FC2ブログ
クリックで開閉

【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】3


5432 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:01:41 ID:ALzujmTc0





           , = ニニ = 、
        , 彡         y 、 ,,==、
       γ´   l   ヾ  、   | 彡ヽIII《
.     /   ', |ゝ   | \}  |彡ツ |I〃
     i  ', ', ', ヽ |r=ト  |「ヽ |ii
     |  从从i   ソ 込ソ  |_ツ |
     |从  ヽ它 、 ,   |  |   | |
        `イヽ',ー' ヘ , ノ  |   | |
         |  | y:::::::::ヽ ソ  /从ノ.ノ
         Ⅳノ/:::::::i::::/i/ ///i i乃z,,
         /::::::::::::::ヾ|从ソ/:::iハ乃::::ヽ
.        /::::::::::::::::::::::::',//_ = ハ乃:::::::ヽ
.        ',::::::::::::::::::::::::::: | ̄    ハ乃:::::::::ゝ
       i::::::::::::::::::::::::::::::〉__ _ニ≠':::::::::::::::|
.         |::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        f::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
        〉:::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::> = ´
       ノ:::::::::::::::::::::/:::::::::::ー=ニ_:< 、
      ミ 、::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::`〈
           >、_./〈::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           〉   ヾ:::::::::::::::::::::::::/
            i      ヾ::::::::::::::::/ ::ハ
.           i       ヾ:::::::::::| |::ハ
.            i        \:::ノ i::::ハ
          i|             i:::::j
          i|             i:::::l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ はい、皆さんこんばんはー。
┃ もう少ししたら少しだけ進めたいと思います。
┃ ちょっぴり>>1が今朝から風邪っ気ですので、少々早めに切り上げると思いますが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5436 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:14:37 ID:ALzujmTc0





               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
       |`ー- __,/ /,  |   \   /
       L_       '/  |    `r‐'´
       | `ヽ、       _」     |
       |    `ー‐'"´ ̄       |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 風邪と言っても熱は全くないので、
┃ まぁ寝れば治る程度の物だと思います。
┃ とはいえ無理は禁物なので、恐らく日付が変わる前に終わると思いますが。
┃ えー、それではボチボチ始めて行きましょうか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5437 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:15:17 ID:ALzujmTc0










ィ`´ジ  |   .|     |   .|    |   |   |  |   |   !  |  |  |  |ヽ`ヽ、  /    /     /
イ'"   !   .|     .|   |    |   |   |  |   |  .|  |  |  .|  |  |ヽ`ヽ、   /     /
  |   .|    |     .|   |    |   .|   |.   ャ――z |  .|  |  .|  |  .|  | |ヽ`ヽく     /
―'――'-----!、____|   |    |   |   |.   /  /...|  |  |  |  |  .|  | j  j`ヽヽ`ヽく    /
ヘ::ヘ⌒ヘ:::::::::::::::::::::::/ 丶、 ̄`''''――'―..゙lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、.   |  |  |  .|  |  | | | | | |ヽ__ヽ、  /
ヘヘ:::ヾィト、::::::::::::::::/`丶、  `丶、.    ∠,,、 -z    ,r――― ''"゙---'____|_|  |  |  | | | | | ! ! | ト丶`丶、
..ヘヘ:::::ヾ∨',::::::::::/    `丶、   `丶、./ 、 '"´,、ィ   /....|  | !_! ,|,,,!,,ー'''''''":::::: ̄フイ'''''''―ー------',ワイ::`ヽ
 ヘヘ:::::::ヾゝ丶::/ `丶、 .  `丶、  、 '" ,、 '":ツ   /      |^l゙:::::::::::::::::::::::::::::::::ツィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{:ィ_ヽ:::::::::
... ヘヘ::::::::ヽ,イ∨`丶、  `丶、  、-' ,、 '´ '''' /  /゙:::::::::::/'''',,,," 彡 :::::::::::::::::::::::::イツ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ ヘ::::::::
,,,,,イヘヘ:::::::::::ヘヾヽ.  `丶、  ` | ,、 '´ :::::::::::/  /゙:::::::::::::`゙^ _,| │ :::::::::::::::::::::::ツィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r ト',::::::::
   ヘヘ::::::::/、トィヘ丶、  `丶、..゙'´.:::::::::::: / /l/::::::::::::::::::゙,/,_ | :::::::::::::::::::::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ ハ::::
    ,ヘヘ:::/、 ヾト ヘ . `丶、  /::::::::::::゙// ::::::::::::::::::::::l_,'" | .|::::::::::::::::::::::ツィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v Y:::::
> '" ヘ∨ `丶、ゝィヽ丶、  `/::::::::::::::::::::::::::::::::;‐i゙:::::::::::::::::::::: {_,l゙::::::::::::::::/イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', イ!:::
     ヘヘ`丶、  `ト、ィ,、  ヽ/::::::::::::::::::::::::::::::゙lニ ニl゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘッヘ:;:
.      ヘヘ 、 `丶、 {トヘヽ./::::::::::::::::::::::::::::::::::〈/!_|゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,>彡! .}、
  > '" ヘヘ `丶、  `トv、、::::::::::::::::::::::;‐i゙:::::::::::::::::::::::::::::: |^l゙:::::::::::::::イツ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,> 彡   ヘ.ヽイ
 '"     .ヘヘ`丶、 `丶,ヽィヽ:::::::::::::::::lニ ニl ::::::::::::::::::::/'''',,,," 彡 :::::/イ::::::::::::::::::::::::_,,>彡イヘ  . ヘ    ヘ.ヽ}
        ヘヘ 、 `丶/::::: ヾゝ、、::::: 〈/!_| ::::::::::::::::::::::゙`゙^ _,| │゙: イシ:::::_,,> 彡ヘ   ヘ   .ヘ   ヘ    ヘ
           ヘヘ `ヽ/::::::::::::::ヾイ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,/,_ |.. 彡'"ヘ  ヘ  ヘ   ヘ   ヘ   ヘ    .ヘ
    > '"  ...ヘヘ ./::::::::::::::::::::::ヽゝヽ:::::::::::::::::::_,,> . l_,'" | .|  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ   ヘ   ヘ   ヘ
> '"      ....ヘヘ:::::::::::::::::::::::::::::ヽゝイ〉>彡 ヘ ヘ  ヘ... {_,l゙.ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ   ヘ   ヘ   ヘ
              ヘヘ::::::::::::::::::::_,,> 彡ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ  ヘ   ヘ    ヘ    ヘ










.

5438 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:16:57 ID:ALzujmTc0


【魔力消費量・計算】



        /: : : : : : : : : /: : : : : : : : :<、_    ゝ、__, イ  .!: : : :'、
    ,>'"__ : : : : : i ̄ ̄_>、 : : : : : : :  ̄`ー-- 、、     i: : : : : ',
     ! ̄ ̄: : /ヽ,: : : :| i"~   \: : : : : : : : : : : : : : : ヽ、、   'i: : : : : ヽ
     !: : : : /   >、__ヽ!      ヽ、_ : : : : : : : : : : : ヽヽ、  / : : : : : ヽ
    '、: : /         /    /     ̄ ̄ ̄''ー‐i', ̄/ ヽイ : : : : : : /
     ヽ",       /    /    /        i ', / : : : : : : : 、: :,〈
      / /  i     /  /  /  ゙ 'ヽ、/   / ,イ  i Y、_: : : : : : ヽ、! ヽ
     /,' /  .!     /  /  /  ,>'" !ヽ、/ /   / i    ゙ー "`,ヽ,
   / .! /   |    /  /  彡i ミミ、、、,>"イ/   /__ii        i ヽ、
   / i/i   i    i /   i.!|;!;;;;;っソヾ   /  /"i /゙iヽ     i i  ゙
  /   i,   i    i /    | ゙ヽ、イ   ノ, イ", ==、 /  /    ,' i__
  /   /i    i    リ   i i           /;;;;/ ヾ /    / /i/
    / i   i、    i   i i         、 `ー"/, イ/   / /i i ̄
  , イ /i   / ヽ,   |   Y'、        ´    / // , イ" / i .,'
  "  // /i   ヽ  ',   ', ヽ、 ヽ、_ ,    / "イ" /// i /       ―――逃げたわね。
   ,イ // /    ,ヽ ヽ   ',  ヽ、  _i三,、イ   /  , リ   リ
  /i   _i--ーイ  ',  ゙i、  i    ゙ri"ヾ三ゝ、 ノ  i  |
  /iイ" : : ヽ-i      i,ノ ヽ iゝ i" '、iヽ三,、ゝ、 /i  |
  /: : : : : : : :ヽ,    /ヽ_ ', .!/! /"ヽ i/ヾ,! ヽ, !ヽ, 、i  !
  : : : : : : : : : : : ヾ、, -、 ゙'''○<i/ヽ、'、/ 入  }ヾヽ ヽ'、ヽヽ,
 : : : : : : : : : : : : : : : : : {__   / ̄~幽ー、 ゙ゝイ: :ヾヽ、ヽ、ヽヽ,
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : /" >イ ,'/: : iヽ、 ヽ、 : : : ヾヽ ヽヾi
 : : : : : : : : : : i: : : : : : : :/゙ !  ,'/i: : : i  i: : : ヽ、: : ,イ    ヽ、
 : : : : : : : : : i/: : : : : : : i" .!  /i : : : : ヽ i : : : : i: /"       ヽ
 : : : : : : : : : i: : : : : : : i" /  .! i: : : : : : ヾ,: : : : i i 、       ヽ
 : : >、__,-ーi: : : : : : ゙> i   |=iヽ、: : : :/ ヽ-イ ゙ヽヽ、       '、
  イ '、  !  |: : : : : :了 /  / /: : ヽ、_/: : : : : : : : :゙>、 ,       i
        i: : : : : :/ !  /iイ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >t     i、
        ヽ: : : : / /   / i: : : : : : : : : : : : ,: : : : : : : : : /"゙/    i ヽ
       _ '、 ,-イ/   ! ヽ,: : : : : : : : : : ,' ', : : ,イi: : : :i ∨     i  ヽ、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 戦闘終了した両陣営のサーヴァントはその場で、
┃ 「サーヴァントのLv÷2」点の魔力を消費します。
┃ この時、宝具やスキルの効果によりさらに魔力を消費する場合があります。

┃ この時、サーヴァントの魔力量が「0」以下になれば、
┃ 魔力の不足が起こり、サーヴァントのステータスにペナルティ修正が加わります。
┃ さらに魔力残量が「-100」以下になった時、
┃ サーヴァントは魔力不足で現界を維持できず、消滅します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【消費魔力計算】

   ○キャスターのLv55    -27

   ○「心無い生者の囁き」使用! -30

   ○「高速詠唱」使用! -10

   ○現魔力量:158/225

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



.


5439 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 21:18:30 ID:1a7KcihA0
非戦闘時の維持にはどれくらいいるのかな


5440 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:19:19 ID:ALzujmTc0





【敗北側計算】


圭圭圭圭圭圭圭圭≧、    マム                  _,,。x≦圭圭圭圭圭圭
   ̄ ̄``''''≠≦圭圭≧;、   マム           _,,。x≦圭圭圭圭≦≡≠'''"”
           ````''≠≧;,、_ゞ;。ャぁゎ,、 ,z、_,,。x≦≡≠'''"¨”´ ̄
                    ``'ん圭i゚圭Λ`”  ̄
              __,,。x=''"´  {圭゚i:i:i:゚i:圭}  _             ___,,,,。xz-=
,,,,,____,,,,,。x;≠〆'"´  ,r;; ゚守゚圭i:iУ  ゞ'-ー-==≠≡ニニエエ≦圭圭圭圭圭
圭圭≦エエニ≠‐''”´    ,〆゙    `゚¨¨゚´                      ̄ ̄ ̄ ̄
             ,,〆゙  ,{G           ム},,_
            ,,〆゙  ,〆    7       ``ヽ、
        _,,zィ''"´  _,〆゙     /′           \
zェz=≠'''"´    _,ィ紗"       /′                ゙\、、
        _,ィ炙;〆      /i゙                  ヾ㍉、
       _,ィ炙圭〆         /7                  ヾ㍉、
  _,,,ィ炙圭圭〆         /i7                     ヾ㍉、
ィ炙圭圭圭〆           ,イi7                       ヾi㍉、
〆圭圭紗'"         ,イ紗′                        ゙{圭}li;
圭伊紗'”            ,イ紗'′                         }圭7}i;
〆紗'”         ,,イ圭7′                            ,{圭圭!
圭'”         ,ィ'圭〆                             ;{圭圭|!
У        ,,ィ升〆                              /圭圭7
         ,ィ炙紗"                               /圭i圭7
      ,,ィ炙圭〆                                 /圭i圭7
  ,,,ィ炙圭〆                                    /圭i圭7
,ィ炙圭紗"                                /圭i圭7
圭圭伊′                                    /圭i圭7
伊≠                                  ,イ圭i圭7

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 戦闘に敗北した陣営はそれぞれ“3画の令呪”を消費する事で撤退が可能。
┃ ただし“戦力の優位”を得る毎に消費する“令呪”を1画少なくできます。(最低0)
┃ この時、魔力を「100」点消費することで令呪1画分の代用にできます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【バーサーカー宝具】
ランク:A  種別:結界宝具  消費魔力:50

   [DETA]  戦闘時、自陣へのペナルティ修正を常に「10」点まで打ち消すことができ、
          ステータスの優位を得る毎に勝率に「+30」%の補正を加える。
          さらにこの迷宮内では「先制攻撃」や「狙撃」を行う効果を無効化できる。
          敵陣が戦闘に敗北して撤退する場合、同ランク以下のスキルと宝具の効果では撤退できなくなる。

          勝敗に関わらず戦闘が終了すれば迷宮は解除される。
          この際、追加で宝具の魔力を消費する事で、敗北時に撤退する令呪を1画少なくすることができる。(重複使用可能)
          この効果は同じランク以上の「対城宝具」が使用された場合、その戦闘の間無効化される。

          ~以下詳細不明~
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5442 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:22:27 ID:ALzujmTc0





          00             .: :: .;:;:                        i:.:. :.:            | |
       「二^^l              ,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:            .: l
         | | ;‐i             .: :: .;:i                   .:. :.:.          l.i   !l
        「二__lニ ニl          :: :: .;:|;.     ::;                 |.:. :.:            | l.  l!
            〈/!_| ;‐i       :: :: .;: .;:                        i:.:. :.:          li !
              lニ ニl      : :: .;:     ;::                  |;.:. :.:         | |
               〈/!_|       : :: .;:i                   :.:. :.:.            l!l
        ! :il |            : :: .;:,:|                   .:l.:. :.:            !i    il
         :| |            : :: .;:i     :;:                 |.:. :.:            i!  ... |:.
         :! l   l       :: :: .;: ,:|                   |:. :.;.::                 l l
         .:: il   |!       ..: :: .;:;:                        i:.:. :.:              | |
          :: |   i:.       .,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:                ! l
            | :|   | !       : :: .;:i                   .:. :.:  ;‐i              .:: |
 i        l! l   l :.       .:: :: .;:|;.     ::;                 |.:. :.:  lニ ニl           | |
 l!           | :..   | |       .: :: .;: .;:                        i:.:. :.: .〈/!_| ;‐i           l !
 l|        ||    .:; |       : :: .;:     ;::                   |;.:. :.:    lニ ニl       i ::
. l |          :!   | .:!       : :: .;:i                   :.:. :.:      〈/!_|  ._ _  | |
. | !             | |       : :: .;:,:|                   .:l.:. :.:       l .   ////  i!. |
 i|                ! i       : :: .;:i     :;:                 |.:. :.:     |l  O' O'     | |
 .:!           .:: |       : :: .;: ,:|                   |:. :.;.::     !|          .:: |
 :l            l! l       .: :: .;:;:                        i:.:. :.:     | |         l! ::
             ll |l         ,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:    :i |        | |
 :l            l! l       .: :: .;:;:                        i:.:. :.:     | |         l! ::
             ll |l         ,:: :: .;:|     ;::                 |:;.:. :.:    :i |        | |


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【バーサーカー陣営】

   ○バーサーカーLv70  -35

   ○スキル「狂化」使用! -25

   ○戦闘開始時、宝具『???』が強制発動!  -50

   ○撤退時、宝具『???』を2回使用!  -50×2!
     令呪の消費を“2画分”軽減!

   ○現魔力量: 0/210

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫







.
5444 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:26:57 ID:ALzujmTc0









                           _
              ________r':::|
             ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` 、:::::j
                           |::::/
                      |::::|
                       |::::|
                        |::::|      _
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|゙|:::::|    /| |:::::}...||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |:::::」    |:::| |::/_..゙=l====l====l====l====l====l_     _________
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_..|/    L:ノ /:::|. {  }三三三{  }三三三{  |    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  || . |:::/..||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   i_―_i      i_―_i
 二二二二  二二二二  二二二二  |  ||= |/.゙=||  ||==||==||  ||==||==||  |   |(○)|======|(○)|
 I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  |  ||  ||  ||.... __..|  ||  ||  ||  ||  |   |(○)|      |(○)|
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |  ||  ||  ||.  ヾ::::}.|  ||  ||  ||  ||  |   |(●)|======|(●)|
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |二二二|  |. ̄ . 二|  |二二二|  |   l[―]l      l[―]l
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |___________.._. ___________|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |ニ二二二二二|二二.|:::::}..二|二二二二二|
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧          | |l二l..¨´   _.        |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l..{:::}        |
====||======| |l二l |l| l二l| |======||======|         | |l二l || l二l|.゙¨.       |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |二二二二二二|三三三三三|二二二二二|
__||___| |l二l |l| l二l| |___||___|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
二二二二二=l|三三三三三|l=二二二二二二|                           \
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==========================================================================================

     ____
   /      \
  /_、 ,,/"  \
/ (●) ゙(●) U \   戻った……のかお?
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 造られた時と同様、唐突に迷宮が崩れ世界が元に戻っていく。
┃ まるで変わりない日常の風景―――。
┃ それを見ていると、まるでさっきまでの出来事が
┃ 白昼夢だったんじゃないかと思えてくる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

>>5439 また後でアナウンスしますが令呪が残っている場合は一律0です。
      一日の終了時にマスターの【魔】点回復します。






.
5448 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:29:56 ID:ALzujmTc0




          ,、         _.....-‐''"´ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
          / ヽ,r─''" ̄ ̄ ̄´         0   \
        ,../   \:::::::::::::::::::...               ヽ                  _
       /::,'  _   \:::::                   },r─ァ__         _ -‐''"´  \
         {:::j ,r,へ\  ` 、:...  lヾヽ          _ノチ─''7´┴─────'"         \
        }:,' r'/,r、 `}.}    \::::..| >У二ヽ...::::.:.:.≦t≪_:::::::/: : : : : : : : : :-─‐'"´         ヽ
       ハ ヾ、ヾニチ' r==、イ  \.!/∠二)ーY─ヽY´:`:ー-レ'": ̄ ̄ ̄ : : :_: :-────-..._    ゙.
      ハヾ、 ヾ===''´   ,.‐ァ<´" ,r´:::`ヾ)_,.r‐": : : : : : : :ー-: :_:_._ . . ._._: :-:─            ゙.
      \:::}二二ニニ-‐f/:~\ゝ_ゝ:::::::::::: :::ー...__  \─-、: : : : : . . . . . . .               ヽ
       r>'フ r<Tゝ_ノ ヽ:\::..   ト、\ ー::..._ニ=-.、  \: :_:_:_: :- '                   \
     r<__,イTチゝ:..::::::::l::.  L..-─-  ヽ` \      `ヽ ::\        _ -─ … ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \ヽ≧ゝ|:::::l::::ヽ ト、X´l \l ヽ|\ ゝ.  \:.      \::ヾト≧ー─<_
      ≪レハ l:::::|\::ヽヽ\7≧==≠ァl\、   l}:      ヽ::::\     、  ̄ ヽ、
          | ! ::.ヽ l\ヾ\ チ’ゞ;:じソ |  ヽ  /ハヽ     `ト、:::、:`ミニヽ、  ヽ、\ \
          ヽハ、_\xrぅ、゙`   ゞ'′ !    .:|::l|ハヽ    ハ:\:. :.\ー:、  | ヽ ヾリ
           \ヾ |T≧、゙J       l    ::l::l|| |!::| i!ハ ∧人_ヽ`ー--、ヽ!\j/l}
             \ハ::::::.〈       ヽ   ::l:,'ハ l!-! |:.:リ:.:.:≫─:≧、ヽ__\!__ノ'     rァ-f ̄j
                 | ヽ:::::....    -'   λ  ::トk'´ i! j/__::-''": : : :, : '  ノ    リ  ≧──t7´-チソ:::::{_
                l ト. \:::::>-...  ..イ─:、. λ:-'' /': : : : -‐''"´            ィァ .,r、ヽ ̄:::::::::/
               l ヽ.ー、\::.ゝミ`´_::≫У `ーゝニニ ,r ==   ==z        _ `´ <ー’' ̄`ヽ;ソ
                \\ `'''\ミヽ\  ∧r‐r‐': ̄ゝ-': ̄ゝ-' ̄{_ r..、ヾx    // /ゝ'
                     ヾ|   r'-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`':::::\.  r、 ",r、>
                         <|,'::   ──‐- 、_:::::..    ゙、  ゝ'ヽヾ r{ ≫≦ゝ_
                         <i!/       _r|ァj.    ヽ    \ヽ/:7、`>:7≧|
                        ,ry':{      ,r、7>-、 ! |     X‐'    \≧rゞ: : : :>、_     ,.r''"´
                        >'::::::|ヽ   ,rヽ Yr'ヽ|:!.l、.  / }'      Y: : : : :,:' . :   /ー─/
                    {lヽ、rチ :::::::::! ヽ r<ヽ ヽ|!r==!≦{、/   \  | ,_ノ: : : : :l: : : . . .i  /
                     >>k’::::_:_ノ|  _Y>'<ニ7仆.、ミ>、))、\、    \!ノ{t: : : : : l: : : : : |. . .: : :
                    ∨L|,≦ュ  l   ̄ヽ≫イi!ヽ、`ァーKゝゝY、__L..-''",ィチへ.___: : : : : : : : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――だが、そんな甘い期待は。
┃ 目の前で微笑む“キャスター”と名乗った少女の存在が否定する。
┃ 今、起こったことは紛れも無く現実なのだと。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5449 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:33:18 ID:ALzujmTc0





                        |\
                            /  \
                   ,.   ´  ̄ ̄/  {⌒ヽ \
                /       / _ゝ  ,} :}
               _|_ ノ\___〈     ̄  / \
.              /⌒く_厂\/_ノ\_ノ⌒ヽ ,/_   \
               廴 /   /  _/ / │`\厂\_厂\ 丿
               {_/   / 「 仄ノ`ヽ|  /│| |`⌒ヽ厂\
                /   /  ,x扞示  | ,/‐┼ト |  | |`⌒
            /  /|  :| ヒツ  // ィ抒ミ / l:l | |
              / /l  |  :|    /   ヒシ /  从ハ|
            / /  | }|  :|      ゝ __ ,厶イ /|: 八         とりあえず当座の安全は確保できたけど、
.          /  { /:l/八   |\   ` ´{\\ j/ ,j/  }\
.        〈____,〕ハノハハ |  丶 __ イ \\\  _ノ   \     いつ、他の陣営が来るか分からないわね。
         \____ ,}ノ}イ     │ ,jハノ\ ⊂ニ ̄\ __}
            _,/   \  {: 八 | ̄ ̄マニ⊂ニニヽ \      マスター、次の指示を。
           ┌ }_人       \⌒ ⌒|   | {こフ〈_r‐ 、   \
           {  にノ\ \    \  :|     にフ    ー┬  .
.             ∧   にノ\      \L __l_にフ \     |    :
          /\\   にノ\ \  / _ノ\_},フ\ \ 「\  |
         /  \    にノ\,/にフ/ /\\ノ   \ ∨`ヽ\,ト
          }     ∨/   にフ{八}ノ 〈_/   \〉     } |   \\ \
.       ,r-y'⌒il⌒ヽ∨/ /   }| |{    に}  に}    //      \\ \
.      _イ  ヽ  |  / ∨厂}_      に}  に}  //         \\|!
..    /  `ヽ .,ィニニヽ、_|ニ{_\__,二ニ==-<}─<]=く ∧           \l}
.     \_ ,ィ'´ ヽ i,r-く|_____}/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/  \         |
        ヽ/ i  ._シ .::|    |_,/厂}ハ--───‐--〈               |
          ゙ーr''´   ..:::/   {/::}:::::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::}             |




     ____
   /      \
  /         \
/           \    いや、指示って言われても……。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    何が何だか分からないんですけど―――?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう言われても頭を抱えてしまう。
┃ 今現在、何が起こっているのかすら分かっていないのだ。
┃ となると目の前の、事情を知っていそうな少女に質問するしか無いのだが―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5450 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:35:20 ID:ALzujmTc0





                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |    分からない―――?
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|       何が分からないのかしら?
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ





         ,,..-―‐‐-.、
.       /     | | | | lヽ
.     /      ___| | | l ',
     i  ̄     __    ',   あえて言えば全部な訳ですが―――。
     | ―          i
     !   /   ヽ u   |   一体全体、何がどうなっているんだお?
    ',  ゝ-'`¨¨´     ノ
      ヽ、___  -‐<
     ,.‐/ \  / /   }、
.     i、 `"''-Y-‐'" _,,..-' ヽ
    /  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄       ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聞きたい事は山ほどある。
┃ 疑問は後から後から湧いてきて、尽きる事が無い。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





.

5451 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:38:48 ID:ALzujmTc0





          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .      全部―――?
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ     ごめんなさい。もう少し具体的な質問でないと
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く         答えられないわ。
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ





                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――と淡々と返された。
┃ 具体的に……っと言われたがさて。
┃ まずは何を聞くべきか―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

※行動安価 10分後ぐらいに安価取ります。

何を聞きますか?




.


5452 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 21:38:49 ID:Ajj4esP20
相手マスターにこっちのマスターだとか戦闘方法とかほぼばれてるよね?
切り札とか何もない状況ではかなり痛いよね


5453 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:40:47 ID:ALzujmTc0
>>5452 こちらが相手のデータを見たように、相手もこちらのデータを見てますね。
      まぁ、「心無い生者の囁き」とか「法術」を見ただけで、
      いきなり西行の娘が真名だと看破される確率はまず無いですが。

5461 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 21:48:44 ID:ALzujmTc0
※行動安価 ↓3~5

まずは何を聞きますか?

5464 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 21:52:11 ID:0fqwkw7w0
まず、君とあのミノタウロスのような怪物が何者なのかを聞かせて欲しいお
それと、他の陣営が来ると言っていたけど、その陣営というのが何か、君はどの陣営に属しているのか聞かせてくれお
最後に、遅れたけど助けてくれてありがとうだお あのままだったら、喰われて終わっていた

5465 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 21:52:32 ID:Ajj4esP20
さっきの牛さんにやる夫が見られてるけど、いきなりまた襲ってきたりしない?

5468 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2013/12/31(火) 21:56:37 ID:1a7KcihA0
とりあえず助けてくれてありがとうございます。
自分は入速出やる夫というものなんですが、キャスターさんは何者なんでしょうか?
それとマスターと呼ぶのはどういう意味ですか?
後、他の陣営が来るといってましたがさっきのような敵がまだいるんですか?

5469 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:01:38 ID:ALzujmTc0










            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、    ペコ
         /             \
      /                ',
     ./                     ',    あー、とりあえず遅くなったけど
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l    助けてくれてありがとうございますお。
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ






                ,、
                  / ヽ
              /,.-‐:.、ヽ __
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、
         .イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ
      ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
       >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ              うふふ―――。
        |   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \
        人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \          マスターを護る事がサーヴァントである私の役割なんだから、
      / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶
       / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \       一々、お礼を言ったりする必要なんてないわよ?
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ    |  ,'
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_    | /
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィヽ. ノ'
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.
          }....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
          /..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
      r≧>'⌒´ ̄´   |..{k|. 人 |:}..{     `ー<_/!
     f>'        :... ヽk|´  `Tアハ         ヽ>、
      へ            Y! 、_|ハ (辷ニ、    /ー’  __.ィ)
          \.......rチ;rチ≧=-<三三三ニ}===≧y /_/三三三三〃}
          `ーLイ'´    ヽ三三ヲ   rァ ヾ≦三三三三7〃ヾ
              /       丶ニ/     |:   ヽ:三三〃)≦})'う´
          /           ∨     l:   ヽ三〃) ̄ヽ)'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聞きたい事は山ほどあるが、
┃ それはそうと命を救ってもらった御礼がまだだった事に気付いた。
┃ まぁ、本人は当然の事をしたまでだとまったく気にしていないみたいだったが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

では>>5468採用ということでー。




.
.
5472 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:06:34 ID:ALzujmTc0




___
三三 \
三三  \                いやいや。
三三.    \
三三       \             あのままだったら喰われて終わっていた訳だし、
三三       \
三三三.        \          お礼を言うのは当然だおね。
三三三
三三三三         ‘,
三三三三         ‘,   __            _
三三三三三.         ‘,  マ ム_____   / /
三三三三三         }  マ ム ___ `×  ./
三三三三           / _ マ ム___,f⌒i`×  /
三三三         ./ <  \マ ム :{`ヽ/ ./






                  /{
                 __ノ__ \´ ̄^⌒ヽ.__
              ///⌒}j   \    \`ヽ
              // 弋ニ´-‐== ヽ        \
           ノ ' _,.-‐ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
         /  {rf~冖^⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }
           {  //  ′  /  j   `'个し-} `ト、/
.         八/ '  ′|   i ′ /| |} l   \}ん} \
         `77  ,¦ | _ |{  7 T Tメ | } . ¦ Ⅵ丿    そう――?
           { { / | ∧ 八 { x=≠ミノノ  }  |  }
          _人{ 八  rfミ  ヽ  }辷,ノj ノ 丿 j ,′      ふふふ、じゃあ遠慮なく受け取っておくわね。
      , ´. -  人  {\ハ ツ     ,, ,,,/ /   ∧ {
.      {//     ノ厂` 八''  ー' / //   ′}人       どういたしまして、マスター。
       (      //   /  /≧=‐/ ' /   ノ{ ∧ ヽ
       `ヽ   {{   ,ハ ,'人_厂{/{ {-‐ ´  \ }}ノ
           } ノ人  {八{  /   ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐
          _/     ̄, -fニ7   /`⌒乙-、      -‐{
                //{_/    ,'__r~r-匸ノハ     }}^}
                   } rーく  j   }  }{ `于 千'∨
                    (_{⌒ヽx==≠=<`Y⌒廴__,Lノ
                 匸`〃∧  } ヽ ヽ}/    ヽ
                  {ン  {-j厂`Y´}__rく⌒i⌒}¬n }
                  `7⌒′ヽ  .  `ーr=}≠ミノ{_ノ
                 /     \ ヽ   ヽ{__,ノL}j-{






.

5474 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:17:09 ID:ALzujmTc0



         ____
       /     \        あー、ごほん。失礼しましたお。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     その『マスター』と呼ぶのはどういう意味ですか?
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     自分は入速出やる夫というものなんですが……。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




                  ___
            __,... -‐''"´:.:.:.:.:.:.:.:.>.._
             /`ー- ..._:.:.:.:.:.:.:.:.:.──:.:.:.:>、
        ,ィ´,r==、、_ ` ー-<_____:.:.:.\
        //,イ rァ'_"-=ゝ_f⌒l二ヘ: :.:)ヽfニニミ<|__
      /:.:.,' ゝ<´:/"⌒|__\l : : `ー'─’ヽ: \>!: : :|
     ,':.:.:.レ<ノ´. . . . : : : . . ̄. :.\:..  ヽ   l  ゙、/
     l,:ヘ: :|⌒. . /: . . \: . .\: . . :.l:::. ヽ ヽ  ゙、  \__
     >:У. :., . | : : . . .,ィべT"ヽ: λ::.: :|   |  ヽ  ヽ.二ヽ
     frァ': : . . |:.λ : : : : :|  チ≧Xァ|:.:.:.:|:.  !:. :. \ ヽ. \ノ
     {l_ノ:,!: . . |:.l:::ヽー、:.〈  "弋:::: )'|/: :.!:.! |:.:. \ ヽ \ヽ       入速出さん……ね。
    /' |: : . .\X:kァxヽド   '''"´/!/:./: | ヽ:.:.  ヽ.:}.:./'─、
        ゝ: : :l: V癶::::)        ノ:.,:' / ..:.:): :.:/,イ:/ノ⌒ヽj     もっと崩した喋りでも大丈夫よ?
        ):|`:.ーゝ'"´′    ,r':/: : . : //:./: /{:/´
       ノイ!: : : :l:ハ   ー ´ |:/: : /:,:イ: ,(7゙: : / ヾ、_        私も敬語を使っていない訳ですし……。
        ノ:/: :.|リ:.ヽ、     l'{: :// |:/_>─<ニ=-
       /'7: : : /!: : : : :|l>:..-.:ァヘ|' _.-' |'     〃チ_
         L:_:/|:.|: :.ハ: : ! ヽ: :./  У  ヽ   〃 タ: : :ヽ
          {: !:.ヽ( \ゝ ,≫≪      〃チ=': : : : : :ヽ        それで、貴方をマスターと呼ぶ意味だけど―――。
           ヾ >‐ニニ7TT≪ゝ   〃/7゙: : : : : : : : : ゙、
             /ニ==≦ア//||:.:ヾ、:\〃_rj'´: : : : : : : : : : : :|
      ,..:ァ=7´ ,.-'"二ニァ':,:':/)'|!: : |:|. . |'ヾ: : : : :,r‐''"´| ̄`ヾj-、
     l:::'::::/    r'´::::((_:イ:/)'. ヾ、ノ:j:\: :.ヽ:/\.   |   /  >
     ,'|::|::/  /!/jチ/ //,). . . ゞ''. . . .>K   ヽ___jL,=={==<
     |;!::|'     ノ f:7' ) r'. . . . . . . . : : : : <\__,ィチ" __\r─ゝ,、
     |;;!:ヽ  イ (7,'   {7 、. . : : : : : : : : : : : >''7´ |,.イ': : ヽLノ:ヽノ:{. ヽ
     l:ヾ:::ヘ   | {:|{  ! |!: :.丶. . : : : : : : : : :<_|_/: : : : : : : : ヘr、!. !
      }::ヽ::へ !、ゞゝ. 、ゝ、: : `:.:. .___/ヽ二!\:.:.:.:. : : : : : : :/_.L!_ |
     |:、::\:::`:ー、ゝ\\L._ィ:テ7:!: :l;;;;|: :.:.lト、::|: : ヽ:.:.:._t─‐<ニ、_ .}!
     |ヾ::、::ヽ、__ヽヾヽ>’::::/:∧: ヾ' : :.:||:..ヾ: :,rァ≦、`ー-、、 ヽ. /
     |: :ヾミ≡==≠=!ー!::;ィチ/:/: :ヽ_,r==||: : |:,':l/,:' -≧ー、 ヾ  Y
     |: : : : : : : : :/: !;;;;;;!'';;;;;/:/: : : : l:::. : : :i!: : l:|:::/ /'///l  } ハ
     l: : : : : : : :/: : : |;;;;∧;;:':::,': : : : : |:::. : : :i!: : |::/ ,';' .,'     /': : |
     ゙、 : : : :,/: : : ノ;;/ /:::,': : : : : : |:\:/i!: : !' .,':i! !    /,': : : !
      ヽ::''_: -≦シー' ,r<::::::| : : : : : :.!: : : : : i!:.:.| |::|l |!>─'"::/: : :./






.

5476 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:22:59 ID:ALzujmTc0





            ,、_  ,..-‐''"´ ̄ ̄ ̄:` :ーt__
            /   `ー、 : : : : : : :,l : : : : : : ノ: :ヽ.
           ノ ,r':::ニヽ\:ヽ_/:| :ノ: : :,ィ____ゝ_   /`ヽ、_
          λ ノ::/rァ''’  `ーァ/_/: : : . . . ./`ー<'     \
             ,しヽヽ==='’ ,r-'、: : : : `ヽ、_ : :/-、_ /_.. -──’
        _r‐/: : / ,r─‐ァ‐': 、  _>、_/: : `≦─、_7´
      /ヽ)}、: l: ̄ノ':__,r、:|: .  )'´_\_>}\: \: : :ヾ─‐ァ
      ゙. Y'ヽリ: :/<{: :,': :ゝァ<´: ─ァ匁ムァλ∧: :`ー─<_
       l  ヽ ) f__/: : : : |'_\ 、_Y乂ソ ノノ: : }、:ー=、ヾ: : :`ー、_
         〉 ノ |∧: :|ヽ:.:|: :人ヌ斥ヽj    7:.|: :/: ヽ:.:|:\リ: : : : : : :  ̄ ̄`ー-、     貴方が私を召喚した魔術師だからよ。
    _.-─'   /ニ、ヽ __ ヽ从|乂ソ   、  {__|:/:/j: : λ: :`ー.、: 、ニニ=''⌒ヾヽ!
    | l /   ∧---`i><!≧-、_ニ孑   -' ,イ:/ _'ノ: :':.∧: : : :\:ヽ:\     ノ     その右手に宿る“令呪”がその証拠。
   ノ|:   /  ゙ヾニニニニニニニニ≧ニ=┬‐彳:/ /: : : :/フヽ: : \\:ヽ:)
  ,イ ヽ  / 、  Y>--──イ'>:== ̄ヾ/У!:.:/ _,.、ィ'x‐ー┬-、:.\ト.
  /:{   `<  l   ∨:ヽ 从ゝ、\_T_ヽ    \|: :|:ゞT7テv’: : !、: :ヽ: :.\!
. /: : \   \___ノ「ヽ:ー'T7ヘー''"ゝ-、    ヽ:.!/个ー’: : ヽ |:ヽ: :l: : l λ
/: : : : : `ー─≦>ク_ノ: : : :):X><K7/|:l≧=i   Lゝ: :_: : : : :∨: : : : :l | !
ヽ: : : : : : : :/: :>ー’: : : : :ノ|:「》`Y |: : ヾヽヽ!   ゙l_/ ‘y-、: :.{: : : : /_ソ
 \  _≧≦_ノ弋__: : : : :,イ:.j|! ノT´:, :-ヾゝ'i!   l  \/   ヽツ /_ノ──────-..._
   `~´       ` ̄´ .{: :]|!__| E.:':   ヾ~||   |    \/ }: (_: : : : : : : : : : : : : : : : `: -...._
                ヽ}_l! l [: : : :<`Y|!     ! ヽ ,_iУ三三三ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー.、
                λi!_lト、j、: :、∠.-ヽ、__l,r─‐彡'/三≧=三ニ}: : : : : : : : : /{: : : : : : : : : :>、
                `7≧==──>‐久____/: λ三三三ニニヽ_..-===l(フ: : :────=≧、_
                 ヽ三三三三ニ/ニ入___/: : :/:.トニ≧==、三ニ|三三三三|ス: : :            ̄
                  {三三三ニ7ニ7ニλ: : : : : :/_ノ: :\ニ、:::_ゝ:ソヽ、ニ三三〈,べ.: :
                  ∧三三ニ7三ニノニ`TT、ノ:/:  : :.`>≦´三ニ>──ヽイ: : : : : . . . .
                  /: :`ハ==ヾニ三ニニ:!:ハ: ´: : . . : : : : : :>、三三三ニ7┴j__: : : : : : :
                 ヽ: : :「ト、\|!-<:\三ニリ三:、: : : . . .   : : : : :` ̄\ー’ー’      ̄` ー _
                    |: : :ゝ>,  l!.< >: l`ー’三ニ:.、: : :     : :  : : : :.  \: : : : .
                  八: : :ヽ)、 ヾ、ゝァ:|三ニ|三三ニ、: : :    :.  : \: : : : : : : : : : : : .
                /|: :\: : ゝゝ \ソ!ニニ|三三ニ:、: :  : : . :.    : :.\: : : : : : : : : : : : . .
               /: : :|:.:.: : \ ヽゝ  ヽ!ニニヽ三三ニニ:、: :       : :  \:   : : : . .  : : .
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――召喚した? 魔術師? 令呪?
┃ またよくわからない単語が増えたが、少なくとも彼女は、
┃ 冗談でこのような事を言っている訳ではない事だけは分かった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5477 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:30:52 ID:ALzujmTc0




            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,    “令呪”―――? もしかして、この右手の痣のことかお?
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l    いや、それよりも召喚した魔術師って……。
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|         キャスターさ……キャスターは何者なんだお?
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ      あの、ミノタウロスのような怪物と何か関係が――――?
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 伊達に子供のころ、魔術やオカルト関連に嵌っていた訳ではない。
┃          キャスター
┃ 自身の事を“魔法使い”と名乗り、召喚されたなどと言われれば、
┃ そのころ集めたファンタジーな知識が脳裏をよぎった。
┃ とっさにミノタウロスの名前が出たのも、その知識があればこそだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5483 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:37:08 ID:ALzujmTc0





                   ト、
                   | \
          _,,  -―――}  _\ー- 、
       , '"´         |  {{_,ヾ\  `ヽ
       {           /   ̄ ノ ,\  `Y
       {          ./ ''´ ̄´,r-、_},  |_
       l         /r-v-==<,r-<´⌒Y ,>=-、
       '., / ,ノ    {/´`ヽ: . : ._j i 、`ヽ/シ : : : /
        Y  ./, r-=-/ i l `ゝシ /l i .',  \ : : /
  ー- 、  ,r-' _V/  /i  ,l /l /i ,、 // }l ', ) \ー-,
     ` ̄ ̄,`フ,/./  {  /イfニT=、i,/ //ー-、   }:/      そういえば、名乗りがまだ途中だったわね。
         //.{ .{ , .|  イl ,ヾ、ソ ,l,.イ.fニT / / .}:|
       / ,/ |,リ、 i ,ト、  .ヽ、     `'''ノ // ノリ´       私はこの“聖杯大戦”において、
  , . . . -<: : :{ l | <ヾ、ヽヽ  ヽ    ' ./ ,//シ′
, <ヾ、: : : : : : : >ヽiヽ, ヽ ト、},.} i  |  ‐- ,イヽ,´ ヽー-        赤の陣営のキャスターとして召喚されたサーヴァントよ。
     ̄ ̄ ̄´ ヽ'. i\}ヾ i l,|| ノ .、 _., イ人,jリヽ i }
           / ̄ ̄`\{,/i、   ソ i    } l|
          /    ̄`ヽ `''ト、`ー-vr=,.   l/
        /ー-=-、   ` l::ヽ__,/,イ.、          _    私の事に関してもっと詳しく知りたければ、
       /´|      ヾr-,  `ー-t-ニ=- `ー-,,r-‐,   ,ィ'/
      _i   l      , - ヾr-,    ',ヾ、 ハ、, <  ´-‐''"/     ステータスを見たらわかると思うわ。
    ,,<ニ   .',  , '    `ヾ、   ',<`> /    _ -‐'′
    /シ     }/        i\,  ト,  /   ,.-i
   ,/∠,r-t--t/    ,r-y'⌒il⌒ヽ, ヾ_/,i /   /Y´\
   `^^^^^^^〈   _rイ  ヽ  |  /  `ー∨  ./Vト、  >、
          .`ヽ/  `ヽ .,ィニニヽ、_   /ヽ, /ヽ ヽ_r、jヽ<
            \_ ,ィ'´ ヽ i,r-<Y´{ _j,/  .ヽ, ヽ   \、
           =ブ/ i  ._シ   /i .V ,U  i , .ハ i  ー-\_
   ____,r-=='./_<ー''´   ///  V ,j、, l l  V fヽ、      ̄`> 、 ,..--―,
 r'´:::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄`ヽi    / ,//    V__〉 .l  .Vヽ, \       .>'´:::::::::::::::}
 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /   {     .V(_ /   .}-f   `ー-、,.....<::::::::::::::::::::::/
 . \:::::::/ ̄:::::::::::::::::/ /    l      V,,j    } )-、 >='''´::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    .∨´:::::::::::::::::::::::://      .l      V〉   }ニ(:::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ,j::::::::::::::::::::::::::/´       l       V】   ,i-<:::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ヽ:::::::::::::::::::::f           l        }シ  / 、ツ:/:`ー――---――''′
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 「ジッと注視すれば見れるわよ?」―――と、
┃ 言われた通り注視してキャスターを見てみると、
┃ 頭の中に彼女の情報が浮かび上がってきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5485 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:39:07 ID:ALzujmTc0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】55             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20     【魔:A++】70    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】心心心   【魔力】158/225    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○法術: A++
   神仏の教えに、己の力を上乗せして成立させる仏教系の魔術。
   その特性上、霊的・魔的なモノに対しては絶大な威力を持つ。
   無我であるキャスターの法力は神仏の権能を疑似的に再現できる領域にある。

   [DETA]  【魔】のステータスが選択された時、自陣の【魔】に+「20」の修正を加える。
          敵陣にサーヴァントや「属性:悪」、または「怪力」等の霊系、魔物系スキルを持つキャラクターがいる場合、
          次に選択された敵陣のステータスに「-20」のペナルティ修正を与えること。



○高速詠唱: A
   魔術の詠唱を高速化するスキル。
   生来の性質と長年の修練により習熟した呪文ならば発動時間を三分の一以下まで短縮可能。

   [DETA]  【魔】のステータス比較で勝利した時、10点の魔力を消費する事で使用を宣言する。
          次に選択される【魔】以外のステータスでも「法術」や「対魔力」の効果を受けるようになる。



○心無い生者の囁き: A+ (A++)
   心を持たないキャスターが発する声は、聴く者の感情を写し取る鏡であり、
   聴衆の精神状態によって怒っていたり哀しんでいたり興奮していたりと全く異なる聞こえ方になる。
   その性質ゆえに相手の精神干渉を遮断でき、戦闘という極限状態において敵手の戦術予測を根本から覆す鬼手となる反面、
   もしも心を持ってしまえば鏡が曇るかのごとく、このスキルは効果を失っていく。

   [DETA]   同ランク以下のスキル、宝具による自陣に対する数値的なペナルティ修正を常に無効化する。
           また、同ランク未満の精神干渉を妨害するスキルまたは宝具を敵陣営が所持していない場合、
           魔力を30点消費することで、敵陣が選択する予定のステータス比較をキャスター陣営が選択できるようになる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5486 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:40:21 ID:ALzujmTc0
他のステ情報は変化無いのでカット。

5489 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:47:53 ID:ALzujmTc0





          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.      そしてあの怪物だけど―――。
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {     理性が無かった点も踏まえると、
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦      あれは黒の陣営のバーサーカーで間違いないわ。
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \    正体は“ミノス王の牛”を意味するミノタウロスなのは間違いないわね。
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {    となるとバーサーカーの真名は―――。
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ いや、それよりも――。
┃ “心無い”とか“無我”とか、何やらヤバ気な単語が並んでいるんですが。
┃ というか、専門用語の説明も無しに話を進めないでいただきたい。
┃ バーサーカーとかキャスターとか聖杯大戦とか……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5493 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 22:55:20 ID:ALzujmTc0





                                  __,
                           _.... -─'"´   /
                      _.....-ァ'´   ,..-─-、  /
               _.._,r─‐f´ ;/   /,rニニ‐-、ヽ ヽ
              ,r'/: :.:.:ヾ 、 | /     ,' ,'/   `)ノ .}  ヽ
           ,r‐(二|: : : : :.) `ヾ┐__ { ヽヽ__,ノ   l
           /: : : :|≧、ー(  _ >─ァ、≧-、二二ヽ.     ト、
           `): : :.`ヽ、Y≧У|_   /  | フ⌒ヽヽ_ヽ_ .|| l
        ,r'⌒≧、: : : : /    /ヽ__,r‐、 | /,...-、 | ヽ_`"´ Y| |、
        (: : : : : : : ̄フ    /   /   } (| : :.:Y | ⌒ヽ__L__/ ̄ヽ
        ヽ_,r─ァ´     ′,   /    / `ー’   ト、j-、_| /: : ;ヽ  |
          ノヾフ    '  ′ /i|   j    |   .!   |__)二__ノ、_j
         / //    ,' /,' ̄, ̄|  ,ハ   l !  |    | (\_:_: :.|'
        /   '      |! l |  | |l i| l  ̄|`|、  |    |  ト、:_:r‐〈_
     , '     |      l|、从|从| || i! ヽl !、! ヽ!i! '  | !:─: : : :}
      {     ∧| l  | !|彡≠=、 ヽ、|! __ヾノ ヽ |リ ,'    ' |ヽ、r=<      あら、ごめんなさい。
     ∨   l |从 ヽ. /}      ヾゝ=≠x、ヽノ /   /  /ヽ: :_ノ
      _ノ     | !ノ,へ / ハ      '     `ヾY´/  /:  λス’ ヽ       バーサーカーやキャスターは、サーヴァントのクラスのことね。
    (      ヽl川 i! / /,ヘ   r‐::...、     チ___/:/ /: :| ∧ ハ
   r─)ー、_   >':グ.,イ、 ヽ. 丶::::ノ    ,イ/: : : :/: :/:./: :,'     |      7つのクラスのサーヴァントが7人の魔術師に従い、
   {  f⌒)ノ'⌒Yァ'_,r<ノハ.  ハ\_ ...,. -r‐チ: l|: : : /: :.i! | /: :∧    ノ
    `ー’´(__rァ''"  ~ヽ、\  ハ    {⌒ー、!: ||l  ハ  l!|!: ,'      `)      最後の一組になるまで殺し合うのが“聖杯戦争”。
        ,r'´      ~\ `>  ノ、 _,ノ`ヽ ヽ !|li !:ヘ l !_!_|、_r‐、_,イ
     /      ,r<ヽУ / ,rYヽ  \ ヽ ∨|!|ハ  | / !__ ヽー{
    /|      ノ:,r‐`' /  rj/ハ | ゙、  ゙、. ヽ/ /'__丿 jヽ、_| ヽ|_ノ
    | !   fフ´-ァ;f´|,イ   ハ//Z,|  ゙、  ヽ / /'___,.イ`ヽ、            “聖杯大戦”はその倍の人数で『赤』と『黒』の陣営に分かれて
    Y!   K ,イ三| ヽ_,イフハFニヽ  ヽ  ヽ/Y〃彡'    l
     |!   |ニニ>三!ィ三7  /ハ!|!/ヽ|、_ヽ,ril|〃λ  /   |             相手の陣営をつぶすまで行われる戦争のことよ。
      ,|     !Z_'ィ"lニj ̄, ' /|!__|!ヾ、  寸ミヾミV‐ァ /    ,
>'⌒⌒l    |  レク’//,イ_|! ヽ ヾ、  (ミノ,>Fノ /    l
≧rァfヽ_!    l////レ’ ヾ、 ヽ \  l!ヽソ´   { (ヽ'Y(⌒Y≧r、
∨ ̄|´ l     |,.'://)'´     \j!   ヽノ     \)⌒ヽ、: : : rジ
 `ヽ.ヽ.l    /,イ/)'´                .'   ∨  `='7
三三三!    ,'し’イ      __..-‐ニ二 ̄     :     l    /-ニ三>
三三ニ7   !            ̄ ̄ ̄    . . ` 、 _.ハ_/イ三三ニソ'
_≧彡7 __{                  , '   丶 , . }三三三チ"
ニr彡ノ´,__  ゙.                  :     ,' 丶.'ハY⌒ヾL_
'_ハヽー'__/  丶       . . . . : : : : : .   丶 . . '    /≦ヽ ノノニヽ、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――淡々と。
┃ まるでその日の天気を告げるように。
┃ 当たり前のことを、当たり前のように告げただけ。
┃ そんな軽さで。少女はそう口にした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5496 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:02:33 ID:ALzujmTc0




                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \   ―――は?
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |   殺し合い―――……?
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈





             -‐     ̄ ̄ ̄  、
                 `ヽ         ー-  _
               ,rイ⌒ヽ     xイフ⌒ヽ   ≧x、
                 /: : : : : : }  ./   f⌒^ド´    { ̄`ヽ
                ノ: : Y´ ̄^ヽソxイ´ ̄リ   i  〕ト。. }     )
           /: : : : :.{  > /    ./   |   ' ` 、 Y"⌒゙ヽ
          /: ,r┬━ァ´  /     ,     |   }.   \_ノ⌒Y        ええ、マスターとサーヴァントが手を組み、
.          /: : / .乂/  ./          ノ    j  ヽ   \  }
         /: : /   ./    j     .斗─ .イ    /癶、 |    X^        最後の一組になるまで……ね。
.       /: : : >、 .7    i     /____ |  ノィュ_  !   }  }〕iト、
.         /: :./  ,У      |    x fr─ォ⌒ | / んハ癶 !   } ト、i!: : :Y     “聖杯大戦”が終わればその場で陣営は解散され、
        {:.f⌒ー‐ァ      | ./ '癶_j}ノ イ /  ー Yノ    .! j!: : : :!
        Ⅵ  ./       .|xイ    ヽ.     レ′  '  !^!     ! }: : : :j      “聖杯戦争”が開始されるから、結局生き残るのは最後の一組だけね。
        }: >ノ        .x个ー-   ハ.            i     リ: : : ノ
.       f´/       / ノ   |  〕ト、!   ー  ´    ,   γ´: :γ´
   ー─ 彡      / /   .人   }!             /   /: : : :/
    ^⌒ヽ フ¨ ̄7´ /    /  }  リ、         イ  Y: : : :ノ      _
     ー=彡/ : : : /γ´   .イ   }_ノ ハ  -‐   r‐个   !:x≦ニァェュ  ̄: : : : : `ヽ
         / : : : / i  γ´  ノ   ノ   / .}____!≧xfニアュャュ、    `ヾfス: : : : : : '
.        /: : : : :{  i  ! ./  イ  .イ´     xイ: : : : : : : : : Y⌒ヽ    マス: : : : : :'
       /: : : : : :{  |   レ´⌒)´ r‐^Y⌒ y‐ミ  /: : : : : : : : : : : : : ⌒}⌒}     マス: : : : : '
.      /: : : : : : :{  |⌒}' ./  }Y´ ̄ ̄`マ Y^i: : : : : : : : : : : : : : : : :^}⌒}   マス: : : : : '
     /: : : : : : : :{ヽ !       {^!: : : : : \: :^Yj: : : : : : : : : : : : : : : : : :^}⌒}   マス: : : : :'
.    /: : : : : : : : :{ }j         ^{: : : : : : : :\: :i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :^}⌒}   }_ス: : : : i
   {: : : : : : : : :.ノ ′         !: : : : : : : : :.ハ: !: : : : : : : : : : : : : : : : :r‐==ニニ三≧x⌒Y⌒ス       __
   {: : : : : : :./         Y: :、: : : : : : : : : : '; : : : : : : : : : : : : : : : :マニニニニニニニニ≧x' ̄ヽフ   x≦ニニニニ=}
   {: : : : :./              |: : : :、: : : : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : : xイマニニ{ニニニニニニニニヽ、__x≦ニニニニニニニニ.}
   {: : :./           Y⌒Y⌒{⌒Y⌒ヽ: : : : i〕ト。 ー==: : : r.≦ フ´.マニ.{ニニニニニニニニニ=}ニY´ニニニニニニニニ=!






.
5500 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:09:19 ID:ALzujmTc0





                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___ノ  ヽ、 __ .ヽ
        ./    (  〇  .)  ( 〇 )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,    ―――どうして、そんな事を?
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l





                  /{
                 __ノ__ \´ ̄^⌒ヽ.__
              ///⌒}j   \    \`ヽ
              // 弋ニ´-‐== ヽ        \
           ノ ' _,.-‐ァーr~ー-x⊥.__     }    ヽ
         /  {rf~冖^⌒^7ー~ー{   `ヽ人    }
           {  //  ′  /  j   `'个し-} `ト、/
.         八/ '  ′|   i ′ /| |} l   \}ん} \
         `77  ,¦ | _ |{  7 T Tメ | } . ¦ Ⅵ丿    万物の願いをかなえる『聖杯』を奪う為に。
           { { / | ∧ 八 { x=≠ミノノ  }  |  }
          _人{ 八  rfミ  ヽ  }辷,ノj ノ 丿 j ,′      『聖杯』はどのような願いでも叶える万能の願望機と言われているけど、
      , ´. -  人  {\ハ ツ     ,, ,,,/ /   ∧ {
.      {//     ノ厂` 八''  ー' / //   ′}人       願いを叶える事ができるのは最後に残った一組だけなの。
       (      //   /  /≧=‐/ ' /   ノ{ ∧ ヽ
       `ヽ   {{   ,ハ ,'人_厂{/{ {-‐ ´  \ }}ノ      だから皆、その権利を得る為に覇権を競っているのよ。
           } ノ人  {八{  /   ソ}-‐i{      `ヽrr‐┐
          _/     ̄, -fニ7   /`⌒乙-、      -‐{
                //{_/    ,'__r~r-匸ノハ     }}^}
                   } rーく  j   }  }{ `于 千'∨
                    (_{⌒ヽx==≠=<`Y⌒廴__,Lノ
                 匸`〃∧  } ヽ ヽ}/    ヽ
                  {ン  {-j厂`Y´}__rく⌒i⌒}¬n }
                  `7⌒′ヽ  .  `ーr=}≠ミノ{_ノ
                 /     \ ヽ   ヽ{__,ノL}j-{
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――まるで聞かれたから応えているだけと言わんばかりに。
┃ いや、実際にそうなのだろう。
┃ 彼女の説明は事務的で、そこにどのような感情もうかがい知ることができない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5502 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:17:59 ID:ALzujmTc0





     ____
   /      \
  /         \
/           \   ―――そんな物が、本当に実在するのかお?
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/   正直、話を聞くだけならかなり眉唾なんだけど……。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}     少なくとも、私や先のバーサーカーのような、
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八     “人知を超越した存在を喚べる器”があるのは間違いないわ。
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉    そしてそれだけの力を持った物なら、
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /     例え聖杯が偽物だろうと贋作だろうと問題ないのよ。
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {      実際に、願いを叶える力がある―――。
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ      参加者にとって重要なのはその一点だけなんだから。
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_
             //:::::::::::::::::::::ヾ::{:/::::::::::::}::::::::::::::::::/   {   ハ
           /  {::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ  ̄ ̄     ⌒) }}ゝ-、
      , =--- /   |::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:∧       (⌒  リ _.ノ
    ./     {     i|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::∧        ,r'  / <
   /     〉    |:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::/::/::∧     八  ./ .,.イ
  ./       ./__    i|::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/:::::::/::∧  /⌒ ./ ゝ八
  〈        }___|::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:/  _ゝ ./  , イ   \
  .\       ./ |::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/::::::::::::::/ /_  / _/      \
     \.___/  /ー‐=≦.|::::::::::::::::::/::::::::::/  r‐ ' ./ __}          \






.
5504 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:24:50 ID:ALzujmTc0




          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ      ―――少々、話込み過ぎちゃったわね。
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く         マスター。 バーサーカーを撃退したとはいえ、
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \    ここはまだ黒の陣営の領地内よ。
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {    そろそろ移動しないと、また捕捉されてしまうわ。
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ






..      ____
     / ―  -\     えーっと、ちょっと待って。
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   たしかキャスターは赤の陣営だったおね?
  |   u   ` ⌒´   |
.  \           /   それであのミノ助が黒の陣営。 んで、ここが黒の領地というと……。
.   ノ         \
 /´            ヽ








.

5505 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:31:16 ID:ALzujmTc0





                ,、
                  / ヽ
              /,.-‐:.、ヽ __
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、
         .イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ
      ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
       >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ           敵地のど真ん中ね。
        |   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \
        人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \        他に聞きたい事があるなら道中で説明するから、
      / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶
       / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \     とりあえず移動しましょうか。
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ    |  ,'
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_    | /
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィヽ. ノ'
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.
          }....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
          /..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
      r≧>'⌒´ ̄´   |..{k|. 人 |:}..{     `ー<_/!
     f>'        :... ヽk|´  `Tアハ         ヽ>、
      へ            Y! 、_|ハ (辷ニ、    /ー’  __.ィ)
          \.......rチ;rチ≧=-<三三三ニ}===≧y /_/三三三三〃}
          `ーLイ'´    ヽ三三ヲ   rァ ヾ≦三三三三7〃ヾ
              /       丶ニ/     |:   ヽ:三三〃)≦})'う´
          /           ∨     l:   ヽ三〃) ̄ヽ)'




       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \      つまり、このままのんびりしていると
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |     またさっきのような敵に襲われると―――?
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |     そういう事は、先に言ってくださいませんかキャスターさん……。
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 「ごめんなさいね~」とあまり悪びれた様子の無いキャスター。
┃ どうやら、彼女はマイペース(?)な人物のようだ。
┃ まぁ、見えたステータスを信じるならそれ所では無いようだが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5507 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:37:31 ID:ALzujmTc0





:::::::::::!| |:::::::::::::::|;:|`'._ ヽ:::::::::::::\ ::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::
:::::::::::!| |:::::::::::::::|;:| ∥\)::::::::::::::::\:::::|  :::::::::::::::::::::::::::::/      /:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::!| |:::::::::::::::|;:| ∥ |\:::::::::::::::::::::::::|  :::::::::::: :::::::::/      / ::: ::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
\ ::::!| |:::::::::::::::|;:| ∥ |  | ::::::::::::::::::::::| ::::::::::...... ....:::::|      /  ::::::::::::.:::::::::::::::::::::
\\ | |:::::::::::::::|;:| ∥ |\| ::::::::::::::::::::::|     .::::::::: |  ::::::::::::.. .  ........... ..::::::::::::::::::::::::::::
:::::::\| |\ ::::::::|;:| ∥ |  |:::::::/⌒ヽ :::|     . . .... ヽ     ヽ     . . . ... ..:::::::::
:::::::::::!| |:\\::!|;:| ∥ |\|::::::|.  .ヽ:::|  ::::::: :::::::...  \     \:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::!| |::::::::\\. ∥ |  |::::::||\  |:::|           ::::::::::::::::::::::::::::::
!:::ヽ::::::ヽ:::::::::::::::\\.|\|::::::||!;;;;\|:::|
α::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\ |::::::|| ;;;;;;;;;|:::|
π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _ _ _ _ ! | |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \             \!γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:::::::::::::::|   \_________ |  そういえばさっきのミノ助に顔を見られているけど、いきなりまた襲ってきたりしないかお?      |
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ~~~~~~~~ 乂________________________________________ノ
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |゙___.|l!i!i!|. lllllllll-l::l:::l | .|   ,,-、 |;:|.     |,ii!     l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     \ i!|. lllllllll'll:.l:;;l,,''l,,-"   丶ヽ,|;:|ヽ     |;lil     |;i|ll|
:::::::::::::::|;;;;;;;;゙iニーヽ    /─  ─   \. ~l;;;;;;;∩;,-"      \ヽ、~:;;,,,,、ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .--|;;;; iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \.゙|;;;;-"           \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!.    |;;;;;;;;;;;;;⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |                  \γ'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ⊂ ヽ∩ `ー´    _/                      \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'、_ \       )
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .--..゙\ \ / /|
!.    |;;;,,,,.. .-- ".       |\ ヽ /  |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう恐々聞くと「大分痛めつけたから、少なくとも数日は大丈夫」との事。
┃ そんな事を話しながら、キャスターの先導で
┃ 黒の陣地から抜け出すべく大橋の方向へ歩き出していく……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋







.
5509 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:44:18 ID:ALzujmTc0









.               l   l         |   |
             l    !           .|   |
              l   .!           ┤   |
.            l   !             |   |
                l   .!            .|   |
.              l  l.      ´\  |   ├
.               l   !.       _ ,,.`\_|   |
             l  .!.    .‐~     `'|   |
   、        _l_l_     ,'::..      :|.._  |
.    ` ー-  --‐ l| |¬` ー-_ノ::::::... ......:::::| . l |
           [ll| |ll]_ ,;'" .、::::::::::::::::....| : l=.|
 .            ー| |l'   !:::::::::::;;;;;.... 、..::::| ' l |
            | | . _~ー、_:::::::::;;;\、 :| ; l |
            | |./|    ~ゝ:::::;;='、_:| : l=.|
            | | |     l、...:::::::::.. !|__」 !
            | | |      ^ー-、::. |   |
            | | |           '~l_____.|
            | | |   _,r-‐(⌒`ヽー-|l l l l|
            | | |  ,ソ;;::: ゝ;;::::::::::: |l l l l|
            | | 、!_ .{`:: . ノ_;;::::::::::. . |_ |
                L;_::  ノ;;;::: .   l文|. |
                      ~ ー 、_i ::.. | ̄ |
                       ヽ,._|_  |
                           ̄



               ___ ,. ┐
          _∠ ̄/_  |`\
          〉__/ (@) V  `、
         _}ァ ^7^)个テ=、 \ |      j、
          / VニA八八tV `^∨    ノ }
         {イ 〃!┴'_  上ノ  j }   / ノ
        ∠乙人" ‐- ∠ィ //  (  '´)
         ,ノ^Yミi>r‐/ _ノl〈   `'ー'´
        ,/   |ン!,_〈_// `>')>
       /{    |: |tハイ\厶'" 八、
      人__   V L八_)`ヽ.   ト┐
      ヽ!_.}`フゝイ__,....,__ノ>~iT「}
      }、  ̄ /j{。'"イ ト\}\ヽj_},人
     ノ }   ハ!{。./⌒}。。・>、ノ「l ト、ヽ`ユ、_
    / ,ノ)  |i ヾェ{  ムj-rエメヽLじー'´  〉
  〈    )   | ' }i i{丶`⌒^  } }    ノ
    `ー '´   |  }i i{、ヽ     ,ハ `ー--'´
           |   }i i{、      !
          ノ|   `}i i{、       lヽ-ュ__
      _,.ィ} ノ    八i i{、    丶V-〈
      ゝ{!   / .ハ ト!、      〉-(
      >-\ ヽ j.___}_ト!、ト!、   _,ん┘
      `乙ィ>-'{〕エ_广Y{H{_rェ!-ニく_
       `¬-凵'こ>!  ‘⌒´   ヒマ∧
          ::::(、_ノ:::::::::::::::::::::::::|亡! ハ:::..
           `~~´:::::::::::::::::::::::::::ヽ._ノ:::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――道中、サーヴァントの事や英霊の事、
┃ この右手に宿る3画の“令呪”の事などを教えてもらいながら。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5510 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:46:29 ID:ALzujmTc0





                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・






.
5512 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:49:32 ID:ALzujmTc0





                          __.. - ''  ̄¨7
                          r'´   _,,,∠
                     _ .-└- 、∠´_ ノ豸
            _.._-_''_三_`_〆´        ⌒ミZナ 、
         , .‐'´ ヤ⌒ ー、/       、  ヽ  ゞi`ヽ、
        く     \彡イV   / / ,' ハ  ヽ  ヽ、 \ _
         \ !  ,>Zンi   / / /j j ゙i,. - 、 }、\ゝ、\
          ゞLくイ  ,イハ  !r'/⌒//  | i }ト!  ト 、 `' !  \
           / ヽ /ミ|ト| ,ィ|_ムノ_/   Hゥt}i  ト、`''ー┼ … 1
           /   X/!∥ V|| Yi'ー|,`    ヒレ ハり\\  |   |
         /    ミジ〃| |   ! ll`¨´     " 八j  ヽミi !/^ゞ
       /    V   l|  i.ll|、   ,ー⌒'く从|\_  i
      /  _  |    !l゙i   .lト!|ハ>':´::::::::::::::::` ー 、 ヽ亅
     /,.‐'´  ヽ亅   l、\ 刈ヽ\::丶:::::::::::::::::::::::::「::ヽ、
     '´            斤リ:.:.:.:.:.:.\::\::::::::::::::::::::i!、:::::\
              /⌒V八 `へ、:.:.:.:.`、:::丶、:::::::::::!::l::::::::::::\
              〕 iへ;;__`ーく >- 、_{::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::丶
             〈ン ┤::::::::::\ く〔   〕-:ー::…::-::::、 ::::::::::::::::::::}
              匸 l , -- 、_`一ラ'´::::::::::::::::::::::::::::|1`'ー_-、::j
              じ.{:::::::::'::´:::::ノ'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  \i 丿
               Xl::::::::::::::厂::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::|ト, 、 ヽヽ
                |:::::::::::::|:::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::|!. U \ソ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ そろそろ体力的に厳しいので本日はここまで。
┃ 一応、やる夫さんの【魔】はかなり高くまで成長する可能性はあります。
┃ 後、そうでなくとも魔力不足を解消する方法等はいくつか用意してあるので、ご安心ください。
┃ まぁ、現状だと単なる足手まといの一般人なのは否めませんが―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5517 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2013/12/31(火) 23:52:58 ID:ALzujmTc0





                             /\ ̄`ヽ、
                             |  \   ヽ ____
                             i    >  ´    `     .
                             /  _/!      ___       `  、
                            _}   ハ \   /            \
                           ノ   rヘ \   /   /              ヽ
                           /   /   \ /   / /.            ヽ __
                          /   ./ / /  /   / .__ ///    /         ', 〉
                         く    / / /⌒/ / /   /7メ、   /l i        V
                         > / / /i ./ / /==</ / / ヽ./ ! l  i       i
                      r~'´ / / /八/ / /i〃r夭ヾレ'i //  l  i  l    i l  |
                     ノ _  / / / /  / / / l{ir';::::::/   レ'レ′ / /` メ、.   i l  i
                       /´ / イ / /  l  i l |`ー~'      / // / ハ   i i リ
      _             / /ゝ、 l/ l   |  l i |         ,ィテく/ ハ  / / /
     /´ノ\               レ'´    >⌒く \l  l l レ'´〉 ,、     〃::::::ハ / / / /
     \fi  \               /     \ レiハ ! / / /  \ '  《fr;イ. ハ' / / /
      ||ヽ   \        ,. -‐ ´\       V   V i 八__ ノ´   /'7/イ /lイ
      t! \  \    /      \      |   Vレ'´ ノ _ .. - '´ //  i/i  !リ
          \  \  /         ヽ    |     //     //  i i i|
           \  \             ',     l       i /   i____/l /    ! ! .i|
.              \ノ \          i    ヽ.    i i   i  / V  /レiルハリ
.               \  \         |   //   / |   ハ/   i イ
               i \  \   i   l //i'   /  l   / i    lノ
               |  \  \  l   / / .l   /  /.! /   !     l
               |    \  \ /  /  |  /! / l/   |    |
               |     \  \ /  l / i i /     |    |
               |       ー\__/    V  l /       |    |
               |        /       i   ! l      j    l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ さて、次回はそろそろルイズさん登場でしょうか?
┃ 幽々子さんとのコミュは順調に進んでいるのでご安心を。
┃ 後6回ほど好感度を稼げば何かありますよ?とだけ。

┃ 新年の願い事などがあれば0時に書き込むとあるいは叶うかもしれません。
┃ まぁ、叶うかどうかは>>1の気分次第ですが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5519 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:00:00 ID:qrzscg9c0
あけましておめでとうございます!

新年の願い事はゆゆキャスターの強化フラグや地雷フラグのヒントをお願いします!

5520 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:00:00 ID:oG2A5Cw.0
A Happy New Year!
今年も一年宜しく!

せっかくだし、やる夫強化のヒントがあればお願いします

5521 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:00:05 ID:8h46BL1g0
0:00:00なら結局出れなかった咲夜さん登場させてください

5522 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:00:01 ID:hVzLZ6Dc0
明けましておめでとうございますー
幽々子に強化フラグが存在するかと、存在するなら「特定鯖の撃破」が条件に含まれるかだけ教えていただければ…

5523 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:01:42 ID:hVzLZ6Dc0
書き込み失敗しとる!?

明けましておめでとうございますー
幽々子に強化フラグが存在するかと、するなら特定鯖の撃破が条件かだけ教えていただければー

5525 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:05:01 ID:n7Qhe5FE0
あけましておめでとうございます

予想外にひとつもなかったので、過去の思い出に琥珀さんのものを無理(地雷)
無い程度に追加できたらお願いします

5526 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 00:08:23 ID:v03NP4SQ0





      /             /    ヽ   ヽハ
     /           /i     ヽ.  i彡i
.    ,'     / Z ,イ / ! ハ‐、‐- 、 |彡|
    i   /  /  i i i i/ .|  i l 、、 `ヽ   |彡|
    i /  /.i il i i.ilハ |  l i ヽヽヽ.i.   ハ. i~'
    レ' i  / ! lハリ__i_ヽi  V,.===く |   l |
     | /  i iv'´ ̄ `         |   i ト、
     リ!  Kノ             |   l | ヽ
      |  il、      ___    ! i  il |
__      .|  li ヽ、   「      !  ィ  !  ll |
ヽ ヽ    |  ハ ハ>  _i、   .ノ .イ i! ハ  リノー‐
 ヽ ヽ   レハj レ' ヾ i__ ! ̄   ir レハ/ ! /
  ヽ ヽ    !   ,.-'´ |i .ノ    / 〉ヘ  レ
   r'  }  ___,.イ   .|i !   //.  ヽ
_ノ´ ̄`ヽY´ ノi    .|l l //     〉、
     .ノ./ .|     .|l レ'/     /  ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ ―――皆さん、あけましておめでとうございます。
┃ 本年もどうぞよろしくお願いしますね。

┃ >>5519 まぁ、ありきたりですが「心無い生者の囁き」が鍵ですね。
┃       強化・地雷両方とも。

┃ >>5520 どんどん敵を倒していきましょう。
┃       実戦こそもっとも経験を積むのにふさわしい場なり!とか。

┃ >>5521 咲夜さんですかー? ……あ、枠が一個あいてるからそこにぶち込んでおきますね。

┃ >>5522 強化フラグはあります。後、特定鯖の撃破は関係ないですねー。

┃ >>5525 エクセレンツ! では早速安価をとりましょうそうしましょう!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5527 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 00:10:41 ID:v03NP4SQ0





.   : : i:.i:.:.:.:.ii;.:.:.:.i:.:i,ヽ;.:.:.:.ヾ;,;,;,;,ヾ;;,;ヾ>-:.:.:丶i:.:.:.:.:.:.彡彡i;;::::::::::::::::::/ :
   : : i:.:i.:.:.:.i:ii;.:.:.:ii;.:i, ヽ;.:.:.:ヽ,ヽ;.;r-i'''i,'''、''''ヽi,:.:.:.:.:.:i--、:.:i;:ヾ,----" : :
.   : i:.i;.:.:.:.i.:ii;.:.::i.i;.'y′ `ヾ、:.ヽ、`' i_,ノヽ-i  i:.:.:.:.:.:i,/ 'i.:'i;::::ヽ、: : :
   : : i,:ii,:.:.:.i:.:i,'i;,;,i'ヾ;i,,,_     ̄  i,'ヽi´ i  i.:.:.:.:.:.i  ,!:.:'i;::::::::ヽ、
     ヾi'i;.:.:.i:.:ヽヾif´i, iヽ、      `┴''''´ .i.:.:.:.:.:i  /.:.:.::i;';::::::::';ヽ,
  ノヽ    ヾ;.i,.:.:ヽ ヽ ヽi,`i'、      / / /  .i;.:.:.:.:.i/:.:.:.:.:.:i;:':;::::::';::ヽ,
  ヽ′  .  i:.:ヽ.:.ヽ、ヽ__,y''      _, -、   i:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.;.:.:'i:::'::::::::::::;;ゝ
      : : .i.:.i.:.:.:.:.iヽ ///  ,_,,.- '´  ヽ   i:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ii;.:.:i:::::::::::;f´
       : i:.:i:.:.:.:.:.i:.ヽ、    ヾ、    ,!  ./´i,:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i::'i,:.i::::::;;;ノ
.      : : i.:.i,:.:.:.:.:i.:.:.:.:'i.-.,,,_  ヽ,____, ノ //.i:.:.:.:i:.:.:.:.:.;!-'V'''''"
.        i;.:ii,:.:.:.:.i;.:.:.:.:i;.:i.:.:. ` -.,_______,/r'"  i,:.:.:i,;_:.:.:.;! : :
        i:.i i,:.:.:.:ii;.:.:.:.ii;.ii,:.:.:.:.:.:.:.,ゝ: ;/   _,r',ri:.;i':.:.'':-',,_____
       : : .i;! i;:.:.:i i;.:.:.:i,i;iヾ;.:_/:i |''"  _r",r":.:.:`:.:.:.:./:::::::::: ̄'''''':-.、
           'i;,:,i .ヾ,:.:i,_/ i:.:.:.:i i  //.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::/,:-":::::::ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ という訳で、私とやる夫さんの思い出を安価で募集します。
┃ これが終われば今日は本当におちますね。

┃ では―――10分後ぐらいに安価を取りますので、
┃ それまでに素敵な思い出を考えておいてください♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5530 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 00:20:25 ID:v03NP4SQ0





           .  -── - .
         /          丶.
        /  /           ヽ, \ー、
     ,. --ァ' / /   i l l  i   i  l  V|
    〈´  ̄i l  l  l ! .l i  l   l  i  i l |
     ヽ.  iヽl  l___l__l l |  i,.-十 ノ  l l.|
      l lヽi.´ | ノ ノレ'  レ' r==.くレ / i !
      i | l  | v= 、   |i沂jjハレ' i イ
     .乂| i  |        ´ ̄⊂⊃ | k
      /.| l ⊂⊃  ┌─┐   ,イi. |  >
     / i l  | \   ゝ ..ノ /lリ l レ'´
     `ーヘ ト、j ハハ` r ─´| // i j/
        `レ'ヘjイ ハ \  ノ\
          ., '   ヽ、 ,.->_/ l ヽ .
         ./\.     Vィニィァ_/  /ヽ
        /   ヽ.   |  /´ }   !   i
        {     V   |   {  |    ',   |
        }    |_/  ム. ヽ.__j  |
        |   ヽレ'ヽ  /示.  iヽ. l  |
        |  /    ∨  ̄ ヽ |  \ }
        トイ      .iニfぅニi∨    ヽ|
        l/        |=ュッ=l/     〉
        〈'        |    |      /
        |ヽ.     ├‐┬‐{      /|
        |  ヽ     /i  l  `ト / |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ それでは私の思い出をどうぞー♪
┃ 安価の中から気に入った奴を私が選択します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

※行動安価↓3~5

琥珀さんとの思い出は―――?


5533 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:21:16 ID:hVzLZ6Dc0
昔から半月に1回は琥珀さんと2人で何処かに遊びに行っていた
琥珀さんのリボンは、1年くらい前に短期のバイトでこっそり金を稼いだやる夫がプレゼントしたもの

5534 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:21:25 ID:oG2A5Cw.0
昔何かの拍子に琥珀さんの年齢を知っちゃったけど、何故かその日のことを思い出せない。
思い出そうとすると、頭痛が……

5535 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 00:21:33 ID:qrzscg9c0
子供心に琥珀さんのお手伝いをしようと料理をしたが、
味はともかく見た目がアレな料理を作って困らせてしまった

5538 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 00:26:10 ID:v03NP4SQ0

>>5533 昔から半月に1回は琥珀さんと2人で何処かに遊びに行っていた
      琥珀さんのリボンは、1年くらい前に短期のバイトでこっそり金を稼いだやる夫がプレゼントしたもの



                    ,..r'''''" ̄ ̄ ̄ ̄`'----.,_
                 _r"-::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::;\_,,.....----'''''ヽ
               ,r'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::;\---......./iiiill|
              //:/::/:i::::::i::l:::::l::::::::_:::::;ヽ_::::::::;ヽ:::;;;;;;;ヽiiiiiiiiiiiiiiiiiiill|
            //::/::/::f::::;;|:::|:::::|::::::ヽ:::::;;:;'i::::::::;;;'i''''"'",.!,_,,iiiiiiiiiiill_ィ
            //:/::::|::;;|::;:;;!'i:::|::::;|_:::;:;ヽ:::::;;;|::::::::;;;ト-''''",ノ`''-...,,,,l'"li
            ||:::|::;;;|::;;|:::;;;| `_:'i_:;ヽ.,_:;;:\:;:;|:::::::::;;;レ-"",|_,,iiiiiiiiiillllll|
            |i::;|.:;;||::;;|.,:;;;| `,ヽ-,;`_-_;\.,;|:::;::::::;;|,,"-''";ト,`''-...../
            |`,|`,;|'ヽ;|`__|  '-,r''''''T二,,,,f_t::;:::::;;;f'`.,:;::;;|ヽ
             ` Nレ'''''",..._   ` フ'"|   T::;;:::::;;レ,`|;:;;;;;|.ilヽ
               !:i::`,'"ヽ`',       Yフ....i'!:;!;::::;;;|"|,!;;;;;;;;!iillヽ
   , _            |:|::::ヽ rフ_.!        ̄  !:|;;;;;:;;;r'/;;;;;i;;;;|iiiiilヽ
 / ,イ_          |:|:;;:;;ト_'" ノ         |::|!;;;::;;f";;;;!;;;|;;;|,iiiiiil`.,
./ ∠ヘ ヽ、.       .|:|:;;;:;;|`-., ` ,__,     |::|!;;;:i;;|;;;;;;;|;;;;|;;|`,iiiii'.,ヽ
ヽ| 、--、\}、        |:|::;;:;;|;;;;;;`'-.,         ,..|:||;;;;i;/;;;;;;;;|;;;;|;;!l`,iill,,'V
 .! /ニ\} ヽ     'i',_;;;;;;!;;;;;;;;;;;;;`'-.,,,,,,,,..-'" ]/|;;/|!'|;;;;;;;;|;;;||ト-'ヽilll/
. { -'´こ\!  ',l     ||'.,;;;;|',;;|.,;;;;|;;;|,;;;;,;;;;;;.|   | |/ ' ト-.-L!.,|   V
. ヽ ̄不ヘ_!  |     `i '-,| '.,|,,, -―‐ ''´7   ./  .|
  \       l     `i /::.::.::.::.::.::.://┴ ニ ̄ ̄ ̄ i
    ヽ.    |.      /:::::::::::/ ,レ'´::::::::::::::::::::::::::::::i
     !    |     ,'::::::::Y'´ /:::::::::::::::::::、 -―― │ヽ
     !     |    ,':::::::ン /:::::::::::::::::, -' ´:::::::::::::::::::::::::::j/ヘ
     !    l :ト、_ ./  /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::,;:':::::::::::::::::::::::\
     ,|: __, _l、 ヽ/ /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::: ,'::::::::::::::::::::::::;! ヘ
    / | く.,r=l lト、 \)-、::.::.::./::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::! :|
   ∧ :| |( ⌒'´  ヽ'’ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::l |
  ./. ヘ| |(.      ヘ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::: l !
 /    | /|(         l __:::::::::::::::::::::::::::/_::::::::::::::::::::::::::::::::l!
..l":; ;,' ,レ' ||(__       !    `' ‐- 、  /    ̄` ー-::::::::::::::::!
|";,    || //ヽ     >、- 、___}/ 、 ::.::.::.::.::.::.::/::.::`:.、 :l
| , ,,、   iV/i ;;;:\  / { , ‐  `ヽ /   `ー ::.::.::.,:.´ :::.::.::.::.: :/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ じゃあ、これで―――。
┃ そろそろ半月経つ頃ですねー?
┃ 次は何処にいきましょうか、やる夫さん?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5543 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 00:30:17 ID:v03NP4SQ0





                           ____
                      /. . . . . . . . . \__
                      /. . ./ . . . . . . . . . . . \
                     / . . . /|. .| . . . . . . . i . . |、__
                     ノ|. . 」L| . . L.」_. . .|. .| . . |\___) }
                      |人八| \{V|人ミiト. .|__|   /
                    / . .}=ミ   ⌒ぅく_,リ. .┝冖〉   {
                   . . . /. . '' ,.    {__'ツ/. . .ハ. .|\__丿
                     / . . /. .八  、__  '' /. . ./_丿..|、 \
                 l/|. /. ./. ,心.      /. . ./. . . . .|     〉
                  |//⌒V.| .个ー┬=7./. ./i . . . . .|/ ̄厂|
                    | ....:}人八,ハ∧ {/|. /八l\人L.斗く_し┐
                       〉,..ノ/⌒V 厂|〉/|/ /|   .___しヘ __,ノ
                    //  〕iト    |/  /ニ/   斗くニニ   ̄)
                //  {   } |  /  /ニ/  .___し'ニニ゚。〔_
                  //     〕iト.} | ,/  /ニ/   斗くニニニ∧丿
                ,ノ二.ヽ┐ {___,} |/  /ニl  .___し'ニニ/ニ〉
               」 ー‐i.ノ{   |ニ7    ̄ ̄ ̄   {ニ|____/ニニ∧
            |  ̄]丿 ,   |ニ{     .      {ニ|ニニニニニ゚。
.              V7⌒ヽ /   ニ\  . : : : . .    \|ニニニニニニ
              〈/   〈    」ニニニ゚。             ニニニニニニ。
                 .     厂 ̄ミiト゚。           ノ\ニニニニニ゚。
               .   ∨⌒ヽニニニ}、____彡   ヽニニニニニ
                  ゚。  |ニニ}ニニニ}  ━…ーっ       ニニニニ|
                 ∧  |ニニ}ニニ7               ノ}ニニニニ|
                   {ニ|\|ニニニニ/            ......:::::::}ニニニニ|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 地雷じゃないですけど中々面白い設定ゲットですね。
┃ やる夫さんの中ではそれだけ私の存在が大きくなっていると♪
┃ ―――ふふふ、それじゃあ本日はこの辺りで。
┃ 皆さん、お休みなさい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5550 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 20:54:18 ID:v03NP4SQ0





                        >:.、
                       /:::::::::∨
           __       /::::`Y:::::::::::::::::::ヽ
          i´   >. :´: : ̄ ̄: .<./ ̄ ̄i_
          :、  /: :─- : : : : : : : : : :` <::/::::::::`::<
             `7: : :、: :  ̄: :ヽ: : : : : : : : : :二=-:::::::::::j
            / : : ハ\\ヾー :\\ : : : : : :\::::::::::/
           ,{ i: : ヽ\:\`ィぅ、: :\`!: : : : : :、ヽ/
           |!ハ\: :\`  弋リ \ 、\: : : : : :{`
              八从:`Y__    、    ト\:ヽ: : ム ̄`
                i: : :´` 'く  )  ,    \ ヌヽ、
             \: :>: .。_ /ー───)、⌒)、
               iマ、_jーx∠二ニニニニニ7 _k;:,、
                ,ム `r‐‐乂{‐、 ヽニニニニ| i ヾ;ヽ,   /ニ=<
                 7´ー iニニニ;kヽ  ヽニニニl ∨ ,{ニL__/ニニニ:\
                L= {ニニニニ`ーヽ  ヽニニi ∨!ニニニ\ニニニ\
           .x1ー;:、 `ヽ__ヽニニニニ\   ∨ニ}  ト'ニニニニ\ニニニ\
        ト/ニニ\__ `ーヽニニニニニ\ ∨ l /ニニニニニニ\ニニニ\
          ト/ニニニニ\   }ニニニニニニ\∨ /ニニニニニニニニ `ニニニ∧
.         ;/ニニニニニニーヘニニニニニニニヽ/ ニニニニニニニニニニニニ∧
         /ニニニニニニニニ\ニニニニニニヽ ∨ニニニニニニニニニニニニ}
         |ニニニニニニニニニニ\ニニニニニヽ ∨ニニニニニニニニニニニ;ソ
         l:ニニニニニニニニニニニ\ニニニニ∧  \ニニニニニニニニニニ/
        ∨ニニニニニニニニニニニ:\ニニニニi   \ニニニニニニニニ/
        ∨ニニニニニニニニニニニニ\、ニニ|!.    \ニニニニニニ/
.          ∨ニニニニニニニニニニニニニヾニニ!l,      \ニニニニ/
            ∨ニニニニニニニニニニニニニニニン  ̄` ‐-  .\ニ;/
           ∨ニニニニニニニニニニニニニ/  ̄` ‐- _   ¨¨<
.             ∨ニニニニニニニニニニニ/、|         `> .,   `<
          /.∨ニニニニニニニニニニ/;  ∨           >
         /   ∨ニニニニニニニニ/ニ∧  ∨
.      /       ∨ニニニニニニ≦ニニニ∧  ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ はい、皆さんこんばんはー。
┃ もう少ししたら投下の方を開始したいと思いますねー!
┃ 何だか超絶スローペースな気がしますが、まぁ気のせいでしょう。たぶん。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5555 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:23:45 ID:v03NP4SQ0
それではぼちぼち開始しますねー。

5557 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:25:02 ID:v03NP4SQ0





      Fi
  l::::ニニ:::ニニ::::l
  |:::::::::::::::::::::::::::::::|
. /|:::「 ̄ ̄ ̄ ̄|:::|
/ .|:::|: \  .//|:::|
  |:::|.      / .|:::|
  |:::|  / /  |:::|
  |:::|/.  / .\|:::|
  |:::|\ /  /|:::|.     ri
  |:::|.  / ./  |:::|.    「三三j
  |:::| /  \  |:小 .   |:ト、./|:|
  |:::|./     .\|:::|   /|:|/ ヽ!:!__                   ___           i!
  l:::/      /|:::| ∨ .|:ト、./|:|:::|                    |:::::iii|.            ||
  |/j  \./ ..|:::| ∧ .|:|/ ヽ!:!:::!_  __ __       ____ .|:::::lll|._r┐ __       |:|
 /:::j  /.\ ..|:::|./  〈|:ト、./|:|:::|:|__|:::::::||::iiiiii|_.┌―┐.|::::::::::::| .|:::::iii||:::::::| |::::::| xx  |i:|
./ |:::l/::::::::::::\|:::|'    |:!/ ヽ!:!:::!:!:::: ::::::!!::iiiiii|:l-|i:i:i:i:iトr|::::::::::::ト.!:::::iii||:::::::|/「[[[[[[|:::}゙´|i:i:i|:..
  |:::|::::::::::::: : :::::|:::∟=-‐===:!:!:::!:!:::: :::::::::::iiiii|:l;;;!i:i:i:i:i|:.A:::::「「「「「|::::iii|:::::::::|::|:[[[[[[|:::|:::|i:i:i:i|::
  |:::|::::::::::::>'゙´|:::| ,..x≦////|:|:::|:ト、ョョョョ:::iiiiii|:l;;;!i:i:i:i:i|:|ヨ|::::|:|:|:|:|:|::::iii|:::::::::|::|:[[[[[[|:::|::|i:i:i:i:i|::
  |:::|>'゙´   ,..|:::l//////>=!:!:::!:!::::\lllllllllllll|:l;;;!i:i:i:i:i|:|ヨ|::::|:|:|:|:|:|::::iii|:::::::::|::|:[[[[[[|:::|:|i:i:i:i:i:i|:
>      ,..<::::!:::!///:>!:!ニ=|:lニ|:|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
     /////:|:::|::/ニ:|:|三=|:lニ|:|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
   ///////:|:::|::::::: :::|:| :-=|:|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
. ////////::|:::|:::::::: ::|:|::::::::|:|ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ .ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ
.<:///////  |:::|          ニニニニ  ニニニ :ニニニ ニニ ニニニ ニニ     ニ
::::///// \  .|:::|                            ニニ           ニ
::///!゙´    \|:::|                                          ::
/|:::|\    ./|:::|
  |:::|  \./  |:::|
  |:::|  /.\  |:::|
  |:::|/    .\|:::|


         ____
       /     \        つまり、サーヴァントは神話や伝承に名を残すような英霊を使い魔にした物で、
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \     この三画の令呪で命令を聞かせることができる。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     そしてサーヴァントは召喚される時、7つのクラスのいずれかに当てはめられると……。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 道中―――。
┃ キャスターに教えてもらった事を口で反復しながら
┃ 頭に叩き込んでおく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5560 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:29:12 ID:v03NP4SQ0





                           _______________
                        |   /            ∥   \  |
                        |./| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∥ ̄ ̄ ̄|\.|
                        |:  |       _   _   ∥      |  :|
                        |:  |   /   ̄「〈_,ヽ,.∥      |  :|
                        |:  |  //    ,}ミ|!ニr'.∥      |  :|
                        |:  | _ノ/    て⌒)T`r{.}ュ     |  :|
                        |:  |. /ィ     ゝ彡'ィrュf}) _.    |  :|
                        |:  |  l ,    ,イ /ヽ"ー''(-}三〉  .|  :|
                        |:  |   | i   / ! !   〉=、_,i′    .|  :|
                        |:  |  | l  l | l  人ミ=ヘ.     |  :|
                        |:  |   { | | | !  {′ ,ハ\    .|  :|
                        |:  |   `'l | { !   |`ー1| |`′   |  :|
                        |:  |    ゛ ! `   |ミ三|ニ|    .|  :|
                        |:  |        ./|   |:. |     |  :|
                        |:  |        //{.`ー|::.}     |  :|
                        |:  |         .// l|、__ノ:7       .|  :|
                        |:  |      .// ノミ7::.,'      |  :|
                        |:  |       `′ノ /i;:..{        |  :|
                        |:  |       r' _{ノ;:.(__       |  :|
                        |:  |        {彡ゝ,`"=ニ`ュ、  |  :|
                        |:  |        ヽ=ニュ、      .|  :|
                        |.\|____________ Saber ____________|/.|
                        |   \                 /  |
                            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 剣の逸話を持つ英霊―――セイバー。
┃ 槍の逸話を持つ英霊―――ランサー。
┃ 弓の逸話を持つ英霊―――アーチャー。

┃ これらのクラスを“三騎士”と呼ぶらしい。
┃ 三騎士のクラスはいずれも戦闘能力が高く、
┃ 聖杯戦争でも最後まで勝ち抜く確率が高い人気のクラスだそうな。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5562 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:33:16 ID:v03NP4SQ0





           ,ィ'´ ,  '´ ̄ ̄ ̄`ー--- 、
        / {/              >、
.       / ___V                  \
.         |/,]} \   、__    ,   ,    j__/
.      /ト、__r-ー \\ _ヽ/--く__/  \
.      V⌒ー─v'⌒ヾ'´   \   __\ __/   /\
.     / /   L ---〉_r─‐z}_/ ∨(二〉、/    }ヽ
     〈ー‐'⌒ヽ,ノ」 \ 「__Ll|l l| l∧ \ヽ.___/    |__
.      `7 | l | | _|_、 ィi´ |l_}Ll| !l| |\ \_  -‐ 7ノ
.        ̄Vi l |  ハ\l| ̄ヒt:ノjハ|│リ l |\      ̄ ̄/_
.         ヽjハ{N{ ソ\|    / ノ j/|\\ \     /__/
          ノ}ハ∧     イl´ / lト、 \__、 \_/ヽ
        / ノrlT「「「「//7{ iト、{ ヽ\ ) ヽl l( \jリ、    __r-,
.        / // ||.|.l l l |'//八  \`ヽ} i  j八_ヽ  \Lruf辷レ廴{
       { i/ | { l{|!.|.| l |//// \} )八l{_     ソ   ヽ- ‐ l に{
.        V  ヽ | | |//厶ュt〈ヽノj/ _rufコこ}    /,ィT\ / ,ィ仡
               | | //    にhfにィ´ /}ノ   /,ィf斗'ー込くfrujノ
.          r----V       ヽi<_  l に{  ,.イrjトr┘`T´ヽ
           _冫==ヽ      ∧    ̄し广fハ_jト┘   \/
.          ‘ー/ 二. |       ∧n        )     __| }_
          `{_T j      __r{ノj   -‐=  フ'"´ ̄  __\  ̄ ̄> 、
              │}L___   ,ィ| |リl/    ,‘´  x< ̄    ヽ       \__      __,,‘´
             ヽ \\トtf| l_Lし' ̄{ /  <        =-‐ヘ、     \ ̄ ̄ ̄
             {「 ̄}小{ ̄ヽ\ У|/ /       >‘´ _ -─‐‘'  .      、
.               lレ'/ |l ト、__ノl |∨ l__/       >‘ >‘´           > 、    \
              /Vjl〈|_LLUイ   |ヽ    / >‘         -‐=      \
                  廴// |      | l.  / /     ,   ´            ヽ
.                にコ i |ヽ\__  ,ノ |/ /           ゙,          ∧
                 く二| l | |\\_  /|\/                ',         ∧
                  }辷| l | ヽ ヽ.__ノ 〈                   .            ,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 他にも複数の宝具を所持した騎乗兵のクラスのライダー、
┃ マスターを殺す事に特化した暗殺者のクラスのアサシン、
┃ 弱い英霊を狂化させる事で強化する狂戦士のクラスのバーサーカー、

┃ そして魔術師のクラスのキャスターなどがある。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5564 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:36:41 ID:v03NP4SQ0










                                       ∧
                                       //ハ
                                   ///,∧
                                     /////,∧
                                   '///////ヘ
                                   {'////////,}
                              , =ニ=-、 .V////////  ,. -=ニ= 、
                            /////////\ V////// /////////ヘ
                         {////,=-‐-ミ/ハ.V,////.//>'゙ ̄`ヽ////}
                            `</{     ヾムⅦⅣ//      }/>'
                               ` ,ィ,ァ ⊆lⅡ|Ⅱl⊇   ト、  '゙´
                                {i/八_ノ,ノ}'/「マム._ノ/,i}
                                  ゙'-=二/ノ//ハ、\二=-'゙
                                    ´^V//^`
                                    ヾ'







╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そしてこの右手に宿る英霊を律する3画の絶対命令権 “令呪”。
┃ これがあればサーヴァントに自害を強要する事すらできる反面、
┃ 戦闘時に使えばサーヴァントの強化も行えるらしい。

┃ まさしく切り札と呼ぶに相応しい反面、この令呪を失えば
┃ 聖杯からの魔力の供給が途絶え、現界を維持するのに莫大な魔力を必要とし、
┃ さらにマスターはサーヴァントに対する抑止力を失うとのこと。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



【令呪ルール】

 サーヴァントに対する絶対命令権。3画まで存在。
 以下の使用法が存在します。

1.サーヴァントがメインで参戦している場合、勝率に+30%。
  サブ参戦している場合は+15%。

2.戦闘におけるランダム選択ステータスの振り直し。

3.戦闘終了時まで、サーヴァントのステータス全てに「+10」。

4.任意のタイミングで使用し、英霊に即座に「+100」の魔力を供給。

5.戦闘に敗北時、令呪を消費することで、聖杯戦争から脱落せずに戦闘から離脱可能。
  詳しくは【戦闘ルール7.敗北側計算】を参照。

  複数陣営での参戦の場合、「両者が完全に協力する意志があれば」、陣営で合計しての消費で撤退できます。
  ただし撤退時に、どちらかの陣営がもし相手側を見捨てるつもりがあり、そう宣言した場合、
  双方の陣営が消費して撤退せねばなりません。

6.その他、コミュ使用も可能。効果は命令による。(ただし、使用するかどうか多数決安価を行います)


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫





.
5566 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:41:55 ID:v03NP4SQ0





     ____
   /      \
  /         \     ―――そもそも、やる夫に魔力ってあるのかお?
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




           -ノ´/ニニ ̄ ̄ ̄`  、
        / / _  ヽ          ヽ
        /   // _`ヽ \       -=ニ{. . --,
      /    /{{ (__し'___,\  __  . / ̄`丶/
     {    i ゞ===⌒´   Y´  `く: : .   ィ`ヽ
    ノ⌒Yヽ }    r‐ ⌒ヽハ / ̄ヽ〉_彡く⌒´
   く_/´ ̄ ̄> ⌒ヽ/  / ̄て:_〉 ヽヽ ∨: : : \
   厶.へ、: : : }/ゝ-へく \´\`ヽ.  iリ  ∨: :  \
   廴:_:_:_:込ノ  __   `ヽ〃fてぅ 1 }  |: :    `¨ー- 、     マスターの魔力はパスを通じてきちんと流れ込んできているから、
.        |l   ト、_ト、ト .__{ ℃り}|/   !    : : : : .   〉
.        |l   iVてぅ     ,,,~´ !'     |     : : : : : /     今のところは供給に問題は無いわ。
         八  从`ヽ℃ノ     ,小  / ! : : : : . : : : : /
      /: : : `iヽト、i∧'rく`ヽ'  イ j  ∧ { : : : : : : : : :./       聖杯からの補助もあるし、このまま全力で闘い続けてもあと3戦は保つわ。
       /i: : : : :}  /  }i`}ー'〕i !´ }ハ  /`¬  : : : : :_:彡'
     { V ̄/    リ 八//}  / ∨   /´ヽ--{
       `ヾ /´ヽ  // /`ヽアi/     /  : : : :}
              )ノ〈:i /`ヽ」/     /    . : : : .、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――逆説。
┃ サーヴァントと良好な関係を築けて、英霊を繋ぎ止めるにたる
┃ “魔力”があれば、たとえ令呪が無くてもサーヴァントを維持できるという訳だが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


『令呪使いきり後の現界ルール』
1.マスター側から供給を切らない限り、マスターからの魔力供給は続く。
2.聖杯からの供給は打ち切られる。
3.マスターはサーヴァントに対する命令権を失う。


 なお、令呪は合計3画。
 令呪をすべて失ってもサーヴァントは消失しませんが、マスターはサーヴァントに対する抑止力を失います。
 【所有者自身が同意すれば、令呪の移譲は可能である】とします。
 また、複数のサーヴァントと契約した場合、令呪は共用となります。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



.
5570 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:45:27 ID:v03NP4SQ0





                ,、
                  / ヽ
              /,.-‐:.、ヽ __
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、
         .イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ
      ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
       >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ
        |   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \        まぁ、流れてくる魔力は聖杯からの補助が大半で、
        人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \
      / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶     正直、雀の涙程度だけど頑張りましょう、マスター。
       / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ    |  ,'
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_    | /
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィヽ. ノ'
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.
          }....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
          /..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――それは慰めているのですか?
┃ それとも貶めているのですかキャスターさん?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

○消費魔力の確認

   各英霊は強力な力を有する代償として、活動に要する消費魔力が存在します。
   ターン終了時および戦闘終了時に消費魔力を確認し、供給不足があればキャラクターシートに記載します。
   魔力に関してのルールは以下の記述を参照。


<貯蔵魔力>
   サーヴァントにはそれぞれ「貯蔵魔力」が設定されています。
   「貯蔵魔力」は「サーヴァントのレベル+サーヴァントの【魔】+100」点を上限として、最大まで保有した状態で召喚されます。
   サーヴァントは戦闘や宝具の使用、あるいは現界を維持するだけでこの「貯蔵魔力」を
   消費していきます。消費魔力の計算、及び供給不足によるペナルティに関しては以下を参照。


<消費魔力の計算方法>


   そのターンの終了時、「貯蔵魔力」に「マスターの【魔】」点が加算されます。

   英霊がターン中に戦闘を行った場合、戦闘終了時に「英霊のレベル÷2」点だけ「貯蔵魔力」から消費されます。
   スキル・宝具を使用した場合は、さらにそれらのスキル・宝具ごとに設定されただけの魔力の消費が発生します。

   これらの計算時、令呪を所持していない組は聖杯からの供給を失い、それぞれ「英霊のLv÷2」点の魔力を追加で失います。


<「魔力供給不足」によるペナルティ>

   「魔力供給不足」による-値が「-20」蓄積するとごとに、英霊のレベル以外の各パラメーターは「-10」されます。
   このペナルティは累積します。(ただしパラメーターは0以下にはならない)
   この「魔力供給不足」によるマイナス値が「-100」を超えた場合、英霊は現界維持が不可能となり、
  「そのターンの終了時」(戦闘終了時ではない)に完全に霧散し消滅します。(相打ち覚悟での宝具の全力開帳は可)


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5573 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:50:30 ID:v03NP4SQ0








 ☆         o          +     o             。    + ☆
   ゚     。         o ☆          ゜             ゜       +
      +        °        。         ★    ゜        。
  ゚             +            ゜
      ゜   ☆                     o   ゜ +         。  °
 ゜          。            o                   。

   ゜              ゜               ゜
       ゜           ゜          ゜                 ゜
                                       ゚
          ゚
.    ___
    |:i||\
   メ:|:i|| i ヽ、
 /.l |:i|| i  i゛'-、
 i  i |:i|| l  l  l "'- .         /゛⌒ヽ
 i  i |:i|| l  l  l  l  l"'- .._    ( .:ヾ::. ⌒)
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i ''-.._(  .::..: . ~、       ,-⌒⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i ''- ._ :...::ゞ.:.)     { ,~.: ⌒;
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i゛''ー ..,_      (  .:::ヾ::..  )⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i` 'i'''‐- ...,,__  .:.:.:...::}..:、_ :)
 i  i |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l`"i'' ┬ - ...,,__
 i  l |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l
 l_l_|;i||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|
 ZZZ|;i|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
   ̄|;i|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _..._ {]_[} .._.........__......._........__.......__............._.........__......._........__.......__..........._............._..._........
 : . : .|;i|| : : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .: :
 -.┌'_。:'┐   -     ~      -        ~      ~ - ~ - -
 _ ⌒^~ ~   ~~~ ~~  ~~~  ~~~ ~~~~~~  ~~~ ~~ ~
  ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~  ~~ ~~  ~~
 ~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~ ~
 ________________________________
 Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 ´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄
 二二7               i二二二二二i              ゝ二二二二


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そうこう話しているうちに、キャスターが言う『黒の陣地』の端まで来た。
┃ どうやらこの大橋までが『黒の陣営の結界』が存在する場所であり、
┃ 向う岸まではその手が及んでいないらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5576 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 21:55:44 ID:v03NP4SQ0





                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l    ここを過ぎれば、一先ず安全なのかお……?
        .|. U   =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l    はぁ、ようやく一息つけそうだおね。
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |






          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ    ――――――。
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 時間にすればまださほど経過していないはずなのに、
┃ もう随分と長いことこの夜を彷徨っている感覚にとらわれる。
┃ キャスターと話して気を紛らわせていたとはいえ、
┃ いつ襲われるか分からない状況というのは、
┃ それだけ精神をすり減らしていたのだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






5580 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:00:09 ID:v03NP4SQ0










                         __
                       /´ > ,.イ
     ,.イ  ,,   ∠二>  ,.イ    ´ ̄  /_/
     | |/ .! ∠二> /_/         //
   ./ ,/! |      //  rz_   //
   レ'.| | .| |    //  r‐' rz/  |/
      | | .|/    |/     ̄.|_〉
      |/






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ほう。 これは面妖な組み合わせだな?      |
  乂_____________________ノ





                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 |   見たところ、キャスターのサーヴァントだと思うが、さて―――。      |
                                 乂______________________________ノ



            {: !; ; ; ; /ヽ   V: : : : : : : : : : :ハ , - 、{;,;/|; ; ; ; ;V: : :\
.            {: |; ; ; ;/  ヽ 〈V: : : : : : : : : : ハ/   ヽ.|; ; ; ; ;V: : : : \
            {: |; ; <‐-   ヽ;}V: : : :: : : :: : : ハ   > 〉; ; ; ; ; ;,V: : : : : :\
.           {: |; ; ; ;\   <;{; V: : : :: : : :: : :ハヽ`¨´/、V; ; ; ; ; ;,V: : : : : : ヘ
           {:.:|; ; ; ; ;.〈 //  };V: : : : : : : : : :ハ;;V = /;; |ヽ; ; ; ; ; ;V: : : : : : :ハ
         {:.:.|; ; ; ; ; ; |;;;;;/ / .}; V: : : : : : : : : : }、;;;^ ^;;l .l.}; ; ; ; ; ; ;V: : : : : : :ハ
            {: :.|; ; ; ; ; ; |;;/ /  }; ; }: : : : : : : : : : :}Vヽ;;;/,/ .}>  `¨|: : : : : :.:.:ハ
         {: : |; ; ; ; ; ; ;| ,/  }; ; ;,}: : : : : : : : : : :};Vヽ /  |     .|: : : : : :.:.:ハ
.          {: : :|; ; >‐ ´|´  / `¨}: : : : : : : : : : :};_V`丶、.|       |: : : : : :./
        {: : :|´    }    {   .{: : : : : : : : : : :}  V   |      |: : : : : {
          V: |      /、  ∧   ヽ: : : : : : : : :}  .}   {、      |: : : /
           マ     /.∧-<、    ヽ: : : : : : :.}   { / Vヽ     |:/
             _ィ´  > r゙     ヽ: : : :./   / /   Vゝ
           _.ィ´ ∧ f;;;〉.ハ         .ヽ_/   `/ , 、 〉ゝ
         弋    ,__{=゙一 ´             レ,/.r- 、、
            ̄ ̄                   { /   `l
                                    乂    l
                                  `¨¨´






.
5582 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:03:05 ID:v03NP4SQ0





                         __ / /
                  .   ´:::ヌ´    /` 、
                 /:::::::::::::/ /⌒ヽ 〈:::::::::\
                〈 ::::::::::_/ 〈 (__メ  〉::::::::::::\
              r‐‐ァ>'´ :::::::::> :.___(::::::::::::::::::::ヽ
               〈::::::::レへ. ::::::く :::::::::::::f⌒)::>:〒:::::::::: .
              \/   /´ ̄!\::__メ (::__::__メ>.__:ノ
                 |l !  { rト从:.  リ≧≠ 、  Ⅴ::::::ハ
              ノ从  ト 以!从ル ィテ〒く.   ∨⌒ー -‐ ´ ̄ `ヽ   下がっていて、マスター。
                { 人 乂_ .    i以リ  ヾ  \       /⌒
              r人 \ \ ‐ 、   . ィ升 ヘ    \ _r--‐‐'      敵が来たわ。
                 /:::::::}ト.  ヽ.j\ _  ≦{入ノル'  ルハ⌒
               /:::::::::::::レ1「!   }   {./ [l 「::}イ:ヽ
                i:::::::::::::::}ヌ!「!.   从   /  [! {::::::::::::::\   , 、
                |::::::::::::: }ヌ!「!   人 /   「l {::::::::::x< ̄「/ /⌒i
           〈::::::::::::::::}ヌ!「!  /〉 Ⅹ==k[人:::/  r─ }'  /  ハ
           く⌒Y⌒「7 メ く::::::〉〃.li Ⅵ_メ :Ⅴリ\  ̄ iし 〈__メ / 〉
          く \ !  i/ / /:::::::〉{{__|ト、i{:::::::::V   ヌく´\⌒\ Ⅵ
           \_}__.⊥.__/ ::::::::::::}〉 ̄  Ⅴ:::::::::〉ー/ \ \\ノi   !             /:´::`ヽ、
            /l⌒「⌒「 \.::::::::メ    .メ.:::::: イ\_{  /⌒ヌ::::_/  |             /::::::::::::::::::::\
             / jレ1 __ j.  \:メ ___メ__ :::」j\::人 .{::::/:://    !、       / ::::::::::::::::::::::::::::::\
.          〈レ「::::::::::::::::Yメ}ノ 三三彡/:://∧\\::\ij:/ /   从\ _ __ , < ::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           Ⅵ::::::::::::::::::::::::∨三三ソ/:://// \::\\:Ⅳ ト. __ /| ! \\ ::_::::::::::::::::`ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |:::::::::::::::::::::::::::∨ / /::////:::: :::::\::\:|{  !    .从  \\ ::::::::::::::::::::::ヽ .::::::::::::::::::::::::::::
              /|::::::::::::::::::::::::::::::∨ ./!://// .::::::::::::::::\:从 人    人    \\ ::::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::
           /:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::∨ {//// .:::::::::::::::::::::.:ヽ人 \    \   \\ ::::::::::::: | ::::::::::::::::::::::::::::
             /:::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨!/ /!.::::::::::::::::\:\:::\\ \ _____.\    \\ :::::: リ ::::::::::::::::::::::::::::
         . ':::::::::j::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V!./::i!:::::::::::ヽ.::::::\:\:::\\ __ __ __  \   ヽ \:/::::ノN :::::::::::::::::::
       /:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵイ升「三∧:::: ::::\ \::\ >-- -- ⌒ \   ):/ /  .! ::::::::::::::::::
       /\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅷ!「_メ__メ 〉イヌ:::::\:\:::\::::::::::::::::::>=≠ )/ \:::{   リ ::::::::::::::::::::
.      〈   \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}\⌒ }ヌメイ斗く :::::::)ノ:\:::\ :::::〈/:/ _メ、_  Ⅵ //´ ̄ヌ.:::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――そう、気を緩めたのが不味かったのか。
┃ 迅速にやる夫の前に立ったキャスターを見て、
┃ やる夫はこの夜がまだ終わっていない事に気付いた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5584 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:09:23 ID:v03NP4SQ0





               l 、    ゝ-厂:.V´:::::|:::::l、:ヽ、   l\  . . . . . . . . . . . . : :::::::: /.二ニ7
                 ヽ 7 ´ /::|:::::八ヽ::::|:::::::l:::::::\ー┘:lハ  . .    . . . . . : ::::: /.二ニ7
                 ∨  /.:::|::::.ヽ l:::.V|:::::::!:::::::::ノl::::l:::l::::l   .      . . . ::::::: /.二ニ7 .:
                   /   ーl:::::|:::::::::::j:::::::i|:::::::!::::::::〃.::l:::l::N          . . :::: /.二ニ7 .:::
               、_ .ノ   `lヽ:|::::::::::l::::::::i|::::/l:::::::::ll::::::Y从,....ァ        :: /.二ニ7 .::::::
              >-  \ l:::::ヽ::::::l:::::::::i|:::l八:::::〃:/l::::::l::/          /.二ニ7 .:::::::::
              `ヽミ=-   「`^ ーvヘ:::::::i|:::l::ノィi/Vl:::::l::::::l/'        /.二ニ7 .:::::::::::
                 V、 _ヽ{ . . . . . Vソ |:::! . . . . イ::::::!::::/_           /.二ニ7 .::::::::::::::
               `ヽーzァ/` . . . . . . . . |:::l〉 . . .〈::::ノ.:/´/        /.二ニ7 .::::::::::::::::
                 Vニ/ `丶、 . . . . . |:/. . ./ ヽl∨Y        /.二ニ7 .:::::::::::::::::::
                 「 ヽ < f戉i >  , / ´它弌>: l/´l     . . . . ./.二ニ7 .::∧::::::::::::::
                 l (ハ ° . . /⌒^ ´.  : : : : : :/:〉:l. . . . . . . . . /.二ニ7 .::∧∧:::::::::::
             . . . . . . . . .ヽi_ハ  . . . {i   :i : : : : : : : /'/.. .. .. .. .. .. ./.二ニ7 .::::} == {:::::::::::
. . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : :lハ . . . . . . .l:〉: : : : : : /イ : .: .: .: .: .: .: /.二ニ7 .:::::ノ:::i:i:i:.、::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/イiハ  . ー- " ‐‐: : : /l∧: :: :: :: :: :: ::/.二ニ7 .:::::::]iエiエi[:::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: レ l:丶. . . .`¨´: : : / l:ノ l :: :: :: :: :: /.二ニ7 .::::::::::.YニニY.::::::::::
: : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :: :: :: ::〈`丶. \ : : : : //ノl′ :: :: :: :: :: /.二ニ7 .::::::::::::: l ⌒ l ::::::::::
.: .: .: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/ |  - 二:::TロT:::二 -...^ヽx-────<三三三>、- 、:::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : _,. ィ '´ ̄ ..::::::|  ::::::::::l::l  l::l:::::::::::::::::::::::マ二二ニニ|三三三三ハ 三\::::::
:: :: :: :: , '´ ̄   ̄ |: : :-- : : : : : :::::: 、 ::::::::l::l  l::l::::::::::::::::,. '" マ二ニニ=|三三三三ハ三三\
:: :: :/         |ヽ、: : : : `丶、 _::::.ヽ:::::::::ヽ∨ノ:::::,. '"::::::::::ノ マ二ニ==|三三三二二!三三 /
:: :/      ヽ  |: : : : .ー─  --   > ー── <   -- '′:::. マニ===|三三二二=/三二/
::/          ハ j: : : : .::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\/ ̄.::::::::::::::::::::::::::::...マ====|、三二二=/二二/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターの動きに反して声をかけた側は悠然と暗闇から歩み出てきた。
┃ 古風な戦装束に身を包み、手槍と投槍を持つ美丈夫。
┃ 一目で唯人とは格の違いが分かるその存在感から、
┃ この男もまた、魔術師に召喚された英霊の一騎なのだと判る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋











.
5588 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:13:23 ID:v03NP4SQ0





                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |  ゴク―――。
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その、全身から浴びせられる重圧に知らず唾をのみ、体を硬直させる。
┃ 先の力任せに暴れ狂うバーサーカーとは違う、静かな佇まい。
┃ だが、その身から感じる恐怖は、バーサーカーに決して劣る物では無い。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










.
5591 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:19:30 ID:v03NP4SQ0








,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xi./  /......、゙''"´      刈. ,.::-、._.. /  /       '守|会ュ    '守圭圭圭圭
丞圭亥7.....lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、.       ,....lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、..  `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´..∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"     Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア    、 '"´,、ィ   /.、     ;;::i     以...、 '"´,、ィ   /:::-‐-::::ヽ.       Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′ . 、 '" ,、 '":ツ   /......````-゙|^l゙:i__ . 、 '" ,、 '":ツ   /....__,/ ヾ|^l.       Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ、-' ,、 '´..´ . /  / ;;```./'''',,,," 彡゙:...、-' ,、 '´゙:::;;;/  /..~´;;;;゙/'''',,,," 彡.      Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/. | ,、 '´. ´  /  /.,.-`ニ=`゙^ _,| │ :i | ,、 '´   i::: /  / . ,.=ニ..`゙^ _,| │        ||圭]      ||.....|^l
  '´ ll/.   / /l/  r‐ニ....,/,_ | . ;;i,. '´― 、i:::゙/ /l/.. -、;;;.. ,/,_ |....\..... ;‐i. ||洲リ.     /'''',,,," 彡
    llヽ´ . //.. ヾ、 ヾ、.゙l_,'" | .| / ,. lニ ニ// i || ̄ヽ) l_,'" | .|...... /.゙lニ ニl為Ⅳ;‐i    `゙^ _,| │
    {{゙ヽ  ヽ;;;;    ̄ ̄  __....{_,l゙..゙/.....〈/!_|...\ |_゙lニ ニl. ー" ;;{_,l゙. /......〈/!_|゙為.゙lニ ニl.   ,/,_ |
   ヘ_.゙ヽ ヽ;;     / ̄__i | `ーl l-'  | i_ . 〈/!_|     ;; / /.      /ア..゙〈/!_|   .l_,'" | .|
     [..ヽ ヽ/\_/  /:::..  i | <´o`> | i ;;;;;  ::\ \,.-'"^`-、/      〃              {_,l゙
      ヽ/  __   / ,.――‐i  i ヽノ i  i――‐、::::\ ,,.:-‐、  /..     7
       !. ヽ_// |\/.  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;\\_//;;;;;;;;;;;;;;;;|  /、..__| `-'       ノ
.     為llll}. 〈  |/-,i:::. |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\_/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| .::|ヽ、 /
.    ィ圭洲;..... ヽi //ヽ::: \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.-―、;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .::|  | `t
   ,ィ劣圭:㌢   /  ヽ ヽ:.  \;;;;;;;/  | | \;;;;;;/,;; .::|  |  ヽ       λ
  ,ィ劣斧ア...   <_-、 ヽ ヽ::  :::::|   ,.--,   | ,;;;;; .::|  | T‐~        {会ュ。
f,/淤圭Ⅳ.   ___し'/ ヽ 〉:  ::::|   ヽ._/    | ;;;;; :ヽ |―,'   _    `''寺ll≧ュ。
/淤圭Ⅳ    |__``ー、_i/::::  ::::|  ,.-===-、.  | ;;;;; :::::ヽ| `イ,:-'"´ ノ.      為圭圭丞
‐-、__     \ ;;;;;;\   ̄\ ::::|   、--,   | ;; ::/ ̄ ̄_,:-/         _, 圭丞
――、`-、、_   \ ;;;; ;;  ̄\  \/、    ̄   /ヽ、/ / ̄;; .:::/      _,,..-'"´ _l圭l丞
,.―ヽヽ   `゙`-、.._ ヽ ; ;;;  ::: ヽ  ヽ ヽ、.___,./  / /::::;;;;; ..::/   _,.-'"´   /.l圭圭刻
圭lil . \    ヾヽ``ヽ; ;;;  ::: ヽ  ヽ       /  /: ::: ;;; .:::/,.-‐'"´--、    /,.-'"..゙l圭Ⅳ
圭圭淤.゙\、_ ,.l |  | ;;;;;;  ::  :ヽ ヽ      /  /:: ..: ,,;;; .::|~  (´ / ̄  /.. 圭淤jⅣ
``‐-、.__  ヽ__ノ  | ;;;;;;  :::  :ヽ ヽ     /  /::: .:: ,;;;; .:::|    ヽヽ、 _/   _,..- . :Ⅳ
圭圭....::::``-、..__ /ヽ ;;;;;;  :::: ::ヽ  `―――'  /:::: .:: ;;;; ::::lヽ.     ̄_,,.-;;;;"´:::::::...lⅣ
ll圭圭..::::: :::::::::::::|   ` 、;;;; :::: ::::::〉  ,.――.、  〈::::: ::: ,,;;;; /:::::\_,.-‐;";;;'''''''   .::::::...丞
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 特筆すべきは全身を覆うその甲冑。
┃ 冥府にて造られた輝ける鎧はその場に立っているだけで、
┃ 強烈な死の重圧を対峙する者全てに浴びせ掛ける。
┃ 英雄と呼ばれる者達ですら恐怖を感じずにはいられないそのプレッシャーを受け、
┃ 平然と受け流せる人間は少数派だろう―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5594 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:22:11 ID:v03NP4SQ0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:黒のランサー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                   【レベル】75           【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A】50      【魔:C】30      【運:A】50     【宝:A】50
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】薪薪薪    【魔力】205/205    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \       \:::::ハ:.:.V
                 =ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \     !   ´|::∧:.’
                   `ヽ:::::::::::::::/⌒ヽ/      __ ヽ、   、    !/ v‘,
                     ヽ:::::::: ′.:l        \ 沙ゞ:.、 〉  /.〉  〉:〉
                      |:::::::ハ :.:〈           ` ''''''"´ ィ'7´   /
                      |::::::::::::, `             __ {ゞ' /
       __             j:::::::::::::::ー:,          ノ´ ̄` 、¨´
/ ̄ヽ´ ̄`l  l-- 、           /::::::::::::::::::| 、      、_    ‐:.:..__,>
>、   :,  |   |   :,          /|::::::::::::::ハ::| \       `丶..,_,:/
ニニゝ  l   |   |__ /_          r!::::∧:::| ゞ!   \        、:,ノ´
ニニ{ /¨l/¨ l'¨¨l|  }/⌒! ≧==-  .,/`ヾ  リ   :,    \      /
ニニニー' ー‐' ー‐'`¨/  |ニニニニニニニ′ : :> .,   :,    \__/
   ̄`¨¨  ==ニニ{   {ニニニニニニニ|: : : : : : : : :> .,     /:.:.:.|.,__
   //     / `¨  〉===-- r≦!: : : : : : : : : : : : :>ュ  ':.:.:.:/、ニニニ≧=-  .,_
   /            /: : : : : :jlj: : : \: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:..ll 'j:.:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:.ヽ> 、ニニニ
  .′          / ヽ : : : : //: : : : : :\:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|/ !:./:.:.:.:.:.:.:.〉 、:. :. \:. :. ヽ 、
  /            /   }: : : : jlj: : : : : : : : : 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l| !/:.:.:.:.:.:.:/: : :ヽ:. :. :.ヽ:. :. \
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○対魔力: B
   魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
   大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

   [DETA]  ステータス選択で【魔】が選択された時、敵陣の【魔】に「-40」のペナルティ修正を与える。
           この効果は自陣が【魔】を選択した場合、効果を発揮しない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○冥府の鎧: A
   光り輝く冥府の甲冑。大英雄ヘラクレスをも恐怖させた強烈な威圧を周囲に放つ。
   死者のみが身に纏う事ができる鎧で、この鎧を着ている間は生者を傷つける事ができない。

   [DETA]  敵陣の全てのステータスに「-10」のペナルティ修正を与える。
           敵陣にサーヴァント等の霊属性を持つキャラクターが存在しない場合、この効果は無効化される。

    ~以下詳細不明~

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5599 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:25:55 ID:v03NP4SQ0





                          ヘ(ゞーヘ)ミvヽ
                         /ヘj.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,ゞ
                        ノ).,.,.,.,.,.,.,,,j"ヽ、.,.,.,.,ソ
                        )ヘ.,.,.,,ヘ''''´ .ヽ、 t彡ゝ
                        ,ノ,.,.,.,.,ヾi   ゝ .イ .ノ__
                   ,-─-、_ソノ;:;:;::ト  ヽ、 」 ..ノ`   黒のバーサーカーを退けた猛者と聞いて来てみれば、
               ._∠´_ /  ̄\;:;:;:;:;:;:;:\__/¨
              ノ::>..〃 ⌒ 、  丶;:;:;:;:;:ゞ、__        戦場の心得すら無さそうなマスターに、
           ,,ノ:::::::::::::::::::::\   ソ__/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::) _,ノノ:;:;ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:\∥     妙な気配を漂わせたキャスターときたか。
         /:::::::::::::::::::::::::;,---下</:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)
        /::::::::::::::::::::::ノ'    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、__:;:;:;.ノ
      ノ::::::::::::::::::::::ノ      !:;:;:;:;:;:;:;:;:;く;::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ソ´
     ,/::::::::::::::::::/        !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>´;;:;:∨:;!
;\  〃´::::::::::::::/          !、:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;_!;;:!
\;/:::::::::::::::::::´            ゝ、:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:i::;卜、
  ノ, , ,  '':|              !:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;+ゝ:::`ー-、___
  ! ! ! ! 人 |               !====a:;:;:;:;:;:;:;\:::::::::::::::ト、
  `-.!__! !;;\ <二≡≡≡=≠≠≠|::::::::::::::::::::::『ギギ日レ! ̄マ≠≠≠≠≠
     'ー'´\;\             |____,;-―〈::::『ギギ日`::::......ソ__
        \;\            |::::::::::::::::::`X{:;:;!:;:;:;:;:|;:;:∠/;:;:;:;:
          \;\           |:::::::,--<´:::::{:;:;:;!:;::;:|;:;:母;:;:;:;:
           \;\          |-":::::::::::::::::::{:;:;\ノ;:;:H;:;:;:;:;:;:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 苦笑しながらも、決してやる夫達から目を離さないサーヴァント。
┃ 一挙手一投足を見逃さないよう警戒しているのだろう。
┃ そして、道の真ん中に陣取っているということは―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5602 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:28:48 ID:v03NP4SQ0





                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}     私達を通す意志は無い―――。
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八    そう受け取って構わないかしら?
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉    黒のランサー。
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_
             //:::::::::::::::::::::ヾ::{:/::::::::::::}::::::::::::::::::/   {   ハ
           /  {::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ  ̄ ̄     ⌒) }}ゝ-、
      , =--- /   |::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:∧       (⌒  リ _.ノ
    ./     {     i|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::∧        ,r'  / <
   /     〉    |:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::/::/::∧     八  ./ .,.イ
  ./       ./__    i|::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/:::::::/::∧  /⌒ ./ ゝ八
  〈        }___|::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:/  _ゝ ./  , イ   \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ つまりは、そういう事だろう。
┃ それを肯定するかのように、黒のランサーが語り掛けてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5605 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:35:22 ID:v03NP4SQ0





                  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \       \:::::ハ:.:.V
                 =ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \     !   ´|::∧:.’
                   `ヽ:::::::::::::::/⌒ヽ/      __ ヽ、   、    !/ v‘,
                     ヽ:::::::: ′.:l        \ 沙ゞ:.、 〉  /.〉  〉:〉
                      |:::::::ハ :.:〈       ’   ` ''''''"´ ィ'7´   /
                      |::::::::::::, `             __ {ゞ' /
       __             j:::::::::::::::ー:,          ノ´ ̄` 、¨´      愚問だな、赤のキャスターよ。
/ ̄ヽ´ ̄`l  l-- 、           /::::::::::::::::::| 、      、_    ‐:.:..__,>
>、   :,  |   |   :,          /|::::::::::::::ハ::| \       `丶..,_,:/         互いに異なる陣営の敵同士、
ニニゝ  l   |   |__ /_          r!::::∧:::| ゞ!   \        、:,ノ´
ニニ{ /¨l/¨ l'¨¨l|  }/⌒! ≧==-  .,/`ヾ  リ   :,    \      /           こうして見えた以上、すべき事など一つしかあるまい?
ニニニー' ー‐' ー‐'`¨/  |ニニニニニニニ′ : :> .,   :,    \__/
   ̄`¨¨  ==ニニ{   {ニニニニニニニ|: : : : : : : : :> .,     /:.:.:.|.,__
   //     / `¨  〉===-- r≦!: : : : : : : : : : : : :>ュ  ':.:.:.:/、ニニニ≧=-  .,_
   /            /: : : : : :jlj: : : \: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:..ll 'j:.:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:.ヽ> 、ニニニ
  .′          / ヽ : : : : //: : : : : :\:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|/ !:./:.:.:.:.:.:.:.〉 、:. :. \:. :. ヽ 、
  /            /   }: : : : jlj: : : : : : : : : 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l| !/:.:.:.:.:.:.:/: : :ヽ:. :. :.ヽ:. :. \




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l   ――――……ッ。
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まるで当然の事を言うかのように、槍兵は殺し合いを肯定した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5608 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:40:25 ID:v03NP4SQ0








    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |  ―――マスター、指示を。        |
    乂_______________ノ           /: : : : : :/    {: : : : : : : : : : : :ヽ       \ : : : : : : : : : : : :
                                   /: : : : : :/.      ∨::/: : : : : : : : : ::\       \ : : : : : : : : : :
                    { ヽ                 ノ|: : : : : /  ≦三ミヽ  ∨: : : : : : : : : : : : :ヽ        \ : : : : : : :
                 ', ,                  /: :|: : : : /   /´ _ ノ三    . : : : : : : : : : : : : /_         ヽ : : : : :
            f三ミ  x  i i             ┌┴: :ヽ: : /  {   二ニ_    ',: : : : : : : : : : : :,: :{          \ : : : :
               `ヽ .`ヽ.゙`-゙  ,               ',:_: : : -:∠ =- _ `ー一´   ___ -∨ : : : : : : : : /=彡x ̄¨`ー  、   \ : :
              `i      :               {: : i::ヽ: : : :/: : :ノ: :ヽ≧-= : :...____ .ヘ_: :__:/: : : :_/       |     ヽ:
             x ´ 二二       ′.               `ヽ/:.:-ヘ -=ミ/⌒Y: : : : : : : i: : : |:ⅳ: : : :ヽ: : :√           |.       〉:
          `¨´.   i    /               /:.:.:.:.:.:.:.:.:,`ヽ|:.:.i}:.:.:.:.:.:i}⌒´ヽ-ヘx_: /⌒ヽ-彡             i     /:
               x-=-〈 .                /:.:.:|:i}:.:.:.:.:.≧x|i:.ハ.:.:.:.:斗-一:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:\_ミ=一         |.     ,: : :
                 /: : : : : : :ヽ .             ,:.:.:.:|ハ:.:.:.:代心:.| |:.:.:.:.:xf斧ミァ:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.: : :`¨¨,ヘ-=ミ    }    /: : :
.              /: : : : : : : : : : : : :\.           {:.:.:.:/:.:∧:.:}i.`¨´  Ⅳi}:.:.弋孑´:|:.:.:.:.:.:.:.:.:ト.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ. ヽ.  `¨i  ,: : : :
           /: : : : : : : : : : : : : : : : :::.....       `ヽ:.:.:/ヽ:.:ヽ´´ 〈j  `( ´´´ .イ:}i}:.:.:.:.:∨ヽ≧: :ヾ._: : ::\ \  / /: : : :
.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ       \_ 人:.:.:.\  __,   . <._: :八:.:.:.:.:Ⅳ }::::::ヽ.:.ヽ\:.::\ \} ,: : : : : :
.        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ -=彡:へ¨ヽ.    」 `ヽ.\/ ¨{ヽ-: : :´: : : : : : : :\:.:.:.ヽ i|::::::ノ}\ \\:.:.}.  /: : : : : :
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`¨{_     /j _ -=}=}: : : : : : : : : : : : : : \:.}\:::/      }/   /: : : : : : :
    .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ--  {:} ´  {ニ: : : : : : : : : : : : : : :i ヽ 从.          /: : : : : : : :
  / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : (-    |:}-─一ノ/: : : : : : : : : : : : : : ,               /: : : : : : : : :
./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,ヘ-   |:}¨ ̄ ̄{{: : : : : : : : : : : : : : }:}.              /: : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : x -==ニ/|_     / .ヽ.   v7- : : : : : : : : : :/:ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 事ここに至り話す事はもうないと判断したのか、
┃ それとも敵地であまり長居すべきではないと判断したのか、
┃ キャスターがやる夫の指示を仰ぐ。
┃ それにやる夫は―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


※行動安価 10分後ぐらい。

何と言いますか?

5613 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 22:50:17 ID:v03NP4SQ0
※行動安価 ↓5~7

何と言いますか?

5618 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 22:53:28 ID:qrzscg9c0
ああ、戦おうキャスター
敵が黒のバーサーカーのマスターから情報を聞いている場合、
前回使った能力は知られているだろうから注意してくれ

5619 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 22:53:28 ID:n7Qhe5FE0
なんとか押し通って逃げるぞ
境界線近くなら赤の陣営が着てくれるかもしれないし

連戦で無茶させてしまうけど頼む、キャスター
無事に二人で赤の陣営に合流するぞ

5620 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/01(水) 22:53:37 ID:bK8JnimI0
まだ良く理解してないけど、死にたくないからキャスターの好きなように戦って。

5623 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:02:17 ID:v03NP4SQ0








 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   なんとか押し通って逃げれば、境界線近くなら赤の陣営が着てくれるかもしれないし―――。   |
  乂_________________________________________ノ





                        ,     ',
  u                        ,,..イ       ',
       l          _,,,...イ´   |        .',
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l        .',
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /         ',    連戦で無茶させてしまうけど頼む、キャスター。
            ヽ、    ̄   /           .',
              `                    ',    無事に二人で赤の陣営に合流するぞ。
                                 ',
                         u        ',
   u           ヽ                      l
               |                    l
.人                /                  l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――現状が理解できているとは言い難い。
┃ 言い難いが、だからこそ。こんな処で倒れる訳にはいかない。
┃ そう意志を込めて、キャスターに願う。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5628 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:08:28 ID:v03NP4SQ0





                  ー―== ニ  ヽ
                     ` ー-ミ_ ゝ
                     ,  -‐…‐-=ニ   \
                 /: : : : : : : : : : : : : `ヽ  \
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : :‘, |! \             ! ヽ
                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i i! ‘/,〉           :   :.
  _             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' V//-i        i   i ´!
     `ヽ        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   / : :7          >   ノ
              〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>< : :_/        {  /i 〉
          \    \: : : : : : : : : : : : : : : : __; : :イ: : : :,ィi´i:i}          ´
            ` ー-/i辷=- r‐‐-: :イ⌒7´ {: : :.厶イ /ノ: ノリ
      `ー-‐<   /    ̄⌒ー- i辷ニフT「代り 乂 〉イ
            /              / 八i:}     _,.!
                       / ,イi ノ     ´,/_      , ヽ、__
   ゞ、       ‐-         / (. /iイ  7 ー=行三三ニ==/,-、_}i 「i     ええ、承知したわ。
     ゙ ー -         > -=彡イ   )イ;乂`ヽ/__    ̄ ̄二ニて_` ¬,八_り、
.   _ 。. :+*:゚⌒ー-=≦   ァ 彡ノ, /  /   /几:(乃、     `ヽ、        すぐにでも目の前の相手をどかしてあげましょう。
       _辷⌒ ー-=イ / / (      _/几⌒: : : ヽi         7   ,′
.      ノて/      {(        / /几⌒: : : : : : : :マ辷- ミ  /    /
    、-=(                /几⌒: : : : : : : : : : : :}`ヽ : : \   /
  ゙㍉               /   辷て :{: : : : : : : : : : : : : : : :.i.: : : :‘,./
  ゚:。、                  /": :从 : : : : : : : : : : : : : : : }i: : : : !/、
  . ::.: .               /     ,( (: : : : :∧.: : : : : : : : : : : : ィi7ノ: : : :.| i
   . : `*,             辷⌒ 人: : : :.:(\ : : : : : : : :/ イ  `ヽ/  〉
    . :. :ゞ。      / 辷=-て⌒: : : :\ : : 辷_ー-「辷 / ノ {i   Y /
      . .: ゚ :+: …ニて⌒ー ′: : : : : :.≧=-- >-‐=彡イ  |   _ノハ
         .: . : _: :_: : : : : : : : : : : : : : 寸ニ //  ,  ,'   :!/´: : : : 〉‐:- ..
        。*'゚´     ` マニ=-----<_/ニ/=/  /  i     :7 : : : :∧:、::::::::::::::...
    . : ゚           `ヽ: : : : : : : : : : : : :  ̄辷__{-- ‐=彡: : : :/: ‘,::ヽ:::::::::::::::::`ヽ
  , :"_                 丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : >‐-: :.:-: ; ': :_: :}:::::‘,:::::::::::::::::::.
 ゚゙。: : `ヽ                丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ´ `!::::::::::i::::::::::::::::::::::.
   _〕    ゙:* 。、_ ,.              ) _: : : : : : : : : : : : : : : : :/     .:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::i
  ゞ、       ` :、        ''"´、: : : : : : : : : : : : : : : : /      /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ それに対する返事は常と変わりなく―――。
┃ やる夫の戦意にも、眼前の敵の威圧にも煽られることは無く、
┃ まるで柳のように受け流していく。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5629 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:12:43 ID:v03NP4SQ0









    j| レ!: : : : : : : : : : ::::::::: : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::: : : ゝう、
    |:!  }: : : : .:::::: : : ::::::: : ∠:;:::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : :\
    |:ハ /: : : ::::::::: : ::::::::/  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト : : |
    |: : j: : : :::::::::: : :::/    ー‐ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \j           ほぅ―――?
    |: : : : : ::::::::::::/'"         `ヾ:::::::, - 、::::::::::::: |
     \ /: :/: :.:ノ       /  _,     `ィ/` ∨:::::::::::\            戦場に迷い込んだ羊の類かと思ったが、
  -==ミ/: :/: 「     { ,ィ' ィ笊/      { ヽ ノ::::::::::::::ト-=-
     |: :/ :::|    `´  ´ ̄       jノ /::::::::::::::::ハ            存外に骨があるではないか、キャスターのマスター。
     | / `ヾー==:、               ,.イ::::::::::::::::::::::::ニ=-
     |:′  ヽ 〃 |:.:.:.             |  ヾ::::::: -=ニニニニ=-        初陣でそこまで気勢を揚げる事ができるとはな―――。
     ||     '.. ノ:.:.:.:.:.           ノ ィニニニニニニニニ> `ヽ
     ||       :, `ヽ   ,,-‐'’     /ニニニニニニニニニニ三ム\
     ゝ、     \  ‐′ ,.    /二> ´三三三三二 ヽニ三三三ム ヽ
       `ー彳`ヽ  `ヽ     r≦三三三三三三三三三三三\三三三ム ∧ 、
           リ     \   i 三三三三三三三三三三三三三\.三三ムニ!: :\
                 ヽ  |三三三三三三三三三三三三三三ム三三ム=|:. : : \
                  `¨j三三>――――‐<三三三三三三ム三三ムj:.:.:.:. : : :ヽ
                   ∨---―――-- 、: : : : ヾ 三三三三三ム 三三j:.:.:.:.:.:.:.:. : :,
                  /´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : :\: : : : :寸三三三三 ム 三ア::::.:.:.:.:.:.:.:.:.: :,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:             マスター
┃ 穴倉にこもったまま出てこない魔術師より、
┃ よほど好感が持てる―――と、いう言葉を呑み込み、
┃ 黒の槍兵が槍を構える。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










.
5633 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:17:00 ID:v03NP4SQ0





         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \
    /                ',     ……何も分からないまま、死にたくないだけだおね。
   ./    U         , -‐ 、     ',
   l  ___ノ   '´     \   .l    敵が黒のバーサーカーのマスターから情報を聞いている場合、
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
   .',    ,      ヽ  lilil u   /    前回使った能力は知られているだろうから注意してくれお!
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.  後は―――。
  ./                     l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ これから命のやり取りをする相手から褒められても、
┃ どういった顔をすれば良いのか分からず、
┃ キャスターに、恐らく本人も既に分かっているであろう注意を促す。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5637 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:20:51 ID:v03NP4SQ0









                        -―-
                     /        `
                       '        u   \
                    /              、
                  '  u              }>
                /  \    /  u    イ    好きなように戦ってくれお、キャスター!
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/





                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ   ええ、任せてちょうだい。
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |   貴方に勝利を―――マスター。
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 戦闘を開始します―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5643 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:29:04 ID:v03NP4SQ0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ―――どう、ライダー?ここから橋まで1km以上あるけど……。          |
  乂_________________________________ノ


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ああ、問題ない。 キャスターの結界に阻まれるが、それでも“狙撃”できる。          |
  乂_____________________________________ノ



  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 : . : . : . : . : . : ./|\: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
 . . . . . . . . . ./  |  |. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.        |・  |  |/|\. iト、    . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
        ___| / :|/   !  \| ヽ          . . . . . . . . . . . . . . .
       |\|Y/:| ,ィ  ! ト、. \ \
       |下\Y'i| レ  l  \i  \ \
       |___| / i| ,ィ  ! ト、.  i\\ \
       |\|Y/:| レ  l  \i  \\\. |
 | ̄|┐i_ |下\Y'i| ,ィ  ! ト、.   i\ \\\
 |  ||l |___| / i| レ  l  \i   \\ \i |i\    | ̄|\   __
 |  ||l |\|Y/:| ,ィ  ! ト、.   i\ \\  | ト、| ______|  | |i|  ,ィ:i |
 |   ̄| ...|下\Y'i| レ  l  \i   \\ \i | \ 三三|  | |i|壬壬i |
  ,ィ 、   |___| / i| ,ィ  ! ト、.   i\ \\  | ト、| ニニ|  | |i| ̄ミi:! |
//.: .\ |\|Y/:| レ  l  \i   \\ \i | \ 三三|  | |i| ̄ミi:! |--
⌒` ー-. 、.|下\Y'i| ,ィ  ! ト、.   i\ \\  | ト、| ニニ|  | |i| ̄ミi:! |
 /王王::|___| / i| レ  l  \i   \\ \i | \ 三三|  | |i| ̄ミi:! |
´王王/:::|\|Y/:|     !     i\ \\  | ト、| ニニ|  | |i| ̄ミi:! |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ――――が、その直前で「赤のライダー」が『狙撃』を選択しました!

┃ 両陣営は「メイン」に誰も配置できず、「サブ」のみの参戦となり、
┃ 狙撃を行ったキャラクターは強制的に「サブ」に配置されます。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5647 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:37:25 ID:v03NP4SQ0





                         |:; ;;..; :. ;  .; ,  .;|匚||  :.; .; ,, ;|
                         |:; ;;..; :. ;  .; ,  .;|匚||  :.; .; ,, ;|
                         |:; ;;..; :. ;  .; ,  .;|匚||  :.; .; ,, ;|
                         |:; ;;..; :. ;  .; ,  .;|匚||  :.; .; ,, ;|
                    斥三三三三三三i三三三三三三i三三三三三i三三三三三i三三三三三三||7
                | i l l l l l l l l l l l l.|| l l l l l l l l l l l.|| l l l l l.゙,. -‐===‐-‐-..l l.|| l l l l l l l l l l l i||
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.゙: : : : : `ヽ..l l l l l l l l l i||
 |   ―――そう。 分かっていたけど相変わらず小器用よねー。      |.゙: : : : : : : : :' ,..゙l l l l l l i||________
  乂_____________________________ノ...\: : : 丶: : :ハ..―――┐l l l.|| l l l l l l ll l l.||
               └――――――――――...../: : : : : : : :,′: : : : \: : : ヽ: ヽ: : :ハ: : : :丶 ――┘l l l.|| l l l l l l ll l l.||
                  ` ̄ ,| ̄ ̄  ̄ ̄  ̄....../: : : : : : :i : l: : : : : : :: :ト、: : : `: :',: : : ', : : : : , .  ̄`i ∧/ || l l l l l l ll l l.||
                      |.            {: : : : : : : ハ: ',: : : : : : : :} \: : :从: : : l : : : : l.    |=| ,∧______
_,,.--ー''''"゙゙`゙''ー-、_,,.--庁ー''''''"゙゙":;-.|     __......八: : |: 、_ l ハヽ: : : : : :ノ, -‐弋:厂i: : : |丶: : : ',..  |ニ; |∧
i;;ii:i;;i ̄|rニユ l |l i: i:二i, .;';':;:';'::....|      || ___゙ヽ::i:: :: :, `廾ト\: : : i   __,、丿: : ,': ハ: : : :l..... |―  |∧_______
二.ll.| . 二 ̄ ̄|=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-.|      || |::::::::::::::::::|゙ノル': 八≠=z、 }: :丿''爪⌒,`从:: : :l: : : ', : :ヘ  |二二|i ∧―ii-――
::;...;;.;;ii:i;;:; :;..; |l巫||、_,|斤il]il]|_三r |      || |::::::::::::::::::| |: ∨ゝ` 圦ハ ノ'´   匕:刈 /: : : ,: : : :ヽ: : :\.|――-!!|∧ .||::::::::::::::::
二二二二二二二二二二二二二二..|      ||└――‐┘└....}: :ハ V:リ      `¨¨´./:: : : ,′: : : : \: : `ヽ......二,| ∧||::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!|      ||]      |].... 从 : ',    '       ,′: : /: : : : : : : : :ヽ: : : ',....__V..||  ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!|      ||       |..゙/: }: : : ト.   -、     /: : : : i: : : : : : : : : : :',: : : l ―-V.||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!|      ||.       /: : : ノ'´: : : : : 、      ィ : : : : : :',:γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!!|      ||.       /: : : /: : : : /: : : ,.r≧l  ハ: : : : :   |  せめて芸達者と言って貰いたい。     |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ー――-....{: : ::/: : : : /: ::∠ ∧r‐一' ∧: : : : : : :乂_________________ノ
                                     \/: : : : /r‐厂| r ⌒ヽ/ヽヽ: : : : : i: : : : : : :,′: : : :ヘ
                                      {: : : : : i{////| | //////∧: : : : :ヽ:: : : :ノ : : : : : : }






.
5649 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:42:28 ID:v03NP4SQ0










    _| |_
   !―i 'i―!
    _| l_    _      _     _     _     _
   !―i ,i―!  //     //    //    //     //
     |_|  ,/,イ|    /,イ|    /,イ|    /,イ|   /,イ|
             |,|     |,|    |,|     .|,|    .|,|


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::,‐< : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ー <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-‐‐‐-、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠´::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /l  l  ̄ ̄/`ヽ_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :///l   l   /    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∠////: l .  l   /      ヽ     ―――っと。無駄話はここまでだ。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∠´//////: /l   l  /        /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠´  ///////: /:l   l  i        /      本当にあの戦闘に介入するんだな、マスター?
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ィ<´`ヽ  ////// : :/ : l   l  i        /
: : : : : : : : : : : : : : : : :_>‐/¨´l  ○ ノ  /////: /: : /    i    __>´       キャスターが撤退に徹した場合、
: : : : : : : : : : : : : : : ://///  ` ー _ ノ//: : :/: : : :/  /  レ‐¨’’´  /
: : : : : : : : : : : : : : ://///l__ ‐‐'''¨/>´: : :< : : : : ::/  /  /       /        こちらへの支援は期待できないが……。
ヽ: : : : : : : : : : : ://///////>¨´ : :<'´: : : : : : : : :/  /  /      /
:::∨ : : : : : : : :/ :////>~´ :<'´ : : : : : : : : : : : : :/  /  /        /
::::::∨ : : : : / :/< : :<'´: : : : : : : : : : : : : ::_:_: : /  /  /        /
>、:∨: /∠ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  〉`ヽ /、 /       /
: : : : : ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/  /   l  /        /
: : : : : : :∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : /  /       l /       /





            ,. -‐===‐- 、
         , ': : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
        /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
      r: : : : : : : : : : :/ : : : :/: : l : : : : : : : \
     /´:: : : : : : : : : :,' : : : ::,': : : | : : : : : : : ヽ:}
     l´: : : : : : : : : : : l:: : : :: ト 、:∧丶: : : : : :`ヽ
     |:: : : : : : : : : : :: l : : : : :レ  `メ 、 ヽ: : ノルリ
      | /: : : : :',: : : : : l: : : : : :|  x=z、\|: : : j丿   だからって仲間を見捨てるわけにもいかないでしょうに。
    ノ': : : : : :ノ: : : : : |: : : : : :l.  { f,` 从: :ノ'
    /: : : : : :/: : : : : : { :: : : : ::l    ヒ 厶 ´      ほら、いいからガツンとやっちゃって。
. , ´/: : : : : :/: : : : : : : |: : :: : : :',      ヽ
.〃:/:: : : : : /: :: : : : : : :ハ: : : : : ∧      /
: ::/: : : : : :,': : : : : : : : : λ:: : : : : : 、  -‐, ´
: /: : : : : :, : : : : : : : : : /__',: : : : : ハ,,__/
:′: : : : /: : : : : : : : : く  ∨: : : : : ヽ: : \
: : : : : : {: : : : : : : : ,イミ`ヽ∧: : : : : : ヘ: : : :ヽ
: : : : : : |: : : : : : : 厂//////∧: : : : : : ',: : : : ',
: : : : : : | : : : : : {//////////}: : : : : : :l: : : : :丶
: : : : : 八 : : : : : ハ/////////ノ: :: : :: : :|: : : : :丿






.
5654 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:50:46 ID:v03NP4SQ0





                                     {`ヽ
                           、            ヽゝ}
                         | l  ハ        マム    _
                       /ヽ    | | .〈{}〉           マム.._´ /
                     {  ∧  ノ.ハ  |::|       ..´.´ / /
                  l  ∧rく  ノヽ|::| __  -‐/ / : : / /:}`ヽ
                 i⌒i!   _{r }彡ヘ ト彡}-― / ∠ミ、: : / //ヽ '
                 |:.:.:|}  _八ゝ'ィケく`ヽム / /: /}}/ /: ∨::::∨
                   /⌒ハ// |/八Y r ムノx≦- ミ、: ヽ/ . '::{: : ∨::∧    ―――承知した、マスター。
               / ̄∨!//{/r:へ/:ヽ<´r ミ } }: : }__/::::::ヘ: : :}  ∧
               f=≠ミ} |./.ムイ : :/ 乂ゝ'//:/.:::ノ`¨¨ `ーヘ  ∧
             .ィ|:{::}: |.!/{    > ´\__Y: :/ー ミ____/   V ∧
               /人:○:)!|ハ Y:ヽ /:::::::イ: : : : : >   /r―:::7´    ∨ ∧
            |/人`¨´イノ _ゝ::::}¨´  }  ̄ ̄_ . イ | L::イ       ∨ ∧
            {/ l ⊂ニ{二ヽイ} )  ノ´//////  }_l ノ´        ∨ ∧
              {  `¨7  ` < イ/////≧´ ̄                ∨ ∧
              ヽ ノ  _ -‐_}_ノ=≠彡/`X⌒ヽ                ∨ ∧
                  /ノ/ イ ゝニニ/: /`<\ム、            ∨ ∧
                  // ゝ´ .ハ: : Y : : 〃ハ  \\\               ∨ ∧
                  /イ/  ´}/,八: :!: :ノ { /∧.r 、 `く\\             ∨ ∧
                ∠ィ´ /     八//.l l: :′ ト、/ノ {  \. \\〉.、          ∨ ∧
                  ∧   / ノ`¨|:l /ー ' `ヽ 、  ヽ ヽ \〉            ∨  ハ
                   /  ¨´  /  L/        \ヽ  }   '.               V
        _       .イ_ > ´                \ ̄    ト、_          ヽ  }
       /  ハ .ヘ /ヽ///〉                   ` < ノ//\              `    | ̄|
     /`¨7〈/ /ヽ////                    く: : \: ` :ー- 、           _L ⊥
     .′ / /`ヽ : \′                      \: :r`‐ ミ : : : :ヽ           |    ト、
     {  / /八  〉:/                            `人:、  ` <:八         |    | |
    / / 〃   ._:/                                ー=ミ   \:\_     、   |_ノ
   ./`./ ,:〈  /: /                                    \   \ハ :\     Y  Y
   { ./廴::>ヽ:/:ヽ                                      \   ヽ}: /ヽ   |   |
   /、   _. イ::Y: : :}                                      \r:::ヘ ´   '. 厂}⌒ヽ
  / ¨´ ーイ: 〉::::::|_/                                     くヽ::ノ    }/ ハ  |
 _廴 -‐ ': :/´ ̄                                         `ト、    ハ`¨´}一'
ムイ: : :> ´                                             L{\r ヘ/ V.ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 言葉が言い終わるか否か、弓を引き絞り矢を三度放つ。
┃ 狙いをつけているようには見えない一瞬の早業。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5656 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:56:08 ID:v03NP4SQ0





      __________________________________
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiillll!!!!!!!l!!!lilllllliiiiii,__________                      __,,,,,,,,
  __________iiiiiiiiiiiiiiiillllll二二二二二 ̄ ̄´.__,,,,,,,,..........--―ー'''''''''''゙゙゙゙ ̄´゛
!!!!!!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙_,゙,゙,,.......... --―ー''''''''''゙゙゙゙ ̄´゛         _,,,,.... -
¬'''''''゙゙゙゙ ̄´゛               _,,,,.... --ー¬'''^゙ ̄゛   ._,,,.. -ー''
        _,,,,,,.... --ー¬'''"゙ ̄゛        . _,,,.. -‐''''"゛
--―''''''''゙゙ ̄´                 _,,.. ー''''"´
                   _,,,.. -‐'''"´     ._.                 ,..-'´        ,. /
            _,,.. ー''''"´        ,,, -''″         ,...     ._..‐″         / . /       、
  _,,,.. -ー'''"´              _.. ‐'"゛       ,..-'"゛     /           / /        l
'"´                _,, -'"゛           ,..-'"゛     .,..-'゛           / . /         !
              _,, -''″        ,..-'"゛     ._/´ .,/             /  /      ./    !
        .,.. -'"゛            _..-'"       .,..‐″. /           /  ./      ./     l  l
    ._,, -'"゛          _..-'"          ,..-'゛  /           ,.   ,./   /       ./    ! .l │
.,.. ‐'"゛          ,..-'"゛          ,..-'´ .,/゛        /  . /   /       ./   、 l |  |
              _..-'"         _..‐″ ,/゛     .,   ./   ,./   /        ./   l .! !  |
        .,..-'"            ,..‐'゛  .,/゛   _   /  ./   /   /   ,i'   、 /   / .l .! │
     _..-'"             _/゛  ,/゛  ._,,iiiil゙’ ./   /   ./   ./   ,/   ,,ii! ./   l │ .! │
 ._..-'"           ,..-'´   /   ._,,iiillll!!゙  /   ./   /   ./    ,/  ,,iilll゙ /    ! │ .|  .|
‘゛           _/゛  . /   ,,,iiillllllll!!゙゛ ,/   /   /   /    ./   ,iilllll!゙./    . !  .l゙ ,!  .!
          ,..-'゛   .,/゛ _,,iiillllllllll!!゙゛ /    /   /   ./    /  ,illlllll!゙./     !  ! .|  !
       ,/´   . /  ._,,iiilll!!!!lllll!゙゙ / ゛   /   ./    /    ./  .,iil!゙゙!ll! /     /  l │  l
    ._..‐″   _/゛,,i;;,,iiil!!!゙゙゙,,,iiii!゙゙ /     /   ./    ./     /  ,,illl!゛,ill!./     .l゙  /  !  !
  ,/゛   .,/゛_,,iiillii!!!゙´ .,,iilll!!゙゙./    ./    /    ./     / ,,illll!゙ ,,illl゙/     l   .! │  |
.‐″   ,/゛_,,iiillll!!!゙´ ,,iiilll!!゙゙./     ,./     ,./     ./     / ,iillll!゙ illll!/     .l゙  │ ,!  |
    / ,,,iiilll!!゙゙゙゛ ,,,iillll!!゙゙./     ./    /    /      / .,,illll!゙゛.,,illl!゙      l゙   .l  !  l
. _/゛.,,,iiilll!!゙゙゛  .,,iiillll!!゙゙ /      ./    ./     /      ,i".,,illl!!’ ,illll!      l   ,!  .l   !
" _,,iiilll!!゙゙゛  ,,,iilllll!!゙ /       /     /    ./     / .,illl!゙゛ .,illll!゛      /   .!  .l゙  .!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 1km以上離れた地点からの、完全な不意をついた狙撃。
┃ 本来であれば躱せる道理などなく、ただその強弓に貫かれるのみ。
┃ だがしかし―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5658 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:01:30 ID:7hYQaBjM0










  !l    li                      /.....\     \
 !i|    |i                  r-ィ./..   \   _\ フ    彡´
 i|    |i                    ,く::::小.      ゞ ,´ ヽ(く   二 ≡-
.i|    |i,, ,,              //仁Y′..   〃ニ(\ ノ ヾ ‐ = ≡ニ
i|    ////             // .ハ:::リ.       ∥ i ヾ v´ ( 、  ` ヾ 、、
li    il////.         //  /⌒'ナ.         〃! /ヾ、ヽ \、ヾ\、 、、
il   i| ///.        //    ,(  }.          v  ヾ\   \ ゙
i   i|! //.       //    ∠  、 |,             ゞ\    ヾ、
l  |i  /..     //    _イ ≧㍉ヾ:.:.ト小,            ゙\   ヾ、     , /
  |i.        rイ_/     ,イハ:.:.ヾ:.:..:.:.:ヾ:.:.:.:リソ             `ゝ   \    ///
  |i        「__ノ     /  ㍉:.小.:.:.:.:.:ハ.:.:/::ソ             ヽヽ  ゙ヾ  / //
 |i              /   ミヽ:.:.ハ::.:ヽ:.:.小ソjイ.             ヾヾ、   \/ /
li|i               ∠    ヾfヘソ¨'弋从イ.:ノ            丶、!ヾ、   ./ /     ―――ぬ!?
|!             /         ト.ィ t。、/ ィ。j′.              ヾ. ヾ、 // /
             /          -ーイ j. ノ                、. ゞV  /      伏兵か……!?
          ∧    ィ ⌒ヽ、 Y\⌒イ               、  巛// ////
            j ヽ.   j     ヾ                        i iii〃、  //
         ∧  ヽ.::弋   丿 } ̄ヾi:i:i:,、_            ヽゞ、_ , ,ゞ  //   /
         ト、 ヽ、イミ::∧ Y  イ }.  ト、:i:i:i:i:i>:<_        く    ´´    /
         | ヽ、__>辷二ヽ  ___Y'''7 ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ....  ,, 〃   `゙i !   ,, ゙ヾ、、
         |__    弋   ∨i:i:i:i:iハ:j  .}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i゙,,_ - ‐   !!〃       i^!  ヾ
          {i:i:>:.、  fヽ._ノ弋i:i:j:i:i:i:j─┴:-:..゙,, 〃´´    ゞ  て 〃 ゞ ゞ゙ そ´
         |:i:i:i::i:i:ハヽト、|l   ヾ:i:i:,,..´`彡´´ ´  ,, - ‐ ‐ ゞ〃ゝr`〃 / て,, <フ
           从:i:i:i:i:i:iト、.゙,, ,, - ‐ ´´   ,, - ‐ ´ ヾ     /´´i !!>  /  /ヾ  \
.           , ,, - ‐ ´´   ,, ,, - ‐‐i:i:i:i:i:i:i:ハ.       /  /  ヽ   i // ヾ  / 丶
..   ,, - ‐ ´´     .,, ,, - ´.      \:i:i:i:i:i:iハ.     \i  |l ヽ ヾ li //  ヽ/
   ´     , ,, - ' ' :i:i:i:i:i:i:i|       \i:i:i:八.    \ !| ヾ  ヾ  ヾ   !
      ´´.  从i:i:i:i:i:i:i:i:i|           j:i:i:i:i小、...   \ li ヾ  ヾ   ヾ
           リi:i:i:i:i:i:i:i:i|        `{:i:i:i:i:i:i:ハ.     \|! /ゞ  ゞ
             {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|           {√ ̄¨ヾ、
 <⌒l}}二二二二二l二二二二二二二二二.y / / //二二二二二二二二二二二二二二
   `¨′     {i:i:i:i:i:i:i:i:i:|              ー弋'ツ
             人:i:i:i:i:i:i:i:ノ
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 英雄の武の前に、そのような道理は通用しない。
┃ 放たれた矢は全て槍兵が持つ双槍に弾かれ払われ、
┃ 彼を傷付けるに至らない。が―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋










.
5661 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:05:50 ID:7hYQaBjM0





                        ,     ',
                           ,,..イ       ',
       l          _,,,...イ´   |        .',
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l        .',
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /         ',     ―――――ッ!
            ヽ、    ̄   /           .',
              `                    ',
                           u     ',
                                  ',
               ヽ                      l
               |                    l
.人                /                  l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ それは、やる夫達にとって千載一遇の好機に他ならず―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

※狙撃ルール

   敵陣に「千里眼」と同ランク以上の「気配遮断」等の隠蔽系スキルが無い状況で襲撃を仕掛ける場合、
   「狙撃」を選択でき、互いに「メイン」にキャラクターを配置せず、狙撃手を「サブ」にして戦闘を行える。
   この時、敵陣が「1戦力の優位」を得た時点で、両陣営のステータス半減が解除される。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

※行動安価↓5

どうしますか?

1.キャスターを「メイン」、ライダーを「サブ」にして戦闘。       ※魔力消費有り
2.ライダーを「サブ」で狙撃続行。キャスターは「その他」で戦闘。 ※スキル等で支援可能。魔力消費有り
3.ライダーは狙撃続行、キャスターは戦線離脱。           ※魔力消費無し
4.その他
5.タイム@1


5666 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 00:09:28 ID:kU8zl3UAO
1

5668 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:14:25 ID:7hYQaBjM0




                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '           u     }>   キャスター!
                /  \    /       イ
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/     今のうちに―――。
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ この攻撃が何で、何処から仕掛けられているのか。
┃ そういった疑問を全て頭から叩きだし今は―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5670 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:17:36 ID:7hYQaBjM0





   \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
   ≧                             <
-=ニ    ランサーを、倒すお―――ッ!        ≦
   ≧                             ≦
  /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\


                            _/ ̄ ̄ ̄ /
                          _r/ //⌒ヽ  / ̄ ̄\
                     ノ〈 / /    / /       \
                   __{⌒\ {__ `ー'′/          \
                <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
                   ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
                  | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
                  N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
                     |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
                 /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /   ――――うふふ。
               _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
          /    く/.     \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|      ええ、マスター。
         /.:.:   く/        .rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
       . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ    貴方の信頼に応えてみせましょう。
       ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
       く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
        |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
        |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
        |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒
                ./     メl|   |:|〈.  Vソ    /___
               /    メ{ヘ. ..:〈/i7 |         〉:.:.:.:.:.:.:\
                 /    メ{   >―{\{    _r<{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ___j    メ{   {⌒  \ }ー‐{ _,,イ\_:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /    |    メ{   ∧_/  ミ==彡  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ./     |    }{    |   〈_{  {{ }}  ノ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       |     |    }{      }  \_ノ⌒´/ ∧____/ ̄ ̄´
       |       ノ|    }{         /   / / .∧:.:.:.:.:.:.:.:\
      ./|    .メ/|    }{__/ ̄ ̄ ̄     / / ∧ :.:.:.:.:.:.:.: \
     / :|     /⌒ ̄ ̄ ̄                       ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \_
    ./     /                        /. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /
   ./}       |     /                    /} ̄|  }ーrーrー' 7
   }__/      |    ./        ⌒>、__   イ_{   |  ⌒⌒⌒⌒
    V       メ|    〈         /   /    /_{  /
   /{      メ}.ハ                    ___/{_{ ̄ ̄|
   }__\  メ}/ {              __/{_{_{/      /
    }_}⌒}\{_            ./{__{_{/         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう答えたキャスターの声に、
┃ 今までとは違う“何か”が混ざっていた気がするのは。
┃ 戦場の高揚に充てられた、やる夫の気のせいだろうか―――?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5674 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:22:31 ID:7hYQaBjM0





               ,. -‐==‐‐‐- 、__
          ,. : "´  _        `丶
     ` ー=≠                   ヽ.
        // , '  /        \     ,ハ
.        //   /  /   ;     ヽ        ',
      イ  / '  ∧   ||   、/_}_  ',  `   ,    ―――ちょ、嘘っ!? 何で逃げないの!?
      {  '  !  斗七メ 八    ∧ハ `メ、!   ',  l
      人/l | 八z≠ミx  ',  ノ斗≠ミx_|   |  ,    キャスターが三騎士の前に立つなんて何考えてるのよ!?
       八 |;j〃 fゞ_刈` )イ iト、,厶刈   ,' 八
          ヽNハゝ ∨匕!     └弌/ |   i   ' ,
         ノ ! 丶 ´     '       厶  人    丶
.       /  ', 八      __ _  u.  /  /  ',     ヽ
.     /  〃!   ト .          , '  /   丶     ',
     /    ノ´ }  八ヘ ト  _   イ〆  八     ' ,    ノ
   /        」    ∨',| r‐‐‐/   /:::::ゞ     \  /
  /      /丿    ',‐∨‐_/     厶-‐==l     ∨
 {      爪/     丿又/      /::::::::::::::::::::\   ',
.  \    //     /|/::八     /::::::::::::::::::::::::::/    /
   ヾ  〃    /::::::::::::::::::',    i::::::::::::::::::::::::::く    人




              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>    ―――さてな。
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ      だが、こうなった以上、
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\      こちらから援護をするしかあるまい。
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
            / //  /   } 〉ー ´   '. |: :!´  '.   }         ン:}::ヽ:〉
.           / ´ ./  /  / /       }:!: |   ヽ_}       ゝイ人}
                /  〈  ノ /        ヽLノ     |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自陣営、赤のキャスター「メイン」、赤のライダー「サブ」。
┃ 敵陣営、黒のライダー「メイン」で戦闘を開始します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5675 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:24:18 ID:7hYQaBjM0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】55             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20     【魔:A++】70    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】心心心   【魔力】158/225    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○陣地作成: B
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。”工房の形成が可能。

   [DETA]  行動ターンに「陣地作成」を選択できる。(1回まで)
           「工房」:霊地による回復量2倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+15」%の補正を与える。



○道具作成: B
   魔力を帯びた器具を作成できる。

   [DETA]  「礼装作成」の判定に「+キャスターの【魔】×1.5」%の補正を加える。
           また「最終的な達成値÷100」個の礼装を得ることができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5676 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:25:02 ID:7hYQaBjM0



┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○法術: A++
   神仏の教えに、己の力を上乗せして成立させる仏教系の魔術。
   その特性上、霊的・魔的なモノに対しては絶大な威力を持つ。
   無我であるキャスターの法力は神仏の権能を疑似的に再現できる領域にある。

   [DETA]  【魔】のステータスが選択された時、自陣の【魔】に+「20」の修正を加える。
          敵陣にサーヴァントや「属性:悪」、または「怪力」等の霊系、魔物系スキルを持つキャラクターがいる場合、
          次に選択された敵陣のステータスに「-20」のペナルティ修正を与えること。



○高速詠唱: A
   魔術の詠唱を高速化するスキル。
   生来の性質と長年の修練により習熟した呪文ならば発動時間を三分の一以下まで短縮可能。

   [DETA]  【魔】のステータス比較で勝利した時、10点の魔力を消費する事で使用を宣言する。
          次に選択される【魔】以外のステータスでも「法術」や「対魔力」の効果を受けるようになる。



○心無い生者の囁き: A (A++)
   心を持たないキャスターが発する声は、聴く者の感情を写し取る鏡であり、
   聴衆の精神状態によって怒っていたり哀しんでいたり興奮していたりと全く異なる聞こえ方になる。
   その性質ゆえに相手の精神干渉を遮断でき、戦闘という極限状態において敵手の戦術予測を根本から覆す鬼手となる反面、
   もしも心を持ってしまえば鏡が曇るかのごとく、このスキルは効果を失っていく。

   [DETA]   同ランク以下のスキル、宝具による自陣に対する数値的なペナルティ修正を常に無効化する。
           また、同ランク未満の精神干渉を妨害するスキルまたは宝具を敵陣営が所持していない場合、
           魔力を30点消費することで、敵陣が選択する予定のステータスを「3個」まで選択肢から外す事が出来る。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 「心無い生者の囁き」のデータが弱体化しました。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5678 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:26:59 ID:7hYQaBjM0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】■■■■■■■■            【レベル】60             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40      【敏:B】40     【魔:A】50      【運:C】30     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】□□     【魔力】200/210    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
            / //  /   } 〉ー ´   '. |: :!´  '.   }         ン:}::ヽ:〉
.           / ´ ./  /  / /       }:!: |   ヽ_}       ゝイ人}
                /  〈  ノ /        ヽLノ     |
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】
○騎乗:A+
   騎乗の才能。獣であるのならば幻獣・神獣のものまで乗りこなせる。
   ただし、竜種は該当しない。

   [DETA]  このキャラクターの勝率に「+20%」の補正を得る。
           また、最初に選択された自陣のステータスに「+10」の修正を加える。


○対魔力: C
   第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
   大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

   [DETA]  ステータス選択で【魔】が選択された時、敵陣の【魔】に「-30」のペナルティ修正を与える。
           この効果は自陣が【魔】を選択した場合、効果を発揮しない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5682 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:29:00 ID:7hYQaBjM0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

【宝具】

  『???』
ランク:E~A+  種別:対人宝具  消費魔力:10



   [DETA]  魔力を消費する事により以下の効果から1つを選択して使用できる。
           これらは戦闘外の好きなタイミングで使用でき、別の効果を使用するまで継続し、
           効果中に別の効果を使用した場合、その時点で先に使用していた効果は終了する。

          【弓】:「サブ」で参戦した場合でも【筋】【耐】【敏】【宝】のステータスを半減せず使用できる。
              また、敵陣にBランク以上の「気配遮断」等の隠蔽系スキルが無い状況で自陣から襲撃を行う場合、
              「狙撃」を選択でき、互いに「メイン」にキャラクターを配置せず、ライダーを「サブ」にして戦闘を行える。
              この時、敵陣が「1戦力の優位」を得た時点で、両陣営のステータス半減が解除される。


           ~以下詳細不明~

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5683 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:30:06 ID:7hYQaBjM0
ちょっと計算するのでお待ちください。

5688 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:37:36 ID:7hYQaBjM0





: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ::::::::::::::::,‐< : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` ー <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-‐‐‐-、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠´::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /l  l  ̄ ̄/`ヽ_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :///l   l   /    `ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∠////: l .  l   /      ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::∠´//////: /l   l  /        /   ―――まぁ、サーヴァントが二騎がかりなら
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∠´  ///////: /:l   l  i        /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ィ<´`ヽ  ////// : :/ : l   l  i        /    多少結界で鈍ったところで問題無いか。
: : : : : : : : : : : : : : : : :_>‐/¨´l  ○ ノ  /////: /: : /    i    __>´
: : : : : : : : : : : : : : : ://///  ` ー _ ノ//: : :/: : : :/  /  レ‐¨’’´  /      あのキャスターもなるほど、非常に優秀なサーヴァントのようだ。
: : : : : : : : : : : : : : ://///l__ ‐‐'''¨/>´: : :< : : : : ::/  /  /       /
ヽ: : : : : : : : : : : ://///////>¨´ : :<'´: : : : : : : : :/  /  /      /
:::∨ : : : : : : : :/ :////>~´ :<'´ : : : : : : : : : : : : :/  /  /        /
::::::∨ : : : : / :/< : :<'´: : : : : : : : : : : : : ::_:_: : /  /  /        /
>、:∨: /∠ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/  〉`ヽ /、 /       /
: : : : : ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/  /   l  /        /
: : : : : : :∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : /  /       l /       /
∨ : : : : :∨ : : : : : : : : : : : : : : :/  /       l/       /
 ∨ : : : ::∨ : : : : : : : : : : : :/  /       /      /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ・『黒のキャスターの結界』により自陣の全サーヴァントに「-10」のペナルティ修正!

┃ ・『冥府の甲冑』により自陣に「-10」のペナルティ修正!

┃ ・『心無い生者の囁き』により上記スキルの効果打消し!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【両陣営戦力値】

「スキル・宝具適用前」
自陣:  【筋】50  【耐】50  【敏】60   【魔】95  【運】65  【宝】110  Lv合計:115
敵陣:  【筋】40  【耐】40  【敏】50   【魔】30  【運】50  【宝】50   Lv合計:75


                              ↓ ↓ ↓


「スキル・宝具適用後」
自陣:  【筋】50  【耐】50  【敏】60   【魔】95  【運】65  【宝】110  Lv合計:115
敵陣:  【筋】40  【耐】40  【敏】50   【魔】30  【運】50  【宝】50   Lv合計:75

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫



―――あ、ランサーが死んだ。


5689 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 00:38:33 ID:kU8zl3UAO
あ、対魔力は自陣が選択したら発動しないからあり得ないか…
…そういえば、心無い生者で敵のステ選択を魔に変えた場合、キャスターとランサー、どちらが魔を選択したことになるんでしょう?


5693 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:39:44 ID:7hYQaBjM0
>>5689 ランサーが選択したことになります。

5695 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:42:56 ID:7hYQaBjM0





        \: : : \: : : : : : : : : \: : : : : : : : ::::ト、: : : :/: : : :/: : : : : | /|
        `ヾ:::... : : \: : : 「`丶.;.:.\: : : : : ::::::l::l: : :./ : : :./: : : : : : レ':./
        \∨:::::::::......\小    ̄`ヾ: : ::::::::j::l_;.> ´/'": : : : / ::::/
          ヾ::::::::::::::::::::::::「        `ゞ'"/:/   /: : : : / : ::/
            ∨:::::::::::::::/      ';    /:,′  〈:'´ ̄: ::::::::/ィア´
           ∨、:::::/ \     ';    //    .:.:`ヾ::::::::::::::/
            / Y   _うュ、      //    .:.:.:ノ:.∨::::/
             | :.:i   ヽ弋テヾ==' 》  //、__,,..斗匕.:.:.:.:'ハ′
             '. ヽ{   .  ̄ ''ヾ:.:> ノ'゙ハ:.:.代テ¨フ:./´!/      後手なのは望むところだが―――さて。
              ∧ :      ,.ィ⌒ー‐'  /      :.:./.:.:./
               /::::ゝi、     //       ,':.      .:.:/:./       これは少々厳しいか?
           _,.イ:::::::::::|::. u リ     l:.:.:.      .:.イイ
             //|:::::::|  :.  ゝ   、:.:.:ノ:.:.:.     /':::::|
  、       l/  lハ;;;;|  ::.、  _,,. ---- 、   / /:::::::::,
  ヽ> 、       __リ/:.:\  :.丶   ---   /  ,:::::ハ:::「\
    \: .\__/: .r{ : :.:.:.\ :.:.\     /    j:::/ j;ノ
     \: . : . : . : .:ゞ : . :.:.:.:.≧ュ、:.:  ̄ ̄.:.:  ,,≦ヽ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【先制判定】

   ・両陣営共に「気配遮断」等のスキル無し。

   ・自陣営の【敏】60 < 敵陣営の【敏】50

   ―――よって自陣営の先制!
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【ステータス選択】



    1手目【】: 自陣営:    敵陣営:
    2手目【】: 自陣営:    敵陣営:
    3手目【】: 自陣営:    敵陣営:

   現状:

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


※行動安価 ↓5

とりあえず、初手選択ステはどうしますか?

『高速詠唱』等、スキルを使用する場合はその旨も記入してください。

なお、ライダーは独自の判断でスキルを使用します。

5698 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:48:10 ID:7hYQaBjM0
ふむん、では安価取りやめ。

10分ほどしてからまた取りますねー。


5704 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 00:52:35 ID:XJ6vqDhA0
延長出たがどうしようか
多分敵が知ってるのは『心無い生者の囁き』の選択変更だが、
ステぺナ無効(対魔力貫通)は今知ったと思う(バサカ戦ではその辺でてないし)

ところで高速詠唱って魔の選択で勝った後に使用選択だよな?

5705 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 00:53:27 ID:kU8zl3UAO
ん、高速詠唱って対魔力乗るのか…
これ、初手に魔で勝利したら、後攻のランサーが選択したステは-30されるって認識でいいですか?(ライダーの対魔力


5708 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:55:26 ID:7hYQaBjM0
「魔力を消費して~」と書かれているスキル以外は基本オート発動ですねー。

>>5704  厳密に裁定すればそうなのですが、
      何度も安価を取るのも冗長なので事前に安価をとり、勝利したら発動とかそんな感じにしようかと。


5710 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 00:56:50 ID:XJ6vqDhA0
了解です。
その場合判定に勝てなかったら不発か取りやめですかね


5711 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 00:59:09 ID:7hYQaBjM0
>>5705 あー、そうなりますね。
      ちょいとまた後で変更になるかもしれませんが、今はその認識でおkです。

>>5710 はい、取りやめになります。


※行動安価↓3

では使用スキルとステータスをどうぞー。

5714 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 01:00:16 ID:VLlPDy.M0
魔 高速詠唱

5717 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:08:58 ID:7hYQaBjM0





                                ..::::|       /::::::::::::/
               / l                 .:::::::::i     /:::::::::::::::/
.            /  厶-------<         .:: :: :: |    ..: ::: ::: ::: ::::;'
          |  〈        `ヽ         ;:^ ::、:::|  ..:: :: :: :: :: :: :/
      ___ノ「ソしヘ         i__    i   ; |. ,.'     `: /
.        \ /7   リ'⌒ヽlレ  r─、 __  |     !   ';l/        ;/
.         〈___厶'⌒V´ ̄\_|_/   У `V    N     |       /
        /`ーァ'7/  /ヘ  l|      \ ̄ フ i ヽ\   i      /
       / //| l| { ,ィでツ〉リ、       \__>\ \   :     .:      それでは蹂躙を始めるとしましょう。
.     ∠ -イノ ハ.l| ハ    ///∧    ____ヽー‐ 、\ \ i   ..:'
    f三彡'//ヽ} ー、- ´´ノ}l}∧___/      ̄ ̄、) \ ヽ .:::::〈__
    |// //// jハ  ー<ノノノ./  ,ィfつ__几/⌒V___/ヽ.ヽ.___    :.:`ヽ
.        〈《〈__,ノl }_  厂 / __)r‐'フ-───‐/ │   \..._____..::>
          __レ'7ハ/レ'/_r'(`ヽ/ /  _/   ∧__
      / ̄   / // i7T'^´   ヽ/   // `ーフ{ i   { ̄\
.      /         ///|_ノ      | │ |___/| ̄ ̄ ̄ ̄∧ヽ___}____
     /        | //|      /|  l/  /\    / ∧     /\ ̄ ̄\
.    i       l   |///      / /__./ヽ.__\  /  ̄∨____/ ̄ ̄ヽ/__\
      |        | /、__   _,ノ/| ̄ /l:///////////////:\
     ヽ      l   l'/  ヽ ̄ l\  |/   |://///////////////:\
      }      /に{   <」/ヽ.| \ \ ///////////////// ヽ
      |     j / 辷{    i______| ヽ ` <:.///////////////ハ
     /     / に{ i     |───‐ |ヽ `ー─ ` </////////// }
.   /    / /  辷{ 、    lコニニiニスヽ \ \    \ ///////   |
 /       /  /__人} i   /__  l Уノ⌒ヽ. )  ヽ.    \.////    !
.       /  /ノ⌒Y〈_{,ノ| /  `宀 ´    /     \     \/    |
.    ./  //  /  })リ´  /     /       ヽ    i    |
    /  //  /   }y r‐ '     /        r─--、)    |    ;
.     //  /    人} /     /        i       /    /
    /  /    イfノ       (            |           /
        /_____,.ィfニヲ´         \_         |        /
.     /厶jレ┴宀´ /         /  `ヽ.___ノ   __/
                /             ,' ',         ̄
                ,'            .:   .
           .:            :.   ' .
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自陣営、1手目【魔】を選択!

┃ ・自陣営、『法術』の効果により【魔】+20! 『騎乗』の効果でさらに+10!
┃ ・敵陣営の『対魔力』は『心無い生者の囁き』により無効化!

┃ ・【魔】の比較で勝利したので『高速詠唱』使用!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【ステータス選択】

    1手目【魔】: 自陣営:125  >  敵陣営:30
    2手目【】: 自陣営:    敵陣営:
    3手目【】: 自陣営:    敵陣営:

   現状:1戦力の優位

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5718 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:18:42 ID:7hYQaBjM0





                  r入              、_⌒ミヽ乂_  i
                     Yニi           __〕、:`ー‐ヽ:\: : `ヽ}i
                  `<ヘ         {:`ヽ: : :ヽ、: : :\: : : : :}:ヽ
                    マム       /{_{: : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : :} }  ノ
              __   -‐‐、マム __ ___ ト{: : : : : : : : : : : :∧: : : : }: } : :レrイ
      ,r ァ'´` 7=‐ ニ - )    / ̄    /: : : : ;_: : : : : :ト、: : }: : : :}:ノ: /:/: :}
  _≠´ /  /            { {     '⌒ミ: : :{/ }}:;r'´ ̄ \:∨: j: ::/:/: ::/
‐┴-.、  \__У‐=ニニニニ ====={ .{        ミ: : :{{/    ∨  \: : : : : : : レ'
―‐.t´___/――――――――‐ {八     /-‐ァ八    比ヘ  { 7フ:,ィ: : //
                    \ \_ -‐_/´  / { u _`ヽ入ノ_彡'´/: ::∠ ___
                         }, r' ´i |   , イ i  i´⌒`ー'´7セフィー┘ ̄ ‐--- ( 77「ト、
                    /    .|  i   ハ ヽ-、 、__/ /           ⌒┴┴'
                    i      i  レー---人__ , -‐< ゝ-- __
                      j   r=彡∨__   _/ /,r '´ _ -‐‐‐ヽ
                   {     {/{ /`ーz ______  / /´     ___〉、     チィ―――!
                   i    {//___}/}      /i´  _ -‐ ´  __〉、
                   ト、  / ̄ ̄`Z/    / {´____  -‐  ´   }     ここまで封殺されると笑いも起こらんな!
                   | `ー.{         / 八          __}
                   i  ハ           /   ヽ、___  -‐‐ ´  {
                   {∨{  ヽ          { ̄  ヽ __     __ -‐ヘ
                   { Yヘ   \     ノ‐  ,イム`ヽ フ´  \ ヽ ヽ
                   | Yヘ     `ー=-‐' >'´  マム ∨      ';:  i
                   X`!、 \___ / 〉 ∠二ミヽ、マム \       }  .ト
                    /{ ト、   {  ノ7/     `ミ マム  \    }   ヘ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 敵陣営【敏】を選択!

┃ ・『高速詠唱』の効果により【敏】+20! さらに敵陣営にペナルティ-20!

┃ ・敵陣営の『対魔力』は『心無い生者の囁き』で無効化!

┃ ・敵陣営、『勇猛』の効果により【敏】+10! ペナルティ「10」点まで無効化!

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【ステータス選択】

    1手目【魔】: 自陣営:125  >  敵陣営:30
    2手目【敏】: 自陣営:80  >   敵陣営:50
    3手目【】: 自陣営:    敵陣営:

   現状:2戦力の優位!

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

○勇猛:A
   威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
   また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

   [DETA]  【筋】【耐】【敏】の内、最初に選択されたこのキャラクターのステータスに「+10」の補正を与える。
           また、1戦闘に2回、このキャラクターがペナルティ修正を受けた場合、それを「10点分」まで打ち消す。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


『高速詠唱』で『対魔力』が乗るのは自陣営だけにエラッタします。まぁ、今回は大勢に影響ないです。

後、どうあがいても確殺でござったので後はオート処理です。

5722 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:23:23 ID:7hYQaBjM0








                                                         / /     /
                              _ ,、        _   /}        ,ィ/.  /     /
                        ,、  、-‐ '''  ̄  //、ヽ.      /` _〉二< .ヘ!      /  ./.  〈      /
                        \`` ー 、   _.= 〈 .i、ヽ.     ゝ'´二 _ エrく _ _ /   ./   ∠_ゝ、  /
                      ゝ.、   ` <.  ヽ / /\   └i´ ̄/, ┴‐ ヽヽ/   ./  / ̄ヾ/\   /ヽ
                      \\     `ヘ_'_/ ヘ \ _ ,/〈、∠冫-―‐< / / 三≡、 /- 、//   >///_    どうやらその槍が自慢のようだが。
                        \\     \  ̄` 、 ̄=ゝ``´i' ̄/´ ̄>l│/` ー='__`   /∠/  |
                         \\     \     >/´ヘ/ ̄ ̄, ― ' ;´|┌'/〈 、〃\__\ }     /   ここまで届かなければ意味があるまい。
                           >'      \_ /ヘ/ / ̄∠ ̄〈弋ゝ|│冫〉|  | ;'´ `\.    /
                               \   _    Y / /  / /'i ヽ  |/`、!_.!´\ |. ; , ' ⌒ 、   /     これで終わりだ、ランサー。
                 __          ,ゝ ´ / `ヽ __〕`〈    / /  冫、`/ヘ/ヽ. \. \ゝ; (  ) )、./
                 /冫―‐〕     _.>‐/  / [||||〕` ー '´ /〈  /.  >| !〕   |   | l ゝ -<  |ヽ
   / ̄`>     _/⌒i/ _l __/´  ̄`> .〈__/ , 、ゝ!!l.、>、!. // ヽX    | ヽ'/、__|  | l____」 |
  ∠/ ̄/   , イ ̄   / 〔.コ∠∠_/―ゝ    /     {|ゝ <    /  `ー/`<||. ´ ̄/ー-┤───―┤
 /, ^/´  / ̄      」  __| ∠´ ̄\彡ゝ∠ /       \{少 、 /∠´ ̄/  (「ヘ.  /   //., ' ⌒ 、 | |
´ ´ /   /冫 ,  ' /´ ̄_、_〕ゝ-― ´ 〉壬卜_,〉        ∨尉冫⌒卞ゝ    |{__\/   //. ; (  ) )//
  /<`´  ! __ _ゝ⌒ /./       ∠__ ,/         _/冫\ _,.´\/∧  └ヽ、∧\//‐一ゝ - <//
・'´    >  ,..―´¬ヽ、 / /   , .-'´            /´ ∧  ヽ  /、/. 〉,   〉/^ ̄     |
, '´^ ̄/ /´> しー -'´\、ゝ`-/´              /, ' (;'l. 〉   〉 /也/. / ヘ,      | |  |
 ,   ´ /`´`ー<冫〉>, /ー ' ´                  /,.{` (小/   / /久.ハ 〈  ,ヘ       | |  |
  _,..-'''"⌒ ゝ- 、`´//                       /,.   (ハ / ∧双'  !.、\  }      | |  |
ヘ_,. .-'''"_// ,ゝ \、                   ,'      i冫, / `{ /i\.  ヽ.|      | |  |

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

○啓示: B
   "直感"と同等のスキル。直感は戦闘における第六感だが、
   "啓示"は目標の達成に関する事象全て(例えば旅の途中で最適の道を選ぶ)に適応する。

   [DETA]  このキャラクターは複数の安価から任意に選択して行動を決定できる。
           1戦闘に2回、自陣が受けるステータスに対するペナルティ修正を常に「10点」まで打ち消し、
           さらにランダム表や、ランダムステータスの選択時、安価を2つ習得し、自陣に有利な安価を選択できる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5725 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:28:19 ID:7hYQaBjM0





              「l ̄!i|  |! i! |
          _ __i!|  |!_ L__!i__i|
         i!| _     _ __|i|!                     __i| ̄|i_   |!´i!゙`|
           ̄ ̄`゙!|i  i!                         i!| ̄ ̄   _ ̄L__!i__i|
          /`゙≫|i!  !|<´\                       ̄`゙i!|  |i ̄i!  !|i!
         < /  |i!_i|  ヾ__≫            i            ̄ ̄  |i!  i|
                         !         |i! |                ̄
                         '         |::i i!|
                         iヽ   _ _ノ从メ#ヾ'人ヾ:;:ー- ...、
              \     ヽ  __ノ;;;ヾ=二三 :;:;: :;:;:;;・  ,`゙ヾ:;:;:;:;::;:;:ヾ
               `丶     》:;:;;#ノ彡三二三 」── 二=≡≡=ヾ:;:;:.,ゝ ── ─ i!二二二`7
                 \丶 ヾ,:;'゙´'人i从'※'iミ彡∠゙´       `ヾ:;:; ;:;:レ'         /7∠/
                  \ヾ人'゙´;:'´川彡/r-三゙´           `゙ヾ;:; ;:/       〈_/
                    >:;: :; :;:#i!彡/´゙                ゙:;川;;;;;;;;/'
                   .:i!|'゙´  ,イ'゙´   :    .;: ::.         i|!i《:;:;:/
                   i|#i///`゙                       |《巛<´ ゙
                   川//`                           ゙!|i!i|ヾゝi!二二二`7
          ─ = 二  て:.》                             |i:;:#i!`i'|!i /7∠/
                 !i゙´i!|                 \'    人゙-─∠ ゙`    〈_/
         \      `i!゙´     .,人-ーノ:;i|!ヾ      >ヾ'゙´ ::::::::::::;;;:#i|! i|ヾ
           ヾ、     ゞ'゙´ `゙ ::;:;´ ヾ》:: ::;:;ヾ   .r'゙´;;;;;;《'ミ゙´i三二=ヾ ゙ヾ
                \\  ,:;'゙´:;:;:.、`・/;;;;;;彡三三三ヾ 丶i|!# i!i゙´       `゙ヾ:; :;て
                \ヾミミi!#゙─<#i!`|゙´三二=─-.,.、\ ;:;!ii  .::'゙`   ゙::.、 i|!ミ  /
                   ヾ:;i!i゙´'゙´:::;;;:》i|!i゙`       ヾ;:そi|:;:;., :     :    ヾ:;.、て
             ─=二て 人从#ヾ|\/人从/  / \ヾ // #i∧ノ/《ヾノ!  ノ/人从/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――戦闘に勝利しました!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【消費魔力計算】

   【キャスター陣営】
   ○Lv55  -27
   ○「高速詠唱」使用!   -10
   ○現魔力量:121/225


   【ライダー陣営】
   ○Lv60  -30
   ○現魔力量:170/210  ※戦闘開始前に宝具で魔力-10済み。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫





.
5732 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:33:22 ID:7hYQaBjM0





                         ____ _
                   /        `ヽ
                   ヽ' u    /    ゜.
                Σ ,' ,\,  ィ'⌒ヽ u   ゙.
               /、{__ノ  乂__ノ      ゙Y    ―――やったかお!?
                   {" (_人 __ノ       }
                   _ \ |7^^^^^^V}     _ノ
               r '´__ヽ┐> 、_   ′≦´_
                | --、〉ソ           ヽ
             ,゚、 ー_〉′
            ,′ /  、i/
             /   i   ,′
            {     }  /!
          ヽ__, ′ノ {
                                        _                  ,,,__.___、  ._,,,...
                               ,,,,,_____,,,,,..z‐' ̄`゙'''―ー'''''――ー'''"゛`゙゙゙゙'"      _二___
           ______,,,,..-''''―-一¬---一-┘             ___,,,,,,__z-┐__z-―――‐''"
 .__.......z冖''''''''''"゛         __,,.. -―''''''''j__r-‐ー'''^ ゙̄ l彡-'⌒
 ̄  . __、 . _,,.. ---‐''"゛.7彡-‐'''"´        ´
‐'''^´ .ilr'"

       /      、   \  \
     /`    \   X ヽ ヽ   ヽ
    / / / l     ∨,斗、!  !  |
    |/ / | |\   / f:ハ ゙|  l  ',
     {| | 丁≧ミ、/  ゞ′ l  |   、ヽ      流石にあの一撃を受ければ、ランサーと言えどもーーー!
     レ'ヾ \く ヾ;〉    , 、 |  l   ヽ \
       \.>〃 ` /  ノ/ ∧    \ ',
   r' ^ヾヽ  |ハ、__ ヽ /〃´: ̄`ヽ    ヽ!
   /    }  .リ | | ̄//::::::::::::::::::::::\   \
   ヽ  /ヽ ノ  l ∨ /:::::::::::::::::::::、::::::::ヽ   ` ー -- 、
    Y´ /`ヽ. |/  〈::_::::::::::::::::::\:::::::!         \
     ヽ/     \> ノ´:::::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::ト、      \ ',
      {      \ソ ̄ `ヽ::\:::::::::::::::',:|ヽ\       \l
      \      \   l::::::ヽ:::::::::::::l|. \\       }
.          \      }   ハ:::::::|::::::::::::∧.  ヽ \      /
        / ヽ         /!::}::::::!::::::::::/:::ヽ   }   ヽ   /
   /`ヽ  ノ\ \       //|::|:::::|::::::::::::::::::::\    |   /






.


5733 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 01:33:47 ID:XJ6vqDhA0
フラグ立てんなwww


5740 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:38:21 ID:7hYQaBjM0





           ,ィ'´ ,  '´ ̄ ̄ ̄`ー--- 、
        / {/              >、
.       / ___V                  \
.         |/,]} \   、__    ,   ,    j__/
.      /ト、__r-ー \\ _ヽ/--く__/  \
.      V⌒ー─v'⌒ヾ'´   \   __\ __/   /\
.     / /   L ---〉_r─‐z}_/ ∨(二〉、/    }ヽ    ―――いえ、どうやら倒せてはいないみたいね。
     〈ー‐'⌒ヽ,ノ」 \ 「__Ll|l l| l∧ \ヽ.___/    |__
.      `7 | l | | _|_、 ィi´ |l_}Ll| !l| |\ \_  -‐ 7ノ    マスター、まだ気を抜いてはダメよ。
.        ̄Vi l |  ハ\l| ̄ヒt:ノjハ|│リ l |\      ̄ ̄/_
.         ヽjハ{N{ ソ\|    / ノ j/|\\ \     /__/
          ノ}ハ∧     イl´ / lト、 \__、 \_/ヽ
        / ノrlT「「「「//7{ iト、{ ヽ\ ) ヽl l( \jリ、    __r-,
.        / // ||.|.l l l |'//八  \`ヽ} i  j八_ヽ  \Lruf辷レ廴{
       { i/ | { l{|!.|.| l |//// \} )八l{_     ソ   ヽ- ‐ l に{
.        V  ヽ | | |//厶ュt〈ヽノj/ _rufコこ}    /,ィT\ / ,ィ仡
               | | //    にhfにィ´ /}ノ   /,ィf斗'ー込くfrujノ
.          r----V       ヽi<_  l に{  ,.イrjトr┘`T´ヽ
           _冫==ヽ      ∧    ̄し广fハ_jト┘   \/
.          ‘ー/ 二. |       ∧n        )     __| }_
          `{_T j      __r{ノj   -‐=  フ'"´ ̄  __\  ̄ ̄> 、
              │}L___   ,ィ| |リl/    ,‘´  x< ̄    ヽ       \__      __,,‘´
             ヽ \\トtf| l_Lし' ̄{ /  <        =-‐ヘ、     \ ̄ ̄ ̄
             {「 ̄}小{ ̄ヽ\ У|/ /       >‘´ _ -─‐‘'  .      、
.               lレ'/ |l ト、__ノl |∨ l__/       >‘ >‘´           > 、    \
              /Vjl〈|_LLUイ   |ヽ    / >‘         -‐=      \
                  廴// |      | l.  / /     ,   ´            ヽ
.                にコ i |ヽ\__  ,ノ |/ /           ゙,          ∧
                 く二| l | |\\_  /|\/                ',         ∧
                  }辷| l | ヽ ヽ.__ノ 〈                   .            ,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ いまだに警戒を解いた様子の無いキャスター。
┃ そしてそれは遥か遠方のライダーも同様だった。
┃ 二騎がかりでランサーを圧倒し―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.
5742 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:42:12 ID:7hYQaBjM0






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ―――また、死に損なったか。       |
  乂_________________ノ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r'  .;,,,,;
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒):::: ノ     :;;;;;;;;;;:
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~.         ;;;;;;;;,
 : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"    ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                          ::: : : :~へ: :
     y. : : : : : :):y'"~)                 、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,. ;                ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒ :
.    : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r        :;, ,;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;,;;;                  :::::::::::::::::::::,:' :~ { :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~:ノ:::::'"       ';;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;. '';;;;;;'                     :~''”~: ..、. . : : : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :.              ;;;;;:' .,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, ';;;;;                ⌒: : . . {,,... : : . :
: : : : : : : : : : : 、.              ,;;;;;, .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. .;;:;;;,.... :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.             '':;,゙ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  '".....'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒                ;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;...... ~へ: :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. .⌒ :~':" : .  y: ⌒.:
 : : : : : . .: : : :,.~ '~                 ';;;;;;;;;.';;;;;;;:,; :" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { :
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'                `;.;;;;;;;;.;:;;;;;;; ,:' :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
     y. : : : : : :):y'"~)                  .:~'; :~''”~: ..、. . : :γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.     : : : : : : : : : : :⌒ソ      ,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... |   まったく―――。くだらない宿命だ。 命を賭けることすらできんとは。       |
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : :乂__________________________________ノ
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :






.
5744 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:47:32 ID:7hYQaBjM0





                  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \       \:::::ハ:.:.V
                 =ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \     !   ´|::∧:.’
                   `ヽ:::::::::::::::/⌒ヽ/      __ ヽ、   、    !/ v‘,
                     ヽ:::::::: ′.:l        \ 沙ゞ:.、 〉  /.〉  〉:〉
                      |:::::::ハ :.:〈       ’   ` ''''''"´ ィ'7´   /
                      |::::::::::::, `             __ {ゞ' /
       __             j:::::::::::::::ー:,          ノ´ ̄` 、¨´     ―――だが、何はともあれ賞賛を受け取れ。
/ ̄ヽ´ ̄`l  l-- 、           /::::::::::::::::::| 、      、_    ‐:.:..__,>
>、   :,  |   |   :,          /|::::::::::::::ハ::| \       `丶..,_,:/        赤のキャスター。そして姿も知らぬ狙撃手よ。
ニニゝ  l   |   |__ /_          r!::::∧:::| ゞ!   \        、:,ノ´
ニニ{ /¨l/¨ l'¨¨l|  }/⌒! ≧==-  .,/`ヾ  リ   :,    \      /
ニニニー' ー‐' ー‐'`¨/  |ニニニニニニニ′ : :> .,   :,    \__/
   ̄`¨¨  ==ニニ{   {ニニニニニニニ|: : : : : : : : :> .,     /:.:.:.|.,__
   //     / `¨  〉===-- r≦!: : : : : : : : : : : : :>ュ  ':.:.:.:/、ニニニ≧=-  .,_
   /            /: : : : : :jlj: : : \: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:..ll 'j:.:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:.ヽ> 、ニニニ
  .′          / ヽ : : : : //: : : : : :\:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|/ !:./:.:.:.:.:.:.:.〉 、:. :. \:. :. ヽ 、
  /            /   }: : : : jlj: : : : : : : : : 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l| !/:.:.:.:.:.:.:/: : :ヽ:. :. :.ヽ:. :. \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――圧倒してなお、その場に黒のランサーは立っていた。
┃ 既に戦意は無いのか。
┃ 構えも取らず気安い調子で語り掛けてくる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【消費魔力計算】

   【ランサー陣営】
   ○Lv75: -37
   ○宝具を使用し令呪の消費無しで蘇生! -50
   ○現魔力量:118/205
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5749 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 01:54:46 ID:7hYQaBjM0





     レ{:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.|: : .:.: : : : : /: : __: : : : : : : : : い{
    \  |:.:.:.:.:.:/:/:.:.:.:|: :.:.:.:.:.:.:.彡==彳: : : : : : : : : : :ヘ リ
     \}:.:.:.:./:/<:.:.{彡 ''´      /: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :ミ
      }:. /:/           ⌒ヾ:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :彡     この身を護る護りを撃ち抜き、我が命を取るとは見上げた奴よ。
      ̄`Y:.:′             ,. ‐く \:.:.:.:.:.:.. .:.:.:/                   モイライ
        |:.八≧=- _{  ,.斗匕¨歹>  ミ/⌒i:.:.:/       だが生憎とこの身は運命の女神の呪いにより、死すること許されぬ身。
        |:.|  、<歹゙ヽ           /: : }:./
       ⅵ  :’    }           ノ: /八        この首をやる訳にはいかんが敗者の義務だ。
        }   :,   ノ___          r‐:イ:.:.:.:.ト=-
        ゝ---\   ___     γ⌒ヽ:.:.:.:.:.\へ.,_   お前たちがこの道を通ると言うなら好きにするが良い。
               }i. {{    ノ  /ゝ __, ー/ ⌒ヽ-- ==ミ>.,____
                j/\`¨ ¨´  /  ィニ}-- : |   /  `¨ヽ: : :\`ヽ
               /   ヽ__/___/ニニム--:::|    |  │  ト : : :\
                }ム  /ニニニニニニ/\::{_,. |  │  | }:::::::::::::::
                    -={ニ| |ニニニニニ/    |    }   }  |/:::::::::::::::::
           _ -=ニニムム jニ( ̄    j/-|   /⌒ /   ノ::::::::::::::::::::





..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    ―――モイライ?
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 確か、ギリシアの運命の三女神だったはず―――。
┃ そして今の戦いでランサーが見せた『対粛清』や『神性』のスキルの説明蘭―――。

┃ 軍神アレスの息子で半神半人。『神罰の野猪』を打倒した英雄と言えば……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

※行動安価 ↓5~7

黒のランサーに何と言いますか?




.

5752 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 02:00:33 ID:pnXr8zk60
ミノタウロスに続いて、メレアグロスとか本当に大英雄のバーゲンセルだな。
できれば次が無いことを祈りたいけど

5754 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 02:05:14 ID:8Agho6mQ0
自分の名はやる夫だお
またな、黒のランサー、メレアグロス

5755 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 02:06:18 ID:XJ6vqDhA0
それじゃあ通らせてもらうよ、ところで真名に繋がりそうなこと言っちゃっていいの?

5756 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/01/02(木) 02:06:55 ID:pnXr8zk60
>>5752

5760 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:12:50 ID:7hYQaBjM0







 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   “モイライの予言”       |
  乂____________ノ



                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                          |   “アルゴノウタイ”      |
                           乂___________ノ



                                               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                               |    “カリュドーンの猪”        |
                                               乂______________ノ



                  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                  |  “ヘラクレスの冥府の試練”      |
                   乂_______________ノ







.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ     まさか―――メレアグロス?
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |    ギリシア七英雄の1人。
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|






.
5764 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:19:26 ID:7hYQaBjM0





        , -_ , ‐ ´ ̄`ー' ー、
      /ノ, ‐ '         、._ヽ
    _/ { f      , '´  ̄  r-ミ
   /    l , --z  /       ーヽ
   ヽ、  /   ー 、-       ゝ     まさか。このような少年に我が真名を言い当てられるとはな。
   ヽ、.ン    , =‐  l、 f_`ヽ  Y
    /l   /,ィt:j    ヽノヽj j   l       いかにも―――。
   て_丶、´ `´    ´  ー{   ヽ、
    <__l___        l  ー、    ラ     我こそはカリュドーン国の王子、メレアグロス。
         L  _,. '    ノ‐,.´ ヘ  トj
        `ー、   /‐ ´三三jヘ|       此度は黒のランサーとして召喚に応じたのだ。
            ヽ イト、三三三三l、
         , -<三三三三三三丶、
       /     \三三三三三三ヽ
      /  ____  ヽ三三三三三三ト、
       レ´      弋 /三三三三三三三ヽ
       |   ____|三三三三三三三三ヽ
      ハ<       j三三三三三三三三 イ
     /三l       _/l三三三三三三三三l |
    ,' 三イ¨¨¨¨´ / l三三三三三三三三l |
     l三三l    /   |三三三三三三三三j l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 真名とは、その英雄の本当の名前である。
┃ 英霊たちはその逸話上、必ず死因というものが存在し、
┃ その死因が己の弱点となっている者も多い。
┃ 不死を誇るメレアグロスの弱点は確か―――。

┃ ステータスを更新します。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5765 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:20:00 ID:7hYQaBjM0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:黒のランサー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】メレアグロス               【レベル】75           【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A】50      【魔:C】30      【運:A】50     【宝:A】50
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】薪薪薪    【魔力】118/205    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \       \:::::ハ:.:.V
                 =ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \     !   ´|::∧:.’
                   `ヽ:::::::::::::::/⌒ヽ/      __ ヽ、   、    !/ v‘,
                     ヽ:::::::: ′.:l        \ 沙ゞ:.、 〉  /.〉  〉:〉
                      |:::::::ハ :.:〈           ` ''''''"´ ィ'7´   /
                      |::::::::::::, `             __ {ゞ' /    フッ、“輝く貌”だが何だか知らんが
       __             j:::::::::::::::ー:,          ノ´ ̄` 、¨´
/ ̄ヽ´ ̄`l  l-- 、           /::::::::::::::::::| 、      、_    ‐:.:..__,>       INOSHISHIごときに殺されるとは英雄の面汚しめ。
>、   :,  |   |   :,          /|::::::::::::::ハ::| \       `丶..,_,:/
ニニゝ  l   |   |__ /_          r!::::∧:::| ゞ!   \        、:,ノ´         あ、カリュドーンの猪さんはあっち行っててお願いいやマジで。
ニニ{ /¨l/¨ l'¨¨l|  }/⌒! ≧==-  .,/`ヾ  リ   :,    \      /
ニニニー' ー‐' ー‐'`¨/  |ニニニニニニニ′ : :> .,   :,    \__/
   ̄`¨¨  ==ニニ{   {ニニニニニニニ|: : : : : : : : :> .,     /:.:.:.|.,__
   //     / `¨  〉===-- r≦!: : : : : : : : : : : : :>ュ  ':.:.:.:/、ニニニ≧=-  .,_
   /            /: : : : : :jlj: : : \: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:..ll 'j:.:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:.ヽ> 、ニニニ
  .′          / ヽ : : : : //: : : : : :\:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|/ !:./:.:.:.:.:.:.:.〉 、:. :. \:. :. ヽ 、
  /            /   }: : : : jlj: : : : : : : : : 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l| !/:.:.:.:.:.:.:/: : :ヽ:. :. :.ヽ:. :. \
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○対魔力: B
   魔術発動における詠唱が三節以下のものを無効化する。
   大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、傷つけるのは難しい。

   [DETA]  ステータス選択で【魔】が選択された時、敵陣の【魔】に「-40」のペナルティ修正を与える。
           この効果は自陣が【魔】を選択した場合、効果を発揮しない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5766 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:20:35 ID:7hYQaBjM0

     レ{:.:.:.:.:.:.:./ :.:.:.|: : .:.: : : : : /: : __: : : : : : : : : い{
    \  |:.:.:.:.:.:/:/:.:.:.:|: :.:.:.:.:.:.:.彡==彳: : : : : : : : : : :ヘ リ
     \}:.:.:.:./:/<:.:.{彡 ''´      /: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :ミ
      }:. /:/           ⌒ヾ:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :彡
      ̄`Y:.:′             ,. ‐く \:.:.:.:.:.:.. .:.:.:/
        |:.八≧=- _{  ,.斗匕¨歹>  ミ/⌒i:.:.:/
        |:.|  、<歹゙ヽ           /: : }:./
       ⅵ  :’    }           ノ: /八
        }   :,   ノ___          r‐:イ:.:.:.:.ト=-
        ゝ---\   ___     γ⌒ヽ:.:.:.:.:.\へ.,_
               }i. {{    ノ  /ゝ __, ー/ ⌒ヽ-- ==ミ>.,____
                j/\`¨ ¨´  /  ィニ}-- : |   /  `¨ヽ: : :\`ヽ
               /   ヽ__/___/ニニム--:::|    |  │  ト : : :\
                }ム  /ニニニニニニ/\::{_,. |  │  | }:::::::::::::::
                    -={ニ| |ニニニニニ/    |    }   }  |/:::::::::::::::::
           _ -=ニニムム jニ( ̄    j/-|   /⌒ /   ノ::::::::::::::::::::
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○神性:B
   神霊適性を持つかどうか。高いほどより物質的な神霊との混血とされる。
   軍神アレスの息子で半神半人。サーヴァントとしては最大級の神性スキルを持っている

   [DETA]  戦闘時、このキャラクターの「勝率」に「+20」%の補正を加える。
           さらに同ランク以下に「○○の加護」の効果を無効化することができる。



○対粛清: C
   『神罰の野猪』を倒した事で得た特殊スキル。世界を守る証、対粛清防御を得る。
   無条件で物理攻撃、概念攻撃、次元攻撃のダメージを自身のHPのランク分、軽減できる。

   [DETA]  敵陣の戦力値に「-自陣の戦力値の0.3倍」点のペナルティ修正を加える。
          この補正は他の「戦力値に±◯点」する効果が適用された後に適用すること。
          この効果は「戦力の劣位」を得る毎に「0.1倍」ペナルティ修正を軽減すること。
          敵陣に存在する「神性」のランクにより、以下のように劣位を得ているものとして扱い、
          さらに戦力の劣位を得た場合はペナルティ修正を軽減すること。(B以上:3劣位/C:2劣位/D以下:1劣位)



○勇猛:A
   威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
   また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

   [DETA]  【筋】【耐】【敏】の内、最初に選択されたこのキャラクターのステータスに「+10」の補正を与える。
           また、1戦闘に2回、このキャラクターがペナルティ修正を受けた場合、それを「10点分」まで打ち消す。



○冥府の鎧: A
   光り輝く冥府の甲冑。大英雄ヘラクレスをも恐怖させた強烈な威圧を周囲に放つ。
   死者のみが身に纏う事ができる鎧で、この鎧を着ている間は生者を傷つける事ができない。

   [DETA]  敵陣の全てのステータスに「-10」のペナルティ修正を与える。
           敵陣にサーヴァント等の霊属性を持つキャラクターが存在しない場合、この効果は無効化される。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5767 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:21:42 ID:7hYQaBjM0





                          ヘ(ゞーヘ)ミvヽ
                         /ヘj.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,ゞ
                        ノ).,.,.,.,.,.,.,,,j"ヽ、.,.,.,.,ソ
                        )ヘ.,.,.,,ヘ''''´ .ヽ、 t彡ゝ
                        ,ノ,.,.,.,.,ヾi   ゝ .イ .ノ__
                   ,-─-、_ソノ;:;:;::ト  ヽ、 」 ..ノ`
               ._∠´_ /  ̄\;:;:;:;:;:;:;:\__/¨
              ノ::>..〃 ⌒ 、  丶;:;:;:;:;:ゞ、__
           ,,ノ:::::::::::::::::::::\   ソ__/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::) _,ノノ:;:;ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:\∥
         /:::::::::::::::::::::::::;,---下</:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)
        /::::::::::::::::::::::ノ'    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、__:;:;:;.ノ
      ノ::::::::::::::::::::::ノ      !:;:;:;:;:;:;:;:;:;く;::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ソ´
     ,/::::::::::::::::::/        !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>´;;:;:∨:;!
;\  〃´::::::::::::::/          !、:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;_!;;:!
\;/:::::::::::::::::::´            ゝ、:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:i::;卜、
  ノ, , ,  '':|              !:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;+ゝ:::`ー-、___
  ! ! ! ! 人 |               !====a:;:;:;:;:;:;:;\:::::::::::::::ト、
  `-.!__! !;;\ <二≡≡≡=≠≠≠|::::::::::::::::::::::『ギギ日レ! ̄マ≠≠≠≠≠
     'ー'´\;\             |____,;-―〈::::『ギギ日`::::......ソ__
        \;\            |::::::::::::::::::`X{:;:;!:;:;:;:;:|;:;:∠/;:;:;:;:
          \;\           |:::::::,--<´:::::{:;:;:;!:;::;:|;:;:母;:;:;:;:
           \;\          |-":::::::::::::::::::{:;:;\ノ;:;:H;:;:;:;:;:;:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

 カリュドーン
『粛清の双角』
ランク:B+  種別:対人宝具  消費魔力:0

   数多くの英雄が仕留められなかった『神罰の野猪』を仕留めた投槍と手槍。
   与えたダメージと同じだけ、自分の生命力を回復することができる。
   元々は攻撃した対象の痛覚を刺激し行動を阻害するだけの能力だったのだが、
   『神罰の野猪』を打倒した事により、猪のスキルと同等の神威が槍に宿っている。

   [DETA]  自陣が「戦力の優位」を得た時、以前に劣位を受けているステータス比較の戦力値に
           「+優位で得た戦力の差分」点の修正を加える事ができる。
           ただし、最大で比較の結果を「引き分け」にするまでしか加算できない。
           この効果で戦力の優劣が変化した場合、勝率の再計算を行うこと。
           また、「サブ」で参戦した場合でも【筋】【敏】【宝】のステータスを半減せず使用できる。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫




.

5768 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:22:43 ID:7hYQaBjM0





                   ト、   j: : : :ー-=チ: : : : (   弋㍉             /ミミ㍉/
                从ミ辷ニ三: : : : : : : : : : : : ヽ、__j: : :',            /㍉ミミ/
                   Y代ヾミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〉           /ミ㍉ミ/
                ∧ヽヾ㍉: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト′ .       /ミミ㍉/
              弋ヘミヾミ斗: :: : : : : : : : : : : : : : : : : :.レ/´        /㍉ミミ/
              ≦辷ー-ミ弋: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/       /ミ㍉ミ/
                `込ミミヾ. `¨`㍉''ヘ::イ'''¨´ア: : : :.{       /ミミ㍉/
               \=ニ三テ`      |::j  〈: : : : :.ル'      /㍉ミミ/
                 ヽ:.:ミ′\_      j/ _∠ ヾ: : /        /ミ㍉ミ/
                  {㍉ ーt:::テ≧  /≦r::テー Yヘ.      /ミミ㍉/
                 弋.ヘ ・   /´`¨        ∧.j     /ミ㍉ミ/
                   ヽ',   (′ : |     /彡′    /ミ㍉ミ/
                   从       j     人      /㍉ミミ/
                       イィ:.:|\  ー===-  /代ヽ    /ミ㍉ミ/
                      ((  \   ̄ /  j从    /㍉ミミ/
                  ,..<|>ー= ー一'r彡'': |、____/ミ㍉∨─---
               -一': : : :.| .: : :.∧ .//: : : : : :∧ニニニニニニ.l}ニニニニ
       -─-一={  -<_  .:.:.:. .: : : ∧//: : : : : : : :∧ニニニニニ ||ニニニニ
     /         |ヽ、   `'ー<:.:..: : : : :∨: : : : : : : : : :∧ ニニニニ.||ニニニニ
  ./         |   ` ̄二: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧ニニニニ||ニニニニ
  /          人 .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 込ニニ.jjニニニニ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

  モイライ・ハンド
『誰が為に運命は決す』
ランク:A  種別:対人宝具  消費魔力:50

   モイライの三女神から受けた死の呪いにして不死の祝福。
   ランサーの命は「薪が燃え尽きるまで」と運命の女神から定められており、
   宝具である小箱に入った薪に火をつけて燃え尽きるか破壊すればランサーも同時に死亡する。
   だがこれは“薪が無事なら死なない”という結果が先に存在する因果の逆転に他ならず、
   死に至る傷や呪いを受けた時、即座に身体の時間が巻き戻り死の原因を消し去る不死性を得る。

   因果律の逆転に守られたランサーを倒すには宝具の加護を上回る神性の持ち主による攻撃か、
   あるいは薪そのものを見つけ出して破壊する以外の手段は存在しない。
   なお、その生涯において自らの運命を常に他者の手に握られていたランサーには、
   彼の運命そのものであるこの薪を所持する事ができない。

   [DETA]  戦闘の敗北時、この宝具を使用する事でランサーの陣営は令呪の消費無く撤退できる。
           この効果は敵陣に「A」ランク以上の「神性」スキルの所有者がいた場合、その戦闘の間効果を失う。
           また、この宝具を破壊された時、ランサーは無条件で死亡する。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


※宝具をマスターの令呪に収める事も可能。

5770 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:23:59 ID:7hYQaBjM0





        \: : : : : : : : : : : :/: : : : :/: : : : : : : : : ./ : : : : :/
        _\: : : : : : : : :/: : : : /: : /: : : : : :.:./.:.:.:.:.: : : /_                  /
        `ヾ`: : : |\|: : :i! : : : /: : /: : : : >‐ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./             /
           \ ミ〉 `^\:jj.:./.:.:.イ> ''"  〈:.:.:.:.:.:.:. : : :. ′              /
            : ィ     ∥ヾ'"´        ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:./             / |  /
            |ヾ     ∥    ,      / `ヾ:.r 、:/           /|  .| /ニニ
                い \_  \  ノ  _,,..ィ´    ´r: }|           イ   ! ./ニニニニ
            ヽ! r气テt::〈 、{ '¨´'弋歹¨>   /: ,小._,.ィ      ./ |  /ニニニニニニ
             _:,・  ̄   \     ̄     _/:.:.:r―'"    ./    /ニニニニニ/∨
             ´ :.      | 《         / 「:.:.:.:.|     /    /ニニニニニ/
          /     丶     | ::`ー‐     / ,′\|    ,イ{.  /ニニニニニ/
           /         \  ヾ::       / /:::::::::::::\ /ニ| ゝイニニニニニ/
.         /      / : :\ー ー―一 /'  /::::::::::::::: ィ´ニニニ|ニニニニニニ./
         ′    /: : : : : : :ヽ  ̄   / / /:::::::::::: / | ニニニ\__/、
        ,    /: : : : |: : : : : ヘ ー‐ ´_,,<:::::::::::::/ニニ.| ニニニニ/ : : : \
        / .:::::::/: : : : : : :! : : : : : :ヘ  /:::::::::::::::::::,.イニニニニ∧.ニ/: : : : :__\
.      / ..:::::::: i: : : : : : : ‘, \: : : | /:::::::::::::::/ニ{ ニニニニニ/: : : :  ´  : : : ヽ
     / .::::::  |: : : : : : : : ‘,: : \:j:'::::::::::::/ニニニ:、 ニニ./: : : : : : : : :    ‘,
      / .:::    |: : : : : : : : :/ : : : : : : : : :/ニニニニニニゞ/ : : : : : : : : :       ‘,
.    .′:      | : : : : : : r'’ : : : : : : :./ニニニニニニニ/ : : : : : : : : :        i
   │       .::| : : : : : : | : : : : : : /ゝ=======./  : : : : : : : : : :         |
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

・好きなもの: アタランテ 妹
・苦手なもの: 母親 INOSHISHI
・聖杯への願い: 薪を破棄して自らの手で武勲をたてたい。己の手で運命を切り拓きたい。

【解説】
   ギリシア七英雄が1人。ギリシャ版モンハンこと「カリュドンの猪」の中心人物。
   アイトリアのカリュドン王オイネウスと王妃アルタイアの子。
   実の父が軍神アレスとも言われていたり、ヘラクレスの義兄でもある。
   生後1週間の時に女神達から高貴で武勇に優れた人物になると祝福をうけ
   同時に1本の薪が燃え尽きるまでの命と言う呪いを受ける。

   母アルタイアはその薪の火を消し小箱に入れて大切に保管すると
   剛勇無双とうたわれるようになり、イアソン率いるアルゴナウタイに参加し見事に凱旋。
   父のオイネウスがアルテミスへの生贄を忘れたことで、アルテミスが災厄として解き放った
   カリュドンの猪を見事に仕留めるが、その際にアタランテの事で叔父達と殺し合いをしてしまう。
   それを悲しんだアルタイアが小箱の中から薪を取り出し炉にくべると
   戦いの最中にあったメレアグロスは苦しみ、薪が燃え尽きると同時に敵に殺された。

   その後、ヘラクレスが試練を果たす為に冥府に赴いた時、
   亡者たちがヘラクレスに怯えて姿を見せない中、冥府の鎧をまとって登場。
   ヘラクレスに一人残された妹のディアネイラを娶ってくれるよう頼み込む。
   地上に帰還したヘラクレスはメレアグロスの願いを叶え、ディアネイラと結婚した。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

5773 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:28:15 ID:7hYQaBjM0





             , - ‐ - 、
         ,‐-v ´:.: : : : : : : :`ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.       /: : : : |: ::|: : : :.:.: :| : : .|:.:.:.:.:ヾ゙:::‐ 、_
      /: : |: : :|:.l:||: |:l : l : :| : : :|、:.:.:.:.ヽ:::::::/
.      |: /::|: : :|: l:| |:|::ll:__l::.:.|:.:.: |ミ 、:.:.:.|::::<
      |::/: |: l: _l,,_:| .|| ´l_ _`lト:.:.|ミミミ-:|:::::ノ
      |/|:.:|:.:.l´ .`| .| ´l ::`lヽ:.:|:.:.゙゙ ´|ヽ|´       AA共通点:
      | .l:.:|:.|:.:.:r‐‐ト   ヒ::ソ|:.:./゙):.:.:|:::l-       ・双槍使い
       |: :|: :|ハ、 r ヽ  /::/ノ:.:.:.:|‐‐ゝ       ・間接的に女が死因
       /|: ||: レ ゞヽ、_ イ::/: : : /::| .r‐i       ・頭がお花畑(騎士道VS恋愛脳)
      //;ゝイ ; ;.;.;.;.;.|///ム、:.:/:.| / /       ・INOSHISHI
     //; ; .;.;.;.;.;.;.;.;.;.|´ / /\リ-.l .l
    /´; ; ; ;.;./;.;.;.;./;.;.;.;.| /;.;.;../:f´   ヽ      ―――だそうですよ?
  /; ; ; ; /;.;./;.;.;.;.;/;.;., イ;.;. ;./  f し   )
/; ;|;.;.; ; ;./;.;/;.;.;.;.;//  ̄ー/  |  |ヽ  /
;,; ; ;|;.;.;.;.;./;.;.;.; ̄___>    //   | ./;.;.;\イ、
;.;.;.;.ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.;/      ヽr   r‐゙;.; ; ; ;.\\
;.;.;.;.;.;ヽ;.;.;.;.;./        | 丁 ̄;./;. ; ; ; ; ; ;.;.;.;.|
\;.;.;.;.;ヽ;.;./         > /ー;.;.;.;.;..;.;.; ; ; .;.;.;.|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ はい、安価の途中ですが少々頭が回らなくなってきたので
┃ 本日の投下は以上となります♪

┃ 幸運が高いうえ、“自害しろランサー”が効かない素敵鯖ですメレアグロスさんは。
┃ まぁ、そんな茶番をしなくても死ぬときは死ぬんですが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.

5774 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/01/02(木) 02:28:51 ID:7hYQaBjM0
では皆さん、お休みなさいー。
関連記事
2014-04-21 : 【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示