fc2ブログ
クリックで開閉

☆凜冒険者シリーズ二次創作 ねらう緒は冒険者の稼ぎで女を囲うようです。2-1


ここの板の基本ルール(2013年9月改定)
1 本スレでの予想は禁止、雑談は基本避難所で
  →内容が投下内容の本筋に沿わないもの、3行以上の長文等は禁止です
    安価付雑談は全て避難所でお願い致します。
2 補足説明はok
  ・そこから発展した議論と雑談は避難所でやること。
3 誤字、脱字に関する書き込みは推奨
  →訂正元についての安価をつけて下さい
4 自治不要
  →違反者はその都度☆凜(>>1)が対処するから自治レスは禁止

その他、雑談所で自重するように言われたもの
*共産主義、資本主義等の**主義関連、宗教関連
 その他加熱し易い話題は禁止。
 他スレの話題は常識の範囲内で許可。
みんな仲良くの原則に外れそうな話題はやめましょう。

作者さんより 「少しの気遣いでみんなが幸せになれるという事です。」

追記:考証、議論専用スレが出来ました。アドバイザーの皆様はそちらへどうぞ。


ねらう緒は冒険者の稼ぎで女を囲うようです。1


4108 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 14:58:34 ID:FQl3p/RM0


 ─ ねらう緒は冒険者の稼ぎで女を囲うようです。2-1 ─









                 `ヽ、
                     :::\
                       ヽ
                   ヽ   ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ハ
:::::::::::::::::::::>'"7:::::::::::/|::::|ヽ:::::::::::::::::ハ::::::::ハ
:::::::, -─<   /::::::::::/ .|:::| ヽ:::::::::::::::::l::::::::::l       (先ほど言っていたことと違う……どういうことだ……?)
∠´     ヽ ム__:::::/  |::|   V:::::::::::::l::::::::::j
    ̄`~ヽ `y l:::/  .|:|__ .V:::::::::::}:::::::::j
  ヽ、    l/ /::/-  ̄|:|   ̄弋::::::/二ヽ|
、   l   /イ´:ル'_____」|___|ヽ/|┌j l
_ \. L/ /レ゙ .' ̄|「::::::::::|「 〉 |::::::|///
i ノ`'´  ∧.       ̄ ̄ ̄ ´ l:::::::| /
二__,イ }            }:::::::|く´
        } r、         .,ィ::::::/ ヽ



  あらすじ:
  冒険者デビューのまえに先輩冒険者を護衛兼指導者として雇い、ノウハウを手に入れようとしたねらう緒。
  しかし、ナルホドに「手頃なソロモンクはいなく、パーティを組んでいるモンクを一人だけ紹介することはできない」と断られてしまう。
  これはやむなしと腹を据えて単独でスライム退治に向かおうとするとナルホドに呼び止められる。
  なんとたまたま暇していたというモンクが訪れたので紹介してくれるというのだ。

.

4109 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 14:58:57 ID:FQl3p/RM0 [4/50]


 ____   ノ〉
    .,ィニ= `¨¨:/z‐ーァ
  /   ,     __ :〈
 フ_ ィ  /iイ从;;.l :∨\_
  ̄ム|:/__:|′ |ハⅥ < ̄
///  |/ ̄`ヽ.|lⅥハ|
//., |l |  、   .||从.∧
ーri| l :lⅥ. 《¨lミ、.|ハ.ハ`ヽ        ああ、うちのトップ──
从屯∨:l:ハ〉 弋}l.|//|ヽ〉
/从ミx∨|l     乂::|         めだかちゃんのモットーは「見知らぬ他人のために生まれてきた」ってものでよ。
   ハ.∨〉       从
   l :∧.   \_,ァ 人ト|        こういう初心者支援や炊き出しみたいなことはちょくちょくやってるんだよ。
   |:..:::.ヘ.    /
l\、|l:::::::::__:...、 j            Dランクを雇ったときの相場でかまわないぜ。
  \:::/  `¨¨
\   \_
∧\  ./}fi  ─ 先輩冒険者・善吉 ─
//\\://从











                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


.
4111 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:00:35 ID:FQl3p/RM0 [5/50]

 ─ 門近辺の草原 ─

                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ         おいこら、小学生の喧嘩に高校生連れてくるようなもんだろ、これ──
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~





                                ___, -―- .、
                               , < `ヽ       \
                            , '  '⌒  、_   、\ヽ ヽ、
            _               .ト--'   /     、   `ー--ィ≧
       /'〉/ソ              .>   l l ヽ ミx从.|、ト、≧<x≧≧
      / // /, -――ァ       /イ , .||l .ト、ヽiトミメ'}.ハ.}.ィ}` ヽ, Ⅵ≧
      ', V  レ .,'´ ̄´           / ∠.i.ヽヽトl \ト、 ノ'/__}! / |.{`ミ≦`
       i ノ / ,ノ '´ ̄ノ         ノ ' }/.!.l ヽ`ーミ、 、〃,ゞ'/!/ /A}'´           おっ、いっかくうさぎか。
       |、l| l   / ̄           |l|.|!l、ヽ` くゝソヽ     /|/{イ{.l
       Y} |! | |                |从i|l、Ⅵi、   }    //l_Ⅶ-、.__         先にスライムと思っていたけどまぁいいよな。
        ||   |              ノ .Ⅶl}|`}l| ヽ .ィニ=‐ イ/ ,ィ‐イ:/
..       l|   ノ                Ⅵl     ,.-ヽ.. .イ/ ////:;' ,' /
        .'|  ‐'|__               Ⅶ  /_ Vイ<  //:〈/.::! i ./ =-
        〈ー‐ ' .|>:l              _,.ー-r‐| /.:>〈:ハ ', //.:::::::::/ ,'/__
       ,∠}、..x<::/|              /.l .//.:::::`:'|/ヘ}Hミ/ ,ハY/ ≧=‐-.ハ_
     />'.:::::::::::::>イ           / .!,' |:::  < ^,':::::::|'´ V >、    \ 、_
    /.::::::::::::::> ´   |       _ノ   レ<三ニ= ,'.::::::;'    ○ /     ≪ >
    |:::::><三ニ=  .l、_    / `ー 、_ l', /○  /.:::::/     イ     ....::/
    | ̄     ニ=   .ト、V‐ <_      _..'ハ ./.::::;イ   / 〈       , ′
    |          /|  ト、_       .二三><::::::/リ ー '   }   ./   ※ 本来、初心者エリアに居てはならない人物
    .',        .//.l  \    _><:::::::::::::/ //  /   ,'   /

.

4112 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:01:00 ID:FQl3p/RM0 [6/50]


        _/    、.l./|イィィlィ ;i/x _≧=-
      ー<z彡__; . i/レ\ ′: 〈/'| j、|. \
    =≦三ニ彡/.l {i<¨ト.〉 l.  }イ/ . _\
      ≦三イ7.ィ{ lハ}. ゞ'゙ ´ i.ィ=‐{′ ト〉 ̄
        .ヾ\_〉Ⅵ     、..ノ で乂;.|  ’
        .刈}l}从.  `     /,ィ::l| |ヽ|
 r―ミ   ,ィミiリ  ::.,     ´ イ从:::| |
≦ニ≧x\¨\.  >:::ヘ.   , <〈/ Ⅵノ         こいつの武器は言うまでもなく鋭くとがって目立ってるこの角だぜ。
////ヽ'/ヽ`Vへ   :>ニ/       }リ
'////∧'/∧.∨/\  ./.〈 ̄ >,              案外知られてないけど、こいつの突撃は馬の後ろ蹴りみたいなもんでよ、
'/////∧'/∧. マ//,ヽ./ヽ_}_;く .リ
///////i///,\.\'//ハ '示i∨|、_                実は草食系なもんだから噛みつき攻撃はしてこないんだ。
三ニニ彡}'/////\.\'/∧}:::Ⅵl| |'/>x_
三三ニ彡////////,> .\∧::::}l〈/// .//;}           もちろん、うっかり指先なんかを口にいれたら危ないんだけどな。
////////////// /\\〉:|/-‐' イ//;|
'/// ∨///// 〈//////} r'/∧∨//ハ
//   ヾ/// rxヘ. ∨////乂.〉//;'.ハ'//У ̄\
/     ∨ ///∧ ∨////,}.}'//{ i'//     \
        ∨///_∧ }/////|.|//,|/'´    x<./
        ∨////,} |'//,=ニ|.|//,|!    ,.イ///∧
       .:}/////| |/////{i乂/|! .////////ヘ
       .:|/////| |//////{.{//〉〈_,ィ}////////〉






                       ト、
                  _乂 >-rト、v‐〈ヽ- ‐、_
               、___〉`ヽ /, |.:./   } く´ ̄ヽ
                \  /´ /イ ,ィ从 l从トv、ハ} 〉 ヽ.∧
                 ィ>イ  /|/  Ⅵ     |l/  .‘;. \
                ̄¨フ 〈ィ ト、|      /     Ⅵ . ト、ト、.>
                ./ . /l|从_}\:.、  |   __,..:<}从 | ` ∧        あとは、突撃の跳躍力を生み出す脚が警戒対象だぜ。
               ./―ァ |   |ィ示ミ  乂イ¨__   |/ .| ∨.〈
                   /イ | |!.弋{シ  /    `ミ≠ /   .lト〉 \      俺も一度足を踏まれたことあるけどすごく痛いぜー。
                    〈./j人_ト、 〈    |:.       /./   | \ 〈=-
                   ,’/.::::ィ从、〉   __     彡’  .ハト.〉.:∧ト.〉     俺んときは魔法で治せたけどな──
                    〈://〈;人::.   | `ヽ   /,..イ}/  ノ从∧
                      从.   |___:j ../イ∠_...ィ彡'´ ̄ ̄
          ,.- 、          .}ヽ        .イ ./.:::ハ}
        r‐≠=ヘ >:..     ,-―'ミx>.--..<   /从j〉       盾で体当たりを受け止めたもののコケてしまったところに、
        /   `ヽ∧ ∨::::>/、        `¨ ミ、 .;′
        ,′   :,:', ∨::∧ ∨ヽ       /| i> 、__         着地ついでに蹴られて内臓破裂──
       _,′    :。 :', ∨:::::\〉:∧     /、 乂| .x<{
     rく〈:._    :,::', ∨::::::::::::::∧     ./\::〉〈イ  l|       なんていう、もっとひどいケースの報告例もあるから気をつけろよ!
    ノ           , ,. `¨¨¨¨¨ ̄∨  .∧:::∧:::l::ト、 .l|、
   ./           ., ー―==ニ二 \_/、 \:::〉:‐{:ハ .lト:>..、_ .  
  /            l彡               \ `}::::::∨`ヽ〉、`ヽ._|¨i、




  善吉の経験に裏付けられた教えを聞き逃さないようにねらう緒は集中していた。

  聞こえているという証に相槌を打ちながらも情報の分析に余念がない。

  一を聞いて十を知る、という慣例句はあるがそれはこういう真剣さがあってこそできることなのだろう。

.

4113 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:01:22 ID:FQl3p/RM0 [7/50]


                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ         あの、戦闘中にぺらぺら解説するのは漫画の中だけにしてくれませんか?
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~






                           、__ト、_........ _
                       ー=x‐`       \
                           冫         ';
                      /.::,イ.、\     、 `≠‐
                        〈/}:lⅥヽ〈/ 从l从)`乂〉
                        /イi从ノ从/.:::::::::/                知るか。──さてと、やるとしますか。
                          Ⅳl.ヘ、从トAハ入
                        |! f'´__................∧__               こいつらはこっちから攻撃するまで敵対しないが、
                            __x≦z_      .ノ.`ー .、
                      ./、 ミ=-      / /  /ハ         たまになんらかのイレギュラーで、
                     / .ハ  \         ./  //  ヽ__
                     ,’  ∧   ヽ     /  /    .-=ミ、   .   向こうから襲ってくることもあるから油断は禁物だぜ。
                    ノ      /            .<       \__
                    ./   //-=ニ二      /  ̄ ` ミ、       \
                  ,.‘   .,.‘.V:\       ., ′      ` ミ、    `  、
                  , ′  .〃 |    /   /   _____.  \      ¨\
                     i    /j′  |     /  .;' ィ三三三三三三≧x\__       .ノ\
                 .';     〈   .从./       l 〈三彡'´       _...>:::::\__ / .o人__
                 ∨  .∧ .メ、    ./   .';           /.::::::::::::::::::::::::::::>≠、_ .〉
                   .∨   |\  <_.l_  彡 〉         __/./.:::    ̄//..:::/ ̄∨ヽ
                 .ト、  .ノ\_.....   __x≦x    ,...:::´:::::::::::/.//   ://...::/    |:::::|
                   ヽ /.\::::::::::::::::::::::::::::::::::从,..::´:::::::::::::::::::://  .//..::::::/      /.:::/
                   ト从::::::ト:::::|:::::::::l::::::::::´::::::l:::::::::::::::::::::::/    .//..::::::/    _./ /

.

4114 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:02:00 ID:FQl3p/RM0 [8/50]


         ___爻≧x.___
          `ヽ  __>‐、 __ .__`ヽ
          x≦彡 .ィ       \ \ハ
          /≧. 〈 从. |从メ| l.'; 、 >\
        / ./ イ| l刈. Ⅵ  /|ハハ_r=-<_
        ´ ̄イ .从lト、  l ./ .メ、|l ハト〈
            .ムィl lハ弋tッミ vイrッ才/从.〉
            .|从ハ、 ¨ }    ̄〈イ                    こいつらくらいなら助走をつけて攻撃する必要はねぇ。
            /乂| |l::. _ヽ_, ,ィ/|:ハ、`:..、
           / .ノ l 乂、ヽ. ̄/./.:/ : | `ヽミl、            そうしなくたってダメージは通るからな。
       ./ ./ .∧  >ミ::_:.:.:.:/  .l -=ミ/.:;
      ,_’ /    ∧   .:/乂/⌒ヽ/ ,ィ- .メ         下手に足をすべらせて転んでしまったときのほうがヤベぇのよ。
     ;´ ̄`ヽ   ;  .Ⅹ ̄`Y、`∨/ |\ / ¨,
      |    ∨ |::./ 、`ヽλ .:〉   ヽ人__/ .l';
    ..ノ    .. ∨レ'/ 、 \_/./ .;    /八__,z |ハ、
.     f’¨¨__  ,.-/ / \./¨  i    .,'_  }、 ̄ ハ     .   こいつの角をもろに食らったらまずいってのは、
    ./   ,ィ.::/ :!   rz..ノ    ;   /.ハ .}、―  .∧
  ./ニ≠'|l _ ゝ-r' ̄   _ ;:./ /.リ ∨{       〉       Cランクあたりになっても変わらないんだぜ。
        \__.ィ'′ ー- . .. |/./ /!  .∨       :′
          _/ ` \     :〉  ./人   ∨   / l;′
        ./ .∨        | / ,::.ヽ.  ヽ __.ノ
      ._/    .〉\_     く  /  .|、
    ̄         〈\  ヽ _   .ノ/   / .; \
             /ヽ ゙        .Y .//  从_






              .,..:-   ̄ ., - 、     ./イ
           /     ./      ー-、 ゙≧x
          /    __ /  ./ :/:; ./.:/   ∨  \
        /    ̄フ¨  ./イ|l |/|ノ|从 :ト〉< ̄`
     -=≦ニ二ィ  /  ,   |从ト、  |乂  .ト〉
       乂三彡イ/::イ⌒i   l | .zx \,.从 _∧
         \'////l∧乂Ⅳ:|lト〉乂弋ッ〉:l::::|l、|:ヽ〉
          ヾ///lイ乂_ :∨l|      乂l| ヽ          だから、こうやってゆっくりと近づいていって──
            :)'//   ∧ Ⅵ       イ:l|
          .f¨:く〈    :l:∧    -== ィ从l|
         /   .\  |  :>...   ./  .:リ
        /\、    丶:〉   ./、`.¨
       /_rヽ\、     :>く|:.  >f
    .イfr'':   `\\ト、   ./l|l〉/..:::lト、
.  / /⌒        \ . /ヽ|'/ノlト、:l| })> 、   ジリッ
. / )‐ _¨¨¨`:∨   l     , -ミ_>-、ノ  l| ′ ハ     ジリッ
|{_/       ∨ ;    /._//  ゝく        ;’:l|  _
|      ノ  :∨l../ .;′ ./ /  :}、   l :;'/:人/   ヽ
r′  /    //:l|:..     /  :l   :|/:′ィ{ / ., . \

.

4115 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:02:21 ID:FQl3p/RM0 [9/50]


                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\          おうっ、こうなったらやったるわ。
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |           高校生がなんぼのもんじゃいっ!!
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~
                            ヒョイッ






                    `     '
                      、   ノヾ     '
                      )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
          ------- ―== ニ ニ二       二ニ ニ ==― --------
                       )     (
                     , '´⌒`Y´⌒` 、
                          ,     \

      [ いっかくうさぎは 善吉の のどをめかけ つのを つきだしてきた!! ]








         \\ \\∨∧ ∨∧.     //  /
      /|.      \ヾミ>ヽ∨∧ ∨∧.       〈/   __x≦
   / / l|      __\                ´ ̄ ̄  /
 /{イ /l|/}_, ≠ ./、,,,,;〉、        _           ≠≦二
  ._/才     /_ノ7、         ./ノ´ ヽ.      _x≦三             ある程度近づくとこうやって突撃してくるから、
 .:´ .イ=- ̄>x_  /〉 \__   /⌒´     ∨      ̄`ヾ、__
 .:.  `   ∨ ≧x>ミ、   .ヽ..   __ ∨        `ヾミ、        斜め前に動いて、かわしながらすれ違いさまに殴るんだ!
  、  :| :トト、:';_ r> .≦    .:∧.::Y´   ヽ:}     〈、__ < ̄`ヽ
.:| | |:ト、:|ハ〉: `| ヾ〉\ \¨フ./  乂| , ⌒ヽ〈 ....  、. \  ̄`ヽ
l乂lN: |  ';. l|刈Ⅵ≧=-->′  ;.∨;:   :\::〈\\:.. \
\_>  \ ⅥУ:|从l<¨¨7ィ   ./|〈 .::     ::.|\\ :\ :\         落ち着いてやれば、十分見切れるスピードだからな。
 〈ミ、___}.:ハ  ハミミメ、/ /..:/:∧'     ::ト、 .\\ . \
\ミメ‐=ナ    \ :|-...、//  ./:/.:/  :;:::   ∨\. \\              慣れてきたらかわしながら追いかけていって、
 ..\ ̄´       ,. |\_ /.|l /. ̄ヽ} :/     ';.  \. \\
.ト、  `ミ≧z  〃 ._|/.:.\_ ||:ノ ./ /ノ /ノ      :';  ...\. \\      .    着地際に叩き込むことで大ダメージも狙えるぜ。
:>≠=≧.`ヽニ7コ / ::、:..\(_ >'´ ̄ ..:     ..: :|    .\. \\
    ≠'´ ̄≠ニニニ≠ー‐<  ̄ ̄ ̄       ..::: ::|

.

4116 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:02:41 ID:FQl3p/RM0 [10/50]


                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\          まだやっ!
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |           こんなものでワイは沈まんでっ!!
      | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\  プルプル
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~





                                        /}     /〉
                                   / {  / /―― __
                                  {  .;' /| / ./ /  ̄ ̄ ̄
                                 ト、 . i .i |;/   _./ , ― 、 _
                                 ∨Ⅵ     /\ ― _/>
                                  乂ヾ〉        _,.イ、_
                                 ー=〉 ∨   <ーx三≧=-一
                                    / ./{ ト、  、〈__メ、 \〉
                                  ,r‐.l /|/ 乂ト、  ̄∨刈ト、 \、
                             / '; :|.i|  ト、\\ ∨|ト〉lトxト> .     あるいは──
                            / ̄i/  :;.乂.∨ ∧::N {ー\〉メ´リ::: Ⅵ
                          _  イ   .乂  ∨. ∨ ∧ゞ} ヽイt::ツ¨ア }l      角よりも人間の腕のほうが長いから、
                  _彡'´三二ニ=    \. ∨  \ 〈}/   `ヽ`¨´__ /
              x彡'´   '´ '´      `  . \';   \>.、___ .〈  `>       リーチ差を利用してカウンターするのもいい。
            /‐"    ―――-   、     、`.     \ハ`ー`ヽ>イ:
        _//〉                `  、  `ヽ     〉:ハ--.<`>、
      /////              ̄ ̄_   、 ::...、 \     ∨    ̄.>
      ./ .r'///      ......:::::::::: ̄>‐ ´ ̄ ̄ ̄ ¨` < \       ∨ / /        蹴りのほうが楽だけどよ、
     /.::::|:l::l i         > ´              `>ミ、     ∨./\
    ./,'´:::|:| .人       /                    .\         \      そっちは押し負けないように足腰鍛えてからだな。
    〃   从;...... >x__/イ                      \
   |._ミ、  \≧三三彡' /                            ヽ
   |  ヘ  ./'´''''''''''´ ̄                                、
     ̄¨ 'ー′                                 ∧
                                             ∧
                                            ∧

.

4117 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:03:14 ID:FQl3p/RM0 [11/50]


           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i          はぁ……参考にさせていただきます。
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::ナミ.l::ル.イ¨Tアl「Y:::::::j
      l:::::::::::::::::/ュソ .レ' ク,ソノ |}.ノ:::::/        (いやいや、あの尖ったツノが迫ってきているのを真正面から殴りとばすとは──)
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、  ⊂⊃ ., '::::::/           (そんな度胸のあるやつはそうそういませんって)
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ            (一歩間違えれば串刺しだぞ……)
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}





           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::/rr.l::ル'--rrァl「Y:::::::j       (まぁ、皮製のブレスト・アーマーでも手に入れたらやってみるけど)
      l:::::::::::::::::/ .l」.レ'   l」ノ|}.ノ:::::/
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/         (流石に保険ないとやるつもりはないし、やるべきではないな)
.      レ' ヽ::::::|、   _   , '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}

.

4118 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:03:54 ID:FQl3p/RM0 [12/50]


        /                \
        /./                 ヽ
     //                    i
    /::/i::::::::::/::::::::::::..          ..:::::::::::::::ヽ
    .i::/.i:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::',
     v i::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ::::}. \:::::::::::::::::::::}
     i:::::Y::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::/   `、:::::::::::::::::l
     .i::::::::!::::::::::::::::::::::::::/  ./:;ィノ \_ `、::::::::::::!
     i:::::::::i:::::::::::::::::::::::/__/ レ゙       l:::::::ト::i     (とはいえ、駆け足でいくというのならスライムばかり叩いてるわけにもいかん)
      i::::::::',::::::::::::::::::::{__,    `===゙イヽ:::i V
     {::::::::ヽ:::ト、::::::::::| ̄ ̄   、    /:} ハ:::l    .   (収入と経験値を考えるとレベル1のうちからうさぎ狩りをしたいところだ)
     {::ト、:::::ヽ!::ヽ:::::::|           /:/ノ .i/
     ∨ ヽl:::ハ:::::\:::|     _   //       .    (装備を整える・仲間を集めるあたりがセオリーだな)
         i/ / ̄ヽ!     ´ _ イヾ¨ヽ-.、
     , -― ―/ , ヘ !   `   .ハ.! /、_\ヘ ヽ         (あとは罠を仕掛ける、毒を使うといった絡め手になるが……)
    /-     //  l !  ヽ  / !/  `ゞ .l i
   .i  ヽ      / l ̄ ̄` ´ ̄.lヽ    i .i
    l  ヽ     /  .ト----- ― 'l .ヽ   i  |
    >  ヽ    /   l         l   >  i  |
   !    ヽ   ヽ  l        .l  /  .i  |






                          -―- 、 /__  / / ヽ !\ト、 |ヽ!ヽト、 ', l  ヽ  \ \_
                         /      ヽ´ ,ィノ ィ .l  ト(   ヽ   _,.斗', l   ヽー- <-‐- 、
                        /       } /  /|/ヽ=ミL,_     /''´  |ハ  }   \::::::/     ヽ
                        ,    ど     ',/ /      ト、`゙゙'    ′,,x==ミ,| .ハ!ヽrミヽ:;′ .さ  .|
                        !    う    !´7/   l   ト、_,x=ミ   〃i}:::;j}ィ// / |_/::::::|   て   !
                        |    す    .| ′ / !:.、 〃 i}::;}`    `¨ /イ ./l .ノ:::/|    っ  .!
                        |    る     | .i /|i |:::::ト..,ト、`¨  }      / .,' /ハ/!:::く` |    :   }
                        |    よ    | .|/ |i リ::::::!::::ヘヘ  ヽ     /.// | ト、ヽ! .|、   :  ,′
                         .,    っ     ,′  |i |:::::ハ::| ヽ    _,. --ァ ,'/ ′  v=ヘ 乂    /
                        ',   ?    /_      !::;′ ';|   \ `ー´ //   /   ヽ_`ー ´
                         ヽ      厂     .|:;′       \   /  /       //ハ

.

4119 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:04:18 ID:FQl3p/RM0 [13/50]


           ,.-─:: ̄ ̄::─- 、         ((⌒))
         ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..,     〃
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   .o
      /::   /::::::::::::::::::::::::::::::::::;::ィ:、::::ヽ: ヽ
     /:   /  ::::::::::::::::::::::::::/ /::/ヽ:::::V ∧
     l::::.  i   .::::::::::::::::::::::::/¨ /::/ ̄`!:::::V::∧
     |::::::....l.....::::::::::::::::::::::::テ〒.{:iリ.行テミ::::l小/
     .!::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::/:::ソ V ク::リ.!イ/
      V:::::∧:::::::::::::::::::::::::|     ;   |::|
      ∨::::∧::::::::::::::::::::::|      _  ノ::|        どうする──とは?
       .∨ハ、:\ト、:::::::::::|   ´  . ´ V
        ヾ!ハ:::`ハ:\:::::| ___/
          / ̄ ̄ハヽ|   | ̄ハ
         ム___/ }.__  __| .ムム
        ,:r<   .,ィ| `´ |〈  `ヽ、
      / .ヽ   ./ |`ー‐'゙| V  「ヘ
     ./     ヽ  /  .|    |  ∨ l .∧
      ./     〉.∧ ..|    |  /  l ∧






                          ト、
                     _乂 >-rト、v‐〈ヽ- ‐、_
                  、___〉`ヽ /, |.:./   } く´ ̄ヽ
                   \  /´ /イ ,ィ从 l从トv、ハ} 〉 ヽ.∧
                    ィ>イ  /|/  Ⅵ     |l/  .‘;. \
                   ̄¨フ 〈ィ ト、|      /     Ⅵ . ト、ト、.>
                   ./ . /l|从_}\:.、  |   __,..:<}从 | ` ∧
                  ./―ァ |   |ィ示ミ  乂イ¨__   |/ .| ∨.〈
                      /イ | |!.弋{シ  /    `ミ≠ /   .lト〉 \      依頼人の方針ってのを確かめときたくてな。
                       〈./j人_ト、 〈    |:.       /./   | \ 〈=-
                      ,’/.::::ィ从、〉   __     彡’  .ハト.〉.:∧ト.〉     日が沈んで、門が閉まるまでに戻るってのは絶対だ。
                       〈://〈;人::.   | `ヽ   /,..イ}/  ノ从∧
                         从.   |___:j ../イ∠_...ィ彡'´ ̄ ̄  .    けどよ、他のことなら融通きかせられるぜ?
             ,.- 、          .}ヽ        .イ ./.:::ハ}
           r‐≠=ヘ >:..     ,-―'ミx>.--..<   /从j〉
           /   `ヽ∧ ∨::::>/、        `¨ ミ、 .;′
           ,′   :,:', ∨::∧ ∨ヽ       /| i> 、__
          _,′    :。 :', ∨:::::\〉:∧     /、 乂| .x<{
        rく〈:._    :,::', ∨::::::::::::::∧     ./\::〉〈イ  l|
         .ノ          , ,. `¨¨¨¨¨ ̄∨  .∧:::∧:::l::ト、 .l|、
      ./           ., ー―==ニ二 \_/、 \:::〉:‐{:ハ .lト:>..、_
      /              .l彡               \ `}::::::∨`ヽ〉、`ヽ._|¨i、

.

4120 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:04:37 ID:FQl3p/RM0 [14/50]


           ,  _ ̄ ̄` ー――z__,
          /_/ .,- _  ーァ _<く
         ,‘<   | / /j、..:| `Y  \ >x
      /∠_ / 从{イ/从|/|Ⅳ|ハ .ト.〉_z=⌒
       / / .〈/ |/、. ′ ′  |,从 |  r\
     .乂 .〈/,ィ  .l|__\   }  _/从ト|∧ト〉
    ./イ厶/}: l≪{::::/`ー' /‐x、ノ .j|.|ト、.}
    ⌒マ乂_Ⅵ.Ⅵ〉¨    i. ゝ' イ.イl州|.ト|
       〉ハ∧ヽ〉      }  イイ从;{l|ノ
       〈./} :::..`   _   /〈j∧Ⅵ        俺がスライムやうさぎを戦うところを延々と見せ続けたっていい。
       x=:j  ::.\. ´ ̄` /     リ
       ,′ >x :.:`>.--イ{、            序盤の金策に役立つ採取スポットを案内してもいいし、
     /\    >x__./{_ノ{、
  .x<:::::::::::..\    /∧/ハ }:::.、            うさぎの解体方法なんかを教えてもいい。
<⌒>::::::::::::::::::.\  ./.ヽ_.}x∧.|:::::>.、
:::::::::::`ヽ \::::::::::::::..\| 、 }:::{.:.从:::::::::::::::>x
::::::`ヽ:::::::\\:::::::::::::::::::乂|::::∨:::::::::::::/ /:.ヽ
::::::::::::.∨:::::::`/>x、::::::::::::\::/.::::::x<_/..::::/;′.   まっ、採取と解体はギルドで定期的に無料の講習会を開いているから、
:::::::::::::::∨.::::/.::/.:::/./>.、_乂 __x<.∨::::::://
___::::::::::::.ヾ:/.:/.:::::::/./.:::::::::::{ O}:::::::::∧∨::/〈     金払って雇っている俺が教えるってのもなんだけど、
:::::::::::::::::::::::У::::::::/./.::::::::::::::`}.{:/:::::::{ j/::/
:::::::::::::::::::::/.::::::/,. ∨:::::::::::::: |.|:::::::::::::|.l::イ::{       マンツーマンの指導をしてほしいのなら俺はかまわないぜ。
::::::::::::::::::/.:::/./} . ∨:::::::::::: l.|:::::::::::::|.| ̄ ̄`ヽ、
::::::::::::::::∧/ /..::∧ ∨::::::::::::|.}:::::::::::l|.|r―‐ 、 |






             ヾ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           ,-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
          y'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヘ
          ./,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヘ
          〃'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::::i` ≦::::::::::::::∨::::::::::::::i
        /;7::::::::::::::::::::::::::::::::::/.|:::::::::|'"  `<:::::::∨::::::::::::l    (善吉さんの実力と経験豊富さならどれを選んでも勉強になるだろうな)
        〃;:::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::} 〃爪示ヤヽ:::∨:::::::::l
           .|:::::::::::::::::::::::::::::::/¨ |:::ijノ 弋ナァタ. ' |:::i`ヾ:::::::/      (はっきりいって、あの依頼料ではありえない当たりだ)
           .|:::::::::::::::::::::::::::::心` `|/     ´¨¨`` |:::|ノ::::::/
            ',:::::::::::::::::::::::::::|歹    ,        |:::|::::::,'゙      (このチャンスを最大限活用するには……)
          ',::::::;、:::::::::::::::|-..、             /||ノ::::::!
           ヽ::{ ヽ::::::::::::|     ' `     ,イ .|八从{
             ヽ|  ヽ:::::::|> 、__   _ .イ _|__
                  >、|-─  ̄| ̄     |ヘ    V      では、昼までは善吉さんの戦いを見学をさせてもらいます。
                / ヘ  ./|      | ヘ     .V
               /  ム /        __| ヘ    V__     そして、午後からは──
              ム'"´ V  ̄ヽ  / ̄ |  ヘ_ -‐ ¨   > 、
             /   ./{ヽ、     >´|\         /\
            ノヾ ,' /  .{  `ー─ '゙   |  \      /  ∧
           ∧   .ソ    |         |    \  ./     ∧

.

4121 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:05:00 ID:FQl3p/RM0 [15/50]


                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘






                  ||
                |''|
 ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/         ちーん!(×11)
       // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |      [ 善吉は いっかくうさぎA~Kを けったり なぐったり ふんだり なげたりした!! ]
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\    [ いっかくうざきのむれを やっつけた! ]
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"''''''~     [ スライムや 大アリクイも たくさんやっつけた! ]






                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘

.

4122 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:06:01 ID:FQl3p/RM0 [16/50]


 ─ 午後 ─

       / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
.       /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
        ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、
       |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト         (善吉さんの徒手格闘術はたいへん勉強になった)
.       i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i | ´ ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |
     i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,__.ノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|           (うさぎのハーブ串焼きもおいしかった)
     i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从
     i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{          (今日はいい天気だ)
.      八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从
          \ .:{\  ´        .イ  .   -- ミ
          \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
             |/  ソ /              .::::: :::.. \            だから、さ。
.               !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                   レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.






:.,                            ‘:,
∧             __       ‘:,
..∧           /     〕iトミ     ‘:,
/ ∧                    〕iトミ, }
../ ∧           ____    {/        ./`l
   }  /     -‐‐==‐‐-  「≧=‐- {     .,、.   l  |/ 〉
   } <   ∠二二二ニニニニ ヽ __/     .,l |  l  |レ'
   ≧x}  イ二二ニニニニニニニ∧        ,! L.-ヾi=,'
      | ′二二二ニ /ニニニニ∧    ._,.-'´  _, - '_´
      |/二二二ニニ/二二二二ニ ∧   . |_,.- '´| L-'´_|
     /ニニニニニ /ニニニニニニ=∧    ,.-'´  ,.-'"
.    /ニニニニニ /二二二ニニニニ ∧   |,.- '´| |            してみようか。冒険者としての初戦闘──
   /二二二二ニ/二二ニニニニニ /=∧       .|,i
    |ニニニニニ ,二二二ニニニニ /ニ=∧        ___、
    |ニニニニニ }二二二ニニニニ/二ニ=∧         '‐ー7 ノ゛
   :,ニニニ >=={ニニニニニニ=/二ニニ=∧        __/ l_=ッ
    :,=,__ /ニ}二/ニニニニニニ/ニニニニニ{      lニー'''''゙゙ ̄
     /ニ-|ニ|/二ニニニニニ/≧s。ニニニ=}
.    /二ニ|ニ/ニニニ 三三三ノ二二ニニニ /
    -=ニ |={ニ >'゙´、二二ニニニニニニニ/    .,..、._,Π
    |ニニ=lニニ{ニニニ ≧s。 二二二二=/     !┌‐-ニ¬
    |ニニ=:,ニニ≧s。 ニニニニ≧=‐=≦        .゛´   / /
.   寸ニニ≧s。ニニニ≧=‐-‐=≦               //
      寸三三二≧=‐=≦                    `‐´

.

4123 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:06:18 ID:FQl3p/RM0 [17/50]


           }`ヽ、_
         -='     `   、
      , ´            ヽ      <油断せず、確実に勝ちを拾わせてもらうよ。
     /             ( ●)(●
     {              r‐-  _ ,:ュ       。。。
    ゝ           ゝ _ ノ/
      ` 、. ______,   '



  ねらう緒は14歳──この年齢になるまで家に引き籠っていたわけではない。

  むしろ、せっせと働いておかないと後々苦労するのは自分たちだということをよく理解していたために働き者のほうだった。

  基礎スペックの高さは、元々の資質もあるのだろうが半分以上はそのときの肉体労働によって培われたものである。

  このように頻繁に畑仕事や山菜採りに出かけていたためにスライムと接する機会はあった。

  それらは今目の前にいるスライムよりもだいぶ小ぶりではあったもののねらう緒はなんなく撃退していた。






                  ,  -------  、
              , <´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>、
            , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
           , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
        , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,
        .,´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>ァ:::::::::ノi::::::::::::::::::::::::::::::::',
        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>´/:::::::/ .{:::::::::::::::::::::::::::::::::i
          i:::::::::::::::::::::::::::::::::/`∨:::::::::/  {::/{::::::::::::::::::::::::::::}
          {::;ィ::::::::::::::::::::::::::ミト、;./:::/i:,'<´ ̄.{:トi:::::::::::::::::::::::::::::}     村の近所に出てくる個体よりもはるかにでかいな。
          i:i i::::::::::::::::::::::::/:::o:;イ::/ iノ  ,ィ"´`リ {:::::::::::::::::::::::::::}
        リ.i::イ::::::::::::::::,勹;;゚ノ .リ    .i      {::::::::::::::::::::::/       だが……
           i::{::::::::::::::::'、__        l     i::::::::/i.}:::::/
         l:ii::::::::::::::,'` ̄       彡ミ≡=- /:::./ .}.}::ノ
         リ i::::::::::::i     λ、        ./:::/l_ }.}"          [ ねらう緒は スライムに こいしをぶつけ おびきよせた! ]
          i::::::::::i              ノ∠-´ y'
             ',::::::::|ゝ     -─     -´<、> ´
        ,ィ-─',:::::l-.` 、          , >::::::ノ           善吉さんのときと同じだ。
          /    ' ;| /  />、_,〟< ´ , イ:::f`ャ─--- 、
      ,イ      /  /  `、 :: :: , <>´.'、 } ヽ    `ヽ、     でっかくなっている分、移動速度はむしろ下がっている。
      / .',     /, ヘ i、   iゞ二´>´    } ヽ      `ト、
     .{    i´     { {  `、     ,/  /}´\|    、.,´ `、
     {    .',     {..`、  `i   i  _ノ }       }   i
     l     .',     .l  `Zi____λ´  }       }   入



  スライムはこちらが攻撃するまで襲ってこない。

  なので、小石をぶつけることで一匹ずつおびき寄せて、

  飛びかかってきたところを返り討ちにするのがねらう緒の必勝法であった。

  これまでは例外なく通用してきた戦法であり、でっかくなっただけのスライムにも当然通用するとねらう緒は思っていた。

  確信しているから事前に善吉に意見を求めることすらしなかった。

.

4124 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:06:44 ID:FQl3p/RM0 [18/50]


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  遅い。これでは目を瞑ったままでもかわせるぞ。  |
  乂_____________________ノ キリッ









                       __
                    ,´::`,
                   ,': :: ::',
                   /: :: :',
                     /::  ::  ヘ
                   /:::::::::::::::...:::\
              ,...イ:::::::::::::::::::::::::: : : `:..、
          ,....<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
        ./:::::::::: : :::::: : : : : : ::::::::::: : :    : ::::::`..、
      . ∠::::::::...  ::::                :.:.:::::ヽ
      .,'::::::::::::::::::::.:.:..    _ . . . . . ._  .. ..:.:.:.::::::::: ヘ       なぁ、お前……
      .::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:, '.   ヽ.:.:.:., '   ヽ...: : :::::::::::::::: :',
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::{  ●  .}:::::{  ●  }.:.:.:.:.:::::::::::::::.:.|
      ',: : : : : ::::: : : : : ::ヽ, ___ .ノ:: :: ヽ ___ ノ.:.:.: : : : : : : ,
      ..',:.:.:.: : : : : :.:.:(.`ヽ、 : : : : : : :, イ´): : : : : ::/
       ヽ:: : : : :::::::::::: < .` ─--─ '" ,>'. . : : : : :/
         `.<:.:.:.:::::::::::::::::` ─---─''´::.:.:.:......:.....::>'
            ` ─--=..,,___,,..=--‐ .´







                   青
                 青空青
                 青  青
                青空  空青
              青空空  青空青
             青空空水水青青空青
          青青空空空水空青青水水藍藍
        青青空空水空水空青青青水水水藍
       青青空水水水空青青青青水水水水水藍
     青空空空水水水空青青青青水水水水水水藍         俺のこと──舐めちゃいないか?
     青空空空空空      青      水  水水水藍
    青空空空青空空  ●  青  ●  水水水水空空藍
    青空青青青青空      青      青水青青青空藍
    青空青青青青空空青青青青青青青水青青空水藍      [ スライムは いきりたって ねらう緒に おそいかかった! ]
    藍空青青青青口青青青青青青青口青青青空水藍
     藍空青青青青口口口口口口口青青青青水藍
     藍空空青青青青青青青青青青青青青水水藍
       藍藍空空青青青青青青青青青空水藍藍
          藍藍空空空青青青空空空藍藍
             藍藍藍黝黝黝藍藍藍

.

4125 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:07:40 ID:FQl3p/RM0 [19/50]


                           |
                           |
                           |  ! !
                            !   | .!
                       i !    | |
                           i .!   |
                            |   |
                            |  i .| |
                            |  |ii| |
                           !  |il| i
                          | i | !
                      i   .i |  |i | i
                   {i    |   :| ii  i :|
                   i :  | i  |:i:   |
                   :i   | i   i:|    i! :
                    i  .| i  :i |    |: i|      /
                     :i  | : i!|!     !|!i    /
               ヾ    :i  i|! : :||i i    i! | |:ii /
                    i  i! | i|!i ;   i:!i | i |:〃
                     \! i| |:ii!:| |   :|:|i!| i|:/
                  ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i  i i| i|!|:/
                      \i|!:i||l! | :  | i| i|/;/           ──疾っ!
                    、ヾ、|i|!i:| :  i |:i!!,イ
                     ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/
              、         ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /
               .\      ゞ、  、   |i  /
              `ヽ; ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  /
                 >、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//
                  >ヽゞヾ、ゞ        イ <
                     ≧/ ,    ヾ`、く
                    / 〃´// / i| レヽ\、ヽ
                  ´  ;  //   | i;i ゞ、 \ヽ `
                      /     :| i ! ヽ  `
                            | : '
                            |i  `
                            |



  ねらう緒はスライムの動きを読み切ったうえで斜め前に動き、横から手刀で叩き落とそうとした。

  いつものように力みのない、理想的なフォームで振り下ろし──

.

4126 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:10:31 ID:FQl3p/RM0 [20/50]


          ,  -─==─-  、
        , :<            > 、
       /...............................................................\
.    / :::::::::::::::::::::::::::;ィフ::::::/\:::::::: V ::\
   /   ::::::::::::__ノ/ ./:::::::/ゝ、__.V::.  V ::∧
   /   ..:::::::::::::::::::/  /:::::::/    V::...  } ..::::i
   |:::::::::::::::::::::/⌒メ、  |::::|jノ /⌒ヽ  V:.::::/:::::::::::|
   |:::::::::::::::::::/ ./ .} |ノ  /   }   V::/:::::::::::::|
   |::::::::::::::::::{ /  ノ     {_   ノ  /:Vヽ::::::::::/      いったー!
   |:::::::::::::::::::::/しノ ////// しし'  /::/ヽ/::::::/
.   V:::::::::::::::/   .r-~く       /::/ ノ::::::/
    V::Ⅳ:::::|   .|/  ',     /::/:::::::::::/
    ヽ| V::::|、   {/   }    //:::::::/レ′
       \|,へ─--ァ----‐ァ─レヘ八ノ
        ムク --、 , -- ,ィへ、j   ヽ
     /YYY /スィ-ァ-r─イ j./YYヽ.   }
    /\ / /  /./  }    j {  /∨ /
.   /  .V /        j ノ/  } /


  ──掌が折れ曲がったのかという激痛にねらう緒は身悶えることになる。

  返ってきた手応えはまるで地面を殴りつけたようなもの。

  耐久力自慢のモンクとはいえまだまだ未熟なねらう緒に耐えられるような反動ではなかった。

  断言しよう──これは100パーセント、ねらう緒の自爆である。









                      、.\ー≠‐     、 フ `\  .、
                     .爻く__`<   .、、  .\ ー≠-
                      / _乂 〈  、 _ト〉Ⅳト、x‐> .〈≦
                        /イィ〈/ l|从、ト〉` } /}ハ}` ∨\
                   / .〈.从 } lト〉 、`T / _|l | .:Y,ヽ
                       /イ./| {〈¨\ .、イ/r<::ノ':|./   |_}/
                         〈//|.从Ⅸt;〉      // .;r{|イ:::      (まっ、当然そうなるだろうな……)
                         |.|l:::从 }    i/| /}.:|!从
                         |.l::从:|ヘ.      /.イ|  _       (幼体のぷちサイズならともかく、あの大きさならな)
                           乂| .l| . ヽ.' ̄`./.::  ≠
                          l|.      ̄ ヽ::: .ノ'
                           /  _x<.冫    ./
                        ,r' /、   .}∨}l´     〃〈_
                        (_ノ .,r.fl|-ミ{∨   /、:::::::
                           {||リ}:ハノ∧  /丶`ー
                            乂 乂:::{イ/}_/   \



  亜種ではないただのスライムは、跳ねながら体当たりしてくるだけというそれだけのモンスターである。

  この上なく単純な挙動しかすることのないだけに体重が強さに直結してくるのだ。

  重ければ重いほど体当たりの威力は増して、カサがあればあるほどダメージを分散できる。

  そのことをねらう緒は体感としてはよくわかっていなかった。

  彼にとって、優先度の高い判断基準は見てわかりやすいスピードなのだ。

.

4127 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:10:49 ID:FQl3p/RM0 [21/50]


                          _
                            ,´  ヽ
                         /    !
                       /      |
                    ノ         |
                     _ ,/        、
            ,  ´                   ヽ
          ´                      ヽ
.        /  ノ (                       ` 、
      /    ⌒      > ´  ̄ ` 、          \
    /              /   > 、 ヽ   、   、 , ‐、\
.   /             /     /;;;;;;;;;;`ヽ .i 丿   Y /ヽ ヽ
   '             |     |;;;;;;;;;;;;;;;;;|`|´     'i !;;;;;;| i  !         こいつはおまけだ!
    |                 ヽ   \;;;;;;;;;//     | !;;;;/ !  i
    |            / ̄ヽ  \      /      ヽ  /_   |
    |         / >  |     ̄ ̄ ̄             ̄ ,' .i  |       [ スライムは そくざに もういちど おそってきた! ]
.    !          |  ζ  \___             ,ノ ! │
   丶      │   \__ _.  ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / ./
     \     ゝ、           __________//
      丶     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                  /
        ` 、__                      _ ' ´
                  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



  ところで、当然ながらスライムは一撃で沈むほど貧弱なモンスターではない。

  大の大人が一時間殴り続けても生きていることのあるほどタフな生命力のある持ち主なのだ。

  手刀ごときでは怖気づくことなくねらう緒に追撃してくる。

  まるでバウンドするかのような再跳躍しての体当たりであった。

.

4128 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:11:08 ID:FQl3p/RM0 [22/50]


  \\             | | |       /       /
.  \\\           .| | |        /      /
     \\          | |       /'!     /       ___ 00
       \\..        | |      ./ !    //      | ∟
        \     |\   |     //| |___         .|_厂
         \    |  \ |    .// .l_   /             ._,n_
       ____| |\\/\//  / /             └l n |
        \  ____|  \/\/ / /  _______    U U
         \ \            /   ̄ ̄  __     /
          \ \  __lV 、_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄― ""   / ―――
           /  / , >  へ´  ` 、 ̄ ̄         / ――
             /  ///  Y l\    \         く ――――――
         /  /./    !  \  | ̄         \
           / / //  /! .! l\ \l   ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        // ..// / ...! l l  \     |       \
         /   //// | .l l l    \   |         \
     / /   / /   l ∥l     \ |         \\
    ./ /    //     l  .i       `        \\




  スライムの体系の利点として重心の安定が挙げられる。

  そのために追撃の一発はほとんど間を開けることなく実行され、無防備にさらされていた腹部を痛打した。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::/ ` .:::::..  ∨:::::::::::::::::::::::::l  .:::::::. -=----:::.... _ヾ:::::::::::::::::::::::!:::::::::::::
:::::::::::::::/ ̄ ̄ ヽ 丶::..  ∨:::::::::::::::::::::/ .::::./ ,.:===-   ̄\:::::::::::::::::i::::::::::::::
::::::::::::::'       ‘:,    ∨:::::::::::::::::/      /           \:::::::::::|::::::::::::::
:::::::::::::,    _   ‘,    ∨::::::::::: /      /               ,:\:::::|:::::::::,:::
:::::::::::::l   ! i!i  ‘, .   ∨::::::::/      ,'           , =、   ./   \!::::::/.:::.
:::::::::::::l  弋ツ  ,.:'...:::::::,  ∨::::/      〈        { i!i!}   /    ,':::::/.:::::.
:::::::::::::l      /.::::::::::::::',  ∨/     、::::::..         弋ツ /    ,':::::/.:::::.:    ──ぐはっ!
:::::::::::::l__.. : ´.:::::::::::::::::::::i   l/     ヽ :::::::ヽ、         /    /:::,イ.:::::::.:
:::::::::::::l:::::::::::: : '   .:::::::::::/           丶.:::::::`¨二二¨ ´     /:::/ ,'::::::.:.:
:::::::::::/        ヽ::/                           /:::/ /,:::::.:::::
::::::::/                                 U    {::/ i::|!::::::::::
:::::/                                      j'   |::|!::::::::::
::/                                        /.:::;:::::::;'::
/                                        /.::;イ::::::;'::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.

4129 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:11:41 ID:FQl3p/RM0 [23/50]


  ご馳走になったばかりの串焼きが逆流しかける。

  ねらう緒にとっての不幸中の幸いはスライムが一度距離をとったことだろう。

  底辺モンスターの攻撃性の低さがいい方向に転がった。

  これが獣型のモンスターだったらそのまま喉元を食いちぎられてしまったことだろう。


  もっとも──それほどの危機的状況ならばこの男が動いていたが。







                ___人   /{    > 7
                >     \/ )>   ./
             >                   /
       __>                     ∠ ___
      「   _     { ̄     i}    \― 、  /
      }   /   / /{  }     } 、    i} ̄  \′
      }  ′  /    \}\}N/}} \}\}    _ >
      }  ′  { { 、} ̄     ヽ /}∧/ } }、\  \
      } / /   \}\}”“''ミ*、__ }} .r=ミV}∧} >―‐
      /イi/ 「 ̄ ̄ 弐¨¨茫う`  ^v莎ノ}}   \
    /i:i:i:i:i\{   、 {           ,  |リ N}、   、
 <i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\  {\、         ′.从」}ミ \ }
    ̄廴i:i:i:i:i:i:i:i\ {\ \         ,i:i:i:i:i:}^\}V         (開拓済みエリアから出てきたやつにはよくいるんだよなー)
      7i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ { ̄    r ユ ./i:i:∧i}
       ̄ /i:i:i:i:i:i:i:}}/\__   ´    / ̄                 (スライムを雑魚扱いして侮っているやつ)
         ̄ ̄ ̄ }    ̄  T ¨
           r<」___    ヽi{/\― 、
         /\     ̄ ‐- }  ‘, ̄ ̄__」r
        / ` 、      / \}\ , ̄ ̄ \__.          (しかし、良かったよ。俺の見ているうちに失敗してくれて)
    _ /      ` 、    / Y ̄ ̄ )   / / /
‐=二           ` 、   i廴__/{    / {           (要領よくやれそうなやつだから初日は無難にこなすかと心配したぜ)
 「 ̄  ‐-  _          \   |N}  \ /\ ‘,
 { ̄ ̄ ‐-  _―-  __ >、_」_」____〉/  }}   ,
 {        __」 ̄ ̄ ̄} ̄ ̄ ̄\>ー―‐^ 、 }     ,
 {        T{   //      }  \   Ⅵ    ,       (それで……問題はこっからなんだよな──)
 {       \_{  //       |廴_〉__」}__    }
..∧         >― 、 {{        /      /  \}
 .∧       ./ /⌒>、ユ _   /        /     `i
  ∧     く /  / ̄ }\  /          /        }
   .∧     .く  / / ̄>‐ "          /       }
    ∧     V「 } /  /             /        /
     .∧      し'′              /        /
     ∧                /_____ /
        \             /   |  {  |

.

4130 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:11:58 ID:FQl3p/RM0 [24/50]



       .'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
.      /. : : : : : : : : : : . `ヽ
.    /. : : : : : : : : : : : : : .゙ヽ.i、__rl^i、 .
    ; . : /: : : : : : : : : : 、: : 、i: :} ノ! ' ゙i! {
.   { :: i! ;'. :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヾi  '  ト,
    'i::::;!::i.:::::::;':::::;,!::i!::::::::::,!::::}〉ミ、 /´!     ,ゝ、
   /:i!:::l::|:::::l::i!::/ |::i!::.从!:i!::/  ヾ゙iゝ.!    .|は.!
.  /:: iハ::!!、::::i::i!{  V!/  リi!;'    ゙ル'イ‘    .i ぁ.|
  {::::   リ;!.ヽi,ル' f二`i'イ!;/     .:::〉 ,! ;    ゝ‐'
  ヾ-、.    =ヽ `¨!´メ)/     .:::/,.イ
    \ ヾ     ゞ-'、/    / /,!′.,ゝ、          く、苦しいな……これが未開拓地のモンスターとの戦闘か……──
     ` 、       ヾ、   ,;;,' .:::/ ;:! { .|はi
.      ,}:.、.     ソ ;:/::| .:/  ;|.; i ぁ!
       ,::::::::..ゝ‐‐、_,ゝ'"|:::! ;'   !, .ゝ‐'
.     |:::::::::::i:: ::|メミ;;;;;彡ノ|::|    ;:!;
..    /|:::::::::::|:: ::|ニニニ仁|.|    ;:| {
.    /.:i!:::::::::::|:: ::|ニニ仁ニ|;|   ,;:: !.;









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /        ;’., |l .从 :/ '; / .イ. Ⅵ、 :ト、|. \、 ト、|.l|、、|∨        :∧.    \
  ./ /,   .; .:/ .;' 从 : ト:|/: ∨  l从′  ヽ|\|l|  .ヾ| l|从Ⅵ .|Ⅳ/ :l|     ト〉    〈\
 /.イイ/  ./  ;′;./〈:.'; l|ハ|、  〉          ヽ             才:l /.l|ハ.ト、 l.  ∨  ∧`ヽ
 .〃.;′ ,.:’  ;'/ !   Ⅵ.|\.         ';    ;′       ./ //.イ . |  ’ ハ|   \.  丶
   ;′.:'/ .i|l     N.   \:...     ';   ;′      ..:/  〈/|./i :′ :|';  .∧>、_\
  ./ .:/〉/  l|| ./|    :〉 _    \:::..、   ';   .;'    _,...:::/    .__ ;.ィ...:|.′   、'; . ';_.∧
 /./ ./イ   l|/ .| :|.  ‘,..x≠≧zx.、\::〉        /.::/__x≠≦z、./:;’.:l| .;   .lト〉 ',⌒ヽ
.〈;/   .;’ /l| .ハlト、 .::';刈、 l:::r‐;::ト、_`ヽ_/  ∨ /:イ≦::r‐;::l   メ〉;’  /|.ハ   l|ヘ...∧
    .;' /|  ;'.,'::::l|::.∨.∧ヾ〉 乂::::ノ  ヾ         〃 乂::::ノ /イ/  ./.l|l:::;|Ⅵヽト、∧
     .i/ ,:|l l,':::::::::::::::\∧.    ̄´       ;        ` ̄    / /:::::::::::;.| | 〉、  ヽ〉
     .|/ :|l |:::::::::/:::ハ|ハ\〉          |               /:イ.::/:ハ:::::l| :  \
    /  l|| /.::::::/|::;’|∧          |           / ./イ:::|:;’:';::: | ’   \  カッ!
  く     l;/.::::::/:l|:;  l .∧           |:.              /:.:.:|::::|i  :';:::| ;′    /
   \  .|l:::::::/ l|;      ヘ          |:::.           イ|: : :|l :|l   i:::|.’   ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    (この業界、才能のあるやつが必ずしも大成するとは限らねぇ)

    (むしろこれまで苦労することなく過ごしてきたような、)

    (神童と呼ばれてきたやつがちょっとした挫折を味わったことでドロップアウトしちまうのは珍しいことじゃねえんだ)

.

4131 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:12:16 ID:FQl3p/RM0 [25/50]


                    ト、.乂_  __
                    -ミ〉   , _,ノ-   -、>‐ 、
                 _∠二 .;'´/ィ 7i   :ト〉 、 .}'.,
                   メ`/ .{l从}ハ}、トiトト;ハ.: ハ .〉∨
                  ´/ ´|从li|   .′  .}イハ| 〈:..\
                    ./ーi .|.i.lトl\  i /   /|.'  ト}、〈 ̄
                     .//|从.l|zr::ミノl{、ィf-;x}' ;.:l::::::::\        (あと一発、モロにくらうようなことがあれば俺が出る)
                    〈/ :|!::::ヽ〉¨¨   ¨¨/./ ハ.}く{⌒
                    ;'|!:/i从.  |   .〈./}/} .i .';ト、__;ィ        (後遺症の残らないであろうラインだからな)
              ト-- x_;r./l|/ :| }:::.、 r‐ 、 .イ /.:| ;’ . | .;’::::(r‐z_
              |  〈∨;;;;:{_  乂: 〈\__/.:l|/. :;/   i|: /.::::::::|. {. |     (そうなったら今日はもう終わりだ)
              |  :::\`:::〈`ヽ...∨:ハ   ;:.:.:.:.;/  ィ'’/.:::::::::::
               ∨ )::::く{_:::::∧ 〉i ∧\:  / イノ // /.::::::::
              ∨Y.:._}l::::::::::::`ー-\  _./__./.:::: ̄::::::::         (諦めないならリベンジできるだけの手ほどきはする──)
                .∧ト、⌒く∨:::::::::::::/-}く‐ 、 ̄` 、:::::::::::::
              .ノ、r\:.、.∧ヽ._ イ_,.-〈ノ:.:.:.:.:.:>x__` -' /  .         (諦めたなら故郷に帰れるだけの手筈は整えよう──)
              ;} ミ}=-:>、 / // ー==`ー‐;_;.:.:.:.ヽ`~'.ヽ
             ./ /.:.:.:.:.:.:.;Ⅹ//  '´¨ _. ー<:./:/:\\._∨
             _/_/-<.:_:;ィ ´//   ´ _ 、__.ノ.:.:.:.:.:.::/:.:./         (けどよ。。。)
          }´ 〈.:_.:.:._; >' /.:{   ......ニ 、__ノ‐:.:.:.:.:.:.:.:.//
          |         ○ { ∧ -----z、__ノ‐:.:.:.:.:.:.:.:/.:ハ







       、
      _、乂>-- ―――
   __ >.ヽ_ 〉‐   --、
  `ヽ< ̄ ̄./. |i ; ,. .i ト〉
    >x/.〈イ.|i从.iハ ト、lト、
  .  ̄才/イi}Ⅵ | ` l| .Ⅵト、        
     ./ ′从トj〉  ..;:    }ハト
  . /_ノ .;'.ヽト、  i.   __/  〈イ
  .¨¨¨7´iハ lト} ヽ 、 /イ==≠z |    ;     .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     ./イ :∧7示` `´'上;リ 〃 ;: / . ;’     l  こんなところで足踏みしているような玉じゃないだろ!? ねらう緒っ!! l
      ./;イ.从 〉ソ.ノ       〈/| /}.从     ヽ、______________________________,/
     〈/.:|.|i//l: ';           .;!./' リz
       |从l从            〈/ ,イ-'
       |l//.l'∧  }二>     .イ
       |l/ |l ∧         .,.イ
       |l′.|l .∧     <     ./
               ‘ー≠、::::::     /
              ./.ヽ  _ イ
             /  .|ハイ:\

.

4132 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:12:34 ID:FQl3p/RM0
























                               i             i
                              i          i
                           _ ..|             |、_
                        }rニ|          |=ミ、
                            V≧=- .. __ .. -=≦ニニ′
                           Vニニニニニニニニニ/
                             }ニニニニニニニニ'
                           .,.:,.  }ニ/ニニニニニニニ{
         ..                  Vニニニニニニニイ
:;..:.,"'`::..   ,.:,.   .:..    .'::',:''  "'"' "'''/ニ≧=-===-=≦´ ,"'`::..   ,.:,.
"'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''.''"'"''"'"'        イニニニニニニニ{.:, .''"'"''"'"'  "'   ..:..
 '"'"''::',:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'     _.. イ/ニニニニニニニニ}:::::::::::::::...'"''::',:::'::',:'':'`:
. .    .,.:,.   .:.. :;..:.,"'`::..   ,イニニイニニニニニニニニ'::::::::::::::::.....:',:'':';:;..
  .,.:,..:.   ... , ..   "'''.''"'"''"' / `イニニニニニニニニ/::::::::::::::...... ..:..
..     ,..   ,.:,..:..  '"'"''::',:::{  ィ=ミニ/ニニiニニニニニ{:::::::::::::::::.......';:;..,"'':'
 '"''::',:::'::',:'':'`::' ,:' . ..   _ ..<´   }/==ミニ!ニ/ニニニニ}..:..  .,.  :,..:./:7    _  _
"'"'  "'''.''' "'''.''"'"''"'"' r´    _ .. マ    }iニニニニニ/...   rー- '.::::.ー-、/://:/ ..,. :,..:..
:::'::',:'':'`::' ,:'':';:;..,"'`'   |  ゙Y´    ,′   / レ==ミj{ニニ{'''.''".,.:,.. ̄¨7:/ ̄/:/://:/
.,.:,.    .:.. :;..:.,"'`::....... {  -{=ミ  /    /  !   { } ̄ i.:;..,"',.:,  /:/  /:/` ` __    __
  ... , ..   "'''.''"'"''"'"'.,丶 .. __ ノ ,    〈_  |   { }   };..:.,"'    `   /:/   /:/  /:/ .:,..:..
,..    ,.:,..:..  '"'"''::',/:::::::::/   ‘,    } {   V  /  ."'''.''".     `    /:/  /:/.
:'::',:'':'`::' ,:' . .   /:::::::::/    /::ー== '   i   { /.  '"'        ,...`   /:/
    ... ,..  .,.:,...::::::::::/ "'''.''".,;/:::::::/ :'::   、 __.ノ´ . .                /:/.
       .. ....::::::::/ '':';:;..," ...::::::::/ '::',:''.../:::::/ ."'''.''' "'''.''"'"''"'"'       /:/

.

4133 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:12:51 ID:FQl3p/RM0 [27/50]


        |.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::|//////|::::::::::::: : : .
        |:::i::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::://|:::::::∧:::::|//////|:::::::|:::::: : : .
       |;l::::::::::∧:::::::::::::::|:::::::::|/∧:::::|/ハ::レ//////{{:::::!:::::: : : .      苦しい・・痛い・・呼吸ができない……
.        | i!::::::::::| |::::::::::::::|::::::::|//∧ {//A|///////リ/:|:::::: : : .
         |i.l:::::::::::| |、:::::::::::|::::::::|´ ̄ =7  ̄ フ==/.||::|:::::: : : .        だが、それだけだっ!
        リ.i:::::::::::Vハ:::::::::::::!从|    ′       ;ハ::|':::::: : : .
          ',::::::::::V∧::::::::::| `{            /}/リ:::::: : : .       あの席を奪って居座る居心地の悪さに比べれば──
             ',:::::|::∨∧:::::::|、   =‐- -‐=    .//i!;::::V:: : : .
           ',:::|::::∨∧ .|7ァ、_    ̄    イ/////:::::: : : :.         この程度、怖気づく理由になるものかっ!!
            ',|!:::;∨∧ ;|///>=、_,,.=<7;レ///:::::: : : .
              ' V }:::V∧{|//////////////|/ ∨:::::: : : .
              /ヾ| ',j////へ//////.|::::::::: : : .
              /:::: : : .V/     'ー'´    |   \:::: : : .
           _∠_:::::: : : .   \         V   _ _::::: : : .








                 ,...::-:::::::::::::::::- ヽ 、
               ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ、
.               /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ  ギロリ
            //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
             '´:/.:::::/.:::::::::::::::,'!::::::::::::::::::l:::::::::::::::::;
             /.:::::/.:::::::::::/.:::/ |:::|::::::::::::::l:::::::::::::::::|
              ィ.:::::/.::::::::::,/.::/  |:::レム-|:::::l:::::::::::::::::|
            |∧'.::::::::::::i__{´  /:/ ,LLハ.::|へ ::::::::::|
             }' /.:::::::::::| |::::: /´ '´っ_ノ}::::l  } ::::::::|
             / }::,ィ:::::::ハ:○:::.     ./.::/ /.::::::ハ|          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /;イ:}:::::::|ヘ:::::::::,     // /~/.::::{ }           |  僕は──冒険者として強くなるんだっ!!  .|
           // .|,' ヽ:|'゙ ヽ::   __  ´  .}./.::::ノ|         ゝ____________________,ノ
         /  .}  リ .レ`  、  _.;   ; リ.:::::/ {
                          ¨ _|::::  ; ,-= ̄ ̄ ー-、
                        ///.::   /1         ≧
                      /.::::||、 / /-==  ̄ ̄¨ヽ、
.                    '´¨¨7/ ¨¨   ,ゝ         、
                       //     .|           i
.                     //      |            |
                    イ      ./    ∧     .|
                    |!     /    .::::∧      |
                    |    /     .:::::∧.     .;
                    /}   /        .:::∧      }
.                  /.::|  /       .:::::::7|     |
                   /.:::::}  /         :::::::{.|    ..:|
                   /.:::::::::/ /        ....:::::::::::i|    .::::{

4134 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:13:08 ID:FQl3p/RM0 [28/50]


                     _ ──  、
                  ,.....::´:::::::::::::::::::::::::::::::`:::.....、
                 ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
                /::::::;::<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
           / /   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ヽ
            / /     .::::::::__::-------::>'フ:::::::;イ:::::::.   .∧
          | /     ..::::::::::::::::::::::::::::>'´;.;/:::::∠__|:::::::::::..  lヽj
            |::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;.;.;.;.;./:::/jノ;.;.;.;.;|:::::::::::::::::::l
            |::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::ム);.;.;.;.;//;.;.;.;.;.;.;.;.;|:::::::::::/jノ
            |::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;○.;.;|ヽハ/
        ,.r┴‐ 、:::ト、::::::::::::::::::::::l;.;.;.;     ,   .;.;.;.;./lノ
        〈     ヽ、ヽ:::::::::::::::::::l    _     ./::|
          ヽ、     \\:::::::,,..-゙.,       ̄   /|ノ
          \    `'''''' ´   `''''''"ヽ   ./            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      __,,,,..---'´ヽ           _  ./ -r< ̄オ           |  スライムごときにもうチャンスはくれてやるものか。  |
    /        ,.  .::    l\`''''´   |   / |            ゝ_______________________,ノ
   <   _,. -、__,,.r'´  ::     /  \    ヽ /_|─-- 、
    `''‐‐'  /  :  ::  ..::,. r‐''´\ .∧___  __V     ヽ  \
        /   | ::.:..::  /ヽ    V  }    ∧\.    V  ∧
      /   /     /       }  .}__/ ∧ \   |   }
      |   .l´|  ヽ‐-r‐ヘ       .l  }      }   \ |    }
     |   j .|   .l |: : : ヽ、___/  }     .|    /.|   }
     └‐イ .ヽ   l V: : : : : : : : : : /  /     .|    / .|    }
          .l  l、 ヽ、: : : : : : /  /      |  ./  |   }
          ヽ  ヽ、_ ̄ ̄ ̄_/       |   /  |   }
           ヽ__,.j    ̄ ̄ ̄







                                  /⌒ヽ
                                    i   l
                                  ノ    ヽ、
                               ,  ´        `  、
                              /              ヽ.       えっ、なんでお前スライムなんかに本気になってんの?
                            /     , - 、   , - 、    ',
                             i       { ● }  { ● }    i    そんなガチでやられたら俺に勝ち目が──
                             |    〈\ ー‐'   ー‐' /〉   |
                            \   \`ー‐―‐一'´/  /
                             ヽ、    ̄ ̄ ̄ ̄  /
                                ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

.

4135 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:15:05 ID:FQl3p/RM0 [29/50]


           ___
       ,..<:::::::::::::::::::> 、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::;イ::::::::::::::::::::ヽ
.    l:/:::::::::::::::::::::::::::/ /  /ヽ::::::::::∧
   l;'::::::::::::::::::::::::/  /:::::/  ヽ:::::::::::l
   l:::::::::::::::::::::::/`ヽ、,|::::;ィム'"  V:::::::l
    V:::::::::::::::::/ソ ヽ |/  巧 /!ハ/
    V::::::::::::::|      ,  ´  ム'
     .ヽ{ヽ::::::l、   __   , イl
        \| ゝ    , <:.|ノ           大振りの一撃だと反動ダメージが厳しいというのなら──
   / ̄ ̄ ヽ/ ̄フi ¨Ti、 ̄|
   /     ∧ / }  } ヽ|⌒ヽ
  ;       }  /|`-'゙}ヽ  i,  ',
  {         | / .|ム斗 宀ミヽ、}
  '.,     >-ァ‐イ   ____) l
..  {  >   / λ       )ノ               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   Y      {  { .〉.   ̄ ̄)}               |  威力を控えたスピード重視の連打で仕留めるまでよっ! |
    i      .V {弋   -一〈 }                     \_______________________/
    ト、__      Vヘ__ゝ、____ノ}
    '、   ー―ヽ、__,.イ  .ド、 __r一二ミ
.    \       |  |   ノ ̄,-r‐f⌒|  |
        〉、      .|  |   .{  l ! ! .|  |
.      i′        | ___.|   .} .弋_,   _ノ
      〉 ___ .|{___}|   ハ、_i{ r=≠
      /  |___| .|.| ||  「」  ̄
.     /        / | ||   ヽ
    /        /ヽ|__jム    |





                         `     '
                           、   ノヾ     '
                           )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
.          / ̄ ̄ ̄ /_/_/           .`r      r'
           ./ ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/    .)     (
        /__,--,  / / ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/ .´⌒` 、        ,、    /
            /___ノ. /__,--,  / ./ ./二/ / / ̄ ̄ ̄ /_/_/      .キ人_,/
            `     /___ノ. ./__,--,  / ./ ./二/ /             )  て
             \ ,,_人、ノヽ   /___ノ. ./__,--,  /            ./´⌒Y,.
              )ヽ    (           /___ノ    .、ハ,          \
           - <       >─           ^ <  て
              )     て              ./'Y''~ヾ
             /^⌒`Y´^\              `



  スライムの耐久力は、そのゼラチン状の肉体をぷるるんと震わせることによってダメージを全身に分散させることにある。

  体を分割されるような性質の攻撃でなければ成人男性以上のタフさを発揮する。

  だが──その反面、スライムの防御力は0に等しい。

  骨・殻・甲羅といった頑強な部位というものがないためにどんなに威力の低い攻撃だろうと素通りさせてしまうのだ。

  それは連続攻撃の有効さを意味していた。そもそも最初の一撃で手を痛めてしまったのは、

  10キロの荷物を10個運ばなければならないときに一度にまとめて持とうとして腰をやってしまったようなものなのである。

  4・3・3個に振り分けてやれば楽々運べるだけのスペックは持っているのだ。

.

4136 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:15:23 ID:FQl3p/RM0 [30/50]


三三三三三三三三` .,-――l三三三三三三三l        _ --──-- _
三三三三三三三三三ニ` .,_l三三三三三三ニl.、      x≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧.、
:、三三三三三三三三三三ニ` l三三三三三ニニl  >  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 `==ニ三三三三三三三三三ミl三三三三三三lく  >/::::::::::::::::::::::__::--─:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /_>、三三三三三三三三l三三三三三ニl'. 丶 .ヽ:::::::::>::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
ー= 三三三\三三三三三三三三三三三三三‘、. `、 ハ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
三三三三三三.`¨¨”三三三三三三三三三三三三ヽ V ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニl   V'ハ::::::::::::::::;ィベ"´フ:::::::::::::::::::::::::::::::::l
三三三三ニ/三三三三三三三三三三三三三三三.,  l  l:::::::::::;ィ?、ヘ /:: ::;イ!ヘ::::::::::::::::::::l
三三三 イ三三三三三三三三三三三三三三三ニニ,  l  l:::::/`--寸 /::::;ィム斗 }:::::::::::::ト、|     小刻みに死ねぃっ!!
ア二二三三三三三三――-三三.._三三三三三三三ニ, }  !::/  `  '"レ'゙斗‐ァァ }:::::::ハ{
'三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニV  l        ‘ `≦,.:/:::::::/
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.V  !'、  ` 、  ノ   イ:://l/
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\三ニV .l、 > .._´  イ |::::}
三三三三三三三三三三三三\三三三三三三三三\三V .lく>、/|      |ハ'
三/≠r==ニニニニ三三r三三ニニ\三三三三三三三三\ Vl >'┘
/  VΛ         `  ミ三三> ミ三三三三三三三\´    [ ねらう緒は スライムを ぼっこぼこにした! ぼっこぼこやぞ!! ]
     、ム                 `ミ三三三三三三三\














                      ト、
                、__〉 `¨\ ̄ ̄ ゛> 、
                \、_./¨´i´ f’   ┐ ̄',\
                /__./l ./从∧、:トトト.ト|l.l.从 \
              /¨7 / .|/、| l   `   :|ィ|/、_〉 _>
                   //| ト|`\ `l| r/ ノ|./ \.\      …………。
                  /イ/|ハl';r‐。┐ .r‐。┐|l/|  ト、.〉
                〈/|l リ:∧乂_.ノ|.乂_ノ/イ:l|:.从
                  ||:::/l从      :lj ./|リ| ハ〉
                  |l:/ |ィ/:、 .ィ⌒ヽ .イ从 |;′        (クールタイプだと思っていた後輩がなんかヒャッハーしている件について……)
                  |/  .__} \  ̄´/ |__ ./
                   ._/. \_   ̄:  リ":ヘ
                _,.ィ:∧  ..:/:Vハ´   /\_
               .r≠<∧. \∧  /ヘ示ハ  /.::/ />x、_
            r≠:\:.\:\_|l∧/、 |l|l| .∧ /.::/./.:/ ./..::::`;
            |∧:::::..\:.\_::::::∧ ∨l|l|/.::::¨::::_;  '´._/..::::::::ノ:;′
           ';::∧:::::::::::7 .>、::∧ |l||l|_::::::::_,x‐<::::::::/.:::/:::;’
            ./乂:::ヽ::/./..::::::::::`YYY´::::::::::::..\ \::!/..:::从
             .|\::::三::レヘ∨:::::::::::::::L゚r'::::::::::::::::::::/ /ミl:|=≠彡ノ-、

.

4137 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:15:41 ID:FQl3p/RM0 [31/50]

                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘


 ─ 5分後 ─

        /                \
        /./                 ヽ
     //                    i  スッキリ
    /::/i::::::::::/::::::::::::..          ..:::::::::::::::ヽ
    .i::/.i:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::',
     v i::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ::::}. \:::::::::::::::::::::}
     i:::::Y::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::/   `、:::::::::::::::::l
     .i::::::::!::::::::::::::::::::::::::/  ./:;ィノ ,-‐-、 `、::::::::::::!
     i:::::::::i:::::::::::::::::::::::/⌒ヽ .レ゙       .l:::::::ト::i
      i::::::::',::::::::::::::::::::{___     ,===、.イヽ:::i V      ふぅ。力加減さえわかってしまえばサンドバッグとしてはいいですね、アレ。
     {::::::::ヽ:::ト、::::::::::| ̄`ヾ   、    ./:} ハ:::l
     {::ト、:::::ヽ!::ヽ:::::::|           /:/ノ .i/       もうちょっと筋力つけたら空中ハメコンボに挑戦してみるかな?
     ∨ ヽl:::ハ:::::\:::|     、 ,  //
         i/ / ̄ヽ!      _ イヾ¨ヽ-.、
     , -― ―/ , ヘ !   `   .ハ.! /、_\ヘ ヽ
    /-     //  l !  ヽ  / !/  `ゞ .l i
   .i  ヽ      / l ̄ ̄` ´ ̄.lヽ    i .i
    l  ヽ     /  .ト----- ― 'l .ヽ   i  |
    >  ヽ    /   l         l   >  i  |
   !    ヽ   ヽ  l        .l  /  .i  |







                          -―- 、 /__  / / ヽ !\ト、 |ヽ!ヽト、 ', l  ヽ  \ \_     _
                         /      ヽ´ ,ィノ ィ .l  ト(   ヽ   _,.斗', l   ヽー- <-‐- 、/ .: ヽ
                        /       } /  /|/ヽ=ミL,_     /''´  |ハ  }   \::::::/       :  |
                        ,    そ     ',/ /      ト、`゙゙'    ′,,x==ミ,| .ハ!ヽrミヽ:;′ お.   お .|
                        !    う    !´7/   l   ト、_,x=ミ   〃i}:::;j}ィ// / |_/::::::|   う   っ  !
                        |    だ    .| ′ / !:.、 〃 i}::;}`    `¨ /イ ./l .ノ:::/|    っ  r‐‐′
                        |    な     | .i /|i |:::::ト..,ト、`¨  }      / .,' /ハ/!:::く` |   l7   .}
                        |    っ    | .|/ |i リ::::::!::::ヘヘ  ヽ     /.// | ト、ヽ! .|  o   ′
                        .,     l7   ,′  |i |:::::ハ::| ヽ    _,. --ァ ,'/ ′  v=ヘ 乂    /
                        ',   o   /_      !::;′ ';|   \ `ー´ //   /   ヽ_`ー ´
                         ヽ      厂     .|:;′       \   /  /       //ハ

.

4138 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:16:40 ID:FQl3p/RM0 [32/50]


              _......
             .z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
       / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
.       /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
        ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、
       |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト
.       i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i |  ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |
     i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,_cノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|
     i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从         さて、次いきましょうか、善吉さん。
     i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{
.      八{: V .:.:.:.'¨´、         レ   八 从             スライム一匹だけでは宿代にもなりません。さくさくいきましょう。
          \ .:{\  ー- ´    ..イ  .   -- ミ
          \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
             |/  ソ /              .::::: :::.. \
.               !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                   レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ※ 千里眼にて次の獲物を補足、即追跡
                 │|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                 | {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \







                ト、__
          _____乂ヽ.`¨乂 ̄_ ̄'⌒ヽニ=x
           `ヽ     ./ ̄ |    Y :、  .\_ .丶. ___
           .x≦.r‐ .厶{ l/l |.| ハ|メ|メ:}l :|. 〈⌒   <_
             ̄/ .从 i l/|/. 从ト|  l,.-从T¨::〉l| _>r''
          ./ .厶:..´Ⅵ¨`ヽ、   .〃 / l|Ⅵ:|、|\〉 \
           . ̄/:; : |i /|人〉  _.    /___.lリ/.リ .∧  :〈
           /イ .:|イl .l|_zィ≠ミ   〃.i:::::}》} ,   :∧:.、                  うずくま
             | /., :∧i∧《{:::ノ l    ¨¨ ./.イ  :lトミ\〉       (あっれー、さっきまで蹲って瀕死になってたよねこの人……)
             l/|;| l|lト.∧、   {      从 .从l|〉ノ:::≠
             |! |:| ||||'/ハl.   `      / ./`};リ/  ̄       (なんでこんなに余裕綽綽な顔してさらっと次いこうとしてるの?)
                Ⅵ|l'/人〉   、_ ァ'  〈/./:¨7:::{
               Ⅵi从| lム       /: li:::ト〉
                  乂    :ハ:.、    .イ:::/  |ト、〉
                         ∨::¨¨:::::::::/  .从__         (まー、それはそれでいいとして、、、)
                       ,rx=:从::::::::::::::/    :〉' ∧、_
                 .ノ  く_ ヽ:::::::: _.><   :〉ハ、
              _,.ィl|    ∧  .∧        .//  >....
          _.... ≦彡/l||     メ、∧_/_∧       //      `¨   、_
      r.r<         l||   /ヽr=≠=x∧ .     // /         /
      //            l|| /ヽ.:乂___乂/∧  / /         〃

.

4139 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:16:55 ID:FQl3p/RM0 [33/50]


                            ト、
                       _乂 >-rト、v‐〈ヽ- ‐、_
                    、___〉`ヽ /, |.:./   } く´ ̄ヽ
                     \  /´ /イ ,ィ从 l从トv、ハ} 〉 ヽ.∧
                      ィ>イ  /|/  Ⅵ     |l/  .‘;. \
                     ̄¨フ 〈ィ ト、|      /     Ⅵ . ト、ト、.>
                     ./ . /l|从_}\:.、  |   __,..:<}从 | ` ∧
                    ./―ァ |   |ィ示ミ  乂イ¨__   |/ .| ∨.〈
                        /イ | |!.弋{シ  /    `ミ≠ /   .lト〉 \     ねらう緒──そのまえに手を出せ。
                         〈./j人_ト、 〈    |:.       /./   | \ 〈=-
                        ,’/.::::ィ从、〉   __     彡’  .ハト.〉.:∧ト.〉    放っとくと腫れ上がるぞ。
                         〈://〈;人::.   | `ヽ   /,..イ}/  ノ从∧
                           从.   |___:j ../イ∠_...ィ彡'´ ̄ ̄
               ,.- 、          .}ヽ        .イ ./.:::ハ}
             r‐≠=ヘ >:..     ,-―'ミx>.--..<   /从j〉
             /   `ヽ∧ ∨::::>/、        `¨ ミ、 .;′
             ,′   :,:', ∨::∧ ∨ヽ       /| i> 、__
            _,′    :。 :', ∨:::::\〉:∧     /、 乂| .x<{
          rく〈:._    :,::', ∨::::::::::::::∧     ./\::〉〈イ  l|
           .ノ          , ,. `¨¨¨¨¨ ̄∨  .∧:::∧:::l::ト、 .l|、
        ./           ., ー―==ニ二 \_/、 \:::〉:‐{:ハ .lト:>..、_
         /             .l彡               \ `}::::::∨`ヽ〉、`ヽ._|¨i、





           ,.-─:: ̄ ̄::─- 、
         ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..,
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::   /::::::::::::::::::::::::::::::::::;::ィ:、::::ヽ: ヽ
     /:   /  ::::::::::::::::::::::::::/ /::/ヽ:::::V ∧
     l::::.  i   .::::::::::::::::::::::::/¨ /::/ ̄`!:::::V::∧
     |::::::....l.....::::::::::::::::::::::::テ〒.{:iリ.行テミ::::l小/
     .!::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::/:::ソ V ク::リ.!イ/
      V:::::∧:::::::::::::::::::::::::|     ;   |::|       いや、このくらい唾をつけとけば……。
      ∨::::∧::::::::::::::::::::::|      _  ノ::|
       .∨ハ、:\ト、:::::::::::|   ´  . ´ V        骨折はしていませんし。
        ヾ!ハ:::`ハ:\:::::| ___/
          / ̄ ̄ハヽ|   | ̄ハ
         ム___/ }.__  __| .ムム
        ,:r<   .,ィ| `´ |〈  `ヽ、
      / .ヽ   ./ |`ー‐'゙| V  「ヘ
     ./     ヽ  /  .|    |  ∨ l .∧ ジンジン
      ./     〉.∧ ..|    |  /  l ∧

.

4140 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:17:13 ID:FQl3p/RM0 [34/50]


 ____   ノ〉
    .,ィニ= `¨¨:/z‐ーァ
  /   ,     __ :〈
 フ_ ィ  /iイ从;;.l :∨\_
  ̄ム|:/__:|′ |ハⅥ < ̄
///  |/ ̄`ヽ.|lⅥハ|
//., |l |  、   .||从.∧
ーri| l :lⅥ. 《¨lミ、.|ハ.ハ`ヽ
从屯∨:l:ハ〉 弋}l.|//|ヽ〉
/从ミx∨|l     乂::|            それじゃあ、日数かけて治ったとしても……それだけだろ?
   ハ.∨〉       从
   l :∧.   \_,ァ 人ト|           モンクとしての先輩らしいことを教えてやるよ。
   |:..:::.ヘ.    /
l\、|l:::::::::__:...、 j               徒手格闘だと武器に金かけなくていいからいいよなぁ、ってよく言われるけどな。
  \:::/  `¨¨
\   \_                 俺たちにとっては全身是武器──その手入れと強化を欠かしたらいざってときに通用しないぜ。
∧\  ./}fi
//\\://从







                  . : :. -―- 、: : .
                : : 〈(⌒)    ヽ: :
              : :_:}\     }: :
             . : :{、`ヽ、二フ¨´: :
           . : :_ノ\ヽ.__,ン: : :
          . : :∧/  / T〈: : :            <これは?
          . : :/ / 丶 / _|__〉: :
         : :/,:/-―/―-/、/: :
          : :/:./:.: ー/:.-‐/:./: :
       . : :/:./:.:.:. /.:.:.:./:./: :             特性の塗り薬だよ。発酵させた薬草をベースにさらにいろいろと混ぜてあるらしいぜ。
       . : :/:./ :.:. / :.: /:./: :
       . : :/:./ :.:.:/.:.:.:/:./: :             市販品よりも傷の治りはいいし、皮膚や骨を怪我するまえより強くしてくれる──
       . : :/:./.:.:.:/:.:. /:./ :
      . : : /:./ .: / :. /:./ :                モンクを続けるつもりなら、あるのとないのでは大違いの効能だぜ。
      : :/ \ :/:.:.:/:./ :  コトン
     : :\ ` ー‐ァ :
        : :`: :ー一' :

.

4141 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:17:28 ID:FQl3p/RM0 [35/50]


           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l       でもお高いんですよね?
        l::::::::::::::::::::ナミ.l::ル.イ¨Tアl「Y:::::::j
      l:::::::::::::::::/ュソ .レ' ク,ソノ |}.ノ:::::/
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、  ⊂⊃ ., '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}






            ーxイ/ /./l  l./|/|/ }Ⅵl|从} メi|Ⅵ :l| .∧  ヽ入
          ./   /..l./r|T7}-...、  乂|    :}/ }./}l ∧ 、 _≧z≠‐'
          // ノイ   Ⅵ{         /'´ ̄/Tメ./ミ〉 \ト、>‐
              ./ 从  ト〉  、           .;' /} `.i    ./      まぁ、な。
              .;' l::::Ⅵ:| ィ芹ミミ    ィ___ 〈;/从 ' ∧ヽl
            | ./.::::∧.}l    ` ;  〃´ ̄ヾ〉 /.:ノ}/   ト〉 |      これはたいていの傷にオールマイティにきくやつだけど、
            |/.:::::/:∧〉'    /         .// / .rト、メli|
            |::::::/}::ハ ’〉   {:      〈/〉 _ i| ハノ`::|      基本は使用者の体質や傷の具合にあわせた特注品だしな。
            .从/ l|ノ 从           //ィ|ハ |ィ>=ミ
             .|:l/ ,,x<∧  }¨¨  、ィ  :〈/イ7::::rく〉;;>x        これは試用品ってことでタダでいいけど、
             .|/ .}´ 〈/.::::.. l:::::::::::::/    .ィ .ハ:ト.{:/ .〈_,、/ゝ
             .|.  ヾ:: \ :/:〉 ー‐ ´  </  { | ´イ ::://        そのあたりの技術料はふつうなら安くはないぜ。

.

4142 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:17:53 ID:FQl3p/RM0 [36/50]


           /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
      \    .ゝ‐<::.::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::>ク::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.    \ 〃 / _  ヽ::::::::::::::::::::::::::\::>'´/:::::::::::::/V::::::::::::::::ヽ::ハ
      {{ / / __ ヽ ',::::::::::::::::::::::::/` ./:::::::::::::/  V:::::::::::::::::l:::::l
.   ──  |  ! /r ) } |::::斤テ左≠ォz /:::::::::::/__ -‐ ¨!::::::::::::::::::|::::l     ──買いましょう。
.        ∧ ヽヽ _/ /:::::::レヘ :::/::::/ /::::/レ゙      |::::::::::::::::::|::::l
.     , -―ヘ  `ー   イ::::::::::rー'゚/::::/ //   .テ左≠=ヵ:::::::::::::::::|::::l       あるのでしょう、ふつうじゃないのが。
____/   {     /l::::::::::::ゞ辷zン       う。::::::7 /イ:::::::|:::::::::|::::l
彡_/     ヽ    イ:::|::::::::::::::/           /ヘ:::::::/  |:::::::|:::::::∧::l      ですから裏事情を吐いていってください。
〃   V    ヽ    ヽ::|::::::::::/            ヾ辷:ン /:l::.::./!::::/:::ヘl
 l    {      ∨  }__|:::::;〈     <!          /  .|:::/ l:::/
 ヽ   ヽ     {      ̄ ̄ ̄`ヽ _      _, イ   .|:/ j/
、 \   \    }           ) / ̄ ̄ ̄      .l′/







             、   ト、  ト、_ , --―― __ 、_
             乂>-∨ ¨∨`         `ヽ.>、
               _∨ ― /             .\
             イ ̄.ヽ   } }i | .| ト、 }|,!、 ';. \:..\\
             |/ . /ィ: ; ハ,ハト、|ヽ〉 刈ト\} /.ト〉.ーr‐
           /-┐ ; | ハ|:   `|/    >‐|ハ.l|    \         あー、実はな。紹介する薬師はうちの専属じゃないんだ。
               .〈イ/ .i|l.ハ´ ̄`ヽ 、 __/   / }ノ  }i\ \
              |.イ.从|ハ.zr‐rミ   .ィf二fア ;’/  :lト〉:\_〉、     正確にはうちの専属の弟子でよ、
              | | l :::::::::i'`¨¨ }       /イ .;ィ.jl メ::::::xミ〉
                 | |::::ィl从   〈       /./゙.l|イ:::>'⌒      独立したばかりなんだが……
                 | |l|l.|l::|∧       }j 〈/.イ ̄{::fヘ
                Ⅵl|..l::|l ヽ  ,_―_、_   /:;’  Ⅵ.∧__       経営のほうはうまくいってなくてな──
                  乂| 乂}  l}〉、 -x  .イ.:.:./ :   / 、 .}l:\
                        ノ'´  _} `V.:.:.:./   ., '\ \}| /.>、_   いやよぉ、調合の腕のほうは保証書つきなんだぜ? 安いし。
                      ,.イ '  ̄.:} \i.〉:./  ./ \:.\从{/   /
                     / / ー--'、_}i.:/ /  ヽ ヽ }l州  /.::
















             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              |  ……たけどよぉ、 ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧
               ヽ_______  布団から出てこなかったら商売になるわけないよなぁ  .(__;)
                         入________________________ノ

.

4143 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:18:54 ID:FQl3p/RM0 [37/50]


    ┏━━━━━━┓
    ┃            ┃
    ┃  狩 滅  こ  ┃
    ┃   り  茶 の  ┃
    ┃  ま 苦  あ  ┃
    ┃   く  茶  と  ┃
    ┃   っ         ┃
    ┃   た       ┃
    ┃   °       ┃
    ┗━━━━━━┛



                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘







 ─ 城門 ─

二二二二二二二二二二二二二工.工二二二二二二二二二二二二二二
       ___               |:|           ___
─ーーー(    )─,. -‐ァ¬T 二丁:丁二 T¬x‐- 、─(    )────
________|` ̄´|/\<.   |   {゙云゙}   .|   >/ \|` ̄´|____
    r≦三三≧z  \> ┴¬'トー イ¬┴ </  r≦三三≧z
──ー'V丁而i丁V> '´ > ‐=¬辷,少¬=‐ < `' <V丁而i丁V───
      L |川川| _|_> '´二二二二三二二二二:`' <_L |川川| _|
 ̄ ̄| 〈_r===== t_〉二二三三>ー----<三三二二〈_r===== t_〉 | ̄ ̄     <でな、日没になったら門限ってことでもう通れないんだ。
    | |ミ|    |ミ|二二三ア        `ヾ三二二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ7               V三二ミ|ミ|    |ミ| |         <高ランクになってくると例外がないわけじゃないけど、
    | |ミ|    |ミ|二三ミi                 i三二ミ|ミ|    |ミ| |
    | |ミ|    |ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|    |ミ| |         <Bはいかないとそういう依頼はないと思うぜ。
__| |ミ{伝王}ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ{伝王}ミ| |__
    4∧∧ :|ミ|二三ミ|                 |三二ミ|ミ|: ∧∧キ
    ||,,゚Д゚) |ミ|二三ミl_________|三二ミ|ミ| (゚Д゚,,||
ーー‐ O  |)ミ|ノ{二三7             V三二|ノ|ミ(|  O───
__ ||   |_|_,.|> '´_______________,`' <|_,.|_|   || __
   ,  し´J  ソ┘                     └く  し´J  .
_/_____/________________ヽ.____\_
/       /                           ヽ      \



  高ランクになってくると、緊急クエストなどが発行されることがある。

  街をせめてきてモンスターの群れを殲滅してきてとか、辺境の集落にドラゴンが出たから討伐してきてとかである。

  こういった非常時には深夜だろうと開門されることはあるもののレアケースではある。

  なお、緊急クエストを引き受けた冒険者の登録カードには一時的にその旨が記述されるという。

.

4144 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:19:28 ID:FQl3p/RM0 [38/50]


        _/    、.l./|イィィlィ ;i/x _≧=-
      ー<z彡__; . i/レ\ ′: 〈/'| j、|. \
    =≦三ニ彡/.l {i<¨ト.〉 l.  }イ/ . _\
      ≦三イ7.ィ{ lハ}. ゞ'゙ ´ i.ィ=‐{′ ト〉 ̄
        .ヾ\_〉Ⅵ     、..ノ で乂;.|  ’
        .刈}l}从.  `     /,ィ::l| |ヽ|
 r―ミ   ,ィミiリ  ::.,     ´ イ从:::| |
≦ニ≧x\¨\.  >:::ヘ.   , <〈/ Ⅵノ          共用の井戸はこっちで、あっちには代金を支払えば野営を助けてくれる人がいる。
////ヽ'/ヽ`Vへ   :>ニ/       }リ
'////∧'/∧.∨/\  ./.〈 ̄ >,               あそこのテントでの宿はEランクのうちには手が届かないだろうけど、
'/////∧'/∧. マ//,ヽ./ヽ_}_;く .リ
///////i///,\.\'//ハ '示i∨|、_                 分厚い外套をレンタルしてきたり、
三ニニ彡}'/////\.\'/∧}:::Ⅵl| |'/>x_
三三ニ彡////////,> .\∧::::}l〈/// .//;}            ちょっとした飯を買ったりするだけでだいぶ楽になるぜ。
////////////// /\\〉:|/-‐' イ//;|
'/// ∨///// 〈//////} r'/∧∨//ハ
//   ヾ/// rxヘ. ∨////乂.〉//;'.ハ'//У ̄\
/     ∨ ///∧ ∨////,}.}'//{ i'//     \    あと──あぁ、いたいた、あの腕章は夜警の代行をしている徒党の証なんだ。
        ∨///_∧ }/////|.|//,|/'´    x<./
        ∨////,} |'//,=ニ|.|//,|!    ,.イ///∧     疲れ果てているときはお金を払ってでも身の安全を確保するといい。
       .:}/////| |/////{i乂/|! .////////ヘ
       .:|/////| |//////{.{//〉〈_,ィ}////////〉




  門限を過ぎてしまって締め出されてしまうのは別に冒険者にかぎった話ではない。

  行商人や、辺境集落から買い出しにきた人間など多岐にわたる。

  しかし、モンスターの襲撃や天候の崩れによって予定時刻に到着できないというのは珍しい話ではないのだ。

  その潜在需要に目をつけて商売するものが出てくるのは時間の問題だったのだろう。

  防衛上の理由から城門近くに建物を建てることは禁止されているが、

  カマドを組んで暖かいシチューを売っている屋台や、テントを店代わりにしている商売人は数えるほどだが点在していた。

.

4145 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:19:46 ID:FQl3p/RM0 [39/50]


           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::ナミ.l::ル.イ¨Tアl「Y:::::::j       世の中にはいろんな商売がありますね。
      l:::::::::::::::::/ュソ .レ' ク,ソノ |}.ノ:::::/
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、   ,、  , '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}




                      、.\ー≠‐     、 フ `\  .、
                     .爻く__`<   .、、  .\ ー≠-
                      / _乂 〈  、 _ト〉Ⅳト、x‐> .〈≦
                        /イィ〈/ l|从、ト〉` } /}ハ}` ∨\
                   / .〈.从 } lト〉 、`T / _|l | .:Y,ヽ
                       /イ./| {〈¨\ .、イ/r<::ノ':|./   |_}/
                         〈//|.从Ⅸt;〉      // .;r{|イ:::       まっ、中には泥棒が宿やっているようなところもあるけどな。
                         |.|l:::从 }    i/| /}.:|!从
                         |.l::从:|ヘ.      /.イ| _.      利用するならいつも同じとこに店を開いているところがいいぜ。
                           乂| .l| . ヽ.' ̄`./.::  ≠  
                          l|.      ̄ ヽ::: .ノ'          泥棒やぼったくりは定位置にいたら捕まっちまうだろ?
                           /  _x<.冫    ./
                        ,r' /、   .}∨}l´     〃〈_
                        (_ノ .,r.fl|-ミ{∨   /、:::::::
                           {||リ}:ハノ∧  /丶`ー
                            乂 乂:::{イ/}_/   \



  城壁の外という、ある意味においては法に守られることのないエリアではあるものの完全に無法というわけではなかった。

  センダイなどの一定以上の規模をほこる都市において外部との交流は欠かせないものである。

  辺境集落の人間が訪れて売り買いすればそれによって税収はあがり、市場は健全化する。

  行商人ともなればその重要性は論ずるまでもない。

  そのために行政は無法地帯にならないように管理をしているのであった。

  なお、センダイ内部に比べればそこそこ割高になっているのは御目こぼしをもらっての正当な価格であった。

.

4146 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:20:03 ID:FQl3p/RM0 [40/50]

                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘







 ― センダイ政庁・アオバ庁舎 ―


                         _   _r、_______ィi_   _
                            〈r三ニ==================ニ三x〉
                            ∨/,| 二二二二二二二二二 |///
                        __∨/}i:i:i:i:i://.二.\\:i:i:i:i:i:{'//__
                          ∨二ニ=====ニ/ >< \ニ=====ニ二∨
                         ∨/|____l [][]¨[][]¨[][] |____|///
                     ┌-  _∨,}i:ロロi:i:iロ:|ニニニニニニニニ|:ロi:i:iロロ:i{'//_  -┐
                    ∨三ニ===============================ニ三∨
                   ∨/,|________/\________|'///
                       V/|:i:i:[][]:i:i:i:i:[][]:i:i:i//\\i:i:i:[][]:i:i:i:i:[][]:i:i:|'//
                 ┌―――┴ lニニニニニニニニ//:::=:::\\ニニニニニニ! ┴───┐
                ∨>==============================================<∨
               ∨/,|_____∧_____________∧_____|///
                  \:}i:i:i:i:[][]:i/人\i:i:i[][]:i:i:i:i:i:[][]:i:i:i:i:i:[][]i:i:/人\i:[][]:i:i:i:i{:/
          _______lニニニ< >⌒< >ニニニニニニニニニ< >⌒< >ニニニ|_______
        {、_______└―――=―――┘      └―――=―――┘_______,.}
          \'///T^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^T,////
.            \'/|                                           |'//
             ` |―───────────────────────────―:| ´
            |:i:i:i:凵:i:i:i:凵凵:i:i:i凵凵:i:i:i:凵凵:i:i:i:凵凵:i:i:i:凵凵:i:i:i:凵凵:i:i:i:凵凵:i:i:i:凵:i:i:i:|
            |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|
           -============================================================-
             /―-<_ノ_ノ>一'┬┴r‐ゝr‐'ーァ┬'ーr'┬'⌒Y⌒エ¨>‐r'二l二工⌒i >‐<_ノ、/∧
         /¨\_  /_ _フ__匸_jニ二ヽー`r―v⌒i⌒)二「_工_}_j__人_人/丁ヽ⌒ヽ>_斗‐∧
.        /\/_/⌒rヘ__ノ、_」、_}ー-ヘ-ヘ二フ、⌒>‐`r‐<_ノ┬'`ーく_ノー┬`ーr'⌒Y⌒i   __∧

.

4147 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:20:20 ID:FQl3p/RM0 [41/50]


              - ―― -
          ィ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:へ
.        /:.:.:,イ.:.:.:.:.:.,:.:、.:.:.:.:.:7:.:.:.、
       /.:.:.:.:.'.:.:.:.;〃..:.:.:ヾ.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.ヽ
       ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., :.:ヽ:.:l:.:.:ヘ
        l.:.:.i:.:.:.:.:.l:.:.:.:./:.:.:l:.:.:.:/:.:,ィ、:.:.:l:.:.:.:i
.      |:.:.:.:ヽ.:.:.j. :.:.:i:.:.:,:l:.:./:.:, " ヾハ:.l:.:     では、善吉さん。僕はこちらなので。|
.      |:.:.:、:.:.`:.:ヾ:.:.:V:.:.i:.:';.:/二_  .,':.′|
       l:.:.:.:.、:.:.:.:.:ヾ;.:.:.:.:.:.:./、弋ソ` ヽ、:l      本日は貴重な経験をありがとうございました。
        ヘ:.:.:、:ヽ:.:.i:.:.、.:.:.:.:l,,,       /:.:!
        ヾ:.:.:.イ:.:.:.ヘ.:.ヾ:.:.:l       _ /レ′     おかげさまでこれからどうしていくのかという方針がだいぶ固まりました。
           `ゝト、、i:ヘ、:.:.:.|    ´ /
.        _ ィ<´ヽ;!  ヽ、トr┬ - ′
.      ,∠  `ヽ,   \__  .| ̄7
    /"¨_""'' 、 ヽ    /  ユ 〈、
   イ/  ` ヽ、   l  <=== "`ヽ.l ヽ





                          ーxイ/ /./l  l./|/|/ }Ⅵl|从} メi|Ⅵ :l| .∧  ヽ入
                        ./   /..l./r|T7}-...、  乂|    :}/ }./}l ∧ 、 _≧z≠‐'
                        // ノイ   Ⅵ{         /'´ ̄/Tメ./ミ〉 \ト、>‐
                            ./ 从  ト〉  、           .;' /} `.i    ./
                            .;' l::::Ⅵ:| ィ芹ミミ    ィ___ 〈;/从 ' ∧ヽl        いいってことよ。
                          | ./.::::∧.}l    ` ;  〃´ ̄ヾ〉 /.:ノ}/   ト〉 |
                          |/.:::::/:∧〉'    /         .// / .rト、メli|         そういや、ここでお別れかー。
                          |::::::/}::ハ ’〉   {:      〈/〉 _ i| ハノ`::|
                          .从/ l|ノ 从           //ィ|ハ |ィ>=ミ           窓口別になっていること忘れてたぜ。
                           .|:l/ ,,x<∧  }¨¨  、ィ  :〈/イ7::::rく〉;;>x
                           .|/ .}´ 〈/.::::.. l:::::::::::::/    .ィ .ハ:ト.{:/ .〈_,、/ゝ
                           .|.  ヾ:: \ :/:〉 ー‐ ´  </  { | ´イ ::://




  センダイ政庁では、冒険者向けの窓口と依頼人向けの窓口はフロアからして違ってきている。

  かつてのギルドでは一緒の窓口のようだったが、

  底辺冒険者たちは肩がぶつかっただのなんだので揉め事を起こすし、スリ・ひったくり・置き引きといった盗みをする。

  依頼人に直接無茶な条件で交渉しようとし、他の仕事はないかと執拗にまとわりつく。

  また一緒にいると「この人は護衛のときさぼっていた」などの報告をしにくくなる。

  いくつもの問題を誘発する構造ということでセンダイでは入り口からして異なるように設定されていた。

.

4148 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:20:54 ID:FQl3p/RM0 [42/50]


 ____   ノ〉
    .,ィニ= `¨¨:/z‐ーァ
  /   ,     __ :〈
 フ_ ィ  /iイ从;;.l :∨\_
  ̄ム|:/__:|′ |ハⅥ < ̄
///  |/ ̄`ヽ.|lⅥハ|
//., |l |  、   .||从.∧
ーri| l :lⅥ. 《¨lミ、.|ハ.ハ`ヽ
从屯∨:l:ハ〉 弋}l.|//|ヽ〉       これからは同業者としてよろしくな。
/从ミx∨|l     乂::|
   ハ.∨〉       从       なにかあったらうちの徒党"めだかボックス"にいつでも訪ねてきてくれ。
   l :∧.   \_,ァ 人ト|
   |:..:::.ヘ.    /         俺がいるとはかぎらないけど力になってくれる人ばかりだからよ。
l\、|l:::::::::__:...、 j
  \:::/  `¨¨
\   \_
∧\  ./}fi
//\\://从






                      /    ____ノ __
                     /  ,..-:::<--‐'"::::::::::::::::"'--..、
                    〃 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、 ペコリ
                      ヾ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    ,-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ
                   y'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヘ
                   ./,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::ヘ
                   〃'::::::::::::::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::::i` ≦::::::::::::::∨::::::::::::::i     では、何かあったときには頼りにさせてもらいますね。
                 /;7::::::::::::::::::::::::::::::::::/.|:::::::::|'"  `<:::::::∨::::::::::::l
                 〃;:::::::::::::::::::::::::::::::::/ |:::::::::} 〃爪示ヤヽ:::∨:::::::::l
                    .|:::::::::::::::::::::::::::::::/¨ |:::ijノ 弋ナァタ. ' |:::i`ヾ:::::::/    そうですね……善吉さんと同じ窓口になりましたら、
                    .|:::::::::::::::::::::::::::::心` `|/     ´¨¨`` |:::|ノ::::::/
                     ',:::::::::::::::::::::::::::|歹    ,        |:::|::::::,'゙  .     初見殺しになりそうなモンスターについて、
                   ',::::::;、:::::::::::::::|-..、             /||ノ::::::!
                    ヽ::{ ヽ::::::::::::|     ' `     ,イ .|八从{       確実に一度は話を聞かせてもらいにいくことになるかと。
                      ヽ|  ヽ:::::::|> 、__   _ .イ _|__
                           >、|-─  ̄| ̄     |ヘ    V
                         / ヘ  ./|      | ヘ     .V
                        /  ム /        __| ヘ    V__
                       ム'"´ V  ̄ヽ  / ̄ |  ヘ_ -‐ ¨   > 、
                      /   ./{ヽ、     >´|\         /\
                     ノヾ ,' /  .{  `ー─ '゙   |  \      /  ∧
                    ∧   .ソ    |         |    \  ./     ∧

.

4149 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:21:24 ID:FQl3p/RM0 [43/50]


        _/    、.l./|イィィlィ ;i/x _≧=-
      ー<z彡__; . i/レ\ ′: 〈/'| j、|. \
    =≦三ニ彡/.l {i<¨ト.〉 l.  }イ/ . _\
      ≦三イ7.ィ{ lハ}. ゞ'゙ ´ i.ィ=‐{′ ト〉 ̄
        .ヾ\_〉Ⅵ     、..ノ で乂;.|  ’
        .刈}l}从.  `     /,ィ::l| |ヽ|
 r―ミ   ,ィミiリ  ::.,     ´ イ从:::| |            おうっ。そういうことは遠慮なく頼ってくれよなっ!
≦ニ≧x\¨\.  >:::ヘ.   , <〈/ Ⅵノ
////ヽ'/ヽ`Vへ   :>ニ/       }リ
'////∧'/∧.∨/\  ./.〈 ̄ >,                 ねらう緒の視界は面白いけどよ、
'/////∧'/∧. マ//,ヽ./ヽ_}_;く .リ
///////i///,\.\'//ハ '示i∨|、_                   世の中には見てとってからじゃどうしようもないやつがゴロゴロいるからな。
三ニニ彡}'/////\.\'/∧}:::Ⅵl| |'/>x_
三三ニ彡////////,> .\∧::::}l〈/// .//;}              あらかじめ予習できることはしておかねえともったいねぇ。
////////////// /\\〉:|/-‐' イ//;|
'/// ∨///// 〈//////} r'/∧∨//ハ             天性の才覚だけに頼っていたらダメなんだ。
//   ヾ/// rxヘ. ∨////乂.〉//;'.ハ'//У ̄\
/     ∨ ///∧ ∨////,}.}'//{ i'//     \
        ∨///_∧ }/////|.|//,|/'´    x<./
        ∨////,} |'//,=ニ|.|//,|!    ,.イ///∧







                       ,.  -  ......_,≠ 、     _ノ
                       /   ,..:::-/   `¨¨¨/し-x≦x
                      /   _/-=彡    , ´¨   :ム    /
              _>‐<   ´/‐=ニ二_/ :/     i  ∨ 〈=‐'
               >≠   ノイ _/ /  ./i〈 /ィ.l|イl 从_\ .`
               フ"   ./´ /_../   〈〈ヘlメ|从}リ :l|  .r―
               彡.//   .イ./⌒/   :|  ハ〉 ∨ |从 | ∧:\       頭の隅っこにでも憶えといてくれ、ねらう緒──
                〈/////ム{ 〈:;'./i |.l弋rミ、.Ⅵハ/ノ l ∧
                 \///////∧.〈/.:'; :| l|  ヾハ〉 ;':イ  ト、∧         この業界では、
                  ヾ/////从|¨`i '; :|从     :ハメト、 ト〉
                   〈イ///Ⅵ   ∧ 乂}:      ∨:l:/ヽ〉         ギフトなんて何の意味も持たないんだ。
                 _/_l/__    ::ハ   `ヽ_、   イ:::||
                      ` .、:|:::::::..     xt{/|l::|l
                             丶:::x:::... _/>=ミ::/.__
                三三≧=- _........:><二三三三三三ヘ
                  ≠x≦三三三三三三三三三二ニ≠⌒ヽ、
                 ≠ニ二三三三三三三三三三ニ≠_¨     \
                 ≠ニ三三三三三三三三三三二≠_z=-- .._  __  ∨
            ≠ニ三三三三三三三三三三三=≠  ';     .>'  ̄ ¨ヽ
         / x≦三三三三三三三三三三三三:/    ∧     } _....:-、l、
         .≠二三三三三三三三三三三三三//、 _:::.....  ∧、  ./     ∧
       ./三三三三三三三三三三三三三三//         i 〈       ∧
     ./_≠ニ三三三三三三三三三三三三三,′   、_    :ヽ ∨       :|
     7三三三三三三三三三三三三三三三′::.、        乂:|        :|
   ..≠ニ二三三三三三三三三三三三三三/、 ミ、        \ヽ、    l|



  それだけを言い残すと善吉は立ち去っていった。

  おそらく、しばらくは顔を合わせる機会が訪れることはないだろう。また、あってはいけない。

  ランクの違いとは身分差である。

  階級を超えた交流というのは美しいものではあるが同時に表ざたにするとトラブルを招くものなのである。

.

4150 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:21:43 ID:FQl3p/RM0 [44/50]


                      ┌──────┐
                      │            │
                      │            │
                      │            │
                      └──────┘
                               ┌────┐
                               │        │
                               │        │
                               └────┘
                          ┌───┐
                          │      │
                          └───┘









 ─ 冒険者向けの窓口 ─

                  _,,....,_
              ,.-‐''" -- 、`"'‐- ,,_
          ‐=、'ニ´-  ̄` zー'ー- 、  ',
             -=ニ,.=-‐,..、 z` - ,_  `´!'
           `ーz‐' i.r ;ヽ'   rr;jー r'
             `i. '、(i       l
              ',,.r`'i.        i´              ,、_              うん、護衛報酬はしっかりと払ってきたみたいだね。
               |  `      ̄,'                /  `'' - .,_     _,,
.             ,. '/`'‐.、   'ーr- '              /       `''ー '",.'       それじゃあ、冒険者としての清算といこうか。
       __ ,.-i" .ヽ   `'ー ,、'、.      ,.、     /           , '
    ,.-'-´- 、    l   ヽ   ,'""i;\     | ',、.  /          ,.'
   ,.'       ヽ  '--.、,. '´'、-.、l、_!',. ヾ'.、 r'=! l. i ./         , '           スライム17匹。
   !        i  ./    ヽ ` l '、!ヽ,ゝ/.,ノ ,! l ./        , ,.'
   l        、  `' 、.   ヽ. |  ヾ ゚,.'  '  ィ i/    r;- .,_ ,.'.,.'            午後からだけでこれならたいしたものだよ。
.   ',           ヽ     `' 、.  ヽ!. ,...!、!,_     '/     `'-、'ヽ;'
.    ヽ        ヽ     `' 、,.r'"  `"ヽ、_,,. '゙i ``'ー- .,,r'´;`ヽ ',               いやー、先が楽しみだな~。
.    ヽ        ヽ   ,. ‐'         ヾ、 ! !    r'´;"'ー  i'
      ヽ       ,`ー'"          | `!. !   ,.ri"´`- , r'            善吉くんの手を借りずにこれは立派なものだよ。
       ヽ      '            ,. ‐'  |   ', ,. !,' `''  ,)'.´
        ',、               , ‐'     !  / ','- .. ィ´l



  ある程度モンスターとの戦闘を効率的にこなせるようになってくるとネックになってくるのは捜索の時間である。

  それらを解決しつつ奇襲をなくすのがメイジによるサーチの魔法だが、

  そもそもスライムやいっかくうさぎはこちらから攻撃しなければ襲ってこないので奇襲はされず、

  あえて獲物を探してまで連戦しようとする徒党は少ないので低ランクのうちはサーチの出番はまずない。

  体力を回復がてらぶらついているうちに見つけたのと戦うのが一般的なのである。

  この呪文が輝くのはアクティブに仕掛けてくるモンスターが常態化するようになってからだった。

.

4151 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:21:58 ID:FQl3p/RM0 [45/50]


  しかし、ねらう緒には自前の千里眼がある。

  サーチ互換となっているこの技能によってぼっちなスライムの居場所を何カ所か記憶し、

  次々と狩っていけばこのくらいの数を撃破することは十分可能だった。

  他の気力の使い道がないために気兼ねなく発動させられ、連戦に耐えうるだけのスタミナもねらう緒は持っていた。

  そのために、ねらう緒の初仕事報酬はEランク冒険者にはあるまじき金額となった。






            、-`=- `_`'''‐--:、,_
            -=_- 、,,__`''‐-、 ヽ`‐、_
            `=,‐- _- r‐-`‐-、 ! r'
                 'i i´)`r'".-、,_  `'i‐'
              |,!、'!.   lT;j'‐ ,r'
              /" |      ._|
           ,.-'/ '、 ヽ `''‐-r'           スライムは一匹大銅貨1枚と中銅貨6枚。
    r―,――‐:''"| ヽ. `‐:、` ,-'"
  ,r'゙   ヽ    !_.  \  `/-i`,、_             だから、17匹で大銅貨27枚と中銅貨2枚になるよ。
'"´      ',      `ニ=-\./、,, !',.ヽ`''ー,-:、
.         i    く.    ヽ .! .',`i".、  ヽ ヽ        粘液を採取してきたらこの1.5倍にはなるから狙ってみるといい。
          |     `:.、.   ':! .',.| ゚.l   ヽ `':、
          i       `:.、.  ',. '| .,'    i   ヽ
        ,'         \. ', |.,' _______ i    \
ニ-、  __  ノ           ヽ'、/     |     \
  `く´ `:<              |O     .|、  _.-  \
    \   ヽ              |      !ヽ_.r     .',
      \  ':,.             |      |.,:'"      i






























  だが──

  本日、善吉に支払った護衛費用は銀貨4枚=大銅貨40枚となる。

  一般的な護衛の相場は大銅貨15枚ほどとなっているが、

  ある程度の安全を確保している街道の行き来を付き添うのではなくあえてモンスターとの連戦を希望したことや、

  本来は徒党単位の依頼をするべきところを個人に依頼したことによって倍ほどに跳ね上がっている。

  さらに冒険者ギルドと提携している商業ギルドに所属してないことで割引をうけられないまま、

  冒険者ギルドへの仲介料などを支払ったことによって大銅貨25枚分を上乗せされることになっていた。

.

4152 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:22:20 ID:FQl3p/RM0 [46/50]


  ねらう緒、ギフティッドながら大銅貨12枚と中銅貨8枚の赤字スタート。 ※12800円相当

  ここからさらに生活費が差っ引かれることになる。

  己の見通しの甘さをねらう緒は自省した。




            /⌒',
          /⌒',: : : :i⌒',
         ,': : : :l: : : :|: : :l
         l: :  :|:  : !:  l
       /⌒i: _ :j:  :|:  l
        /: : : |:   {:   |   ',
      ./: :  ノ:  |:   |:.   ,               ,..:‐、
       ,:: : -イ:.   |: : . l:: :  ',             /: : :/
       |:: :  }: ⌒ !:   ヽ   、        /   :/
       |:: : _ j: :   ',:.   ヽ  ',          |   :i      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      ':: :  ヽ:. .  ',: . -‐: ': :¬\      /:   :|         |  人生は……ままならないものだな。  |
        ',:: : . ヽ:- '´     ,    :丶、  /     :|         ゝ_________________,ノ
        ';:: : :'´       __, 〃⌒ヽ   `¨´     :l
        !:: : :   \   乂 .:::ノ |       . : |
       ヽ: : :      丶- .._ ¨´         . : :/
       |∧:: : : .       `ヽ       . : : ハ
       |  '、: : : : : . .       ゚.    . : : : ://|
        、 ヽ : : : : : : : : : . . . . . ::',: : : : : : : : :///
        \  \: : : : : : : : : : : : : :l: : : : : : : :イ//|















                                                         _.....__...,-‐-
                                                     ┌-ゞ> ,,´/,,´ ,--.._゛‐-.. _
                                                     」ヽ/‐-‐゙´´ ̄´ヽ-  ``‐=二  __
                                                      ヾ{     U  )‐- ニ.._‐<   /
                                                      <| \    / i! !^ }彡      \
                                                       l ○   ○u ┌ーi´      ̄ ̄
                         (えっ、ギャグで言ってるの? 被虐風自慢?)       ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃j
                                                       /⌒l 、 __, イ ト
                    (明日一日狩りをすればすぐに黒になるんじゃ……)      /  // ▽ 厂l::::::::ヽ
                                                      |  l ∨|| ∨:◎::::::|



  この向上心の高さは、聞くものによっては嫌味に映りかねないものではあったが、ギフティッドには必要なものであった。

  同じEランクよりは稼げていると満足しているようだとあとは腐り堕ちていくだけとなってしまうのだ。

.

4153 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/05/06(火) 15:22:48 ID:FQl3p/RM0 [47/50]









                          ┌┐
                      ┌─┐┘
                      |  |
                        ┌──┐┘
                        │    |
                  ┌────┐┘
                  |        |
                  |        |
              ┌─────┐┘
              |          |
              |          |
              |          |
          ┌──────┐┘
          |            |
          |            |
          |            |
          |            |
.        ┌─────────┐
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        └─────────┘











  以上で、2-1の投下を終わりとさせていただきます。
  お付き合いいただきありがとうございました。
  2-2ではミクコミュ。2-3では善吉所属の徒党による、第三者からのねらう緒評価を予定しております。
  今のところ、2-2は70%以上出来上がっているのですけど……次の日曜までどう考えても時間とれませんので、
  出来上がっている分から区切りのいいところまで投下させてもらいました。

  戦闘中のメッセージはてきとーなので細かくは気にしないでください。
  特定の特技のときしか出ない文章もそのシーンのイメージにあったら流用したりしてますので。

.
関連記事
2014-05-06 : 続きのないチラシの裏 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
魔眼持ちのねらう緒。善吉の原作能力一つ目ーーあっ!
2014-05-06 23:58 : URL : 編集
No title
善吉のランクはなんぼなの?
2014-05-07 01:54 : URL : 編集
No title
展開が丁寧で詳細な分、いかんせんテンポ悪いな。
タイトル通り、女囲うまで進むのにかなり時期かかりそうだな。
2014-05-07 16:39 : URL : 編集
No title
善吉との会話に意味深な言葉が散りばめられているのは面白い。
けど更新速度がネックになっているよな。

仕事忙しいみたいだからどうしようもないけど。
2014-05-07 18:32 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

検索フォーム

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
昨年から職場が片道2時間弱の僻地になったので更新ができず申し訳ありません。今年の11月には元の職場に戻れる予定なので気長にお待ちください。

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

RSSリンクの表示

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート