FC2ブログ
クリックで開閉

【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】2


5085 名前: ◆R2EPbWDdJg[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 20:44:29 ID:iPBu63mo0






           .  -── - .
         /          丶.
        /  /           ヽ, \ー、
     ,. --ァ' / /   i l l  i   i  l  V|
    〈´  ̄i l  l  l ! .l i  l   l  i  i l |
     ヽ.  iヽl  l___l__l l |  i,.-十 ノ  l l.|
      l lヽi.´ | ノ ノレ'  レ' r==.くレ / i !
      i | l  | v= 、   |i沂jjハレ' i イ
     .乂| i  |        ´ ̄⊂⊃ | k
      /.| l ⊂⊃  ┌─┐   ,イi. |  >
     / i l  | \   ゝ ..ノ /lリ l レ'´
     `ーヘ ト、j ハハ` r ─´| // i j/
        `レ'ヘjイ ハ \  ノ\
          ., '   ヽ、 ,.->_/ l ヽ .
         ./\.     Vィニィァ_/  /ヽ
        /   ヽ.   |  /´ }   !   i
        {     V   |   {  |    ',   |
        }    |_/  ム. ヽ.__j  |
        |   ヽレ'ヽ  /示.  iヽ. l  |
        |  /    ∨  ̄ ヽ |  \ }
        トイ      .iニfぅニi∨    ヽ|
        l/        |=ュッ=l/     〉
        〈'        |    |      /
        |ヽ.     ├‐┬‐{      /|
        |  ヽ     /i  l  `ト / |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ イージー……コミュ、戦闘共に問題無し。忠誠マックス。
┃ ノーマル……コミュ、戦闘共に問題なし。(魔力量以外は)
┃ ややハード……コミュ、戦闘のどちらかに問題あり
┃ クリアしてみろ……コミュ、戦闘の両方で大問題あり

┃ 個人的にはこんな感じのイメージですね、
┃ まぁ、今回は死に戻りしてもペナルティは付けない(予定)ですのでご安心を♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5086 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 20:50:04 ID:iPBu63mo0





         ,.  ---
          '       `ー 、
      /               Yーーー┐
.    ,             、    ト _ノ:|
   /〃 / / .  |    |  | /〉::::::::::::;|
   ノイ|/ /| | |  | | ヽ|  |彡'ハ\ /::〉
    | ハ|、| | l. ト、 ト、 \|  |/  V::::/
    リ ハf^K. N ,>f==ァ  i:┐  K
    i. 川. |lj|      |:Uリ|  リ} i |::::\
    l | ハ ̄、      ̄´.|| K;:ュハん~'′
    | !./ rへ. マ:::フ  ,|| /'´: : :∨
    lハ从〉   \ __, ィ.  j//: : : : : : \
      」¬-'ミ||: : }>' j/. : : : : : : : :.ヘ
rヘー 、〈.    /./: : /'´. : : : :.厂 ̄ ̄ ̄{
   ヽ }  >;==}.|: :./: : : : : :.:/     r‐ t‐ 、
     |_ 〈__,.../ ノ:./: : : : : :.:/  厂 |    ', ヽ
  ,. ベ´ \ f‐:|. | /:/二ユ./ r‐ | /:} f¨},フ :r┤
,.イ:     ーヘ`1 ヽ/ ' , --、〉 _j  `| └'’ トイ j
:!       い. .|  ,.二.7f .卩イ '     |、ど
:!      ,ハ└-|  二ブ⌒´/     ハ:ト┘
         ハ. ,」__r‐'’  /        /⌒
   \     }/  ヽ  く         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ それはそうと>>1が二日酔いで死んでいたせいで、
┃ 書き貯めが全く進んでませんが、とりあえずもう少ししたら投下しますね。

┃ 今日中に安価のある場所まで進みたいですが、はてさて。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5089 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:06:41 ID:iPBu63mo0





   ________    ___  ___     _,,,,,,,_
  !ヾ'''''''ヽ>‐''´ : :  ̄:_,;,_`ヽ、r''´‐''¨¨!:!
  !:.:ヽ;;;r';r '´ : : : : : : : : _`ヽ、ヽ、;;;//
  l,:.:,/;r'''¨´: : : : : : : : ´: : :`ヽヽ:ヽ、:/
.  /;/'’ : : : : : : : : /! : : : : : : : ヽ`、;!l′
  !:/ / : : : / : ;r!:/ !: :i: : : : : : : ヽ`、!ヽ
  `!:/: : ://!: / l:/   !: ト、: :l、 、: : :l :ヽ!'′
  レ!: : :l l,rV'''¨l!`  rヾヾヾ!'ヽト、: l: ド、
 /l: :l : :ll;!,r''¨¨'iヽ   ´!¨¨''ヽ !/:/: !ヽ
/:.:! : :ヽ;!fi::::::::⊂     !::::::⊂`、lレ: : :l:.:.>
ヽ;l :i: : l l ヽ:::::::::!     l::::::::ノ 1 l: : : :l
 l: :l : :ト、l ´ ̄       ̄` /ノ:l: : l l
 レヽ: :l:::::ヽ ' ' '  __ ' ' '/;:;:;:;:!: :レ′
    ヽ!`´`´ >.、 ヽ _,.ノ /、`´`´ !/
       /:.:.ヽ:`ヽ‐ 7´:./:.:.ヽ
        /--:、!:`:.:`y':.:.:.i,r‐‐:ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:!:.:.:/:.:./:/:.:.:.:.:.:.:l
     l:.:.:.:.:.:.:.ヽ=-==/:.:.:.:.:.:.:.:.!
      !:.:.:.:.:.:.:.:.!:∞:/:.:.:.:.:.:.:.:./
     /:l:.:.:.:.:.:.:.:!___l:.:.:.:.:.:.:.:./:`.、
 r‐-i'":.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.!'''l:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.`i¨¨'i
,r''´ :!::.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.!:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!: : `、
: : : :l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___;,;ノY`ーr-;,;,__:.:.:.:.:.:_;! : : : ヽ、
. : : : ̄ ̄¨'''''''¨`、___,!_,,ノ''''''¨¨ ̄ ̄: : : : : : :`\
____: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :__;,;,:.--‐‐‐‐'''’
   ̄¨¨''''''''''‐‐‐-------‐‐''¨ ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ではデスペナは無しにしますね。
┃ それでは投下を開始します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5091 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:09:35 ID:iPBu63mo0





              ||                  ||
         || ||           ||   ||
        r======、          ||    t======_
         |    /          ||  //   ,,-''               ,,..-''"
         |    /        ..  ||//   ,,-"      .       ,,..-┬─''"    ,,..-''"
         |   /           .//  ,,-''             .|  |  |  ,,..-''"||
         |   /         . |/ ,,-''           . ,,..-''" |  |  |  ||  ,,..-''"
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
_______________________,,..-''"   ,,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
                  __           ...|  .,,..-''||,,..-''"|| |  |  |  ||   ||    ||
______. /::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::\...__  | ||,,..-''" ,,..-| || |  |  |  ||   ||    ||
          /::::::/:::::ヽ::::::::/:::::::::::::::::::::::::',    ||  | ||二l.|| ||  | || |  |  |  ||   ||    ||
          /:::::/:::/-wwn从从N/--|ヽγ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         /:::::/:::/      o     |::: |   時にやる夫氏www 今日は真っ直ぐあの女のハウスへ帰るご予定でござるか?www      |
        /:::::/::::|     |     ||:::::乂________________________________________ノ
       /::::::l:::::|-‐‐-  odo -‐‐- | |::::::l::::|  ||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
____ . |:::::::l::l::|    _   _    | |:::l::l:::::|.゙_.||  | ||  ||    || |  |  |  ||   ||    ||
____....|:::::l::::l::|,,,,.__-    ,,,,_,,,,| |:::l:l::::::|.゙_]...| ||  ||    || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄../:::::l::::l:::|           | |::: γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 ̄ ̄ ̄.. /::::::l::::l:::|      }       | |:::l:|   もし宜しければ拙者の願いを聞いて欲しいんでこぽぉwww        |
      /::::::::l:::l::::ト    、 ,    /||:::l::乂______________________________ノ
      /:::l::::::l:::l:::|;;;\   、_ ,,,.   /;;;|::::|::::::::l::|    ] ̄|「  |ト.,,|| ̄ [     ] ̄|「
      /:::::l:::::::|::l:::|;;;;;;;;`' 、      /|;;;;;|::::|:::::|:::l::|.  ̄||.. ̄|| .......||.....|| ̄ || ̄ ̄|| ̄ ||
    /::/::l:::::::::|:l::::|;;;;;;;;;;| `' 、 /  |;;;;;|::::|:::::l:::::l::l.... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"''-..,, "''- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,
    /::::::::|::::::::::|:::::|;;;;;;;;;;;|       / ;;;;;|::::|::::::|:::::l::|
   /:::::::/:|::|/ |:::::|-''" ヽ     /  /|:::::|:',::::',:::::::\
  /:::::/:::/:/  |:::::|__ヽ_\___/_/_|:::::|>::::\_:::\
/::::/ : /::/ ̄||:::::|: : : : : : : : : : : : : : : : |:::::|: :/',::::ヽ: : : :
::::/: : : : /::/ヽ : |:::::|: : : : : : : : : : : : : : : : |:::::| / :\::\: : ::
/`''-、,ノノ: : : / |:::::| ―――――――: :|:::::|: : : : : ヽ:::::ノ
: : : : : : : : : : / /|:::::|: :`"''- 、.,,_: : : :/: : |:::::|: : : : : : : ̄: :
: : : : : : : : : / /: |:::::|: : : : : : : : : : : : : : : : |:::::|: : : : : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 放課後―――、
┃ いつものように夜行が狂しながら何か話しかけてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5093 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:14:59 ID:iPBu63mo0





.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ       願いって……。
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |      もしかしてまた予約した商品を取りに行ってほしいとか?
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|






           ,,〆lllllllllllllllllllllll;;,,,
         /||||||||||||||||||||||||||||||l,
        /||||||||||||||||||||||||||||||||||||||l,
       /||||||計ミxxゞ||||||||||||||||||||||||l,
       /|||/  。    '|||||||||||||||||||||||||l
       ||||||  |    '||||||||||||||||||||||||l,
       ||||||__・♭・,;;-‐‐|||||||||||||||||||||||||l,         流石はマイ・ソウル・ブラザーww
       |||||| .._ゝ  ,-‐ _|||||||||||||||||||||||||l,
       ||||||‐-‐   ´ ̄||||||||||||||||||||||||||l,         話が早くて拙者、大変助かりますwww
       ||||||',  ,'     ||||||||||||||||||||||||||ll,
       ||||||;;';, `___    ||||||||||||||||||||||||||||,        実はこれから直帰してソウルフレンド達と一狩りする約束をしているのですが
       |||||;',',','\    /||||||||||||||||||||||||||||l,  ノソノ
     メ ||||||;ミミミ' ゝ- ´ |i',|||||||||||||||||||||||||||/´´´:::::メ   迂闊にも今日は『魔法淑女・加齢怒流美』のブルーレイの発売日www
   〆  ||||||',>ミ彡:/::::::',|||||| /||ミミミミ|||||::  ::::::::ヾ\
 ∠  :::ノ |||||::::{` ゞゝ----||||||ノ_ミミ彡;;;;;:丿 ;;;;;i羅\ ゝ
 ∠::::    |||||::::{:::::;i;i;i;i;i;i;i;i;||||||;i;i;i;ノ;i;i;i;i;i;i;i;iソ::::::::::::::::::ゞ─=ゞゞ    お礼はまた後日必ずしますから、
 /::::::::::  / |||||:::::|`ゝ,i:;i;i:;i;i;i;|||||;iソi;i;i;i;i;i;i;i;iソ:::::ソ:::|:::://\》ゞ
 /|::::::::::::://||||| /:::/;iiiiiiiiiiiiiii|||||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iノノノ||ソ丿;;;ヘハ/都ゝ    どうか拙者の代わりにソフモッフまでご足労願えないでござるか?www
 夜iiii;|ノ´:::::||||/::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i|||||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/天::::||\/iiiiiiiiii',
/iiiiiiiiiii/::::::::::|||||弋;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;ii|||||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;//;;ノ;;/\;iiiiiiiiiiiiヽiiii|
iiiiiiiiiiii/::::::ε|||||閻;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||||||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i/;; :::::::ノ\iiiiiiiiiiiiiiiiiiii',
/ii|iiiiiii/\', |||墜ノ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||||||;i;i;i;i;i;i;i;i;i/  :::::/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ii',
摩||iiii∥ :::: ||||| ;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;||||||;i;i;i;i;i;i;i;i∥ ::::ソiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|iiii',',






.
5096 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:20:30 ID:iPBu63mo0




         .,..-――‐-.、
      /        \
     ./  ―‐   ―‐  ',
     l   ━    ━   l
    _l            ,'_     はぁ、仕方がないおねー。
    \.ヽ、 (_人_) //
      /\.>、---- ,<./、     それは明日、学校に持ってくれば良いのかお?
    .,'.   \ ヽ〉-〈/ /   ',
    l.     \ヽ /./    .l
    |.      `Y´       |





            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
           /::::::::::::::::::::::/ー――-、::::::::::::::::::::::::::';
        /::::::::/::::::::::::/  o    \:::::::::::::::::::::::';
        /::::::/::::::::::::::/   ハ     ∨:::::::::::::::::::::ヽ
        /:::::::::::/:::::::::/  o (O) o  .,-ヽ::::::::::::::::::::::::\___
      /::::::://:::::::/''-、,   V  -''"   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     -'"::::::/::::::|:::::::|  ヽ     _,,..-´|:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::
, -''"::::::::::-''":::::|:::|:::::::/  ̄ ̄ ヽ        |::::::::丶::::::::::::::::::\:::::::::     みwなwぎwっwてwww
:::::::::/::::::::::::::::::|::|:::::/、     ノ::l         /:::::::;::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::
/::::::://:::::::::::|::::/;;;;;;;\  ヽ:::}      / リ::::::|ヽ::::::::::::::-'',::::::::::     キターーーーーーーーーーーーーwwwwww
::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/;;;;;;;;;;;/\  丶 __   /   〉:::|::|::::::\:::::::::::::,、-''
`''-、,:::::::::::::::::/::::::/;;;;;;;;;|:'; ヽ ヽ、´ ̄ //  /: :|:::|::\彡ー: /        でわでわやる夫氏www
   \:::::::::/::::::/;;;ハ: : ヽ \ ヽ- '´ / /: : :|:::::ト::::::\-、,__, -
/   ̄/::::/::/::|: : : : : : ヽ  \    /   /: : :/:::::| \::::::::::::::::::::::::::     引き換え券をお渡ししますのでどうぞヨロシクお願いする所存wwww
    ,-'':::::/::::/;;|{: : : : : : : :\  \/_/ ― |::::::|:.:.:/`'' -、,:::::::::,、-
, -''"::::-''"|::::/:.:|.:.:「 ̄〈 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::::::|.:.:/ //   ̄ ̄ミ
:::,、-''" : 彡|::::|.:.:.:〉.:.|  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._|_::|_,、-'ゝ
.::.:ソ  彡 |:::|.:.:.:|.:.:.:.〉_|:.:.:.:.:.:.,、-''"`''――''"―''"  ノ  //
.:.:.:.:{彡  |:::|, -''">、 _,,. -‐''"´  ,...--、 _, ,、 ー '''":|    |
.:.:.:.:..:{:_,、ー'"/ /-''"      ''",. -' ',.:.:.:.:.:.:|::::::::::|   |   l
,、-''".:.:.:./////             | ヽ.:.:.:.:.|:::::::::::|      ソヽ
.:.:.:.:.:.:///// l            _   ト >.:.:.:.:|::::::::::ヽ     |
.:.:.:.//////  、    ____ -ヾゝ 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:|::::::::::ゝ  |
:.:.:///////_,,.、 -‐ ''"´/ .:.:.:.:.:.:.:\_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::::::::::ヽ   ゝ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――というわけで。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5098 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:25:54 ID:iPBu63mo0





:.:.:.|:.:.:.:| _!:.レ :||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:.__:.:.:.:. -―_|:|.|==  : :_ : : : : 癶乂爻w从;爻父;从;爻W
:.:.:.|:.:.:.:´:.:.:.:.:.: ||_:. --_―=:|::| ̄―:.:.:._: ̄:.:.|:|.| : : : : : :  ̄ ::¬ィw;从爻w从;从爻;戈爻w;从
_:!__ -_―=|l: ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:i¬从爻Wt.|:|.| : : : | ̄| : : |爻w;从爻w从乂爻w;从;爻;父ゞ
冖:! ̄:__:.:.:__:.:.||:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::|:.:.:|ィ爻ゞ戈从fw|_: : : | ̄| : :ィ从父W父从w爻爻;ゞ戈从从爻
:.:.:.|:.:.:.|__!:.|__|:.l/'^丶、ヽ__:.|::|:.爻w;从爻w从j.l : : :└ー: : :戈爻w从乂爻w从爻父爻ゞ戈从
:.:.:.|:.:.:.|__!:.| /--―___.ニ丁:}:j|:.wゞ;爻从w爻ゞt;. : : : : : : : 爻w从;爻w;从爻w从爻ゞ戈从戈
:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.匸} ̄:::::::::::::「´|ィゞ从ゞ小爻从wトw======ゞ父从w父W从w;从;爻W从w父
==:!=== | |:.:.:.:::::::::::::| |爻乂爻w从爻父癶t : : : : : : : :ゞ爻乂爻w从爻父戈ゞヘ;癶爻w
癶w;i;.,.__:.:.__| |:.:.:.:.:.:::::::::| |ゞヘ爻w从爻戈ゞ彡': : :| ̄|: : :.| ̄l: : ゞヘ戈弋;}:レゞ' |  |: : : : : :
爻从艾tw|-| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(⌒):.:.:1弋爻wゞ;≠:|.i : : : |―|: : :.|-(⌒)|::::|: : :|ゞj:;{―‐|--|: w戈y;
--------―――――¬二}:.:.:L__l:.:}:}-:.:.:.:.|:|.| : : : L__l: : :.Liニiニ!__l________iニiニ!--------
: : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:| ||:.:.:w.:.:.:.{:{:.:.:.:.:.:|:|.| : : : w父爻w.|:| : :|:.| | | | | || |:|: :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:| ||爻从爻k}:.w;,:.:|:|.| : : 爻从WjW;|:| : :|:.| | | | | || |:|: :|: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:| ||ー--==ニニ二二ニニ=== |:| : :|:.| | | | | || |:|: :| _____
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:|_||                  |:| : :|:.| | | | | || |:| :li´ ̄L___「
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|: : |                  l:|_|.」-----lL|:|_:||=====
==============―                   ` 丶 、       ||    __
                 `丶、                 __ `丶 r ニニニ --―
_       ---―‐    _ ̄` --―        ̄ ̄               ___
--―         ̄ ̄                              ,.:'´ ̄:.:.:.:.:::::
                                            l :.:.::::::___;;;:::
                                            | :.:.::::|
                                            | :.:.::::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 帰りにゲームショップに寄る用事が出来た訳だけど、
┃ 家とは逆方向なので帰りが遅くなってしまう。
┃ まぁ、夕食までには帰れるだろうし、
┃ 琥珀さんに連絡入れておけば大丈夫だおね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5099 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:29:13 ID:iPBu63mo0





_____| |            ||| _」 |\                 |  | 三 |  | || |\   /´|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l l ¦ |                      | _|l__l|_L || |i- | /|  |
          | |            ||| l l | |                   \_\  |  | || |l : |   |  |  _ .
          | |            ||| l l | |-.                     _ |_. ┤ |  | || |l : |   | _ -!' ̄
          | |            ||| l l | |  `l                 |::::|[l | |  | ||_|-´|_-‐|'´ |
          | |            |||_l l | |¬-|       i  i         |::::| l | |  | || |l : |   |  |
          | |            ||| l l | | ̄¬┐   __lニニl___  _| ̄|::::| l_| |  | || |l : |   |  |
          | |            ||| l l |、| |i l|   |三三三三|  li|  |::::|_l | |  | || |l : |   |  |_.-‐
          | |            ||| l l | | |i i├┐ |三三三三|  li|  |iiii|_l | | [| ||_|-´|-‐¬  ̄|
          | |            |||_「iil |.._| |i i┝┿_|三三三三|  li|  |::::| l | | [| || |l : |   |  |
_____| |            ||| l l |_| |i i│┥_|三三三三|_「:li|  |::::| l | il|  | || |l : |   |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l l  | _.!| |i i|i]i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l 「 ̄  ̄ l!|| |l : |   |  |
          | |            |||-tニlニi!冂| |i i||_i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l |__|  ||_|l_:_|__l___l|___
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i├|_:| |三三三三|::|::li|  |::::| l | ̄ ̄|  || |l : |   |  |
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i|| :| |三三三三|::|::li|  |::::| l |    |  || |l : |   |  |
          | |            |||:二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i|| |l : |   |  |
          | |            ||| __|l___|l___|l___[二二]___|l___|l__||_|l_:_|_  |  |
          | |            |||::l:::l|::::|::::/  /    ̄ l  ヽ \::::::::|!i===i:]:[ 三三三三 || |l : |  ̄|¬-i|_
          | |            |||::l:::l|::::,'/ il/      il   ヽ \::|!::||::::::i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || |l : |   |  | ̄`¨
          | |            |||_,-[ooo]/____________________________ \_|::::::l┐         ||_|l : |   |  |
_____| |            |||._____/- - - - - - - - - - - - -\_i_____ || |─|‐-_|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            |||                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| |l : |   |¬-i|_
          | |            |||                                   || |l : |   |  |`-._
          | |            |||__                      __ ]i]__||_|l_:_|l、 |  |
          | |            |||:  /                       ヽ     || il || |l : | 、\  l|
          | |            |||  /                            ヽ   || , . :|| |l_:_| |:::\\l|
          | |            |||: / =================================ヽ. || il ヽ_l :| |:::   \\
          | |            |||/ ================== ヽト  il  ̄\: :     \\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ この時はまだ、そう思っていたんだお……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5100 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:32:55 ID:iPBu63mo0




:|  |:::l  r:、 \:ヽ__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /          . . : : :
:|  |:::l  |::|  、\:::::::: ̄}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;        . . . : : : : : : :
:|  |:::l  |::|  |:l   \::::::::\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|       . . . : : : : : : : : : : :
、  'ー'  |::|  |:l f:i   \::::::::ヽ : : : : : エ: : : : : : : : : : : : : : : : .、        . : : : : : : : :
`ヽ     `   l:j |:|  ト   \::::::}: : : : :、」L : : : : : : : : : : : : : : : : \    . . : : : : : : : : : : : :
>' ト..、\   ヾ  |:|   \::.、 : : : |::::| : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ー- -‐. ´: : : : : : : :
r:、 |::::|   \.     |:|     `i、: : : :}べヘ  ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
|::| |::::|  |ヽ  \  ゙   ト   ト、,/△ | Y |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
l::|_r::シ:⌒ヾ:| |:l `     |:|   :!  !    l ヾ、:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
_`''ー'::_:::::::::}| l」   ` ヽ    |  |   |   |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    "'-::L  /::^ヽl::i  _ `ヽ,::|  |ー:::::: ト,, _!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |`::、    :ヾl::::::::::}::| |:|    |  |:::::::::::|:::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| f:ヘ   `ヾ:::ト、!:ィ^7:ヽ::|  |:::::::::::|:::::::::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  r:.、   : ` Y::::::::}:|\| ̄ ̄|` ヾ:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| ト,    `ヾ';」- `i  |  ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  f:: ..、|:   |  |  ::|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|: : : : : : :
  |::::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|. . . . . .
  L::::| |::::|  |::::| |:|  |::| |:::|:|:   |  |  ::|
   `::└-,   |::::| |:|  |::| |:::|:|:_ |  |  ::|
‐-, ___      `゙  ┘ !::!l|:::|:|: Τ、}  !   ::|
:::::::',: : : ̄:":'':-.. __   `::-、!:!: |゙-  ̄ ̄` - 、
:::::::::',: : : : : : : : : :',   ̄ "ー-゙/ー、         ヽ
--::::::〉: : : : : : : : : ',..    , -、     ヽ、_     ハ|
__:/、_____:/i.    ノ!o }  !、_         ',
  |:|          |:l ̄.../ >    o`ー--  u   }
  |:|          |:l.   { /    ヽー- _  _   !
  |:|     __ .」:L......ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
-― '' "  ̄_ .. -‐ '' "  ̄. >、  ー'    (  , イ⌒ヽ'
-‐ '' " ~             <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――途中、コンビニやらなにやらで寄り道していたせいもあり。
┃ 夜行から頼まれた目的の物を手に入れた時にはすでに日が傾いていた。
┃ 夕飯までには帰れるとはいえ、流石に長居をし過ぎただろうかお?
┃ そんな事を考えながら、朝よりも若干重くなった鞄を持って帰路を歩む。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







.


5102 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 21:35:13 ID:VrJFfaM60
完全にフラグである


5103 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:38:02 ID:iPBu63mo0




                    (
                     ) ) )
                    ( ( (
                   .__r‐vー-、__
              (    .∠-ァ   <、 ヽ、
             ) ) ) / /.ノ   .、\ヽ、ハ
            ( ( (  i // ノ i ヽ ヽ リ
            __,=-v'"'' - 、_ ´  .i  ヽ  ノ
          _/__ヽ´  ヽ-= 、ヽ      ./
         .( _/     ヽ- ヽハー-‐'"´
         /  /  i ヽ  \  |
         i  ノ  /  i ヽ   j
         ヽ、  /   j    .ノ
           \        /                      ___________
            ` ー=-=-''"´                   ,,,,rー'''','..;''、;,'、`;;'、'ー-、
                                     /´. . . . . . . : : : :'::'::゙:::'::::::丶
                                    /      . . . . . . . . . . : : :::::ヽ
〃 ̄`ヽ                               {;;_         . . . . . : : ::;;;_ノ
|   ノ入                             j,,j!::`ー--,,,,,,,____,,,,,;;;r'''''´:ji,_
ヽ     ヽ                          〆≒ー-,,,,,,,_     _;;;;;;;r-''´!"
  \    ノ入                           rヾ、;:;;;:::::::;;:;: ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;ソ;}
   \     ヽ                          ヘ `ー―-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r--''''´::::ノ
     \.  .ノ入                         ヽ、,,,,,,,__         ._;;;r''´
      \    )                            ` ̄'''''――'''''''''´
        `ー‐''\
            \\
             \\
              \O

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ
             ○
           о
          。

         ,,..-―‐‐-.、
.       /     | | | | lヽ
.     /      ___| | | l ',
     i  ̄     __    ',
     | ―          i
     !   /   ヽ u   |
    ',  ゝ-'`¨¨´     ノ
      ヽ、___  -‐<
     ,.‐/ \  / /   }、
.     i、 `"''-Y-‐'" _,,..-' ヽ
    /  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄       ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 肉まん、フランクフルト、ハンバーガー……。
┃ 買い食いすると琥珀さんがうるさいんだけど、
┃ ついつい美味しそうな食べ物があると手を出してしまう。
┃ この寒い時期、おでんなんかも悪くないおね。
┃ そんなことを考えていた道すがら―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5105 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:40:19 ID:iPBu63mo0





                                                           ,/   i'
                                                            ,/   / `
                                                      , - .゛     .\
                「l                                    _,ill!”     .,,, 丶
                l´l  l」「l                              _,iiil!゙´    .,iil'"      .:′
                 l .!─, l」                              ,, ‐゛.,,ill゛    .,ii!゙’         /
                  l .l ̄  /,=7                        ,/゛ ,,,iil!゙゙゛     ゙ll、       .i
             レ'   // //  _                    / .′,iill!゙’       ゙li,         i゛
                     //   l」 /l              ,/゛  .,! .llll!         ,,lll.    .,"
                         _//          _,,.-.''‘ソ   / .lllll゙       ..,iil!゙      .ヽ.  ,
                       l_/        _/   ......;′ ../    illlll       'llll″       .゙l"
                             /    / .,/  .,,.   .llllll        !lll,           l
                             ,/゛   / . /  /゙ノ    lllll!       .,iilll!’       、
                          ,/゛  . / . /    ノ゛ .-    .lllll!      .,,illl!゙           "  l
                        ,..-'゛   .,/ ,/     ,‐  "   ,,iill!!″    .,,illl!゙        /  .l
                     , /    . /  /       .: . /   ,,iill!!゙      .,,illll!′       ..′  l
                   _/゛    /  ,/       ./ ./  ,,iilll!゙’      .,illlll!゛            '   /
                _/゛   . /  ,/          / ./  .,,iilll!゙’      ,,illll!゙            ,l′  l
           ,/゛    .,/゛ . /           / ./   ,,iilll!!゙       ,illlll!’           /   .!
         ,..-'゛    . /  .,/゛        / /   ,,iillll!゙’       .,illlll!゙        /     /
      ,..-'゛     /   ,/         ,/ ./   ,iillll!!゙           ,illlll!゙        /      /
    _/゛     ,/゛  /          ,/ /   ,iilllll!゙’        ,illllll!′      ./      l
 _/゛     .,/゛ . /             / ./   .,iilllll!!’        ,illllll!゛      ./       │
'"      /   .,/゛         / ./   .,,iilllll!!゙            ,illllll!゙      ,ノ.ゝ          │
.     /   . /              /  /    ,,illllll!!″        ,illllll!゙     /.i′        │
.   /   . /               /  /    .,iillllll!゙’         ,illllll!゙     ,,゛ .,i            /′
/   ,/           /  ./    .,,illlllll!゙゛            ,illllll!゙      / ,"          i′
.   /            /  ./    .,,iillllll!!゙          ,,illlllll!゛     ,i゛ ,,゛            l





.

5106 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:45:38 ID:iPBu63mo0




 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |=l====l====l====l====l====l====l====l_     _________
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |  }三三三{  }三三三{  }三三三{  |    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   i_―_i      i_―_i
 二二二二  二二二二  二二二二  |  ||==||==||  ||==||==||  ||==||==||  |   |(○)|======|(○)|
 I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   |(○)|      |(○)|
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   |(●)|======|(●)|
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |二二二|  |二二二|  |二二二|  |   l[―]l      l[―]l
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |___________________________|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |ニ二二二二二|二二二二二|二二二二二|
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧          | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
====||======| |l二l |l| l二l| |======||======|         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |二二二二二二|三三三三三|二二二二二|
__||___| |l二l |l| l二l| |___||___|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
二二二二二=l|三三三三三|l=二二二二二二|                           \
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==========================================================================================


                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \
           /                       \
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 不意に奇妙な違和感を感じた。
┃ 空気が、急に粘り気を帯びたかのような―――。
┃ 地についた足が急に重くなったかのような―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

5107 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:49:19 ID:iPBu63mo0






                                                                ,,,,illllllllllllillii,,
                                                            ,iiilllllllllllllllllllllllllll,
                「l                                             ,illllllllllllllllllllllllllllllll
                l´l  l」「l                                        : illllllllllllllllllllllllllllllllll′
                 l .!─, l」                                        ,,lllllllllllllllllllllllllllllll!゙°
                  l .l ̄  /,=7                                 ,,,iiiiiillllllllllllllllllllllllllllll!゙゛
             レ'   // //  _                               ,,,,illllllllllllllllllllllllll!!l゙゙ ̄
                     //   l」 /l            ,,,,,iiiii,,,,,_           : ,,lllllllllllllllllllllllll!!゙`
                         _//         _,,illlllllllllllllllllli,,,          llllllllllllllllll!!゙゙”
                       l_/.         ,,,illllllllllllllllllllllllllllllll             ゙゙゙!!!!!゙゙゛
                               ,,lllllllllllllllllllllllllllllllll!゙
                              : ,iilllllllllllllllllllllllllllllll!゙`
                             ,iillllllllllllllllllllllllllll!l゙”
                            ,,,illllllllllllllllll!!!!l゙゙゙″
                          _,,lllllllllllllllllll!゙’
                         : .llllllllllllllllllllll、           「l
                         : l!llllllllllllllll!!゙          l´l  l」「l
                          : .゙!!lll!!゙゙゙°         l .!─, l」
                                        ,,l .l ̄  /,=7
                                    ,iiilll゙レ'   // //  _
                                      ,illlllllllllllllllllllllllll゙//   l」 /l
            「l                           : illllllllllllllllllllllllllllllllll′. _//
      l´l  l」「l                       ,,lllllllllllllllllllllllllllllll!゙° . l_/
       l .!─, l」                   ,,,iiiiiillllllllllllllllllllllllllllll!゙゛
        l .l ̄  /,=7                    ,,,,illllllllllllllllllllllllll!!l゙゙ ̄
.      レ'   // //  _ ,_           : ,,lllllllllllllllllllllllll!!゙`
.            _,, //   l」 /l            llllllllllllllllll!!゙゙”
.        ,,,illlllllllllllllll _//l             ゙゙゙!!!!!゙゙゛
       ,,lllllllllllllllllllllll_/lll!゙
      : ,iilllllllllllllllllllllllllllllll!゙`
     ,iillllllllllllllllllllllllllll!l゙”
    ,,,illllllllllllllllll!!!!l゙゙゙″
  _,,lllllllllllllllllll!゙’
 : .llllllllllllllllllllll、
 : l!llllllllllllllll!!゙
  : .゙!!lll!!゙゙゙°

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 一歩進むごとに身体が先に進むことを拒絶する。
┃ 一歩進むごとに本能が引き返せと警告を発する。
┃ 気の迷いだと歩を進めるも、徐々にその歩みも遅くなっていきやがて……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

5110 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:55:20 ID:iPBu63mo0






.  ,/.     「l.         | |          l..   /.       '.    :.   l                   ゙i..「l.              `'i、
.ィ二,,,,,,,,,,,,゙l´l  l」「l゙,,,,,,,,,,,,,,ii二 | |          l,,,,,,,,,,,l二,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,l    :.   l ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,l´l  l」「l ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ミx,,,,,,,
       l .!─, l」.  ,/`..... | |          l..... ,i´          l    :.   l               l .!─, l」               ゙'i、
        l .l ̄  /,=7.     | |           l.....丿.           l    :.   l              l .l ̄  /,=7             \
.      レ'   // //  _.  | |          .′ i´            l    :.   l             レ'   // //  _            ヽ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙゙̄,. //   l」 /l.゙|       ′...... ̄ 「l ̄ ̄ ̄ ̄. l    :.   l.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...//   l」 /l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        /     _//.          /..゙/.゙l´l  l」「l       l    :.   l                     ゙l、.._//                 `'i、
.       ,,i´.     l_/.Y{        {.゙/. l .!─, l」.         l    :.   l                    ヽ.l_/                  \
      ,,i´            } }        ヽ......l .l ̄  /,=7    ノ    :.   l                    │                  \
.'''''''''''''',!冖''''''''゙「l'''''''''''''''''''''厶__        } ''゙レ'   // //  _゙'''''{     {    \゙'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ヤ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''ヮ'''
.   /... l´l  l」「l     /三三>._    /        //   l」 /l.      \    }....  「l                 ゙l:                    `ヽ
  /   l .!─, l」.   ∠三三三三ニニーv′          _//....i     く   {. l´l  l」「l.              ヽ
.,,i´    l .l ̄  /,=7..ニ三三三三三三}               l_/.... 人 _,,.x≦≧x,リ.l .!─, l」                ゙l:
゜     レ'   // //  _.三三三三三三i|                 `}三三三三Y゙l .l ̄  /,=7           ゙i、
         /三三//   l」 /l. 三才三三リ                  {三三三三∧レ'   // //  _            ゙l、
ー―――.. L三三三三_// ''´. ┼―――――――――――――. }三三三三三ヽ...――.//   l」 /l''''''''''''''''''''''''''''ヤ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''`
        `¨¨¨¨¨¨¨.l_/ ´...  丿                       {三三三三三三ヽ       _//.           ゙l、
                   丿                         V三三三三三三}      l_/             ゙l
                   丿                         ∨三三三三三リ                        ゙l、
                     ,i´                             \_三三三彡′                       ゙l,
                  ,l゙                               `¨¨¨¨´                         ゙l、
                 ,i´                              |:                               ゙l,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋                                  ′
┃システム:
┃ ついにその歩みが止まった―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5111 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 21:59:40 ID:iPBu63mo0





                「l                                 「l
                l´l  l」「l                          l´l  l」「l
                 l .!─, l」                        l .!─, l」
                  l .l ̄  /,=7                         l .l ̄  /,=7
             レ'   // //  _.               「l.       レ'   // //  _
                     //   l」 /l         l´l  l」「l           //   l」 /l
                         _//.          l .!─, l」                  _//
          「l.               l_/         l .l ̄  /,=7          l_/
..    l´l  l」「l                           レ'   // //  _
     l .!─, l」                                //   l」 /l
      l .l ̄  /,=7.     __               「l.           _//
.    レ'   // //  _゙'゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、..  l´l  l」「l.        l_/
.            //   l」 /l..U       \.  l .!─, l」
         , '   _// _ノ  ヽ、 __ .ヽ..l .l ̄  /,=7
.        /.     l_/..゙〇  .)  ( 〇 )... レ'   // //  _
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,....   //   l」 /l.      「l
.         ,'                        .l         _//.   l´l  l」「l
       l..「l  U.    (     人    .)    .l       l_/.     l .!─, l」
..    l´l  l」「l.      `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'               l .l ̄  /,=7
     l .!─, l」.         ̄ ̄ ̄ ̄     /                  レ'   // //  _
      l .l ̄  /,=7                 /                     //   l」 /l
.    レ'   // //  _.....―――― ‐=''' く                          _//
        /.゙//   l」 /l           \                       l_/
       /.     _//             ヽ
.      /.       l_/               ',
     /       /                i   l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 心臓が早鐘を打ち、さっきから嫌に大きく耳に響く。
┃ 猛獣の檻にそうと知らずに入ったみたいに。
┃ 周囲の空気が大海に変わったかのように。全身に重圧が伸し掛かる。
┃ この場所にいてはいけない。この場所にいてはいけない。この場所にいてはいけ―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5112 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:01:44 ID:iPBu63mo0





             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /  \ /'''',,,," 彡...i゙、-' ,、 '´゙/..゙/  /     /'''',,,," 彡 :::::::::i V  |       ヾ、    }: : :
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´ :::::::'.../  /     `゙^ _,| │゙::::::::::::| |   !          |^l.   : : :
  '´.....{ {   / /l/.     ,/,_ |. i |:゙'´::::::::::::: / /l/.     ,/,_ |:::::::::::::::;..;‐i.. |       /'''',,,," 彡...!: : :
....{   ヾ  //.....∨...   l_,'" | .|...j i!::::lニ ニ//:::::i       l_,'" | .|゙::::::::::::゙lニ ニl..}_..;‐i.. /.゙`゙^ _,| │ . |: : :
.. 、   ヽ     ∨  _人 :ーイ.{_,l゙.   |:::゙〈/!_|::::! !::::..lニ ニl... │......{_,l゙.     〈/!_|   lニ ニl :.', . ,/,_ |... |: : ::
.... ヽ    、   .∨⌒ミ、: : : : : :{.  j::::::::::::::::::! ',:::{..〈/!_| . ,::.├┐             〈/!_|..: :.゙l_,'" | .|   !: : :
            ∨: : : :', : : : : .ハ`〈::::::::::::::::::゙│        ┌┘│    ┌┐      ││.: : : :}...  {_,l゙  ,: : ::
..     、   \    ∨ : : : : : : : : ハ ',;;;;;;;;;; ┌┤      ┌┘三└──┘└───┘│...: : ノ...  ┌───
.        \....   ┌┐゙: : :乂: : : :.リ`〈,'/// │└───┘三三三三三三三三三三三└────┘三三三
────────┘└────────┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
──────┐三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
....  /.     └──┐三三三三三三三三┌─────┐三三三三三三三三三三三三三三三┌───
..  ′      .∨.....├────┐三三三│.... !   /....└─┐三三三┌────────┐│
  /          , ./.│: : ', : : : :..゙└┐┌─┘.  |   ,       └┐三三│: i   .′/ : : : : : : :.゙└┘
../           , / /: : : :.', : : : : : }.└┤..{/ i.ハ、 }  ./    ,.ィV ├──┘..:|  i! {: : :: { : : : : :/
           / / /: : : : : :} : : : : :j: : :.│...{ ノ { Y ^VVY^Y´i } } j゙│゙: : : : : : :.!   |  : : :./ : : :./
.           , / / : : : : : ::! : : : : :: : : ! {v、::::::V:V!. | .} } ノ_ノィィiY / : : :: { : : :.|   | .i!: /: : :/
          // / { : : : : : : : : : : : : : : :く V Y、:::::::::`´:::^^::::::::::,ィィノ ,.: : : : :|: : : :|   | .|: : : :./
.        // /  ', : : : : : : : 、 : : : : : :ハ.ヽ! { Y 、:::::::::::,.ィY^iノノ{ i: : :: : : :j : : :.!   | | : : :/
.        // ./   X : : : : : : :\: : : : { ∧ ヘ_{ }^Y^Y .ノノ-' / .ノ: : : :: : : : : : :|     !: : :′
       // /   /:::::ヽ : : : : : : :', : : : :.Y.ハ  ` ^ ヘル'  .イ/ : : : : : : : : : :.:.|   ! |: : {
        /〃   /:::::::::/ ', : : : : : : } : : : :.i  ヽ.      / /: : : : : : : : : : : : : |   ! |: : !
.       / /   ./:::::::::/   } : : : : : : : : : : :{   \_____ /,  , : : : : : : : : : : : : : :|  .| i!: ,
     //   /::::::::::/   乂: : : : : : : : : : ',  ',     / ノ : : : : : : : : : : : : : : !  i! |/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃  ――――な――――――――……………、

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5116 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:06:17 ID:iPBu63mo0









                                  ┌─┐
                                  │三│
..  /  //     /   \    /   /i:::::::::::::::::::::/ /::::::゙┌┘三│::::| |::::::::::::::::i V  |       ヾ、    }: : :
... /  //     /      \ /   ., |:::::::::::::::::::' ,::::::::..│三三└┐....|::::::::::::::::| |   !... │.      ',    : : :
.....′ { {.  │.゙〈        \   i |:::::::::::::::::::! i:::::: │三三三│ !::::::::::::::::; .!......┌─┤...... /  ',     !: : :
....{   ヾ.  ├─┐.   /{     、 j │  ┌────┘三三三│. ,::::::::::::::::, ,... │三│  /     ,    |: : :
.. 、   ヽ │三│  _人 :ーイ{__∨. ├─┘三三三三三三三三└──────┘三│.゙: :.',     ┌─┐..゙::
.... ヽ....   │三│. ⌒ミ、: : : : ┌─┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三│..゙: :ハ   │三│.: :
        ┌┘三└─────┘三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三│.: : : :}.   │三└─
────|::\..三三.. _.....三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三└┐...ノ...  │三三三
三三三三|::  \..三.....|  :|..三 _ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三└───┘三三三
三三三三》   / 三 j:\:j.゙三...|::  |_□...三三._,..゙三.. |:: ̄|_[|. 三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三|::  |  /| |:  |. 三...|::  _:| [_]  _|::_|゙三.. |::  _:|□. 三......|: ̄|_□.三三三三三三三三三三
三三三三|::  |/  | |:_|. 三...|::_|      |:: ̄|_□  |::_|.. 三三三......|:  _:| [].. 三 __ 三三三三三
三三三三|:..     |. 三三三三三三三三 . |::  _:|......三三三三三三三......|:_|.三三三三 |:: ̄ |   |:\..゙三
三三三三|::  __゙|. 三三三三三三三三 . |::_| 三三三三三三三三三三三三三三三三 |::   |   |:/:|.三
三三三三|::  |....三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |::   |__ '\:|.三
三三三三|::  |....三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |::   __:|.....三三
三三三三|::   \ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |::   |......三三三三
三三三三|,___\...三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 |::   |......┌───
─┐三  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 三三三三三┌─────┐三三三三三三三三三三三三┌┐三 |::__|......│
  │三三三┌──┐三三三三三│.゙: :ハ.ヽ! { Y゙│三三三三三三三三三三三三│└┐三三三三│
  └┐三三│.゙/.. │三三三┌┐│..゙: { ∧ ヘ_{.゙└┐三三三三三三三三三三三│ !:゙│三三三三│
    └┐三│    │三三三│└┤ : : :.Y.ハ  ` ^ └┐三三三三三三三三三三│゙|: └┐三三三│
      │┌┘.  / └┐三三│  │.゙: : :.i  ヽ.     │三三三┌─┐三三三┌┘゙|: : !゙└───┘
      ││   /:::::::: │三三│..゙: : : : : : :{   \_____ │三三三│  └─┐三│.| i!: ,
      └┘....../::::::::::/│三三│...: : : : : : : ',  ',....   ├───┘      └┐│゙! |/










.

5117 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:12:07 ID:iPBu63mo0





.  l             l  _             ヽ.  ,!.!                ,/゛                __
.  l             _..-'"゛           `'、 !│             _..-′        _,,.. -‐''"゛
.   l         /゛                   `{ .|           ,,-''"          /"゛
 |=..゙\,.==|  |==..|..゙|==|  |==|==|==|  |ニニ|| |'、.!..ニニ||ニニ||ニ゙/.||ニニ||ニニ||...   /
 |  |. `'-、  |......l゙ |  |  |  |  |  |  |=l==== | . l| l====l====l゙/゙=l====l====l_...   l . ________
 |_|_|_.`''、,  /.....|_|  |_|_|_|  |  }三 |  `''-..、. 三三{!......}三三三{  |.    / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄   `-.!..゙ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  || ∧ . ||..  `ヽ  ||!......||  ||  ||  |..... /._―_i      i_―_i..,,
 二二二二  二,ゝ____......二二二  |  |.,/ .l゙=||  ||==ヾ.゙│.....||==||==||  |.  /..|(○)|======|(..゙/
 I/l⌒l\.._,,..-'´゙l \...I... ⌒゙''''ー ,,,、   |.   ,/ || l |  ||  ||.ヽ l        ,..-'"  |(○)|.    ___/.゙)|
 |==|.,..-'"´.... |==|==|=.゙\ |==|==|==`゙''ーr‐''/|  ||......l.   ||  ||.....ヽ.!....||  ||. , '',゙_ -―― ̄ ̄ ̄ ==|(●)|
.._..-'".....|  |  |  |  |  |.....\,. |  |  |  |.゙l/.|二二二゙l.  |二二二./L  _,,,.. /'".   |   l[―]l      l[―]l
゛.|_|_|_|  |_|_|_|  |. `ヘ-__ . |  |../......__..゙,,|、.. _______/ . `'¬ー- .|_..__|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄.     __,,|__>-!ヘ.l....二二 /  ヽ 二二.゙!.l. 二|二二二\二|             ,..-'"
三三.. ̄ ̄r‐―――――ーッ'" 三三三..゙,ス、    l.    l|l二l.゙l__L、. |        \.         _..-'"
    ||..../... | |l二l |l| l.._ ‐/      ||   /  .ヽ   /    |.゙|.  / l......`''ー ..,,,      `'-、  _..-'"´
===.../.゙====| |l二l | /  !..======||==..゙!   .ヽ │.     | l /...|| l二l| |...   ゙゙゙̄"'''¬ー- ミir'"
.,, -'´.|      | |l二l./..゙l. /..../ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \..゙l/      |.!./..゙l || l二l| |          |....   }'、,
    ||      | |l.. /.l| l...//             \ '-,,...  |゙l゙二l || l二l| |          |...   l  `-、
    ||      | |l.../   /                \.゙`''-〟,!.三三三三三|二二二二二|   ,!    `'-、
__||___| |l...!‐.゙/                    \......|゙'ミ.ニニニニニニニニニニニニニニニニニ. /.       ヽ
二二二二二=l|....//                       \. !.|.l                     _ノ        ヽ
ニニニニニニニニニ.../ l                         l゙!l .l... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ -‐'″          ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄|                          |.l゙  ゙L                         ヽ
=======.゙/...===l                         l     ヽ、′.==================================
.     _./       \                        /.       `''-,,
  /'".          \                  /          `!
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 瞬間―――。
┃ まるで悪い冗談のように“周囲の風景”にヒビが入り―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5119 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:17:08 ID:iPBu63mo0





 !   .! .|            l_,、.!       ,,.\   . \    .!     !      .!       .|     「   |
 !   .! .|       ,i'"゛ .,/│       .!  .\. " .i‐ \  │    |`'''-..,、  .,!       .!    .!゙''-、、.!
. ″  .,! .!      iン‐'″ !       ,!    \ .__   │    .!  . l `''-.、         !     ! ,..、 ゙''-、
`''-..、 | .,!         !  |          !     .i`''-、 .r l     .l、-. `'-..、 l       |     .l, .l,
   `''、.|        │ │       .!     .|  .、゙'-..ノ     .;.`'‐、、 i .,!         |     ;ヽ .`'-、.′
.,,    ヽ           !  |          !     .|  .!           |    `'‐ノ       !     | .ヽ  .i'
.! .ミ'¬ー‐ ヽ,       !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │  .ヽ,.′
" ` !    _..ゝ      !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .i ゙'‐
 ̄ ̄ ゙̄´            !  |          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!  ._..-、    .!     │         |    │   .|
 !   .! .|        │  ",,,.. - 、   !     .|  .! /_..-′   .,!      |       .,!     !   .!
 !   .! .|        _..シ‐'"    l    .|     .,!  |           ,!      |       .,!     !   .!
 !   .! .|      /´  . / ,./ ./     .,!     .!  ,!           !     │         |    │   .|
 !   .! .|     ./    ゙_..-" ./      !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|     /    /  . /       .!     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|    ./  '" _彡'".i          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|    ゙'''''"゙´  i  .|          !     .|  .!           |      .!       .|    │   .|
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―-- ...,,_!
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!   l   .'、          `゛
 !   .! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!   .\  ゝ ..,,_. : ''''.''''" -..、
 !   .| .|        │ │       .|     .|  .|           |      .|    .\ .′  .`゙゙'¬-..,,_
,,,二 、.! .|        │ │       .!     .|  .!           |      .!      .\,_ .′  ! ,-  ,-´
   .| | .,!         !  |       :!___┴―ーー-^゙゙゙ ̄´ヾ.     │         | .`゙''ー ..,″ ゙l" .l
  ./ │:!         |  ,!    .,.. ー''"´   _,, .    ,/´ .、L /      !       .|    │.`'''ゝ ..、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――世界が崩れ、“まったく違う姿”へと再構築された。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5120 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:20:26 ID:iPBu63mo0





            ゞミ ノ"''ー-、,_i____,/''-,i_,ii__,i________________________,ii__,i ||
          |i |       ゙i,ミノ"'ー-,=ニ/-'---'---'---'-----'-----'-----'---'---'--ニ- : |l: :|
          |i |      |i |.   ヽ;;i゙`::、:.:.:.:...:.:...:.:    .:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:.:.:..:.:.:.:..:: ..イ::...: :.i ::|l ::|
          |i |      | i|     | | ..:.`:.、:.:..;...:.:..;...:.:..;...:.:..;...:.:..;.:.; ,.____.__.....:イ: l..:.:..:.:| | |l ::|
          |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.:::::::::.:.:..:::::::::.:.:..:::::::::.:.:..::::;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
          |i |.. /  /..i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:..:.:..:.:.  .:../  /:..:.:..:.:: : : :.;  ;: . .:l. :|.:.:. :.:| | |l ::|
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、  :| | ...:::i.゙lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、゙:.:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
      ∠,,、 -z    ,r――― ''" . :| | ...:::i ∠,,、 -z    ,r――― ''"゙:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
      、 '"´,、ィ   /....  | i| . . . . .:| | ...:::i.:゙、 '"´,、ィ   / :..:.:..:.:.: ::::::::.:.:.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
     、 '" ,、 '":ツ   /.    | i|.|^l  :| |.. 、 '" ,、 '":ツ   /゙:::::::::.:.:..:: |^l゙:.:..::::;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´.゙:.:.:/  /..... :. /'''',,,," 彡 :.:;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´ :i.:.l.:. /  / :.:..:::::: `゙^ _,| │:..::::;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|..  |^l
  '´     / /l/|      ,/,_ |... :|..'´....:::i.:.l.゙/ /l/゙:.:.:..:::::::::.:,/,_ |:.:..::::;.;.;;:.:;‐i゙l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|/'''',,,," 彡
       //...|i |...   l_,'" | .|... :| |.゙lニ ニ//.゙:::::::::.:.:..:::::゙l_,'" | .|. :..::::;.;.;lニ :.ニl :|.:.:. ;‐i゙| |l:...`゙^ _,| │
          |i |      | i|.{_,l゙......:| |.゙〈/!_| l.:.:.:.:.:.:゙lニ ニl :..:.:..:.:.:゙{_,l゙::.:.:.:;.;.゙〈/!_|l.:.:|. lニ ニl..l: :|..,/,_ |
          |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.::::゙〈/!_|:::::::::.:.:..:::::::::.:.:..::::;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:゙〈/!_|. |l:..l_,'" | .|
          |i |      | i| . . . . .:| | ...:::i.:.l.:.:.:.:.:::::::::.:.:..:::::::::.:.:..:::::::::.:.:..::::;.;.;;:.:..:.:.l.:.:|.:.:. :.:| | |l: :|...  {_,l゙
          |i |  |⌒O ; |     | |  .l:.:'..::. :: ::. :: ::. :: :                ..::::::::::::::::| | |l ::|
          |i |      |; |     | | ,=' :.:...:.:..、.....:.,、,、....:.   :.:.,.、         .`..| | |l ::|
          |i |      |; |    /_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::                  ::::::::::: ハヽ|l ::|
          |i |      |i | ,_,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.........:::::::::::::::::                    `|l ::|
          |i |      .ノ=ゝ":::::::................       ....:::::::::::::                 ,|l ::|
          |i |  _,,-''"::::::::::::......                            ......::::::::::::::::::::,|l: :|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 現れたのは日の光が届かない暗い通路―――。
┃ 無秩序に入り組んだ道は中にいる者達を惑わし迷わせ、
┃ この箱庭の製作者の意図を嫌が応でも悟らされる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5122 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:26:27 ID:iPBu63mo0





ィ`´ジ  |   .|     |   .|    |   |   |  |   |   !  |  |  |  |ヽ`ヽ、  /    /     /
イ'"   !   .|     .|   |    |   |   |  |   |  .|  |  |  .|  |  |ヽ`ヽ、   /     /
  |   .|    |     .|   |    |   .|   |.   ャ――z |  .|  |  .|  |  .|  | |ヽ`ヽく     /
―'――'-----!、____|   |    |   |   |.   /  /...|  |  |  |  |  .|  | j  j`ヽヽ`ヽく    /
ヘ::ヘ⌒ヘ:::::::::::::::::::::::/ 丶、 ̄`''''――'―..゙lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、.   |  |  |  .|  |  | | | | | |ヽ__ヽ、  /
ヘヘ:::ヾィト、::::::::::::::::/`丶、  `丶、.    ∠,,、 -z    ,r――― ''"゙---'____|_|  |  |  | | | | | ! ! | ト丶`丶、
..ヘヘ:::::ヾ∨',::::::::::/    `丶、   `丶、./ 、 '"´,、ィ   /....|  | !_! ,|,,,!,,ー'''''''":::::: ̄フイ'''''''―ー------',ワイ::`ヽ
 ヘヘ:::::::ヾゝ丶::/ `丶、 .  `丶、  、 '" ,、 '":ツ   /      |^l゙:::::::::::::::::::::::::::::::::ツィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:ィ_ヽ:::::::::
... ヘヘ::::::::ヽ,イ∨`丶、  `丶、  、-' ,、 '´ '''' /  /゙:::::::::::/'''',,,," 彡 :::::::::::::::::::::::::イツ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ ヘ::::::::
,,,,,イヘヘ:::::::::::ヘヾヽ.  `丶、  ` | ,、 '´ :::::::::::/  /゙:::::::::::::`゙^ _,| │ :::::::::::::::::::::::ツィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r ト',::::::::
   ヘヘ::::::::/、トィヘ丶、  `丶、..゙'´.:::::::::::: / /l/::::::::::::::::::゙,/,_ | :::::::::::::::::::::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ ハ::::
    ,ヘヘ:::/、 ヾト ヘ . `丶、  /::::::::::::゙// ::::::::::::::::::::::l_,'" | .|::::::::::::::::::::::ツィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v Y:::::
> '" ヘ∨ `丶、ゝィヽ丶、  `/::::::::::::::::::::::::::::::::;‐i゙:::::::::::::::::::::: {_,l゙::::::::::::::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', イ!:::
     ヘヘ`丶、  `ト、ィ,、  ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::゙lニ ニl゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘッヘ:;:
.      ヘヘ 、 `丶、 {トヘヽ./::::::::::::::::::::::::::::::::::〈/!_|゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,>彡! .}、
  > '" ヘヘ `丶、  `トv、、::::::::::::::::::::::;‐i゙:::::::::::::::::::::::::::::: |^l゙:::::::::::::::イツ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,> 彡   ヘ.ヽイ
 '"     .ヘヘ`丶、 `丶,ヽィヽ:::::::::::::::::lニ ニl ::::::::::::::::::::/'''',,,," 彡 :::::/イ::::::::::::::::::::::::_,,>彡イヘ  . ヘ    ヘ.ヽ}
        ヘヘ 、 `丶/::::: ヾゝ、、::::: 〈/!_| ::::::::::::::::::::::゙`゙^ _,| │゙: イシ:::::_,,> 彡ヘ   ヘ   .ヘ   ヘ    ヘ
           ヘヘ `ヽ/::::::::::::::ヾイ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/,_ |.. 彡'"ヘ  ヘ  ヘ   ヘ   ヘ   ヘ    .ヘ
    > '"  ...ヘヘ ./::::::::::::::::::::::ヽゝヽ:::::::::::::::::::_,,> . l_,'" | .|  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ   ヘ   ヘ   ヘ
> '"      ....ヘヘ:::::::::::::::::::::::::::::ヽゝイ〉>彡 ヘ ヘ  ヘ... {_,l゙.ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ   ヘ   ヘ   ヘ
              ヘヘ::::::::::::::::::::_,,> 彡ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ   ヘ    ヘ    ヘ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 即ち―――、
┃ 不用意に踏み込んだ者を、決して外の世界へ帰還させない。
┃ 中に捕らわれれば最後、生半な方法では脱出不可能な迷宮である。
┃ そして目の前には…………。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5123 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:28:40 ID:iPBu63mo0










                                               、
                ャ――z                  __   __         }
              /  /                , -y'   `{´ /        /
.       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、.          { ハ j! i!r./   __    /
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"          } } ヽ:://ィ`ー'イ ( ー- <__   _ __
        、 '"´,、ィ   /                > ´. 〃ー ' .〃イノ,,イ-<      、 ̄     `ヽ
..   、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     /   / .r≦/:::Y __,,..::::、`マ    `ミ、 < ̄ - ヽ
....、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡..... /  .,'    !/{彡ーヘ::::;;;ィ::ハ `ー',  ヽ      ヽ    \
. | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │.   {   /   ,. //,!_, 、__  ノ/ ',   ,   \     ハ     ',
  '´    / /l/     .,/,_ |..   ゝ.__{   , ///} _}___ ,   ,'  ヽ  V    ',.    ',     }
.       //       l_,'" | .|      `ゝ.__{ ノ//ハ j__ イ ,  },   i  V    r-、  }     /
             ;‐i         {_,l゙.        //// .}  __ノア !_,ノ   ',  { ァ  ノ  } ./
            lニ ニl                rノ{,/マ/,' ≦三彡'  {r}=-―'' ',  ', ノr  //
.           〈/!_|             ) / .ハ{ rゝrソ!}/≧=-マ!    ハ _レ' {  ((
        ;‐i         |^l       ゝ( /  /////////ハ}/!     r' r ノ  ゞ=-
...    lニ ニl       /'''',,,," 彡.      Y, ) ,),ィ////////////ハ     ゝイ´
...    〈/!_|         `゙^ _,| │.    r 、ノ ノ } r'/////////////{、    }  ヽ
                   ,/,_ |.    ソi!}イrノ/////////////,'rVハ     ゝリリノ
              ,, -─...l_,'" | .| . ,.ィチ"´   //////////////,{ V!}
.           /::::::::   ヽ . {_,l゙.>´     ///////////////ハ ,}/`ー--ァ
          /::::::::::::::::    ', . ´      //////////////////!/////{
.         |:::::::::::::::::::::::u  |       ////////////////r'´ .!/r=、/リ
         \:::::::::::::::::::::  /         ///////////////ハ{   |/乂
          /´;;;;;;;;;;;;;;;  `\.       }/////////////////ゝ {///,ゝ
.       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     ヾ.     リ////////////////,{   マ//
.       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ',    //////////////////ム  ∨
      /;;;;;;;,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;   ト、  .!.   //////////////////√ ',   V
...    {;;;;;./ l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   .| .',  .}......,}//////////////r⌒ヾ  }.   '
      i;;;;;;{ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  | }   .}. ////////////////ゝ     !   ',
     /;;;;;;ヽ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  .} .i  ,'..////////////////,{     ',   |
     ゞ;;;;;ノ{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    !/  〈 '}////////////////,i,      ヽ.  {
        |;;;;;;;;;;;;;;;;.,、.    ',ゞ__丿/////////////////》      ハ  i
          l;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ     l   ノ/////////////////{         ',  '
.         l;;;;;;;;;;;;;;,'   ',   l. ///////////////////|i       ',  !
         l;;;;;;;;;;;;.,'     ',:::::::::::l..゙////////////////////ゝ       ,  V⌒'ノ ノ{
.        l;;;;;;;;;;;. !    ..!    l...//////////////////         } _ノ ⌒ー' ,r'
.         l;;;;;;;;;;;;;!    .|    lノ//γ⌒ゝ////////          r'/ r ⌒ ノ
        l;;;;;;;;;;;;i       i____.l.... ノr、 、`ヽ/////           __ゞrー、__彡'´










.
5126 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:33:13 ID:iPBu63mo0










.     /  //     /      \ /   ., |:::::::::::::::::::' ,::::::::/       }::::::! |::::::::::::::::| |   !         ',    : : :
.    ′ { {      〈        \   i |:::::::::::::::::::! i::::::′      j::::::′!::::::::::::::::; .!  .|      /  ',     !: : :
    {   ヾ     ∨    /{     、 j i!:::::::::::::::::| |:::::i      ,::::/  ,::::::::::::::::, ,   }___ /     ,    |: : :
     、   ヽ     ∨  _人 :ーイ{__∨  |::::::::::::::::::! !::::|     ./::/   ,::::::::::::::::′ ..ィ´ : : : : : : :.',         |: : ::
     ヽ    、   .∨⌒ミ、: : : : : :{.  j::::::::::::::::::! ',:::{      ,::/  /:::::::::::::/ /´ : : : : : : : : : : :ハ    i!   !: : :
                ∨: : : :', : : : : .ハ`〈::::::::::::::::::/  ヾ!    j/  /:::::::::::::::i  { : : : : : : : : : : : : : :}   .}}  ,: : ::
         、   \    ∨ : : : : : : : : ハ ',;;;;;;;;;;;;;/          /::::::::::::::::::{  〉 : : : : : : : : : : : : ノ   ,リ  /: : ::
         \   \  ∨: : :乂: : : :.リ`〈,'///`ヽ  ハ  .ハ    i:::::::::::::::::/ /: : : : / : : : : : /   / /: : : :
          {:\   \  マ: : : : : : : {  ハ/////ハ {   .ノ   _}::;;;;;;;;;ィ´ i : : : : :/ : : : : :./   / /: / : : : :
         /ヽ: \   ',  ', : : : : : ∧ /:乂、////ム ) (  ,.ィ//////  {: : : : : : : : : :/   / / : : : : : ::/
        /   マ: :.ハ  }}  }: : : : : : : :V::::::::::>ー--}´    Y///////ム  j : : :: :j: : ./   / /: : : : : :: /
      /     ',: : }  .リ ,: : : : : : : : : ',:::::::/    i!    ア`ヽ:::::::::::::i /: : : : : :/   / / : : : : : : /
      ′      .∨ / / : : : : : : : : : : ヽ/     !   /    ヽ::::::::j′: : :...,.;'"~⌒'"~ /: : :: : : : :/
      /          , ./ /: : ', : : : :`ヾ: : :.YYV、_   |   ,     }::::::/_ _.,_,,('"     (⌒ヾ..: : : : : /
    /           , / /: : : :.', : : : : : } : : ハi、{/ i.ハ、 }  ./    ,.ィVVY } : : : : ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''": { : : : : :/
               / / /: : : : : :} : : : : :j: : : }リ { ノ { Y ^VVY^Y´i . _ _,.,_,人⌒`'"~.:.!   |  : : :./ : : :./
            , / / : : : : : ::! : : : : :: : : ! {v、::::::V:V!. | .} } ノ_ノィィi.゙~^`"'ー- 'ヘ.,_,.ソ'ヽ(⌒"'゙: : :/
              // / { : : : : : : : : : : : : : : :く V Y、:::::::::`´:::^^::::::::::,ィィノ ,.: : : : :|: : : :|..(.., 、.゙|: : : :./
.            // /  ', : : : : : : : 、 : : : : : :ハ.ヽ! { Y 、:::::::::::,.ィY^iノノ{ i: : :: : : :j : : :.!   ヾ,....ソ:/
.            // ./   X : : : : : : :\: : : : { ∧ ヘ_{ }^Y^Y .ノノ-' / .ノ: : : :: : : : : : :|     !: : :′
           // /   /:::::ヽ : : : : : : :', : : : :.Y.ハ.....__,..,_ _,.;'"'⌒'`^~(⌒ヾ、_,, _.゙: : : :.:.|   ! |: : {
            /〃   /:::::::::/ ', : : : : : : } : : : :.i  ヽ   ~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'...: : : : : : : |   ! |: : !
        / /   ./:::::::::/   } : : : : : : : : : : :{   \_____ /,  , : : : : : : : : : : : : : :|  .| i!: ,
         //   /::::::::::/   乂: : : : : : : : : : ',  ',     / ノ : : : : : : : : : : : : : : !  i! |/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――怪物。
┃ そうとしか呼べない牛頭半人の魔がそこに立っていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋









.
5128 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:37:34 ID:iPBu63mo0










                   _____
                 /::'⌒:::::::::::; '⌒゙\
                /:::::::::::::::::::::::::∪    \
              /::/´  `ヽ::::::::::/´  `ヽ \
             /::::::(     l:::::::::::::l     )  \
           /::::::::::::::ヽ_   _ノ::::::::::::ヽ_  _ノ  ; \
           |:::: ;:::::''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |
           |:::::U::::::::::::::::::::`┬─'^ー┬'′       .|
            \::::::::::::::::::::::::::::|エエエエエ|         /
             \::::::::::::::::::::: !llllllllllllllll|   U  /
             /:::::::::::::::::::::::!llllllllllllllll|      \
            /:::::::::::::::::::::::::::└ .u U┘         ヽ
             |::::::::::::::::::::::::::::::::::::          ,   |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 声をあげなかったのは完全に偶然であり、
┃ 腕を伸ばせば触れられる距離に、いつの間にかいた
┃ 目の前の存在のあまりの異常さに思考が追いつかなかっただけである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5130 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:42:15 ID:iPBu63mo0









                /|    ,.、__
          _ /:〉_ _《 :|   /__ ::/
          〈_    :|| :》´ ∠/ 7::/   <二::フ /:〉
          ∠.._/| :||/       /::/       _/:.イ
           |_:/      ∠/     <: '´






::::::::::::::::::::::::::::i::::三=‐
:::::::::::::::::::::::::::ノ:::::::::=
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二=‐
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::}\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::二=‐
:::::::::イ{  ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::人    _ィ刃
::::::::::∧  ∨:::::::::::::::_ イ少从彡三三ツ´
::::::::::::∧   ヾ7三三三三三三三三シ
∨:::ノ::八    {三三三三三三シ ̄
 ',::::::::::::」    ヾ三イ三〉;;;;:
 {三=テ廴     ¨ ̄::;,:;;
 ヾ三r=t三≧ッ         ::..
...............,.:;:.............
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 無意識に一歩、後ずさりをして“何か”につまずきバランスを崩す。
┃ 怪物の目の前で無様に尻餅をついてしまい、
┃ 何に蹴躓いたのか目で追って―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5132 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:46:36 ID:iPBu63mo0










                               _  -‐
                              〈_〃__ -‐…
                __ -―――- __  __  _ ∨ /
           _ -‐ __ -く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ\ ̄{__\∨    /
         /}/ ____ ノ-‐  ̄ ̄ ̄ ̄  _  } ヽ}  /
        //{_/__ -‐  ヽ  -‐'――==   ∨  / ̄
       // _/  _ -―‐ァ…ヘ    -――――/>、{
        〈/ /\__/  /   _)--'         丿   /
      // / ̄  -<  -‐ ̄        r―   /
     .// /   /  〉-        __ -‐ ´ ヽ /
     レiУ  / /      __ ノヽ    --'
     //   ∧/         〈____}/
     `   /_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ つまずいたのは“骨”だった。
┃ 白い、赤い、紅い、人間だったものの―――。
┃ 目の前の怪物の“食べ残し”が、そこにあった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5133 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:54:10 ID:iPBu63mo0




                                ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
  イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
               ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
         ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
             ー====-                         ー====-
  ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
          _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
        ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
       ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:               ,ィゞ
       ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄
                                              ,ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_
                イ三二二ニニニゞ                    ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:..
                             ... ,...               ``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄
                       ,ィゞ          .,.:,..:..                               .,.:,..:.. ... ,...
                           ー====-                         ー====-
                ... ,...                       .,.:,..:..                        ... ,...    .,.:,..:..
                       _,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;           ,ィゞ
                      ,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:  .           .,.:,..:..
                    ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:  ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
                    ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄


                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ いや、周りを見れば―――周囲には無数の死体が散乱している。
┃ 骨だけの物もあれば、臓器が残されている物、腐肉がへばりついている物……。
┃ 多数の死がこの場には存在し―――。
┃ ここはこの怪物の“巣”なのだと遅ればせながら気づいた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5135 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 22:56:29 ID:iPBu63mo0





                                                           ,/   i'
                                                            ,/   / `
                                                      , - .゛     .\
                「l                                    _,ill!”     .,,, 丶
                l´l  l」「l                              _,iiil!゙´    .,iil'"      .:′
                 l .!─, l」                              ,, ‐゛.,,ill゛    .,ii!゙’         /
                  l .l ̄  /,=7                        ,/゛ ,,,iil!゙゙゛     ゙ll、       .i
             レ'   // //  _                    / .′,iill!゙’       ゙li,         i゛
                     //   l」 /l              ,/゛  .,! .llll!         ,,lll.    .,"
                         _//          _,,.-.''‘ソ   / .lllll゙       ..,iil!゙      .ヽ.  ,
                       l_/        _/   ......;′ ../    illlll       'llll″       .゙l"
                             /    / .,/  .,,.   .llllll        !lll,           l
                             ,/゛   / . /  /゙ノ    lllll!       .,iilll!’       、
                          ,/゛  . / . /    ノ゛ .-    .lllll!      .,,illl!゙           "  l
                        ,..-'゛   .,/ ,/     ,‐  "   ,,iill!!″    .,,illl!゙        /  .l
                     , /    . /  /       .: . /   ,,iill!!゙      .,,illll!′       ..′  l
                   _/゛    /  ,/       ./ ./  ,,iilll!゙’      .,illlll!゛            '   /
                _/゛   . /  ,/          / ./  .,,iilll!゙’      ,,illll!゙            ,l′  l
           ,/゛    .,/゛ . /           / ./   ,,iilll!!゙       ,illlll!’           /   .!
         ,..-'゛    . /  .,/゛        / /   ,,iillll!゙’       .,illlll!゙        /     /
      ,..-'゛     /   ,/         ,/ ./   ,iillll!!゙           ,illlll!゙        /      /
    _/゛     ,/゛  /          ,/ /   ,iilllll!゙’        ,illllll!′      ./      l
 _/゛     .,/゛ . /             / ./   .,iilllll!!’        ,illllll!゛      ./       │
'"      /   .,/゛         / ./   .,,iilllll!!゙            ,illllll!゙      ,ノ.ゝ          │
.     /   . /              /  /    ,,illllll!!″        ,illllll!゙     /.i′        │
.   /   . /               /  /    .,iillllll!゙’         ,illllll!゙     ,,゛ .,i            /′
/   ,/           /  ./    .,,illlllll!゙゛            ,illllll!゙      / ,"          i′
.   /            /  ./    .,,iillllll!!゙          ,,illlllll!゛     ,i゛ ,,゛            l





.

5136 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:00:12 ID:iPBu63mo0








             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙


.        〉、ー─へ_ノ _,.斗 ´      ∨::::::∧  Ⅵ:
         ′  ̄ ̄ ̄            l::::::::::∧  ヾ‘,
       l                  ノ:::::::::::::}   } },
.      }        , --___    マ::::::::::::{     j‘,
      / _  ---  __iγ´ }    \ニ=- _::::::::∧     i     /
`ー  _ゝ _,.    ̄ 〕iト、__> /     r弋::::::::マ=く γヽ  L___/
   ー──    /   / く   ,.x≦:::::::::::``::r_L!ハ_> _] ,'      /
 ̄ ̄ ̄ ̄  ー ´  /  「 \_ニ=-、:::::> ´  ヾ\r┐_,イ{_   - '
___   -‐‐   ´    ,!  / /:::::::::V,.イ ,      〈寸∠   -─
    --  _ <    , '/  _,/:::::::::::/ /' j/^レi _    ヾY        ,.;'"~⌒'"~
二ニ=─        / / /::::::::::::::::l/l / / j/ レ^,ィ /.... _ _.,_,,('"     (⌒ヾ
ー-   __,   < /,.ィ{/::::::::::::::::::::{::::::::::V:レj,/ / /,ハ.       ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''"
、           / /:::八::::::::::;:: へY Lィ::;:::::::::::::::Y::l_/ _ _,.,_,人⌒`'"~
: :.>- _ -<  /::::::::::::\:/   |./ / j イ,ィ::;:::/.   ~^`"'ー- 'ヘ.,_,.ソ'ヽ(⌒"'
:\: : : Ⅵ∧/! /::::::/´  :::::\    レ{ / / ./ /フノ.      ∧ ヽ..    (.., 、
: : :\: :.Ⅵ:.{::}',イ:::::::: ′   ::::::::\   レレ{ //        ,ハ  ,       ヾ,....ソ
: : :. :..\:}i: |:.}':.l:::::::::j      ::/ム     /: :∠__        !  ゚,
: : : : : : : :!: : : :{:::/ !    _,.ィ: : : : :‘..゙__,..,_ _,.;'"'⌒'`^~(⌒ヾ、_,, _ . |
: : : : : : : : : : : :l/     /: : : : : : : : :≧.゙~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'゙|   |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 怪物が紅い何かに塗れた口を開き、むせ返るような異臭が鼻につく。
┃ ソレが“人の血”であり“人肉の臭い”だと理解できなかったが―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










.

5137 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:03:48 ID:iPBu63mo0






                        ャ――z
                            /  /
                  lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
                    ∠,,、 -z    ,r――― ''"
                、 '"´,、ィ   /
                 、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
              、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
            | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                                |^l
                '´    / /l/     .,/,_ |        ;‐i                       /'''',,,," 彡
                  //       l_,'" | .|      lニ ニl     ;‐i              `゙^ _,| │
                              {_,l゙       .〈/!_|     lニ ニl               .,/,_ |
                                              〈/!_|           l_,'" | .|
                                                               {_,l゙ .


             /   ./
           /    /                 |
          /  ,   /    ,,.ィ''  ̄ <       |
        /  /  (   .> ¨ヽ:::::::} }  ヾト、      |   !
        {   (     ̄.入..ィ≦三ニ>'   }__ヽ.     !    !
        ゝ.   ヽ.  /   く:::::::{ 、, v-、_ `ミ、:',    |    !
         ヽ     ハ:.`ー-、 , .r { i人∧/、j、::ノ、ゝ、_ノ   |
              >-― ヘ',__, - ハ /レ^´:::::::::::: ヽ! {.   /   }
                    ノ //::{ハ!::::::::::::::::::::::::::::'イ ト、__/ /
    ヽ.__     ,, <  ー' //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ!    /
   ,>    ̄ ̄ ´    ./ /ム:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y'`ー ´
      _      / (  {/V!::::::::::::::::::::::::::::::/|
   γ"´   ヾ、. /   /ヽ. ゝ'Y',:::::::::::::::::::::::::/ !
      }ヽ __ノ )    / /::\/:::ゝレYVV`,イ}ィ'  |
    ノ  r   (   ノ i:::!  ヾ/‘ー^-'ゝィ;:ソ   ',
   /   彡′ Y,..イ  .|:::!   ヽ.    /    ヽ
    {       (ー ''´     !::|     >-イ /  /{   \
    )     ヽ.  ,  ミ リ:::!        /{-‐'  `ー='' ア\
   ゝ.      i /    /:::::j         /八 }  }  /  .ハ
     `ミ .、   {   /:::::/      〃   V__ノ  /    ,
      〉::::..ミ、 ゝー- .、/、      {i! __ノ    ゝ    }
      /:::::::::::| `7:::::::ヾ、`ー-、  √  ̄      (    {、 ,
     ./::::::::::::::{  !:::::::::::{     ノ::::r ''7:::ァ` -- イ    ヽ
     ヾ:::::::::::::::\{>≦三≧ x、/::::::}  ヽ:::\         \
      \:::::::::::/´  ̄   `ヾ//,'ヽ:ノ   }::::::::.          }
       \::;:'          V/,ハ   /::::::::::}         |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 目の前の怪物の意志だけは、はっきりと理解できた。
┃ 即ち――――――捕食である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










.

5138 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:09:59 ID:iPBu63mo0









             \/////////////                   ∨/////////                    |///////////
                    \//////////                     ∨///////                   |/////////
                \///////                       ∨/////                       |./////./
                  \////                    ∨///                    |.////
                   \/              _____......∨/                        |//
                                     /::'⌒:::::::::::; '⌒゙. ∨                      レ'
                              /:::::::::::::::::::::::::∪    \
                                  /::/´  `ヽ::::::::::/´  `ヽ \
                           /::::::(     l:::::::::::::l     )  \
                               /::::::::::::::ヽ_   _ノ::::::::::::ヽ_  _ノ  ; \
                               |:::: ;:::::''"⌒'(    i    )'⌒"' ∪  |   あ……だ、ダレか―――。
                               |:::::U::::::::::::::::::::`┬─'^ー┬'′       .|
                          \::::::::::::::::::::::::::::|エエエエエ|         /
                                 \::::::: ∧::::::: !llllllllllllllll|   U  /
                                 /::::: /.∧゙::::::!llllllllllllllll|      \.    ∧
             //|                 /::::::::::゙///∧゙:└ .u U┘         ヽ.... //∧               |\
           ////|                    /////∧゙::::::          ,   |  ////∧                |//\
         //////|                ///////∧                  //////∧              |////\
       ////////|              /////////∧             ////////∧                 |//////\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 口を開けた怪物がゆっくりと近づいてくる。
┃ 次の瞬間には食べられる―――。
┃ そう分かっているのに身体はぴくりとも動かせない。
┃ 出来るのはただ、心の中で助けを求めるぐらいで―――……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋












.
5140 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:12:29 ID:iPBu63mo0





                                                           ,/   i'
                                                            ,/   / `
                                                      , - .゛     .\
                「l                                    _,ill!”     .,,, 丶
                l´l  l」「l                              _,iiil!゙´    .,iil'"      .:′
                 l .!─, l」                              ,, ‐゛.,,ill゛    .,ii!゙’         /
                  l .l ̄  /,=7                        ,/゛ ,,,iil!゙゙゛     ゙ll、       .i
             レ'   // //  _                    / .′,iill!゙’       ゙li,         i゛
                     //   l」 /l              ,/゛  .,! .llll!         ,,lll.    .,"
                         _//          _,,.-.''‘ソ   / .lllll゙       ..,iil!゙      .ヽ.  ,
                       l_/        _/   ......;′ ../    illlll       'llll″       .゙l"
                             /    / .,/  .,,.   .llllll        !lll,           l
                             ,/゛   / . /  /゙ノ    lllll!       .,iilll!’       、
                          ,/゛  . / . /    ノ゛ .-    .lllll!      .,,illl!゙           "  l
                        ,..-'゛   .,/ ,/     ,‐  "   ,,iill!!″    .,,illl!゙        /  .l
                     , /    . /  /       .: . /   ,,iill!!゙      .,,illll!′       ..′  l
                   _/゛    /  ,/       ./ ./  ,,iilll!゙’      .,illlll!゛            '   /
                _/゛   . /  ,/          / ./  .,,iilll!゙’      ,,illll!゙            ,l′  l
           ,/゛    .,/゛ . /           / ./   ,,iilll!!゙       ,illlll!’           /   .!
         ,..-'゛    . /  .,/゛        / /   ,,iillll!゙’       .,illlll!゙        /     /
      ,..-'゛     /   ,/         ,/ ./   ,iillll!!゙           ,illlll!゙        /      /
    _/゛     ,/゛  /          ,/ /   ,iilllll!゙’        ,illllll!′      ./      l
 _/゛     .,/゛ . /             / ./   .,iilllll!!’        ,illllll!゛      ./       │
'"      /   .,/゛         / ./   .,,iilllll!!゙            ,illllll!゙      ,ノ.ゝ          │
.     /   . /              /  /    ,,illllll!!″        ,illllll!゙     /.i′        │
.   /   . /               /  /    .,iillllll!゙’         ,illllll!゙     ,,゛ .,i            /′
/   ,/           /  ./    .,,illlllll!゙゛            ,illllll!゙      / ,"          i′
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ ――――――――――――。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5142 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:15:29 ID:iPBu63mo0





      ヽヽ,    l  l                       l ゙!  .,..‐,゙ -"j    .! l゙    _,,,、   ヽ `'-, '"  | l
       \ヽ..... _... ヽ                 || !-'"   .〈> -ー" ゙──"  |    .; /    i〈./
.        ヽ.ヽ_///    `''、               l .|     ,/゛._..-、 'ニ,゙^彡'ー、 .`'-/フ.゛    ィ'"._,゙l
       /三三. /三三/ 、 `'-             !│    ,i" ./  `゙゙'ー 、.゙..、´!./ ., -、.ヽ ./'ぃ二 / " ,..-
            _///.       l .!i, ヽ               !│   / /       ,,lレ / .,/  .l. `ン'',゙リ/- r'"
     /三三. /三三/     ノ::三/     ノ::三/ . l゙    | /      ,ノ'./ ./   ,i"二"  l ! i;;-   _,,,.
.        ///....  `-/三三彡 "  /三三彡 "......│,!.゙ノ三/     ノ三/゙/_/'''゛i''′  / l゙ |、  !,ゝ   ./,i
       ///...  i‐i  `- ///..../    ///   /三彡"  /三彡" _ ノ,⌒゙,゙_ ノ,⌒゙_, l      /   /
.      ///..   } !.  ///......!...   ///     / /.    | / /   ̄//. l彡 ̄//.″゙_,    .,,イ゙./  / ,,/
.        ̄       l. l . /// l、 |.   ///.二''i   /_/. _,,.-. /_/    //. ヽ.. //  イ イ ィ ィ..|  l゙ .l゙ .,
                ヽ .  ̄   l ヽ....  ̄.゙l゙ .}│  . ! .|   . l ,!  ./   |  /    │.!./ ./..,i'',゙;;__ノ  |  .!シ"
              ヽヽ   .l .| - 、l゙ ! │.!./゛| ! .‐".,,.l l .,i'    ! .,!     ‘'"`ッ !.!..\   .! ‘v
               ヽヽ   .!_-''< ゛ ! __┤.!  .││./ .! .l∠ニ____、.| .|         / ./ , ''./     l  `'‐
                   l l      ヽ .!  l .シ" / .l゙   .ゝ-――- 、` /     ,./ ーi!'"      .ヽ
                l│   ,..-'゛..l .\.‐!,,_゙l-/ ./   .:  .′  /._ l    ./ ./゛        ! ゙l  i
                ! | _/゛   ,ヽ .\,゙,,..″ヘ- 、 .:  , " / / .l l    /  |            ",,.ゝ ..
__ --――ー- ....,,、 ._ノ゙,lr'"   . /  ,"'―、 .- ./ ̄ヽ. l / . r'" . /   | !  / i-'゙    ___ - 、. !  /
` ._,_. --――--- ..,,,,.`゛ .i″  . /   /     l / ./ | .!/´" ./    | .|_,i‐゙ ,.. ′_..-''',゙.. -¬''> .|l丿 ./
´             ,/. `''-、´゙'' ´  /       | .|.ヾ .,- ! ″ ./     |   /.,/ / ゛    l゙    /゙″
         ,..-'゛ ___∠i.`<゛        / / |゙.l / i. / ___  ./  iツ' /       /゙^゙|  / /
__,,,,........--‐;;;;二二ー;;ー'' ̄フ''j  .ヽ     .,..| .∪ ./ l  / /゙, ―- 、`''′ ./       /   .`''" ′
ーー'''''ブ ̄´    /   ./゛  .l.  │   _;;" . l__z .|,ノ  .! ./ ,i"    .ゝ ...,.\.      ,./        ..
 _/゛     .,/゛ . /      .´ ! !'"'''"゛ .`<  l  .゛.,, -″.l..\_   /  /  \.\、  /         .!
'"      /   .,/゛           l___..-┐  l i'゙  /     ゙'ー ..,゙''-'"._ ヽ,,、  .`'-_゙''-..、          ____
.     /   . /              , ‐ ../ ゝ  .!" ,./          ゝ ‘゙_,ノ''゙   ./゙ヘ .., ̄ゝ―ー┷,,゙.. 、 ゙l
.   /   . /               /  / / ,, 、  .../          / . _,/      ,,゛ .,i    . ̄ ̄ ̄  ‐,! .|
/   ,/           /  ./  ヽ,゙'″ /             /  l       ./ ,"            ,/ /
.   /            /  ./    .ノ , '"゛         / .,r'"         i' ./             ! /





.
5144 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:18:08 ID:iPBu63mo0





             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/.     ,/,_ |   '´    / /l/......_____゙,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //.        l_,'" | .|... _,,,...lニ ニ//゙,゙,゙,゙゙,ィ!´.. l_,'" | .|- 、、、,,゙lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
  イ三二二ニニニゞ.      _,, . {_,l゙.._.  〈/!_|     lニ ニl.   」´. {_,l゙ ``ー 〈/!_|   lニ ニl.   ,/,_ |
                ,.. ‐''´.,゙,, -;;'"´ ii、     __,,,,,......〈/!_|..─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄¬ -、〟. 〈/!_| ;;;..゙l_,'" | .|
         ,ィゞ..″,..-'"´ィ-;;し┴..,.:,..:-''二ニ--‐''''ニ匸 ̄ ̄ ̄ ゙゙゙̄コ彡ニ;;-二,゙¬-..,,、.⊂...l_..,.:,..:.  {_,l゙゙'-、,
        _/゛ .,/ ー====- ゙,゙ ‐''" '''';;二`-゙‐';;二二二二二二,゙;;'''ーニ..ー====-..゙ー ,,'''/!ゝ   ゙''-、 .`'-、
.   ,   /`゙ご!ミ゙゙゙゙゙[゙「゙゙゙゙゙!” / '“'゙゙゙゙゙゙゙!!''゙彡-.,.:,..:゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'ナ.,-、゙!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙冖ー  ,゙”'!!゙゙゙゙゙゙~“'ー゙,...    .,.:,..:゙~リ!_/~`'、
.     /   /.゙_,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;. =Z゙.,i`-!ヘ.゙'コ=t;;i ,ィゞ...;;、 `''-、`'-、.〟 \ .\.''゙ン'ン'" \ `'、
.    /   ./.゙,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;: . ヽ... r'"'''ニ> ゙‐'~".  ,.:,..:゙゙lー  ヽ. `l/    ヽ  .ヽ
.   i′ ./,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:; :; ;:; : ;:..゙l l巛;;、``-`-`-`-`-三 ,ィゞ....ヽ .,.rフ、. l .,,...ヌi-  .l  . l
   l   !゙ヽ 「i''ー'"´   ,r-‐'ー''''"´ ̄ ァ二;;- ..″ / ,.|~r'"゛ - .`゙';;`L.ヽ ゙,゙ ‐二ィ''",,.  .! .'l/.、.!  | `,゙ !-  .!  |
   |  .|     │ |.   .l .|ヽ、!ニl、 .l..l.  _,゙¬./ .,ヽ.li\二___,,゙..-二ノ'. `./ '',ィ!´ ̄``i''ー─- 、、、,,_!  | .!`'''''ッl !  l
..   l  . l  '''二., ゙l, ゙L : イ三二二ニニニゞ >、’ . / ./ .`゙''ー二`-ア゙ン‐'',゙_.ヽ. ( j〉    」´ ̄ ̄``ー-、ヽ    .,.:,..:..    .,.:,..:
.    ゙ぃ .!、 .゙´;→ ヽ .\ '㍉,.\ ゙'〈ヽ\-`'' !/゙.,i゙, . 彡-'二-'',゙¬二;;-ニ,,,,.i|i、...``ー─'"´  ̄ ̄ ̄ ̄..../ ..lニ''=‐ ./  ./
.     ヽ  \  .  i‐,\, ゙''.、゙‐'i ..゙ヽ、..,ィゞ          .,.:,..:=jjjllリ!“'''ー二′゙'l彡!'゙_..-'゙.r-`,/ ./ . ..>-ィ./  /....,.:,..:.. ... ,
      \. .\ゝ-ニゝ `'-、,`'-ミ/′ `'ー-二ー====- . `''← " ゝ l|;;,,,,.. -‐',゙,゙ -'"´.''T彡'"゙,..-'゛ , ー====-,/
        `'-、 .`'-、..ニ゙二..,゙`''ー ,,,゙''ー ..,,_  ゙゙マ'=―`-ニニ二二ニニニ..,.:,..: l'フ″ ._,,.. -''゙,゙.. -'゙_ッ二-'^.l / . /...   ,...    .,.:,..:
          ゙''-、, .`'-..,,. '々  ';;/゙'._,  -─‐- 、ー‐-、ー-、  ;: ;:;: :;:;: ; ;...... -‐''゙゙_.'`--  ,ィゞ " _..-'"
                `'''-..,,,`゙''ー ..,,_..,イ、,r'⌒ヾ    ヽ ヾ ``''ー- -、-‐''"´ヽ;;: :;:; ;:; :;:;  ;:゙゙ ー''゙゙_,.. -'"゛      ,.:,..:
                    `゙''ー. ,r/  (::;;:;:;;/ー-、  j  `,   _ /ィ´  ;:;







.
5147 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:22:23 ID:iPBu63mo0






゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"                i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛          i--.... ..、     ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、        _..-''゙ ゙゙̄'''-、L;;;;;;;;;;`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l       ./ ;;;;;;;;;.,..-‐'''''''''''ー 、;;;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
.  ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!     ./;;;;;;; /  ,..-‐''ッ  ,,、`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│. /  / ;;;;;/_,  .!  ー゛  .lヽ l;;;;;;; /  / l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;; lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、..┐  、 .i lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、゙;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;; ∠,,、 -z    ,r――― ''"/  . |ハ、,_ ∠,,、 -z    ,r――― ''" ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;゙、 '"´,、ィ   /..  し;;;;;;;;;./  ,i";;;;;;;;;;..゙、 '"´,、ィ   / ;;;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  、 '" ,、 '":ツ   /...   !;;; |^l....../;ヾベ、 '" ,、 '":ツ   /゙;;;;;;;;!..  |^ll !;;;;`'''√''''ー、、;;;;;;;;;;;;;~″
;;;;゙、-' ,、 '´   /  /;l゙  _/'''',,,," 彡l゙;;;、-' ,、 '´  /  / ;;;;;;; /'''',,,," 彡゙;;;;;;;;;;\_   `''-、;;;;;;;;
;;;;゙| ,、 '´.;;;|、 /  /゙!;;゙''i  `゙^ _,| │. ; | ,、 '´ ;; |....../  /;;;;;;;;;;;;.゙`゙^ _,| │゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:.   |^l
;;;;゙'´!  .|;;; !..゙/ /l/..゙!;;;;;.!  ,/,_ |゙!.!;;;;;;'´゙;;;;;;;;;.!../ /l/ ;;;;;;;;;./.....,/,_ | ;;;;;;;;;;;;;;;゙;‐i;;;;;;;;;;;ヽ  `‐.../'''',,,," 彡
;;;;;;;;|  l;;;;..//...''"| .!;;;;;;;!...l_,'" | .|;;;;`;;;;;;;;lニ ニ//. '│;;;;;; / . l_,'" | .|;;;;;;;;;_,,..lニ ニl;;;;;;;;; ;‐i    `゙^ _,| │
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |";' l !;;;;;;;!、ヽ,;;;;;;;;{_,l゙ ;;;;;;;;;;;;〈/!_| . _;ヽ.l} lニ ニl      {_,l゙,./ ゛ . 〈/!_|゙;;;;;; lニ;; ニl.   ,/,_ |
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|、;;;;| l゙;;;;;;_,,..ゞ''i;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;_.;;;;;;;;`'' |>,゙l|/; 〈/!_|..゙;;;;;;;;;;; /   ┴¬'ー-、;;;;;;;゙〈/!_|.   l_,'" | .|
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙,.l;;,゙,, -'''゙゙゙";;;;;;;;;;;゙゙ー ,_`゙''ー、.;;゙ '.l'''''゙  ./;,、;;;;;;;;'リ′         __,,,,ゝ;;;;;;;.\.     {_,l゙
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;;;;;;;;;_,,..―'''''''''''''ー ..,,;;;;;;;;;;;;;;;`''-、 ゙く;;ヽ   .!'",/;;;; /    _,, -‐'''゙´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".,./ ;;;;;;;;;;;!゙;;;;;;;;,,./ ´   ,i'、   .,,、 `'''、.;;;;;;;;;;;;;;;゙'、 .l;;; l   / ;;;;;;.l  ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,r"    ./゙ン′  ヽヽ  `ぃ;;;゙ミi.;;;; l .!;;;.!  l;;;;;;;;;;;.! ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..-''''゙゙゙ ̄ ゙゙̄''-
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i"_,    !ヾ   〟 _.`マ   ヽ; l. };;;/│;;;,!  .l;;;;;;;;ノ / ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     iー ,,
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,l/゙;i|八〟   .,..,ii''7ニ'>i、   _,r、/;;;l/ / . !;./   l;;;;;/ ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;";;;;;;;;;;;;l   .,i'゙‐';~丶;`;;;/  /丶;;;;;;;;;;;lr‐'ジ    .l; ! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./  ./;;;/     .ヽ;/







.
5149 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:25:39 ID:iPBu63mo0




__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

        /  > .         ___
.         く   く\  > . _, .<::::::::::::/ \ト、
.         \   \\   :Tハ V:::::::::/!:::/    Ⅵ\
             \   \\ _} | ::::::::l !::{      |::::rハ
              \   \\,リ l:::::::: Ⅵi    }:::リ ::}、_
                 >    /  }:::::::|  i::}     :/ :::::ハ   二ニニメ、
              l    冫   ;::::::::l  j/   /;'  ,::::l }        \\
                l  冫     ::::::::,′     リ  /:::/====_ --┘∧
               l  冫 .}   |:::::::        / . /:::/   V    __   ┘
\            ,. l 冫 / \__|::::::l       /:::://  ∨   |
  ≧=-  __,. }\ l冫  〈  ノ弋ト:::{  く   } |::/{     V.  |
≧zュ。   ト、 ,ハj: : j/:.V{ ,イiト ::::::/` ーzゥ,ノ r'__ノ:::::ノ    ∨  |
> ´  ト、_!: : : : : : : : : :/  } rヘ      } /≠z:::{ {      ∨ |
   |\ }: : : : : : : : :. :../  /  } /{/!,   l /   }:r‐'’       ∨ i    ――――――ッ。
.  八: : : : : : : : : : : :..〈   「:::::{ L{ /jイ/i,ィ;Yハハハ7从         Ⅵ
<{\>、: : : : : : : : : :..∧ /:::::厂V{ { {/_j } ! //./ _,..ィ         ゙,!
  ト、: : : : : : : : : : : ; : : }'::::::/ヽ  Yレ!「 「7777, ': : : :/ \
  ∨: : : : : : : : : : : : : : :V::/  ∧  `Y_/-亠イ: : : : :レイ、 \
  {∨: : : : : : : : : : : : : : }イ.   ∧    /: : : : : : : :./∧`丶>、
  \: : : : : : : : : : : : : : : l     ∧____/: : : : : : : : : /  ∧   \ ヽ
..   \: : : : : : : : : : : : :.!       /::/: : : : : : : : : : : フ ハ   Ⅵハ  ピタ

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その時、起きた異変に、理性無き怪物の動きが一瞬だが停止した。
┃ 本能で動く、獣同然の存在だからこそ敏感に察した脅威の存在。
┃ だが理性が無いゆえに、殺意も恐怖もも持たない、
┃ その無機物然とした“脅威”を“脅威”と認識するのに一瞬の間を要してしまった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5150 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:29:20 ID:iPBu63mo0






               /三三/                  /三〉
               /三三/ ̄                  /三/
     {三三三三三il/ ̄      /三}            /三/
     . ̄ ̄ ̄/三/   |三三三三三三i}     /三/
         /三/    i|三/ ̄ ̄`ヾ三il!.    /三/
    ____/三/     レ'      ノ三/.   /三/
  .ヾ三三三三il/           /ニ/     /il/
                      _ィ≦il>’    ./三〉
                              ヾ三/


           `'''ー ..,、   `''-..、  `'-、      \         1.|./   ! l ./  〃  / /
=xii_,_           `゙''ー、,,,  `'ー、、  ゙'-、     .\        !.|:  / / / .〃  ,r゙/
    `゙"'`-=t;;ii ..,,_        `゙''ー .  "    \     .\         !./  .;"/./ . /   / ."  . /
_、         `゙''''´゙''ii,,;;.,,,、      .丶      `'=i、   \     !./ . "., ./   :'   ,/゛
`゙''“'┴- ..,,,,,_                              `ヽ   `'.    -  :   .゛    '"   ._...
,,,,___     . ゙゙゙̄''''''―- ....,,,_、                           丶           .,..-'"゛
'''¬ー`-`-ニニニ';;';;ー-.- 、...,,., 、  . ̄"'''―- ..,,,,_                                :
             ´`.""'                  ̄''''―-....,,.、
_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     _
--ー‐ー‐ ―‐¬'' ''''''' '''"  `                     __、
               __,,.... .;;;;,,ッ-一゛''         _,,,,iiiiiillll!!!!″
   . _,,,,.. -;;ニニ`-ー'''"゙´             _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″  ,,iilllli
二`-‐'''"゙´                 _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″    .,,iiilll!!゙゛                      ゛'.‐
       . _.....‐         _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´          ,,iillll!!゙゛                '、        ..
 _._..ぃー''"´       ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´          ,,iiilll!!゙゛            、      ヽ        .''
゙~         _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´               ,,,iilll!!゙’        :     |        ヽ       `
     ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″                _,iiilll!!゙゛      '       │        . l
 ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´                   ,,,iilll!!゙’ .,   , /         |         ヽ
illll!!!!゙゙゙″                  ,,iiilll!!゙゛  /   ././          .l          ヽ  ..
゛                     ,,iilll!!゙´   ,r′  ./ ゙             !     ..     ヽ  '、
                       ,,,iilll!!゙’   . /    ,i'゙               ,!      .l      ヽ  ヽ
                  ,,iiilll!!゙゛    ,r′  /              ,!      .!      .ヽ
                   ,,iillll!!゙゛    . /    : ″                 |       .!      ..l,
                    ,,iilll!!゙´     /     :                   |       .!       ヽ
             _,iiilll!!゙゛      /     :                  !      : : |       ゙‐
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そしてその一瞬の空白は―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

5151 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:32:36 ID:iPBu63mo0






                ┏━━┓         ヽ
                ┃    ┃      ┏━┓ /  、  メ
                ┃    ┃      ┃  ┃ |   _ス´ /
                ┃    ┃┏━┓┃  ┃ | ./ .∨
                ┃    ┃┃  ┃┃  ┃ r'´l.  f´ヽ./
                ┃    ┃┃  ┃┗━┛/彡廴ノ /  }
                ┃    ┗┛  ┗┓\y'   Д´ ̄\/ ̄
                ┃            ┃  ヽ  ノ" ヾ、/  》  |
                ┃  ┏━━━━┛〉、_/\クri  l}  /  ィ|´
                ┃  ┃|     f`<´ ヘ_/{lii从ヽ/゙ゝ=、/i/|
                ┃  ┃>-‐ァ7ヘ、\{_}//「lli>ヤ´ソミミ'ヘ/l|
                ┃  ┃‐‐--{_lj /\/_\V/∠l」>i「llli7/∧,|
                ┗━┛ _ {`ヽ{_//´ /X〕ミ:》''´〈〉ヾk'〈/ヾ''|
                   l  |/ 7}\l__>‐゙/く_>r' l〉ミ〉二ヾi}ー-'|lli_,ィ'"´
                   l  K ,//, 「`Y}三./ _l_ソ_}ツヘ__{\八___|lliノヽ
                    l  |^ヾ'  L// __幺:::`:::::く../\/i´ ゙̄ヽ|´   \
                 、i l  | ̄二ニ=r―‐く大^ニァ' }/7/〈{     ,| :
.        ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―/{_{\/\/ /i|  /   ┏━┓
    ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―jjY^ヽ/\.|;,   ┃  ┃
                  `ト、Y´ ̄ ̄} ̄[三,/:::.`ヽ=ァヘ{ニ<   ヽ| l     ┃  ┃
                   \ l|`ト、ロ /, /l }/.:::rr=く_[/_7{_\,>、_ , ,┏━┓┃  ┃
                   ヽ|  l\' / /::::/こl」」くi_/ 」   \ ヽ ┃  ┃┃  ┃
                     \ l __/ ,[ ̄j7i| l|_j「┏━┓ ヾi ┃  ┃┗━┛
                        { ヽ;ン'^ヾ个 l|  | lli┃  ┗━━┛  ┃
                  /ヽ    ` 'く j l//^ヽ!┏━┛          ┏┛
                  V/        、{ i  /^┃      ┏━┓  ┃
                        ロ  \ィ!i| ┗━┓  ┃  ┃  ┃
                              \|  i{ l┃  ┃  ┃  ┃
                          [l    \,l| l┃  ┃\┃  ┃
                           /7        \;i┃  ┃  ┃  ┃ |、
                        `′         ┃  ┃  ┗━┛、|i \
                             <>    ┗━┛、     |iヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 数瞬の遅れも無く行動を起こせる心無い“彼女”にとって。
┃ 眼前に迫った主の危機を迎撃するには、十分過ぎる時間であった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







.
5155 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:37:28 ID:iPBu63mo0






      | |   |            ヽW/\,,,,,,,,......./ゞ人
      | |   |         ゞ//## :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾゝ/
      | |   |         /$:::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<ゞ
      | |   |      \/从##   ゞ        l   #〉
      | |   |       /##             ・ パラ##\
      | |   |     /\〉##   i              ##/
      | |   |       人##   ・ パラ          ###\ ( `)⌒;;,,.⌒)
(⌒;;;;,,.⌒):::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: (;; `)⌒;;,,.⌒)
(⌒;;;;;⌒;ソ⌒;;):::::::::::::-:::::::-:::;;;;;;;;;;;;;;;::::---::::::::::::::-::::::::;:::::---::::::::(⌒;;⌒ヽ;; `)⌒;;,,.⌒
;;;; )(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.⌒):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(⌒;;;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.")
⌒;ソ⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)⌒;ソ⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ''"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ''⌒
⌒;;;;!"''')ヽ);;;;;ソ;;,,,,,,)ソ;ソ⌒)(⌒;;ヽ;;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ'';`)⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;






                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――その時何が起こったのか。
┃ やる夫には正確に理解する事が出来なかったし、それどころではなかったおね。
┃ いきなりの絶対絶命の危機に、今更ながら意識が追いついて混乱していたし、
┃ 何より―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5157 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:40:29 ID:iPBu63mo0










                                ::::|       /::::::::::::/
               / l                 .:::::::::i     /:::::::::::::::/
.            /  厶-------<         .:: :: :: |    ..: ::: ::: ::: ::::;'
          |  〈        `ヽ         ;:^ ::、:::|  ..:: :: :: :: :: :: :/
      ___ノ「ソしヘ         i__    i   ; |. ,.'     `: /
.        \ /7   リ'⌒ヽlレ  r─、 __  |     !   ';l/        ;/
.         〈___厶'⌒V´ ̄\_|_/   У `V    N     |       /        ,.;'"~⌒'"~
        /`ーァ'7/  /ヘ  l|      \ ̄ フ i ヽ\   i      /   _ _.,_,,('"     (⌒ヾ
       / //| l| { ,ィ::::::::〉リ、       \__>\ \   :     .:        ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''"
.     ∠ -イノ ハ.l| ハ    ///∧    ____ヽー‐ 、\ \ i   ..:' _ _,.,_,人⌒`'"~
    f三彡'//ヽ} ー、- ´´ノ}l}∧___/      ̄ ̄、) \ ヽ .:::::〈__.   ~^`"'ー- 'ヘ.,_,.ソ'ヽ(⌒"'
    |// //// jハ  ー<ノノノ./  ,ィfつ__几/⌒V___/ヽ.ヽ.___    :.:`ヽ.          (.., 、
.        〈《〈__,ノl }_  厂 / __)r‐'フ-───‐/ │   \..._____..::>       ヾ,....ソ
          __レ'7ハ/レ'/_r'(`ヽ/ /  _/   ∧__
      / ̄   / // i7T'^´   ヽ/   // `__,..,_ _,.;'"'⌒'`^~(⌒ヾ、_,, _
.      /         ///|_ノ      | │ |___/| ̄.....~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'
     /        | //|      /|  l/  /\    / ∧     /\ ̄ ̄\
.    i       l   |///      / /__./ヽ.__\  /  ̄∨____/ ̄ ̄ヽ/__\
      |        | /、__   _,ノ/| ̄ /l:///////////////:\
     ヽ      l   l'/  ヽ ̄ l\  |/   |://///////////////:\
      }      /に{   <」/ヽ.| \ \ ///////////////// ヽ
      |     j / 辷{    i______| ヽ ` <:.///////////////ハ
     /     / に{ i     |───‐ |ヽ `ー─ ` <///////γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.   /    / /  辷{ 、    lコニニiニスヽ \ \    \ ////|   ―――問いましょう。      |
 /       /  /__人} i   /__  l Уノ⌒ヽ. )  ヽ.    \.// 乂_____________ノ
.       /  /ノ⌒Y〈_{,ノ| /  `宀 ´    /     \     \/    |
..    /  //....,.;'"~⌒'"~.... /     /       ヽ    i    |
    /  /_ _.,_,,('"     (⌒ヾ....   /        r─--、)    |    ;
.     //.     ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''"    /        i       /    /
.     _ _,.,_,人⌒`'"~ . イfノ       (            |           /
      ~^`"'ー- 'ヘ.,_,.ソ'ヽ(⌒"'     \_         |        /
.     /厶jレ┴宀´.. (.., 、         /  `ヽ.___ノ   __/
                /  ヾ,....ソ..   ,' ',         ̄
                ,'            .:
....'`^~(⌒ヾ、_,, _   :            :.   '
ノ'"~`ヾ.,_ソ'                    ヽ-‐==ニニニ二二二フ二二二二 ̄〕___
          :              .:´             /     / ̄ ̄ヽ}
                         /           _/      r‐J     }|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――目の前に現れた少女の姿が、あまりにも幻想的で。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










.
5159 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:42:24 ID:iPBu63mo0










:::::::::.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.:.::.:.:..::.:.:.::.::.:::::::.:::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::
::::.:.:.:.:.:..:.:.:.:.::::::::::::::::::.:.: ::.       : ::.::.:.::: :::.::.:::::::.::::::〇:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::
.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::}X{::.::.:::   ,.ヘ、_      :: :: :.:.:.:.::::::.::.:::::::.:::::.:::::::..:::::::::::::::::.:.:::.:.:::.:.:::::.:.:
:.:.:.:.::::::::::::.:::.::::.:.:.:   __/   \  `>'´ ̄`ヽ._ :: :: :.:.:.:.:.:.:.:::.:.:.ト、:.::.:::.:.::::::.::::.:::::::::::::.:.::
.:.:::::::::::.::::.:.:.:.:.:..  // ┏━┓ \     .:::.:.:.:\ \ :: :: :.:.:.:::::::.:} ヽ::.:::::::::/ ̄  7 :.:.
:::}`Y´{:::.:.:.:.:  //   ┃┗┛  ヽ   .::.:.:.:.:.:.:ヽ:::\ :::::: .::: :.:{   ヽ } /    _/ ::::.:
::ノ_人」::.:.:  ,.:.:.:/    ┗━━━   ヽ  .::.:.:.: . : ::ヽ::::ヽ :::.:.:::.:ヽ   ∨   _/ :::.:::.::
:::::::::.:::::.:.: /.:.:./  _r=≠ァ~ァf⌒'く辷_マァ┐\__}::::::ヽ::::::.  ::.::.:.:::.>    / :. :.:::.::.:
:::::::::.:.:   /.::.:.:}≠´.:.; .::/ 〃/ .:::::}:!::ヽ~くj辷弋 \::::} :::::〉 ::::::/       \ : :.::.:.:::
::::.:::.::.:  {.::.//〃 .::,′ {{/:: .:::::从::::::. :}:::. `^ト、_ ヽ>く :::/   _/ヘ    { :..:: .:.:.:
::::.::::.::.:° >/′::{ ::::{ .::/〃 .::〃j|::::::} :}!|:|  ::| ::「⌒〈_ノ〉ノ  / :.:.::::.:ヽ   } ::.:.:::.:::
:::::.:::.:   //∨ .::::::〉、::{ .:::i:{:{ .::ノ厂}「:::フ:ノ川  ::| ::l::、 ::F′ ̄ :: :: :.:.::.::.::.::::\{ :::.:::.:::::
::::.:::.   ,′/{ :::::/:::{ヽ{ ::::{从 :::イ ノj≠くノノノ .::} .:l::::ヽ l  : ::.:...:.:.:..::::.::::::::.:::.:.::::.:::::.:.:.:
::::.::.:.:.  _」人 ::::{ : :{ .:;ゝ‐〈ヽ\{   }::::::::}::}  .:::ノ .:::γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::.::.:.:, '´.: :::::::\ヽ、ヽ{,ヘ::::j      ーテナノ .:::/:::: |   貴方が、私のマスターかしら?      |
::: / .::/.:::::::::::ノヘ\{ハ~´   _,  ノノ // .:::://:乂_________________ノ
:: { .:/.::::::ー=彡.:/:;  .:::::人  `   ///::::::::;:イ{{::{:::}:::::::} : : :: ::..::.:::::::::::::::.::.:::.:.:.:.::.::
:: ∨{:::::、:::::/.::::/:/ .:.:.:/::/::了 7:/,ィ´ ,イ:::::;::/从::\乂::::::ノ . : :: ::::})({::::::::::..:::..:.:.:.::.::.:::
::::::::: `ヽ::Y{.::::{::{ .::.:/:{/:/ ∨::{/人{ {/く     ̄\く    : : ::::.:::.::.:::::::::::.::..:.:::.:..:.
::::::::: :: _}ノ \::ゝ\ {从{  //  .::: ヽ) = 》        ヽY^{  .:.:.:..:::::.:::::::::::::。:.::.::::.:.:
:.:.:.::.:.:.:.:..::.:::.:... ヽ    {{_≧〃  .:::::::/゙ー'⌒)く      j辷{  .:.:.:.:..:::::.:::::::.::.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.::.::::.::::::::::::.:.:. .    ////  .:::::/f¬、_:..:.:ノノヘ、    〃くフ .:::.:.:::.::::::::::::}Y{::::::.::.::..::
.:.:.:.::.:::::::::::::::.:.:.:.:.:. : .    ,′.:rイ⌒T f { }⌒7⌒)`= 〒^'く_f . :.::..:.:::::.:::::::::::.:::.....::.:::.:::
.:..::::o::::::::::.:::.::.:.:.:.:.:.: : ..  {  「\ヽ _」⊥L」_ 厶_〔__人_ 」、_メ、 : :.:。.:::..::.::.:..:::::::::.:.:.:.:.:.:.:
.:..:::::.::::::.:::::::.:.::.:.:.:.:..:.. :.   >く^ヽ/    〈⌒ヽ L.:.:::/.:.:.:.:.:.::ヽ. :: :.:.:..:.}ヽ::..:::::::.:::::__:::::
::::::::: }`Yア.:..::::::::::::.:.:: :.  {   j〃 j  厶L_」、 }`Y/_ .:::::::::::::::::::. :: :::.::.::} ヽ:::::/ /:::.:
:.::.::::ノノく.:..:::::::。:::::::: :.:. :.  `ア/レ'^ー{.:.::}  )^)ノ く j⌒j7ア┐.:::} :. ::.::.::}  ∨ /::.::::.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ここが何処かも忘れて、彼女の姿に見入ってしまったから―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







.
5161 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:44:49 ID:iPBu63mo0





                                                           ,/   i'
                           __                                     ,/   / `
                        |:::|___                              , - .゛     .\
                      匚二::::r‐一'´                          _,ill!”     .,,, 丶
                    ┌一':::::`二コ                         _,iiil!゙´    .,iil'"      .:′
                         `ー┐::|                     ,, ‐゛.,,ill゛    .,ii!゙’         /
                          |::::|   /ヽ              ,/゛ ,,,iil!゙゙゛     ゙ll、       .i
                          |__,| /:/             / .′,iill!゙’       ゙li,         i゛
                        /:::::!.             ,/゛  .,! .llll!         ,,lll.    .,"
                        /:/|:::|        _,,.-.''‘ソ   / .lllll゙       ..,iil!゙      .ヽ.  ,
                           ̄   |__! __   _/   ......;′ ../    illlll       'llll″       .゙l"
                            /:::/...   / .,/  .,,.   .llllll        !lll,           l
                            /;:::r'´    / . /  /゙ノ    lllll!       .,iilll!’       、
                          く/|:::!   / . /    ノ゛ .-    .lllll!      .,,illl!゙           "  l
                        ,..-'゛.  凵.  ,/     ,‐  "   ,,iill!!″    .,,illl!゙        /  .l
                     , /    . //:`>       : . /   ,,iill!!゙      .,,illll!′       ..′  l
                   _/゛.    __/::::/.      / ./  ,,iilll!゙’      .,illlll!゛            '   /
                _/゛   . /..ー‐‐'´|::|       / ./  .,,iilll!゙’      ,,illll!゙            ,l′  l
           ,/゛    .,/゛ . /.    |_,〉.   / ./   ,,iilll!!゙       ,illlll!’           /   .!
         ,..-'゛    . /  .,/゛        / /   ,,iillll!゙’       .,illlll!゙        /     /
      ,..-'゛     /   ,/         ,/ ./   ,iillll!!゙           ,illlll!゙        /      /
    _/゛     ,/゛  /          ,/ /   ,iilllll!゙’        ,illllll!′      ./      l
 _/゛     .,/゛ . /             / ./   .,iilllll!!’        ,illllll!゛      ./       │
'"      /   .,/゛         / ./   .,,iilllll!!゙            ,illllll!゙      ,ノ.ゝ          │
.     /   . /              /  /    ,,illllll!!″        ,illllll!゙     /.i′        │
.   /   . /               /  /    .,iillllll!゙’         ,illllll!゙     ,,゛ .,i            /′
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――魔術回路接続完了。安定駆動開始。《啓示》起動―――完了。

┃ ※行動安価 下5~6
┃ お待たせしました。安価の時間です。
┃ 突然、目の前に現れた少女に、まずは何と答えますか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋








.

5166 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 23:47:33 ID:A1LKHar20
美しい……

5167 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/29(日) 23:47:34 ID:7i51wdKA0
何でもいいから助けて

5175 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:54:27 ID:iPBu63mo0













                       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       |    ―――美しい。      |
                        乂___________ノ














.
5179 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/29(日) 23:58:15 ID:iPBu63mo0








                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |   あら、ありがとう。
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|      でも、今はそんなこと言ってる場合かしら?
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ



               ____
            ,. -'"´::::::::::::::::::::::`¨ー 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::__,,,::::::::::::::::::ヽ、
         ,.'"ー、:::::::::::::::i:::::::r":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
        /:::::::::::::::゙ヽ:i:::::::ー"'_,-ー‐‐-´::::::::::    ヽ、
       /:::::::,ニ=-ー:::::::::::::::::::::=-ー¬:::::::::::::::::::::..   ヽ
      ./::::::::::=-‐¬'::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ヽ     ―――っえ、あ、いや!?
     /:::::::::.:::l::l::l:i"   i,, ___ )                  i
     /    ::::::i::i:'、__ノF ̄ー┤                 l     これは違うんですお、えっと……!?
    ,'.            |    |                   }
    i             |     _|               /
    ',          L'ニ ̄‐┘             /
     ヽ、                        /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                      ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ つい、無意識のうちに口に出てしまったその言葉に思わず赤面してしまう。
┃ まるで小学生の時、女性教師を「琥珀さん」と呼んでしまった時のような気恥ずかしさ―――。
┃ 相手が当たり前のように流してしまったから、ダメージもより大きい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






5184 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:06:06 ID:0nVLr5aQ0





\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪   ■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーーッッ!!           ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\




          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {     キャスターと呼んでちょうだい。
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦      ―――それよりマスター、指示を。
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.      サーヴァントが来るわ。
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自爆しててんぱるやる夫を後目に、
┃ 少女は怪物が吹き飛んでいった方に目を見やる。
┃ それと同時に、理性を失った獣の咆哮が迷宮に響き渡った―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







5186 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:11:26 ID:0nVLr5aQ0





\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪   ■■■■■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーッッ!!!     ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


                  V/////    ∨'///';;;  ヾ/ゝ、
    _,ィ=-,、.          V//'"::..    }///! ,;;;;,   )//
   ム/////\        ノ//ゝ:::::::.. ノ'//∧;;::::;,  ,;'′
     ` ーマ/,\.     'ヾ////\:::::..}//ヾ;;::::::::::;;:::;
            `゙ヾ77,Y/,) ヾ⌒''" 、 .l//ゝ;:   :::;;'.    ,.、
             ,.ィ////´/ア.      ヽリ' '';,.    ',     ム'//>,.、_
          ,.ィ'ア"´// .//      く/ハ   '';,    ,     ,ィ=,、_`"''"''='
    _ ,.ィ'/ヾゝ、 ゙'゙ `゙          )'∧イ '';   ,   `゙ー-―=‐ ,_ィ,ゝ
.    ヾム"    ヾム、             "ヾ'、             _,..=-ィァ'''"´
                         、  、    '   マ//'/''",,
                          、  、  '     `゙´  ,,,ィ!ァ''ク'
                            、:..  、  ,       `'゙ l{ '゙,ィ.n ,
                             },:.   、:.....::、            ヾソ
                            〈:.    ;:::::::...ヽ         ´
                              ,ヽ::.  ::::::::::::::{
                         ,./ ;;: .::::::::::::::::ヽ
                    /`ー'`'/ ,::' /       ヽ
                       /    /   '            }
                    r'´ ..,_  ,....::::::...:::..._    _,.ノ









       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │    えっ!?
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │    指示って―――うぇ!?
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │    な、何でもいいから助けて!?
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 怒気を孕んだその咆哮を受け、身を竦める。
┃ どうやらあの怪物がまたやってくるらしい。
┃ そう理解すると目の前の少女が何者なのか、
┃ そんな事を考える間も無く、指示とも呼べないような指示をだしていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5189 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:16:21 ID:0nVLr5aQ0





                                         /: : : : : :/    {: : : : : : : : : : : :ヽ       \ : : : : : : : : : : : :
                                   /: : : : : :/.      ∨::/: : : : : : : : : ::\       \ : : : : : : : : : :
                    { ヽ                 ノ|: : : : : /  ≦三ミヽ  ∨: : : : : : : : : : : : :ヽ        \ : : : : : : :
                 ', ,                  /: :|: : : : /   /´ _ ノ三    . : : : : : : : : : : : : /_         ヽ : : : : :
            f三ミ  x  i i             ┌┴: :ヽ: : /  {   二ニ_    ',: : : : : : : : : : : :,: :{          \ : : : :
               `ヽ .`ヽ.゙`-゙  ,               ',:_: : : -:∠ =- _ `ー一´   ___ -∨ : : : : : : : : /=彡x ̄¨`ー  、   \ : :
              `i      :               {: : i::ヽ: : : :/: : :ノ: :ヽ≧-= : :...____ .ヘ_: :__:/: : : :_/       |     ヽ:
             x ´ 二二       ′.               `ヽ/:.:-ヘ -=ミ/⌒Y: : : : : : : i: : : |:ⅳ: : : :ヽ: : :√           |.       〉:
          `¨´.   i    /               /:.:.:.:.:.:.:.:.:,`ヽ|:.:.i}:.:.:.:.:.:i}⌒´ヽ-ヘx_: /⌒ヽ-彡             i     /:
               x-=-〈 .                /:.:.:|:i}:.:.:.:.:.≧x|i:.ハ.:.:.:.:斗-一:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:\_ミ=一         |.     ,: : :
                 /: : : : : : :ヽ .             ,:.:.:.:|ハ:.:.:.:代心:.| |:.:.:.:.:xf斧ミァ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.: : :`¨¨,ヘ-=ミ    }    /: : :
.              /: : : : : : : : : : : : :\.           {:.:.:.:/:.:∧:.:}i.`¨´  Ⅳi}:.:.弋孑´:|:.:.:.:.:.:.:.:.:ト.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. ヽ.  `¨i  ,: : : :
           /: : : : : :.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ..`ヽ:.:.:/ヽ:.:ヽ´´ 〈j  `( ´´´ .イ:}i}:.:.:.:.:∨ヽ≧: :ヾ._: : ::\ \  / /: : : :
           /: : : : : : : : |  承知したわ。      |.   \_ 人:.:.:.\  __,   . <._: :八:.:.:.:.:Ⅳ }::::::ヽ.:.ヽ\:.::\ \} ,: : : : : :
.        /: : : : : : : : : : :゙乂_________ノ     」 `ヽ.\/ ¨{ヽ-: : :´: : : : : : : :\:.:.:.ヽ i|::::::ノ}\ \\:.:.}.  /: : : : : :
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`¨{_     /j _ -=}=}: : : : : : : : : : : : : : \:.}\:::/      }/   /: : : : : : :
.    : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ--  {:} ´  {ニ: : : : : : : : : : : : : : :i ヽ 从.          /: : : : : : : :
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : (-    |:}-─一ノ/: : : : : : : : : : : : : : ,               /: : : : : : : : :
./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,ヘ-   |:}¨ ̄ ̄{{: : : : : : : : : : : : : : }:}.              /: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : x -==ニ/|_     / .ヽ.   v7- : : : : : : : : : :/:ノ             /: : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : >ムイ iィヽ /ム/  て≧/: : : :ト.: : : : /:.,__ __ _     ,: : : : : : : : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 短くただ一言―――。
┃ キャスターと名乗った少女は、そう言って怪物と対峙した。

┃ ステータス情報が解放されました。
┃ チュートリアル戦闘を開始します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5191 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:16:54 ID:0nVLr5aQ0

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 入速出やる夫                【レベル】5            【アライメント】中立/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E-】0      【耐:E-】0      【敏:E-】0     【魔:E】10     【運:E-】0     【宝:-】-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
○一般人:
   偶然、魔術回路を持っていたために聖杯戦争に巻き込まれた一般人。
   本人に一切の戦闘能力がない非力な存在である。

   [DETA]  このキャラクターは「メイン」「サブ」で戦闘に参加できない。



○啓示: E
   "直感"と同等のスキル。常に自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
   直感は戦闘における第六感だが、"啓示"は目標の達成に関する事象全てに適応する。
   入速出やる夫の才能の片鱗。それが本当に正しいのかどうかは不明だが、無意識のうちに相手と良い関係を築けるコミュ力。

   [DETA]  このキャラクターは安価で行動を決定できる。
           コミュ安価時、1ターン(1日)に1回までコミュの失敗につながる安価を無効化する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5193 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:17:58 ID:0nVLr5aQ0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】55             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20     【魔:A++】70    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】心心心   【魔力】225/225    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○陣地作成: B
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。”工房の形成が可能。

   [DETA]  行動ターンに「陣地作成」を選択できる。(1回まで)
           「工房」:霊地による回復量2倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+15」%の補正を与える。



○道具作成: B
   魔力を帯びた器具を作成できる。

   [DETA]  「礼装作成」の判定に「+キャスターの【魔】×1.5」%の補正を加える。
           また「最終的な達成値÷100」個の礼装を得ることができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5195 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:18:40 ID:0nVLr5aQ0

          /           ,ヘ \
         /            /  ヽ  \
        /            / ィェェ、\
      /         /   〃i{::::リ}! ヽ  ヘ
     _ゝ       /     !i__ニ=彡、  ',  )
    ハ ,r` >-、 _, ィ、___ _`二´_, ィ 、 ノーくこ}
    ヽV_ゝ「ヽ r<_    /    ハ _ゝ, r<
      / ~,ヘ」/ }___ f――z___j ̄L.」  ヽ
     ,  /   / /   /,イ.レイ 〃/|l _А| 川  }
    ノ  /  ノ〃  /   フ7ナトノ /// jイ_ム,ル' ,リ ハl
   /   /./ {{  〃  //ナフメ 〃 /,仏ィヤ ハ /
 /   /,´  ,バヾハ{ ,仆ヤモテ7ヾ    上ソ ,ハ,ノル
く    , 八 { ( ノ リノⅥトゝ   ̄    {   イ ヽ{ く
 \  ハ{  ヾシ′{/  ツハ   _____ ノル ) ハ
   ヽ{ ヽ l{  〃  {{ _,.斗 ´     .|  ̄ 7 <_
    |ト- -ゞルi八,.ゝ<          |      /  >、
      {  ル'′\              |     ./     / \
       `y′     \.           |    /   /     ヽ
       /       \       |   ./  /         ∧
    r<_> 、         \       |  / /            ハ
    `y〈_fヽ,>.__      \    .|            ,   ´
    /    `ー√ヽ>       _, - う      > ´
   _ノ         ノ_r 、>/ ̄  <_ > ´
 /          \ハ/ `ヽ    ,___ハ
/             /     \ノ一′  ノ
!                /           〉    /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○法術: A++
   神仏の教えに、己の力を上乗せして成立させる仏教系の魔術。
   その特性上、霊的・魔的なモノに対しては絶大な威力を持つ。
   無我であるキャスターの法力は神仏の権能を疑似的に再現できる領域にある。

   [DETA]  【魔】のステータスが選択された時、自陣の【魔】に+「20」の修正を加える。
          敵陣にサーヴァントや「属性:悪」、または「怪力」等の霊系、魔物系スキルを持つキャラクターがいる場合、
          次に選択された敵陣のステータスに「-20」のペナルティ修正を与えること。



○高速詠唱: A
   魔術の詠唱を高速化するスキル。
   生来の性質と長年の修練により習熟した呪文ならば発動時間を三分の一以下まで短縮可能。

   [DETA]  【魔】のステータス比較で勝利した時、10点の魔力を消費する事で使用を宣言する。
          次に選択される【魔】以外のステータスでも「法術」や「対魔力」の効果を受けるようになる。



○虚ろなる生者の囁き: A++
   心を持たないキャスターが発する声は、聴く者の感情を写し取る鏡であり、
   聴衆の精神状態によって怒っていたり哀しんでいたり興奮していたりと全く異なる聞こえ方になる。
   その性質ゆえに相手の精神干渉を遮断でき、戦闘という極限状態において敵手の戦術予測を根本から覆す鬼手となる反面、
   もしも心を持ってしまえば鏡が曇るかのごとく、このスキルは効果を失っていく。

   [DETA]   同ランク以下のスキル、宝具による自陣に対する数値的なペナルティ修正を常に無効化する。
           また、同ランク未満の精神干渉を妨害するスキルまたは宝具を敵陣営が所持していない場合、
           魔力を30点消費することで、敵陣が選択する予定のステータス比較をキャスター陣営が選択できるようになる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5196 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:19:26 ID:0nVLr5aQ0





                            _/ ̄ ̄ ̄ /
                          _r/ //⌒ヽ  / ̄ ̄\
                     ノ〈 / /    / /       \
                   __{⌒\ {__ `ー'′/          \
                <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
                   ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
                  | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
                  N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
                     |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
                 /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
               _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
          /    く/.     \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|
         /.:.:   く/        .rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
       . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
       ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
       く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
        |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
        |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
        |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒
                ./     メl|   |:|〈.  Vソ    /___
               /    メ{ヘ. ..:〈/i7 |         〉:.:.:.:.:.:.:\
                 /    メ{   >―{\{    _r<{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ___j    メ{   {⌒  \ }ー‐{ _,,イ\_:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /    |    メ{   ∧_/  ミ==彡  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ./     |    }{    |   〈_{  {{ }}  ノ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       |     |    }{      }  \_ノ⌒´/ ∧____/ ̄ ̄´
       |       ノ|    }{         /   / / .∧:.:.:.:.:.:.:.:\
      ./|    .メ/|    }{__/ ̄ ̄ ̄     / / ∧ :.:.:.:.:.:.:.: \
     / :|     /⌒ ̄ ̄ ̄                       ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \_
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

『西行未反魂』
ランク:B  種別:対人宝具  消費魔力:0

   人骨から人間を創造する反魂の法。
   その儀式の“失敗”により心を失った状態で現世に蘇ったキャスターの逸話の具現。
   聖杯戦争を反魂の儀式に見立て、その最中にキャスターが消滅した時、
   令呪を持ち契約しているサーヴァントがいないマスターの元に再召喚される。
   基本的に元々のマスターの元へ再召喚されるが、
   マスターが既に死亡している場合、条件に該当するマスターの元へランダムに送られる。
   しかし反魂の法に失敗して召喚されるため、再召喚の度に心が消え召喚されるまでの記憶を失う副作用がある。

   [DETA]  キャスターが戦闘に敗北して消滅した際、自動的に発動する。
           サーヴァントを所持していないマスターの元へサーヴァントとして再召喚される。
           この時、貯蔵魔力が最大まで、【魔】と「虚ろなる生者の囁き」「法術」のランクが「A++」まで上昇する。
           キャスターのマスターが死亡しており、他にサーヴァントを所持していないマスターがいない場合、
           この宝具は効果を発揮しない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5198 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:20:34 ID:0nVLr5aQ0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:黒のバーサーカー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                 【レベル】70             【アライメント】混沌・狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:A++】70    【耐:A+】60     【敏:A+】60     【魔:B】40     【運:B】40     【宝:A+】60
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】狂狂狂   【魔力】210/210   【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

    /  /  .::::へ         //::::::::::::://::::/   l::::|. |::::::::l  __,.  ----┐  l
.   /  /  .::/   \    ′::::::::::::/ ;::::/    l:::::} . |::::::::l          l   l
  /  ∨  {.   ,{ \  :  ::::::::::::| }:::l    j::::/  ,:::::::::            l   l
  {   ∨ ∧   {:∨ :.\ } |::::::::::::| }:::l     :::/  /::::::::/           l   l
.  \   \  \-ミメ、: : : :/ j:::::::::::::| Ⅵ   /:/  /::::::::/   _ -  ̄ ̄}  l   l
     \   \ .∧: :Ⅵ: : ∧ {:::::::::::/   ゙!  .::/  /::::::::/  「.: : : : : :. :. :.}  j   l
      \   V ∧: :.j : : : :} :}:::::::::{.  r  ,.ィ  /:::::::::::〉 /.: : : : : :. :./ /   j
       \  ∨∧: : : : : / 八弋 、:、 {_  /  /:::::::::::/ '´: : : : : : / /    /
         \ V ハ: : : ::∧ /:::\≧xzソ く___,.r__フ:::/  |: : : : : / /   > ´
          } } .} : : : :.∧::::::/⌒`:{  ゞ-マ::::::::::i ノ: : : / / > ´   _
             l ′/     ハ:/    l  /   V:::::/.   /  「 /    γ´
          l ,' /      }/ハ,x   l {   ,、jィィ    l   |   _  -‐
         l , /         L{ { ∧ハハYV^Y´} } }リ    l   |,.  ´
.          l ,' /        {ハィ::::VV j } /_/イイ.     l   リ  .......::::
         l,' / V       八V ^v、:::`::´:::::rfi j/j      l , '  .:::::::::
        / /  ,V        \Ⅵ! ^l^l^´j_/ イ       , '
         ムイ /::::∨        l∧ ー一 /::/      ,'
.        /  /::::::::::∧.        l:::∧   /:::: /    ,. ´
        {  /:::::::/  V     l::::::::::: ̄::::::::::::{ _,...: ´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
○狂化:E(A)
   宝具の効果により普段は抑えられている為、理性があり会話もできる。
   しかしその理性は砂上の楼閣のようなものであり、一度戦闘行動に移ると戦闘終了まで狂化が解けない。
   戦闘時、筋力と耐久と敏捷を2ランク、その他のパラメーターを1ランクアップさせるが、理性の全てを奪われる。
   狂える怪物であるバーサーカーは「○狂化」スキルと非常に相性が良い。

   [DETA]  このキャラクターの全ステータスに「+10」、【筋】【耐】【敏】にさらに「+10」の修正を加える。(適用済み)
           この効果を使用した場合、バーサーカーと同じ陣営のLvが35以下のキャラクターは「メイン」「サブ」に参加できない。
           さらに戦闘終了後に消費する魔力量に+「25」点する。
           マスターのLvが35以下の場合、バーサーカーは「友好接触」でも問答無用で戦闘を起こす可能性がある。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5201 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:24:39 ID:0nVLr5aQ0



┌──────────────┐
│ 【1.「メイン」「サブ」の決定】 .....│
└──────────────┘


            / ┏━┓\   __ ̄`ヽ
        厂/   ┃━┛  \ ヽ|//7__\
       ! /   ┗━━ , -‐`ー ̄ _ノ⌒i
      ノ`ー―´ ̄ ̄ ̄_ノ⌒し´ヽノ: i : :八
      厂ヽ   )⌒ヽ_/: 人: : :i: :.!:.: :|/i : :`ー‐ - 、
     /: i :`ー'|_|i : : : : :i!:/_il:.:.|:.:.|:.:.:.|: : |: : .‐=ミヽ  ヽ
     Ⅵ|: :ト、: | |l八:.:i:.:ハ{  ハ:.:|!: |:.:.:.|: : ト、:.:., ミヽ_`ー,
.        {|: :|: i: !ィfハ \,' __,ノ:人 !:.: :|: : | :.\:.:.`ー`ヽ
       ∨!: ! |弋リ    ゙¨ ̄/:.j: : ): :.:|: : | : : : \:.:\
.      , -‐=:|:.ト、  '     ,'/{:.( ̄ ̄ ̄`ヽー-、`ー、
     (  __ノ: |:.:\ ‐=   /|⌒ヽー、.. . . . . ..\   _
       /(:./:.:ノ个ー、 ´   ! rく  ). . . . . . . .`ー´. . .. ̄`ー-、
      i_,人: (:.:..|_) ヽ   !ノ⌒ヽ_,ー'⌒). . . . i.. .. . .. .. .. .. . ̄`ヽ
            乂从j)_)   \_l―, '´ヽ ヽ ヽ |. . . . ..゚。.. .. .. . . ..{>=<}`ー-、    今回は私とバーサーカーがそれぞれ「メイン」に参戦して終わりね。
         /.. . .. .ヽ_)   厂 ノ. .\_|__|__|__〈. . . . _\. . . . . . . . . . . . . . . .
        /.{>=<}. .ヽ)ノ 〉(. . . . . i____ヽ_,-';;;;;;;;;;;`ヽ. . . . . . . . . . . . . .
     . ′.. .. .. .. .. .. . . \ノヽ ). . . .| | | | |_ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;k. . . . . . . . . . . . .
   ,. :'. . . .. .. . .. . . . . . . . . .|..( ヽ.. ...| | | | |. . i;;;;;;/);;;;;;;!..\. . . . . . . . . .
  (. . . . .. . .. . . .. . . . . . . . .\ヽ )_ ̄7 ̄ ̄.......|;;;;l. . |;;;;;;;;|. . ..\. . . . . . . .
  _/\. . .. . .. .. . .. .. . . .. . . . . .\ノ. .\;;;;;`.. . . . . . i;;/. .,';;;;;;;;;|. . . . ..\. . . . . .
/.. .. .. `ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . ..i. . . .  ̄|;;!. . . . . .|イ. ./;;;;;;;;;;|.. .. .... .. .` . . . .
. .. . .. . .. .. .\. . . . . . . . . . . . . . .. .ヽ... ... ...ヽi. . . . . .il!. .ヽ;;;;;;;;;;!.. .. .. .. . . .. 、 . .
. . . . . . . . . . . `ー、.. . . . . .. .. . .. . .. ..i. . . . . .|... .. . . .`へ/ ̄ ̄. . . . . . . . . . .。.
. . . . . . . .. . . . . .. . . . . . .. . . . . . . . . ..\. . . .`。. . . . ../.. .. . .. . .. .. .. . . . . . ..i. .
. ... .. . . . . . .,-―. .. . .. . . .. .. . . . . . . . . ..\. .. .\_/. . .. . . .. . . . . . . . . . . .. .|.
.. .. .. . . ../. . . . . . . . . . . . . . . . . . .-―'⌒..\../⌒ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . .|.
.. .. .. /.. .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .. ー=彡/. .‐=ミ..ヽ. . . . . . . . . . . . . . . ,. .
. ./.. . . . ..._く⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y厂ヽ}. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,. . .
. . ..く⌒Y/ .‐───────‐(rく∨rく. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . .
く⌒  .- ―´ _く⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒)く⌒ノ. . . . . . .. . . . . . .. . .. . .. . . . ../. . . .
_, ―´ く⌒Y            / マ⌒く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ../. . . . .
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 戦闘は基本、某大手スレ等で用いられている、
┃ ステータスを3手選択した勝率計算方式を採用します。

┃ 戦闘開始時、お互いの陣営は「メイン」と「サブ」で参戦するキャラクターを1人ずつ選択します。
┃ 「メイン」の参戦者は自身のステータスをそのまま自陣の戦力値に加え、
┃ 「サブ」の参戦者は自身のステータスの【半分】を自陣の戦力値に加える事ができます。

┃ 3人目以降の参戦者は「その他」となり、宝具やスキルの効果で自陣営を支援できます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5203 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 00:29:28 ID:tJFc5AoY0
あー、ちなみに、敵の選択ステって敵から見て最適な物になりますか?(今回はバーサーカーだからともかく


5204 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:29:28 ID:0nVLr5aQ0


【2.戦力値・基礎勝率の算出】


        /  > .         ___
.         く   く\  > . _, .<::::::::::::/ \ト、
.         \   \\   :Tハ V:::::::::/!:::/    Ⅵ\
             \   \\ _} | ::::::::l !::{      |::::rハ
              \   \\,リ l:::::::: Ⅵi    }:::リ ::}、_
                 >    /  }:::::::|  i::}     :/ :::::ハ   二ニニメ、
              l    冫   ;::::::::l  j/   /;'  ,::::l }        \\
                l  冫     ::::::::,′     リ  /:::/====_ --┘∧
               l  冫 .}   |:::::::        / . /:::/   V    __   ┘
\            ,. l 冫 / \__|::::::l       /:::://  ∨   |
  ≧=-  __,. }\ l冫  〈  ノ弋ト:::{  く   } |::/{     V.  |
≧zュ。   ト、 ,ハj: : j/:.V{ ,イiト ::::::/` ーzゥ,ノ r'__ノ:::::ノ    ∨  |
> ´  ト、_!: : : : : : : : : :/  } rヘ      } /≠z:::{ {      ∨ |   ギロ
   |\ }: : : : : : : : :. :../  /  } /{/!,   l /   }:r‐'’       ∨ i
.  八: : : : : : : : : : : :..〈   「:::::{ L{ /jイ/i,ィ;Yハハハ7从         Ⅵ
<{\>、: : : : : : : : : :..∧ /:::::厂V{ { {/_j } ! //./ _,..ィ         ゙,!     【筋:A++】80  【耐:A+】70  【敏:A+】70  【運:B】0
  ト、: : : : : : : : : : : ; : : }'::::::/ヽ  Yレ!「 「7777, ': : : :/ \
  ∨: : : : : : : : : : : : : : :V::/  ∧  `Y_/-亠イ: : : : :レイ、 \
  {∨: : : : : : : : : : : : : : }イ.   ∧    /: : : : : : : :./∧`丶>、
  \: : : : : : : : : : : : : : : l     ∧____/: : : : : : : : : /  ∧   \ ヽ
..   \: : : : : : : : : : : : :.!       /::/: : : : : : : : : : : フ ハ   Ⅵハ




        : ィ´ ̄ ̄ `ヽ :
          ー-''  ヽ、__ヽ
      : / (  )  (  ) ヽ
       { |i|T(_人_) u  }
       !  u  |--|    / :   あわ、あわわわわ……。
      : 丶.   |_j  _ノ
         ゝ  ー‐  ヽ :
        : /        ',
        /         ',
         !
      : {          i
        i  /      i j } :   ※一応、「その他」で参戦しています。
        lヽ/       !ノ !
        !          l
       : i  |ー --- ―i j
         ヽ!       |/ :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 「メイン」「サブ」参戦者のステータスを先の説明通り自陣の戦力値に加えます。
┃ この時、互いに受けているスキルや宝具の処理を行い、
┃ またこのタイミングで使用可能な能力の処理を行います。

┃ ※相手陣営にサーヴァントが存在する場合※
┃ 自陣営の【サーヴァント以外】のキャラクターのステータスに
┃ 「-10」のペナルティ修正が与えられます。(「サブ」なら「-5」のペナルティを受ける)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

○無辜の怪物: D(A)
   牛頭人身の怪物ミノタウロス。なのだが宝具の効果で何とか牛面だけは回避できた模様。
   しかし二本の角と赤い眼は外せず、こちらも戦闘が開始されると元のランクに戻ってしまう。
   生前の行いから生まれたイメージによって、過去や在り方をねじ曲げられた人間の姿。
   能力・姿が変貌してしまう。ちなみに、この装備(スキル)は外せない。

   [DETA]  戦闘時、このキャラクターの【運】の数値を「0」に変更し【筋】【耐】【敏】に「+10」の補正を加える。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5205 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:31:56 ID:0nVLr5aQ0
>>5203 その時得ている情報を元に、最適な物を選択します。

5206 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:37:25 ID:0nVLr5aQ0





                         __ / /
                  .   ´:::ヌ´    /` 、
                 /:::::::::::::/ /⌒ヽ 〈:::::::::\
                〈 ::::::::::_/ 〈 (__メ  〉::::::::::::\
              r‐‐ァ>'´ :::::::::> :.___(::::::::::::::::::::ヽ
               〈::::::::レへ. ::::::く :::::::::::::f⌒)::>:〒:::::::::: .
              \/   /´ ̄!\::__メ (::__::__メ>.__:ノ
                 |l !  { rト从:.  リ≧≠ 、  Ⅴ::::::ハ
              ノ从  ト 以!从ル ィテ〒く.   ∨⌒ー -‐ ´ ̄ `ヽ   ―――これは、不動明王呪?
                { 人 乂_ .    i以リ  ヾ  \       /⌒
              r人 \ \ ‐ 、   . ィ升 ヘ    \ _r--‐‐'      随分と大掛かりな結界が張られているわね。
                 /:::::::}ト.  ヽ.j\ _  ≦{入ノル'  ルハ⌒
               /:::::::::::::レ1「!   }   {./ [l 「::}イ:ヽ
                i:::::::::::::::}ヌ!「!.   从   /  [! {::::::::::::::\   , 、
                |::::::::::::: }ヌ!「!   人 /   「l {::::::::::x< ̄「/ /⌒i
           〈::::::::::::::::}ヌ!「!  /〉 Ⅹ==k[人:::/  r─ }'  /  ハ
           く⌒Y⌒「7 メ く::::::〉〃.li Ⅵ_メ :Ⅴリ\  ̄ iし 〈__メ / 〉
          く \ !  i/ / /:::::::〉{{__|ト、i{:::::::::V   ヌく´\⌒\ Ⅵ
           \_}__.⊥.__/ ::::::::::::}〉 ̄  Ⅴ:::::::::〉ー/ \ \\ノi   !             /:´::`ヽ、
            /l⌒「⌒「 \.::::::::メ    .メ.:::::: イ\_{  /⌒ヌ::::_/  |             /::::::::::::::::::::\
             / jレ1 __ j.  \:メ ___メ__ :::」j\::人 .{::::/:://    !、       / ::::::::::::::::::::::::::::::\
.          〈レ「::::::::::::::::Yメ}ノ 三三彡/:://∧\\::\ij:/ /   从\ _ __ , < ::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           Ⅵ::::::::::::::::::::::::∨三三ソ/:://// \::\\:Ⅳ ト. __ /| ! \\ ::_::::::::::::::::`ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |:::::::::::::::::::::::::::∨ / /::////:::: :::::\::\:|{  !    .从  \\ ::::::::::::::::::::::ヽ .::::::::::::::::::::::::::::
              /|::::::::::::::::::::::::::::::∨ ./!://// .::::::::::::::::\:从 人    人    \\ ::::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 『黒のキャスターの宝具』の影響で赤陣営のサーヴァントの全ステータス「-10」されるが、
┃ 『○心無い生者の囁き: A++』により数値を無効化!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【自陣戦力値】

「スキル・宝具適用前」
自陣:  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20     【魔:A++】70    【運:A】50     【宝:B】40
敵陣:  【筋:A++】70    【耐:A+】60     【敏:A+】60     【魔:B】40     【運:B】40     【宝:A+】60



                              ↓ ↓ ↓



「スキル・宝具適用後」
自陣:  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20     【魔:A++】70    【運:A】50     【宝:B】40
敵陣:  【筋:A++】80    【耐:A+】70     【敏:A+】70     【魔:B】40     【運:B】0      【宝:A+】60

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫







.

5207 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:40:32 ID:0nVLr5aQ0










                  V/////    ∨'///';;;  ヾ/ゝ、
    _,ィ=-,、.          V//'"::..    }///! ,;;;;,   )//
   ム/////\        ノ//ゝ:::::::.. ノ'//∧;;::::;,  ,;'′
     ` ーマ/,\.     'ヾ////\:::::..}//ヾ;;::::::::::;;:::;
            `゙ヾ77,Y/,) ヾ⌒''" 、 .l//ゝ;:   :::;;'.    ,.、
             ,.ィ////´/ア.      ヽリ' '';,.    ',     ム'//>,.、_
          ,.ィ'ア"´// .//      く/ハ   '';,    ,     ,ィ=,、_`"''"''='
    _ ,.ィ'/ヾゝ、 ゙'゙ `゙          )'∧イ '';   ,   `゙ー-―=‐ ,_ィ,ゝ
.    ヾム"    ヾム、             "ヾ'、             _,..=-ィァ'''"´
                         、  、    '   マ//'/''",,
                          、  、  '     `゙´  ,,,ィ!ァ''ク'
                            、:..  、  ,       `'゙ l{ '゙,ィ.n ,
                             },:.   、:.....::、            ヾソ
                            〈:.    ;:::::::...ヽ         ´
                              ,ヽ::.  ::::::::::::::{
                         ,./ ;;: .::::::::::::::::ヽ
                    /`ー'`'/ ,::' /       ヽ
                       /    /   '            }
                    r'´ ..,_  ,....::::::...:::..._    _,.ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ これに「メイン」「サブ」で参戦しているキャラクターのLvを合計し、
┃ 両陣営のLv合計を差し引いた数値が自陣の基礎勝率となります。

┃ ・自陣Lv合計……Lv55
┃ ・敵陣Lv合計……Lv70    基礎勝率:-15%
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5208 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:42:38 ID:0nVLr5aQ0





【3.先制判定】




\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                                             ≪
≪   ■■■■■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーッッ!!!     ≫
  ≫                                            ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\





.        〉、ー─へ_ノ _,.斗 ´      ∨::::::∧  Ⅵ:.
         ′  ̄ ̄ ̄            l::::::::::∧  ヾ‘,
       l                  ノ:::::::::::::}   } },
.      }        , --___    マ::::::::::::{     j‘,
      / _  ---  __iγ´ }    \ニ=- _::::::::∧     i     /
`ー  _ゝ _,.    ̄ 〕iト、__> /     r弋::::::::マ=く γヽ  L___/
   ー──    /   / く   ,.x≦:::::::::::``::r_L!ハ_> _] ,'      /
 ̄ ̄ ̄ ̄  ー ´  /  「 \_ニ=-、:::::> ´  ヾ\r┐_,イ{_   - '
___   -‐‐   ´    ,!  / /:::::::::V,.イ ,      〈寸∠   -─
    --  _ <    , '/  _,/:::::::::::/ /' j/^レi _    ヾY
二ニ=─        / / /::::::::::::::::l/l / / j/ レ^,ィ /
ー-   __,   < /,.ィ{/::::::::::::::::::::{::::::::::V:レj,/ / /,ハ
、           / /:::八::::::::::;:: へY Lィ::;:::::::::::::::Y::l_/イ ∧、
: :.>- _ -<  /::::::::::::\:/   |./ / j イ,ィ::;:::/   ∧\
:\: : : Ⅵ∧/! /::::::/´  :::::\    レ{ / / ./ /フノ.      ∧ ヽ
: : :\: :.Ⅵ:.{::}',イ:::::::: ′   ::::::::\   レレ{ //        ,ハ  ,
: : :. :..\:}i: |:.}':.l:::::::::j      ::/ム     /: :∠__        !  ゚,
: : : : : : : :!: : : :{:::/ !    _,.ィ: : : : :‘,   ,': : : /         |   |
: : : : : : : : : : : :l/     /: : : : : : : : :≧==': :/         |   |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 「基礎勝率」が決定すれば、次に両陣営の【敏】の数値の高い陣営が、
┃ 先制を習得し、先に「ステータス比較」を行う権利を入手します。
┃ この時、「気配遮断」等のスキルや「不意討ち」等を行う場合、
┃ 例外的に【敏】の数値に関係なく、先制を行える権利を得ます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【先制判定】

   ・両陣営共に「気配遮断」等のスキル無し。

   ・自陣営の【敏】20 < 敵陣営の【敏】70

   ―――よってバーサーカー陣営の先制!
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫




.
5210 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:47:57 ID:0nVLr5aQ0

【4.ステータス比較】


                                     / ./      ` <
                         , --、           /,イ/               \
                     __  -く必_/ ̄ ̄≦⌒   {/八 、__ノ           ∨
.               ,.<:::::::::> ´ゞ マム斗zzミ     _ ̄-- ミ         ∨
.              /:::::::::::: /        r≦    ∧_,. <> ´- ミ `丶        ∨
              ′::::::/ _,.. ---ミ| ! /´V ∧ --≠ミ     `丶         }
           |:::::/   _ -==   |.| /   ///  ,zニト、     \      /
           |::/.     / / フ  _ -| !|__ //:/    〃/>L -== ヽ ー=彡
           |;′   {/  / /  | !| 〈ノ:/   / /:/ /  _ y ノ  〉
                     八  Ⅵ     | リ:::ノハ       /:/ </ /   /
                      \ ヾ、 rz|/_{::ヾ} r ¬ /:/   /イ > ´         ′
                      Ⅵ  ,.j'´_,}: / /ゞニニフ ,.<> ´      ,.イ   /
                         // /z='' {ム' '  r::/z≦┘    ,.</___彡'
                      ー一  ,:::: r/!YWWWW7/ 入_   ̄ ̄_> ´
                         Ⅳ! {:{ |vvvwィ彡',.{_ L -=ニニミメ、
                         | V::::::ハ---:彳 /_r===ミ∧ ヽハ
                          j:::::::::::::r_ニ -=ニ ̄ ヾ     Y}  } }
                     /Y::::__/            }  /.リ
                        , 'イ    \             _彡'  厶イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ・先制を得た陣営から任意のステータスを1つ選択し、
┃  両陣営の戦力値を比較し、勝っている方が『戦力の優位』を得ます。

┃ ・次に相手の陣営がそれ以外の任意のステータス1つを選択し、同様の処理を行います。

┃ ・最後に酉に仕込まれた安価を元にランダムにステータス1つが選択されます。

┃ この3回の比較で得た『戦力の優劣』と『戦力値の差分』に、
┃ スキル・宝具の補正や『基礎勝率』を加えて、最終的な勝率が決定されます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5211 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:51:27 ID:0nVLr5aQ0





          ,/  ._..イニ'"
   .,/   -" ,..ィ/r'"
.,..-″ .,./  ._..;;彡'´
'" .,,-/,, <‐´
. ,/ . /
" ,/゛
'"



                                                                _..-'"
                                                            _..-''"
                                                         ,,, -'"゛
                                                     _.. -'"゛
                                                 _.. -'"´
                                            _,, -'''"゛
                                     _,, ー''"
                               _,,, ー'''"゛
                         _,,,.. -‐'''"゛
 ,,,_                   _,,,,.. -ー'''''"´
   . ⌒゙゙'''''''''''''''''''''''''''゙゙゙ ̄´                                             ,,, -''
                                                         _,, -‐j / ″
                                                  _.  .._,.. ‐'″       .,/゙´
                        _,,,....、                       ,..-'"二-'"゛           , ‐,゙ /
.... 、_,,........-- i_、     ._,,.. -''''"゛ _..;;彡-‐'''フ~_,,,.. -ー'''" ̄ ̄´゙ゝ   _..-'"   ´              ┴´
 .´        =‐''"´  . _   .'~´    ''',゙,゙ 、,,,ii―    .../_,, -'"
゙_,コ=!七ツ''    _,, -'''ジ'´      ._y/゙,゙,゙ -='´     ,r!゙‐'´
        ,..-'',゙.. -'''"          '"゛.″
     .,iiiソ‐'"

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【敵陣営ステータス選択】

   バーサーカー陣営は【筋】を選択!

   ・バーサーカーの《怪力》発動で【筋】+10!

    1手目【筋】: 自陣営:10  <  バーサーカー陣営:90 で敵陣営の勝利―――だが。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【バーサーカー】

○怪力: A
   一時的に筋力を増幅させる。魔物、魔獣のみが持つ攻撃特性。
   使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“怪力”のランクによる。

   [DETA]  【筋】のステータスが選択された時、このキャラクターの「+10」の修正を与える。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 《心無い生者の囁き》で敵陣営のステータス選択を変更しますか?

┃ ※行動安価 ↓5
┃ 1.使用する。(【】のステータスに変更する)
┃ 2.使用しない。
┃ 3.タイム@1
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

.

5216 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 00:53:01 ID:l8IuXUwk0
1.使用する。 【運】に変更


5217 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 00:54:36 ID:tJFc5AoY0
んー、《心無い生者の囁き》って、どのステータス使用するかまで選択出来るんですか?
後、「敵陣が選択する予定のステータス比較をキャスター陣営が選択できるようになる」とのことでしたが、
別に強制的に筋を選択しないといけなくなる、ってわけではないんですよね?

5218 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 00:57:43 ID:.cYTtuH.0
ルールが今一呑み込めないけど、お互いに一回ずつ選択でランダムが一回なら
先制とか意味あります?

5219 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 00:58:43 ID:l8IuXUwk0
>>5218
法術とかの次に選択した能力に効果のあるスキルとかがあるから


5222 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:02:50 ID:0nVLr5aQ0
>>5217 前者の質問は選択できます。 後者の質問は敵陣営にしてみれば強制されます。

>>5218 >>5219さんの回答+あくまで権利ですので、先制しない事を選択する事もできます。

5220 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 00:59:36 ID:0nVLr5aQ0









    , 、  '1 j  l|
   γ' 1、   |!    l,                  ,、                         ャ――z
   |l1 ij}   |i !,                     } ヽ、                       /  /
    Y|l     | ; , ,                   __ --‐ノ ,-、',            lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
    jN!  , ,; l ,ヘ               -‐: : : : : :/  (_) ヽ、.           ∠,,、 -z    ,r――― ''"
   ,/ |j  ,j  |! l };             i´: : : : _: : : / -‐―-、_jハ ヽ           、 '"´,、ィ   /
   l  ,  /!  _|! {! jし、. ,....   __rィ_,ニィ´ >_ゝ_ _ー-   〉: : ヽ     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
   | ,;! /ソr=キzN三7 ,l!.   /、 < /´\ 了77`ヽr<⌒>=、<ミ: : : :. 、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
   ! , {三三Z卞ヘ三三入}!   ゝ ハ  j: :Y / i: : /i:/l:`ヽYヽ ヽ-、: : Y| ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │
  , |! 1三「´       弋、. ヽ/   /:  ̄/`i: 7 Tj、l: : : j l: ヽr‐、ヾ`..゙'´    / /l/.     ,/,_ |
  ,'  , 7Zソ   ■      .i!  7  /:j: :lィr=‐'≦、j: : :イ T ̄`j: :<  j  }..  //       l_,'" | .|
  |N 三7    ■     ノ1. / /i| /i :|iハY:j::ソ  /:ノ/ィz'ュ: : /i: :l:!T )´          ;‐i         {_,l゙
   ! {{Z     ■    !三}} . ノi: :!|:/ l: :|! ´ ̄  /´ノ/´ソ !7:/jl: j リ Y        lニ ニl
   , 三,    ■     VZく..゙j: :l:/: |i: :i      , `'' //ノ!:/ノ ノ        〈/!_|
   ! YZ    ■      三}}、..i/: !:|li: :ト   ,イ≧ュ、/ノ: イ/:j/、X.       ;‐i         |^l
    /∧  .  ■   rfZ三≠-゙: :ヽソ:ハ:} \ `ヾ三三≧ュ、: :ハ  ヽ.    lニ ニl       /'''',,,," 彡
! ,!  '}}三Zz     ,.イ三「 ̄:/:人!ヽ!从:j )!   Tリ: `7>ミ三≧ r 、__ \.   〈/!_|         `゙^ _,| │
\ドヘ、 , \三Zzz,_ノf∨{Y' -=ト、_ゝ ´ヾ、/ノ  、 ト、ノ!/イ/ ! `ハー≧‐-ヽ‐ゝ、           ,/,_ |
  }}Zヘ、_, ̄⌒ーヘ ,.    イ}`ヽ `ーイ `ヽー- レヘ `リ-rヾ ノ j了r、     ヽ          l_,'" | .|
       :::::::::::       r': :`ゝ ',       \  ∨  ト-'、ヽ ` ヽ、_    ヽ.             {_,l゙
       ::::::: ィ ̄ヽ    }: : :`-'ヽ,        ヽ !   ハ r': : i      `T   i
     rー-‐´,ィ , 、´⌒ヽ 人: : : : <_,ヽ       /ミー、  ヾ)_:\   r |    !
      `ー7Y j/ r'r、 ハ ト、:ヽ: : : : }`、_〉、 rュ  イ三=ァ=''ミヽ r、ヽ: `ヽ l:ハ   j、
      / l ) j i }'  i: : Y ヽ: : \: <r'ヽi| |!´: : : ヽ/ l| ヽ,`|iヾ,: :ヽ: j l: : ハ   !',
        {_/ `´`7 T´ ノ: : :ト、: : : : : : ヽ Yi|! {l|i: : : : `ヽi|ヽ  \ヽ: : : Y j: : : :ハ !
          /  l /: : : :i: ヘ:_:_:_: : /i: :,´: :´: : : : : : : :´ヽ  }<ハ: : :ノ/: : : : : ハl ',
         /   !/: : : : : i l: ヽ! 7、 !: : ゝ-: :_:_:_:_:_; '-≧‐-'='、_:_:ノソ: : : : : : ハ  i
        /  | / : i: : : : : !|: : ヾ, < ゝ、_,, -‐=´ / ̄` イ、/: : :j: : : : : : : :ハ i
       /   .!/: : :l : : : : : !: : : :トr)  Y\__,,イ  `´   {_/イ: : :!: : : : :i : : : :ハ i
.      /    / : i: j: : : : : : : : : :.イ    レ/ 〈、_ j / ̄ ̄ ̄`---!: : :l: : : : : l|: : : : :ハ!
      /   /: : : j/ : : : : : |: : : :ノ   }/  } 7 !`ー=‐-、   l: : |: : : : : : !: : : : : : {
     /  /: : : : l/ : : : : : : l: /,イ   r'7 /‐'ー/ |ー--===≧__j: :/i: : : : : :j: : : : : : : !
    /  / : : : : : /: : : : : : : :i/    /イ /、__/  |´: : `Tー--、 >,:l : : : : / : : : : : : l









.
5223 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:07:18 ID:0nVLr5aQ0





                    __.. -- ―-- ..、
          /  ̄      >.:::;:'´   ./::::::::::::::`ヽ
           ./       /::::/   ./::::::::::::::::;ィ"´ \ ___ ___
          /  /  ̄ y'/:::::/     ,.:::::::::::::::::/   / /_     \
       /  /    //:::::/     /::::::::::::::::/    ´  / ̄   `ヽ  ,
        /  /   __//:::::::;   ./::::::::::::::::/    / ,      /  /
      ./  /   / , ,::::::::::!   /::::::::::::::::/    / /       /  ./
      |  ,′ /  ! ::::::::|i|   i:::/!::::::::::;'    r=ム--、\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
      |  !  ,.  !.i:::::::! |   レ' .:::::::::::!   /    / .≫                               ≪
      |  |  |  |.!:::::::|     |::::::::::|    {    / ≪   ?!?!!!?―――!??!            ≫
      |  |  |   リ:::::::;}     |:::::::::::!   `ヽ  /  / ≫                               ≪
      !  |  |  人:::::::!     !:::::::::::}     }_ノ  / /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      !  |  |/  ヾ:::{_   r'´ {::::;:=-ー ニ=/      /
     ノ  /  ./     .}ゞ=ミ  `ーt≦=--彡/    > ´ |
    /  ./  /     {ノ:::八.  r'  ゞ;:::/    > ´     .
    /  /  /      `ヾ{  ! !   // /ヽ |  !{   !
   ./  /  /           ノYY 、.{ィヘ// ./!::::::::}.|   ヽ  '.
   ,  /  /       ∧/r'. ゝV }'/  /ノ  }::::;;ィ |    ',   ',
    /  /       ノ    ヾ/  /   ..:イ:::::::{ヽ   ',   i
   ./  /      トv'     /  /  /::::::/|:::::::! ヽ  i   .!
   ,  /        }     /   /ー- イ. : .:.:/,.::::::/  }  人   .|ー- __
    /    ,ィ"´ | , /,  ./ /.:::ィ   _ノ::/レ   |  .} ',  {    `' 、
       /,    Y ./ / ,.::::::r´   ,.:::::::/   _ノ!  /:::r、  ',      ヽ
       / ,j   //./ } ./:::::::|    /::::::/  ,ィr'´ /  /::::{    }         ',
     ./ /` ./ ../',.  ! /:::::::::{    ,.:::::::/ /  /,.イ /:::::::!   ./
     / , /  /::::::::.ヽ、 {::;;::::::::ヽ__ノ:::::::::{/  // .//:::::::::j  /        ,
    ., / ./  ';:::::::::://///////`ヽ::::ノ  / ./__,.ィ||:::::::::ノ ./           ',
    ./ ./ !.   ヽ::::://////////{  ';:::`ー! /::::::::::|!:::::/./            ハ
   / /  |    >{//////////ゝ. }::::::::!'::::::::::::::|::;イ / /            / !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 《心無い生者の囁き》により敵陣営は【運】を選択!

┃ バーサーカーはこんらんしている!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【敵陣営ステータス選択】

   バーサーカー陣営は【運】を選択!

   ・バーサーカーの《怪力》不発!

    1手目【運】: 自陣営:50  >  バーサーカー陣営:0 で自陣営の勝利―――!


   現状:1戦力の優位

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


※行動安価 ↓5

2手目、自陣営が選択するステータスは? (【運】以外)

タイム@1


5228 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 01:08:50 ID:l8IuXUwk0


5229 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:15:07 ID:0nVLr5aQ0





. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´                       ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__      .,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙  ̄ |!i州i州i州i州i| :     ´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´         |!州i州i州i州i| i             `'''ー、、
  _..-'"゛ _..-                   |!i州i州i州i州i∨|                  `'ゝ
'"  .,..ッr'"                  |!州州州州州州i!                  ヽ
.., ''ソ゛                     i  |!州i州i州i州i州ii|
゛ l゙                  i! |!州州州州i州州i|
. !                      |∨州i州i州州州i州i!
  ヽ                  i|!州州i州州州州i州i|
.   `'-、、,....ト   /`ヽ..    |!州州州i州i州i州i州i|                _..-'´
      `''. | i / /..     |!州州州i州i州l州l州i|.         _,,,.. -‐''"
        | レ' /   __j|_|!州州州i州i州i州i州i|.  __ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,/  く       ̄/「 ̄        ォ  ォ  ..        '''''''''''''''''''''''''''
.  `゙'''' //1 .へ.\    / l|  _j__  才 i州i州i州i|  三゙゙..........---;;;;='   ._,,
'''ー ...,,,`   | |   \\        /|. 州州州州州i州i|     -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-. | |    \\... i! |!州州州州州州i州l州i|.       _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,|_|     \\.|i |!州州州州州州i州i州i| i.¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,..
'―-- 、..,,,,_、 . ̄''-.. ,,_、.\ヾ....州州州州i州i州i州l州i∨|...ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄ '''''゙゙. |l州州州州州州州州i州i州l|
                  |l州州州州州州州州l州l州il|  !
                  |l州州州州州州州i州i州|州l| i!
.           、          |l州州州州州州州州州州州∨|          /
         \         |l州州州州州州州i州i州|州i州i|
                     |l州i州i州i州i州i州州州州州州l|     /
              \ _ノ,'州i州i州_州..|!州州州州州州|     /
....   く>         ヾ<州州州州/Υ 〉 !|州i||_州..|]i州l州ー '´/
                    }l州州州 〈_::」/  :!:i:州〈/州i州l__州州l {      /
        \、    /,州i州l_州州州...:|.:|:州州州i_ノ::::\\州、ヽ. __/
.            \ー '州州..「::::://州州. :.:|:.:.v!:州州i \::::://州州ー州 (       /
.             ) )州州 〈::::://州州 : ::!:.: .:|: :州州州i ̄州州州i州州i州iー '/
   \ 、    // l7州州 ̄州i : :|: :: :!: :. :|: : :州州州州i l>州 il州l州l州iフ∠/
..    \ー 'i州i州i!州州州州州..゙: : :|!: : |..: . :l : く]: . i州州州州 !il州州州//
.        \\州州il 、〈〉州i . . : <>!|: :,' .:: .: | : : !: : !州州州州ノiリ州州// l7
.          ):.:\i|l八:.\_ 人 )、 : : ノ.:V.: : .::.: :!: :人 八,、 ノl|l|/ : ノ,、 /: (
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【自陣営ステータス選択】

   キャスター陣営は【魔】を選択!

   ・キャスターーの《法力》発動! 【魔】+20!

    1手目【運】: 自陣営:50  >  バーサーカー陣営:0  で自陣営の勝利!
    2手目【魔】: 自陣営:90  >  バーサーカー陣営:40 で自陣営の勝利!

   現状:2戦力の優位

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫





.
5233 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:19:19 ID:0nVLr5aQ0





                  ー―== ニ  ヽ
                     ` ー-ミ_ ゝ
                     ,  -‐…‐-=ニ   \
                 /: : : : : : : : : : : : : `ヽ  \
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : :‘, |! \             ! ヽ
                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i i! ‘/,〉           :   :.
  _             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' V//-i        i   i ´!
     `ヽ        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   / : :7          >   ノ
              〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>< : :_/        {  /i 〉
          \    \: : : : : : : : : : : : : : : : __; : :イ: : : :,ィi´i:i}          ´
            ` ー-/i辷=- r‐‐-: :イ⌒7´ {: : :.厶イ /ノ: ノリ
      `ー-‐<   /    ̄⌒ー- i辷ニフT「代り 乂 〉イ
            /              / 八i:}     _,.!
                       / ,イi ノ     ´,/_      , ヽ、__
   ゞ、       ‐-         / (. /iイ  7 ー=行三三ニ==/,-、_}i 「i
     ゙ ー -         > -=彡イ   )イ;乂`ヽ/__    ̄ ̄二ニて_` ¬,八_り、    ―――たたみ掛けるわ。
.   _ 。. :+*:゚⌒ー-=≦   ァ 彡ノ, /  /   /几:(乃、     `ヽ、
       _辷⌒ ー-=イ / / (      _/几⌒: : : ヽi         7   ,′
.      ノて/      {(        / /几⌒: : : : : : : :マ辷- ミ  /    /
    、-=(                /几⌒: : : : : : : : : : : :}`ヽ : : \   /
  ゙㍉               /   辷て :{: : : : : : : : : : : : : : : :.i.: : : :‘,./
  ゚:。、                  /": :从 : : : : : : : : : : : : : : : }i: : : : !/、
  . ::.: .               /     ,( (: : : : :∧.: : : : : : : : : : : : ィi7ノ: : : :.| i
   . : `*,             辷⌒ 人: : : :.:(\ : : : : : : : :/ イ  `ヽ/  〉
    . :. :ゞ。      / 辷=-て⌒: : : :\ : : 辷_ー-「辷 / ノ {i   Y /
      . .: ゚ :+: …ニて⌒ー ′: : : : : :.≧=-- >-‐=彡イ  |   _ノハ
         .: . : _: :_: : : : : : : : : : : : : : 寸ニ //  ,  ,'   :!/´: : : : 〉‐:- ..
        。*'゚´     ` マニ=-----<_/ニ/=/  /  i     :7 : : : :∧:、::::::::::::::...
    . : ゚           `ヽ: : : : : : : : : : : : :  ̄辷__{-- ‐=彡: : : :/: ‘,::ヽ:::::::::::::::::`ヽ
  , :"_                 丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : >‐-: :.:-: ; ': :_: :}:::::‘,:::::::::::::::::::.
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
○法術: A++
   [DETA]  【魔】のステータスが選択された時、自陣の【魔】に+「20」の修正を加える。
          敵陣にサーヴァントや「属性:悪」、または「怪力」等の霊系、魔物系スキルを持つキャラクターがいる場合、
          次に選択された敵陣のステータスに「-20」のペナルティ修正を与えること。



○高速詠唱: A
   [DETA]  【魔】のステータス比較で勝利した時、10点の魔力を消費する事で使用を宣言する。
          次に選択される【魔】以外のステータスでも「法術」や「対魔力」の効果を受けるようになる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ ※ランダムステータス選択安価↓5  ◆ShhZDwPLIc

┃ 酉の中にステータスが隠されています。
┃ 1~4の任意の数値を選択してください。

┃ 「高速詠唱」を使用する場合、その旨も記入してください。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





.

5238 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 01:21:14 ID:.cYTtuH.0
2 高速使用

5242 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:26:37 ID:0nVLr5aQ0






: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒)::::ノ.        Ⅵ,
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~...../  {  ,. -- 、  }.∧
 : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"{   ー 尤ww- '.:::::}                       ::: : : :~へ: :
     y. : : : : : :):y'"~)             ゝ-/ }{vwwv_彡                   ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒ :
.    : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r..__  イー:../ =-、__/ ハ                   :::::::::::::::::::::,:' :~ { :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~:ノ:::::'".   ,. -──=z{::: }}  ∨: : }                     :~''”~: ..、. . : : : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :...=ニ ̄ 〃 -、ヽ }j /\_ ヾ、 ー _                ,.......⌒: : . . {,,... : : . :
: : : : : : : : : : : 、  ´  /∠_ヽ Ⅵi {::::ー::::::::::(_:::::::Y::.〕iト、.. :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.   ∠__ -ミ、Y/::::|=z_:::::::::__彡'L_ ``゙,. '": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒. /=彳ミメ、 ゙,′:::リ    ̄.:::::フヾ=ミメ. ~へ: :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. .⌒ :~':" : .  y: ⌒.:
 : : : : : . .: : : :,.~ '~ く  __ \ ∨ }::::∧    ¬::´.::::::}..゙:" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { :
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'. ノ  /,ム  ∨ /::/:::::i   、 :::「 ,...゙,:' :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
     y. : : : : : :):y'"~)..\ く‐ ミ「|zz、} {_/::::::N゙:~.. :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . :  :
.     : : : : : : : : : : :⌒ソ.r-x ^「i,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 選択安価は「2」―――◆ShhZDwPLIc……筋耐敏宝

┃ よって選択されたステータスは【耐久】!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5246 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:32:09 ID:0nVLr5aQ0






\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                               ≪
≪   ■■■…■■■■■■■ーーーーァ!!    ≫
  ≫                               ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


                 \   /  l:::::〃ト、        ∠⌒        ,ィ
               \ ̄`  /     !::::!i:::::リヘ   -  ̄/{   i゙,ミメ、  ,  //
                 _>y ハ     l:::{!:::/::::,ハ     ′!  | ト、\ . / }'  /
                ̄ /   ゝ     !:::::::::::::;:ィ}    i  l  | .l\ ./:/  /
                ∠ -z   〉   l:::::::/}/:|   |Ⅵ  ゚, l l,ィヽ,′ ,:'
                  //7/   〉:::o:.、 i::/ 彳:::リ   l ゚i  V /   ,'  /イ}ィ,、   _ -
                 ト、    l 、ムイ 〈 ー--‘,:{ {r vイ     l /|  ,'   , '   /   _  -‐  _
               Vム   l ‘, j/},ハWWWWY^!}}| Ⅳ ̄;/. l   {`ー‐’  / >'    _,. ´
             ‘, \  l ‘,∧)Ⅵi、ⅥⅣイリ  ,ハV  .|       `´     / {
         、    ‘,   \l   /.::i弋くマ{jノイ// {.    /    _ - _   く
          ヽ  _   ‘,      / .::::::;:l:ヽ\ .i::://  〉   {    ,二ニニ二,   ``ー _
.            \ > 、 >、  /..::::::'´:::}::::\ヽイ/  {    j    ̄二二二二 、 \__   >
                \  ≧xY´ ``  __;: - 、 / ,::::: 乂_/     -二ニ二-丶__ ̄ィ´ ≧=-
             /,: \   :L>-     ,x==ニニYノ ̄       ) ̄ ̄    /  ∠ィ
.            / j:{  \ /       /二二二/    _/  /、_     /   ∠
            ′::/    {         {ニニ=/   /z_ー ´   ≧==≦   //
          {イ::/ / :八         ゝニ=/ _,. <   ≦___彡Z_,.   _,.斗≦⌒
              Ⅵ, '    \         {/           / /  ̄  ,'\∧
          _,〉{      ∧           八        /_,.ィ   /  :/  \',
         //}.       ハ\      ,. >--  -<  /   {  ∧     丶
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ・キャスター、《高速詠唱》により【耐】+20!

┃ ・バーサーカー、《法術》により【耐】-20!
┃  ただし宝具の効果によりペナルティ修正を「10」点まで打ち消し、
┃ 戦力の優位を得たので勝率に+30%!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【ステータス選択】

   ランダムでは【耐】を選択!

   ・キャスターーの《法力》発動! 【魔】+20!

    1手目【運】: 自陣営:50  >  バーサーカー陣営:0  で自陣営の勝利!
    2手目【魔】: 自陣営:90  >  バーサーカー陣営:40 で自陣営の勝利!
    3手目【耐】: 自陣営:30  >  バーサーカー陣営:50 で自陣営の敗北!

   現状:2戦力の優位1戦力の劣位

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【バーサーカー宝具】

   [DETA]  戦闘時、自陣へのペナルティ修正を常に「10」点まで打ち消すことができ、
          ステータスの優位を得る毎に勝率に「+30」%の補正を加える。

          ~以下詳細不明~

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5250 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:37:16 ID:0nVLr5aQ0





【5.勝率計算・判定】


                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}    ―――オン―――。
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_
             //:::::::::::::::::::::ヾ::{:/::::::::::::}::::::::::::::::::/   {   ハ
           /  {::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ  ̄ ̄     ⌒) }}ゝ-、
      , =--- /   |::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:∧       (⌒  リ _.ノ
    ./     {     i|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::∧        ,r'  / <
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 3手の比較が終了したら、最後に勝率の計算に移ります。
┃ 戦力の優劣による下記の表の通りの勝率を得て、
┃ 互いの戦力値合計の差分だけ、さらに勝率が増減します。
┃ この時、スキルや宝具等で勝率に補正を掛ける事が出来ます。
┃ そうして導き出された勝率を元に、安価で勝敗を決定します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

<戦闘判定表>
  3戦力の劣位 =勝率+0%
  1引分、2劣位 =勝率+20%
  1優位、2劣位 =勝率+30%
  2引分、1劣位 =勝率+40%
  戦力引き分け...=勝率+50%
  2引分、1優位 =勝率+60%
  2優位、1劣位 =勝率+70%
  2優位、1引分 =勝率+80%
  3戦力の優位 =勝率+100%

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


.




.
5256 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:44:00 ID:0nVLr5aQ0









 γ  ̄ ̄アボキャ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  不空なる御方よ   |
  乂_________ノ




                                                  γ ̄ベイロシャノウ  ̄ ̄ヽ
                                                  |  毘盧遮那仏よ     |
                                                   乂_________ノ





                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄マカボダラ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     |   偉大なる印を有する御方よ     |
                     乂_______________ノ



           γ  ̄ ̄マニ  ̄ ̄ヽ
           |   宝珠よ    |
           乂______ノ




                                  γ  ̄ハンドマ ̄ヽ
                                  |  蓮華よ    |
                                   乂 _____ノ






                   γ  ̄ ̄ ジンバラ ハラバリタヤ ウン ̄ ̄ ̄ヽ
                   |      光明を 放ち給え            |
                   乂_________________ ノ








.

5257 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:46:48 ID:0nVLr5aQ0






||:|:| | |                 :: ::.::.::::::::;;;;;;;::::.::.::.:: ::)                       | | |:|:||
||:|:| | |    | ̄| □□  /       :: i::.::::::::::;;;;;;;:::::::.:.:;: ::                        | | |:|:||
||:|:| | |    |  |__//       :l i:.:::::::::::;;;;;;;:::::/::!.::                    | | |:|:||
||:|:| | |    |   __|         i .:l i::::::::::::::;;;;;:::::::::::::i ::            、             | | |:|:||
||:|:| | |    |  |               ;l i:::::::::::::::;;;::::::::::::::; l:              \         | | |:|:||
||:|:| | |  /|_l           //|l i::::::::::::::::;:::::::::::::::i l;             \\        | | |:|:||
||:|:| | |  ((           ((   |l i::::::::::::::::;:::::::::::::::i l:               \     .| | |:|:||
||:|:| | |   \            \ |l ;::::::::::::::::;:::::::::::::::i l| \      くl  /|         | | |:|:||
||:|:| | |    \\    ウ     |l i::::::::::::::::::::::::::::::::i l|  ))        / /      \ . | | |:|:||
||:|:| | |      \\          |l i\: : : : : : : : : : i l|/  、     く_/       )) | | |:|:||
||:|:| | |          \     /  |l i : :: : : :: : : : : : ::i l| i  、\               /   | | |:|:||
||:|:| | |         \   (   |l i: : : : : : : i l|  )  \\       //    | | |:|:||
||:|:| | |    .     /   \   \! |l i : : : !: : : :.i l| /       \     /         | | |:|:||
||:|:| | |      /           |∨l i: :   : |:   :  i l| i         )) /    .    | | |:|:||
||:|:| | |    ((            |l i \ :  :  : :/i l| |      /   /             | | |:|:||
||:|:| | |     \       / |l i  \     /  :l∨!i   /              | | |:|:||
||:|:| | | .       \     // |l i        /     i l|  /                 | | |:|:||
||:|:| | |            /    |l i              i l|     ,                  | | |:|:||
||:|:| | |           ((      |l i            i   i l|!   ,  く>           | | |:|:||
||:|:| | | ,          \     |l i  i       | /i l|         /,              | | |:|:||
||:|:| | |   ;    .\   \  |  i|l i  |            i l|    / /  /      .     | | |:|:||
||:|:| | |    \ )\_ノヽ.人_从|l i                i l|人ノヽ._从/( /         | | |:|:||
||:|:| | |     )\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;从 l ,             人.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;./(  .        | | |:|:||
||:|:| | |    /)\.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヽノ(_人人 从_)ヽ'_)\ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/(\   :      | | |:|:||
||:|:| | |       )ヽ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;. ̄ ̄;:;:;:;:;: ̄ ̄:;:;:;:;:;:;: ̄.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/(          | | |:|:||
||:|:| | |         `)ヽノヽノヽノヽ/ヽノヽノヽ/ヽノヽ/ヽノヽノヽ/(            | | |:|:||

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【勝率計算】

○基礎勝率:-15%

○戦力値比較:2優位1劣位:+70%

○戦力差:+80

○スキル・宝具修正:-30%

○最終勝率:105%!!

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫





.
5260 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:50:43 ID:0nVLr5aQ0





                            _/ ̄ ̄ ̄ /
                          _r/ //⌒ヽ  / ̄ ̄\
                     ノ〈 / /    / /       \
                   __{⌒\ {__ `ー'′/          \
                <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
                   ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
                  | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
                  N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
                     |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
                 /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /   ――――――。
               _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
          /    く/.     \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|
         /.:.:   く/        .rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
       . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
       ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
       く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
        |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
        |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
        |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒
                ./     メl|   |:|〈.  Vソ    /___
               /    メ{ヘ. ..:〈/i7 |         〉:.:.:.:.:.:.:\
                 /    メ{   >―{\{    _r<{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ___j    メ{   {⌒  \ }ー‐{ _,,イ\_:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /    |    メ{   ∧_/  ミ==彡  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ./     |    }{    |   〈_{  {{ }}  ノ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       |     |    }{      }  \_ノ⌒´/ ∧____/ ̄ ̄´
       |       ノ|    }{         /   / / .∧:.:.:.:.:.:.:.:\
      ./|    .メ/|    }{__/ ̄ ̄ ̄     / / ∧ :.:.:.:.:.:.:.: \
     / :|     /⌒ ̄ ̄ ̄                       ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \_
    ./     /                        /. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /
   ./}       |     /                    /} ̄|  }ーrーrー' 7
   }__/      |    ./        ⌒>、__   イ_{   |  ⌒⌒⌒⌒
    V       メ|    〈         /   /    /_{  /
   /{      メ}.ハ                    ___/{_{ ̄ ̄|
   }__\  メ}/ {              __/{_{_{/      /
    }_}⌒}\{_            ./{__{_{/         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 確定勝利の為、トリップ式の勝率判定は省略―――!

┃ 戦闘を終了します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5262 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:54:15 ID:0nVLr5aQ0





      /             /    ヽ   ヽハ
     /           /i     ヽ.  i彡i
.    ,'     / Z ,イ / ! ハ‐、‐- 、 |彡|
    i   /  /  i i i i/ .|  i l 、、 `ヽ   |彡|
    i /  /.i il i i.ilハ |  l i ヽヽヽ.i.   ハ. i~'    今見直すと【耐】、10点計算ミスってましたね。
    レ' i  / ! lハリ__i_ヽi  V,.===く |   l |
     | /  i iv'´ ̄ `         |   i ト、    まぁ、今回は大体の流れを掴んでもらうための戦闘なので、
     リ!  Kノ             |   l | ヽ
      |  il、      ___    ! i  il |      今更差し替えたりはしませんが。
__      .|  li ヽ、   「      !  ィ  !  ll |
ヽ ヽ    |  ハ ハ>  _i、   .ノ .イ i! ハ  リノー‐
 ヽ ヽ   レハj レ' ヾ i__ ! ̄   ir レハ/ ! /
  ヽ ヽ    !   ,.-'´ |i .ノ    / 〉ヘ  レ
   r'  }  ___,.イ   .|i !   //.  ヽ
_ノ´ ̄`ヽY´ ノi    .|l l //     〉、
     .ノ./ .|     .|l レ'/     /  ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ はい、という訳で本日の投下は以上になります。
┃ 魔力消費のルール等に関しては次回までお待ちくださいです。
┃ 明日は投下できないと思うので、次の投下は31日になりますが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5267 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 01:56:31 ID:0nVLr5aQ0





             , - ‐ - 、
         ,‐-v ´:.: : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: : : : |: ::|: : : :.:.: :| : : .|:.:.:.:.:ヾ゙:::‐ 、_
      /: : |: : :|:.l:||: |:l : l : :| : : :|、:.:.:.:.ヽ:::::::/
.      |: /::|: : :|: l:| |:|::ll:__l::.:.|:.:.: |ミ 、:.:.:.|::::<
      |::/: |: l: _l,,_:| .|| ´l_ _`lト:.:.|ミミミ-:|:::::ノ
      |/|:.:|:.:.l´ .`| .| ´l ::`lヽ:.:|:.:.゙゙ ´|ヽ|´
      | .l:.:|:.|:.:.:r‐‐ト   ヒ::ソ|:.:./゙):.:.:|:::l-
       |: :|: :|ハ、 r ヽ  /::/ノ:.:.:.:|‐‐ゝ
       /|: ||: レ ゞヽ、_ イ::/: : : /::| .r‐i
      //;ゝイ ; ;.;.;.;.;.|///ム、:.:/:.| / /
     //; ; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.|´ / /\リ-.l .l
    /´; ; ; ;.;./;.;.;.;./;.;.;.;.| /;.;.;../:f´   ヽ
  /; ; ; ; /;.;./;.;.;.;.;/;.;., イ;.;. ;./  f し   )
/; ;|;.;.; ; ;./;.;/;.;.;.;.;//  ̄ー/  |  |ヽ  /
;,; ; ;|;.;.;.;.;./;.;.;.; ̄___>    //   | ./;.;.;\イ、
;.;.;.;.ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;/      ヽr   r‐゙;.; ; ; ;.\\
;.;.;.;.;.;ヽ;.;.;.;.;./        | 丁 ̄;./;. ; ; ; ; ; ;.;.;.;.|
\;.;.;.;.;ヽ;.;./         > /ー;.;.;.;.;..;.;.; ; ; .;.;.;.|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 最後に触媒で召喚されるサーヴァントのデータだけ見て、
┃ 今日はお終いにしましょうか。
┃ さぁ、どれか1個選んでくださいね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


※安価↓3

1.《宝石のついた高価そうな護符》
2.《腐食した金属片》
×.《古びた着物の切れ端》
4.《歪な木の化石》
×.《謎の高僧の骨》
6.《砕けた壺の破片》
7.召喚に触媒を用いない。


5270 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 01:57:01 ID:l8IuXUwk0


5272 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:00:00 ID:0nVLr5aQ0





                      ,. -‐ァ   ̄` 、
                /  /        \ーァ
                 /,       _」_ \ ヽ
                /  {      / 八{\ }   ゝ
             {i /     / /{ 代リ  )ハ、 }、___ノ)
                乂_____∠. イ { ゝ   、/ヽ/く⌒´
              /}     /  ハ { ー  ハ,从 j、\
             //   ,  /   /∧ゝ_/ {`ヽ)⌒ヾ
               //  /   /  :{ {\\   ハ
           //: /    /ハ   乂  `'ーく__ \_____________
             //:/   // ∨7'ー=>=ニ=ーx-ゝ-く⌒ヽL「``'ー'⌒ヽ
         //    //\_/∧-=ニニニニニ〉   〈7、 \
        /  / //ニニニニニ{/ニニニ/       ヽハ \ __,
.      /  //  ハ{ニニヽニニニ/ニニニニ〈        `⌒゙`´
.      /  //{ /ニニニ}ニニ>=ニニニニ/}
   / / / {ニニ}/ニニニ/}/ニニr――ァVニ{
.  ,  ./  /  /ニ{i\ニニ//ニ<三/、__,/7ニ〈
 /,/   { /ニニ{乂i ̄ くニニE/ニニニ./ニ/
.//:′ ,.>=ニニニ/{    ノ>-/ニニニ/<{
{/ {   /ニニニニ/ \.{  /ニノ{-/ニニニ/ニく,          ⌒ヽ
{ rー'{ニニニニ/ー=>: ':´: ̄: : :Vニニニ/ニニニ>____ __,.ノ{_____
{\`T⌒'ー―',. :':´ : : /: : ://ニニニ/ニニニニニニ/ー----- .,_\
.\ ヽ\_,.. :'": : : : :/: : : ::/〈ニニニニ{ニニニニニニイ: :\        `ヽ
.  `⌒{: : : : : : :/: : : : : /: /ー-- 、ニ}、ニニ>:'": : : ヽ : : ヽ         j}
      \: : : : : : : : : : :,: : :〉ー-、 ∨ : : : :ヽ : : : : : : : } : : : }`ヽ      ,人
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――私の本当の触媒は“黒のバーサーカーの迷宮”。
┃ その中からマスターと似たサーヴァントが召喚されるみたい。

┃ この辺りは“円卓の木片”と同じだね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5274 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:00:51 ID:0nVLr5aQ0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のバーサーカー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】タロス                  【レベル】80              【アライメント】中立・狂
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20      【耐:D】20     【敏:E】10      【魔:A+】60     【運:E】10     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】巨巨巨   【魔力】240/240   【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

                            ト、
                ´ ̄ アニニ=‐ァ<
                ´      ´     }`ヽ ヽ、
            /   /             \
          ′ /     /  {    }    ヽー=‐'
.          ,′/  // / /{ / }     }  :.  '.
     `ー-=ニニ´ / { {  {/‐-ミ、 }   ハ } :.  .
  {、       {/  r‐{ {  { j.ヘ{  }   / _} ハ  :. }
  ゙ー--=ニ二´ ^ア { i ; {  忙茫¨ヽ}:i /   }`ヽ  :. }
          / / ,:{ //{  弋_ツ   jハ{ ,ィ笊ミx}、 } }
          /  / 冰{{  {     { {:ツ 'ム }∧!
.       / /  / /ハ{\ {     {   ハ :}ヘ}
      ,/ / / , /  ∧ ヽ     ゚ ヽ イ  } }  }ヽ
    /{  {  ′ /  / } } ,.ィ}}≧z  <i: \  イ   、 \
. / 八 ∨   , '   ' /ニ〈_〉三ニ} :  }  j}  } '.   \ \
'´ /   \Уノ'   /  ̄ '′  __>=┴-、'  ,ハ }、   `  ヽ
./   / イ\_. イ ‐-、 , -‐ /  ∠.ィ=―’`ヽ  } `   .    ` 、
 ////:ノ  }::::::::::'.     .⊥../   }     : ノ ヽ     `  .     …‐-
´/  {'._У  /:::::::::::::.`ヽ、  /  ム -‐'       }_  \         …‐-  `ヽ、
    { { , <:::::::::::::::::::::::::::`:{ /   }―{}‐{}‐:::'^´:::::::{_   \           `ヽ
.  /:\{'  }::::::::::::::::::::::::::::人{  ノ:::::::::::::::::/.:::::::::::::::}`ヽ、   、
  {::::::::::ハ ハ :::::::::::::::::::::(二二二):::::::::::::::/-‐::^´:::::::.\ \  \
 /\::::{  \ 〉::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::{:::-‐:::::^´::::::::::.ヽ   、 丶
/   `7`ーzx゙/^ヽ:::::::::::::_{{___::::::::.\____.:.ィ::´/   \\   \
 /  / {/.::/  /.::::::ィチ::::::{{::::::::::::::::`^:7=-ヽ     {::/     ヽ丶   ヽ、
./  /  /:::::\/`ヽ:::::{{:{{::::::::::ヽ:::::::::::::::::/.::::::ィ’\   :′     } \   `
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
○狂化:B
   全てのパラメーターを1ランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。
   元々自我の無い自動人形だったバーサーカーは、狂化することにより自我が芽生え意志疎通が測れるようになった為、
   このスキルの効果は例外的に「狂化」を解除して完全な戦闘機械に戻ることにより発揮される。

   [DETA]  戦闘の開始時、このキャラクターの全ステータスに「+10」の修正を加える。
           この効果を使用した場合、バーサーカーと同じ陣営のLvが40以下のキャラクターは「メイン」「サブ」に参加できない。
           さらに戦闘終了後に消費する魔力量に+「20」点する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5275 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:01:18 ID:0nVLr5aQ0

              ,.  ´      `  、
       \ー---‐ '"            ハ
           ≧          ヽ          \
         /         }          ,
         /        ,ハ  }\  :{  \   ′
.       ∠..,_/    / |   }-‐ヽ‐{  V∧   i
       ⌒7    -/‐ |  ノ.芹弐k   ゝ、\ {
        / ,    /ィ=ミ}/  弋りV  :} j:} `'ト
          / /   /ハ代り,:      }   ハノV |
.       }/ 〉  / /イ       /  /イ  〉 |
        〈   ,/ /ハ:、  ´   /  ∧:{  /i  |
          \  〈////>--イ{  /./ /: i  |
.            ヽ {///___: : :_:ノ人 {/ /、: :|  ,
          /ノ j/´   /ー、  〉>〈/´ ̄ヽ. ′
.          〈  ノ}  i,/i    //  }    :i、 \
     rー―く// :r={___./.ニ|  {/ イ    { \.  \
    ノ二   V ./:}三二ニ≠=={    ノ====ー┴、:ハ   ヽ
   /ー‐    V: :}==ニ二三三{/ }三二ニニ==〉:}ヽ   ,
  ,:{_r-、      〉-、三二ニニ=={___.ノニニ二三三/ : {  ,   ′
./ /} ー\__,/  /\ニγ⌒ヽ〉 〈二二三三/|: : :|  ′  :!
 /  ,ハ__.ノ{  /ニニ=\乂__ノ{ .ノニニ==イ: : :|: : :|   i  :|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○巨人の力:B
   一時的に筋力を増幅させる。巨人のみが持つ攻撃特性。
   使用する事で筋力をワンランク向上させる。持続時間は“巨人の力”のランクによる。
   巨大な自動人形であるバーサーカーは疑似的に巨人の力を再現できるが、現在は宝具の効果で封印されている。

   [DETA]  1ターンに2回、このキャラクターの【筋】のステータスが選択された時、「+10」の修正を与える。



○魔力放出(炎): A++
   武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
   膨大な魔力はバーサーカーが意識せずとも、灼熱となって体を覆う。
   さらにバーサーカーは自前の銃(っぽい投石器)により魔力を弾丸にして射撃攻撃ができる。

   [DETA]   戦闘時、このキャラクターの全てのステータスに常に「+10」の補正を加える。
           また、「サブ」で参戦した場合でも上記のステータスは半減せず使用できる。



○神造の身体: A+
   鍛冶神により造られた完全なる自動人形。
   このスキルの所有者は、常に筋力と耐久と敏捷がランクアップしているものとして扱われる。
   さらに環境を問わず傷つくことない肉体を備え、、肉体的ペナルティを跳ね除けるが、
   現在は宝具の効果により人間の少女の姿をしている為、効果を発揮できない。

   [DETA]   宝具の効果中、このキャラクターの【筋】【耐】【敏】が常に「+10」する。
           さらに戦闘時、自陣へのペナルティ修正を常に「10」点まで打ち消すことができる。



○機神の咆吼: EX
   バーサーカーの纏う灼熱を掌に収束して超熱量の熱線として放つ必滅兵装。
   対城宝具級の一撃であるその攻撃をまともに受ければ、どのような防御も紙より容易く蒸発する。
   現在は宝具の効果により機能を封印している為、使用できない。

   [DETA]  このスキルは「対城宝具」としても扱い、最低でも「1戦力の優位」を得ているか、
          敵陣が「対軍宝具」以上の宝具を使用してなければ使用を宣言できない。
          自陣の「戦力値」に「【筋】+【魔】×戦力の優位数」のボーナス修正を加える。
          この時、敵陣も「対軍宝具」以上の宝具を使用した場合、最低でも「2戦力の優位」を得ている物として扱うこと。
          この効果を使用した場合、80点の魔力を消費すること。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5276 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:01:54 ID:0nVLr5aQ0




                      >‐=≦ ̄`` 、
                    //   ⌒\     、
                  /    ¦         :,
                       i   :|L  i   \  \
                 :   |  /⌒:,¦  |: |\_\
                 | i i ハ / 弋ソi||  |: / /「 ̄
               ノ | i代ソ|    ||  |:′/ハ
                  乂_,ノ || |i: |`  ' /  /  /i i
                 {  || |i7||≧:r个/  厶| |i
                 {  || |i/||从リ〃⌒¨¨´ :}  |i
               \|L|i/∠二{{ー-  _____;}  ||i
                  _L-ニ二ニ}!二ニニニ,′ ||l:.
            _  _rニ二二二二二ニニニ′ || ::
          _ノ-{´  |ニ二二二ニ/二二二′ | ::
      _ -=ニ二二{___マニニニニ/ }二二ニニ′ :i |  :
    /{ニ二二二ニ=-‐マ\ニニくX>二ニニ′ /| : ¦
   ∧  マ=-  ̄      }\\ニ<{{二二ニニ:  i-| : |
 _,/  }/      ハ    /.......\>{{、ニニニ/  |/| : |
ニ/ ,ノ      / ∧    {ー-....._}'/{{/\,二′i :| l| : |
-{_{J.〉、____  /ニ- _:,   ヽ........./V|{/////i :| :| l| i  |
`マ//\___/V}ニニニ{≧=≦|........._/'}|/////: :| :| l| |  |
...//............../..../ニニニニマ¨¨¨:}-‐....... }|`ー‐一':, \V ,′ |
/〈.............././ニニニニニハ   |.........._...}!....'"...../..\ | i  ハ
\//〉__// ` マニニ/  :, 「 ̄........j|......./../:::/} i|   /| |
...〈//ーァ′    ` <    V..............ノ′/.......::::/ :} |   '/| |
............./           }`ニ‐く..........-‐......"......::::/ .:} |   '/| |
........../         `⌒Lノ.....__,,. -‐   ̄{ { :} |  乂.|
∠../              ̄        { { :}    \]
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

ブレーカー・エウロパ
『自己封印・青銅巨兵』
ランク:A  種別:対人宝具  消費魔力:0

   バーサーカーは巨人と同じ大きさだったとも、人間と変わらないサイズだったとも伝えられており、
   これはそのうちの人間サイズ、「かつてのバーサーカーの主」の姿を模した形態。
   嫉妬深い女神から主を守護するためにバーサーカーは鍛冶神より数多の機能を与えられており、
   「主の少女の姿」に変身することで、女神の矛先を誤認させることも機能の一部として設計された。

   少女の姿を取っている間、筋力、耐久、敏捷のステータスが3ランクダウンし、
   さらに神造の肉体とそれに由来する能力の一部を失い、霊体化も不可能になる。
   しかし少女の姿は神の目を欺く為に造られただけあり、非常に高度な隠蔽能力を有している。

   [DETA]  この宝具は常に効果を発揮している。
          この宝具の効果中、このキャラクターは【筋】【敏】【耐】に「-30」のペナルティ修正を受け、
          「巨人の力」「神造の肉体」「巨神の咆吼」を使用不可能にする。(適用済み)
          この効果中、バーサーカーは霊体化できず、同ランク以下の看破系スキルか宝具がなければ、
          バーサーカーをサーヴァントとして認識できず、ステータスも透視できない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5277 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:03:02 ID:0nVLr5aQ0





                                     __
                          ,., ...          / Y!
             r=ァー  、     ,. ..:.: : :: /.|  ̄`>、/   !|
            ∨ヽヽ  ヽ__ ,.:. :.:.: .. / |.\/   >、 ィ〉〉
                }:::}iト}ー {>r. `v┐: : _V 」/} .\/  .\./〉
            {::::}} 〉─.〉 厂   l__ {ヽh}У  ト ヽ/^ヽヽ〉             ′
                }::/:Уー / / 〉 n Y´} }込ノ} \ | / /   〉〉            /
              ̄∨ _Vヘ〈 {_}.〈_/.く   `Y´l / 〉   // \          /
          ,.:.: :.:.:. ::厂 ̄ヽ}___/〉〈ゞ\  ノ.〉〈_ヽイく{\( )\_       ./
            ':.:.:.: :: . ′Y   l〉 Y〈 { ト\_/7´_  }三//:::::ヽ/ ヽ     /
           ..:..:.: :. :. ::l r ー \ト、}厂ヾミ}=}∠二))==ァ ァァー、::>く ハ  ./    ′
         '..:. ::. :.:.:.:.,`.T〈_   ト \ /〈 〉ー‐{   / //:::::ヽ:ヽ }ソ ./     .':
       ..:.: :.:.:.:.:.  ´ ./ ヽノ  \.\._}_{二}} }一 ∨/   /_/ー、./      ./:::
    ... :´ :. :.: :: ´    .\   |    /ヽヽ人_ イヽ_〈く ̄`Y´ ̄ ヽ/      ./:::::
  ...':.:.:.:.:.:.. ´        、く \.ト ./:::::/ァ=ァ 、 \_ >-=ミ}    .{     /::::::::
  ,'.:.:.:.:.::.:.:.'       _<_/ヽ /::::}ヽ:::/::Yrくニミヽ〉        \  .∧.     〈::::::::::
 .:.:.:.:.:.:' :.:.:、     /:::厂.\  Y::/イ|_i::/{_} }_} ヾ〉        /ヽ { \   }:::::::::
.;'.:.:.:.:.: 、 :. :. 、  ./:::/::厂 ̄} <__                ト 〉{__ヽ /:::::::::
:.:.:.: :'   ` ..:.:: : /:::/::/  / 二二7/ー....、             |_ /  /{_{_{_}厂 ̄
.:.:.:.:. -‐=   ̄〈:::/::/ /   /  ./ ヽ::::}:}             く 〈_〈 ィ::::::::{ヽヽ /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

 イーコール・タロス
『青銅神血・巨神変生』
ランク:A++  種別:対軍宝具  消費魔力:70

   鍛冶神ヘパイトスが造りだした全長18mに及ぶ青銅の人型機動兵器。
   あらゆる武器を弾く神造の青銅と、巨体を生かした怪力は如何なる英雄であれ太刀打ちできず、
   常に全身に帯びた灼熱を収束させ熱線として放つことができる。
   さらにその身を走る一本の血管を流れる『神霊血液[イーコール]』により魔力が随時供給されるため、
   たとえ損傷を負っても即座に回復する不死身のタフネスを誇り、半永久的に戦闘可能。

   しかし踵にある釘が弱点であり、それを抜けば動力源である『神霊血液[イーコール]』が体外に流れ出してしまう。
   このことを知っている者はこの弱点を狙う事により、タロスを撃破することができるようになる。


   [DETA]   この宝具は戦闘の開始時に使用を宣言できる。
          『自己封印・青銅巨兵』の効果を無効化し、全てのスキルが使用可能になる。
          この宝具の効果中、バーサーカーが習得しているスキル全てを同ランクの対人宝具としても扱う。
          さらに1戦闘に1回、選択されたバーサーカーのステータスを「バーサーカーの【宝】の数値」と同じに変更できる。
          バーサーカーは例え戦闘で敗北しても令呪の消費無しで撤退が可能となり、
          戦闘終了時の最終的な魔力消費量が「半減」される。

          ただし敵陣が「弱点」を知っており、かつ「1戦力の優位」を得た時点で
          その戦闘中、この宝具の効果で撤退できなくなり、「神造の身体」「機神の咆吼」は使用不可能になり効果を失う。
          また、「弱点」を知られた状態で自陣が敗北した場合、5ターンの間この宝具は使用不可能になる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5278 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:03:50 ID:0nVLr5aQ0


                .., ;.::::.、 ,.:;;:::::::`:;;.:::,、
                  `゙:;: ::,,  ゙ ;:'... , ゙::`: .,、  `;.、
                 ゙、:::..,, .;::::'"      ゙:: ;..;' .::';
                    "::;;: ::....,,           ';
             _ , ,;" ,;;, .:: ..: .,.;          . :;'   _ __
            |\ >、 、 ,,; :;:::..."           . .:;_   //\ ∧
            | /  \"、'",;::. .        . .://  .//   \!
            y     >、 ,.;,"::::.... .    . .:/// __//     /ヘ
            / ヽ  ./ 」 `;:::, :';゛;:::.. .  :_」 /:// //_/ ̄ `ヽ.∧_
            〉  .X ̄ \";;.:;,,;:,"´> ::;;"l ∨:/ 、. ¨/ /  /∨ 7
             「У^ヽ \   > ´ l  {ヽ、|./:/ -」二l‐--r―r': : : : Y
          「 ./: : └ヘ/^Y´ lヘ ̄ヘ 「 `ゝXl:/ /   ∧  |_l:_: : :ハ |_」
            Y : :ハ: :_:_ レ.|  l:::〉  .〉ヽ、《く::::〉} .―/ /  |_]コ: :V:|
        __」__//_/: :`l !  l/:-‐=个ー込イ ̄`ヽ /   」ト、 !;_;_;_;_」ト┬─── ─ -、__ _ ,rfくハ三Yニニニニニ二]
   ___ イ≧ニニ∠ ̄7⌒Y7ーっィfテ三7三三三三三《ハ ,ヘ/::::::::;ハ \ 」 」_____ _l」ヽヽヘ:ゝ-->=イ―――――'
   └ァ //\/7¨´ヽ.__〈 〈ヘヘ、A{三/<_ イヘヽ、__,/  マ:}::::::::< ヘ∨\二二,ヘ__]|  !ハ`つノ  ̄
. 〃ヘ ヽイニ二〈 /: : : /込ム」_l」メ〉.了 :-―く]_人_/-/__.   \:::::::<  ト、∨〉―=__/   」ト、 ト┴'
. /  ヘ <二ニ=イ;_;_/        ./∨  //  /_ィ' //   〉   \_/\! ヽ}'    `Y¨¨           /〉
/   ∧<二ニ='           .」 \〉-、 「l::::::::::::Y⌒ヽ、/、         `ー=  ̄           _/ ./
⌒ヽ  ∧           __/  /:::::::::::¨::::::::: (⌒>/ \ー、                   /  /
ハ |    |          /、 >'´::::::::::::::/ヘ,-、::::::=-〈-、‐=く!Y:∧                   / ./7
: :| |   |        _ / /::::::::::::::::::::::::\l Yヘ::::::::::::::::::`ヽl」 /∧                 __/ / /!
: :| |   |      / ./ ¨´`lヽ:::::::::::::::::::;へ} ∨|::::::::::::::::::::::/ー--〈^ヽ                / / /__/|
: :| |   l     _/  /、__/ 」、:::::::::/¨   ',   ト、:::::::::::::::Y =--γ(⌒ヽ            // ./: : : :,'
: :| |   |   //⌒} }ヽ   ヘ V/    \」  ̄\:::::!、 ̄`Y > \ \      //  ./: : : :/
: :| |   | // /// `/ ノ              \::::\ /\ >´ ̄ヘ    //   /: : : :/
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【Wepon】
「無銘・巨大投石器」
   青銅の巨人の武装の一つとして一緒に開発された巨人用の二基の投石器。
   バーサーカーの魔力で灼熱の弾丸を固定化して放つ為、基本的に弾が尽きる事がない。
   着弾と同時に目標を爆砕する危険な礼装であり、連射可能。
   投石器と呼んでいるが機構はむしろ現代でいう銃に近い。  投石器と何だったのか。


「拳」
   青銅の拳。大きくて固い。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5280 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:05:10 ID:0nVLr5aQ0



                   __
               ,、__( ̄_ .. -‐ ⌒ 、
              /       ⌒ヽ    \
         /            :,       ー-=ァ
          ∠/       i     i   \: . ,__/
          ′        :i\  l     \ \
         i :     :|  ハi⌒\| :  :   \⌒
.          ノ i  : /j  /  ^笊ぃ: i  i 、   \
.       ∠イ |   :ィ笊(/   弋ソ | :ハ  :i  \   \
        ,:八  ハ弋ソ '     |:/  :′:   \ \)
.       / :/∨八/   、   ア /V  :/  i :   \ \
      / /i :  /ゝ .  `   //  /   :i  :  :、 \  :,
.      ,/ / : /    :|≧r /  /''" ̄`ヽ :  \   ヽ ′
.    /  / : /   /-┴7 /    /       _}_:   \ ノ }
       {  : ,:  /   / {/   / ,. -‐=ニニニ}:     \ノ
      /乂__{:  /ニニf⌒ヽ{∨ /≦ニニニニニニ}:  i   ヽ
      ,    {ニ{V }/⌒{ニ <\{ニニニニニニニ{ : :i   :,  ,
.     /    〈ニ{v ,ノ ニ{_r、 :{\>_ニニニニニニハ. :  i   :i  ′
    / /   }-[二{  ノ┘ニ\} {ニ≧xニニニニニ} : ¦   |   i
.   / :′ /},ノ ,ノ´ ̄}ニニニ{/} {ニニニ\‐¬冖マノ :  :i   i  |
  :  i / //\_ノニニニ{__乂\ニニニー-ニニ}/  ′  :   :|
  i /, //二二/ニ/ニニニニ) \ニニニニニリ  .′  , /  :
  |/ / //乂二/ニニ|ニニニ∠.ノ^\\ー---=彳 /   //  ,′
  ′/ //   /|ニニ/\ニニニニ/: :\:\\:_:_:_:/_ /   /'′ /
 ,′/ / ′ /: /:|二/: : : i\ニニ/\: : :\:`ー--ァ¬=ミx:/  /
. ′.′ / //: /: :|/:i : : : 、: :\/、: : : :,_:_:_:_:_: / ., ′ :/\(
┼┼=彳://: /: : :i: : :|: : : : :\: : : : :ー-: : : :_://  /   )
┼┼=彡'/: :' : : : |: : : 、: : : : : : :ー-: : : :_: //  /
人 :、 ./: : i: : : : :、: : :\: : : : : : : : : : /∠ -‐ '゙
.  \\\: | : : : : :\: : : :\: : : : : ;. -‐ '"
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【解説】

   古代ギリシャの機動戦士。クレタ島の青銅巨人。
   無数の輝ける英雄達が乗り込んだアルゴー船の冒険で登場し、
   船に乗ってクレタ島に近づいた彼らを、一度は島からの投石と熱線により『正面から』撃退している。
   力押しの不利を悟った英雄達は、裏切りの魔女メディアの眠りの魔法や
   ポイアースの強弓で弱点を射抜く等の絡め手を用いてようやく撃破できた真正の怪物。

   性格は純真無垢で疑う事を知らない。生まれたての子供のようなもの。
   自我を与えてくれたマスターの為に恩に報いたいと思っている。
   自我が無かったので聖杯への願いも呼ばれた段階では特に無い。
   マスターとの関係次第で受肉したいとか、弱点を消したいとか、
   マスターに振りむいて欲しいとか色々湧いてくる予定。なお少女の姿の時も踵が弱い。

   なお召喚の触媒は黒のバーサーカーが展開したラビュリントスそのもの。
   黒のバーサーカーとは同じクレタ島の出身であり、迷宮も同じ製作者説があったりする。
   また少女の姿であるエウロパも黒のバーサーカーの祖母であるなど縁が深い。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5281 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:06:08 ID:0nVLr5aQ0





                          ,.,.,.,.,.,.,,,:,:,:,//
                    .,.,.,..,..;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;///
            _,.,.,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/. //    _
         / ̄/  / ̄ ̄|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;/  .//   / ハ
   .,.,.,.,.,.;.;.;.; / ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄└┐.;.;.;.;.;,;.;〈  ..//  //  ハー┐
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;,,-、/ ,-ー、 ./      ̄| _.;.;.;ヽ ...//_ / ヘ   ハ l                      o
.;.;.;.;.;.; - '": : :::`´: : : ::\       ヽ `ヽ〉 |/ 、  ̄ ̄// ̄`、|           。
.;.;.;.;|::::::: : : : : : : : : : : : : ::\       .ハ`┐〈 // ̄// ̄/ ̄ ̄',',                      ・  o
.;.;.;.;|::: : : : : : : : : : : : : : : : :::\_ハー- 、_ /`ー、_ゝ //  /    〉〉            。   。    。
   `' 、:::: : : : : : : ::::___/二>-i二二ニニ>-──_──、 //___ _ - 、  o ・ 。 。   o   ゚     ゚ ゚
     ` 、 __: : : : ::ゝ 、 ,,-ー〈────────´´ /,ー< ̄〈`ヽ`、ヾ、`> 。゚ 。   ・  。 ゚ 。   o  。
         | :\/::〉-ーヽ/ `ノヽ___/ ̄ ̄三三}「| {  ゞ< ̄`、ヾ,`´::::..  。  ・      o  o 。
        |:::: : : :/ Y´ ̄ヽ_,/ . ___/ ̄ ̄`ゝ o ヽ ゝ /..::::::::::::::::::::::::::::::...
       |: : : :/  `>ー-、__/ ___/ ̄〉ー、/i ̄。  ゚:::o:::::。::: ::。゚::::::::::。:::
          |: : /    \__/`ー<___ 〈 ̄ .ノ ̄   |  。::::::::::゚:: :o.。:::゚::::o:::::::::                o
           ̄         ヾ: : : : `ー----`ー´ ̄ ヽ,,-ー'''\ :::::::::::。:: :゚o:。:: ::::::::::::::::
  。     。       〉::::::: : : : : : ∧__,,,-─〈     \:::::::::::::゚::: ::::゚::::::::::::::::::::         / ̄\
    。     o.---─'''´:::::::┌ / ̄',ー─、_/ .\      ゚:::::::::::::::::::::::。:::::::::::          /  /ニ`、
         / ̄\: : : : :o 。 \',(O)〉__.,-┴-、\      ::::::::o:::::::::::::::::        /   //   |
          〈    〈:::: : : : : : : : :::ヽ .〈o./ ̄\   \..\_,,--''">::::::::/ノ       /   //    /
          / ヽ∧ ノ\ : : : : o: : : : : ∨ ̄ ::: : : \ o \. ',  (ヽ ,,∠ミ`ー、      /     //     /
       /    /   \/ ̄ ̄ ̄\ :::::: : : : : : : ` 、_/〉. ',   `Yニニ二-ー´   /     //      /
      /',   ノ   __/     __>: :: : : : : : : : : : : ,〈 ̄\___/        /      //     /
    /    ̄    /      / ::: : : : : : : : : o: : : : : / ',   \          /     //     /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ レムリア・インパクト
┃ 「機神の咆吼」使用時―――。


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5285 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 02:11:48 ID:0nVLr5aQ0





             、≧=-  ´     `ヽ ノ}
                 \__,/ /  ____ 、__ノ
               // / /´      :,
        /}  /: / / ∠,___/  ./  }
.        / / '´ : / ./ /芯k /   /   :}
       / /{ / : /  /}__/  __/}  ,/ ;
   ,. -―'、_/ヽ{_ /  .イハ 、⌒´芯k/// /
.  /, / /  /ニ{ー=ィ⌒{└‐ ゝ _,. イ´/⌒(
 〈 { {__L. {,.く、/ニ{   ̄`{⌒7/ __//
 /{ーて,_ノ  /ニニ\    }  '  / /
. {ニ\__ ィ /ニニニニ\ { <r-rーァ'′
. {ニニ//ニニニニニニ{ ノ^ / /
. {ニ//ニニニニ{{γ⌒ヽ}={\/ {
⌒´:く≠{ー-<ニ△乂__ ィ{ }ニニ7 {:,
./  }ニ//////\ニニニニ{ }ニニl { :.
 / ヽ{,////////\ニニニ}/ニニ,   :,
/  ////////////ヽニニ{ニニニ〉 :  ,
 /,//////////////∧7乂ーァ´ i  ′
 ∨/////{//////////ハニ}:⌒{  {  |
./\///.ハ///////>'´∨  {  {  |
: : :/:\/: :'∨/>i'": i: : : i: \/}  |  !
/: : : /: : /: : /: : :j: : :i: : : i: : : :ヽ  :| .;
、: : : /: : /: : / : : /: : ::i: : : i: : :/} /| ′
. `'ー-、:/: : /:,: -┴ー-}___/ニ{  j / :}/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 全長18~30m、巡回機動で時速約120km。
┃ 戦闘機動時はアルゴノウタイとの撃ちあいを制する熱線放射。

┃ 魔力消費? それぐらいのハンデ無いと本当に一晩で終了しちゃうよ?

┃ ―――そういう訳でおやすみなさい、マスター。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5291 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 16:47:29 ID:0nVLr5aQ0









                                                       ,./
                               _          !          _,._ィ/
                             '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
                        i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
                        l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
                        ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/
                        ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
                          `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
                           ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
                             `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                                 __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
                                └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
                                 fr、}f トr<ャvァ::rニ、「lr‐ャ| |‐< r′
                               /ト''_)!_7c゙{ ヽ∧j_l:l_|j_|〉,くj_|゙l_{_ソ
                              /:/      ̄(_ソ  ';:::;'
                            //             V
                           ノ/

                      【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】










.

5292 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 16:51:36 ID:0nVLr5aQ0





      /             /    ヽ   ヽハ
     /           /i     ヽ.  i彡i
.    ,'     / Z ,イ / ! ハ‐、‐- 、 |彡|
    i   /  /  i i i i/ .|  i l 、、 `ヽ   |彡|
    i /  /.i il i i.ilハ |  l i ヽヽヽ.i.   ハ. i~'
    レ' i  / ! lハリ__i_ヽi  V,.===く |   l |
     | /  i iv'´ ̄ `         |   i ト、
     リ!  Kノ             |   l | ヽ
      |  il、      ___    ! i  il |
__      .|  li ヽ、   「      !  ィ  !  ll |
ヽ ヽ    |  ハ ハ>  _i、   .ノ .イ i! ハ  リノー‐
 ヽ ヽ   レハj レ' ヾ i__ ! ̄   ir レハ/ ! /
  ヽ ヽ    !   ,.-'´ |i .ノ    / 〉ヘ  レ
   r'  }  ___,.イ   .|i !   //.  ヽ
_ノ´ ̄`ヽY´ ノi    .|l l //     〉、
     .ノ./ .|     .|l レ'/     /  ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 色々考えましたが、とりあえず題名はこれで決定で。
┃ 今晩はまた出かけないといけないので投下はありません。

┃ まぁ、それだけでは何ですしまたデータだして雑談でもしましょうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5293 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 16:52:09 ID:UtY1XIEg0
タイトルきたー

個人的には「心無い」だと別の意味に見えるかも


5295 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 16:54:19 ID:0nVLr5aQ0





.   : : i:.i:.:.:.:.ii;.:.:.:.i:.:i,ヽ;.:.:.:.ヾ;,;,;,;,ヾ;;,;ヾ>-:.:.:丶i:.:.:.:.:.:.彡彡i;;::::::::::::::::::/ :
   : : i:.:i.:.:.:.i:ii;.:.:.:ii;.:i, ヽ;.:.:.:ヽ,ヽ;.;r-i'''i,'''、''''ヽi,:.:.:.:.:.:i--、:.:i;:ヾ,----" : :
.   : i:.i;.:.:.:.i.:ii;.:.::i.i;.'y′ `ヾ、:.ヽ、`' i_,ノヽ-i  i:.:.:.:.:.:i,/ 'i.:'i;::::ヽ、: : :
   : : i,:ii,:.:.:.i:.:i,'i;,;,i'ヾ;i,,,_     ̄  i,'ヽi´ i  i.:.:.:.:.:.i  ,!:.:'i;::::::::ヽ、
     ヾi'i;.:.:.i:.:ヽヾif´i, iヽ、      `┴''''´ .i.:.:.:.:.:i  /.:.:.::i;';::::::::';ヽ,
  ノヽ    ヾ;.i,.:.:ヽ ヽ ヽi,`i'、      / / /  .i;.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:i;:':;::::::';::ヽ,
  ヽ′  .  i:.:ヽ.:.ヽ、ヽ__,y''      _, -、   i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.;.:.:'i:::'::::::::::::;;ゝ
      : : .i.:.i.:.:.:.:.iヽ ///  ,_,,.- '´  ヽ   i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ii;.:.:i:::::::::::;f´
       : i:.:i:.:.:.:.:.i:.ヽ、    ヾ、    ,!  ./´i,:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i::'i,:.i::::::;;;ノ
.      : : i.:.i,:.:.:.:.:i.:.:.:.:'i.-.,,,_  ヽ,____, ノ //.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.;!-'V'''''"
.        i;.:ii,:.:.:.:.i;.:.:.:.:i;.:i.:.:. ` -.,_______,/r'"  i,:.:.:i,;_:.:.:.;! : :
        i:.i i,:.:.:.:ii;.:.:.:.ii;.ii,:.:.:.:.:.:.:.,ゝ: ;/   _,r',ri:.;i':.:.'':-',,_____
       : : .i;! i;:.:.:i i;.:.:.:i,i;iヾ;.:_/:i |''"  _r",r":.:.:`:.:.:.:./:::::::::: ̄'''''':-.、
           'i;,:,i .ヾ,:.:i,_/ i:.:.:.:i i  //.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::/,:-":::::::ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――という訳で人がいらっしゃるか分かりませんが、
┃ 触媒データかもん!です。
┃ まぁ、安価おいておけばそのうち誰か取ってくれるでしょう♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋




※安価↓3

1.《宝石のついた高価そうな護符》  難易度:ノーマル
2.《腐食した金属片》          難易度:ノーマル(イージーより)
×.《古びた着物の切れ端》
4.《歪な木の化石》            難易度:ややハード
×.《謎の高僧の骨》
6.《砕けた壺の破片》          難易度:クリアしてみろ
×.召喚に触媒を用いない。


5298 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 16:57:16 ID:l8IuXUwk0
4.《歪な木の化石》

5299 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 16:58:30 ID:0nVLr5aQ0





                          __.. - ''  ̄¨7
                          r'´   _,,,∠
                     _ .-└- 、∠´_ ノ豸
            _.._-_''_三_`_〆´        ⌒ミZナ 、
         , .‐'´ ヤ⌒ ー、/       、  ヽ  ゞi`ヽ、
        く     \彡イV   / / ,' ハ  ヽ  ヽ、 \ _
         \ !  ,>Zンi   / / /j j ゙i,. - 、 }、\ゝ、\
          ゞLくイ  ,イハ  !r'/⌒//  | i }ト!  ト 、 `' !  \
           / ヽ /ミ|ト| ,ィ|_ムノ_/   Hゥt}i  ト、`''ー┼ … 1
           /   X/!∥ V|| Yi'ー|,`    ヒレ ハり\\  |   |
         /    ミジ〃| |   ! ll`¨´     " 八j  ヽミi !/^ゞ
       /    V   l|  i.ll|、   ,ー⌒'く从|\_  i
      /  _  |    !l゙i   .lト!|ハ>':´::::::::::::::::` ー 、 ヽ亅
     /,.‐'´  ヽ亅   l、\ 刈ヽ\::丶:::::::::::::::::::::::::「::ヽ、
     '´            斤リ:.:.:.:.:.:.\::\::::::::::::::::::::i!、:::::\
              /⌒V八 `へ、:.:.:.:.`、:::丶、:::::::::::!::l::::::::::::\
              〕 iへ;;__`ーく >- 、_{::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::丶
             〈ン ┤::::::::::\ く〔   〕-:ー::…::-::::、 ::::::::::::::::::::}
              匸 l , -- 、_`一ラ'´::::::::::::::::::::::::::::|1`'ー_-、::j
              じ.{:::::::::'::´:::::ノ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \i 丿
               Xl::::::::::::::厂::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::|ト, 、 ヽヽ
                |:::::::::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|!. U \ソ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ >>5293 命令次第でいくらでも非情な真似もできますし。
┃       まぁ、命令次第で本当に心無い人はマスターの側になるかもしれませんが。

┃    それはそうと『歪な木刀の化石』ですね。少々お待ちくださいねー。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5301 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:00:27 ID:0nVLr5aQ0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:スペクター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                  【レベル】60             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:B】40      【魔:D】20     【運:C】30     【宝:-】-
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】霊霊霊   【魔力】180/180   【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

        /
     /                       \
     / //                  \  \
    .// /        ハ  ∧    /|   ヽ    \  \
       /  /    / ̄| |` |   | ヘ  ハ     \  \
     /  /    /  | .|  ヘ  .| ヽ  | |  \    ヽ―ニ=-
     | /|   /    |/   ∧  |  ヽ ヽヘ \\\
     |/ .| /| |彡三ミ、   ヽ |    \| \ \\\\∧
     ′ | | .| |     ト--、/ 彡三三ミ、 |/∧γ\\| ∨   ―――召喚された時のデータだね。
        リ | λ‐- _, ' /  ゝ       }|/ /|  } \|
          |∧         ヽ―---― ′|//  /\\|     名無しの亡霊だけど、マスターの為に精一杯頑張るよ。
             | \    丶 _         イイ '//|\ \|
             ∨ \           /|/∧∧/ | ̄ ̄
          _.--―――\     ,   '   .|/ イ \|
        |::::┌─‐‐/ ∧―    「 ̄ ̄ ̄ ̄ |
        |::::│ { ̄`―-ν-‐'  ̄|::::::::::::::::::::::::::|へ___
   ,──┘::::|   |    //      .|:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/
  /:::::::::::::::|::::::: ̄入   | |    .―|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
○気配遮断: A
   サーヴァントとしての気配を絶つ。探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。
   ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

   [DETA]  戦闘の開始時、「不意打ち」として扱い、最初のステータス比較を自陣から先に行える。
           敵陣に 同ランク以上の「○直感」や探知系スキル持ちがいる場合、「不意打ち」は発生しない。
           また、1回目に行われるステータス比較で、敵陣に対し「-15点」のペナルティ修正を加える。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5302 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:02:27 ID:0nVLr5aQ0


    \                        \ )ヽ
       >                        ∨ }
ー==≠´      ー==≡ニ二..__            リ
 ``  .,     /       >─==´   /          〈
     _,.≧彡 /   /  ー─=≠彡           ‘,
ー=≠'//////   /  /‐</ /        /       ‘,
 ⌒\/////  /厶イx伝=ミx \/ /   /イ  ,  |i  ハ
    .>/,厶イイ  }/ Yしィ心 Y/ /  /厶=| /   リ|  |ハ
  ー=ァ///,ハい  ャ弋ぅ必ノ   / /,x=ミx.| /   /│ |i八}
.     //////,乂     、 `¨´   )/ んィ心 Y   '  | |
    厶イ以ィj//八     ー─='⌒Y)弋ッ必 リ   /  八リ   1900年前で木刀持ってた人?
     ,{⌒刈从イ ∧        人 `¨´ ,/  /  / /
   ,x=}   ` <      -  、       ーァ仏イ/| ∧    いや、そんなの皇后陛下の兵士に一杯いるし何とも……。
'"    \     \\       `      イ/: : }/ :}/  \、
: : : .    \     \>   -=≦}: :{{: : : :      \ヽ
: : : : .      \     7厶イ ̄`<|: : }: : : : : .      \\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】
○彷徨える霊: E
   英霊でない亡霊が強引にサーヴァント化したせいで生じているシステム障害。
   現界を維持する為には常以上の魔力を消費しなければならないが、
   その存在の不定さから、ある程度任意で姿を変化させることができ、戦闘以外の判定で有利な修正を加える。

   [DETA]  スペクターが魔力の消費量を計算する際、自身のLvを20高い物として扱うこと。
           また戦闘外で判定を行う際、魔力を5点単位で消費することで成功率を「±消費した魔力量×2(最大30)」点できる。



○魔力放出: D
   武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
   彼の場合、出力が足りずに魔力が薄い霧となるだけに留まるが
   それが彼の気配を惑わすジャミングとして機能している模様。

   [DETA] 最初のステータス比較の際、魔力を10点消費することで、
         他の全てのステータス比較でも「気配遮断」の効果を適用できる。



○合気: A
   世界と自身の気を和合することにより、森羅万象の活動と調和することを目指す武術。
   極まれば相手の力を取り込み利用することで如何なる攻撃も防御も無意味な物にできる。
   Aランクなら達人と言っても構わないレベルで習得している。

   [DETA]  1戦闘に1回、【筋】【耐】【敏】のステータスが選択された時に使用を宣言できる。
          選択されたステータスで敵陣が使用した数値的な修正を全て無効にする。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5303 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:05:15 ID:0nVLr5aQ0










.     //ァァ  ァァx,_
    /          ≧=-
-=≦⌒/           ̄
/    /
/,  /  /
/ /, /     {  \\
  l { /| |.  |  :| \ '_.
  | |l(_{ ト、  ト、 :|>≦ト、\
  | |ハ`ヽヘ|∨r,ィ7示ト\\
..|.从 v' f示yハ| ∨弋tソノⅥリ
.从!.ヘ{ 弋ヅ r,‐-く    , 厶イ
.ⅣVヘト、 -―'   __  ̄ ,r///j
 ! jハヘ込、  ´一 '   .イ///|/
    r≧x> .   .イ/1//|{
_, ‐'ファ>x.≧x,マ´// l|厶
 /.〃   ||气_廴_\ ’∨\
  〃l    ||  |.\气{\ '(\
    /   || /∧ \廴 ヾ.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――ここまでがコミュらなかった時のデータだ。
┃ 牛っころ相手ならワンチャンぐらいあるだろうし、
┃ 最悪令呪切らせればそれで構わん。

┃ ……で、真面目に戦ってやっても良いと思えば。こうなる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5304 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:06:38 ID:0nVLr5aQ0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アサシン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】倭建命                 【レベル】80             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A+】60      【魔:B】40     【運:C】30     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】倭倭倭   【魔力】220/220   【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

          γ        ____
         _λ 入     へ ___  二二==--
      / ̄     \      >――-  、
    / イ       >―――----      ̄>
    ///    ヽ    ヘ\  ヘ       λニニ=-/////////////////////////
      / /  | ∧ヽ  ∧/\\ ,―-- 二ニニ==-////////////////////////////
    / /  λ { ヽヘ\ ∧/r夂イ   \ヘ ヽ///////////////////==ニ  ――---
    //i  ィ ∧ ト ≧ヘ \ヘ ̄       \\}///////////////////////>
      i ハ ∧i弋 zi    へ       厶' ̄/////////////////////`ヽ、
      |{  i i∧ヽ ィ             / \/入\/`ヽ、 ̄ ̄ ̄`  ―----ヽ
        リ   i i 人      __      ∧  ∧/| \i ̄ ̄
            リ λi.\  ´      /     ∨‐ ,r――――-------
              \      /      / //:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::∧
                   ヽ__ イ       / ///:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::∧
                //  ∧  ./ ////::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                //   /∧/ /////::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                //   //// //////:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          //   ///イ  ////////::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         //   ///// /////////::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
        //   /////////////////:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
       //   //////////////////::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
...   //   ///////////////////:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
...  //   ////////////////////:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
○気配遮断: A
   サーヴァントとしての気配を絶つ。探知能力に優れたサーヴァントでも発見することは非常に難しい。
   ただし、自らが攻撃態勢に移ると気配遮断のランクは大きく落ちる。

   [DETA]  戦闘の開始時、「不意打ち」として扱い、最初のステータス比較を自陣から先に行える。
           敵陣に 同ランク以上の「○直感」や探知系スキル持ちがいる場合、「不意打ち」は発生しない。
           また、1回目に行われるステータス比較で、敵陣の全キャラクターに対し「-10点」のペナルティ修正を加える。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5305 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:08:38 ID:0nVLr5aQ0

   _, ......                    /  . イ           .ヘ
:::::::::::::>'"                >'" . イ   /      i  ヘ ヘ
::::::::::::>'"   __     _ ,.....::::::>'" -‐'     ./ ./ //   .j i 7', ヘ
:::::, イ__, -- フ  , ... -‐:::::::::::::::7 _i:::/ /     /  / .//  ≠7 i i',',\\
:::::::::::::::::::/ ィ'´:::::::::::::::::::::::::::::i ', ン ,  y  /  //=、// ≠' / 7 ! i:|  `ヽ、
::::::::::::::::'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i /// // .ン〃弋Zフ¬   ハ  / .7', .! .i.!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::フイ7://≠ 〃.//  ̄ ///ij: ヘ/7:7 ハ.i リ
::::::::::::::::::::::::::::::::::>-イ::::::;;::::;:::7 .// i:! イ 〃     イ    ヘ:7  .ヾ
::::::::::::::::::>'"´‐ /:::;:イ≠ /i::| 〃 :レ' ,              , イ7
:::::::;:イ´   ./イ´≧---'-、ヾ       ヽ         _, -‐ jイ i,'
イ´     彳 ,、/: : : : : : >-、>、 i    ::> .        /
          /: : : : : : : : : : : : >、\   ヾ:::/ >  _/
       ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ ./ヘ_
    . イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\\ヽ .',>.、
 , -‐'": : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ ヘ: : :> 、
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ヘ: : : : :> 、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\: : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ ヘ: : : : : : : : : ヘ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○神性: B
   神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
   天照大神の直系。サーヴァントとしては最大級の神性スキルを持っている。

   [DETA]  戦闘時、このキャラクターの「基礎勝率」に「+20」%の補正を加える。
           さらに同ランク以下の「○○の加護」の効果を無効化することができる。



○神殺し: A
   幾柱もの神を打倒した者に与えられる特殊スキル。
   「神性」スキルを所持しているキャラクターに対して常に有利な補正を得る。

   [DETA]  「神性」スキルを持つキャラクターが敵陣に居る場合、
          「神性」の効果を無効にした上で自陣の勝率に「+50%」の補正を加える。



○合気: A+++
   世界と自身の気を和合することにより、森羅万象の活動と調和することを目指す武術。
   極まれば相手の力を取り込み利用することで如何なる攻撃も防御も無意味な物にできる。
   合気の太祖として伝えられており、A+++ランクなら魔力や運不運といった概念的な物すら取り込むことが可能。

   [DETA]  1戦闘に1回、ステータスが選択された時に使用を宣言できる。
          選択されたステータスで敵陣が使用した数値的な修正を全て無効にした上で、
          同じ数値をプラス修正ならば自陣へ、ペナルティ修正なら敵陣へ与える。



○日本武尊: A+
   倭の国で最も強き者に与えられる称号スキル。
   同ランクの「無窮の武錬」に加え、筋力、耐久、敏捷のステータスを1ランク上昇させる。

   [DETA]  戦闘時、このキャラクターの【筋】【耐】【敏】のステータスに常に「+10」の補正を加える。
           このキャラクターが受けるスキル、及び同ランク以下の宝具によるあらゆる数値的ペナルティを無効化する。
           さらにランダムステータス選択時、任意のステータス一つを選択肢から除外できる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5306 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:09:51 ID:0nVLr5aQ0

               / イ/      /  / /!    /:j   .7::',      i、
                /.∠/       7 77 7|     /:::i   7:: ::',      .i:',
           // /    ,     i .ヽi.7'i!   /::: ::!  .7::  :∨     .i:::',
           〃 /   ン'   ,.! .7! i心!  7:::  |  .i::   ::∨   ..|::::',
             j  /  ン´7  y'/i i`'弋z|  .7:::  _! .i====='',     .|--ヘ
              イ /  7  /〃.i !:  , '.i  .i:::  .:i i,七士ニ__,',   .7::::::::ヘ
          /イ   7  /  ,イi', i::/  ヤ i:::    ヤ.彳 ヒ艾心 i ..7フT::::ヽ
        彳´     7 /  イ≠:/    ヤi',::   ヘ|:`゙''ゝー--Ⅶ.7::::::::::::::::7:、
               j / 彳 ヽ       ヾ            i 7:::::::::::::::7/∧
                   |.7       ',ヽ 、                 .::7,':::::::::::::::////:ヘ
                  レ        ', _              .::7,'::::::::::::::///::::::
                       ハ ヾ、_              .::〃::::::::::::〃´::::::::::::
                       ヘ   \         .::::::::::::::::::::彳::::::::::,::::::
                        ハ    ヽ      ..::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:::::::::
                          ',       ...:::::::::::::::::::::::::::::::::, <:::::::::::::::::
                           ',    ...:::::::::::::::::::_::,:::-‐:'::´::::::::::::::::::::::::::::::
                             ` ─── ¨¨ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                 ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

やつめさすいづも
『八雲立つ偽剣』
ランク:C  種別:対人宝具  消費魔力:効果参照

   変装して敵陣まで一人で侵入したり、互いの武器を交換して決闘を申し込んだ際、
   あらかじめ自分の剣を木刀に変えていたアサシンの偽装の逸話が宝具化したもの。
   自身の姿や武器を任意に変化させて、ステータスを自由に書き換える事ができる。
   これにより真名が看破されない限り、アサシンが用いた能力やステータスは把握されない。
   また、変化した道具はアサシンの手を離れても偽装が継続され、同様の偽装効果を得る。
   変化を行える対象はほぼ無制限だが、あまりにアサシンや道具の体積を無視した変化は行う事ができない。

   [DETA] アサシンの決めた任意の数値までステータスを減少できる。
         この際、スキルや宝具の効果も任意に書き換える事が可能だが、あまりに実像から離れた効果は選択できない。
         結果、アサシンのステータスは彼が許可を出すか真名を暴かない限り、
         たとえ戦闘を行った陣営であれステータスの把握が不可能になる。

         最初のステータス比較の際、魔力を10点消費することで、他の全てのステータス比較でも「気配遮断」の効果を適用できる。
         また戦闘に敗北した時、魔力を40点支払うことで安全に戦闘から離脱できる。

         戦闘外で判定を行う際、魔力を5点単位で消費することで成功率を「±消費した魔力量×2(最大30)」点できる。
         この効果を自陣以外の対象に行う場合、同じシーンに登場していなければならない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5307 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:11:30 ID:0nVLr5aQ0

         _|  //               /       /::::
       / .::_l:. `ヽ             / ____/:::::::::::
.      , ′ / |:         `>=≦二´___r::::.、_> ,:::::
      /              \__   ___/:::::::::::::::::::::___>
.     / /      |        \    ̄r::.、_r:.、  ̄\ ̄ ̄::::::::::\
    / /   l   .:|.  :| ::|:.   \ー----------=、ヽ:::::::::__::\
.   レ' |  l | | ::|:.  .:| :::!:::\  ヽ::. \::::::::::::::::::::\ ̄    `ヾ
      | l :| !:.ハ:::ト、..::::l :::ト、:」 ≧x ∧__:::. \:::z─-=、::ヽ
      jハ:: l l::| :|::f tぅ、ト、 l ´,ィfiフノlヽV}\::.. }:::::\  \!
.      VN::ト、lヽ| ̄ヽ:N   ̄ ´jノハ!:::::::\!、`ヽ!   __  /Y!<
.      jノ ∨ノヽ    〈      /:::ト、:::「\::::::}. _  / j/ / ト、
.          /| / \ ー _一  イ/V ∨\ ヽノ/_}/ _/  /`/ j
       イ  |ヽ /|ノ \_ / | | │   ,< /./ ̄\/、/、/>'’´
  ,< { (`i/ /l |         jハ! ,<    /   __/ ノ、/
   /|  ∧ V │|│       ,<       /    l土/   /
.  {│ / ∨   ! |│   「ヽ.         /     エレ/ /\
   )} /  /|   j | l ,<fハ│    > ´/=─-、  //
   ヽ`ー')' |. ,<    _j__l | >'’´  ,∠ __  ∧ /
 二ヽ  ,< ,   >'’´ `ー'´ /  /⌒ヽ 〉  ∨
  ,< ,   >'’´  | Vハ.   / / / l    V  / ./\   ノ⌒
    >'’´/ │\,ノ Vハ / /イ=-、 | l    //   \ レ'⌒ヽ
       /  .l      V∨/`ヽ   ヽ! |  /\({.  // \
     /   /!       xイ     ∨  | | /   ヽ)( {  ノ ヽ
   /   /⌒Y^7‘´/         V /| /   |   \)ー'
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

くさなぎのつるぎ
『草薙御剣』
ランク:A++  種別:対軍宝具  消費魔力:70

   三種の神器の一つ、八岐大蛇の尾から生じた神剣。
   神代から現代まで受け継がれてきた万世一系の古き皇の血脈、その武力の象徴であり、
   内包する信仰の総量は星が鍛えた最高位の聖剣にも匹敵する。

   真名を解放することにより、所有者の魔力が幾重にも重なる神風に変換され、
   圧縮された超風圧の断層が疑似的な空間の断裂となって放たれる。
   あらゆる防御を無視して敵対する全てを切り裂く一迅の“刃”は、
   一度放たれてしまえば回避不可能であり、たとえ宝具でも同等以上の力を持つモノでない限り防ぎ切る事は難しい。

   セイバーとして現界していた場合、この宝具は雷を纏う大嵐を解き放つ対城宝具『天叢雲御剣』となる。
   『天叢雲御剣』が全てを薙ぎ払う“動”の宝具だとすれば、『草薙御剣』は全てを切り裂く“静”の宝具であるといえる。

   [DETA]  この宝具はステータス比較が終了した際に使用を宣言できる。
          自陣の「戦力値」に「+【宝】×戦力の優位数(最低1)+【敏】」のボーナス修正を加える。
          この時、敵陣も「対軍宝具」以上の宝具を使用した場合、最低でも「2戦力の優位」を得ている物として扱うこと。
          この宝具は同ランク未満の宝具とその他のあらゆる効果によって無効、軽減されず、
          敵陣が使用した同ランク未満の宝具の効果を全て打ち消すことができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5308 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:14:01 ID:0nVLr5aQ0

        / // /
          / /´                            ____
       /                          , ... -‐:::::::::::::::::::::::::
     /       \                      >::::::::::::::::::::::::::::::::
   /           \                     <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ./               \         _ , ... -イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.  /                 ヽ        \::::::::::::::::::::::::::::::::_,-‐=≦ ̄
 / ./|       |  ∧   ヽヽ\.         \::::::::::::::::::::::<
.//  i      | / .V ∧ ヽi  \ \ \  \::::::::::::::::::::::`‐-、
,'     i  ∧  |./─‐-V/ V ゝ,-‐─ .\ ヽ\ \_,-‐=≦ ̄ `
    i  /vV |ミ≡== V   ミ==≡彡ヽヽ\ |:::::::::::::`‐-、
    i ./ V\|      i       / ミ -‐=≡二 ̄´
    i/  Vゝヽ      |         ハ::\\
          \           /V V:::|\\
            >  ー─‐´ ./.l    Vj  `ヽ
             | ≧   /  |─、
         ,-‐<¨|    ̄     | | ≧‐- 、
        ,-‐≦:::::::| |          | |::::::::\: :\
    /: : : /::::::::::| |          .| |:::::::::::::|: : : :\
   ,イ: : : :. /::::::::::::| |        | |:::::::::::::::i: : : : : \
 <: : : : : :/:::::::::::::::| |          | |:::::::::::::::::i: : : : : : : >
, ': : : : : : :/::::::::::::::::::| |         .| |::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : 丶
: : : : : : :./:::::::::::::::::::::| |        | |:::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : :./::::::::::::::::::::::::| |          | |::::::::::::::::::::i: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【解説】

   常に明朗な笑顔を絶やさない少年の姿をしたサーヴァント。
   一見すると血生臭い闘いとは無縁の人のように見える。
   ―――が、それらは全て敵の油断を誘う為の擬態であり、
   実際は達人と称しても遜色のない恐るべき合気の使い手。

   自身の情報をさらすのを嫌い、敵を罠に陥れるのを好む生粋の策士肌。
   おそらく全サーヴァント中、最上位に位置するであろう武力を持ちながら、
   真正面から戦わないのは一重に本人の性格によるところが大きい。
   その性格上、マスターを試す発言を繰り返し、合わないと判断すれば即座に切り捨てる非情さも併せ持つ。

   真名はヤマトタケル。日本が生んだ最終鬼畜ゴッドスレイヤー。
   不意討ち騙し討ち当たり前。ルール無用の残虐ファイトがデフォな時代で生まれ育った。
   強ければ何をしても割と許されるのがスサノオから続く古代日本の伝統であり、
   大英雄の癖に正々堂々と戦う事よりも、より楽に勝利できる道を選ぶ。
   というより、彼が生きてきた時代はそういった汚い手も含めた上で“強さ”を測る為、
   寝込みを襲われた熊襲健も恨み言一つ言わず、彼の強さを讃え名を贈ったという。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5312 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:18:35 ID:0nVLr5aQ0





             , - ‐ - 、
         ,‐-v ´:.: : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: : : : |: ::|: : : :.:.: :| : : .|:.:.:.:.:ヾ゙:::‐ 、_
      /: : |: : :|:.l:||: |:l : l : :| : : :|、:.:.:.:.ヽ:::::::/
.      |: /::|: : :|: l:| |:|::ll:__l::.:.|:.:.: |ミ 、:.:.:.|::::<
      |::/: |: l: _l,,_:| .|| ´l_ _`lト:.:.|ミミミ-:|:::::ノ
      |/|:.:|:.:.l´ .`| .| ´l ::`lヽ:.:|:.:.゙゙ ´|ヽ|´
      | .l:.:|:.|:.:.:r‐‐ト   ヒ::ソ|:.:./゙):.:.:|:::l-
       |: :|: :|ハ、 r ヽ  /::/ノ:.:.:.:|‐‐ゝ
       /|: ||: レ ゞヽ、_ イ::/: : : /::| .r‐i
      //;ゝイ ; ;.;.;.;.;.|///ム、:.:/:.| / /
     //; ; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.|´ / /\リ-.l .l
    /´; ; ; ;.;./;.;.;.;./;.;.;.;.| /;.;.;../:f´   ヽ
  /; ; ; ; /;.;./;.;.;.;.;/;.;., イ;.;. ;./  f し   )
/; ;|;.;.; ; ;./;.;/;.;.;.;.;//  ̄ー/  |  |ヽ  /
;,; ; ;|;.;.;.;.;./;.;.;.; ̄___>    //   | ./;.;.;\イ、
;.;.;.;.ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;/      ヽr   r‐゙;.; ; ; ;.\\
;.;.;.;.;.;ヽ;.;.;.;.;./        | 丁 ̄;./;. ; ; ; ; ; ;.;.;.;.|
\;.;.;.;.;ヽ;.;./         > /ー;.;.;.;.;..;.;.; ; ; .;.;.;.|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ という訳で、『歪な木刀』で召喚されるのは超便利な「対人宝具」と、
┃ 説明不要の「対軍宝具」を持ったアッサシーンこと、倭建命でした。

┃ この人、熊素建の兄弟の寝所に女装して忍び込んだ逸話が有名ですが、
┃ その後の帰り道でも“やらかして”います。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5314 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:21:54 ID:0nVLr5aQ0





    __ ___ __ __
  r '´       __ _ `>ー-- . -- .. _
  |      /          `  、 `丶、
  |     , '   .  ´      ̄`丶、  ヽ.    \
  l   , '  /            \  ',     ヽ
.  }  /  /                ヽ l    //
  i  /  //   //  / /ヽヽ     V / .//
  | |  //  //___/  / l l i       V //
  | l //  ,イフ'´ / ヽ/ /_/_/   // !  V./
.  〉 ! レ' ! // __.<  /   レ' /`ヽ // |  l 〈
 / |  レ' く,.--、`>    __ レ / ハ / /i ,' i
/  |  |⊂⊃  ´     r‐‐ 、 レ'l // レ'   !
.   |  i  |   rァー 、_  ̄ ヽ〉 レ'     !く ̄
   从 ル ハ.  |´ ̄.ヽ}   ⊂⊃iノl|   /l ヽ
r~ヘ V >~ →ー─' ┐_. イ   ノ // ,'   i
い  l /             !__ノル レ' .// /   |
  /              | ヽ___V / //, '   /
./             |i i  レレ'レ'ー─‐ '
                  ll |-‐‐- }
              // !   /
    ___ _      // /、\/ |
   /    ``ー-、 // /   メ´ i
.  /!        ``ヽ、>'´   ヽ
  l |           \      〉
  | |                 \   i
  | |              ヽ  |
  | |                i   |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ “熊襲健”を暗殺した帰り道、
┃ 道中の神々を適当に殺しながら帰路についていたのですが、
┃ 出雲の地で“イズモタケル”という英雄と出会います。

┃ ―――まぁ、この人も行き掛けの駄賃に暗殺するのですが。
┃ その時の逸話が触媒の木刀であり、宝具になっていたりします。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5316 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:25:11 ID:0nVLr5aQ0





                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/::::ii__ __\ヽ、 |/   !   .l
           i i i li i lil//:::i_! /:::::::il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/:::::::::::::::::::::リリ:::::.ヽ.ハヽ..ト、/ |  /
           ハ l l| i l.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }l | } /!/
           从i|ハハ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /_ノ //il
             il  i lト、 ´´´ '   ' ' '  // /// // ハ
             从 l V iヽ.   マフ     // /// //lイ  i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′
              ',               /             |
              ハ             i\           !
            i  i` ー --  . ____/´ ̄`ヽ.       l
            l  |    _. - ´               /
.            __/  l _,. -'´                    /
         /   /                  / \
        /   /`ヽ.                 /    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 出雲建と仲良くなった倭建命は、
┃ 一振りの立派な太刀に見える木刀をこさえます。
┃ そしてその木刀を自分の腰にさして、
┃ 出雲建と川に水浴びをした後、こう提案したのです。

┃ 「お互いの太刀を交換して試合しませんか?」と。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5318 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:29:36 ID:0nVLr5aQ0





                             /\ ̄`ヽ、
                             |  \   ヽ ____
                             i    >  ´    `     .
                             /  _/!      ___       `  、
                            _}   ハ \   /            \
                           ノ   rヘ \   /   /              ヽ
                           /   /   \ /   / /.            ヽ __
                          /   ./ / /  /   / .__ ///    /         ', 〉
                         く    / / /⌒/ / /   /7メ、   /l i        V
                         > / / /i ./ / /==</ / / ヽ./ ! l  i       i
                      r~'´ / / /八/ / /i〃r夭ヾレ'i //  l  i  l    i l  |
                     ノ _  / / / /  / / / l{ir';::::::/   レ'レ′ / /` メ、.   i l  i
                       /´ / イ / /  l  i l |`ー~'      / // / ハ   i i リ
      _             / /ゝ、 l/ l   |  l i |         ,ィテく/ ハ  / / /
     /´ノ\               レ'´    >⌒く \l  l l レ'´〉 ,、     〃::::::ハ / / / /
     \fi  \               /     \ レiハ ! / / /  \ '  《fr;イ. ハ' / / /
      ||ヽ   \        ,. -‐ ´\       V   V i 八__ ノ´   /'7/イ /lイ
      t! \  \    /      \      |   Vレ'´ ノ _ .. - '´ //  i/i  !リ
          \  \  /         ヽ    |     //     //  i i i|
           \  \             ',     l       i /   i____/l /    ! ! .i|
.              \ノ \          i    ヽ.    i i   i  / V  /レiルハリ
.               \  \         |   //   / |   ハ/   i イ
               i \  \   i   l //i'   /  l   / i    lノ
               |  \  \  l   / / .l   /  /.! /   !     l
               |    \  \ /  /  |  /! / l/   |    |
               |     \  \ /  l / i i /     |    |
               |       ー\__/    V  l /       |    |
               |        /       i   ! l      j    l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ その提案を受けた出雲建と太刀を交換した倭建命は、
┃ 彼の立派な太刀を抜き放ち、出雲建に切りかかります。
┃ 一方、自分の持つ太刀がまさか木刀だとは知らない出雲建は
┃ 必死に鞘から太刀を引き抜こうとしますが―――。

┃ 抜けるはずもなく、倭建命に切り殺されてしまいます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5320 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:34:03 ID:0nVLr5aQ0




   /                   `ヽ.
ー/ ___/              ト、        ヽ
 i´--i          i l l ヽ  ヽ.  ヽ  ヽ ',
 |---|         i l  l l l  i l  i  i   トj
 |---|     l   l i  _i_.l |   l i 十  !  lリ
 |---|     i ,. -ノT__/ レ'  レ'レ=ノrヘ l   i
 l`ー.l   '´|  ム´ ̄ 「`     i㍉ ト. l   |
 {.   i    |イ化   |     l :} !  l   |  r===;    そして、倭建命さんがその時歌った歌がこちら♪
 {.   |     |へr'c :} |     |r' j .リ   ト. |  |
ノi   !  i  l  ゞ.____.ノ     ´ ̄""l i.  i i |  |
ノl   !  l  |、 """   ┌─ 1   .イ l   リl |  |
./i   !  l  | i\     ゝ.___ノ /iリ l  i l |  |
 |   !  i  | lリ i>   . __ __ /ノ //  レ'´リ .{===}
 ト、  ト、 i  i  ノ     i ル' イノ         |  |
 l \i \  \⌒丶、  ヽV´ ̄`ヽ.      |  |
\〉   (⌒ヽ. __j.   \  ヽV´  ̄`ヽ    |  |
   __ __) /⌒ヽ\    \  i}ヽ  _,イ     {===}
  (    /   ノ   \    \ iV´  `ヽ.   |   |





        /
     /                       \
     / //                  \  \
    .// /        ハ  ∧    /|   ヽ    \  \
       /  /    / ̄| |` |   | ヘ  ハ     \  \
     /  /    /  | .|  ヘ  .| ヽ  | |  \    ヽ―ニ=-
     | /|   /    |/   ∧  |  ヽ ヽヘ \\\
     |/ .| /| |彡三ミ、   ヽ |    \| \ \\\\∧
     ′ | | .| |     ト--、/ 彡三三ミ、 |/∧γ\\| ∨     やつめさす、出雲建が佩ける刀(たち)、
        リ | λ‐- _, ' /  ゝ       }|/ /|  } \|
          |∧         ヽ―---― ′|//  /\\|       黒葛(つづら)多(さは(わ))纏(ま)き、
             | \    丶 _         イイ '//|\ \|
             ∨ \           /|/∧∧/ | ̄ ̄        さ身無しにあはれ
          _.--―――\     ,   '   .|/ イ \|
        |::::┌─‐‐/ ∧―    「 ̄ ̄ ̄ ̄ |
        |::::│ { ̄`―-ν-‐'  ̄|::::::::::::::::::::::::::|へ___
   ,──┘::::|   |    //      .|:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/
  /:::::::::::::::|::::::: ̄入   | |    .―|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃意訳:

┃ お前の装備してる刀、見た目立派だけど中身木刀とかアホなの?死ぬの?

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5322 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:39:28 ID:0nVLr5aQ0





.   : : i:.i:.:.:.:.ii;.:.:.:.i:.:i,ヽ;.:.:.:.ヾ;,;,;,;,ヾ;;,;ヾ>-:.:.:丶i:.:.:.:.:.:.彡彡i;;::::::::::::::::::/ :
   : : i:.:i.:.:.:.i:ii;.:.:.:ii;.:i, ヽ;.:.:.:ヽ,ヽ;.;r-i'''i,'''、''''ヽi,:.:.:.:.:.:i--、:.:i;:ヾ,----" : :
.   : i:.i;.:.:.:.i.:ii;.:.::i.i;.'y′ `ヾ、:.ヽ、`' i_,ノヽ-i  i:.:.:.:.:.:i,/ 'i.:'i;::::ヽ、: : :
   : : i,:ii,:.:.:.i:.:i,'i;,;,i'ヾ;i,,,_     ̄  i,'ヽi´ i  i.:.:.:.:.:.i  ,!:.:'i;::::::::ヽ、
     ヾi'i;.:.:.i:.:ヽヾif´i, iヽ、      `┴''''´ .i.:.:.:.:.:i  /.:.:.::i;';::::::::';ヽ,
  ノヽ    ヾ;.i,.:.:ヽ ヽ ヽi,`i'、      / / /  .i;.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:i;:':;::::::';::ヽ,
  ヽ′  .  i:.:ヽ.:.ヽ、ヽ__,y''      _, -、   i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.;.:.:'i:::'::::::::::::;;ゝ
      : : .i.:.i.:.:.:.:.iヽ ///  ,_,,.- '´  ヽ   i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ii;.:.:i:::::::::::;f´
       : i:.:i:.:.:.:.:.i:.ヽ、    ヾ、    ,!  ./´i,:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i::'i,:.i::::::;;;ノ
.      : : i.:.i,:.:.:.:.:i.:.:.:.:'i.-.,,,_  ヽ,____, ノ //.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.;!-'V'''''"
.        i;.:ii,:.:.:.:.i;.:.:.:.:i;.:i.:.:. ` -.,_______,/r'"  i,:.:.:i,;_:.:.:.;! : :
        i:.i i,:.:.:.:ii;.:.:.:.ii;.ii,:.:.:.:.:.:.:.,ゝ: ;/   _,r',ri:.;i':.:.'':-',,_____
       : : .i;! i;:.:.:i i;.:.:.:i,i;iヾ;.:_/:i |''"  _r",r":.:.:`:.:.:.:./:::::::::: ̄'''''':-.、
           'i;,:,i .ヾ,:.:i,_/ i:.:.:.:i i  //.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::/,:-":::::::ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 気に入らなければマスター相手にも同じことやってきます。

┃ 難易度:クリアしてみろを抑えて
┃ マスターのコミュ力()が求められるサーヴァント堂々の第一位でしたー!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5325 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:44:25 ID:0nVLr5aQ0





                        >:.、
                       /:::::::::∨
           __       /::::`Y:::::::::::::::::::ヽ
          i´   >. :´: : ̄ ̄: .<./ ̄ ̄i_
          :、  /: :─- : : : : : : : : : :` <::/::::::::`::<
             `7: : :、: :  ̄: :ヽ: : : : : : : : : :二=-:::::::::::j
            / : : ハ\\ヾー :\\ : : : : : :\::::::::::/
           ,{ i: : ヽ\:\`ィぅ、: :\`!: : : : : :、ヽ/
           |!ハ\: :\`  弋リ \ 、\: : : : : :{`
              八从:`Y__    、    ト\:ヽ: : ム ̄`
                i: : :´` 'く  )  ,    \ ヌヽ、
             \: :>: .。_ /ー───)、⌒)、
               iマ、_jーx∠二ニニニニニ7 _k;:,、
                ,ム `r‐‐乂{‐、 ヽニニニニ| i ヾ;ヽ,   /ニ=<
                 7´ー iニニニ;kヽ  ヽニニニl ∨ ,{ニL__/ニニニ:\
                L= {ニニニニ`ーヽ  ヽニニi ∨!ニニニ\ニニニ\
           .x1ー;:、 `ヽ__ヽニニニニ\   ∨ニ}  ト'ニニニニ\ニニニ\
        ト/ニニ\__ `ーヽニニニニニ\ ∨ l /ニニニニニニ\ニニニ\
          ト/ニニニニ\   }ニニニニニニ\∨ /ニニニニニニニニ `ニニニ∧
.         ;/ニニニニニニーヘニニニニニニニヽ/ ニニニニニニニニニニニニ∧
         /ニニニニニニニニ\ニニニニニニヽ ∨ニニニニニニニニニニニニ}
         |ニニニニニニニニニニ\ニニニニニヽ ∨ニニニニニニニニニニニ;ソ
         l:ニニニニニニニニニニニ\ニニニニ∧  \ニニニニニニニニニニ/
        ∨ニニニニニニニニニニニ:\ニニニニi   \ニニニニニニニニ/
        ∨ニニニニニニニニニニニニ\、ニニ|!.    \ニニニニニニ/
.          ∨ニニニニニニニニニニニニニヾニニ!l,      \ニニニニ/
            ∨ニニニニニニニニニニニニニニニン  ̄` ‐-  .\ニ;/
           ∨ニニニニニニニニニニニニニ/  ̄` ‐- _   ¨¨<
.             ∨ニニニニニニニニニニニ/、|         `> .,   `<
          /.∨ニニニニニニニニニニ/;  ∨           >
         /   ∨ニニニニニニニニ/ニ∧  ∨
.      /       ∨ニニニニニニ≦ニニニ∧  ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ >>5323 うふふ。やる夫さんなら大丈夫って信じてますよ♪
┃       まぁ、ケイネス先生あたりと組ませてみたいサーヴァントではあります。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5326 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:46:50 ID:0nVLr5aQ0





   ________    ___  ___     _,,,,,,,_
  !ヾ'''''''ヽ>‐''´ : :  ̄:_,;,_`ヽ、r''´‐''¨¨!:!
  !:.:ヽ;;;r';r '´ : : : : : : : : _`ヽ、ヽ、;;;//
  l,:.:,/;r'''¨´: : : : : : : : ´: : :`ヽヽ:ヽ、:/
.  /;/'’ : : : : : : : : /! : : : : : : : ヽ`、;!l′
  !:/ / : : : / : ;r!:/ !: :i: : : : : : : ヽ`、!ヽ
  `!:/: : ://!: / l:/   !: ト、: :l、 、: : :l :ヽ!'′
  レ!: : :l l,rV'''¨l!`  rヾヾヾ!'ヽト、: l: ド、
 /l: :l : :ll;!,r''¨¨'iヽ   ´!¨¨''ヽ !/:/: !ヽ
/:.:! : :ヽ;!fi::::::::⊂     !::::::⊂`、lレ: : :l:.:.>
ヽ;l :i: : l l ヽ:::::::::!     l::::::::ノ 1 l: : : :l
 l: :l : :ト、l ´ ̄       ̄` /ノ:l: : l l
 レヽ: :l:::::ヽ ' ' '  __ ' ' '/;:;:;:;:!: :レ′
    ヽ!`´`´ >.、 ヽ _,.ノ /、`´`´ !/
       /:.:.ヽ:`ヽ‐ 7´:./:.:.ヽ
        /--:、!:`:.:`y':.:.:.i,r‐‐:ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:!:.:.:/:.:./:/:.:.:.:.:.:.:l
     l:.:.:.:.:.:.:.ヽ=-==/:.:.:.:.:.:.:.:.!
      !:.:.:.:.:.:.:.:.!:∞:/:.:.:.:.:.:.:.:./
     /:l:.:.:.:.:.:.:.:!___l:.:.:.:.:.:.:.:./:`.、
 r‐-i'":.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.!'''l:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.`i¨¨'i
,r''´ :!::.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.!:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!: : `、
: : : :l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:___;,;ノY`ーr-;,;,__:.:.:.:.:.:_;! : : : ヽ、
. : : : ̄ ̄¨'''''''¨`、___,!_,,ノ''''''¨¨ ̄ ̄: : : : : : :`\
____: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :__;,;,:.--‐‐‐‐'''’
   ̄¨¨''''''''''‐‐‐-------‐‐''¨ ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 時間もあと少し残っていますし、
┃ あと一人ぐらいデータを見てみましょうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


※安価↓3

1.《宝石のついた高価そうな護符》  難易度:ノーマル
2.《腐食した金属片》          難易度:ノーマル(イージーより)
×.《古びた着物の切れ端》
×.《歪な木の化石》
×.《謎の高僧の骨》
6.《砕けた壺の破片》          難易度:クリアしてみろ
×.召喚に触媒を用いない。


5329 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 17:47:59 ID:l8IuXUwk0
6.《砕けた壺の破片》

5330 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:49:46 ID:0nVLr5aQ0





    __   、___          __  .  -─‐-  .          __,      __
   | 匚] |  \:::::::..、     ,  ´  `´        ` .    /::::::/    └‐t.ノ
     ̄ ̄    \:::::ヽ  /        `ヽ       ヽ  /::::::::/       广'‐┐
   n ∩       \::::∨               L__      ∨::::/        ̄ ̄
   U ||       , -―/            }  ¨ `ヾ  ヾく―-、
     くノ     / //     -─‐-  ,    ' -─‐-  彡  }::::\ \.    , -─-、
.    __    |l  / ,     {l | / /l /|  /      彡  i::::::::lヽ l|  / ∩∩ |
.   └‐┐ |    |l l  ,     从l /l/ .j/ |  /       .彡 ∧:::::l | l|  ゝ乂,リ丿
.   ┌‐┘ |    |lノリ  |     |/,x=ミ j/  ,x=ミ  }⌒',,| \|.|ノリ
.     ̄ ̄       |ハ ,イ  | ,:,:,:,:,:         ,:,:,:,:,:  , ヽ/ !
   __          Ⅳ {l   {     ___      }_ノ |
  └┘/7           .从 圦     V     }      イ   .|
    <ノ           |ヽ{ .>   ` -  ´   <     |
   _n_,n_               |   , -‐´ノ`¨Y¨´ヽ`‐- 、      |
  /, ∩∩`l.            |  / ヽ〈二ニ{^}ニ二〉 '´ ∨    !
  込乂,リ丿             | ./    l:::::/∧\:::::l    ∨   .|
                     .|/    l::く_./∨ヽ__>:l    ∨  |
   (⌒'⌒)          /-‐─-,l::::::::::::::::::::::::::::l、-─‐-∨ .|
   \/            `/   /.|::::::::::::::::::::::::::::| ∨   ∧ |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――ん、私?
┃ 分かった、ちょっと待っててねお兄ちゃん達♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5331 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:50:28 ID:0nVLr5aQ0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                  【レベル】50            【アライメント】混沌・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20     【魔:A+】60     【運:A】50     【宝:E-】0
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】聖聖聖   【魔力】220/220    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                                   /}
          ___ __, -‐'"  ̄ ̄ ̄`丶、  /::::/
       〃´ ̄ ̄ ̄>'             ヽ/::::/
     ___   /              //  ∨-―― - 、
   /:::::::::::::::::::\/        /    Y""""ヾ/:/ヘ}<⌒\ \
.     ̄ ̄ ̄ ̄>/ '   /   |     l |    ∨j ∧:: \  ヽ l|
        /, イ :/     |  | /| j  l | '⌒ヽ  Y/ 小 :::::|  | l|   記憶喪失で宝具も使えないサーヴァントだけど
       / / |/| |  | l|/l⌒ | ハ ノリア斥ハヾ、K/│ \|  | l|
        | l|  jl│ l  ハl|〃ア斥ハヘ∨  {!::::⊂ }シl } |       |ノリ    よろしくね、お兄ちゃん♪
        | l|  Ⅵ:/|! l: V{ {!::::⊂     弋rク   ハノ│
       V八  ∨小   \弋rク         /{{ l |
       ヽ{\  │l\{、_>   ー'     イ )) |
               │l | )) ゝ-―‐- 、_ ,.イ |_((_.八
               │l レ{{-く(___  ヾ ̄`ヾブ~ヽ丶
               │〃 )) \.   ∀`      ̄`ヽ}  \
             //{__,〃 r、_ \_{ 0  0  厂ヽ ヽ   ヽ
               //〈_l|>’  ̄>ァヘ_ x  ∠ -‐ヘ__)  ',
           //  V/ Y    / /    ̄ ̄ ̄`ヽ⌒ ノ !  l |
             //  /| 人__ァー|│           Ⅳ  :l |
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○陣地作成: A+
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。”神殿”を上回る”大神殿”を形成する事が可能。
   神代の魔術師であり理想の黄金期を築き上げたキャスターは最高位の陣地作成スキルを所持する。

   [DETA]  行動ターンに「陣地作成」を選択できる。(一つの霊地につき3回まで)
           1回目で「工房」に、2回目で「神殿」に、3回目で「大神殿」になり、以下の補正を受ける。
           「工房」:霊地による回復量2倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+15」%の補正を与える。
           「神殿」:霊地による回復量3倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+30」%の補正を与える。
           「大神殿」:「神殿」の効果+敵陣の全ステータスに「-10」のペナルティ修正+追加魔力100点。
                  この魔力は任意のタイミングで自身の魔力の代わりに消費でき、
                  自陣の魔力回復とは別に、毎ラウンド「霊地」の回復量分回復する。



○道具作成: A
   魔力を帯びた器具を作成できる。
   地下から金銀銅を見つけ、鉱物から武器や装飾品を作る方法を編み出した最初の王であるキャスターは、
   時間をかければ宝具クラスの武具も作成可能である。

   [DETA]  「礼装作成」の判定に「+キャスターの【魔】×2%」の補正を加え、
           「最終的な達成値÷100」個の礼装を得ることができ、さらに「強化符」の効果を「2倍」にする。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5332 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:51:52 ID:0nVLr5aQ0



                                |//∧
                                |///∧
                                |/////\
                    -‐──‐-  ゚。//////\
          _    . ´           -‐∨///////\
.         . ´   `ヾ´              -‐∨////////|
      /               ヽ          ∨///////|  . -‐─‐- 、
   -=≦´  /              |  __.   -‐─\/////,'レ'´>-─ 、  .}
        ̄7  /  /  '   /   .|"゙´ ヾ彡_     >===ゞ、////\ .}  |
.      /  ,:  ,:   / ,イ      i     ゙ミ   /     }\////`| /
      '  ,/  /   / / |    ' ,/≧=-  _  ゙ミ        /:}  \//,ノイ、
.      i  ,イ  /   / / .!  / /,ィ≠=≧x、`   "彡. . . .-=彡}   >──ゝ
.      | ,: | ,:   ,:斗‐-ハ|  / /´ /:::::::ハ )〉  彡", =-. ./∧
.       Ⅳ l |   i {/ ,ィ=ミ| ,/ ′ {:::::{i}:::} '   ,ミ'⌒ヽ=- /. . {
.         ヽ |ハ|   | Ⅳ r:i.|/j/   乂:::::ソ  / ´^ヽ }. . . . . . .|
        //Ⅵ .| ハ iツ      ´ ̄   /  > _ノノ. . . . . . .!
.        ///.从 Ⅳ |  '          /  、 /. . . . . . . .|   ―――ま、嘘なんですけどね。
.         |//  ヽ|从|   'ー==-、     〈(   ¨ '. ..!. . . . . ..|
.         |'     /圦   `こニ´        \    i. . .|. . . . .i. |
             /   \                ,)〉  |. . .|. . . . .|. |
               〈(     i丶       イ  /'   |_. ..|. . . . .|. |
             )〉    .|. . .ヽ -=≦´       z< ∧.|. . . . .|. |    -‐ 、
.             /'    |. . . i. . .l . . }  x<´       ゚z===≠ ´   - ヽ
                   |. . . |. . .|/,二´       /......./    /
                   |. . . |. . ,| / __∨ -‐ ´ヽ∧.......。゚       ´
                   |. ..,. ≠十,.:´:::::/::::::::::::::::::}........./    /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○カリスマ: -
   大軍団を指揮・統率する才能。
   約束された豊穣と繁栄をもたらした人間の中で最も太陽のごとき輝けるカリスマを持つ……はずが、
   光輪を失い人心が離れた現在は一切機能していない。

   [DETA]  ―――



○黄金律: C
   身体の黄金比ではなく、人生において金銭がどれほどついて回るかの宿命。
   宝石や貴金属を発見した王であるキャスターは本来、一生金に困らないのだが、
   光輪を失い助命と引き換えに王宮にある全ての財を渡してしまったため大幅にランクが下がっている。

   [DETA]   その行動ターン中に礼装を使用した時、行動ターンの終了時に「1」個だけ消費した礼装が戻ってくる。



○????: B
   世界の支配者の証を持つ輝ける聖王……なのだが現在は光輪を失っている為、大幅に弱体化している。
   暗黒神すら使役した親から教わった「○呪術」と、神代に生きる者としての「○高速神言」、
   そして万象見通す杯を通して得た「○無窮の叡知」の複合スキル。

   [DETA]  ・【魔】のステータスが選択された時、敵陣の「対魔力」による修正を「40」点まで打ち消す事が出来る。
           ・「ステータスの比較」の際、魔力を10点消費する事で【魔】以外の自陣の任意のステータスを「【魔】」の数値に変更する。
           ・サブで参戦している場合、【魔】を半減せずに自陣のステータスに加える。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5333 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:54:29 ID:0nVLr5aQ0





                                              ___,
.            |\                           .  ´:::/
.            |::::::\                           /::::::::::/
.            ∨::::::::\    .  -‐─…─‐-  .      /:::::::::::::/
              ∨:::::::::::ヽ ´              `  .   /:::::::::::::/
             > ´                     ゚ 。{:::::::::/
            /                  ヽ       ゚。::∠
         . ゚/    ' /  ′            |"゙"゙ヾ  Ⅶ  ̄` 、
       /   ′   /  ′/ l i ! l |  i       }   ゙ミ   ::::ヽ、   \
      .'     i |    ′ |  i | i ! l |  l  !  , ′  ゙ミ  ゚:::::∧\   ヽ
       |    /| |   |  |  l.斗-H- | !   | 斗≠/‐-   ミ   i:::::::∧ ヽ   .
       l   ' Ⅵ:   |  |  | | |_!ハ|Vi  | 'j/i/    ゙7   ゚::::::::::∧  }   }
.       从 |  /从  |  |  | ,ィfチ芹斧∨ |/ 乏芋ミ、  /=、 ∧:::::::::::::! ,  /
       ヽ| ,::::::::::ヽ|、 |  |《 ,_):::ハ  \{  ,_):::ハ 》 〃^ レ'. .|\::::::::! ムイ
           i::::::::::/ i. .ヽト、ハ  乂//ソ     乂//ソ 〈( 〉 }. . .!  \::|
           |::::/l. .| .|./{ ∧ ""          "" / ヽ/ i. ..|   ヾ
           レ'   !. ._ |ヽ゚。 .圦      マ   フ     イ ¨´ )〉 .i. ..|
              _|/  Y´|∨ `≧ュ.      .≦/  / /'. . i. ..|
.           _, -'´ 、'〉 l {L゚。 ゚。: : : : : : :¨: : : : : :/ ,/ __ _. . i. ..|
        __/、 ヽ ヽ }ゝ'´ _}´: :   ゞ.: : : : : : : : イ  /´:/ 〉'¨Y、 .!
       〈‐┼‐し'し'‐′| : : }: : }l  }: : `: : : : : ´: /  /: :/7 ,、 '^ヽ!
.         {: :|: : : : |: : : : |: : イ : 从 | : : : : : : : : : {  /: :,} (_/ / , '^`}
.         {: :| : : : :|: : : :/: : }: : : :ヽ!.: : : : 冫.: : :从 {: 人: :ゝ'し'_,イ /
.        {_ |: :__ノ. : ゚: : : : :イ: : : : : : : : : : : : : : : : : `/: : :\:/`ヽ_/、
.        }: : : : : : : : : : : /ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : \:/ : : }
       {: : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :ヽ: : :/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 私がサーヴァントになった場合、
┃ 黒の陣営の一騎が別の主人公鯖に変化していたわ。

┃ そいつを撃破した際に私が改心してれば、強化フラグが立っていたわ。
┃ 改心していなかった場合? 素直に運命を受け入れなさい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5334 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:55:13 ID:0nVLr5aQ0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】ジャムシード               【レベル】85           【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:C】30     【魔:A++】70    【運:A+】60    【宝:EX】100
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】聖聖聖   【魔力】255/255    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
             x‐‐、        ,
               〃  ム  _ ,xイ/
        __  -‐ 、_ xr≦//////イ
      x.7    / マ 、===-‐ ´
     イ /  ,      i   }∨≧x、
      〃. ┼‐- 、./イ  八!/////≧x_
   {  { i! !_i_i_x^y' ,ィ-、}T¨¨rx‐xム::}、_
   Ⅳ i .i マfイスリ`/ イノtゥ j  {::::':.ィ‐-:::;x’==-、
.   マ  rx! マ! ー'     じ  |  ー'、::::x≦>‐…‐',
    、 トハ       '  i  !.    Y>:´:::::::::::::::::}
      ‐- r 、   ´ ’ イ.┐    ∨:::::::::::::::::r‐;:!
      x≦三ム。 _イ ̄i:i 、.     ∨:::::::::::::::{ ! }!──-  、
    ゝ ¨¨y´ ̄,:7´ /∨:j_.二=-‐∨ ̄ヽ:::::ー':}::::::::::::::::::i i‐‐-
   {  -‐    /:/ /  //     、 ∨   ー‐ 'i===、::::::::i iミ 、:::::Y
    ,       i::i /  //       '_.∨      !‐┴'::::::::j i  } }::ム゙ー.,
    マ    /:/イ   //__ -‐ ´ヾ.,´∧    j` ‐-- イvイ{:r、ム¨
    八ー /イ_ イi ̄   ',    .ム. ′,     |       {::Y::iマi マ:}
      {`¨  |::|   |:|      i_:::.... ハ` ‐-=== -'        マ}::} i:j  ’
     /  \. !::!   !j:::.......:::::ノ  ーt' i:i               じ ‘
    ,     |::|  i:ト--‐ r ‐ 、.イ  i:i
     ト、___j::j__.j:} ` ‐-' r ‐ 、イ!== '
    ー‐┬──、.‐‐< ` ‐- '/´人}ハ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○陣地作成: A+
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。”神殿”を上回る”大神殿”を形成する事が可能。
   神代の魔術師であり理想の黄金期を築き上げたキャスターは最高位の陣地作成スキルを所持する。

   [DETA]  行動ターンに「陣地作成」を選択できる。(一つの霊地につき3回まで)
           1回目で「工房」に、2回目で「神殿」に、3回目で「大神殿」になり、以下の補正を受ける。
           「工房」:霊地による回復量2倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+15」%の補正を与える。
           「神殿」:霊地による回復量3倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+30」%の補正を与える。
           「大神殿」:「神殿」の効果+敵陣の全ステータスに「-10」のペナルティ修正+追加魔力100点。
                  この魔力は任意のタイミングで自身の魔力の代わりに消費でき、
                  自陣の魔力回復とは別に、毎ラウンド「霊地」の回復量分回復する。



○道具作成: A+
   魔力を帯びた器具を作成できる。
   地下から金銀銅を見つけ、鉱物から武器や装飾品を作る方法を編み出した最初の王であるキャスターは、
   時間をかければ宝具クラスの礼装も作成可能である。

   [DETA]  「礼装作成」の判定に「+キャスターの【魔】×2.5%」の補正を加える。
           また「最終的な達成値÷100」個の礼装を得ることができ、さらに使い捨て礼装の効果を「2倍」にする。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5335 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:56:00 ID:0nVLr5aQ0

                 __
            ´ __\ .  -──-  .          _
            . ´  `ヾ          ` .     /. . . . `ヽ
           /                   _     . /. . . . . . . . .。
          /                / ヽ    ゚ . . -=ニ三三ニ=-
        /      '     / ,       ゚  /ヽ ∨三三三三三三三ニ=-
          /    ,   /     / /         i_,,,/,zw}, 。三三三三三三三三三ニ=-
        ,   /  /     / /       |"   |ミ/}-=ニ三三三三三三三三三ニ=-ァ
           / ,   '      / /           |   , |ミ/}三三ニ=-/   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.        i:  | i   l 、   / ,イ          ' } / ,jミ/ト三三三ニ=-
.        |l  | |   |  「 7 - 」.        / /レ'    ゙} ,. .ヽ三三三三ニ=-
.        |l  | |   |  | イ /  | `      / /斗示乏 {_,. . . .>三三三三ニ=-
.        |l  | |   |  | ,x弌乏笊     / / イ_)::} Ⅵ }. . . . . . . >三三三三ニ=-ァ
        从  | |   | 〃 {イ_):::ハ ヾ   /j/  V/ソ  .ソ. . . . . . . . {    ̄ ̄ ̄ ̄
.         Ⅵ |   |  ト 乂//ソ  }/        '|´.. . . . . . . ..|
.          从  :|ハ|                   ,〈. . . . . . . . . .|
            丶|〈(ハ          .:l      /. .\. . . . . . . .|
          ___)〉圦        ´ ,     イ. . . . )〉. . . . . . |
.           /: : : :/: : _} 丶    `       .、\| . . ./. . . . . . . .|
.        |: : : / : : : {::ヽ: : : : .         /.: :\:ヽ . \. . . . . . .|
.        |\: : : : : /::、::::> .:_:_:゚≧t-f´: : : : : 〉::〉.. . . . . . . . ..|
.        |  \...::´::::::::::::、::::l。____。l::::}、: : : : /::/.. . . . . . . . . ..|
.        , ´   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ: : /::∧.. . . . . . . . . ..|
     /     ヽ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::ヽ ∧/::/  \.. . . . . . . ..|
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○カリスマ: A+
   大軍団を指揮・統率する才能。ここまでくると人望ではなく魔力、呪いの類である。
   約束された豊穣と繁栄をもたらした、人間の中で最も太陽のごとき輝けるカリスマを持つ。

   [DETA]  このスキルの効果は、互いに味方同士であると認識しているキャラクターのみ対象となり、キャスターがその場に居なくても良い。
          対象一人につき「基礎勝率」と「戦闘以外での判定」に「+15%」の補正を得る。



○黄金律:A
   身体の黄金比ではなく、人生において金銭がどれほどついて回るかの宿命。
   大富豪でもやっていける金ぴか振り。宝石や貴金属を発見した王であるキャスターは一生金に困らない。

   [DETA]  「礼装作成」で得られる礼装の数に常に「+2」個すること。
           さらにそのターン中に礼装を使用した時、消費した礼装が最大で「3」個まで戻ってくる。



○光輪聖王: EX
   世界の支配者の証を持つ輝ける聖王。
   暗黒神すら使役した親から教わった「○呪術」と、神代に生きる者としての「○高速神言」、
   万象見通す“ジャムの杯”を通じて得た「○無窮の叡知」の複合スキル。

   [DETA]  ・【魔】のステータスが選択された時、敵陣の「対魔力」の修正を無視する事ができる。
           ・「ステータスの比較」の際、魔力を10点消費する事で【魔】以外の自陣の任意のステータスに「+【魔】」の修正を加える。
           ・サブで参戦している場合でも【魔】【運】【宝】を半減せずに自陣のステータスに加える。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5336 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:56:44 ID:0nVLr5aQ0


                                      ...-―――-..._
                             _       /::::::::::>  ´ ̄
                       ‐- ´      ` .  /::::/、
                       . ´          、   ∨/   \
                   /            }   {::}      \
                      ,  /    /  /   L___ .∨\   丶 \
                  i ,     イ  '  / /   } ,∨:∧     \ \
                  |  i  | /十-|  ' /-─  '、 \:|\  丶    \
                   Ⅳ |  |ハl==| /j/ == ハ/    `  \  \    \
                     从Ⅳ |圦  ノ' ,    ./´        \  \丶  \
                    ヽ{从\ - - / ) 〉         \   \  \
                   , -‐- _{ L77|≧ ≦|77」 }_ -‐- 、      丶 丶      \
                 ///// }////{ニ==ニ}/////{ ∨/∧       \ \
                   /////i ./////|ニニlニニ|////∧. i,//∧
               //////|//////|ニニlニニ|/////∧|,///∧
                  ///////ハ/////,}ニニiニニ{,//////ハ,////∧
.               〉三三=∧//////==人==∨////∧=三三〈
              ∨////i///////- ´==` ー∨/////i////∨
                 //////,|//////ニ=======ニ∨////|,////∧
                  {//////|/////三ニ=====ニ三∨///|//////}
                 ∨////,|////{三三ニ==ニ三三}////|,////∨
                /'/////7‐ ┬ヘ{ ミ=ニニニ=彡 }/┬ ‐ヘ////∧
             ///////  _ }∧三≧===≦三∧{ _  ∨///∧
                /、/////{  {二ニ=/∧ニニニ∧/=ニ二}  },////,∧
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

 カウィ・クワルナフ・ノウルーズ
  『聖王光輪す新世の星』
  ランク:EX  種別:結界宝具  消費魔力:50

   かつて鳥となってキャスターの元から飛び去り永遠に失われた宝具。
   手にした者は人のみならず、悪魔をも統べる大地の支配者の証とされる神造礼装。
   これを大地に押し付けることで、かつて創造神が行った世界の拡大を“異界創造”という形で疑似的に再現することができる。
   この異界はキャスターが築き上げた黄金の千年紀を再現しており、
   その世界における絶対者であるキャスターは異界内限定で“空想具現化”を行える。
   本来であれば異界の創造と維持に莫大な魔力が必要なのだが、
   “王の光輪[カウィ・クワルナフ]”を通して世界の側からバックアップがなされる為、効果に比べて燃費は驚くほど良い。

   [DETA]  この宝具は戦闘の開始時に使用を宣言することで、陣地外でも「◯陣地作成」の「大神殿」の効果を得られる。
          この効果は戦闘の終了時まで持続し、その他にも以下の効果を得る。
          なお効果を得るためには全て別々に魔力を消費する必要がある。

          ・消費魔力:50/ 任意のタイミングで使用できる。その戦闘中、
                      敵陣のスキル、または同ランク以下の宝具によるあらゆるペナルティ修正を無効化する。

          ・消費魔力:50/ 「ステータス比較」の際に使用することで、自陣の任意のステータス1つに「+【宝】」の修正を加える。

          ・消費魔力:効果参照/ 対軍以上の宝具が使用された時、「その宝具と同点の魔力+20」を支払うことにより、その宝具の効果を無効化する。

          ・消費魔力:50/ 戦闘結果の判定後、その戦闘から無条件で離脱できる。

          ・消費魔力:50/ 戦闘終了後、その土地をキャスターの「神殿」化できる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5339 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 17:59:09 ID:0nVLr5aQ0





                           -‐=ニミヽ
                   .           |\ ヽ}/|      ∧
                           . ' ¨ ̄ ̄¨ソ┴‐-  . { 〉 /|
                         /'7´/7 / ,/∠_ `ヽ}//
                           //// Χj/j/-‐ 〈  y‐、(二ミ:、
                         jハ i/j/,:‐、  ,:-、  } ./^ } }   }}
                      fヽ   {ツ 弋丿 弋__丿  }/  / }  ノ'
    ┏┓┏┳┓    ┏┓┏┳┓.ゝ^\八 '' 、_,、__,. ''' ,:=/  / 八           ┏┓        ┏┳┓
┏━┛┗┫┃┃┏━┛┗┫┃┃  \ { >'ゝ.  |:::::::|   〃人__/」{  ヽ、     .┏━━┛┗┓      ┃┃┃
┃┏━┓┣┻╋┫┏━┓┣┻╋┓  Y´   ` .`ニ´ _/    人 ヽ 丶.     ┗━┓  ┏┛      ┃┃┃
┗┛  ┃┃┏┛┣┛  ┃┃┏┛┃ └‐<ニ=ζο´〈 人   /   \ \ 丶   ┏┛┃┃┏━━┓┃┃┃
    ┏┛┣┛┏┛  ┏┛┣┛┏┛   く三彡'爪`´: : : :`T::i         ヽ ハヽ. .┃┏┫┃┗━━┛┗┻┛
  ┏┛┏┻┓┃  ┏┛┏┻┓┃.     /| |{:.厶l_i〉 : : : : : i :}        }i }ノ┏┛┃┃┃        ┏┳┓
  ┗━┛  ┗┛  ┗━┛  ┗┛     jノjハ:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ ;〈___ \   ハ l! ┗━┛┗┛        ┗┻┛
                           _    ////////////∧   ̄`ー、/ jノ
                       劣心`> く/ZZz/////////人
                       Ⅵi為/∧⌒ヽ>ミ/////////7}
                        Ⅵi丞/∧ /   `¨ ̄ ̄¨´7ZZ{
                        守i為 /             {///}
                          `¨´                `¨´
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

趣味:悪魔をこき使うこと
好きな物:ワイン 貴金属
嫌いな物:ザッハーク 鋸
聖杯への願い:カウィの光輪を手に取る資格が欲しい。


   イラン最古の王朝であるベーシュダード王朝の王の一人、聖王イマ。
   後の時代に“輝けるジャム”という意味のジャムシードと呼ばれるようになる聖賢王。
   神に命じられるままに理想の王、正しく世界を運営する裁定者として世界に黄金の千年紀をもたらしたが、
   世界が繁栄し尽した結果、天の玉座より世界を支配していた王はすべき事を見失う。
   それまで感じる事すら無かった孤独を味わった彼女は、その寂寥を埋めるために力を振るい始める。
   もっと私の事を見てほしい、私の孤独を埋めて欲しい……と。

   その少女の淡い想いはしかし、絶対者として君臨していた聖王という幻影に阻まれ、
   彼女の臣下や民衆に伝わることは無く、「我を崇めよ」と受け止められていた。
   当然、崇拝の感情を向けられたところで孤独が埋まるはずもなく、彼女はさらに力を用いる悪循環に陥ってしまう。
   王のそんな行動を裁定者として相応しくないと判断した光輪は王を見捨て飛び立ち、彼女はさらに孤独を強める。
   結果、彼女が他者を欲するほど国は乱れ、求めるほど人心は離れていった……。
   他国から王宮に攻め入ったザッハークが来た時、誰一人彼女を助けようとする者はおらず、
   ザッハークは歓声をもって迎えられたという。

   その後100年、王宮から逃げ出した放浪の旅の末、ついに理解者は誰一人として見つからず、
   最期はザッハークにつかまり、身体を真っ二つに裂かれて死んでいった。

   聖杯に欲する真の願いは「孤独を埋める人が欲しい」。
   孤独に苛み、孤独ゆえに王の資質を失った聖王はしかしその孤独が埋まった時、
   再びかつての理想の王としての在り方を取り戻す可能性がある。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5341 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:03:44 ID:0nVLr5aQ0





                         ..- ‐…‥― - .         ____
              |\   _  ´                、    /:::::/
              |:::::`/  `               \  /:::::/
            _}::/                     V:::/
            / _/              `ヽ         ハく-―― - 、
.         / / / / / / / /   |    Lz≦zwz_    ',::\⌒\ \
.         / /  /// ,イ 〃 /  ./l  /:!  /      ヾi彡  :}:::::::\  ヽ l|
        / ,′  /´ / ./ } l|  {--/-|-/ :|  / ,-──  }彡   ハミ::::::{  | l|
.       {  |     :} / j/l| ./Ⅳ笊テトュ i ./ ィfチ笏ヾ  ヾ彡  ム `ヾ}   ! l|
..     乂 l       j′ / :|l / :lヽ{r'、_,::l} |/   {r'、_,::l}ソ  i⌒i  {{       |ノリ
       `ヽ        レ'} :} `¨¨^´     `¨¨´   /ノ / ∧
                   | .人 """  '   """   i_/  }}:∧
            「 ̄ ¨ 二二ニ=ー- . _ r ァ_ .-‐ニ二二 ¨  ̄|:. ∧
                |            .::| ̄|          .:|::. ∧
                |               .:::|  |          .:::|:::.  ∧
            r 一ュ           .::::|  |          .::rー 、:::.  ∧
            {`二ソ          .:::|  |         .::::(二´、}:::.  ∧
            { ´二)           .::|  |         .:::( 二` }::::.   ∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 私が統治していた世界では、
┃ 人々は老いることも死ぬことも無く永遠を生きていたわ。
┃ 大体成人前に成長が止まっていたから、
┃ 親と子が同年代に見えるとかざらだったり。

┃ ―――まぁ、お蔭で世界が狭くなって
┃ 3回ほど大地を拡張したりする羽目になったんだけどね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5343 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:05:56 ID:0nVLr5aQ0





                                                            ___,
                                        /|    .   -──‐-   .      /::::/
                                          /:::{ ,  ´               `ヽ /::::/
                                     〈:::/                  ∨/
                                          ,〉        ′ l|        《二ミ、.      O
                                     // ,       l   lLwzwz_    ∧\l |    o
                                       //´ / , | l|_」-|‐|   l|‐ -   `ヾ  ∧:::|lリ、  ゚
                                   iリ i |l l| l|´|/i/l/l|   l|     `   》  ∧`ヾ}
                                     | |l l| lⅣ━━从ルレ| ━━  《⌒i ∧
                                     レ|l l| l{               }}ソ / ∧
                                  i^i^i^Y从ハ八     △   i^i^i^Yヽ从   / ∧
                   {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}ハ
                  ゝ―――――――――――――――――――─────く. ハ
                  i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : } ハ
                 , -‐- ==|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ__.ハ
           _,ィ′ ィ: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ `ヽ
         ,> ´ ,..ィ: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ   `ヽ
     > ´  ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ミヽ   `ヽ    _,..,
 ,..ィ´ ー‐‐=≡=ニ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、   `ヽィ ´,ィ´ハ
/  __          `‐-====‐-二二二二、; ニ: : : :__: : : : : ___: : : : ___: : : : : : : ___: : -ニ=´   /   i
、 ̄     ‐ - 、                         ̄    ̄ ̄        ̄       ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   <     ノ
  ̄  ‐ -  、_` ‐--――-  _  __    - ――‐ -  ___   __   _        _,.ィ´  _,_,,ィ´
               ̄ ̄ ̄  ‐ -----‐――-----‐ = ‐‐--- ___ -‐-   _ _ ===二二   _,,,==
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃聖王:
┃ でも“カウィの光輪”が無くなったせいで天の玉座から零落しちゃって……。

┃ やること無くて本気で暇だったから、悪魔を虐めて遊んでいただけなのに……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5345 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:08:07 ID:0nVLr5aQ0





           、__     , -―- 、
           \`::.、 ({                  ____,
                 \::ヽ ヾ . -‐―‐- .     /:::::/
             /  ̄ `´         `丶/:::::/
                /         ヘ      /:/
              ,イ  〃        L彡ミ、  {ト-`― - 、
.            / | l| l|_」-|‐|  l|‐}-Ll|_   彡 }:\⌒ll |
           /´ j/| l|/|,イ从  |イ|/}/ュ`   彡 ト、:::ヽ从リ
             /:Ⅴ::Ⅵトイ ヾ{ f:::::ハ 》  }:}⌒!  lト'}
.           //  } ヒリ  弋::ソ   .ノノ )ノ   !
                人"" '  ""    〈(,イ     |
.                〈( ヘ、 ー       .)〉|l   l |
                )   |> - イ  ∨ l|l   l |
           __   , ・|l l| |´   __ 丶从人 从
.          __|`¨¨¨¨´レ'::::::从ル{、`__´__ , '/ /´: :`ヽ∨
.         ,ゝ|  _ィ=ュ、:/  ` ‐---‐ / {: : : : : ', ∨
.          `>|  ゝニニ_  ,∨、      ノ从ル: : : : : i |
         `゙|   ゝニ_//:::::::\    /_:_:_:_:_:_:_:_:} l|
.         j` --- ´:::::}\::::::::::::\  `/:::::::::::::/´. |
          ヽ:::::::::::::}、::i  \::::::::::::\_/:::::::::::::/ .: l|
             \:::::':∨}    \::::::::::::ヾ::::::::::/| .:  l|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃聖王:
┃ 未来に起こる3度にわたる大寒波対策まで施して、
┃ もうやる事が本気で見当たらなかった。
┃ だからもう、私が神になろうかなーってノリで、むしゃくしゃしてやった。
┃ でも反省はしていない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5346 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 18:08:46 ID:geQPT3Do0
でも実は寂しかったの?


5347 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:11:36 ID:0nVLr5aQ0





                      ,. -─- .
                     -‐ '´       ` 、
              , '´        ` 、       ‘,
                /         }` ー- 、   。
             ,     ' /{     ,斗‐-iヽ}ヽ   .
               ,   '斗-‐‐、  ',x笊ヾ |ハ   ,
               Ⅳ l Ⅳ7心ヾ/ 乂ソ 》 i^}   }    >>5346 死ぬまで気付かなかったけどね。
              |  i |《 乂ソ    ""ソ}ノイ.  ,          聖杯の願いを見るに死んでも気付いていないか。
              人 Ⅵ {ヾ"" '       ! /   /
                   ヽ{|∨人   ` ´  ,.レ─-〈
                     | 《  `, ‐-, - ' ∧ ⌒ヽ\
                     |  》 ム / / /∨    ‘,゚
                  ,| i/'  l`∧/ ∧/‘,     i ‘,
               / | !   !  ∨    。    |/  .
               ,  l |   l   '     {二二二}
                  .  从   !ニニ {     `|    |´    .
               l | |人  `l   ゝ、 .:..  |    |     ハ
                   ヽ{ l  `ヽ!l   | !ヽ:::.. |    |   / ∧
                     乂    i l   | !| i 、. |    |    /   、
                     ヽル从l   !从ハ,'} !   ヽ!    ' / \
           ___, -‐ ─  ¨¨ ┴ヘ.┴=ニ.┴!    !、    /   /、
        /´::::::::/: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\: : : : :|    ト、\       /
       ,:::::::::::::,.: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、\: : :!    !: :.ヾ丶  ̄¨ ヽ
       l、::::::, 'ヽ.::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::‘,`ヽ|    |: : : 丶ニ=--=ニ〉
       |::丶::::::::‘,:::::::::::::::::::::::\::::::::::::::}   |    |: : : : : : : : : : :`.
.        |::::::::::::::::::{::\:::::::::::::::::::::::\::::::: l  /  ‐-`、 _ : : : : : : : : :}
         |::::::::::::::::::i ¨`\:::::::::::::::::::: ヽー-' 、__i 、`ヽヽ ヽ、`:_:_:_:_:_:_:/
.二二二二二l::::::::::::::::::l二二 \:::::::::::::::::::‘,二二ヽつ} } } 〉'二二二二二二二二二}
.//////////|::::::::::::::::::|////// \::::::::::::::::::。///////ー'ー'´////////////////////|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃聖王:
┃ まぁ、ここまで軽いノリでやったのは大体、私のママと宰相のせい。
┃ (暗黒)神がそこまで偉大な物に見えなくなった原因は確実にあの二人。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5348 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:14:34 ID:0nVLr5aQ0





                         _   --   _
                     ´             、
                     //    /     / / / \\
                    / /   〃     i  | :|   ヽ \
                / /     |    i|ハ | :|     ‘,  ミ=ー
                   ′     , |   i |从丁¨ヽト、    | iヽ
               | i    ,斗|  |斗ぐム心\ヽ.   | | ',
               | l   { ,r┤  | |人 `ヾ゛ }_V⌒ | }  }
                 !   ∨┤  | |\ ー‐ ′(リ`Y∨ Ⅳ
                     ',   , У|  | |       ´|彡  | ./
             ___   ', //  |  | |     , --ァ   |   |/
             \  ミメ∨    |  | |    ー  イ |  /
               )_,彡厶-――iハ、 ! \  __/ リ .| ./               - 、     王様ー。
         , < ̄ ̄`V     /  .ハ /ー┐ / :|/                / /
          /   \    ` 、    ∧ }/ 「 |     /              / /       とりあえず国中の悪魔縛り上げて
.         /     :.     \   /  L{ヽji  |、                / /┐
        /        :.       ヽ/     Ⅵ'\j \                 /  \i__| ̄}、     牢屋にぶち込んでおいたから。
                   :.               {      ー‐ 、           /    __)//
       _j          }           ‘,       ;        / ___/`ヽ彡
     /「 ̄         /}               ‘,       |,      /  ̄`ヽ__ ノ
.  / /}        . : イ彡                ;      | ',    /      \
   / /     . :./ ∧             |:       | '   /         ′
. /  /           /  \            |:       |  }  /\     /
    }   く\   ∧   ヽ . . : : : : . .   /}        l  ‘, /   ー―イ
.  /     \\_,// ̄ ̄\ : : : : : : : : . . . : : }: : : .     }   V          |
/厶-≠===ァー‐才    /ー/三三三三三三三三》 : : : . . /  〃         |
 { /    / /    /.: {{────────{: :.   |  /{         ;
 〃     / /       人: . {{────────{: :.   l  / :|           ;
 |'    /  {        \{{三三三三三三三三》: .    l    |           ′
 |     {  ∧     \_____彡< ̄ ̄ ̄ ̄{      {ヽ         /
_人.   \ ∧    \_____彡′           〉       } \       /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 宰相シーダースプ。
┃ 何か悪魔を縛りつける縄(鎖?)を作成した凄い人。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5349 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:17:15 ID:0nVLr5aQ0





          ___
         ´二ゝ、\  ...-‐:::: ̄ ̄`::....、  / ̄ ̄\
        /::::::::_`ヽ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::>/:::::::::::::::::::::::..
       ./:::::/:;::-::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::\{l{:::::::::::::::::::::::::::::i
       /:::;イ:::::/:::::/::::/:::/;:::l:::l::ヽ::ヽ::::::::::ヾl::::::::::::::::::::::::::::::l
       l:://::::/::::/::l:::l__/:ハ:::ト_」、-t-ヽ::l::::::}ヘ:::::::::::::::::::::::::::::l
       レ l:::::l:::::::l::rl´l::」`l ヽ{ >r=、`,}`l:::::l_::ヘ:::::::::::::::::::::::::::l
        l:::!l::::::l:::l:::l/bヾ    .b::::} 〉/:::/rヽ∧::::::::::::::::::::::::l
        ヘ| l:::::lヘl::ヘ.マム     ヒソ //l /'  ヘ:::::::::::::::::::::l
          ヘ::l l\ゞ 、      'イ:::/フ´  ∧::::::::::::::::/
           ` |:::lヘ  - 一   /:::/|⌒  /::::}:::::::::::::/
             l:::l. ` 、   _ //_」、  /::::::::l::::::::::/
             'ヘ.{   ` 「_/'=´´/`i/::::::::::::l:::::::/
                  , イ介. /  /`\:::::::l::::/
               ,,, イ/只 〉´  _/;;;;;;;;;;;;\l/
            r;;;;;´_<,イ <// < ̄  \;;;;;;;;_ -‐-、        流石ユーノくんなの。
            /l/「 /´7   /     >i´;;;;;;;;;;;;;}
           .レl, l //  ←´=ュ  i  / |;;;r―‐;;{        じゃあ私もちょっとアーリマン捕まえてくるね?
           {/  l /' /       l /   l;;/r⌒ヽ{
           /   ∨´             l    l;;弋__ノ;l
          {    }           l    l;;;;;;T」;;;;l
         /ヘ   0l           ヘ i  ヽ;;;;;;;;;;「|
       /:::::| ヽ   |              〉  ヽ_/ |
      /::::::::::::l }   l           /.|      l
     ./::::::::::::::l l   0l             / l     / }
    ../::::::::::::::::l 」   }           〈  l    ./ |
   . /::::::::::::::::/l {__{______」/  l    /  l
   /:::::::::::::::/ 「 」L⊥__⊥__」 L__l {   |   /   l
  ./::::::::::::/ / /   |           \  |   /   l
 ../:::::::::::/  / /   /             \l /    |
  l::::::::::/  / 〈   /\           --<l       |
  |:::::::/  /  \/;;;;;;;;\     _ ,,-‐;;´;;;;;;;;l|       |
  |::::/  r==、、|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー;;;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     _」、
  |::::{  /   `.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r===´-―1
  l:::::l ./    l;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{;;;;;;_;-‐;;;;;;;;;;;;;|       |
  ヘ:::l マ ‐-、  |;;;;;;ヽヽ;;;;;_;;;;-‐;f-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l      _」
   ヘl /  l 「=l;;;;;;;;;;\ ̄;;;;;-‐;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;トァ― ´ l
    / i ./ l l;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;;;;;;;l .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| /      l
    l _| }_nrl;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l l  i ,_/'
     ー U‐'' l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| `ヘ_」‐'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 古代イランの第3代目の王タフムーラス。
┃ 王位は30年だけだったが、野生の動物を捕らえて訓練し、戦いに用いることを初めて行った。
┃ 後、彼の王の有名な逸話に―――――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5350 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:21:29 ID:0nVLr5aQ0






    , 、  '1 j  l|
   γ' 1、   |!    l,
   |l1 ij}   |i !,
    Y|l     | ; , ,
    jN!  , ,; l ,ヘ
   ,/ |j  ,j  |! l };
   l  ,  /!  _|! {! jし、. ,
   | ,;! /ソr=キzN三7 ,l!
   ! , {三三Z卞ヘ三三入}!
  , |! 1三「´      弋、
  ,'  , 7Zソ           .i!
  |N 三7    馬     ノ1
   ! {{Z     に    !三}}
   , 三,    な     VZく
   ! YZ    れ      三}}、
    /∧        rfZ三≠-
! ,!  '}}三Zz      ,.イ三「 ̄
\ドヘ、 , \三Zzz,_ノf∨{Y' -=
  }}Zヘ、_, ̄⌒ーヘ ,.



        /, -=ァ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`\   /  ̄ ̄ ̄`ヽ
.       // /.:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr/.:.:-=ミ .:.:.:.:.:.:.:.'.
           /:::: /::::::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::\-::}}:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
        /:::::/::::::::::::::/ ::::/:::::/::::/:::::/ ::::::{:::ヽ:ヽ ::::::V:ハ:::::::::::i.:.:.:.:.:.:.:ヽ: |
.       ,':::::/ ::::::::/::::〃::::/:/::::!:::/|::::::|::::::::::}:::::}:::}}:::::::::∨:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: }.:|
       |::::/| :::::::/:::: {{:::::7:丁:::j:::l`ト::::l::ヽ‐十:::ト:リ:::,'::::::ヘ:::::::: :l.:.:.:.:.:.:.:.: ! |
       ∨ l|:::::::,'{:::::从 ::|∨ヽ八:{ \{ ヽ\{Ⅵ:∧/ ::::::l::}::::::: :l.::.:.:.:.:.:.:. ! |
.          |::::::ハ::::Ⅵ ::{ ィ==ミ    ィ=-ニ_j/ /:::::::/j/:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.:.:! |
            ',:::::l.ハ:::ヘ|::小          `ヾ/::::/}::::l :::::::: l:.:.:.:.:.:.:.:: ! |   そうすれば命だけは助けてやる。
            \{  \{| 八      j      彡イレ |::::l ::::::::::l::.:.:.:.:.:.:.: ! |
                {:::::::ヽ.   ー 一    /' :::,' |::::l ::::::::::l.::.:.:.:.:.:.:. ! |
               ヽ::::{ `ト、      イ /:::::/  |::::l::::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |
                >く/`=≧-z≦=|`∨:/   ! ::l ::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |
         -―――‐'´/ {  /^\.  } /く `ー- L::_:::::::::::l .:.:.:.:.:.:.: ! |
      〃::.::.::.::.::.::.::.::.:/   | /ミ{^}彡, |  ヽ::.::.::.::.::.::.::.  ̄入 :.:.:.:.:.: ! |
      ∧::.::.::.::.::.::.::.::./    Ⅳ/∧\.Ⅵ   ',::.::.::.::.::.::.::.::./:.::|.::.:.:.:.:.::! |
      |::.ヽ_ -――/    ∧く_./ ヽ._>∧   〉――- _/ .::.:|.::.:.:.:.:.::! |
     _|::.::∧ /   `ヽ _/ マ¨ ̄ ̄¨フ\}__,/     ∧ :.::.|.::.:.:.:.:.::! |
.   〃^|::. | ∨    く ̄    \::.::.::./   \     ∨ |::.::.|`ヽ :.:. ! |





         ゝ^イ-彳斗―z_
        _ミ ミ  ∥   =7z-_
        ト_ ー ー - _ミ
         i  _ _ __|>ハ
         ゝ rツ-=- r ツ| | ヽ
         r|u===i===ミミ| |  ヽ    ―――――はい。
         丶 ヽ=≡ゝ | |ー
           ¨ゝ  イ★レニ_,,
          ,',。入Eレイ-¨C| | ~¨ヽ
       _=≦¨ ミ○りー≠-_| | / ヽ。
      ,'  8  W○。゚゚゚。●リ人    `ヽ。
      、    ―   ●// _  。。  ヽ
      /ひ⊃ @≫@  \_  / ̄ー-y_-ー >
     ,'/   \ // // 川 /    /_-ー_/
    ,'〆5  人\-Y | // 川 /    /_-ー_/
    ,′。゚ /  |\Y|Y// |  |    /_-ー_/
   ,'。 ゚ /  |--<>| | / / ̄ーTー㌧_/
   斤ニ V   |┐┐| |/ 斗レ^/ 冫 ヽ | /





.

5353 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:26:36 ID:0nVLr5aQ0




                                   //
                                  ///
                 .  -─…─-  .    ////
            . ´             ` ./////
             /           ヽ     Ⅳ//// ヽ
          /             ___   V//〈  i
            /  .:′ .:′  / / .:  }''"゙"ミ  ∨/∧ |
        /イ  |  l   / .:'  i   }  ̄` ミ.  \/∧|
         |:   |  l ´ ̄.イ:   | .:'    ミ   :} \∧
         |:   |  | / /八  | / 三三 ミ¨Y'   ヾl   もう少し頑張れ、この世全ての悪。
         |:   |   Ⅳ三三 丶|'    , , , Ⅵ }    |
.           八  Ⅳ | , , ,           〈(}ノ    :|
           ヽ| \ハ               _,イ      :|
                 ,込      `´    イ |       |
              〈(   >=-=─r‐<≧、 |       |
              /'  /イ´⌒ヽ{ニ}У 〉゚。 Ⅵ      Ⅵ
                   {'=x ̄ _∧//  ゚。 ∨    |
                   |  ヽ/ 。 》    ,〈  \  .从
                   ゝ ._ノ==lニニl==彡 ∧_/}、 /
               { >===-'/∧__ > } `´ ′
                    ∨7777/////7777/
                   `\ ̄/ ̄\ ̄/
                  `´     `´



      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
      |´|
.     _,k|´|‐´`ー''7____
   k'´: : |´|: : : : : : : :<__
   <´ : : :|´| : : : : : : : : : ,>
  / : : : |´|: : : : : : : : : :,>
  `> : : : |´| : : : : : : :_: : `.、    お前、あれ見て同じセリフ言えんの。
   `、 _,;,;,|´|;_: : : : :,/ .iイ ̄
.   ,f´  . ̄ `ヽi'´ `´ ,!
  /      , '´:`.、-‐'
  ,!,,,,,,,,,,,,__  ',:.:.:.:.:ヽ
 f":::::::::::::: ̄`ヾ、:,;/,!
 i::::::::::::::::::::::::::::::::i ̄
 ヽ,;__'、;;;;;;;;;;;____;イ
.  `ー'    `ー'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ アンリ・マユを鎖で縛りつけて世界を回り、
┃ 王の不在を狙って宰相が封印していた悪魔達が解放され
┃ 王宮をのっとった時も、即座に王宮を制圧したなど……。

┃ もうこいつ一人で十分じゃね?レベルの活躍をしている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5354 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:30:28 ID:0nVLr5aQ0





       __       ___        __
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ....:..´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:......  /:.:.:.:.:.:.:.:.:\
     ⌒二>――-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ
      ⌒ ̄フ⌒ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.八―-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
       /:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\'/∧:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:}
     /:.:/:.:./:.:.:/:.:./:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\/ハ:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ;
.    /:./,:.:. /:.:/:.:/:.:./:| .:.|:.:.:|:.:.\:.:\:.:ヽ:.:.:.:.∨}:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./
   /:./ /:.:.:.:|:.:.:|:.:.|斗|-|‐十:.:| \十┼ト:.:.}:.:.:.:.|/|:.:.: ― ミ:/
    |:/ |:.:.:.::ハ:.∧:.|\l ヽノ\{      ヽノハ:.:.|/|:./     )
    |′八:.:.:| | :.:.Ν:ゝz=ミ   z=ミ、 //}:.:/  ̄ ̄ ̄〉
       ヽ|八:.:.|∨{           /イ)j/ _ == ミ|
           ヽ| |:.:ヘ   丶       |:.|イ 彳     |′
              |:.:.| \  マ 7   . イ|:.| ヽノ      |\
          -‐=l:ノニ/>。 __  </〉|ノニ7      |:.:.:.\
        /ニニニニ=/   7厂  / ./ニ厂{        |:.:.:.:.:.:.\
        |ニニニニ〈   /只 /  | / /∧        |:.\:.:.:.:.:.\ ____
      /|ニ厂  | ̄ ̄| 〈/|」 \ /     /∧      / \:.\:.:.:.:.:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      Vニ|/  |   /ニ /   〉 ∨/        /   |\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ̄ ̄\ハ
       |二|    |  |ニ/   ∠   ∨ ____/    |:.:| \:.:.:.:\.:.:.:.:.:j      )ノ
       |フ八:::... ∧  |/  / ̄ ̄   〉厂          j:.:|  ):.:.:.:.:.:).:.:.:.ノ   /
       /   ∧::::::::::\| /:::::::......   //         _ノノ /:.:.:.:/:.:/
        |   |  :::::::o\::::::::::::::   /          ⌒ ̄ /:.:.:.:/⌒
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 最初はライダーで召喚する予定も無きにしもあらずだったけど、
┃ アンリマユの扱いが面倒過ぎたのでデータ作成前に却下された鯖候補。

┃ 聖王イマはインドでヤマと同一視されているので神霊要素が無い訳ではないけど、
┃ この人は確か完全に人間だったはず。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5355 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:33:39 ID:0nVLr5aQ0





                          __.. - ''  ̄¨7
                          r'´   _,,,∠
                     _ .-└- 、∠´_ ノ豸
            _.._-_''_三_`_〆´        ⌒ミZナ 、
         , .‐'´ ヤ⌒ ー、/       、  ヽ  ゞi`ヽ、
        く     \彡イV   / / ,' ハ  ヽ  ヽ、 \ _
         \ !  ,>Zンi   / / /j j ゙i,. - 、 }、\ゝ、\
          ゞLくイ  ,イハ  !r'/⌒//  | i }ト!  ト 、 `' !  \
           / ヽ /ミ|ト| ,ィ|_ムノ_/   Hゥt}i  ト、`''ー┼ … 1
           /   X/!∥ V|| Yi'ー|,`    ヒレ ハり\\  |   |
         /    ミジ〃| |   ! ll`¨´     " 八j  ヽミi !/^ゞ
       /    V   l|  i.ll|、   ,ー⌒'く从|\_  i
      /  _  |    !l゙i   .lト!|ハ>':´::::::::::::::::` ー 、 ヽ亅
     /,.‐'´  ヽ亅   l、\ 刈ヽ\::丶:::::::::::::::::::::::::「::ヽ、
     '´            斤リ:.:.:.:.:.:.\::\::::::::::::::::::::i!、:::::\
              /⌒V八 `へ、:.:.:.:.`、:::丶、:::::::::::!::l::::::::::::\
              〕 iへ;;__`ーく >- 、_{::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::丶
             〈ン ┤::::::::::\ く〔   〕-:ー::…::-::::、 ::::::::::::::::::::}
              匸 l , -- 、_`一ラ'´::::::::::::::::::::::::::::|1`'ー_-、::j
              じ.{:::::::::'::´:::::ノ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \i 丿
               Xl::::::::::::::厂::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::|ト, 、 ヽヽ
                |:::::::::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|!. U \ソ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――まぁ、>>1の拙い知識をもとにした説明だったので、
┃ 恐らく細かい部分に多々間違いがあると思いますが、
┃ おおむね間違いではない―――はずです。
┃ ゾロアスター系は資料が少なくて割と調べるのに苦労しますね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5356 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 18:34:41 ID:l8IuXUwk0
ならなんで主人公鯖候補にしたしw


5357 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/30(月) 18:39:37 ID:0nVLr5aQ0





                                 i' l´l^i
                                ∩! .i .l .|`!
                                | `    l
                                 、     ノ
                                   `   i´
                               r、 亅   |
                   _ -―  -  _    l ゙ l    |ヽ
                 r '^         `ヽ  !  ` _.i、 ヽ
                 〃            Y7       ̄  l
                 Z   /  . 、  `i  ミil             l
                l∧/∨   ヽト\ナ  |ミll          |
.                 / |. ┃   ┃ !  !rt.|           l
                   l  ┃    ┃ |  l′!              |    >>5356 せっかくの聖杯戦争なんですし、
                ' / l 〃 r-一. 〃|  |_/|               |
               ′ l ヽ  ヽ__ノ   ィ  |て!       〉             国際色豊かにしたいじゃないですか。
              〈∧__l l ` ー┬-‐" l.  | )!      ∧   /
                 )∨r卜ヘ 〃  l ヽ ' )l       /  ヽ__/          国際色といえば、参戦している中国鯖さんの宝具の種別が「対日宝具」だと
               / ) /  l  l!  /  l | ) l    /
          _,. -‐'^"  ) i  .|   |/  ./ | lノ   ´                 やっぱり各所から怒られちゃいますかね?
  l´ヽ_  - ' "        )′ |  〉  /   |ヽ  /
 ノ  l             /  ̄ ̄ ̄ ̄    l   _
(__!            ヽ          ヽ ム
    ぃ            〃         /  Z
    ヽ           ∧          ゝ  }
     ’、         、 l          l7_/
                ∥          |7 `ヽ
         ヽ          |!             |7、   >
         ヽ  __  /|          |7 ヽ/
           ̄     .|            |゙
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――それでは、そろそろ外出時間が近づいてきたので、
┃ 本日はこれで失礼しますねー。

┃ 皆さん、また明日お会いしましょう♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5363 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/30(月) 19:55:04 ID:LNY7jY4s0
まあ、まずは各陣営の鯖の真名調べんとなー
個人的には、黒のキャスターとか怪しいんで再優先で調べたいが…

あ、wiki新設しました
ttp://www61.atwiki.jp/yaruo_lunatic/pages/1.html


5370 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:17:25 ID:ALzujmTc0





      /             /    ヽ   ヽハ
     /           /i     ヽ.  i彡i
.    ,'     / Z ,イ / ! ハ‐、‐- 、 |彡|
    i   /  /  i i i i/ .|  i l 、、 `ヽ   |彡|
    i /  /.i il i i.ilハ |  l i ヽヽヽ.i.   ハ. i~'
    レ' i  / ! lハリ__i_ヽi  V,.===く |   l |
     | /  i iv'´ ̄ `         |   i ト、
     リ!  Kノ             |   l | ヽ
      |  il、      ___    ! i  il |
__      .|  li ヽ、   「      !  ィ  !  ll |
ヽ ヽ    |  ハ ハ>  _i、   .ノ .イ i! ハ  リノー‐
 ヽ ヽ   レハj レ' ヾ i__ ! ̄   ir レハ/ ! /
  ヽ ヽ    !   ,.-'´ |i .ノ    / 〉ヘ  レ
   r'  }  ___,.イ   .|i !   //.  ヽ
_ノ´ ̄`ヽY´ ノi    .|l l //     〉、
     .ノ./ .|     .|l レ'/     /  ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ただいま帰宅しましたー。
┃ 今日はお酒には負けませんでした。
┃ そしてWiki作成ありがとうございます♪
┃ まだOPも終了していない段階ではありますが、今後ともよろしくお願いします。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5371 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:20:36 ID:ALzujmTc0





             , ィ' ´ ̄ ̄ ̄` ヽ、        ムマ
      ,ィー―tz、/‐ァ: : : : : : : : : : : : :ヽ、      ムマ
   r<´_,ィ' ´ ,ィ': :`フ: : : :/: :/: : : : :ヽ : ヽ、    ムマ
   {      ハ、_/: : : :/ / ./: : / }: : : }: :ヽヽ、  flムマ
   `ヽ、   1ヽ、/: : {: :{/: :/: : :/: :!}: : : }: : :}: :} ./.ムニL
      }   !: : : } : : }: :{:-ァt、 :/! /!:ト、: :}: : }: :レ'/ tニZ´
      !   i: : : }: : :{: :} / } : ハ// } レ}ー!: :レ'" ´z=t、}
      Lィ-ァ!: : : !: : :} : !,イZニt、!/  .>レァハ、/!   ィt、i
       /}: : : :i : : !: :}、!Zシ    !Zソ/: :!/  ./ムア
      /  {: : : :{ : : {: :} !      ,  /: : :{   .{キメ!
     /   .! }: : :!: : : } :ト !   、 ,  ./: :}: :!   {!ヾi
    ./    Lハ: : { t、 :{ :}、}`ヽ、_, ィ' ´}: : !リ}   .!:: !
    { _,ィ-tソ  ヽァー、ヽヽ!ミt、 .ヾミtzイハ }: :!i  .}::: !ヽ
    Y´  `ーァーゝ、_ヽアt、}三ミt}}三ミ!,イノ ,イ}  !:: ハ、}
    !____/     `ー--t、_ヾt三ニ}イ/ィ´ヽ .i:: i }ヽ、
   /    {           `ヾ!ニニ!{´   V:: i  } .ノ
   !     !              フ´!   _!:: i  K
   ヽ、_  }             /  }   ムマ ノ ヽ
      ソ´  !            /  /   ムマノ  }
     ヽ_ハ           ./ /   ムマ    !
        !_}          / /   イムマ   } !
         ト、!         }    / ムマ   ノ }
         ! ヽ   >、   ./   /  .リキソ  /   }
        i   トー'  ヽ、 /   /   マイ  /    }
        {   }  /   } .!   /    }!リ /     !
        }   !  /   V.   /     V/      }
        !   .}ノ   ./ {   /      }       i
        {    >、_ノ {   {  i     .ト--ァ―r-'
        ヽ_/      !   }  }     ! /  .}
          /      {   .i   }     V    !
          /      !   }   {      }    }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ そしてまぁ、流石に今から開始は難しいですが、
┃ 折角Wikiも立てていただいた事ですし、
┃ 残りのデータ一つも開示しちゃいますね。
┃ 人がおりましたら、適当にとっちゃってくださいな♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


※安価↓2

1.《宝石のついた高価そうな護符》  難易度:ノーマル
2.《腐食した金属片》          難易度:ノーマル(イージーより)


5373 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 01:20:59 ID:j6f3YyXU0
2

5376 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:24:52 ID:ALzujmTc0





                                                ┐
.               ___.             |\_/(____             /__, /
              | |  ∧       /⌒ : : : : : : <         // //
            「 | | |__〈,/∧     : : : : : : : : : : : : : . \      └  //
           | :Lノ   〕 〈,/    ,/. : : : : : : : : : : : : : : : .\         〈/
.           / __ /´      厶: : :/)_∧: :|、 : 斗 : : 「`      ,/〉 __
.          〈/|:{/ /         /: l^ ´三〕 : |斗rセ∨)リ      〈// /
             ∨ /           '⌒}ゝ--く^ ∨ ∨ノ |′        ,///
            / /               Ⅵ:i:i∧ ̄ ア  .イ        (/,//∧  /
.           / /               n〉, : :∧T爪⌒Y           〈/. ∨, /
         ∨     〈〉∧    ⊂/:i:i7~ ̄⌒ヽ:/:              //
             / 〉  /〉∨     _,ノ乂i:{:_:_:_:_:_:/: : '           __彡'゙ /〉
.            / /_,//         ̄~:|‐‐┐: }i{o: r┐'.        〔二〔 //
          / r‐=≦             厶_:_:_:_:八:_:_:_:_:_〉         [二[/r―‐‐┐
.         / /´,/〉 ⌒ヽ        └‐‐=≦}ノ:‐‐―┘       ∠/⌒^ア/
        / 〈// / /       /. : : : :/゙く⌒ :!              /人\
.       〈____/   //         /. : : :/   | : : : |            〈/   ̄
            /.           ′ : :    ¦:/: :          〔二二 7
              ┐          L.,__/     ∨‐┤        ___/ /
         〈__/          └‐′      ̄           └―‐‐
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 我こそが彼の聖王と対になる主人公鯖。
┃ その真名もフランシスコ・ザビ―――!!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5377 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:25:52 ID:ALzujmTc0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ランサー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】クルサースパ                【レベル】80           【アライメント】秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A】50      【魔:B】40      【運:E】10     【宝:EX】70(100)
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】善善善    【魔力】220/220    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

                                                ┐
.               ___.             |\_/(____             /__, /
              | |  ∧       /⌒ : : : : : : <         // //
            「 | | |__〈,/∧     : : : : : : : : : : : : : . \      └  //
           | :Lノ   〕 〈,/    ,/. : : : : : : : : : : : : : : : .\         〈/
.           / __ /´      厶: : :/)_∧: :|、 : 斗 : : 「`      ,/〉 __
.          〈/|:{/ /         /: l^ ´三〕 : |斗rセ∨)リ      〈// /
             ∨ /           '⌒}ゝ--く^ ∨ ∨ノ |′        ,///
            / /               Ⅵ:i:i∧ ̄ ア  .イ        (/,//∧  /
.           / /               n〉, : :∧T爪⌒Y           〈/. ∨, /
         ∨     〈〉∧    ⊂/:i:i7~ ̄⌒ヽ:/:              //
             / 〉  /〉∨     _,ノ乂i:{:_:_:_:_:_:/: : '           __彡'゙ /〉
.            / /_,//         ̄~:|‐‐┐: }i{o: r┐'.        〔二〔 //
          / r‐=≦             厶_:_:_:_:八:_:_:_:_:_〉         [二[/r―‐‐┐
.         / /´,/〉 ⌒ヽ        └‐‐=≦}ノ:‐‐―┘       ∠/⌒^ア/
        / 〈// / /       /. : : : :/゙く⌒ :!              /人\
.       〈____/   //         /. : : :/   | : : : |            〈/   ̄
            /.           ′ : :    ¦:/: :          〔二二 7
              ┐          L.,__/     ∨‐┤        ___/ /
         〈__/          └‐′      ̄           └―‐‐
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
○対魔力: A
   A以下の魔術は全てキャンセル。 事実上、現代の魔術師ではランサーに傷をつけられない。
   ランサーの本来のランクはEXなのだが、知名度補正とサーヴァントになった影響で弱体化している。

   [DETA]
     ステータス選択で【魔】が選択された時、敵陣の【魔】に「-50」のペナルティ修正を与える。
     この効果は自陣が【魔】を選択した場合、効果を発揮しない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5378 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:26:52 ID:ALzujmTc0

                 , . : ´  ̄ ̄ `: : : 、
               , : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、
             イ:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、
            /:/ , i : : : : : : : : : : : : : : l:: : : : : :
            7: : :/l:: : : il: : : : i: : : : : : :l: : : : : ::!
            /:ィl: / iト,: : l l:: : ∧: : : : : : : : : : : : :l
            7: :j ̄´ ヾ:.l  ̄ ̄ヾ: : : : :l!ヽ: : : : :l
             l:/ "" ____ """ ヽl\l ).! : : ::N
             {    !     }      l.ノ: : : :l
                ヽ    ノ     イ: : : ∧/
              `  . _  ̄     .ィ: : : :/l::/
               ,.ィニ7ー7ニ7 ̄ヽイ:/
         ,. -=-―- 、.!ー' ̄ァ-‐'"   ヽ
       /      //‐'"´         }
        廴 __,. <_          _ イ /
             /    ー--― <   ./
          /  O/    ヽ '"    /
         /     ./        /
         / 7 0/     ┌    {
        ;'/   ./       !     i
         /    ハ      ―- _V
       {  _../!  \         V
.         i    l  .  ー--  .___}
         |    |            l
         l   i            }
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【保有スキル】

○魔力放出(光): A
   武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
   ランサーの場合、光輪より発する清浄な光が魔力となって自身の肉体に宿る。

   [DETA]
     このスキルを使用する毎に、魔力を追加で5点消費すること。
     ステータスの比較で【筋】【耐】【敏】が選択された時、このキャラクターのステータスを「+10」する。
     この効果は比較で該当のステータスが選択される毎に使用可能。
     さらに上記のステータス比較に勝利した時、ステータス1つにつき自陣の勝率に「+10%」する。



○無窮の武練: A+
   ひとつの時代で無双を誇るまでに到達した武芸の手練。
   心技体の完全な合一により、いかなる精神的制約の影響下にあっても十全の戦闘能力を発揮できる。

   [DETA]
     このキャラクターが受けるスキル、及び同ランク以下の宝具によるあらゆる数値的ペナルティを無効化する。
     さらにランダムステータス選択時、任意のステータス一つを選択肢から除外できる。



○対反英雄: B
   生涯にわたり竜、怪物、怪鳥、悪魔、悪人などの邪悪を打倒してきた武勇の具現。
   悪心を持つものはランサーの側にいるだけで全てのパラメーターが2ランク下の物に変換される。

   [DETA]
     「○怪力」「○竜の息吹」など怪物、魔物としてのスキルを持つか、
     アライメントが「悪」属性のキャラクターの全ステータスに「-20」のペナルティ修正を与える。
     このスキルは戦闘に参加するすべてのキャラクターが対象になる。



○カリスマ(真): A+
   積み上げた善行と高潔な精神、誠実な人格により周囲の人々を惹きつける人的魅力。
   だが、ここまでくるともはや人望ではなく魔力、呪いの類である。

   [DETA]
     このスキルの効果は、互いに味方同士であると認識しているキャラクターのみ対象となる。
     対象となる任意のキャラクター全ては、戦闘以外で行う判定の成功率に常に「+30%」の補正を得る。
     このスキルはあなたがその場で判定に参加していなくても効果がある。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5379 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:27:44 ID:ALzujmTc0






                                                    /ヽ
                                              /   }
                                 /ヽ                ,r==く    /
                             / .∧           圦 /    /
                               /:)   ∧         /` ̄    /<´
                           /'´   ∧.      /       <´
                             /      ∧     /    <´
                      ヘ /::}      ∧ / rx<´
                      ∧ \/   /   τ!´ ̄/:::|
                       /::∧   \/::::{  λ|_。{:::::{     -   ̄ ̄ ̄
                     ∧:::::∧    \::::!__ ξ|ノ ̄〉一  ̄
                      / .〉:::::::〉    \/ ν!丶./
                  / ./::::/         〉 ζ「 ̄
                    / ./:/       / λ/
                 / ./:/   >/   ` ̄レ
                   / ./:/ /::/       _}
               /::::::/   ̄      /
              ,/:::/    ......:.:.:.:.:::} /
             /_ー―――――-┬
.            /ξ   ____     -='
            /__   (::::::::ノ-=≦
.           /:::/   -=≦ニ/
              ,仁ー=≦ニニニ/
            /ニニニニニ/
.         /ニニニニニ/
      /ニニニニニ/
     /ニニニニニ/
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

 カウィ・クワルナフ
  『王の光輪』
  ランク:EX  種別:対界宝具  消費魔力:50

   手にした者は人のみならず、悪魔をも統べる大地の支配者の証とされる光輪。
   王権の象徴であるこの宝具を通すことで、ランサーは世界から莫大な支援を受けることができる。
   真名を解放することにより、その地を一時的に“ランサーが支配する国”として世界に認めさせることで、
   ランサーは知名度補正を無視し、彼の母国で召喚された時と同様の姿とステータスを得る事ができる。

   [DETA]
     この宝具を使用しない場合、ランサーの【宝】は70になる。
     戦闘の開始時に使用を宣言する。ランサーの【宝】を除くすべてのステータスに「+10」、
     レベルと【運】のステータスにさらに「+20」の補正を加える。
     さらにスキルのランクと効果が下記のように変更される。


○対魔力: EX
   [DETA]
     ステータス選択で【魔】が選択された時、敵陣の【魔】を「0」に変更する。
     この効果は自陣が【魔】を選択した場合でも効果がある。


○無窮の武練: A++


○魔力放出(光): A+
   [DETA]
     ステータスの比較で【筋】【耐】【敏】が選択された時、このキャラクターのステータスを「+10」する。
     さらに上記のステータス比較に勝利した時、ステータス1つにつき自陣の勝率に「+10%」する。


○対反英雄: A
   [DETA]
     「○怪力」「○竜の息吹」など怪物、魔物としてのスキルを持つか、
     アライメントが「悪」属性のキャラクターの全ステータスに「-20」のペナルティ修正を与える。
     また敵陣にこの効果の対象がいない場合でも、敵陣の全てのステータスに「-10」のペナルティ修正を与える。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5380 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:28:48 ID:ALzujmTc0





                      __ _
                   /    > 、__)
                  イ   ノ,_     ∧
                  ノ, 彳イシtiシノ,/}∧
                   ヲ 〉;   、 ´.>イ レ `
                    v`:::.. . ゙/
                 <≦t¨;;,{¨
               /     / }:',ヾx ミx 、
              {i::i    ′  '::, y ',',>、
              } ':, /ム ';;,,,,;, ''';; , ';,,,;i ∧
              |, .';;,,;'|} ,,,ヾ、,,,;;;;"" 〉 コ;;,;'トx
              |:, /,; △ンx'''゙  ̄,,,,; '''、'' };レ   \_
                } ';; テ'''∨` ,,,,; '' ;,;; 、 , Y\ `゙  }t} ̄vtfヲー=->- {::、=、
              ノ ソ}   \  ,,,;;;;,,;  } ';''} ソヲ`f-__|r{ -―ゞィt、`  √t、 } iト
              | l ∧    } ;;, `,   ′;|ムソ r5  tl ̄  〉:::::::::`:ヽS:::::ヾth、
                 { l  〉 __}  ''''';;  l ';;i′ tk  tj   フwVソ`wヽ::::::::/:::`Y
      \ \     | ' ./  ∨ >--==__ {: ;|__ト1  tt       ′¨i:i:i、::{:::::::|::
       ´A∧     |  |  /´ ___, 、_ ト-=イ≦i トi tj          i i;| 、:/:::彳
            \\  |__|  r ´ __, 、 ト、_ }トヘ∧ュイ        _>i:ト:レ/ 彳:
            \\j ノ .Y_> ___  , ,/  〝 ミ ,.ト,        ⊆ッw彡:::ィy¨:::::
         ,_>-―――-=彳///ri   i .{   r- リ \_       =ソハ》=tvy::::::::::
         ` <   ;,,  ;;;,,,,,r彡レ____ .∧  ’q' }` Y         ̄ , r=yA,::≦
           ` <,,,/  ,   '';;,i///// \ ξ / ∧            l::::::::::::::yr
             /_..,,,,,,;;, ';;, ,.'; ';l|〈  ∨¨/ ,/} ト///i\        ∨:::::::::/::ゞ
            ヘt` <>;;;,,;;;; '  |∧  イ  ';;;;';' .|ii∨¨ {         .∨:::丿\
           トリ / /ii| ` t=z-- y'''∧\{    }...|iiii}   |         .〉:::|:::::::::
       _, -= > ´ //|:|  `´ >'' .∧テ\_=、;...|i|ii|___|         {:::::::::イ
   _ <´ /   >´ ̄`ー―‐=ー=≦\:/,=-、/ . |iiiiii}            ∨:/:::::}:
 ,<   / _ > フ          `=≧/ (:::::||ll\ |iヽi|             ∨:::ムt;
´    />´   /     ,___ ___==、 \}-へ lト||...\iiii{_            ハィy
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

  アルワルタ・クワルナフ
  『輝ける善の光輪者』
  ランク:A++  種別:対人宝具  消費魔力:50

   最終戦争にて“輝く光輪”が無ければ倒せない暗黒龍アジ=ダハーカを打ち倒す武勇の具現。
   暗黒神勢最強にして最速、地上の動植物、人の3分の1を貪り殺しす暗黒龍の千の魔法さえも耐え切る肉体そのもの。
   ランサーはその力で悪魔ヒタースパ、海魔ガンダルワ、怪鳥カマクなど無数の邪悪を撃滅している。
   その一撃一撃が対城宝具級の破壊力を持つ粛清の化身であり、
   「王の光輪」による世界からの補助を受けてなお、莫大な魔力を消費するランサーの最終戦闘形態。

   [DETA]
     この宝具は『王の光輪』と同時に使用を宣言し、「対城宝具」としても扱う。
     【宝】を除くランサーの全てのステータスに「+20」の修正を加える。
     さらに「戦力の優位」を1つ得る毎に最終的な自陣の戦力値に「+【宝】」の修正を加える。
     また、この宝具の効果中、ランサーが習得しているスキル全てを、同ランクの対人宝具としても扱う。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5383 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:30:49 ID:ALzujmTc0





            _,,. -‐. . . .、
           /: : : : : : : : : :\
          /ィ: : : : : : : : : : : : : ト 、
         イ/: : ハ: : : : /∧: : : ミ_
         /ィ: : l: l: lヽ: : : :,ヘ: : lヽ
          7: : : : :l: : : : :{`' iヾ
           ゙ヘ: : : :/:kト'_ /
            l///////ム
        _,,. -イ//l l/////≧z _
       ////////ll////////////ハ
       //l//////ll////////// ///l
      ///l//////l///////// ////i
      ////l///// ll//////// /////l
     //////l/////ll///////:ハ/////il
    //// /∧//// ll/////////l/////l
    /////// l////;ll/////////l/////l
   //////ノ  l//// ll/////////l/////l
   l//////,  l/////;l/////////;l////∧
   ∨////l  ///// ll//////////l/////ハ
    V///∧//////ll///////////l/////l
    .∨////l/////;ll///////////l/////ム
     .∨///l//////l///////////.l//////l
      ∨/ l///// ll////////////l///O//l
      ∨/7==--====≡≡≡≡彡l//////l
       < l//////∧//////////l l//O//イ
        l/////////}///////// l 7-- 7
        l/////////l///////// lrYl   |
       .l///////// l/////////l ゝ<///
       l///////// l/////////l
       l////////  l//////// l
       .l////////   l////////l
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 スプンタ・マンユ
『この世すべての善』
   ランク:EX  種別:対界宝具  消費魔力:-

   当初、あまりの武勇と善徳ゆえに天の国へ入ることを神に拒否されたが、
   天使やゾロアスター、地上の動植物までもが彼の天国行きを推薦し、最終的に天の国に行った逸話の具現。
   この世全ての願いと祈りの結晶であり、神の決定を覆したことで因果逆転の概念を有したこの宝具は、
   “ランサーの死後、彼に託された願いをたった一つだけ叶える”ことができる。
   ただしランサーの魂を受け入れた聖杯は善の魔力に染まるため、万能の願望機としての能力は失われる。

   [DETA]  この宝具はランサーが消滅した時、自動で発動する。
          ランサーに託された願い1つを自動的に叶えることができる。(あまり強力な願いは無理)
          また、ランサーの魂が入った聖杯は善に染まる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5385 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:33:49 ID:ALzujmTc0





                 , . : ´  ̄ ̄ `: : : 、
               , : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、
             イ:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、
            /:/ , i : : : : : : : : : : : : : : l:: : : : : :
            7: : :/l:: : : il: : : : i: : : : : : :l: : : : : ::!
            /:ィl: / iト,: : l l:: : ∧: : : : : : : : : : : : :l
            7: :j ̄´ ヾ:.l  ̄ ̄ヾ: : : : :l!ヽ: : : : :l
             l:/ "" ____ """ ヽl\l ).! : : ::N
             {    !     }      l.ノ: : : :l
                ヽ    ノ     イ: : : ∧/
              `  . _  ̄     .ィ: : : :/l::/
               ,.ィニ7ー7ニ7 ̄ヽイ:/
         ,. -=-―- 、.!ー' ̄ァ-‐'"   ヽ
       /      //‐'"´         }
        廴 __,. <_          _ イ /
             /    ー--― <   ./
          /  O/    ヽ '"    /
         /     ./        /
         / 7 0/     ┌    {
        ;'/   ./       !     i
         /    ハ      ―- _V
       {  _../!  \         V
.         i    l  .  ー--  .___}
         |    |            l
         l   i            }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ スマン、解説まだ書いてなかった。
┃ だがまぁ大体宝具の説明覧に我の伝承は記されているから、それで簡便してくれ。

┃ ―――聖王陛下を選択していた場合、
┃ 我から“王の光輪”を得る為に闘わないといけなかったという。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5387 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:37:19 ID:ALzujmTc0





                  _
               _,,. : : : : :`: : : ..、
           _,,. y‐ ,: : : : : : : : : : : : :\
         i Y '   /: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         l/    ノ: :/: : : : : /: : : : : : : : : ,
        /,,.-' \/: : /: : : : : /: : : : : ::l: : : : ',
       /ィ////≧: :/: : : : : /l:i: : : : : :li: : : : :,
       /////////:/l: : : : :/ lヘ: : : : lレl: : :l: ハ
      //////////イ/: : /` -- l: : :/7_ l: : l∧
     //////////从ヽト  ミ==ィ l/l/ z=イ: :リ
    //////////l//ヾム       、  从l/\
    //////////i//////\   _   人////ヘ
   //////////l//////\ミ\` - ' イ////////}
   //////////il//////// \7 ///////////ハ
  ///////////////////////////////////∧
  ゞ /////////////////////////////////∧
      ////////////////o//// _,,./∧//////∧
     ///////////////////// l/∧////////∧
     /////////////////////l/// ∨///////∧
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ザビ:
┃ 『この世全ての善』はまぁ、完全にイベント専用宝具だな。
┃ なお“善”の魔力に染まった聖杯は人の欲望では起動しないため、
┃ 基本的にどのような願いも叶えなくなる欠陥品になる。
┃ この辺り、B.B.の『黄金の杯』とは正逆の関係になるな。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5388 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 01:37:38 ID:7j0sW0ak0
魔力不足になった時に仕掛けるしか…w
ちなみに、対魔力EXってもしかして対魔力貫通系のスキルでも無駄ですか?(ステ自体を0にするし

5390 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 01:40:18 ID:RL4xieK60
ちょっと顔出すの止めてて久しぶりにキター! と思ったら色々と大変な事に……
NWはアニメ見た程度のにわかでコミュ安価に参加する程度だったけど楽しかったです、具体的に書くと長くなるのであれですが。とにかくお疲れ様でした
んでもいつかまた>>1のNWネタ(エタった学園迷宮じゃなくてもいいので)見れる日を待ってるよー


5391 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:40:42 ID:ALzujmTc0





              ./: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
           ,;: ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
           /: : i: : : : : : : :i: : : : : : : : : : : : : : : : : \
          /: : ::i: : : : : : : :ト;: : : l:_: : : : : : : : : : : =≧
          /: /: :{: : :/l: : : : レ-匕ヘ: : : : l: : : : : : : : l
         /イ: : /≧-k: : : : :',ィ=≡ミヾ: : ト:/ ヽ: : : l    >>5388 『対魔力』貫通系なら通るんじゃないかな?
           i:从_,ィ=ミ∧::iヽ,:l  ヾl  ヾ:l /y /: : : :l
           {: : ハ  /           / /: : /ヾl         EXランクは必要だろうけど。
            l: : :l  ヽ          /イ: : : ∧
           l ::八   r    7     l: : ヘ:/
            ヾヘ   ヽ-  '      ヘ/
              i:ヘ       イ _ _ ム
                  -=7_,,. -マ///∧//∧
                 r////////l////∧//∧
                 l////////∧/// ∧//∧
               ///////////∧-=≦/// ∧
          _,,. -‐''"///////////////////////// ≧ z  _
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ザビ:
┃ “欲望を持たない善徳に溢れた人間”なら使えるけど、
┃ “欲望が無い=願いも無い”訳だから無用の長物でしかないという。

┃ ちなみに我も願いは特にない。
┃ マスターの喚び声が聞こえたから応えただけだし。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5395 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:44:01 ID:ALzujmTc0





                                                ┐
.               ___.             |\_/(____             /__, /
              | |  ∧       /⌒ : : : : : : <         // //
            「 | | |__〈,/∧     : : : : : : : : : : : : : . \      └  //
           | :Lノ   〕 〈,/    ,/. : : : : : : : : : : : : : : : .\         〈/
.           / __ /´      厶: : :/)_∧: :|、 : 斗 : : 「`      ,/〉 __
.          〈/|:{/ /         /: l^ ´三〕 : |斗rセ∨)リ      〈// /
             ∨ /           '⌒}ゝ--く^ ∨ ∨ノ |′        ,///
            / /               Ⅵ:i:i∧ ̄ ア  .イ        (/,//∧  /
.           / /               n〉, : :∧T爪⌒Y           〈/. ∨, /
         ∨     〈〉∧    ⊂/:i:i7~ ̄⌒ヽ:/:              //
             / 〉  /〉∨     _,ノ乂i:{:_:_:_:_:_:/: : '           __彡'゙ /〉
.            / /_,//         ̄~:|‐‐┐: }i{o: r┐'.        〔二〔 //
          / r‐=≦             厶_:_:_:_:八:_:_:_:_:_〉         [二[/r―‐‐┐
.         / /´,/〉 ⌒ヽ        └‐‐=≦}ノ:‐‐―┘       ∠/⌒^ア/
        / 〈// / /       /. : : : :/゙く⌒ :!              /人\
.       〈____/   //         /. : : :/   | : : : |            〈/   ̄
            /.           ′ : :    ¦:/: :          〔二二 7
              ┐          L.,__/     ∨‐┤        ___/ /
         〈__/          └‐′      ̄           └―‐‐
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃ザビ:
┃ >>5390 ありがとう! そしてエタってごめんなさい。
┃       とりあえず今は新しく始めた奴を完結させるの第一で頑張る!

┃ そしてまぁ、最後に一騎だけ残っているのも何だし、
┃ 彼女も紹介しておくか。当初、主人公鯖として想定していた者だ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5397 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:46:47 ID:ALzujmTc0





                          _    ィ、/}
                  _‐< ⌒ ミ( ノ ) ノ>_
                ‐ ¨¨ . .‐-< ‐-   ¨¨  ノ
              (≦三爪^:.:. :.:.:.:. ヽ¨¨≦彡
                    ノ.:.:.:ト:.\' :.:.、:.:. :.:.、:.:.、
                 ー:イ:. .:.:K ゝゝ杙ソメ:.:.ゝ=ー:.:.:.:.:.=ー…
                 从:. .:ト伐    ノ:. :ハ):.:. :.:.:.\
          -…ー.:.:彡个>:込  -' 〃:.:(:.(   :.:.:.:\
         (     (   .リ: .i:.:|:.〈⌒7'^(:.:,.:.:.\:.:.       …‐  ===. . ._
      (      .:.:y  ( ノ.:ノン>天イ ソ ̄ ヽ:.   ー .:.:.:ニニ =ー       ̄)
       >  ー=…   /:.:.:.〈/ 几 ン    :. :.:.
      ':.:/  .:., ―  __:.:. 〈⌒ネii ゝzzx  〉:. :.:.   ヽ:.:.      )
     (      ' ィと⌒   < 丁 价 / ツ¨¨:.   :.:. :.:.从:.:.    /
          レEヨ|  ^>     ‐=   / /:.:.:.       小\:.:.  (
           [ヨ|     ヽ_>  __ イ  ∧ -…7 :.:./:./ :.:) \:.:. \
             {  }        ./ iii     Yz_   / :.:.
                   乂  尤 ¨¨⌒ゞ   〈   (
_     _    |  |-―  ¨¨             \ 〉    _:.:.彡'
    ー__.」_>< |  |    /              ヽ            __
 ̄二ー <    辷.|  |           ノ      、ー==        ̄     ̄
    ‐- .>,仁二|  |    ー―…               >  ー…―   _     \
      ̄ニ‐| ̄]_|  |                       払_     >
_       下ニ|  |                     }二          >            )
   ̄ヽ      > |  |>,               イ二抖
     }    \ニ-|  | < >_     廴   イ二|_|  \
    ノ      \.|  |     ‐ニ< >二二二/ ̄/      |  \
    _-         _|  |   /    < >  ̄    / |                /
  (          |  |
    ‐ニ二二__|  |         /       /
     \二ニー…-|  |       /          /   八     )     /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ランサーとか、かなりイージーモードに近いノーマルだからね?
┃ 私は普通。超普通。というかこういう殴り合いは
┃ 私の騎士共の仕事でしょうに。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5398 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:47:31 ID:ALzujmTc0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のセイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】シャルルマーニュ           【レベル】70              【アライメント】秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40      【耐:B】40     【敏:C】30     【魔:D】20     【運:A】50     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】帝帝帝    【魔力】190/190    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
              __
               ヽ \
          _,r── 、 | ヽヽ
          ‘ー-、\l ヽ | ヽ ____
         ,r≦二ヽーヽl Уチ圭圭圭圭≧=zx
         \__,≧≦圭圭圭圭圭圭圭圭f' ̄`ヽ   _...─‐ァ
              >' ̄ ̄ ̄`"''寸圭圭圭{  ヽ   !_,ィ´ / /
            /     /      `"''寸z、_ o} ̄`Y-<_
              , ' ',  /   '   \   ヽ   ヽ`寸≦  c!-<─<>
          / //  ,'  , | -===ヽ ヽヽ -==!  ヾ≧<_,r‐''"´
          ,'__' !__l|  | ||ヽ  ,.─|-!-| ゙、 | |   ヽ圭ヽ
          |__|_|-─|/厂|l ヽ ,rァ=zト、 |l | |     | ̄´
          ∨l ! l! |ヽ,rァy\ X {::::c小 ! |' レ'    |
          Yλヽハ i!|:::rl ヽ  乂::ソ |lリ  )     !
           ヽlヽ.|\ヽ ヾン ,     """  l  ,イ      l
           | ! |   |、''  - '    / ((
            _ノノ j   ハ>   __   </!  / ̄`)    、
           ( ̄ /|   |   ___| _..-/   /__
           / ,'  /二7´>f< /   //   `ヽ、    、
             / / ,rァ’:::≦Y:::T≧='  ,' ,'      `ー-、
         ィ_,イ  Y:::/::::ノiiii{::::У  l.、|             l  ヽ
       /r' /  ∧':::::::イiiiiiλ:::l   |:∧      _,rz-、 |
      /  | ,'  / ∧_,イ_!iiiii´|:Ⅵ   ! ハ    ,rチンr─ア    \
     /  _.ィ ハ  ,′|  |!iiiii__!´ ヽ、  {  {__  {:,ィ/   \   \ \
   , '  / {::||::| ト、|  !  ノr|iiiiiイ   }ハ|   ,'`ーヾk、     ヽ   \ \
.  /  ,イ  >、ヽ≧ヾ._ハ ヽ |iiii! |         /    ,.ヽ'     }     /\   、
 / / ,'   ′ヽ二二7  ノ_,|iiii! |       λ   /     _ノ   ,.'   \ ヽ
.//   ハ /     /7  丿-!iiiト }       ∨ ,. '     _..ィ     /     ヽ l
'/   | '    , '  >_二`ー<{ ̄ ̄ ̄`>'     __..ィチ    / ,'      |/
{    У    ,イ  /             /    ,r≦  ,'-,'   λ /      /
\  ,.'    ,イ /                 ハ   r<こ! / /  / |/        , '
   "   , ' /                     、 ヽrニヽz、| /  |!       /
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○対魔力: A+
   A+以下の魔術は全てキャンセル。 事実上、魔術ではセイバーに傷をつけられない。
   最高位の聖遺物を持つセイバーは通常よりもはるかに高ランクの対魔力を備えている。

   [DETA]  ステータス選択で【魔】が選択された時、敵陣の【魔】に「-60」のペナルティ修正を与える。
           この効果は自陣が【魔】を選択した場合、効果を発揮しない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5399 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:48:07 ID:ALzujmTc0

              fY⌒Yr´ ̄ ̄`丶、 , - ァ
             =z{__)ノ:::::::::::::::::::::::::::Y ィ -─ 、
            ==r=======z、,! /   _/
            /        、 、 `≧= '´
           /  /  / l    j! ハ   !
          /   /! /|  !    /l  }  N
          !「1∨斗チ卞、ト、 -≠升1 l  !l!
          \j、人/rfテハ \l/rテハ人 \ \
           ノ ∨,ヘ 弋り   弋り / イ `卞
        _ムイ / /ヘ""  _,  "ノ1 | |  l
           ノ /  l  `>`ー' イ // 1   ハ
         ,.イ /  |   _7,イ   ∧//  !    ヘ
        /  ,/   f"´l   _|_,./ //  j    \
      /    !   / __>´{__}ト、,//  ノ'1     丶、
     /  /  /1  l l 〈三Z7ヘ三7/ /  |        ハ
    ,'  /  / !  N! /\/ハ lZ7,´/    |        ',
    | イ   |  >ヘzzz|下:::o::Y´ Y      ,/        l   !
    | ,∧  j /!  LZN {l: o::j} /\__/      |  ∧  |
    |{  \ ∨ |  |  Y_{l:_o::|},/\__人___   ,∧ / |l |
       人ヘ、'}, !   .|  ̄ ̄7  / \    \/ /7  |Ⅳ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○カリスマ: B
   軍団を指揮する天性の才能。団体戦闘において、自軍の能力を向上させる。
   カリスマは稀有な才能で、一国の王としてはBランクで十分と言える。

   [DETA]  互いに味方同士であると認識しているキャラクターのみ対象となり、
          戦闘に参加している対象一人につき「基礎勝率」に「+10%」の補正を得る。



○啓示: A
   "直感"と同等のスキル。直感は戦闘における第六感だが、
   "啓示"は目標の達成に関する事象全て(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。
   高位の聖遺物を複数所持するセイバーは望めば常に天使から啓示を受けられる。

   [DETA]  このキャラクターは複数の安価から任意に選択して行動を決定できる。
           戦闘時、自陣が受けるステータスに対するペナルティ修正を常に「10点」まで打ち消し、
           さらにランダム表やランダムステータスの選択時、安価を2つ習得し、自陣に有利な安価を選択できる。



○聖遺物の加護: B+
   聖遺物を持つ者に与えられる、窮地において所有者の傷を癒す治癒の奇跡。
   B+ランクの場合、常に自動治癒が発動しており仮に戦闘不能になった場合でも奇跡による蘇生が行われる。

   [DETA]  1戦闘に1回、「勝率判定」を振り直す事ができる。
           さらに戦闘に敗北した際、令呪1画分を「100-自陣の勝率(最低50)」点の魔力を消費する事で代用できる。



○星の開拓者: EX
   人類史においてターニングポイントになった英雄に与えられる特殊スキル。
   難航、難行が“不可能なまま”“実現可能な出来事”になる。
   “■■の■”の正統なる所有者であり、平和と文化、そして信仰の光を暗黒の西欧世界にもたらした偉人。

   [DETA]  「戦力の劣位」を得る毎に自陣の勝率に「+戦力の差分値」%の修正を加える。
           さらに自陣の最終的な勝率が30%以下だった時、最終勝率を「30%」で固定する。
           また戦闘以外で自陣営が行う判定の達成値に+「20」%の補正を加える。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5400 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:48:56 ID:ALzujmTc0





                        __
                     ,ィチ圭圭圭≧-、
                 __/圭圭圭圭圭圭圭、    __,
              ,r≦圭圭7フT>、圭圭圭圭圭ニ、 ,ィチ/
              寸圭圭刈' /:/'| | l!ヽ圭圭,'   | ̄l/
               寸圭/:|,r‐|! |!'⌒lヽ|\圭ヽノ .ノ , !三ニ=-
                  ハ 小从不芹X.| |:\圭圭Kノ≧、
                ,rfiヽ从Yリ 乂ソノ ! ! |个≧=、圭圭ゝ
               /:7 |l|リ|′  ""/| j: /チ{  ト、
                /:./ / ヾ、丶    |  /| |ヽ. ! \
                  /:./ ,'   ノ>、_...-<|  !' ヾ、ヽ ヽヽ._\
             /:./  !  //  |/,.イく| :/,r=-、!、 l \ `ー-.._
              /:./  | // / :∧/:|k{!ノ、__ {. ∨ヽ  `ヽ、   ̄`ヽ、
               /_/   ./':., './ / r<二||く  \/ハ |  〉、   \     ヽ
       /   / /  // ./ /У-、 Y!|: }、ヽ──ノ ! /: : :ヽ   \===|=─-、
      /     / / // /:/:〉、\ヽ:!l|: ト、三三7  | |: : : : :ヽ    ヽ   /     )
    /{     / /, '/ /:/:/  ヽ/:|||:.,'   ∧   !l:!: : : : : :゙、    ヽ'     /
    ! |.    / /// /ィチ:/  /:.:.:.:.:.:.!.'    ,    リ|!/: : : : :! ヽ、   丶  /
    ヽ!   ./ // ,レ/ :/ '  ./:.:__:.:,'    /_─ _‐_i!、\: : : :|  ゙、ヽ   Y
      ` ─==彡" .,ィ/ ,r': ̄ ̄ ̄ヽ:.:.:.:.:.ヾ. ̄\・ Y.Yヽ ヘ: : : : :.!.  ハ !   l
        / /'" _∠ノ ,.!::::::::::::::::::::::::.l:.:.:.:.:.:.l ̄ ̄∧:!ヽ,,! X ∧: : :./|   | |   l
      / ,ィ´f   /:{::::::::::::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.∨:.:ヽ\_))∧/ .|:  .! !   |
     / // ! | | r'::::::::::ヽ:::::::::::::::::r、:::l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:∧:.:.:.ヽ ヽ))、ヘ.  !   | |   |
.    , '  / ,' |λ!ノ:::::::::::::::.、::::::::::::::::ヽ>!:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:\\ |ヽ !   l |   |
   /  .,' ./-"/ヽ:::::::::::::/ヽ_:_::-'"´::::|:.:.:.:.:.,' .:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:ノヽ.ヽ |/.!  ,' .!   !
   !  |/ ./:::::::::゙、::::,ィ  ハY、゙、:::::::::::!:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.∨ニ二ニ7 ;iヽ∧,'|.  ハ. !   !
   |,ィチ /:::::::::::::_::ゞ !  ,'::::ヘY、゙、:::::::゙.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:∧i;i;i;i\/i;i;i;i;i;∨::| / ∧ l   !
`ー'  /::::::::::::://  ,| /::::::∧Y、ヽ::::::::!:.:.:.!:.:.:.:.:,'∨≧≧≧≧-ァ': |:| /ヽ ∧|  ,
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

ソード・パラディン
 『聖嘆結界』
ランク:B  種別:対人宝具  消費魔力:0

   セイバーが持つ虹色の光を放つ輝剣。
   セイバーの真の宝具が持つ極光の一部を剣に纏わせて封印した“鞘”であり、
   資格のない者が直接剣に触れることで無用の“嘆き”が起こらないようにしてある状態。
   合計で30種もの異なる属性を内包している魔力が光となって剣全体を循環しており、常に色彩が移り変わる。
   戦闘時は敵の弱点となる属性を帯びる為、その攻撃を防ぐのは非常に難しい。

   [DETA]  【筋】【耐】【宝】の内、最初にステータス比較で選択された時に使用する。
          敵陣の「メイン」で参戦しているキャラクターのステータスを、「対象のステータスの中で最も低い数値」に変更する。
          この効果で戦力の優位を得た場合、自陣の勝率に「+20」%の修正を加える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5401 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:49:33 ID:ALzujmTc0

                ∧
             ,  ,
                ,__,
               , .! ,
.             l .l  l
            l .||  l
.            l=lll=l
.             ! l|! l
.             〉 llll 〈
            l―∧―!
            !/\//!
            !///!'//l
              l'///!゙//l
              l'///!゙//l
.            l'///l///!
.            l'///l///!
.            l'///l///!
.            !'///!'//,l
.            !'///!゙//,l
           l'///,!///l
           !゙///l'///l
           !゙///l'///!
             l////!'///!
.           l////l'///,!
.           !////!'///,!
          l///ll\//!
           l/  lll  \!
           lム .llll   ィl
           l マムlllll,ィムア!
           l  マムア  !
           ! ,ィlアマム.  !
           !ィlアlllllll マム、l
.          lア_,┴┴,_マム!
.          l.  l二 二l   !
.         _ \ .l  .l. / _
         | lヽ--'    '-- ' i |
         ゙‐´  ̄`l_l´ ̄ `‐'
               l彡l
               l彡l
               ム___厶
                /_\
                _.> .<._
               ーi -i一
                 |ノ|
                 |ノ|
                 |ノ|
                 |ノ|
                 |ノ|
                 i -i
             _.> .<._
             \_/
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

   ジュワユーズ
『歓喜冠する運命の剣』
ランク:A++  種別:対界宝具  消費魔力:80

   “歓喜”の銘を持つ並ぶもの無き至高の天剣。
   星を鍛えて造られた最高位の聖遺物である槍が、セイバーの意志に応じて黄金の剣の型をとったもの。
   所有者に“世界を支配する運命”を与える宝具であり、EXランクの「皇帝特権」を所持しているものとして扱う。
   これにより本来持ち得ないスキルも、本人が主張する事で短期間だけ獲得できる。
   ランクA以上ならば、肉体面での負荷(神性など)すら獲得できる。

   真名を解放すると膨れ上がった光が刀身に収束、30属性が融合した極大の斬光となって放たれる。
   国三つを吹き飛ばし、癒える事の無い大破壊をもたらした“嘆きの一撃”とは異なり、
   正統な後継者が放つ光は“歓喜の一撃”となり、主が望むもの以外、何者も傷つけることは無い。

   [DETA]  この宝具の所有者はデータが開示されているA++ランク以下の任意のスキル1つの効果を常に得る事が出来る。
          戦闘時は戦闘の開始時に任意のスキル1つをセットする事。
          この効果は魔力を消費する事無くセイバーの意志により効果を変更する事ができる。

           ステータスの比較が終了した際、最低でも「1戦力の優位」を得ているか、
           敵陣が「対軍宝具」以上の宝具を使用している時に使用を宣言する。
           自陣の「戦力値」に「+【宝】×戦力の優位数+【運】」のボーナス修正を加え、
           敵陣の任意のキャラクター全てのステータスに「-自陣の戦力の優位数×10」のペナルティ修正を与える。
           この時、敵陣も「対軍宝具」以上の宝具を使用した場合、最低でも「2戦力の優位」を得ている物として扱うこと。
           この効果で与えたペナルティ修正は戦闘終了後も効果が継続し、セイバーが消滅するか解除しない限り永続する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5403 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:50:07 ID:ALzujmTc0

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【現在セットしているスキル】

○騎乗: A
   聖騎士リナルドの騎乗の才能。セイバーのクラススキルと合体している。
   幻獣・神獣ランクを除く全ての獣、乗り物を自在に操れる。

   [DETA]  自陣の勝率に「+10%」、最初のステータス比較で選択された自陣のステータスに「+10」の補正を加える。
           この効果は戦闘の開始時に専用の「使い捨て礼装」1個を消費しなければ使用できない。



【セット可能スキル】

○天性の肉体: A++
   不壊の象徴である“金剛石”に例えられる聖騎士ローランの不毀の肉体。
   このスキルの所有者は、常に筋力と耐久が2ランクアップしているものとして扱われる。
   環境を問わず常に肉体的ペナルティを跳ね除ける。その筋肉は鍛えて得られるものではない。

   [DETA]   このキャラクターの【筋】【耐】に常に「+20」の補正を加える。
           さらに戦闘時、自陣が受けるステータスに対するペナルティ修正を常に「10点」まで打ち消す。



○戦闘続行: A+
   大僧正テュルパンが持つ往生際の悪さ。
   霊核が破壊された後でも、最大5ターンは戦闘行為を可能とする。

   [DETA]  1戦闘に1回、勝率判定を振り直す事ができる。この際、自陣の勝率に「+15」%の補正を加えること。
           戦闘に敗北してもセイバーは消滅を免れ、ターン終了時に魔力残量が「-99」点に変更される。
           この状態で5ターン以内に魔力量を0以上にしない限り、魔力の残量に関わりなく消滅する。



○妖精の加護: A+
   妖精騎士オジエに授けられたモルガン・ル・フェイを含む6人の妖精の加護。
   妖精からの祝福により、危機的な局面において優先的に幸運を呼び寄せる能力。

   [DETA]  ステータス比較で【運】が選択された時、このキャラクターの数値に「自陣が得ている「戦力の劣位」の数×15」点の修正を加える。
          さらにその比較に勝利した場合、それに等しいだけの勝率に対する補正を得る。



○軍略: A
  一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における智将オリヴィエの戦術的直感力。
  自らの対軍宝具や対城宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具、対城宝具に対処する場合に有利な補正が与えられる。

   [DETA] 種別が「対軍宝具」以上の宝具を自陣が使用する場合、自陣の勝率に「+25%」の修正を加える。
         逆に敵陣が使用する場合、勝率に「-25」%のペナルティ修正を与える。



○黄金律: B
   身体の黄金比ではなく、人生において金銭がどれほどついて回るかの宿命。
   大富豪でもやっていける金ピカぶりだが、散財のし過ぎには注意が必要。
   魔法騎士アストルフォの財力は当時のフランク王国の国庫よりも多かったと言われている。

   [DETA]  その行動ターン中に礼装を使用した時、行動ターンの終了時に「2」個だけ消費した礼装が戻ってくる。



○変装: B
   妖精に育てられた魔術師マラジジの扱う魔術の一種。
   自身の姿を任意の人物に変化させることで真意を隠蔽できる。

   [DETA]  通常の透視能力でステータス情報を確認する事ができなくなる。
          但し、相手がBランク以上の「◯直感」「◯心眼(偽)」等のスキルを持つ場合、この効果は無効となる。



○貧者の見識: C
   相手の性格・属性を見抜く眼力。言葉による弁明、欺瞞に騙され難い。
   シルヴァン・タワーの奴隷として幼少期を過ごした“第二の軍神”フロリマールの持つスキル。

   [DETA]  同ランク未満のスキルによる幻惑や隠蔽、変装等の効果も無効にして相手の本質を見極める。
          さらに対象が虚偽を語っている場合、それを見抜くことができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5404 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:51:41 ID:ALzujmTc0
                           ___
                   __|>::´:::::::::::::::::::::::`:...、_
               \ /::::::::::::::::::::::::::::::::::/    `Y{__
               ,..-‐'───-:::::::::::::::::::::{    ,  K: : :/
           /::::::::::/ ̄ ̄_/ | i ̄_l,.斗- ミ:::.く__ノ ∨
           \:::::::/|   i l/ `lハ  ハハ |   >ミ:、ノ
             ` ‐-|   | lTフ:T ∨ Tフ:T / |   |:::\
                    ∧i ∧弋cソ   弋cソ /   !   !:::::::::ヽ
                |i八 ⊃  r─‐v、 ⊂⊃     !─‐‐'
                |  > .. _、_ ノ イ  /    ∨
                     ∧_,.ri{ ̄ r'‐rr‐─ァ |  ∧.    ∨
              と ´ -‐ ゞ:、__,}_,ノイ、__/ l /'´>、    ∨
                  | |/  ∧ |_| Y|:::|イ  |/`'7 /      ∨
                  l_l /  ハ{ .ノ i |:::| }   ∧ 7 / ̄!     ∨
               /|:|'i _>'´\l |:::| }_,..-と.ィ<∧     \
                 |:|.|∧i:!        ̄     |::〈 〉: :\      i }
                 r|:|´Ⅵ:|            //,.イ: : : : :\   /j/
               ゙|:| :∧!:、           /イi/: : : : : : /7イ
                 |:|、:ヽ!\:、____/イ 7: : : : : : ://
                 |:|、\`ー <><>' ̄: : : : : : //
                 |:|. \\:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_: >'´イ
                 |:|   `ー~r'┬~~r'┬~'´
                 |:|       | |    | |
                 |:|      し'     、_j
               ̄

真名:シャルロット
触媒:シャルルマーニュの護符
趣味:遠征  水泳  ナンパ
好きな物:自分の娘達  焼肉
嫌いな物:酔っ払い  戴冠式
聖杯への願い: 受肉して少女として生きたい

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【設定】
   虹の光剣を持つ少女の英霊。
   可愛い娘ちゃん(男の娘でも可)の為なら、どんな不可能も可能にすると豪語する色欲魔。
   一見すると勢いだけで何も考えていない娘に見えるが……。

   その正体はアーサー王物語と並ぶ騎士道物語である『ローランの歌』等に登場する聖騎士王シャルルマーニュであり、
   西暦800年に西ローマ帝国を復活させて皇帝となったカール大帝その人。
   ゲルマン民族の大移動以来、混乱の坩堝にあった中世暗黒時代に安定を取り戻した“ヨーロッパの父”。
   その人生において53回もの軍事遠征を行い、聖槍を手にしてからの47回の戦いにおいて全て勝利を収めたという。
   ローランやオリヴィエ、アストルフォ等、十二勇士が活躍する物語に登場するのだが、
   史実の方が物語中よりよほど凄まじい活躍をしている珍しい人。(まぁ、物語中だと200歳だけど)


   史実では男性と伝えられているが、実際は女性であることを隠して皇帝になっていた。
   女性としての名前はシャルロット。マーニュは“偉大な人”の意味。
   5回結婚し、4人の第二夫人がいるほど色を好み、子供は分かっているだけで20人。
   全員、魔術で生やした宝剣で産ませたとのこと。

   原作セイバーと同じく、民に平和をもたらすことが王の務めであると強く考えている。
   だがシャルロットの手に選定の剣は無く、彼女はあくまで人として王の責務を果たさなければならなかった。
   いかに才に溢れていようと唯人に過ぎない己に、すべての民を導くことはできない。
   その事を誰よりも知っていた彼女は、民を導く役目を神の教えの中に見出し、自らはその信仰を広め守護する王にならんとした。
   「平和なくして、神を喜ばせることはできない」「余の務めは、聖なるキリストの教会を作ること」、
   後年、彼女はこのような言葉を残していたという。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5407 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 01:57:30 ID:ALzujmTc0





                   ,ィ           .イ
                 /,'  __,      ,イ:|
                   /:::/ ,イ:::::/     /:::/     ,
           ,r≦≧=-<У≦─<.._  ,.イ /::::::/     /|
         /ニニニニニ>、ニニニニY:::|'r─≦ア    //
         ,'ニニニニニニニニ≧<⌒ヾ:ノ::::::::/ー─ァ=",r,=-
         {ニニ(ニ,.rチ'⌒ヽ'" ̄≧=->'─≧=──</
          ∨ニヽ':::::::::::::::::::─-、:::::\ニノニニニニニニ/          ─==ニ. ̄...ヽ
          \/:::::::::::: !、:::\::::::::::≦´:::><ニニニフ                ヽ........゙.
          ノハ:::{:::ヽ:|/,zァァヽ::::::r、:::ヽ..\.><                  }........}
          `7ハ八イXヽ‘ヾ´/:::::ヽ/::/:|:::゙.:::ヽ:........>..、              /......./
            {ヘ:\ミソ    |......,.イ::/::/:::::ハ::::リ、:::::::::........>..、_        /..../
 /          .-≦|:ハ` _  !/::/::ハ::彡丿:"⌒ヽ、:::::.............\... ̄≧=-─≦..../
 ゙.、__  ..ィチ´::::::|::|::::,へ´ /У/:::::,':Уー" ヽ)'"⌒ヽ\............ \\....:::::::::::::::::.......≧-..、.
  \___彡::::::::/.::|::|へ::::::/::/i,':/:::::::゙.:ヽ   {     ∨ヽ...............\\____..............\
     イ:::/://::::/|::|r.、>|::,'ii,'i,'::::::::::::V  r‐'       }......ヽ:::.............ヽ:ヽ≧:.、    `ヽ.........ヽ
   /::/'./.. /..../':ハ:!iiiii≧ハV,'i|::::::::::::/  ,'| _...-'   ハヽ |、`ー─-、゙.゙......\    \......゙.
.. /:/, ' /:/.../..../ |:| ヽiiiiiiii∧:|ド.::::::::/   : ̄      !..ヽヽ|ヽー─-、ヽ.:...:. .........\   ヽ......!
/:/'::/ ,::ハ:::,'::::,'_!:!´.....\|7 ハハ::::,'    !ミヽ≧=、  {、....ヽ|_ヽ.   \!:....:._.>、...ヽ.    ゙..|
::://::::/  {:ハ ヽ::::|::::::ハl....:::::::::| /7:・:7Y     }ヽiiiiiヽ、_ノム...∧.! `ヽ  ...-≦∨.....X....ヽ   ...|
/ ':::::,'   ヽ彡|::::! _ヾ.....∨! (Y!:::::{ {|       XiiiУ:}/:::::ヽ /i}  .-≦.........|....|/  ヽ..゙.  |:|
 |:::::|      ヽ:{´:::::::::::/ | {ハ::・:Yハ.    /`7'}:::\:::::::::::|iii//...............-''!.....!    ヽ.|   リ
 |:::::|        \__/  ∧ ゞ:::::::{ハヽ__,.イ\\!:|:/:::: ≧=-!'./........-''"´\ .|.....|      リ
 |:::::|             ヽヽ. ハ:::・:Y、   \:≧ヽ ̄ ̄ ̄彡''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`≧-、
 |:::::|、              `.} ハ:::::::V、     ⌒ヽ、フ/           | /_
 ゙.::゙.≧=─'  _..イ        } Y、::・::Vヽ    /⌒// |   /      _..//:::::::::: ̄::ヽ
  \::\:: ̄ ̄ ̄/       |  ∨、:::::∨ゝ ∠::彡イ /イ /__..-─≦.//二二-‐''"´
    `⌒\ー''"        |  ∨、:・:::ヽУ;;/  //.....|ニ≧.、 /⌒フ"/'ニニニニニ
                  ハ._ ヽУイ彡'   ./|../....|ニニニヽ./ニニニニニニニ
                 _/   /不レチ::::/    /イ....../ニニニニ:\,r───≦ニニ
                 γ /   /フ    /:/   /ニ!/ニニニニニニニ\ニニニニニニ
            ,'⌒チУ  ,イチ   ,':/   /ニ/ |ニニニニニニニニニヽ───‐-ニ
   γ⌒ヽ_,r≦ ̄≧=/  .イiii/   /'   r y'..........!ニニニニニ/ニニニニニ,r‐<ニニ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃セイバー:
┃ どんな相手でも互角以上に戦えるけど、
┃ どんな相手でもある程度苦戦する構成なのよね、これ。

┃ ジョワユーズは伝承だと聖槍の穂先が柄に収まった宝剣だけど、
┃ 私の持つのは真正の“聖約・運命の神槍”だから剣化ぐらい軽い軽い。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5409 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:04:16 ID:ALzujmTc0





                            /{_
                       (/> }∨-- 、  ハ ―
                          V//=\/, - vミ/ ノ
                          〉': : : : :\_ノ__ )'' ̄ >
                        イ:Ⅳ{:从: : : ハ、ニ弋 ¨´
                       ノ人芯 芯 イ:{: : -<
                         '⌒_圦 v 、 .イ: 人: : : : : : : . 、______
           ---------    _r、{ へ≧≦:|: : : :\: : : : : : : \: : : : : : : : : : : : \
     r----/ ィ-    ___   |/iハ  \ |: |、 : : : : \: : : : : : : \ ̄ ̄ ̄ ̄ ):人
      ̄c イ/          >:.ミ。r‐、\ 人:.、\ : : : : :  ̄: : \: : :.ー――‐<''
         ´          ⌒ イ。{:.へ{  _/\: \: : : : : : : : : :\: : : : \: : : :.\
      -------、              |。i|'⌒ / \\ 、:.:.\:. :. :. :. :. :. : ):. :. :. : \:. :. :.)_
    〔ミミミミミミミミミミミ〕         /_,ノ  {/,, -―=≠\:. :\:. ::Ⅵ>'':. :. :. :. : : : \:.(:. :.\
 <><>i <>   <>/ <>       / _ ニ=-}. . . . . . . ./_> ,, ` <___二=-―ハ \ :. :.
   <> 、  <>  <>  <>     r '   / 7=――〈. ./__ _\ (三}  ヽ:. :. :./:. 从: ):. :}
   <> \  <>'  <>  <>   /       ,  ハ. >---、: : : : : >―=ァ _): :/: :./  ' }/
   <>   ¨´       /        /C(/ / | ̄ミ. . . /: : :/ えにえソ ⌒彡'彡'
                 /      __へ / /: :|__} /: : : : / えソ  ノ∧
            / __    (イ⌒Y // ̄|: : : :∨: : : :./えソ/{/// フ
           /√)})/⌒       ノ /__i____|: : : : : : : :.:/えソi////// ':∧
        ___/-=彡 イ__ -===- /  /: : : : : : : : : : :/えソノ//,'/'   ':∧
      <___/二二二二二ニ=- Y__/: : : : : : : : : /えソ/// /ノ     ':∧
      /__/ ̄ ̄}/   ∨   / : : : : : : : : : : /えソ}/, イ,ノ       ':∧
       /: :|_ /\ ___ / ̄ ̄: : : : : : : __ 彡えソ  /  (             ':∧
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ir<えにえにソ /  ,彡'             ':∧
    え\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :),xえソ  \_/ __彡'              ':∧
    えソ>-   _______ 彡えソ     _彡'                ':∧
      ⌒えにえにえにえにえにえソ_Ω_彡'                     ':∧
                 }--- ノ                             ':∧
                    √ //                                 ':∧
                 , ///                               }丿
                   i///
                 ノ//{
               ///へ
                i////ソ
               _|//ヘ {
              //// ゞ
             `¨¨¨´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃シャルル:
┃ 皇帝特権先は十二勇士のうち、裏切ったガヌロンだけは空気読んで排除して、
┃ 他は大体伝承にある連中を入れておいたわ。
┃ ―――賢者ネイムスの『専科百般』とかいれようと思ったけど、
┃ 最後の十二勇士のサロモン王のスキルが思いつかなかったから没に。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5411 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:09:47 ID:ALzujmTc0





                              .イ
                            /::: { _..-≦フ
                  _...-=======-..  {:::::::/::::::::::/
               _.ィ≦三三三三三三>x::/:::/::::/⌒>,
          |ヽ   .ィ三三三三三三三___≧=───≦.._
    ___/::::ヽ∠夫三三三三三三三三三==-<三三三三三ニヽ
    \:::::::::::\/  /  oヽ三三三三三三チ"´::::::::::::::::ミ:、三三三三ニ}
      \:::::⌒{    γ⌒⌒i三三三ヲ"::::::::::::/:::::::::::\ \三三三ヲ
       `ー‐ヽ   ヽ  ノ三三ヲ"::::::::::::;:::/::::::::::::  ヽ ヾ三ニ/
          |≫ー‐≦三三ニチ"::_:--─:/、:!..........|....:::::::、.. V/
          |〃三三三彡"´:/::´:/:::::/|::/|:::::::::⌒>:::::::|::|:. !
           /三三彡"´::|::::::/::::::::レチ示寸、|::::::!:,イx |::::: !::!:::|
          /彡=r‐"::::::::l:::::゙:.:{:::::::∧ 乂ソ ,:::::/|刈》,イ :::|::::::::.
       /"三三|:::::::::::::::゙.:::|ヽ:!:::::|  ゙ー' /:/ 乂|'::| |:::∧::::::ヽ. _.-.、
       (三三三!:::::::::::::::::}::::|:::}:|::: | """ /'´   /!::|/'´  ヽ::::::::/):)
       \:三三|:..::::::::::::ハ::|:ノハ::|         __  八:゙.   `"´ ´
        ` ー7: ::::::::/::::::Y/:::::::゙.:.、       /、:::::::.、
            /: : :::::::/:::::::ィ:{´l::::::::::、:、` r-...._,.ヘ::::::::、:::::::::、
      ___/:::::::::::::,':::/ハ:.、l::::::::::::、:.、|_\\_゙.::::::、::::...::\
  ィ≦二:::: ..::::::/::, -≦⌒ヽ丶ミ=-':::::::..丶.V  丶、::::::::、::. ::::丶_
 /'  /:..:::::::::/:::::/      ヽ ゙.::::::. ::::::..、{,、__|_゙.::|::::::::..::::::::ヽ:::ミ:、
   .イ:...::::::;ィ´::::::::::|       \ ゙.:::::. ::::::∧ヽ;;;;;;;ヽ ::!! :::::::::::::|::.::゙.::. 丶
  /:/::::::// ..:::::::::::!         >!:::::::::. :::: ::ヽ}ヽ;;;;;;|:::||:::::::::::::::|::: |::::::..:::}
  |::|:::::,' ,' .:::::::::::::::| |          ゙::|...... :: ::::::|;;};;;;;;;;|::,':!::::::::::::: !:::从:::::::::,'
  |::|:::::| { :::::::::::,':::::y         _|:|:::::::::. :: ::::|;;l;;;;;;;,'/.|::::::::::/!::/リ| :::::/
  ヾ\:! l ::::::::::l:::::/       ,r=f::,':'!::::::::::./::::ハ;\/;;;>.!:::::::::///l. |:::::{、、
    、_j! |:::::::::::|::::{      ,ィヽ_ニ/‐|:::::::::/|::/:o:::ト、;;;;;ハ|::::::,'.(:(.ィ ヽ:::!_))
    `゙  ゙.:::::::!:::ハ、    <,イ/::::/ヽ::::::{ ヾ=-'::ト}∨  〉、::{  `゙.   `"´
        ヽ::::|、:::ヽ>-._{ {::::,ィ´   ヽ:::! {)!::o::::ト}   |. \:、  .
         ゙.! \::\::::::| `ヽ(_ゝ    \:、})|:::::::::|-)  } 、  )'  l
         }ノ  \::\{    \    )' )゙.:o::゙.ハ. ∧丶    |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃シャルル:
┃ 後は私のジョワユーズの場合、
┃ 他の宝具と違って敵味方識別可能だから、
┃ どこぞの騎士王の聖剣みたいに、地上を焼き払う心配が無いのが特徴かしら。
┃ 威力的にも(多分)互角かやや劣る程度のはずだし―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5414 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:14:21 ID:ALzujmTc0





               il
              .|.l
              .l ヽ
               i l
              r' i
              i /
          ,、   i .l
      __ _jヾri ),_,,, | )
  <⌒y´::::ゝニニk、-´, [ニ]
   >ゞ::´:::::::::::::ヾ` Y /-)
    7、/:::::::::l::::::ノ:::::/ i、`i
     i::/N::::i'tア レ/ i   l
     l::::__l、::'、 っ ノ、 yl ./
    ノ::/ ゞ) ∨7´  Y '/
   /:::::i j-、k、、( .rイゝ、_
   i:::::, ー‐''  u  .'‐..,,r  て
   ゝハ/iくr 、     .\ ノ
     rヘ、ヽ_C  x ,r- フゝ-,
    ノ`r´-ー,こニニ - ",__/::`ヾ、
  r ´:::::└─7  >、/::::_,,..::::-‐ゝ
  i::::::::::::::::::::::`‐''":::::::::/ r‐'''",ィ''
  ヽー‐-::::..,,__,::::___,,イ ,ソイ‐'''"
   ` ̄´У''- t,-‐'''" i  ヘ
      (__/    l、_j
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃シャルル:
┃ 聖杯への望みは解説の通りなんだけど、
┃ アストルフォが原作で喚ばれてオジエがアヴァロンに出張していて、
┃ 他の騎士連中もめいめい聖杯に召喚されだしたから、
┃ 私もその流れに乗ってみたかったのよねー。

┃ 後、十二勇士は個性的過ぎて私の胃がストレスでマッハだから、
┃ ちょっとぐらい休暇が欲しかった……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5417 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:18:59 ID:ALzujmTc0





       |`\     ,. -──-...、    ト、 ./|
 . カタカタ 人  .! /:::::____:::::::>-、/ ∨ /
     / ̄`ヽ|>''"´:::::::::::::::::`(  ノ )‐ く∠
      ̄>'"´>''"´ ̄ ̄ ̄ ̄`゙''<!  ,ノ) \
     ;'::::::/        /`     、 `'<、\::ハ
__   \// / :/ /.: ト-|:  |   │  :i:`Y/
   |    ,':/ :i ::|..::i|.::| i| |:  | i | │  :| i |
   |.   |:i{ ::| ::|‐八 トi:| |:i -|ハ:|::-:|::  i| i |
   |.   |八八.::斥テxハ| |ハ斗ぅ示ァ!:: :リ i |
   |     \ヽ:弋:::ソ    ヒ::::ソ |/.:;': i |
   |        ト小ゝ    '  "   厶:/:: :i:|
   |        |/{ :ゝ    -    ..ィ::/八:: :i:|
   |        |ハヽ:|:::i>:.,_   ´ |:jイ::|:::::::  !|
   |        |ハ:::|:::i:::::rト、 __ノV|: | :::::i  i|
   |      / .::| :| イ゙7 爪   ノ:|: |、:::i::. i:
__|     ,厶イ| :| / | 人人/ :|: |  ̄\ i:::. :.
ニ「 ̄    ,/  ' | :|  ̄ン―イ ̄ア八 |    ヽ 、::..
 ̄ ̄|    /    | :|〉:::ト,_ヘ::〈   :i |       ヽ::::.
   | γ⌒r、/ く」'/  |o| :ヽ|   :l |         | :::::、
   |二ニ==─-、ム!:   | :|     i l |        〉::::::::、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|┬─-─-イ:::::::::ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃シャルル:
┃ まぁ、私も序盤は素人マスターに真名を預ける気は無いから、
┃ 宝具も『聖嘆結界』までしか使用しない縛りプレイだったと思うわ。
┃ 「皇帝特権」ぐらいはセットしていたと思うけどね。

┃ その辺りが難易度:ノーマルの要員かしら?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5420 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:24:05 ID:ALzujmTc0





            _    ____
          r‐く⌒ヽ\/=========`,. … .
          ヽー>≦竺竺竺竺竺竺{ ,   人 / ̄ ノ
         /====-.....::::::::::::::::::::::::::::`:ー=(_ _)__/
         (=-..::::::/::::::{::::::::::::::{:::::::::::\ノ:::::\=\_,>
.         /.:::::::::/{\_j_\::::ヽ}斗ャ≦===ミ:::::\ノ
         /:::::::/:rf㌻⌒`)】 \:( 【(、 __)】:::::::゙,
.        |::::::::{::{`ト==冖'゙ r~ ヘ  `¨¨;¨¨`;::::|:::゙,
.        |::::: 人};  ;   l     ヽ   ,  ,ノ:::::i  / ) \
        从::{   ;  ;        }     ゚, ゚。|:::::l/   i   l   【在りし日の十二勇士を思い出して】
       ∧:}, ,  ,    \_,ノ      ;  ’,゚__j |∠.,__
    /   ( 〃,  ,             人    ゚。/} } _ノ
     |  r―i l。  。〕ト .,_    __,. 。 〔∨::゚。   ゚。´ ̄
     |  { __.|。゚  ;::::|_//{  i V⌒V  ヽ }::::::::;   ;:゙,
    ヽ   。    。::/::LL{  (/`Y´\ {イ}:::::/;   ゚。::゙,
         ;   。゚::/::::::::/`ー∧__,∧__ノ ∨{::∧:;   ゚。:}
         ;  ;::::{从;从 人_____j8}_____,ノ〕トミ}:;    ゚ 。
       ,  :\}  ,斗f{  `ー        /乂\,     ‘,
    o 。 ゚   ;  /::::乂\   てんこ/乂「:::::‘,     ;    o
O     r'°   【 厂{::::::::::::)ト┐ー――┌「f┘::;…      ゚。,_,ノ
   )ー′    `…ァ\::::::::⌒`宀宀宀宀┘:::::::::ゝ.        (__, ℃
ー…        /⌒[_フヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄__厂;         /
 \,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,. ┏ O / ~ /艾艾艾艾艾艾 \~ |∴,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.;
   ⌒⌒⌒⌒⌒   ー '              ー┘⌒⌒⌒⌒⌒⌒
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃シャルル:
┃ お前ら自分の国放り出して女追いかけて中国まで行くなーーー!!
┃ いくら騎士道だからって、道中で会った相手国の騎士に誰彼かまわず決闘すんな!?
┃ 後、幹部がそろいもそろって出先で魔女に捕まらないでよ!?
┃ しかも帰還の命令持った伝令までつかまってるし!?どれだけ脳筋揃いなのうちの国!?
┃ ―――っておいィ!? 魔女から抜け出せたなら国に帰ってこいよローラン!?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5423 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 02:30:03 ID:ayRRJG8Y0
それでも、それでもルノーさんなら……


5424 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:32:30 ID:ALzujmTc0




     ヾ:;:;:;:;:;| /.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ.:;:;:; ソ:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\_〉:;:;:;:;:}/
      ヾ:;:;:;:レ′:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶ノ::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ/
      |´\:;:;:;:;:;:;:,,====、 :;:;:;〉  〈;:;:;: , ====、 :;:l.ヾ,イ 〈
      |.i:i:i:iヾ:;:; ,〃     .ヾ._ゝ一'、 ,〃      Y:i//iノ`l |
      | ヽ:i:i:i:\|i       i|/´⌒ヽ. i       .i|/イ´:i:i | |
      .ハ、r′:i:i:i:ヾ.     ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ      ,/:..:.| i:i .リ
      .ハヽ:i:i:i: :i:i:i:ヽ.__,,イ:i:i:i:i| ゙̄Y、:;:;:ヽ.__,, イ:..:..:.| リ /
       ヽ.∨|: : :i:i:i:i::..: : :i:i| //.| : : :i:i:i:i:i:i:i:ヽ\:.Y´/       異教徒共め。国に潜入したローラン達が余程恐れていると見える。
         \|: : : : :  : :i:i:i:|  .|  l、: : : : .丶V|ノ
         /|: :     : :i:i:i:i:i|// .|  .〉ヽ,: :    〉`|´\       陛下。今こそあの邪教の国を殲滅する好機かと!
       , /:i:i:i:|: :r─: :.: ::i:i:i:i:i|// .| ノ;/´   .,、/: :.リ:i:i:i:i\
     / .ノ:i:i:i:iハ: :、 r、   : ::i:i:l、_,|i´;/:    ,ゝ '  ::ノ:i:i:i:i:i:i \_
 ,_/ /:i:i:i:i:i:i:iハ: :` ヾ.ーr‐r‐r─┬─r─r-r,/   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i   \
   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ: : : ヾ.lー|ー|─‐|─/‐/‐/./   ./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、   \
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ: : : ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:    \


                _,,..,,_  ト、
             ,、iV´:::::::::::`レ'i_ノ
             ゝヨ:::::::::::::::( ノ))
              7ヘ、ー-‐_ンl|.:.:.l
               |.:.:.:.:. ̄:..:.:.:l.:.:.:|
               !.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.レj/
               |i:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.iV
              x|i:.:.:.V:.:.:.:.:.:八⌒ヽ     ^ー'て
             / !:.:.:.:.'、:.:.:.:.:i:.:.l|   ',  ,xっ  (
             〈   ヘ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:リ   〉<ヽ三)
            rァ、_入  〉:.:.:.:.:ハ:.:ノ人_ノ` 」」
          V//  ーハ{\ノ jイ=' {ゝ-'´
         弋>、_/   〉{;;;;;{_};;;;;}ヽ
                / ィ:::ハ::::l::::::::::',
              <7/,'::::i:::|::::|::::::::::l
              く/:::::/:::::|:::|::::|:::::::::::|
.              /:::::'~^'::::L_;|:::::::::::|
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃シャルル:
┃ ―――た、確かにアーロンの国はイスラム国家だけど、
┃ 別に敵対している訳じゃないからね? うちも結構な額の寄付金(迷惑料込)送ってるし、
┃ 向うも聖遺物送ってくれる良好な関係だからね?
┃ 聞いてる?ねぇ? テュルパン大司教?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5425 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:41:04 ID:ALzujmTc0




                        ┏┓┏┓             、
                       ┏┛┃┃┗┓             `、
                       ┗━┛┗━┛..- 、  _,,.. --- ..,,_    ,!
                       ┏━┓┏━┓::...:f:`¨::`..、  ..:   `ヾ"
                       ┗┓┃┃┏┛;;:''7¨ヾ、:::::;;).::   ,:   ` 、
                      ,,..-''┗┛┗┛':;r'7ヾ::::::::>'ヾ; .: ; .,:' ; ; i    ―――ア゛?
                     f” /,r' .:::::;::';:イ:://!:::i`:<::Y¨i :: .i∠.ノ/ i i,!
                      //7..::::: ;'7::::レ'/:::l::::ヽ::_`;'v!::: :::i 、!ヾレiレ"    一度救援をしないと決めておきながら、
                        レ i::::::;'::/ `''" L:;;!`''´<::;r'l::i::::.::::!   i:: i
                         !:::;:i、l        ,!,,_!:!l::::i: ;! -, イ:: l,     今更決定を覆すなど許されると思っているのかローラン?
                          ヽ:;:! `        _!   l!,,ヽ!>'-、ヽ::!!
                         ヾ!   ,, -┬ '"`  '' /    ヾ’;!
                       /f¨''‐,,r"   ヽ、  ./       >‐ ''''''''i
                ,,.-、,, ,f¨ >i  `¨ 、  -、    `ー'"    ` 、,,r'"    ,,r`.、     そんな事、私が許さん。ここで野垂れ死ね。
              /:::::f:! レ´   ` 、   ¨ ¨7 、  ', ',    ヽ,,,, .....-‐ヾ-!;!''¨- ,,
   ,r-,、     ___,,//;;r'"i::ヽ !::: ::::::........:¨ ¨''''''フ ヽ  ; ', ' ,  /, !::::::::.   ::..` 、  i    __
    ヾ<_ノヽ、,r<__r_r  !'   !:f:! `、::...       /    ヽ   ;   //r"ヽ:::::::   .::::.. `、 !''¨lY´:::ヾ 、
      ¨ - r`ゝ::::iヽ __`_、¨フ_,!`¨”`ー - - ‐ '"      ヽ‐‐ i‐ '''¨¨´  /ヽ::::.  :::::::::::::..V f";!¨¨''‐、!ヽ_ ,, < フ
        `<フ!;;/:7f;r'<¨/                   ヽ,r ‐ 、___..,, -'i i´ ` 、;;;;;___;;/ ,! l;!'' ‐ - ,! !` 、 `iコ
          !:7',rゝ、ヾ`.、`ヽ、               _,!ヽ _/   !,l -┬- 、      `ー" ¨i'''''''フ  ,!--!-ト、!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 普段は冷静沈着、十二勇士中唯一の常識人のオリヴィエさん。
┃ でも怒ると十二勇士の中でもトップクラスに恐い。

┃ 結論:十二勇士に常識人なんていなかった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5429 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 02:44:06 ID:ALzujmTc0
>>5423 ルノーさん、西と東の区別もついていない御人やし……。
      フランス目指して中国に行っちゃったあの人を常識人枠にカウントできません。
関連記事
2014-04-21 : 【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示