_
     |;':; | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i  ,;':; '';i!;: |   i'''" ̄~`'i .   ━┓┃┃
     |;':; |;':;'';:;: ';:;;':;';':;'';:;  ;':;'';:;  ';:;  ;':;'';: ;' |  |':;'[];:;[]' ;|..     ┃
   ,_,|;:_,,|:__: __; '';':;'';:; [l];':;';':;'';:;  ';:;:i! ';:;;: ;|  !':;'';:': ;'';:|.. . .   ━┛
   |:;'';:;: '';;/| ;:;: ;:;| ;  '';:;: ';:;;';'::;'';:;  ;':;'';: ;:i!;:;'l  !':;'[];:;[]';::|      ┏┓
   |:;'';:;:;'/:;'' | ;:;': | ;':;  '';:;: ';:;;':;'';:;  ;':;'';: ;:i!i | ._!':;'';:': ;'';:|      ┗┛
   |:;'':/:;'';:; .'|:;'';:;:;:'i,__;:;__;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'| _|;:|; ;[];:;[]';::|
,.,;:;、, |/:;'';:; ;:;;;.'|:;'';:;:'';:';:;:'';:'|;:;:'';:';:; ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';:':'' :'||;:|;`i,;:';:'';:'';;::|     ━┓┃┃
;;:;: ;'''``、;"'"''、;      :`;';___,.,._., ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'';:';: ': ',.,;:;、 ;:';:'';:'';;|       ┃
。:;;.: ;:;:; ;;;'`、;::;;、;。; ;.:`、, :. ;'';:;:'';:';|__ ;:;:'';:' ;:;:'';:;:'' ,,;;、;。; ;:        ━┛┏┓
';: i!|''"ii''".;:|i'';:;:;:; ;;;'``、;::;; ;'';:;:'';:' ;`i,        "'` Y;:;: .             ┗┛
 ,i!| ;ii''".;:|i|''"                       i!

64 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:17:58 ID:x3zDVl5g [4/18]

【魔王軍三十九女直属部隊所属・高町城一号魔力炉:アルクェイド・ブリュンスタッド 種族:ダークマター】

            ,,,_
              !  ¨''''-、----- ..,,_
              ! ト、          ¨ヽ
         ,,.-‐'’ '`、  、 ` 、     `、
          !      ヽ 、` 、 ` 、   `、 ヽ
           !  ,','  i   ト、ヽ、ヽ、 `、  `、 !     メタ空間だから本編没キャラにだって出番があるのよー♪
          ! i i  i l、  ! ヾヽ`、ヽ、 `、 .i  i
         ! ! l  ! !`、 ヽ、`ヾ、,ヽ,,`ヾ` l  !     というわけで一号魔力炉、アルクェイドです!
          ! i ! !, ,.k ''i¨ ヽ.ヽヽヽヽゝ`、ゝ l l     新婚ン百年です!
         ! l l l i、 !ヽゝ-、ヽ、! `'¨¨ヽ-!l  ! l
          f¨ヽ!ヽlヾ>'´          l)l ! ! l,r'´¨i
          `、 ヽ i、ヽ     _丶___    ム'i li l/   /
  ,,,_        ヽ ヽ l`ー!、   !´  `!  ,/ l l/li/   /      _,,,
 ヽ `ヽ、     ト、 ヽト、 !!`ヽ、 ` ー '/ ! l ,! /  /     _,,-" /
  `ヽ、 `ヽ、_,,,lヽ ヾ ヽ!f¨''''''`ー'’'''''''''''i' /  イ,,..-、,,-"  ,,-'′
    `ヽ、  `ヽ' `  `、ーi,,,_   .............:::レ  'ヽ,,-''" ,,.-'"
      /: `7、      ヽ:.....¨'''''‐-¨ ̄/      , イ´ ::`、
     i::::i / 、i   i   ,,..ゝ;;!::::... ._;;/-'、  i  ,_,, ! :i::::!
     `、:!l、  `'¨l      ` 、:;r"      !`,'′ ,l :!:/
        !ヽ、`ー-i'’`  `''7、___,i__,,.-<   '’`i_,,-''´/ !′
       `ヽ、`<_ヾ'''''''フ´/::l   i   `、`ヾニニ=`-i''´ /
         ` 、` ¨_,,-'_¨-''′  .l   `ヾ、''_''_¨_,,-''i´
            ! `ー-.."..........  .::l.   ...::::::::::..    l
             `、 .::::::::::::::::::::::::::::!i:::....::::::::::::::::::::  /
           `、 :::::::::::::::::::::::::::!:l:';:::::::::::::::::::::::  /
            `、 ::::::::::::::::::::::' :::::';:::::::::::::::::::  'l
             !  ::::::::::     ' :::::::::   /
              !                  !


【魔王軍三十九女直属部隊顧問:フェイト=テスタロッサ=ハラオウン 種族:ダークエンジェル】


         /   ,              --     ヽ
       ,'    /   /            、 i   、  \
        i    ,'   / / / / l   l ∧ 、   ヽ| ヽ ヽ__\
         |    i   i// i  i | /! i } i|  ', ‘, ヽ ヽ  ̄ ̄
         |    |   | i | ⊥ l / | |  | | | i  }!  ‘, ',   フェイト=テスタロッサ=ハラオウン(ご主人様募集中)です。
         |   |  i|    T丁 | 丁/ l/`l l  才l-、} ! ii  ! ',  }
         | | |   |    | |,イ芋圷ヽ|  リ /,イ心|/ /〃  i| i i   ようこそ高町城へ。
         | | l / ヽ   | 《 {:::: : | }    l ら}/// / }   ! | /
         | | ! { |   |.! 辷zシ ム‐=‐{ ヒリ / | i  ! /  リ
         | | ,' ヽ !   i|ヾー‐=-‐'     `ー‐'! ! { l/
         | !  / i|   l            ,  ,' lヾ、/
         | / / /|   |       r‐ァ      !
         |/ / / |   |>    `´ イ |   l           _
       ,′/ / ll   l   >t- イ |  |   |          /ノ
.      / / /  | |    | ――-|ゝ/ |  |  |           /../
     / //___/ l l   lヽ   l l\ ! l  il     r-、. ./../
     / /____/ !   ! \  !ヽ/!: :| |  |     .l ./^ヽ./
    ,'/       |   ヽ ヽ| / / |: | |   !_    |/ /⌒ヽ、
    /       /::!    \ヽ /ヽ| | |  ヽ /|   .|(_/ /⌒ヽ}
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::ヽ     ヽ  | | |   ヽ|     .|.`Y A_ ノ、

65 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:18:46 ID:x3zDVl5g [5/18]


                    _,-'´ヽ
                  ,r'´>`ヽ `、
             ,r‐'''''''''''‐' 7>、:.:.:ヽ i
     r‐--‐‐‐-v''''‐i::.    :.  `'''‐-;;;! !
    l;,r'´¨¨''‐;:! .::::l:: :.:. :.__::.       〈
     !ヾ7;r;./ .: .:: ::/!:..i、;-''i ! ̄ヽ    `、   でー、早速なんだけどフェイトちん、
     ヽ::ヽ/: .:::.::_/___ヽ!/  l !   !       ヽ  アタシらリリカルフォースがどんだけ変な部隊なのか、
      `、:.:: .:;-"l ! `i、  l_,! _,-'’      ヽ  お客人に教えてあげたほうがいいと思うのYO!
      _,/.:::.:/  l_,!  / `'''''''''´/.:  .:: .: :.  : i !   ダンナ
     // ::::::ヽ ____ ,/ ,、_丿 !::: .:::..:::: :::::. ::: l !  志貴ほったかしにしてたから、そろそろ襲いかかってくるだろうし。
   // / :::::: / ヽ  `ー'′   !i::.::;イi::;ri:..:::::.:::: ll,!
    l,!l/l :::i:::i:!::::::::::`:..、     _l!;/:::''´:/ヽ:ト、i、/
    ,r‐`、!:/!!::::::::::;::::::::`''''ニ=''''¨二l,イ´_  `
   ヽ _ 〈 ′l;!ヾ;/`´`´_Y’‐''´ :.. i´ ` 、
     l,r'''''''''ヽ   /7::     ::i::!.   ヽ
    /:.     `i-'''’/:: .:.  ::. ::Y:. :.    ヽ
    !:::::..    .:l::!::::;!::: ..::::.  :::..:::!:: _,.┬‐,〉
     ヽ ______,,ノ!_!/.:::::.:::::::::...  :::::::l∠-! l<_    !
              ! ::::::::::::::::::::....::::l:::/   ` 、_/
           /¨¨''''''''''''''''‐-----!::.     ! ...:
       _,,,-‐''''´ ̄¨¨''''''''''''''‐-----!::::...   /_,,/
     _,-":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;.:.:.:.:.:.:.:;;;;r'´:.;;;`iー---''´!`、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;.:..:;;;;;;r'´:.:.:.;;;;;;;;!: :! 〈二>! ` 、
 /¨''''''ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;;;;;;;;;;/:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;!:::  ヽ____;;! :.
. i:::::::::::::::::::`:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;/;;;:.:.:.:.:.:.:.;;;;;;;;;!:::    ::::..   ::
  `ヾ、::::::::::::::::`::、:.:.:.:.:.;;;;;;;;`;‐;、:.:.:.:.:;;;;;;;;;;;!:::..     .:. .:::

66 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:19:12 ID:x3zDVl5g [6/18]

          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !   はい。一言で表すなら、
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !  「魔界の武闘派集団」ということになります。
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |  籠絡するより武力を行使したほうが速い、
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|  または武力を行使しないと間に合わない事態のために動く戦闘集団。
      |   !  | .| |  N,            / / N |
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |   魔王軍には珍しく、目的意識や士気が高いのが特徴ですね。
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |   千魔長、万魔長などの階級がありますが、
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |    例によって>>1が細かく設定していません。
           / ',   ! ` 、       イ   l    !   また、階級が上がると休暇が増えます。
.           |  !  | ハ .| `=  - ≦ |_|   |     |
.            |  !  _ノ/〈     /´`\ゝ、|    |  「結婚したから階級を上げようと努力して手柄を立てる」という
            |  !_、ノ::::/  \_,、/    /::∧`..、  |  まさに馬の鼻先に人参。
      _,、-ー‐.."´:::/:::::::/   /´;:;:;:;ヽ     /::::::∧:::::::`:::ー,-...、
     /::::::::::i:::::::::/::::::::ハ /i;:;:;:;:;:ハ    /i::::::::::∧::::::::::::::i:::::::::'.,
      i::::::::::::}:/::::::::::ノ! ∨ .〉ヘノ  ヽ_//:::::::::::::::l:::::::::::::/:::::::::::',
      l:::::::::::::',:::>::/::::ヽ  ./;:;:;:;:l     /\:::::::::::::|:::::::::/::::::::::::::::i
      i::::::::::::::∨/:::::::::::::::∨:;:;:;:;:;:l   /::::::::::::\: ̄:::::ソ::::::::::::::::::::!

67 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:19:49 ID:x3zDVl5g [7/18]



                     ___, ‐---‐…¬ /
                 ___/ /       |/ ,. -‐- 、
               / / /        ,ィ{  K      ヽ
                // /   /  /    ̄ ̄|
              〃  '/   /  /      、 ヽ|    やることが過激だから誤解されやすいんだけど、
               i| ; / i  / イ イ / /  }   i |     実はうちの殿下(※なのは)、魔界の拡大に関しては慎重なのよね。
             八i { /i/;/_/ /,./   八i i |
.            /  /   ーt‐テミイ// /|_/| i |    旦那様さえいればそれでいい、っていうのは普通なんだけどさ。
           /        | 、{_:ゾ  // ,ニlイ/ 八|
         ′ /     |i        〈:ソ人/ |
        ,′ /  i    | u        ゝ/^i  i |
         ゙ i  ′ i  ||    -‐  イ  |   l |
        jイ| { i il   |i i|\      .イ |i i|   l |
         八八从八  |レi|   ≧=く i | l|i i|   リ
           |   \!`' …‐┴┐ノ j ルル!/l′
          _rく_          hへ 厶 -!'⌒ヽ、
      .  ''"   二ニ==‐--           / \
     /                      ∨     ヽ
.    /                        \/ \     、
   ∧/       /               \  丶、  \_



         _
      _ ' 二_ `ヽ、,... -  ―  -  、_
        ,.ニ ヽ             ヽ、
          /    ,              、 ':,
       / ィ   /            、  i ',
     / ,イ ,  i /  ,   ,、  、  、  i   ! i
   / ´./ /  l l , / l  ハ  l l  ! |   | |    魔界化を最小限度で押さえられるから、
      , ,イ  | |_l_l__!_| {  l _リ-l―l- |  | |    似たような考えの魔物たちから依頼を受けることも、たまにあります。
        i /|.  ! !VI、!リ-.、l  l /l/VIリ,/.|  | |
        | ,{ |  | | | ,ィ示心   ´ 示心ヽ  | |    リリカルフォースについては、こんなところです。
       リ l  ト| l 弋z(ソ     弋z(ソ,イ   ! !
        ヽ. |.! !      ,        !  ! !    お相手はフェイト=テスタロッサ=ハラオウンと、
         ``| |ヽ、            ,イ|  | |
            | |  l> . `  ´ ,. <l |  | l
            | |  | | l>-< l  / |  | |
            | |  | |/::{\三 /l`ヽ. |   | |
          _|__|  |,/::::l  /tォト /::::::}|   |、!
      _,.. <::::::/  !/::::::::',_/r-_ ヽl::::::/|  |:::::>::..、_
     /:::::::::::::::::/   i{::::::::/:l  _ l:::::ヽ:|  ゙、、:::::::::::::::::,
    /:::::::::::::,../    /::>::'::::::',´::::::`l:::::::::∧  ',: \::::/::l

68 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:20:20 ID:x3zDVl5g [8/18]


                               !    .   ,!
          r--.,,,___ __,,,,,,,,_            /!      ,!
          i: :r、: : : :`ヽ: : :`、---,        ,! i::i   .   ,!
       ,,,,.-:' i;;;;入; : : :ヽ、: :ヽ: : 'i,       ,! .!::!     ,!
       !: : : : : : : ; : ヽ、: ; ヽ: : :`、: :i,      ,!; V     ,!
       i : : : : : '; :':, ' ; ' ,`ヽ;ヽ: : : : :'i,     ,!;    .  ,',!
.       ! i :i: :i i,:':,: :':; :ヽ, ' ; : :i : : : : 'i  .  ,!,'    .   ,!
.       i: !: !: i; i'i,:ト、: ヾ ;,;X'`'''i : :i,: : 'i,   ,i',',' ,'     ,!
.       !: i, i,: 'ト !`ヾ'`'''''' r'''''''''i: : i : : :i,  ,i ; ,'     .,!
.       ! ; ヾ!ヾ,r''''''    ///.!: : ! : : i'i, ,! ; ,'     ,!
.       ! i: : :ト、 //  _',,.-┐ .! : :!: : : i;i!/: ::::;':::::   .:::;!    アルクェイド=ブリュンスタッドでした!
        !:i : : ト.ゝ、  ヽ、 ,!  ,i : :,i ; : ,r',!: ::::;':::::::  .:::/
        ! !: : :!::::i;::iヽ.,,  `´ /_,!; :,!:,;r" !:..::::::::::::: .::/      まったねー!
        i,:ii; : ト;:::ト;:ゞ;;;;!,`>="´ .i; /レ'  :!::::::::::::::::...::/
        ヾ!'i,: iヾ;:i」'´      ,レ, '   .:i::::::::::::::::::::/
          ヽi,,r'"       ', '    .::!:::::::::::::::::/
        _,r''''´             .::::i:::::::::::::::/
       ,f"  ',       ,r     .::::::::'i;::::::::::/
      ,i',   i,/     /   ........:::::::::::::::::::::::/
      ,i' `.、 ./     ./ ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::;i'
     ,i'   i/ ................::;!..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!
.     ,!   ::i::::::::::::::::::::::'i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!
     ,!   :::i::::::::::::::::::::::::i;:::::::::::::::::::::::::;i'::::::::::/
     i   :::::i:::::::::::::::::::::::::'i;::::::::::::::::::::::::i::::::::;i'
     i   ::::::!::::::::::::::::::::::::::'i;:::::::::::::::::  'i;:::/
     i   ::;::::! ::::::::::::::::::::::::::'i;::::::::    `'i,

69 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:21:57 ID:x3zDVl5g [9/18]
さて、これで残るは理法神インキュベーターのみ。
……解説役どうしましょうかねえ。

70 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 10:26:00 ID:x3zDVl5g [10/18]
おつきあいいただきましてありがとうございます。
「やる夫たちは魔物娘に敗北するようです」に質問は随時受け付けております。

76 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:18:11 ID:x3zDVl5g [11/18]
>>74
ようこそ「こちらの世界」へ。
拙作が図鑑世界を知るきっかけとなっていただけたのなら、これに勝る光栄はありません。
ご指摘ありがとうございました。
AA元ネタの偏りについては、戦争をネタにしてたということで何とぞご勘弁を。
あと、AAが多い有名どころはあまり詳しくないのと、「このキャラをどの種族にあてはめるか」というところで、
大いに迷った結果、あまり出なくなりました。

77 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:19:25 ID:x3zDVl5g [12/18]
そしてゲリラ投下。


【高町城・王立大図書館分室】

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... .
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| | | ̄ | ̄ :|:  ̄|  ̄| | |\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...... .
───────────‐ ゙:::::::::|:||:|   |   :|:   |   |:||:|:::::` ───────────‐
| | | || | | | | | | | | | | || | | | | |::|:::::::::| |[e==e==e]|[e==e==e]| |:::::::::|::| | || | | | | | | | | | | || | | | | |
___________ | |::|:::::::::| | | ̄ | ̄ :|:  ̄|  ̄| | |:::::::::|::| | ___________
.. ..: : : : : : : : : : : : : : : : :/|三]|:::::::::| | |   |   :|:   |   | | |:::::::::|[三|\: : : : : : : : : : : : : : : : : : .
──────── ゙: : : :|:| | |:::::::::| | |   |   :|:   |   | | |:::::::::| | |:|: : ` ─────────
: | | | || | | | || | | | | | |: : : :|:| | |:::::::::| |[二二二二|二二二二]| |:::::::::| | |:|: : : :| | | || | | | || | | | | || |::
_______ | | | |: : : :|三]|:::::::::| | | ̄ | ̄ :|:  ̄|  ̄| | |:::::::::|[三|: : : :| | | _______
: : : : : : : /|三]|: : : :|:| | |:::::::::| | |   |   :|:   |   | | |:::::::::| | |:|: : : :|[三|\: : : : : : .
────‐ ゙ : : |:| | |: : : :|:| | |:::::::::| | |   |   :|:   |   | | |:::::::::| | |:|: : : :| | |:|  ` ─────
:| | ||:| | | | | | : : |:| | |: : : :|三]|:::::::::| |[e==e==e]|[e==e==e]| |:::::::::|[三|: : : :| | |:| : : |:| | | | | | || |
___ ::| | | : : |三]|: : : :|:| | |:::::::::| | | ̄ | ̄ :|:  ̄|  ̄| | |:::::::::| | |:|: : : :|[三| : : |:| | |___
   ,/|三]| : : |:| | |: : : :|:| | |:::::::::|:||:|   |   :|:   |   |:||:|:::::::::| | |:|: : : :| | |:| : : |[三|\
─‐゙   .|:| | | : : |:| | |: : : :|三]|:::::::::| |[三三三三|三三三三]| |:::::::::|[三|: : : :| | |:| : : | | |:|  ` ──‐
:| | |   |:| | | : : |三]|: : : :|:| | |:::::/ ` ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄´..\:::::| | |:|: : : :|[三| : : | | |:|   | | |:
:| | |   |三]| : : |:| | |: : : :|__|/                    \|__|: : : :| | |:| : : |[三|   | | |:
三]|   |:| | | : : |:| | |: : : :|                            |: : : :| | |:| : : | | |:|   |[三
:| | |   |:| | | : : |三]|: : : :|                            |: : : :|[三| : : | | |:|   | | |:
:| | |   |三]| : : |:| | |: : /                              \: : | | |:| : : |[三|   | | |:
三]|   |:| | | : : |__|/                            \|__| : : | | |:|   |[三
:| | |   |:| | | : : |                                    | : : | | |:|   | | |:
:| | |   |三]| : : |                                    | : : |[三|   | | |:
三]|   |:| | |  /                                      \  | | |:|   |[三
:| | |   |__|/                                          \|__|   | | |:
:| | |   |                                                  |   | | |:
三]|   |                                                  |   |[三

78 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:19:48 ID:x3zDVl5g [13/18]


 |トュ、,rィ|              ,ャ‐ 'ニ"フiヾ`ニ' -ュ、              _     ._
 ||lll.| .|.ll||              || l'"   |   .`l ||           l'" ̄   ̄`i''" ̄_ ̄`l
 ||lll.| .|.ll||              || l    |    l ||           | □ 三三 .| | ̄  . ̄| |
 ||lll.| .|.ll||          ,-イ .|| l    |    l ||           | .三三三  | 三三三¨ .|
 ||lll.| .|.ll||         ∠ゞ-|  || l, -‐ '"´`` ,ャ‐ 'ニ"フiヾ`ニ' -ュ、    .| .三三三  | 三三三 |
 ||--、|rイ|       ,/ ノi .|         || l'"   |  ヾヽ||,ィ   l, -‐‐'''─-、|, -─''─-.、|
 ヾヽ .レ/       || l.il | .| .|         _!! -‐'" ̄ ̄``ヽ}.レノ   .iゝ、  , -‐===-- 、  ,.<i
             || l.il | .| .|       /          `ヽ    ゙ ̄ ̄   _    ̄ _
   ┌ 、       || l.il | .| .|      ./イ.{.{{ { { λト、ヽ     ヘ      l'" ̄   ̄`i''" ̄_ ̄`l
   │ ``ヽ、    || l.il | .| .|     /  {|.ll {λ{,⊥ヘヘ     }      | □ 三三 .| | ̄  . ̄| |
   │    `i   || l.il | .|/           ト{ 庁}-トrヽ   .}       | .三三三  | 三三三¨ .|
   │  ヾニ`ヾ¨ヽ || l.il |ノ          .i'" .{,ノ少 | |ノ   .,'〃     | .三三三  | 三三三 |
   │     ヽヾ、ヘ !!¨ ̄            ゙、.__    | |   ノ〃     .l, -‐‐'''─-、|, -─''─-.、|
   │  ャ‐-'    ` 、              ヽ__, ャ‐ .| |__∠ス《ヾヽ    .iゝ、  , -‐===-- 、  ,.<i
   │  .>ー-.、    _ソ\            _r--} r-レ゙-|ヽ ヽヽゝ   ゙ ̄ ̄         ̄ ̄
   └ ''"´.    `¨´ゾ   \        , <ム .! ハ__ゝ、ヽ .ヽ
             \     \    , <   {ソ"¨     ヽ、  `ヽ、
               \     \, <     {// :::::::::::::::::::::::::ゞヽ:::::::::::ヽ::::::::
                \          >レ/  :::.、  i'ヘ< .ヽ ヽ  ∧ :::
                  \      >.´  {::{  :::ヽゝ. '、.ヘ  .,.ヽ,、.∨  .} :::
                   \  >.´    |::|  :::   ヘ ヘrヘ.ヘヘヾi   } :::
       _ ト、 ト、λ        `'゙       |::|  ::: _  } .ヘ ヘノ'゙ヘヽ .ノ :::
      、_|`` -、ヾ.} .} /}., --┐          |::|   ::: (__ ̄  `゙ _,.イヘノ .:::
      | ``ヽ、 ゞlノ.彡三三三_         |::|  :::    ̄i`ャ'"ニニ_,ノ }.  :::
      |    ``rュ`───-┤        .∨  ::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::ソ:::::::::::
      |     .| |      .|         {         .`┬─-'゙
      |     .| |      .|         〈     .__    」
      ``ヽ   .| |      .|         ,}`ヽ'"⌒i::i ̄`'"¨}:}
         .``ヽ、|__|_____|        ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                           ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                         ., <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                      , <:::::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::::,'
                    , <:::::::::::::::::::::::::::::::::::, '゙./:::::::::::::::::::::::,'

79 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:20:09 ID:x3zDVl5g [14/18]

                            リ  リ  カ  ル
【魔王三十九女・リリカルフォース総司令:“対話と吶喊の指揮者”なのは 種族:リリム】


| /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
| |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|    ユーノくん、お客様だよ。
| i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\ =≠z.\:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ レ         / {r':::::::i\ヽ|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ            レv:::::::ri}/ |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|
 |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハ. ゞ=r'''"゙      _辷__r,タ  |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|
 ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ              :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
  ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
     \  |:.人     ー -‐'     ,/:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|
      ヽハ:.:.:| \          / |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|
       i |:.:.|   ヽ、_    _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|
        ヽ:|     | ` ´  ,. '´ /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./
         ヽ    |` ーr‐'´   /:./ \  |:.:.:.:.:.i:..:..:./


【王魔界・王立大図書館司書長:ユーノ・スクライア】

         / /                  \
.          .:′.:'.:/  /  :/:    、      ヽ.   :.
.       / / /  /  :/.:|    :| !v.:i   ヘ  |  |  :.   ああ、すみません、お待たせしちゃって。
      /  :  :  .:!  :ハ !     :| i Ⅵ   i.:|  |  |   l   理法神について、でしたね。
      .:  i  |  !|  :|iⅥi   _;|_|__|_|i  l.:|  |  |   l
.     .: / |  | :i:|´ ̄i Ⅵ    ハハⅥ ̄丁 .:!  !  :'
     i :i  :|  | 从,ィテ云ミ V   :iイん云ミ、| .;′ : .:'
     | li  :N ∨N《 |K:゙i| } ∨Ⅳ {K:::i;;!`〉У  ハ/
     |:!:i .:|:.∨.:/ i  Ⅵ::リ j ̄Ⅴ  Ⅵ:::り イリ  :l Y
     |i :! :i:|: ∨小  ` ̄ノ    ヽ _` ̄´_彡′ jノ
     i! Ⅵ∨ ∨ハ  ̄ 丶       ̄ | !/   /
     |  Ⅵ∨ ∨ ∧   ー ―‐    j/  :,′
        ヽ ∨ ∨ヘヽ   "      イ  :/、_____
             ∨ ∨\ \     <  i  :∧、=ニ二_)
             \ ト_/小.  ̄    // /:.:.:∧\ヾゝ
              .. イ:.:/:.:.:.:.:| ヘ    / / イ:.:.:.:.:∧:.:.:> ..
       .. .<:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.| :ヘ /  //:.:.:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ..
     .<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.::.:.:.:.:.:|  / \ ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ..

80 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:20:38 ID:x3zDVl5g [15/18]

 ┌┐
  || [][]
  ||   ┌┐ i⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__
   l  !   ノ l  ⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、___, '⌒ヽ、__!
   ヽ、`¨´ ノ
    `¨¨¨´
           __, -‐' ´: : `v-─‐‐─‐-、
         ̄`フ.:.: : : : : : : : : : : : : : : : :\
          /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :.\  / ̄`ヽ、
        ///: /:/: :/:/|: :/:.:/: : :|: : \: : :∨: : : : : : : :\
       //:/: : /:/: :/:/-|‐|‐∧:‐/|‐ト、:.}: : :.|l: : : : : : : : : .:|     (ユーノくんかっこいいなあ……)
          |:.|: : :.|.:|: : |/x=ミレ  ∨=ミ、: /: : :.八 : : : : : : : : :|
          |人: : |.:|: : |〈んイ}    んハ.∨.}:.:./  \: : : : : : :.:|
              ∨l人: :l 弋タ    弋ソ |/: /    |.: : : : : : :|
.            , -‐─ヽハ    '____    l/─‐‐-、|.: : : : : : :|
           /_マ二二ニ|.\  ヽ_ノ  .ィ´ |ニニニフニム.: : : : : :|
          .}二マ二二_|   |>--< /  .|二ニ7ニニム : : : : |
        /二ニマ二ニム.  ∨ ∧ ∨  ./ニニ7二二ニム: : :.:.:|
       ./二二ニ}二二ム.  ∨ .V   /二ニ}二二二ニ|: : :.:.|
       / ̄`く ̄`マニ二\ \/ x===、ニ7`マニニニ|: : :.:.|
     /      ̄`77´ ̄ ̄A/  、ヽ} ̄   `マニ7: : .:/
     {          / /     {´     ヽソつ.     `7: : :/



               /    _ .. - ─ - ...__   ___,
             { 〈{  ,.ィ ´           ̄  /
             ヽ、,ゝ´      /             \
                /       /          ヽ ヽ\
                  /        !            i ヘ. ヽ、
                  ,'       |!       /! !   リ   ヘ`ヽ
             l         |!      :/斗十ー//    ヘ   (可愛いなあ、なのは……)
                 !      .:|!   :ハ;//,.ィ=、∨リ       !
               ',       ノ!i:   |!i|/ {! i} {     l    あ、ごめんなさい。
              ',     { リ|   |リ  `='゙  ヽ.   ト ノ   
                  '、    ∨ハ   l u.//////  ゝ  |/   理法神は「世界がそうあることを守る」神です。
                  '、    ハ:∨ ヘ      ., -イ /リ    命は病んで老いて死ぬし、愛は裏切られて、絆はほころぶ。
                 __>___:ノ ∨V ヘ    `7 | :/リ
                 く _ノ___/     \ ヘ     / :|/      神の加護なくして人は脆く、災いにも魔物にも打ちのめされるのみ。
                  厶:/_,イ´`> ,.    `\ ̄  ′      そのように定められているからこそ、そうあるように守る。
                  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ,   ∧
                    ///:´ ̄:.:.:`:.:.、:.:.:.:ヽ/ }          善悪があるわけではなく、本質において心があるかどうかも怪しい。
                /イ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:jいノ          目的を果たすことしか頭にないから、そもそも犠牲を気にするという発想がない。
                  /:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨! i!i!
              / ;'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ:i!i!
                / i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅵ:i!
           / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:i!

81 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:32:22 ID:x3zDVl5g [16/18]



     | /:./:.:.:.:/:.:.:/:.|:.|:.:.|  ヽヽ::\.:.:.::\:.::.:.:.ヽ.::.:.:.:.ヽ.:.:..|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
     | |:.:|:.:.:.:.|:.:.:.|i:.ハハ:.:|   ヽ ャ 廾 十:ト 、.:..ヽ.:.::.:.:.|:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            ・ ・ ・ ・
     | i:.:|:.:.:.:.|:.:.:.||,|ィ爪「    \\    \:`:.|:.:.:.:.:.|:./|::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   人間や魔物を焚き付け程度にしか思ってないんだよね。
     i. |:.|:.:.:.:.|:.:.:.|リ          _____,  ヽ|::.:.::.:.|/ |:.:..:.:i:.:.:.:.:.:.:|
      |:.|:.:.:.:.|:.:.:ハ   ___,       ━━━   |:..|:.:.ハ |.:.:.:.:.i:..:.:.:.:.:|   悪意や敵意があるならまだ籠絡のしようもあるんだけど。
      |:.|:.:.:.:.|:.:.:.ハ  ━━                |:.:|/ | .i::.:.:.:.i::.:.:.:.:.:|   そういう意味で宿敵というか不倶戴天というか……。
      ヽ!N:.:.|:.:.:.:.ハ             :::::::::: /|:.:| / |:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|   本体が出てくるわけでもないし。
       ヽ.ヽ:Nヽ:.:ハ :::::::::  ヽ           /.:.|./  i.:.:.:.:.:i::.:.:.:.:.:|
          \  |:.人               /:.:.:.|.  |:..:.:.:.:i::..:.:.:.:.|   ……本編中で私やスバルが、
           ヽハ:.:.:| \  ⊂ニニ⊃  ,/ |:.:.:./   |.:.:.:.:.:i::..:::.:.:.|  ≪救わぬ者≫についてある程度知ってるような口ぶりだったのは、
         _y⌒ヽ-一ッ   ヽ、_    _,. '  ,. |:.:/   .|:.:.:.:.::i::.:.:.:.:..|  以前に似たような擬神兵器と戦ってたことがある、という設定です。
          ´      <´     | ` ´  ,. '´ /:.ム    |.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:./
.        (        }ヽ    |` ーr‐'´   /:./ \  |:.:.:.:.:.i:..:..:./
        ヽ   _,,ノ
          ゝ一''



                      _.....,,,,,,,....._   \
                       ..イ       `:..、  }  }
            、        ,. イ            `;ムノ
             ` ー=ニ´                 `、
                 /                    ',
                 ,'    /:/ :/ :!  .:| :!:! ! :|       i
             i   .:| _i斗‐|-!|   :|斗!廾ト、| :| :!   !
             | | .:|  !ハハ八  :i∨リハイ . / :|  !     改めて、お疲れ様。
             | | .:|  ||.    ∨ /     j :/  |  ,'
             | | :!\:リ 、__, ∨ 、__,, |/   :! :/
                  !ハ .:|  :\` ̄     . ̄  イ    .':/      駆け足になってしまいましたが、
                ∨ ! :ト    _`___     !   //       理法神に関する解説は以上です。
               ∨V iヘ.   V_ ノ     // ///
                 ∨ iヽ        イイ //ムゝ
                      ∨!|  \ __ イ   ,イ/))くニニコ    それでは、またいずれ。
                        リ  ,.イ  ,.>"´ /!:::ト、:\
                   ,.イ:/ >-<       j::::l::::::`::...、
                  ,..イ:::::/:::| /⌒ヽ\  ,イ::::::l:::::::::::::::::`:::...、
                 ,...イ:::::::::::::/:::: レ{...:::ノ  ヽ'/:l::::::::l::::::::::::::::::::::::::::`:::....、

82 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 20:35:05 ID:x3zDVl5g [17/18]
というわけで、非常に大雑把&急ぎ足ではありましたが、
「やる夫たちは魔物娘に敗北するようです」独自設定解説、以上でだいたい終わります。

ややこしかったり重かったりしましたが、理解していただく助けになれば幸いです。

83 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/24(月) 21:04:38 ID:x3zDVl5g [18/18]
おっと、見落としておりましたレスの返事。

>>71
そういうわけではありません。ありませんが、細かく設定していません。
すみません。


84 名前:普通の名無しさん[ sage] 投稿日:2012/12/24(月) 21:50:44 ID:tVeEOxdM
この特務兵の能力やそのシステムって
これから魔物たちはどうして行くのだろうか

85 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 21:50:48 ID:A5WA2wlI

ようするに、理法神は世界のルールが神様やってるような存在だと

86 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/24(月) 22:41:02 ID:gikapMNw
ふむ、つまり理法神は、主神が定めた「魔物は人間より食物連鎖の上位の存在」という
「設定」を守っていると。
主神が作った世界維持機構の一種かな?

ならば魔王の力が増し「魔物娘と人間は愛し合うもの」という風に「設定」が書き換われ
ば、理法神はそれを守るようになるのか。
最終目標を達成できれば敵ではなくなり、達成できなければ敵であり続ける。
……下っ端は兎も角本体はラスボスですらないな。

87 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/25(火) 00:59:42 ID:1UwqeUMQ
現在は魔王と主神との設定の推しあい圧し合いな鬩ぎ合い中だしねw
パワーバランスが更に魔王側に傾いていけば、魔王側の設定を守ろうとする理法神が新たに登場しはじめるのかもしれない。

88 名前:普通の名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/25(火) 19:50:18 ID:uCPQuxsY
夫を手に入れても退職しないことが士気の高さと目的意識の高さの証明になる魔王軍ェ……


89 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/25(火) 19:56:16 ID:MbjLu0PI [1/2]
>>85 >>86 >>87

仰るとおり「設定」を守る神様であって、
「主神が定めた世界」を「良し」としているわけではありません。
魔王の野望が達成された暁には、世界をエロで染めようと暗躍することでしょう。


            ヘ        -、
         / {  \_  / /|
          {> ´     ` ./ |
       ∠ /  / ハ  }   V<
       / '  /ニ、 Vニ、}   \   僕と契約して旦那様になってよ!
      /  |ハ {.ヒリ  ヒリ ソ  }   \    (改変後世界の理法神)
     /   /ルヽ. ーー .∠彡ヘ.     \
   . - 、   /  ,<{ ̄/>、   \     ゝ― 、    .//
  {. /   \ /  /l{、 ∨ ./ハ    \./   \ }  ./ /
  /     ハ. / |ヽ(二)/} ヽ     {ヽ     ヽ/  /
  .{      {. } / 〈   ハ.   {〉、 >     ‐}      }    {
          X ヽ/  { .}   ヽ /    ./ 。    /    、
   ヽ.   。゚\ヽ.  ∨   .У    /    °。/       \
     \° ヽ、}/  ̄ ̄ ̄  ヽ.     7  ノ  .          .
      ヽ}\} /         \   {///           |

90 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/25(火) 20:00:41 ID:MbjLu0PI [2/2]
>>88
図鑑世界ゆえ致し方なし。
とはいえリリカルフォースも戦闘を最優先できるほど目的意識が高いわけでもなく、
作中にもありましたが既婚者は魔力を過剰に使おうとしすぎる傾向が高く、
継戦時間をどうやって長くするかが課題となっております。

93 名前: ◆l6l0tvhZAY[] 投稿日:2012/12/26(水) 20:30:16 ID:tZriO0IQ
>>84
インキュバスになるほうが手軽だし気持ちいいしたぶん強力だし、でだんだん廃れていくんじゃないでしょうか。

>>85
個体差という便利な言葉がございます。
んで、ワーシープウールのこたつ布団や着る毛布に関してですが。
魔力量の多い少ないにもよるでしょうけども、確実にヤバいと思います。
関連記事
2012-12-28 : 【R-18】やる夫たちは魔物娘に敗北するようです【魔物娘図鑑】 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示