FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫のハーレムブレイド おまけ『義母エロあれこれ・後篇』

725 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:01:01 ID:eGSr96Fs [3/8]

             , -'"´   ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
           /                 \
            /                   :::::::\         えろい話はネタが尽きませんなー
        /                    ::::::::::::ヽ
       /                    :::::::::::::::丶.
       i     , - 、               :::::::::::::::::::i      では、投下予定時刻ですので
     ,-‐l      {.  .}         ., - 、    :::::::::::::::::::l      本日の投下始めます
    /   l     ` - ´        {   }   ::::::::::::::::::::l
   .|  ,-l                     ` - ´   ::::::::::::::::::::l
  .,-| ̄| 、!                    .:::::::::::::::::::`ヽ.     手直ししつつになりますので、
  { |_| }       `――――´     .::::::::::::::::::::ヽ、::::ヽ.    投下間隔はゆっくり目になりんす
  |` ---´|ヽ                  .:::::::::::::::::::::::::/ヽ   )
 l´`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`――――――――――、´ ノ  /
 .|ニニ}                                 |/  /
 .ヽニノ                             /ヽ/      では、本日の投下ごゆっくりお楽しみください
  |                           {ニニ i
  |                           ヽニ/
  |                              |
  ヽ――――――――― 、___________|

727 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:02:22 ID:eGSr96Fs [4/8]

┌──────────────────────────┐
│  おまけコーナー・音速丸様の華麗なる日々 第97回       │
└──────────────────────────┘

     ━━━ 義母エロあれこれ・後編、『嫁の母』 ━━━


※ 聖☆お兄さん 御拝見


                         爪ミヽ、/彡ソ彡´
                        |ミヽ≡示////////ゝ、
|                        ヾソ示//ソ´ `>///∧
」  /フ                  /〃´   ,,,,__`ヾ/ヽヽ、      /,      劇場版アニメ公開
_」 /  /                      |    ∠尽フ /う))ヽヽヽヽ、_ノノ      おめでとうございます!!
/ー /                      ∧シF>l `` ̄  〒」ヽヽヽヽヽ三三三
´  /                     ヽ ̄ ! _     | ヾヽヽヽヽ三三ソ      この勢いを生かすべく、
  ノ_                         ヽ `.,-=-l.   /;  ヾヽヽヽ\        実写映画企画を立案してまいりました!!
 / )|\__                    ヽ ヽ、;;/   /;;   >.:ヽヽヽヽヽー-
ヾ /. !.:.:.:.:.:`ー―--、              \  _/;;;;;:   /.:.:ヽ ̄て ̄\ヽ
_/   >.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ー-、_   ,--、___  ̄>__    /_,、 ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ヽ\ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-」.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:/.:.:.\ ̄`ー氏と \|\.:.:.:.:.:.:.:.:
 ヽ;;;`|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽヽ.:.:.:.:.:.└二_.:\ / \二]   \.:.:.:.:.:.:.:
  ヽ;;;;| _, -―.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:l.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.\  \ン\  ヽ.:.:.:.:.:
   ヽレ´  `ヽー、_ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:\//>、ヽ:.:.:.:.:
                  ヽ.:.:_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝー―、ゝ,.,.、\///ヽ\:.:



            x≦系圭 \
          ,ィ升圭圭圭圭ハ ⌒ト、
            {圭圭圭圭圭圭.i}.圭圭\         ヽ i i l l l l l l l l l l l i /
           入圭圭圭圭圭ヌ圭圭圭ハ        二
        ,ィK圭>≠=-≦ 圭圭圭圭ハ       二
         i圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭. い       二  や  確   黒
          |圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ハ         二
          |圭圭圭圭圭圭圭ヲ⌒マ/圭「⌒!        二  め  定   歴
          {圭圭圭圭圭>!ヽ Y   マ圭し |        二
          Ⅴ´_  _   r1┤ l ト.   マ/{ jメ.从\    二  て  だ   史
          ∨ y ノ´ ! | | l| l | |          Nハ⌒´ 二
           l / /l| | :| | ! j .| |        Ⅵ:|   .二.  ! !   か
           l | | | |  ;     ト、     i  Ⅶ   二
         /| ! ! !.从         ヽ    !  .N   二     ら
      / ∧.   N \       .    从  リ ∨ // ! ! ! l l l l l l l l l l ! ヽ
       | / ∧       |\          / ∧_ノ   ∨
       | / / ∧       |  \      }/  / /   l|
       | / / ∧      !  ̄ !    !_ //    j|
       | / / / }     .l   |    |_ /       .'
      |⌒ \ /    リ   |    | , '      /
      ∧   /     /     |    ∨ .      /         /
      / ∧ /     /|     !     ∨     /           /

729 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:03:12 ID:eGSr96Fs [5/8]
 立川のロンゲとパンチ、劇場版である

 元々がエスニックというか、シチュエーションコメディな漫画なわけで、
 基本的にコネタ連続である原作をかなり忠実に映像化してあるのだが



 テルマエと同じく、要らんドラマ要素突っ込みすぎ


 ブッダが007ぽくハンドガンかまえてたり、
 イエスが未来へ帰るんだ的ノリで腕時計見てたりする看板のように、
 『特に何もなく平和な一日が過ぎました。 お終い』でいいのに、
 中尺的な起承転結をつけているせいで、
 オリジナル要素が鼻に突く感がある



 あと、ロンゲとパンチの声優は本職声優ではないわけで・・・・・・

 何というか、柔らかく軽い感がつよい

 仮にも宗教宗家の聖人二人なのだから、
 大塚ボイスのように低く渋い声が良かったと思うわけだが、
 まあそこは人それぞれだろう


.

731 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:04:50 ID:eGSr96Fs [6/8]

※ クロユリ団地 御拝見

                         -:-:-:-  .
                      {ア´: : : :_:_:_: : : : :\  __
                  / : : /: :/⌒^!: : : : : : ∨ {
                    /:/ : | i|:|_:{   _i:i_j_: :}: : :{_, )      クロユリで連想されるべき人物
                .ノi/|:i: :|爪{㍉  |爪{从 : : }'く       №1がわたくしですの!!
             {/: {从{{ ヒ.:)    ヒ.:) 》|: 从,ノヽ
             /: : :八_{          |/ ): }: : }
                {: : : {:/:人   { ̄ ̄|   .イ: :{): ,′
                 、: : ∨}: :,>  .__,ノ _/ /}/: :/i
              {\ {,ノ:(   __/`7爪 {  i/ : :イ: |
               ): :){: イ ̄ く_,ノ },ハ_〉-{、:{: :}: :|
                /: // i|    { {//   ハ∨ ;ノ
             {: :{/ 、j| /  、/ 常 {/  } }く
             `7 .r‐'⌒〈 _ ..  -‐┐/  「廴:)
             {/ {__.  ´   ____j/⌒ヽ,} ((
                | ´    . <        /   `
                 、_ .. イ   `ト  ..__/



            ,': : : : : : : : :,: : : :,': : /: : : : : /i: :.i.',:i ミ: : : : ヘ
            i:.i: : : : : : :.7i: : .7: :.,'i: : /: : / ,'::/ i::|  ヾ: : : :.i
            i: i: : : : ; : ;i i: : ,'i: :,'. !:./: :,'' ,':/ 〃  .ミ: : :.ii:|
            |: i: : : : :i: :| ',::7弋'=-//  /',-=/'"  .i: : :i j      それって言葉の響きだけやんけ
            |: :i: : : :..i',:| ヾ            ´    ,i.;: : |'
            i: : ij',i: : i ヾ.〓〓〓      〓〓〓 ,' ハ: i
            .|:.ヘ i ヘ:.|、                i ノ7:.|
               |: :.ヽヽ,ヾ                     i/ : |
               |: ,'; : : - 、                   从: j:..|
               |: 7: : : : :.\               イ: : :i: :.|
               |:,' |: : : : : : :ヘ     ̄ ̄ ̄   イ: : : : i.',: |
               |' |: i.i: : : : : : : .i 、      .イ : : : j : : :i .',:|
               |:7 i: :il: : : : : |    ̄  .|: : : :,'',: : ,' ヾ
               |,' |:.,'.|: : :,-'j     , --' ヽ:,' i:iv
                  |/.ノ: :./ ヽ-' ̄ ̄    ヘ_
             ,---'" ̄/ノ  ,' i       ノ..:.'-、
            /i..:.i..:..:./-'"   ,'  ヘ    /..:..:..:..:..:..:.`'ー-、,


 古びた団地に引っ越してきた四人家族

 引っ越しの当日、その家族の長女明日香は、
 壁の向こうから聞こえてくる微かな擦過音を耳にする

 それを気のせいだと断じた明日香は、
 その隣室へ引っ越し祝いの菓子折りを持って行ったのだが、
 折り悪く住人とは会えずじまい

 気晴らしに外に出た明日香は、団地付設の公園で一人遊びをする子供を見かける

 そして、明日香は終わることのない悪夢の世界へと足を踏み入れていく・・・・・・


 THE ジャパニーズホラー である

 団地という、隣人の顔が見えにくい建物

 そこで巻き起こる怪奇現象

 その裏に見え隠れする老人と子供

 そして人外のもの


 展開がベタすぎて、作品半ばほどで話のキモを読める人は読めてしまう訳だが・・・・・・

 だが、話のオチを予測できる人は少ないだろう


 リング、仄暗い水の底からなどが肌にあった人はご覧あれ


.

732 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:06:14 ID:eGSr96Fs [7/8]

※ シー・トレマーズ 御拝見

                        __
                        r==={  |
                    f二二i l   |>
                 __{   | ! /
               / ∧   }/ /
              /ト、  ∧__,/ /  /  さあこれで
            __j´}\ \_.ノ∨/  /:::::::   歩いたように聞こえただろう…
            /-、レ'  \:廴// ./:::::::::::::  水のスタンドめ…「移動した位置」を襲ってこい…
             /__ノ`> 、__ノ: // /:::::::::::::::::::  襲って姿を見せた所を
             \_____}:::::///|⌒Uヽ::::::::::::/ 我が「魔術師の赤」の炎で蒸発させてくれる
                \__ノ--} /|::|__    `¨¨´
                ーrァ'/ |::ト、∨ u
                   廴{ _j_jリ_/U
         _        ` ̄}⌒====、_
     _  (( ))          ノ| |u ) u  ̄
     (( )) ⌒⌒ ィ二ヽ     U | |.ィ7} ,ィ,二
     ⌒⌒   ___{ {_} }_     ̄⌒ーく_ノ
       ,ィ ニニヽ⌒⌒⌒      U    {
     __{ {  } }  , ---、   U   u   _>- 、
     ⌒⌒⌒⌒ //´⌒l }       , <´ //」LヽV
             __{ {_ノノ   __/  ____{ 寸 l7ノ
          ⌒⌒⌒⌒/´/」}l//」L }>-<
               //7/7 八 i7/7ノ
                 人_. イ//`¨¨¨´



       ,-‐-、
      i   i
      |    |  , -‐ ──‐ ‐- 、
.        |.   |/          \
    .,-‐-|  |                 \
   /´     ヽ   ○    ○     .ヽ
 /   | ⊥-‐.、 |                  i      上のシーン
. |  ヽ (´     |    ,- __ -、       .|
 ゝ-‐ ´ | ̄´  /    i´: : : : : : `i       .|
   \  _ ノ    |: : : : : : : : |       !      これ、『トレマーズ(初代)』の名シーンのパロな
    \ ヽ、_    .| : : : : : : : :|     /
       ヽ、_,    |: : : : : : : : |   /
          \   ` ‐---‐ ´  /
           ` ‐- ── -‐ ´


 『トレマーズ』

 アメリカの田舎町に出現する、地中に潜む怪物『グラボイズ』を巡る
 一連の騒動を描く、モンスターパニック映画である

 非常に完成度の高いB級モンスター映画だった1の成功を受け、
 正当な続編が三作制作されている

 その『トレマーーズ』に、海を意味する『シー』を冠したこの作品は・・・・・・

 劇場でポスターを見た時に感じた通りに


 ト レ マ ー ズ と は 全 く 関 係 が な か っ た wwwwww



 だもんで、紹介タイトルとしては『タイトル意訳シリーズ』どころか
 『タイトル詐欺シリーズ』とでもいうべきなのだろう

 実際、邦題『シートレマーズ』に対し、原題は『Amphibious(水陸両生)』である


 まあ、ポイントだけをピックアップすれば、似ていないこともないわけだが・・・・・・

 地中に潜む怪物に対し、海中に潜む怪物

 孤立した田舎町に対し、孤立した洋上プラント

 でも、それは期待していたものとは決定的に違うもんでした


 超がつくほどチープなB級モンスター映画、
 しかも2010の作品を何故か2013に劇場で公開しているという作品

 まあ、あれだ

 時間つぶし代わりにチープなモンスター映画を見ると認識していけば、
 タイトル詐欺だなんだと騒がなくても済むと思う


.

735 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:07:51 ID:eGSr96Fs [9/151]

   ━━━ 義母のえろい話・嫁の母を孕ませる ━━━

                     || />- く⌒ヽ
                     リ /    \
                  /ヽ Ⅴ ̄ ̄∨      ヽ
                /  トvrヘ  ∨∧⌒ヽ      .
           >´   | ∨jトv ∨∧   \    .
           / .   i   | ljMl|ハ. ∨∧    ヽ   .
          /  /   ll   | l  | ハ ∨∧     !
       〃 /  ! リ   | l∴ ll lト  ∨∧   |   l
       レ ルl   レ .┼┼! ’ ll リイ´王`∧   リ   |
            |   i   lrテk  ル'´「r'叱フ ∧ ./    |
            |   !  リ八r'.〉    `= ''|∨∧   从
         从 リ //∧"" '    """|. ∨∧_   人
           V /∧{ ノ\  「 _ノ / j∧∨∧:::\  ヽ
             | i/レ' /  > --くr─/ ∨/ li ::::: i   \
           __| | l| /|  i`ヽ /ノ / T´| l l|/⌒|    \
.       /´ -- -! l l| //! .|  j/∠ // :: | | l l|{{  |      ヽ、
    /       .从ル' / j  | l|:::::/ i:::::: | | l ll乂__|    ヽ   \
   /从        / V ∧ i リア ル'| :::: | | リ リ::::::: |     .     \
.  /厂ハ フ     . ' ∨  ∨ /´ /レ从 ::: | .ル' ∧:::: 八    i      \
 〈  / /i|_   / /    y'  /   ハ<レ'イ:::::i:::':::::::\  l|__厂 Yト.   \
.  '.  /´l| フ / //      i   i /⌒i::::::::::::::::::::|:::/´:::: ̄ ̄:::/´| j }    ヽ
   ∨ .l|\  /  i{     |  .レ' ⌒ヽハ:::::::::::::::::リ/:::::::::::::::「 リ:::::し' メ`ヽ   ハ
    il /l|:::::::ト、 .人    人 _j    レハ:::::::::::::∧::::::::::::>'し':::::/:::::::::::}  |    lト、
   |トj:::l|:::::::l:::> --><´:l| :: | {>=- -}::::::::, ':::::::\/::::/:::::::i:::::::::: 人_メ、   l|ハ
   レ'::::l|:::::/::::::::::::::::::::::::::\| :: |.从    リ::::::::::::::::::/:::::/ ::::::::: |:::::::::::i:::::::::::\  リ i!
.   \从:/:::::::::::::::::::::::::::::: /::::リ .人   /::::::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::l:::::::::::::::::∨ /|
      人⌒ ー<: :::::::/::::::厂⌒>x i::::::::::::/j::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::l::::::::::::::::::::∨ リ
       \   j >´:::::: /\::´:::::::::Nx:≦´::::: | ::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::l:::::::::::::::::::::::∨
         < __:_:_:_:イ    \::::::/::::::::::::::: /:::::::::::::::,イ´⌒N:::::::::::j :::::::::::::::::::::: }
                    j/:::::::::::::::: /::::::::::::/ !::::::::ノ :::::::: li ::::::::::::::::::::: |
                  厂 ̄ `> -- <:::::::::::/   \(:::::i::::::::ル'⌒ <:::: 从
                     /:::::::::::/:::::::::::::::::::)::/ヽ     \::レイ      Y::::::}
                   / _:_:_:∠ ._:_:_:_:_:_:_ :イ⌒ヽハ       / | | |     /j:::::::|
                 /´              l li    .ィi l | | |  . '  ノ:::: リ
                /                   | l|  .∠j ⊥ j. ! !. '   /::::::/j
           /                  レl´    `ヽ. l |   /:::::::::::':: |
          . '      ヽ.         .  ´ ヾヽ      Yj|   〈::::::::::::: 从
            /         \     .  ´      Nli      |.l|   人::::::::::ム::\
         i             \ . ´           | リ       レ' <    ̄⌒ー ~'
        人              \        __.ノム .    ´
       /   \                \   ̄ ̄


            リンディ・ハラオウンさん

736 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:08:27 ID:eGSr96Fs [10/151]

    ━━━ ごく普通の二人が ━━━

                 , '                        ` ー―:... _  ィノ
                ,                                    /
               v'                          ``  、__彡'
              /     /   _              ハ   V   へ  ヽーァ
             /    i   /        ハ      i   ハ    ヽ  ∨
             |     |    i  i | ! i i  '  l   ハヽ  l    i     ヽ l
             |     |    |  | l ! l |  l  |  ./ ' }: j    l      i
             l    │   i リ 八 ! l |  |  ! /ノ比从 ハ   j    i   |
             |     /l    | || 斗==ミ`ヾ|  |/ 'イんィハ|    /リ  i  |  :!
             |   :/こ|   || ! 代r':::jっ       ヒ:ソ:ノリ   イ ,   ハ  リ ハ
             |   {{^ |   ||ヽ', 圦zイソ       `´  ! /i/ ! /i /\!
             |    |ヽ.|   ||、  /|/|/       /|/|/, |   i / !/  !
             |    |  |   ||',          丶    ,' |  !
             |    l .-'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''' ‐ .._     /! |  |
             | r―/                \/..:|/、  |
               .l/:/                   \ `ヽ:. !.`''ー 、
                /             _ -―--、     \..:.∨、:.:.:.:.:.:.:`ヽ
               /  , -―-、       '´             ''".:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'
           /                           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           /               三三三三三     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            /   三三三三        三三三三三   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;〉
             |    三三三三                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ
            |         /          ヽ /|/|/ /.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/
          |  /|/|/  |     |      |     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     _,,. --=''ヽゝ         ゝ . __ 人   __,ノ      ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:i
    /___,  ` `ヽ         ヽy . . . .  ̄ ̄i      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.i
   f   _,      `ヽ、        V. . . . . . . ../     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:i
   ir‐''" ,        // ̄''ー- ..,,`ー----'´     ノ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:|
   i  t'"       ,'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄`゙''ーrf"ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽ!
    `ヽ イヽ、_    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', !\.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   \
     `ー'/ `"iy' !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     ヽ
         /     ゝ->= 、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/       ヽ
      /          ',.:..: ̄''ー- ..,,____.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/         ',
       /            ',.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:',        ̄''ー---'"    ヽ     ',



                           ━━━ ごく普通に恋をして ━━━

738 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:08:55 ID:eGSr96Fs [11/151]

                         必八入勹了匕
                 γ´  戈薔又厂匕彡ミ厂圦心
                  / γ´ ./         `ー‐…- 、
                     / / / / / ./         ヽ ̄` 、㌦
                / / /  / ./ //   ,、 i  ',  ::. ` ヽ`.
                 / / / ’i __LムL_/ / ', .| | j i ヽ|  ヽ ヘ
             .V / ∧ :| .lイL从L.i  |丁尤卞、|!  ヽ}ー-
                V ' ∧ ir ! .任 らハ!  ij芯心x| イ.| }.l
            .V 〃 .′ |{ |  迅__リ    ら j灯イ.| ,'| /リ.
            .V 〃 ′ .|.`!  ト〃〃  , 〃〃ツ  レ j/Vハ
            / ,'  ′  .l !  ト、   、 _   イ|  |.|   ',丶
            ./   }  l   | λ.|::.,      ィi j ノ!l   ∧ ヽ
          ./  V  .:   | j i .l.,ィト、` -  i、 .l.| ノ ハ.|   ∧  ’,
         , ′ V  ∧    |ム! | ヘニ二二ニ<i  {. i|.     ∧   .,
        ,.:    V ∧    ≧ l  |. ゞミ 必 彡  !  | ¨. <  ∧.   ヽ
       ,    V l   γ   j  }           .|  | ヽ  ヽ  ∧.    ’
           l  |   ′   ノ ノ         、ヽ ヽ  `_.V   :.     ’
    ., '        l  |   l.    { (    > ── 丶:} ', ¨   丶 ',     V
    /       l  |   }   .ト、_ゝ γ´       ヽ ノ      :. L     V
 .  /         |  :.   ハ     |  V         :.         从  ミ   V
  /    ̄ ̄ ̄ ̄  ',.  }___|   }            入      イ≠===≦ 八
 ./  ≧≡≡≠== ─┘  マ == == ト / 丶      イ   ≧ ー‐了 ',
 {=く            -=≦ l      l 丶  `. ──          }  V
 丶 ≧ ─── 彡   r==彡.l      |  ヽ           >了必 厂又心
   丶 _  r==≦     l.     |  ヽ        ≧ミ 薔 ≠厂匕二又≧ ミ
                 |     |    ∧      〃   入ーく 三ノ r≡≡≦ ア
                     l    入 _  〉     彡    Y У彡γ´心 ミ厂丶
                   ',          ¨ ー / 了 厂 乂 必 八 彡入 勹三 了
                  :.           \  マミ 彡 入 く ー ゞ ≠ノ 厂 八
                     ゝ ───── == ー‐ ゞ入ミ 从 匕 イ ニ 匸 又
                             八   ∠ ィ ミ ゞ=彡彡>===彡
                           /  ’,       ト 从又 薔 匕 必厂 、
                            /   ヽ       ヾゝミ 三ニ ≠丿  丶
                        /     \        ミ 二 彡      \
                          /        \          了           \

          ━━━ めでたくゴールインしました ━━━

740 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:10:09 ID:eGSr96Fs [12/151]

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       で、新居を構えた二人は仲睦まじく暮らしはじめ、
       順風満帆の人生を送っていたはずなのですが
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

742 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:10:55 ID:eGSr96Fs [13/151]

.  /     |   / /   / /  /   /  ,イ       .l    | |.   |  |
 /      .| / /   / ./   /  /  / |      .j    l l    |   |l
/    /  |/ /    '  /   /  /  / .j     /   ./ j    |   |ハ
|     '  / /   _|  |  j   .j /  /ィ'    , イ   ,イ /  | |   | ハ
|.     |  / /     /|>ト、イ   / ./  //|   / /  / ム斗七卞 j   | ヘ
l.     j .l |    ./ j ,イ | > 、ハ /  /' j . / / , ィ</ // j ./   .|、――
| .   ,イ  l |   / ,ィ云示二二ミム / // 斗也ム三二代、 /イ    | ヽ
|  / | λ |   K/ l、ノ::::::::::::::|ヾ ` /'   //イ_ノ::::::::::::::|`㍉,|   |  |
|  / ヘ/ ヾ、  .l ヾ l:::::::::, --、j            |:::::::::::, -、j /' j   | /
| ./  /   ヘ  .|   ヽ:;;;;;;;ツァ           、:;;;;;;;;ンァ  /    j/
レ   /     ヽ ヘ、  `ー‐一'           `ー‐一"  /   /
l   /      `ー`                       /   /――――
ヘ /       /:.:.ヘ           i           /    /::.::.::.::.::.::.::.
. У         /|:.:.:.:.ヘ              `            /    ∧::.::.::.::.::.::.::.
./        ./::.|:.:.:.:.:.:.ヽ、      ‐‐ - 、       /    /:.:.ハ::.::.::.::.::.::.::.
         /::.::.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\              , イ   ./:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.::.
.         /::.::.::.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ >           <`/   /:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.::.
      /::.::.::.::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ ヽ >        <  ./   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ::.::.::.::.::.::.::.
     /::.::.::.::.::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ `ー'  ><   /\/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.:
.   /::.::.::.::.::.: . |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ  / \   / ./   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.::.::.::.::.
 /::.::.::.::.::.::.::.::.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ/\   \ / /   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ::.::.::.::.::.:


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        本日夕方、娘がめちゃくちゃ不機嫌そうな顔で
        我が家にやってきました

        ちなみに、娘の家から私の家までは、
        一時間ほどの距離でございます
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

743 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:12:18 ID:eGSr96Fs [14/151]

                   ,.  --―-  ,,    _
                   ´/  ,ィ       ` <,,___ `=ー-'
                  /  i  レ        ̄ヽ  ⌒ヽ
              /    |   {  i .i i |トvヘ  ', V     ∨
              ,     |   i! |! | |!|!: :ヾ! ! ',. V   .!
               i   i .|  :|  !_! {_||:!|: : :} ト. i  | .   i |
               | i | .!  .ト、 {_| {: `||: :,_j/_} | .| i   } |
               | | | r|  |:マ赱ナ゙: :|!: :i赱ナ ! i! !  ハ !      なんでもない!!
             ,  | | ゝ   !: : : : : : : : : : : :/イ / l / j!
               /  .| | |  |        〉 'ハ / /j/
               ,:   | | |  |    , -,  ./j/i/           ちょっと、家に帰ってきたくなっただけ!!
            ,   | | |  | 、       .イ |
             /    .| | |  ト..,, .≧ -≦ i! |
              /  /  :! ! !  !  `ハ {.、ノ! ! |
           /     >く/   !   ∧ ハ `.|   |- 、
         ,   ,,> ´ ノ { i  |\//∧ヽ ',  i!  ∨
          .∠__ /  .| |  {  .ゝ’ }ノ  ',  ,  V
         ./      、   ! ',  !    ヾ   ヽ ヽ.  ∨
         j        ',  ', ヽ ∨    \  \ 乂__V
        ハ     .キ  ヽ. \ \     \  ∨∧ `ヽ
          /   ヽ    }    \ .\ V      ヽ ∨∧  ∨
       j        ー=',     ∨ .} }       } }   i   }
       .{         }      } ハ !        | i! |  ,
         |        /       j/ リ          j /! |  イ
       ,          / 、      〃          〃 j/ ./ |
      ./         /  ヽ     {{         /   /{ |
     /        /    \               ′! |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        そのただ事ならぬ様子を不審に思ったので、
        急に帰ってきた理由を何事かと尋ねたのですが
        何も話してくれません

        ただ、その様子から察するに、
        婿殿と喧嘩をしたようだということは理解できました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

746 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:13:26 ID:eGSr96Fs [15/151]

                 ___
             ,   ´      `    、_
           /    ,  ´_  -―   二二ゝ、
          /    /             \
.         /  , / /            __ノ 〉
        /   // / _ -‐  __ー― ´ _ ィ゙,
          '   /, /, ≠ ¬ 、二 _ヽ 、  ̄! ̄「l  ! l
       |! >く//    マ_j心ヽ\__!  j!ヽ|l
       |!〃  V  j    ヽ `゙ _,r`¬! く勿刀/       結婚して一年もしないうちに、
.         v|{ 〈 (   {         ゙´      ヒ疋{        嫁が出ていくような喧嘩をするとは!!
        ゙| >、\゙  ヽ       /〕    ヽ, }
          | | ム__,  l    ,  _`__⌒ /∨        やる夫君は、何を考えておるのだ!!
          | |/ 、 |  l    ノ ´ィ 二二Z_ヽ. /
         W  . 、 l   { 〃`ー 、 ∠./ '/
           リ  i  \ 、   廴__j_/ '
          l   l    ヽヽ   ` ー―‐ ┘/
           l    !     ヽ   ̄ ̄ ̄`v'
         ノ          \       ノ
         /     l       ̄厂「
      ´      、 ヽ      / /
   /         ヽ \    r' , ヘ
  /               \    {  ` -


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ・・・・・・というのは、帰宅して娘を見た時の夫の弁

      夫は怒り狂って、娘の家に直談判に出かけることにしました


      この人に任せておくと、売り言葉に買い言葉と、
      頭の悪い結果になるのが目に見えていますので・・・・・・

      私も同行いたしました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

748 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:14:02 ID:eGSr96Fs [16/151]

         ┌──────┐
         │            │
         │            │
         └──────┘
           ┌───┐
           │      │
           └───┘
             ┌┐
             └┘

             ┌┐
             └┘
           ┌───┐
           │      │
           └───┘
         ┌──────┐
         │            │
         │            │
         └──────┘

750 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:15:59 ID:eGSr96Fs [17/151]

  _
  |:  |
__,.|:  |__,.,_ _ __ __,.,___,.,__, ,__,.,_ ____ __,.,_ _ _ ,.,___,.,__,, _, _,, _ __,.,___,.,__,,____ ,_.
  |:  |
  |:  |               __________
  |:  |            /\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           _,,-
  |:  |            //   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         |_,,-
  |:  |          ∠/      \_________\         |.i-
  |:  |           | ___  |    | ̄| ̄||≡|   |_           !.l-
  |:  |           |/\   \|__|_|_||≡|_ |」___    |
  |:_|          //  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ .,,-''!.i-
  || ̄|          ∠/     \______________\,:::!.i-
  ||≡|  ,;:'""':;, '""':;, '""'':;,      |___i ..| | ̄| ̄|||≡| ,;:'""':;,"'':;,"'':;,
  ||≡| i':::::::::::::'i,,::::::::'i,,::::::::'i,      |┐┐|__|::::| | _|  |||≡|i':::::::::::::'i::,:::i,::::i,
  ||≡| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |┐┐|||| :::| └| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ||≡|::::::::              |   |┐┐|||| :::|__| | ─┐
  ||≡|::::::::              |   ├―――‐|   | |   ̄
  |: ̄|::::::::             | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
,、,.|,.、.,|、.,.,,.、.,、,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.|,、,.、.、、.,,.、.,.,,.、.,.,,.、,.,| |、.,.,,.、.,.,,.、.,、.,.,.,,.、.,、.,.,.,.,.


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       一時間ほど後に、夫の運転する車と、
       娘の運転する車は連れだって目的地に到着しました

       当然ですが、夫は車のドアを叩きつけるように閉めるほど、
       いきり立っておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

752 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:17:13 ID:eGSr96Fs [18/151]

            , イ: : ̄: :|: : : : |:\\ |≠__ ヽ: : : :\: :ヽ、: : : : : : :',
.       / _ -ァ ´ ̄|: : : : |ヽ ´: : : : : : : : `ヽ: : : \:/∧: : : : : : :i
       // /: : :/:|: : :/: : : : : :,、: : : : : : : \: : : \: :|',: : : : : :|
     /   /: : // .!: :/: : : : : :{: :i ヽ: ヽ: : :|: : ',ヽ: : : \: ', : : : : |
        /: :/ /: : : ,': /: : /: :!: :!: {  ヽ: }ヽ: :|: : i: \: : : :\i: : : : :|
         // 〃: :/: :/: :{: : .{: :イ: |',: ',  }才丁 ̄`ヽ/|ヽ: : : : ヽ、: : |         じゃあ、とりあえず・・・・・・
.      〃 //: :,': :./: : i:l: 斗 丁| ヾ、  V〃笊芋㍉ }/:\: : :ヽ:\: :|
      /  i: :/|: /: : : ', ´:{ ',斥气ヽ    ト′:::}〃|: : |∧: : :ヽ: ヽ|
           |: { |:/: : :./:ヽ: 〃ト:::::う     .辷zzノ  | : |: |:|∨: :ヽ: ヽ        やる夫君の方から話聞いてくるわね
           Ⅵ. ,': : : ,'ヽ: :ヽ` ヽ>′           i: : |: |:|: ∨: :ヽヽヽ
              i:: : /: :{\|:.ヘ       、        /|: : |: ||: : ∨: :} ヽ ヽ
              |: : iヽ: ', |: : :ト     っ      イ !: : :!: :|| : :|∨: :i ヽ i     フェイト、ケンカの理由教えてくれないし
             |: : ! ヾ、 |: : :| > 、      / |_.|: : :,' : ||: : :|:∨:.}  ヾ、
           !: :{     .|: : |    .r>_-_<r::^:|/: : /: : || : : |: ∨i
.             ',: i.     |: : |   / }::::::::::::::::::::::/: : /、: : :||: : :|: :}: }
                i !    .| : |   / |/::::::::::::::::::://: :/ l:.`ヽ||: : :|: |/
            ヾ、   !: :|r´/   |:::::::::::::::::://: :/  |:.:.:.:.:`ヽ、| | |
                  ,、r´:.|: | /   .|:::::::::::::::///   |:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ 、
             r´ |:.:.:.Ⅵ  , .ヘ|::::::::::://\   |:.:.:.:.:./    `ヽ
             i ヽ |:.:.:.レ´:.:.:.|  |:::::::/   / \  .|:.:.:.:.:i     /
             |  ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  |:::/   /:.:.:.:.:.:.\|:.:.:./   /


                 ___
             ,   ´      `    、_
           /    ,  ´_  -―   二二ゝ、
          /    /             \
.         /  , / /            __ノ 〉
        /   // / _ -‐  __ー― ´ _ ィ゙,
          '   /, /, ≠ ¬ 、二 _ヽ 、  ̄! ̄「l  ! l
       |! >く//    マ_j心ヽ\__!  j!ヽ|l
       |!〃  V  j    ヽ `゙ _,r`¬! く勿刀/
.         v|{ 〈 (   {         ゙´      ヒ疋{
        ゙| >、\゙  ヽ       /〕    ヽ, }        そんなもん聞くまでもない!!
          | | ム__,  l    ,  _`__⌒ /∨
          | |/ 、 |  l    ノ ´ィ 二二Z_ヽ. /
         W  . 、 l   { 〃`ー 、 ∠./ '/         どうせ、やる夫君が悪いにきまっとる!!
           リ  i  \ 、   廴__j_/ '
          l   l    ヽヽ   ` ー―‐ ┘/
           l    !     ヽ   ̄ ̄ ̄`v'
         ノ          \       ノ
         /     l       ̄厂「
      ´      、 ヽ      / /
   /         ヽ \    r' , ヘ
  /               \    {  ` -

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ・・・・・・これです

        昔から娘べったりではありましたが、
        娘が嫁に行ってからは
        それに拍車がかかったような気がいたしておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

754 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:18:55 ID:eGSr96Fs [19/151]

          __
        /: : : : : : : : :\     __        __
       〃: : : : : : : : : : : : ヽ . <: : : : : : ヽ ,、 〃: :--`ヽ
      ./: : : : : : :./: : : :.`ヽ/\: : : : : : : : :./: : /: :/ヽ: : : ヽ
     ,′: : : : /: : : :./: : : /:l: : :\: : : : : /: : :/: :ヽ{: : : \: :',
      .: : : : : /: : : : :./: : : :.{:l:.l: : : :: ヽ: : /: : :/// /‘,: : : ‘,}
    /: : : : :./: : : : :./: : : :.λ',: : : : : :r ./: : :/廴 /}: : }l: :ヽ: :.}      一方的に決めつけないで
     i: : : : :./: : : : :/: : : : :/ ヽ: :ヽ: : { /: : :/{ ,圷 / / l l }}: :.!
    l: : : :./: : : : :/: : : : :/  ‘,: :/ i: : /.ヽ`ゞ《 /|: : i} /i:/
    l : :.:/: : : : :/: : : : :/    ゝ/  {: :/i     > |: : |〃/
    i: : ,′: : :./: : : : :/   /:.:.:`ヽ、 i: {:|  -/  i: : :!         お父さんとフェイトはここで待っててくれる?
    l: :/: : : :./: : : : :/  /:::::::::::::ヽ\l l l--´    }: :/
    |:/: : : :./: : : : :/  /:::::::::::::::::::::::\l l:.l     / /
    /: : : :./: : : : :/ 〃::::::::::::::::::::::::::::::l l l    〃
    /: : : :/: : : : :./ /ヽ:::::::::::::::::::;==、::::::||リ    /             先に私が行かないと、
   ./: : : :/: : : : :./ /:.:.:.ヽ_:::::::〃  ヽ:::::|',                 話がややこしくてしょうがなさそうだし
  /: : : :/: : : : :./ {:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ::::ヽ___ノ::::::|:.ヘ
  /: : : /: : : : : /  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.\:::::::::::::::::/:.:.ヘ



                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨          うむ、なるべく早くに証拠をつかんできてくれ
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \      で、早いとこフェイトを出戻らせよう
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l
  !   \           |,/ ,r〈r- 、 ヽ    /_,rー、ヽノ-、  ヽ、   ,  |
  ト、     \      〃/  \ ヽ '>='^ー-- 、 ` ー ' >`ノト、 /  /ヽ
  {ヽ\    丶    / /    \〉ソ       `¬ニ,ニ-' ´ / ∨ / ,ノ
  ! `i }ヽ    \ '、/ ,/l     ヾ        / ∧  /  ∧   〈
  〉 ヽヽ 丶、    /^'/||      〉     /  / '/     | ト,   ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           夫の言うことを聞き流し、
           私が中に声をかけつつドアを開けると・・・・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

755 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:19:22 ID:eGSr96Fs [20/151]

    /||ミ
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||      ||ガチャ
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||
    \||



                  _ 、.-.ー.ー. -.-. 、,,_
              /\/: : :/\/¨\.;ヘ.:\
            /:.:.:./`´⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ;:ヽ
           /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:',
            /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:〃、ヘ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.',
         /:.:./:.:.:.|!:.:.:.|:.:.:!:.|:.:.|:.:i , ` , |:.il:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i:.:i
         /:.:/:./:.:.l:i:.:.:.|!:.:.l:.l:.:.:l:.l  '  |/」:.:.:il:.il:.:!:.:.i:!:.:!
         i:.:i:.:.i:.:i:.:l:l:.:.:.|斗升サト    /´ノ广ノト/i:.::l:l:.:!      こんばんは
          l:.:|:.:.!:.:l:.:l:l.:.:.:| 彡三ミ    ゞ三ミゞ/l:./:.l:/
         レi:.:.|!:.:l:.:|:ヘ:.:|ヾ弋;勹      {匕夕ゝi/:.:.i/
          |:.:ハ:.:lヘ:.:.:.\ ´ ̄        ̄` /:.:.:/        やる夫君、居る?
             |/! \ |:.:.:.:.|      ′     /:.:.:.:l
              |:.:.:.:.:|;ヘ.    -- --    /:.:.:.:.:|
            /|:.:.:.:.:|:::::\.  `ー ′ /::|:.:.:.:.:|\
           /::::::|:.:.:.:.:|::::::/i >   < lヘー,|:.:.:.:.:|::::::\
            〈:::::::::::|:.:.:.:.:|/iヘ       ノ :i::::|:.:.:.:.|:::::::::/
            ',::::::::|:.:.:.:.:|:::::l \;;;;;;;;;;;/  l:::::!:.:.:.:i:::::::/
            ∨:::|:.:.:.:.:l:::::l   \/    !:::::!:.:.:.:!\ヘ
           /: ̄|:.:.:.:.:l:::::!ヘ /:.:.:.:ヘ ∠l:::::::!:.:.:.l:::::`"\
        /"´::::::::::::l:.:.:.:.:.!:.:.ヘフヘ:.:.:.:.:.∧ ./::::::::l:.:.:.i;::::::::::::::`\_
     /´::::::::::::;;;;;;;;;;;|:.:.:.:.::!:.:.:|∨ 〉ー〈  ∨i:::::::::l:.:.:.l;;;;;;;;;;;;;;::::::::`\

758 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:20:43 ID:eGSr96Fs [21/151]

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::             フェイト、ゴメン!!
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::            もうわがまま言わないから許してくれお!!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::         あと、あのDVDに関してはもう、
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::         捨てるなり焼くなり折るなり、
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     フェイトの好きにしてくれお!!



            , イ: : ̄: :|: : : : |:\\ |≠__ ヽ: : : :\: :ヽ、: : : : : : :',
.       / _ -ァ ´ ̄|: : : : |ヽ ´: : : : : : : : `ヽ: : : \:/∧: : : : : : :i
       // /: : :/:|: : :/: : : : : :,、: : : : : : : \: : : \: :|',: : : : : :|
     /   /: : // .!: :/: : : : : :{: :i ヽ: ヽ: : :|: : ',ヽ: : : \: ', : : : : |
        /: :/ /: : : ,': /: : /: :!: :!: {  ヽ: }ヽ: :|: : i: \: : : :\i: : : : :|
         // 〃: :/: :/: :{: : .{: :イ: |',: ',  }才丁 ̄`ヽ/|ヽ: : : : ヽ、: : |
.      〃 //: :,': :./: : i:l: 斗 丁| ヾ、  V〃笊芋㍉ }/:\: : :ヽ:\: :|       は?
      /  i: :/|: /: : : ', ´:{ ',斥气ヽ    ト′:::}〃|: : |∧: : :ヽ: ヽ|
           |: { |:/: : :./:ヽ: 〃ト:::::う     .辷zzノ  | : |: |:|∨: :ヽ: ヽ
           Ⅵ. ,': : : ,'ヽ: :ヽ` ヽ>′           i: : |: |:|: ∨: :ヽヽヽ
              i:: : /: :{\|:.ヘ       、        /|: : |: ||: : ∨: :} ヽ ヽ
              |: : iヽ: ', |: : :ト     っ      イ !: : :!: :|| : :|∨: :i ヽ i
             |: : ! ヾ、 |: : :| > 、      / |_.|: : :,' : ||: : :|:∨:.}  ヾ、
           !: :{     .|: : |    .r>_-_<r::^:|/: : /: : || : : |: ∨i
.             ',: i.     |: : |   / }::::::::::::::::::::::/: : /、: : :||: : :|: :}: }
                i !    .| : |   / |/::::::::::::::::::://: :/ l:.`ヽ||: : :|: |/
            ヾ、   !: :|r´/   |:::::::::::::::::://: :/  |:.:.:.:.:`ヽ、| | |
                  ,、r´:.|: | /   .|:::::::::::::::///   |:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ 、
             r´ |:.:.:.Ⅵ  , .ヘ|::::::::::://\   |:.:.:.:.:./    `ヽ
             i ヽ |:.:.:.レ´:.:.:.|  |:::::::/   / \  .|:.:.:.:.:i     /
             |  ヽ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  |:::/   /:.:.:.:.:.:.\|:.:.:./   /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      玄関口でやる夫君が土下座して私を迎えてくれました

      無論、私は何が何だかわからず、目が点状態でした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

762 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:23:11 ID:eGSr96Fs [22/151]

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::            アレ?
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::           お義母さん?
   ::::::::::::::/  /   (●) (●)   \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   |    (__人__)    |   |::::::::::::::::::::::::        なんでここに?
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::         
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  /
                     /
                      ,′       ,.  -===‐ .,
                 {!      /´         `ヽ
                    ',     /
                   \  〃   ,. -‐…‐- .
                   }ヽ\{ /ヾ´:./ : : : : : : ヽ
.             x≦:  ̄:`V : : ',__y': : :∨_: x‐=‐、 : : : ::.
          /'ア: : : : : /.: :jゝ∨:∧ : :∨:`ヽ、: :.ヽ: : : :.
.           / /: :, : : : :/ : :/ : : : : : ヘ: : :∨ : : :ヽ: : : : : :.       フェイトが飛び出してうちに来たから、
          /: :/.: .: :./ : :/.: : : : : : : :ヘ: : :.ヽ : : :,ハ: : : : :i       その理由聞きに来たのよ
.         /: ,:': : : :/:/ : :/.: : : : :A: :.i : : ヽ: : :\/ ハ: : : : |
.         {:./,': : :./:/ : :/{.:/: i :i:{;}: }}: i: :小: : : :∨小.: : .:|
         |,' {: : /i/ : :/: i_L斗弋 j/サ十‐+x', : : : V:l:.}.: :|      とりあえず、起きてくれる?
.           l: : |/ : :/ : 从ィf抃i   斧抃x/ハ : : : Ⅶl : : |
             ∨:| : : {: : : :杙 ヒり    ヒzり イ }: : : :.∨: : :|       フェイトは、
           ヾ{ : : |: :N: ハ::::::  、   ::::::: |:.j j: : : :.}: : : |       外でうちの人と一緒に待ってるから・・・・・・
            ハハ:.l: :{. V人   '丶   /|/}ハ: : : :j: : : |
.                ヽヾ.∧:. :≧o。. _,.ィ  /: /:.}:/゙ソ: : : |       落ち着いて、みんなで話しましょ
                 /::∧: :∨: :l     ./: / : /: |: |.: : :.|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        玄関口に立つ尽くす私を、
        訳が分からないと言った体のやる夫君が見詰めます

        そして、私はやる夫君を促して、
        皆で話し合うために立ち上がってもらいました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

763 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:23:50 ID:eGSr96Fs [23/151]

                . . .-:―:…:‐:-. .、
              / : : : : : : : : : ,、: : : :\
             /: : : : : :{{ : : : : : }j : : : : : ヽ
          /: : : : !: :,ィ゙ー==彳、: : |: : :|: :,
             {:/| : : {:メ,」 :/ヽ: :/_,ムィ:j: : :|: :|
            /V{:/ ,z=x'′ ´ ,z=x' YV : |
              | : : | fイハ     fイハ  } : :|
              | : :| 之ソ    之ソ  !: : : !
              | : : :!.:.:.:.    __  .:.:.:.:.|: : : :ト、
              !:ヘ: 人   i´ ̄ ゙i   ,|: :ハ:.|: :,
          /: : :´|: |>. _丶 _,ノ_ , < V: : ` : ヽ
            〈 : : ; /:./ | | ヾx // | | }: :|ヽ: :/}:.ノ
           / {: :{ ! !  ヽ// .| | !: :|〃\/
          /  |:.| .| l、   /  ,.| | {: :|    ヽ
        f′  、 !:.ノ .| l ヽ/  / .| l ヽ:{ ,    :,
         {    y′ | l/   /  | |   ∨    !
        〉    {   .! ! ,f⌒ヽ, |!   {      〈
       {    ,′  | ト、{    ノ,.斗 !   ト、     ′
          、  jj     ! ! /fTT'i′ | |   t ヽ   }
          丶u′  // ヽ`ニ´-‐‐'| |    `ー'   /
          {    // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ! !    ヽ、/
          |  { {    |    | |     }
           ヽ   | |    |    | |     /

            ━━━ お噺中 ━━━

766 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:27:09 ID:eGSr96Fs [24/151]

            , イ: : ̄: :|: : : : |:\\ |≠__ ヽ: : : :\: :ヽ、: : : : : : :',
.       / _ -ァ ´ ̄|: : : : |ヽ ´: : : : : : : : `ヽ: : : \:/∧: : : : : : :i
       // /: : :/:|: : :/: : : : : :,、: : : : : : : \: : : \: :|',: : : : : :|
     /   /: : // .!: :/: : : : : :{: :i ヽ: ヽ: : :|: : ',ヽ: : : \: ', : : : : |
        /: :/ /: : : ,': /: : /: :!: :!: {  ヽ: }ヽ: :|: : i: \: : : :\i: : : : :|      えーと、フェイトが飛び出してきた理由って
         // 〃: :/: :/: :{: : .{: :イ: |',: ',  }才丁 ̄`ヽ/|ヽ: : : : ヽ、: : |
.      〃 //: :,': :./: : i:l: 斗 丁| ヾ、  V〃笊芋㍉ }/:\: : :ヽ:\: :|
      /  i: :/|: /: : : ', ´:{ ',斥气ヽ    ト′:::}〃|: : |∧: : :ヽ: ヽ|      『フェイトのつくったカレーの味もみずに
           |: { |:/: : :./:ヽ: 〃ト:::::う     .辷zzノ  | : |: |:|∨: :ヽ: ヽ      やる夫君がソースをかけた』から?
           Ⅵ. ,': : : ,'ヽ: :ヽ` ヽ>′           i: : |: |:|: ∨: :ヽヽヽ
              i:: : /: :{\|:.ヘ       、        /|: : |: ||: : ∨: :} ヽ ヽ
              |: : iヽ: ', |: : :ト     っ      イ !: : :!: :|| : :|∨: :i ヽ i
             |: : ! ヾ、 |: : :| > 、      / |_.|: : :,' : ||: : :|:∨:.}  ヾ、
           !: :{     .|: : |    .r>_-_<r::^:|/: : /: : || : : |: ∨i
.             ',: i.     |: : |   / }::::::::::::::::::::::/: : /、: : :||: : :|: :}: }
                i !    .| : |   / |/::::::::::::::::::://: :/ l:.`ヽ||: : :|: |/
            ヾ、   !: :|r´/   |:::::::::::::::::://: :/  |:.:.:.:.:`ヽ、| | |
                  ,、r´:.|: | /   .|:::::::::::::::///   |:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ 、



                    , -‐───-、_/ ̄,>
                     /            <__
                / / ̄`      ⌒ヽ,   `ヽ、
              /   /  /  /  /ヽ     ', \__,>
               /   |   | /| |. | |. | | l.   l   \       そう、一生懸命作ったのに、
                |    |   レ' ┼l‐l十' l┼|-|  l | l |       ひどいでしょ!?
                |    |   | ,ィfてト  f心. | / | ト、|
                |/ /./|   l〈弋zソ   .ヒリ .レ'| 八|
             / / { |   |        ヽ  }. |V
               / /.//`|   |    /⌒l   /  |           あとね、それだけじゃないよ!!
.             / /.// ,|   |\  {__,ノ /|   |
             /_ム-‐f´ |   l\ ` ーr< _ |   |
          ./    _l. |   |  }rvf´| \ `|   |           えっちなDVDも持ってたんだよ!!
          / ̄\/::.: l. |   | /{__ト、|   |::.|   |
        ./::.::.::.::.::\::.::\|   k'l 八 |   |::.|   |
       /::.::.::.::.::.::.::∧::.::.:|   | ∨  V|   |::.|   |
      ./::.::.::.::.::.::.::/ .}::.::|   l. V⌒V  /::.:|  |
       _} ::.::.::.::.::. /  /___人   l\ \/ / __人  |
     {::.\::.::.::.::/  /    \|  \/ ̄  .}\|
     /\::.\,ノ  ./            {     /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       改めてケンカの理由を聞いてみると・・・・・・

       呆れるほどくだらない、ほほえましい理由でした

       我が子ながら、なんというか・・・・・・

       悋気はほどほどにしてほしいもんだ、と思ったものです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

767 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:28:13 ID:eGSr96Fs [25/151]

         ____
       /   u \
      /  /    \\      あの、フェイトさん
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |     これからは、そういうの気を付けますんで・・・・・・
    \  u   `⌒´   /


             丶、  ―― __
       ̄二ニ=.、,   ´       `丶、
      /                  ー-、
      /  /                  ヽ
    /  / ,              \    |
-=ニ-‐''/   // /   ヘ     }     \   l      絶対だよ?
    /   / .i .│ l ./  |   | i l ヽ  ヾ  |
    i   ,イ .| .| │l   l .l   |l│l | j j  Y |      絶対だよ?
    | / { |..!-l/‐レ、  l/ リ_l,.|-‐サナ|   l リ  |
    | ,'  |  |ゝ┬┴、   -=T ⌒¬ |  | |  |
    l l  .i  | ヘ ん::ハ|     ん:::ハ j |  | l  |      ソース入れるなとは言わないけど、
    l  .l  ll  弋::::ソ     弋::ソノ .|  | |  |      せめて一口食べて、感想聞かせてくれてから、だよ?
      | ハト、            /|  | !  |
      レ' | `ト . _   '二ヽ   _ ' :|  | |  |
        | │  i ` ┬ ‐ <  | !  | |   |
        | │  |  ir∧∧:::::::ゝ! !   | |  |
        | │ /::::::〈∧〉゙:::::::::::ヘ  | |  |
        | │/::::::::::::|ヽ:/i::::::::::::::::::::\! |  |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         結論から言うと、これは単に
         『犬も食わない夫婦喧嘩』でしかありませんでした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

769 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:29:41 ID:eGSr96Fs [26/151]

      , ヘ            -  、
     / \|/\ー,ヘ‐-γ´   - 、i
     / / //ヽ ソ/ヽ\\ /   ||
.   /// //  /\.  \\  ヽ.  |i
   {/// //―/。゚。ヘ― 、\\ !  |!      お父さん、なんか言うことあります?
.     | //ハリ  ゚   ∨リ∧ | }   |!
     ヘ// ===  === ! !1| !ヽ.  |!
.     //、 、、    、、 | | || | |  ||
    | | ト     フ   ノリ || | |  !|
     リ | | >  ,,,,  < 、| |リ .|  | |
      | |   \| ̄( ̄` // // / !
      //\   ヽ┘ー // // /  |
      トi | \_ )  .トi| //! !  |
      γ ‐   , -    ! リ | |  /
       i    i  _ノ丶  ヘ,,/
       ゝ――`ー――´


                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧         ・・・・・・・いや、その、な?
                    /      /     ィ ∧ ∧
                |   /       ///  V |
                | || 〃/ //   . ィ \ V         DVDに関しちゃあ、
                V || | ///  _/  V≦zム         父として言いたいことはあるが、
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_        男としてはわかるし・・・・・・
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
     /                \\| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \
.   /                 >>l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       完全に娘の味方をすると決めてきた夫も、
       喧嘩がこんな原因でおこったとは思っていなかったのか、
       どうしていいかわからない顔で座っております
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

772 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:31:54 ID:eGSr96Fs [27/151]

                  /
                     /
                      ,′       ,.  -===‐ .,
                 {!      /´         `ヽ
                    ',     /
                   \  〃   ,. -‐…‐- .
                   }ヽ\{ /ヾ´:./ : : : : : : ヽ
.             x≦:  ̄:`V : : ',__y': : :∨_: x‐=‐、 : : : ::.
          /'ア: : : : : /.: :jゝ∨:∧ : :∨:`ヽ、: :.ヽ: : : :.
.           / /: :, : : : :/ : :/ : : : : : ヘ: : :∨ : : :ヽ: : : : : :.
          /: :/.: .: :./ : :/.: : : : : : : :ヘ: : :.ヽ : : :,ハ: : : : :i
.         /: ,:': : : :/:/ : :/.: : : : :A: :.i : : ヽ: : :\/ ハ: : : : |
.         {:./,': : :./:/ : :/{.:/: i :i:{;}: }}: i: :小: : : :∨小.: : .:|       ・・・・・・DVDって、わかるんですか?
         |,' {: : /i/ : :/: i_L斗弋 j/サ十‐+x', : : : V:l:.}.: :|
.           l: : |/ : :/ : 从ィf抃i   斧抃x/ハ : : : Ⅶl : : |
             ∨:| : : {: : : :杙 ヒり    ヒzり イ }: : : :.∨: : :|
           ヾ{ : : |: :N: ハ::::::  、   ::::::: |:.j j: : : :.}: : : |
            ハハ:.l: :{. V人   '丶   /|/}ハ: : : :j: : : |
.                ヽヾ.∧:. :≧o。. _,.ィ  /: /:.}:/゙ソ: : : |
                 /::∧: :∨: :l     ./: / : /: |: |.: : :.|



            ,   ´ ̄ ̄ ̄`   、
          ,  ´           、\_
         /               /\ `ヽ
.         /  /    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`メ、   ヽ  ヽ
       / /      _    /      、 '.
      , / /  .  ´   _ ィヽ       ヽ ,
      l' /.  ´   -‐ ´ /|         | !
      v/       _ .ィ ´  ! ヽ         l |
        T云≧―… ´l, `、  ヽヽ. \     l /
         ノ└く`{  rt_j___>‐zゝ\ \,. 、 /        いや、一般論としてだな
       {   ノ 〉 ノ`フ乙方¬テz- \/r l /
.       ' u. /    ヽ ̄「 ̄” 、ヽ  ' ハ>〃
        '.  ノ    、     \ 、 _ノ ィ //          男の下半身事情というもんは・・・・・
        l Z__,,. 人__   ノ /ヽr‐ ´{ /
        'l t こ_` ‐-、_、   '  ,.′  v
          L 辷‐ミ=-y } /u./ ′  !
         }  `ーz´_  ,.  ´  /   |
         ゝ _     <     /     {
          /ヽ`¨¨´      /      丶
             {      /         \
             ゙     / ノ            ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        無論、私もどう仲裁するべきかわからなかったので、
        しばらく傍観していたところ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

774 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:33:25 ID:eGSr96Fs [28/151]

                                        , -――ァ
                       ___  ___      /   ,ィ´
                    . : ´            ` ヽ 、 / /
                  /
                 , '                        ` ー―:... _  ィノ
                ,                                    /
               v'                          ``  、__彡'
              /     /   _              ハ   V   へ  ヽーァ
             /    i   /        ハ      i   ハ    ヽ  ∨
             |     |    i  i | ! i i  '  l   ハヽ  l    i     ヽ l
             |     |    |  | l ! l |  l  |  ./ ' }: j    l      i
             l    │   i リ 八 ! l |  |  ! /ノ比从 ハ   j    i   |     じゃあ、今度一緒に何か作ろうね
             |     /l    | || 斗==ミ`ヾ|  |/ 'イんィハ|    /リ  i  |  :!
             |   :/こ|   || ! 代r':::jっ       ヒ:ソ:ノリ   イ ,   ハ  リ ハ      何つくる?
             |   {{^ |   ||ヽ', 圦zイソ       `´  ! /i/ ! /i /\!
             |    |ヽ.|   ||、  /|/|/       /|/|/, |   i / !/  !
             |    |  |   ||',          丶    ,' |  !             フェイトさん、それは
             |    l .-'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`''' ‐ .._     /! |  |             子供でもよかですか?
             | r―/                \/..:|/、  |
               .l/:/                   \ `ヽ:. !.`''ー 、         うぇへへへへwwwww
                /             _ -―--、     \..:.∨、:.:.:.:.:.:.:`ヽ
               /  , -―-、       '´             ''".:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'
           /                           .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
           /               三三三三三     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
            /   三三三三        三三三三三   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;〉         もう、バカなんだから・・・・・・
             |    三三三三                 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ィ
            |         /          ヽ /|/|/ /.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:/
          |  /|/|/  |     |      |     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
     _,,. --=''ヽゝ         ゝ . __ 人   __,ノ      ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:i
    /___,  ` `ヽ         ヽy . . . .  ̄ ̄i      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.i
   f   _,      `ヽ、        V. . . . . . . ../     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:i
   ir‐''" ,        // ̄''ー- ..,,`ー----'´     ノ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:|
   i  t'"       ,'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄ ̄`゙''ーrf"ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`ヽ!
    `ヽ イヽ、_    //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', !\.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   \


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   十分ほど言い争った後に、娘夫婦は勝手に仲直りしておりました

   こういう時、
   どういう顔をすればいいのかわからないという方は多いと思います
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

776 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:35:23 ID:eGSr96Fs [29/151]

                  _ 、.-.ー.ー. -.-. 、,,_
              /\/: : :/\/¨\.;ヘ.:\
            /:.:.:./`´⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ;:ヽ
           /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ.:',
            /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:〃、ヘ:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.',
         /:.:./:.:.:.|!:.:.:.|:.:.:!:.|:.:.|:.:i , ` , |:.il:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:i:.:i
         /:.:/:./:.:.l:i:.:.:.|!:.:.l:.l:.:.:l:.l  '  |/」:.:.:il:.il:.:!:.:.i:!:.:!    えーとね、フェイト?
         i:.:i:.:.i:.:i:.:l:l:.:.:.|斗升サト    /´ノ广ノト/i:.::l:l:.:!
          l:.:|:.:.!:.:l:.:l:l.:.:.:| 彡三ミ    ゞ三ミゞ/l:./:.l:/
         レi:.:.|!:.:l:.:|:ヘ:.:|ヾ弋;勹      {匕夕ゝi/:.:.i/     私たち、そろそろ帰っていい?
          |:.:ハ:.:lヘ:.:.:.\ ´ ̄        ̄` /:.:.:/
             |/! \ |:.:.:.:.|      ′     /:.:.:.:l
              |:.:.:.:.:|;ヘ.    -- --    /:.:.:.:.:|      喧嘩はもう・・・・・・ 仲直りできたのよね?
            /|:.:.:.:.:|:::::\.  `ー ′ /::|:.:.:.:.:|\
           /::::::|:.:.:.:.:|::::::/i >   < lヘー,|:.:.:.:.:|::::::\
            〈:::::::::::|:.:.:.:.:|/iヘ       ノ :i::::|:.:.:.:.|:::::::::/
            ',::::::::|:.:.:.:.:|:::::l \;;;;;;;;;;;/  l:::::!:.:.:.:i:::::::/
            ∨:::|:.:.:.:.:l:::::l   \/    !:::::!:.:.:.:!\ヘ
           /: ̄|:.:.:.:.:l:::::!ヘ /:.:.:.:ヘ ∠l:::::::!:.:.:.l:::::`"\
        /"´::::::::::::l:.:.:.:.:.!:.:.ヘフヘ:.:.:.:.:.∧ ./::::::::l:.:.:.i;::::::::::::::`\_
     /´::::::::::::;;;;;;;;;;;|:.:.:.:.::!:.:.:|∨ 〉ー〈  ∨i:::::::::l:.:.:.l;;;;;;;;;;;;;;::::::::`\



.       / /   /  /          ヽ、 、 、  ヘ   ヽー―=---=‐一'
      / /  ./  / .| .| ハ  ヘ   ヘ ヘ ハ   ハ   ヘ
    ' i |   | | l   |. |l ヘ  l   | | . |  | }  l  ’
     | | |   l || ハ |, |  | 斗七卞下、|  l.ハ .ト、 .|
     | | |  _|斗七二下 l | .| ム斗=ェムイ j ,イ  j | ヽj
     | | |   l、 lィ示ニゝ、l`ヽ.レ''イ::::J::| 〉イ. / j. ,イ j  '     あ、うん、もう大丈夫!!
     | | |   |ック{:::::J;::l `    弋益リ '/ /|  / j /
    | l |   トヾ弋斗='      ,,,,,, /イ.|/ / ハ
    | l |   トヽ、,,,,,       '       j. レ /イ ハ
     ,ヘ |   L_ `     、  ア    / λ  ヘ、 ハ       心配かけてゴメンね!!
     } '|   |ヘ>,           /    ハ   ヽ. ハ
     | .|   | ヘ ハ >     イ |    | ヘ    \ハ
     | .|   l  ヘ 入    _,ンヌヾl    |   ヘ.   `ハ
     | .|   |>イ:.| ト、フ<´   ,.イ    .|><ヘ_  ハ
   ,.ィァ不   .ィ'ツ:.:.タハ丁}  , ィ /:.|    |=‐-、_/>.、ハ
  /::/ー'‐l.    |/:.:.:/イ/ 入 ー' /:.: j   |::.::.::.::.>´::.::.`ヘ
. /::.::.{::.::.:: l.    |:.:.:/ r',.イヽ. \/:./     |::.::.::./::.::.::.::.::.::.:ヘ
. {::.::.::.、::.::.:l.    |:./  ´ ノ`ー' //       /::.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::.:ト、
 、::.::.::.l::.::ノ   レ, --‐┴、  //     /::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.j ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       二人の間の空気が甘ったるくなってきたのを見計らって
       私が確認の言葉をかけると、
       すっかり機嫌を直した様子の娘が、
       笑いながら返事を返してきました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

779 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:38:16 ID:eGSr96Fs [30/151]

                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧
                    /      /     ィ ∧ ∧
                |   /       ///  V |          えーと・・・・・・
                | || 〃/ //   . ィ \ V
                V || | ///  _/  V≦zム          今回の件はこれで終わり?
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、  一段落、でよいのかね?
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
     /                \\| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \
.   /                 >>l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ



                  ___
                 /     \      ええ、なんかもう、大変ご迷惑をおかけしまして・・・・・・
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \   それでですね、お義父さん、お義母さん
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/   もう夜も遅いですし、泊って行かれますかお?
              '、_ \       )
                \ \ / /|     そんときゃあ、お義父さんとは
                 |\ ヽ /  |     ちょっと飲み明かしたりなんかも・・・・・・


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    夫とやる夫君のほうも、多少はぎくしゃくしておりますが、
    穏やかな空気で会話を交わしておりました

    夫婦喧嘩が終了したのは、23時になる少し前

    そこでやる夫君が気を使ってくれたのですが・・・・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

781 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:39:57 ID:eGSr96Fs [31/151]

          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !       あ、それいいよね
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|       今夜はみんなでお酒飲もうよ!!
      |   !  | .| |  N,            / / N |
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |       私とやるちゃん、明日は有給だから、
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |        じっくり飲めるよ?
           / ',   ! ` 、       イ   l     !
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|
     |::.ヽ_ -――/::.ヽ|:.::.::.∧く_./ ヽ._>∧:| /:.::.〉――-- _/.:.:|
    _|::.::∧ /::.::.::.:: `ヽ _/::.マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/ ::.::.::.::.::.::.∧:.::.|
.  〃^|::. |::.∨::.::.::.::.::.く::.::.::.::.::.::.\::.::.::./::.::.::.\ ::.::.::.::.::.::.::∨::.|.::.|^ヽ



: : : : :./: : : : : :/ : |: |: : :|: |  |:|: : |: |ヽ: : : : \ : : : !: : : !
: :: : :/: : : : : :/ : : | |: : :|: |  } |: : !: :|: ヽ : : : : \: : :', : : }
: : : /: : : : : /:ヽ__⊥l__: |  |/┼‐┼-: ヽ : : : : ヘ: : :i: : :i
: : /: : : : : / ‐´ヽ | ヽヽ||/ / |/≠=、/ / ∨: : : : ヘ : |] : |
: /: : : : :´/! | ||≠斥个/   ./イう:}〃〃 } |∨: : : :ヘ: !}: :!
/: : : : : :/:ヽ,イう:::::::ら       {::::7 //! /. }: ∨ : : : i | | |
: : : : : :/:| 〃∨:::::::::::}       ヒリ ,'/: :| |: ∨: : : |/ |/        あら、二人合わせて有給とったの?
: : : : :/ : !  ` ヽ-…´          } : : !  }: :∧: : : :| /
: : : :/|: : :|             `  /: : : :| |: / i: : : |
: : :/ |: : : !          r フ / |: : : :| |/  |: : :|           何か特別な日だった?
: :/  !: : : |          /   } : : | /   |: : :!
/  \| : : |  ` ‐-, __/::`ヽ、 i : :|    | : /
ヽ   !: : :|- ___ /ヽヽ:::::::::::::::::::ヽ.|: : |    | /
:.:.\   !: : !   |::ヽ ヽ:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : !    |/
:.:.:.:.:\. |: :|   |:::::::ヽヽ:.___ゝ:.:.:.:.:.:.|: :.|    ./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: |    |:::::::::::|ヽ:.:.:.:.: ̄|:.:.:.|: /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/\_| ヽ、:-ヽ、\:.:.:.:.|:.:.:.|/、|
:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.\  ヽ::::::ヽ ',:.:.:.:.|:.:./、:.|
、:.:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:\ ヽ:::::::::ヽ:.:.:.:|:.:.:ヽ:.|
:.ヽ/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ヽ::::/ヽ:.:|:.:.:.:.:.ヽ、
:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:',:.|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         やる夫君の提案に、娘はノリノリで賛成
         
         私もまあ、悪い話ではないと思っていました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

783 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:41:09 ID:eGSr96Fs [32/151]

               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \
          /   (●)  (<)  \     明日はやる夫の誕生日なんで!!
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/     明日は二人でのんびりしようと思ってますお!!
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/



                         ,.. -‐''::: ̄ ̄` 丶.、
                    /::::::::::::::::::::::::::─--ヽ\
                       /::::::::::::::::::::::::;:::-:::::::::::‐;::};::ヽ
                   /:;::::::/::::::::;/::::::::::::::;::::':::/iヽ::l
                    |::i:::/::::::/:::::::::_;;::-::::::;ィ´ ヽ:::::!        なるほど、そういうことだったか
                ,. -‐!:::/:::/:;::-:__;::: -‐''"´i ヽ, |::::l
             , -' ´  /ヘ::l:::/ィ'ニ二、_     ! _i__∨
           /      // 〉ヘ:;i´ 、=ーtュミゞヽ r='rュ"ヘ〈、         だが、明日は平日、
         /     /| ! { r) '   ` ̄`ノ   iヘ¬" |ノ \        私は仕事を休むわけにはいかん
       /         /  l | ヾ`i !        | !rヘソ    \
     /        /   l l  Yl, ヽ   ,r〈 、 _ソ ′/     ヽ
    /             ヽヽ ヽi ヽ _,, - ''__''ヽ、 /         \    残念だ、本当に残念だが、
   /               \  >、. ヽ ',´ --、` /          ヽ   宴席は遠慮させてもらおう
  /          ヽ      ヽヽ/ >、     ´/′     ,    l
  {            ヽ  /   //>'´  ,ゝ --‐ '~\     /       l
  |  ヽ         | /  ,r'"´     `ー'ニニヽ、`'ー-、 /      l   ああ、一応おめでとうとは言っておくよ
  !   \           |,/ ,r〈r- 、 ヽ    /_,rー、ヽノ-、  ヽ、   ,  |
  ト、     \      〃/  \ ヽ '>='^ー-- 、 ` ー ' >`ノト、 /  /ヽ
  {ヽ\    丶    / /    \〉ソ       `¬ニ,ニ-' ´ / ∨ / ,ノ
  ! `i }ヽ    \ '、/ ,/l     ヾ        / ∧  /  ∧   〈
  〉 ヽヽ 丶、    /^'/||      〉     /  / '/     | ト,   ヽ
  {   } }      /  \ | |    /      ヽ  〈 '"     l l \  |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          夫は、あっさりとその誘いを断りました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

786 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:42:42 ID:eGSr96Fs [33/151]

                    , -‐───-、_/ ̄,>
                     /            <__
                / / ̄`      ⌒ヽ,   `ヽ、
              /   /  /  /  /ヽ     ', \__,>
               /   |   | /| |. | |. | | l.   l   \
                |    |   レ' ┼l‐l十' l┼|-|  l | l |
                |    |   | ,ィfてト  f心. | / | ト、|      おとーさん!!
                |/ /./|   l〈弋zソ   .ヒリ .レ'| 八|
             / / { |   |        ヽ  }. |V
               / /.//`|   |    /⌒l   /  |
.             / /.// ,|   |\  {__,ノ /|   |
             /_ム-‐f´ |   l\ ` ーr< _ |   |
          ./    _l. |   |  }rvf´| \ `|   |
          / ̄\/::.: l. |   | /{__ト、|   |::.|   |
        ./::.::.::.::.::\::.::\|   k'l 八 |   |::.|   |
       /::.::.::.::.::.::.::∧::.::.:|   | ∨  V|   |::.|   |
      ./::.::.::.::.::.::.::/ .}::.::|   l. V⌒V  /::.:|  |
       _} ::.::.::.::.::. /  /___人   l\ \/ / __人  |
     {::.\::.::.::.::/  /    \|  \/ ̄  .}\|
     /\::.\,ノ  ./            {     /



                     _  ¨,.ニニ= 、、_
                       ,  ´  /     _>、\
                 /      ,  ´   ∧ ∧
                    /      /     ィ ∧ ∧         いや、ホントに仕方ないんだって!!
                |   /       ///  V |
                | || 〃/ //   . ィ \ V
                V || | ///  _/  V≦zム         お前や母さんの誕生日とかいうならともかく、
                 Ⅵv/´∠. ≦__)、 」イ刋アヘl、_        やる夫君の誕生日では、
                 _>「\l ミ ィ立アソ  〈'ーヘ 、 |  ` ー―  、 急に有給をとる根拠としては弱いんだって!!
              .  ´ /ヘ (_ {    /  ,. ヽ  Vソ        \
          -‐ ´  /| | >、_ヽ    ノ{ _ ,__〉ヽ l             \
       /           VV∧ ∧ヽ   / r=彡ッァヽ |           丶
      /            V∨ \ ヽ\ 〃f=彡く ′     _ / ̄ ̄`ヽ
.      /             ゝゝ  >、丶、  /   ノ     __ノム∠. ̄    \
     /                \\| |  ̄>―‐<7    〃 ̄ `⌒ヽ\      \
.   /                 >>l____/ヘV  /   /   ` ニ  、_  ニニヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           当然ですが、娘は声を荒げます

           夫はたじたじとそれに反論し
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

789 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:44:21 ID:eGSr96Fs [34/151]

          ____
        /ノ ヽ、_\      フェイト、今夜飲もうってのは、今さっき思いついたことなんだし、
       (●) (● ) \    あんま無茶言うもんじゃないお
    /⌒(__人__)⌒   \
    |    )  )    u.   |    お義父さん、今回は残念ですお
    \   `ー'´      /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ  晩酌はまた、正月辺りに先延ばしってことで
  \ ヽ           ヽ /
   \_,,ノ|      、_ノ



            ,   ´ ̄ ̄ ̄`   、
          ,  ´           、\_
         /               /\ `ヽ
.         /  /    ´ ̄ ̄ ̄ ̄`メ、   ヽ  ヽ
       / /      _    /      、 '.
      , / /  .  ´   _ ィヽ       ヽ ,
      l' /.  ´   -‐ ´ /|         | !
      v/       _ .ィ ´  ! ヽ         l |
        T云≧―… ´l, `、  ヽヽ. \     l /      うむ、その時はまたじっくり、
         ノ└く`{  rt_j___>‐zゝ\ \,. 、 /       私の知らないフェイトのことを話してもらおう
       {   ノ 〉 ノ`フ乙方¬テz- \/r l /
.       '   /    ヽ ̄「 ̄” 、ヽ  ' ハ>〃
        '.  ノ    、     \ 、 _ノ ィ //
        l Z__,,. 人__   ノ /ヽr‐ ´{ /         では、私はこれで失礼するよ
        'l t こ_` ‐-、_、   '  ,.′  v
          L 辷‐ミ=-y } / / ′  !
         }  `ーz´_  ,.  ´  /   |
         ゝ _     <     /     {
          /ヽ`¨¨´      /      丶
             {      /         \
             ゙     / ノ            ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         やる夫君のフォローにすがるようにして、
         そそくさとその場を後にしていきました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

790 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:44:47 ID:eGSr96Fs [35/151]

         ┌──────┐
         │            │
         │            │
         └──────┘
           ┌───┐
           │      │
           └───┘
             ┌┐
             └┘

             ┌┐
             └┘
           ┌───┐
           │      │
           └───┘
         ┌──────┐
         │            │
         │            │
         └──────┘

792 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:46:20 ID:eGSr96Fs [36/151]

       _
        { ::三}
      ..|  =|
       |  :=|
        |  ::=|
      . i   :=
       i    :::i.
      .,'     .::',
     /.;   ;;;; .::',
    ./ ;     ;;;;; .::',         ,-'-"^⌒、_
    ./       ..:;',   。  (⌒      ⌒
   |::______=|     ( (  ∪   ⌒ )
   |r―――――- |     ( (,,,,、,-,,, ‐,,,∪,,,_`)。
   |::..  __   ::|    。|:。 ∪ °。 ┌└─┐
   |::  (beer)  :|   。 |:  。  。 ° ┬┐ |
   |:    ̄ ̄  :::|     |:::::::i:::::::i::::::::i::::i::::! | |
   |:   ヒ゛ール   :|     | :i:::::::;;::::i:i::::::i::::::」_/ /
   |______:|. ____ |:::::::::;::i::::;;:::::i:::::「___/____
   |ー――――― !     |i_:_ i _:_:_i_:_:i :_:_i |
   lL_____=」     └────‐‐‐┘

        ,,ノ⌒ノ
    __ /⌒;;_,ノ (⌒;''"⌒>__
   / ¨ ̄_ノ⌒)(⌒⌒⌒ン \
  |  /⌒;,-'´∠`'⌒⌒⌒). |
.   \__¨ ̄       ̄` ̄´´__/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   夫が帰宅した後で、冷えたビールとおつまみが出て参りました

   娘曰く、
   本日は缶ビールではなく瓶ビールなので贅沢な晩酌、なのだそうです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

793 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:47:18 ID:eGSr96Fs [37/151]

                       /}
               ‐-==ミ___,イ/_
             /       ⌒ヽ/イ   ヽ
           /                 \
           .:     /    ./    \  廴__` -'
            |  i    i   /i  i    ‘,   ヽ          えーとねー、そいでねー
            |  i  } i  / i i儿} }  i i   }
            | i :i  rテ气 川,ィfミ、トレ'i } i/
            | i :i 《人r'ソ    ヒソ/ / :i iレ'           これ、喧嘩の原因になったえっちぃDVDだけどねー
            | i :i i ゙゙゙゙゙゙゙  `゙゙゙ iレ' :iレ'
          r‐-‐i 个    、_フイi  :i
            厂 ̄i i∧`≧=‐个 i:.i  :i‐‐ __
          {////i i  ヽ―/  i:.i  :iニニ[_圦          おかーさん、見る?
    ,    ̄`ヽ }///:i i∧/¨ヽ  /:.:i  :i/////∧
    _ト、ー==‐'i ト_/イi i:.:.il〉==〈ヽ/.:.:.i  :i//i////ム
   _〉ノ_..,...._,,. i 込/:i i:.:.ム_∧_∨:.:.:.:i   :i、//////:.ム        私はねー、今度やるちゃんと一緒にねー、
   }ト=-ィ: : : : i  マ::..{ 八:.:.:.\ /:.:.:.: /   :i.:.}//////叭        見ようと思うんだー
    ゝ=‐{: : : :: i圦 \圦:.:.≧:.:.:.\:./}ノイ.:.:.i:.、个トL _ヽ
    `ーイ: : : : ノi:.:.\i:.:.:.ヽ:.:.:.:¨≧=‐‐:.:.__.:.:.ノ.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.‘,
         ̄}∨イ.:.:.:.:.:≧ュ.ト、:.:.:.:.:.:.()}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ\__.:.:.:.:.‘,     えっちぃDVD一緒に視た後のえっちって、
         八/ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.}::.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.}/.:.:.:.:.:.:.:.∧    すっごく盛り上がるんだよー
   ̄ ̄ ̄  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八:.:.:.\:.:.:.}.:.:.入___ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
============――,¨¨¨´   ̄ ̄ ̄r‐'    `ヽ\:.:..:.:.:./____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニ]イ         てニ__     入:./
                        `ヽ二_ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    で、新しく発見したこと

    うちの娘は、酔うとシモねた全開になるということ

    親の知らない娘の姿を知ることは喜ばしい事だとは言いますが
    こういう形での成長を見せつけられるのは、少し複雑でございます
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

796 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:49:00 ID:eGSr96Fs [38/151]

   , ィ'    ,                      ヽ
ー '     /                           ヽ
     /                     ヽ     丶
   ,/    r-―                    ヽ      l
 ̄ イ     |         ,、         ヽ    `、   l      やる夫くーん
/ /     |  r      / ヽ    ,    l   ヽ   |
レ /   ,    l  {     ,  l   ヽ   イ  l、 |   '、   l
. イ   /    《 |/` ,  i  |    } /-l―|-|| |   l   l      まだ早いし、今夜は限界までえっちしよー
.l   /      l /  /  |  l    | ,´  |  l l |   |   |
l    l     l  l.l .r-l― lヽ、丶   |/  __|__/_リl   l    l
.|   ll    l   l.l l l ヽl l___  `     三三三、l   i    l      早くおかーさんに孫の顔見せてあげるのが、
.`、  l l   |   |l ` 三二三,        ̄ ̄ ̄ |   l    l      娘としての務めだよねー
 ヽ | l   l  |l  ̄ ̄         ////// |    .|    |
  `、 l 、  |  | l //////             l   |    |
   \ 丶  |  | {              _   |    |    |
      ヽ、 | l  ヽ      r ー - ― _´ノ /l    |     |
       |ヽ, |   l` 、 _ ` -_ _= -、 <_´_ _l    |    |
       |  `|   |  /l~'=i,,,,r'° |::::::::::::::::l    l― 、 |
.         |  |    l/:::::|  /  ゙ヽ |::::::::::::::::|   i:::::::::::`ヽ



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    フェイト、お前もう寝ろお!!
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |   相当酔ってるだろ!!
  \    |ェェェェ|     /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         さすがに見かねたやる夫君が、
         余り酔いが顔に出ていない娘を助け起こしました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

798 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:50:15 ID:eGSr96Fs [39/151]

      ____
      /_ノ ヽ、_ \      お義母さん、すんません!!
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\   こっちゃ、今日はもうこのまま休ませていただきますんで、
  |       |r┬-|     |   お義母さんは適当に切り上げて、休んでくださいお!!
  \     `ー'´     /   テレビの部屋に布団敷いてありますから!!



                  /
                     /
                      ,′       ,.  -===‐ .,
                 {!      /´         `ヽ
                    ',     /
                   \  〃   ,. -‐…‐- .
                   }ヽ\{ /ヾ´:./ : : : : : : ヽ
.             x≦:  ̄:`V : : ',__y': : :∨_: x‐=‐、 : : : ::.
          /'ア: : : : : /.: :jゝ∨:∧ : :∨:`ヽ、: :.ヽ: : : :.
.           / /: :, : : : :/ : :/ : : : : : ヘ: : :∨ : : :ヽ: : : : : :.
          /: :/.: .: :./ : :/.: : : : : : : :ヘ: : :.ヽ : : :,ハ: : : : :i      え、ええ、その・・・・・・
.         /: ,:': : : :/:/ : :/.: : : : :A: :.i : : ヽ: : :\/ ハ: : : : |
.         {:./,': : :./:/ : :/{.:/: i :i:{;}: }}: i: :小: : : :∨小.: : .:|
         |,' {: : /i/ : :/: i_L斗弋 j/サ十‐+x', : : : V:l:.}.: :|     バカな娘で御免なさいね
.           l: : |/ : :/ : 从ィf抃i   斧抃x/ハ : : : Ⅶl : : |
             ∨:| : : {: : : :杙 ヒり    ヒzり イ }: : : :.∨: : :|
           ヾ{ : : |: :N: ハ::::::  、   ::::::: |:.j j: : : :.}: : : |     見捨てないであげてね
            ハハ:.l: :{. V人   '丶   /|/}ハ: : : :j: : : |
.                ヽヾ.∧:. :≧o。. _,.ィ  /: /:.}:/゙ソ: : : |
                 /::∧: :∨: :l     ./: / : /: |: |.: : :.|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    そして、そのままフェイトを引きずるようにして
    廊下へ続くふすまへと向かいます
    
    私は、何をどう反応すべきか、どういっていいものかわからず、
    戸惑いながらもうなずくしかありませんでした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

799 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:51:40 ID:eGSr96Fs [40/151]

                  ,  〟  _
               ,  '          '  .
              /                '
.            ,.::'                   ' ,
            /
            ,'                       ',
                   ,' ⌒ 、
         l             、 __ ,'          :
                                l
           ',                          ;
            : ,                      ,.'
          {\ ,                  , '
           \_: :'. . .           ,   '
             '  .: :¨: :: :-: : : :': :: :¨: : :'


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     やる夫君がフェイトを抱えるようにして部屋を出て行くと、
     部屋はつい先ほどまでの騒ぎが嘘のように鎮まりかえります

     そんな中で、私の視線は・・・・・・

     テーブルの上に放り出されたDVDに吸い寄せられていました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

801 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:53:04 ID:eGSr96Fs [41/151]

              ヽ,            ___
               ヾ,、         ,イ  .,イ! ,-、
              .,イ"ヽ'、   >'''"フ  ,イ i.!イ'i ヽ___
             ,' ,イ"ヽ',イ   ,イ  ,イ, ,、" ! .!-、ー ゙‐-、
             ,' .,イ .,イイi   ,イ  ,イi!//.! ! .!、ヽヽ、
            ,' / / /  i .,',イ 弋乳!リ!!∵リi '、.! ヽ, '、ヾ、、
            ,' / ./ /   !,イ  ,イ///   i';i'从!!、 ヽ ', ヽ
           ,',イ ./ /   イ,'  .,イ!.  、  ' ゙イイ ! ',  ゙, i  !
          ,イ .! .,' !   !'  ,イ', ',    ,-、 ノ ,   ,! .!i !
            ,' .,' i    ! /イ  ゙̄ヽ ,.',;-.゙' 、__ ,イ! / リ
           ,'   !   ! ./ .!    ',  ゝ-'、-,ヽ、レ'
           ,'    i     ', ! i     .!、   〉、"   ',
          ,'    i    .!'! ',、    ゙, ゙ヽ、 ヽ  i
          ,'      !    ',. .ヽヽ    ',   ゙/  ,'     ,、
         ,'      ',    ',  ゙'ヽ   .',  /  /ヽ、  _',ヽ
         ,'         ',     ',   ゙.、   ヽ'   /  i   !'、''`'.i
        ,イ        ',    '、   ヽ   ゙  ./   .!  ,' .ヽヽ!,
        ,' / i  i ',     ヽ    ヽ、   ヽ   ,イ.ヽ ノ, イ  i ノ.!
      / イ i  .', ヽ      ヽ      ヽ   ゙ -.' .  i.   ,'   i  ',
     ,イ ,.イ  ,',  .!, .','、       ヽ、    ヽ、     i , イ    !  i
    ,イ ./ ,' .,' ',  i '、 ',ヽ、  、     ヽ、    >、   !" ,'    ',  ',
   ./ / .,'  ,' .i i ! .ヽ'、 ヽ、 ヽ、、   > 、    ゙ヽ,!, .,'    ',   ',
   ,イ /  ,' .,'  i i ',  ヾ、、, イ 、 ヽヽ 、  ヽ、,,  、   >、     .',  ',
  ,イ ./  .! ,'   ! !',.',  , イヾ、、 ヽ、ヽ、 ゙>、 ヽ、゙''',、ヽ!゙ヽ、ヽ、  ',  "
 / /  . ! !   ! ! '、', ./    ヾ   , -ヽヽ 、 iヽ、ヾ  ヾ、、__ヽヽ、ノ
 ! /   ', !   ! .!,イ ヽヽ     ,イ   ヽヽ ゙ヽ 〉、ヽ   ヽ  ヾヽ
 ! !     ', !   ! !  .! ヽゝ   ,イ      '、',  ',  ', ',   ',  ゙, ゙,
 ', ,'     ヾ,  .,! ,!  ',    /         i!  '., ', !      リ
  リ          ,'.! !   ヽ   .!            リ   '.,.,' ,'
          ! .', .'、    ヽ、 ',                / /
          ',、 .'、 ヽ,.-ー―-ヽ            イイ.'、
          ',  ゙ヽ、ヽ、   .ヽ             ',


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    磁石が砂鉄を引き寄せられるように、私の視線が
    小さなプラスチックの円盤に引き付けられる理由ですが

    まず間違いなく、先ほどのフェイトの話が耳に残っているのです

    それだけではなく、私もお酒に当てられているのでしょう

    身体が芯から火照っているのが分かります

    そして何よりも・・・・・・

    夜の生活が充実しきった若夫婦に当てられた私の身体が、
    年甲斐もなく、腰の奥に甘い炎を灯しておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

803 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:54:06 ID:eGSr96Fs [42/151]

                , イ: : ̄: :|: : : : |:\\ |≠__ ヽ: : : :\: :ヽ、: : : : : : :',
.           / _ -ァ ´ ̄|: : : : |ヽ ´: : : : : : : : `ヽ: : : \:/∧: : : : : : :i
           // /: : :/:|: : :/: : : : : :,、: : : : : : : \: : : \: :|',: : : : : :|
         /   /: : // .!: :/: : : : : :{: :i ヽ: ヽ: : :|: : ',ヽ: : : \: ', : : : : |
            /: :/ /: : : ,': /: : /: :!: :!: {  ヽ: }ヽ: :|: : i: \: : : :\i: : : : :|
             // 〃: :/: :/: :{: : .{: :イ: |',: ',  }才丁 ̄`ヽ/|ヽ: : : : ヽ、: : |
.          〃 //: :,': :./: : i:l: 斗 丁| ヾ、  V〃笊芋㍉ }/:\: : :ヽ:\: :|
          /  i: :/|: /: : : ', ´:{ ',斥气ヽ    ト′:::}〃|: : |∧: : :ヽ: ヽ|
               |: { |:/: : :./:ヽ: 〃ト:::::う     .辷zzノ  | : |: |:|∨: :ヽ: ヽ
               Ⅵ. ,': : : ,'ヽ: :ヽ` ヽ>′           i: : |: |:|: ∨: :ヽヽヽ
                  i:: : /: :{\|:.ヘ       、        /|: : |: ||: : ∨: :} ヽ ヽ
                  |: : iヽ: ', |: : :ト     っ      イ !: : :!: :|| : :|∨: :i ヽ i
                 |: : ! ヾ、 |: : :| > 、      / |_.|: : :,' : ||: : :|:∨:.}  ヾ、
               !: :{     .|: : |    .r> - < :^:|/: : /: : || : : |: ∨i
                  j /    |: : | 、二 ̄ヽ      /: : /、: : :||: : :|: :}: }
               j ,'    | : |    \    -―゙: :/ l:.`ヽ||: : :|: |/
                   ,'   _j  !: :|       '´    /: :/     `ヽ、| | |
                 ,'  /´ |: |            u// 人
                ,'.  /  u.゙Ⅵ
                  ,  |    /⌒ヽ    ;
             /  ヽ._/  /  \   !/
             /    ヒ彡/     \/                 ',
               /u.   /´ /        ヽ          u. Y '
           /    /  /         ∧            |  .'
            / -―、/  /         /  |\ . . .         ,  ∧


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        夫は私よりも、ほぼ一回り歳上です

        新婚の頃は毎晩愛し合ったものですが・・・・・・

        ほどなく、週二、週一、と営みの回数は減り、
        娘を授かってからは、さらに月二、月一と
        回数は減少の一途をたどって、
        いつしか夜の営みは雲散霧消しておりました

        それは愛情が消えたとかいう話ではなく、
        加齢からくる夫の性欲の減退が原因なのでしょう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

804 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:55:01 ID:eGSr96Fs [43/151]

                         /: : : : : : :\
                      r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
                     //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
             ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :
             , イ: : : : : : /: : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : ',
            /: :ァ  ̄ ̄ /: : /: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.i
           //: : .ァ: : : /: : /: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |
            /// / /: : /: l: :l l: {。゚。}: : l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|
           〃/ //: :/: :/: :⊥ --ヽ ゚ /-┼--: :}∨',: : : |
           / /  {: :/: /\.,イ示ミ    ,イう示〃: ト: :.i: : :|
                 i /: :/ |∧ 込ソ    込ソ´/l: :l ',: }:.:.:|
               v: :,'l: l: ∧     i     ',イ:.l: :i: i::.:.|
               {: :,' l: :l l 人   -‐-   /: :| l: :.l: l::.:.|
               i: :i ゝ{ |: : |: :..    イ: |: : | |: :.| |:.:.:|
               !: :{  l.ヾヽ. |  ` ´   ゝ 、 __:.l/ _..|
      .        , -──_‐ ' ´ '        _,..     `ヽ
              /.       ` ー-、  r‐ ' ´            l
             ,′                      、'     |
      .       ,       、.        γ        }       ,
      .       |.    ,.'       ,:'        ',.    ,'
      .       |    /       ,           l    .ハ
      .      l    ,′       i    ::rュ::    j   ハ
             l   {   ::rュ::    !        _/_   ハ
      .         |   λ       λ. -‐  ´      `、ヾ、
      .        l   ヽ    _,. ' ´     :.      . 、 ヽ }
              ',    γ´        ,._: '^- ー‐- 、 } ) }
              ',  /       ,. ' ´       λjイ レ'
              ',      ,. '´         ノ
               ',    ,. '´        _,.  ' ´ l


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         30代後半という女盛りの肉体を、
         一人もて余す日々を送らされた私ですが

         身体が寂しいからと言って、
         浮気に走るということは考えもしませんでした

         夫が夜に淡白であることを除けば、
         私の家庭は理想的なものだったからです

         疼く身体は、
         いつも自分の指と空想で慰めるのが常でした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

805 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:55:28 ID:eGSr96Fs [44/151]

┌────────────────────────────────┐
│   金髪淫乱女子高生    ¥1980                       ..│
│                DVD二枚組 480分                 .....│
│                                              ..│
│                          , -‐…‐ァ‐‐- 、           ...│
│                            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.ヽ          ....│
│                        ,:'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶          .│
│                          /.:.:./.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ          │
│                      /./.:,:.:.:.:.:.:.:/  ',:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ      ......│
│                         j/.:.:./.:.:.:.:./ r‐-ヘ、:.:.:.:ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.、     ...│
│                          }.:.:./.:.:.:.:,〈    , _ヽ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.',:.:.:',      .│
│                        /.:.:/.:.:.:.,ィf=ミ、  ヘ対 ハ.:.:.:.:.:.}:.:.:.}:.:..:}    ......│
│                      {:.:./.:.:.:.:ハ , ,  i    , , , }.:.:.:.:/.:.:./.:.:ノ      .│
│                    .V.:.:.:.::.{:.:.ヘ、  ___  /.:/.:/.:..:.厶.:))       │
│                          l、:.:.:.ト、:.:.:.`丶 `ー′,イ.:/.:.(:.:(:.:.ーイイ      .│
│                        ゝ二≧\:.ヽ:.:.:.ノ)` ー〈 }ハ:.:.⌒)).:.:ノ′      │
│                      ′.       ).:.:)'′\ ノ  `¨¨´¨¨` ー- 、    ..│
│                  |   ノ  `く7´      、_, ‐-一     ヽ    │
│                ___j,. '´      ヽ                   }     .│
│                    / /             },. ´        }       八    │
│                〈.,.'             /          、/     .′   ...│
│                  /         , '              }       /_    ....│
│              _r';:         /              _,.-┴ 〉    .│
│              /__人         ,:               人=≦   〈     │
│           //〈ヽ  >  ...__,. イ {    : ;..: :   /       _/     │
│           // _〉、 !    /  人    ゞ゚' '  / -=ニ二 ̄ /     ....│
│           〃 └r‐┤    ト、   > ...    _,.イ       /      ......│
│           {{   ハヽ  ̄\__ヽ \     ̄  ハ \    /:!       ...│
│              ` ̄´/     /   }> 、._    〈/       /: : :!       ...│
│             /      /   ;    冫=-        /|: : : ト、       │
│            //       ′  .′   i  !  ≧=r<{{ |: : : | \      │
│           / /       !   i       ! |     | 八 !: : : !   )   ......│
│         /  /        ;    !     |  \     V  ヽ: : : 八      ....│
│        /  ,〈       /    ;       |   ヽ    V  |: : /         │
│       / /// \___/    }     |           \j: /         .│
│      //___/〈       〉           |           \          │
│     〃 /,.   ヽ    /           _」           ヽ        ..│
│    /  / /    `ー‐rく    _,.  -=≦ |            |         .│
│    | / / /「 ̄ ̄〉-/、__>≦: : : : : : : //|            |         .│
│    | |/ /  |   { { ̄ ̄ `<: : : : /{{  !              人        .│
│    | し'   !    ヽ.j         }}Y´ヽ. }}  ′        /|        ......│
│    |  ____!             u |  V /_,. -‐―━=彡  !          │
│    レ'´    :.              |   ∧            |          │
│  .       八             |   ∧            |          │
└────────────────────────────────┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   所謂エロ本、AV・・・・・・

   ポルノコンテンツというものにも、今まではあまり縁が有りませんでした

   なんだかんだで、私も淡白なほうなのが、
   肉欲のままの人生を走ることを遠ざけていたと言ってもいいでしょう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

807 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:56:21 ID:eGSr96Fs [46/151]

            / : : : / : : : : : : : : /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ∨: : :∧: : : :
          /: : : : / : : : : /: : : /: : : : : /: : : : : : : :,: : : : : : : : :∨ : : ∧: /: :
       /: : : : / : : : : /: : : /: : : : : /: : /: : :/: / ヽ: :!: : :!ヽ: :.∨: : :∧: : :
.         ,': : : : / : : : : / : : /: : : : : / /: :i : : i: :i  }: :|: : :|: i: : :|∨ : : ∧:
       i: : : :/ : : : : / : : /: : : : : /|: i: :|: : :,'{: :|   i |_⊥i_ : |: |∨: : :
       |: : :/ : : : : ,' : : /: : : : : :/斗 斥 ̄ ̄`|    }´| / |/| ` ヽ、 ∨: :
       |: :/ i: : : :〃: :/: : : : : :/ : |: ,≠笊トヽ|   / /イう斧x、|| |: :/∨: :
       |:/ | : : /.{: :/: : : : : :/ !: :〃ら:::::::::} ヽ   / .ト':::::::::::}㍉: / |/∨:
       リ   !: :,' |:/ : : : : : /:|: ヽ ヽ{:::::::::う         {:::::::::う 〃:/: :!: : :
.           ',: { /: : : : : : /!: | ∧ヾ、辷zシ       辷zシ 〃/ : !|: : :
          i | /: : : : : : /:|',: |: :∧                   / /: : :! |: : :
.            ∨ /: : : : :/ : ! ト|: : :∧        ′        /!: : :i: :|: : :
             / /: : : : / .!: ∨ |: : : |: ヽ    ― ‐     イ: :|: : :| : |: : :
            //: : : : :/  ヽヽ: :!: : : | |: : ト          イ: : |: !: : :!|: : |: : :
.           //: : : : :/   /ヾ、:| : : |:|: r/、 > _ .< ./ヽ、: |: : ,': |: : |: :
          //: : : : :/    / / :.∧: : :|/|   \    ./  .}: 7: :./: :|: : :|: :
.        //: : : :/   / /: :/: :|: : :|:.:.|    /‐ヽ    /:./: :/、: : |: : : :
       //: : :/.     /: /,、r::´:∧: :|:.:.|   /::::::::∨  /:./: :∧::::`::ヽ
       /: : /     ,、r::´:::::::::::/:.:.:!: :!:.:.|  /::::::::::::∧ 〃/: /:.:.:i:::::::::::
      //  ,、r:::´:::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:|: :|:.:.|| ./ ∨::::::/ i ///:/:.:.:.:.:.ヽヽ::::::
     / .,、r::´:::::::::::::::::::::::/:./:.:.:.//:!: !:.:||/  /:::::::|  Ⅵ/:/--:.__:.:.:.ヽ:.:.:.:
     /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.//:./:.:.:.ヽヽ:.| /::::::::::|   /://:.:.:.\:.:.`ヾ:.:.:.:.:

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ですが、今・・・・・・

    目の前に、『えっちなDVD』があり


    娘夫婦も寝室に入ってしまい、私の邪魔をする人間も居りません
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

809 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:56:55 ID:eGSr96Fs [47/151]

    _
        ̄` - 、
            ` ‐ 、
                `ー 、
                    `ヽ、             ___
                       `ー――――――.'.´     `ヽ、
                                    `ー=ニヽ、__`ヽ、
――― 、_                                 ヽ, `ヽ、ヽ_)
          ̄ ` -- 、                      ヽ、`ヽ、l
                 ̄`ヽ、_                    `ヽ、`ヽ
                     `ヽ、            __    `ヽ、l
                        ヽ          /    .〉ヽ、   ヽ
                         `ヽ、       l     l  ,イ`ヽ   ヽ
                                `ヽ、    ヽ     ゝノ.|`ート、  ヽ
                              `ヽ、   ヽ、     |  |. ヽ.  ヽ
                                      ヽ、   ヽ、  ヽ_ノ  ヽ  .|
                                   `ヽくヽ l        `ー'
                                     `'′

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      自分の心臓の音が聞こえるかと思うくらいの静寂の中で


      私は、そっとDVDに手を伸ばしました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

811 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:57:36 ID:eGSr96Fs [48/151]

         ┌──────┐
         │            │
         │            │
         └──────┘
           ┌───┐
           │      │
           └───┘
             ┌┐
             └┘

             ┌┐
             └┘
           ┌───┐
           │      │
           └───┘
         ┌──────┐
         │            │
         │            │
         └──────┘

813 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:58:14 ID:eGSr96Fs [49/151]

 :| :i  :| :| :i |  :i :::|: |            | |:|         ::|:|
 :| :i  :| :| :i |  :i :::|: |            | |:|         ::|:|
 :| :i  :| :| :i |  :i.._丿 |          [:]:| |:|         ::|:|
 :| :i  :| :| :i |  :i    |______|_,,|二二二二二二二|:|二
 :| :i  :| :| :i | _ノ  ./ __,,───,__
 :| :i  :| :| :r'    / / /__  /  /
 :| :i  :| :|_ノ  // ̄ ̄___  ̄ ̄ ̄)
 :| :i  :|_ノ  ./// ̄ ̄     ̄ ̄./ /
 :| :i _ノ   ///           / /
 :|_ノ   ///            / /
_ノ   ///             / /
   ///    ___     / /
  / (   ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄  /
/    `ー───────── ´

※テレビの部屋(居間兼客間)

815 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:59:11 ID:eGSr96Fs [50/151]

               ,. '"´ ̄ ̄` ー‐- 、
        _  , '´     丶、: . . . : .`ーr‐-、
――┬―‐ '´.:./>'´         `丶、_、_: . . ` ̄)____
:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:./              `丶.` ̄「」´:.:.:.[_]:.:.:.\
:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:                 `丶、―――――l
_:.-:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : .           : : .丶、_  `丶、:::::::::::::::::::|
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!: : : : : : : : : : : : : . . .   : : : . . . . .   :丁 ̄ ̄´
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:::::::::::',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : . . .、"':___: : : /
::::::::::::::::::::::::::::::::',: : _,.、: : : : : : : : : : : : 丶、__: : : : :ノ`¨´
:::::::::::::::::::::::::::::::::「´| `` -- 、、__、_ ノ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::、:ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         これからの時間への期待と興奮、
         僅かな罪悪感と後ろめたさ

         用意された布団の上に座り込んで、
         私はDVDをセットしたテレビのスイッチを入れ、
         DVDの再生を開始しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

816 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 12:59:41 ID:eGSr96Fs [51/151]

                 ,. . . : :―-. 、__
             /: : : : : : : : : :ー-:.ヽ、
              ,:': : : : : : : : : :,.. --: : : : : 、
          /: : : /: : : : /: : : : : : : : : : :.
             ': : : /:./: : /: :./: : : :/: : : : : : :.
          /: : :/:./: : /: :./: ,: : /: : }: : }: : :.i
           /:/:/,{: |:|:./: `ヽ:/: :/: : /: :./: : :l:{
       ,ィ: /: {(Ⅵ:{,ィrミ,|:/://{:./:/:./: : ト,:.
      /:イ: : :{:、 {:| 弋ソ{从/イ: /-/:/: : :/ `
   ,. ---、/:{: |: |:ハ リ :.:.:.   { /イtミ{/:/: /
  /     \|:.}从 ::.      , 弋ソ/:イ{:/        ・・・・・・どう?
 ハ       / |    、  、 _    ィ {:/:|/ -、
 ! \     / __!:   ヽ _.. <: :|:.ハ:{ / }
 }   \.  /イ  ヽ    / .-、\ /イ /   !       綺麗に撮れてる?
 マ    \ /   / }  ィⅥ   ̄ /    ,
  }   _.::/:   /     |   i:/     ,:′
  |    `/ヽ  /  ..::   j!    Y-/  /
  /    ,イ   /  ,У   i    ヽ'    /!
  ヽ .,:'   ,:'し /     /      }/  {
   ∨   /  ,:'    ゝ/     |    |
   {   ,  ;       {   \ j   /
    ,、 i   ::.    |     ∨   ,'
    ヽ  j!:  、:::...   !    ,.イ   /
     }ヽ|_    \::::.....{....:::::/   /}\_
     | {ヽ ̄ ´  ` ー|- イ /   / |   Tヽ、
     | | ',    ヽ |  :| /  /   !   | { `ヽ
     | ム }:::..     |  j/       !     /   ` 、
     |   ∨     、__マ,イ  - - 、 }    ,        \
    /    }      {,./      〈   /        ヽ
.   /  :  |      {          } ,.:'               、
   /    l  }      Y!´ ̄ ̄`ヽ /、 {:.            \
.  〈   .::  |   、...___|      j!Y:::..Y:::::....               、
   \  .:   !     `´   |    ;!::\ |ヽ、:::::::..
    \:  |         |     ;:  ∨   `丶、::...           ヽ-、
      ヽ :!         !    ,         `  、              ',}
      _| ヽ{、        !     ;                `丶、       ヽ!
  _/⌒<!   \     |                    `  、      ':,
  ーУ  `   ノ ヽ、   !   {                       ,     }
  と_ノ ` ー '´      >|  --、                        }      /
                /    \ ー-     __           /`  ー '
              { /マ ; i }              ̄ ̄ ̄ ̄ ´


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       そこに映し出されるのは、肌もあらわな姿の女性

       ほんのりと頬を紅潮させたその女性は、
       微笑みながら画面の中からこちらを見つめています
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

818 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:01:01 ID:eGSr96Fs [52/151]

                     . --- .
                 . : ´: : : : : : : : : : :` : .
                /: : : :/: : : : : : : : : : :∧: ヽ
                 / /: :/ l: :l:: :l l: : ∧: :l: : l: :.ハ
                l/ l: :l: :l /l: :l l: :/: ハ::l: : l: : : l
                lll :l: :l从¨从',:l/:://¨lハ::/: :l: :l
                l!!::l: :l: l. 赱ッ',.Xィ:/t赱 リl: /!:l         こうやって、カメラに撮られてると思うだけで・・・・・・
                Xゝ: :从xx.   i   xx./ノl/l
.           ヽ--イ 〉/ Y从        /イ ;リ:::ヽ
           -=ニ`__/∧::::l:∧  `ー ‐´ /:/ !::/lハ ゝ
               ノ//::∧l: :l: `. 、   , ィ::/l // .lリハ        いつもよりも、すごく興奮しちゃうわ
                ノ '//:リ: :l: : l|  `´  l:|/// > ´ ̄ ヽ
                  /, ≧- ' ´ ',   / l,:/''´      |
           ,ィ ' " ´      ヽ--、. , ィ'´レ.          |
           /                    l ,    l      見えるでしょ?
           !     l ,               !'     !
           l    /'                ヽ    !
.           ',  /'                 ヽ  リ       ほら、乳首がもうこんなんに・・・・・・
            〉'                    ヽノ
           /                      ハ
           ./            l !            ',
                      ,' ',            .!       もちろん、下のお口だって・・・・・・
         l,.::::::.、         /  ヽ         ,.....、|
.         Y,ヾ:::::::l        イ   .ヽ、     /:::;::::y'
.           `´ヽ.ィ_     , ィ ´      ` ‐ -- -ゞゝ'ィ
             .|   `ヽ ´              イ   ヽ
              l    |ヽ            ./ .',    ',
              !    } '             .∧   |
            !    ./  ,      !      ,   .ヽ、 !
          |   /   ',     |      l     `ヽ、        , .. ..
            .! ./.      ',    .j!     .l       リ>‐‐ '' " ´
.            /       ,    〈l}     .l      , '
     ,. - '' ´  `ヽ      ,.     `     ,'    /
,. - ' ´               ,         '    ,


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   画面の中の女性と、パッケージ写真の女性が違う・・・・・・

   私がいぶかしむ間にも、画面の中の女性はことを進めます

   その女性が身体に引っかかっていたシャツを脱ぎ捨てると
   同性である私でもほれぼれとするような裸体があらわになりました


   『じゃあ、美鈴さん

   何をどうしてほしいのか、これを見ている人にもよくわかるように、
   全身を使ってアピールしてくださいお』


   同時に聞こえてきた声に、私は耳を疑いました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

819 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:02:09 ID:eGSr96Fs [53/151]

                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::l::::::::::::ハ
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::l:::!::',::::::::::ハ
                     /::::::::::::::::::::::l:::::::::::l:::::l:/!::l::::',:::::::::::ハ
                       /::::::::::l::::l:::l:::::ト:::::::::l:::///!:ト.:::l:::::ハ:::::',
                    l:::::::::::::l::::!::ト::::lヽ::::::从 ゙lミ==ミl:::l::::!:l::l!      はい・・・・・・
                    l:::::::::::::l::::l::l/l ヽ::::リ/ ,ィ≦=ミ!リ:::l::l:ハ
                    l:::::l:::::从/l__リ  〉Xゝ.'込r'ノツl:://l:/
                     l:::::l::',:::::l,ィ伝示テ/////, l/ハ/l       もうこんなになってる美鈴のおまんこに、
                     l:::::',:::l、:::l\¨´// ヽ///  ! ノ:l       硬くて太いおちんちんをください・・・・・・
                    l:::::lヽlヽ::\//   .- .、   !.イ:∧
                    l:::::l::::::\ヽ_ヽ_   (   ノ   ./l::\:ヘ      お願い・・・・・・
`  、                    l:::::l::::::::::l`:::\     .Yイ{    ∧l\::`ヾ,
    ` 、         ,.、_,. -――――- 、 >r_ 、|{ ヽ) .ィ:::: ,. -――― - 、   _
       ` 、      〈: :ノ: : :         >――-、. ´,.  '´          ``´: 〉
         ` 、   冫: : :           /       < __           : : :`〈/
           ` 、/          /            \  `ー 、         /
               ` 、       // /    /        L___)      /
                  \   / / i    /        〈       `ー―‐ '
                  `<___|  |   /   /⌒ヽ.   、
                          |  |  /   / 八 ヽ   \
                            |  | /   / / : \ \   \
                        ̄|./   / /,. 公、:\ \   \-、
                        ,.-/   / /,.(⌒)、\\ \   \\           /
                          / /   ///: :`ー゙ :\\\ \   ヽ.\     /
                       { 〈   ///: : :,:-(:o)- 、: \: : \ \_ノ }   /
                           ヽ ーく {: : : :/: : : : : : : ヽ: : ヽ: : :}    / /   /
                  \        \  八: : :{: :/´⌒ヽ: : }: : : }: :/  //  /
                  \        \  ヽ: :`{{:::::::::::::}}/: :// //    /
                    \      \ \:>―< // /       /
                     \      \ \      /      /
                         ` 、           \   /
                                     `、 /

820 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:02:19 ID:eGSr96Fs [54/151]


                                   ヽ ノ
                                  フハく
                                                                        /
                                                                       /
                                                                        /


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            画面の中に移っていない、
            おそらくはカメラを持っているであろう男性の声が

            どう聞いても、やる夫君の声にしか聞こえなかったからでございます

            画面の中の女性は、
            やる夫君の声に恥ずかしそうに微笑みつつ、
            画面に向かって大股を開いて見せました

            赤く充血し、しっとりと濡れた女性器があらわになると・・・・・・

            『美鈴はほんとに素直でやらしい人だおねえ』

            それを見ているらしい、やる夫君の含み笑いの音が響き、
            女性器はさらに溢れてきた愛液で妖しく濡れ光り始めます
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

823 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:03:43 ID:eGSr96Fs [55/151]

                   _/>__冖__   __
                  ( < └ァ --'、冖,l l、
                   `ヽ.>`r=_ノレィ ァ ) ◯ 〇 O
                                       _/>__冖__   __
 _/>__冖__   __                           ( < └ァ --'、冖,l l、
( < └ァ --'、冖,l l、                           `ヽ.>`r=_ノレィ ァ ) ◯ 〇 O
 `ヽ.>`r=_ノレィ ァ ) ◯ 〇 O

                  /: /: : l: : : : : : : : :  ハ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
               /: :/ : : l: : : : : : :/: : : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : :
.              _l: :/ : : l l: : : : : :/ : : ハ: : l: : : : : : : : : : : : :∧: : : :
                 l::/l : : l:∧: :/ :/: : l: : l: : ト: : ',: : : : : : : : : : : ', : :
.               l/_.!: : :l: :ハ:/::/: : :/: :/!: :lハ: : ', : : : : : l: : : : : :', : :
                 l! l: : l{::l: : ∨、_ /l ;/ l: :/ ',l: :',.: : : : :|: : : : : :l\:
               ',: :ll :|l: :/: :`/¨゙/≧/-- lト: :l : : : : l: : : :l: : l: : :
                ', :N:l从l /イ / l/    llハ l : : : : ! : : :l: : l : : :
                  レ リ \/イ ,ィミ=z≧.、ll ',!: :l : :|: : : :l: : l ,. =
                      ,-‐'ヽ"         .ll /: :l: : :i : : /: :リ r-
                      ヘ       〃〃 リ /: :/ : /: : /l: ://-
                      ゝ         //: : /: : /::/:/r,⌒
                    ヽ、      , イ´ / :/: : / / イ 〉´
                         〉ィヽ         ///: : / /'  r-- '
                γ´ : : :`ヽノ  .ノ     _...' /::/  ./
             / : : : : : : : ノ-イij.    /   ̄` ー
           r ´: : : : : : : : :ノ  人    ./∧ _ /
           ゝ- --- ァ ' l.     ̄//  l \
          /::::::::::::::::::::::/:::::l.     / ./   !   ,,-- ー - 、
         /:::::::::::::/:::::/:::::::l  / /    ,. ' ´        ヽ
        /----' ノ::::::/::::::::/.   /    /            ∨
       j -- ≦´::::::::/::::::::/.  /    /
      /(::::::::::::::::::::::_ /::::::::/ /   ./                l
.     /ヽヽ:::::::::ノイ´/:::::::::/.     /                  ハ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   『これがそんなに欲しいなら
   まず最初にやることがありますおね?』


   その言葉と共に、美鈴と名乗った女性が、
   目の前の・・・・・・ おそらくはやる夫君の性器にむしゃぶりく様子が、
   画面に映し出されました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

825 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:04:57 ID:eGSr96Fs [56/151]

                                .         ry、
                                   {二二} UU
                                   {二二}/フ _
 /: : : : : /: : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\         // '┐|
/: : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : :,: : : : : : : : : : ヽ      ∠/  (ニ ニ)
: : : : : /: / : : :./: : :./: : : : : : :/: : : : :/: : : : : : : : : 、: : :.       _∩_ ry、
: : : : /: /: : : :/: : :./: /: : /: :/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : :.l  .    └‐i. i‐┘UU
: : : /: /: : : :/ : : /: /: : /: :.:|: : : : :/: : :.i: : : |: : :l: : : : {: :.      「| |. | 「|
: : : {:/: : : :/: : :./: /: : / |: /|: : : :.:{: : : :}: : : |: : :|: :.|: :.|: : :. .      ¨└' ¨ロロ/7
: : : /:|: : :/: : :./: / {: / {/ {: : : : |: : :/: : ,ィ: : : }: :.|: :.|: {: ::.          ∠/
: : : ,ハ!: /: : :./ {/ 从 ̄ `ー\--': :/: : :/ マ: /: : :|: :.|: |マ: !
: : / {Ⅵ: : /         - 、 ∨:./:.:.:./ー-|/ |: : :}:.:.:|: | |: |
: : { (  |: :/   ー 、_ _ 、  ∨: / ___/ /}: /: :/|: | |: }
: : ヽ  Ⅵ       `¨¨ゞ、  /:/ イム㍉ヽ/:,. -- 、: :} }:/
/ : : \ー_,       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:    ,  弋ソノ/::::::::::::}ト| /
: : : : : /{                 { :.:.:.:.:. ,.ィ:::::::::::::::::::::::}
: : : : / .                    〉,ィ/:{.!:::::::::::::::::::::::;
: : : /  :.       、____   - ' /: : : {: r 、:::::::::::::::{      .         ry、
: : /    \     乂:.:.:.\::>'´: : : : : : 、ト \:::::::ノ         {二二} UU
: ∧      、    }:.:.:./: : : __: : : : : : ヽ  } ´          {二二}/フ _
/ {{        > _/:.:/ :: :_: :(ー `ヽ、: :/ ,ノ              // '┐|
  ||      /\  {:.,:': : :( 、`丶 ̄ヽ  `ヽイ         /   ∠/  (ニ ニ)
  ||           ヽ /: : : : :_`ヽ、  \,丶 ノ_ - _,.. - ´       _∩_ ry、
  , -‐- 、>―-< Y: : :/ィ( `ヽ:\   ヽイ       ,:::     .    └‐i. i‐┘UU
. /  、_  `ヽ: : : /: : //ノ,: :\ `ヽ' /       /           「| |. | 「|
/ -――=´: : : /: : //: : : : : : :\__ノ'  __/        .      ¨└' ¨ロロ/7
  -- ァ-- ´: : :/: : //: : : : :/r: :/  /                       ∠/
 _,...イ: _: : : :.{: : :.{ {:_.,... - ´  _

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      情熱的、というのでしょうかか

      それとも、下品なと・・・・・・

      いえ、いっそ浅ましくと言うべきでしょうか


      美鈴さんは一心不乱に男性のモノを咥え、
      しゃぶり、口の中に飲み込んでいきます

      男性器を口で愛撫する・・・・・・

      所謂フェラチオという行為、知らないわけでは有りませんが、
      こうして客観的な目でじっくりと見るのは初めてでした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

827 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:07:34 ID:eGSr96Fs [57/151]
                          /: /: : l: : : : : : : : :  ハ.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                             /: :/ : : l: : : : : : :/: : : : : l : : : : : : : : : : : : : : : : :
           -j─            _l: :/ : : l l: : : : : :/ : : ハ: : l: : : : : : : : : : : : :∧: : : :
           二)                 l::/l : : l:∧: :/ :/: : l: : l: : ト: : ',: : : : : : : : : : : ', : :
            ゆ                 l/_.!: : :l: :ハ:/::/: : :/: :/!: :lハ: : ', : : : : : l: : : : : :', : :
            >│|               l! l: : l{::l: : ∨、_ /l ;/ l: :/ ',l: :',.: : : : :|: : : : : :l\:
           /、)ヽ                ',: :ll :|l: :/: :`/¨゙/≧/-- lト: :l : : : : l: : : :l: : l: : :
       __ _                   ', :N:l从l /イ / l/    llハ l : : : : ! : : :l: : l : : :
      {ゞ_λ                    レ リ \/イ ,ィミ=z≧.、ll ',!: :l : :|: : : :l: : l ,. =    -j─
      /`¨:.:.:`ヽ                       ,-‐'ヽ"         .ll /: :l: : :i : : /: :リ r-     二)
.      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、                    ヘ       〃〃 リ /: :/ : /: : /l: ://-      ゆ
    /、.:.:.:.:.:._:.:.:.:'  `> 、               ゝ         //: : /: : /::/:/r,⌒      つ
   l/             `  、                ヽ、      , イ´ / :/: : / / イ 〉´      :
   ヽ                     ヽ               〉ィヽ         ///: : / /'  r-- '
     Yソー---- 、- .       \ /´`¨: :´: :`ヽノ  ノ     _...' /::/  ./
.     | -イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`y  ` > 、-----ゝ、: : : : : : : : ノ-イij.    /   ̄` ー
.   /,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,       ` <: : : : : :` ー -./ ./人    ./∧ _ /
   / i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,    _ノ       ヽ : : : : : :// .l   ̄//  l \
.  /  ゝ.:.:.:.:_:.:,       .\        \ :/- '   l  / ./   !   ,,-- ー - 、 .
  l               -j─            \ヽ、___ / /    ,. ' ´        ヽ
  l               二)           ヽ     /    /            ∨
  l               ゆ       ,、___    /    /
  l                r ー ' ´   }   ハハ、 ./   ./                l
  ヽ                 ゝ---イ  ノ  / ノハ    /                  ハ


   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      うっとりと目を潤ませながら男性器を舐めしゃぶる美鈴さんは、
      その豊満な胸を抱え上げて、柔らかな肉の谷間に男性器をはさみ、
      自分で胸を弄ぶようにしながら愛撫を加えます

      愛撫を施している間中、美鈴さんの粗い呼吸の音が響き、
      その中に時折やる夫君のうめき声が混じるのが、
      私の耳に生々しく響きました
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

830 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:09:19 ID:eGSr96Fs [58/151]

                                   ,. . . : :―-. 、__
                                     /: : : : : : : : : :ー-:.ヽ、         正面からのしかかって、
                                ,:': : : : : : : : : :,.. --: : : : : 、       抱きしめながら・・・・・・
                                  /: : : /: : : : /: : : : : : : : : : :
   _                          ': : : /:./: : /: :./: : : :/: : : : : : :      美鈴のここにおちんちんを、
 /  u `ヽ                          /: : :/:./: : /: :./: ,: : /: : }: : }: : :.i      ハメまわしてください・・・・・・
. i         ̄`   、                 /:/:/,{: |:|:./: `ヽ:/: :/: : /: :./: : :l:{
. |       ̄ `ヽ.   \               ,ィ: /: {(Ⅵ:{,ィrミ,|:/://{:./:/:./: : ト,:          ,.  '´   _,.∠
 ト、         \   \.          /:イ: : :{:、 {:| 弋ソ{从/イ: /-/:/: : :/ `       /    /
 |               ヽ   \         /:{: |: |:ハ リ :.:.:.   { /イtミ{/:/: /.          /   u  /
 |      U        `、   ヽ.        \|:.}从 ::.      , 弋ソ/:イ{:/       /       /   u
  !                  `、   `、     >==二.  、  、 _   _..=--=ニ._       /      /
.  '.                  '.      '.  _/       ヽ ヽ _. _:/´     u ヽ- 、 /        /
  八             /^ヽ   V__./    u            '    u  __ 〉__/      /
    \              〈  ノ u   \' ̄ ̄ `ヽ    ノ-ノ从-ヽ    /  、. /    __ /
     ヽ、        /  ̄ 〉、_     Y    \_∠ノ从从ヘ、_>‐'     「    (  ヽ
        ! ` - .._    〉--く    ヽ   八      <_ rC.、_ヾ>'´,.      !    ノ   |
       |     `ヽ ヽ_ノ     '.    〉n  { 〈`ー‐': :公`ー―/ _,イ '  /  __/ ( ̄ ̄}
       |        `く _ノ      ト、  〈/ ヽ ヽ V´:/: ,:'⌒ヽ: V ./ ./ /-、〈  /      `r‐┴、 /
.       !        〈 ̄_)  -、  {. \ \ \\ V: : : _: : V .// / ,. ヽ〉 {      〉-、V´
.         '.        `、     ヽ    `ー 、  `ーヘ〉/,. =ミ:〈_/{_,.イ /   /}  /   r-、 /
       '.         \             Y ヽ V´ '⌒Yヽ } }  / _//  {   ヽ_,.〉
        `、         `  ..._         ノ ヽ  (⌒ー うノ ノi! /            /
           `、              `ー-  、_ /   \ ´~〃r') イ r'ノ {          /
           ヽ                       ヽ {{、!  /rう、 ヽ.____,. -‐ '´
.             \                           Y{小}} ヽ. }
                \!                        八rり、  { ヽ
                  '.                    (う  }、ぅ、_ j ノ
                  ヽ                   r'_ノ  `ヾ {                 ,.'
                \                 ノ∩{    }r'               /
                    ヽ               ノノ /}} ヽ  {{            /
                    ` .、           ( ノ≦Y⌒Xヽ、 ヾ、        ,. イ
                      ≧=-      -=(ソ´  `}}'    ≧=`ーぅ---=≦
                                    !j     !j      `u'

831 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:09:31 ID:eGSr96Fs [59/151]
      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ほどなくフェラチオが終了し、やる夫君の声が響きます

         『美鈴さん
         今日はどういう格好でハメてほしいんですかお?』

         それを聞いた美鈴さんは、ためらうことなく、
         自らの手で大きく開いた女性器を画面に見せつけます
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

833 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:12:44 ID:eGSr96Fs [60/151]

                                         / : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                                       / : : : : : : : : : : : : : : : /: / : ハ
                                         l: : : : : : : : : : : : : : /: :l: /从:l:ハ
                                          l : : l: : : : : : : : :l l/l: :l从_リ,l :Ⅳ!
                                           l : : l: : : : : : : : :l l/l: :l/rゥァXリlリ
                                       l : : :l: : : : : /: : :ll{ノ_∧__゛':{ノ州
                                      __ l: : : :l: : : : /: : : :|'´    \〉    はい・・・・・・
                                    / .// : : l: : : /: : : : :ト        ヽ
                                   / //: : l: : : : :l: : : : : :lハ      u i
                                  i ∠/// / l: : l 从l: : :l :l _     {    ど、どうぞ美鈴のお尻を
                                  ヽ/イ  /イ :/l: :∧lヽlヽ::ト、',ヽ     ト、__  好きにしてください・・・・・・
                                   ',  l  .l/ /イ  l! リ N    ヽ u  ',:::Y
                                    |  l               ',    ∨
                                    | /                ',    |   このだらしない大きなお尻は、
                                    l./                l .l    .ヽ   ご主人様の
                                   /                     l.-l     }、  ものですから・・・・・・
                                  __/                     l iヽ     ',
                           , -‐' ̄                      l .}
                    __,   '´ ̄ ̄ ̄ ̄      >───-        ヽ ',     '
                 , ・ '´ /            ::, '´           `ヽ ー‐、 ; ヽ
              , '´  //  /    u       /   u            \  `ヽ、ヽ  ',
             /  ,-┴‐zィ⌒ヽ./       /         、 ヽ       ヽ    `>、i
           /,---/  //  /        /           `ヽ  { __    i        `> 、
          /  j.  ノ   '.′  {         ;            u Y⌒i⌒ヽ  ;           `ヽ、
-‐'´ ̄ ̄ ̄ ̄ /  /} /   ,:l    ノ        u |              i  ヽ  ヽ. k、             \
         / u /{  {   .:i   ./          人              j  }.  i | ヽ
        .i  {         {         / ヽ            /  ′ ノ ノ  }               \
       ノ′ .|          ヽ、   /_, <-─‐-へ  、        /   ヽ  Y  .∧                \
           .i            ̄ ̄ ̄} >'⌒⌒⌒ヽ_\_\___/         〉./ .ノ
u       ..、  ',             , イ// ⌒ト、ノ \ (              { i /
         \. ',    u r─‐、 r<_ノ /⌒iー‐イ⌒Y⌒{.\>‐‐ミ、
______  >'ヽ     ⌒ヽ、 \_/   /‐' ヽ、ノi⌒ヽ\\   {`          u ',
      x<    , -‐━━'´ ̄ ̄`ー─────⌒ー┴、ノヽ \\


         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              『若い男に呼び出されるたびに尻尾振りながら出てきて、
               元気なちんぽ咥えんで喜んでるようなえろ女は、
               ご主人様に向かってでかいケツを差し出すのが
               お似合いってもんだお?

               正面から抱いてもらおうだなんて、
               調子に乗って贅沢言ってんじゃねえお

               わかったらさっさとしろお』

              美鈴さんのおねだりに返されたのは、
              聞いたこともないような乱暴な口調の命令でした

              その言葉の意味を理解できない私が呆然としている間に、
              美鈴さんは画面の中で身をひるがえし、画面にお尻を、
              その谷間で、先ほどとは比べ物にならないくらい濡れ光り、
              ぱっくりと口を開けている女性器を見せつけます
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


836 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:13:51 ID:eGSr96Fs [62/151]

                           __
                        . : :´: : : : : : : ` : .
                      /: : : : : : : : : : : : : : :`: .
  ┃  ╋┏┓           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
  ┃┏╋┗┛┃   ┃    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    ┗┛    ┣┓ ┃     /: : : : : : : : : : : : : : : : : / : : / / : : ハ
            ┃┗  ・. .  /: : : :l: : : : : : : : : : : : ://: : :/ / /: :ll :l
                    /: : : : !: : : : : : : : : : :///: :/、__/l/l: : ll :l
                / : : : : l : : : : : / : : : l/イリ /ィュ.  l/}: :/:/
               /: : : : : : l: : : : : / : : : :/{〆/l {リ外 从://
            |.  /: :/ : : : : l: : : : :/: : : : :/ゝ' 从:l`  ///
.            |  |/::/: :/: : : : : : : / : : : : :l     _  (
.            | ̄フイ/´/ : : /: :l: : l : : : : : :l     Vア_ィ
.             , -‐ー /イ/: : /::/l: :/: : / :l.≧..-`´ー 、_
             /  ≦--/ /: : /l::/ l::/l: :/l: :l          丶、
.           !       / ' ´ レ レ .レ .|./
.            |                               }
.           '.   i         |   |             ;
            ',  ',         }   {          }
            '   ',       /     、.         /  ,′
            '   ',                   /  /
     ┃  ╋┏┓   ',                      /  /
     ┃┏╋┗┛┃   ┃                   /  /
       ┗┛    ┣┓ ┃              〈   /
     |        ┃┗  ・                    、 /
     | i       /                     ヽ
~""'   ‐| ||   ,/                 ┃  ╋┏┓.  \           __,,.. .
        `>'                  ┃┏╋┗┛┃   ┃ .-‐ ''"~
        , '                  ┗┛    ┣┓ ┃
.        /                          ┃┗  ・ ` 、
                       ヽ /
.
.
.          u.            i                 |
..ヽ、                         |                  | i    ,/
   .ヽ、   |                   !                   | || _.'
、     丶、i| i                 人         u.       _,.-'"
...`'-.._.    | ||、_          _,..'´.u \           ,,...-''"    .,.'´
    `丶/   __,,~"''‐-----‐'''~ { u    .}`"'‐------‐‐'''"´..,,__ \  _,..

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       そして、激しいセックスが始まりました

       カメラを持っている手がぶれているのか、
       画面は手振れが酷いのですが、
       却ってそれが生々しい臨場感を感じさせるのです

       画面の中で、美鈴さんは艶めかしい声をあげつつ、
       快楽を貪っておりました

       そして、カメラアングルが上にずれていき・・・・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

837 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:15:41 ID:eGSr96Fs [63/151]

                                        ,,.: "'' ̄ ̄~゛`‐.
                                       /          \
                                      / _,ノ   ~'‐-      \       よし、美鈴、だすお?
           ,....................                     / (≡≡)  (≡≡≡)     `、      どこに出してほしいか、
          , ::::::::::::::、::::::::::::::ヽ               /´////   ///////`ヽ     ',     口に出してハッキリ
.        ,ィ::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ             i   (  人   )           ',    言ってみろお!!
       /::::::l ト::::ト、 ハ :.:::i::::::.、:::::::ハ           !    `¨´⌒`¨ ´           |
.     /l :l:::lリ Ⅳ土‐ヽ:ヽ:、、ヽ::::::::::',             \                       ,.'
     /,イ从_lリ `z弌ゞ}:::::ハリ^ヽl ∧i                >               /
     {イ:}::;ィ弐ゝ ///ムリl:: /ノ/从:::'!            /       -――‐‐‐'''"~   \
.      i'iヘ::'i//`.-- 、  ノイ:::i/:::|l∧∧          ,.'  /                  `、
.       j:::八   Y_,ノ  u . ヾリ:::::l:!:::::ヾヽ、      /  /              |.       、     はい、お願い、します!!
.      V };ゝ、   .    lリ::::;'ヘ゛ー`、ー_-_   /  /               |       !
         ヽ}::`::ー_´!\ /{:::/{/      ,' `、./ ./                |        |     膣内に、膣内にぃッ!!
.        /i:::;:/´ j/∨ヘリ        ,'   i|   |                    !         |
        //lk"       ハ.oヽ             |  |                      j       ,'
        ´ リ 冫、i . /  `ー ,,_oヘ  /   |、,、__y                 /      /      膣内で、飲みたいのぉッ!!
          ヘ. .`ァ'´  y    ` ∨/    i ` ー--------、         /       / ! /`7_
           i./    /       |,'   ,' .,'  ', ', , '.〉 ',  |  〉―- 、   /      /  ', ヽ ∠_
.           '!  u i       !   ,' i  ./.../ ./ /./     .>'      /     |   } <´
.           {.、   ',      .il  ,' .,'. /  ./ .///  /´ ̄ ̄´      /     |    ̄´
           '‐':._  _ヽ_,,..、 _,.イi  ,'  i"    // i′ / ,┐    ____,,...'"        |  :
            |   ̄  | `" ̄  `|     |、o 、   /   | <.ノ./     ! }          !  :
            | \  |     |    i.\       .|.i   ノ / / / l' !          |
            |     |      .|    | |\    .| | (__/ヽ/-'´ ̄ .|             !  :
            |    ,' |       |    |、.|‐-\   /-|        ij   |             i  :
            |     |       |    | ヽ   u\/i i/l           |           !
.           i._   _|      !.  __.|      .l/ | υ        .|           ,'  :
.           i   ̄  .i        | ̄  o|      / 。|         |             '  :
         ___/'---‐.iニ'!      !--‐‐‐‐'、.      /  ,'.l           |',         {
    ―――と'´__/_,,/――――‐‐'ヽ、ニニつヘヾ―┐/ ./:::|         .i .',        ',  :

838 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:15:57 ID:eGSr96Fs [64/151]


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         どうやら、カメラがベッドのサイドボードの上に置かれたようでした

         安定された画面が、
         壁の大きな鏡に映っている画をしっかりととらえると・・・・・・


         そこには、快楽を貪りあう男女が・・・・・・

         美鈴さんの大きなお尻を抱えて激しく腰を打ち付ける娘婿、
         やるお君の姿がしっかりと映っておりました
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

840 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:18:57 ID:eGSr96Fs [65/151]

   ____________________
  /..|二┌──────────────┐二|
. /  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|    ザ・・・・・・
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|      ザザザ・・・・・・
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|二|
|  |二└──────────────┘二|
 \_|         ┌────┐         |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       DVDが終了し、テレビ画面がノイズに切り替わります

       ですが、私は呆然としてそのノイズを見つめておりました

       今見たものの意味するところを、
       即座に理解することができなかったからです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

841 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:20:46 ID:eGSr96Fs [66/151]

              , イ: : ̄: :|: : : : |:\\ |≠__ ヽ: : : :\: :ヽ、: : : : : : :',
            / _ -ァ ´ ̄|: : : : |ヽ ´: : : : : : : : `ヽ: : : \:/∧: : : : : : :i
         // /: : :/:|: : :/: : : : : :,、: : : : : : : \: : : \: :|',: : : : : :|
          ./   /: : // .!: :/: : : : : :{: :i ヽ: ヽ: : :|: : ',ヽ: : : \: ', : : : : |     こ、これって・・・・・・
          /: :/ /: : : ,': /: : /: :!: :!: {  ヽ: }ヽ: :|: : i: \: : : :\i: : : : :|
           // 〃: :/: :/: :{: : .{: :イ: |',: ',  }才丁 ̄`ヽ/|ヽ: : : : ヽ、: : |
           〃 //: :,': :./: : i:l: 斗 丁| ヾ、u. V〃笊芋㍉ }/:\: : :ヽ:\: :|     やる夫君?
           ./  i: :/|: /: : : ', ´:{ ',斥气ヽ    ト′:::}〃|: : |∧: : :ヽ: ヽ|
             |: { |:/: : :./:ヽ: 〃ト:::::う     .辷zzノ u.| : |: |:|∨: :ヽ: ヽ     う、浮気なの?
             Ⅵ. ,': : : ,'ヽ: :ヽ` ヽ>′           i: : |: |:|: ∨: :ヽヽヽ
                i:: : /: :{\|:.ヘ       、        /|: : |: ||:/: ∨: :} ヽ ヽ   でも、これ、フェイトが見るって・・・・・・
                |: : iヽ: ', |: : :ト     っ      イ !: : :!: /   ∨: :i ヽ ヽ
               |: : ! ヾ、 |: : :| > 、      / /: : /./     ∨:.}   lヾ、 どういうこと?
                .!: :{     .|: : |     .>_-_<   ./: : //     .∨i  |
                 ',: i  /´|: : |     :::\::::::::::::::/: : //        }: }   |   何が、どうなってるの?
               i ! /   | : | ヽ─-、::::`::::::::,::{: : :{イ.         |/  l



       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \     あー、こいつは美鈴さんとのハメ撮りですお
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |   いやあ、懐かしいなあ
 \              /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ノイズを映し出すテレビの電源を切ると、
        部屋の中が静寂に包まれます

        そして、呆然としながら私が独り言をつぶやくと・・・・・・

        その後ろから、やる夫君が私の耳元に囁くようにして、
        言葉を投げかけてきました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

845 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:23:11 ID:eGSr96Fs [67/151]

           /: : : __: : :_/ ,ヽ: /:∧: : :.∧--- 、    /: :/: : : : : : : :
        / /, -: : : : : /´: /: ヽ|//ヽ: : :∧: : : : : ヽく: /: / ̄ \: : :
       / /: : __/: : i: :/, -: : : : `:ヽ∨: :∧: : : : : : : ヽ´: : : : : : : ヽ: : :
        /: ://: : : :/:/: : : : : : : }: : ヽヽ: :.∧: : : : : : : /',ヽ: : : : : : : ヽ: :
       /: / ./: : :/: : //://// .}: !: i:.!: :i: :|: : :∧‐‐‐‐//: }: :ヽ: : : : : : : : :
       |/ /: : :/: : :/i: :{:{: {:i  } |: |_| 斗┼-: :∧ / /: :/!: : :i: : : : : : : : :      や、やる夫君!?
.        |  i: : /:/: /:{ |__',|   |/,≠=≠、/|',: : :∧/: : : /:/: : : |: : : : : : : : :
           {: :/:./: /: ヽ| { テヽ /  {::::::ら〃∧: : ∧ヽ:/: /|: : : :|: : : : : : : : :
          ',:{.|/|: /: : :ヽ ハ´}    辷シ 〃.|∨ : :∧|: : / |: : : :|: : : : : : : : :      なんでここに居るの!?
           リ | /: : : /:|:',.ヒノ       /  |: ∨: : ∧:/   |: : : : |: : : : : : : : :
            ,': : : :i、:|:.} ヽ __       |: :∨: : :∧   |: : : : :|: : : : : : : : :     もう、休むはずじゃなかったの?
            i: : : :| |:.ヽ   ヽ__ヽ      |: : ∨: : : ,'   |: : : : :| : : : : : : : :
           |: : : | .|: : |\          イ: : :∨: : :i   .|: : : : : |: : : : : : : :
           | : : {  | : |  \_ _  .< i: : : |i: : : :i    |: : : : : :|: : : : : : : :
           { : : i  |: :|     .__| _ - .|: : : :|, |: : :|   |: : : : : :|: : : : : : : : :
               i: : :{  .!: |    ./ヽ_ヽ  .!: : :/:.:.}: : :| \ |: : : : : : |: : : : : : : : :
            !: : !   i |   / /::::::i  /: : /:.:.:.i: : i::::::::::`ヽ、: : : :|: : : : : : : : :



           ___
           /⌒ ー、\             いやあ、ごめんなさい
          /( ●)  (●)\
.      /::::::⌒(__人__)⌒::::::\          休むってそりゃあ、ウソですお
  cー、   |     |r┬-/ '      |⌒,一っ
 ,へ λ \    `ー‐'      / 入  へ、    そうやって言っておけば、
<<</ヽ                     /\>>>    お義母さんがこのDVDに手ぇだすかなあ、とね


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          驚いた私が身をひるがえすと、
          そこにはいつものようにニコニコと微笑んでいる
          やる夫君が居ました

          そして、呆れたように両手を広げてから、
          放り出してあったDVDパッケージを拾い上げ、
          デッキの中のディスクを仕舞い込んでから、
          パチリと音を立ててケースを閉めたのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

848 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:26:27 ID:eGSr96Fs [68/151]

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、     にしても、もうちょっと悩むかと思いましたけど
    /::::::::⌒(__人__)⌒\
    |      |r┬-|    |    やる夫たちが出て行ってから間髪入れずとはねえ
    \       `ー'´  /
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ   お義母さん、溜まってらっしゃる?
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ     お義父さんに最後に可愛がってもらったの、どのくらい前ですかお?



          __
        /: : : : : : : : :\     __        __
       〃: : : : : : : : : : : : ヽ . <: : : : : : ヽ ,、 〃: :--`ヽ
      ./: : : : : : :./: : : :.`ヽ/\: : : : : : : : :./: : /: :/ヽ: : : ヽ
     ,′: : : : /: : : :./: : : /:l: : :\: : : : : /: : :/: :ヽ{: : : \: :',
      .: : : : : /: : : : :./: : : :.{:l:.l: : : :: ヽ: : /: : :/// /‘,: : : ‘,}     な、何言ってるの?
    /: : : : :./: : : : :./: : : :.λ',: : : : : :r ./: : :/廴 /}: : }l: :ヽ: :.}
     i: : : : :./: : : : :/: : : : :/ ヽ: :ヽ: : { /: : :/{ ,圷 / / l l }}: :.!     そんな、私がどうとか・・・・・・
    l: : : :./: : : : :/: : : : :/  ‘,: :/ i: : /.ヽ`ゞ《 /|: : i} /i:/
    l : :.:/: : : : :/: : : : :/    ゝ/  {: :/i     > |: : |〃/       やる夫君には、関係ないじゃない
    i: : ,′: : :./: : : : :/   /:.:.:`ヽ、 i: {:|  -/  i: : :!
    l: :/: : : :./: : : : :/  /:::::::::::::ヽ\l l l--´    }: :/
    |:/: : : :./: : : : :/  /:::::::::::::::::::::::\l l:.l     / /
    /: : : :./: : : : :/ 〃::::::::::::::::::::::::::::::l l l    〃


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   そして、やる夫君は微笑みを絶やすことなく、
   私に質問をぶつけてきます

   フェイトと連れ立って私たちの所に来るたびに浮かんでいた微笑

   その微笑の口元、フェイトと共に私たちに語りかけてくるときの顔

   そこから出てくるのが卑猥極まる質問であることを除けば、
   それはいつものやる夫君でした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

849 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:28:10 ID:eGSr96Fs [69/151]

      _,,..-――-..,,_
     /      __ .`ヽ、
    /        /_   ヽ
   ./       ./,,旬丿   ',
  .,' ,.-―‐-   └''"´     l      いーや、これは大切な質問ですお?
.  l   ==  .、__ ) 人  .l
.  |    ゝ__ノ_,,-'' ,  Y  /
   ',       ー''"    /       お義母さんが男日照りなら、
   ヽ _     -‐''"´  ヽ、       いきなりぶち込む方が効果的だし
     __ ̄ ̄7        ヽ
 ,--、/./   /         ヽ
..|     .{   /   /        |     そこそこ充実してるなら、
..|     `''‐‐--''"    /   .|     押し倒した後でゆっくり体を
..ヽ_         ./       |     火照らせてあげるほうがいいですしねえ
    `゙''-..,,_    /       |
        .| `''‐''´        |
      |             |



                /: : : : : : :\
             r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
            //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
    ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :..
    , イ: : : : : : /: : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : ',
   /: :ァ  ̄ ̄ /: : /: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.i     やる夫君、悪ふざけも大概になさい
  //: : .ァ: : : /: : /: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |
   /// / /: : /: l: :l l: {。゚。}: : l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|
  〃/ //: :/: :/: :⊥ --ヽ ゚ /-┼--: :}∨',: : : |
  / /  {: :/: /\.,イ示ミ    ,イう示〃: ト: :.i: : :|     いくらなんでも、怒るわよ?
        i /: :/ |∧ 込ソ    込ソ´/l: :l ',: }:.:.:|
      v: :,'l: l: ∧     i     ',イ:.l: :i: i::.:.|
      {: :,' l: :l l 人   -‐-   /: :| l: :.l: l::.:.|
      i: :i ゝ{ |: : |: :..    イ: |: : | |: :.| |:.:.:|
      !: :{  l l: :.:l: .r| >< |: .|: : | |: :.l/: : |
     .八 .i  l l: :/:《 \_ / /`ヽ: .リ: :/: : : |
       ゝヽ―:ヽヽ:.:i  / ヽ ./:.:.:.:.:}::`ヽ、: :.:.|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         もしかしたら、酒に酔っていて
         歯止めが利かないだけかもしれない

         隠していたDVDを見られて、
         動揺しているだけかもしれない

         これは非日常だ、今さえ乗り切れば、
         明日からはまた普通に暮らしていくことができる

         私は自分にそう言い聞かせつつ、
         精一杯フェイトの母としての威厳を保とうと、
         厳しい声を出してやる夫君の質問をはねつけました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

851 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:33:40 ID:eGSr96Fs [70/151]

            ,- ───´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
     /          ::::::::::::::::::::::,-‐--::::::::::::::`ヽ、
     |            ::::::::::::::/ ´::::::::::::::::::::::::::::::::゙`r───、-、_
    r´             ::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ :::::::::::::::::::::::::`ヽ、      おお、怖い怖い
    l         _    `゙゙゙゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::
   l゙     ,,,=====、λ         ̄ ̄ ̄`l;:::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::
   |     〃  _   l}ト、,,            l;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      それじゃあ、もうてっとり早く
   ゙l    l||  {◎  ,}| lイ           //::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::      お口をふさいじゃいましょうね
    ヽ、    》、/i |_,彡ソ´ノ       ,r-彡´_ノ::::::::´、゙゙゙    ゙゙゙゙゙゙゙゙`:::::::
     ヽ  `二二三彡´ ゙      //` ̄ ::::゙彡゙           :::::
      `、  ` ̄´    |l     ノ´/ Γ..::::::゙゙゙             :::::
        〉        `‐--=ニ_ノ _,::´゙               ..::::      上はキスで、下はちんぽで、ね
        `、            ,-‐ ´                 ..:::::::
         ヽ、         ,,,彡゙       ヽ          ..::::::::::::
          `> __  --=゙´           ヽ、,     , ...:::::::::::::::
          / r´   `l,              .   ` ̄`=´ ̄` ̄`ヾ
          // ,     〈             ミ,
          | l `l i´_〕)     __      ,ノゾ      、
   r─‐、    | レ l、___ノ`l   /⌒、\    ノ´゙        ヽ
  丿   -`‐ 、,/´  ,      ヽ,  .|i   t人, _           ヽ,
  l,,    `-、 ゙` /       l、,‐へ_  ,r゙                li
  \   ,- 、`、    ,/て    `   り   /,          ヾ、,
    \j、__)ノ _,、 ´  |l       , ノ  ,ノ,;゙             ヽ ,
     `|  -┴〈 `ヽ  ヾ、    ,ノ<´   ノ,゙
      l      /ヽ ___/゙    /:;
      `‐┬──´  ノ ´   ノ::;゙゙     レ::;
        ヽ___/ `─‐ ´ :;i!      ヾ、;
                   |
                   i!
                      ト
                    ヾ、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       その一言を口にするとき、
       やる夫君が見たこともない人に見えました

       それは女を捉え、好き放題に嬲り尽くして
       体と心と魂を虜にしてしまう悪い魔法使いが、
       その本性を見せた瞬間だったのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

852 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:34:55 ID:eGSr96Fs [71/151]

               \    \   |ハl : :l:.∧    「⌒ヽ   ,.イ : !/:/: : :| V⌒}
                  \     `   . _八: l/:/:\  ヽ  ノ  /:厶ィ :∧ : : | 'イf⌒ヽ
                \       /: /ベ《ー 、:_`ト . __,. イ: : : :/: :/ : ',: :/  !'|/⌒}     いや、やる夫君、やめて!!
                 \   /: /   \  ノ     ヽ:__/: :∧: : :V   7´/
                      \/: /      ヽ     _, // ̄`ヽ:{     ‘´ /:
                    /: /、ヽ         /´ //      i|    / : :     お願い、考え直して!!
                      /: /:/j/            //         l|    ∧\: :
                   i: /:/       ノ   //          j   / : ヽ. ヽ
                     /|リ'        /  //   ⌒ヽ    ′  !: : : : :\
                 /r:!|:::         /    イ/   、   '   ′   !\: : : : :
                   /:,ハ{{         ′    l{    ',   ハ   '    | : : ヽ: : :
               /:/ ,ハ\       {     ::r;::    }  /: :', i   |: : : |',:
                 /:/ /: : \ __   '、         . ′/: : : :'. |   |: : : | i :
              {: {./: : : : : {      ` ー---‐ ´ / l : : : :ハ!    |: : : | | :


.′      ;;               .  ` 7´          , '      //
          ハ                 V ノ         ,       / {              今なら、まだなかったことにできるから!!
       八             ヽ      ‐‐   /      ィ  ヽ
      /  l                       /       /     \
      ./   ,                      ,      /     ..:=≦  ̄ ̄  ‐-<    忘れてあげられるから!!
     /     .             |   . -= ≦    , ´  /                ≧= 、
.     /     ハ                } / ,.       /  γ                      ヽ
    /      ∧             l `=フ      /  , '
             ヽ               ゝ / ,. / / , /  .ノ
            \           , '/ / / / / / ´
               >         /  ` ‐ .7 , 'ノ
                 丶   /      γ´

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           そして、やる夫君は私を布団の上に押し倒しました

           驚いた私が暴れようとしても、
           やる夫君は慣れた手つきで手を抑え、
           足を絡ませて私を押さえつけます
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

853 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:35:48 ID:eGSr96Fs [72/151]

′    ./                  :    |     'イ  |.i ヽ .l、.l,゙ッ                         !    `
     !                      /  ,,l┤  !  |゙''-, ヽ!  ´゛                         l
    │                     /  /   iゝ .!  !  .ヽ .l                             亅
    /                         l │ ,,!/|  .l  .lゝ   ! .!     .'                     │
¬- .. イ                      |..、.|  !.l..i'!  !  l゙´.l  .l i┤                         │
    !                       ヽ!|  l, l ! ! ∩ .!  /!ミ !  クチュクチュ          、           l
    !                         l . l.l..ミイ..7.r/  /                  ':         │
    l                        : ″ .゙!.l;;ミ,."‐./    i .i                           !
    .!                        - ′ `|´ '" l-..  '..    ."                     /
    │                           _!  . / :    ゙                          /      .,.
     . l                         : .:i :ヽ 〃  '.′      .″                   /     ./
      ゙l,                            ,il.!! │゙,,.゙ ./  .                         ,i__,  /
      .\    .!.,              ‐    " `.、.'ヽ    .,,                         /    ´
        .ヽ    .゛               ′    ;:   ! !     . 1                         /
            \                         :..、 .|.!  .i.! .|..!    .                 ,./
          ..\_              `           ゙.  l│  ;                       ,./
             `'‐、,、                   `...!.、iニ..コ、、                        /
                   `''ー ..,,、          、.../ ゛ - .`<__                  ,,, -'"
                    `゙'''''''''''''''''''''''''''^゙、...゙ :   、: :  `'''ー-....,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,.. --ー'"

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             同時に、やる夫君の指が私の性器を割って中に侵入してきました


             『おお、もうこんなに濡れてますお?

              DVD見て、興奮しましたかお?

              中も硬いし、ずいぶんとご無沙汰・・・・・・

              もう、一月二月じゃあありませんおね?

              お義母さんの男日照り、もう年単位でしょ?』


             品定めをするような口調でそのものずばりを言い当てられ、
             私は羞恥で体が熱くなるのを感じておりました
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

856 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:38:46 ID:eGSr96Fs [73/151]

  _..............::::-    .  _
:^;;;;;;;::::::::' '           ヽ.,
;;;;;:::..'.'              ,〃ヽ       お義母さん、もう待ちきれないみたいだし、
;;;::  .          '.ノ’  l       すっかり準備万端のようですし
;:            , .-ニ'ヘ   :l
             ´/',.、,.-,エ  \
            ≦'='".     ';.
         ;'        , !;!     まずは一発、元気なちんぽを御馳走してあげますお
;         ヾ,_   _,,. -‐ナ´
;;:.           ' "=ニΞ=ニ‐'ヽ
':;;;:.     、            -.=‐';i      なぁに、心配いりませんお
..::::;;;;;,.   '- ,           . -
.\:;;;::         ":::;;;;;;y "
、  丶 . ,          ,ソ,           すぅぐ病み付きになるくらい、
. \      "   ヾ " !;          気持ちよくなりますから



               \
       _ _     _ _ .}:\
     __ \ヽ /ハ:V:、: :ヽ_     ィ≦: ̄: ̄: ヽ
   /: : : : :`ヽリ: :/_:_:Y:ハ: : {: : : :≧ 、´: : : : : : : : : : : ‘,
  /,ィ≦二≧ミ、:/´:ィ、ハ : ‘: 八: : : : : : \ ミ、: : : : : : : :∧
     ./: /: :/: : /〉r}:.}: :八:,:.ヽ: : : }:ノ:ハ:ハ: : : : : :./: ∧
   ./: ィ// : /{/´^リ:/:/}/}ハ: : :\ノ /: : :ト : }ヽ: : : : : /: ハ     ダメ、やめて!!
  /://{:/:;/:/{/__ /イイィr弐ミ.〉: : : :∨ :/:ノ:}: :lハ: : : : : : }}:|
 ./イ /: |'/:{/:: 必リ    `¨¨´/〉: : : : :∨: : /: :|: : }: : : : ::リ.|:!
 {  ./:}//: /:∨ ′////イ: }: ト、: : | : /: :.ノ: : |: : : : :/ |:|     やる夫君、お願いだから考え直して!!
  ./:./|/:/:|    _      .ィ//} }/}: : lイ>-=ミ:|: : : :/ .l:|
  }:/ /:/: :ハ  .ゝ- )   /////イ/l|: /{‘´     ヾ: :/  .|:|
 ../ ./イ |: : :.{l ‘.      ////イ///リ/八     .0。}Y   l:|     私たち・・・・・・ 義理とはいえ、親子なのよ!?
  ./  |: : /  .ヽ _ . イ/¨¨`ヽ///////} r .、 ._八   |:|
     |:./  /: : /イ/:{: : : : :ゞ====</////////ミュ_ l:|
     j/ /: : : : :´ノ: |: : ヽ: : : : : : : : : : ≧==---=≦⌒:ヽ      こんな、けだものみたいな・・・・・・
       ./>-‐=≦_:_ノ: : : :}} : : r=ミ: : : : : : : : : : : : ;r‐=彡: : ≧.、
     .//   /: :\: : : : 八:イ} : : ヽ:_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : :∧
   .r‐.イ::::   .{: : : ::≧=彡:r=彡: : : : : : /≧: .、}: :{/: : : : : : : : :/ ∧
 / Y::::::     |: : : :/ : : : 八: : : : : : : : :{: : : : : :ヾ:|: : : : : : : : : :/: :∧
./ : : ;|:::      |: ://: :/: :/: : : : : ::\: : : : : : : : : : l|: : : : : : : : :/: :/ ∧


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      私の性器を書きますやる夫君が楽しそうに、
      本当に楽しそうに私に囁いていたその声は、
      今でも鮮明に覚えています

      そりゃあ、楽しくて仕方がなかったでしょう

      だって、歳を重ねただけでまだ何も知らないに等しい、
      熟れた身体の女をほぼ一から自分好みに仕込んでいける

      それを確信した瞬間だったのでしょうから
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

857 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:39:30 ID:eGSr96Fs [74/151]


                               \       _|_
                             ヽ       |_
                        、          ',     _)l_
                          ヽ        !       レ´リ
                          ヽ       |         ′
          ヽ             ii     l      /
           ヽ           ノ;、     !       \
            !           /´~`ヽ   ,'   |
             !        ,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ /   ̄| ̄
             !       , :.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    ̄)  l_
             |     {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`)   ̄ レ´リ
              !     {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ     /  /
              !     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ヽ       \  /
              \___>、____/ //  \_____ /―
                /     |-=二二//     \
               /      |      〃  _/  \   / ̄
                  /        ヽ   /'⌒ //´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /          |       iト、_j
                 /          ト、      !| |\___
            /           \            `ー----
              /              \
              /              /ヽ
          /              (   \
            /                ヽ _


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      『親子だからいいんじゃあないですかお

       さあ、二人でおまんこしましょうお』

      私を抑え込んだままで
      器用にジャージのズボンと下着を脱ぎ捨てたやる夫君が、
      私の下半身を覆っていた下着を乱暴に引きずりおろします

      実に数年ぶりに他人の目にさらされた私のそこに、
      やる夫君はいきり立った性器を乱暴にこすり付け、
      私を嬲る意思を言葉ではなく行動で示しておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

860 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:42:14 ID:eGSr96Fs [75/151]

\人_人从/
  ) l ヘ (
<. V .) >
  )__レ┴、(
<.  | ー' >
  )  あ (     r-y'´: :              \ /                  /
< |. |  >   く〃: :                           U   u  /
  )・ ・ (     |: : :            i    ,.    ―-、         /
/⌒Y⌒`\     |             |j  /      u  ` 、     /                \人_人从/
        `  、 |              /              \ー‐/「 ̄|  ┌‐┐          )__レ┴、(
            `ヽ、          /            ____/ ||   !  /         <.  | ー' >
              _\       /    __   ,. '´     У   | └‐┘ <            ) i_」_ (
           ┌┐ | | _\__/   /     `ヽ´       /   / 「 7 rュ ヽ         < (乂 ) >
 r――――――┘└┘ |」   |  \ !  /               /   /∧ ´ /` /_          ) ー‐ァ (
 \                |    \                  /   ヽ V 〈 r_ュ __/         <  (_  >
   ヽ     __  ┌┐n |     \               /     ヽ/ヽ__/_           )  つ (
     ̄ ̄ ̄/ r-、  | |」 |__j        \            /          |  |  /^ヽ     <  |. |  >
       〈  ヽ/   |              ヽ           /   /       |  |  / //ヽ     ) ・ ・ (
        \      |              \  /  八   \  /        | / / // /   /⌒Y⌒`\
          \/|  |                  Y    ノ,C、ヽ   Y        /\ / .// /
              |  |     「 |「 |     ヽ  |  /イ⌒ヽ::ヽ、 |     /ヽ \  〉 /__/       /
                  |  |   ___」 || |        \! /:/    i! ヽ:} !   / /  /   ̄\  r‐r‐i //
\                 | | |___  _」          ∧ Y    〃  ヽ!   ヽ/   /_/\  \ |__|__| /
  \           | |   /  〈          ヽ.|    {_し'ノ  |             \/   /_/
    \         ヽj   //\|           |     |r'   |                  /
      \                           |          |                 /


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          『お願い、本当にやめて、許して!!』

          私の言葉と同時に、やる夫君のアレが私の中に潜り込んできます

          『お義母さん
           思ってもいないこと、言うもんじゃありませんお?』

          焼けた鉄のように熱く、硬いそれが、
          久しく男を迎えてこなかった私の中を押し広げ、
          私は男に犯される恐怖と絶望で絶叫して居りました
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

861 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:43:12 ID:eGSr96Fs [76/151]

            \人_人从/
              ) l ヘ (
            <. V .) >
              )__レ┴、(
            <.  | ー' >
              )  あ (                 \人_人从/
            < |. |  >                 )__レ┴、(
              )・ ・ (                 <.  | ー' >
            /⌒Y⌒`\                  ) i_」_ (
                                    < (乂 ) >
     \人_人从/                         ) ー‐ァ (
       ) 士ヽ (                        <  (_  >
     < 〈ノ ) >                        )  つ (
       ).|百百(                        <  |. |  >
     <. ノ小只 >                        ) ・ ・ (
       ) l ヘ (        \人_人从_人人_/     /⌒Y⌒`\
     <. V .) >        )日ー|┐ 三片(
       )  つ (        <. 旦 ノ亅 口l王 >
     <  |. |  >        ) l ┼  ┼、 ヽ(
       ) ・ ・ (        <. レ ,ノ  ノ、ノ  >
     /⌒Y⌒`\         ) ー‐ァ       (
                    <  (_         >
                     )  つ      (
                    <  |. |      >
                     ) ・ ・      (
                    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒`\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   夫のものよりも一回り以上も大きく、弓なりに反りかえったそれに
   お腹の中を埋め尽くされながら、私は絶び続けていました

   と、やる夫君が耳元で囁きました


   『そんなに騒ぐと、フェイトが起きてきますお?

    見られたいんですかお?

    母親が旦那を誘惑した現場を見せられたら・・・・・・

    フェイトはさぞかしショックを受けますおねえ?』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

862 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:43:52 ID:eGSr96Fs [77/151]

                     /: : : : : : :\
                  r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
                 //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
         ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :..
         , イ: : : : : : /: : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : ',
        /: :ァ  ̄ ̄ /: : /: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.i
       //: : .ァ: : : /: : /: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |
        /// / /: : /:_l:斗l: {。゚。}ヘ:.l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|
         〃/ //: :/: : /l7´/,,,!、! ', '`l‐、:l : :}∨',: : : :|
      ./ /  {: :/: /|: :l.."⌒゛´/ : ュ=.、ノl :.:.:ト:.:.i: : : |       ん・・・・・・
             i /:./ l: :l/ :/ :/ :i :/ :/ :`ノl :.:l ',: }:.::.:.:|
           v:.,'  .ゝ ',           〃l.:.l: :i: i.:.::.:.|
               i:.i   .l l`.、 ⌒  ノ": :| l: :.l: l.:.::.:.|
      / ̄ ⌒>‐‐ - 、ノ 'ヽ_ , ィ´: : : : | |: :.|/:.::.:.:|         ん、や、ぁ・・・・・・
      /   / ......     ヽ  / ̄⌒`弋-  '.:.:.:.:|
      l    / .:c:::::.     Y     ..... .ヽ   '、:.|
      l     `::::::'''      ,'     ::::c:::. i   },'
      ',  i           ,'     '':::::::''    /
      ',  ヽ         ,'          /   /
       ',  ヽ         人           ノ  /
       i   ヽ    / ヽ        /  /
        l    lゝ ‐´    ` 、_   /   /
         }    ',         ` 7    /
         l    ',         /    i´
        l     i        ./    l
ヽ          l      l         l     l
  `ヽ       ',    .l        {    ,'
    `ヽ    l    l         l     ,'
      ヽ  l    l    },    l    l    ,. r "´
        ヽl   l      !     ',    l   ,.r´
        ,'   l          ',   l /
       /   ノ、          }   ',
     /    / \          l    ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    後から冷静に考えれば、フェイトが起きだしてきたところで
    助けを求めればいいだけだったのです

    だけど、その時の私は冷静に考えることができませんでした

    夫が他の女を、よりにもよって自分の母親を
    強姦している場面を見せつけられる

    それが娘の心にどれだけの傷をつけるか、
    それだけしか考えられなくて

    私はのど元まで出かかっていた悲鳴をぐっと押さえつけ、
    くぐもったうめき声をあげることしかできませんでした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

864 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:47:13 ID:eGSr96Fs [78/151]

圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヾ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\          そうそう
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\       お互い楽しみましょう?
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭\
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヽ     こんなに気持ちいい事なんだし、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l    誰だってやってることですおね?
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l    これが悪い事の訳がない
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭"   丶圭圭圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l    l圭圭圭圭圭|    お義母さんは久しぶりの元気な男を堪能する、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭丶_ _ _ノ圭圭圭圭圭|    やる夫は、フェイトの出てきたまんこをじっくり味わう
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/   Win-Winってやつですお、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/圭圭圭l圭圭圭ヽ   ちょっとした火遊びですお
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭l圭圭圭 |圭圭圭l
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭ヾ圭圭ノ ヾ圭圭ノ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/ ̄ ̄     どこの馬の骨ともしれない小僧を
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/         出会い系で釣って咥えこんだりするより、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/          よっぽど安全で長く続けられる、
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/            魅力的な火遊びだと思えばいいんですお
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   私を押さえつけ、ゆっくりと腰を使いながらやる夫君が囁きました

   それはさながら、魔法の言葉でした

   娘婿に押さえつけられ、犯されてショックに陥っている私の心、
   ぐらぐらと揺れるそこにするりと忍び込み、
   私の罪悪感をゆっくりと薄めては、
   この状況を肯定していくのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

865 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:48:13 ID:eGSr96Fs [79/151]

                     /: : : : : : :\
                  r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
                 //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
         ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :..    ..n.ri
         ,.,,==≡フへ : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : '.,r.、.'i }} トヽ;;::
         ,z";; - ' ´ノミ彡}/: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.(∧.',j lj l//;;::
      ,, - ' ´     Y´|..: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |;;: l    }.};;::.
   ,, - ' ´    ,, - ' `ヽ、イ.:_l:斗l: {。゚。}ヘ:.l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|;;:: {   イ゙;;::.       あっ、あっ・・・・・・
''"゙´    ,, - ' .//: :/: : /l7´/,,,!、! ', '`l‐、:l : :}∨',: : : :|;;:..ゝ    ',;;::.
   ,, - ';:´;; ./  {: :/: /|: :l.."⌒゛´/ : ュ=.、ノl :.:.:ト:.:.i: : : |;;:: .',    ',;;::
  "゙`<;;::     i /:./ l: :l/ :/ :/ :i :/ :/ :`ノl :.:l ',: }:.::.:.:|;;:: ..',    .',;;::
      `.<;;::  v:.,'  .ゝ ',   r=x    〃l.:.l: :i: i.:.::.:.|;;::   ',    .',;;::       う・・・・・・や、ぁ・・・・・・
ヽ.       `.< i:.i   .l l`.、 .廴 }  ノ": :| l: :.l: l.:.::.:.|;;::  .',    .',;;::
  >.、.      ``> .‐ - 、ノ 'ヽ_ , ィ´: : : : | |: :.|/:.::.:.:|;;::   ',     ',;;::
    .>.、  ヽ/ ......     ヽ  / ̄⌒`弋-"゙´ ̄`` ─--─{     ',;;::
   ┃┃>.、/ .:c:::::.     Y .u   ..... .ヽ          ゝ    };;::
━╋     ,'  `::::::'''      ,'     .::::c:::. ir-             ソ;;::
┏┫     i           ,'     '':::::::'' .i,, ----ll──── ''''""
┗┫ |i    ヽ         ,'          /;;::   .ll
    |i     ヽ         人           ノ;;::
━┓┏┓    .ト、|l.|  ./ ヽ   .||    /;;::        ┃┃
━┓┗┛.|     l .|l.|      ` 、_..|| , イ;;:::         ━╋
┃┛┃  .|     .i            ||.  ,';;::    :l|.  ┏┫
      |     i  u.           /;;::     l|.  ┗┫
   ━┓     .i             /;;::      .l|
ヽ|;:   ┛      l             ./;;::         ━┓┏┓
 |!ヽ;;::     .|  .}             {;;::     .||.    ━┓┗┛
 |!  `.|.、;;:   |  ./             ヽ;;::    .|| .|   ┃┛┃
 |!  l|  ヽ;;:: .| /      },       .| ヽ;;::   ,||r|"´
 |!  l|l.   ヽ;|:/         !      .|  ヽ;;.r´.|| .|     ━┓
 |!  l|l    |ヽ             |  '/  .|| .|       ┛
 |!  l|l    | .\            |/    || .|
 |!  l|l    |   \        ,r'"|     .|| .|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      魔法の言葉に合わせるように、
      やる夫君の性器にこすりあげられる私のそこが、
      否定しようのない喜びを生み出します

      ゆっくりと女の体を耕し、快楽を育てる動きに、
      私の身体は、自分でも驚くくらい敏感に反応しておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

868 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:50:22 ID:eGSr96Fs [80/151]

              \ア(⌒)‐-.、ド::ゞ ::::::::::  、   :::::::`¨`゚/_/>‐‐‐(⌒) '
     /      ヽ:::::::::::::::::::``ヽ、        ,. ''"´  :::::::::::::ゞ
.    /            ヘ;::::::::       ヽ、r‐--.、/        ::::::, '
ヽ  /               ヘ           \ ̄, '           ., '
 ヽ!                 ヘ            Y           , '              ミ  /
  i                   ヘ            :         , '                 ミ/
  !                 ヘ.      u   ;          /              {′
. l                     ハ        入        /                    !
. !                ハ    _-<- へ、   ./                 !
. l                     ハ''"´__.    ___ `` /                     !
  !                     レ'´   ``ハ´ .   ``,'                  !
  |                `ヾ、    ;兮、.    /          .ry.、         !
 ,'                  ry、 ',  ..〃:;:ミヘ.  /     .{二二} UU.          !
_,'                {二二} UU.  ∨!〃ィ-.、:}::i,/       {二二}/フ _         !
l!              {二二}/フ_. ∨{::::・:::::}::/        //  '┐|       ',
l                  // '┐|  ゙|:ゞ-i(゙i|っ         ∠/   (ニ ニ)      '.
l             ∠/  (ニ ニ)ι|',::i{:|{::::|         _∩_ .ry、          l
l        ry、    _∩_ .ry、  l: ',( )}i |          └‐i. i‐┘UU.          l
l     {二二} UU    └‐i. i‐┘UU  |   U |           「| |. | 「|           l
l!    {二二}/フ._   「| |. | 「| .     |   :  |          ¨└' ¨ロロ/7         l
|'      // '┐|.  ¨└' ¨ロロ/7 |  )k  |                ∠/       ,'
l ‘,  ∠/   (ニ ニ)       ∠/                                 /
| | ヽ、  _∩_ ry、
| |   \└‐i. i‐┘UU   .!             ノ 、  |||    l|     |       |  , '
| |   |l.「| |. | 「|     |     .|   ,. イ‐'¨ー 、 |||    l|     |       |/
| |   || ¨└' ¨ロロ/7  |     ,l.<       >||l、  l|     |   _,..ィ'"l|
| |   ||     ∠/ ---!‐|'"´ l|             ||| ≧‐|--- ‐ |'' ¨´   |  |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       『お義母さん、ちょっとこらえ性なさすぎじゃないですかお?

        ちょっと突っ込んで腰使っただけで、
        こんなにやらしく迎え腰使うなんて・・・・・・

        あれですかお?

        ホントは、こうなるのを期待してたんですかお?』

       面白いように反応する私の体に、
       やる夫君が呆れたような声を出しながら腰を使うと、
       私の喉から何かの声が出てきそうになるのを、
       私は指を噛みつつ必死で抑え込みます

       ひとしきり私を抑え込んで腰を使った後で、
       やる夫君は私の性器からまだ硬いままの
       やる夫君自身を抜き出しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

870 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:53:38 ID:eGSr96Fs [81/151]

                           \
.        , -‐、_     ._ _     _ _ .}:\
       〈У / 〉、 __ \ヽ /ハ:V:、: :ヽ_     ィ≦: ̄: ̄: ヽ
.        /     ./: : : : :`ヽリ: :/_:_:Y:ハ: : {: : : :≧ 、´: : : : : : : : : : : ‘,
.      /    ./,ィ≦二≧ミ、:/´:ィ、ハ : ‘: 八: : : : : : \ ミ、: : : : : : : :∧
     /       . ../: /: :/: : /〉r}:.}: :八:,:.ヽ: : : }:ノ:ハ:ハ: : : : : :./: ∧
.    '    l  /./: ィ// : /{/´^リ:/:/}/}ハ: : :\ノ /: : :ト : }ヽ: : : : : /: ハ
     '    l‐ァ‐''/://{:/:;/:/{/__ /イイィr弐ミ.〉: : : :∨ :/:ノ:}: :lハ: : : : : : }}:|
    '     l/ . ./イ /: |'/:{/:: 必リ    `¨¨´/〉: : : : :∨: : /: :|: : }: : : : ::リ,ノ
   '      l  {  ./:}//: /:∨ ′////イ: }: ト、: : | : /: :.ノ: : |: : : : :/     あ・・・・・・
   '       l   !../:./|/:/:|    _       |: :} }/}: : lイ>-=ミ:|: : : :/
  '       l   l.}:/ /:/: :ハ  .ゝ- )     |: ,'イ ∧: :∨ / : : : : : : /
  i       l   / ./イ |: : :.{l ‘.   ij       イ/:/ ∧: :∨: : : : : : :/       もう、終わり・・・・・・   よね?
  i       l   | /  |: : /  .ヽ _     .-‐‐- {: {:/: :|: : l: : : : : : :/
  |        |   |      /⌒> ''"´       `ヽ: :|: : |: : : : : /
  |    _」. -┴==   ̄                 レイ : : : :/
  |   ´                          i.: : : : : : :/
  |                                |: : : : : :/
  |             _ ..  -‐―==ニヽ        l : : : : /
  `ー┬==ニ./ ̄   /                 ' : : : :/
    |  _..ィ     ,.:'.:.           /       / : : : /
     `¬{:j::;      (い::.;         Y     イ: : : :/
        Y゚     i、::::ノ           |      | : : /
               .                 |: : :{
         丶.     、       ,. ′      | : : l.         /
            `  ‐=个 . ___ . イ        ト、 : :l.       /    . :
                   !  \    ヽ        l \ヽ.    /     ,. : :   . : : :/    /. : ノ :
              丶  \            l    >-‐―'―‐-=ニ . _  . : : :/    /. : : :
                  \             /            ` <.     / /. : :
                  \           /                 ( ̄` < . :/. : .,;;/
                   \                               `丶  ` ー='"       . : : /
                       ヽ                             >          . : /
                       、`ヽ        、                   /        . : /
                           \          \            /ヽ /〉     . : /
                           \         \            /   / /  / ,. : : :/
                            >‐- .       \       ( ,ノ/ /ヽ.〃 /. : .イ
                             /     丶、    〉       ̄  / / / /;;;'
                        /           \,.,,;;/          (__/ / /:::::'''
                           , '               `/              ー'ー'厂 ̄. :
                        , '                  /               /. : : : :
                     /              /               / . : : : :
                        /                   /               / . : : : :


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ようやく絶望の時間が終わったかと思った
          私の身体をひっくり返し、四つん這いになった背中から
          やる夫君がのしかかり、耳元でささやきます

          『さあ、次は後ろから突っ込んであげますお

           子作りの神聖なセックスじゃなくて、
           男を咥えこんで気持ちよくなる、おまんこのための恰好で、
           思い切り善がり狂ってくださいお』
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

872 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:55:35 ID:eGSr96Fs [83/151]

\  \::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::l:::::l::::l:::::/  ̄ ` ` <、l|| | || //_./:::/:::::::::::::::::::::::::::::::/ ./ //  //
  \\\:::::::::::::::::::::::::::ヘl:::::::::::::::l  /Y    `ヽ、 ||>"./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/__ / //   / /
\  \\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/::::::l         `i′ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/_. //  / /
\\  \/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l           }  .{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;_/ヽ / /   /
.   \, '    .\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}       ノ、  \;;;;:::::::::::::::::;;;;;::::::::::::/   \.'   /
\  , '       '.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ      ,ミ オiヾ      ̄ ̄ ̄   ̄ ̄       ヽ/  /
  \/           '.::::::::::::::::::::::::::::::;;/   r.、  ゙´ っ'′                      ヽ/
.\ /          '.:::::::::::::::>'''"´     ヽ\'ソ''"ヾ、   i ヽ                  '.
\/          `=='"             ノ〃     ヾ;  ヽノ r‐、'.  u               '.
 ,'                     し   {{     _}}   l ( i  ヽ)           u  '.
_,'                 ノr-、 i_..ノ   ヾ    っ_            u         '.
,'                  ij         / /' 、_. rヘ( ̄ヽ) i u
                            / /. ヾツl ij  /  ヽ
                      ノ(⌒)  / し'   /n !   l /)  ;
                        rヘ, '  u   ノノ,l l   '.し
                  ι       , '      // .l !   ‘,)i⌒)}
                      , '         ノ( __ j !     ‘,  ij  u


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             その次の瞬間、
             私の身体が後からどしんとゆさぶられました

             正面から貫かれたのとはまた違う角度で、
             やる夫君の肉の棒が私の中を抉ったのです
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

874 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:56:56 ID:eGSr96Fs [84/151]

             |        /                       |        /
             ヽ      /                     |         /
                 V    /   ___   ,.   ´ ̄ ̄ ` <   |      /
                  V    | /      `/          \/       /      ほら、こうされると気持ちいいでしょう?
               |     V         ,'           /     /
                ∧     |          ;         /      〈
                 / |     ヽ                  /          /        大概の女は、これがたまんない、
              /  |     \             / r‐ 、    /∧        病み付きになるって言ってくれるんですお
                /  ,..|    / ̄ヽ ヽ            〈_/   〉 / / 、
            /. / |  〈    \〉     ヽ              / / ./    、
              / ,. '   | \\          }             / / /    \      お義母さんも、遠慮せずに・・・・・・
           |,.'      \_ヽ〉       ノ         //―'         ヽ
          /            \               /            ヽ
         /             〉、               /              、  やる夫のちんぽを堪能してくださいお
        /                 / 〉    }        `〈`ヽ                 、
       /                 /  /´    /          V  \                 、
     /                /   /     /         V   \  ,.  '′  ̄ ̄ヽ  '.
     |             /    /       ,.'  `ヽ     '.   >'′         | 、
     |        ,. '′      /     / /          ,.  '′            |  、
     |      ,. '′      /       j/     ,.   '′           _,.  '   |  〉
     \_,. イ          /      {                        ,.イ      レ'
                  /                       ,.  /  |      |


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       その肉の棒は、何度も浅い所をかき回し続け、
       時折思い出したようにずぶりと深いところまで侵入しては、
       また浅い所に戻っていきました

       何度もそれを繰り返されるうちに、その深い一突きを求めるように、
       やる夫君の動きを追うように、私のお尻が高く掲げられていました
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

875 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:58:19 ID:eGSr96Fs [85/151]

                    || />- く⌒ヽ
                    リ /    \
                 /ヽ Ⅴ ̄ ̄∨      ヽ
               /  トvrヘ  ∨∧⌒ヽ      .                  \   -‐ //
          >´   | ∨jトv ∨∧   \    .                /`T   ̄ /
          / .   i   | ljMl|ハ. ∨∧    ヽ                 /   ゝ-‐ァ'"
.      /  /   ll   | l  | ハ ∨∧     !   .            {             /
      〃 /  ! リ   | l∴ ll lト  ∨∧   |   l             \           /
      レ ルl   レ  _斗.! ’ ll リイ´王`∧   リ   |              \ 〈_     /       l
        .|   i   lrテk  ル'´ィ=ミx./ ̄ ̄\ .从                 `ト--‐   ´           l   |
        .|   !  リ八r'.〉      /      .ヽ 人                 l                l   |
        从 リ //∧::::: ' _ ::::::::.{/⌒丶   \ ヽ               |                l   |
          V /∧{ ノ\ V ) u.∧     \   \ \              |                |   |
            | i/レ'    .>‐-、  |      \   `ー┐          '|                |    ′
            | |_l|       ./\i |        ∨ / /\ \      / !                 l   /
           ! i_l|      ./   |       |∠二ニ=-‐ヘ、ヽ .../                   l /
         从ル'    .Y´       |/         ├―‐---‐く⌒ヽ''7         \             ∨
                {      u /       |             {          ` ー-         }
                ∧       {   /      | ...       |/     u          `ヽ      ィ爻
                |i∧   \ )/        ∧::rッ::     ル′                   _ ノフ  ̄ ̄笏爻/
                |:{,∧    Y{    /      〉                       ー=ニ、:::::::..  リノ'′
                / \}    | ゝ< 二ニ=-=イ`ー--‐ ´   -‐ '^                  ノ`ー-‐ァ'"
                ∧   \   〔___     // ヽ                             /
               \ヽ    \  У`ー―‐ァ‐┘   !                            /
                    入 \    , '     /     r‐--―-- ,.=-―---‐ ´           /
              /{  `ヽヽ         ,      ノ       /                       /
             く  \   } l, ′   /≧=‐=ァ´     /                    ,./
.     \__    -‐  ´ \   } /   /|/ ̄ ̄      /                    //
            ____ >/   / |          /                     / /
.     ー‐ "´ ̄        /   /ヽ  /       /   、_    -‐―…―‐‐-   _  /   /             -‐- 、
.         , ‐<ニ=-一'     ∠二ニ=-′     , '                     ー-=ニ           /    \
.       // 二ニ        /           /                                ‐---‐  ´
.      `ー'-/ , -‐‐-  --‐ ´             i
.         ー'                     |
                              \                         __
                               ` ー―――― ---    --―    ̄ ̄


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              『そろそろお義母さんもノってきてますし

               ここらで一度出しておきましょうかお』

              私の片足を抱え込んで腰を押し付け、
              お腹の中をうめつくした男性器をびくびくと痙攣させる

              腰を一寸たりとも動かさずに、ただそれだけで、
              私に恥知らずなうめき声を上げさせていたやる夫君の声に、
              私の意識が一気に現実に引き戻されました

              出しておく

              それが何を意味するかということは、
              その時の私にも明確に理解できたからです
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

877 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 13:59:21 ID:eGSr96Fs [87/151]

\人_人从/
  ) _∟〃(
<. / こ  >
  ) i_」_ (
< (乂 ) >                    \人_人从_人_从人_/
  )  つ (                      ).      日穴  (
<  |. |  >                    <.       ノ |.至な >
  ) ・ ・ (                       ) _∟〃┌人┐ (
/⌒Y⌒`\                    <. / こ  l´  ゙|か >
                             ) i_」_   l ┼  (
     \人_人从_人人_/           < (乂 )  レ<ナヽ >
       )    _Ζ__ (              )  つ       (
     <      (_   >           <   |. |     >
       )三ノT  l _ (              )  ・ ・    (
     <. 口 丁 7|´(  >           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒`\
       ) |    _∟〃(
     <  、_ノ / こ  >
       ) ー‐ァ l ┼ (
     <  (_  レ ,ノ  >
       )  つ l ┼ (
     <  |  | レ<ナヽ >
       ) ・. ・     (
     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒`\




















\人_人从_人_从人_/
  )       l  ,.ィ´ (
<  |     刀 ┼‐ >
  ) 、_ノ _乂_|_ (
<. -j─   l l二二 >
  )  二) 刀 |丁▽ (
<.  や _乂ノ レ ヽ >
  ) _.ニ、       (
<    _ノ        >
  )   う       (
< .   う          >
  )   っ         (
<   |. |        >
  ) ・ ・       (
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒`\


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       その日は危険日ではありませんでしたが・・・・・・

       それでも、やる夫君の射精を中で受け止めてしまえば、
       完全に夫と娘を裏切ってしまう

       それだけしか頭になく、私は膣内射精だけはよしてと、
       必死でやる夫君に訴えました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

880 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:03:38 ID:eGSr96Fs [88/151]

                ―   、
            ,            ヽ
         /        __      ヽ
.      /     .t‐‐''ニニ´~~   ;:-:、_ヽ      それは不味いですおねェ
.      /        ,r.‐,‐< .    /--、 `.',
     i'         i:,i.,:;i_,    r'j'.::|`y. .i
      i        ̄_´     .,. .,'-'‐´  i     でも、やる夫は膣内に出したいなぁ
   _  i           i;       ,、 )    i
 /  `''-'        `'''=ニニ .ア゙    ノ
ー:ヽ.   `\ .        ー‐    , '      外に出せって言うなら、
.   、::ヽ     \  ': : .  _   _ .-       何かお願い聞いてほしいなぁ
    ヾ:::\.    \  : :: ::: ::: :: :ヽ ヽ、
     \::::\   _,,.\ : : : :ヾ`r‐-、゙i.゙i、
       \:::`':'/  .゙ヾ.  ヾ/!、  ヽ ゙i
         \:/       ソl'`      ゙i



                 _    \   __ ィ1 /\
             〃´  _ `ヽ ∨´  /l|∧  \
             l| /´   `ヽ ∨!   / ij| ∧   ト、
             リ/    --  / リ  / ⌒レ´∧   | \
            イ/  /   /  /  /     l{  !   ヽ
             | /   /{ ./  / / /Mト.从 .ハ ハ ヽ      聞くから、なんでも言うこと聞くから!!
             |/     / 从/  /__/ / ∴.|lメ!´ Ⅴ ハ  ヽ
             |  / // /.∨ ´/ /从   ’ リルハ  ∨ ハ  ハ
             | ./ // ///  ∧ 〈 ルハ  /ィ化 ト、 ∨ ハ jリ    だから、お願いだから膣内にだけは、
             |/ // ///  ∧ 「必j「    烈'ノ从  ∨ } ル'     出さないで!!
             | // ///  ∧人 ""´   ' u. リ| |ハ  Vル'
             .从./ ///  / } |ト、u ┌‐┐ / l! !ルト、 V
           / // ///  / 从 .l\\ ゞjノイjリ从 | ノハ  }
           /  . '  /´ | 从   }从、`ーrr=' メ、 }.リ  ハ j
.        /  /   {  l|   } i Ⅴト、.ー┴‐く  \リ/ / ル'
  _ . _彡  /    ∧ l!  l| |   |::|ヽ  ヽ     \ヒ{ /
       /  / / ∧从 ル' リ    |::i    .     \  \


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      私が思わず口に出した、妊娠するという言葉・・・・・・

      やる夫君は、その言葉に向き合ってくれました

      やる夫君は私のでまかせなど一蹴し、
      自分のやりたいようにするだろうと半分あきらめていた私は、
      その好意にすがりつき、
      必死で膣内射精だけはよしてくれと、
      背後で私のお尻を抱え込むやる夫君に向かって訴えました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

882 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:04:25 ID:eGSr96Fs [89/151]

                               >'''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~><
                          >イ´                    `> .
                          , イ                           ヘ、
                        /                                  \
                      /                                      ` 、      それじゃあ・・・・・・
                    .∠                                    ';,
                    /   ,>、_      ...........                             ヘ     お義母さんが、
              /´ ̄`ヽ  l´゙゙゙゙゙/≧==-<::::::::::::::::::::..l、                       ヘ    やる夫の言うとおりに
            ./   .:::::::l--L  l//////|:::::::::::::::::::::::::::>=====__                      ヘ   『お願い』してくれたら・・・・・・
             ./    .::::::::l   `'' `ミ=彡'/:::::::::::::::::::::::::/:::''''''''/////≧zzt_            ヘ
          /   .:::::::::l        ´゙´`````:::::::::::{     |///////Ⅵ .ヘ`ー              l
            /   .:::::::::::l     |                ヘ   `ミ///////  |              |  やる夫も鬼じゃないから、
          ./   .:::::::::::/:::.   .ヘ       ,|          `¨¨¨¨´  /               |  『そうしちゃいたくなる』かも
        /   .:::::::::::/::::::::...   `'tー―-''´ |            ´ ̄ ̄`'''=、             |  しれませんおねぇ
          /    .:::::::::::/:::::::::::::::::::.. .,ゝ-<__  ゝ-- 、                             l
     ,___/   .:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::l     `''<  `'''---、__/                      ,
   .r´     ..::::::::::::;;t \::::::::::::::::::::::::::......      .`<_     /                   ,'
 ,--'     ..∨::::,,;;;;;ノ   .\:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;....   `¨¨¨¨¨´                ........:::::::::::/
,/        ∨;;;;;;;;ヘ、   .ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ∧     .∨;;;;;;;;;ヘ、__>、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   ∧      ∨;;;;;;;;;;;::::::::{   ̄ ̄ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          そう言って、やる夫君は私が口にすべき『お願い』を
          ゆっくりと教えてくれました

          普段なら思わず平手打ちを繰り出してしまいそうな、
          破廉恥な『お願い』でしたが・・・・・・

          その時の私には、それを深く考える余裕は有りませんでした

          やる夫君の膣内射精を回避する、
          ただそれだけしか考えられなかったからです
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

885 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:08:54 ID:eGSr96Fs [90/151]

                       /ヽ     ,..-‐┐
               ,. ―≠ニ二/:.::.∧'  ̄冫:.:.:.:.:.!
              /イ/   ,. イ:.:.:.∧:.V:.7:.:,. イ:.:.:.|
                // /// ̄/:./:.:/∧:.V:.//:.:.:|:.:.:.|_
            〃 〃/:.:.:.:./:./:.://:.:/,ハヘ:.:.:.:.:.|:.:.:.|:.:\
            /  { /:.:.:.:./:./:.://:.:/:.:/ヘVヘ:.i:.:.:|:.:.:.:!:.:.:.:.\     わ、私は、リンディ・ハラオウンはぁ
            !   /:.:.:.:/:./:.:.///:.:|:.:.| . }:|:.:.:|:.:.:..:V:.:.:.:.:ハ
              |:.:.:.:.:!:/:.:.///:.|N:.:.:! ∵//|:.:.ハ:.:.:.:.:.V:.:!|:|:.ハ    娘婿の元気なちんぽを咥えこむエロ女ですぅ!!
              |:.:.:/:.::.:'77T八「V  /イ千ミx:.:.:.:.:.:.V:.!:!:ト、!
                j/://イ千王ミ、   ,j┼j/、ヽ:.:.:.:.:.V |:| i!    私は精液大好きですから、
                 //:/:./:.:∧!代rテ^    示ミx,∧:.:.:.:.:.:.!V:.!/    本当は中に出して孕ませてほしいんですけどぉ!!
             //:/:./:.:/∧从\\\ r\`宀^/∧:.:.:.:.:.|:.V
           〃|:.:|:.:!:.:.|:.!:∧ゝ    ,.- 、     //:.:ハ:.:.:.:.:|:.:.|     今は、私がやる夫君のものになった印にぃ!!
            || !:.:Nハ:.:!:!:.:.:.\\_〈,.- 、}  u_/イ:.:.!:.:.:.:.|:.:.|
           i!,.イ:.| | !:.|:|:.:.:.:ト、>´乂_ノ   /:/:.:/|::.:.:.:.ト、!     ぶっかけで印をつけてください!!
           /! |:.:| | V:∧:.:.ト、\ u {{ ,.イ:.:.:/:.://|:.:.:.:.:| ∧
         /   ヽ:! V:∧!_ヽ\ヽ>‐< /:/// ,ハ:.:.:// ハ
          |   u  V:∧|  \    //イ/// |:.ハ   '.   この通り、お願いしますぅ!!
          |     /∧!|!   、   u  // ´    j/,ハ!   |
         !    { //:./ |!   ヽ    /     /:.:./ ||   |
         ∧  i V∧:.| |    u、  ,.'       /:.:./  jレ'  !
.        /: ∧ U ,ハ |:.| i!       Y /     /:.:.〃 /  ハ
        //:./ハ  !:ハ|:.|  !      | i      /:.:/:/ /}}  /:.:∧
.       //:./:.:. ∧ |:.:| |乂ヽ ヽ      ! U    ///:./ /ノ /:.:.:.:.∧
      //|:/:.:!:.:.:ハ ヽ! ! `ー`     i       !:.!|:./ /  / \:.:.:.∧
      |:| |:|i:.:|:.:/  '. 八      U  !     乂j//  /    V:.∧
      |:! |:||:.:V   }  ,ハ: : : . .    人   : : : : 八   /     〉、∧
      i! !| Vハ   ! `ヽ. t_、_ ,.<   ヽ _: : :rメ-  -イ    /::∧:.l
       !  V:::::::::\!     | ≧=-..._...   イ       |   /::::::::::::∧
      ヽ /\::::::::::|     !   ,レ'´`^i!~^`ヽ|     .! /:::::::::::/:::::ハ
        /::::::::\:::::!     ト 、_ノ    |   |     !:::::::::::::/::::::::::::::∧
        ,'::::::::::::::::::`|     !::::::/     !   |      ,'::::::::/:::::::::::::::::::::::∧
       ,':::::::::::::::::::::::!    ,':::::/     o     !     ! ̄´:::::::::::::::::::::::::::::::∧
        i:::::::::::::::::::::::::!    i::::/          '.    ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
        |::::::::::::::::::::::∧   |/       o    '.    |{:::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
        |::::::::::::::::::::::::∧   {!        ⊂⊇    !   | \__`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::i
        |::::::::::::::::::::::::,. }  `、            /  〈    八:::::::::::::::::::::::::::|
       八::::::::::::::::://    \_          /_   `ー― 、 ヽ ___/
       ≧=⊂ニ´      __`つ    r- ‐'´       < ̄
            /,. ,. - _,. イ        `ー'´ ̄ \__ \\\
          〈///´                  ≧-`、_〉_〉
         `ー'´


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    本当はもっとたどたどしく、聞いている方があきれ返るほど
    情けない声での『お願い』でした

    やる夫君は、私がそれを口にするたびに腰を激しく動かし、
    お願いが私の嬌声で中断されるのを聞いて楽しんでいたのです

    『お義母さん、もっとしっかりしないと

     そうじゃないと、やる夫の我慢も限界超えちゃうかもですお?』

    やる夫君にからかわれながらも、
    私がお願いを言い終えるまで・・・・・・

    5,6回ほどのやり直しがありました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

887 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:09:42 ID:eGSr96Fs [92/151]

              _______
           /´          .: ̄: : :.::::ヽ
          /⌒ヽ    /´⌒``ヽ:: : : ::: : : :.\.
        /                   \: : ::: : : : : .\.
       /⌒、      /    \   ゙ ..: ::: : : : : : : . \
      i -ーl      l ー一   l  .::::: ::: ::: : : : : : : : : .\.
    /            \    /  .:: : :::: : : ::: : : : : : : : : : .\      んー、やる夫はお義母さんを
   /    、       、      .:: : : : :::: : : :: : : : : : : : : : : : \.    孕ませたいんだけどなー
  /  |   ヽ         )        : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : .\
  /  ヽ、__/ \___,ノ         ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
 /      )       /          ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|   でもまあ、そうやって
 |       /   ,r‐r‐/          ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:|   お願いされたらしょうがないなー
 l      (___/_,ノ            .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
 ヽ    ヽ                  .:: ::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:l    やる夫は優しいから、
   \     ー ─          .:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:/    自分の女のお願いは、
    \                    ..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/    できるだけ聞いてあげないとなー
      \                 .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
        \、         ..:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         ``ー-      :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
           /       :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\.



   /ヘ
   l  } /Yヽ   /)           .//////////
    l  l ',人ノ  (_ '、_,.、      //////////;/
   ',   ̄ヽ   (,. -i r‐'  __  ./:::::::::::::::::::::://///;//
    ',  r‐‐' ゙ヽ、  U ゙  コ L l.(::::テ==≪:::////;///
.    ヽノ l    \   _、i_  ̄/〃::::::::::::::::::::::::///;////
        ノ!      ‘, >(´ / ((::::::::::::::::::::)):::://;////::/
       (ノ        ‘、  ゙./:::::::ヾ:::::::::::::::((::::::/;//////
                ι/::ノ)::::::::::o:::::::::::lj;;;;;;//////
                 Y:::(/::::::/):::::::::::;;;;'''::::::://///
              ん)::)):::〃:::::;;;;'':::::::::::::::////
             /゜ '::::;_:/::::::;;'::::::::::::::::::::::///
             /′  .i:(ノ::::;;'::::::::::::::/:::::::::::::::::/っ
          ι'      l(ヘ;:::::::::::::::::/:::::::::::::::/    __
                  ,' ヽヽ、;::::::/:://,-‐ヘ二二二__)
   /ヘ          ,'  Y  ``ヽ<_二―-、}___   。
   l  } /Yヽ      /   .li   ii  ヾ)   ̄ん~、つ o
    l  l ',人ノ /)  '  ゙ヾ、l(.   ij   ゛  /
   ',   ̄ヽ (_ '、_,.、    .ノト、っ     , '
    ',  r‐‐' (,. -i r‐'__    U ‘,.    /
.    ヽノ.      U コ L     ‘,.u   /
              ̄ ”/    ‘, ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    空々しい言葉と共に、やる夫君が腰を激しく動かし始めました

    激しい出し入れで自分を昂ぶらせ、射精しようというのでしょう


    私は、身体の奥底から突きあげられる振動に
    抑えきれない快楽のうめき声を漏らしながら、
    ようやく終わるのだ、と安堵を感じておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

889 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:10:41 ID:eGSr96Fs [93/151]

                                   /  __ノ
                                   ! /
                                   //
                                      //
                        (⌒!       //
                   r‐、    ヽ ! r=、   //
             _   r‐、 / ! r‐、  // ! j __//
             !  ! / // // / 〃  / / / /
             ヽ v  / ゝ-'ゝ-'   rv // (
             冫 /     | !   !  レ _ノ
             {  (__  _! \  ! //
             ヽ___)r   Y= 、  ーr'⌒ヽ
                    |   !(__ノ_う⌒!   /
                 /|   |:::::::::::::::::::::::::Y /
                / |___ノ::::::::::::::::::::::::::/ !
                |  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::/ |
               r' !   ト、____,.イ  !
               !  !   ト、二二二_う  /
                ̄7―'――/ ̄ ̄ ̄ノ/-、  / v_
            / ̄ 7ヽヽ   !_,ィ//レ/  ヽ し/ /
               / _ノノ    / (_/ ,ヘ ヽ ー'
               / ヽヽ    !     ./ ヽ-'
              /  { {     >―-イ ,-、 r-v
              /  Yヽ   //´  / / レ´ ー 、
             ./  / /-~--'ノ   /  ! /j /ヽ ヽ
            /   ヽヽ  ̄     /  しと_ └' ノ
               ) )      /    ー' ̄
              ( (      /
               つ ヽ    /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ほどなくして、やる夫君のうめき声と共に、
       私の中を埋め尽くしていた熱がさっと引き抜かれ、
       私の目の前で二、三度しごかれてから・・・・・・


       やる夫君の欲望の証が飛びちって、私の顔を汚しました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

891 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:13:23 ID:eGSr96Fs [94/151]

            , .---〈         `ヽ
     l\     //  ノ>、          ヽ
     |  \//   / /lハ`ヽ、.        l               ・・・・・・やる夫君
   lヽ、lヽ   \  /  / / ハ  ヽ、、.      l
   lヽ ヽヽ、  `>、         ハヽ.       l
   ', \∨/`ヽ    ` ヽ、_      ', \    l               これで、気が済んだでしょ
   ∧ ヽ/  \` ー 、  `ヽ` ヽ、  l  l    l
   ∧/   ト  \  \`ヽ  ヽ>ー < l   /
.  / /!l  ;l \ 从\ハヾ ヽ /      `ヽー‐<               お願いだから、このことは誰にも言わないで
  / / lヽ ヽ\∵fム 从 ハハ l        \  \
. l /!  l \\\ヾ!   xxリ.l         ー- 、 `¨ ‐ ._
. l l l  l l  l`  ` }  .r 、 l          }     ‘,     ヽ       悪い夢だと思って、お互いなかったことにしましょう
  l lハ l ト  l\\└ -ゞ=ゝ-、         |'        \   ‘,
  \l ',  l lヽ ',.\\ ∧\_ .ハ      {           ‘,   {
   ヽ ヽ、l l ', ',\\\\ ./  :      :.         l    、
       \ \\ `¨` \/  ',       ',           l __  ゝ=ニ二._
                 /     :        ',      ¨´
                /       ',      .> ‘                    \
              /         l   , ‘                          \
               ,′           l ./
                |::..        /                               ,__
                |:::::::..     /                                :.  ‘  .
              ノゞ::::::.   /____                               }      \
              ̄ ¨≧=ノ―――=ミ、`ヽ                             ,′     \



          ., '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.
        /            \
       /  --      ‐‐   .:::\
     /                .:::::ヽ       ん、やる夫は誰にも言いませんお
     !  ....((;;;;)) ::::: ((;;;;)).... .::::::::::!
     !      (___人___)      .::::::::!       でも、なかったことに・・・・・・
      ヽ              ..:::::::/
      \            ..::::/        できるんですかお?
       /    ....::::::::::.....  ::::::::\


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              私の顔に飛び散ったやる夫君の精液は、
              青臭い男性の匂いで私を包み込みました

              私はそれをぬぐう気力もなく、
              布団の上に横たわって粗い呼吸を繰り返すばかり

              そして、やる夫君が部屋の中のティッシュをとって、
              優しい手つきで私の顔を拭っているときに・・・・・・

              私はこの不義をどうやって隠し通すか、
              それを考え始めていました
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

893 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:15:01 ID:eGSr96Fs [95/151]

                /: : : : : : :\
             r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
            //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
    ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :..
    , イ: : : : : : /: : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : ',     ・・・・・・バカにしないで
   /: :ァ  ̄ ̄ /: : /: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.i
  //: : .ァ: : : /: : /: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |
   /// / /: : /: l: :l l: {。゚。}: : l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|     これは終わり、悪い夢だったの
  〃/ //: :/: :/: :⊥ --ヽ ゚ /-┼--: :}∨',: : : |
  / /  {: :/: /\.,イ示ミ    ,イう示〃: ト: :.i: : :|     今夜のことで調子に乗るようなら、
        i /: :/ |∧ 込ソ    込ソ´/l: :l ',: }:.:.:|     こっちにだって考えが・・・・・・
      v: :,'l: l: ∧     i     ',イ:.l: :i: i::.:.|
      {: :,' l: :l l 人   -‐-   /: :| l: :.l: l::.:.|
      i: :i ゝ{ |: : |: :..    イ: |: : | |: :.| |:.:.:|
      !: :{  l l: :.:l: .r| >< |: .|: : | |: :.l/: : |
     .八 .i  l l: :/:《 \_ / /`ヽ: .リ: :/: : : |



             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        /               \
        /    / ●ヽ  /●ヽ 丶         おーやおや、結論を急ぐのはよくありませんお
       /     丶.  ノ   、  ノ  \
       |          (__人_)      |
      ヽ       │ニニオ     /       やる夫はなかったことにできますお、やる夫はね
         \        廴_)ノ    /
       / ̄           }
      ィ               ト、          でも、ふすまの向こうにいる人はどうかなあ?
.    //YY >┐                ', / )´ )、
    /Y { {/ /                 V / / 厶
.    { { { { { n            j`Y ′ ' / /
   ハ     し' j              { {     イ
   / {        /             人      /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        私の言葉にうなずくでなく、質問を返すやる夫君を、
        私は精一杯きつい目つきで睨みつけました

        それに対する返事は、ふざけきった笑顔と、
        思いもよらない言葉でした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

895 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:17:19 ID:eGSr96Fs [96/151]

                   /: : : : : : :\
                r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
               //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
       ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :
       , イ: : : : : : /: : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : ',
      /: :ァ  ̄ ̄ /: : /: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.i
     //: : .ァ: : : /: : /: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |      何!?
      /// / /: : /: l: :l l: {。゚。}: : l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|
     〃/ //: :/: :/: :⊥ --ヽ ゚ /-┼--: :}∨',: : : |
     / /  {: :/: /\.,イ示ミ    ,イう示〃: ト: :.i: : :|      誰かいるの!?
           i /: :/ |∧ 込ソ:   込ソ´/l: :l ',: }:.:.:|
         v: :,'l: l: ∧     i     ',イ:.l: :i: i::.:.|
         {: :,' l: :l l 人   -‐-   /: :| l: :.l: l::.:.|
         i: :i ゝ{ |: : |: :..    イ: |: : | |: :.| |:.:.:|
         !: :{  l.ヾヽ. |  ` ´   ゝ 、 __:.l/ _..|
.        , -──_‐ ' ´ '        _,..     `ヽ
        /.       ` ー-、  r‐ ' ´            l
       ,′                      、'     |
.       ,       、.        γ        }       ,
.       |.    ,.'       ,:'        ',.    ,'
.       |    /       ,           l    .ハ
.      l    ,′       i    ::rュ::    j   ハ
       l   {   ::rュ::    !        _/_   ハ
.         |   λ       λ. -‐  ´      `、ヾ、
.        l   ヽ    _,. ' ´     :.      . 、 ヽ }
        ',    γ´        ,._: '^- ー‐- 、 } ) }
        ',  /       ,. ' ´       λjイ レ'
        ',      ,. '´         ノ
         ',    ,. '´        _,.  ' ´ l



            ____
          ,..-''"´         ヽ
       /             丶
     /                \
    /             斗=ー  ヽ
     i     -=ー     ´ .ィj^ヽ   i      誰かというか、なんというかー
.    .|    ≠fjー-ミ   /  ___    l
    }   /  ____ _     '"´   `   l
    .i    ´                .i       おーい、もういいお!!
     l     (    j    )      ,
    .  ',     `ー-‐'′`ー-‐′     ′
       .,       ∨. : : :{     .イ         ふすま、全開にして!!
       \     ∨._:_ノ    ィ゙
          ≫ ..,_      _,..≠ {、
          /^Y}  7r-r=rえ  八\
         /.:.:.:.:{  /{__ノ^^廴}V }.:.:.:.:.

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           第三者の存在を匂わせるその言葉に、
           私の血の気が一気に引きました

           誰かに視られた!!

           不貞を働かされた現場を!!

           夫と娘を裏切り、恥知らずな声で肉欲に負けた、
           浅ましい姿を見られた!!

           私の視界がぼうっと暗くなり、
           そこがどこか遠くの世界であるかのような、
           そんな錯覚に包まれた時
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

897 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:19:05 ID:eGSr96Fs [97/151]

           . = --=  .
       .  ´          ` .、//- 、
      ./     ./               \
     /  /´  /                 \
     ,′ ,′  /       /}イi    \\   `-= __
    .′ ,′  ,′  /./  /Y  从      } .≧=------=≦    はぁい、やる夫君、お疲れ様
    |  i|   .{ / /{/  / l{ ハ .}    ヽ   \
    |  l|   .レ{ / / { ハ .l| .{ l ハ  .|   ‘,  .ハ
    | 八   l.ィ芹芯ミ.{八 ハ. ヽ/ }\}    } ト、 }        お母さん、どうだった?
    | {⌒{  .{{{::r:::刈       .イ芹ミ、八 从 リ .!. ヾ{
    |人 !  .从ゞ:_ツ       ハ/:::リ 》/ /} ./} リ
    | ‘人  .∧////  ゞ= '  / / j/ | /
    | /  ∨ ∧     ′//./イ l|  /{           やる夫君のえっち・・・・・・ すごかったでしょ?
    |     ∨ ∧  ` -     イ-.| |  ト、 |
   ノ_ > ' ∨  ’> ._ . r<     | |  |  Y|
 ./´      .∨ ハ    /       .| |  |  .|l|
 ′         Y  ‘,        八 人 .!l!
 |           |i   l}            \ ヽ.|l!
 :.          .|l   リ          /   Y } !.|
. ∧  {       从 ./           {     |/ |八
/ .∧  ヽ_=-=≦彡'、        ヽ   /} .|.  ヽ
  {.∧ /´ ̄ ̄     }          .ィ≦彡' .!  ∧  __
  |  ∨        .′      (/ .}   ト、 / .∧´   `  、
  |   ′        |           ヽ ′  .ハ. Y./ .∧      \
  |  {            ,        /   ., .} i|\/ ∧           、
  | .从 .:::..、         、        .::ノ   .,′ l l|  \,ハ        ‘,
  |/} 人rッ:::,       \     ./    ,′< l|   Y .}.         '.
   j/} `< __ イ   .>´ ̄    /    ` <フ |         }
       ヽ       /       ./        \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          `ー― ‐/         /  ≧=-、 〈\\\\
           ,  ´     .   ´       .∧ ∨\\\〉
       >‘     . <           ヽ〉  `¨ヽノ
      /      . <
     ./     f
     /       ,′
     ,′     ./
    ,{    .r、〈
   .〈.| | | |
    .| | | |
    .|_ハハノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ふすまを開けた向うに居たのは、
          肌を上気させた私の娘でした

          そして、聞いたこともないような淫靡に濡れた声が、
          私を現実につなぎ留めたのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

900 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:21:02 ID:eGSr96Fs [98/151]

                 _    \   __ ィ1 /\
             〃´  _ `ヽ ∨´  /l|∧  \
             l| /´   `ヽ ∨!   / ij| ∧   ト、
             リ/    --  / リ  / ⌒レ´∧   | \
            イ/  /   /  /  /     l{  !   ヽ
             | /   /{ ./  / / /Mト.从 .ハ ハ ヽ     ふぇ、フェイト・・・・・・
             |/     / 从/  /__/ / ∴.|lメ!´ Ⅴ ハ  ヽ
             |  / // /.∨ ´/ /从   ’ リルハ  ∨ ハ  ハ
             | ./ // ///  ∧ 〈 ルハ  /ィ化 ト、 ∨ ハ jリ   貴方、何時からそこに・・・・・・
             |/ // ///  ∧ 「必j「    烈'ノ从  ∨ } ル'
             | // ///  ∧人 ""´   ' u. リ| |ハ  Vル'
             .从./ ///  / } |ト、u ┌‐┐ / l! !ルト、 V
           / // ///  / 从 .l\\ ゞjノイjリ从 | ノハ  }
           /  . '  /´ | 从   }从、`ーrr=' メ、 }.リ  ハ j
.        /  /   {  l|   } i Ⅴト、.ー┴‐く  \リ/ / ル'
  _ . _彡  /    ∧ l!  l| |   |::|ヽ  ヽ     \ヒ{ /
       /  / / ∧从 ル' リ    |::i    .     \  \
  ̄  ̄ /  /  . ' ./ ∧ー─'{     |:::i          Ⅴ  \



            <  ̄ ̄ >
         _/            \
      , ィチ           _    ヽ
    /// /             、 ヽ、                  おかーさんが、美鈴さんのDVDガン見してるとこから
.    /イ / /   /         .|   |     ’
    ' ./ ,イ ./ i  /   ,イ     .|   |.    |              だから、もう最初から全部見てたよ
  、_/イム' |  { . | イ / | /./ . i | |   |     .{
.      イj|.l ヽ七卞{. j/ 代メ/,イ. |i   ト、             しかし、物陰から人のえっち覗くのって興奮しちゃうね
      l | { .ト  圷心Vj /.示心,イ.  灯   { `ヽ、
      |j| ハルヘヽ炒' ノ'  'て紗ソ  |ノ v' ¨¨  、  ミュ-=‐-..、_    私、撮影しながら二回もオナっちゃった
       .| |. }  个,,,  、  `¨`/イ   | /       寺‐-::::::_「
        、l l l  ゝ、 、 _, ''' . , 什   ソ        `寸-へ、
       | V   l ` x  ィヽ、 |   |            `守、ヾー-、
           |  l _i  , `ーぅ.l   j    i/       ヽ\   `ヽ、
           l  ./   `>⌒ ヽヽ |     {         \\   ヘ
           | /         \Yヘ.j    /ヽ、          \  ハ
           | /     、    \,'   .j            ’ }   ノ
       __ィ__,j/        i      |             \         'j   /
    r「 Y / /       .|     ノ   λ        ',        l  /ト、
.  r,i ,イ |/ /         |    /    j  \       j        / ∧.|㍉、
.../レ    /           人__./     ,    \_  _ノ      { ./ ヘ } ハ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     余りに現実離れした、予想もしていなかった出来事は、
     却って人間の心を落ち着かせると、私はその時思い知りました

     何を言うべきか、何を問いただすべきか、
     頭の中ではぐるぐると疑問が渦巻いているというのに、
     私の心の一部は妙に澄み渡っており、
     ある意味聞いて当然の質問を娘に投げかけたのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

901 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:21:52 ID:eGSr96Fs [99/151]

            r―┬―――――――r―――‐‐.、
             l::::::::{:.: : : : : :SD::2000x:l:::::::::l ´:::::::`il
              |┐:::|: : : : : : : : : : : : : : :l:…:::|{::(:::::}:||
              l┘:::| :_:_:._:._:_:_:_:_:_(_:_:_)l … 八::::::::: '
             l::::::::ゝ._:_:_:_:_:_:_:_:_: : :.:l{::::::::} `ー /
              l:::::::::::::::::s:o:n:y::::::::::Y:: l::::::::::',   /
              ト::::::::`ー::::―::::‐::‐:::彡:::::::::::::::::¨::¨}
             `ー―――‐ヾ;:::::::┌ ´ ̄ ̄ ̄
                     (¨):::::;::≧ョュ
             _______}-‐=彡"¨
            〈::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::):::::::::|
              ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄|::{◯}:{
                    / // ∧
                    / /// ∨∧
                    / / //   ∨∧
              / /   //     ∨∧


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       恥ずかしそうに私の質問に答える娘の横では、
       三脚の上のビデオカメラの電源ランプの光が、
       赤く灯っておりました

       『娘に、娘婿による凌辱を見られていた』

       『それをビデオに記録されていた』


       その事実が、私の脳裏をぐるぐると駆け巡り始めます
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

903 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:23:42 ID:eGSr96Fs [100/151]

               /_    ヽ、    ____
             /,. --――-  `´       `  、
             ,ィ´   /,  ̄_>           ` 、
             |    ' / /  ,  ´  ,      -=ミ、
             }  /  {/  / // ,.ィ :.   :.  、  ヽ  ヽ      おかーさん、あのね
                ,:' /   /  / / ,イ  ' | |  |   |   ハ   :.
           / /  /   / / /|i /  | |  |   |   |    }      撮影した自分のえっち見るとね、
          / /|  .:' ! ム斗イ { |  } ,'|、 /  /   ;         ものすごく興奮するんだよ?
        /´  / | | | |  l{ィ==ミ、Ⅵ  /イ }i!/ト、/   /   ;
            | | | .:{ { ! | 比(_,     从ィ=ミ| /\ /,  ,  :
            | { |/ 从 i{ 弋zソ      比 (_,ヽ/ /.: /  ,       後で再生して一緒に視ようね
            | Ⅵ {/ \ :.:.:.:      弋z(ソ,イ //、,  {
              八  '  |   人    '    :.:.:.:/ イ {_ノ/  :
             ∨  |   |  、 ` ー       イ/  | {   |        おかーさんのいいオナネタになるよ?
             / .. -|   |  | 、__.... ィ   |{  | |   |
           /'´   j!  l|ー '      /`¨´l|   イ |   |
             /:    八  |  \_    ,:  /|  /l lト、
          / |   /  、  {     `ヽ ィ‐ ´  |  八 :Ⅵ   :.       あと、美鈴さん以外の人のハメ撮りも
          ,  |   ,:  /\ 、         {  {、 \ }   :.      よかったら、一緒に視る?
           /     /  /∨ ` ー 、   :.  ,.:  从 :.  ̄`ヽ   |
          ,    ∨  / .:'      リ   ヾ´    \ヽ    ∨|
        :    / イ /    ...:::::...      ::.       }/    } :
        l  / / { :    ::::ゞ}:::       :    /   ,.::八
        | / ,イ   | {    ` ー '     |         {::::ソ |
        |{ /∧  l八             ,:.  _____.У |
        | イ ̄', /  :、       _..イ ¨ ´        ヽl ∧
        | 7,  ∨     > ¨¨´               \ーァ
        l {/ イ,  、    ´          _,. <⌒ヽ    ∨
        | `ー|{ _,ム          ,   ´     ` | 〉 , l l }


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      あっけらかんとした口調で言う娘の顔に、
      ショックや不安は全く見られませんでした

      その言葉の通りなら、
      自分の夫が不貞を働いた現場を見ていたというのに・・・・・・

      夫が自分の母親を犯す一部始終を
      余すところなく覗いていたというのに・・・・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

904 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:24:29 ID:eGSr96Fs [101/151]

                       i     .|    |   ./ / //               \_
                        |     .|    | x――.l / . / ´ ̄ ̄`          〉ヽ\
                        |  /ユ|    |/.l / l / {/   }  、__,         「| / / / 〉
                        l.   { (|    | ヾ==≠  /     ̄ ̄          | ∨    /
                        l .   ヽ|    |        .(   ヽ          ヽ    /     やる夫君
                        |     .|    |          ヽ__ノ           У  /
                        |     .|    |\      こ'ノ                /   /       おかーさん、
                      ,' .     ゝ、 ヽ >     ,イ \         /   /―- 、     ちょっと放心状態だからさ
                       /    >‐─‐ }、. .r=ニ´__ /`ー―    ./    /ヽ/  ヽ
                     /   ./        <´.__/       /      //     }   今のうちに、一発だけ
                     /     ./                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     / |ノ´/ / //   可愛がってくれる?
                     /       ./                            / 〈///く
               /        .|    ________________/    ̄    |    おかーさんに見せつけちゃおうよ
               /           |    /|  .|  \    ヽ                 |
            ,'          |     ,.'  ,.'    .ヽ      ',     /            |
              /             .|      {   { ..:::::.        }    /               /
          /              |     从ル'.::::rッ::::  |    /    /           /     ダメだお
.         /             |        :::::::   /     /    /           /
.           /                 |    \      /   /    /               /       今日はお義母さんを
          /                /        `ー― '  `ア´     /             /        とことん仕込む夜だから、
        /     .______/                 /     /           /         フェイトはちょっと我慢する
     > ´ ̄ ̄                         /     /           /
    /      、                        /     /           /|
.   /        ヽ  i}                /     /           /  |          二人できめたおね?
  /               /          /  /     /             /   |
  .′          ∨       , ―<ヽ__∠ -―― ´          /     |
  |              ‘,     〈/>                   /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     私が目の前の出来事と娘の言葉を理解できずにいると

     私の目の前でフェイトがやる夫君に抱きつき、
     甘い猫なで声を出しながら熱烈なキスを交わしました


     やる夫君がフェイトのおねだりをやんわりと拒否しつつ、
     そのキスに応え、ひとしきりフェイトの身体を撫でまわすと、
     フェイトはその手の動きに合わせるように
     聞く方が赤面するほど甘ったるい声を上げておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

906 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:25:18 ID:eGSr96Fs [102/151]

    /: : : : /: ://: : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヽ: : : : : : :: : : : :/ : |: : : : : : : :
.  /: : : :/:/: /: ∨: : ヽ: : : : lヽ: :‘,: : : : :‘,: : : : : : :/: /:.|: : : : : : : :
 /: : : /: :./: /: : :.∨: : :.i: : : : l:.i: : :∨: : : : ∧: : : : /: : /: : |: : : : : : : :
. ′: :〃: /: :{: : : : :∨: :.⊥___|__:|: : : |∨: : : : ∧ヽ: : : :/: :.:.:|: : : : : : : :
. i: : //: /: : : !: ',:.l: :l丁 // } / リ | /:|:.∨: : : :.∧‘, : : : : : : |: : : : : : : :
. |: / ': /: : :/:.ヽヽ',: l:} /寸示ヽ l/ l l: :.∨: : : : ∧/: : : : : : : l: : : : : : : :
 l/ {/: : /: : : :\\/:', ',:::刈 / 〃l: : :∨: : : : ∧: : : : : : イ: : : : : : : :
 ′ l : :/ l: : : : l l \: :.}  マノ  / l: : : :i: l: : : : : .i: : : : :./ i: : : : : : : :
    ,' /l ll: : : :.l: l ヽ: :/         l: : : :.ll: l: : : : : l: : : : / l: : : : : : : :
   ,':/ :| |: : : :|: ‘, /       ,': : : :,' }: !l: : : : :l: : :.ノ ,': : : : : : : :
   i/ヽ:| |: : :.:|ヽ ‘,`ヽ、 -    /: : :./ l l l: : : : :l-"´ | ,': : : : : : : : :
  /  `ll: : : l  ヾ、    ヽ   ′: : / リ l: : : : lニ二 /: : : : : : : : : :
        !: : :.l        ヽ_/: : : /ヽ-‐=|: : : .l:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : :
      ',: : :l         /: : :/x≦:.:.:.:.l: : :/:.:.:. /: : : : : : : : : : : :
         .: : l        /: ://:.:.:.:.:.:.:.-::i: :/ ̄::/: : : : : : : : : : : : :
       マ: l       //x≦ ̄:::::::::::/ /:::::::/: : : : : : : : : : : : : :
        マ l     ,x≦::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::/: : : : : : : : : : : : : : :
        ヾ、 ,x≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::: : /: : : : : : : : : : : : : : : :
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       それからのことは、正直よく覚えておりません

       それをどうやって私の記憶に刻みつけたかと申しますと

       後からカメラの映像で事の推移を確認し、
       やる夫君とフェイトの解説で・・・・・・


       そう、他人の情事を見せられ、
       それを記憶したというのが一番近いでしょう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

908 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:26:23 ID:eGSr96Fs [103/151]

                     /: : : : : : :\
                  r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
                 //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
         ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :..    ..n.ri
         ,.,,==≡フへ : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : '.,r.、.'i }} トヽ;;::
         ,z";; - ' ´ノミ彡}/: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.(∧.',j lj l//;;::
      ,, - ' ´     Y´|..: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |;;: l    }.};;::.
   ,, - ' ´    ,, - ' `ヽ、イ.:_l:斗l: {。゚。}ヘ:.l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|;;:: {   イ゙;;::.     いい、気持ちいいッ!!
''"゙´    ,, - ' .//: :/: : /l7´/,,,!、! ', '`l‐、:l : :}∨',: : : :|;;:..ゝ    ',;;::.
   ,, - ';:´;; ./  {: :/: /|: :l.."⌒゛´/ : ュ=.、ノl :.:.:ト:.:.i: : : |;;:: .',    ',;;::
  "゙`<;;::     i /:./ l: :l/ :/ :/ :i :/ :/ :`ノl :.:l ',: }:.::.:.:|;;:: ..',    .',;;::    こんなの、こんなすごいの・・・・・・
      `.<;;::  v:.,'  .ゝ ',   r=x    〃l.:.l: :i: i.:.::.:.|;;::   ',    .',;;::
ヽ.       `.< i:.i   .l l`.、 .廴 }  ノ": :| l: :.l: l.:.::.:.|;;::  .',    .',;;::
  >.、.      ``> .‐ - 、ノ 'ヽ_ , ィ´: : : : | |: :.|/:.::.:.:|;;::   ',     ',;;::   は、初めてなの、初めてなのぉ!!
    .>.、  ヽ/ ......     ヽ  / ̄⌒`弋-"゙´ ̄`` ─--─{     ',;;::
   ┃┃>.、/ .:c:::::.     Y .u   ..... .ヽ          ゝ    };;::
━╋     ,'  `::::::'''      ,'     .::::c:::. ir-             ソ;;::
┏┫     i           ,'     '':::::::'' .i,, ----ll──── ''''""
┗┫ |i    ヽ         ,'          /;;::   .ll
    |i     ヽ         人           ノ;;::
━┓┏┓    .ト、|l.|  ./ ヽ   .||    /;;::        ┃┃
━┓┗┛.|     l .|l.|      ` 、_..|| , イ;;:::         ━╋
┃┛┃  .|     .i            ||.  ,';;::    :l|.  ┏┫
      |     i  u.           /;;::     l|.  ┗┫
   ━┓     .i             /;;::      .l|
ヽ|;:   ┛      l             ./;;::         ━┓┏┓
 |!ヽ;;::     .|  .}             {;;::     .||.    ━┓┗┛
 |!  `.|.、;;:   |  ./             ヽ;;::    .|| .|   ┃┛┃
 |!  l|  ヽ;;:: .| /      },       .| ヽ;;::   ,||r|"´
 |!  l|l.   ヽ;|:/         !      .|  ヽ;;.r´.|| .|     ━┓
 |!  l|l    |ヽ             |  '/  .|| .|       ┛
 |!  l|l    | .\            |/    || .|
 |!  l|l    |   \        ,r'"|     .|| .|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        改めてやる夫君が私を押し倒し、
        その手の中のカメラが、私を見つめ続けます

        画面の中には、正常位で突き上げられつつ、
        甘い喘ぎ声を上げ続ける私が居ました

        肉の悦びに蕩けきった顔で恥知らずな声をあげる私が、
        肌を桃色に染めて、やる夫君の突き上げに合わせて
        身体を揺らしておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

911 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:27:52 ID:eGSr96Fs [104/151]

                             /: : : : : : :\
                          r, /', / //、 r、: : : : :.ヽ
                         //: :rヽ///', ∧: : : : : :‘,
                 ―ニニ二二\/: : :./ミ: //∧ ∧: : : : : : :..
                 , イ: : : : : : /: : :/ ´: : : : : : ∨∧ヽ: : : : : ',
                /: :ァ  ̄ ̄ /: : /: : : : : : : : : :∨∧‘,: : : :.i
               //: : .ァ: : : /: : /: : : : :.∧: : : : :.ヽ: :ヽ}: : : : |
                /// / /: : /:_l:斗l: {。゚。}ヘ:.l: :l: :ヽ: :',: : :.:.:|      すごい、これ、凄いッ!!
                 〃/ //: :/: : /l7´/,,,!、! ', '`l‐、:l : :}∨',: : : :|
              ./ /  {: :/: /|: :l.."⌒゛´/ : ュ=.、ノl :.:.:ト:.:.i: : : |
                     i /:./ l: :l/ :/ :/ :i :/ :/ :`ノl :.:l ',: }:.::.:.:|       フェイト、見ないで!!
                   v:.,'  .ゝ ',   r=x    〃l.:.l: :i: i.:.::.:.|
                       i:.i   .l l`.、 .廴 }  ノ": :| l: :.l: l.:.::.:.|
                   八i´  ̄`ー―.|.ヽ_ , ィ´| .ー― ´ ̄ ` 、       こんな、こんな厭らしいお母さんを、
.                   /     .   !               ヽ      見ちゃダメなのぉッ!!
.                  l         :      !    .     i
.                  l  u     ヽ、 !    ノ ‐   ヽ    ,'
                  l  .   u    、_ '´        ソ   l
                   l /         .     i   .ノリ   l
.                   Y        `'::/´    J   .i|    l
                   | ι      !         .} J  l
                    i         .;          .l    .l
                    '、       .八        ノ!    l
                     ヽ. .. ... .. , ´  ` 、. .. ... . ´^ヾ   ヽ
                       ゝ-く      `ー‐´    `ヽ、. \
                      /´  〉、                 \ \
.                     / ._/   ヽ   i     :       \ \
               _ ... -  ̄ ̄   ヽ      i!   J        ヽ、`、
           _ .. -              、    !    n ノ        `丶、
         ... -                  ヽ  :..    ;'´/        u
       /                  )ヽ   :;、   (j
..    /        i         }(   、(⌒`し' r、`ーY
    /         J         ゝー'° )( _,、}j、__ノ{r、
   /  ./                   _ ... -‐じ"´ト、:::::::ゞ:::{、 \     J
  /  J               ,.. ‐  ̄     _,、ゝー'`ヽ⊆´ J `丶、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     仰向けになったやる夫君に跨り、ぎこちなく腰を揺する私を、
     カメラが下から煽るように撮影していました

     自分から快楽を貪るということを教え込まれたばかりの私は、
     浅ましいとしか形容しようがない動きで、
     やる夫君の腰の上で熱心に踊っていました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

913 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:28:38 ID:eGSr96Fs [105/151]

                                   . -‐―- 、
                     }              '′     丶、
                   ノ            /   u       \
       . -―     <       厶-‐ ´                   \
      /           ̄`   ´                    \
.     /
     /                          、    /   __
.    /     )              `ヽ( \ /  ´. : :::> .
   (`ヽ _ .> "         ,           \ \      /   `
.    !\Y.::,             /          :   ヽ )) ,'
   i  /`                  .:r:;:.    }    V ′
   l .イ _           {       ゙゚ ′   ,'    V
   / ´  _)    ∠.     ,ゝ、         /⌒     :.
  八__ xく    ノ /    \ `ヽ. __  ノ        \
  ,′   { ` ー ´  /⌒>    丶.         ,       \
 ,  (( ゝ-- ―‐ ' /       >――  "´
        {` ー― <    r‐一'" _ . -‐   ___
      `7T =‐-、)     ̄ ̄` ー―一'"´    |  `丶、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     やる夫君に跨った私の後ろからフェイトが私に抱きついて、
     慣れた手つきで私の胸を弄り回します

     『ねえ、おかーさん

      お願いがあるんだけど・・・・・・ 聞いてくれる?』


     母親のうなじを、首筋を、耳たぶを執拗に舐めまわし、
     硬くとがった乳首を指先で転がしながらの囁きは、
     甘ったるい猫なで声で、優しく私の鼓膜をくすぐっていました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

915 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:29:48 ID:eGSr96Fs [106/151]

   ┃┃:/:. ´  '';;::.:.:.:.:.:.:. '  ` `  .イ
 ━╋ .:/:.:.              ヽ   `、Zェ__
 ┏┫ :!:.:.:.                 ',       ` ‐- 、._
 ┗┫ .:i!. :.:.:.               イ、           ',`:-、,
     .:ト、. .:.:.:.........         ,.イ              '、;:Y ミ
━┓┏┓::`...,__:.:.:.:.:.o:.:.:.:.:.:._;::.:.:ィ:.'´:    ヽ. \....        Y
━┓┗┛:::::::::::: ̄.:.:.:.:.:.:.:.:´.:.:.゚:.:.:.:.:     ヽ.: \:.:.:........     ! ミ
┃┛┃.ヽ. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚:.:.:.:.:.:.:.:||:         ',   ` 、:.:.:.:.:.。. ノ
   /  \. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||.   ....:.:.     `    ..ヽ、--- '       ┃┃
   /    \. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  .:.:.:.:.:.:.     ',  l|  :.:ヽ リ    ━╋
  ./        \. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.:.:.:.        .l|  .:.`i      ┏┫
 /         ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.       、     | |ll.   ┗┫
../ |        ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..       !:.     | |ll
/  |         }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        i:.    |         ━┓┏┓
               !.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..        i:.:.    .|.      ━┓┗┛
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚.:.:.:.:.:       !:.:.  .| ト、     ┃┛┃
    .|      /.:.:.:.:.:.:.:.:.  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ||.    |:.:.:  | ||,ヽ.       ━┓
 |  .|     ./.:.:.:.:.:.:.:.    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚:.:. .||.コツッ.ィ:.:.:  | ||.` ヽ  |    ┛
 |l  |   ./.:.:.:.:゚.:.:.:l|l    .:.:.:.:.:.o:.:.:.:.:. ||  人 ',:  .| ||  , ヽ. |
 |l  |  ./. .:.:.:.:.:.:.:.: .l|l      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .|| Σ て.  | ||  ',  ', |
 |l  | /: : .:.:.:.:.:.:.:.:.: l|l     :.:.:.:.:.:.:.:.:.: ||  `Y´.コツッ| ||   :.:. i |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   そのお願いとは、
   『フェイトが妊娠したので、もうすぐやる夫君の相手をできなくなる

    その時に、やる夫君の性欲を受け止めてやってほしい』

   というものでした


   自分の母親が自分の夫に跨って腰を振る最中に、、
   その耳元で囁く言葉ではありません

   ですが、私は下からのやる夫君の突き上げを感じ取ることに夢中で、
   フェイトの提案の意味を深く考えることなく、
   機械的に首を縦に振っていました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

918 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:31:08 ID:eGSr96Fs [107/151]

               .|            ヾ、≧z_    \
              V      ,__              \
                /       ゞ'                \
            /                         ヽ.
             , '                               _ヽ,........_
          /                             ,..''"      ``
        /                            /
.       /                            /
      /                            /
      ,'                            /
    _,.イ _
  ̄      ``ヽ、                 /
                ヽ                   l/
                 ヽ、             ,'
                 ヽ               {
                '.              '.
                  ヽ     ,;;;,     }
                       \   ヾハ     ‐-、
                        ヽ、  ヾヽ__,,..ィ、   `ヽ、
                     ,   `て´ ̄i{::::ij:::ヽ     ヽ、
                 , '   /:::::::::::::l!::::i(:::::ヘ      ヽ、
                /     /::::::::::::::::::::::}|:::::::::}``'r‐--‐'''"´``ヽ、
                 /     {;;;;;::.-‐'''''"ij``ヽ! /     _    `ヽ、`'ー-
             / ``ー--‐''"}:::::::::::::::::::::::::::::::::| /    / ``ヽ、   `ヽ、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ・・・・・・というのは私の思い込みで

    実際は、私は微かに首を横に振っている様子が、
    カメラに記録されていました

    ですが、その度にやる夫君が腰の動きを止め、
    私がせつなげな不満の声を漏らし・・・・・・

    『続けてほしかったら・・・・・・
     わかりますおね?』

    とやる夫君が迫ると、画面の中の私は夢中で首を縦に振るのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

920 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:32:19 ID:eGSr96Fs [108/151]

               .|                       \
              V      ,__              \          |
                /       ゞ'                \       .||
            /                     u      ヽ      |||
        |   , '                               _ヽ;....,,,,..|||
  l      | | /      j――‐ァ 「:|「:|             ,..''"       |``
  |l    |||./        └‐ァ:::::/ .L:!L:! ,.-.、      /         ||
  ||     |l/             /:::::〈 r――‐{::0::}     /
  |||    /             /__∧__V―‐ァ::/`ー'  。  /
  |||   ,'                    /::/ ロロ/7   /
  ||||_,.イ _               /_/  ∠/
  ̄||       ``ヽ、                  /  ____
                ヽ    u           l/  「:::::::::::::::/
  j――‐ァ 「:|「:|.   ヽ、             ,'     ̄ 7::::::|「:|「:|     /⌒ヽ
  └‐ァ:::::/ .L:!L:! ,.-.、  ヽ              {     /:::/|:::|LjLj    /::0:/
    /:::::〈 r――‐{::0::}   '.             '.    ./:::/ |:::|「 ̄ ̄ ̄∧__/
.   /__∧__V―‐ァ::/`ー'    ヽ      ,;;;,     }   /:::/   |_」 ̄ ̄/::/ 「l 「l. __
.           /::/ ロロ/7    \   ヾハ     ‐- ̄       /_:/   l」 l」 //
         /_/  ∠/  u    ヽ、  ヾヽ__,,..ィ、   `ヽ、               ム'
                     , |::::`:::::´ ̄i{::::ij:::|っ     ヽ、
 |                   , 'ι|::::::::::::::::::::l!::::!(::ト 、      ヽ、
 ||        |          l/   |||::::::::ll::::::::::::::::i}:::||| ``'r‐--‐'''"´``ヽ、
 ||        |        /     l|||:::::::::ll:::::::::::::::ij:::|||   /  l|   _    `ヽ、`'ー-
 ||        |    / ``ー--l|||::::::::::::::::::::::::::::::゚||ll /   |/ ``ヽ、   `ヽ、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     『よしよし、お義母さんは素直で可愛い人ですおねえ』

     褒め言葉と共にやる夫君が腰を私の腰に叩きつけると、
     あられもない喜びの声が私の喉から迸ります

     こうして、私は娘夫婦の手によって、
     それまでの人生すべてよりも濃密な一夜を過ごしたのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


922 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:33:13 ID:eGSr96Fs [109/151]

                     ,.ィ"´        `` ゙ 、ヽ〈  .> 、 ヽ_,,.ィ)("´< _ ,.>‐-、∠..-┴―――-
           ,・ ’         〈/_三二ニ二三_  ヽノ      >==--―'''"´:::::::`ゞ::ヽ::',
           ,’ ,...,_ ,...--、,.-‐''"´            ``''ー-、,.- ''"´          ::::::::::ヾ='ヽ、_
          ; r'ン ノ´:::::::::                   ,..'"´               :::::::::::::::::::::ヽ   ̄``''iー--
             〉‐'~:::::::::::::                    /                     :::::::::::::::::Ⅵ     l  ノ
         /::::::::::::::::::                    , '                           ∨ -=≠彡'
            {:::::::::::::                     /                                  }  ,/-‐''"
         !:::::                      /       l.|                         ノ/´
         ト                    ノi   /      U                          /
         !               し'   ,'                           ,’/
         ;  ',                                               ’/
.         ・  ‘,                                 / i         /
.          ’, 人    ,ハ                            し′   ,’ /             /
            ’ , \ (_ノ              /ヽ                     ・,. イ               /
              ` 、          ,..<   \                   ・ /             /
                   ``ー--ァ '' "´            ヽ、            /              , '
                      /                   ``'ー---―'' "/                  , '
             _,.-、 {´Y´}.  {                       ,’/                    /
  _,.-、 {´Y´}  と,、 / .しヘノ  }              /l        ,’/                 /
と,、 / .しヘノ     | | /\  /´             { {      ,’/                    /
  | | /\.      | レ ,、__)'′               じ      , , '                    /
  | レ ,、__)     ヽ、_ノY´}-、  __从从、              ・ , '                   /
  ヽ、_ノY´}-、   / ヽ´ノ_ノ ノ      て_         ,’, '                       ,'
\   ヽ´ノ_ノ  / ⊂ニ'ア          そ         ・ , '                      ,'
. `∩  `′ , '     く く                   , '                          ,'
.   | !\  / ⊂ニ'ア.r'o )                    , '                        ,'
  ヽヽ, ', ./  .く く ヽ-'′                   , '                      ,'
   ノノ Y   .r'o )             ,.-‐っ   , '                          ,'
    〉〉-、!   ヽ-'′          //´     /                          ,'
   ∪ {.l      (⌒'⌒).      //                                 ,'
 (⌒'⌒).l  ∩.  \/     / /                ,.. ´                     ,'
.  \/.ノ  { {_.          / / U    /   ,.. ´                   ,'
    /ノ {O { (i ,.-、.      / /      /  /                     ,'
    {ヽ ( /:{ /レ′/     / /    U   ,' /                         ,'
   ヽ  /::ノ U ノ    / /        l ! /                          ,'
    ノ  ):{   ノ_,..-‐' /     っ } レ′                       ,'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     その夜は、空が白むまで一晩中かけて、
     私は娘夫婦の玩具になり続けました

     そして、私の女性器・・・・・・ いえ、おまんこは

     やる夫君のちんぽの形をしっかりとおぼえこまされました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

925 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:34:57 ID:eGSr96Fs [111/151]

          _,,,、、、、、 ,,_
        ,、-''´      `丶、,,__ _,, 、、、、、,
      /             `':::´'´     `ヽ、
    _/               ': :'          ヽ.
,、-',.'                , 、          ヽ
´ ., '     υ          '´、,ヽ          丶
. /                   :.* :            ',
/                 ,, '.` '´;            ',
                  /  Y´ヽ                 ;   │ ``.┌─┐|   |
                , '   }}   !            i    ├─ │  │|   |
               , '   ,'';  l             !    │   └─┘  _/
               ,'   ( i ,'       υ     ,'
              ノ      | !'             .,'
             /`''''''' 'ー;'| !             /
            /-‐ '' ´ ,' u             /
           /二==‐'7 。              ,'
            /  .〈   ,'             /
      ι    /    ヽ、.,'  。           .'
          , '`''''丶ー‐'‐-''             ,'
          .'        i.              /
       ,.'           l.             /
       /           i           /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   そして、何も知らないに等しかった私に肉の悦びを教え込みながら、
   娘夫婦は今回の一件の裏側を私に語って聞かせたのです

   フェイトの妊娠がわかり、ほどなくセックスができない時期に入るため、
   その時にやる夫君が楽しむための相手を確保しておく

   それと、やる夫君が『母娘丼を喰ってみたい』と言ったので、
   私を『誕生日プレゼント』に仕立て上げた

   これが、この夜がセッティングされた理由でした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

926 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:35:37 ID:eGSr96Fs [112/151]

.\
  \
    \
      \
       \   ,. - r::::,、.__
 u         ヽ/  /`: ´: :: ' ̄ ` :.
          ヽ/: : : : : :      ヽ.   , - 、
           ヽ            ヽ  V:::_ノ   ,... - -≠-.._
            ヽ                '.`uー { '´           : :`: :.-
              ヽ   u        |  '            '; :::`-〈
                ヽ     _,.....                `: : :: l
    U             ヽ_,. '´                    o       l
                  '.        `ヽ. __ /^ _         ,: /
           (⌒丶      '.  ,. -―‐-、    〈 〈   \     .,: ´
             `ー(_)     Y´      /⌒Y´ ̄ } }     \ /
.                      i(ヽ    /((⌒リ  〃 \__,.  '´ /´`
                    | `ヽ\/,. ィぅ-、\/     /   {_ノ
                 (⌒`ー-- '⌒ }/ノ_ 二二 _ヽ ヽ    ,.- 、
              /´ ̄`ー 、ヾ / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ__〉_/ _)
                   、__ノ}i // : :: : : : : : : : :ハ ! ____)´
                 O ヽ ‐'   |〃: ヽ: _: : : : : : : : ノ:ん!
                (´ ノ、/ | {: :ヽ:_: : : : : : : : : ノ '⌒ )
                    //,'∧_ヽ : : : : : : : : :ふ\(  ̄「u    \
                  〈/ //  ノ /--し'- -ヽ \: /_) ノ         ヽ
           O    / ,'  (_,. } {  ヽ   `ー'ヾ\'.        u
              / /    し'   U   `u   \\
             / 〈      j     ,'   ヽ   i 〈
            (_         :.ヽ_ノ::       \_)
               〉 ,::'    ノ :.フ:ハ:く l
                   /  :: :..::..


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     フェイトが実家に出戻ってきたところから、
     すべては二人の仕込みで、計画の内

     夫がお酒を断って帰ると言いださなかった場合に備え、
     軽い睡眠薬まで用意していたとか

     その時は、夫の眠る横の私を襲うつもりだったと聞かされた時、
     私はおまんこの中のやる夫君のちんぽを、
     きゅうきゅうと締め付けていました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

928 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:37:02 ID:eGSr96Fs [113/151]
              _,..  --  、 , イ ´      /_  '.,ミ、
            /´  _ .. ___`ヽ       ´ ´  ', ', `ヽ
           /, ィ ´≧´     , -        、    ! i   `i
         〃´  }´  //  /  .i  ヽ    ム     .! i    .l
              l  /  {   l   .l   ',   .}、   ! i   .l
                  } /  ,i   i    i  .∧   .l ヽ   ! i    l     だって、やる夫君が
              j.,'  ,' i   i i、 i、 .{ '.,} i l ヽ   リl    li    そうしたいって言うんだもん
               l.l  .l i   iヾ,__.iヽ l  ノノ, .lー‐} ノ .l    l!
                / l   ハ .ト,  i ヾリ __ヾ  / }/ ,イ云::::下 /  l.i
               / .ハ  .l .i .ハ  l.,ィ行::心ゝ  /  .辷:::ツ/ /  .l.i
           彡イ ', .{ i i. ヽ .{ 込:::シ        ̄ゞイ i  l i     妻としては、頑張ってあげたいじゃない?
                 .', ハ ヾ  ト,.iミt-.¨     '    u. ./l i  l. ム
                    ', { i\  ムヾ∧     _ ,   ./i l i  l  ム
                ヾ.i i \ \ i >      イlマi.l l  l  ム
                ,j j j i. `ミー i ノ > - ´   l .l .l  l    ム
                   j /       、二 ̄ヽ      l ,′ .l     l.
                j ,'    u.     \    -― .{ i   l    \
                    ,'   _j        '´    ´  〉,{   l
                  ,'  /´           u.   人  ム
                 ,'.  /  u.               \ \
                   ,  |    /⌒ヽ    ;          ゝ、\_
              /  ヽ._/  /  \   !/    .      `ミ、_ニ=:
              /    ヒ彡/     \/                 ',
                /u.   /´ /        ヽ          u. Y '.
            /    /  /         ∧            |  .'.
             / -―、/  /         /  |\ . . .         ,  ∧


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ちなみに、この・・・・・・

       『他の女を確保しておく』という考えについて
       妻であるフェイトがどう思っているかですが


       曰く、
       『男が喜ぶことを考え、
        奉仕することがいい女のたしなみでしょ』

       というから、この件はフェイト主導で
       企画した可能性の方が高いのかもしれません

       うっとりとしながらうそぶくその様子は、
       やる夫君にすっかり溺れ、
       依存してしまっている気配すら感じ取れましたが・・・・・・

       もはやフェイトと同じ色に染まり始めた私にとって、
       そんなことは些細なことでした
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

932 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:39:45 ID:eGSr96Fs [114/151]

                  _ ,.z =.-,、 _    _
               >=´    ' ' : : ミi<=-_~:\
                 v´            ヾlヾ; :  `=、                    ほら、おかーさん、見て・・・・・・
        ,./=ミ´   ヽ ヾ ヾ ヾ    :l:l::ヾ,ヾ.,_  \
            ノ ,. . ;  i:ヾヘ ヾ ヾヾ: :   :l: l::::ヾ:、:_`  \
       _ ,〆'~∧:| :| : .:l: ヾ,'}~V川;_}: j:}: . :}:l: ヾ,.=- =..,_. 、 \               やる夫君の為ならね、
          ,;´:i.| :l :i_:サl,  '}; チi主ヒ}"j:|:|: :|::.f´     ` ─-: :__           私は・・・・・・
          {:,' :l :ヘ:lj:r≧,   弋汐' |:j: :j:j}゙i                ̄ ̄=- ...,,_
          !'!; :.:ヾ∧l.ヤム,   /|/|/j:': //i               ,.。・'´ ̄
              '`ヘミヾミヘ`/|/`     . :/:..f´ `      _     /          こんなことだってできちゃうんだよ?
             `!`j:};:ヾ,、  `  . :._´_リ     >'´::::::::i, ̄=/
                 | :l'`ヾ; _..゙,。・´       .:.:.:.:.:.:.::::::::ィ‐''´         _,.。・´
                 | :.i....../´         :.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅴ      ,, =-‐ ''´     すごいでしょ?
                x ' ツ..゙/  _        .:.:.:.:.:.:.:.:.::,’     l'´: /
             /:i': >' ´ ̄    ̄``'・ 、  リ:.:.:.:.:::::.::::i      i: /
                i:....,。・´            `ヽ、:.:.:.:::::::::,’      l: :l
               /                     `、:.:_::::::イ      !: : i         ・・・・・・っ、あっ、おかーさんに
          /                         `  `7      /: : トゝ_,       見られてると思うと、
         ,イ                          〈  、  、 `` ´r〃´      いつもより感じるぅ・・・・・・
        /                       .;  ヽ',  ヽ、 `vーr='.l:,:、
       /:                         ノ;:' _,=''i ',   >、_i|_/\....l:`、
      /:.:                     rfミ}='"´  ‘ー´‐'’  ||   `、..: |:.:`x:
      /:.:.                    ...::{uノ             ||    ‘,l: |' : :|\
      i:.:.                  ..:.:.:.:./;i:.:.          ,.-=i|=,、   ',
      l:.:.:                ..:.:.:.:._ノilki:.:.:..          f/////ハ.   i
.     l:.:.:.:..                   :.:.r: :.:ilkリi;l:.:.:.:...      マ/////リ    l
.     l:.:.:.:.:.:              ..:.:..i;i;:,;likリ/:.:.:.:.:.:...      `ー=-'’    .l
.     l:.:.:.:.:.:.:.                 ...:.:.:.:.ilk|ikli/:.:.:.:.:.:.:.:.:..             i
      l:.:.:.:.:.:.:.           ...:.:.:.:.:.:.:.i ̄7::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..               ,’
      l:.:.:.:.:.:.:'            `:.:.:.:.:.i /::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:           ,’
      l:.:.:.:.:.:'              `:.:.:.:.l´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:             ,’
.      l:.:.:.:.'               .:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::'          ,'
      l:.:.:.'               .:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'             /
.       l:.:.:.:              .:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'            /
       l:.:.:..            ..:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:'          ,。'
                       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:'            ,。'


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     そして、フェイトはもうすっかり、
     やる夫君の言いなりになっている証拠を見せてくれました

     やる夫君の言うままに、私の目の前でお尻を割開き、
     おまんこどころかお尻の穴までばっちり見せつけ、
     その中に仕込んだ玩具を引きずり出して、
     甘い声を上げて見せるほどに

     母親を自分の夫に差し出すというのも、
     自分が役に立つ女であるというアピールを兼ねていたのでしょう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

935 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:42:15 ID:eGSr96Fs [116/151]

     /''‐ 、
   ..ィ フ―'ヽ、
  /r′    、            丶                 │         r: ぃ、
  丶      、     __       ¦                  l 、 _,r      ノ  `'∪、
   ゙ 、    1      >′  丶 丶 _       '')‐′     "-′`′     ..‐    ゙l‐
   ヘ、     、  丶、  _..___   ∟  、"`''_......-―-- 、     -、    ,/    _ ′
     |   、  ′ ‐‐'´ /´   ´` ̄  ‐' ̄"´`  ....     ヽ、 │  │   /     /       ほぉら、お義母さん
    、 '、      、  ノ-‐‐_― ̄ ー、 、   ‐    、 --..、 │  ^ .‐  _/ 、    /
      -....-‐   t ン‐'' ン ......--「 -- ,,..‐ー----‐一‐-....,, ` 丿  ..   ン′ 1、  /   、       どこに出してほしいんですかお?
       '、  /´'、 |..‐"´       `"''''"         "''ゝ、   `ー、 `   冫"´ 丶/
  丶,、 、  '、  ,-‐´           ヽ             `''く、  ゙''   丿
   │ー'′  '、-              、               `‐.._ -/′
       _..‐                 {                  ` 、/   、
     /                  ∥     ′             ヽ、 -'           膣内!!
   ,/                    /"j                     ' 、
__..‐'        -、           _│ 丶                     \、          膣内がいいのぉ!!
′                    / f′ |l\                     ゙' 、_
                   ..-‐ 、  ′   `ヽ__        ′            -―‐
                ,,..-‐"  ヽ ......、 -.. 、../ソ`''-、
            _,_..-''''´      l!゙I ''、 1 T _ ′  `''ー 、_                        じゃあ、もう一つ
         _..-‐'"           ヘヘ-_ゝ/'│       `‐-..、                     約束聞いてもらわなきゃあ
    _..-''' ゛ │              1||1 r'´ _ノu′       - `''-.._                  つりあいませんおねえ?
  _ /    ヽ             じ'’ヘ 々し             "''- 、
..-"     ' 丶ヘ             U  '゙′               ,j′ `''ー 、_
       ' 丶 ゙ゝ、             ′              _/  、    ̄``ー-- 、..、      する、なんでも約束するからぁ!!
           `゙ー...._      __....‐"゙゙゙''' 、__         __../  ┘
               ´ ̄"'''''''''' ̄´       `"-ー-----‐'"´


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       その夜、私の膣内に精液が注ぎ込まれたのは三回

       その間に、私は十回近く・・・・・・

       いえ、十回以上の悦びを極めさせられました


       一度絶頂を迎えるたびに、
       私はやる夫君とフェイトに誘導されるように、
       淫らな約束を交わしておりました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

938 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:44:24 ID:eGSr96Fs [117/151]

      ー七゙―z
     /(乂 ) {
     {  ツ |
 .     \ ♥ /
. .      Y⌒            ___iニニ二〉  .人__/
r'"       ̄ ̄ ̄¨¨ ──── '"  iニ「¨i二〉。O.  ⌒ヽ(      l__ ll
      ``ヽ、      u.        ソ ! -┴- 、    )て. o   |_ /7
         \              ./     \ ノ(`  O       / ツ            ほぉら、お待ちかねの
.、  u.      \----───── /         \Y`\           l__ ll            中だしですお
 \         \   .     /  u.      ',  ',          |_ /7
   \         \     ,r-'、         ',  ',,r-、_. _从_/     / ‐ /
    \     u.   \ ,': '": : : :``  、  u.   i:: '": : : :``  、(        /         思うぞんぶんイくといいですお、
      \.       ./         `ヽ  ../   ι     `ヽ            /    えろいえろいお義母さん
       \    ヽ/         ∪   ヽ/.            ‘. ̄¨¨ ──------ /
         \    ,'                               ',    ∪        /       ー匕゙―z
          \ .{  ∪            ノヽ、__       ∪    }     u.    /       /(乂 ) {
                \',                     `          ,'             /     、_{ |  |
              .' 、     , '"              u.`` 、, '──----- ___/      }ー匕゙ ッ {
               `  、, '                     `ヽ           /      |(乂 )♥  {,
                  ,ノ_  u.                    -`------ 、.__/       | |  Y⌒´
.゙´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` .==‐ <{>_ ___                   __       /        }  ッ {
                __ ┌┐| | `  ‐- ..._     ,.  '´        ̄`n  /        } ♥  /
      u.        / |. | │|__|          ‐-< _          /ト、、 / )          `⌒⌒7
              〈   |└┘                      〃, --─────────
``=-_、._         .ヘ    ̄ ̄}   ____   ∪     `ヽ τ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ≧-.、.      ヘ  ┌‐┘ /     /             と'゙ ):::::::::::::::::::ノ└:::::::::::::::::::::::::::::::          /
          >_、    ヘ  |   / / ̄7 /             て `ζ、::::::::::::::::⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::          /
   u.          >_、  `‐┘    ̄  / /           /, 'つ ゝ,`ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::         /
               \         / /  [][] 厂l    / ( .//) `Y¨下、 ̄ ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         /
                \        ̄     .//     ) (_/ ∪u }h } ヽ ,'             /
          u.       ≧ 、._                  ヽ   } { {{ U  |}     ∪       /
        u.            ≧ 、  u.              `u  ∪ u              ,. '
、                      ≧=-、-、._                  /ヽ. _      _,. イ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           やる夫君とのセックスは避妊しないこと

           基本的にやる夫君の命令は絶対であること
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

941 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:46:38 ID:eGSr96Fs [118/151]

    ,.-、                 ヽ >-‐ミヽ__     ,,,>''"
  /: : :)             ,イ::::::::::::/´:::::::`ヽァ'"´
 /: : : :/              ,' .'::::::::::/:::::::::::::::/                   お義母さん、こっちはお義父さんに
 l: : : :{                  l  '::::::::゙:::::::::::::;イ                    ヤらせたことありますかお?
 l: : : :}                '.  }:::::::::;;::::/ i
 l: : : :l               '.ノ:::;/l!´   ゙
 l: : : :l                /::/  .l!  /                      そ、そんな変態みたいなこと・・・・・・
ヽl: : : :',             /:/ ヽ  ゙  ノ
: : : : : : ',           r‐'‐{'´       ヽ、 __            /:
: : : : : : : ヽ、        /: : : {   ;.:_`、_ik_::.-‐  {´: :ヽ        /: : : :
: : : : : : : : : ヽ       /: : : :.}    、_::"!`:ヽ_   } : : : )       /: : : : : :
: : : : : : : : : :.``ヽ‐''"´: : : : :ノ     ⌒:: :: :   ノ!: : : ノ、   /: : : : : : : :      なるほど、こっちは手つかずですかお
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :-i´|ヽ、        ´ {: : : : : ヽ-''": : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : / ヽヽ.          /.  ‘,: : : : : : : : : : : : : : : : : :      じゃ、明日からでも仕込みを始めてあげますお
: : : : : : : : : : : : : : : /    ヽヽ.  ヽ   /    {: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : /     ヽヽ   '. ./      ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :      こっちにハメられる味は、
: : : : : : : : : : :./         ヽヽ ノ '     l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     まんことはまた違った味でたまらん、って女も
: : : : : : :>''、              _ヽ:Y⌒`ヽ、    '.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :     多いんですお?
- ‐ '''"´   ≧‐-----‐‐''"´       ``ー--i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      夫のスケジュールをわかる限りやる夫君に知らせること

      そのうち、お尻もやる夫君に捧げること
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

943 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:47:50 ID:eGSr96Fs [119/151]

            / : : : / : : : : : : : : /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : ∨: : :∧: : : :
          /: : : : / : : : : /: : : /: : : : : /: : : : : : : :,: : : : : : : : :∨ : : ∧: /: :
       /: : : : / : : : : /: : : /: : : : : /: : /: : :/: / ヽ: :!: : :!ヽ: :.∨: : :∧: : :
.         ,': : : : / : : : : / : : /: : : : : / /: :i : : i: :i  }: :|: : :|: i: : :|∨ : : ∧:
       i: : : :/ : : : : / : : /: : : : : /|: i: :|: : :,'{: :|   i |_⊥i_ : |: |∨: : :
       |: : :/ : : : : ,' : : /: : : : : :/斗 斥 ̄ ̄`|    }´| / |/| ` ヽ、 ∨: :
       |: :/ i: : : :〃: :/: : : : : :/ : |: ,≠笊トヽ|   / /イう斧x、|| |: :/∨: :
       |:/ | : : /.{: :/: : : : : :/ !: :〃ら:::::::::} ヽ   / .ト':::::::::::}㍉: / |/∨:
       リ   !: :,' |:/ : : : : : /:|: ヽ ヽ{:::::::::う         {:::::::::う 〃:/: :!: : :
.           ',: { /: : : : : : /!: | ∧ヾ、辷zシ       辷zシ 〃/ : !|: : :
          i | /: : : : : : /:|',: |: :∧                   / /: : :! |: : :
.            ∨ /: : : : :/ : ! ト|: : :∧        ′        /!: : :i: :|: : :
             / /: : : : / .!: ∨ |: : : |: ヽ    ー ‐     イ: :|: : :| : |: : :
            //: : : : :/  ヽヽ: :!: : : | |: : ト          イ: : |: !: : :!|: : |: : :
.           //: : : : :/   /ヾ、:| : : |:|: r/、 > _ .< ./ヽ、: |: : ,': |: : |: :
          //: : : : :/    / / :.∧: : :|/|   \    ./  .}: 7: :./: :|: : :|: :
.        //: : : :/   / /: :/: :|: : :|:.:.|    /‐ヽ    /:./: :/、: : |: : : :
       //: : :/.     /: /,、r::´:∧: :|:.:.|   /::::::::∨  /:./: :∧::::`::ヽ
       /: : /     ,、r::´:::::::::::/:.:.:!: :!:.:.|  /::::::::::::∧ 〃/: /:.:.:i:::::::::::
      //  ,、r:::´:::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:|: :|:.:.|| ./ ∨::::::/ i ///:/:.:.:.:.:.ヽヽ::::::
     / .,、r::´:::::::::::::::::::::::/:./:.:.:.//:!: !:.:||/  /:::::::|  Ⅵ/:/--:.__:.:.:.ヽ:.:.:.:
     /:::::::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.//:./:.:.:.ヽヽ:.| /::::::::::|   /://:.:.:.\:.:.`ヾ:.:.:.:.:


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   さまざまな約束を交わしたのが、およそ半年前のことです


   その直後は・・・・・・

   一夜明けて冷静になったときは、さすがに悩んだものですが・・・・・・

   ことあるごとにやる夫君から呼び出され、
   フェイトと一緒に調教を受けるうちに、私の意識は変わっていきました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

945 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:49:26 ID:eGSr96Fs [120/151]

              ヽ,            ___
               ヾ,、         ,イ  .,イ! ,-、
              .,イ"ヽ'、   >'''"フ  ,イ i.!イ'i ヽ___
             ,' ,イ"ヽ',イ   ,イ  ,イ, ,、" ! .!-、ー ゙‐-、
             ,' .,イ .,イイi   ,イ  ,イi!//.! ! .!、ヽヽ、
            ,' / / /  i .,',イ 弋乳!リ!!∵リi '、.! ヽ, '、ヾ、、
            ,' / ./ /   !,イ  ,イ///   i';i'从!!、 ヽ ', ヽ
           ,',イ ./ /   イ,'  .,イ!.  、  ' ゙イイ ! ',  ゙, i  !      明日・・・・・・
          ,イ .! .,' !   !'  ,イ', ',    ,-、 ノ ,   ,! .!i !
            ,' .,' i    ! /イ  ゙̄ヽ ,.',;-.゙' 、__ ,イ! / リ
           ,'   !   ! ./ .!    ',  ゝ-'、-,ヽ、レ'          やる夫君の所に行く日だから、
           ,'    i     ', ! i     .!、   〉、"   ',          勝負下着用意しておかないと・・・・・・
          ,'    i    .!'! ',、    ゙, ゙ヽ、 ヽ  i
          ,'      !    ',. .ヽヽ    ',   ゙/  ,'     ,、
         ,'      ',    ',  ゙'ヽ   .',  /  /ヽ、  _',ヽ
         ,'         ',     ',   ゙.、   ヽ'   /  i   !'、''`'.i
        ,イ        ',    '、   ヽ   ゙  ./   .!  ,' .ヽヽ!,
        ,' / i  i ',     ヽ    ヽ、   ヽ   ,イ.ヽ ノ, イ  i ノ.!
      / イ i  .', ヽ      ヽ      ヽ   ゙ -.' .  i.   ,'   i  ',
     ,イ ,.イ  ,',  .!, .','、       ヽ、    ヽ、     i , イ    !  i
    ,イ ./ ,' .,' ',  i '、 ',ヽ、  、     ヽ、    >、   !" ,'    ',  ',
   ./ / .,'  ,' .i i ! .ヽ'、 ヽ、 ヽ、、   > 、    ゙ヽ,!, .,'    ',   ',
   ,イ /  ,' .,'  i i ',  ヾ、、, イ 、 ヽヽ 、  ヽ、,,  、   >、     .',  ',
  ,イ ./  .! ,'   ! !',.',  , イヾ、、 ヽ、ヽ、 ゙>、 ヽ、゙''',、ヽ!゙ヽ、ヽ、  ',  "
 / /  . ! !   ! ! '、', ./    ヾ   , -ヽヽ 、 iヽ、ヾ  ヾ、、__ヽヽ、ノ
 ! /   ', !   ! .!,イ ヽヽ     ,イ   ヽヽ ゙ヽ 〉、ヽ   ヽ  ヾヽ
 ! !     ', !   ! !  .! ヽゝ   ,イ      '、',  ',  ', ',   ',  ゙, ゙,
 ', ,'     ヾ,  .,! ,!  ',    /         i!  '., ', !      リ
  リ          ,'.! !   ヽ   .!            リ   '.,.,' ,'
          ! .', .'、    ヽ、 ',                / /
          ',、 .'、 ヽ,.-ー―-ヽ            イイ.'、
          ',  ゙ヽ、ヽ、   .ヽ             ',


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       乱暴な凌辱も、さまざまな玩具で私を苛めることも、
       泣きだしたいほど恥ずかしい真似をさせられることも、
       それらをビデオに撮影して、私に見せつけることも

       やる夫君なりの愛情表現だということを理解したからです

       それに夫とは違い、やる夫君は私を女として見てくれましたし

       煮えたぎるような欲望をあふれさせる、
       二回りも違う若い男の子に激しく求められることに、
       私も悪い気がしなかったからでもあります
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

946 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:50:44 ID:eGSr96Fs [121/151]

: : : : :./: : : : : :/ : |: |: : :|: |  |:|: : |: |ヽ: : : : \ : : : !: : : !
: :: : :/: : : : : :/ : : | |: : :|: |  } |: : !: :|: ヽ : : : : \: : :', : : }
: : : /: : : : : /:ヽ__⊥l__: |  |/┼‐┼-: ヽ : : : : ヘ: : :i: : :i
: : /: : : : : / ‐´ヽ | ヽヽ||/ / |/≠=、/ / ∨: : : : ヘ : |] : |
: /: : : : :´/! | ||≠斥个/   ./イう:}〃〃 } |∨: : : :ヘ: !}: :!
/: : : : : :/:ヽ,イう:::::::ら       {::::7 //! /. }: ∨ : : : ,. -- 、   .     -j─
: : : : : :/:| 〃∨:::::::::::}       ヒリ ,'/: :| |: ∨:../:::::::::::::}       二)
: : : : :/ : !  ` ヽ-…´          } : : !  }: : .,.ィ:::::::::::::::::::::}        ゆ
: : : :/|: : :|  //////      `  /: : : :| |./:{.!:::::::::::::::::::::::;        つ
: : :/ |: : : !           ,. -ィ..// ./ ../: : : {: r 、:::::::::::::::{        :
: :/  !: : : |          .(`ヽヽ   ..'´: : : : : : 、ト \:::::::ノ
/  \| : : |  ` ‐-, __.ゞ __)./: : : __: : : : : : ヽ  } ´
ヽ   !: : :|- ___ /     ./ :: :_: :(ー `ヽ、: :/ ,ノ
:.:.\   !: : !          ,:': : :( 、`丶 ̄ヽ  `ヽイ         /
:.:.:.:.:\. |: :|         ./: : : : :_`ヽ、  \,丶 ノ_ - _,.. - ´
    , -‐- 、>―-< Y: : :/ィ( `ヽ:\   ヽイ       ,:::   -j─
.   /  、_  `ヽ: : : /: : //ノ,: :\ `ヽ' /       /     二)
  ../ -――=´: : : /: : //: : : : : : :\__ノ'  __/       ゆ
    ..-- ァ-- ´: : :/: : //: : : : :/r: :/  /             >│|
   .._,...イ: _: : : :.{: : :.{ {:_.,... - ´  _              /、)ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        時に、娘と競うようにやる夫君の寵愛をねだり

        時に、一晩中かけてねっとりと愛してもらい

        時に、娘夫婦が愛を交わすのを手伝い、
        夫婦の絆が強まるのに手を貸す

        娘と体を絡めあい、やる夫君の興奮を煽ることも・・・・・・

        おちんぽをハメてもらうために、やって見せました
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

947 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:51:30 ID:eGSr96Fs [122/151]

                   //  //        ∧
                  ヽ.!{  ./'           〉
             _ _ _ |ヽ、l  {   /    /
          ' "´,ラ‐-=、.ト、 ヽ  〉--==yィ'/"´  ./
           /   ,. '´! ,ヽ/   ./.,イ !ゝ、  Y
         '"´,フ"´ !  .| | ヽヽ  '/ .! .l  /、 {
         /  ィ´ .!  ! !  `  '   .} ! .lノヽ l
        /  /   |    リ   从    .!   |ノ .ハ ∨
        ! // /  リ  ./ .ll /。 !   |.{   レ'ノノl ヽ
        !./ l / //  /  |||゚。゚ ! ! リ |   |///!ハ \
        リ l l  l/  /ャ,゙''|‐!、 .リ、_/_ll   .!',//  ',ヽ \
          ! .ト、 !  /仆ヽ{州壬|入州|`  lュ∧   ', ヽ ヽ`ヽ
          ヽl リ'!  .!从州州災三州州リ | レ'´ `ヽ .ヽ `ヽヾ、 ヽ
           '  .!  |  \.  、'_`'''','ィシ} ! |   .|  \ 、 \ ヽ
             ∧ !  .}`=!,'_ノキ彡"リ', .! |   リ\  ` ヽ ヽ∨
           / .∧ !  /, ` }|{ミ三≦!| l .!∧ / /   ヽ    ',  ハ',
.          /  / ヽ∨'/    }|{   .〉! / \.∧   ヽ   l   !
           /  / // /,イ     }|{   }|{レ'`ヽ、 .ヽ l    ヘ   ! ト |
         / / l / l  !'       }|{r,}|{ l|    `ヽ ',     l  l ll.リ
.        / /  .l,' .//        ,..||l| リ     .∨    l   .//'
        l l   l  l l        (( !))        ',    /  .//
        ヽ.l   !  !.l       ァシ' !'キャ,       !  ノ   //
         `\ ヽ .∧      // イヽ、ヽヽ     /  ' _ _ /'
           ヽリヽ ヽ.::::::::. ///   ` ._ヽヽ.::::ィ' ノ,. ,'´ ((
              |、ヽ.!、,::-//'         \ヾ´ l/   ヽ
                / ./イ          .| ヽ\
               Y//     {l    ,   !  \\ 
              // `ヽ、     ./  /    \\
            / / ',    `゙ ヽ、 .ィ'   /      ヽ \
          / /  .ヘ       ','   ./        ヽ、丶
       ,. '´ ./     .ヽ     /|`゙'''"/          .\ ` 、
    _,. '´  /        \‐-‐'"  |   /            \  丶、
 ,. ' ´  ,  '´           .\   .} /              .ヽ   `丶、
´   ,. '´               `!、  ∧'                 ` 、   ` 、
 , '´                  l `   !                   `丶、   
´                     ヽ、  !                      `丶、
                       }kY .l
                         Y´ !
.                        |  |
.                        人 y!
                         `'"


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   そして、私の知らなかった世界に足を踏み入れることで、、
   今までの世界がいかに狭かったかも教えてもらいました

   恥ずかしいこと、隠しておきたいこと、
   見せてはいけないことを見せること・・・・・・

   その全てが、とんでもなく気持ちいいと身体に教えてもらったのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

949 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:52:28 ID:eGSr96Fs [123/151]

           ,. '´ ̄ ̄ ̄ ̄: :/ ̄i
            /: : : : : : : : : : : / : : : ├‐- 、
       ,. ': : : : : : : : : /: : : : : : : : : | : : : 冫
        /: : : : : : : : :/: : :/ /: : : : : : :!: : : :{
        i : : : /: : :/: : : :/ / : : / : : : |: : : :ヽ
        |: : : :| : : |: : : /j ハ: : :/: : : : ': :、ヽ: ∧
       八: : :|: : :」: ∠ _イ }/: : :/:/: : :|: :|: :∧        高良ゆかりと申します
      /: : : ,.┤: : |/   jイ/: : : /:/ |: : :!: :|: : ∧
   ///: ,.〈´}!: i:千=ミ、 /: : /j/、/!: /: /!: : ! :!
 〃V: :/ : / 冫|: :!∧::::::::::/: /=ミ、∧j/: //|: : |: |
 {{ |: / : /: /: /: :| ∧::::::: ̄::r:::::::::::ヾx彳:/// : /j/        今夜は・・・・・・
 ヽ. !/| :/! /: /: : :|:}ハ     :::::::::::::/ : |イ:{/: :/ /
    !/ |/|:∧: : :「V/  ` ´   ,.イ: : :|: レ':/
        ! 八 /、{{_:`   -=≦: :| ,.--、イハ           三人一緒に、
     >―‐イj/  ヾ  ̄ レ'‐<_}〈_/二>=ミ、          たっぷり可愛がってもらいましょうね
.   /     V∧`ー/// /´ ヽ〈_/ ̄ \///ヽ
  ,'        Vハ ///// /  r< }{_ヽへ  \//∧
  |     \{ |/ レ'////V   / ̄     ` ≪_/∧
  j       ヽ.|V////// L/            `   、
  {  __    }////////  ヽヽ.{              ` 、
  》≪――=ミV ///////′    \!              《\
  {///////// /////// ′     ` 、             V/\
.  V/////// ////////′          ` 、         《ヾ三三ヽ
    V///// //////// ′   /ヽ        ヽ        V∧三 ハ
    V/// //////////  /三ニ∧           ,. -=≦三三三}
    V/ //////////ト、/三三三ニ}        '.   {{三三三三三:八
     《.//////////∧i三三三三〃==‐┐    ;    ヾ三三三三 :/
       V/////////\{三三三ニj/三三7     ′   ≫三三ニ:/
     ノV///////三三三三三三三ニ/   /、 _/三三≫'
  ,. -<三 V//// \三三三三三ニ≪ミ   /      ̄
/    V//  ̄三≧=`≪三三三三ミx、_,.イ/
______V/////≫'´ ̄ ̄` ‐==‐, ´  |V
 ̄《_ハ_》 ̄V三ニ八         /   八レ7_
  / 〉   VハV_ヽ         /   /´V∧` <
         V=|   \{        {  /  V∧   > 、
          }ニ!     `ー 、.___/   ≪ヾ∧V 《  ヽ
         ノニ{       V三三/`ヽ  ≪三ミ≫=≧=-、.}
     rvヘ∧∧V7ハ  ヾ ̄        ≫ ,. ≪三三三ニミ、
      》_,. -=≦ミメ、    '.       / /三三三三三三ニヽ
ヽ   /三三三三三≫ 、 i       / /三三三三三三三ニハ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     時折、やる夫君が連れてくる見知らぬ女性と一緒に
     『味比べ』をされるときなど、ものすごく興奮します

     初めて顔を合わせる下着姿の女性と並んで布団の上に座ると、
     この人よりも、私の方が美しいと、
     優れた牝だと、全身で主張したくてたまらなくなり、
     いつもなら命令されないとできないような『おねだり』も・・・・・・

     自分から進んでやる夫君に見せつけてしまうのです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

951 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:55:23 ID:eGSr96Fs [124/151]

          `丶、  \            \.            ー匕゙―z.         ―――--  、
―――――---―――<  \             \.         /(乂 ) {.   /        /  x=‐x \
              (_)`ヽ\           ヽ.     、_{ |  | /   ,   / x</////,\\    やる夫さん、やる夫さん、
         、/ ̄ ̄ ̄    ゙ 、_     _         }ー匕゙ ッ {.      / / / ∠ _ ><////ヽ'    やる夫さぁん!!
 \       \             ̄ ―〈   ̄ ̄\....|(乂 )?  {,.    l i| |///i/メ  \'///〉
.   \_      \               ヽ \ |.     | |  Y⌒´゙|    il i| |。苅心 {,イ   / ハ//!|    壊れる、わたくしのあそこが、
       ̄ ̄ ̄\__>、              \ノ !   | . }  ッ {゙/ i|    il ,| | ::::: `  |/ /∨ Ⅳ'!!    壊れてしまいますぅ!!
      |          >、                /  '.....} ?  /.   ハ    i|/_| |__   , ィく /」 〃/||
      |          /  `7 =-、         / / /`⌒⌒7.... イ i    i|―┘ ヽ  :::刈フ/ /〃       __
┃  ╋┏┓       /l   | l/  > 、       〈/ ィ_ ィ,イ | |    l  |   | ヽ_)_ノ  :::// /メ.      /‐匕_\
┃┏╋┗┛┃   ┃  人  ヽ // __>/   _二´    \| |     |  |    |_ {i   /イ   /ヽ  ヽ... <  (乂 ) |
  ┗┛    ┣┓ ┃..... ̄ \ /' 人/   /              | |     八   |< 丁 ̄「´  |  {  '  ‘   \  つ |
_......_  |..゙┃┗  ・....|___У |i/   7                 |    / /' \ |  \   |   |      l  |      \__?_ノ
       `ヽ、 | |  \    /  //                 人\ _' ノ-‐=7 \ヽ  \ハ   \ \ / /. ___
         \ i|>、/   /   '/                   ̄    /   У    | !、    \. _/ ‐匕_ \
.            \__, ァ´ //                 |  -‐―r<    /    /,__|__\     \  (乂 ) |
                 / /  / /                |      |  `<`ヽ、   /___,>―/´|   /   |
             /    イ  '                     !       |      ヽ \ ' / /   __/    |  /⌒し  |
    ┃  ╋┏┓.../   | l:|  |                     ,       >=-  /     Y  '    {.     \_つ_?,ノ
    ┃┏╋┗┛┃   ┃. l \i!                 /     {  ー=<     ∨     〉‐=ニく
      ┗┛    ┣┓ ┃. |\八   ............         /      >=- /    .:::::.   /ヽニ=-ヽ
       |     ┃┗  ・ |     、::::::::::::::::::::.      /|     /、__彡 '    ::::::::::,ゝ、 {\ ___/
       |__        イ´   __\::r=ミ::::::::::.  _..´ィ八    ,ゝ=--┘     ::::::::::::_ソへ\_\
       |   ̄   ――   ¨´\  辷ノ-‐=≦斤 ¨´ | : :ト、   ( ∠ノ)     :::::::/   \__/
       人                 ヽ      |  |i   | : :| \   ̄ ̄´     _/     ({_ ノノ
.      /  \                 ‘,    \ \  / : /    °ー‐―==7¨            ̄
     /                                    |      |

952 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:55:35 ID:eGSr96Fs [125/151]


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          やる夫君が連れてくる女性は、私と同じくらいの年ごろの人から、
          フェイトと同じくらいか、それ以上に若い人まで様々でした

          一度、どういう人達を連れてきているのか、
          なぜその人たちは
          やる夫君の呼び出しに応えているのかを聞いてみたところ・・・・・・

          『どういうって・・・・・・

           それは私は気にしてないなあ

           やる夫君が言うには、苛められたがってる人は
           匂いで分かるってことだったけど、
           比喩なのかホントに匂うのかは分かんない・・・・・・

           でも、そうしてっていうのは簡単だよ

           一度でもやる夫君のおちんちんを味わったら、
           もうやる夫君に逆らうことなんて考えられなくなるからね

           呼び出されたら出てくるしかないの

           もうおかーさんも分かるでしょ?』

          とはフェイトの弁で、
          私はそれが真実であると心と体で理解しています
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

954 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:57:09 ID:eGSr96Fs [126/151]

.           ___
       , ィ      ≧ュ、
.      /        丶 ヽ                   V三三三三三三三三三三三 ∧
.     /         ヽ  ヘ ' ,                      ',三三三三三三三三三三三三 .,
    ′ j   /   :!   ', ト、  ,                       V三三三三三三三三三三三三 ,    ほれ、脚開けお
   |   |  |j , ! |  } ! ィ|ヘ';  ,                    ',三三三三三三三三三三三三:ハ
.    l   !  ! i从 ∧  j ; /リ 斗 l                      V三三三三三三三三三三三三ヘ
    ',  ';  ナ 卅  v/イ/ ヒ辷ア !                   V三三三三三三三三三三三三ハ   ハメてるところを、
      ,  ; ミ ゞ辷 ソ   , ""| l: ,                     V三三三三三三三三三三三三∧  他人にじっくりしっかり
      v {', ∧ """   _  /l ト ヾ , ---  、                V三三三三三三三三三三三三∧  よーっく見てもらうんだお
       V ', ヘ  J  r ノ / j | 入 ニ=ー  ̄ ̄───--   __  V三三三三三三三三三三三 / ,
      ',  ;;  > 、    /__| :!                     ̄V三三三三三三三三三三 :/  ,
       l  ト  '; ト// ̄/;ソ ! /!|                          {:V三三三三三三三三三, '     , ハイ、こう・・・・・・
.        | ;; ', リ 〉/ミ//ノ/, ! j       、__           __  - !/V:三三三三三三三 /
       !i |  | j//;ハゝ/, ハ/        ヽ !ヾ \  ̄ ̄ ̄ ̄     ノ//:V三三三三三三/        :| こう、ですか?
          i| !  :| リ//   ! , /        ヘj ト、ヽ`     , ィ─ <//// V三三三三>"         :|
        || ! リ |j//    | j/          v├─ヾ --ィ/ヽ      V///ヘ--ー '' "
        |!リ j i j     , !レ::r;:::        } ,///////////ヽ       V///ヘ              j
         |;; ! ; j    | | ,' `´        j j////////////ハ       V///ヾ                  ′
       , / ! , '     ! |;;!            ////////////////',       V///ハ 、            j
.        , / !/        ', !:|          イ/////////////////{     !///∧\        U  ,イ
       /  /       `!ij       / ///////////////////!     |イ= ミ   ヽ    し    ノ
       / , '         ! `r =='''"  ///////////////////:|    /    ヽー-`   (j__ノ
       / /、          く /    /////////////////////j   /      }    ,イ: : : : : : :ヾ
.      ,'  {::;;;          八     //////////////////////レ"       イ   cく: )( _,、}j: : : : :
.     l  \           イ ー-< //////////////////////       ///!     ヾ: : : : : : :ノ
.     |     >-  _  ィ   !     ̄ ─/////////////>"       イ///人、   ゝー° ̄ j
             V  ! ',   !|      ; V ̄ |  ̄ Y  ̄        / ノ//; '   /、(⌒`し'
              ', ! , ,  |v ',    :! ';  !   {        ィ////////   /      ',     :|
               ', ハ , ,  | V !  :|, | ,  リ   ` = t/////////////   ノ       ',   j
                   , !ヘ, ', l vル  j ! j :| /        ヾ//////////
                ', i!   ヾ| リ !: ′!j j: /         Y////////               /
               '.ヽ   ヾ!  :!: ,' リ j, '            |///////                  j
                 ヘ      |/              -{/////三三≧ュ .、
                                       ';///三三三三三 >.、     ,'


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ただ、その人たちと顔を合わせることは何度もありませんでした

          大概一度だけ、多くても2、3度です

          フェイトがいうには、
          やる夫君が外泊などすることはほとんどないといいますし、
          今はまだ、ほぼ毎晩フェイトを苛めて遊んでいるというから、
          その人たちはこういってはなんですが・・・・・・

          あまり重要ではない、気晴らしの玩具程度の認識なのでしょう
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

956 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 14:57:47 ID:eGSr96Fs [128/151]

        |      ,イ /       ,      ` 、i
        |     i ,/          ヽ        、
        |.      jy              '.        ヽ
.       |    ハi     ...      :.      :::i.::')
       |.    ハ'     ,::r-::.     :        、::ノ
.       i.      |  ' ,    ゞ:`゚::     '       ノ
.     i      |    、        ,ノ`  _ イ ',
      ,'       |.'、.    ` ‐ - ‐ =  _       .i  i
.     |    _.  | ヽ         , ´         ヽ |  ',
    |    ``'‐、. ヽ/   , '            ' .   '、
    |        ヽ,   ,'             ハ.  '、
      ヽ、        `'‐ 、_             ヘ.   |
      `‐.、,_           ``'' ‐‐-、          __|  |
.           `¨フ- 、,_         `ヽ,_  . ,、-'.     |
.            /    `ヽ       ヽ_.) .i}ゝ‐ヽ    .!
.            .'    :   \    ヽ、¨ヽ. '   / /   |
          ,'            ヽ 、 ヽ ヽi i  / ,r‐' / /
         .       '      ヘ .ハ ヘ. iゝ'  ゝ--'"ノ./
        ,'         \  `´ ゝ'ゝ'    ` ̄i¨´
        i           、`              イ
        |            ヽ ` ー    ̄   '
        |                 ',  _ -'    .'
        |                 i/      /
        |            i       /
        |              i      /
        |               i     /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       そして今

       私の目の前には、大きなおなかを抱えたフェイトが居ます

       そのお腹の中では、私の初孫がすくすくと育ち、
       ほどなく産声を上げてくれる予定です

       ・・・・・・ちなみに女の子だそうです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

960 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:00:18 ID:eGSr96Fs [129/151]

     ./   /  \ , --- 、                       ,,.: "'' ̄ ̄~゛`‐.
     l   l ./  //    ヽ                    /          \
     l   l//∨ ´  /  `ヽ',                  / _,ノ   ~'‐-      \
     ∨lヽ ll/∧`ヽ、/      ハ                / (≡≡)  (≡≡≡)     `、     ほれ、お義母さん
    ,-rイl lハゝl! ヽ、 ヽ ̄ `ヽ   ヽ            /´////   ///////`ヽ     ',
  /ィハ  ハ N'  - \ \ ', ハ   ',            i   (  人   )           ',
  /   r!  l   ,、.    \  `ヽ、',  ',          !    `¨´⌒`¨ ´           |   おなかの赤ちゃんに、
. / / .l  ,  /.ヽ l、 ハ ヽヽ、 ヽ  ',           \                       ,.'   パパの印のミルクですお
 l /! /! .∧ { ∵ハz弌ゞl リl l 、ヽ ハ  ',             >               /
 レ' ! 从 /ィ弐ゝ ///リ .l/ l /! ハ lヽ !  ヽ         /       -――‐‐‐'''"~   \
.    Nl ./lゝ//`.-- 、     リ i .l l ! リ   ヽ      ,.'  /                  `、
.     !/ l、八   Y_,ノ  u   l /从 、    ∧.    /  /              |.       、 あン、もう・・・・・・
    l从l  } ゝ、        lリ .;'ヘ゛ー`、ー_-_ヽ  /  /               |       !
    l∧!  ! l }::`::ー_´!\ /{ ./{/      ,' `、./ ./                |        | こんな時にふざけちゃ、
    リ    ./i:::;:/´ j/∨ヘリ        ,'   i|ヽ. |                    !         | ダメよぉ・・・・・・
        //lk"       ハ.oヽ             | ハ.|                      j       ,'
        ´ リ 冫、i . /  `ー ,,_oヘ  /   | l l.l                    /      /
          ヘ. .`ァ'´  y    ` ∨/    i ` ー--------、         /       / ! /`7_
           i./    /       |,'   ,' .,'  ', ', , '.〉 ',  |  〉―- 、   /      /  ', ヽ ∠_
.           '!  u i       !   ,' i  ./.../ ./ /./     .>'      /     |   } <´
.           {.、   ',      .il  ,' .,'. /  ./ .///  /´ ̄ ̄´      /     |    ̄´
           '‐':._  _ヽ_,,..、 _,.イi  ,'  i"    // i′ / ,┐    ____,,...'"        |  :
            |   ̄  | `" ̄/ .`|     |、o 、   /   | <.ノ./     ! }          !  :
            | \  | / / / |     i.\       .|.i   ノ / / / l' !          |
            |     | / / / |    | |\    .| | (__/ヽ/-'´ ̄ .|             !  :
            |    ,' |  / / /|    |、.|‐-\   /-|        ij   |             i  :
            |     |  l /l / .|    | ヽ   u\/i i/l           |           !
.           i._   _|ヽ lリ レ' .!.  __.|      .l/ | υ        .|           ,'  :
.           i   ̄  .i リ    | ̄  o|      / 。|         |             '  :
         ___/'---‐.iニ'!      !--‐‐‐‐'、.      /  ,'.l           |',         {
    ―――と'´__/_,,/――――‐‐'ヽ、ニニつヘヾ―┐/ ./:::|         .i .',        ',  :

961 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:00:29 ID:eGSr96Fs [130/151]


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            私は、そんなフェイトの目の前で
            精一杯やる夫君の愛を受け止め、善がり、
            この時とばかりに娘婿を独り占めできる幸せに浸っています

            その私のお腹の中にも、新しい命が宿ったことを、
            先日やる夫君に報告させていただきました


            その後、やる夫君の言いつけで渋々夫に抱かれましたが・・・・・・

            久しぶりの夫の肌はなまぬるく、
            積極的な私に戸惑うそのテクニックは、
            私の体の火を鎮める役には立ちませんでした

            2、3度ほどナマ入れ中だしの夜を過ごして、
            お腹の子の理由付けは終わりです
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

964 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:03:12 ID:eGSr96Fs [131/151]

                _    \   __ ィ1 /\
            〃´  _ `ヽ ∨´  /l|∧  \
            l| /´   `ヽ ∨!   / ij| ∧   ト、
            リ/    --  / リ  / ⌒レ´∧   | \         やる夫君・・・・・・
           イ/  /   /  /  /     l{  !   ヽ
            | /   /{ ./  / / /Mト.从 .ハ ハ ヽ
            |/     / 从/  /__/ / ∴.|lメ!´ Ⅴ ハ  ヽ      もう満足した?
            |  / // /.∨ ´/ /从   ’ リルハ  ∨ ハ  ハ
            | ./ // ///  ∧ 〈 ルハ  /ィ化 ト、 ∨ ハ jリ     私は、やる夫君が望むなら、
            |/ // ///  ∧ 「必j「    烈'ノ从  ∨ } ル'      何回だって・・・・・・
            | // ///  ∧人 ""´   '   リ| |ハ  Vル'
              / ///  / } |ト、u.  ー  / l! !ルト、 V
              |.   ///  / 从  l. > . __ イjリ从 | ノハ  }
              |  l   | 从.ノ _ ノ     { _ ゝ'  .ハ j
              |  l   レ'       `ヽ   ソ    ̄ ¨` <}/.\
              l  l  /                    ` ー-ミ
               {                             丶、                -‐…‐-
              | l 込、                              ヽ‐-┐        ´
              | l {  厂\u ヽ         ヽ         .::rッ::.    V /\  -‐'"                `丶
              i   V/⌒ヽハ  }         '.      、::::::..ノ    ト'⌒´     u                  丶、
              | l  《     ヽ リ                         ;
              | l   \     ゙;′             、               /                                  \
              | l   l   \   {       u       \                 ` ー- 、                       >
              | l        \ ,            Y゙≧=‐--‐ ´                  \                      /′
           从       ..{_∧            }    ‐-   _                 \                /:/
.            /          \、  ..:rッ::.      ;、          ̄`ヽ              爻ミ、            /}i.:/
.─  ー ─ -‐       r‐/ ̄`ヽ. _ノ>、 .::ノ      .イ >‐-                      爻爻⌒  ‐-   _   /_》' :/
                人`ーく`   ゙´   ` ー--‐=≦ 八〃   !   `丶               ゙´          }l≫≪l{:/
. ─────────{\`ヽ_} ーヘ       _ ノⅥ/  }   ノ | ノ >-、  --  -‐  ´             /==' : :_{> . __
                `ト 二ヽ-‐'" ̄ ̄       〕 し′/   l/ /    ー-、                    ∠ニ=-一'´    \_ ≧=-
                 \)            └‐‐-ミ   /  /       \                 /            u ´
                                      `ヽ __/          丶、            /
                                                            ー-     /

965 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:03:22 ID:eGSr96Fs [132/151]


            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              私の子供であり、また孫であるこの子がお腹の中に居るということが、
              やる夫君に抱かれる私の心と体を、否応なしに燃え上がらせるのです

              愛する人の子供を孕むという幸せに浸りつつ、
              私は今日もやる夫君に抱かれます


              今はまだ、娘夫婦の家に来るのに、
              何かと理由が必要なのですが・・・・・・

              夫が会社の新規設立支社の、
              支社長職に抜擢されるというのが
              先日出てきたありがたい話です

              夫の年齢からすると、
              そこには定年までの間ずっと居座ることになるでしょう

              私は、年甲斐もない妊娠発覚と
              初孫の世話をする娘を助けるという名目で
              こちらに居残るつもりです


              そうすれば・・・・・・

              私はもっと・・・・・・
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

967 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:04:30 ID:eGSr96Fs [133/151]

   ━━━ 義母のえろい話・嫁の母を孕ませる ━━━

                   //  //        ∧
                  ヽ.!{  ./'           〉
             _ _ _ |ヽ、l  {   /    /
          ' "´,ラ‐-=、.ト、 ヽ  〉--==yィ'/"´  ./
           /   ,. '´! ,ヽ/   ./.,イ !ゝ、  Y
         '"´,フ"´ !  .| | ヽヽ  '/ .! .l  /、 {
         /  ィ´ .!  ! !  `  '   .} ! .lノヽ l
        /  /   |    リ   从    .!   |ノ .ハ ∨
        ! // /  リ  ./ .ll /。 !   |.{   レ'ノノl ヽ
        !./ l / //  /  |||゚。゚ ! ! リ |   |///!ハ \
        リ l l  l/  /ャ,゙''|‐!、 .リ、_/_ll   .!',//  ',ヽ \
          ! .ト、 !  /仆ヽ{州壬|入州|`  lュ∧   ', ヽ ヽ`ヽ
          ヽl リ'!  .!从州州災三州州リ | レ'´ `ヽ .ヽ `ヽヾ、 ヽ
           '  .!  |  \.  、'_`'''','ィシ} ! |   .|  \ 、 \ ヽ
             ∧ !  .}`=!,'_ノキ彡"リ', .! |   リ\  ` ヽ ヽ∨
           / .∧ !  /, ` }|{ミ三≦!| l .!∧ / /   ヽ    ',  ハ',
.          /  / ヽ∨'/    }|{   .〉! / \.∧   ヽ   l   !
           /  / // /,イ     }|{   }|{レ'`ヽ、 .ヽ l    ヘ   ! ト |
         / / l / l  !'       }|{r,}|{ l|    `ヽ ',     l  l ll.リ
.        / /  .l,' .//        ,..||l| リ     .∨    l   .//'
        l l   l  l l        (( !))        ',    /  .//
        ヽ.l   !  !.l       ァシ' !'キャ,       !  ノ   //
         `\ ヽ .∧      // イヽ、ヽヽ     /  ' _ _ /'
           ヽリヽ ヽ.::::::::. ///   ` ._ヽヽ.::::ィ' ノ,. ,'´ ((
              |、ヽ.!、,::-//'         \ヾ´ l/   ヽ
               /   //           \\
              ,'   //             '\\
              i   //              i  \\
              ',  //               ,'   \\
               '//        {l       , '     \\
              ノノ ヽ 、         ./        \\
            / / ',    `゙ ヽ、 .ィ'   /           ヽ \
          / /  .ヘ       ','   ./             ヽ、丶
       ,. '´ ./     .ヽ     /|`゙'''"/               .\ ` 、
    _,. '´  /        \‐-‐'"  |   /                 \  丶、
 ,. ' ´  ,  '´           .\   .} /                   .ヽ   `丶、
´   ,. '´               `!、  ∧'                      ` 、   ` 、
 , '´                  l `   !                        `丶、
´                     ヽ、  !                           `丶、
                       }kY .l
                         Y´ !
.                        |  |
.                        人 y!
                         `'"



            リンディ・ハラオウンさん

969 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:05:13 ID:eGSr96Fs [134/151]



                   .liilllllllllliii、  .iiiiilllliii,
                   _,iilllllllllll!!゙ .,,iilllllllllllllllllllllllllllil
                 ,,iillllllllll!!゙゛   !!lll!!!!!゙゙,iillllllllll!゙´
               ,,iiillllllllllllliiiiiliiiii,    ,,iilllllllll!!゙゛
               .lllllllllllllllllllllllll!!゙゙,iiiiiilllllllllllllllllllllllllliiiiiiii,,_
               .゙゙゙゙llllllllllllllllllllllllllllllllllllll!゙゙ ゙゙゙゙゙゙̄!!llllllllllllii,.
                .lllllllllllllllll!!ll´゙!lllll!!゙liillllllllllliiii, ゙゙゙!!!!!!!!!′
                 .゙゙,iill!!゙゙,iill!゙     ,,llllllllll!′
               _,,,,,'!゙liiiilllll!!´     iillllll!!゙´
              :llllllllllllllllll!!゙゛      ゙llllllliiii,,,_
              .゙!lllllllll!!゙゛        ゙!!lllllllllllllii,、
                 ̄            ゙゙!!!!lllllllil
                                    ̄



.
971 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:06:21 ID:eGSr96Fs [135/151]

            , -‐ ───‐‐- 、
          /            \
      /              u  \           えろい話前半戦終わった!!
     /     U               `、 ゼェ…
      ,'                       ',  ハァ…
    i         , - 、  川   ., - 、    i         次回は後半戦『親父の後妻』編だが・・・・・・
     |     (( {   .}       {   .} )) |
     |:::::       ` ¨´      ` ¨´   .l
    !:::::::   U  ______      !
     .',:::::::      |____|     !
     ヽ::::::::::     |        |     /
        \:::::::   |        |   /
          `  ‐- .|___ _| - ゙



        , ー::::´:: ̄:::::``:::::、
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     イ:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
    /:::::/:::::/:i:::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    i:::::/__:::::::/l:::::::::::::::::i\:::::::::ヽ::::::l:::::ハ
   |:::::i‐-- ,/ イ、::i、::::::::|`ーヽ:::::::::::::|::::/::l
    |::|::|::__::/  _ ヘ:|\:::l , _\::::::::::|::::::::|      何?
   ィ :| :i‐::::i , =ミ   ヽ ,= ミ ヽ::::::::::::::::i
  i/l::::::ヘ::::| ハイ心     イ心ヽ ヽ ::::::::::::l
   | :|:::::ヽ::i ゝヒ:;;ソ     ヒ;;ソノ ,i::::ノ |:::::::}      何が言いたいの?
   i::::l:::::::::∧   "" "' """"  〃i:::::|::::::::|
    i:::::::::::::ハ           ,::::::::::|:::::::::|
   |::::::::::::r、:ヘ      ´`    ィ ,n:::::::::::ハ:::i
   ∨ヽノ:i | l :i.l>     イ  i l l /ハ| レ
     ヽ\i  ノ.i ノ\`≦´, ヽ _ノ l / レ
  ,ィ ‐ー ヽ   \   ヽ´  〉  /  ̄  `ミ
  ,    ヘ \  ヽ /  ヽ ./  /      i
  i     ハ  〉‐、ノ /ノ∧ヘ, ,__/  /     |
  |     i /   \/i l`/´ ヽ/   ヽ i
   ,     /    o i l 〈 o    ∧    ヘ ノ
   l    /    o ./ ||  ヘ o    ヘ    i

973 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:06:45 ID:eGSr96Fs [136/151]

                   , -‐‐‐‐-、
                     , '´       \
                   , ' _____ .八 .______ ヽ
                  ,'  `''''"   `''''"  !     これはあれだな
                    i          U   |
                    .i               /     完全にフランス書院黒文庫を
                ヽ   ´ ̄ ̄ ̄`   /      AAに仕立てて見ましたってノリだな
                  ヽ.      _../
                  ` ̄ ̄ ̄



                _
            . . : : ´ : : : : `: ー-
            /: : : : : : : -: : : : : : : : : : :丶
        /: : : : :/: : : : : : : : : : ヽ: : \: :\
       . : /: :/ : : / : : /: : : : : : : : : : : : : ヽ
      //: : : : : : : ∧ : : :/: :.:.: : : : : : : : : : : : : ヽ      えーと、まあ、それはしょうがないでしょ?
     /': : : : : : : : / : ヽ/|: ;、: : : : ヽ: : : : : :ヽ: : : :
      / : : : : : : : :/ \:/ 、_l {_,ヽ : : : }: :i ヽ : : } : : :|
     : : : : : /: : : :l : : :/    ヾ   : : : ハ ト: :i: : : : : : l
    l : : : : .: : : : :|: : :/ィ=ァ- 、、   i: /`jメ、V: :} : : : 〈      堅物系義母のエロ話って言ったら、
    |: : : .:.:.:. : : : :l: :/ヽんJア`  j/ _ニ__ } / : : : : ヽ     背徳感溢れるNTR物って相場は決まってるわけだしー
    ∨.:.:.:.:.: : : : : ∨  ゞ‐'′    んJア//}: :/i : :ハ:}
    |.:.:.:.:.:.: : : : : : ヽ ::::::::::     ゞ '' /イ.:./:.ノ.:/〃
    l:.:.i.:.:.: : : i: : : : ;    、     ::::::/.:.:.:〈 :ヽ//′
      ヽ|、.:.: : : i: : : : i   {::::`フ    /:.:.:.:. :}: : }        そういう話って、黒文庫の専門みたいなとこあるし―
        ヽ.:. : i:.:. : : |丶、` ´ _. .:´.:.:.:.:.:. : / : ノ
         ヽヘハ:.: : r'ト、__,> " }へ_.:.:.:.;∠./
     , イ⌒¨¨´ {ヾノ { {ヘ    / _ノ/   \
    / | ニ  _レ' 人_\} /  `7´      ヽ
   ,′ |   /_ニヾ_f___ニ `ヽ  / ノ       V
    {   ヽ/ ー-、 }ノイ-‐   {  lノ′         }

974 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:07:04 ID:eGSr96Fs [137/151]

               / ⌒ ヽ
             _/ _,.-,    Y^iー-、
             '、 'ー´ ノ   l;;; ;;; ;;;;l`ー-、         まあ、そうだわな
     /^j^j     ,コ   i: .: :l  l;;; ;; ;; ;l  ヾ \
   :;ニニニ、、シ´`j _/ 7、、;;:,,r/_ソ ;; ;;; ; l     〉
   '' 〈 t_ソノ ノ/ ,';:i;; ;lー/   l;;;;;;; ;;;; l ...::::::::::.:l、       で、この話
      f..::::...T l  yl;;;;;;;;;l k    .l;;; ;;; ;;;;;l/     ヽ
     ! :::i :',/´` l:l;; ;;;;;;l`i´   l;;;;l;; ;;; ;;l }   ヾ   〉     最初はやる夫はこんなゲスくなかった
    .ノ ::;:.l  〉 ,.-.lノ;;; ;;;;;l`i    l;;;;l;;;;.:.::::l ヽ  ;k 〈
    i  ;:.:: :/ .:.;;ノl;; ;; ;:l;l>fー l:::::l;;:;:;;;;;;l  エ    ヽ     やる夫も堅物で、フェイトそんが出産入院したときに
     ヽl   _.:/ l;; ;;; l;;l  l  l_乙__ノ/´      ヽ    世話を焼きに来たリンディさんが、
        し'-'    'ーっ_j _人_ニ--―'        ー-l    買ってきたコンビニ売りエロ本のDVDをみて
                }::.::/ /´⌒`ヽ、    _ _ _/    オナってたところに乱入、勢いで関係って流れだった
    _ _,.--'' ̄`ー-- 、__ //  /   ..;::::::..`ー<
  r´  ,,..;:::::::::フ  ー、 ソ  ..::::l   :::.ゾ::::::::::.....::l



      /:::::::::::::/:i:::::::::::::::::人ヽ:\::::ヽi:ヽ:::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::l:::i<\:::::::/  ヽ::::i:::::::∧::::::::::::::::i::::::::::iヽ、
      i::::::::::::/::::::|:::::: >:/、  ヾ|ヽ、:::i \:::::::::::|::::::::::i  ヽ
     i:::::::::::/:::::::<\::::/ 、ヾ、   `、i,/\:::::::|:::i:::::i    `
     i::::::::::i::::::::::::::  > ィ==、     ,ェz、 |::::::::i:::::i::::i
     i::::::::::ハ:::|::∧::::/イ し o}      {てハヽ|::::i:::::::i::::i
    / /::::ハ::|:::::::∨i  ゞ_;;;;ノ     弋;; ノ〃レ:::::::::i::i      ・・・・・・今回の話とだいぶ違うけど
    //:::::/;;;;(|:|::::::::::V ⊂⊃     , ⊂⊃ i;;;;;|:::::::i::ノ
    /´|::::/;;;;;;;;;レ:::::::::::Ⅳ              |;;;;;|:::::::i
  ノ  |:::/;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::ハ            ノ;;;;;;|:::::::i
      l:::i;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::i       ⌒   イ|;;;;;;;|::::::::i       なんで書き直したの?
     レ|;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::| | ゝ      イ|;;;;;;;;;;;;;|::::人i
      |;;;;;;;;;;;;ハ:::::::::::|  、 >ー    |;;;;;;;乂i:::ノ
       |;;;;;;;ハ ∨:::::|   > 、 .イ\ レ   レ
    ゝ´::::V   i V \     ハ X` ー-  、
   /::::::::::::::::::  ∧    ゝ  ∥|| || ハ:::::::   ハ
   /::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    \∥|| ||  ハ::::::::::::::  i

976 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:07:28 ID:eGSr96Fs [138/151]

           _ _,,..--―ー―--..,,_ _
        ,.-''´             `ヽ、
       /                     \
     , '        ,,.._        ,,.._      ヽ     堅物の嫁母をどうこうするって言うと、
     /        {  }       {  }      ',    男が女を貪る形じゃないと不自然だと思ったから
    /        `-''  __   `''´       l
    !             (  ヽ           l
    l            ゝ             l    あと、『嫁母&嫁』回なんだから母娘丼とか、
    l             (               i    いろいろ要素入れて見たかったし
    '、           ''ー''           /
     ヽ                       /
       \                    , '      本編、パラレルやる夫がゲスだゲスだ言われてたから、
        `‐.、_                ,. ‐'´       どのくらいまでのゲスをストレスなく描写できるか、
           ` ‐ 、. _ _ _ _,,.. - ‐''"          そこ等へんも試してみたかった



             -―――‐-
          . :´==/: : : : : \: : : \
            / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : : :',
        /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : : :}
          {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i
         |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |     ほー
        |: :j: Y xx    xx{:/ : |ノ: :|
         {八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }
         \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/      そいで、今回のご感想は?
           // {メ^く_/∨`ヽ
             /' 〈 /:∧∨ 〉  }

977 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:07:53 ID:eGSr96Fs [139/151]

       /      ⌒  \
     /     ⌒   \  \
    /     ⌒   \  ヽ  /
  /       ヽ  \  〉  /- ′‐--  、
../    ,  -‐、__ ゝー ′く __ノ |\   `              全ッ然ストレスありません!!
〈     \   γ    `¨      |  \    ヽ
        \ ′              ゝ、  \  }  ,  、
   ヘ    〈              ___  ー- ゞノ  | ___、       リンディさん視点がメインだったからなんだろうけど!!
      ヘ /               /〈_ ̄ ` ヘ   ヾ   A
       {            /ヽ;;;;;;;;;;;` ー- 、 `‐- ゝーく  }
         |           /   ヽ⌒ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;¬ /    |.      もうちょっとゲスいやついったれるで!!
        ハ           /      i   ヘ;;;;;;;;;;;;;;/       i
         \      {⌒ヽ       i;;;;;;;;;/       i
         ヘ.      ゝ   ̄ ‐- __ 厂i/       /
             `       ̄` ‐- ___二/      ノ\
              ¬ー-                  \  \
                    ‐---‐‐‐           \  \



.    /: :/: : /: /: : ; ; : : :ヽ: 、 : : : ヽ\
. イ  .,': :.i: : イr、{: :/イ、: : : : |\', :\: :ハ: ゝ、_ノ
 |   |: : |: : :lヽ >、__|__ヽ: : .l―ヽ : i : : |.: }
 `ー',: : ',: : {: : }.u    Y:リ    i: | : :ハ |
    Y: ハ : V |ィz云ァ  レィz云ァ|: | /l  リ       さよか
 、__ノ: ∧}: : ヾ弋ツ   弋ツ /ノ|' 人
  /ィ/.i: :|: : : ! ```   ' ```.| : |: | |、ゝ
  ´ i : : : | : : ハ   (^_ァ  u ノ: : l: !个\__)      まあ、頑張ればいいと思うよ
    У/ヽ: : :}> ‐ - r<: :| : /:イ リ
   , <::´ ̄∧: ト \  ノ |:∧//|::::<
  |::::::::::::::::::|:::|∧ /vヽ j:::∧::|:::|::::::ヽ
  |::::::::::::::::::|:::::::::∨/,|、ヽ/::::::/::l:::|::::::::|

981 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:09:30 ID:eGSr96Fs [140/151]

そんなわけで

   『音速丸様の素敵な日々:第九十七回』

       , -―――― 、
      /         \    山文京伝・・・・・・
    /             i
    !     ○   ○   i      みやびつづる・・・・・・
   |         _,-、   |
    i         _,ノ   ノ            モッチー・・・・・・
    ヽ        、_,)   /
      ヽ.        _../                 MTSP・・・・・・ はちょっと違うかな
        --------



             __  , :――――-. ._
          , . ': : :  ̄: : : : : : : : : : : : : `: .、
         /:/: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
         /:/: : : :/: : : : : \: : : : : : : : : : : : : :.ヽ
      /: :/: : : : :/|: : : : :.|:、: : 、: : : : : :、: : : : : : : :',
      /: :/:≫≪' |: : : : :.|:|ヽ: :.ヽ: : : : :ヽ: : : : : : :.l
       ; :/*/:./   |: |: : : :|| ヽ: :.ヽ: : : : :.V: |: : : : :!
     |: |: : /:./ー- _|: |: : : :||_ -‐、: :',: : : : : |: :|: : : : :{       何それ?
     }: |: : : / __ミ、∨、: : : レ ェ _ヽ:!: : : : :.|: |: : : : :.'
     ,': ハ: : / 〃,テハ リ \: :| /ィテヌ、}: : :.|: :|:.|: : : : : :',
     ; : :.ヽノ! ゙ {r'ノ:l   ヾ' {v_,ソ))|: : ∧:ト、!: : : : : :ハ      なんかの呪文?
      !: :.: : }:ハ  ゝ-"      ゞ- ' !:.:/:.:.リ }: : : l: : : : ',
.     |: :.:. :.|: :.',      ,       |:.:.:.:./:}ノ: : : }: : ∧:.:、
      !: :.:. :|: :.ハ             |:.:/: /: : : :,': :/  \',
     !:{: :.:.|: : :人    っ     ノ: : : :/: : : :/: /    `
     |:.|: :.:.|:.|: : : l> .     , <{: : : : /: : : :/: /
     ヾ!\:|:.|: : : |ヽ:.:.:`:.ャ-  __」: : : /: : ://:./
        }:|: : : :{ \ノノ-ー'  ノ|: : /: : :/' ∨
        ヾ\_ハ N∧   / |/W'〈
            //彡ヽ,/   /    \
            /// }! /   /       \
           / / / / /    , '         \
           / 〈 / /ノ   /            ヽ
            |  ∨ 〃   /             }

□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□■□□
□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□□□□□■□□
□□■■■■■■□■□□■■■■□■■■■□□□■□□□□□■□□
□□□□■□□□□□■□□□■□■□□□□■□□■□□□□□■□□
□□□□■□□□□□□□□□■■□□□□□□■□■□□□□□■□□
□□□■■■■■■□□□□■■□□□□□□□■□■□■□□□■□□
□□■□■□□□□■□□□■■□□□□□□□■□■■□□□□■□□
□■□□■□□□□□■□■□■□□□□□□■□□□□□□□□■□□
□■□□■□□□□□■□■□■□□□□□□■□□□□□□□□■□□
□■□□■□□□□□■□□□■□□□□□■□□□□□□□□■□□□
□□■■□□□■■■□□□□■□□□■■□□□□□□■■■□□□□

983 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 15:10:31 ID:eGSr96Fs [141/151]

以上をもちまして、本日の投下終了いたしました


長のおつきあいを合いの手を、どうもありがとうございました


返レスの後に、次回投下予定の告知、
そしてお開きにしたく思います

989 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:23:11 ID:eGSr96Fs [142/151]

                           rー こつ
                       /  く´ | ミ
           --‐‐--       / 厂 ̄ ´
        ´           `マ¨ /        次スレ
      /       ヘ         ¨         ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1368948105/
             //   /      ヽ
    /       .ソソ     イ
           `′   /;;;i          / ヽ      今日はもうガンガンスレ消費しましたなあ
  ′            /:::;:ソ        レ´   |
  |              /::::;/           Y´`ヽ i、__   、
          ソソ    /;;;;;/  .        !   い   彡)
  ∩ゝ   .//   /;;;;/             (__ -‐‐-‐´
  \ヘ    |||   .//            ′     __っ
    | i       ソ           /__と. ̄ ̄ 彡
    | リヽ   /           メ__, ‐‐‐-‐ ´
    | ` ̄.\           く
   └ー- -‐` ー- ー── ´

990 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:23:36 ID:eGSr96Fs [143/151]
>>728
つ『パッション(メル・ギブソン)』


>>733
 怖い怖いという感覚はあまりなかったんで、
 気になるなら見てくればいいよwwwww


>>737
 まあ、票数もそうなんですが

 えろAAの数と形がねwwwwww

 嫁母に押された人の内では抜群だったんだwwwww


>>739
 リンディさんと組むのはなのはさんとフェイトそんの二通りの候補があったんだけど

 この後の展開考えると、なのはさんはちょっと違う気がしたんだwwwww

 なのはさんは、自身も堅物であるほうが似合うと思うwwwwww

 STSまで視聴した感想としては、
 なのはさんもフェイトそんも結構堅物なんだけどなあwwwww


>>744
 どの時点のモノローグって、
 もうラストシーンでの回想のつもりwwwwww


>>747、>>751、>>753、>>756
 やっぱ、父親っていうのはこうじゃないとねwwwww

 おとーさんの存在は、
 前半の空気を作るのに役立ってくれましたwwwww


>>765
 まあ、そういう意味もあるwwwww


>>770
 そりゃ当然wwwww

 捨てられないお宝を、未練がましく隠してたwwwww

 子供産まれるからって引越しするときに見つかって、
 全部処分されたけどwwwwww


>>771
 から揚げレモンとかもそうですね

 そこ等へんは個人の好みなんで、
 基本的にとやかく言う事じゃあないんでしょうけど・・・・・・

 事としだいによっては、
 『This time is war!!』なんだよなあwwwwww


>>773
 いや、カレーにこだわってるんじゃなくて、
 『自分の作った料理』に対するこだわり


>>777
 水少な目に指示してあるのは、野菜から水が出る為でしょうね

 どっかのテレビで、水っぽくなったカレーに餅を混ぜると
 濃さが戻ってくるってのを見て、実践してみて・・・・・・

 二度とするか、って思ったことがあるwwwww

 自分好みのカレーは、何度も作って水の量を覚えるしかないですなwwww


>>778
 今回、NTR要素含んでるからオヤジは必須なんやwwwww

 あとくされないタイプの話だと、そういう設定にするよwwwww


>>780
 この時点ではねwwwwww


>>784、>>785、>>787
 だって、目の前で自分の宝物が他の男に抱きついて惚気てるんだもんwwww

 誰が悪いって訳でないし、一応気も使ってもらってるけど、
 それでも、しょうがないんだよwwwww


>>794
 若夫婦の贅沢なんてそんなもんですよwwwww


>>797
 これが本性の片鱗であること、
 この時点で気づいた人がいるのかなあ、とかちょっと思うwwwww


>>800
 えろい話なんだもんwwwww


 見ないでどーするwwwwww


>>808
 パケはねwwwww

 パケで自分を連想させると、
 手出しに躊躇するかもしれんやんwwww

991 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:24:24 ID:eGSr96Fs [144/151]
>>810
             l|                 /
               . -─‐- 、        /
            , ´   /   \    /
          / ヽ   (●)    \   /
           , (●) ;__)       ヽ                期待を裏切って、えらいスマンかった!!
\         /   、_ノ  |       |
  \        |      \_ノ      /
    \     \             <              /      でも、別にいいよね!?
      \     ` ー r  -‐'     '、            /
        \      ,'      /⌒ぅ ヽ           /
          \    /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ        /
            / _人__       /  丶    /
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶      /
            `T ´                 丶   /
             |                丶 /
  ̄  ―  _.     |                丶


>>812
 かなりリーズナブルだけど、
 これは普通のエロDVDセルのお値段だと思うなあwwwww


>>817
 いや、中身はなるべくリンディさんと雰囲気似てるものを、
 やる夫がチョイスしたwwwwww

 やる夫自身の趣味は、ウブな女を自分好みに仕込むことで、
 年齢の上下はあんま関係ないwwwwww

 ・・・・・・という設定wwwww


>>821
            _____
        ∠三三ニ=     \
        ∠三ニ=         \
     .∠三ニ             \
   .∠三ニ            三乂     \     白黒でいやあ、真っ黒ですお
  .∠三三          ノ三三 ≧=-  |
  |三三三    ー-=≦z 三三 {::ノ )  |     女を鳴かせるお宝の色もなwwwwww
  |三三三     (乂::ノ  }三三 ¨¨´ヽ  |
  |三三三       `¨¨¨¨    }    }  |
  |三三三        (___ノーr―' /
.  \三三ニ=          \_ ノ  /
    \三三三ニ=          / ̄ ̄ ̄\
     >三三三三ニ=-――
    ∠三三三三ニ=
  ∠三三三ニ=


>>822
 なんだかんだ言って、熟女系統キャラは、
 派手なエロAA多いからなあwwww


>>824、>>832
 いや、美鈴さんとやる夫は、やる夫が学生時代バイトしてた
 ドラッグストアで知り合ってですね

 最初は美鈴さんが、若造食うつもりの火遊び感覚で、
 まだ何も知らんやる夫にちょっかい出したんだよ

 でも、やる夫の才能が開花したら、逆襲されちゃったわけ

 ある意味すべての元凶なのが、美鈴さん


 今回のDVDは、相当調教が進んですっかり躾けられたときの
 ビデオ撮影のノウハウを試してる時のハメ撮りデータのうちの一つ

 ・・・・・・という設定wwwww

992 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:25:12 ID:eGSr96Fs [145/151]
>>826
             l|                 /
               . -─‐- 、        /
            , ´   /   \    /
          / ヽ   (●)    \   /
           , (●) ;__)       ヽ                再び期待を裏切って、えらいスマンかった!!
\         /   、_ノ  |       |
  \        |      \_ノ      /
    \     \             <              /      でも、別にいいよね!?
      \     ` ー r  -‐'     '、            /
        \      ,'      /⌒ぅ ヽ           /
          \    /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ        /
            / _人__       /  丶    /
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶      /
            `T ´                 丶   /
             |                丶 /
  ̄  ―  _.     |                丶


>>828、>>829
 ここらだとまだ『やる夫のハメ撮り』に
 半信半疑っぽいすなあwwwww


>>842、>>843
                ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
               /     ` ー  ´       `丶、
             /       ,.へ       し  ー-、`
            /   u  / /'      ',   \   、` 、
          /  / ,   / /      、 ',      \  ヽ
        -=ニ-‐''/   / / / /   ヘ     }   ヽ   ヾ   |
           /  /  i i │ l .l   | .  | i l    Y   |
          /  /  l  |  | │l   l .l   |l│l | |   .l リ   |    これはもう、何回も見た!!
          i   ,イ   ! |.!-l/‐レ、  l/ リ_l,.|-‐サナ|  | |   |
          | / {  ハ l l lレ'__   ルノ __   |  | l    |
          | ,'  |  | |'、 W '" ̄`     '" ̄ ヾl  .| |   |    見ながら同じこともやってみたし、
          l l  i  | l ヽ i //// ,  //// |  | !   |    それを見比べながら
           l  .l  l l ハ ハ             |  | |   |    また新しいこと考えたりした!!
             | ハl l/ / ! 丶   、 __    , ,/ |  / .|    |
             レ' i` ./ |l l l`  .     , イ/ィ | /.:/ !   ||
             | ./.l/ / ,i l l l   f≧≦-─‐/ / /  !   | !
              乂从ー' ̄ー、} l   、__ |_/////∧   | l
            , へ     ノ 〉          __|//_//∧  | l
          /   \   //}__,ィ=7}     ゝ―、 Y///∧  |l

993 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:25:42 ID:eGSr96Fs [146/151]
>>844
 読み切り型だと、男が積極的じゃないとエロに行きにくいんだもんwwwww


>>846、>>847
 どっちも当たり前じゃないすかwwwwww


>>854
 まあ、そうなんですけどねwwwww

 普通の、禁じられた恋にやきもきってのは、
 イベントの回数が必要だと思うんだwwwww


>>863
 グルというか、立案者ですわwwwwww


>>867
 恥ずかしい言葉で真っ赤になるウブな女って萌えますわwwwwww

 いきり立って、性欲が激しく燃えますわwwwwww


>>866、>>877、>>878、>>881
 ここいらの文章や表現、エロ小説の技法なんですよね

 普通のやる夫スレだと、心情なり動きなり、
 そういうのを表すのはAAですから


>>890
,,..-''"´      '' -..,,
   ''"⌒ヽ、     `ヽ
    _       -‐ヽ
 /´(;;;c)ヽ      _ ',
 ヽ、_ 丿    /r;;cヽ|       言い直させたおwwwwwww
   /´     .ヽ ヽ-' ',
   ヽ       ',`¨´ ',       もう、恥ずかしい言葉を口にするたびに
    l  ̄ ヽ .__丿     l      お義母さんのまんこが
    ヽ、  ノ       ,'      びくんびくん来るのを楽しみながら、
_____.  ̄        /       言い直させたおwwwww
 :::::::::::::::::`ヽ、   _,,..-''´
`''-..,,_::::::::::::::. r''"´
        ヽ、
          ヽ、
            ヽ   _丿ヽ
                 ',   ) .,-.、
              |    | . |
               |  /r''⌒ヽ、
                 |  / /―-  l
             | / /―   ./

995 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:26:29 ID:eGSr96Fs [147/151]
>>892
 まあ、お義父さんにゃ隠れてですけどねwwwwww


>>898、>>899
          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !     だってやるちゃんの為だし
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |     逆らうなんてないでしょ?
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |
           / ',   ! ` 、       イ   l    !
.           |  !  | ハ .| `=  - ≦ |_|   |     |
.            |  !  _ノ/〈     /´`\ゝ、|    |
            |  !_、ノ::::/  \_,、/    /::∧`..、  |
      _,、-ー‐.."´:::/:::::::/   /´;:;:;:;ヽ     /::::::∧:::::::`:::ー,-...、
     /::::::::::i:::::::::/::::::::ハ /i;:;:;:;:;:ハ    /i::::::::::∧::::::::::::::i:::::::::'.,
      i::::::::::::}:/::::::::::ノ! ∨ .〉ヘノ  ヽ_//:::::::::::::::l:::::::::::::/:::::::::::',
      l:::::::::::::',:::>::/::::ヽ  ./;:;:;:;:l     /\:::::::::::::|:::::::::/::::::::::::::::i
      i::::::::::::::∨/:::::::::::::::∨:;:;:;:;:;:l   /::::::::::::\: ̄:::::ソ::::::::::::::::::::!


>>907
 リンディさんの心境はまさにこれですな

 他人の心を支配するコツは、一度壊してから自分好みに組み立てる事だって、
 誰かが言ってた気がするけど・・・・・・

 どこで見た台詞だったかなあ


>>909、>>910
 この後で一部公開するけどねwwwww

 その中の人間関係は、適当な脳内補完推奨wwwww


>>914、>>927、>>937
 正面、後ろ、馬乗りの基本三位は最初に教え込まれたwwww

 その後でご奉仕とか、道具とか玩具の教育が待ってるwwwww

 今回は読み切り型の話だから、エロく染まってく過程は駆け足なんだよwwwww


>>929
 無論、それも仕込の内っすわwwwwww


>>930
            <  ̄ ̄ >
         _/            \
      , ィチ           _    ヽ
    /// /             、 ヽ、               勿論ヤってるよ
.    /イ / /   /         .|   |     ’
    ' ./ ,イ ./ i  /   ,イ     .|   |.    |
  、_/イム' |  { . | イ / | /./ . i | |   |     .{           私は、他の女の人相手でも・・・・・・
.      イj|.l ヽ七卞{. j/ 代メ/,イ. |i   ト、          責めるより責められる方が好き、かな
      l | { .ト  圷心Vj /.示心,イ.  灯   { `ヽ、
      |j| ハルヘヽ炒' ノ'  'て紗ソ  |ノ v' ¨¨  、  ミュ-=‐-..、_
       .| |. }  个,,,  、  `¨`/イ   | /       寺‐-::::::_「
        、l l l  ゝ、 、 _, ''' . , 什   ソ        `寸-へ、
       | V   l ` x  ィヽ、 |   |            `守、ヾー-、
           |  l _i  , `ーぅ.l   j    i/       ヽ\   `ヽ、
           l  ./   `>⌒ ヽヽ |     {         \\   ヘ
           | /         \Yヘ.j    /ヽ、          \  ハ

996 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:26:56 ID:eGSr96Fs [148/151]
>>934
          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /       ,.へ          ー-、`
      /      / /'      ',   \   、` 、
    /  / ,   / /      、 ',      \  ヽ
  -=ニ-‐''/   / / / /   ヘ     }   ヽ   ヾ   |
     /  /  i i │ l .l   | .  | i l    Y   |        夫婦の間に隠しごとがあっちゃ
    /  /  l  |  | │l   l .l   |l│l | |   .l リ   |        いけないと思うんだ!!
    i   ,イ   ! |.!-l/‐レ、  l/ リ_l,.|-‐サナ|  | |   |
    | / {  ハ l l ミ=チィ,    ル.ッハ;;ん |  | l    |
    | ,'  |  | |'、 W{j(:::;ん    `弋:::ソ l  .| |   |
    l l  i  | l ヽ i  ゛'ッ  ,   ´  ̄ ´|  | !   |
     l  .l  l l ハ ハ             |  | |   |
       | ハl l/ / ! 丶   ´`    ,/ |  / .|    |
       レ' i` ./ |l l l`  .     , イ/ィ | /.:/ !   |
       //.l/ / ,i l l l   f≧≦-─‐/ / /  !   |
.      //, //イ,.-‐t-t=-‐リ:.:.:.:.:.:.:.:.,./ ./ /、___|   |
.      // / /:::::::::{ ,':.:.:.:/:.:.:.:.:.:././ / //,.:´:`ー-.、


>>939
 それはないっすわ

 完全にやる夫の下半身調教の結果wwwww


>>942、>>975
黒髪編の時に悟ったんですが、
コンスタントなエロ連続はキッツイんですよねえ

余裕のある時の不定期ってんならできるかもしれませんが

そこ等は要考慮ですな


>>950
 AAを選んだのはアンケの中の人たちからですけどねwwwww

 それ以外の女もバクバク喰ってるwwwww


>>957、>>958
 ・・・・・・こんかいの話は、『リンディさんの独白』である

 本当は・・・・・・


>>959
 セルベリアは、エロAAがの質はともかく、量がですねwwwww

 鎖とか緊縛系統が多いんで、初回でそこまではやれませんし


>>960、>>962
 この時点じゃ、もうすっかり教育が終わってて、
 後はいかにやる夫を楽しませるかが課題の状態なんだもんwwww


>>966
 特に狙ってないwwwwww

 もうお互い『孕んだら孕んだでいいや』的に、
 体調不良の日以外はヤリまくって、その結果授かったwwwww


>>970
 『通常』と『にんっしんっ』の比較がしやすいからねwwwww

 後状況的に『教育終わった後』が一目で分かるしwwwwww


>>972
 こういう、ひとつの言葉でいくつかの意味ってのは日本語の醍醐味ですな

 まあ、他の言語にも同じような技法はあるんでしょうけど

997 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:27:18 ID:eGSr96Fs [149/151]
>>978
             l|                 /
               . -─‐- 、        /
            , ´   /   \    /              うん、まあ、そうなんだ!!
          / ヽ   (●)    \   /
           , (●) ;__)       ヽ
\         /   、_ノ  |       |                 やりたいことやっただけだしな!!
  \        |      \_ノ      /
    \     \             <              /
      \     ` ー r  -‐'     '、            /       まあ、許してちょんまげ!!
        \      ,'      /⌒ぅ ヽ           /
          \    /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ        /
            / _人__       /  丶    /
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶      /
            `T ´                 丶   /
             |                丶 /
  ̄  ―  _.     |                丶
 

>>980
 あれは、投下中に急遽修正した結果でしてな

 未投下で保存してるとこだと、
 もっとひどいこと言ってるwwwww

 見たいならこっちで投下するよwwwww


>>985、>>986
 橘さんちのアレはまあ、悪くないんですけどね

 ここで言ってるのは、遠坂家とか咲子さんのほう

 上手い男にウブな女が籠絡される見本ってことで一つwwwww


>>987
 だって、セッシーは本編でワンサマさんに惚れる理由とか、
 ものすごい『エロゲのヒロイン』っぽいんだもんwwwww

 メイン五人の中では一番好きなんだけどさあ!!


 でもまあ、メイン五人以外を含めると、
 やまーだ先生と千冬さんがいいなあ!!

 あの二人のえろAA、がんがん増えてくんね―かなあ!!wwwww

999 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:31:57 ID:eGSr96Fs [150/151]
>>994
                ___
             ,. -'"´     `¨ー 、           うん、まあ、美鈴さんは凄い特別な人で・・・・・・
            /            \
          /                ',        女のイロハをばっちり教えてもらったし、
           /                    ',       自習したことも片っ端から試したけどね
          .l     '⌒ヽ      ,ノ⌒  .l      
          .l      (tリ\,_    、__,   l       ・・・・・・やる夫の筆卸、もう十年前な訳でね
         .',   U  `ー',     ヽ     /
             \       l   人   l   /`ヽ      今は、さすがに美鈴さんも性欲枯れちゃったから・・・・・・
         /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
        ./                     l     もう想い出の中の綺麗な人、なんだお

1000 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/05/19(日) 16:32:42 ID:eGSr96Fs [151/151]
さて、次回の投下は5/26(日)に本編の投下を予定しています

では、またの投下でお会いいたしましょう


                                               ∧  ∧
   こ の コ ー ナ ー は 無 事 終 了 致 し ま し た    ,'  ',_,'  ',
    ま た 次 回 お 会 い い た し ま し ょ う        /      ゙,
                                           _,.  ' ´ ,'         ', ー:::., ........... _ _
                         ,. ,.:::.、 ,.,. - ,.- .、  ,. '_´     ,' く●> く●> ', :::::::`::.、::::::::::::
            _ ,. '::`::...、       , ',..:':::::::::..'::,:::::::::::::::::`:': i !.、    ,'   、_..._,.    ', ::::::::::::::`::.、::::
         ,...:'´;::::::::::;:::':::::::`::...、,..- '´ ,:':.、:::::::::::::::::.`:.、:::::::::::::: !.l :`::-.、 !   ヽ-'    i ::::::::::::::::::::::`:
::.、..._ ,. 、_,..:',´::;: ' ,..:'、´::`::::::::::;. '´   ,..':;::::::':,::::::::::::::::::::..`:、:::::::: '、'、 :: ,.!            ト、 :::::::::::::::::::::
 ,`、  `、':::::::::::'´::::::::;. - ‐; '     ,.'::'´;:::::::::':,::::::::::::::::::::::::::':、:::::::: ヽ';;;;'ン!            lヽヽ :::::::::::::::::::
:´, ' ` 、,. '..::::::;. ':';`:、´:;:: '´     ,':::::::::::`:::..、:':,:::::::::::::::::::::::::::`::、:::;::........ l            i :ヽヽ :::::::::::::::
:.'.,. ‐ ':;:'´ ,..:':::;: - ' ´  ,.     ,'::::::::::::::::::::::::`:;:、:::::::::::::::::::::::::;::´:::::::::::::  ',         ,' :::: ', ', :::::::::::
:::::::`:,. ' ,.' ,.´ ,...:':::::; '  ,....::.、 ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::、::::::::::;::'::::::::::::::::::::::  '、           ,' ;::::: 'J ::::::::::
::::::; '. ' ´ ,.:'::;' ,.:'::::::;. ' ,..:'´:::::::::::`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `::.、:::::::::::::::::::::::::::::: ゙、   __   ,.' ,.::::::::::::::::::::::::::::
::;::'´  ,.':::::; ,':::::;: ' ,.:': ;::::::::::::::::::...`、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: __ ,,,,,,,, .......... ,,,,,__ ::: ',  ,' ',. ,' .'::::::::  __ ,,,,,,,,,,,,,
'  . : ,':::::::;.',.' '´  ' ´ ;::::::::::::::::::::..... `:、::::::::::::::::::::::::r‐''"`‐-、;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,.:::::::`.‐ ゝ.' ,,,, ' / -' '"´ ̄ ....:::: ´,....:
  ,..'´:::::;.'   ,..:.., ,   ';::::::::::::::::::::::: ..:::`、:::::::::::::::::::.ヽ;::::::`:::.,,,,,` __ ::::::::`::..,,._;;:::::;;  '",,..-;;'';;;;;;:''',,,,,,;;;';;´;;;:::
,..'´:::::::::;.'  ,..:'::::,.:':::;.'  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::: ':;:::::::::::::::::::: ';::'::;:::'::;::':;:':;::`::''''''':::..、;;:'''"::::;´:;::::::::''::: ´;;:'´:::;:::'::;::':;:::::
::::::::::::;.'  , '::::::::::::; '   ';::::::::::::::::;:  '´,.:::::::::';::::::::::::::::::::: ';::::`:、:':;::':;:';:::::::::::::::;:'::::::::::`:'::;;::::::::::;,:: ':::::;:::':::::;:':::::::::::
関連記事
2013-05-27 : やる夫のハーレムブレイド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示