FC2ブログ
クリックで開閉

「やる夫はVRゲーレベルカンスト暗殺者のステで異世界入りしてしまったため苦労するようです」ぼーなすすてーじ3

198 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:14:46 ID:AxAGAAXI [1/12]

               ____
             /      \    「やる夫はVRゲーレベルカンスト暗殺者の
           / ─    ─ \              ステで異世界入りしてしまったため苦労するようです」
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    ぼーなすすてーじ
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

205 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:22:39 ID:AxAGAAXI [2/12]

                    ____
                  /⌒\_\ 
        _________]皿皿[-∧-∧、
      /三三三三三三∧_/\_|,,|「|,,,|「|ミ^!、
    __| ̄田 ̄田 / ̄ ̄Π . ∩  |'|「|'''|「|||:ll;|             『やる夫のいなくなった後、
   /__,|==/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄ ̄ ̄ ̄|「| ̄ ̄|
  /_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田 |「|[[[[|              彼ら彼女らがどうしていたのか。
  |ll.|ロ ロ,/| l⌒l.l⌒l.| |    |「|        |「|ミミミミミミ
,;ヾ゙゙ヾ゙゙゙'';;,,:::ヾ≡≡≡゙゙ヾ''""``ヾ;;,,""~`ヾ゙゙`ヾ、´゙゙ヾ"''""``ヾ;,;ヾ゙゙ヾ    少しばかり、語るとしよう』
        \≡≡≡\
         )      )
        (       ヽ
        /        \
─┬─┬─┬┐_             _              _┌─┬─┬─┬─┬
┬┴┬┴┬┴┤||⌒ll⌒ll⌒ll⌒ll⌒ll⌒||⌒ll⌒ll⌒ll⌒ll⌒ll⌒||├┬┴┬┴┬┴┬┴
┴┬┴┬┴┬┤||  ll  ll  ll  ll  ll  ||  ll  ll  ll  ll  ll  ||├┴┬┴┬┴┬┴┬
┬┴┬┴┬┴┤||  ll  ll  ll  ll  ll  ||  ll  ll  ll  ll  ll  ||├┬┴┬┴┬┴┬┴
┴┬┴┬┴┬┤||  ll  ll  ll  ll  ll  ||  ll  ll  ll  ll  ll  ||├┴┬┴┬┴┬┴┬



.            /                  /   ヘ
           /.           //       /     ヘ     |\  \ \\
.          // /.     //     /},/.       ^ |  `、     \
.         / /.     /  〃   // │|        | |   :,  | │   \   『混乱らしきものはなかった。
       / /.      /    ̄ ̄~¨7¬=ト|        | |__,,」L厶=+-
.        /.       /   l| ,x牟≠≦ミ|│i',    '"| |-‐  l/ハ |        やる夫が、必ず帰ってくると
.     ///       / /   ||く/ | 〕    〕トミi. ',      孑≦丐丐\   /
    //. /. /.     ,/ /.  {| / 込c  ノ/ |i  ',..   / |{   c}}〉 〉 /     約束したからだ。だから、
.   { { /. /     / /   八/ 冖''¨¨⌒^│.  ',.   /  冖…=冬'イ . /
.   { {/ /.       | :| {  / ∧            ',/        / /|  /ヽ   翌日から、平常どおりに動きだした。
.   { { /.       /| :| {  }{ | \        .            / /...| /  ヽ
.    |/.      / :| :| {  ∨ |   | \                    /./ |l..|/     ヽ  何名かの目が赤かったが、
     /.      /  | :| {  | |   |      ー― ー--    //│ 八       /
.    \         |八{  l.  \                     /| | ,'  ヽ.     /  誰も指摘しなかった』
      \      〈 \      }\                , イ.  | | {.   ).  /
.        \..   ハ.       }_≧s。.        , イ__|____| | ',  人  /
.         { { /  ',..     /::::::::::::::::::≧s。,,x≦   |:::::::::::::::::\\', (.  V

208 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:28:59 ID:AxAGAAXI [3/12]

                           /ィィ_,.イ
                              }'i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧'   『この時点でやる夫の下についていた者達、
.       __,、_ __                 、ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
ニニニ7i_{  .//:  ̄: : .―-. . _        イ:i:i:i:iハ/'i!\i:i:i:ミ   特にエレンやミカサなどは十分に
 ̄ ̄ ̄`'宀-Ц-- :_ : : : : : : : : : :`'`=へ=ミV' ≧  k {ト`
               ̄}}` 、: : : : : : \ :}: :\__゙′ 、~/     冒険者として食っていける領域になっていた』
                  {{    ` : _: : : : }: : : ヽハ_¬/
                }}       `¬: レ:rー-:、く/´ハ
                  {{          /: : : |ヽイl: |__ヽ_>_
                }}         ′: : :l_ : : l: |  ト、:}                __-ァ
                 {{   _ . .-=ニ-―: : `ー:': | ゙イ/,\-、_         __-=- ¨´
                 }}   {_______: : : : : : ノ/ |//// : : `:‐rt--y、-=- ¨´
                  {{   \//////}. ̄「厂   {///-- ---+'tttァ''
                }}     `ー-ミ_}  ヾ、    ヽf-、__
                  {{       r-、_}  イ」コニニニ==〃  ̄アr-ァ
                }}         | l l{}}>z´//////////>、((//イ
                 {{        ゝ={}}-ミ/////////////--}}L___
                ゞ、     /  /   >――┬―'´   // } トミ、
                    `ミ=,∠==彡 -= ¨    }∠ _   /イ .//



                        _, ,、
                    ,:‐='´ // ヽ-、_
                   ,ィ'"   ,' /    ヽ、     『イヤンクックをはじめとした、大型モンスターの
                 /     j |       ゝ
                /       ! |       ゙.    狩猟を、危なげなくこなせる程度までに
                j       | !. ,、      ゙i
                |      ,r=ヽ.¨>`ー-.、_   |    成長していたのだ。彼らの努力の結果だった』
               '、     j ,◎,〕二ゝ.  ヽ_,_ ゙、
                ヽ.   /`ー'" ,ィ'`"⌒゙ー-‐"!´
                 ヤ   V_,..ィ"        ,'
                 ∨ _jk_         /
                  ,| /  `ー-、.....,.イ
                 ,'.!/   ,.ィ'´~     `゙
                   !     /. ,

209 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:40:08 ID:AxAGAAXI [4/12]

      /{/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
      __/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾ
   ..イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ    『ここまで成長すると、独立のひとつも考えるものだが
  /ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ、
.  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/}i:/ヽi:i:i:i:iハ    彼らはそれをする事がなかった。やる夫が帰ってくると
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ/-K、 Ⅵi}V
 |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|V:|  r-`ミy >}     約束した以上、この場を守らねばならぬ、そう考えたからだ。
 |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ィ=ミi:N    、 fj 乂     
 ki:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ ::r::} V{      `゙    、
  Ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:ヽ 〈:〈 ヾ            /    が、彼らはこうも考えた。「ただ待っているだけでいいのか?」
   Ⅵハi:i:i:i:i:i:i:i:ヽ`           __7
      Vi:i:i:i:i:i:i:/`¨ヘ         ´  }    と』
      }i:i:i:i:i:从  、ト         |
     __}i:i:i:i:/    ヽ    :≧=:_― - '
    ./: : :  ̄ ̄: : ‐- . .    /
   / : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ_ ̄:`: 、
   .ィミー:、: : : : : : : : : : : : : : ;ィ:|:: : :./:|
, <: ゝ': :/:`: :、 : : : : : : : : : 〃 |:: :./:: |
ヽ: : >:´: : : : : `: :、: : : : : :/::{: :|:::/、::::|



       /    .......----......._
.      /{ _..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
     //::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::\
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::≧=-   『で、攻めた。すでにノウハウは手にしていた。
   /:::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\=-
  ノ:::::::::\:::::::::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::\    危険領域に住む怪物たち。それを狩るために
  }:::\:::::::::\:::::::::::\::::::::\::::::::}::::::\:::\----
. /:八::::\:::::::::\:::::::::::..::::::::::::Y::::|へ::::::\ヾ.r‐ 、   レベルを、スキルを、なにより自分達を
_彡{:::: \:::::::::::ハヾ\::::::::::}:::::::::|::::从 V:::::::ヽ|{} 人__
  |::::|:::::::::::::::::::::./x斗丐:::::::::|::::::ハ./::::::::::./ /:::::::::}---、   磨き続けた』
  |::::|:::::::\:::::::::::ィ代zソ }::::::/|:::从ノ:::::::://::::/ニニ .イ ≫  _
... 乂:::::::::::: {\::::: \   l:: / .|//  Y - <ノ:::/ニニ./ニ/ニニ≧
    \:::::: |:::以 ヾ:ノ   /''  ノ  / ,  /:イニ/ニ/ニニ/ニ
     \::|::::::ゝ     /   ハ {  r::/ニニニ./ニニ/ニニ
       ヾ::从:::ヽ. `    /  ゝ-- へニニニ./ニニ/ニニ
           /   > ._.イニ r‐      寸ニニニ≪ニニニ
          ./ ,  /ニニニ|ハ   / }ニニ/ニニニニ
         ゝ _.ノ  》ハ=} ゝ-   /ニ=/ニニニニ

212 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:48:00 ID:AxAGAAXI [5/12]

                     _z≦            ニ=-
                     _,.イ             ヽミ、   『いつしか彼らの名が、王都に
                      ̄∠  j/_i| |V |,ヘ 、   z__\
                      ムN∨、t:ッ、_ヾi_,斗zV  ト、``   伝わるほどの物になっていた。
                         ムト!   ̄'´.:  `’‐'./ヽ!ヾ
            _,- z -、        .ハ    i:,    /{        食い詰めた初心者達は、
            r-'  ヘ ヘ ヘ        |ヽ`ー 一 イレ
          /、 ヽ  Y 7i .}.._  _,./i.! :::ヘ __ イ::∧__        一流の領域に到達しつつあった』
         { .∧ | i /_| |...__ノ<,'|/| i ', ::::::::::::,' i|//>x
            / .....∧ ! .i ///ヽ'//////,'!/| V_',   /_j !/j|////>x _
         /  :::/./!テ'_|///////////!i∧ ', ヽ '´/ ,'//i/////////>x
        ./  //.i |≦i|///////////i/ハ ヘ  / ///7////////////ム
        /   j ノ | !_x::|///////////V/∧ ヘ/ ///i7//////////////ム




















         ____
        /⌒  ⌒\      『その行為が、やる夫が、あのお人よし過ぎる異邦人が
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \    いないという寂しさを紛らわせるものであった事は
     |       |::::::|   ,---、 
     \       `ー'   しE |   いうまでもない』
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ

216 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:54:00 ID:AxAGAAXI [6/12]

                      /{
                   /:/  /:{ ____
                      { :{ /: : :'’: : : : :`≧=- ..,,_
                 乂__{: :__{ ̄: : : ``丶、:<⌒
                 「: : : :〈 : : : : : : : : : : :\: :\           『彼らは待ち続けた。
                 |.: : : : :〉: : : : : : : : : : : : ∨/ \
                  /: : : :./  ',: :|:.. :.¦: : : : ∨/, ̄          遠征で、留守することはあっても、
                   ⌒ア: : : ' ‐-ミ',:|\__| : : : : : ∨‘,
                /: : : : { 弋ト}.Ⅵ -t:ト|:}: : :.:| ド_:‘,_          帰還する場所は、かならず
         〈⌒ヽ _,,. -‐//Ⅵiハ__`_ノ弌 `¨^]ノ: }ト:{ |    ``丶、 _
        }─≦=- .,,_    V圦 〈   `¨¨¨´| /イ∧|         \} __}   シンジュウ区だった』
        {       ``丶、//∧  ‐-   /^┰─┐-‐=…=‐- i} __}
         ‘,           `寸ニ丶  .-‐≦⌒ _}}  |         リ __}
         \           `` ‐-=ニニニニ|   }}  | ,/      /__ア
           }                     |   }}¨Y  Y    _/_ア
.          {                ___|   }} ,ノ  }   ¨¨⌒\__
              ;\              |    }}¨  _ノ       `¨
          /  ≧=‐-  -‐=≦⌒   |    }}   |
            /  __ア゙             __ア|___}}__|    ⌒≧=-__



           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::\
.          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::厶ミト::::::::::'. :::::::::::.
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::/ j:::::::′   ` ー=ミ'. :::::::::::.
        ::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::jl::|i:::′1::/         |i::::::|i::::i   『仕官の声もあった。
        i:j{:::::::::::::::::::ji::::::/|八|イ| __jハ{__         |i::::::|i::::|
        |八:::i|::::i:::i//⌒ヽ..|  |   ___―`丶.,__,j    }i::::::|i::::′   別の、割のいい狩場への誘いもあった。
              リi::i|::,...{  ハ |/    弋赱 ¬ノ  入__ji::::/}:/
            |:i|/....、 い         ̄     {赱ァ'::://リ     少しばかり、足を運ぶ事はあったが、
            {八.......\__             :、/ハ′
              }....../  {                / ′        結局、そこにいつく事はなかった』
              }- ′   、             /
            __/_____ \       ´  ̄
         r===ニニニニニニニニニ==--  __   /
        /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} __/
       __/三三二ニ=- -=ニ二三三三二ニ=--- 、
    /ニニニニニニニニニニニニニニニニ=- -=ニニニニニニニ二\

217 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 22:55:36 ID:AxAGAAXI [7/12]











      『まあ、そんなわけなので』
















,,..-''"´      '' -..,,
   ''"⌒ヽ、     `ヽ                   |\     /\     / |   //  /
    _       -‐ヽ                 _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 /´(;;;c)ヽ      _ ',                \                     /
 ヽ、_ 丿    /r;;cヽ|                ∠     た だ い ま !      >
   /´     .ヽ ヽ-' ',                /_                 _ \
   ヽ       ',`¨´ ',                ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
    l  ̄ ヽ .__丿     l                 //   |/     \/     \|
    ヽ、  ノ       ,'
_____.  ̄        /
 :::::::::::::::::`ヽ、   _,,..-''´
`''-..,,_::::::::::::::. r''"´
        ヽ、
          ヽ、
            ヽ   _丿ヽ
                 ',   ) .,-.、
              |    | . |
               |  /r''⌒ヽ、
                 |  / /―-  l
             | / /―   ./

224 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 23:00:02 ID:AxAGAAXI [8/12]

          --─────-- 、、
        /                \           『こうなる事も、いた仕方がないのである。
       /                \
     /   ,.-‐-、      ,.-‐-、   \        帰還まで、実に一年半である。
    /                          \
  /     /:::::::::ヽ     / :::::::::::ヽ       \     何故こんなに時間がかかったか。
 │      ヽ::::::::::,)     ヽ::::::::::::,)、 ,-,    . l
 │        (____人____)l;:;:;l l:;:;i !;:;i  ,:-、  |    日本側の事情によるものなのだが、
 │         ヽ  _  ノ i;:;:;i i:;:;:i i;:;:i /;:;/  l
  \             (;:;:ヽ.i;:;:;U:;:;;iノ;:;:j,/;:;/ /    少なくとも待っていた彼ら彼女らには関係ない』
   \            ヾ;:;:;::;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;://
   /             ヽ;::;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;' \



 /  /.       }rV/ l   \
./  /.    / /^\⌒`<´ ヽ. \
'  /   /  /    \   \ `  \      『まあ、その後はもう、爆発したような騒ぎになった。
/^.  /.   /                    \
.  /   /       |.    |     }  ハ    高レベル冒険者たちが騒ぐという事はそういう事である。
._/ ,イ__从       }   |
,.斗≧ミメ. ∧.       从_ リ}.   |   |  |   あまりにはしゃぎすぎて、やる夫の屋敷の石壁が一部
 / しヘヾ   }    ノ孑气く.ハ }    |   |  |
l| {::::} |.   !.  /. l f:::i lヾ ヾ/.   |  / /.、   倒壊したぐらいである。まあ一週間で直ったが』
_弋_゚辷'ン_   //.   、辷ン   / /ハ   ∧ ',
  ̄ ̄ ̄.          `" ̄-=彡  / |i  | ヘ ',
\           ′     / /l.  ||  |  ヘ ',
_ミ=-          -=彡ィ´  |/ ||  |  ヘ ',
\                ノl.   /.  ||  |   }  }
 丶..   ⊂ニ=⊃     イ l|  /  ハ ノ  ノ/

230 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 23:04:41 ID:AxAGAAXI [9/12]

         ゝ――─、':
       ': ヽ       i':              ':/ ̄ ̄ ̄ ̄,_ノ:
        l´,._      / ':              ':l     _/:
          ':,イ     \':            ':/   /:     『その後については、また
           ':\    \':         ':/   /:
             ':\    \':      ':/  ´ /;         いつか語るとして。そんなこんなで
              ':\    ., ̄──‐ー´   /:
                ':\            /:            やる夫は帰還を果たしたわけである。
                 ':|,、  ,.        |:
                  ':|           |:             彼ら彼女らの成長を、その身で思いっきり
           __>-へ|_          | ̄ ̄\/ ̄
           ___/ ̄│\へ√⌒l⌒´ ̄ ̄\_         実感したわけだ』
              ´    /    /   \



             / /  /.         /   、 \___/{^㍉  >
.             /   /  /  .        /.  ‘, \ ノ__ Ⅵr‐v<`丶
.          ′ .    /        /    ‘,  \ ア r‐一 _ヽ/
            ;       | /      ィ      |   |  }/}  {\ .′
            | i  | / /      仏   、__ハ |    \j\} {
            | | /  / _,,  -‐ 爪ハ    7  トミ|_     i   {
.           /| |,   /     厶=ヘ{   }  /  j/ |/「`    |   ,
          / /   .   r斧  _「`  |  / 茫  冰.j     |   ′  『めでたしめでたし、である』
.          { /.      汽 __)刎   j/  ___)刎 }〉/   ;
.         }./      /  っV炒   -=、  込_炒 .′  ./   !
.          // // /{  ‘, o°.:::::.    , `   .::::::‰/       | |
        //| ′ { ‘,  \____,         /ノ   イ / /  | |
.       {{| { / }  \ -‐≠    ー ‐    ー=ァ  /./ /  /| ;
.       {{| { { }\   ̄\          /  /  /  / . ′
        {{| { { { )\   }\       イ    / /  /  }/
        \| { { {///}  、  {__    _,   ;   /   イ\  /
          /ア\\v//_  \}/}       {r‐―‐ァi〔 i|  V
.         〃{   { ア⌒   //}       }/////  、 i|  〈 }
.        {{」L  ァ        ///}       }////   \ //
     /    /      /\/\     _////\    \”¨  、
..   /    //       /   \/}‐-  7//   \    \  `、

231 名前:ババコンガ ◆Ff7nWZGtso[sage] 投稿日:2014/02/27(木) 23:05:52 ID:AxAGAAXI [10/12]
とりあえず、今日はこんな所で。

やる夫がなんでこんな時間かかかったかについてはまたいつか。
関連記事
2014-02-27 : やる夫は内政王のようです : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
めでたしめでたし!
おかえり! やる夫!
2014-02-28 00:20 : URL : 編集
No title
最終話の狂気のマッドサイエンティストとの会話を見る辺り
むしろ一年半じゃとても帰れるとは思えないのだがゆっくり続きを待とうw
2014-02-28 03:06 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示