FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫のハーレムブレイド 質疑応答

472 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 12:04:35 ID:pnW4I74I0 [1/59]

             , -'"´   ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
           /                 \
            /                   :::::::\
        /                    ::::::::::::ヽ           質疑応答、大方返答も固まったんで、
       /                    :::::::::::::::丶.          本日投下いたします
       i     , - 、               :::::::::::::::::::i
     ,-‐l      {.  .}         ., - 、    :::::::::::::::::::l
    /   l     ` - ´        {   }   ::::::::::::::::::::l          ハーレムエンドの方は、
   .|  ,-l                     ` - ´   ::::::::::::::::::::l          もそっと待ってね
  .,-| ̄| 、!                    .:::::::::::::::::::`ヽ.
  { |_| }       `――――´     .::::::::::::::::::::ヽ、::::ヽ.
  |` ---´|ヽ                  .:::::::::::::::::::::::::/ヽ   )       やっぱ、根っこから見直さんと難しいんで、
 l´`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`――――――――――、´ ノ  /        シナリオダイジェスト解説みたいな形に
 .|ニニ}                                 |/  /         しようかなーとかおもっとりんす
 .ヽニノ                             /ヽ/
  |                           {ニニ i
  |                           ヽニ/
  |                              |
  ヽ――――――――― 、___________|

476 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:05:15 ID:pnW4I74I0 [2/59]

                               ,-、
            , -'"´   ̄ ̄ ̄ ̄  `"'- 、 ,-ヽ ヽ,-、
          ./                    \ヽ \ ヽ`‐、
        /                        \r 、: : : : .i
       /                          ヽ  : : : : \       お待たせでがんす
      /                            丶--、   ヽ
      .i    _______ l| |l  _______     i   ヽ    ヽ
     .|      `‐- .__.-‐´     `‐- .__.-‐´     .|    ヽ    i    まったり質疑応答開始です
     |                              |──‐´    ,!
     |                              |____,/
    __|       、              ,        .|
   / |        ゙================″        |
 / /.!                              !
 ヽ \ ヽ                          :::::/
  ヽ  `-ヽ                        :::::/
    \   ヽ                     :::::/
   /ヨ/  /\                  :::::/
   ヽ_._._,ノ    > 、 _______ , <

477 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:07:14 ID:pnW4I74I0 [3/59]

                 . - ──  .
          「 .i   , 、/. :: :: :: : :: : : : :` .    「 i
         | l.  / /. :: 〈⌒. :: :: :: :: :: :: ::: 〈\  l. |
         | |  / /. :: :::∧ :: :: :: :: :: : :\ : :\\ j.├ - 、
         .斗 .レ' ./. :: ::/:/∧: :: :\: :: :: ::::ヽ. ::.:\ / 〉 .ハ
       / i 弋‐ く . :::/:/、 |::!: :::::!\/.: :ハ :: ::::Y .イ ⌒ }
        i 人_メ )  }. :::!/リ \从. ::::|/ x=X i::l: :: ::入   _メ7^ー┐
      入 _ __ .メ: :: l〃X云. \j イ!: :: ::ト、!: :: ::l: :Ⅵ「 .メ   .ノ\  __ ..   -- ── ─
       厂 ̄ ̄| |: :: ::| l!. :: ::|     乂c ソ ! ::.::.:|: :::∨入 _X. :: :.::\
.       /      .!.|: :: ::| 八cェソ  '   """  | :: :: | : ::::∨ハ  \. :: :.:::\
     入___j.从:.从 """  _.. -- ‐┐  j: : ::.:|: :: : ::∨:ハ斗<.ヽ .:: :: ::〉
.      /. :: : ::|  从:::ハ   i       | .イj: :i:: リ ::ヌ´ ̄「 {: :: :: :: :.斗<
     /. :: :: ::::!__从::∧> ._  --  ' ヌ /Vレ' /    | _j斗< _   > --   ̄ ̄  ̄
      /: :: :: ::.ノ. :: :: :::i人::ム  〈  ̄「 ア  /  /   /´
    入 ::_::_::_::_::_::__:ノ__ノ_ノ  > -- j /レ〉/ /rッv、 ノ!
                | ̄ ̄}片≧rv ァ≦ヌ⌒マjⅤイ
                |   {⌒ ー ≠ '. ::: :: :: :: :: :::{                    \
                |   人 . :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ::::ハ                    j \
                |    \ :: :: : ィ⌒ヽ. ::_::/ ∧                      ノ
                |       ` K o〉      ' .∧                 <
                |       jノ 〈        '  >;    ___. 斗 <
                |   __ r≦r<j \ _ __. イjメ\
            ノ\ l x≦. :: :: \ j: ::: ̄ ::「jj┴j 片<. :: : ::::\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          可愛いさやかちゃんとその子供のその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

478 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:17:30 ID:pnW4I74I0 [4/59]

             . : : : : : : : : : : : : :_、
           /: : : : : : : : : : : : : : : {:`: 、
          /: : : :/: : : : : : : : : : : : : :|: : : : .
           /: : : :/: : : : : : : : : : :|: : : : |: : : : .
.           |: : : : |: : : : : /: : /:/|ハ: : : : : : : : : .、
         |: : : : |: : : : : |: :/ ソ .} ヽ: :_L_: : : :|ヾ
         |: : |::::|: : : : : {:/ィ芯`   ∨\: : :|   _
           /|: : |::::|::::: : : : | {じリ    /f` /|: :| , ::ゝ' :: 、
        / ヽ::::::::::::|::: : : |ヽヽ      {ソ /::|.|ノ ト-=ニニ=‐'}_,. 'フ
            \j:::::|::: : : |    、_ `  .l::::|  |  _      /
                >}、:::: : ト..    ,..イ:|:::/  ヽ__/|___./
              ///\>、:}  .ヌ` .゜レ'.リ|:/     ハi
              ,〈///〉、 \ \ |}.ハヘ        ,ハi
          /\/////〉、. \.\}! ハヽ\  ャ-、.j‐- ヽ
        /   .\/////〉、. \}ハ ハ∧. \  Y`ー-  |
         /      \/////〉、. \}__|∨、 `ー.}` 7  |
       |           \/////> |////77ト、 `ハi.  ./
       |            \////|}/////|/ハ  ハi   .|
       |              ∨//∧////|//ハ ハi}  |
       |           _∨//∧///|_///ハij   .ハ
       /      __,. --'゙ 厂 ̄ ̄ ̄.////¨ -`ュ .||:}
      ヽ     /   /      | |:| |   ー{ ||:|
       )           /        | |:| |__ ー< ハ:|
        /        /        | |:| |.ハi | |}¨i゙{ |ハ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       美樹さやか本人

       メイプリーズ建国の騒乱のさなかに
       芽生えたささやかな幸せは、
       ブラッドレイ存命の内は平穏無事に世を渡った

       そして、ブラッドレイの子を産んださやかちゃん本人は、
       周囲のそれとないフォローもあって、
       それほど大過なく一生を全うしている

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

479 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:17:48 ID:pnW4I74I0 [5/59]

                __ __
          , ';.;.;.;.;.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.`¨:.':.‐ - 、
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:フ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
         |:.:.:.:./:.::./.:.:./i:.:./\:.:.:/ヽ::\:.:.: \
         {:.:.:/:.:.斗-|/、|/   \|⌒ヽ.:.、:.:/
           |:.:.//            ヽ:.|
         ,"';;    チテトュ、    ,ィチヌ j/ヽ
           {入{   { {:::::::}      {l:::::l |} .|/}
         丶 ハ   ゞー''   、 ヾ-‐' |ソ
           丶        ´      ,}
            丶   ``ー- -‐'"   /
             `ゝ、      ,   '´
         _, 、 ィイ  ``、ー 'ハ 、
       / ,   | ⅱ    ゝ‐〈 } `iー --、
      /      | 丶\ /{  ソヽj .|     ヽ
       /      | ヽ   /弋 /  .|      ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     さやかちゃんの子供

     建国王キング・ブラッドレイの御落胤である男児は、
     ブラッドレイの死後に貴族として序列された

     理由は、宮廷の権力闘争において、
     『西側』が『東側』に対抗するためである

     自分の出生に関しての詳しい話を聞いた時に動揺し、
     出生故に望まぬ宮廷政治にかかわらねばならなかったなど、
     母親の願いとは裏腹に、その一生は平穏とは言えなかった

     その家系は、メイプリーズの貴族として残っている
     (セミザンス、ブリタニア両家とは別)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

480 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:21:10 ID:pnW4I74I0 [6/59]

                       .  -‐‐- -‐ァ‐‐-   _  -‐- 、
                     /        /   `ヽr~ァ辷こア、_
                    ノ        }       〉く  {_ノ、 )  },_
                `辷^´      rヘく        }  ` {iiル′ / }
                ≦ァ       /  {  i       ゝ、 `^ rfく 厶7
                   /   / / } ノ  i¦        弋二二歹cイ
                i    /  i厶孑′   |∧   !    厶{_ .ィマQo
                {   ′ 辷ミ、     -‐ヘ、!   /   厶fム{ ¦
                `Y¦   !_fi心     ‐=ミメ厶イ   厶fムf!  !
                 {八  ト!  ̄     `近入`く,ノ   厶f厶f{  i
                     `7{  ′     `^宀彳  イ 厶f厶fi i!
                    {∧               i   { 厶f厶i{ i|
                    i  、{_)         i   i´ 厶f厶从リ
                    i  iヘ`        -┤   ! 厶f厶fトN
                    i  | ` ーr一:;       |   ! 厶爪|リヘ{
                    i  {   |  !     _」   !     | `
                    i  i !    ! ノ"´ ̄ ̄|   !     |
                    rヘヘ、 {  !′  レ'′.:: .:   .:|   !   从|
                 、 {`ヽヽ、|  /  _ .. -‐─┤  ∧rく
                 ヽヽ、 ヽ.ヽ /_ ィ{云爪_   .. :ノ ノ . ... :ヘ
                   \\ ヽ ヽr仆f=ァ´ .::. '"´. :.:::. ::..::.:::'.
              {^ヽ {` ー`ー 、`くV」/  .:::.  . : .:.. :.::. .::..::.:::'.
               ヽ ヽ`フ7ト、 ヽ }/   ..::..:... ..: .:. .: .:. ::. ::.: .::}
                 ><{⌒Vヽ ヽ   ..::. ....  ::.:::. :. ::. ::. ::ノ
                 ´   `く /   }  ´    `ヽ、  :. iイ>≠=ミx、__
     r‐ヘ     /          ∨    レ   .:::. ::. :.::. :.:..:: :::. //        >‐ミ、
    __、  {`ヽ、 /          }    }   :::::.:::. .. ::::.:. :::. .:::.{/        /    })
   rヘ ヽ ヽ \{          .小.   !).: .::::.::.::..::::.::.::.:::. ..::::::|         /   r=彡′
   { ヽ  ヽ、_}  ヽ        厶」 `¨´|´ .::. :::.:::. ::..:::.:..:...: ::、!       {   j
  rヘ ヽ  \ ヽ    ',      ,ノ |   {:/.::. .::. .::.::..: .:.:::..::..ノ __      }  「
  {  、 ヽ  ヽ. 」     }`¨¨¨¨´    」     !\i⌒}>、::.   `::. {   `ヽ、  /   }
  ヽj⌒ヽ ` ー′     !      / |     |  `V ∠ i、::.   ::.!、     ` く   ノ
       \      \   /  |     |   }く⌒ヽ} ヽ::.ト、:::|、____ ゚ o ` く

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             可哀想なフレイ王妃のその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


481 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 15:21:19 ID:KXiWlIIM0 [1/6]
西側にしてみれば自勢力側の貴族が増えるのは都合がいいし
下手にブラッドレイの血をあちこちばら撒かれても困るから枠にはめた方がいいわな


482 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:23:12 ID:pnW4I74I0 [7/59]

                 ,.-‐''''''''' T ~ ̄ ̄`丶、
               /:/. ::::::::::::'、::::::::::::::::::::::::\
                /::{::;;:.:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::!
              {::::::';::;';:. : .. :::.. ::::::::::::::::::::::::::l
              }::::::::}ハヽ:.:::::::::::::::;';:::::::::::::::::::::ヽ
             ノ''"{''`j´リ`l::i:::::::::レ、ヽ::::::::::::::::;;;;j -―┐
               r'´  ィ´}::::::iリr;T ´ ̄ ̄     |
                  `、_  イ::::::::}j//_,,................,,____」
                  `, ノ::;;-‐''"~r‐‐―‐ --‐‐ ‐、―ヘ_
                _,, ゝ''"´    ノ >        丶、ヾヽ
                 r'― ニ_‐、  //              \ヽ\
              {     `ヾ_/    ̄ ̄  -- __     l l }
              ヽ,.-―-、     ,、__        、  `丶、 ヽ!l
               〈 ̄ 7/       }}ーニ_- 、_    丶、  ヽ`7
                   /77/    ,.‐'''`ヘ    `ー ニニ _-、 丶、 \
               {フ//  / !   ヽ         ` `ヽ、 ヽ}
              〈'//  /   !    ヽ         \ ',   \
               (∨ .  {   |  丶  ヽ          ヽ'、
              (゙ヽ!   .l   . |   \  ヽ、           \
              〈\l   ',  |__,. -'' `ー-、ヽ         _ノノ
               'ミ_yヘ  ヽ |        \'、      , ニ‐'
      ,. ‐-- ,,.._ / !  l   } ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ',l     {{
      j       {  l   l lノ |-――-  ,,.._  /j     .l !
     ヽ   , -- 、__l   l   l .}   } ̄ ̄` -- 、_`゙|/      !l
.      {l. r'´ r'"´ ̄!   、  ∨-‐'         _フ       l l
      ヽ! 〈    〈    、 l          /          ',',
          ', -へ   }    ヽ」、        /           '、'、
        丶  ヽ  ` -‐ '´ {        /             l l
         \   \      ヽ_ _    |            l l
        _ ゝ‐''''''ヽ       丶`'''--{                l l _
               丶       }     `゙ ''-―――――'''"`~

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   公人としてはメイプリーズ建国王の正室として
   確固たる地位を築き、生活に不自由はしなかったものの・・・・・・

   メイプリーズ国内においての
   和解と融和の象徴であることを任ぜられ、
   それに逆らうこともできずに、底冷えのする私生活を送った

   夫であるブラッドレイも、
   決して彼女を意図して粗末に扱っているわけではなく、
   『どう扱うべきかわからない』だけであるのもわかっていたため、
   余計に『和解と融和』を放棄してまで、
   この牢獄から逃げ出すという選択もできなかった

   夫であるブラッドレイの死後数年で、
   青年になった息子の手を取りつつ、
   眠るように息を引き取ったと伝えられる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

483 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:31:56 ID:pnW4I74I0 [8/59]

               ,  /{ /{,/{A、,4{,/{_,;i ,; ,4
             /{./{ {'/,;,;,/ ,;,;,;,;,Ⅴ,;/,; ,/ ,; / ,{/{ ,
           {';, { ,;,;,;,;,; / / / / /,;/ ,;,/ ,; / / //;{_,4{_
             _{', ヘ,; ,;,;,;,;, { ,;i ,i ,;,;{ ,;| {' ,;}`゚ミ ,;,;//,;,;,;,;,;,; ≦z_
          {,; ,;,;\,;ヘ ,;,;}-,;,;A,;,;,ハ}ル,;}ヘ}  `ミ:.、,;,;,;,;,;,;,;,;,; {´_
           ソ,;/,;/,;,/{,; ハ,;, { }/  }/ ´    7,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
          _},;,;,;,;ハ,:l ヘ{ ヘ{   _.::≦:.、_  _彡´`ミ:.、,;,;,;,;,;,;ヒ,
          ノ,;ヘ{ ヘ{  /{_,....≦Z≧´¨゚ ̄  `ミ,;,;,;,;,`゚ミ:.、;≦._
          _ノi  ` 」  寸弩'’_,.。:-=≠7'   `寸;,;,レ' ´.Ⅵ,;,;ヒ
            -}レ,;zZ{、   ;_ ’ -==彡'     佳', '’- Ⅷ;{_
          ム゚´_≧イ  _               ヒ _} i.|,;,;7’
             ':.,゙´¨}´ ̄                ){ ,.:'’,:.{_
            |! {、`   .、             ;j{_イ,;,;,;,;,ケ
.             i ,::::ヘ;,、k、'             |!  Ⅵ,;,;{´
  :.          ':, .:.:.:7_ _            ,}'  彡jヘ{、
  :ム             ';.:.:.ヘ/´-´ ̄          /  彡_....ヘ___,,,,,,,,,.
  _ ム.          ゚;.:.:_ -='´ ̄        ,.:'/   ,.: ' ’ , , , , , , , , , ,`ヽ_..,,,,
  ' ″ム.          ';;'´         .//,:'’ ' / ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;心、
  :.,7'’ 'i:..          1 ,.;:≠:......、 ,.:≦/::/ , '’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;Ⅳ´
  //,,'’ _':.、      ゚:.、{___.:≦´:/: :,.:'/ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
  ’マj:;{ , '’  ':.、       `¨¨Ⅵ\`ヽ: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; >´
..    'マ/,, , , ,.:'’ミ:.、   ,.:'’i;,;,;,;}ム: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
     ゚マ,;,,,.:'’ ,,.: ' ’、.:'’,,; ヽ、-=´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
.       ゚マ;,...,/ ,.:'’},;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,
.        ._゚マ_,.:z≦’}'’≧-≦,;,;,;,;,;,;>´ ,.:'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;
      ,'’;,;,7 l'’//{、≦,;≧=- ,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/
    _ ,ノ ,;7'’ /,;,;ソ,;,;,≧=-  _,.:七'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,/
   { ,;,;,;,;7,; ,' / {ト;、,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ガッツ初代騎士団長のその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

484 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:33:14 ID:pnW4I74I0 [9/59]

                   ヽ,,.;, ...ii;;..,,.ヽ|ヽ|∨ノl∧ ,, ,,,/;
              ;;; ;,.,. ヾヾ||:::i;;ヽiyリlll;;ii.;ヽli;,,/;;/ハ /;,
             ヽ_,,ヽlllゞ"l;,,,ll〆ヾl;lll"::: ii;i;;i::/ハ:llハ;ii;;/ハ
            _ミミヽllミ"';;;''lll i;;,ミ》lll l l>;;ゝl;,,ii,,ll;iii.ヽl/;;;;,/l /l/
            ..ヽーヽllミミミミii;;; i;;;巛l lヽ∨lllllll/ハll;iii;ハ:ii; ヾl/ii;i|||li
           >=ll"ll;;,,,l,,ソミミll》》iiii::ii:llll/"l/l lll;;,ヽハヾlll":::ヽl//llllレ'';"
            .-;;ヽミllll;;ミミミll《<ミiiiii iii l;ヽii:::::iiii:::lllllllllll::i ii/ii::iii iiii lllll彡i/
         .._,,:ll;,,;;,ミiiミミlll;;; ヽlllll>》ll》llll::lll"i iii"lllハ,;iii;;;iii;iii,,i,ii;;iii"lll;;iレ;
         \ii\;;;,,,,,ヾヽllll; "### ;;iii;;ll; ヾ;;;;; ; ii lllll i lll/ノl 'ii/l;ii/ノ"/
         ∠lllミミllミ"ヽi;;..;.ヽlヽlllll;, ;;llllll ii 'illl;.;lll ;llll i lll ノl;;ノ /l/i..ノr/''"
         <;;;...ゝlミミミ,,;;;lll;;;...ミlllillillillゝ:ヾll;;lヽliili ll.,.ilill; ;ll ;lllll";;ii"//;iノ7
         巛ミ;;ヾllミミミiiミミミ;:"''"'''"/ll/iiiiiiiiヽll::iiヽiii レ"llll'';;llll::ノii彡ミ
         」ミミミ巛ミiii;;;;::,::    //i////;::;::i/iiiii:ii:::::lllll;;;iii::ヽ"'ミ彡
         丶ミ,;、ミミミミミミiiiミ>   / ||/ ./ii///iiハ,ヽii|ヽiiYiiii|,ヽゞ ヘ
         <ミ|'トヽ:::,,,ミミi:i:i;     |レ l/l |//|  | |iil liil i .iiii  l|iYヽ
ヽ         .>.Kニヽヽミiiiミ      i|  ll リl .l : | ll/ |リ  |i| . |ll
:::::ヽ       く l : rー).lミ   <巛ミミ=::,l,,,,l i  ;j ii リ  / レ,;;l|li>
::彡ヽ       'liiヽヽ-;.ノミ    <  ””'''##ミミミ;;;; .リ /彡彡》ゞ'';"
 ::彡ヽ      jiiiiii::. く :::    "'::::.,,,,,,,,;;-- ヽ ミ  /r'''::6::'';i"i
::::   ヽ    /;/ハ/'l, l::::          :: /  :  l' "''''''-''"l
  //iiillllliii:..:iiil/   : ''"|:: ::...            :  |      i
::/llii::iiiilliiiiiiii::ill/   ::  ::              .::  .|    .:'
lllllliiii:::iiiiiillliiii::iil(      :            ::: ::  l    /
llliiiii:::iiillllliiii::iiiillヽ:::     :           ヽ-、  ,;.   .;''ヽ、,.;;-::,,、
lliiii:::iiiiiiillllll::iiiiiiiiillヽ::  :::    :..,            ."''''"  ./'lli::::iiiiiヾiillii:::iiiiilliiii
lliii::::iiiiilllllllll::iiiiiiiiiill'l,   ::   :::\     ー-r―--ーr' /lllliii::iiiillllliii::iiilllliii:::il
llliii::::iiiiiiilllllll:::iiiiiiiiill:l::  ::   ::::::ヽ.      ""''''''''"" /lllllliii::iiiillllliii::iilllliiiii:::ii
:::lllliii:::::iiiiiiillll::::iiiiiiiiil::\::::::::   .::::..::\    "'----'''" ノ::lllii::::iiilliilliiii::::iiilllllliii:::i:
:::::llll:::iiiiiiiiiiiiiill::iiiiiiiiiiiiiiill\::::  :::::: ::: 丶:...,,,_________,,...;' lllii:::iiiiiiiilllliiiii:::iiillliiiii:::::
:::illlll::iiiiiiiiiiiilllllll::iiiiiiiiiiiiiillll:\   :::::: :.:.:.:::::::;;;;;;;;;;::.:.:.:' llliiiii::::iiiiillllllliiiii::llllliiiiiiiiii::::


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  騎士団が、当初は対オメガを主な任務として活動していたため、
  完全に軍組織であったものの・・・・・・

  巨人撃退の報があり、オメガの活動が鳴りを潜めてからは、
  騎士団が治安維持を主目的とした警察組織へと変貌を始めたため、
  あくまでその任に忠実な人生を送った

  ガッツが壮年期に至るまでには、
  新生国家であるメイプリーズも、何とか地に足がつき、
  自分の生活を見直す時間もできたのか、
  市井の娘を嫁に迎えて、ささやかな家庭を持っている

  その嫁の名は、今には伝わっていない
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

485 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:34:59 ID:pnW4I74I0 [10/59]

            ,.. .::::゙゙゙゙゙゙゙`ヽ、
        ,'. ''"´.:.:::::::::::::::、:::::::、:.:.`ヽ
      ,.ィ´.:.:.:::::::::.:.``ヽ:::::.  ........: : :ヽ
     〃.::::::l:l:||:i:::::::、:::::::.`ヽ.::::::::::::::::::::.:.`ヽ
     レ'.::::l::l:l:||:|、;;;;:、::、::::.:.ミミヽ::::ィイ::::::::::::.:.ヽ
     l:!.:.l.l.:川1トミミゞミミミヽ.;ニニ三彡::::::::::::::::::}
     リ.:;l.l.:トト、ミミヽ>=='''''' `ヾミミミヽ:::::::::::}
   、 _ノ,;ノノノ,. 'ニヽ`゙`'‐t〒テ  :: ミミレ' ヽ::::、::::゙i
   彳i.:lj小 ,ィtテ;冫   ` ̄  :: ノノ い´',::i:!:::リ
     V,;i.:l.', ´~ノ         ′)_ノ/:!N::(
        ``ハ  く .:.;;;.          ,..イl.:l.:.:.VV
       ヾ',   -    ,.     /ハi.:l.:l.::.:ノソ
            ゙、 ´ニ二´     /  ノハl.:リリノ
            .゙、        /   _ノノ:\
           ゙、     /,. '´.:.:::.::::::::::::.ヽ
            `ーェ‐'彡'´ /ヽ.::::::::,. .:::‐‐\
           ,r'7⌒i`ヽ.::::く_/.:rェュイ─- 、:.:.:.\
             / ′/:l::::::.',.:::::::,..ム______ フ´¨¨¨¨``ヽ、
          {ぃ. /.:.:l.:::::::レ'´. : : :,r'"´. : : : : : : : : : : :.`ヽ
             い / _/:/.: : : `¨`7.;;;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..',
         ,r'´.:.:::::::::::::/.:::::::::::::::::/.;;.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::l
        /.:.:./.:.::::::::::/.:rュ.:::::::::::::i.:;;;;;;;::::::::::.:.- ==== 、:.:.:.::.:i
         /.:.:./.:.:::::::::/.::/_ソ.:::::::::::,';. -‐ ー-rr 'ニニニニニヽ.::::::l
      /.:.:./.:.:::::::::/.::/〃::.....:.:./.:;;;;;;;;;;;;;:;:;:;;l1: : : // / ヽ\:|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ヤン・ウェンリーのその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

486 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:35:25 ID:pnW4I74I0 [11/59]

           ,.   ´ ̄ ̄ ̄``ヽ、
          ,. '´            \
        /  o ノ             \
        l                  \
        /⌒ー---------‐‐‐- 、      \
       /.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . `丶、     |
     /.:/. : : : : :: : : : : : : : : : . . . . . . . . .: \   |
      レ'. : : :/: :/ . : :ト、: : : : : . . . . . . . .: : : : .\ l
    _ノ.:.:.:.:.:/ l:/ |. . |ヽ\. : : : : : : : : : : : : ::.:.:.:.:.V
   '´  |.:.:.:イ-┼‐ |. : |    \二ニヽ. : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.',
      |.:.l.:.|     \|      `¨¨`ヽ: : :.:.:.:.:.:.:.:.:l
      Nハl                  }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
         }ニ三三    三三ミヽ   l.:./⌒ヽ.:./
        /                    l/ レ /.:/
         l ゙゙゙゙゙゙゙      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ ・   _ ノ:./
       ヽ    、_,、___,      ,. イ.:.:.:.:.l
          \              / ノノl.:.ハ!
          ` ー---------‐'´      l/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     歳若く、見目麗しい嫁を貰って、余人から羨まれつつ
     蔵書庫司書及び歴史研究家として、充実した人生を送る

     ちなみに、生活態度関連は嫁の躾けによって、
     廃人から子供レベルにまでは進化した模様
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


487 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 15:38:18 ID:KXiWlIIM0 [2/6]
勝ち組過ぎるが進化しても子供レベルなのねwww


488 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:40:00 ID:pnW4I74I0 [12/59]

                                      -‐    ̄ ̄_  、
                         -――‐- 、  / ̄ヽ´         /  \ ヽ、
                      /         /  へ__「 ̄`ーへ----ヘ   |  ヽ
                      /  __ ヽ、  /  /    |  ヽ  ヽ、  |  |    ',
                   /   /´___`ヾ、 | /  / |    |  l   l  |  |    i
              __   /   r'´,  、  、、\゙'.| !   l  ! |  |  l   l  |  |    |
     __ ⌒ヽ,r '´     ` 〈 /´ ,--、/ ヽ r‐!‐、`l | ! l l  ! |  |  l  _L.-!  !     |
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二ヽ    V / / l!_|   |N__|_ l l | ! lT''‐L'、  |_|/イ_/! /!  !  l |
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ___|  |   トl/Vイ 。  l! 。  |l l | ! l !/l。:| ヽ/ /|。::ヽ、|  |  | |
  ////|! |_|_l 、 ! ト、 ´,-、|  l  ヽ \`| |ー,    ー‐' l | VヽN| l:: l     ! !::::::ノ/ |  |  | |
  !l l´!l ヽヽ | |N |゚' ゚‐''|  |)、、 \ 」 l、  --┐  / |   | |ヽ""丶--┐"""' |  |  | |
r―-、l ゚  ゚ ;// lr‐ヽフ |  | ヽー‐、.!、_,\`ー' _,../__/ ',  | | ト、  ヽ_ノ    . イ  ∧/Vヽ|
`(ヽ ヽト- //, (´  ト‐/ / /    | l | l`´r|     ∧. ! ! ∧ >- . _ イ´ l /::/:::/ヽ、_
  !`ヽ \/// ヽ   !/ イ レ' /   / / />´/_  / ヽ.|∧/Vヽ|_...,--、__| /|/::://::::::::::::`::....、
  !/_\ `´  /\ \|   /― / //i´   i´―‐ン゙ /´`ヽr‐、 /::(、   ` `ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::::::::\
 /`/♀lr`ー‐´  / \ \ /  / //| !   |   /  r' <ヽ | |/|::::::l´        |V:::::::::::::::::::::::::::::/´`ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    マコトに手ェ出されたシャルを始めとする村の娘たちのその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

489 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:40:27 ID:pnW4I74I0 [13/59]

                                    へ、‐   ̄ ̄ ̄  _ ‐
                         -――‐- 、    / へ/ヽ/`ヽ‐ヘ-/、`ー、`ヽ
                      /         `ヽ/ /   / /   |    ´|   |  ヽ
                      /   __ ヽ、  / /  / /.   |   l  |   |    ',
                   /  /´___`ヾ、 |  |   |  l     ! | l  |   |     !
              __   /   r'´,  、  、、\ヽ |  |   | __|_    !_イ |  |   |     !
     __ ⌒ヽ,r '´   、 `ヽ〈 /´ /__/ ヽ ',‐| 、!ヽ.|  |   「N| |   //_!`メ、/|   |     !
  ∠/‐O‐/<ヽ/二二二|     V / /´l_|   |lN_.| |  |  | l! |/l。:|ヽ / /|。::::ヽ、|   |  |  |
  Lr''´/ ̄`ヽ /l、、ヽ、ヽ\ |  トil/Vlイ゚:|` l! イ゚:::|〉  !  ', N! |:::| '´  |:::::::ノ/ |   |  |  |
  ////|! |_|_| 、 ! N┬ゝ┬‐ l !  ! `| |ゞ'     ゞ-' |  |   ト、! l""丶   """'  |   |  |  |
  !l l´!l ヽ_ | |lN i      lV /) 、\ | l、 ' _    /  |   | | |ヽ   ‐       |   |  |  |
  ∧l´ _   // |  ト、`__ ./ ∧ト、 \ !、_,\  _,. /___/',.  | | | i\    _   /  /l イ /
  ///`ト- '//--\|  r‐//  )>-、| | | l`´r|     !∧ | ∧イV  V`_T´   / /l/l/ | /
  ! l !/´/ // _`', / ( ` ,イ    / / />'´/_  ./ ヽ!>、   /::::j ///::::ト、
  !/_イ_〃!'´  `|/ ヽ| `´ l   / //i´   i´―‐ン゙    /  _,..<::::::://:::::::::_ノ::::::\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       マコト恋愛レースにおいて、
       言葉というダークホースが
       ごぼう抜きでゴールかっさらったのを目にし、
       各自がそれぞれに時間を要したものの、
       胸の内で折り合いをつけている

       横恋慕を企む輩がいないでもなかったが・・・・・・

       甘い誘惑の言葉に真が全く興味を示さなかったため、
       修羅場が発生することはなかった

       全体の印象を言うなら、言っちゃあなんだが・・・・・・

       『旬を過ぎたアイドルとそのファン』というところだろう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

492 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:45:12 ID:pnW4I74I0 [14/59]

   /  | /             ヽ     \
   / < ̄/      /  l   l ', ',  ヽ  ヽ
  /  > ,    /  /  /  }  |  |  l,_  |   :,
  l / |    /  /  /  /l  |  |/|:',  ! |  |
  | \ !  / ,. /-‐/―/、j /! ,イ, 斗ォ | :|  |
  |  Y|   |   / .左テミ、|/ l/イト寸/イ  l! /
  |  { l  | /| く{ トz寸_j'   r込リ,' ノ /|./
  |  ヽヽ | / |r‐ 弋Zソ  〉⌒ヽ -.;17| / レ
  |     |∧l/ | `   _ ノ   ゝ /j/ レへ.
  |     |  l!  ト ,     r― .ァ / |    }
  /   / │  |、 ≧ .   ヽ- '/|  |    L_
. /    /   |   |     > ァく  |  |  /  ヽ
/   /  /j  l!   __ ムく⌒{.!   |、    _}
―- ムイ\|   .|  /   {{  ∨ }  | }  ̄ ∧
マ   ヽ\ ヽ  |  ヽ   ゝ=く._∧  ! |  ̄ ヽ:\
ノ     \\\|   }  / |::l   ヽ j  !   /:::::::ヽ
:\   --\\ヽ   7 T  l::|    \ ├‐イ::::::::::::::}
:::::::\/二ヽ   \ヽ', /  l  .|::!_/ ̄  |  〈::::::::::: /
::::::::::::::::::::::1  /ヽハイ_j  |~  ヽ.     |  /:::::::::/
::::::::::::::::::::ノ彡   ∧:;   ヽ _|   ハ   |/:::::/


              /:.:./レ 7/{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\_
             /:.:.:.:./  〃/:.:.:.:.:.:.:.:..|:.:.∨~^^´\-:.:.:.:.∑
        ___, ノイ:.:.:/イ/V:.:./:.:.:|:.:.:.:|ハ:.:|       V≠=寸
             /:.:.:.:.:./:.:.:.:.|:./lV:.::|、:.:.:| l:|  ____  W::::/
          /::ィ:.:.:.:.l:.:.:孑|::|廾|:代、:.::| '~|´_-   ` |::::|
         /´ /:.:.:.:.|:.:.:.|! |/_ 二ヘ! ヽ::| ´イ升テ=、 z. |::/‐、
           |ハ::|:.:|/l::| 〃{ヒっ┘     `^─'′  .|'f;^:. !
           l !:N:|イ¨|       |            l:::ノj:/
               `| l{{<∧      { 、        |^;:./
                \ {:〉    ______、    j_/
                 `ー ヽ  弋二 ̄ 二ノ   /!
                  ,-‐|\   ̄ ̄_ ̄   ,.'::ト、_
                  /:::::::|  \         / ..::|:::::::ヽ
                   /   ::::i|    ` ー ─ ''    :|!:::: :::',
               /    ::i}              {!::   .:'、
               _/      Vヽ        /  V     '、
         _  -‐'´    ト、   |:.:`、       ./   |  /!.  \_
  ,,.、 -‐ ''"´       .::|:: ヽ  |::. `、    ,′  /  /:::|::..  ヽ`丶、
´                ::::|::::::.}  |::.:.  〉   .〈/ ̄/  /::::::|:::::...  \   `丶、

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             サキさんとロックのその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

493 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:46:17 ID:pnW4I74I0 [15/59]

     _..ノ:イ:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        /::::::/ :::::: /:::i:i:::M〃'''''ミ::::::::::::
.      /::::::/::::::::!/ ::::||: :!     V:::::::i
.      /:::/!::!::::Ⅳ-j从:::|  -─ .',::::::|
.     /′  |:从:{,代:::テヘ!   弌:::テァ.r、/
          iハハ       i       !/
          i  ! ;          /
             ヽ    ―    イ
              > ._ <ト、
               rく i      |ノ}
          〈ハ  _〉 ヽ   r '" /ト.、
.         _〉 ∨ ヽ ハ  i   / } ハ≧‐- .,
.      ,ィ≦´ ./.:〉⌒'vっr i^Y^f^!=n-‐―┐  アヽ
     {    /.:rーヽ―=ヘ      V !:::::::::::|  ./   ',
    ハ   ':/ |::::::::::::::::::i       } 〉::::::::::| / /   i
.   /  ',  i.:{ |::::::::::::::::∧       /.::::::::::::!イ /     |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     典型的な委員長と、やんちゃ坊主の関係を構築し、
     ゆるゆるとした付き合いを経て、周囲に祝福されつつ結婚

     ロックはそのまま国家に仕えつづけ、
     妙な技術が急激に発達したメイプリーズの
     国際社会での立ち位置を調整するのに腐心した
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

494 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:46:49 ID:pnW4I74I0 [16/59]

                     | ̄`ヽ/ ̄|
                   」 ̄ , ----. 、  ̄|_ _
                  「 , .:´. : : : : : : : `ヽ、    /ヽ
                  V.:,: : : : : : : : : : : : : .\ /:.:.:.:ヽ
                      /:/:.:.:.: /: : : : : :.i: : : : : :.', \: : i
                 /:/.:.:.:‐メ、.:./: :l: :.:l: .:|: : : : :l //: : :l
                  |.:l.:.l.:.l:/メ、/ l.:ハ:_⊥⊥.:.:.:.:.:l く: : : :l
                  |∧:l:.:lテミヽ l:l'´ヽ|ヽ|.:.:.:.:i.:.l/: : : :l
                  Ⅳ.(:りノ`メ,リ ー==ミト、.:.ハ/:.l: : l:.: |
               /⌒ヽ.:Lー‐'⌒ヽ __ノl.:.V ).:.l: : l:.: |
                〈 / .:.::.::.:.`ヽ _     /l.:.:|くL:.:l: : l: : |
                 ,r、ノ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: L_ ,. イ/ l.//.:.:.:.ヽ: l: : |
             〈  /.:.:_.:.:_:.:.:.:.:.:.:.:l L〉〉// /  ̄ ): |: l: : |
              V.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V´`ヽ T´`ヽ  く.:.:|: l: : .l
                〈.:.:.:.::::::::::::::::::.:.:.:.:.ヽ  Lノ   l  /.:.:|: : : : :\
              ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:./, イ Lヽ _ノ V.:.:./:、: : \: :\
               |\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   /    l.:./ヽ: \: : \: :\
         r── ‐‐- 、|/ ハ.:.:.:.:.:.:.:.:/   /  /l l/: : :|: : : \: : \:ノ
         |     , イ / !.:.:.:.:.:.:.ト、  / /.:.:/l∧: : :.|\: : : lヽ: : :ヽ
         |   | ̄ !  !.:.:.:.:.:.:.L V ィ´.:.:.:/ : | ',: : |  | : : l i: : :/
        | ̄ ̄    !、   |. : :.:.:.:.:|   /.:.:: : :l.: :.:|  i: :.|  | : : l l: :/
        ノ \     ヽ\ |. : :.:.:.:.:|,. イ.:.:.:.:.:.: l: :.:.|  l: :.|  |: :./ //
       /  /        |. ::.:.:.:.: |, イ:.:.:.:.:.:.:∧:.:.|  l: / //
       / く_ _          |. :.:.:.:.:.:.| l.:.:.:.:.:.:.:l l: :l  l/
       i     |       |. : .:.:.:.:.:| l.:.:.:.:.:.:.:|\: l
      |       |  , イヽ  /.:.:.:.:.:.:.:.:L_|.:.:.:.:.:.:.:|  \
      |       |/ !  V.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.l.:.:.:.:.:.:.:| ´ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄`丶、
      |        l  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.l.:.:.:.:.:.:.l            \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     サキさんは二男一女の母となり、
     よく家庭を守り、子を育てた

     なお、家庭内での力関係は
     サキさん>>超えられない壁>>ロック
     であった模様
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

496 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:50:34 ID:pnW4I74I0 [17/59]

     .∨  ∧        /}____
     .∨  ∧ ≧ー-{`Y..:::/彡ニニニ三ヽ
      (ハ 小 ア弋'''弋.0::/  >=ニニニ==-、
      Y .レァ从{-==:::Y ,イ r彡Z辷≠ニイ
      トミ }ノ _, -==┼ { lイ (rテ フ⌒イ }
     ./¨ /j. {彡 ==ニ}( 从    ,fテZ从ーt
     /  イ彡、 レ≧==t リヽ   `ーイ≦彡イテイj
    辷_|  } 人と_イノ |¨Y¨>≦'⌒ ̄ ヽ彡イノ
    |    //´て Zニ(_(=ニニイ ト,       `)==ァ
    |   ( {-tr. Y)) /∧\   ||:从  /⌒>j ∠テ㍉__
    |     | }} {. し┼  ⌒    j| |.   〈 /´  \   ` ̄ヽ
    |   __ -┴弋  ヤ、 ___彡く::::7`ー一¨ヽ    `''<_
     ゝ<        `T:::|::::::::::::{::::::::/    从         )
                |:=|=:::::::::|::::::人      }_ァァ‐ __ イ>⌒ー─っ
             从=l=:::::::::{::::::::::::>、    //     ̄¨¨ニ==弋辷__ァ===ウ
           ト ̄ニ=ーヘl=::::::::l::: イ⌒ヽミー-.イイー------{ Y.}ヘ   イ( \
         ,イ⌒¨ヾ:l    `>    ヽ.  \ ` ̄| ̄ ̄¨人| | | }ニミ弌    \
       ム7  rj:} -─'', イ ,イ    ',   ヽ. 小.      ̄´ 弋r人     \
      {Y{>'' 从 < ´   //     }ヽ   z-气ノ               >、    \
      イ      ヾ弋_____/ j_    ,ィ ト彡ヘ彡''                   \
      人   ___≧ーイニトミ彡ミ彡j彡''  ∨                  \
          >.、   从    `¨''<ヽ.      ',
          `¨¨‐斗ー-- __    ` <=ニ__.  ',
                    > 、 ___) }}____人
                       ヽソ  fl    ∨
                         |  j|、     ',
                              しノ \   ',

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ヒロイン予定だった、マミさんのその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

497 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:51:14 ID:pnW4I74I0 [18/59]

<マミさーん、紅茶どこですかー?

                _  - ─ 、    ニ
             ,. '´         |`ヽ、  段
            /    ,    ,ィ   |   ヽ  目
          /     /   ,./,'i  /\_ λ  ヽ
          ,'    ! l !|_,/|'‐{.| //  ̄ヽ、从!   )
          l. !   ',. ! k!Y i ヽ!'(  _,,,,!从リ  (
          { ゙、   ヽヾヽ ,ィ''゙゙`ヽ  、 ノヽ!
          ゙、ミYヽ  丶ヽ`xxX       }
          >(*)}´) _ニニ=''´  ( )  / _,r‐、
          ゝ㍉r(三ヱ─‐      ,.ィ' ,r'/ ,y_
     , - ''  ̄ ̄ ̄`≦</¨|` :::::::r'''´-''´´ _,.;''/ト、
   <´ _     ___  ( ̄ヽ、  !ヾヽ、r‐''_,./  ノ
    `i´_ -─'ニ≧イ彡ニ=).  ヽ丶,.' |! 'i匕-'   /
     ‘ーニ≦-‐'' ̄ ̄`Y   \. ト,、,ノl ! ヽ__,.-'´ ___
   , -''´ __      ─<     \i__/ j  ヽー`-=-, )
   ヾ彡´, -,-‐''フ彡≧゙ヽ \     ゙}  ゙,   }    /
    t,ニ=_''-=''´ /    i   \   ト、  ゙、 λ
    ,r'ニ-''´   / /' 〉、   `ヽ  }  ノ  ヽ、
   (´r'´      /// / fヽ、    `i/;_ __,r’
    ̄    ,r'´,/     ヽ   /  ゝ| ̄ ̄!
         |      ,. '' >r'  ,/´ヽ.i `゙ ゙!     _
        r''   , -'' ー''´ ヽ'ヽ   ヾ、__,..:'-:'':゙゙::`ヽ::::::ヽ
        /  /     _-─} ヽ    ヽ、::::::::::::::::::::丶:::::::!
.      / ,r  _ -  ̄    ,.`-' ト、    ヽ::::::::::::::::::゙、::::::::、
       ,' / ,r'´  ,. -''_,´-‐7´   |::::ヽ    ヽ:::::::::::::::::::、::::::::、
      i丿  _,. '´/´  /,'     ヽ:::::::`:::-....、_!:::::::::::::::::::::、::::::::、
, -  ─‐/  ,r''´ ,r'´    l |      丶:::::::::,::::':ノ'、::::::::::::::::::::::、::::::::..
  ─--〈  ノ  ,.'       i l        /,イ´  ゙、:::::::::::::::::::::、::::::::..
─-- __ Y´  /        ゙、!、    ,._::;',/゙ ̄`ヽ__ ヽ::::::::::::::::::::::、::::::..
     ` ヽ ,'         ヽニニ≧='' ̄ ̄    ヽ、ヽ:::::::::::::::::::、:::::..
        `!        _,.< ̄ ̄` ー       丶 ヽ:::::::::::::::::、:::...
    _ - '' ̄`゙'ーニ=-‐<´    `             ヽ  \:::::::::::ヽ::`:、
   ´      /      `                  >   \:::::::::ヽ::_:`_:_:::_-=-‐,r:;
                                  ノ      ヽ:::::::::::::::::::::,'::::::/゙´
                               , -''        ゙、:::::::::::::::::_;-''
                            _ -''           i:::::::::ィ=''
` ー   _               _ - ''´               `¨゙´
          ̄  ` ー──''  ̄´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    本来ならば、『ワルプルギスの夜』を追いかけることから始まる、
    平穏とは無縁の賞金稼ぎの道を歩むはずが・・・・・・

    このサイクルではそれが全くなくなったため、
    普通の町娘として平凡な人生を全うした

    魔王の因果改変が、個人レベルにおいてであるが、
    『良い結果』をもたらした稀有な例だと言っていいと思う
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

498 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:58:27 ID:pnW4I74I0 [19/59]

       ___ァー=ミ`ー-ミ
     _>          `Yf
    __≧  {ル       /f´ `ヽ
    >ー-ミ汽ハメ    /f´   乂
   厶斗≧f^⌒`ヾルィア彡イ      {
    7: 彡'"         ̄`ヾ    }
   孑斗 ⌒ヽ  j′     辷=ミ 汽
.     {_f´   マル {zィ=<   抃`ヾ {
     }乂_  ノ⌒ヾ´frぇj∨__}ハr-v'"
     i     ′ 人___彡'"ハり⌒{
     '    仏_   ミx  , ;/f_彡.リ
     八, '____^    ヾマi厶rセ´
   __  ∧メー-- ‐彡メ/. /从
.  /ニニ=- _ハfハィイハイ  ′
 /ニニニニ=- ._=≦  ___/
ノニニニニニニニ=_Y {ニ{_
ニ\ニニニニニニニ_{--}ニニハ
ニニ-\ニニニニニニ}: :{ニ才二\
ニニニニ-≧====≦ハ: ∨ニニニニ_\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       日記の後の時代のアンデルセン、その後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

499 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:58:55 ID:pnW4I74I0 [20/59]

:::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/      {´      |
_:_:_:_:_:_||_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:/}         >-─--- く_
:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: //      ヽ{   __       )
:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |       ヽ_/  Yー─く
:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |ト、       }i   ,l'     !
:.:.:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| |_入     /}}   {__.'´
 ̄Zミ三ミ>==≠=-- V/彡\\_ _ _ ノ  .|:|
. Σニ=-r≧^ミミミi;;杉彳≠''^゛彡ム\____ノ::|
,ィ彡三ミ    、  ,;      {三ミミ Lzzzzzzz|
Ⅴ⌒Vイ-==x、  } {''  ,,x==- 彡┌──┘ | ̄
::::V)人 Y ⌒ヾミ}}={に〃⌒ヽ /イ|   ---t-┘
:::::::V トli    }}=≠={{    li/!゚レ|     |
:::::::::',:::| ゝ ___ノ  | | ゝ ___ノ ,'∠|     |
:::::::::::ト|l;;;,,      | |    ,,;;, {:: /|     |::\
:::::i:::::|ハ r,,、__ヽ| |ノ___,,ィ ノ/:/: |     |::::::::\
:::::l:::::i::::::ヾ\+-+.-+-+-+r' 〃/:::::|     |:::::::::::: \
::::::::::::ヽ::r---===≦ ̄_ /______|__________!___;;;\__
`ーv--人,r--、   Y|| i
  i   {   i_,,ノ.|| |
  |    |   |::::| |.」| |______________
  {    {   |::::| |___ノ:::::::::::::::::::::|     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ヽ  i    Y |_|:::::\ : ::::::::::::::|     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::
__  '   、    /:::::::::::: \::::::::::: |     |::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::ヽ_       /:/::::::::::::::::}}\::::: |     |:::::::::::::::::::::::::::::: /
:::::::::::::::`ー''´:フ:/:::::::::::::::::::}}:::: \:|     |:::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::リ::::::::::::|     |〃 ̄::::::::::::::::/
Ⅴ::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::: : |     |=-:::::::::::::::::::/
 ヾェ<::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|     |ヽ:::::::\:::::/
  \ ○::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|     |\:::::::::::}:/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       日記の最期の日付から数年

       懸念していた『外国勢力』がメイプリーズに襲来した際の、
       メイプリーズ側の宗教的な結束を纏める要として、
       神の言葉を解き、自ら剣を取り、
       宗教指導的な意味でも、物理的な意味でもよく戦った
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


500 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 15:59:08 ID:KXiWlIIM0 [5/6]
マミったマミさんはいなかったんだね、よかった!


501 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 15:59:42 ID:pnW4I74I0 [21/59]

                 、yjソ从イイイイツツ:::::::::::::メ
                トV /イ从从イイイイツ:::::::::::::ミ
                     ミミヘヘ//从从イイイイ辷=:::::::ミ
                  Zミミミミ /イイイイ--ーz三ニ=::::::ソ
                  彡,イ`¨''´      `Y彡r-、::{
                / jミ、__  f==-<_/Yイ「 )j
                    `Y =キ⌒{ ==y'   r / }
                       人__/   ゝ__ス、  ,;;Yヾ }
                         トー‐`    \/  ヾ}
                    ヽt-ー- 、 ミ/     |
                     ヽ''''   ,;シ      |ミヽ
          /ヽ         rー{¨Y'ヌシ'''     >イ  }、
            / ._ム-ー-、----''¨´\  |┐   ┌‐:::¨/     > 、__
.          / / ィ-<.    ||  \ヘ::|----|:::::/  彡'l´     `
        レ' / ,、____).   ||   l^l|ー-‐‐レ.l^レ'¨´  ||
         /    / 、 \.   ||   <ニニ>。。。。<ニニ>   ||
       , |     / `ヽノ  ||    {_}|     | {_}     ||
        / .|      ,イ_ノ   ||    |,   |     ||
     /  .|     (      ||    | ' , ,' |     ||
.     /   .|     |     ||     |.  ||  |      ||
    /   .rf、    .}     ||     | ==||==|      ||
.   /  ___|:::::ヽ、____/.     ||    |   ||  |     ||
  /  人/:::::::::::::::::::::::〉    ||      |.  ||  |     ||                ___
. /  / ヘ:::::::::::::::::::::/.      ||     |    |     ||            __  /  |~|
../   {   ヘ:::::::::::::::人'''''─--ム======j     ム======ツ----‐‐‐‐'''´    /ヽミー---ム|
⌒ヾ、 |    |:::::::::::::j/∧ー-、       |、      |              /     >---イ
  j .|    |::::::::::::j///|  ヽ      | ヽ   ノ  |               /     /:::::://
 ./  |     ヽ:::::::::////|   .{      |zzz`y彡zzz|              /    /:::::://
/  |     ヽ:ノ///|    ヾ    | l| ||.|| 人|         /     /::::::://
    |      ¨¨¨  ∧         j  | ||.||   |         /     /::::::://

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   メイプリーズに力を持つことを目的とした
   『外国勢力』を完全に排除した後に、
   ブラッドレイ及びメイプリーズ王家の連名で
   教会中枢に向けて大司教序列の推薦が出され、
   それが受理されている

   それは、死亡したマクスウェルの座っていた椅子に、
   新参でどの派閥に属してもいない新興国の人間を座らせるという
   教会中枢の政治力学の思惑もあっての事であったが、
   それ以降メイプリーズに宗教派閥を作る目的での来訪者を
   防止する歯止めになった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

503 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:01:22 ID:pnW4I74I0 [22/59]

                      、 ‐ vvl/し
                   ___jヽ}ヾ l  { =ミ
                   ゝミ  }/ 从  =ミ
                      ) Y  从V ヾ  爻
                       { ヽノ..-‐:::::::‐-ミヾ }
                     ....:.´:.:.:.:.:-┬‐-:.:.:.:.ヽ、
               ......:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-.....
          .......:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
           /{{ ̄¨7:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }}、
.          〈:.:}}:.:. :.:.:.:.:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.         }ヽ:.:.:.l:.:.:.:.: /:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
        l:.:.:.:.: l :.:.: /:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:.:.:.:.:. /l
          l:.:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:. /:.:l
.         lヽ:.:.:. l:.:/:.:.:.: / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:./:.:.:.l
        lヽ:.:.:.:.:V:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ :.:. ノ〉
.        ,: .:.:.:.:.:.:.}:/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |/)/:/l
.         ,: .:.:.:.:.:.: {/:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l:/ : /:.:l
       ,:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l:.: / :.: l
.     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.l
      ,{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.: l

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    彼が枢機卿に列せられたのは、
    更に年月がたち、死病の影が彼をむしばみ始めてからである

    その半生をメイプリーズという国家に捧げ、
    後の世のために尽くしたと、墓石に刻まれている

    その晩年においては、
    もう一度子供たちの前で教鞭をとる生活を送りたかった、
    と側近にこぼしたことが一度ならずあったという

    その激動の半生は、メイプリーズという若木を守護し、
    育てる庭師としての人生であったが、
    彼の本質は素朴な教育者だったのだろう
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


504 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 16:04:42 ID:Sn31r2TU0 [1/2]
当人は必ずしも本位ではなかったろうが、公人として、宗教に関わる者としての
勤めは全うし通した訳だわな……ホント、お疲れ様ですわ


505 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:10:07 ID:pnW4I74I0 [23/59]

       , '´ ̄ ̄` ー-、
     /   〃" `ヽ、 \
    / /  ハ/     \ハヘ
    |i │ l |リ         }_}ハ
    |i | 从○     ○ l小N
    |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ノ
    |l |   j       ノ i|
    |l |   l.>、 __, イ l |
    |l | /\::ヘ三l:/ \. |
    |l_,くミヽ ヾ::∨  ヾ彡>_
  (( (.__ノ´)   <父> ノ ゝ _.) ))
    |!/| l ./:`;;::-..<⌒ヽ l |
    j/ |.小{::::::ll::::::::ハ._}ヾ|
     ∨ `ー'゙― ' l:::::l
  ε≡Ξ   ノノ   ` J
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         チュルベールが衰退した理由は、
         人間の振る舞いがダーティすぎたからか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

506 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:10:55 ID:pnW4I74I0 [24/59]

           `Z:;-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、;;;;_,'~
           / /" `ヽ ヽ  \´
          //, '/ u    ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ :::::::::`ヽリ| l │ i|
         レ!小l○:::::::::::::○ 从 |、i|
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
          __|ヘ   ゝ._) u j  ,| , |___
     ( ̄ ̄/:::::| l>,、 __, イァト |< |:::::| ̄ ̄)
      ヽ /:::::/.| | ヾ:::|三/::::/ | .|  |:::::|__/
        `ヽ<| |  ヾヽ /:::/ .| | レ' ̄
          | レ   ヽV/   リ ,| |
          .| | jヽ、__<父>__,rヘΛ |
          .レV、  /   l  l  \リ
           く  /    .l  l __>
            `´ヽイ`丶 ィ´ Y´
               |   |::
               ヽ---':::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    その通り

    チュルベールの『常識』では考えられないほどの行動も、
    人間側は平気でとることが、チュルベール衰退の大きな原因

    他にも、指導者層と技術をごっそり失った彼らが、
    その気質も手伝って、人間との生存圏争奪からは
    基本的に逃げを打ち続けていたことも、また理由の一つ

    キング・ブラッドレイ及びその子供の世代の間は、
    人間も比較的おとなしくしていたが、
    魔王が『記憶』から『伝説』に変貌を遂げていくにつれ、
    人間のエゴがむき出しになり、チュルベール達を蝕んでいった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

507 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:14:52 ID:pnW4I74I0 [25/59]

                      _,ハ_
                cr!〈{}〉>≧=- 、
               crタ,r≧≦ュヌュヒrヾcー 、
                 crタr'´ 7,r'    ̄ ` <ヌc ヽ
               crタ'´ _ノノ        ヽハicヽ
             // ,   ̄ 7   ヽヽ  u    ∨ト、ヽ
              ノ^l i.  /ヽ{     ! !   }ヽ  ト} ヽ }
                | ! ,へ '、   .ハ }、/,べ、 リ  } i
           ノ|  ,/__ヽ、`、 いノ /   } ! ! | ト、
                |  l ´ ̄ `ヽ ヽ } >''¨ ̄ `ヽ ! ! .!`ー
            ハ ヘ   ,ィ=、、 !ハ  (仁)) ,ィ′! | !
             ノl \lヾ _ー=''ノ 、` ー=二¨ }  ! |. !
             l | ト ` ̄,v‐-‐''´ ̄´_)イ   l  ! |
                ヽ! l > _l_,. -‐ァ'´」::::i::::i i. ト、|. ト、
              { ! |r'´ }_i_:::L   」::::_i_:::! .iリ ヽi  !`ー
                 ヽトノ ,r'::i::ヽ::L ,r'::;r':::i:::ヾノ:{.  '、 |
              r'  r======i-、::i:::::::}:::!  ! !
              r「ヒ,r-! 身体   _ノ ,ゞ、::ノ::r「h!7 l
            /:::;イ:::!iミ  測定 ニY::::::::\ノ:::::::!. ! |
              /:::/::::ツ ヲ ===='ー´ヽ::::::::::ヽ::::ノ ! ト、
               l::::::::::ヽノ !::::::::i::::::::::::::::::i::\::::::::〉' i |. !`ー
             `ー-'´  .!:::::::::i:::::::::::::::i::::::::`iー'  .! ! |
                 }:::::::::::i:::::::::::i::::::::::::|    l |. !

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      リリアーヌ姫の胸などを例に挙げてふざけていたが、
      実際ガルガンチュアシステムを持ってしても
      変更不能な強固な事象ってあるのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

508 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:16:13 ID:pnW4I74I0 [26/59]

      // . /レ::::::::::::::;:::::::::/:::::::::/::::::/V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.     /´ //:/::::::::::::/l:::::::/|::::::::/|:::::::ト、V:::::::;::::::::::::::::::::::::::::::
     /ヘ/::ィ::::::::::::l;::|=v::/_j::::::/ .|:::::::lヽ.|:::::/l:::::::/::::::::::::::::::::
    /-‐ '´/:::::|::::::lヘlテ.V气!:::/  !:::::/ァzl:::/7::::;イ::::::::::::::::::::::      ほい、お望みの解決策
.        /:::::::::、:::ゝ 込Zソ」:/  l:::::|彳 l旡lィ</:::::::::::::::::::::::
       l:::::::;イ:::、::l    l/   v::l、込Zリ ト/:::::::::::::::::::::::::
       |::::/ |::::::l`\   ′/  ヽl    ̄ /:::/::::::::::::::::::::::
       l::/ |:::::ハ          l     /:ィ::::::::::::/:l:::::::/
        l/  l::::::イヘ     ヽ       /´/:::::::::::/l::A:::/
         ′ /:::/ |:::::ヽ  (`'ヽ       /:::::::::::/-l' l/
        // .|:::从::ト   ニ´      -/:::::::::::/:::/  ′
         /´   . l/  `l  、_  -‐   /:/::::/从l
           _' ⌒ソ            /ィ{:/
        _   ´   く          〈 `"‐、_
    _ -‐        ヽ         ヽ   `  、
,.  ´               l         |      ヽ、


                     ,ィュ<呑ト、
             ,.r,ィf(⌒ヒメハ.{_}j心
             ,r',ィf(⌒レ, > ´ ̄ `ヾ、
          ,ィ' f(⌒/        ハ
           ノ / {if/ /  ,l l l ヽ.   i
  )'ーーノ(     ! ! 、,タ  /  / l| l ハヽ. |  | ー‐''"l
 / ブ   |.   | | ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l.|  ! 寄 ヽ
 l  ラ   i´   .| | |r|| | //ー-、 }ii{ , -‐,リ〃 / せ  /
 |.  :  l  , ー-トヽ| |ノ::::::::::::::::::::::::::::::: / /  |.  て |
 |  だ  .|/    }::| l ||、.      ,   /i |ヽ l  上  |
 |  と   |    ,::::| l |::::ヽ,        ,.イ .! ! ! |. .げ .|
 |   :   |    /::::| | |::::::::〈` ー-‐,ノ::!:::! .| |. i |  る /
 イー‐--、,|    /::::│l、l:::::::::└、,r'´:::/:/ ,ノノ  ∨ヘ _ ノヽ
. r 7,r‐z_ 、 ,/:::ノ⌒ヾ、::::::::::::::::::::::::バ,  _,.、r-ュ、
,ムLi_/ /〉'::::;f'´::/´:::::::\::::::;/´::::|::ヽrヘ! >┴ャ'
::::::::::`く/-|::::{::::::::{:::::::::::::::::}:;r'::::::::::::l::::ハ:::::::::::::::|  l
:::::::::;/:::::::::|::::ヽ::::::\::::::::;ノ:::f:::::::::::ノノ::::::ヽ:::::::::::|  |
、_:::::::::::::_ ‐''l::::::::`ー‐―''" :::::'ー--;‐'´`ヽ、_::::::_;ノ ノ
   ̄ ̄   |::::::::::::\::::::::::::::/::/      ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ない

   理論的に、ガルガンチュアシステムは
   すべての事象を任意に変更できる

   ただ、やはり『変えやすいこと』『変え難いこと』は確実に存在し、
   どんな小さなことでも、『変化』を与えれば反作用が発生するため、
   無制限に事象変革を行うと大変なしっぺ返しを食らうことになる

   そういう意味で、『限りなく変更不能に近い』事象は存在する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


509 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 16:16:28 ID:Sn31r2TU0 [2/2]
その辺は、白人がアフリカ、南北アメリカ大陸、アジア一帯、オセアニアと侵略
して行った先で散々やらかしてた、えげつない真似を思えばな……。


510 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:19:42 ID:pnW4I74I0 [27/59]

                   /                      ゙i
                  ./          _.、ニ-─''''''"""""""''''ー-<
                  ,:゙        _、-''"        ミ、、     ヽ,
                  |     ,、-"  、、、、 . .  、    ミヾヾヾ    ゙;
       _,、-''"´ ̄``''ー-、 ゙:、  ,/    `ミ`ミ`ミ`ミミ、ミ、ミ、ヾミ、       i
     ,、‐''⌒`     ,.,:,:,.,  `''y゙`'',゙ 、゙:, :、':, ゝ、ゝ、`  `ミ`ミミ``   、ミ:、   |
   ,ィ'    `;',';':';':';';';';',' ';';';';';| ,':,ト、i、、ミ`;、_ミ=-ミモ=-        ミミミミミヾ L
  ,r'゙ュlイ,-、、.,.;';';`ミ、;';';';.;.,., , ,:,';'゙ゞゞ、;';t_'ニ-;;''"` `ゞ:、`:`、、、....  、、``  `ミヾ゙i
 i゙ '"スレ'ヘ, ':':':' ミゞルィソ: : : :';';' : : ゙i`':、 '゙ヽ ,ィ::  ..   ),、`ヾミヾ、ヾミ     ヾリ
 ゙; ,i ヽ. イi 、 、_ 彡' 、ヽ、;';';';',:,:ゞi、 ノ  ';"   : .ノ'"ノ;':,  `ミミ`       (
. ,ソリ ;i,ハ ゙ゞ`ミミ=_三ニミ、ヽ )゙:,: : :'; : :/       :  ''"l i ';:,、      、 、 )
 l.i_彡'ノリ...、、` f"f'でサ )、レ゙ l:; : : ';/ _...     :   ゙い ゙; ':;,   _ ヽ、 ヾ; 从
 ゙;Fぃf l.;'で)`i :..  ''"´  ア/,ィ;': ゙;';';';'`¨`i;"     :   ゞ、ヽト:、,_ミーミ、ヽ,、:゙┴
  `ーっヽ` ´.l ::::.     i,l゙イ|l : : ;';';;'; : : :`T_"..   :  / `゙ト _,、-::'"´...:::::::::
    イ! ゙、  ` ''_,,...   .゙l、:.l:、: : : :';':': : : : :」    .: /  _,、-゙''":::::::::::::::::::::::::::
     ゙l,゙:、\.  -´   /゙`;ハ、゙い; :;i,';';i,';';': :゙i、_,、:=チ:-'''"     ,、:::::::::::::::::::::::
     `i ``i\   /' _,!'>、'; i 'll: :';';':';':': ::_コ-'"´ト、   <+''"」゙;' ::::::::::::::;;:::
     /; ; | :,j゙>=彳 」~;  _,,.゙i | リ\: : : : :「 ,ィ''"~| :゙:、  ゙-‐''"  ,、-''":::::
     i゙:! :l | |::::/"ア´/!::゙:, ゙;_,,|ノ/  `''ー-:|∨i゙ f'゙j ::::゙:、    _、-'" ..::::::::::
     ゙!゙;  いノ::〈 〈ノ lノ ::::゙;  レ'       |/゙;|  レ1 ::::::゙:、 ,、-'"

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ユリアンとカリンが付き合っているが、
      シェーンコップに「あんたの孫よ。おじいちゃん」を
      カリンは実行できたのかw
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

511 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:21:17 ID:pnW4I74I0 [28/59]

┌────────────────────────
│いやあ、僕らはオルソラさんに
│脚を向けてねられないんですよねえ
│それくらい、あの人には感謝してるんですよ
└──────────v────┌──────────────‐
        _,、zー-‐- 、,_           │・・・・・・私の事は?
       ィ゙ ,;;.,;':'''  `ヾミヽ.       └────────v──────
      i゙ ,:     _ノ `'' `ィ            ,..、,、-─- 、
     デ,;'  ;:'  ィノィンz_リ′         _/,: :ヽ`    `ヽ、
     l ;;,  ;:'':-t''゙ '"ィ 「           孑,ィ,、;、、、゙:、     )
     ヽ,  ,.,.::'((`   ,ゝ           l人f氏ミミ、.,;ゝ_,.  ゙!
      えィ,;';'ィチヌ,`  ーf            `ノ ~ェ、`ーi r-ミ;ヽヽ, ソ
  _,.、 -イ  `"-、 _ `;=‐-'′              >    リ!f ノ;;;;;;f }_,,.、-''"
 ̄.   .ヽ.  ィ「! 「Y,|〃`ー-- 、          ゙lヲ     '"「ミ;;;;;;;;ツヘ
,. --ー…''^ト、/;:└--'ント-、、,,_]ヽ,       _,,..ゝ、、 -<  ゙ ′7 rj }  __j,.、-
       ゙l,      l     | l     ,.イ   `-'" ゙>rァfT「゙ト ~,ノ ̄
         '; 。   ,! 「!    !  !、   l l,_,、-‐   i^l!`'゙_,」ィ゙H! ,.;-、
 /        i     ,! |.!   lノ ,: 「{   ,⊥ ゙、      (`  ̄  ;! | 「;T′
.:'         l    ,! |.!   リノ l l!, /  ヽ,ヽ、:、   `、     ∨!│
:         |。    ! l.j   /'"  ゙! i!/ ,...、  `ーミ;ヽ   ゙:、     ゙i,.リ
       /    / _,,......∠:'⌒`ミ`ソ  '⌒`=-、,_:'/ヽ、  ヽ     l
 ,、:-、   i゙ ,、-‐<二ュ、   `` i゙..       , >ーァー''"´ ̄\::::::.....';.....
'"   ヽ  /./,、-  `ヾミ!     ,;!::::::.... ,.、-' ´ l三!   、\>〈:::::::::::::';:::::::::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       できた

       というか、ヤンが嫁を貰って、ようやくユリアンが
       自分及びカリンの為に使う時間が持てたため、
       一気に仲が進んだ模様

       そういう意味で、カリンはオルソラさんに
       ものすごく感謝してる

       ユリアンも、オルソラさんにものすごく感謝してる

       ヤンに対しては・・・・・・

       まあ、あれでこれで・・・・・・

       尊敬してないわけじゃないんだけどねwwwwww

       ちなみに、シェーンコップ自身は
       孫ができて一気に老けた気がするとこぼしていた
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

512 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:24:08 ID:pnW4I74I0 [29/59]

          rー ── } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶、
          | : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.丶
          | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : : : : : :: : \
          |/ : : : ,' : : : : : |\: : : : : : : : : : : : ヽ: : :: : : : : : : : :ヽ
.          /: : : : : : !: : /: : : |  \´:  ̄`ヽ、: : : :丶 : │ : : : : : : ',
       /: : : : : : : :..|⌒ト : : │   \: : : : : \: : : : \:|: : : : : : : |
      /: : : : : :./:/: :.:|: :∧: : : l    __.\: ヽ : : : : : : : : \:.:.: : : : :.|
.     /: : : / : : : V: : : :レ'-ヘ: : :.',    ィ灯テ外ミ: : : : : : : : : : \: : : : l
    /: :./!: : : : : |: : : :小Y心\:.ヽ   {iー'::::::jヾ: : : : : : ::\ : :ヽー :l
    |/ │: : : :/|:.: :.:.{ハ Vi::ハ \|    Vヘ::::イ:}ハ: \: : : : }\: ',: :l
         |: : : :.ハ: : : |{ ヘ ヽ:リ、__{ァ   ゝ辷ン ∧: :}ヽ /|: : ヽ} :|
        ヽ: : l  ヽ: :.l人: :', ´ ノ , \    ''' / / ∨ ∨:.l: : : : : |
            \{   \リ:.:`弋   。 ` ー一 ' / '´: : :∠,:│: : : :│
                /: : :.:/フ>  __   イ: : : : : :/..:.: 八 : : : │
           /:./^}/ / { { : : ∠: : :/  ̄ ̄\ ̄ \: :ヽ : : |
     _,, -='´_/ ´ 二)   ヽ: : /: :./       \//∧: : \|
     ´ `>: :/(7      、`)   /: : : /           ∨/∧: : : l\
      / : : ///\  xヘ \ /.: : : ; イ          V//,|: : : :\:\



            _ __ __
          ,. - ‐‐‐- 、`ヽ  . -─-  . ___
         /       Xレ'´          `   . _
               .  ´                 \ }
            /                      Vト、
          /     ,          \  \     V 〉
          .'     / / / //ヽ ヽヽ ヽ. ヽ.   ト.`ヽ、 }リハ
          ll   / / / / //  | l  l ! l  i  l|   \l/ ハ
          |l / / / /__//   | lx‐r十十メ、  l|    ハl  }
          |l l l レ'´ l |`   リ ノ.ノ ノ  |  l|  / j !イ
          |l l l/  ,イ´`ヾ     イ.! ̄ `ヾ.  l|./  // !
          |l l l 〃| l  |     | |  ll lト、 lト、  .//イ
.         八jト、ヽl | ト--'|     | ir--'' .リ  .l|} }  //_ノ
           | l|lヽj. `ー‐' .     `ー─1.  l|ノ イく
           | l|l i """     ,.  """"|   l|\  \
           | l|l |> -- /⌒Y。・   イ |   リ\\  \
           | l|l レへ⌒ヽ.__ノ ⌒ヽ-- '  !  ./  ヽ ヽ   〉
           Nリ/_  ヽノ  ゝ__ ノ    / /⌒ー く ハ.__/
            f/ / Y.ハ`Y´ `ヽ   /レ'       i
            / / / }/.__人___ノヽ ̄ i          |
             |     /.}__ノへ.___ ヽ /        l
           /ト、    イ!、__     ̄∧         }
         i\ \`ー‐' }ト.   ̄ ̄ ̄/ }        }
         |  \ 二二 / i}     / /   __      ,'
.          ヽ     / ハ ___  / /,,.  ´     /
          ヽ..    /ノ     ̄ `\      /
            ト--r '' /               /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       みゆきとセイバーは結局独身のままだったのか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

513 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:24:56 ID:pnW4I74I0 [30/59]

                r‐f ̄ヽ、__ハ _,、
                _r 、「 `ヽ ,-、l   |    `ヽ
             ) ノ´ ̄`ー|  `ー─-.、_ Y ヽ \
              rく //   |     ::  γ弋_ }、  丶
           「 /´     / | :   .::i   { 込ソ λ   \
.           ノ/  , '   / ,| ::   ::|、  `ア壬〈x∧:.     ,
         ' / ,' / .:/ ./ / | ::i   :| ∨ :f λソ}ハxl:: : .   .
          , / / /: : ,' ,l-‐'- | ::|  | -|‐-辷_`彡'Xl:.: : : . ∧
.       ; / / / : :/ /| /__、| ::|  | ,ヽ:|_ Y:{ ryハ∧ : : : .  ヘ
       j/'´{ :/ : : j / |,ィ弐ォj;人  | ,ィ弐ュ、込=彡'X|: : : : : .   \
.       j   ∨{: : ::| ∧〈 f_ノ:::}` 、\{ 'f_ノ:::} 〉|:チ|XX∧:ヽ:.: : : .   \
        ノ  ∧∨:::|/::ハ 、Vz:リ  } ‐{. Vz:リ ノ|:´ lXXx∧: :ヽ: : : : .   \
     /   :|f´( ヽ:{:f /7rァ /-/'" ' /`/‐〃" |:  ⅣXX∧: : :ヽ: : : : : .  ヽ
    /  . : /x7: :`ー { ' ' 弋、   r ァ     .ィ':|::. |、V,XX∧. : : ヽ: : : : : . . ヽ
.  / / . : ;X/ : : :/ \   /´ ̄`r-- r '"ミ!::|::. |ミ∨XX∧ : .   :ヽ: : : : : : . ハ
 /. : :/   /x/: : :/, -、  l チ  : : |≦_ /(⌒)::|::  |:.: :ヘXXXヘ      : : : : : : : : }
./. : :/   /x/: : /   ∨ , -、  : : |r ァ {_○ ):j;  λ、: :∨XX∧     : :ヽ : : : /
l: : :/   /x/ : く _    __У   l  : :イ/_r-イ ノ /  /  Y: :VXX∧      : ヽ :/
', :/   /x/ 个 / ヽ/ く    l  :j | \人ノ:/ ,/    ト、 ∨xX∧      : : l
/  ./x/XX|/   >、  \   ヽ'  |`Y⌒_/__'       j ヾ: ∨XX∧      : |



             ___ , ィ ´        <
         Yy,/    /  /       y,==、
         (Y/    ./ /         ヾ.   ヽ
          (Y/ ミ 、 / / /  '          ヽ   }
        (Y{ ヽ  / / ,'  /  ,'/ ,   |   、 \
        (Y! \ / ./ ̄`メ 彡ソ /∧ |    }\ ',
         (yヘ   |  .l.イ斤ミ、   レ' __ .|!ノ   |ヽ ヽ
        八_',.  |  l| 弋_リ    ,ィニミ ノ ,. / } .}
       / /ヾ. l  l|         ヒ_ソ / .'/  //
      / / / !. `l .l|        '    /,/    ´
    /  , '  / |  |! l|    ` 、   ィ  ヽ.
    ヽγ  ̄ ヽ.  ll  | ヽ、 __ , <´ \  \
     /      `ヘ.  |ミ 三|           ',  }
     ,          \|   {___        }  ,'
     |       i     ヽ.  , - ̄ `ヽ  / ノ
     l       ,              i  }  ' ´
     |        /             、ミ)
     }⌒V⌒V⌒,    ゝ― ミ.      く
     |三三三ミ/`  /    、 \ヽ.γ´`ヽ
     |     ,  i /       ヽ.  ヽ!/    } ___
     |      | .{/           '    .ノ {( @)イ´)
     |      | .ハ       /    __ ヾ.⌒>,.⌒Y,.`ヽ
     |      | ,  ヽ    ,.   ´  ̄ ̄ く ̄ ヾ |!i @.} ソ }
     |      |V   , イ   , -―==ゝ ⌒ヽゞミ彡`ー '
     !      | ヽ  / 彡´   { .(´,.ィ ̄/i , r―-ァ丶⌒ゝ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      NO

      あんないい娘さんたちが
      独身のまま一生を終えられる世界ではない

      アプローチかける男は掃いて捨てるほど湧いてきたし、
      彼女たちの方もきちんと失恋を乗り越え、
      次のステップに進もうと努力し、それが実った

      どんな相手かは・・・・・・

      ご想像にお任せ、である
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

514 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:32:48 ID:pnW4I74I0 [31/59]

             乂/:.:/      ̄`ヽ       ノイ イ: : : : ノ: : :
               {ー': :/                    ノィーァ': : : ノ
             〉.: :/                  ̄`ヽ く:_: /: :
              /`Y -====ミxヽ               __,ノ: : :
           /  }.ノ::::::::::)   ヾ\              丶-‐ァ':
              乂/          ...:::::...   -‐        _,ノ: :
    /´ ̄`ヽ_  /    /⌒\       :::. -====ミx    トゝ: : :
  /ノ  ⌒Y__) l   / , -― \            ヾ\  トゝ: : : :
  \{    }\―|   ,'/      丶-------- 、  (:::::.. ヾY >: : : : :
 ∠人   ノ(/ l|   |                \   ',   :::::::::) /⌒ヽ:/
/ └七ニ´ノ   八  |               \ |       ⌒ l
{      /  /\ 丶               ∨       /、  /
丶 __ /    /  / \ \                 /       /ァー='
    /     /  |   丶 \           /      /´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           やる夫の子供たち世代の様子とか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

515 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:33:06 ID:pnW4I74I0 [32/59]

                                    \ l /
           ⊂⌒⊃o           ‐‐―‐‐──‐‐ ○ ── ─‐‐
  ,'⌒ ̄⌒ヽ、                           / | \
 (;;;,,,,__;;;;;;ヽ、____      ⊂⊃               /   |   丶
   ̄ ̄   ̄ ̄ ̄                        /     l    ⊂⌒⊃
=======================@      ,,'⌒ ̄⌒ヽ、        |
\\\\\\\\\\\\\      (;;;;;;__;;;;;;;;)__ _ _  |
\\\\\\\\\\\\\\     ̄   ̄ ̄
~~~~~~~~~~~~~~                ,~⌒⌒ ̄⌒ヽ
:|||/             \|||/ __           __/;;;;__ __;;;;;;;;;;)
:|||  春だね~・・・      |||   ||::::::::::|           ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄
:|||  ●_●     だな   |||   ||:::だ::|  /\/\/~~\/\/\,/\
:|||  ■■■    ●,,,,● |||\_||::::::::::|/~~\/~~~\/\/~~\,へ__
:|||  ( ・∀・)   (=`д´) |||   ||:::ん::|
:|||  ( つ串O   ( つOO‐ ||,,,,,,,||::::::::::|,,,,, ,,,,,,,,, ,,, ,,,,, ,,, ,,,,,,,,, ,,, ,,,,, ,, ,,,,,,, ,,, ,,,,,,,, ,,,, ,,,
:|||_( ⌒)⌒)ooo_O( ⌒)⌒).|||   ||:: ご | ,,,,     ,,,,    ,,,,       ,,
:|||二二し'し'二二二(_/二し'二].  ||::::::::::|,,   ,,,,  '''     ,,,,    '''    ,,,,
:|||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_|||,, , ,|| ̄ ̄ '''    ,,,,   '''    '''    ,,
'''''''' '''''''' '''''''''''' '''''''' '''''''''''' '''''''' '''' ''''' ''''''' '''' ''' '' ''' '''''''' '''''''''''' '''''''' '''''''''''' '''''''' '''' '''''

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  メイプリーズ全体で言えば、
  『それからは平和な時がいつまでもいつまでも続きました』
  という、おとぎ話の『その後』に該当

  やる夫の子供たちに焦点を当てると、
  両親の愛情を一身に受けたやんちゃ盛りの坊主どもと、
  お転婆な女の子たちは、王室との交流や友人たちとの交流を経て、
  それぞれに充実した人生を送っている
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

516 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:35:50 ID:pnW4I74I0 [33/59]

     /   ::::/::::::::::::::::::::::::|::::::::::: \       ',-─-ァ }、
    /    ::::/::::::::::::::::::::::::::.ト::、::::::::: ヽ     ',ミY´  j从
        /::::::::::::::::::::j::::::/::::-一ミー--',.     ハjノ  //ハ
          イ:::::::::::::::::::./::::/::::::::::: : : : :ヽ  ''<   |_,,イ イソ
        ,' :::::,'::::,::イ|:::::/:::::::::::y彡´ ̄`ヾミ小. |__∠__/′
         {   i/: /:|::/:::::::::::::::ヘ  o   l ヽ八.|     ̄`ヽ
        | /{ /:: :j/_:::::::::::::::::..ヽ. ___ ノ   }ミ.リ       }
        V   | ム彡⌒ ::::::::::::::::::::::::: : : : : : .  ヾヽ       |
   从   从  |イィ  o  ::::::::::::::::::::::::::::: : : : :/: .  ヾヽ    j
   ヽ    弋  |{{     |:::::::::::::ヘ::::::::::::: : :イ: : : : .   `ヽ__ イ
  > {{\   ヽ从 _ ノ ::::::::::::::::っ::::::::::/ }|:::::::...: : .   ',
  トミ辷二Zミ__ ∧ : : : : :::::::::::::::::::::::::::::/ j|:::::::::::::: : :    Y
  |ミー==  /ヾーヽ、  ___::::_:_;;;;イ  ノノ∠7ヽ::::::::.   j
  iミ辷二ニア    小 : : : 弋___ -==ミヽX_Y´_ ノ:::::::::  /
       {      从  : : : : :::::::::::::,イj { ̄∨::::::::::::::::イ
       |      从  : : : : :::::::く__|ヽゝ \=辷'''¨
       |       ヾ  : : : : : :::::::::::::::::::::::丿

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          その後じゃないが、妹分が助かったから
          因果律の矯正でマミさんがマミられてないか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

517 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:38:01 ID:pnW4I74I0 [34/59]

           ,. -  ̄ ̄` ゛ ヽ、
         /          \
        /         }       ヽ
       /   |       ハト、 |    ’
       /   l   //  i|,.斗─  | :|
       {   /|__ ./    .リ リ\| :| :|
      丶  {´\|         } ハ/
        イ 三≧    ≦三  ムイノ
     _ /{ '''          '''  |///У ̄ ̄`ヽ
    /  `ヽi     _ ノ     |Y´   rニニイ}
    辷> 、 Y^ゝ、 ____ /⌒Y.{  / 、 x‐=ミ
  x‐=ミ ノ/乂   YミT彡(  ノ ヽ\{_У    }
  {__  \| | ̄ ̄ |_Y Y_| ̄ ̄ | }.|   ヽ∠ニニソ
.  ゝ─‐ヽ. | .|==== |ノXヽ|==== |イ |    \ __
.          |^^^^|{ {=.} }|^^^^^/ .|
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 、_ノ  ̄ ̄ 、__ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   上でも記したが、『やる夫のハーレムブレイド』の
   タイムサイクル中で、マミさんはごく普通の町娘として生きている

   激動の運命をもたらす因果とは完全に縁が切れているため、
   マミられるような悲惨な運命は完全に回避
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

518 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:39:43 ID:pnW4I74I0 [35/59]

                          , -――- 、
.                     /./⌒ヽ__/⌒ヽヽ
                        i彡!     ,   |ミ i
                        | /,___ ヽ ',-=、 ヾ |
                       ィ,レ'"、笠)、i (,笠,' .Yヽ
                       マ{. ,.ノ__(,j_、_\、 ノ} ノ
                        `| / __´ -ァヽ |ミヽ、
                      __/'ハ.,、`ー―― ' ,、i lハ、ミ
                    ,-'´ | 〉ヽ.ヽ、__几__ノ  ノ | |\
                 , -'´   / | ヽ>ー'―‐< / |  `ヽ、
              , -''´     l、 |、、/ i ' i |  Y /  |     `ヽ、
.        , -'´           |`ヽ|/  |  |;; , レ-r''´        `ヽ、
.      /              |  |   :;   j: /  |            `ヽ、
.     /'==、              |  ヽi   l  :  /  |            ___}
.    イ/>、 \_         |   ヽ :l ;l: / ; /        __ -‐ '´   ハ
.   人< /  >、  `ヽ、.       |    \  ,/  / |     _ -''´        _∧
. /   l>< |ヽ |;,  `>-、___|ヾ;,    |-'´ ,'  |  , - ''´ | i;  / _ -∧´  ∧|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ミスターはちゃんと刀代回収できたか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

519 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:40:02 ID:pnW4I74I0 [36/59]

                   , ≦二二、`i iヽ、
                    //´ ,=、  ヽ `"´_`ヽ
                   /   ) ‐""'ミッ、 l /  ヽ
                /彡 /   ,,ィぶY亥' j=彡ミ、i
                  | 彡'   `_` ̄''´ノ ヾ苅j ''{
                 /`ヽ/ - '´__,,. -‐(_   )、ヽ |
            _,|ノ { シ / ィー---  __ ヾ ノ
            /ノ{{ハ__,ィ   i {ヒ二二二_ミマ┬'┬┬┬┬yj
          jl j ,ゞ/  |  ,  、   =-- 、  ̄`77 ̄ ̄ ̄ ̄
          )j リ j |  |  /i、, `"´  _ ` ' |
         r'ノノマニヽ、_ヽ/,, `ー--‐'´ jjヽ、_ノ|
      ,,.ィ≦ ̄´  \、  j\       i i    リ
  _,,,ィ≦''        |ヽ ,|   >―==,,,____,, イ\__
 ̄´,,                | \!  i  ヽ     i| ヽ,ハ,\
               |   \ i,   ヽ i    }   ハヽ,\
               |    \i|   ヽj   ,i|    | ヽ, \
               レ'´ ̄ ̄`ヽ    ヽ  リ    |  \ \
                      \     ヽ ノ   ,ノ'´ ̄`ヽ  >、

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         完璧に回収できている

         それに加えて、
         ユルブレスト新総督御用商人という肩書も入手

         ミスター、商売人やのうwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

520 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:46:28 ID:pnW4I74I0 [37/59]

                 ,,,,;ィナゎ.、,、
                (      ヾ,
                `ん、    ´,
                ィ  ~3ッ彡シ`
                 `ー1 ,イ
                 ,,彡洲込ヽ、
                 ミシヾミ多 ト、
                 ,ノヽ   i  |刈
               ,_,,,´、  i    i ル"
             ィ薇蕙入 `i   ,ゞtl
             纔薔藝ッ"  /,,リ
             iリ少" ィ,,__/`刈糺〟
             i! ヾr´  i!  州ミ刻〟
             i!, /    i!   洲柵剤ミ、
               ,~    ,i!  烽ミ彦" ,ゞ
               /       ii!  ゙ミ鬘彳 ,1;i
                 /      ii!   ;;州´ .lリヾ〟
            /      i!   彩ミ|lリtii! ヾ、
           /       i!    ゛ルl;゙ヲllヾ ヽ
          /        i!     ゙i!、  i!  ヾ、
          ,人        i!       `i!   i!    ヽ
        / ハ          i!       i!   i!     `、
       / , ´   ` 、     ,i!         i   i!     ヽ,
      /            ,i!         i   i!、    ヽ
     /            ,iト、         j   i!     `、
    /              i! ヾ          i!      ハ    ,,、
   /             i!   ` 、        i!    ´  `〟_,;;", ヾ、
   /              i!               i!      丿     ,ゝ、
  く、             ,i!             i!            ノ  ゝ、
   `ゞ            ,,i!                 ji!                1
    `ー;、       ,;ッ    ,;ノ    ,_ _、 , ´ハ     ,           ノ
       `ー;、    ,,久_  ,,ッ;〟 ,,;;;'';;;~;;`ー;; ,;' `~` メ、;‐"゙〟‐〟ノ`ー一´
          ゛~;"   `´    ~      `゙

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      結婚したやる夫の子と王家の子はちゃんと愛し合えたか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

522 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:48:44 ID:pnW4I74I0 [38/59]

          //     |/    l  |     \   ヽ
        //l        | !___゙,  l       ヽ   ',
         l ! {       l|―--‐ヾ, l    ,.‐―ヽ  ',
         || ', l |    ハ! _,.ニ、  ヽヽ  '-――‐'、 ',  !
        l{  ', ', |  |Kf1フ`ミ、  ヽ'、   ,.-‐_,.z_'、 i. |
        ヾ  ト、゙、  ll { 、ヒ_j `  `ヽ  〃´{「`ヽ| i! !
          . メ ヾ  l',| ......::::::. /       、{`"´::| i!. |    l
          / ヽヽ l!ヽ::::::::       .::::::::::::`''丶j ,'l |    l
          //l   ',、',    、       :::::::::::::::,'/ j ,l!     !
          ,'.,' l    トl゙ヽ    丶        、_,ノ/ / /!  / |
         !{ !   { .ト,     ,;;;__           ̄ / /,' /  l
         |!.|  |.! ヽ    「_フ丶、,      ノ / j /  |
         i! l   { !  丶   ヽ、___ノ   ヽー' / / /  |
         l  ', i  ヽj   丶  ー-     、  ̄ _ノ/
           ヽヽ,  ',     ヽ        ァニ‐ァ''   ィ  l
            ヾ、メ ',     ト、__ ,. ‐;:ニ ゞ、 ̄   ノ j  /
      _,.. -――‐ァ' ヽヽ    /、 ヽ `f´  ,. -‐''" ̄ ̄  / /
   ,.‐''"    ヾ;:-‐' /   `` / ./  ハ l |  {        / /7



       / : : : : : : : : : : : /: : : : : : ムミ、ヽ、〉     、    l: : : : : : : : : : : :
        / : : : : : : : : : : : /: : : : : : : !    'ー-、   ヽ`丶、i、: : : : : : : : : : :
      ': : /: : : : : : : : :./: : : : : : : :.!       ヽ--、 `ー-ィ: `ー - ‐ァ: : : :
     i: : ,': : : : : : : : : ;': : : : : : : : :l        ヽ、ーィ¨ ̄ : : : : : :/: : : : :
      l: :,': : : : : : : : : ∧: : : : : : : : l 、_____  ヾ: l: : : : : : <´: : : : : : :
      l: i: : : : : :l: : : :/‐‐、 : : : : : : :', __    `ヽ レ: : : : : : : : :`丶、: : : :
     ',:N: : : : :l: : : ,' -‐ヽ.: : : : : : : ,  _二ニ-._、  /: /`ー- :. ___ :.>: :
      ';l V: : : :l : : i. オラ示\: : : :',ヾ、オイフgハ´ ソ /, イ : : : : ト、: : : : : : : : : :
       ヽ: : 、ヽ: :ヘ `ー'┴ ` 、: ヘ   `ー '   '  l: : : : : :l ヽ: : : : : : : : :
        ヽヘヽ、: : ヽ、///   `ヾ、  ///    /!: : : : : : ! ヽ: : : : : : :
         ヾ、_.l` ー:r`     〈          / !: : : : : : :l  ヽ: : : : : :
           / ': : : :l_ヽ、    _        ,イ .l: : : : : : : :l.    ' : : : : :
        /  ,': : : :.l ヽ-ヽ、_   `   ___∠-‐l: : : : : : : : !.     ', : : :
        {  ,': : : : :l      `ーr-r‐¨      i: : : : : : : : l、     ',: : :
         〉、 ': : : : : !       l:.:.l.         l: : : : : : : : :lヘ     ',: :
         / ,': : : : : :l         l:.:.l         l : : : : : : : : l ヽ、  /:


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        王室における婚姻には珍しく、王家の第一王子レイと、
        マクラクラン家長女のヨーコは、
        愛情を結婚前からはぐくめていた

        というのも、結婚というイベントを見越して・・・・・・

        幼少のころから、両家は積極的に
        家族ぐるみの交流を楽しんでいたからである
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

523 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:49:20 ID:pnW4I74I0 [39/59]

















                 __
           .   ァ  -‐‐- 、`丶、
           ´_,ノ´ -‐==ミ、 \ 、 ヽ、
       /   /   -‐rf≠ミミ、   } }  、
, -‐‐…ァ′  イ   ⌒ ≧込}、}ルレ' /∠厶
     {  //         -‐ ´  {=≠=ミミ、
      \{´     / __r'    〉ト弋}  }
  -‐‐-   、   //, -‐   ー / ハ`ーイ
      `ヽ}〉 { / 厶-‐─‐‐- 、 ⌒ヽ   }
          ∨/{ |iル'´ ̄ ̄ ̄`丶\ i   ,
         }′ {|K⌒ヽ、_   〉 〉} | 厶_
        .イ    |ト、_    `ヽくイ / /  _≧x
`ヽ     / ノ   ヽー‐-- 、__  ヽ/ / / /    `ヽ
  マニア─く/{,ィ,イ_ >ァ=≠ミ≧′ / //        ',
   }/ }.イ } / { {′ ( ̄/{ ‐-ト、 rfイ  { {
  /  /: | j { | /    ヽ{ \_j ヽi }  从         }
  .'  /: :/ /⌒Y´{    ‐┘  _ノ   从_/⌒ヽ     /`丶、
イ  /: :/ /⌒Y⌒1  _  -‐‐- _  ノ个: :{  {  }   / . -=ミ、
:ノ , ' : / /   l  └≦三三三三≧、  |: : :|  トi ト-  /       ヽ
/: : / /     }       `ヽ、     斗: : |  |:| |   /        }

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      勿論、その『交流』は、
      こくおうのおっちゃんが一番楽しんでたwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


524 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 16:53:29 ID:FBab28wE0 [4/14]
ってブラッドレイは先に死んでたか
フレイ王妃への遺言はただ一言「すまない」かな
ヤンは凄まじい勝ち組だwwwww
ヤンを廃人から立ち直らせ嫁のしつけすげえw
(でも夜は逆に躾けられたと言うか、これもある意味Sに逆躾けだったと言うか、ともかく大変だったもよう)

ロックと諦めろwwww
音速丸時空で男はベッド以外で女に勝てんwwwww

アンデルセンさんはまるで原作ヤンを見ているような
不本意な任務を死ぬまで全うし続ける


526 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:57:10 ID:pnW4I74I0 [40/59]

                                  ___、、、
        __   __               ,,-―''':::::::::::::::ヽヾヽ':::::/、
      /_-、r\'´、  _ノ            /::::::::::::::::::::::::::::::i l | l i:::::::ミ 誰 .を ス ス こ
   / ̄   ノ、  ヽT ̄           /:::::::::,,,-‐,/i/`''' ̄ ̄ ̄ `i:::|. だ 作 パ ト の
.   {`‐=ニ´  `¨l´ \           /:::::::::=ソ   / ヽ、 /   ,,|/  ぁ  っ イ .リ
  /ヽ..__ノ   |   `,ー―‐-.、    | 三 i <ニ`-, ノ /、-ニニ' 」> ! ! た ダ ン
.  {、 \  .l     |--/―,---‐''′   |三 彡 t ̄ 。` ソ ハ_゙'、 ̄。,フ |>.  の  l  グ
/  ` \ l―‐'"|/  /        ノ::i⌒ヽ;;|   ̄ ̄ / _ヽ、 ̄  ゙i >.  は ベ プ
        \-、‐''|  /         ノ::| ヽミ   `_,(_  i\_  `i>     イ .レ
     / | \\l/           |:::| ( ミ   / __ニ'__`i |.>.    ビ イ
    /  l   丶l              ,|:::ヽ  ミ   /-───―-`l  | `ヽ    l
  /    l   丶              l::::::::l\   ||||||||||||||||||||||/   |   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
  /     l   __.|_丶       ____.|:::::::|    、 `ー-―――┴  /
/、,-―-、l,.-''"__ | __丶ー、,-―'/XXXX`'l::,/|    ー- 、__ ̄_,,-"
XXXXXX.l.XX/|||| |||`、丶XXX.lXXXXX| |        _,   /、X\_
XXXXX> l.XX|||||| ||||||XX丶X.|XXXXX.| |               | |XXX|X`ー-..,,__
XXXXX> l.XX|||||| ||||||XXX.丶 XXXXX.l l‐-..,,__            | |XXX|XXXXXXXXX
XXXXX> l.XX|||||| ||||||XXXXX丶__XXXl l    `丶   ,.-‐''"´l lXXX.|XXXXXXXXX
XXXXX> l.XX.`''ー -''´XXXX /,--)XX.l l                / ,'XXX|XXXXXXXlXX
XXXX,.-―-.,,_XXXXXXXX>/. └/XXX>l l            / /XXX lXXXXXX>.|XX
XXXX` ―、――‐、―――‐l―‐/XXXXXl.∧            / /XXXXlXXXXXXX.|XX
XXXXXXXX`ヽ   \XXX.|   ヽXXXX ∨∧       / ./XXXX.lXXXXXXX.|XX
XX,.-――――‐\  ヽ-‐'    .|XXXXX.∨∧     ./ /XXXXXXXXXXXX lXX
、X.`ー‐、―――-、丶        .|XXXXXX∨ ∧    / /XX,.-''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. `''-..,,_X` ̄ ̄"''-、        ヽXXXXXX∨ ∧   ./ /X/XXXXXXXXXXXXXX
     `"''-、XXXXヽ        `ー-..,,__∨  ヽ_/ //XXXXXXXXXXXXXXX
        ヽXXXX.\              ̄ ̄ ̄ ̄`゙"''-..,,_,.-''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
         |XXXXXX\                      `ヽ           /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           セイバー両親や海原先生のその後
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

527 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:57:37 ID:pnW4I74I0 [41/59]

                                              ,|i
                                             { !l1
                                                 _/ ノ
                                              /_〕;く
                                  .._  r:、     / `^ j′
                     ,、                 }r.V'´⌒¨`ヽ/   /
                 {い、               く乙厂`! 从ム{.リ小   /       n
                 ヽ ヽ\ __        <_/  /小{ -‐ ‐{ ,/      r' h
                  \   }=ミヽー- .__   /  /ンリj_  ー'/ /      l '/
                     `¨く<_ノ     ̄ ‐-‐‐く//`ヽ_r ァ' /     /`Y
     rt,.- ._             _,.二ニーァ- ...__    /イハ、_,ノ丱レ′     /   ,!
  「H⌒ー- _了_―---- .__ ,. ―- ニ二__ノ 丿__,`>、イ  }.辷ニイリ}      /   /
  |.|j   __(     ̄ ̄` ー-./    -―…..二_ー<.⌒´| r/<.イ〃ゝ宀ー-z′  /
  l.リ  /! ∟,二.__―- ._  /            _,. -'⌒ヽ!j    ∠^     ミ. /
  lj{_,ノ「H {    ̄ ―-゙{           <    _ノ    /{  小ノノヘ{´
     | !| ヽ__        T-r 、_,、 __   ,r‐`ー‐'´  ___,.-ぐ¨〉r、{ tテ {{
.       l L!  {    ̄¨ ー- .二_ い.ヽ\_二ニ=―¬"¨´  `ヽ.〉 ゞヘ._  _,./
       !j ゙ー′          \_  }}        __,,. ..ノ   〃广´
                       ̄`~¨T冖"¨´ ̄           //
                          \     ,.-;―…"¨ ̄´
                             !`ヽ、,/∨
                            !   |
                              l    l
                                l     !
                                 !   l
                                 〉  ハ
                             {   ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     セイバー両親については、ごく普通の人生を全う

     愛娘が初恋をブレイクさせたのを心配しつつも、
     その後のフォローに回って、色々と心配したりもしたけど、
     普通に恋愛して結婚してくれて・・・・・・

     最近は、自分たちもようやく落ち着ける、という感が強いらしい
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

528 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 16:58:15 ID:pnW4I74I0 [42/59]

      斗=≪三ミx
    ィfニr=7/⌒ ̄ ヾ、
   に彡{ '"≧、 -=Ⅵ
   j:.ィ刈 , --〔____`圦
   l/^Ⅵ / 「 ̄`ー┐ l
   l'、 彡 l     .l .l
   ',≧  、 __ノ ノ
-――⌒ミx `ー---イ≧=-_
:::::::::::::::l:::l::::::\    /〉、::::::::::::::`ー┐
::::::::::::::::、:::、::::::::\、 //:::::'.::::::::::::::::::::::l、
::::::::::::::::::::、>--、::`</::::::::Λ:::::::::::::::::::{::\
:::::::::::::::厂 、 、 、ヽ:/:::::::::/::::}::::l:::::::::::::;!:::::::::、
::::::::::_ノ  ,、 } } .}_/:::::::::/:::::::l::::l::::::::::::::]::::::::::\
, '"   ⌒≧==rノ==只=::キ::l:::::::::::::{:::::::::::::::`ー--ミ
     >ー-ⅥV:::::::/:::{::::}:::::‘、:::、::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::\
   ./:::::::l::::Ⅵ.::/:::::{::::}::::::::::\\::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::',
 /!::::l:::::::l::::::Ⅵ.:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::_ノ
イ _ノ::::l:::::::l::::::/Ⅵ.::::::::::__:::::::::::::}::::}:::::::::::::::::::、::::r='"
/:::::::/:::::/::::/:::Ⅵ.l ̄   ,  ̄ ̄ ̄㍉、::::::::::::::::::::≧=-----、
:::::::イ::::::/:::::≠::::Ⅵ ̄ ̄ ̄≧=------≧=---::'":::::::::::::::::::::::::`

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         海原先生は、ない夫が医学に打ち込み、
         大成していく様子を見ながら、
         『ふん、まだまだ若造には負けんわ!!』とか
         ほざいていた様子wwwww

         美味しんぼのテーマが医学になって、
         山岡がない夫になったと思えば、
         それで間違ってないwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


529 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 17:00:14 ID:FBab28wE0 [6/14]
レイとヨーコは完璧王子様とおてんば娘の微笑ましい恋愛模様だのう
レイ「僕がお嫁さんにしたいのはヨーコだよ?」
ヨーコ「な、なに恥ずかしい事言ってんのよ!このぽやぽや王子!(テレテレ」みたいな感じ
そしてこくおうのおっちゃんwwww
娘を嫁に出すのはいやいやでも、息子が嫁とってくれるのは新しい娘が増えるので嬉しいのねwwwww
というかカナが大きくなって、次の可愛がり対象はシャーウッドとヨーコに移ったと見た


530 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:01:59 ID:pnW4I74I0 [43/59]

                                     _ .......... _
                                   /:::::::::::::::::::::`ヽ
       〈ミ>、                       ィ、:::彡イ::::::ミ:::::::::::‘,
          マ/ム                   // { |,ノ{ミ:::,=ミ:::::::::/
.           マ/ム                   /  |  〉Kア| ミム 八 :::ハ
            マ/ム                  ′ l く |  |  |-ヘ:::::::i| }
          マ/ム__               |   | ゝ=、   八 Ⅵ从j
              マ/ /ーヽ            |  }  イ r====┐
            〈_///二ヽ               `¨´「う |:::/ ̄ ̄ミメ、
             r‐く__彡‐┤                 ,r‐┼=彡/`ヾ___ヘ\
               ヽ//二二ヽ          / i:::: |:::::::::::::::::/:::::::::::::::::\j
                人斥=气レ′         /::|::::|:::: |:::::::::|::::/::::::::::::::::::::::::::}
              ∧丿∨∧、       ┌く :::::::|::::|:::: }: r-ヘ:/:::::::`ー==ニ二{__
               //::::::::∨∧\_,へ/::\\:ハ::}:::/::/::::::: \:::::::::`ー==ニ二{__
             \:::::::::::::∨∧:::::}}:::::::::::::::::`\:リ:/::/:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::{
                  ヽ:::::::::::∨∧::リ:::::/::::::::::::::::::_|::| ::::::::::::::::::::::: ∧::::::::::::::::::::::: ∧
                \::::::∨∧彡′:::::> " |::}:::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::: ∧
                      \:::∨∧> "    ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::/ :::: ∧
                      `¨∨∧       ,::/::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∧__///::::::::∧
                           ∨∧    〈〈::::::::::::::::::::::::: /:::::/}‐─==彡:::::::::::::〉
                        ∨∧     〉〉/::::::::::: /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
                           ∨∧  //::::::::::: /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
                        ∨∧〈 〈_:::::::::::∠___/ー 、::::::::::::::::::::::  ´
                           ∨∧八 ` <___爪ミメヽ ヽ::::::::::::/
                         〈/////>    :|  Ⅵ、\\/
                            _∨/// //.::しへ \\/、
                             |:::::/:/ //   :ハ、  У:::::::‘,
                             l: /:/ / 〃 //__\/::::::::::::: ;
                              j/,:::ーへ_彡...ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::;
                            //,::::::|::::∨//∧:::::::::::::::::::::::::::::::: |
                        ///,::::::|::::: ∨//∧:::::::::::::::::::::::::::::::|


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ハジメパパンの出生などの設定
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

531 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:02:27 ID:pnW4I74I0 [44/59]

                                      ______
                                   __,,,,,、ノ´:::::::::::::::`ヽ
                           __,,,,,,,,ノ´ヽヾ\\ト、ヾ:::::::ヾ\
                          /:::::::::::::i\ヽヾト;;\ヽヾ;;;;)イノ::\ヽ
                        ∠〃"´:::::i\ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ!│:::::;;;ヽ
                       ノ:::::::::::::::::::::ヾ;;;;;;;;;ヽヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;jノノ:::::::;;;ヘ
                     ,ィ彡:::::::::::::::://jkヘミミソゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;彡:::::::::::;;;ヘ
                    ィ彡"::::::::::::::;'::i::::l:ハソ//´ヾミ;;;;;;;;;;;;;;;;彡∨:::::::::::;;;ヘ
                    イγ⌒ヽ:::::::::〃∧::|l //ト、/ 彡リ7;;彡   ∨::::::::::::;;;ヘ
                 ィ彡::|::..  |:::_ノ/::::∨!/  >ゞ ,/__,バ´ヽ   V::::::___;;;イ、
                   _ノ::::::::::l;   l::: ̄`ヽ::::/⌒ヽ/   /`´/ ! │    ̄/  .;l|!
               γ⌒ヽ/:::::ハ;   :i::::`ヽ、:∨:.:  ,<ミゝー′/ /  /       ノ   ;l|!
                 {:    ∨::::::::::{`ー :l:::::::::::: /.:   /、__/;;!/         ノ ノム、 ;l|}
               ヽ、:  ∨/八:.  ∨::::::/:.:   ノ;;;;;;;;;;;;;小、       γ三ミヾ/ ノノ′
.                少;,、 ヽ、;;;ノ!:.  ノ`´∧_  ∧ヘ ̄ ̄ ̄        ,、ゞク>))))`"´
         rー--=ム≧ゝ‐  ヽ `ー   {  :∧;\\     _,、ィ升彡/=''′
.           !:.:.:....                 j;;;;;;;;;;ヽ、\ .,、イ彡>>"´
          `ー一';一'<   ____..,,-ー-"ヽ;;;;><彡>"´>´
 ____________ゞ|i!|lヘ ̄  ヽ     /__,、x<彡彡>'´>く´
 \            `<三三三三三三三三三彡'"´ ,>へ.:.:::\
   ヽ               `'<三三三三三彡"´ ,>"´ ⌒ヽ\.:.:::\
     ` .            ____`≧ミ三i彡"´ >升|!|!≧r、   :}  \.:.:::\
         ` ー‐=ニ二_______二j>,,"´ヾⅦil|il|il|j! `ー′   \.:.:::\
                 ∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶ|il|il|ij!         \.:.:::\
                      ∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶil|il/           \.:.:::\
                    ∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶ7               \.:.:::\
                   ,ィj|∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::Ⅶ                    \.:.:::\
                    ,ィj|li|li|li∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::;j|!                    \..:.:::>
                `ヾ|li|li|l∨;:;:;:;:;::::::::::::::::::::;;ij′                   `¨´
                       `ヾl!ト、;;;;;;:;:;:;:;::::::::;;ノノ′
                     `ヾヾ≧;;;;,;,彡'"

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        細かな設定は、一切なし

        剣の腕一本頼りに諸国を渡り歩いていた傭兵、
        ハジメパパンに関してはそれが全て

        まあ、シーマさんに惚れてメイプリーズに居残ったのが、
        運命と言えば運命である
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


532 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 17:03:37 ID:FBab28wE0 [7/14]
シロウ達も海原先生もお元気で良かった事w
しかしシロウは初恋ブレイクで大原部長みたいに戦車で乗り込んでくる父親じゃなくて良かったw


534 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:06:49 ID:pnW4I74I0 [45/59]

                       __
                     /      ‐-   .
                    /                〉
                      /   {{ r<        {
            -─  ===={    ノ /^`''ァ--<`Y
            /  ,≧=‐- ミ  ノ i⌒Y{ /   /    ∨=‐, 、
        /  彡-‐=     / ハヾレ' / 无屶  r效 /   \
.          ′//´ /   //^7^i人_l {    |    V }{    \
.              /⌒ 〈   \   八 |    |   -r'   丶 / ̄ ̄ ̄\
         { / , /       \  ` ー- ミ|、 -‐ ニ7‐‐==━ヘ{ { <二二ヽ }
          ∨ /   ′   厂  二≧=‐- 、  }        ヽ≧∨//\`  、
         Y    /  /   / }/     -‐/⌒>─--‐ 、     ∨///,\ \
            {   /   ′   /   /    -‐=/       \     V////, \ \
          !   {       ,′   //     {     「 \    \   }//////∧   \
                  {       ′ /⌒{     {⌒\\    \ 八//////∧    \
                            {        i ´   \\    \////////〉‐-   ⅰ
            ∨ /     i      /⌒        | ‐--‐  \\    \////      /
           ∨     |    ′  i   ,!   ; |    /´  〉ー--‐= 彡'´       ′
              ゚。   八   /   __|   | i|   | |       /////_/
.              ゚。     \/  //´,/|   | ||   | |  ノ∠ -‐ ´
                 \    /  //ミ{{|   | ||   | |  /             /
                 ヽ  /  //   `|   | ||   | レ                /
                 }/  //     |   | !|   八            ,  ´
                   ノ〈_ ノ-‐=     八__,/__ ,,     -‐ ''
                〈   ‐-=   {__/ -=彡 {

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ハジメパパンの剣術ならぬ刀術と、
         騎士団連中が日本刀使いの集団であったことに
         関連性とかはあるか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

535 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:07:12 ID:pnW4I74I0 [46/59]

                       ∨∧       、   |ヽ  /   /
                     ∨∧     ∧\  | ',/     ' ´ ̄
                     ∨∧-x  .、 ∨ ヽ|       ,.
                     , V:r''ノ,ィヽi ',ヽ|     _ /
                      r'  _jVヘ_,彡{ヽi   i  /、\_ ,.ィ>z=-'
                 , '  ,: ,、_ヽ.ノ::::::::ヘヽ  | / ハ  ヘ /
                 , '  , ' 7:::::::>f∧ ヘ.}Yi ,' / ∨ ハ  ー'ィ
                    , '   ,:'  i:::/ .∨/∧ i| ヾ//'≠i V.ハ,y' _,.
               , '    /  ヾ′  .∨/∧',ヽ     i !∨',キ /,
            , '    /           ∨/∧i`fッ `=≦__ij ̄V} ,、'´
           /     /            ∨/ハ     ゞ '´  iヾリ   ,-
            7 /  /ニニix...__         ∨/∧`_       r'  <
             j   ,.:':}ニニニニzzz≦ニニ7``ー:、 `  . ィ:,' ト、- 、
          ヘ_ :'´:::::iVニニニニニニニニニ   イ:::≧ヘ::::: :,' // ヽ_
           ', >- |∨ニニニニニニニ'  j:::::::::::/∧  //  /
            ', ::::::::||二二二二二ニニ  ,'::::::::://、 _//  /
            ', ::::::||ニニニニニニニ  ,::::::::://   //  /



                、vー´`ゝ、∧_/!
                  _ヽ.         ノ         _ _____,_
              / ̄ヽ>          ノ`ー-‐´ ̄`ー´:::::::`i:::::::::::::::l;{ (`=============--
         /:::::::::::::`,>              !::::::::l:::l::::::::::::::::::::::::::::i::::::__:/ー´
          /:::::::::::::::::::<  _   ,,∧!ヽ、   /::::::::::::、:::::::,:::-ー´ ̄
       / ::::::::::::::::::: //vv /ヾ -ェ‐!::::::::/_:,-‐´ ̄::::::::::::::::::\
    ____!:::::::::::::_::::::: :::::|/v;、  |.  /v,ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::____\__
    ノ三三三三/二二二二二二ニニ二二二二二二二二二二二二/
      `!:::::::::::::ヽ!´::::;;::::::::::::::::::::`‐´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i
      ノ:::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::\::ノ::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.     /:::::::::::::::::::::::/:::::    ::::::::: :::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::L__
     i:::::::::::::::::::::::i;::::::::::::    ::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`i
     i >ヘ__,-‐,_,,i、::::         ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i´
     ,-| l::::...::::::!-‐'::::::::     .....::: ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   ,-i :i.レ'::::::::::::ノ:::::::::::::::::  ....:::::::::::|i::i:i:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
  ,〈_|:!_:!:__:::-―´::::::::::::::::::∧:::.:.:.:.:.:.:.|::::::::::::::i\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
 〈_i   \::::::::::::::::::::::::::/ .|:::.:.:.:.:.:.ii::::::::::::::::::i人::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        ヽ:::::::::::::::::::/  i:::.:.:.:.:.:.:i::::::::::::::::::i \::::::::::::::::::::::::::::,-ー ´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         強いて言えば、AAの都合wwwwww

         いや、ホントにね、
         AA的に見ると刀使いばっかなんだもんwwwww

         西洋型の剣とかつかってるキャラ、
         本当に少ないんだもんwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

537 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:14:58 ID:pnW4I74I0 [47/59]

                 ∠:::_/::::::::\
                ´ ̄ ̄`  <:::::::.
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\}
            .::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::lヽ
.          /::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l:::::::::|:::ハ
         :::::::::::|:::::|::::::::::::::|:::i::::::l:::::::::|/:::|
        l:::::::::/| :∧_:::::::::_|:::|::::::|::::::::|:::::八
        |::::::::|丁厂V:::::::::「丁マ!:::::::|//  \
        |i:::::::x代芯 \:::::|芯刀|:::::::|/ `V⌒
.        八:::::lハ,.,.,  , ヽ! ,.,.,., |:::::::|i  ,ノ\
          ::::|::人       /|::::::八/::::::::::\
           ∧:|::::::::>..´ `  イノ'|:::/ \::::::::::::::::::::\
.         /::/\ ̄フ//`T´/  j/ `T  ー- 、::::::::\
        /::/    ///{ rく   //// |     |::::::::::::\
.       /::::| .  ////x介x. //////   .   |::::::::::::::::::::
        .:::::::::| | ^>〃/ |/〉//<´   /   |\:::::::::::::::
    /:::::::::::j l // 《ノト、|∨/////ヽ  ,′  | \:::::::::
   /:::::::::::::::/ j `'< //|'/|\///// ∨    j     \::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     やる夫たちがカレン連れて
     ナトカ村に帰った時の女の子の態度は
     結局コトノハ襲来が原因?

     今更やる夫にアプローチしようと思った女の子はいなかった?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

538 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:16:01 ID:pnW4I74I0 [48/59]

                 -───-
            x ´        ハ   ` 、
            〃           i  ヽ  \
             /'        ,イ  !  ハ   ゚。
.            / ,        / } ! .|^ーヽ.     ゚。 
         , ./     -‐≠  从j リ_  i i   ゚。
.          , /  /  イ  // /  `ヽ! !     ', 
        ノ ,    ,xzzミ   ;イ / zz。.. | !    ト、
         /  i   〃ん∨}   レ  'f^)斥ミ、从.  | }!
.        /  i!   '^ K )リ      iん/ハリv' }  j ′
       /    i! 八i  ー        乂_ソ' /  j イ!
.      /    .i!   j       '      /   ハ' .!',
     /     i!   ム    { ̄ ア    .イ    i .!ハ
.    /       i!   i .〕ト    ー ′  イ |     !.i i
   /  /     i!   ∨ノ i ゚  ‐‐ ´i  .| .|    i!  ,
.  /  /      i    ハ   |       |  .! .!    i  ,
 /  /      !   ∧.人    .人 j  !从.   ',  ,              ,ィ!
./  /      _i    }=‐-ミ  z-‐=`  |!ー マ   ハ   ,              ノ }
′ ./   γ´    !    ム             |!  }   ム   ,           , ´ ,ノ_    -‐ 、
  /    i     人 从  .!        八、 .} 从 }  :、       /   ´     -‐ ≠ナ
. /     .|     f  ヾ ヽ i.           \j! / i }    \      /  -─      -‐´
/      |    }!_  -==} リ=-  _  -──-ノ/   i!^!      \  /      -‐
.       |   /´{  {  .}!' }!   }{    }   }ソ ヽ .i .i        ヽ/   γ´
.       |   ,  乂 乂__人___人__人__乂_ハ   !       /   /
.       |   !      八__人__人_八     ',  i       /   /
.       |   !         / ! | `ヽ.       i  ',.     /    ∧
.       |  .八          ′ i ノ|   \     j   ∨   /   / .ハ
.       |     、           .八.         ノ   ^ ´     ./   !
.       |     〕ト         / ノ      イ   /        ,    !

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   やる夫たちがナトカに帰る前に言葉が襲来し、
   速攻で形式整えてしまったため、
   女の子たちはあきらめざるを得なかった

   で、そこにはマコト本人の意思は
   言葉経由の伝聞でしか聞けていないために、
   本人に『これこれこういう訳だがどうなっている?』と聞きたかった、
   というところなんじゃないかな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

539 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:16:20 ID:pnW4I74I0 [49/59]

              ヾ::ヽ/:::::::::> ´ ̄` <::ヽイ; ′
                ヾゝ-‐´:::::::: ̄ ̄::::`‐-:'..._
                ,.ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                ,ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             ,.'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           ,,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::i!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::iヽ
         /.ハ:/::::::::::::::::::::::::::;'!::::::ハ:::::::::::::i!';::::::i;::::::::::::::::::::::::::i、::i..ヘ
.        / ,'::;'ハ::::::::::::::::::::::::;' !:::;'  ';::::::::::| マ:::!∨::::::::i!:::::::::::!';:',  ∨
       / .,'::,' !::::::::::::::::::_  -‐  ´∨:::::::i` ‐-', ';_::!、:i!:::::::::::i..';:',  ,.ヘ
.       /\i:;' !:::::::::i:::::::ヽ___|:i!_ 、 .V::::::| , _ヾ_ヾ ̄!:::::::::::| !:i.イシ'∨
.      バヾ.i:|ヽ,!::::::::i!:::::::::マ ! }::::ト、   V::::i /.i_}:::::}`ア i!::::::::::::iイ:!:|´ ,.ィ
     `ゝ.i:iヾ:;!::::::::!|:::::::::i!  !::::::i!    V::i  !::::::i! ′i!::::::::i::::i´ !:!<
.        i:|ヽ i::::::::!|:::::::::i!  `¨´       ヾ、. `¨´   .i!::::::::|::::|´.!:!
.        i:!  i::::::::リ:::::::::i!.        ,         u. i!:::::::::!::::!. |:i
         i:!  ';::::/'|:::::::::|                  i!:::::::i!',::::!. i:!
        i!   ∨':::!:::::::::!ヽ              ,.'i!:::::::iハ:;:::!. i!
.          |   /'ヾ、:!::::::::|:::::\.   , --- 、    /:::i!:::::::i!::ハ:| |
         /  i!::::i::::::::i::::::::::::ゝ、      .ィ:::::::::::i!:::::::i!:::::ヘ
           /  i!:::::i::::::::i:::::::::::::r| >-.< .|、::::::::::::i!:::::::i!::::::::|'.,
.         ,..'   i!:::::::i::::::::!:::::::;:ィ ゝ、_   _. : ´ V::::::::i!:::::::i!:::::::::| ヽ
      /    i!:::::::::i:::::::i:ィ::|    ハ.ハ     }\;;i!::::::i!::::::::::::i. \
              i!,>.´i:::::::i:::_;;-‐==f~i!==‐-/_::::::i!::::::i!、:::::::::::i
       > ´_,,..ィ彡i!::::::|:{: : : : : ´:!_|:`: : : : : :} i!:::::i>、`_ <
       ハ,ィ≦>゙´  .i!:::::i.::::',: : : : : :| .|ヽ: : : : /:::::i!::::i!  `゙<≧ュ、、
     i!.{::{.ヽ.     ';::::::!::::ヽ_: ; ィ! !i!: ヽ:_:/;::::::i!:::i!       , .}::}!
     i! マハ. ヽ.      ';:::::i:::/: : : ;' !o|.ハ: : : : ハ::::i!:::i!.      , ' ,タメ|
     i! マハ  ヘ.     ';::;',ヽ : : ;' ! ! ', : : : .冫::::i!_     ./ ,タメ i!

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   で、やる夫へのアプローチは・・・・・・

   流石にそれは図々しすぎるというか、なんというか

   ナトカ村について言えば、ニート時代知ってる連中ばっかだし

   ナトカ村でさえなければ、
   マコトがだめならやる夫、ってパターンもあったと思う
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


541 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 17:24:03 ID:FBab28wE0 [11/14]
>>508
質問に含んでいたが、マコトと言葉が好き合う縁はその「限りなく変更不能に近い」事象だったかな


542 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:24:59 ID:pnW4I74I0 [50/59]

         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          やる夫を政治的に補佐した人員は結局誰?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

543 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:26:16 ID:pnW4I74I0 [51/59]


                       _ノ⌒ゝ_
                 ,  ・ ' ¨´  _皿_  `¨ ' ・ 、
               / ,  ・ ' ¨´ : : : : : : : `¨ ' ・ 、 \
             __〃 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \. ヾ;、_
            { {O / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V O} }
            ヾ;、 {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } 〃
             } } !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i :{ {
             ( ( ゞ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  ) )
             Vハ. ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /  //
              VハΟ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /Ο//
              Vハ  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i YY
               | :!  } : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {  l |
               l :l /!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.Ⅳ:Vハ
           _    /:/ ./ | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :! V :Vハ、  _
        fー、)_,z彳´/ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.| \ `ヾミx(, =ミi
          .├=≦三彡ヘヘΟ|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : !Ο//`ミ三≧-┤
       Y⌒Yヘ´    YY :!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i: YY    / Y⌒Y
       .ゝ=イ }    .| | }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : { | |    {: ゝ= '
          | i   __// :/ : : __,,,,,........,,,,,__: : : Vハヘ_   i  |
         / |  ,{>二¨三i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:三¨二<}、 | ム
        ./  .レ'´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ!  ム
        ,'   :|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  ム
       i'__:|─====≡二二三三 三三三二二≡====ー|____ム
      <=--=〉彡三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ:〈=--=>
       }:Y⌒Y{彡三三三三三三三三三三三三三三三三三三ミ:}Y⌒Y:{
       ム ゝ= 'ム ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ムゝ=:' ム
       | ̄ ̄ ̄:|三三二二≡====ー ─====≡二二三三| ̄ ̄ ̄:|
       | (三) :|__                        __| (三) :|
       |___:| ̄ ̄冖¬≡====ー ─====≡¬冖 ̄ ̄|___:|
        〉=-〈                                 〉-=〈
        >=-<                                  >.-=<
        マ三ラ                               マ三ラ
        |  :|                              |  :|
        |_:|                              |_:|
        (__)                                 (__)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      これに関しては、個人の誰それというよりも
      『ユルブレスト』という都市を運営するシステム
      といったほうが正しいと思う

      というのも、ラウの内乱のあとで、
      ユルブレスト総督は徹底的に権力をそぎ落とされ、
      キラの時代ではもうほぼお飾りになっていたからである
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

544 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:27:18 ID:pnW4I74I0 [52/59]

           *  ______
    / ̄|  +   /        ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒  \                  r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   | 人  . ┌─────┤  ||  ||  ||_..._|‐─────┐
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::    | Y´  ..| ー────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ───── |
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /      . |          ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ            . |
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /      十| ───────. `ー' ー‐───────‐ |
 | ___)  ::|   .>          \   / |  ちびどもの生活   :  復興計画書.    |
 ヽ__)_/   /                 \/  ..| ────────‐ :. ────────‐ |
            /                     |                :                   |
             |                         ,| ────────‐ :. ────────‐ |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       無論、やる夫がそれに就任したというのは、
       キラが居座っていた時と状況は違うし、
       ある程度の権限を戻されはしたが・・・・・・

       それでも、政治に関しては素人であるやる夫には
       余り過大な責任を負わせず、
       やる夫のやりたいことをやるだけの権限と、
       ある程度以上の収入を保障するレベルに戻っただけ

       これには、やる夫に期待されている役割が
       ユルブレスト総督というよりも
       『名誉騎士』であったという事情もある
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

545 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:28:13 ID:pnW4I74I0 [53/59]

             ー=ニ≧-ヽー-、ー 、. ,ィ ,
            ー≦二ニ=-`ヾ、\丶ヾ{レ{
             `>´  _ィ三三三三三{_
              -=イ/ _彡/三!..⊂ニニニニニニ'.
              /./rミ_ノ三/..(二二二二二.ヽ
            _/ イ.:ハ {、ヽ三、::::⊂ニニニニニニ、ソ
         ´ ̄〃/!::∧\゙!三>―─━弋ォ,′
           {/ j!:/イ\ ゙iミ″、_  - ┬’
    ___  ノ' /イ:i :! 〃゙T   \y三ア,′
 ,.<      ̄/⌒iリ::ハ,::| ヽ> .i  `T{_ /
 |       ⊂.>‐ヾ〈 ノィ|  ゛   `=≠〒、_
 |          / 、  \イく_  __ .<´:i:i:i:iハ_
 |       ゝ―ヽ--  ヽ,ム∠:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i// / ー ._
 |        {___ ー、  ∨.....ヽ:i:i:i:i:i// / / // ̄:i:iー、_
 |       {__ 、  ヽ  ∨__∧:i/ ./ / /  / /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘,
 |        {___ \   ヽ ∨j:i:/  ./ / /  //:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゚,
 |  ..====== ..\_ ヽ     ノ\  ./ / /  /':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i‘
. くニ三三三三三.>'ヽ___  /:i:i:i:i:\′,′,′ ,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,
  /`¨¨¨¨/¨/¨/´/ / /{Y´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}-、 i   {:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
 ,′:i:i:i:i:i:{ i i  ! .i  i ヾ:iO:i:i:i:i:i/:i:i:i:iヽ   ∨/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}



                   ,,,,,-_ニ"二_"''‐-:、
                 ,--、-!.i''‐:、ヽ`、ヽ 、  .ヽ
                ヽヽ:、;;ヽ_,,,-ヽヽヽヽi__  |
                 ',',  i'"   ヽ',  .|-ヽ.|
                 i.i、 ヽ、、-tテ|.|| .,'b',!.|
                 'l ヽ, l,|  ̄.|,' | ,' 'i"`.i
                    `:、ー_,,,__  l' ./__ノ,ヽ、
                     /i`:、_,/',、':,\',':,ヽ、
               _,,.. --―'''" ,' ヽ,、 |  ';: ヽ\', ヽ`‐:、_
               ,r‐'‐-:、     ,'  ','、'i     ri `,、.\  `'i-、_
            /    ヽ    '‐:、__ ', '| .i´iヽ,_l゙ `‐'、',,_,..ゝ  ',  ヽ
              /      ヽ    / ', "i ' ,,', 、`i_i、 \  .',  ',
          /       i   く   ', !''i-', 'i-' .>、).  `i  .',  i
            /        l    ',   ',、.'--',"'--'.,'".,!  |  .',  |
         /         ,'    ',   ', `-:、\ ,' ,:' |  |   .|  |
        ,:'           ノ , '    ',    i   `‐`、l/ .|   |   .|  |
       ,:'         /'"     .',   |     |o  .|  .|   ,'   |
      /         ,:'          ',  |     |   |  |   i   |
      r',,   ,,    /!           ',  |     |o  .| .|   |   |
     ,:'-‐   ‐-`-、,:'  ',         ', |     |   | |   .|    |
   /_,,.==:、_   ` ,'    i             ', |     |o   | ,'    |   |
  _,>', , , ,`'''-、  i     |          '|     |,,,,,,,,,,l,'...... -!----:!--―
 _/./-,/-、ir‐、ii ヽ_ノ__,,,,,,!.. ----―'''''''''''''''''''' ̄ ̄
-'-"―'―''''''''''''' ̄ ̄



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      という訳で、この質問に関する答えは
      『ユルブレストという都市を運営する官僚たち』というのが
      一番正確だと思う

      まあ、この連中も、怪しげな上司であったキラの時代よりも、
      仕事へのやりがいは感じてたと思うwwwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


546 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/04(水) 17:28:49 ID:rjOXGn0w0 [1/5]
たまに必要な書類にサインするだけの簡単なお仕事だったw
そして美人秘書は今回なかったようだw


548 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:33:59 ID:pnW4I74I0 [54/59]

                      ,..::.--.:.:.…..‐-.、   ,
                    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧≠-‐‐,
                       , ':.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.i
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
                _,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;.':.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:リ
                 ォi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.:.i:.:i
                   イ:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:.:./:.:.: /:.:l.i.:.:.:.:./V
                 V:.:.:.:.:.:.:i:/ i :.:.:.:/ i:.:./:./:.:!.:.:.イ
                       V:.:.:.:.:.:.:ヽi:.:.: / i:./l/l/i.く´
                    人/ヘ ̄´ i:./  .i;'    _〉
                   /::::::::::ヽ \  '  \     /
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´ ` ー'
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  結局マコトは自分が魔王に力を借りた勇者であり、
  それを知って保身と横恋慕で兄殺そうとしたのを誰と誰に話したか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

549 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:36:09 ID:pnW4I74I0 [55/59]

    /    /´       `ヾ、 _, \
   /     /            ∨   ヽ
 ノ ,     / ,.,.,  __ _ _         |
´:::: /  ,     // _ _     `ヽ、、     |
:::::: |::: |;:    /    ヽ`ニ==,  Yノ -‐'´ |
 :::|::::: |;:   /     ‐-',、ニ=、`ミ i/_-== }
 \::: |::::  /     \ヾ夕ンノ  `´rュ` /、
   \::|::::  { ヽ         /   |::`ソ | ヽ、.
    \::::: ヽ `、       ,,    |   |:: \\
      \::: ヽ ヾ     / ` ̄''::::ノ、  /::::  \\
        `丶:::|      ,_ _ _  ` //::::::   \ \
:::      r‐´ `} , , ,-‐=´-‐― ―ヽ  /::::::::::    ム、 \
ヽ::::::   〃::::::::::: }'i '   -‐´ :::::::丶 ,、}::::::::::::r-‐´ ハ  \
  `ヽ:::::{::::::::::::::::/└、  /|  /\ i\l ゙イ::::::::〃:::::::::::::  ヽ   \
   r-‐ヘ::::::::::::ノ 、 `' '´ └┘  ヽ_lヽ /ヽ:::{: : : : : : : : ノ    冫
 /    l::::::ノ r´`i ヽ、     _    l  ム、: : : : : : ノ r' ' ´ `ヽ


                 _,.... -─ ''' ´ ̄ ̄ ̄`` ''' - 、
             ,. -;.'´ -─────────`ゝ`ヽ
         _,. -=" ' ´                     /
        /               _,.. -───‐i′
       ヽ、..____    _,.. -‐ '' "´ ̄        _|.
           `ヽ`ヽ、 ̄       _.-、    -.‐ '' "´ '、
           ヾ<} |  _,... -‐;::'ブ='‐' ´ ̄フ `ヽ    ` ー - 、
            `i_',.ニ-‐'';;;;;/  ,_-:ニ.,´   /         }
              /.::::::::;;:,∠_,,-─ァ' "´   ,.ヘ          l
            /::::::;/'<'ヘ!,! /ィ    /ヾ,リ         /
             /_;/ヾ,、, _ヾ./;イ  ,.イ ノ ノ′          , '
               /   ̄ / / !/ ァ'´        /
               、´_   ' ´   ' /イ     ,. ', /
               __ ヽ..;:-    /´  ,. -ィ' /::|
             r‐'i |i,r‐ヾ   /,...-='"'´::/'::´::::::::|
           _/⌒i  !_/ /´ヽ ....ィiイr'7l,.:::::::::::::::::::::::::::::l、
         i, ヽ'' |._.レ'  !__r‐'|| |:ゝ〉:::::::::::;::::-‐''"´:::ヽ
           |ヽ、 ! ,レ′ ,!::::::::::::::::;!l/:/';:-‐''"::::::::::::::::::::::::::ヽ
         |  ヽ!.ノ   ノ:::;:ィ::::::/ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.r 'フl    ,. -イ-'" !::/   l:::::::::/`` ヽ、;:::::::::::::::::::::::::::\
        /::::/,,,...ニ-´'''´/.  //   |::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     /::::::::::::::::::::::::::::/ ,/  ,.---'-,     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::/::'/  / ̄ ̄/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        まずは、自分の知る限りのことを国王、女王に
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

550 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:37:21 ID:pnW4I74I0 [56/59]

             ,.-‐─ ─- 、
              ,r'"´  ,r'´ ̄`ヾヽ`ヽ、
          /   ,ィ二三二ヽヽV! \
           /  ,ィ⌒二ニ、_ヾ/  jリ,.-‐\
            / ,// ,イ    V   ,、--、r、, ゙i
        / ,// l ノ   ,fィイ ̄    リjノノノ
       ,/ ,ィr〈 リ ,イ_,イ」j/リ,,  ,,、、ィイノソ′
       / / Uj  }リ,!ーt;;ァミ:j t'テァィイ{
      ,/'´ ,イ |   l |´`" ´ .:::; `"´ ,'爪
     /  // /l  l | |    .:.::; '   / | ト、
    ,イ / / |   | | ト、  - ー‐ /L_」」__ト、 _
   //, イ,/  ノ  j | | \ ´ ̄ ,.イ{ ̄\ ̄ ̄ _ `ヽ
 '"´ ̄ ̄ノ  \|,イ| l | |,ィ^ヽ`ー‐'゙ ヾi!   \   ヾヽ \
  ̄\//!  \| | | リ/  ー=氷=‐ |    \  ! |   \
     V |    \| | | ト、`二>〉j〈二 ハ     /   | ト、
     トイ二三二!,j | | \ 二ニ!ニ //ト、 ̄``ー┐ | | i  ,イ
     | \ 弋イ | | |   ヾ``Y´,// j \    | jリ/ ,/ |


                 __,,.、 -- 、、_
              _,.ィ'"´        `'ト、
.            /              \
.           /     ..:    ..::  ..i   ..:.\
          /    ..:.:.:   ..:.:.:  .:.|   .::.:.:∧
.          j    ..:.:  .: ../::  .:.::ト、  .:.:.:.:.:.:ヘ
..         |    / .:.:.:.:/ .:,イ.:./!:..| i  :.:.:.:.:.:.: i,
          |  .:.:./.:.:. // .://.:./ |:./ } :.:.:.:.:.:.:.:.::|
          | .:.:.:/.: /--─‐‐ ''/" l/\ | :.:.:.:.|.:.:.:.:: |
           | :.:./:.:/ ,ィ==rァ / /_,_ `ト、:.:.|::.:.::.|::|
.         | :.:.:j:.:.:.:.l'"トz::゚リ      ィテラト| .:.:. |:.:.:.:.|.:|
.          | ..:.:|:.:.:.:.{ `-‐'     ヒ::,゚ソ /}:.:.: l\:.//
         | :.:.:| :.:.:.ヘ、          ~ /,ノ:.:.::.∧ \
           | :.:.:| :.:.:.::}へ、    __ '  _ イ : /二二^  \
.         | :.:.:| .:.:.:.:.lト、 >、_  _,. <:.:..:..〈 ー‐-、    ヘ
        / :.:.:.| :.:.:.:..|  \ 了\__:.:.:.:.:.:.:`l斤\     |
.       / :.:/|:.:.:.:.:.:|ヘ  rー--ヘ、 \:.:.:.::.:..|  ト---‐┴、
       /../::::::|:.:.:.:.:.:| \{ ー-<⌒)'二\::.| {::::::::::::::::::::::}
.      /../:::::::::: |:.:.:.:.:.:|\ \ __,, ィ`-K-- .__).! |::::::::::::::::::::::|
     /..:{::::::::::::::|.:.:.:.:.:.|:.:.:\/___ノ ノ \-- >.|:::::::::::::::::::: |
.    /..:.:.:|::::::::::::::\:.:.::.i,:.::.::.ヽ ::`ー''´:::ヘ  Y´:::::::\:::::::::::::::::j
.     /..:.:.:.:ヘ.::::::::::::::::.\:.:\:.:.::.):::::::::::::::::::ヘ  }::::::::::::::::\ :::::::: |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       そして、故郷に帰ってからしばらくの後に、
       シーマさんと言葉さんに

       それぞれ、可能な限り私情を交えず、淡々と報告した
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

551 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:38:07 ID:pnW4I74I0 [57/59]

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: !
    .′:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
    .′:::; イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
   }:::::/ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;′
   |: /  :|::::::::::::::::n、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
   |/    V::::::::::::| |.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
   |    ヽ:::::::八 !  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ヾ::::::::}ヽ  {\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          Yへ! ‘._ノ  `丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
            ヘ         ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
             ヽ       ‘.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                 \      ‘._  ==-――イ
                \  i            {
                 ゝ.._}    _  -― 二二ユ_
                   _} - .二 -‐:::::´:::::::::::::::::::::ヽ
                  /イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /¨´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      国王女王は情状酌量の余地及び政治的な面も鑑みて、
      特におとがめなし

      シーマさんは、そんな昔から、
      巨大な抗いがたいものに翻弄された息子を労わり

      言葉はそこのところも含めてあなたを受け入れ、愛します

      といった感じの返答を受けたんだと思う
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

553 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 17:40:06 ID:pnW4I74I0 [58/59]

                         ____
                     . ´          `ヽ
                      /             \           えー、本日お時間故
                    /    ○    ○       ' ,          ここまででござる
                    .′                  ',
                      i      (ニニニ)         i
                      {                   }
                ,(´( ̄人                   !         全体の半分くらいいったかな
             (´( ̄)   ` ー ---- 一 ´( ̄)`)、   ,'
                              ( ̄)`) , ′
                                  ノ



                         ____
                     . ´          `ヽ
                      /             \
                    /      ○    ○     ' ,        残りは明日
                    .′                  ',
                      i        (ニニニ)       i
                      {                   }       また同じくらいの時間に参ります
                ,(´( ̄人                   !
             (´( ̄)   ` ー ---- 一 ´( ̄)`)、   ,'
                              ( ̄)`) , ′       では、今日は返レス返してお開きでござる
                                  ´

556 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/04(水) 18:02:11 ID:pnW4I74I0 [59/59]

>>481
 まあ、本人の意思がどうあれ『国王の息子』なんて立場は、
 周囲に利用されるしかないと思う

 ブラッドレイの息子がそれをどう受け止め、
 人生において何をおもったかは、不明


>>487
 ヤンだもんwwwwww

 ものすごい棚ボタ人生だけど、
 なんだかんだでしつけしなおされると思うもんwwwwww


>>500
 因果をジゲンに移された時点で、
 もう『一般人』ですからね

 ごくごく平穏に生きて・・・・・・

 喪女化したかどうかは不明wwwwww


>>504、>>524
 アンデルセンは、フレイと並び、
 建国という一大事業の陰に身を置いた人物だと思う

 というか、この人はあんま華々しい人生を想像しにくい上に、
 大司教を育てたという自責の念も強かったんじゃないかなあと思うんで
 こういう人生以外無かったんじゃないかなあ

>>509
 ここらは、リアルにおける人類の蛮行も加味して考えてます

 チュルベールは、存続できただけましなのかも・・・・・・


>>524
 ブラッドレイも、不器用なりに愛情を育てようとはしてたしね

 先に逝くことになって一番心配してたのは、
 正室であるフレイとその子供の事だったと思う


 まあ、>>1の作る世界って、
 なんだかんだで女の子が男を尻に敷くことが多いしなあwwwwww


>>529
 うん、加えてレイの方が少し年上だし、
 ヨーコはもうべったり甘えてるのが当たり前になったんじゃないかな

 勿論、やる夫はもうやきもきしてしょうがなかっただろうけどwwwww


 シャルルのおっちゃんは、あれだからwwwww

 子供大好きな子煩悩だからwwwww

 ヨーコのみならず、シンをはじめとする他の子供たちも、
 いろいろ弄って遊んでたよwwwwww


>>532
 シロウは、それをやろうとして凛に張り倒されたくらいあったんじゃないかなwwwwww


>>541
 多分、言葉とマコトの縁は、それくらい強くても不思議じゃない気がするなあ

 まったく理由はない、なんとなく、の話だけど


>>546
 美人秘書=カレン

 私生活の監督、公務スケジュール管理、
 その他諸々カレンに頼んでおけば、
 本人に依頼するよりも確実に事が進むからwwwwww

575 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:30:04 ID:dur3eFdo0 [1/56]

              . ― - .
            /       `ヽ           そろそろ本日の投下始めまーす
          /
          ,′ ◯    ◯    '.
            {                 }
.          八    ・―・        ム        でもって、質問関連もそろそろ〆切でござる
                   ̄      ノ )
           γ、          γ ̄`く
          ,.⌒ヽ      ,.-'、    }        答えても答えても質問出てくるもんで、
.          {   ,.´ ̄`ヽ′   }、__ ノ_       正直そろそろいっぱいいっぱいなんだな、これが
     ⊂二ヽ ヽ._ ′    }、  丿 ┬-、ヽ
    / ノ、ヽ/,八      ノ  ̄   ヽ / /      作品を愛されているという作者冥利に尽きるんだけど、
    `"´  ヽ/{  >- <.       / /_      次回作やだるくえの方も進めたいからね
           ___{               _(_ 、、ヽ
       ( ‐- ._        __ -/し! }リ
         ̄>‐  )、    r'´  `/ `´
         辷) r'   ̄ ̄ (_,  /           では、本日ものんびりおつきあいください
             8_ノ       {彡'´

577 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:40:39 ID:dur3eFdo0 [2/56]

                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               /           \
              /              \
            /                 \
           /      .:.:  _        _  \
           /       .:.:´⌒\,, ;、、、/⌒`   }
           l       ;( ● ) ノヽ ( ● );;: l
         、 -‐――- ::,  : ´"''",      "''"´  .l
       、/ッ:´:::::::::::'' ,,''''';;;;;;;\. . . (    j    )    l゙
   //,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ''''';;;;;;\.:.`ー-‐'´`ー-‐'′  /i
   、.ッ;;;;;;'''',,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;''';;;;;;;;,,,,''''';;::;_:_   _,.= 、  イ: : j
   .゙i;;;;;,,,;;;;;;'''''''゛、 <;;;;''´\ : : : :゙i,|::::::::::::=======
  /;;;;;/ <;;;;;;,,,,,,,,,,,,'''''''';;;;;;l: : : : :| ゛::;::'' ‐-ノ;;;;;;;`ヽ
     ,,,,,,,,,,   ゛''''''';;;;;;;;;;;;,,,,''(,: : : :|l::::: ;;;;i l;;;;;;;;;;; .:::::'
    ; ; ; ;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,  '''''';;;;;;;;;;i : : :゙i;;;;;;;;;;リl;;;;;;;;;; ::. . :::..
   ; ; ; ; ; ; ;;;;;;;;'';;;;;;;;,,  c ''';;;;゙i: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::::. .:: ::
   ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;, ,,''';;;' ',' ,  '';;!、: :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; _、 -‐l::....::::
    ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;, '';;,,'';;'',,'' , c '';`'‐`'';;、-,;;;;;;;;;|   l,,,,,,,,,,,,,
   .; ; ; ; ; ; ; ; ; ;;;;;;゙i '';;;,';゙i゙i''‐- ,`'r;;;;;;;;'/;;;;;;;;;;;l   |;;;;;;;;;;;;;;;;;\


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    大勇者やる夫の人と成りについて
    女遊びは激しいが、魔王に同情するあたり基本的に善人なのか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

578 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:41:04 ID:dur3eFdo0 [3/56]

  _____
  |: : : : : : ニ=- ._    __..-..、 __         ,イ
  ': : : : : : : :_: : : : :>: : : : : : :<: : : : :ヽ        /〃
  ヽ: : : : : i: : : /: : : : : : : : : :\: : : : .   ,ィV ,//
   \: : : :__:/≫x: : : : : : : : : : : : : : : :、__ .//   //
    .ノ>' /)≪三≫x: : : : : : : : : : : : :}: //-=彡'
    r'  //、: :`≪三三≫x: : : : : : : : j/ニ-/\__
   |   ´ /) 、: : :.`≪三三三≧===厶イ: :、: : : : : `:ヽ
  ノ| {    rく!--へ、_:_:_`:=ハ=≦三三ツ-=:ノ: : .:::::: : : : :\
 /: :{    ノ、/     、 弋zリ‐z:_:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : : √
 : : : )イ!_/:》{へー '、   )`ー '      7⌒ヽ==ニニニ ̄ ̄ニ弐
 : : : : : : : :八 _>==ニニ;_;_,___、-+彡'' i  |: :_:_:_:_: : : : : : : : ヽ
 : /: : : : /: : 「  / // ̄ ___   ノ  !: : ヽ: : : : :ニ=-: :
 /: : : :/-=彡ヽ {|  /、\--―   -=彡'  ノ: /: : i: : : : : : : : :
 : : : :/iヽ  `くトL_/ヽi  }-――--  __ /:-彳: : :!: : : :\: : :
 : : :/: |:}ハ   \ : : : |i ∧:_: : : : :\: : : : : : : : : : :| : : : : : \: :
 :_ノ: :/:|:∧ \ ヽ: :.|i i }ヽ`ヽ: : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : :
 :/: :/: :|:{: :}   \}: :i|| ノ ト、   ̄\: : : : :\: : : : : : : : : : : :
 : : /: : : |: :.`ト、  \: ゝ- _       ヽ: : : : : \: : : : : : : : :
 : : : : : : :!: : :|: :\  ': :i:ミ}: : :`: :-- 、  i: : : : : : : \: : : : : : :
 : : i: : : : |: : :|: : : :ヽ!: : |\ヽ: : :\: : :\ {: : : : : : : : : :\: : : : :
 : : |: : : : : : : !: : : : : : : :|: : : :\: : :\: : :): : : : : : : : : : : : \: : :
 : : |: : : : : : :∧: : : : : : ∧: : : : :\: : :\: : : : : : : : :\: : : : : : : :
 : : |: : : : : :/: ∧: : : : /: ∧: : : : : :\: : :\: : : : : : : : :\: : : : : :
 ヽハ:/\;ハ:': ∧: : : : /: ∧: \: : : :\: : :\: : : : : : : : :\: : : :
    (  {: :人' :∧: : : : : {: :ト、: :\: : : :\: : :\: : : : : : : : :\: :
      |:/: : : :i: :i: : : : : ヽ:!: \: : : : : : :.\: : :\: : : : : : : : :


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    大勇者やる夫は、基本的に善人であり、
    感受性豊かで、相手の境遇に自分を置いて、
    感情を共有できるタイプ

    そういうところがあるから、幾多の女の子に
    『こんなにも自分のことを考え、親身になって共感してくれている』
    と思ってもらえたんだと思う

    多分、ガルガンチュアの境遇を知った時も、
    大げさなくらい悲嘆にくれ、哀しみに浸ったんじゃないかな

    それで行動にムラがでちゃう辺りが、
    いいところなのかダメなところなのかはおいといて
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

580 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:44:34 ID:dur3eFdo0 [4/56]

                _____
             . ´二二二二 ` 、
           /:.//:.:.:.:ィ:.:.:.:.:.:.:.:.\l:.\
         __,/:.:./:_:/_:l:_/_{:.:. !_:_:!:_:_:_:ヽ:.:.ヽ
        / イ:.:.:i:.:/l/ }/  \l ヾト:.\:.:.|:.:.:.「 \
      .{ / |:.:.:.{/=====     =====ヽ|:.:.:.| ヽ. }
       ∨  |:.:.:.⊂⊃         ⊂⊃:.:.|  V
          ヽ./|:.:.:.:|       Λ       |:.:.:.ト×
      / / i|:.:.:.:|                |:.:.:.|:.|、 \
      \.廴.!:.:.込、           ノ:.:.:.|:.|_}./
           lハ:.:.:.:.:〕iト _   __ .イ:.:.:.:.リ/
              \lヾバト:.:.::}  {:.:./:.:.:ル:.レイ/
               イ: :|====|: :〕ト.
              ハ: : :|    |: : /: ハ
               | \:_:|_ _|:斗- ミ|
              ゝ. \i:i:| \i:i:}ノ.ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ハルヒはループの途中から
        魔王の素性を勇者やる夫に秘密にしていたが、
        どっちにしろ過去に戻る時バレなかったか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

581 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:45:19 ID:dur3eFdo0 [5/56]

             ___
          ,.. ‐ : : : : : : : : : `丶、
    r‐ 、 /: : :/-――――‐-\:\ _ィァ┐
    } - 7:/: :.:/ _.. -――、┬--ヽ: ∨  }
    フ¨ヒl.:l: : :/7´ .:{: : : : : : :.:!:}:.ヽ:.:ヽ :|‐<
   〈 / ,イ:{: : :!.:|: :.:∧: : : : : .:,|∧: :}: : ! ト、  〉
    V>ー|:.ヽ: |:A .:L_ ヽ: : : :/リ.斗:什:リ ト、}/
    く  ハ: : ト{ ,z≧ミヽ\/イz≦、ノイ: :ト、 >
     「: : l: : l 《 トィ::.:}`    ´トィ::.:} 》l: : |:.:「|
    | :l:ヽ:ハ  辷.ソ   、   辷:ソ .リ: : ! !: !
      ! .:|「`i:.ヽ    r --┐    /:/ /:ハリ
      ヽrヘ jー、:\.. _ `ー‐ '_ _..ィ7イイ/ ′
        ドニ{_フ iドヽ: : ト ̄ イ: :ト、_  ′
      `弋__ム__j|: : :l´ ̄| : |_ j
           j  !: : ヽmj : [`/
            /  \: : V∠{='
          〉、    >ヒj二!
         /: `:`ニ〈.イFへ`7
        く : : : : : / : : :|_ト、: :`}
         ` ┬<!_:_ : イ´
              |`:ー/   |‐:´:|
              |:::::/    !::::::|
          ト-j      ビニ>
           ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         バレない

         元々、ハルヒの予定では
         『やる夫一人をピンポイントで過去に送り出し
          目的を果たさせてさっと引き上げる』というもの

         ハルヒ自身の思惑では、
         必要最小限の事しかさせるつもりはなく、
         また実際にさせてはこなかった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


582 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 14:47:28 ID:o2eeoK060 [4/48]
過去に戻って、評議員章の登録でやる夫しかハーレムブレイド使えないのがやる夫が魔王を倒す勇者の必然性であり、
それをシンちゃんとの交流なしでやったという事か。
そういや実際登録したのはエドだしな


583 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:47:46 ID:dur3eFdo0 [6/56]

                                            __
                                        ., ''゙´     `゙'': 、
                   _,, :-、───── -:、,r===x、/            \
   r=x           ., :<、.    `>: 、.      `>、  \         __     :.
  .{:::::::∧       __/:::::::::::::::`>:.、.    `癶       \  i!        i{`\.   ',
   ∨::::∧     /   ̄ ̄¨癶:::::::::::::::>:、/  .\.      ヽ }!        从 0':、ji .j
::\ .∨:::∧=x_∠,,,..__ _,./  \::::::::::::::::::\   \      V        `'≧=癶ェ《
;:::::::ゝェ∨:::::ゝx\\`ヽ、.//     .';::::::::::::::::::::::\   /`>:、._  厶_       .:     `Y
.\:::::::ヾi:,:::::∧::\ヽ) _ヽ l      i!:::::::::::::::::::::::::::》/,,_     ̄ Z´   ̄ニ=x.  乂___. :イ
'<\::::::`∨::∧::::㌢´,r< ̄\____i!:::::::::::::::::::::::::/:::::::::`>:、__/. `i>:、    \ `ヽ_/´, :仝x.、_
   `> 、廴;;;㌢ ./      Y´   l!:::::::::::::::_,,::イ:_;;;;::><´..|;   ;|   \    ≧=≦x、.   `i
` i!:<    `/ .〃  ,r=x:、..  .i!   /:::::;r =≦:ァ=f´     \|L_」!    \ _,:< ⌒`'':x._.`>、人
  ゞ:::;-''゙>:.、i! i!  f/f´///ミ>:.、./='7ミニ三7  |   _ ,, :イ|i三 ヨ|  __,,≧  `>:、. `'':x、. `\
    /::::::::::{! {!  .{Ⅸ//////////ミ>:.、;:::/   .! ̄ ̄    _jレ'マ. ̄ ̄ニ=x `゙'' :x    `>;、. `\ `Y
   /::::::::;>:'1 i!  ゞ=::<;////////////ミ>:.!,._     /\ヽ )Y==x .\   ヽ     ∨i,  .Xヘ
   廴:;:イ   V∧      / `゙'';<;////////////ミ>::..、i!   》i/´ ̄`Y⌒ヽ \  ',     ∨i、 / ヾi
         `':-=ニ_,, イ    / / `゙'';<////////////{!  .:i㌢.    /   jヽ∧  .i .i.   Ⅵヘ   .l
                 厂フ¨ ̄ ̄二ニ=-i`゙'';<;/////|!  ::iiト、.   /   /⌒Vヘ .}! .i!    Ⅶ∧  .l
                ./::::/:::::::::::::::fテ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙''<', Ⅵ! `' イ、  ,/   .}!ノ ./ iL_ __Ⅷ∧. .|
               /::::/::::::::::::::::::|!:::::::::::::::::::::::::::::::::f´三i:x, V!   :i| `Yx、  / / 〃´    ///∧ |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     そのため、今までのやる夫は
     『ハルヒに与えられた知識を元に』
     『ピンポイントで送り出された先で』
     『ハーレムブレイドをもって魔王を封印する』
     という形で魔王を封印してきた
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

584 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:48:38 ID:dur3eFdo0 [7/56]

        ____
    r─‐ミ:::::::::x===≧ュ __
    l___ _/:::::::/:::::::l:::::::.、::::::ヽ」
   く  /:::::::/:!::_/_ヽ::::::l_:_:::::ト
   i::V::l:::::ィ::::l!:/ l`l:::/ Y::l:::!
   |:::::::∨:l/:::! === |/==j从リ
   |::::::Y⌒i::::|u      }:::|
   |:::::::lゝ..|::::|     ゝ イ::::|
    j::::::/::::::|::::| ー‐r一'::::!::::|
.  /l:::/l从∧::ト.  i/ル1ノ:::リ
   レ' /:.:\ ヽ  `ト、 У
    ,ィ'⌒:.:.:.:.:.ヽー─ヘ:.:.:.>z、
  / ∨∧:.:.:.:.:.:.、ニニ}:.:.:.:.:llハ
. /   ∨∧:.:.:.:.:∧  i:.:.:.:.:ll:.l i

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     その背景を知ることができるかどうかは、
     ハルヒがそれを明らかにするかどうかが全て

     故に、ハルヒが口をつぐんだタイムサイクルでは、
     やる夫は何も知らないままだった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

588 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:55:34 ID:dur3eFdo0 [8/56]

               _____, -―‐-<二ヽ、_
              /        \   ー ヽ  `   `  ‐- ..,,
            /_ノ ' ヽ_     \               ヽ
           / (≡)   (≡)     \               ヽ
         | /// (__人__) ///      |     、!             ヽ
      / |    |r┬-|         /       \              ヽ
    , ´  \    | | .|       /        ヽ             ヽ
  ,/        ,\ ` ー'´    /ゝ,_           \             \
 r         ., -‐‐`ー――一'   /  ヽ、          \,一         \
 |  ~ ヽ ャ‐              /     丶、     `ヽ\ヽ           ヽ
  l      l            /       / i/         \ヽ、      `,
  l     |           f       ノ'               _} >    ヽ  ノ
 . |      l            ゝ、  ,  ´            //       /
  l     .|             >            _ ィ /       ,  '
   l     l          - ´            < , 、__/     ,  '
    |    ヽ  , ‐ 一 ′           <、  '   {    , ´
   ,  /   /             , . '~     `ヽ   }  /
    y'   /   _       l.    /         |  l  {
    l   /   /       |  /          ',  i lllハ\ー‐――一┐
   j  , ´    /        ,/            `ヽXノ''l::::ト \  l   ヽ
   /  l    ,/   /   /               ハ:::::ム:」::ヽ L_  |    ヘ
  ゝ、_ ゝ‐イ    ノ     /              , ヘ;:.ゝ:_;:ィ::::::::l   |  ト、   \
   l  ::/    /  ノ /               ,| ヽ~:::::ヽィ、::::::l  |  ', \   丶
   .|  /  ./  /  ノ                ハ \:::::::} ';:::! ノ  l  ヾ,   ヘ
   l  /  , '.  ///               ノ  L__ \::l  l::l /    ト、   l    ',
  ノ ./  /  ///               「  、  `l  \ リ′    丶  , __ヽ
  l  l   / /-'. ̄                 ノ  入.   |__ ヾ/       \∨::::::::::::ノ
  ゝ,ゝ.´/                    /  / ∧      ̄         |  ̄
  ゝ‐-´                    /    ノ  ヽ      O       l|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        仮定の話だががカレンいる状態で、
        やる夫が大勇者に育っても女遊びは激しかったか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

589 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 14:56:58 ID:dur3eFdo0 [9/56]

. ..:..:..:./  /ミヽ..:..:...:..:/:,)/::..:.:.::_:ヽ:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ
...:...:..:./:./-:.:、ヽ\..:..:.//∠二:.:.二:zヘ:..:..:..:..:..:..:..:..V:.i
. ..:./:/::二_二ミzミ:ヽ.//三三三三 三 ヽ: : : : : : : : : : :i
. /.:|::/三三三三三三三三____ _三 三 ゙|: : : : : : : : : : :i
||:.::.|.!三三三三三三三/゙´     `ト、  |: : : : : : : : : : i
|!:..:!i三三三三三三三 ′厂xデ≡=V、   |:. : : : : i: : : : :|
||::.!.|三三三三三三三  〃 |/ __  \`ト、 |::. : : : .:|: : : : |
.:!.:!:l三三三三三三.   ´{ 'j|゙::l;cヽ  Ⅵ .|: :. : : : .|: : : : |
::|.:.:.|三三三三三       ';::...┃:r}  / .|::i:: : : :: |: : : : |
::.|..!.!三三三三三       ヽ、,`_,ノ ´  |:.|::: : : : |: : : : |
.:.:.|:::|三三三三三       _ヘ、___,/.;j..| |: : : : : |: : : .:|
.:.:.:.|:l三三三三三三 ヽ          | |::: : : :: |: : : .:|
i:::.| :.|三三三三三三三 ヾ         .|::|::: : : :: |:. : : |
::.:..!.:.|三三三三三三三三  __,.ヘ   .|::|:: : : :: |:::. :: !
.:.::.:l :|.三三三三三三三 ニ-─ ¬ー,〉  .|::|:. : : :::i:::.|:::l
::..!:.: .|三\三三イ',.-''´_,r──‐‐、/  |::|:. : : :.:i:::.|:i:|
:..!.:..: |≧==ミ<く/ /::.:.:.       /  /.|:.:| : : .:i:::.i::リ
|:::l:::. |三玉三\/:.:.:.:..      ,.′  ,/:.:l::|::.:.:. : : /! l!
:.!::..::. |三三ゞ三三\:.:.:.:..... .. ../  /.:./l:.:|:. : :.../! l!
:..!.::.:.:.|三三三ゞ:三三≧==こ´  /|.:.:/.:.l::|:..:.:. :/ レ
.!.:.::.:.:.|.三三三三王不三三{__// |.:.:.:.:.l:ノ..:.:.:/|/
ハ.|:.:.:.:.|三三三三三≧三三 三 /.  |.:.:.:.l::..:.:. ∨|
  \:..|三三三ノ/  三|三三 /〃 \:.l::.:.:|/



         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         多分激しいはずwwwwww

         ただ、古くはうる星やつらの諸星あたる、
         シティハンターの冴羽遼のように、
         きっちりと『本気』『浮気』を使い分けは
         するだろうけどねwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


592 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 14:59:03 ID:o2eeoK060 [10/48]
しかしカレンに逆らえない所は大勇者でも変わらんのねw
やっぱやる夫はやる夫でなんか嬉しいw


593 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:01:21 ID:dur3eFdo0 [10/56]

                              .|::;
                              .|::i
                              .|::|
                              .|::|
                              .|::|
                        __.__|::|_ __
                    _ -‐      .|::|      ー- 、
                  , ィ´     .......:::::|::|::::.......     ヽ
                    /        ....:::::::::::::|::|::::::::::::::::::...    \
              /        .....::::::::::::::::::::|::|::::::::::::::::::::::::..    ヽ
             /       ...::::::::::::::::::::::::::::|::|:::::::::::::::::::::::::::     ',
             /        ::::::::\::::::::::::::::::.:|::|:::::::::::::::::::::/:::::      ',
               i          :::::::::::\::::::::::::::|::|:.:::::::::::::/:::::::::      i
            i          ::::::::::::\,:::::::|::|:.:::::、/::::::        }
            l.            ヽ:::::::::::::::::|::|:::::::::::::::ィ          !
            ノ.      ヾ=三=='';ィ:::::::::::|::|:::::::::: 、`==三彡      lヽ
          / ヘ        ::::::::/::::::::::::::::|::|::::::::::::: ヽ          j   \
        /    ',         :::::{  :::::::::::::|::|:::::::::::::: : }         /    ヽ
     _/       ヽ         ヽ....:::::::::::|::|::::::、::::: ノ:::....     /     ハ
     `ー-ァ-- 、   ` 、   . : : : : :::::::`ー―´|::|:::::::ー‐': : :::::::::: : :/: : : : :   _ ヽ
     /      `ー-、 `ー .、: : : : ::::::::::::::::::::|::|::::::::::: : : : : :_; -‐'': : : : ; -‐ ´  ヽ ̄
    /ィ''´ ̄ ̄` ヽ   ヽ    `--    :::::::|::|::::::::::::::::::::::彡:::::::::; ィ´:::/ ̄ ̄`ヾ,

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  今回のやる夫はシンちゃんを倒せたけど今のやる夫ができた理由は?

  ハーレムブレイドがガルガンチュアシステムを停止したからではなく
  今までのやる夫と今のやる夫で何が違うのかって意味で
  どうして今回のやる夫だけそういう発想ができたのか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

594 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:01:42 ID:dur3eFdo0 [11/56]


     / ̄ ̄\
   /  ー  ‐\
   |   ( ●) ( ●)___
   |     (__人__)´ ー  ー\
   |      `i  i´ノ( ●) ( ●)
   |   .   `⌒ }   (__人__) ヽ
   ヽ       .}    `i  i´  |
    ヽ     ノ、_    `⌒_/
    /⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ⌒ `i
    /    r―――――――‐‐'
    l      ( ̄レワ   /  |
    |       \ \/ /  |
    |       | \_/   |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    このタイムサイクルにおいて、
    過去へ飛ぶ理由が『魔王を封印する』ことではなく、
    『ハーレムブレイドの回収』であったため、
    全ての原因が作られる前に目的地が設定されていたことに加え、
    ない夫も一緒に飛ばされて到着時間がさらにずれたことで、
    過去での行動時間が劇的に増加したから
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

595 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:02:27 ID:dur3eFdo0 [12/56]

           |
       \  __  /
       _ (m) _ピコーン
          |ミ|
       /  .`´  \

       ___
     / ⌒  ⌒\
    / (○)  (○) \
  /   ///(__人__)/// \
  |   u.   `Y⌒y'´    |
   \      ゛ー ′   ,/
    /      ー‐    ィ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    で、過去でいろいろ行動するうちに
    その時点での事情、事のうねりなどを自身で感じ、
    その上で『解決策』を思いつくだけの知識を溜めこめたわけ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

597 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:10:24 ID:dur3eFdo0 [13/56]

                      ____
                    /      \
                   / ─    ─ \
                 /   (=)  (=)  \
                 |  /// (__人__) //// |
                  \    ` ⌒´    ,/ヽ ̄ ̄`ヽ
                  /⌒ヽ   ー‐    ィ`!   ヽ: : : :...:` 、
         ____ ミ ミ ミ /  、     、    !   ', .:: : :. . . .' ,
       /     -─´⌒ヽ_/      ゙     |    ',   . . : : .. . ' ,
      /     ( _i _i_ト、__)l           |     l       ..: :: \
    /       l||l 从/  / ヽ  ,____    ` ,     ',: : : : : : :..    \
   <、___,,,,ノヾ -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄  ',    ',    : : : : :...  |
  /            ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥___ \,    '.,       : : .... !
 <                                    ゝ――――――‐ ノ
   ̄¨¨`ー-──-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-─-──‐'''''''""" ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     原作であった女の子とやるとレベルアップする要素
     もしこっちでもやってたら
     だるくえみたいにハーレムルートまっしぐらだったのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


598 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:11:28 ID:o2eeoK060 [12/48]
ハーレムになるしかないんじゃないかな、これはw


599 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:13:52 ID:dur3eFdo0 [14/56]

                     , -  、
                ┌:.-: ..、/ : : : : :.:ヽ-‐:.…: : -: : . 、
                l: : : : :.:l: : : : : : : : :`: : : : : : : : : : : :`:: .、
                  j: : : : :.:l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.     ,r'⌒´::ヽ     /: : : : :.:.|: : : : : : : :.i: : : : : : : : : : : : l: : : : : :':.
    {     )   /: : : : : l:.:l: : : : : : : : l: : : : : : : : :',: : : ',: : : : : : ':.
    ゝ _:::ノ  ,.:' : : : : : : : :l: : : : : : : :.l: : : : : : : : : :',.: : :V: : : : : : ',
             /: : : : : : : :l: ァ!‐: : : l: : :.+',-: 、: : : : : : l: : :.:ハ: : : : : :.l
         /: :/: : :.l: : :イ: l V: : : l: : : l V: : マ:.、: : :.l: : : :.ハ: : : : ::'  .: ⌒ - 、
         ,':.:,ィ : :l: :l: : : l: .l_,V_:: :l、: :. l_ V: :.V: `: : l: : : :.Λ: : :.,′       .::)
.        l: ,' l: :.:j: : : : : jオ斤心:.:!マ: ,ォ芹弐ミ',: : :. j : : ,': :.l: : /   、    ::.
           V  V:.lV:.:: :.:}ィ 仆;_ハ',:l '::! ,イト;_:心: : :/l: : :ハ:.:l :/      ー,::-'´
              V! V: : ヘ':, ` - '´ト- {` 弋辷ソ::,/:.j: :/: .::リ:,'
              ヾ:. :.丶.:/:/ノ::::::.V:/:/:/:/ ,:イ :/,:イ: : : : :l
               ` 、.:ヘ‐     ` ー-‐ ´l:. ィ': ::l:.:: : : :{
                    l:.`: l`:.、  っ      ,ィ: .:l. : :l: : : : :',
    r::⌒;          l: : :l: l :.`>ー,ァ‐'´  l: : : : l入: : : :ハ
    (   )            j: : :l: ト‐―ァ´/!  u ,!: : : :.:l  `ー-:.',   ,.:'⌒
    ' -             ,': : : :,'   ,'/,'′  ,ィハ: .: : :.l       ヽ       ヽ
         /⌒     /: : : :,'    ゞニ三彡'´ V: : : ', ,  - ‐  ',      .:::)
         ゞ:::ノ   /: : : :/,:'     ̄   、__V: : ::ヘ        ト    :. ノ
               /,: : - '´  .:l .,: '   -    ̄ヾ:. : : :.', ゝ (  l/ミ、
            ,  ´    ::. }//          V: : : :ハ ヽ,{ /:::::,!
              /      / ,:'           V: :: : ハ  !「/:::::,ィ:.、
           ,:'        ,:'                ': : :.l: :',  /:::::/::::::ハ
        /         !/               l: : :lV:.!,/:::::::':::::/::,′
.        l        - _ニ                ,': : :l/リ::::::::,'::::::::::Λ
   , .-: 、  l       ニ =:: .:―              ,': l:.:,'/::::::::,:::::::::::/::ハ
  , (   :::.ヽ '.      . :.:.二  ̄           ,' j://:::::::/,:::::::::::::,':::::.ハ,
  (    ..::.:)  入     .::::l,:.、',                / ,/ /::::::::/,':::::::::::::::::::X Y^:、

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    まー、どうしても女の子のご機嫌とって、気に入ってもらって、
    ってステップが必要になるからねwwwww

    まあ、原作では一人の女の子で
    一回しかレベルアップさせてもらえないけど、
    それはイベントが一回しか設定されていないからで・・・・・・

    イベントさえあれば、
    同じ娘と何度も、でもレベルアップはすると思うんだよなあ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

601 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:16:47 ID:dur3eFdo0 [15/56]

     く_}  l>、___> ―‐ 、_    |
    /_,/  ̄ ̄` ̄∠二>、\.  |
.  / (Y   /       \.   |  |
 /  (Y  / /  / / ヽ V   l  |
 l   〈 |. l l _.孑イ/ト、 | | |  /.  /
. ',  ヘ.f^| |イ_T   f_}V/∨. /  /
.  ヘ   ', |. |/// , ∧  /  /
    ヘ.  |  ト、  ´∠l/  /  /
     ヘ.  \|二I二I]_∠―<‐ '、
     |:\ 、__    ̄.。ヽ.\ _ }
     L| ヽ.   ヽ.    l::::::::::::::ヽ.
        `‐ 、. `    |::::::/⌒ヽ|
           `‐、 _ /::::/   {
             {::::::::::::::|    |
             \::::::::|/[l二l
                ノ=ヽ:| ̄ i |
             /   {」.   | ハ
            /    |:|   / }
           /     |:|   / |
             l.       |;l,ノ´   }
            ト、___.l __ /
           |:::::::::::::::::/:::::::::::::/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         原作で、レベルアップのために
         宿屋にデリヘル呼び出すときなんかも、
         そんな感じだろうしね
         (扱いとしてはモブで、エロCGとかは一切なし)

         ということで、ハーレムまではいかずとも、
         二股、三股くらい、じゃないかな

         調子ぶっこいたサイクルがあれば、
         正室に王女か女王を据えて、
         側室乱舞できるかもだけどwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

603 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:19:34 ID:dur3eFdo0 [16/56]

| ∥`ヽヽ|||||i、  ヾヾ、ヾヾ、ヾヾ、ヾヾ|||| ill||||∥////////〃彡彡彡./三三/´``'´
ヾヾ、 `i|||ヾ`ヾミミミ、ヾヾヾヾゞゞゞゞ、ヾ:|/////////////彡彡彡/三三冫  :__/::/
ヾ、ヾ、_∥ト、``ヽ、ミミミミヾ、ヾ、ヾヾミ、iiii,//人////////ミミ彡彡三三三::|´´ノ::/  ,/
 ``ヾミミヽヾミミミミヽヾヾ\‐--、、__ヾii/____ヽヾ、彡彡彡彡ミミ三三三::`'''/  :/
    ``ヽ、ヾミミミヾヾ、ヾ二二三≡__``´,-‐´,-‐__/彡彡彡ミミ三三三::::人,,::/  :/
      ヾ、、ヾミ:::||ヽ、ヾヾ\ヾ\=`:|-‐/‐‐/-‐´´ゞ彡彡::三三三三三/   /
            |ト(ソヾ夊ヽヾ_  ヽ i'´ ノ,__´,_-‐了彳`ヽ三三三:::::/   /||`ヽ‐-
  ,,'´`ヾ、ミミ/彡彡ヾ丿彡ヾ(´Oヾ=/、i_,,i//.O ),`乏彳丿ノ三三::::/   /三||
  ||´`'ヾ、,彡 _,-‐‐ ヽ、彡ヾヽミ彡ミヽ //ツ ミ彡´´ヾ//三三三:/   /三三::||
  /-‐'´ ̄三三三 .∥|i`ヽ、ヽ‐‐-/`、:l  l ∥\´ヽ´ 丿|liヾ三::/   /三三三::::||
-‐'三三三三三三≡∥ヾ\ノ:::ソ,/ ,-、ヽ :/っ ヾ...::/|三三:/   /三三三三三||
三三三三三三三三∥三三ヽツ丿〈ヾヽ:` ´´ノヾ,、:://:/三:/   /三三三三三三::||
三三三三三三三三ヾ、三三\ツノノi´┬=二=リ彳/三/   /三三三三三三三::::||
三三三三三三三三三`'ヽ、三\ヾ:Y`Y´Y〃夊タ/:::/   /三三三三三三三三三||
三三三三三三三三三三丿三三:\ゞ‐´-´ツ´‐'//   /三三三三三三三三三三
´三三三三三三三三三三三三三:.::i一一一‐:/   / ||三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三 ヽ´::::::/   /ソ/:||三三三三三三三三三三
 ´ ̄´`'```\三三三/´``'ヽ、三三三冫   /    ||三三三三三三三三三三
─--、  人  `ヽ、_,-|‐‐‐、  `‐-、:::/   /丶//ツ::::::||三三三三三三三三三三
    `'‐‐-`‐-─´     ノ     `l   /i::::.... ii ´ソ ||三三三三三三三三三三
              / ̄ ̄|   .| /三ヽ::::... ii //||三三三三三三三三三三
、           /´   ./  /三三三ヽヽ:::: ii ::::  ソ三三三三三三三三三三
           人,-‐‐‐'''''`l /三三三三ヽヽ::::ii ::::: //三三三三三三三三三三
ヾ                ノ_/三三三三三::ヽヽ∥ :://三三三三三三三三三三三
 `           _,-,‐‐'´三三三三三三三::ヽヽ  //三三三三三三三三三三三三
           //三三三三三三三三三三ヽヽ//三三三三三三三三三三三三

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      25年前って言うと虎眼先生全盛期くらいだったと思うけど
      その頃虎眼先生はどうしてたのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

604 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:20:53 ID:dur3eFdo0 [17/56]

./// :// , './/'/} ′: : ゙ヾ ハ 小 ハ}/リ __
/ / :// / // , ′:.:} i ニ=‐-ミ ゙≪ }. } j/ :斗 }
 /// / / //\ヽ//:.:_.:.:.: `ヽ\:`ヾ イイ / ;′
´/ / / / //:=ミ // \:.>x:.:.}、.:.\:.: :} / /
/' , '/, ' //、゙\/∧  ∨、:.\:\:.:ヽノ / /
:/ // , '/: :゙ヽ//:___ヽ   .}:.:.:.: :\:ヽ′,./
  // /./: ⌒://∧  `ヽ 廴_\:.:ヽ}// /
/.ィ´ /: :  / ′;∧ ん ',  }:.::}:.、ノ/ /
, / : : , ': :   i { : V∧ {リノ、_,丿:ノ:: }/ /
,′/: : :.  j:リ 、 ヽ;_`¨升^ ーく.:.: j ,/
/: : : : :.  ;/  :\_;/ :.:.  _」¨´ i
: : : : : : : /   ,:,ツ i;   ;.;.: i  / .|
: : : : : :/ , ,:,:,:イ  八  ;.;.: | ./ リ
: : : :/: : .¨´   ;/-、:.:..:.:;.: |/ ./
: : : : :    _:; ィ´(:__  ヽ:.:;.;. }  /
: : : : :>'"´j: :j: : }: 〉ミ、 ':;.;.; j /
: : :/ ;-‐=‐-ミ_:.j:.{: { `'ー一'′′
:.:.:.:/:.、: : : : : :.}-一′
, :く:.:.:/:ニ=‐-ァ´
: :.:.>:.r:.._/
/: : :.:}:.:.:.ハ
:.:. : : :ノ:. /:.:}

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    内乱の実情が『国を東西に割っての派閥争い』だもんで、
    配下の騎士団を抑えるのに精いっぱいだったと思う

    また、『騎士団として』どちらかの派閥に介入し、
    国家の命運を決める存在になることを
    あえて避けていたのかもしれない

    剣術の腕は達人でも、そういった政治面では
    副団長ブンビーに及ばない人だったというイメージがある
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


605 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:21:09 ID:o2eeoK060 [15/48]
そりゃ戦場でバッサバッサと敵を・・・・・・・

606 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:22:51 ID:o2eeoK060 [16/48]
ではなかったw
ブンビーがそういう面を補佐してうまく回ってたのね
男で年が上なんでブンビーも無用な嫉妬に駆られずにも済んだと

608 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:24:28 ID:o2eeoK060 [17/48]
しかしそういうしがらみのないハジメパパンが東側に傭兵として入った事で一気に情勢が傾いたと


610 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:28:27 ID:dur3eFdo0 [18/56]

                 _,.‐''"´ ̄ ̄`` ‐、
               /  _,. ‐ 、 _,. ‐- 、  \
              / /         \  ヽ
             /  /      、   ,    _ヽ  ヽ
           , イ  , "- _   l  /  _ ‐'`` 、  ト、
          / l  l ___二ヽヽ/,-´____  l  l :、
         ,l´ :.  、 >  < (::::)ヽ-' '- ´(::::) }  ,! , ' :: ヽ
        l´ :. ::.  _ヽ、    ̄       ̄   >、 .::: :: `、
       /::: :::. ::l´:::::) |             |(:::::::l::: .::: :: l
      l:: :::  :::: ,..:::::、'    ,-―――‐-、     ll:::::::.、.:::: .::: :l
      l::: ::::.. ::l::::::::/ヽ‐, 、_'   ----   `_,l 、‐,(::::::::):: .:::: .::l
      `、:. ::::l´::::、´ll\`ヽ /l_/ ヽ__l\/ / ll`l:::::ヽ:::: ..::/
       \:., ´::__/_| |  \_______/  ∥ 、_::::l、..:::/
           ,\__/―ヘヘ   ∥     ll 、 、  ∥l ̄ ヽ__ イ
        /      |ヘ / 《      ll  \∥ l       ヘ
        >‐―――┤     \/ \∥     └―――‐<
       / /       /l    __l<コD l      //   \  l
       / /      / l  ‐‐┼--\-/___/ / ヽ     ヽ ヽ
       / /      l   l ‐‐┼--- ⊥\__//   l     ヽ ヽ
      / /       l   l  ‐‐┼---⊥___  ヽ  l     ヽ ヽ
    / l      l  ,/ /―--\-⊥____  ヽ  l     l  l
    / ├- ___l / /    _,.――‐ 、 _   ( ,-  l_____l  l
    /  l ヽ_  l | /`´  _,. ''"  /^、   ``‐、 、- ヽl_i ̄ __, l l  l
   l   l    `-´ /  /     / ^ ヽ     \ ' ' l `- '   l  l
  ,l    l      l /       l    l       \ l      l   l
  ,l    l     l/,―‐、     l     l    /― , >l      l   l
  l    l_,.‐''" ̄\/     \ _,.‐'''――'、_/    l / ̄ ̄`‐、l    l
  l     l      l       /        l      <     l    l
  ``‐、  l、    /     /        ヽ       \   l´   /´
     \__l   、_____/          ヽ____>  / /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    王室が、一旦魔王の手先になったと
    ゲロったマコトを無罪放免したのは
    『実害出してない&彼を処罰しても、
    実利的にも心理的にも誰も得しないどころかマイナス』だからか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


611 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:29:50 ID:o2eeoK060 [19/48]
質問というより確認事項めいたのも多いな
こっちの感触としては作者さんは「推論でわかる事」は推論で分かるだろうと明言しない作風か癖があるように思う


612 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:30:12 ID:dur3eFdo0 [19/56]

                / . : : : : : : : : : / }: : :イ: : :/j: :|: : : : :i|: :/: : :!: : : : : !
          /イ . : : : : / : : : / /://: : :/ / . |: : : :j:||:イ: : : j: : ! : : |
         /´ / :/: : : / : : : /=≠ミ7: : :/  レ/} : : /リミ|: : :イ: : j: : : l
            /イ. : : :/: i: : / ,ィ=≠1 : / i i ,イ: : /=ミ!: / }: :/: : i: |
            j : : :/: : :! : ! {{ (r'::|: /       |: / 辷ソ |:ハ/: /: : : |: }
            /: : /|:ハ |: : {ミΞ三!/ ,   i  |八ミ三彡/: /: :|: : j/
            {: :/ i{ :l: |: :リ  =≠彡       ` ̄ ̄ イ:/: :!: /
            |:/  ヽ|: ト、l        ¦       /イ: :/}/
            ′   ゝト、!        ゝ           |:/ノ
                   |、    { { 厂 ̄ ̄`)     /j′
                   |: :ト、    `二二´    /
                   |/ |: :ト、          / |
                    |/ !  丶、     /  |ヽ
                    厂 ̄ 7} `二二´r<´  }
                    {    ,',′  |    l l   l
                   ノ    j j   !   l l    '、
              _  -‐ ´ { {、  / /   |     l l    } 、__
          , -‐ ´    /ハ.\/ /    j     l l  / ノ ヽ `丶、
      , -‐ ´         //  \_/.   `Y     l レ / ヽ ヽ    丶、
     /         r /            :|     l  /     \\    丶、
  /           i i            |     `´       / /       ヽ、
  i`ヽ、          } }               |             { {         ヽ、
  {   \         ノ ノ             |             ヽ ヽ          ヽ、
  i=ミ、 ヽ.     //              |                \\        //!
  |   ヽヽ ヽ  //              |                \\   //  :}

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   まあ、これに関してはそういうこと

   王室の立場からすれば、
   『魔王にそそのかされて内乱を勃発させかけたキラ』の方が大問題で、
   そこに関してマコトは明確にキラと敵対していたと、
   行動で周囲に示してしまっている
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

613 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:31:23 ID:dur3eFdo0 [20/56]

   ,ィ..::、   ,イ /: :、: : : _    :_:_: : :           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 _....::   i........:.:.:.:}    ¨ /:.:.:.  ,',.,.,.,`ヽ       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
/  ..::⌒ヽ....._.....ノ    i:.  刈i;;;;;;;;;;ヽi}` -    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
::..  /          ,イ   f丶、;;;;;;/;;\i丶 /:.:..:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:イ:.:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}イ¨¨:.:__ノ
i  ::...          i_:.:.ノ¨¨丶、 `-、;;;;イ;;;  \::.:./:.:.:.:.:.:.:.://|:.:.:.:.|:.:.:.:.|\:.:.:.:.:.:.,.:.:'¨¨: : :
,    丶  ,‐:.    , -‐  ̄:::}:.:.   }--  ‐′ `、.:.:::.:.:.:.:.///.V.:.:.|:.:.:.:.|三\:イ: : : : : :
::..     :.‐'  }  /,,,,;;;;;i,,,,;;;/,;/   .:`       /ヘ.:.:/.:.:.:|////V:.:|V :.:|,ィー、!: :
丶-- 、     :/⌒ヽ;;;,イ―:.:.:′ .:.:\)l}     ′ ',.:.:..:.:l/////V:|ニヾ.|‐=‐}:.:.:.:.:.    : : : : : : : :
  |三∧     l′;;;;;;;/:/ヾ i   ヾ= 彡'   /¨7ーr‐‐r‐―:.、三:`ー´ニヾイ     : : : : : :
 ,イ三三}      ̄  /、;;;;;;i ,:.:.:   彡'   / i},,,,,,i,,,,,,i},,,,,,,},,,,,,,,,;;;}三三三/:.:.          : : : :
/三三三ヽ.:.:.....__: : : :.:.、 :.:i イ¨  __:./        ヽ 丶;;;丶;;|;;;;;;;ヘ;;,,,_イV示 ̄7}           : :
三三三三三气..::  /‐ 、 |′  .:'__ノ:.:.;;  ⌒:.:.    Y'::.::. ̄!イ、 {┼┼┼/〆           ,:.:イ
三三三三三三ソ  / /;;;;;}/ .:   :i丶、;;イ  i  `ー:.:.       : : : ヽ辷二ニニイ           :.:.:.:.、 i三
三三三三三三ト、:.:...ー イ⌒リ  :.ニ} 、   ...| ;;  丶:.:.    : :イ////ー′: :      : :i三≧,ri|三
三三三三三三三三) f_;;;;ノ ,: :´三|  ` __ イ   ,,;;i:.     ¨丶‐': : :        f⌒゛三\_)l}
三三三三三三三三¨二⌒ヽ'三三∧      l:.:  /゛            : : : : ::.:.,'三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三/ 丶r‐、   i:.:.―`ヽ              .:.:.:.′三三三三三
三三三三三三三三三三.三三.∧   \) ―′ ,,,,;;;;;}ヽ.:.:.:、          ,ィ'三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三/  \        ,,,,;;;;|////}     __  .:.:.:.i三三三三三三三三
三三三≧'⌒}三三三三三三∧              /}////ヾ .:.彡'三}  .:.:,′三三三三三三三
三三ア′: : ::`マ三三三三三i  \    __   ,,,;;;;i///////厶三三ー'三三三三三三三三三
三ア′  ,.:‐、_iニ/: :⌒ヽ三ニ∨             ,,,;;;;/i//////厶三三三三三三三三三三三三
ア′    ヽ......}′::.  :.、三ニ∨    __    ,,,;;;;イ/////厶三三三三三三三三三三三三
:.:.:.:.       ̄      ー: : :`ヽ       ,,,,;; '//////ハ三三三三三三三三三三三三三
:.:.:.:...........                  |      ,,,///////三三三三三三三三三三三三三三

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   その後、魔王の意志を受けてやる夫と敵対したときは、
   それが一般に知られていないうえに、
   『兄弟喧嘩の派手なやつ』とみることもまあ、可能な訳で・・・・・・

   マコトを処罰する理由が・・・・・・

   無いとは言わんけど、見つけにくいと思うんだよなあ

   マコトを処罰したとして、
   その理由を周囲に示しにくい、というか・・・・・・


   ということで、
   マコトに対する処分は小言レベルの懲戒及び、
   メイプリーズにおいての名誉授与中止などの、
   実質的なおとがめなしに落ち着いたんだと思う
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

618 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:36:39 ID:dur3eFdo0 [21/56]

                 _,.... -─ ''' ´ ̄ ̄ ̄`` ''' - 、
             ,. -;.'´ -─────────`ゝ`ヽ
         _,. -=" ' ´                     /
        /               _,.. -───‐i′
       ヽ、..____    _,.. -‐ '' "´ ̄        _|.
           `ヽ`ヽ、 ̄       _.-、    -.‐ '' "´ '、
           ヾ<} |  _,... -‐;::'ブ='‐' ´ ̄フ `ヽ    ` ー - 、
            `i_',.ニ-‐'';;;;;/  ,_-:ニ.,´   /         }
              /.::::::::;;:,∠_,,-─ァ' "´   ,.ヘ          l
            /::::::;/'<'ヘ!,! /ィ    /ヾ,リ         /
             /_;/ヾ,、, _ヾ./;イ  ,.イ ノ ノ′          , '
               /   ̄ / / !/ ァ'´        /
               、´_   ' ´   ' /イ     ,. ', /
               __ ヽ..;:-    /´  ,. -ィ' /::|
             r‐'i |i,r‐ヾ   /,...-='"'´::/'::´::::::::|
           _/⌒i  !_/ /´ヽ ....ィiイr'7l,.:::::::::::::::::::::::::::::l、
         i, ヽ'' |._.レ'  !__r‐'|| |:ゝ〉:::::::::::;::::-‐''"´:::ヽ
           |ヽ、 ! ,レ′ ,!::::::::::::::::;!l/:/';:-‐''"::::::::::::::::::::::::::ヽ
         |  ヽ!.ノ   ノ:::;:ィ::::::/ l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ,.r 'フl    ,. -イ-'" !::/   l:::::::::/`` ヽ、;:::::::::::::::::::::::::::\
        /::::/,,,...ニ-´'''´/.  //   |::/     /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
     /::::::::::::::::::::::::::::/ ,/  ,.---'-,     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
      /:::::::::::::::::::::::::::/::'/  / ̄ ̄/    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    やる夫が命懸けでマコトを踏みとどまらせたと聞いて、
    王妃様は立場から疎遠にならず、
    キラに対して叔母として接していればあるいは……と思ったか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

619 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:36:52 ID:dur3eFdo0 [22/56]

             /:. .                     ヽ
           /::::::::::::::::.                      ',
             l::::::::::::::::                         ',
              l::::::::::::::::    ::.   ..               _i_,,. _,
             l:::::::::::::::::.    :、:::.. :::::::....    ::.      ..:::-‐'"´/
             l::::::::::::::::::::.   、. iヽ、::::`; 、:::::::::::.:.. ヽ、_:::..................:::::/
            l::::::::::::::::::::::::. ヽ:.'、 `ヽ'、`''ー-;:_:::::\ゝ-r---‐弋
          ノ::::::::::::'、:::::::::::.  ト、l-―――''´"  ̄`゙` l::::... ゙ヾ‐ヽ
          /:::::::ヽ:::::::ヽ、::::::::..ヽ`     _       =ミ彡l:::::::::::.. ',
         ,'::::::::::::::ヽト、:::::`z 、::ヽ==彡´    ヽ   l::::`r 、_:::.',
         〈:::::::::::::::::::ヾ,て`‐;-ヾ``           /::ヾ゙`  `゙`
         ヽ;:::::::::::::::... `'''‐`--.、            _′/\ ヽ
           丶、::::::::::::::...  `‐;;-丶     -‐;;;;;'/::::::...ヾ`
          ,.-'"´`ヽz-;;;::::_::::::....\`‐- ,,,.._   ∠ -z‐弋``
        /         ト ̄`゙`ヽ   j`゙"´      ヽ、
       ∠__        /l         /          丶
    _,,..-‐'''"~  ̄`丶、    {       /     _,,....................ヽ
   /              \  l    -‐7 _,.-‐''" ̄      / /``-
    l         _,. -‐''′ ',      /  ` ‐- 、        / /
    j  l      /        ',   /       >    / /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    勿論それは考えた

    自分が嫁入りした直後はともかく、
    シャルルと結婚した時ならば自分もそれなりの年齢であり、
    未だ幼少であったキラを無理にでも引き取れば・・・・・・

    とかね


    でも、実際は政治力学の問題でそれは無理だっただろうし、
    その頃にはすでにキラの人格も形成されていただろうし、
    『たられば』を実行できていたとしても、
    すんなり発砲丸く収まらなかっただろうことも、分かってると思う
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


622 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:40:56 ID:MLCXfRRA0 [3/13]
反乱時はキラは11歳か微妙な所だな。
口うるさいおばさんやって、リリアーヌへのアプローチの時とか叱り飛ばすぐらいしか出来なかっただろうな


623 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:43:04 ID:dur3eFdo0 [23/56]

         />='ー≠=\    丶    ヽ   \
.        /::::::::::::::::::::::::::::::\    :           ヽ
       /::::>'´ ̄ 「 ̄Y⌒:ヘ    i    :      ',
       /:/、_人_.斗个 T^「⌒ハ    |    l       |
.       レ'ノ   :i   :iー/‐i八-- ヽ  |    |       |
       j∧  : |  /j/ iリ  ヽ\l /   /     /   .|
       |l i f^ l八 / /.ィヘうた卞、 ∨i   /     /    |
       |i  ヽyぅ、    弋::r少  /  /     /i     |
       |l : ' 圦r'j     `    /  ./     / .l     |
       l!八. 丶 ソ     ::::::: / //   イ  l    |
         \ く          // /  / l   i    |
           |>丶 、  フ  .///    /  l   |l   }
           }    \     ((_/   / ^ト、 l   |i   八
            /  i   \  .ィフ′/_..孑==ヘ_j   l:    ',
        /  /,'    ′ / / _.斗'≠┬i` ̄ ヽ    .
       /{ //   /  // /   / }::l    ハ     ヘ
     /  ∨/   /  (´ /   /  ..l::l    l:|      '.
    (   ヽ \ >i    ∨    /     l::l    l:l| '.   :. ヽ
     >─‐、/}:::八:... ヽ \ .ヽ/     l::l    l:l|   ',  '   \
    (  (> L≦j.  \:.  丶 `<     l::l    l:lリ    .   ヽ  \
      ヽ// /   __..>ー‐─‐'  ヽ   .l:l    l:/    ヽ    ヽ  丶
     /   ./     f: : :.( ̄ ̄´  ∧   \ l:l     {:...    丶       \
   r'  丶 '      乂ミ: :`ー‐z   ヽ   l:l    八::......     \    \ \
    {     i ヽ     _>─‐'     l    ヾ \〈  ヽ::.......    \    丶 \
    |     :.l: . .    ( (       :l    l:l   i::... \::.......     \   \  \
..   l  ヽ : . ヽ: . . .   \丶____     }    l:l   l::....   丶:........     \    丶  \
   八  \:j  \: . : . : . : >─'   ノl    l:l   ∨:......   \::.........    \        \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         この世界線でチョロインさんはどうしてる?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

624 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:43:40 ID:dur3eFdo0 [24/56]

                                __
                              ´     `
                         /               `ヽ
                                   , ___       ヽ
                      /       ////////≧ 、 %
                        /       //////////////`ヽ*   ',
                          /      /////////////////ハ
                    ,′       ム‐≠  ̄/ ̄} <////l     l
                            / /斗 十 /  }  } |` 守i}  :
                     l        爪 |/} ルイ  ,′ 厂 卞 } .:  |l
                      | | :     { 。r≦笊、 }  / }/ ハ .! ヽ .:   *
                       || :   ー杙{尓炒′, / _ノ rfミ.、|  | /     }
                       |  ,:    ゚*.` ¨`   ´    杙刈 ヽ/´   ハ}
                        |,/       l.ヽ          ` ー ´ .へ   /  |
                   〃|     |、 }      ′    / ´  /}l  l
                      % |     |ノヽ   ` ー‐  r. ´    ノ 八 |
                      _ム{{‐弋      *  \     -{/      ノ:`ヽノ
                /:.:.:.八_:+ _r‐ 〈 ー- 、  ̄  _  メ   /: ̄:.:ヽ:.:.:.ヽ
                ,′:./:.:.:.:.l:._ノ  ヽ \   ヽ     i!  , ´:./:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.'+
                  /:.:.:./:.,′:.lノ  、  ヽ }       l   {:.:./:.:.:.:. |:.:.:.}:.゚*:.:.:.ヽ
              /:.:.:./:.:,′:.:l     ヽ l. }        乂 ヽ{:.l:.:.:.: |_」::.:.:Y7:.:.}
                く:.:.:.r―{_:.:l  _ ヽ_〉 リつ  ./     /:`ヽ <__」   ー ' l乃′
               T´    八  >ー‐ ´∧....、/     /:.:.:.:.:.:.ヽ ',       |
                    /   ̄ /  / f:::::::}――‐.′‐, :.:.:.:l* }      
              /′          / .イ  \≠―――/:.:.:.:八} l      l
                  ,′ /      /:.:.:.:.',.   \   ./:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ      |
.            / , /       〃__:.:.:.:.:',  .;l ヽ r´:.:.:.:.:.:, イ / |      .|
.           /  〃        ミ ヽ:.:.:.\ 八 .| |:.:.:.:.:.:.( {¨´/:|       l
           / イ  /′      , ー.、ノ/:.:.:.:.:.:.:.`¨¨´| |:.:.:.:.:.:._ヽ==―-         ',
        {  {  {         ,′ ̄ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | |-‐ ´        `    l  \
            ,      ノ    ノ -―   ̄   | |                 |   }\
           ヽ ',   ィ ー ≦´             | |                 } l   }  ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー― r≦  ≧ 、  _      __ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           元々いいとこのお嬢さんだし、
           実家で何不自由なく暮らして、
           言い寄ってくる男たちを適当にあしらいつつ、
           乙女生活満喫してるwwwww

           花束、キャビア、白馬にダンス

           乙女の毎日は忙しいのだwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

627 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:49:00 ID:dur3eFdo0 [25/56]

      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
      .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
       ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ヤンはちゃんと自分からプロポーズしたか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

628 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:50:12 ID:dur3eFdo0 [26/56]

        ,r'Zヽ     _,,,;:-、s-──--ミ,,_
         \l/  _,:r'''"n ,,   'l; ゙l!   ゙l!, ゙ヽ、
           ,;rii" ,  ,リ,ハヘヾi, l, ゙li.   ゙lli, ゙lli,゙'i;
         _,;r'" ,il' ;il' ,i'クノ リ ゙いミ゙ゝ,、゙ゝ  ゙li;lli, 'li;,゙i,
      _,;r''"  ,;il'"ノノノ シ'__  `''弋ミヾミヾ;llllli;, l'}
   _,,:-''"  ,,;ill;'",;i'-''""二二 ̄`   ,,:''''''ー-゙lll;iii,'lllli,'}
,>iii''"   ,,;ィ彡''"/f"  r'''("llli)`    ,/"'flliiミヽ.|!li,'llllliリ
ll'"   ,:i''  }i l゙ {!    ` ̄  '"   i 、 `'''" ,;llll,lllll;ツ
.いi' .;i' r' ;il i'{ `゙              ゙i、   クシ''"
 `i, :lli,  ゙li :l: ゙'':、         ..    i;   .|
  ゙i, ゙llii;, ー゙''li、            ' -'''; r'"    |
   ゙i, ,l''llli;, ,,ミ            _-     /
.    ;レ  'llllli;  ゙:、      '" ̄   ̄`''ヽ  /
    "|  ,ill'l!.  ゙i、        -==   ./
    _|  ,il' '゙   ゙'ゝ、           /
  /" ヽ、 {,,_     `゙'''ー::,,,_       /
 ,/    `''''ーミ=-:;,,_    `' ̄`''''ー---r''
              \,-、_,:-ー、`ー-'''7ー:、__
             \  `ヽ `ー''''"'<,,_ `ヽ、



                 ,. . : ´: : : : : : : : : : :> 、
                /: : : : : : : : : : : : : - 、: : : \
               ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : ヽ
               |: : : :/ _,..  ――     ̄|: : : :|
               |: : : |´            |: : : :{
               |: : : |   _  -――_―-|: : : : :.
               |: : : |_r ,.. -    ´,ィrォュ、 !: : : : : .
                ,: : :.r、| ,.ィtォ、   弋zソ |: : : : : :.
                 |: : : } ム{弋zツ        |: : : : : : .
                 |: : : | | |l:.      '       }|: : : : : : |
                 |: : :., jl |八   、 -‐ァ   イ'∨: : : : :|
                 |/: ∧ ヽ '` .  `こ  ィ / 、: : : : : \
               /: /: ∧  `ヽ }`_ - ´/  |: : : : : : : \
              /: :': :/: : :、    |    ̄    ,∧: : : : : : : : :Y
             /: : : : :/: : /}   ;.        / ∧: : : : : : : : |
           {: : : : : :/: /    /      /  / : \: : : : : :/
            \-/¨´    / `>--<   /: : : : :;\: : :/:}
          ,.イ /     _/  /;  | : : \ /: : : : :./: : :∨: :|
          // /    ,. :_|__/、: /  /: : _: ':_: : : ∨: : : : : : :_〉
         ,: :/ /  _,.:': : : :`ヽ   /´ ̄     `ヽ{、_r、_,r,イ_ノ
          /: :|  |  {: : : : : : : : `:, ' ,. .: : : ̄ ̄: : . .、 |: : : : : : : :}
        {: : :|  |__,.人: : : : : : : : |  ,': : : : : : : : : : : : :Ⅵ: : : : : : :.|
        |: : :|  |: : : ∧: : : : : : :.{ | |: : : : : ,...:: : : : : : : 八: : : : : : |
.       八: : :、 {: : ' : :〉、:_: : :\| Ⅵ: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   一応、自分で求婚はしたwwwww

   教会の傍の木陰にオルソラさん呼びだして、
   シェーンコップ作成のカンペ見ながら、
   つっかえつっかえプロポーズしてwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

630 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:50:51 ID:dur3eFdo0 [27/56]

                     .. -――‐-  .._
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::F‐- .._:::.   ┛┗
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `ヽ   ┓┏
                ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/-‐=ニ..  /
                  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   r‐ ミヽy′
                  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    tソ /
                     ,|:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/      ′
                 /:У::::::::::::::::::::::::/::::::/|        >
              /.:::::::::::::::::::::::::::/::::::/ .l      __ /
                  {:::::::::::::::::::::::::/.:::::/ .:丶    /
                  |:::::::::::::::::::::::::::::::/`ー_   >‐'
             r―」__ ..:-‐.::´.:::::/ \  `^´〉:|
             |::::::::::::::::::::::::::::/\  \ . イ :::!
               ,.::::::::::::::::::::::/`Y、 ` ー- ` :l、::::l
           /.:::::::::::::::::/..::::::::|:::\ ` ー-;ハ:::l
             /.::::::::::::::/  ̄/.:、::}::::::::\  /∧〉:!
          /.:::::::::::/.:::::::::::l::::::y/.:::::::::`´.:::{ {.:´〉
.         /.:::::::::::/.:::::::::::::::::!:::/-――――- `゛、::\



             /;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
          /;;;;;;;:;:;:;:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, .イ、
        /;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::,、-‐'''"´..: .:;.;:;ヽ,
         |;:;;;;;;;;;;〔カ;:;:;:;:;:;:::::,r'´ ヽ.:.:;;;:;;ヽミヽ;.:.:..ヽ
        !;:;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;;イ  ;:ト、 ;:;;、.:.:;:;:;:;;;;;`ヽ;:;:;!
        `ト、;:;;;;;;;;;;,、‐'ィイ ;:; :; ;;、 ;:;:;、`ミミミ、:;;;`ヾ;:;;|
        ,'.:;: ,: ,ィイノlノ;'ハトト、ヾ;:;:トト、ヾミヾ;: ;;;;;;.:;;;リ
        V,:;`,;',;,'ル'゙-イ=≡'´  ``''=- 、`ノノ .:.:/
         ル,;:',ヘ;;!  ー='''´ヽ  ー=‐`  ii! l;:;/
         トト;;ト、j!    "´   ``     / //
          '`ヾ>ト、       ;      ,ヘ;:;k
            `1ik、    `ー′   ,ヘ;:;;イ
            /.:.:L:.、   -‐-‐-  / 1;;/ヽ
             /.:.::.:.:/1ヽ  ´ ̄  ,.イ /;:;:;ハ.:`,
         _,ノ.:.::::::/;:;;レ''``ー─.< V;;;;;i.:l/.:::::L__
     -‐''"´.:.:.::::::::::/;:;;;;;l   /l   ヽi;:;;;;;;l.::::::/::::::::::::.`
    .:.:.:.::::::::::::::::::::V;:;:;;;;;;;|  lk!    l;:;;;;;;;|.::/.::::::::::::::::::
    .::.::::::::::::::::::::::::::;:;:;;;;:;::::L_|ノ __」_ノ;:;;;;;;;;;/::::::::::::::::::::::


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   でも、余りにもたどたどしくヤンらしくない言葉に
   あきれ果てたオルソラさんに、
   カンペ奪い取られてそれをビリビリに破り捨てられて

   『いいから自分の言葉で気持ちを表現してください』って怒られた末に
   『こんな僕でよければ、これからの人生を共有してくれ』とかなんとか、
   核心避けまくった言葉でプロポーズしたよwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


631 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:52:00 ID:o2eeoK060 [25/48]
シェーンコップwwwww
影でカリンやユリアン連れて覗いてないだろうなwwww
カンペとは情けないがヤンらしいwwww
いやオルソラさんはそういうところも含めてヤンを愛しく思っただろうし、そんなプロポーズでも感無量だろうけどねw

632 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:52:08 ID:2hPwrqP.0 [4/12]
何やってんのwwwww
ダメ人間すぎるwwww

633 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:53:26 ID:o2eeoK060 [26/48]
ってオルソラさん案外厳しかったwwwww
流石廃人ヤンを子供レベルまで躾直した人wwwwww
ヤンは締まられねえなあ、もうw

634 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 15:56:16 ID:2hPwrqP.0 [5/12]
『こんな僕でよければ、これからの人生を共有してくれ』
核心は避けてるが間違ってはない
これからの僕の人生を矯正してくれの方が正しい気がするが


638 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:58:30 ID:dur3eFdo0 [28/56]

      /    /´:::/.:.:.:.:.:.:辷{ 、         }
     /    ,レ':.::::::::/:.:.:,.::-‐〈_f宀rーマ      ノ
     i′  /..:.:.:.:.:.:.:.:/..::::::...:.:.:.:`:.く廴/ミ7T弋¨\〉
     { ` 7-一:.:.,.:.:.:./´ ̄::::‐:::、:.:.:.:.\:{ム「}Ⅵ_イフ
     廴/.::/´ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、.:.::::\::.:.:.:.\:/::::|::ハ
        /.:://:.:.:.:| :.:.:.\::.:\:.:\:.:.:.:.、\::.:.:.:ヽ:::j::|::|
.       i..://:/.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:::..:.:ヽ:____|.:::ヽ::.:.:.:.v='、|
     |l::|.:|.:.:|:.ハ.:.|::..:.:.:..::i:./´ヽ::::ト:.::「`}::|::.:.:ヽV i}
     ||::|:::;斗lトⅥ::.:.:.:.:::|::|:.::l::|_}:}」≦v´!i::.:.:::l:i| ,リ
.       |ハ ∨.::|.:\:\::.:.:.::|::|:.:::レ/くr心 }‐|:|.:.::::|:|V!
        V:\Ⅵ:V'fテミヽ::.::レj//'V廴ツ  jリ.:.:./リ从
.       ヽ.:.:∨弐 Vミ心`く    `ニ´^ //..:::/:人.:::ヽ
         \:.∨::ヽ`ニ′ }     /i/i /フ-ァ'ィ/  {\ト、
          \V::∧ /i/ ` '   ,   //Yハ  ヽ::.`;j、
              \:トヽ.     ー ´    / /〈   {`ーミi、
             \ ` ‐z- ..__/ /.:.:.:|   `iー::ミ.、
                 〉ミ:〉{ト、 /: :.:.:.:.ノス、   廴_:.>‐-、
                 〉、:〉ノハY/: : : :.:.:.:/:{:.:>ィ ´     ヽ
           ,. -―‐ァァ┴<__〉》zz彡-― ´: ::.ヘヽ      i
             /    //r‐jr'、う∠弐、r'⌒) : r‐、: : .:.:.!l         !
           i     //:(^_r彡'::: : : : :::`くミくi⌒__¨).:.:.ヽ|i        |
           |  ノ=-‐≦ : :、_ : : : : : _; : :.:`^ミz- ミヽl}|     |
         ムイ´ : : : : : : : :.::::ヽ:,x '´. : : : : : : : :.::`ヾⅦ/       !
        ,. ´  ..: : : : : : :..:.:.:.::/. :  . .. : : : : : : : :.:.:.:::Ⅵ       ハ
.     / . . . . . . : : : : :.:.:__.ィニ : : . . : ; - : : : : : : : :.:.:.::〈|     |::::ト、
    ノ .:. : : : : : : : : : :.:.:.:.:_:/__; : : : : : ': ::.:. : : : : :.:.:.:.:.:::::::|     _|:\::}
   i´::..... : : : : : :. :.: :.:.:-―ァ二 : : : : : : : : : : : : ....:.:.:.:.:::::::::ト=ーァ7ハ、:i:ヽ
   } ::......... : : : : : ......:.-‐::之__´:.. : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:::::::::::リ    { {:::\}
   |..::............................:.:.:::-´┬‐::..... : : : : : : : : ......:.:.:.:::::::::/: ,./  i′ `iヽjヽ
   ヽ :::::::::::::::::::::.....::::::::::::::人 ::::::::.......................:::: ::...::::::/::/   /   ヽ:_`:{

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ある奈の体験した相手ってどんな奴?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

640 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 15:59:49 ID:dur3eFdo0 [29/56]

               _____
              /:.:.:/ _________
.          /   /:.:.://:.:.:.:.:.:./¨¨¨´
         i:.,  |:.:.:.:.{/:.:.:.:.:.:.:.:/ー-. .、     j
         |: :, |:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\    /|   }
         |:.:.:.、|:.:.:.:.トVヽ/{:.:.:/(:.:.:.:.:.:.:.:ー=彡 | /:|
         |:.:.:.:.:.:.rヘj: : : : : :{(/: :/へ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./:.:.!
.      \、、 \:.:.:.:j/^\ : : : : :_彡'⌒ヾ.:.:.:.:.:.:. 厶:.:.:./
         ヾ:.:ー:.:.:.:.}   Y//'´     j:.:.:.:.:.:.:.:.:.: //}
        \_:.:〈⌒Xx.八{,,,,,彡'⌒ヽ`YこY:.:.:イ/:.:./
         、_/.:.:.:.}<爬ハ `¨¨^爬`> ミ/^)}:.:.:.:.:.:.:./
.          `¨¨⌒:.  丿        、 ミiじ/:.:.:ー=く __,
          `ヾハ  `ヽ    ⌒ミ彡jし:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          ー=ミ∧  ー―‐ ′ー=彡:.:.:.:.:.:(¨¨¨´
           ⌒Y∧  ー    / |:.:.:.:,<⌒ヾ
             / ̄ ∧     /   :|リ:/  \
             /   イ)/i`¨¨´     ,,,//     ヽ
.         / /Y  j/ :|ミ======彡//      |=‐- _
    _ -‐=/ / _|   /       ,/ /⌒ヽ   |ニニニ=‐- _
  / /( )ニ二二二|  :/\..............///二ニニニ\j二二( )ニ=‐- _
.    /ニニニニ二二| /....................... /二二二二ニニニニニ/´ ̄ ̄ ̄
   ( )ニニニニ二∨......................../二二二二二二( )ニ/
   ^i^i^i^i^i^i^i^i^i.........................'^i^i^i^i^i^i^i^i^i^i^i′
    :| :| :| :| :| :| :| :| :| .......................i :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       初体験は多分この人辺り?wwwwww


       あのオヤジと爺さんに
       対抗できるだけの戦闘能力があって、
       そんでもって見た目がそれなりによく、
       そこそこ年上ってやつだと・・・・・・・

       あとはDBのトランクスくらいかな

       でも、DBキャラでは、
       こういう生々しい話想像しにくいんだよなあwwwww

       初体験済ませた後は、熱情の女として
       そこそこ自由に生きてきた気がするから、
       後何人かは経験してると思うwwwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

645 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:03:59 ID:dur3eFdo0 [30/56]

           | ト、\//_ __ | | _. / //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヽ/__j_|
           | | > ´:.:.:.:.::.ヽ/  //:.:.:.:.:.:.:.:.  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、
           |/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. )  //:.::.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ  //:.:.:.:../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:\
          .':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∥ //:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ
        / . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∥く:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ゙. :.i
          .' .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∥ i |:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.l
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧_j |:..':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:./__:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|
       ' :.:.:. / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. />- くl:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\j|:.:.:':.ト、:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:./:.:|:.:.|
      i:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: // r ⌒ Y:.:.:.:.:.:.:.:./、_ _ \|:.j:.:.:.:.:.:.:./:.:.: /: /:.:/:.:.:|
      i:.:.:.リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.{   '⌒ | :.:.:.:.:.:.:.:| Y´ > 、\:.:.:./:.:.:. /:_/_:/:./:/
      l:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /\ヽ. ( j´| :.:.:.:.:.l:.:.|  i ∧:;ハ  ヽl:.:.::_/_://:./:/
      |:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   l:.:\`ー|:.|:.:.:.:.|:.:.|   ゝ少'    `ィ.zv:.:.:/レ'
      |'.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:. /     !::.:.: |` |:.|:.:.:.:.|:.:.|           fン/:.:/
      i:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: /     !:.:.:.:.|  `L:_:_:j-'            l  /ハ:l
      i:/:.:.:.:.:.:.:.: .イ      l:.:.:.:.:|                   . ノ /´ l!
      i':.:.:.:.:.::./:./      !:.:.:.: ト、   \         - r く _
      l:.:.:.:./:.:. /      i:.:.:.:. ト、_ ―--、\       イ >'´ `ヽ__
       |:.:./:.:.:.:.:.:.|       |:.:.:.:. !    ̄ ̄ヽ Y`r ー‐イ:.:.| /  //  _ヽ        ,. -―,ィ=ァ
       | :.:.:.:.:.:.:.:.:|    _ .. ィ:.:.:.:.. ヽ      | !i∧:.:.:.:. |:.:.:/      / ,-`、      .' : : :/ /
      .'.:.:.:.:.:.:.:.:.: | _. < <_ゝ:.:.:.:.::.\.    | !ト、 :.:.:.:.:.:.:.:|       /  イ__ _./_:_ 〃  /
     /:.:.:.:.:.:,レ'´ ̄     ` ー─ \::.:.:.:. ヽ  j !l  `…ー 1         /ノ── /: : :/l   /
    , :.:.:.:./ ⌒             \:.:.:.:. \ ∧   r r=|        ∧ヽ _...._.{ : :/: |  '
.   / ..:.:./     \       ヽ   ゝ:.:.:.:.:.:ヽ \  \V !         / ̄\\. ヽ/ゞ |  !

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    やらない夫に言われて色仕掛けなんてしないだろうある奈が
    魔王にフラグ潰されなかった場合、
    どんな風にやる夫と仲良くなったか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

647 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:04:44 ID:dur3eFdo0 [31/56]

           __ , -‐- 、
     _ _   ,. ´,. -‐-`<´ ̄ ` < `ヽ
.    /  ヾ7/..:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\ }
   /     「ノ´ .::::::::/::::::::::::::::::::::::::\::::::丶
   !    〈,' ::::::::::/::::::i:::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ:::::::ヽ
   !    {| ::::::::::;'::::::::';::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::::ハ
   ' ,   <| ::::::::::|::::::::::ヘ:::::\::::::::::::}_;;」:::::::::/
    ゝ._,ノ>!:::::::::::!_|_:」_\_ヾ_;トヾ ,'ヽ::::/
     `^ ヘ::::::::::!,.ィてミヾ,    弋;ノ, |)::∨|
         (ヽ::::::ヽ弋:::ノ    ( "  !ヘ:::::::!
        ゝ\::::ゝ`"       .'   l  ';:::リ
          ノ\:::`>  __ ,.   , '  ∨
          /:::ヘ i ̄ 、    /
          ヽ/ lヽ_`> ィ´〉
.         〈:丿 }: : :  ̄`Y´!::〉
        〈:丿 丿ヽ: : : : l|! |;:〉_ __
         〈::ム_/: : : : : __ :l|L :r-、: ヽ`ヽ
         ,. " ̄ ヾ.、,-、ゝ_メ: : :`X´: : : ', !
      /     li:ゝ .) :/ : : : : : :\'´):∨
      /        l|: : :∨: : : : : : : : : :゙丶!
     ,'       li: : /: : : : : : : : : : : : : : `丶.
     ノ     / /': :/ : : : : : : : :ヽ::´: : : : : : : ヘ
    (ヘ    /ノ´: /: : : : : : : : : : : ',: : : : : :.::::::. ',
    ノ  ゝ., __/_;/ : : : : :.::::::::::::.. : :!:::::::::::::::::::::::;!
.   /  ヽ ∧ ̄!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::/
  /    /  ', !::::::':,:::::::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::;/
  /    /   V::::::::::::ゝ:::::_:::_::::::::"::::::::: : !"´
. /    ., '    丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         作中でもちょっと言われてたけど、
         案外やる夫とある奈は気が合いそうだし

         つかず離れず一緒に旅してるうちに
         腐れ縁こじらせる形になると思う
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

653 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:10:43 ID:dur3eFdo0 [32/56]

                     /                     〉
                       〈                     〈
                    \        -‐=ニニニニニヘ
                      { _,. -‐=ニニニニニニニニ>''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>
                        ∠ニニニニニニニニニ>''´     _,.  -‐  ¨´
                      {ニニニニニニニニ/      ,. ´:::::\
       __               _」ニ=-‐ ¨´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   /::::::::::::::::::::\_ノ
       {  \            ´                     //\:::::::::::::::::::::::く
          \     /      ___________/::/ /  ',:::::::::::::::::::::::::\
.       \    \∠=-‐ ,.二´    }⌒丶::::::::::::::::::/ |::::::l 〈   }::::::::::::::::::::::::::::::\
 __    `ヽ   \   |   〉   ′   ー─   |::::::| }  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.(    `   .   \  \ ノ__ {  /        -┐  .::::::::∨  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     __    `  . \   {{_} }   ̄/   / 」ノ  /:::::::::::|,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ
        `丶     \ 〈{二><ニニl二l^´ __,/   / ::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
         \      { {二}\__  〔 ̄     /:::::::::::::ト\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
 _,.  -‐  ¨´ ̄/     \    } /^゙\_,/:::::::::::::|\|  \{:::::::::::::::::::::::::::::/jノ
(      ___ /    /   {\<⌒^´:::::::::::::::::::::::::::::::: ∧|      ,/\_::::::::::::::/   _
  ̄ ̄     {      {    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/}/     ,/   / ̄`¨¨¨¨¨¨¨´
.        _\       <::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /    /
      _/ _ /    __,ノ  ̄∠=-‐ァ/∨}∧   (_) /      /
      / { ( /      //>┐     /ニニニニヘ   /       /
    /   \  ̄ ̄ ̄ ̄ / /    :{ニニニニニ∧/        /
  /      ̄ ̄ ̄ ̄  /      /ニニニ/ ̄ ,/        /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ジゲンさんはある奈父(シルバ)より年上なのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

654 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:11:02 ID:dur3eFdo0 [33/56]

    /    /   // ∧シメヽ
.   /  ィ //    /iリ:V;;;i;|川ル`ヽ
.   /  /  /  彡イ /;;;;;;;;;从 リバ}
  /  /  ,イ イ    ''''''''  〉
. /  /彡 i´从         _i´
/    .,/ト,__         __r’   /:::::\
      / ::|   |_ ´ i'   〈::::::::::::::〉 l:| l:|
,,/ / /  .人___   ,!     `ヾ::/
 / イミメ、::   〉三ニテ'"    l:::::::::::/
彡 / ヘハ》`ヽ/          ̄ ̄
イ (::::::///:::....  \        /:::::::::ヽ
,ノ  ):(ヾミメ::::`ヽ ヽ         /:::::::::::::::〉〈:〉<:>
 /::::::::::::` ミ:::::::::ヘ ハ        ̄ ̄l::/
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. i       l::::::/ ___
::::::::::::/:::::::::::::::::::\::::::∧          ̄  l:::::::::::::! l:l l:l
:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\:::tェ             二二!:|
::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ∧         |::::::::::::!
:::〈:::::::::::::::::::::::::::::::;; ''"´/\         ̄ ̄
:::::{::::::::::::::::::::::::;; ''´  /  /\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     作中で、ジゲンさんが43、ある奈が19、その年の差が24

     ある奈とジゲンの年齢差は、普通に親子レベル

     だが、シルバとある奈の年齢差は・・・・・・

     30弱くらいの気がするんだよなあ

     理由はないけど

     だから、シルバとジゲンさんの年齢差は、
     『シルバの方がちょっと上』くらいが一番納得いく気がするwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

658 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:15:55 ID:dur3eFdo0 [34/56]

::::::::::\ -、::\     , -'"/       i//////////,//           /
:::::::::::::::ヽ ヽ:::::i    i:::/        〃i//////////∠__       /
::::::::::::::::::::\ヽ::、   /:::i   ,--  -、  〈;:/i/////////, -'"      /' ,..-'";;;;;;-
,,--‐‐-.、::::::ヽi:::::'-'"::::::i  , -‐二=- 、 ,-':i |:,,--、////      ,-'"/-';;;;;;/,--
 ,r';;ヽ  ヽ;;;、;;;i;:::::::/::://;;;;/  ,--、 ヤ;;;/  /::::ヽヽ'    _,,..-‐'';;;;';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. 弋:ノ   i;;ヘ:::7::,-:ヽy'::::;;;;;|  弋::ノ ノ〃 /::::::::7 /--,;;;'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヽ,_  ,,ノ:,-::::::::::-^ヽ'":::::::: ヽ,_, -'::/  7::::ヽ,/ / //ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::/ /::::::::;ヘ ∧  '"~  ̄  ̄   .7'" , -'"   ヽ'"~ ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::ヘ  i:::::::::y i i ,iiヽ   N、  、 ,〃/-t'":i      //,-ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::\i:::《::/    ii 》  i::::::ヽ i::/〈.7::(,;,,)::ヽ    ヽ^// ヾ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、::::::::::::::i:::::::::::::ヘ         l::::∧i/:::|`i::::[,,]::::::::ヽ        ,----ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,-':/::/ i,-、,-、::::::::::::ヽ    :::  ヽ-'" キ:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-":::/ 7::ヽ,,/::::::::,、::::ハ  :::::    ,--'"ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨〃 |:::::::::::::::::::::  '::::::   :::::::...   ̄キ'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::ヽ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧,/::/  7::::::::::::〃::::  ':::::  ':::::::::::::: ====、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::::::/ i::::::::.   '"   '::::::::::::::::::〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         魔王がキラたちの前に幻影で見せた姿が
         死神だったのは単なるはったり?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

659 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:17:12 ID:dur3eFdo0 [35/56]

        ぼくと  契約して      谷欠 亡月 を   開放してよ
                    ,‐- 、           王 ,   - ‐,
                      ヽ  `y ´  ̄ `  v、´    /
                       , ヘ /             ヽ、 /
                /   〉                 ∨\
               /   /l  ●         ●   ∧  \
             _l_   / .l                  lヘ   \
            /ニ, ´ `ヽ/  ヽ    ヽ-'ヽ-'        / .∨  ∧
              l ニl メ  ヘ   `>、          /  ∨  .∧
           /lニl ダ  l  /   ー  ―    イ    ∨   ∧
             / .lニl ノl´`ー y'             i      ∨    ∧
.           /  l -l  i   |                  !      ∨    ∧
         ∧  lニl   〉  !                l     ∨    ∧
          / ヽ ヽニヽ、/                 i     ∨    ∧
.       /   ヽ   ̄                   l     ∨    ∧
.        /     l             ノ               !     ∨    ∧
      /     `l ‐- ‐ ´    イ                 l       ∨    ∧
       /      /  `ー ― ´|                !       ∨      ∧
.     /      |        |             |       ∨     ∧
     l         |           |                |      ∨      ∧
      l       |        |             |      ∨     ∧
      l,wwwwwww,|        |                |       |,wwwwww,|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  まあ、突き詰めればハッタリ

  『どんな姿を取れば、人間に対して有利な交渉ができるか』とか、
  今までのループでデータがあったんだと思う

  ブンビーさんに『力の取引』をもちかけたのがキュゥベェであったのも、
  『髑髏姿ではビビったりしない』とかいうのがあったとかね
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


660 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 16:18:04 ID:o2eeoK060 [35/48]
魔王も案外地道な学習つづけてるのねw
続けざるを得なかったとも言うが


661 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:20:45 ID:dur3eFdo0 [36/56]

                         ,。ェcュ。、
                      ,。cfK,不ヽ>癸、_
                     ,rタ‐辷,ハ_{}_ノ` (メ)癶、\
                 }レイ ̄l |  l `゙ー-<又癶,\
                      /   /  //   |     \}Lh ハ
                  /   /  //   l| |  V  ∨仍 l
                     {   ////     l  | l |   Vi {, i
                    !   /./ ./ ト、  |         |リ |
                |   ||/   '、 .ト、 从ハ l.   !リ .|
                ト、 .| 7ミぇ、 \|  ー-‐''"l   ア |
                |l ,iヽ| `込ラ`    弐弌ヘ i. !ム. |
                | } {  `""     ヾヒメ} 〉l |フ/ {
                | l ハ.    l     `''''゙ } |i   |
                | |   |ヽ  ` , 、    U, イ !i   !
                | |   | l`::..     ..::::' l | |‐'"´ `ヽ、
                | |   | |  ̄`ァ‐‐'"    `! !        ゙'' 、
                | l.  ,| | ,, ''ー-.、 _.ノ | |          ゙` ,ァ.,
                | l /.| l,,''           / /     ,、     ,, ''   `  .,
                | l./ / /      .:    / /....,, -‐‐'―- ..,,_''       `  .,
                |..,.' ,/, ':::::\       ,/ /::/            ̄~~゙゙゙゙'''''''''丶 ` .
                 j.' ,へ :::::::::::ヽ   ,..://::/      ,.- .,_           }
                 ,.' , '   \::::::::::', /:::::::::,. ' /〉    j´     `゛'' .,,      ,,.ノ
.                / /     \:::::::Y:::::::Y_/::;ム-‐ ''"|           ̄ ̄
               / /         ヽ::::|::::::::::::, -'‐ァ    j、
.              /  {            Yj:::,. ''´ ,. ´    //
             i  ,.ゝ -‐‐-  ..,,_   j/    ` ー-‐ '"_/
              l            ̄            '"_/′
            !               __ ,,...,,, ___,,..ァ''"!
                ` ‐-  -‐ 、'"´              |
                        ',               l
                      ',               l
                      i              ',
                     /     j          ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        リリアーヌ姫とセイバーの胸は育ったか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

662 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:20:56 ID:dur3eFdo0 [37/56]

                                _,.ィrxュ.、
                             ,.r'タ´f//」c.ヌヽ
                         --'  ̄  ̄  ̄ ヽ(心
                       、.-‐'´  __,.r‐'"´    ト、  ヾf.ト、
                         ̄7 ̄, / / l   |l|lハl |  Vリヽ
                           /   l |/|||   リ j/_ -|l l  「リ V
                      , イ   l| |`ト||  /イ   | l リ、 ア  .}
                       |l  八{ ヘl |l / /   ノノ ./  |l   i
                      | | l | _彡j| /   ミ=彡 /  /ヌ ;. |
                      | | | |  ̄   l         /  ムノ / l
                       / l| |l|             /// ‘7´/ l !
                    / 八 |ヘ   ー――'  /イ/ / /  | l
                       / / / ヽ ヽ          / /, / / l  | |
                   / / / / / ,\       イ /// / .|  ! !
                    / / / / //  个ー___〃/ / /   l. l l
                    ,.イ / / / /   ___,,.|     / ,' //≧ュx.、l !
                   / / / / / /,.:<::::〈.´    ./ / /:::::::::::/   ヽ'
.             ,.ィ ´  / / / /,ム:::::::::::;:ィ:::;:‐;::‐:|. l  i:::::::::::/     ',
              /   , / ム:':´::::::::::::::ヽ;:<:::::/::/:::::::l |. lヽ::::/      i
           /    / /:/::::::::::::::::::::;:':::::::::::;':::;':::::::::::|. l  |::∨        .|
        /   ,.イ ,. //::/::::::::::::::::::::/:::::::::::::i::::i::::::::::::::l |. l:::i         |  __
       '   / / i::i::::l:::::::::::::::::::::j:::::::::::::::|::::|:::::::::::::::l. |  !:::!,.-、r'⌒}「 ̄7´ ,ゝ
.      /  ./ / /l::|::::|::::::::::::::::::::::|::::::::::::::|::::|::::::::::::::::|. l. l:;ヘ  }  /  / /
     / ./ /´ /八:l::::l:::::::::::::::::::::li::::::::::::::l::::!:::::::::::::::::l |. !::;'l__´`__´`__´_{
    ./ /     /::::::::::.ヾ;::ヽ::::::::::::::::ノへ:;::::::::';:::';::::::::::::::;:| l. l/ .|::::::::::::::::::::::::!
   / /   ,..'::::::::::::::::::::::::>===彡'::::::::::::>::-ニ二ニ´´::!,l /  .!::::::::::::::::::::::|
.  / ´   /:::::::ヽ::::::::::::/, 〈:::|::l:::.:::::::::::::::::::::::::l::|::::::::::::::;/,.イ   l::::::::::::::::::::::!
       /::::::::::::::\/ / /l::::!::l:::::::::::::::::::::::::::l::l:::::::::/:::::∧.  !:::::::::::::::::::::l
        /::::::::::::::\/ / / / |::::|::l::::::::::::::::::::::::::!::!::::::/:::::/::∧  !::::::::::::::::::::l
.      /:::::::::::::::::::/j/}/l,/   l::::l::i:::::::::::::::::::::::::l::|::::/:::::/:::::/:::::\. !:::::::::::::::::::l

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      結婚して子供できたら、普通に育ったよwwwww

      二人とも、ねwwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


663 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 16:23:11 ID:o2eeoK060 [36/48]
なん・・・だと・・・

664 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 16:25:08 ID:MLCXfRRA0 [8/13]
い、今起こった事をありのままに話すぜ
「リリアーヌの胸が育った」
なに言ってるかわからねーと思うが、俺も訳わからなかった
原作改変とかそんなチャチなもんじゃねえ。もっとありえない事の片鱗を味わったぜ……


665 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:26:50 ID:dur3eFdo0 [38/56]

               ,..-=ゝ.,_ノ''ヽ_,,....、
             r''='、,...、_,,..r=''-、 ,. 人-、、
            ,.=゙,':::.. l じ'_,,.!、:::_,ソ`ソヽ、,.. .(.、
           ,.r,.、',r''"`´'`    ゙`''ヽ<:´ ゙、 ,;ヽ、
          ,ゝ' /  ,  イ l      ヽ、::ヾ:.`(゙!
          ゝr' , l ,' ,'l  |  ,!  , l   ゙、{;'..}ソ l
             ,'  l l l ,! ! ,'i' ,'!l ,'!l ! ,!  ! l^'"  !
             ! l ! l l! l !l ,! /,.! ,'_l!/,/! ,' /、  l
           ! ゙、!゙、!| l l! !/",'.=、/' ./,.//,^、゙、 ,'
              ゙、 ヾl!ri-ミ   '´ゞ:;ツ,ノ'ノ  。) ,ノ ,!
            ヽ、゙,. ゞ''          r'',..'" l、  ,
              ゙、  、    ""   , `l   、ミ=-ソ
               ゙'、  、-,.ァ   ,.:... ,.!  , ゙`''ー-ッ'
                 ヽ、`''  ,..:'":,..ノ ハ、ヾ、-‐ '"
                  ` ー、'ゝ: ,.'     ゙'t' ̄
                     ゙!::y'      ゙ハ、
                _,. ,.、. ,..、〉::!   _,,,.. ,ノ/ ::.ヽ、
             ,rー-ソ:.゙´,.゙ ,'  .゙7-r''"  ! /  :  ミ 、
            ノ) ,r‐'"  ,'  :. ,ゞノ::..  /,/   _,.、 ,ゞ)
           (゙-' ,.ィ' ,.rッィ'',)y':../ !`ト、ノ,イ  _,. ,':.:: l,ノ::,ィ、
          r',..、'_,// ,..'rッ,/O ,'.: l  /  ゝ,イ::;..ィ''"



                      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /:::::::::::::::::::::::::/:::ハ::::::::::::::::::::::::.
               /::::::::::::::::::/::乂/::::/ |:::/ヽ:::::::::::::::ヽ
                 ノイ:::::_::::::::/::/  `メ -}/  {ハ:::::::::ハ}
                  ノ:::/  ∨   セ㌘ア    `ー|::::|
                    }::|  (              t㌘ァ|:::N
               八:ヽ __        _  |    ハ}
                }:/::::i    _        ´   /
                  /:: \:::..   `ー‐---   /
    _ ______く :::::::::::: \:::.           /
.  /:::::`ヽニニニニニ:ヽ :::::::::::::: \:::.....  _ /____
 /::::::::::::::::::::ヽ::::::::::ヽヽ:::::::\ ::::: /イ/ /_ ̄       ヽ
./:::::::::::::::::::::::::::\::::::::}-i::::::::::::\/::://:/ /  ,        l__
|::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::j_|::::::::::::::::l:::::::> ヽ_ /  / ,  __ ノ ∨ヽ
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::} j:::::::::::::::::::::::`フ\`ー´,_/ ィ´ヽ  /:::::::::::}

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   メル(ショートカットのメイドさん)とマスタング大佐ってどうなった?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

667 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:27:31 ID:dur3eFdo0 [39/56]

                       _
                     ,-';´;;;;;;;;``ー‐;,、
                    ;';,,,,,,,,,,....;;;;/|;;;;;;;;ヾヽ
                    l;;;j;;/‐廾/ |N;;;;;;;;l
                    l;rリ  ̄  ヽコ;;;;;リ
                    ヾ,i  ,..., '  /ハ!
                     ト、 '、_,ノ /
                    「``下ァr'"┴、
                ,,...、 - へO/V∧, -'´ミゝ、_
              r'´i≡ /   。 ヽ、    `ヾミ入
              ノ  l //    ,'  o )       ヽ
              ',  |//-大ー-'    /___,,,_ . :   |
              /ヽ,| /フイ「フ    /  ̄「「'' :::::/ /ヽ
             l  i ;レ / ||'    /    l|   :::/  ',
             |  l /  ト、_o/    ∥   |::.::   ',rヽ  _,.,,
         __ノ _レ   ||        l:|   |:::   ,,ノ //  '-r、
    (ニー'⌒ヽ、 ヽ、   ::|   ||       l |   |:::  /,ィ ,ノ     ''¨
    ,,.,7、._  ヽ::: |  ..::l    l|       |l.   ト:::::l l::l  ゙  ,ィ'´
   (,、     ,... ,}  l :::::::l====L…――――L__l |::::||:::l_,.../;/
    .ゝ-ィィー'"ノ::::/ , -' l``… r-------r r--'ヘ  ヽ-'、::::::::::/
       ´ヽー-…' ´  /  / /  ,' ,'  l l ',  {ノ     ̄
               l   l |   ; ;   |. l   '、

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     んー、まあ、あれだ

     サキさん&ロックと変わんないよwwwww

     まあ、マスタング大佐の方がロックより女慣れしてるんで、
     その分こっちのカップルの方が、
     女の子がやきもきすること多いけどね

     多分、ロックとは仲良くグラスを傾けながら、
     独身時代の気楽さを懐かしんだり、
     大変だけど充実した結婚生活について
     語り合ったりする仲になるんじゃないかな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

669 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:30:11 ID:dur3eFdo0 [40/56]

                  __
             _ -  ̄     ̄`  、
            /             \
           /     /       /    ヽ
             ,'  |   .!    .:   /     / !:゙、
          l::. r=、、...:::l:   .::   /     /:. l:::. !
        _,r|=、{!_!_!}_|::.  .:::  ,' , -─,イ::: 7::!::l|
        {!´l....>::::::K ̄!}::..::::::  ! /-;:_' /'l:/L:!:∧
        ヾ=rk:::::::::,イ=''::::::::::::.  l/,ィチoヾ/' ;リ゙/ 丶
      r─‐‐k_ゝ从゙ ゞ}゙ヽ::::::::::.. |‘ヽ{ソ  ({_
      l__:::::::::::\ヾ=}、ヾ\::\:. ゙、\ハヽ   /
      ,r≧-\::::::::::ハ \`ミ  \!`ー゙ゝ 、 ノ/
     {:::::::ヽー-ヽ:::::::::l ⌒i{   ` 、....._ /
     ゝ、:::::ハ::::ノ::::_ノ  ,.}     |、_ 刈)
      `ヽ:::::::ハ ̄   /!l      {\ ̄`ヽ、
r'二ニー─‐ノ_ノ   /  、ヽ ー - ´ヽ    ゙ .
ヽ(  ̄ ̄ ̄     /‐  ヽ   \      \   l
  \         {    l 、 ヽ\、,-.、r.、r'ヾ、  |
             l    ゙.丶  \\: : : : :_;,;,;\|
            |     `l     、ヽ'"   ヾ  ` 、
            |   !   |      . ゙,    ゙.   ゙,
___,        !   ゙.  !        | !    ,   ;.}
::::::::::::::::ヘ       |   \ |      ! '   ,、,、,_,.イ__  ,r彡、.........._
:::::::,-─:∧       i    `{      ,'/ー''`´: : :.i ,'     ̄ヾ`""" ̄/          _.....().....__
 ̄   ∨∧      l  - _ ヘ     {.!: : : : : : : :l l--──‐fゝ、ー‐ァ'        /'ゞ´ゝ──''´_ゝ,r=;
     ∨∧     ゙、  _ 二L__   l|: : : : : : : :l |       `" ̄         {l. !  _    {   j´
     ∨∧     ゙.  ´     /ー-L:_:,、:,、_l |                  ヾ!  (・_ノ)  ヽ-/──
.       ∨∧      .      /     ` ー─‐ '"´ ̄`ニーァニ=ー-、-──… ̄ ̄ヽ、     ノ
        ∨∧     ヽ___  |____    _____   `三≠─‐''´            ̄ ̄ ̄
       ∨∧___/   ̄‘   ゙l ̄ ̄:l ,、,!、| ` ̄(゙´
:,     _, -≦'∧----/        , |,、,、,、r’~: : : :ヽ、─ヽ、
∧_, -≦´::::::::::::≦ヘ   ,'        l !: : : : : :トー'`~ ̄\ー≧‐- __
≦≧:..._:::_≦-'' ∨∧ l         l |:_ノ゙`ー''. : : : : : : : : :`:ヽ、       ̄ …──--

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            マミさんの妹分ってキャラは誰?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

670 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:30:29 ID:dur3eFdo0 [41/56]

              /:| |: : :/ : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : :| | : : \
            /: :| |/ : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : | |: : : : : \
       /: : : ∠: : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : :∨/: : : : : : : :\
       /7: : : : : : :∨ : : : : / : : : : : : : : 'l : : : : : : : | \ : : : : : :ヽ : : :|′ : : : : \ : : \
         : : : : : : : :/ : : : : / : : : / ⌒/│.: : : : : : :|:⌒ \: : : : : i: : :.| : : : : : : : : :ヽ ̄
.      /: / : : : : : : : : :/: :| : :/ : :|: :/ 八 :\: : : :|\ : : : : : : : :| : : |: : : : : : \: : :
     //|: : : : : : |//: : :| : : : : :/|:厶_  丶: : : : :| _\:|\.: : : : :|八: : : : : : : : : : |
.        l : : : : : : : /: :/|: : : :./ィ爪⌒   \{\|'爪⌒ト  ヽ: :| :|´) : :| : : : : :|\|
.        | : : : / : : |/:l: :| : : 〃 |レ{::xj|         |レ{::xi| ヾ:|∨: |/ : : :l :∧: :│
.        ヽ : /| : : 八: :| :ルイ  弋たツ        弋たツ   |: : : |: : : : |/   : :|
.         ∨│ :  ヽ|: i: : :   、、、、      ,      、、、、   : : :/|: /\|   ∨
              |/    |八: ∧       ____        ∧ / :|/
                 '. 个      V   ノ       个 /
                   ∨    >         <   ∨
                 __ ≪{ 、}≧=-、 ̄-=≦{  ≫、 __
                /    Vハ  \   | |   /  ハV    ∧
                  ∧    Vハ___xベ^)____ハV    / '、
                丶   く:::::::::/ ーJ:::⊂ニヽ::::`>
             /    ∨   }::::::{  ー }:{二.  〉:/   ∨    \
             \    |   {:::::八  ー勹|{.ー /:/    '|    /
              \ ー-     ̄_〉  jハ厂  「      ー¬/
                ヽ、八   /乂  ,ノ {  /\   八   〉
                〈  \∠|    `く|   >、/   \∠   イ
                 |  / Z|      |  │     /圦
                      圦    /  ∨    /Z  \_/
                 人     Z>ー/     \ー‐くZ    人
               /╋\__/⌒^       ^⌒\_/╋\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  この娘さん
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


671 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 16:31:21 ID:o2eeoK060 [38/48]
おめ、そして尻に敷かれた旦那同士の慰め合いwwww
いやお互いの奥さんに不満なんぞ全くなさそうだがw
メルは嫉妬すると冷徹な態度をとって、それをマスタングがゆっくりほぐす(色んな意味で)関係になりそうw


673 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:38:21 ID:dur3eFdo0 [42/56]

               へ       へ
                /          /.   \
               ,    ‘     ./     ヽ
.               ’      ,  ./        ,
            /        }____{.        ‘,
.           /                      ‘,
          /                       ‘,
.         /                        ‘,
        /    __          __    ‘,
            イ:i:i:i:iハ.\       //:i:i:i:i:ハ. \.   ‘,
       ,  / {:i:i:i:i:i:}  .〉.    〈  {:i:i:i:i:i:i:}   〉.   ‘,
       ,   \. Ⅶ:i:i:iリ. '.      ` Ⅶ:i:i:i:i/ /      ,
      ,      `¨¨´          `¨¨´          ,
     ,           ゝ __,人___,ノ               ,
.      ,            |:i:i:i:i:i:i|                 ,
     ,              .乂:i:i:i:乂                ,
.     ,               ̄__                 ,
    ,               {  \                ,\
    {                 ヽ   \              i.  \
..  /|                   \     _         |ヽ.   ::.
 / .:|                   \      =-   __ 彡'   .ノ
/   .|                       _                 /
   ./|                         ≧=-   __ ./
..  / .|                                   |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 『やる夫のハーレムブレイド』の場合、
 王妃とフラグ立ってもこくおうが魔王の手先って設定になる訳じゃない?
 
 やる夫と王妃が結ばれたら、
 シャルルのおっちゃんはどういう扱いになるのか?
 
 それとも魔王がちょっかいかけるのが、
 キラじゃなくてシャルルだった場合が王妃とフラグ立つ条件なのか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

675 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:39:15 ID:dur3eFdo0 [43/56]

                             γ" ̄ ̄ ̄`v' ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               ,,____,-、         /  ,,           は   'i
             ∠、_,,-─`;i        ,l キ  ド     い   'l,
  、,从,、,        /ヲ;!::!令、;/'l      l  モ  エ         ,,   ,|
  } ギ 《      c,!`''<、 `- '゙`lリ>   < "ォ  レ     そ   ,|
  》 リ .{       ,! ト='ニ) イ |      l  l   l        こ   ,|
  } ッ 《      ,! E=ミ,ノ l |        | イ         "    |
  ~/v'`       ヽ、     |        l,  ゚     ,人       ,!
              ス[F二ルニ]/~つ、  ヽ、,,__ノ  ヽ、,,__,,ノ
            /~,,_,,-─'"(`っ`l、リリ
          /~二__ノ''リ`-'"イ ヽ
        / ̄ ̄  ,,/  、'i  /L ,,ゝ
       /,,-┬┬''||    `i'   ノ !, |
  、,从,、,// ,l':::::L ||;;;;||    ,,,ト-'"  レ
  },ビ 《/  /::::::|レ、||;;;;ヽ    l ┃┏━┓
  》 キ .{  :::::::::/ス イ、;;;;ヽ     :::┃  ┏┛
  { ッ ゝ:::::::::::::i':::::/::ヽ、;;;;ヽ、  ::: ・  ・
  ''/v'`/ :::::::/ ::::<_(^^)=ヾ;;;ヽ!:::::::


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       魔王がこくおうを魔物とすり替えるないし、
       国王を魔物にしてメイプリーズを乗っ取ろうとした際に、
       女王シナリオが発動するわけで

       その場合、国王は完全に『魔物側』になり、
       排除すべき障害になる

       ただ、そういうシナリオやる場合は、
       国王、女王共に配役変わると思う

       国王が上のように変化して・・・・・・
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

676 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:39:45 ID:dur3eFdo0 [44/56]

                               イ,. -‐-‐-‐、-、 、_
                          xく)' ノ        ) } } _У`ヽ
                     _,.≦Y笏Y))く  `ヽ`ヽ Y _」」」// `丶
                     ((夾フノ) x.::::「 ̄ ゙̄``ヽ:::''"::::::::::::::{‐-=ミ   \
                   /(__彡/.::::::::}:::::::::::::::::.ヽ:::::::;::::::::::::::';::::::::::ト、   ヽ
                   xく⌒Y゙`Y::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::Y.::ハ::::::::::::::::::::::::::|:.    ゙,           /
                 ( xく笏Y))|::::::::::::::::;::::::::/.:::::::::::Ⅵ/:::';::::::::';::::::::::::八{     ゚.        /
                <((弋うノ(_j:::::::/.:::/.:::::/.:::::::::::::::! il::::::l:::::::::}:::::::::::::::::.\   ゚.      '
                   / (ノ乂彡く/.::::/.:::/.:::::/:::;/_/_;|::;゙ 八::::l:::i:::::}:}::::.ヽヽ\::.\  ゚.     /
              /   (ア⌒7.::::/.:::/.:::::/ィ:/l/{::/l:i   !::ハ「i「::}:}i:::::::}:::}∧ヽ::::}  '.    /
                /       イ:::::/.:::/_{:::::{:/ixf行ミ八  ノイノ-ノノノj:::::::}::ハ::∧:.Vヽ  ヽ_,.イ
.               /     〃〃.:/.:::/{八::::i 化r'..:i{      ,. -=ミ イ::::::::}:::i|:::;ハハ} .イ ' |
              /      i:{ 八:::{:::/{人 ハ::l ゞ゚''"´           ノ:::;:::/i::ル' ノ ,斗' /{  |
.             /       八ゝ ヽ:::{::::::::{ヽ、ゝ ' '       `  ' '-‐彳/, ァ'7フ´  / {   、     
            /           )::::):::)ヘ:::人::::::O、    r‐ーv    ,.:o:::// / /    / 八   ヽ      /
.           /        (/(´  〃〃)ヽ::个    、_У . イ((/;′,  ,'    /   ヽ      /
          /            (     八i:{   ):人j >   イ{:ノ人/  l  l  ' ;  /     \ _ .   ´
.         /  /         i-‐‐-=ニ二 .... ノ        ̄ /  l  l  l l  ;     . <゙丶、
        /  /            l     丶、             /    l  l  l ; ;゙  .イ    \ ヽ
.       /  /               l          ` ヽ     /    | l  l  /´ / /      \ ヽ
      /  /            l‐-ミ ,                   |  」Lムィ゙ / /        丶 : :.
.     /  /                l‐-  ヽ                 ,。O´; ; ; ; ; ;ヽ. /          丶: :.
     /; ; / ,      ′      「`ヽ ハ       `ヽ   /; ; ; ; '゙ `ヽ   ヽ               ; ; :.
.    / : :/ ; ,    /       「`ヽ }i厶 -‐…‐-    _}_ ,. '; ; ; ; '゚`ヽ   ゚:.  ゚,       . : : : : : ; ; : :.
   / : : :   ; ;   / _   -‐  |ァ=ァ'゚; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; '    i    i   i     . : : :       :.
.  / : : : : : : ; ; .  / У        /_彡'; ; ; イ `ヽ ; ; ; ; '゚ `ヽ; '゚      }    }  八 . . . : : :            :.
  / : : : : : : : ; ; : :  /        / |  ; '゚   {    {'゚           }     }  /  \: :  丶  \      :.
 《/ ; ; ,   //. : :〃二ニ=、   /   ! i゙   ゚,.    ゚:.、           ;    / /〉   丶: :  丶  丶     i
 《 ; ; ; ,   /. : : i{  ニ=ミヽ. /    八    ':.、     丶.         /   厶イi{  丶  丶: :  丶: : 丶 :  i


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               女王様はこうだな

               あ、これ女王EDの一コマね
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


678 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 16:47:48 ID:2hPwrqP.0 [9/12]
こくおうの魔物とのすり替えとキラの反乱計画は
ループによる変化みたいな物と考えた方がいい気がする
ガルガンチュアがどっちに手を出すかみたいな


679 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:49:11 ID:dur3eFdo0 [45/56]

             /:. .                     ヽ
           /::::::::::::::::.                      ',
             l::::::::::::::::                         ',
              l::::::::::::::::    ::.   ..               _i_,,. _,
             l:::::::::::::::::.    :、:::.. :::::::....    ::.      ..:::-‐'"´/
             l::::::::::::::::::::.   、. iヽ、::::`; 、:::::::::::.:.. ヽ、_:::..................:::::/
            l::::::::::::::::::::::::. ヽ:.'、 `ヽ'、`''ー-;:_:::::\ゝ-r---‐弋
          ノ::::::::::::'、:::::::::::.  ト、l-―――''´"  ̄`゙` l::::... ゙ヾ‐ヽ
          /:::::::ヽ:::::::ヽ、::::::::..ヽ`     _       =ミ彡l:::::::::::.. ',
         ,'::::::::::::::ヽト、:::::`z 、::ヽ==彡´///////  l::::`r 、_:::.',
         〈:::::::::::::::::::ヾ,て`‐;-ヾ``           /::ヾ゙`  `゙`
         ヽ;:::::::::::::::... `'''‐`--.、            _′/\ ヽ
           丶、::::::::::::::...  `‐;;-丶     -‐;;;;;'/::::::...ヾ`
          ,.-'"´`ヽz-;;;::::_::::::....\`‐- ,,,.._   ∠ -z‐弋``
        /         ト ̄`゙`ヽ   j`゙"´      ヽ、
       ∠__        /l         /          丶
    _,,..-‐'''"~  ̄`丶、    {       /     _,,....................ヽ
   /              \  l    -‐7 _,.-‐''" ̄      / /``-
    l         _,. -‐''′ ',      /  ` ‐- 、        / /
    j  l      /        ',   /       >    / /


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   質問というより確認だが

   『王妃様も色々寂しかった』と言ってたが、
   要するに溜まってた? 欲求不満だった?

   特に若い男(やる夫)とフラグが立った場合、
   妄想が加速してムラムラ辛抱タマラン状態までになり、
   王国最高の貴婦人が『自分の部屋に忍んできて』と手紙出した時は、
   既に何かが決壊してたよね?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

680 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:49:40 ID:dur3eFdo0 [46/56]

       / / ニニ==‐-   Y   -‐==ニ   \  \
      /  /    =‐-   ミ | 彡 ----    ヽ  }
     {  /      /\, へ   ,ヘ /\へ、    }  |
     ノ/   へ/У     \i/          \ |  |
    ´Y   /      / .     ,、     \ \   |  |
    / ,.  , ,  /  /  ノ  .爪/人  \   |  ヽ  |  |
   ./イ   / /  ./   ヽ |  /    ) i  )   ヽ .|  |  |
    | / /  ./ i   } ヽ/    /ノ| ./ 人   } | .|  |
     {  .! ヽ. .ト、 ミ.___ト_|__,      .__|ノ_|ノ_ヽ .| | |  |
     \|\|\| \|ヽ|____,       ,____   )ノi | |  |
      | |  {´}.|  ,ィ卞Ti.、`    ィ .卞 圷ミ.  ||ノ|ノ i |
      | |  |〈, |、《 辷乃          辷乃 》 /|ゝ } .| |
      / .|  ゝ, | ,                    ゚ /|.| ノ .| |
.      /  |   | | |        l         / .|.|.   | \
    (  /|   | |ノ `、                | .ソ   ヽ  丶
    /)/ | /  | | 、    -―-        | i|    \  }
   / /   ノ,   .| |   >         イ\__\      \|
  ノ ノ  /   /  / |  > _ <   У .ヽ(  ) \   )  \
 {  //    /  ./.   ヽ        /    ヽ ̄ ̄ )  /    )
 \(ノ{     /  /.     \      /      ヽ. / //  /
  /|_\   (   ./    _,. - ._\__/_,. - ..,,__    ヽ//  /\
 /  |  \  ヽ/_,. -'''"\  \|  /  /  "'''-  ._}   ./    ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     バラライカが若いころに関して言ってた『寂しかった』は、
     ホントに言葉そのまま

     まあ、人質同然に実家から連れ出されて、
     将来の結婚相手って言われたのは一回り以上年上で

     その男が自分をべったり構ってくれればまだしも、
     仕事に忙しくて日中は話すこともできない

     これで心細くならんわけがない
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

681 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:50:01 ID:dur3eFdo0 [47/56]

                   __  /⌒こ⌒>、__
                   ,rv(_{_>≦:::::::::≧<{ >、_
             _,rf笏「:::::::`'<{_{_>'" ̄∨_/ \
               j爻彡/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ{:::: : .、丶
             ((刹:::/:::::::::::::::::::::iV7:::::::::::::::::::{::: : : :ヽ 丶
             _幺l/.::/:::::::::/:/:::};;{:::::::::::::::::::::{::: : : : :i  i     ┌―――――┐
            ⌒ア.:::/:::::::::/:/::::ノ八::::l::::l::::::::::\: : : :|  i     |          |
             ,〃::::/::::::/{/「{::{  }:::「八\:::::::::ヽ : |:.  i     |  (⌒'⌒)  |
           {{ {::::{:::::::N,ィ灯心、 ノ:ノ灯心、}::}:::::::ヽ|/       |  \/    |
           `个::ゝ::::人 ヒ:ツ     ヒ:ツ´りぅ)::::::::人  ゚,     └/――――┘
                !〃〃ヽハ :::::  ,  :::::: _彡イ(::::::( ゚,。)ヽ  、
                !{{((::::(人::、  、 =ァ    /::::::ゝ、:::::}_彡   \
                !  ))(`ヽ个  `   .イ{:人(  _)人 ゚,。      丶
                !  ( ) 人::::i≧≦  匕>'"    `゚,。、      \
                !  ;。    _彡|    /        ゚,。:.     丶 丶
             ,!  ;。 -‐<_   r一          ゚,。:.      丶 \
                ,'!ル' i      `               ゚,。:.       丶 丶
               ,' ! { ! 、                  入     ゚,。:.       丶 \
            .,' i l ! }     : : } . : : : : : . .    ヽ   ゚,。:.  }      丶  丶
              ,'  リ j/  . : : : :,′        ヽ iヘ    ゚,。:.  }    }    }    \
          ,  /, '       ;             Ⅵハ___ 彡'^勹⌒'勹⌒'勹⌒广⌒
          , { //         {       .:.::::.:.:.  リ≠'.   /   〉       ノ
           /  W        _j|:.、     .:.::::ッ::.:. ノ{/   X !// {      厂
          ./  {{::::::.:.:.     ア圦⌒´>―‐<⌒V{ /_ .斗=ニ二´、   ノ
         /  ノ八ッ::::.:.   /爪{{ }〃        `'マK//〔 /⌒     〉 厂
        ./, ~^'~ヘ、   /  l/》W            `'<^7       イ彡
        ^(         ≧=く ノ ノ厶仏{         ヽ、    `    / 人_
       ` ーz_     ミア^ニ〔 ̄八八          丶    ` <⌒))
           `ーz‐-ミ{r笏爻r笏爻ハ           \   i } 》<(
               '⌒f笏爻=彡辷=彡入               \  | } 》 \
              f笏爻=彡f笏爻f笏爻ミ\             ヽ  } \  ヽ
               辷=彡f笏爻=彡辷彡'フニ\               ゙マ   ⊆ユ、

682 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 16:50:15 ID:dur3eFdo0 [48/56]
               f笏爻=彡((笏))刈彡仁{/\              マニフ^ \\}
               弋=彡((笏))刈彡仁ア/   /ヽ             ∨     \}
              (/ノ辷彡仁ア⌒Y゙   ノ{/   :.、           :.      }
                  ><ア⌒^⌒'く{ { { {~'′  爻:.           :.     ;=
             . ≪     ``ー--‐{ ムヽ)   `ヽ ヾ\         :     .仁
               \           ̄       丶. _ \          ..イ二二
                ヽ                   ゛\         マ二二二
 /               》                    ノ ̄\       マニニニ
/                   _l|               _  -=≦二二二\     ゙マニニ
         _   =-‐        ̄    ‐-=ニ二三三二ニ==-‐ '′\     ヽニ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     でも、これが
     『 女 王 ル ー ト で の 話 に な る と 全 く 別』

     もう、どう考えても双方想いを寄せ合ってるはずなのに、
     ヤリたい盛りの若い男が忍んでこないwwwwww

     これはあれか、やっぱ若い娘のほうがいいのか、とか
     いろいろ考えちゃったあげくに・・・・・・wwwww

     恥を忍んで誘いをかけて、
     もう準備万端でベッドルームで座ってる訳だwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


683 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 16:51:36 ID:o2eeoK060 [42/48]
いや若い頃じゃなくて魔王事件リアルタイム時の話でしょ、流石にw
分かっててはぐらかしてない?
しかし王妃様も一歩間違えばフレイ王妃だったか。
なにがきっかけか分からんが愛が育って良かった


687 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:02:31 ID:dur3eFdo0 [49/56]

                     __
                ,.-‐''" ̄    `丶、
              ,.‐''´            ヽ、
               , '                 ',
            /  .  .       :.       l
           j : .: .: ! !      :::. .    : l
            l : :: ::i:l l  r、   :::::. ::.    ::.. ',
            l:l :. :::l :/j'1! :. l ',:  :::::::::::.   : ::. ',
            l::i;.::::::i::l,ヘ,l :.i :. l.ハ:  ::::::::::::::.    '、'、
           l:ハ::::::ト;:!} l::ハ:::.:!| .:::::::: :::. ::. :. .  ヽ',
           リ ';:::l',ソ__/' l::;::! !:::;l::::::: :: : ::::. :::. :. 丶
               ';:l `  て !:lリ j://::::::  .::. :i、::.i:::. ::::. ',
                 `l    `l:l-'//: .::: .::: .:::.::l ';:ハ:::::i;:::.:::l
               _    l' //.:::...:;:ィ:.:::/l:/ ' l::/jハ;:::}
            r-r'、ヾ、   /イ:::://::/ '′  j/  ヾ、
            l l〈 }  ヽ / /‐''´ /''´           ヽ
               ', `ノ   ! l                  l
             {     l l                     }
             丶    `1        j        l:::  j:  /
               丶  ハ     |      /:::  {:. /
                y'´  !       l      /::::  ` /
                /   l     l            /
                ,'     l       |      /.  /
                 {    ,1      l      /:: /
               ヽ   l l     l     /::: /
                 ` -| l      {      /
                      | l      }      ,'
                    l }     .!     l {
                        Y    l      i  ',
                      j    j    |  ',
                    ,'    /        丶
                   ,'     /      、    ヽ
                        ,'    ./       丶   丶
                  /    /             ヽ
                  ,'   ,'          ,     ',
                 ,'    /           ,     ',
                 /   /             i       }
                  /   /                |    |


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      >>686

      そこを指してたか、申し訳ない

      EDでも触れてたけど、女王陛下は出産適齢期の
      女盛りなわけで

      そういう欲も人並みに持っている

      それが、旦那があんなになって、
      ペット的に愛でるならともかく、男として甘えるとかが
      強制的にお預けになってたんだ、
      そりゃ元に戻ったらイチャイチャベタベタしたいし、
      夜にはべったり甘えたいしで・・・・・・

      『溜まってる』意外に言い様はないわいなwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

688 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:03:20 ID:dur3eFdo0 [50/56]

               ,  /{ /{,/{A、,4{,/{_,;i ,; ,4
             /{./{ {'/,;,;,/ ,;,;,;,;,Ⅴ,;/,; ,/ ,; / ,{/{ ,
           {';, { ,;,;,;,;,; / / / / /,;/ ,;,/ ,; / / //;{_,4{_
             _{', ヘ,; ,;,;,;,;, { ,;i ,i ,;,;{ ,;| {' ,;}`゚ミ ,;,;//,;,;,;,;,;,; ≦z_
          {,; ,;,;\,;ヘ ,;,;}-,;,;A,;,;,ハ}ル,;}ヘ}  `ミ:.、,;,;,;,;,;,;,;,;,; {´_
           ソ,;/,;/,;,/{,; ハ,;, { }/  }/ ´    7,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
          _},;,;,;,;ハ,:l ヘ{ ヘ{   _.::≦:.、_  _彡´`ミ:.、,;,;,;,;,;,;ヒ,
          ノ,;ヘ{ ヘ{  /{_,....≦Z≧´¨゚ ̄  `ミ,;,;,;,;,`゚ミ:.、;≦._
          _ノi  ` 」  寸弩'’_,.。:-=≠7'   `寸;,;,レ' ´.Ⅵ,;,;ヒ
            -}レ,;zZ{、   ;_ ’ -==彡'     佳', '’- Ⅷ;{_
          ム゚´_≧イ  _               ヒ _} i.|,;,;7’
             ':.,゙´¨}´ ̄                ){ ,.:'’,:.{_
            |! {、`   .、             ;j{_イ,;,;,;,;,ケ
.             i ,::::ヘ;,、k、'             |!  Ⅵ,;,;{´
  :.          ':, .:.:.:7_ _            ,}'  彡jヘ{、
  :ム             ';.:.:.ヘ/´-´ ̄          /  彡_....ヘ___,,,,,,,,,.
  _ ム.          ゚;.:.:_ -='´ ̄        ,.:'/   ,.: ' ’ , , , , , , , , , ,`ヽ_..,,,,
  ' ″ム.          ';;'´         .//,:'’ ' / ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;心、
  :.,7'’ 'i:..          1 ,.;:≠:......、 ,.:≦/::/ , '’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;Ⅳ´
  //,,'’ _':.、      ゚:.、{___.:≦´:/: :,.:'/ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;≧´
  ’マj:;{ , '’  ':.、       `¨¨Ⅵ\`ヽ: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,; >´
..    'マ/,, , , ,.:'’ミ:.、   ,.:'’i;,;,;,;}ム: :>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
     ゚マ,;,,,.:'’ ,,.: ' ’、.:'’,,; ヽ、-=´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´
.       ゚マ;,...,/ ,.:'’},;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,
.        ._゚マ_,.:z≦’}'’≧-≦,;,;,;,;,;,;>´ ,.:'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;
      ,'’;,;,7 l'’//{、≦,;≧=- ,;,;,;>´ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/
    _ ,ノ ,;7'’ /,;,;ソ,;,;,≧=-  _,.:七'’ ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,/
   { ,;,;,;,;7,; ,' / {ト;、,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     自警団団長がガッツで
     分隊長がブラッドレイなのは何か理由があるのか?

     年齢はブラッドレイが上?

     ブラッドレイ国王とガッツ騎士団長はどっちが強いのか?

     指揮能力は確実にブラッドレイが上だろうけど
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

689 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:04:00 ID:dur3eFdo0 [51/56]

`゛¨ '' ‐- ...,, _
:::::::::::::::::::::::::::::::::f ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
≧=-‐‐-- -  一- ゙;
             !
    ヽ     ` :. 、 ヽ
     ノ     ‐- ) /
   く   メミミミミ彡゙t ` 、
    ゙ /´ -t-kj ! ヽ、. `.、ー- ..._
          _` -ノ  r ゙   ヽ:::::ハ  __
. λ.       `´  t _ -.. _ノ::::|/ハγ  ヽ
 ̄ ヽ - 、       /:::::::;;;):::::::.l//ハ≧=≦_
   ´  \.     /::::::/_ノ:::::::::!//.ハー一ヘ:::ヽ
 /       ̄ ヽ |:::/ /,ii`z、:::::|///ハ、 ヽ/ヽ::::::.
 |         _1. l/   ,从ミx、::i///ハ:ヽヽ/ヽ::::::\
 !    /     `ヽゞベニミミミニヽ、///ハ::::ヽヘ ヽ::::::::.
    /.       爪从从彡ニ-一`丶ハ::::::ヽ ノ ヽ::::::l
          1 /ーゞヾ¨j´`ヽ::::└ :::: ̄::::::::::ヽ x }::::::
         yノ三」. ゙, ノ   ゙:::::::::::` 、:::::::::::.}/l::::::|
.         /ー--一ベ     ゙,::::::::::::/::::::::::∧ノl::::::|
    ゝ   ノ‐- _   ヘ     ゙,:::::::/:::::::::::ノ:::jY.!::::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    団長と分隊長の問題は、
    単純に戦闘力がガッツ>>>>ブラッドレイだったから、
    ガッツが団長、ブラッドレイが分隊長になった

    加えて、自警団自体は、
    開拓団の中で将軍の下に着いている部署なので、
    そのトップが余り頭が良くても困るという事情があった

    神輿は軽いほうが担ぎやすいという訳である
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

690 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:05:05 ID:dur3eFdo0 [52/56]
       ⌒ 、
         ヽ  ,,,,-----,,,,,,,_
      ,ー'""`ゞ/;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,`ヽ
       ,r-'"''''''' '' ヽ'''''''''''''''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;,` 、
      ,-''`ー、   /    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    ,.'"    \,/__ _   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;|
    〉`ヽ  、/;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ '、;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
   ./´` /  、ヽ;;;;;;;;;;;;;;;/.,  ``-、;;;;;;;;;;;;;;;;; ,`
   | / _,     ̄ ̄ ̄ ``ヽ,  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`
   | \ 、           `、 |;;;;;/⌒ヽ/
   | ,,iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,,,  ゙ヽ|;;/、' ` )
   | ァ--------------‐'ヽ;;;,,  `、 〉 ) /|
   .| .l ー-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐、, |;;;   (_/;;|
    | |;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::l'    l  ''''|
    | |;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/    .l    |
    .| |;;,-‐-‐-‐-‐-‐-‐-‐`/    /    .|
    `i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ,/     |
     |   -ー''‐-       ,,-''       |
     ヽ______,,,,--‐‐''---''' ̄ ̄ ̄`i
     /Yヽ  '/                 `l
     | /| `l、 /                  ヽ



       ._iヽ|`‐┘`"V`;-'`i'、li/i、iヽ,、
     ..>;;;;;;;、ミミヾ`ヽ、\ヾ川|! ノノ_丿
    .._」;;;;;;;;;;ヾ\ミヽ\ヾ、ヾ〃i '~=、
    .>;;;;;;;;;ミ;;;;;-;;;;;;ミ三ミ/::~)ソ ,、ミミ、
    ゞ;;;;;;;三二;;;;; ̄=={  /" !ノi!))
    ..~);;;;;;;:;;;;;;;:__-二三フ   ='`ヾ;; (
    〈;;;;;;:;;;三/ノ\三'  U  "、__;:"〈
      ノ;;;;;:;;彡!ヽ 〈L'゙ :::::....   ゛ "`-,
     .ノ;;;;;:;;/!/`ヽ-'         r ‐'"
   .ノ /`'"'  ,'   |          __〉
    /;;:  ‐- / i  ヽ_          ,!
   ┐ _,  /  |  ;  ̄_`::..    (
   '  -二{   i  ;   i / ̄` -ー'
   .ノi_ ヽ,ノ\ |  ; ;ノ/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    で、ブラッドレイとガッツの年齢は、
    ほぼ親子同然にブラッドレイの方が年上

    開拓団っていう、仲間意識を強固にしなければならない集団の、
    更に自警団っていう実働部門の仲間、
    しかも相手がもう親父同然に年上ってことで、
    ガッツは立場的に上の地位にいるものの、
    本当にブラッドレイには頭が上がらなかった

    ブラッドレイが建国王になったのは、
    指揮能力や政治能力の他に、
    こういう『慕われ方』があったためでもある
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


692 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 17:06:45 ID:JdD74dJ.0 [1/3]
・・・
次回作の予定ないの?


699 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:13:56 ID:dur3eFdo0 [53/56]

                           rー こつ
                       /  く´ | ミ
           --‐‐--       / 厂 ̄ ´
        ´           `マ¨ /              えー、本日もお時間の都合によりここまで
      /       ヘ         ¨
             //   /      ヽ
    /       .ソソ     イ
           `′   /;;;i          / ヽ         残る質問はあと少し、
  ′            /:::;:ソ        レ´   |         明日の・・・・・・
  |              /::::;/           Y´`ヽ i、__   、
          ソソ    /;;;;;/  .        !   い   彡)
  ∩ゝ   .//   /;;;;/             (__ -‐‐-‐´    何時になるかはわかりませんが、
  \ヘ    |||   .//            ′     __っ      明日中にこの質疑応答終わらせたいと思います
    | i       ソ           /__と. ̄ ̄ 彡
    | リヽ   /           メ__, ‐‐‐-‐ ´
    | ` ̄.\           く
   └ー- -‐` ー- ー── ´



             , -'"´   ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
           /                 \
            /                   :::::::\
        /                    ::::::::::::ヽ
       /                    :::::::::::::::丶.
       i     , - 、               :::::::::::::::::::i          で、>>692に関して
     ,-‐l      {.  .}         ., - 、    :::::::::::::::::::l
    /   l     ` - ´        {   }   ::::::::::::::::::::l
   .|  ,-l                     ` - ´   ::::::::::::::::::::l          次回作の予定は決まっとります
  .,-| ̄| 、!                    .:::::::::::::::::::`ヽ.
  { |_| }       `――――´     .::::::::::::::::::::ヽ、::::ヽ.        『やる夫を巡って女の戦争が勃発するようです(仮)』
  |` ---´|ヽ                  .:::::::::::::::::::::::::/ヽ   )
 l´`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`――――――――――、´ ノ  /       下のリンク先をご参照くださいな
 .|ニニ}                                 |/  /
 .ヽニノ                             /ヽ/
  |                           {ニニ i
  |                           ヽニ/
  |                              |
  ヽ――――――――― 、___________|

 ※ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12368/1333279866/315


700 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 17:14:12 ID:JdD74dJ.0 [2/3]
物理計算できんとくぐれぬ
修羅場何度もくぐってるからな

重要人物の暗殺もしてたよな


702 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:15:54 ID:dur3eFdo0 [54/56]

               ., ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
              /              \
              /                    \          では、返レスの後に本日はお開きとさせていただきたく思います
             /    ., - 、      , - 、      `、
           ,'     {   }       {   }       ',
   _, -、     .i     ` - ´      ` - ´       i
   /'/_j `ヽ   |          _____             |        本日も御付き合いと合いの手、
  (:::::::/´_ノ   l       |‐--------‐|           l        どうもありがとうございました
   ´ヽ´ヽ__/´!        l:::/: : : : : : : :.l           l
     \____/',       .|/: : : : : : : : : |       ::::::!、
              `、      |: : : : : : : : : : |        :::::::/ \-‐- 、   あと、上の『次回作』だけども
            \    ヽ: : : : : : : : :/     :::::::/ヽ  `  .___)
             〉      ` ‐-‐ ´     :::::::/   ゝ-─‐´
      .,-、    / , -‐- _____..................::::::::, =´、             リンク先の予告内容とは全く別もんになります
      (  ヽ_/ /         ̄ ̄ ´`i .|   i
      ヽ   /                   | l!  /             そこはご了承ください
       ゝ__ノ                 ゝ__/


704 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 17:18:41 ID:JdD74dJ.0 [3/3]
おつです
今度はオリジナルで

キャストは一新してる。
その認識でいいんですね。


705 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:59:33 ID:dur3eFdo0 [55/56]

>>576
 いや、本来ならば作中ですべて皆さんに納得いってもらうのが
 本当ですんで、そこは力量不足というか、なんというか実感しとります

 この質疑応答の〆切も、『次へ進みたい』という
 >>1のわがままですんで・・・・・・

 できぬ納得、してやってください


>>582
 それまでは本当に『行った』『倒した』『戻った』の三拍子だけでした

 他のことを見る余裕も、聞くという発想もなかったので、
 ループの存在は微塵も表に出なかったですね


>>592
 基本的に、男は女に頭が上がらんのが、この時空の法則だからねwwwwww

 逆転するには、布団の上に上がるしかないねwwwww


>>598
 そういうことやりたかったからだるくえ始まったてのもあるなあwwwww

 だるくえの『ドラクエにDALKを混ぜる』アイデア思いついたの、
 雑談の方でガチエロ連続投下始まって、
 本編の方でいろいろやりたいなあと思ったからだと思うし


>>606
 うん、ブンビーさんは、普通に虎眼先生の下で
 雑務補佐やってる時はホントに優秀だったと思う

 でなけりゃ、騎士団の古株から新人まで、
 加えて他都市駐在の人員の上に普通に立つなんてできないだろうしね

ブンビーさんが取り乱したのは
 『自分の思い描いてた予定と現実が著しくかい離した』からだと思うなあ


>>608
 そういうこと

 メイプリーズ国内情勢や、自分たちがそれにどうかかわるかを考えなくてもいい
 フリーランスの力が、セミザンスの内乱を一気に突き崩したわけだ


>>611
 これは、多分>>1のシナリオ作成スタイルに起因すると思う

 実のところを言うと、>>1は宮下明、ゆでたまご並みに『その場その場』を回すことに全力出して、
 整合性とかは後で必死になって繋ぐタイプ

 だもんで、途中途中の伏線になりそうなことはあえてぼかして想像の余地を残し、
 後で『ああだった』『こうだった』ってつなげたネタも多い

 だから、回収されなかった伏線ぽいものに関して、確認したくなるんだろうね

 そういう作り方のこんな話でよければ、飽きるまでおつきあいくださいな

 ・・・・・・推理物シナリオは一生作れないんだろうなあwwwwww

706 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/05(木) 17:59:51 ID:dur3eFdo0 [56/56]

>>622
 ラウの反乱時、キラは三歳ですね
 ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1318763980/297

 で、バラライカが10歳そこそこ
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1318763980/298

 結婚したバラライカとキラが一緒に暮らしたとして、
 『義兄夫婦と弟』くらいになるだろうと思うなあ

 まあ、それはそれで決定的な破滅への防波堤にはなるだろうけど


>>631-634
 ヤンのプロポーズ大人気だなwwwwww

 やっぱ、こういうコネタが受けるのは単純に嬉しいわwwwwww


>>660
 無限の牢獄から脱出するための方策を探し続けてただろうしね

 シンちゃんも、いろいろ試して、試行錯誤してたんだとおもう


>>663-664
 ※ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1318763980/530

 現実ってのは厳しいんだよwwwww


>>671
 サキさんが拗ねた場合、ロックはもう土下座の勢いで謝る一手だけ

 でも、マスタング大佐の方は、
 プレゼントだ旦那の手料理だって、ご機嫌とる手段が豊富なんじゃないかな

 で、嫁さんの機嫌が直ってきたらキスからゆっくり仲良くするのは、
 双方変わらない、とwwwww


>>678
 ヒロインルート解説の時でもちと触れましたが、
 こくおう、キラは『ルートによって立ち位置が激変する』んですよね

 だもんで、これはもう『パラレル』な話だと割り切って頂いた方がいいと思います


>>683
 フレイ王妃の時と違ったのは、
 シャルルがなんだかんだでバラライカをかまってやる余裕を持てていたこと

 まだ子供であるバラライカを女官に任せきりにせず、
 毎日のように部屋に尋ねて行って、
 『今日の出来事』や『何か面白かったこと』なんかを聞いて、
 仲良くなろうと努めたし、良き夫になろうとする努力は継続したこと

 ブラッドレイは、時期が時期だけにそういうことやる余裕が全くなかったから、
 ああいう悲劇が導かれちゃったんだと思う


>>700
 汚れ仕事もできるし、戦いに関しては頭もまわるガッツだけど

 その『闘う理由』を設定する、政治的なものには全くセンス無いと思うんだ

 で、自警団内で言っている『頭のよさ』は、
 そういう『政治的なセンス』のことを多分に含んでるんで、
 ガッツは分隊長であるブラッドレイに何かと頼っていたわけですな


>>704
 ですね

 話はオリジナル、キャストはほぼ一新

 今度は余り冗長にならないようにしたいもんですなwwwww


708 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/05(木) 19:40:50 ID:oRfbzJQU0
リリアーヌに嫁いだifが見てみたいです


711 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 11:13:48 ID:oyHezNDw0 [1/25]

             ., -' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ` '- 、
              /                 \
         /     ., -- 、   ノ ヽ  ., -- 、  \
        /       {.::::::::::.}      .{::::::::::::}    丶
       /        ` -- ´      ` -- ´      ヽ      >>708
       i   , ´ ̄` 、//////      ∩ //////     .i
       .|  /..................ヘ           |::|         |
     .|  {.:::::::::::.::::::::::.}     /`ヽ、 |::|          |     そんな君に朗報!!
    ,ノ _/:::::::::::::::::::::/     ./´ `l {::::}          .|
 ,-‐´─-/  :::::::::::::::/     〈‐  .-/ ` ´           .|
 \  ./,  .l:::::::::::::〈        ヽ、_/            |     次回作は、リリアーヌがメインヒロインの一人にござるよ
   \/ |  |::::::::::::::: ̄ ⌒ ヽ  \__/               !
    | ヽ ヽ  〉:::::::::::::::::::::::::::ノ                   /
    \__/:::::::::::/´ ̄` ´                /      で、今日の投下は多分22時前後から
       `‐- ´                       /
          \                  /         これからお出かけにござる
             `> 、 _____ , <´

713 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:12:37 ID:oyHezNDw0 [2/25]

               ., ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
              /              \
              /                    \
             /    ., - 、      , - 、      `、
           ,'     {   }       {   }       ',         お待たせた、ただいまより開始
   _, -、     .i     ` - ´      ` - ´       i
   /'/_j `ヽ   |          _____             |
  (:::::::/´_ノ   l       |‐--------‐|           l
   ´ヽ´ヽ__/´!        l:::/: : : : : : : :.l           l         相変わらず即興スタイルなんで、
     \____/',       .|/: : : : : : : : : |       ::::::!、        のんびりでござる
              `、      |: : : : : : : : : : |        :::::::/ \-‐- 、
            \    ヽ: : : : : : : : :/     :::::::/ヽ  `  .___)
             〉      ` ‐-‐ ´     :::::::/   ゝ-─‐´
      .,-、    / , -‐- _____..................::::::::, =´、             じゃ、ごゆっくりおつきあいくださいな
      (  ヽ_/ /         ̄ ̄ ´`i .|   i
      ヽ   /                   | l!  /
       ゝ__ノ                 ゝ__/

716 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:28:09 ID:oyHezNDw0 [3/25]

             . ──…━━ ミ
          .ィi:∠ 二二二二 ス:.:.:.:.:、:.`:..、
         /:.:.:./ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:l ̄`ヾ:.、
       ,:':.:.:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:|   ':.ハ
      ./イ:.:.:.:l:.:._厶:.:、:.:.:.:.┼─:l:.:|:.:.:.:.:|\/.:.:.:.:.:.
     / :|:.:.:.:.l:.:.:|  }ハ:.:.:.:.| ヽ:Ⅵ:.:.:.:.:!  》:.:.:.: i
       |:.l:.:.:.:.:.:{ =ミ \:ィ芹ミヽ:.:.:.:.:.ト /:.:.:.:.:.:|
       l:ハ:.:.:.:.:. イ刈    |ィ刈  |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       │ |:.:.:.:.:. ㌧、   トzソ  |:.:.:.:.:|=ミ:.:.:.:.:.:.:.|
          |:.:.:.:.:.リ"  __  "" |:.:.:.:.:|  ):.:.:.:,:.:.|
          |:.:.:.:.八  〈   )   |:.:.:.:.从:.:.:.:.:/レ
          |:.:.:.:.i:.父ト 二 __,|:.:.:/:.:.:/:.:. ′
        .乂:トヘ:.:.∧:.:.:ト:.ィ:} ,/:.:.イ:才l:/
            ∨  ∨/⌒V: ":x==ミ
    _n           /i/  /: :ィ" ---ヘ
  f三  ヾi:ト、       /|i:{ , :/i/     !
    ̄`T7i:リ  ー==彡 |i:|./:/i/        |
     `寸        |i : /i/      ¦

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ハルヒはなぜもっと早くから
         やる夫とコンタクトとれなかったの?

         カレンがヒロインじゃないといけない理由は解る
         じゃあ、やる夫が主人公じゃないといけない理由は?
         ハルヒがやる夫を選んだ理由といってもいい
         別にマコトが勇者でも問題はなさそう

         なんでハルヒはカレンのペンダントが
         なんであるかを知らなかったの?
          (ハルヒがペンダント触ったあたり)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

717 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:30:02 ID:oyHezNDw0 [4/25]

           . ‐─━━━━ミ
        ィi〔 二二二二ス:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /:.:.:.:/:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.、──ォ
      ,:':.:.:.:.:.:.爪:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:\.  ヽ
.     /:.:.i:.:.:.:_j_、:.:.:.:.:.:.\─‐ミ:.:.:.:.:.:.:.::ヽ ∧
   .':.:.:.:l:.:.:.:.:|  V` ー─ヘ  ⌒X:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:、
   i:.:l:.:.:.:、:.:|         三三三  、:.:.:.:.:i:.:.:.:.:..゚,
   |:.il:.:.:.:.:ヽ:!三三  ,     /i/i/iハ:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:、
   |:.||:.:.:.:.:.ハ/i/i/            :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.ト:.}
   V !:.:.:.:.:.:.:.、   、_ノ--イ     __i:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.| ′
   (\ム:.:.:.:.:.:.:}     {   ノ     イ:.:|:.:.: 从:.:.:/′
   `7i:i|ヽ:.:.:.込、    ̄    イ---:!:.:/:.:./∨
    ¨ヽ  \:.:{ `Ti:i: ̄「__/: : :/i:/:!イ `寸
        \  `   Vハ: : |   i: : :/i:/     `ト .___
         `ト--ヘ Vハ: :|   l: :/i:/   、     }i:i}_「
             lVハ:ヘ.  !イi:/     〈 ̄ ̄ ̄ ̄
            !ヾiト: :Ⅵ才    イ 、
              ヽ  `芥ト-- ≦: : : : \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    勇者やる夫関連に関しては、
    ハルヒの行動原理が徹底的に『前例踏襲』だったから
    ということに尽きる

    基本的に、『成功したパターンの繰り返し』で
    事に対処してきたハルヒは、
    やる夫とコンタクトする時期をずらすなどの、
    『予定外の行動』をとれなかった

    同様の理由で、『マコトを代役にする』ということも発想の外

    まあ、マコトに関しては
    ガルガンチュアの気配を感じ取っていたのかもしれんが・・・・・・


    原作ゲームならともかく、
    このスレだと、そこ等へん不明瞭だったかな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

719 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:32:06 ID:oyHezNDw0 [5/25]

             l |  l |
             l |  l |
             l |  l |
             l |  l |
             ゞi‐r'ノ
.           ._ =≦”≧= _.
         ._-=三三三三三三=-_.
      _=ニ三r 、_三三三_,.-,三ニ=_
     =三, -. 、} |.三三三ヨ {,. - 、三=
    .三三`⌒ヽ i 三三三ヨγ⌒´三三
    =三, ‐-_ v.リ三三三三い, _-‐、三=
 .   =ニ三`´ニ)/ニ三( . )三=ヘ.(ニ`´三ニ=.
    =ニ三三//ニ三r-、,.-ォ三ニヘ\三三ニ=
   .三三三{ {.三三`YY´三三 } }三三三
   =ニ三三、 寸=三ノ八.三三ノ ノ三三ニ,'
    ':,=三三 ≧―-‐ァ ャ‐-―≦三三三./
.    ' ,=三三三三└‐_┘三三三三三, '
      \三三=弋_ー-一_フ三三三/
       ` ̄‐=ニ 二二 ニ=‐ ̄´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    で、ペンダントの件は・・・・・・

    表現したかったのは、
    『システムの一部であるハルヒが強制停止を食らう』ことで、
    ペンダントが議員証であるということの証明にしたかった

    で、ハルヒが全く無防備だった理由に関しては、
    そん時はなんか『上手いこと考えたったwwwww』とか
    思ってたはずなんだけど

    その『上手いこと』の描写入れ損ねて、
    どこでそれを出すか迷ってるうちに、
    その『上手いこと』自体、
    >>1からすっぽり抜けちまった

    だもんで、ずるずると最後まで
    出し惜しみ状態になっちゃった、かな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

721 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:33:06 ID:oyHezNDw0 [6/25]

         | 十
         | (_.ト            ___ __ ヽヽ
              〃  . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
        ネ⌒i    ィi〔:.:.∠二二二二 \:.:.:.\
         | .丿 _,/:.:/:.:.:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\j:.:.:、:.:.ヽ
           }/:.:.:.:.i:.:.:.:./ !:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.「 ̄ 》
           |  /:.:ィ:.:.:.:. \  lハ:.:.:、\:/:.|:.:.:.|、/i
           |   /|:.:.:l:.N{ \ l  \:.×ヽ:.:.|:.:.:.|  、| |i
           |   \l:.:./:ハ 三三    三三Ⅵ:.:.:.ト /:| |l
           |     |V:.:.:.:|     ___  lll|| |:.:.:.|:.:.:.:.:| |l
           |     |:.:l:.:.:リ    |   |     |:.:.:ハ:.:.:.:.|
             i| |:.:l:.从. / }|___j    U|:./ノ:./V
             l| 乂:.:.:.:.7':i:i:i7ー┬‐ォ─/⌒ヾ才
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{_f⌒  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          で、改めて理由を考察するならば

          ハルヒにとって
          やる夫が『ハーレムブレイド』を入手するのは、
          魔王復活イベントの時のはず

          ハルヒが夢の中でダウンした時点では、
          やる夫はそれを持っていないはずだった

          だから、無防備に触れてしまった

          とでもしといてくださいなwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


722 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 22:34:33 ID:xa16/HGA0 [5/23]
まあハルヒは5千回の経験積み重ねてるけど、その範囲が異様に狭いからねw


724 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:43:10 ID:oyHezNDw0 [7/25]

.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : |: : : : :|: : : : :|: : | ,: : : ',: : :ヽ : :!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.: :: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!jニニコ| :/ |:./iニニV: :|.: : : | V
  < : _: : : / 〈fエ:エi |/  レ fエエ) |./ヽ: : |
  <:: |. 小{              レ{:.| ヽ:|
   厶ヘ ハ       >     {ハ/ .V
      \_!   ☆          !
        ヽ     !ー―‐r   /
      ___,r| \  `ー―'  /
    /:/::::| \  ヽ _ ̄ ィ ´             (⌒)
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、       ノ ~.レ-r┐、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、  ノ__  | .| | |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      幼少の頃のマコトの病気の原因って何?

      ガルガンチュア抜きのマコトの実力っていかほど?

      マコトがやる夫を殺そうとしたのは
      ガルガンチュアの影響ではなくただの横恋慕?

      だとすりゃふつーに考えれば
      カレンのいないところでばれないように
      サックリとするもんじゃない?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

725 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:44:30 ID:oyHezNDw0 [8/25]

                   ___
                 ..::´::::::::::::::::〃⌒ヽ、
              _ /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::\
              j/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ         , -/
               i::::::/::::::i::::::::!:::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::',   ,..:::'´::::::::/
              |:::/::::::::i::::::∧::::::::::::: ト、::::::::::::::::::i、::l/::::::::::::::/
            、__Ⅳ::::/:::i:::::/__!::::::::::::匕ヽ::::::::::::: /::: _:::/
     .         フ::l::r'l:::/!::/セミl::::::ハ:::尨_ハ::::::i/ :::/ /
            ´ ̄]八!/i」:瓜リ !/ Ⅳ    /::  / /
                j、八i  ´  j〉   .,/ ::/  /
              __  jヽ、  t_ア .ィ/::::::  /
            //:::::,∠⌒ヽ ヽ __/./:::::::/   /
          //:::/^⌒\⌒\ヒL/::::|::::::/   /
         //;:://⌒ヽ  |  \ イ^|::::::|   /
       //:::/   ...::: |  | ::;   \}〕|::::::|  j
        //⌒ヽ__.    |::: .|      \|::::::|  |
       / /__:::::...\;:: |  | ::.::::::.   | |::::::|  |
      // ............... ̄⌒\}:::: |     .{ j!::::::{   {_
     /...:::::     ___ \_ノ:::::::: \\/ヽ  |!:::}r ニ⊇┐
     |  , - ´ ̄      `――――⌒/ |\ゝ┘ノノ斤=}
     {/i                   、_>-‐イ`<ヽ}ノ
     〒三二>___ _ ――――――、_ノ_」┴┘^
     ノ ⌒'     :::::::::::::::\⌒/ ⌒/ /}ノ^〕ヾ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       マコトの病気の原因は、
       脳内に通信バイパス作る時の負荷熱

       ガルガンチュア抜きのマコトの実力、
       修行だなんだつって村を飛び出したころはともかく、
       本気で世界中放浪したために、それなりに上がった

       刀術の腕だけなら、
       メイプリーズ騎士団の中でトップ争いに参加できるくらい
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

727 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:45:43 ID:oyHezNDw0 [9/25]

          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.        /:::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/ : ::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'
.      /:::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::::| :::::::::::::::::|三\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
.       /:::::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::|三三\:::::::::::::::::::::::::::::::≧z
      i::::::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::|三三三ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::>
      |:::::::::/::::::::::/::::::l:::::::::::::/  ∨::::::::::::l三三三r=ヽ::::::::::::::::::::::Y
      |:::: /|::::::::::/,.ィ´i:::::::::::/ `≧、∨::::::::i三三∠_ニヽ:::::::ヽ::::::弋
      |:::/ .|:::::::/:::::,r-l:::::::::/r云:::フソ\:::::i≦'弋z::フ㍉、ニヽ:::::ト:::::::::>
      |/  i:: /l:::::::/ |:::::::/ ^ゝ辷ノ^  \{三ト≧≠イニニ∧:::i::::::/
      {   .|/...|::::∧ |:::::/.       }三丶三三三三三∧/::::リ`ヽ
        |  |::/. ヽイ::∧..        |ニ/   ミニ三三三i:::/::::::て
           |/.   レ' ヘ..         |/     ミ三三ニ/::/:::::_/
           ′      lヘ     __  , 三三,,//´ ̄`ヾ
                    i ..\   `'―― ' ニ三/少、
               .r:;ヘ.   \.  ヾ   三/.三三ニ\
           _,..-―¬i ∧    ヽ   ,ィ..三三三三三≧、
         /::::::::::::::::::::i  ∧     ̄     / ニ三三三\
    ,..―7:::::::::::::::::::::::::::::::::i    \       /   i三三三ニ`'‐.、
   ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     \   /     .|:::三三三三三三

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       マコトがやる夫を殺そうとしたのは、
       横恋慕、嫉妬といった感情をガソリンにして、
       ガルガンチュアが火をつけた感じ

       魔王の影響と横恋慕の複合ですな

       そこ等に関しては、劇中でマコトがやる夫のことを
       『やる夫』『兄貴』と呼び分けているが、
       『やる夫』と呼んでいるときが、魔王の影響が強い時で、
       『兄貴』と呼んでいるときが素である、と使い分けていた

       ・・・・・・つもり

       どこまでうまく表現できたか、
       改めて問われるとちょっと自信ないけどねwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

728 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 22:46:42 ID:oyHezNDw0 [10/25]

    /  /  /  , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /  /  /  /::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /  /  /  ,/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
   /  /  /  l::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
゙ ゚'X.  /  /   |/|:::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
\ `─-、'    |::::::::::::::::::::::::_:::/  l::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|
/⌒'y"`ヽ.\____|:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
/゙ヽ(_,X., ゙r、\_ |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代 `:::::|:::::::::l:::::l〉リ
/゙`',' _  /、\_,〉 |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|∨'ヽ
 ̄⌒ソ`;、i .    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て:::ハ
  ,r''゙,r"⌒゙ヽ;_:_; : :|/  ヽ.;;;|ヘ              /ィ<"l/:::::::::::.::i
::;;" /       `・、_::::|  : ゝ;八      ;       /イ :: ::: :::::::::::.:::'、
_!_,r′        :ヽj : : :;;::./ ヽ、  ゝニ ア   ノ :: :: :: :: .::/ .:::::::i
 {、         _,,..,`-、;;:/   l ̄ ゙゚゙̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"゙`'''" .:' ..::::::::::|
  `r::      ,;'" ''゙゚゙ ̄⌒ヽ、.,,__\ ,; : ; : ; : : : : :`'':; , '   ..::::::::::::j
  {: : : :              \  ̄ ̄.:'⌒゜ ̄ ゙`'': :: :/: : : ..::::::::::::::'|
   \::::::゙ヽ.      ;、 、   \ ゙' 、      ,r:: /: : : ..:::::::::::::::';;;|
    \::::゚、 ゙ヽ.   , ヽ. ヽ   ゙ヽ `・、,_   /: :/  ..::::::::::::::::::::::i
      \::::゙,、 `.、 ,    . : : : 、   \   ヽ, /: : i ..:::::::::::::::::::::::::::::i,

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      OPでマコトが本気でやる夫殺そうとしたときは、
      『やる夫』って呼びかけてるんで、魔王の影響が強いとき

      で、理性のタガがかなりゆるんでたところに、
      『カレンの父親から出てきた結婚話』のあとで、
      その本人とやる夫が楽しげに談笑してたんで、
      もう一気に理性が飛んだ、と>>1は考えながら
      あの場面描いてましたよ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

734 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:03:11 ID:oyHezNDw0 [11/25]

       _,, :r-ー─- ::、,,_
    ,r‐-''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   ./::::::::i::::r::、_:::::::::::::;;:r┐::::::::::::::ヽ
  /::::::::::l::::!--ー`´ー--┤:i:::::::::i:::::',
  /::::::::::::!::i_      __|:::l;::::::::l:::::::i
 .l:::::::::::::i´!  `    ´  }`ハ::::::::|:::::::|
 | ::::::::::::i!:|'7¨ヽ   ,;z'''¨ヾ,]::::::::|:::::::|
 |:::i::::::::::N! `> .}    `>  }!|:::::::D:::::|
 .!::i!:::::::::!.l `ー'    `ー'´ |:::::::!::::; l
  .!:i:i;:::::::iゝ、   r‐┐  _,,ィ::::/::::/リ
  !| .ヽ::::';::::::i`:::i┴┴::7´:::::!::/::::/
   !  ヽ:';::::NヽX´)(`Xヽ,!.!/ И
         (_/! !\_)
         人 i!  人
        /ィ .`×´ ,r:ヽ
       ./ .|,イ  i∨ ヽ.':,
       .i  l /〈0〉ハ  _i i
       L,,i_iァ-ァ┬''7=-:┘
           ∪ !_/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     現在のカレンの名前がカレンなのは
     ただの偶然ってことでおk?
     良くある産着に書いてある名前とかはなさそうだし

     なんでカレンはやる夫にペンダントを渡したか?
     『なんでかわからないけど
     渡さないといけない気がする』みたいなこと言ってるけど
     カレンを魔王の森に置いたのはシンちゃんで
     カレンを浚ったのはガンガルチュアなんだよな?

     だとしたらなぜカレンが石を渡した後でカレンを浚った??
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

735 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:04:24 ID:oyHezNDw0 [12/25]

            ,ヘ'`´゙ー─--'';;ー、   /
            l..:...:...:.:.:.:.:.:.:.:.. _.::}  |  ウ
           ト':.:...:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.㎞|ノ  |  ヒ
           〈::.:.:.:。r,、_:.:.:(_)いr'};  |  ヒ
          lー;' {´ヽ ,ゝ、 ̄:. ̄ `く  |  ヒ
        ,-‐`=ヽ'´、‐r; 、\:.:.:.:. \ \   / ____
        |.;''<'ニ´|u :'  ̄ _〉゙',ヘ;.:.:. l  レー'´       `ヽ
      ,へノ f:.:`ヽ、ヘ  t ‐-ァ /  ` ̄    ./  ハ ハ ウ
,--‐─ ''´.:.:.:. ノ.:.:.:.:O ̄`ヾ ̄ /、_r‐、       |  ハ ハ ハ
'´  `ヾ、ヾ ヾヽ.:.:.:.:.:.○:.:.:/ー'´ーU ̄7     |  ハ ハ ハ
゙"'':,、,: :.: :.'ヽ、ヾ ヽ‐ - ,;.:_._l ‐L __ノ ://ヽ、   <      ハ
.:.:.:.:゙';: :.:..: :.:;、i''´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.o.7/`ヽ ̄ー,.::ヾ.、   ヽ        /
.:.:.:.:.:.:';,:' ::' ::' l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/((_)/|ヽ /.:.:.:.:}:|    `ー──一 ´
.:.:.:.:.:.:.:;,;.;.;.;.;'/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:o:/    l | l.:.:.:.:/.:l
`'':,、:.:.;:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l    ノ .ノ |:.:.:/:.:.:|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      カレン(現在)のネーミングは、承太郎さんのセンス

      『聖女』として伝えられているカレン(過去)の
      誇張された気高さや清らかさにあやかって、
      カレン(現在)もそうあってほしいという親心っすわ

      その期待に娘が応えられたかどうかはまあ、
      あれでこれでな訳だけどwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


737 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 23:05:39 ID:/z4kPRFk0
恋心は清らかにやる夫一筋だし、ニートでダメモードだったやる夫のケツを叩きまくって
結果的に鍛えなおす気高さがあるじゃないですかーww


738 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:05:42 ID:oyHezNDw0 [13/25]

      '   , '::::::::::..、,.:::::::::::.ヽ        、
     ,'    /´ ゙"゙`` ''' ー-  、 ',           i
     ,'    ,'           `i   :     }
    ,!   .:l              |   :.  .:   |
    | .:  ::|-‐'''"´     .,,,_   l:  ::::  ::   |
    | ::  :|-‐  、      "'''‐-|:   ::::: :::  l
    | :::  ::lt-,=ァ、     ' ̄   、|:  :::|:: :::: |
    | :::  ::|ゞ-‐'        エ''テァ-,|:   :::l:: .::::. |
    l :::  .::l    ,        "'''-‐' |:  ::::|::.:::::: |
    | ::: .::l:|             l:: :::::l:: l:::: |
    | ::l :::l::l  ` ‐-        |:: :::::|:: |l:: l
    l.:::l :::|::.ヘ         , ,-'l::: ::::|::: l.l::|
    |::ハ ::l:::l:::::ヽ、    , - '´ / :::|:: .:::l:: | l:|
    !' l: :l:::lヽヽ ー ' ´   /:::::::|:: .::;!:: ::| l:l
     l:: :lヾ、 ` 、     ,ヘ:::::::| .::;'::::: :l !|
      ,.ヘ :| ヽ     ` 、_/ | ヾ::l ..:/::::: l :| リ
  ,.-'´ |l ヽ、!  ヽ     /::ヽ l ,ソ|:;'`゙!::,'| lー- __
-''´   ll  ヽ  `、   /、::::::::',|  ,!ヘ/, ' |/     、ヽ
      |l      ヽ /  ヽ;;;;ハ ノ /'ヽ、'      l |
       |l       ヽ   l:::ヽ `、   ヾ    ¦ |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       カレンがやる夫にペンダント渡したのは・・・・・・

       承太郎さんが養父だったことを知った直後で、
       『家族とのつながり』が希薄になりかかってたとこに、
       意に沿わぬ結婚話持ち上げられて・・・・・・

       『自分自身の過去』と確実につながっている
       ペンダントをやる夫に渡しておくことで
       『自分の意志で作った他人とのつながり』を持とうとした

       メタ的に見ると、『こうしないと後で困る』からなんだけど、
       OPの状況で考えれば、こういう『自己存在』にかかわる
       ウェットな理由での行動だとしてもいいんじゃないかな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

739 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:06:57 ID:oyHezNDw0 [14/25]

     . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
   . ′: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
.  /´: : : : : : : : : : 丶 : : : : : : : : : : : : :.l: : : : : : : : : :.:.
  /.へ}`ヽ : : : : : : : :..\: : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : :.
/: : : :.∨/,へ: : : : : : : : :.ヽ :. : : : : : : : :|`ヽ : : : : : : : :.
: : : : : : : 〉    \: : : : : : : :∨.:.: : : : : : :|  }: : : : : : : .:.
: : : : :.ヘ.       `ヽ /`>ハ.:.: : : : : : :.| ノ}: : : : : : : : .:.
: : : : : : :.        /,.ィ心、.ハ: : : : : : :.:|∨: : : : : : : : : .:.
ヘ: : : : : : :.    ´/ノへツ  ';.: : : : : :.:|∧: : : : : : : : : :.:.
 '; : : : : : .ヘ /丶、           ', : : : : : |リ.ヘ: : : : : : : : : :.:.
  `. : : : : : : : 込:う          ',: : : : : :|  '; : : : : : : : :从
   ∨:.:.:.:. : : : `ヽ |        从: : : :.:.|   八: : : : : : : :.ハ
   ∨: : : : : : : : : L__     ′ハ: : : :.:|   ∨: : : :ィニ=x、
.     ∨: : : : : : l: : :`: 、 `      リ: :.:.:.|    .〉、: /二二二二
     ',: : : : : :.:ト、: : :.|  >    /|: : :.|    /ニ/二二二二二
      '; : : : : : | ヘ: : |  ∨: : .:`:.:| |: : ∧  /二/二二二二二ニ
       ',: : : : : |  ∨|   ∨: : .:.:.:| リ:/ ムヘニ/二二二二二二
       八: : : :.|  |:.|    八: : : :.|   __ }} >/二ニニ/二二二二
         `ヽ: :|   |八    ,ヽ: :仁/  ∨:/{二二/二二二二二
          ハリ     〉´ ̄   ' ̄ /ヘ `つヘ二/二二二二二ニ
              / r'´        /二ニ/二二二二二二ニ
             /  .ノ二二二ム 厂`´ニニニ〈二二二二二二二
            /  /二二二二ニム二二二二ニ/二二二二二二二
        ム二ニイ}二二二二二ニムjニニニニニ〈ニニニニニニニニニニ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        カレンを浚ったタイミングに関しても
        『マコトを通じてカレンの結婚話を知って』
        『それを妨害するために最大限迅速に行動したが』
        『封印されている身の悲しさ、
        行動実行までのタイムラグがかなり出た』

        という結果が、あの絶妙なタイミングだと
        思ってもらえりゃいいんじゃないかな

        現実でも、『これ作ってんだろ?』っていうくらい
        絶妙なタイミングの偶然ってあるからねwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

750 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:26:29 ID:oyHezNDw0 [15/25]

             /: : ̄ヽ\
              /: : :,ィ=、: \丶.
               /: :/: : : :\::ヽ、:`ヽ.
           〈/: : :´ `ヽ.:\::、.: : :\_
           /: : : ;'   ..;:: : :丶、: : :|   ヽ.
           /:>───--、: : : 丶 : !  /^.il
          ,イ        \: : : 、::! l/ |ヽ
          ゝ=====、    __  \: :.',Ⅵ/∨!:|
          j∧: : : : :``ヽ. ヽ`ヽ.. ヽ:::'V!: : :|ハ
         /: : :',: : :{´``ー: :`ヽ!: : :\!: ::',__j∨
        \: : : : :',: :ヽ ̄\::::\__,.≠´ ̄,イヽ./ノ\
           ̄ヽ.: :',: : \: : \_f:::::::r´:::{::´`V : : 冫
            / ̄t: : : \======tj::ト.:::ゝ、:::∨:く
         /´{ /: :|  }: : : :;!: : : : : : : : ヽ.:::::ノー‐八\
        /: : /!_ト-、!、 ゝ≦ ̄ ̄``>=、_ノ>==''.|リ: :|\
       /|--、!{'/___ } /,'ヽ.: : : : : : : : : : : : : : : : :Ⅵ.リ  } ̄``ヽ.
       |:!: : : 冫: : : /: :/\}\_: : : : : : : : : : : : : :レ': 〉 Ⅵ: : : : ヽ.
       j:|: : : |: : : : {: : ,!: : / }: : \: : : : : : : : : : : : |::::{   V、 : : : ∧
      /|::!: : : |: : :,イ|: : !: : | 〈-‐‐‐冫::、: : : : : : : : : ∨|   /::∨: / ヽ.
     ,イ::|:{: : : :|/ ノ: :ノ: :/ /: : : :.イ: : : 、: : : : : : : : : |リ  /: : : ∨ ,^ヽ._丶.
    /: :: {-‐‐‐|ゝ='、: ,イ: ::| ./: : : : :ム: : : : : : : : : : : : :::::レ'/: : : : :∨/^\: :.\
   /: : :∧ヽ: : :\:::::Vr=': :/: `ー、/´¨}ァェェ、_: : : : : : : : : :::::!: : : :   V、: : : |_`´冫
   |::/: ::V^!: : /|::::::!:/:/: : : :/!_: ::|三三三ニ=、: : : :::::!: : : : : : ::∨!: : : :`ー'===、
  /ヽヽ: :/:| ゝ=': : ゝ_ノ: : : : : /: : : : 冫: : : : : : ::`\丶: :::/::rv、: : :   ! Z: :::/∠≧≠=
. //  ヽ/:::|: : : ||: : :Y/: : : :ノ/: : : ,イ: : : : : : : : : : : : ≧===く_ノ: : : : :} //:ry: : :八: :
//   j: : : |: : : ||: : ::!|: : ://: : : /: : : : : : : : : : : : : Σィ´≠ヽ}kコ: : :,イ='|: : ::\\: : :\::
| |  ./^::\!: : : ||: : ノ,': ://: : : /\: : : : : : : : : : : : >! {;;;;;;;;ノ_: : : /}`ヽ._,、: : \\: : :`
∨ {: : : : : /ゝ=、ノ: : : : ://: : :,イ\\!: : : : : : : : : : : :∨ゝ==='冫:/,イ!   `¨ー‐--≧_
 V|: : : : ,イ|: : : : :≧==='': : :く:::\ \\!\: : : : : : : : ::|__//´:/::://
  ⅵ: : : | !: : :r!: : :\: : : : :/:::::::::\ `ー、:::`ー.: : : : : : >'厂='イ:://
  ∨: :/ |: :/ |: : : : ト.: : :/ハ:::::::、..`ー、二ユ: : : : ,イ='--' .ノリ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  あの方からの指示って
  ガルガンチュアは当然やる夫の事知ってるのに
  なんでやる夫を無視したの?

  今どうしているかぐらいの確認くらいしてもいいのでは?
  (調査して村でニートしてるなら改変成功と解る)

  ハクを連れていかなかった理由は
  『不幸になるから』ってどういう意味?

  ガルガンチュアシステムは
  『不都合な現実』をなかったことにできるんだったら
  過去でカレンが死んだ事実をなかったことにすればいいんじゃない?

  いま現在のシステムの性能、
  リミッター付きシステムではそこまでのことは不可能な事?

  ガルガンチュアの封印の魔法陣って誰が描いたんだ?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

751 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:28:56 ID:oyHezNDw0 [16/25]

         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\::::::: 〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/  {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       やる夫のことを無視していたわけではなく、
       ガルガンチュアが『外』の詳細を覗く方法が、
       『マコト』の視点を通してだったから

       特に、マコトが家飛び出して世界放浪開始した後は、
       ナトカに居た時以上に
       きめ細かく面倒見る必要があったんで、
       マコトが居ない場所の情報を集めるのは
       不可能に近かった

       だから、マコトが世界中放浪している間の
       やる夫の情報は、魔王にほとんど伝わっていなかったし、
       マコトが帰ってきてからマコトの視点通しただけでは、
       イマイチやる夫周辺の状況を理解しきれていなかった

       まあ、ニートやってるってことだけは
       一瞬で理解できたろうし、大まかに『計画成功』を
       察知はできていた

       こんなとこじゃないかな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

752 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:29:26 ID:oyHezNDw0 [17/25]

             _,. ---- 、
            x≠" ̄ ̄`ヾ:、
.          〃        }}
          〃        ,リ
        ハ!           〃
.       | {        "
         い
       ヽヽ , -‐-一…ー-- 、
           ヽゝ===≠===x 、  \
       ,. ´   /  ` ー-  ヾヽ、 \
      //.: / :/       \  \ ヾヽ  ヽ
    / /    .′′ : :  l   ヽ.  ヽ.ヾヽ:. : ハ
   〃/  : .:i: .::l   : :..  l :. :.  i:. ::. i: :.ぃ:. :. l
   |:::i  : : .:i: :::l   :. :.:..| ::.. :. i:. ::. i: :.い::::|
   |:::! : : :: .:::!:::::i  ::. ::::::ト、::::. :.. i:. ::::.i: :|i |:::: | o
   l:::| :::: :: :::ハ::::|\ ::: ::::::l  \::::::i、:::::i: 川:::://
   !ハ::::::::::::|-|‐|一'\::::::|`ー‐ト、ハ:::::|::ハノ://
     \::::::|〃う示ト \|〃う示ト、ハ:::リく //_
        く>ト c廴り       廴りっ´|::|../レ′|
.         ∨小⊂⊃      ⊂⊃/|::|ク___|
          〈|:!「>/⌒ヽ、/⌒ヽ rくく|::|ヽ ‐-/
       /∨ /     l       V |::ト   /
      /  {-‐|     l      |ノ .|::|  \
.   /     ヘ  `ー( ̄,:宀=ー一^ヽ人ト、  \
. __` ー</_,ゝ、 `¨||      /┘ \\   \
. 〕 〔   ...........::::li  ` ーiL...  -- イトく` ー――‐一'
l´__i::::::::::::::::::li    ||    i| \ \- 、::::::::::::::::::::::::....
|:|__|  :::::::::::廴___」_|    i|_ノ\_×====ー‐--- 、
|:.   |   :::::::::ヽ  ヽ:::::ゝ---┬'.:::::::::::::::::::::::::::.........  ̄ニ=- 〉
ゝ---.:'    ::::::::::`.:ー'.:::.、___,ノ.:::::::::: ___,. -‐==ー一'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ハクを連れて行かなかった理由は雑談内に答えあり
      >>475と>>561ですな
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

753 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:31:14 ID:oyHezNDw0 [18/25]

                  ___
              ...::::::::__::::::::::::::::.....
                />≦::::::__:::::::::::::....、:::::>x
              〃>      ‐=- ` <::\::::::::::>x
          /:X     -‐───、-- ー::::マ:::::::::::::::)
          //__x≦z´≦三三三7:::::::::::::人::マ{´ ̄
           xr‐-ー´:::::::::rrrt7|!:::/:::::γ´三三ヽ:}
              ヽtrr{_/三ヲ'|!〃ー‐'、三三三)ソ::ヽ
           └''⌒j┐,イ:::::|!:::::}r──- 、`ー:::::::::ム
             x<ftrγ´::::::ノ:::::::}/   ///ハー‐=三}
           i::::::i:ハ_...-‐.::;x≦77    ヽ///ハ─‐' 、
              |!rxj:::::::x≦/////ー‐77 ///´ }ム//// ー‐-、
             '<三彡^Y////!///  ' ´  //ノ//////>::.、
                 i }ノイ!j//  _    /^ヽ、///////// \
                     i !//i !/////         ̄ ̄`x≦三三
                   i i!/j i>‐ ´ x≦三三≧x  //
                γ∨¨ノx≦三三,r‐‐´     {三ト-‐‐-、
                  /r'^ソ´三三三ヲ'          マ三三辷´__
                / i! /三三三ヲ'            マ三三三三三
             /γ^Y三三三ヲ′              マv´ ̄ ̄ ̄`
              / /:::::::}三≧=‐′             {
                { {::::::;'三7´                   i    マ三≧

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   過去でカレンを死んだ事実を無かったことにするというのは無理

   シンちゃんが積極的に世界改変できるだけの能力をもったのは、
   『カレンが死亡した直後』である

   ガルガンチュアシステムは、
   世界を自由に改変することが可能であるが、
   あくまで『これから起こること』を改変するのみで、
   『起きてしまったこと』に関してはどうしようもない

   ハルヒが過去に手を伸ばしたように見えるのは、
   『過去へ実行役の他人を送り込む』ことで介入していたから

   スタンドプレイを強いられていたガルガンチュアには、
   『過去へ送り込むだけの信頼を育てた実行役』が用意できず、
   過去改変は不可能だった

   まあ、情報をもって『全ての起点』へと戻って、
   『これから起きること』を操作することで、
   ある意味『過去の出来事を改変』することは可能だったけど

   カレンの死の瞬間が、その『全ての起点』以前である以上、
   どうしようもなかった
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

754 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:31:53 ID:oyHezNDw0 [19/25]

             -=ミx、
             -‐ ' ヽ´ ̄`ヽ
             /  /ミ彡|    ヽ\
         イ.  / |.    | }!   ∨ハ
.         /.7   |─|.   ‐|‐.∨ . │. |
         レ  l ●    ●|. |  i  |
          l . l⊃ 、_,、_, ⊂⊃. 7ト、.!
        /⌒ヽ∨ヘ   ゝ._)   レ/⌒i/
      \ /:::::..ヽ>,、 __, イァ/ヽ=/} 〉
.       从 l||l :::::::\;;;;ヘ/;;;;.. l||l人.....)
       ( ⌒ ) ::|:::::::|;;;;;||;;;;;|:: ( ⌒ ) ,,,〉

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     魔方陣に関しては
     ガンチュアを虚数空間に封じ込めた際の、
     『空間に湧き起こる波紋』のようなものが、
     たまたま魔方陣っぽく見えた、くらいかなwwwwww

     まあ、やる夫が簡単な魔法式をみゆきさんあたりに教わって、
     それっぽい模様がその場に出るように、
     仕組んだ可能性もあると思う

     もしくは、エドが『ハーレムブレイドシステムで
     ガルガンチュアシステムに停止かけた時』に、
     派手なエフェクトが出るよう仕込みを入れておいたとか

     多分、エドの仕業って考えると、
     一番納得いくんじゃないかなあwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

759 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:37:15 ID:oyHezNDw0 [20/25]

          __,,.. -‐:::::¨::::::::::::::::::::::;.イ
    / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::ィ
 .   i\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ:"::::::::::::〉
     ヽ:::`:゙::'':…ー‐::''''゙゙":´:::フ-‐ァ:::::::レ
     V::::::::::::::::::::::::__::.. -ュ:j::::ル;:::::::::::l,.
 .      V:::::::::::;.- 、::i ,.m i !ノノ:ヶ‐、:::::::i
 .       V::::::::i ⌒i.}:!l  _L⊥彡ト、ノ:::;.-!、
      {`ー--ヽ-'イニ¨-‐ ブ,.ィヲ::::::i /i l \、
      /`¨:::::¨´:::::::::::::>ニ"彡'^l:::j iク l::ヽ ',:!
   /::::::::::::::::::::::>'i"´rブ‐rテト` ` レノ::::::Lj:l
   {-‐ ニ¨-‐i r‐tヲン!   ー宀''´   i¨ レ'´  ヽ::\
 / ̄::::::::::::::::ハ.  ̄/l,、      i    l i iフ¨ヽ !、:::
 ::::::/:::::::/:::/'、 i__ ..      !   j  Y/:i (ノ、i::
 :::/::::::/:::/.  ',  ヽ '"     ./ //:::l l::_i l::
 :::::::::〈:::::< i ,.イハ  -‐…‐  ./ //:::::ハ. ',_`ヽ
 ::::::::::::';::::i / /   ', ` 丁´  ,.'  l i::::::::::i l`¨ i |
 ::::::::::::::}::y" /`丶 ヽ__/   i. i:::::::::::', V^i ノ
 :::::::::< <  /i\   \ \     l l::::::::::::`i {:::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     承太郎んたちはみゆきさん達が来た事を覚えてる?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

761 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:38:35 ID:oyHezNDw0 [21/25]


./      `‐、       ,、 /i`、v`‐-、____         _/              \
'           !       !:::::'、::::::::::::::::::::::::::::::: ̄"""`‐-、!                 `
  :  元  i      |`'':::::::::`.-、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     .  し  そ  忘
  :  気  `、      ,}::::::::::ュァミ  ` - 、 ___ , -‐‐'゙!      :.  て  ん  れ
  :  で    ,'      i:::::::ト::::::k:::::::::::::::,. ‐'´::::::::::::::::::::::::|    て  ね  な  た
      な   l       !:::::z::::ミ、:::::,. ‐'´::::::::::::::::::::::,‐--、:!    め. え  キ.  く
          i       i::y:::ィ:j:::, ‐'´::::::::::::::::::, -=.、i,'",m l      |.  ぜ   ャ て
. _,.,.,.,.、  ,-‐‐'     ,':::::,_:::::::':,..、_::::::::::::::::::i .i  .l f .l.|.      は    ラ  も
´   \|        !:::/_.i:::::::i ´リ`_‐----.ヽヽ...イ..i-‐'/       よ    ク
            /::::トh .!:::::,`"`‐、 .、‐──‐-----'ヽ          タ
            >::::::l.'イ .!::,'  .`=、`‐、::::::::::::::::::::::::::::::\          |
           |::,y:::l. i` `'  f"tォ ,テ=、` ‐-,t-==,‐--|
              /j::/ヽ ィ   ;' ` ̄´..:    iィtァ,.'/    ̄ ヽ_             /
      , -─--/:::::/  .::|   i   .:::     !:. ̄/       `─,  ,---‐───'´
       ト'、"""`、:::ノ    :|.  ,       .:::l  /__          |/
     !:::::::`.-、'::::/     l   ;     ヽ_フ / ,、 ヽ
.     !:::::::::::::::::`─---.、__ヽ__'   `‐-==' / .i ┴└--┐
     !::::::::::,-‐‐、:::, --、:::::┐ .i   `‐--‐´/.i ! ̄ ゙゙゙̄.| |               i"`__
   ,-‐!::::::::::i .:  !' :...  i::::::l .!\     .:: / `‐'   j  .l l           , ‐! .,' .!
  /:::::'、::::::::ヽ_,.l   ..: .!::::! ./   `──‐' 、______| |    __      | i l  i
.‐-'、::::::::`‐、_::::::::::::ヽ._.ノ:::::! .i   :::::::::::: |   , 、 _     ̄ ̄`─' .l      i .!_', ,'‐、
:::::::::: ` ‐- 、_`.、:::::::::::::::::::::::::l .!    ::::::./.......l  `‐-、:........   :   !      !‐i .ト.| ヘ
:::::::::::::::::::::::::::`‐、`‐、_:::::::::::::! .l      :!   .i    !  `‐、  :. :  |.、     __.| V | l
::::::::::::::::::::::::::::::::::`.、::::`‐--┴'------、::::::` ./  /    `、 ::..:  |:::ヽ   / .!ト-l‐、`、__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::::::::::二:::○:::|, -‐'´   /     !  :..:  |:::::::|   .!  l i. ', !丶
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、:::::::::::::::::::::::::::::l     /        l  ..:  |::::::::ヽ.  '、 .!`、ヽ i ハ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        覚えていない

        少し前に雑談でも出てたけど、
        『カレンが居なくなった』『カレンが居る』という
        それぞれの状態に合わせて、
        世界自体が色々とつじつま合わせようとしてしまうから

        少なくとも、『結婚相手としてみゆきさんを連れてきた』
        ことはなかったことになってる

        覚えてても、『カレンを探すお手伝いしてくれる人』
        としか覚えてない
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

766 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:44:24 ID:oyHezNDw0 [22/25]

                    /  ̄'´ ̄` ヽ
                     /   `´  ヽ  \
                  //, '///`´| | | ヽ  、ヽ
                 〃 {_{ レ|   レりりリ .l彡||
                 |!小 l━   ━レ| |、| |
                  ヽ| | ●   ● |.| |ノ.| |
                   | |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃| |i | |
                  _|_|__>,、 __, イァト|/| |
             カチャ(( 【(⌒::::::/::|三/:://_ヽ||
                  ||  ̄l ヾ∨:((【(⌒:::::彡 カチャ
                  | ∠幵::::::::::::: || {幵ブ⌒ヽ、
                 /ィ∬}`ー一''''´ {∬}     ',
       「}           l l∬}|====={∬} 〃  ・
     ,Uヘ、         j .ノ            V    l
     ト厶ィ \       / .|             |    !
      ゞニ>  \__  /  |    nh二二フ、_.|    l
   ,.---| ト-、   `''}⌒`ヽ.__|_    \ゝ`ー'  \_    !


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  どうやってチュルベールたちはあそこまでの科学力を手に入れたのか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

767 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:44:40 ID:oyHezNDw0 [23/25]

       , '´ ̄ ̄ "ー-、
      /  〃" `ヽ、  \
     / / ハ/     \ ハヘ.
     | │ |リノ    `ヽ }_}ハ
    .| |.从 ●    ● 从| |
     |(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃l rr=================、
     | i | j  ( _ )   ノ.//               /
     | ヽ! リ 、 ___, イl //              /
     |  ノ   \乂ノ //   SOS団専用PC /
    .| / __}_rへ))[艾].//               /
     , f´ ( uJ___//                 /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー──────────‐′ ̄ ̄ ̄


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      あれは地道な技術の積み重ねの結果

      進歩速度が速すぎる?

      あれだよ、半導体のドッグイヤーみたいなもんだよwwwww
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

770 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:52:22 ID:oyHezNDw0 [24/25]

                     _ _
              .....:::ー‐:´:.:.:.:.:.:.:.:ー-=ュ__
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.              __ ===、
        /  .:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:',.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:.:.    __....-‐ _..´     ハ
        ./l ../:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  \:.:\:.:.:.:.:.:.:.: ';.:.:レ..:.:/   /         /
       ../:.:i ./:.:.:./:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /弋:.ト、:.:.:.:.:.:.:.、:.i:.:.:/    ノ         ./
        .:.:.:レ:.:.:.:/:.:./ :.:.:.:.:.:.:.、:.:.:∨  _∨_}ヽ:.:.:.i:.リ:. /  ./,       ../
      .i:.:.:.:.:.:.:.i :.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:..', 代辷リ゙》ノ{:.:.:.リ:. /   /         ./
       .:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.i .:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |\.\`¨¨ ´イ ノ:.:.:/ ___r          ./
         ゝ- ´. ', : i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ. 、.\ゝ  ./イ:.:.:./ ノ:.:. {         /
     ,     ノ.マ. ';.:.:.:.:.:.:.:.:.: {  } __   .∧:.:./¨:.:.:..:.:.         /
      /    /  》:.:.';.{:.:.:.:.:. }、{<´   y   ./ ゝノ:.:.:.:.:.:.:.:.、      /≧ュ、
.     /  /     }ゞヽ:リ:.:.:.:. i ヽヽ ノ  ./   .i:|:.:. {:.:.:.:.:.'\  ./ニ三三≧ュ
   .:.:{ /     .ノ:.:.:.:.:.从:. ヽ:>.、 _こ_../ ノ   ≦i:ト、:.:',:.:.:.:ヽ:.:.:.У     `守≧
    i .:.`:. ̄:|ニ≧y:.:.:.:.:.:.{  .\:.乂ー-‐ 彡  .ュ少iリУ;. ';.:.:.:.:.:}y:.:.i        ヽ
   {:.:.:.:./ iニマ:.:.:.:.:.:.:/    ゙マ¨¨ニニ/ /三三У ヽ:.ヽ:.:.:.: ハ:.i
   .弋/:.:.: レ´:.:.:.:.:.:.::ム三≧xュ==У    .ハ≧<   、.》;.:.:.:.:.i ´
   ./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム三三三三ハ     .ノ´   `,  ゙ニ}:i:.:. i
   /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ム三三フ==‐ゝ _>´     ./   .ミり:.:/
  ./:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ム三フく         Y      ./    ノ}/
 /:.:.:.:/:.:..:.:..:.:.:.:.:.:. ム少´  ',       }    ../ .     /i
 レ.フ:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ムく     \     i    ./        i
少マ: i |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/;; ト、        \  .....l ../        ノ
三リ:.:l..i:.:.:l:.:.:.:.|:.:. . ∧ ',       >‐.┴<         /ヘ、
三弋ハ:.: ',:.:.: i:.:l;;;;;;;∧.ヽ、                    ./、;;;;;;;;;;;/
三ニ∧ム:.:ゝ:.:l:.:|;;;;;;;;;;;∧ .> . __>ー  -----=¨;;;;;;;;;;;\._/
三三∧iム:ハ:.:.: l;;;;;;;;;/;;; }  \   .レ ´ | ;; \__ ./;;; ヽ;;;;;;;;;;;;;; >
三三マ^ マ /\:ゝ; / ;;;; ∨  .`  .};;;;;;;i;;;;;;;;;;;; {;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ;; /
三マ´  ∨、;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;; ∨    》;;;; |;;;;;;;;;;;; { ;;;;;;;;;;;;;;;; У
少´      .\;;; { ;;;;;;;;;;;;; .∨    | ;;;|;;;;;;;;;;;;; };;;;;;;;;;;; /
         ゝト、;;;;;;;;;;;く ∨    マ;;i;;;;;;;;;;;;;; i__;;> /
            ', ` <;;;;;》、      .)」ー─‐┘ .   /
             ',    .二《 `ー __ノi        ./
           .У ̄   ト、_  .」.ヽ      ./
           マ    .}    ̄ i  \     /
              マ   .i      ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     キュルケさん目覚めさせるためのひと悶着は何が引き起こし
     (もうほとんど残ってないはずのどのオメガがしたのか)、
     誰がそう指示したのか
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

772 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/06(金) 23:54:23 ID:oyHezNDw0 [25/25]

             ,_
             / _ヽ
             ヽ__ソ
            iヾ_,,| |-,_,-- ,__/\
     _,、  __/ー-+-+、ヽ__\ノ|i K、
    ./λノ\,人-,、/^ヾ,,ヽ,ヽ,.,---`' ヾ,/`,
   / / ̄\フ、> 'i |\/ヾ,)) |===i  ("iソ
  <`レ’   i'V ノ | ,,|>-"' ヽーソ  | il`i
   i",|-,   ヽニヽ_.|/^il"~`》_,-" <`ー"ヽ、
   `i"-P   _/ ̄,]|`=,)ー+ー'     `-, ,Y )
   ヾイゝ_ '"┴-<|iヾソ          レレ'
  ∠ニO)ー`    />i |L
          <)_ヘ_(^ヽ
              ヽ| ~`


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      キュルケお目覚めタイムの大爆発は、
      プロトオメガさんの仕業

      あの爆発の手段『重力波爆破』は、
      量産型ではオミットされた強力な武装だしね

      で、プロトオメガさんに誰が指示したかという話は、
      過去において『コールボタン』というものについて、
      キュルケと話している

      『閉じ込められたときの対策』として用意してあった代物で、
      キュルケは目覚めて状況を確認したのちにそれを押す

      で、プロトオメガさんは文字通りドカンと一発かました

      そういう理屈である
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


773 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 23:55:56 ID:xa16/HGA0 [23/23]
つまりあの時都市が半壊したのはやる夫たちの支持のせいかいw

774 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/09/06(金) 23:57:39 ID:ShVIsWqo0
つまりはなんというマッチポンプってやつか?www


776 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/07(土) 00:04:55 ID:WDgNcutY0 [1/4]

    |`ヽ.     __      , -‐ ァ
    |  ,>: :´: : : ト: : `丶、/   ノ
 __l_/: : / :∪ : |: :丶 : : : |   ∠
 \  / : : { : : : : : 、: : :\ : |_/ /
   } / : !、ハ: : : : : : 〉∪: トゝ|  く
   Yイ: !/`V、 : /}メ._V\:ヽ:ヽ _j
⊂   |从 ┃ `′┃ }: :}-、:/: : :|
  n 厶イ “   -‐v、 “/ :リ ノ: イ:|
  と{ {} ト . _{     }_ 7:/´ /: /: : !
⊂ /└ァ'┬{:V≧v≦V:/i´l |: ハ: : :!
. / : / l: :| ヾト---{/介x久: ! !: : !
 i:|: :| l: :|  〈ェェzェェく  ゝ' | |: : |
 |:|: :| |ハ| /:ノ/  | ハ  |ハ| |: : |
 |ハ :{     'ァ/゚__゚|z一     l: ハ!
   `ヽ   <7コ  <大>    j/
        し′  し'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       村の女の子達の今のやる夫の評価を聞いてみたい
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

777 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/07(土) 00:05:14 ID:WDgNcutY0 [2/4]

           ハヽ/::::ヽ.ヘ===ァ
            {::{/≧===≦V:/、
        / >:´:::::::::::::::::::::::::`ヽ\_
       |iγ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi|\
       〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ_》:::\
       !::::::::::/|ハ::::::::∧::::i ::::::::::::i::::::::::::\
      |::::::::|:/ト-:::::/\,X:j:::/::::::l\::::::::::::\
    /⌒ ヽ::::|≧z !V z≦ /⌒ヽ  \::::::::::::\
    ( と ゝ.::ト"" l―! "" .| っ l    ):::::::::::::::)
    \     ゝ、_..ヽノ _ .イ|    l   /⌒ ̄ ̄
      \                  l/
        \               V
         ゝ              V
            ヽ、               i
              \     、      ∨
               ヽ     ヽ     V
                 ヽ     i\     l
                 ゝ,,_ノ  ヽ,,__,ノ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        基本的に株爆あげ

        その内実は人それぞれだが、

        『万馬券なら声かけておいてもよかった』派

        『素直に見直した、すごいな』派

        に大別されている
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

783 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/07(土) 00:13:43 ID:WDgNcutY0 [3/4]

              . ― - .
            /       `ヽ
          /                        えー、以上をもちまして、
          ,′ ◯    ◯    '.            質問への回答、すべて終了いたしました
            {                 }
.          八    ・―・        ム
                   ̄      ノ )
           γ、          γ ̄`く           後は今回の返レスが終われば、
          ,.⌒ヽ      ,.-'、    }           『やる夫のハーレムブレイド』
.          {   ,.´ ̄`ヽ′   }、__ ノ_           に関しては、本当に一段落でございます
     ⊂二ヽ ヽ._ ′    }、  丿 ┬-、ヽ
    / ノ、ヽ/,八      ノ  ̄   ヽ / /
    `"´  ヽ/{  >- <.       / /_          残りの『ハーレムルート』に関しては、
           ___{               _(_ 、、ヽ         もう少し内容詰めてから
       ( ‐- ._        __ -/し! }リ         雑談の方で発表したいと思います
         ̄>‐  )、    r'´  `/ `´
         辷) r'   ̄ ̄ (_,  /              それほど先延ばしにはしたくないですが、
             8_ノ       {彡'´               流石にすぐ出せるもんでもないんで・・・・・・



             , -'"´   ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
           /                 \
            /                   :::::::\
        /                    ::::::::::::ヽ
       /                    :::::::::::::::丶.      で、次回投下の予定ですが
       i     , - 、               :::::::::::::::::::i
     ,-‐l      {.  .}         ., - 、    :::::::::::::::::::l     まずは明日、本日の分の返レスと合わせて、
    /   l     ` - ´        {   }   ::::::::::::::::::::l     一週間ぶりのだるくえ参ります
   .|  ,-l                     ` - ´   ::::::::::::::::::::l
  .,-| ̄| 、!                    .:::::::::::::::::::`ヽ.
  { |_| }       `――――´     .::::::::::::::::::::ヽ、::::ヽ.    開始は20:00目安で、
  |` ---´|ヽ                  .:::::::::::::::::::::::::/ヽ   )   日付変わる前後までかな
 l´`ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`――――――――――、´ ノ  /
 .|ニニ}                                 |/  /
 .ヽニノ                             /ヽ/     次回作『やる夫を巡って~』については、
  |                           {ニニ i       日曜日から開始の予定でござんすよ
  |                           ヽニ/
  |                              |
  ヽ――――――――― 、___________|

800 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/07(土) 19:52:03 ID:WDgNcutY0 [5/6]

>>726
 ルーチンワーク化というのはいい言い方だと思います

 手工業の職人が、長年慣れ親しんだ作業ならば
 雑談しながらだろうがテレビ見ながらだろうが、
 一定のレベルを維持できる作業にまで昇華させるようなもんでしょう

 ハルヒがやる夫を選んだ理由としてはそれが全て

 逆に言うと、他の人間を勇者に選ぶとどうなるかわからんかった、
 そういう危険を冒すわけにもいかなかったというとこですね

 ペンダントを評議員証と認識しなかったのは、
 回答にもありましたように
 『その時点では評議員証を持っているはずがない』という
 『前例に反した状況』だもんで、そういう予想が働かなかったのと、
 カレンの評議員証がシステムに正式登録されていないものなので、
 検知の使用もなかったのと、二つの理由だってとこですかね


>>729
 そう、ハーレムブレイドは魔王第一段階シバき倒した後に、
 落ちているのを拾う

 このスレで魔王の封印を解除する流れの中でハーレムブレイド入手するのは、
 そこ等へんをなぞったからでもあります

 また、入手時期が『魔王第一段階撃破後』であるもので、
 『第二段階』に移行するショコラシナリオ進めていた場合は、
 ハーレムブレイド入手不可ってレポートも雑談に上がってた気がするなあ


>>732
 ハジメパパンとシーマさんのなれ初めは、
 作中では特に示してないですね

 ですが、ハジメさんがセミザンスの内乱をつぶしたのは、
 『シーマさんが暮らす国が乱れるのを防ぐため』と、序章で明言しています

 『女のために命がけの一働き』をする時点で、
 これはもう『ハジメさんの方からベタ惚れに惚れて、
 何も見返りを期待しないレベルで女に尽くした』ということでしょう

 一目見て恋に落ちて、大成果を上げて、それを手土産に
 正式な交際申し込みに行ったんじゃないかなwwwww


>>743
 承太郎さんが養父だってことは、カレンは『聞いてしまった』事なはず

 だもんで、OPの時点承太郎さんが結婚話持ち上げても不思議じゃあない

 EDで、いきなり『養父』の知識が前提になってんのは・・・・・・

 カレン関連の因果改変で、『話したことになってた』

 ということだ、うん、そうなんだwwwwww


>>755、>>757
 なんだかんだでこのスレのエド、変なキャラになっちゃったなあwwwww

 鋼錬ファンの人、ゴメンネwwwww

801 名前: ◆7OypKKv1oA[] 投稿日:2013/09/07(土) 19:52:42 ID:WDgNcutY0 [6/6]

>>756
 蒼ざめた月はもともとルパンの組織で、
 いろいろと仕事してたのも古美術品収集の他に、
 ハーレムブレイドに関しての情報を集めていた

 この時点では、勇者の実家にかかわる要素はない


 その後、麻呂がルパンを刺して組織を乗っ取っり、
 火つけ強盗活動を始めた

 この時点でも、別に資産家だなんだという情報がない
 『勇者の実家』には接点がないため、
 勇者の実家調査とかいうおかしな命令を出させにくい


 ここから、魔王が少しずつ麻呂を侵食していき、
 意識を作り変えていくわけだが、
 その意識改変が完了したのは、
 麻呂がキラと共に王城を襲う直前

 魔王が麻呂のの意識改変をするのが、
 コインひっくり返すように簡単に逝くわけではなく、
 少しずつ少しずつ塗り替えていくタイプだったもんで、
 『麻呂に疑念を抱かせず、
 そういう命令を受け入れさせるタイミングがなかった』ということ

 キラの心と体を作り変えたみたいに、
 荒療治すれば任意のタイミングで好きなことできたんだろうけどね


>>763
 こんな面白いAAがあるのがあかんのやwwwwww


>>768
 リアルのエジプト、マヤ、アステカのように
 『高度な技術と知識の蓄積があった』種族なんでしょうね

 来訪した異邦人にボロボロにされるって当たり、
 マヤ、アステカ文明に似てるかもしれないなあ


>>773、>>775
 いや、やる夫の指示が原因というよりも、
 提示された状況が、エドが頭の中でだけ考えてた
 『重力爆破による救出』を実行しなきゃいけない状況だったのが、
 最大の原因

 本来ならば、『手が打てない』と自己判断した後で、
 チュルベール達の所へ指示仰ぎに戻るのがパターンなんだけど・・・・・・・

 それができんかったもんで、極端に過激な手段を取らざるを得なかった


 緊急脱出装置不設置については、
 魔族であるキュルケの時間感覚を
 エドが読み違えたのが最大の原因

 いくら『長い長い時間を寝て過ごす』とかいっても、
 『入り口が完全に崩れて丘陵になっちゃうまで眠り続ける』ってのを、
 実感できていなかった

 せいぜいが、落石で閉じ込められるくらいで、
 その場合はプロトオメガさんの超音波振動とか、
 前腕部殴打とかで解決できると思ってたんじゃないかな


>>779-781
 コイツについては、『仕事の前後で態度が変わる』ってマコトの言葉の通りですな

 ミーハー女子の常ではありますが・・・・・・

 実は万馬券だったやる夫は、自分たちに目もくれず、
 幼馴染といちゃついてるという状況


>>785
 まどかちゃんが生き残った

 この事実が成立するには、『ワルプルギスの夜』に残党が出ないということが必要

 残党が出ない=生き残るはずの人間(残党)が、完璧に殲滅された


 まどか関係の因果はこうしておこうよwwwww

 水銀燈は、世界のどこかで元気にやってるって考えたほうが幸せだよwwwwww
関連記事
2013-09-06 : やる夫のハーレムブレイド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示