FC2ブログ
クリックで開閉

☆凜冒険者シリーズ二次創作 『やる夫は屑な転生者の冒険者のようです』>『やる夫はサイコキラーのようです』2


ここの板の基本ルール(2013年9月改定)
1 本スレでの予想は禁止、雑談は基本避難所で
  →内容が投下内容の本筋に沿わないもの、3行以上の長文等は禁止です
    安価付雑談は全て避難所でお願い致します。
2 補足説明はok
  ・そこから発展した議論と雑談は避難所でやること。
3 誤字、脱字に関する書き込みは推奨
  →訂正元についての安価をつけて下さい
4 自治不要
  →違反者はその都度☆凜(>>1)が対処するから自治レスは禁止

その他、雑談所で自重するように言われたもの
*共産主義、資本主義等の**主義関連、宗教関連
 その他加熱し易い話題は禁止。
 他スレの話題は常識の範囲内で許可。
みんな仲良くの原則に外れそうな話題はやめましょう。

作者さんより 「少しの気遣いでみんなが幸せになれるという事です。」

追記:考証、議論専用スレが出来ました。アドバイザーの皆様はそちらへどうぞ。


『やる夫は屑な転生者の冒険者のようです』

4675 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:32:01 ID:RD12XLgc0 [1/78]

             ________
            /            \
          /               \
         /              ´ ̄`    ´ ̄`
        /                          \
      /               /     ヽ   /   ヽ      やる夫は屑な転生者の冒険者のようです。
       |            ゝ  ー' 丿  ゝー'  く
       |                   /   ハ  ヽ  |      『やる夫はサイコキラーのようです』
       |                    ゝ_ノ ゝ__ノ  |
       ヽ                       `´ ̄`´  /
        \                         /
            >           ヽ  _____/
          /                ヽ

4677 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:34:30 ID:RD12XLgc0 [2/78]


              _、
             zミ:::::ハ      ほぉ……等々理解をしたか。
             {:::::::::r、
             ゞ::::;ノハ.ヽ     これで彼も私たちに近づくな。
            ノ三ニ\/`ヽ
          /ニ二三三.\==\
           |. =ニ二三三三:ヾミ、ハ
        r、_./=ニ二三三三{\.三ノ
        ∨ハニ=ハ 二三三:|
.         ∨//ノ }=ニ二三:|
          ̄  ハ=ニ二三ム
             } ニ二三三:}
             ∨ニ二三彡
             | ̄ ̄ : : ;′
             |: : i : : : :;
             '.: :,゙: : : :,
              } , : : : ;
             |:,: : : :,
             jミ: : : ,
             /: : : :/
            ./. : : :/!
            /. : : :/: |
           ノ: : : /: : |
          ,イ: : : /:_:_:_!
          ∨ヘゞf///,ヽ
            ゞ彡==´

4678 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:35:28 ID:RD12XLgc0 [3/78]
2


          zー-、ー=ミ
          _ミ:::`゙::ヽ::::::::::`ヽト、
      _/.:::::.`ヽ:::::::::::::.\::ヽ:::::.、
      ≧:::::::ー=:::::-ミ:::::::::::::ヽ:::ヾ:ハ
       7.:::::::::::::::::::::::/ `ヾミ:ゝi::::,イ::j
.       }:::::::::::::::::::::::::〉 (  `゙'゛ '.'゙
       j::イ::彡:::.イ/ =ミ:.,_   _,
.      从::Y⌒ヽ::{  セtァ≧ソ r示j      ……おや?君たちも彼を見ているようだね。
       ∨ム  ;イ        ∨ ,゙      どれ。君たちは彼の事をどれ程見ていたんだい?
.         ∨ハ、.j        _  j ,′
         }从人    、____ '
      __ノ    \     ̄- ´/
      }////` <  `: ..    .,'
      /_/////////` <r'´ ̄
.     //////`/<///////ハ
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ


                ノ〈\
        、 /: 〉/: : : : .\〈\
          |:∨. : /. : : : : : : : : : 〉: 八
         〉 . : : : : : : : : : : : : : : : : :人
       / . :: :> ─\/─ < : : : .ヽ
         ' : ::>             <: : : : :.
       .:: : :/               ヽ: : : :|
        : : :│   \    /   |: : : :|
      ノ : : | /┬┬ 、   ┬┬ 、|: : :丿 ___,      ふむふむ。成る程。
      >: : :|:  └┘     └┘ ノ: :∧ノ : : : :ノ__,      ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/16054/1400587053/3331-3479か。
      \_;人        l     . :/、 ̄__ ´ ─‐イ __
        |  ;.    、    ,    / =  =         /
          人      ̄ ̄   イ 、_乂__,      │
             > 、    , <人 └┘       /
          ___ 」   |__ >┐  ___ イ
         _厂` <ノ     L>´厂 ̄〉 厂 : : : : : .\
         /人 : : :┌\ /┐::丿>─「〉─ 、__/|   ハ '⌒ヽ
        /. : : :.丶: :│ 〉 〈 │::厂_)O  (⌒ヽへ : : :| / //⌒〉丿
     / . : : : : : : .\|ノ:|   |ヽl:;人ノ       \/ : : .\:|/ / |
     l: : : : : : : : : : : : ::|   |: : : : 人       ノ\: : : :ノ/ l l
     |: : : : : : : : : : : : ::|   |: :/\ >'⌒ '─へ>イ   / /
     |: : : : : : : : : : ノ⌒丶/ . : : . \  _/⌒´ : :八//
     | : : : 丶: : : :「   /. :\ : : : : . >───┬<./
     │: : : : . \:〈_/. : : : : . \ :/   LUCI |个 \
     l : : : :__> . . : : : : : : : :/\ 、    ノ|│ \冫
     │: : : : : :へ . : : : : : : : : /. : : : .\二二二ノ丿
     l : : : : : : : : : : : : : : : /.: : : : : : : : .`: :<: : : |
      〈 : : : : : : : : : : : : : /. : \.: : : : : : : : : : : : : :│
       \: : : : : : : : : /. : : : : : .\ : : : : : : : : : : : /
       \___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \: : : : : : : :/
                         ̄ ̄ ̄

4679 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:36:10 ID:RD12XLgc0 [4/78]



         _,,ニ                      ハ
       _ゞゞ                            ハ
      `ヾ                            }
       ミ'                  r、 r┐ _      }
      、j〃                V i/  レ' `ヾミ ,イ
        く彡                    ( j        `' ',
         ソ                  ム            '
       ノ                    i''"            l
         |,     /´`ゝ,       〃'´       ̄`≒x,、 ,j  ___
        ル    l   ''iヘ     /'       弋Fヌ、;::::゙' ,/ /´    丶 l´l~l      ふむ。成る程。なら彼の転生前の事は知らないわけか。
        V  ∧ - ヘ V  /'            ̄´:::::  '! /      ゙ l.└l- 、      ならば簡単にはなるが語らせて貰おうか。
          {    ∧ .ヾ V/                 ∨        l  .', .ヽ_    ついでに転生者についてもな。構わないね?…では語らせて貰う。
        Ⅵi    ヽ   /                     ∨       l  ',  ',`ヽ、
            'j     i{ ̄`;               __,, _冫、      |   .',  l  .l ヽ
            l  i/イ/`   :.                   _(´   丶     |   ',   ', .', ト、
     , ---zzレ'/レ' ′   ` .         ` ー --f′    ` r 、   |        ' V`ヽ
      l:::::::::::`>ー‐-,,,,、_   `  .          .′        | `ヽj           〉 /
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`, ー- 、::`  ,        l        !  '´           / /
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x,_ ,r`<  ,. '        '               l /
     ゙}ー--::;;;;;、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>             V          /
    /::::::::::::::::::::::::`::::::::::ー:::::-::;、::::::::::::::::;|、            rゝ―-,,,,,,__    ./
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、::::::::::|ヽ              |:::::::::::::::::::::::::::`>{、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,j::::|                |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

4680 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:36:59 ID:RD12XLgc0 [5/78]



                    ,ィ:..:..y.、
                    ,ィ::::::::::::::::::从
                   ナ:::::ミ:::::::::::::::ハ      彼の転生前のフルネームは赤神 やる夫。
                 Y:::::ミ斗`ヾ''イ      父は赤神 楼樹。母は貴島 あやな。
                    |:('リ  ≧ rッ′
                    |八   _|ノ        この二人との間に生まれた一人息子だ。
                   rヘ  \ ー
                 ノニニ\  Tミー.、         ・・・ふむ。ただ語るだけでは時間がかかるな。
              ,ィ≦ニヘニニイ 弋ニニ|            見て貰った方が早いだろう。ではご覧いただこう。
           ,,イニニニニニVニiー v ヽニ=ー、
          / ニニニニニニニニ弌  |  |ニニニl
            /ニニニニニニニニニニニヽ  |ニニニ|
        /ニニニニニニニニニニニニニ\ノニニニ|i
          /ニニニニニ/:ニニニニニニニニニ|ニニニイ:|
       /=ニニニニノニニニニニニニニニニ|ニニニ{=|
      ./ニニニニ/   ヾニニニニニニニニ小.ニニj=|
      {ニニ≡;イ     ヾニニニニニニニ|ニニニ}ニ!
     弋ニニニ込    弋ニニニニニニ|ニニニVハ
       \ニニニ\   从ニニニニニ代ニニ=V∧
        \ニニニ\ ./辷ニニニニニ| ヽニニ}/∧
            ヾ=ニニニ\ニニニニニニリ ' 弋.ニレ'/∧
              ∨ニニニニ>ミニニ/___ヽ|///ハ
           Vニニく   \/:::::::::r====t////ハ
            ∨/=ハ_j .l l |:::::::::::ヒ====jトyj¨¨`ヽ
            レ|===〈//´ニニニニニニllニニニl弋 |ニ,ヽ
               |=ニニニニニニニニニニソニニニ| ト辷ハ_|
                |ニニニニニニニニニ=ィ=ニニニニ! | |
               .|ニニニニニニニニ/===ニニニニ|. | |
             |.ニニニニニニニ/ |.ニニニニニニ|  T
               |ニニニニニニニ'  |ニニニニニニ| {{{}}}
                |==ニニニニニ′ .|ニニニニニニ! ト込|
            |ニニニニニニ    |ニニニニニニ! |ヽ、|

4681 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:37:43 ID:RD12XLgc0 [6/78]



             ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
             //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
         / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ      お母さん!見て見て!足からこんなに血が出たよ!
         / /:::/⌒    ⌒ ヽ:::ヽ l
         レ!::::ノ ●    ●  }:::::| |      すっっごく綺麗だね!!
          ヾ:l ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::/ /
        /⌒ヽ_▽、          j /⌒ l
      \ /: : : : :>。、 __, 。イァへ.__/
          \: : : : : ヾ:::吊/: : ,: : : : /
          Y: : : : : ヾ∨: :ノ: : : :/


:.:.:.:.:|: :.:.::.::::丶、             イ:::::::::::::::::::::::::::l::::      ・・・そうだね。
:.:.:.:.:|.: .:.::.::::::/|` ‐- .._   _. -‐ ´ |、:::::::::::::::::::::::::j::::           でも、痛いでしょ?
:.:.:.:..!:..:.:::::/ /!      ̄       ゝ`ヽ::::::::::::::::,':::::
:.:.:.:.|:..:.:::/  /´            }  ';:::::::::::/.:::::::
:.:.:.:.|:..::.:{   {               |   l:::::: /::::::::::
_.. -|.:.:.::l\ 丶 ,. -‐-、    ,r‐- .._  |  |:::::/\::::::
   !.:..:.|  〉  ヽ            |  /:::::!  \
   l .:..:| ./   `、.           |::::::|
.   l:..:.:|/_.. -‐:.、 i         /   }::::::!
    |.:.::|´    \|       //´\、/:::::ノ

4683 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:38:27 ID:RD12XLgc0 [7/78]



               , 、
             ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
             //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
         / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ
         / /:::/⌒    ⌒ ヽ:::ヽ l      うん!転んだ時は痛かったけど……
         レ!::::ノ ●    ●  }:::::| |
          ヾ:l ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::/ /
            ▽、          j /レ'
            >。、 __, 。イ ァ.ァ
           _,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
           /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ


               , 、
             ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
             //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
         / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ
         / /:::/⌒    ⌒ ヽ:::ヽ l      流れる血を見てたら気にならなくなったよ!
         レ!::::ノ ●    ●  }:::::| |
          ヾ:l ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::/ /
        /⌒ヽ_▽、          j /⌒ l
      \ /: : : : :>。、 __, 。イァへ.__/
        从l||l |: : : : : ヾ:::吊/: : l||l人.∧ バンバン
      ( ⌒ ): : : : : : ヾ∨: :ノ( ⌒ )'


これはやる夫の幼少の頃の出来事だ。転んで怪我をしたら凄く血が出てしまった。
ただそれだけだ。だが、幼いやる夫の言っている事がどれ程異常かわかるだろう。

これがただの怪我をして泣いていたならば、普通の出来事。
だが、痛いであろう傷。そこから流れる血を幼児が美しいと言うなど、異常そのものと言えよう。

4684 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:41:39 ID:RD12XLgc0 [8/78]



      j!::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.|    ,. -‐  /.::.:.:.:./ `l|      ・・・貴方も、かぁ……
       /」:、::.::.::i::.::,::.::.::.:.::|i::.:! ‐ ._   ,/.::.;:.::.:.:.:l  l|
     / `lヾ::.:.:|!::/|::.::.:.:.:.jヽ.:!   `7、´j:.::.:.:;!、::.::/丶._l!        ×××、綺麗だけどね痛いのは嫌じゃないかな?
   /   l ヽ:j:/ !::.:.::/リ ``    { \、:.:::| `'メ   ノ`丶
 /     l  リ;!  lヾ/\          /\::|`/、j、__,.. -‐\
'´         ヽ jハ、 ,ノ   \____   ′  リ、 _,.ィミァ-、    ヽ
          `、      __\  `    __ '/´ ,ノ  l     ',
 、         ヽ  /ヽ\  `ヽ    /´彡′ /    |  l   i
  丶         ! /、   \ ̄ ̄ヘ  Y´   /      }  ,′  |
   \       ∨、 \  { ̄ ̄ ̄``7            ハ /   |
     丶._        ヽ \,|  ー‐--{             ノ     ,ハ


               , 、
             ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
             //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
         / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ
         / /:::/⌒    ⌒ ヽ:::ヽ l      う~ん……嫌、かな。
         レ!::::ノ ●    ●  }:::::| |
          ヾ:l ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::/ /
            ▽、          j /レ'
            >。、 __, 。イ ァ.ァ
           _,.ィ7!_/ヽ//ヽ、
           /i::::!ム!ヽ!/:::/:::::::ヽ

4685 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:42:33 ID:RD12XLgc0 [9/78]



            ° |::ト、   n    イ::ト:l、:ト、      なら、それは自分だけに留めなさい。
             ,ィ^V::/>,- r '´ レ'::::トヽ:ゝ      人にしてはダメだよ?
                {::l::::レ':::,::/、 ′  /::,::::l::::X\°
               ヾV::::::,:〈  ` -‐/::::,:::::l/:.:::ヽ::ヽ     人の嫌がる事はしちゃいけない。わかった?
            ゚  ムイノ`ト、   ,ム:__::::::|:::゚::/´::l
             /::/:::.:::!〈ー'7:.\;::\l::::/:::::.::::|
               {:〈::゚、::::.::Vハ/:.:::::::。\::ン':〃::゚:::,!
             ヾ{、:::\:::V:::::;:ィ: ̄:::〈::::/:::::.:::ハ
             ゚ |:`::ー:-rヘ/::::{::::::::::::;l/:::::.::/::ノ
            ° ト、:.:::::::} ト`ーr-‐::'´{;::::::.'::;イ
              |::uヽ:::l、人i`::‐、:::_::::{::゚::::'::::|
            ___,」:.:.::::ノ「`ヽ:i:`:::T:::‐'j::::::::.::::| ゚
        __ f王{__ノ‐'´ ̄ ハ 、 \::::i::::::::l::::::::.::::ト、
      (: : : :`フ´      i ヽヽノノ ̄l厂l:::::::::.:::}ハ
      __フ/            ヽ{ {丶. \|::::::゚::.::|. l 、_
   /: : :/            . . .ノ ヽニ_`  |:::::::::.::|. l : : )
   {: : : ; ′       . : : : : :/       `丶 l:::::::.:i::| / : : :_)
    ヽ:/       . : : : : : /            |::::::::.:::|'´  ̄
     ハ.    . : : : : :_ /              l::::::::.:::|
    (: :.ヽ、. :_,: ‐ :´:/                . ;ハ::::i::.:::l
    `ー'´ ̄ `  ̄/            . . : :/: :l::::i::__j、
             /        . : : : : :/: : : :/下、__」\
          , -‐{    . : : : : : :_,: ィ: : :r‐、:_:{、_j  、 、ヽ.>、
       (: : : :ゝ、. :_,: --: ´:ノ  ー'   `しヘ.__ト、XヽJ
          ̄` ー:二:_:_ニ-‐'´           ヽ.)ヽ.)ノ



             ,へ , ;:::::ヽ`ヽ、
             //:::/ミ彡ヽ::::ヽ \
         / /::::/  ノ   ヽ:::ヽ  ヽ
         / /:::/⌒    ⌒ ヽ:::ヽ l
         レ!::::ノ ●    ●  }:::::| |      わかった!!
          ヾ:l ⊃ 、_,、_, ⊂⊃:::/ /
        /⌒ヽ_▽、          j /⌒ l
      \ /: : : : :>。、 __, 。イァへ.__/
          \: : : : : ヾ:::吊/: : ,: : : : /
          Y: : : : : ヾ∨: :ノ: : : :/



頭ごなしに彼を否定せず、彼の母親は優しく優しくやる夫の心に鎖を繋ぐ。

やる夫が気付かないように、言葉による楔を打ち込んで行く。

4686 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:43:46 ID:RD12XLgc0 [10/78]



          zー-、ー=ミ
          _ミ:::`゙::ヽ::::::::::`ヽト、
      _/.:::::.`ヽ:::::::::::::.\::ヽ:::::.、
      ≧:::::::ー=:::::-ミ:::::::::::::ヽ:::ヾ:ハ
       7.:::::::::::::::::::::::/ `ヾミ:ゝi::::,イ::j
.       }:::::::::::::::::::::::::〉 (  `゙'゛ '.'゙    彼の母は息子の異常にも正面から向き合った。
       j::イ::彡:::.イ/ =ミ:.,_   _,       異常であること程度は彼女は覚悟していたからだ。
.      从::Y⌒ヽ::{  セtァ≧ソ r示j
       ∨ム  ;イ        ∨ ,゙        それは単に、彼の父である赤神 楼樹の才能を知っていたから。
.         ∨ハ、.j        _  j ,′         彼の父は、三千世界を探しても尚稀有な才能の持ち主だった。
         }从人    、____ '
      __ノ    \     ̄- ´/
      }////` <  `: ..    .,'
      /_/////////` <r'´ ̄
.     //////`/<///////ハ
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ

4688 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:45:08 ID:RD12XLgc0 [11/78]



         _,,ニ                      ハ
       _ゞゞ                            ハ
      `ヾ                            }
       ミ'                  r、 r┐ _      }
      、j〃                V i/  レ' `ヾミ ,イ
        く彡                    ( j        `' ',
         ソ                  ム            '
       ノ                    i''"            l
         |,     /´`ゝ,       〃'´       ̄`≒x,、 ,j  ___
        ル    l   ''iヘ     /'       弋Fヌ、;::::゙' ,/ /´    丶 l´l~l            それは圧倒的な殺人の才能。
        V  ∧ - ヘ V  /'            ̄´:::::  '! /      ゙ l.└l- 、           そしてこの才能は彼も受け継いでいる。
          {    ∧ .ヾ V/                 ∨        l  .', .ヽ_   
        Ⅵi    ヽ   /                     ∨       l  ',  ',`ヽ、     だからこそ母親は論理を育み、道徳心を植え付けた。
            'j     i{ ̄`;               __,, _冫、      |   .',  l  .l ヽ   やる夫君を縛り付ける鎖と楔を打ち込んだのだ。
            l  i/イ/`   :.                   _(´   丶     |   ',   ', .', ト、      では、少し成長した彼の姿。そして死ぬ原因を見て貰おう。
     , ---zzレ'/レ' ′   ` .         ` ー --f′    ` r 、   |        ' V`ヽ
      l:::::::::::`>ー‐-,,,,、_   `  .          .′        | `ヽj           〉 /
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`, ー- 、::`  ,        l        !  '´           / /
      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x,_ ,r`<  ,. '        '               l /
     ゙}ー--::;;;;;、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>             V          /
    /::::::::::::::::::::::::`::::::::::ー:::::-::;、::::::::::::::::;|、            rゝ―-,,,,,,__    ./
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、::::::::::|ヽ              |:::::::::::::::::::::::::::`>{、
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\,j::::|                |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l

4689 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:46:44 ID:RD12XLgc0 [12/78]



888
888                        に|
888              に|      __|_   に|
888               に|   |.   ┌’㊦‘┐   |  に|
=||               __|__|___| :。。  |___|__|_
  ||            | G EEEEEEE! ’    EEEEEEEEE! |
_||.________|   EEEEEEE! ===    …   …   |___
| |関西ペイント| | SSK |.| T EEEEEEE! EEE!    。。。。。。 .|SONY|
三三三三三三三三三|―――――――――――――― |三三三
三三三三三三三三三|      携帯!は三菱電機      |三三三
三三三三三三三三三|_______________|三三三
三三三三三三三三三 /l  |                  |  |i三三三三
三三三三三三三三三/_|_|__________|_|,l三三三三
     Panasonic                     生活設計
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



熱気空き荒ぶ夏の甲子園球場。そのマウンドの上に彼、赤神やる夫がいた。

高校球児としての最後の夏、やる夫はここ迄は何事もなく暮らしていた。

4691 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:48:48 ID:RD12XLgc0 [13/78]



        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、      これでラスト、か。
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽
     _/    '´_∠ ┴z_    '′
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  /:,ン:;:;:;/--―ッ'":;:;:;:;:, -'´ィシ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:rイ
 ,'/:;:;:;:;/'"´>'´:;:;:;,. ‐ '´,イシ'´:.:.,. ´ ̄):.:.:.:.:.:.:.:.ヽヾ!
.;イ:;:;:;:;'´,. '":;:;:;/:.:.:.:.:ノ/∠ン:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|
':;:;:;:;/'":;:;:;:;:;:/:.:.:.:.:,.ィ彡:'":;:;:;:;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、、:.:.ヽ
:;:;/:;:;:;:;:;:;r',. --―:;:'":;:,. -‐',. '⌒):.:.:.:.:.:.:.:.:丶丶::::::〉
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:__;: 彡´:.:.:/:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ:〈
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`` ‐ 、_:_:.ノ:;:;:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾヽ



それは簡単。凄まじい程まともな母親に育てられたやる夫は、優しい人間に育ったからだ。
だからこそ、彼は高校球児として甲子園のグランドに立っている。

それも準決勝を完全試合で勝ち抜き、決勝まで駒を進める。

決勝の舞台でも彼は九回まで無失点、一つの被安打、十七奪三振と桁違いの成績を出している。

4692 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:50:11 ID:RD12XLgc0 [14/78]



          /.:::::::::::::::::::/ヽ::Y、
.       /.:::::::::::::::::::::::::|:::::ヾ:ヽ
.      / ..:.:.:.:.:.:.:.:::::::::_:_:!::::::ト、:
    ,:′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::,ィ'ミx|:::::fミ>
.   / . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::/´   |:::::|
  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:::/    |..:::|
. /. : .:.:::::::::::::::::::/       ',.:::!
 ′.:.:.::::::::::::::::::/       |:::|
i:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::/`丶、    |:::!
|:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::/    :::ヽ.   |::l
|::::::::::::::::::::::/ ̄/丶、 ::':,  |::!
|:::::::::::::::::::∧  |{frj}ミ>、',  !:!      ・・・つまらんな。
|:::::::::::::::::,'  `‐`=='      l:|
',::::::::::::::::ト、       i  リ
.ト、::::::::::::| l',        .,'
.| l、:::::::::| |. 、    .::/
.|,ハ:::::::::| | li':,    ::〈
7  ',::::::::| |ノリl'、     ヽ
.   ',:::::::Wl/|l ヽ
   |:::::::| / リ、 li>、t,、、
   |:::::::lイ lj 〉l/リi、丶ミ 二二
   |:::::::| /イi;▽<lヘ、 、__
   |:::::::|.// l / ソ>、    ̄
   |:::::::l′  /-‐'´ ,ィト、
   |:::::::!  イ    〈:::| ` ―‐
.  _」:xく._ ハ    ヽ、
  l  `:〃/ ∧    ∧ノヽ、_



ただ、大会通算127回を投げて防御率0.21。自責点3、奪三振214の記録を打ち出した彼はこう思った。
間違いなくプロでも余裕で通じる程の逸材であるのが惜しまれる。

顔もイケメンなのでマスコミ受けも良かっただけに、その彼がプロにならないのは勿体無かった。

けれどやる夫自身、野球は自分の何かを晴らすものでしかない。
大人になってその何かは少し消えつつ有ったが為に、普通の社会人の道を選んだのだ。

4693 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:52:05 ID:RD12XLgc0 [15/78]



: : {/: : |: : :|: : : /: : / :|: : : : :// :j/: : } : : : : : : i:|: |
: : {: : 八_!: : /{: :/  |: : : :〃 : /: /:.': : : : : : : !.: :|
:、: : : { ∨厂/7!:/ー- .j: /: /: : :/: / /: : : : : : : :|: : {
: ヽ:{: |  ∨从八{‐-、./イ: /: : : :/.:/:|: : /: : : : :|: : :.
:. : \{/ ィて心. ヾ. / }:/  /_.//¨:ト:/: : : : :/|: :{ :.
ヽ : :. ヾ {{::::::::リ    / / =〃ミ、|/|: `: : /: !: :ト      うわぁ……すごい……
{: \{   ゞ== ′    /   〃r心 ヾ. |: : : /: :j|: :j
: : :l:   ` ー            {{::::::ツ  ノ:l从:/ : /|: /
: : :|:.   ````     i:.   `ニ"  '´ィj/}/}::./ j:/
ハ:|::::..            ′  ```` ,イ//:/. |N /
:. :.:!: ::::\   r   .._        /://:: ハ j|
: : l|___:::.`::..、 `  一′ ,. :<l:/:/: : :/>}
:ハ:l|///} :::::::..丶.....:::::'´.::    |:{::{: : :/しハ
: : lトく/しへ、::::::::::      _.. j: : |: : {//八ヽ
:.::从 >///しx、 />ォ///7:|: :j|: : j/ ./ :.
: : :i:.|    >=/>_」//z//>'j: :l:|: :/ ./  }
: ::リ:.ト- .._   Ⅵし'/ ̄  __.」: | |:/:'´   ./|
∨j: |    ヽ  .Ⅵ/ / ̄ヽ`:|: j: / ./. :/丿
. ソ:丿   ヾ .  ∨/       |: |/// ./ {



そしてもし彼が野球部に入らなかったら、彼女に殺されることもなく今世は普通に暮らせた筈だ。
いや、準決勝まで駒を進めなかったら。彼女がやる夫の事を知ることはなかった。

そして彼女が彼の本質、本性を知ることもなかった。

4695 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:54:10 ID:RD12XLgc0 [16/78]



ノ / /   /:::: .::: .:::: .::::::/    `丶、   ,!::/   ',::::: ::. ::::::::|
  //   ,/::: .:  .: __.:::/ 、_       ヽ, /::/ ,. -‐lT:: : ::::::::l
イ /   /.::  .: .:',テイミ,=、丶、     /:://.:.:.:  l  : : :::l
 /  ,イ:     、ャ、 `''" .:ノ`ヽ、ヾッ   /://, -―  l::.   ::::l      ・・・・・・
ノ / ,'.:    .:/ヾミ:=≦´   ゙'     // ,ィti7'"ブミl:::.   ::l      (帰ったら何をしようかな)
 ノ ,,'.:    .:./   `~゙゙" ''' "    ,// l{ミ=彡' ,ィj::::    ,!
ア /,!: : .: .::::/            ,ィシ'  ,' `==彳ハ!::::    ,'
/ ,':. .: .: .:::/           ,/´   l     /.:.l::::   :,'
 i l::::::::::::::/           /       l     / /l::::   ,'
 '、,l::::::::::::/           /      l     ///!:::: .: .:/
  l::::::::::/          ノ       l   / /イ!::: .:.::/
  ,l:::::::::/                  _j  ,イノ ,':::..::::/
  l:::::::/     、           ''"´ ,イ/ ,.イ::::::::/
  l:::::/ヽ、    `` =、- 、___,,  ,.イ / //::::::/
  !:::,'  \        `` ―一 '",イ ー--//:::/
ヽj::::l     \      丶、 _ ,. `メミ三三 ⌒^)、
. /::,ヘ、    丶、 ふ ぅ ... // /  /フヽ- '-'



完全試合で準決勝を勝ち進み、マスコミに対して適当に答えた後、彼は何気無しに右の客席を見た。

それが決定的に彼の運命を変えることになってしまう。

4697 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:55:09 ID:RD12XLgc0 [17/78]



       / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . .\
        ; .: : : : :/ : : : : : : : 〈: : : : : :i: : |: : : : :ヽ: : : \: : ヽ
       . : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : :i: : |\: :_i: : : : : : : :  ,
         i. : : : : : : : : : :\: : : : :\ : :.i: : 「 ヽ: : i¨¨: : : : : : :. .\
.       j.: : : : :i: : : :/i: : { i-: : : : :ヽ: : : ノ r=j: :.八:ハ: :i: : : : : : : .、__ノ
.       /. : : : : |: : :/: /.i八_\: : : :\:`フr./==ミi: :从: : : : : :..\__./
      /: : : : : : |: : :.イハ!::{ ==ミ心: : : : :ン 乂::_:-ノ-iノ\リ: : :.r=: : : :.ノ      あ……やだ……目が合った……
.     /: :!: : : : : : : :.勹}〃た::.-)- .)/厂  .:.:.:.:.:.⊂二^ヽ{  人   ̄
     ノ 人: : : : : : : | .八.乂,イ^r、  ,;j    て ¨⌒ヽ ヽ \r-‐一'
.   __/  .;: : : : : / | .|: `ニ-./ ./         ̄ .〕 \  .}/!
         /!: : : :/ .i ├./ / ./      .____  /¨   .〉 }::|
.      _ノ.八八::\ .  .レ / ./  -=_    ノ¨ ./     ,ノ :|
      / :j  Λ::`. :〈 〈 .へ    `¨¨  /    ./: :.Λ
.            ',: : :\      \    ./    ヽ/.: : :/ : :',
    /    . ̄¨¨ \: : \     \=-.ノ       V. : : 'ヽ: : :',
.   /    ////////.ハ: : :.\      ノ:::::\     \:/.  ): : i
.   .      /////// | ',: : :/     /::::::::: \     \/: : :|
   i   ./// \ ////|. i: :/     /、::::     〉、      \ ̄.}ニ=-ミ
   |     ///// \//.i  i:/     ,イ  \   / ハ      \}}    ヽ



彼女が勝手にそう思っているだけである。やる夫は適当に客席を見ただけであり、彼女の事は知らない。
これがもし右の客席を見ず、左を見たならば彼も今世を謳歌出来ただろう。

少々皮肉なことだが彼自身も本当に何気ない事で死因を作ってしまっている。

4699 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:57:18 ID:RD12XLgc0 [18/78]


                ___、__ ,:‐、 ,.、
             _,.ィ'´    /;:;:;:}';:;ヽ
            'フ _,. /_  /;:;:;:;ド-;:.:'、
           _∠-―ァ'´  /:.:.:./‐、 !;:i;ト、
          `Z-ァ‐'"´/,ィ';:;:;:;;;ハ_I7 !ノ;!
            'イ´ィ彡´,ソ;:;:;:;:ミ  ノ,.ゞ
            ,.シくZイ7;:;:;:;/` ー-y';リ
         _,. '´::、::ヽ,イ;:ィ'"`> 、_/'イ
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll


                     ,イ
                    {ゞ、,、_,、r-w、_
                     ``ー'-'ー'^'ーz彡{ 、
             r'、      r-fW^ー-;__〈|ヾZl!
             ヾゝ、   ry'^l」rJnノ、/ ト'Tリ:::',:::\
              '^yミエンj´ト--' |;ヾーi //::::::::'、::::ヽ
                  ,ニヾ二ゝ!;;;;ヽr:'::::::::::::::丶_:ヽ
         ,ィー―――----Z三≧ー'、f^Y:::::::::::::::__:::::::::::l、
       ,ノ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::7:TT`ーzゞ':::::::::::::: 〈_o!::::::r' `丶、
      r::{:::l:::::::l:::::::::::::::::::::::::::::/::::l l   ``i-、_::::::::::::::::ノ   ` ヽ
  _,,. -‐{::::l:::ヽ:::::l:::::::::::::::::::::::/::::::l ゝ、_,ノ  ヾー- '´      |
'"´::::::::::::丶:ヽ、:::::::l:::::::::::::::::∠::::::::::::l/ ノ リ::ト、  {`ーv‐v-y、    /
:::::::::::::::::、__:`_`::::':::::::::::::::::`ヽ`l7-:l.:'   hノ `丶`'ーヘz)  Z! /
::::::::::::::::::::::::::::::::_,二::::::::::::::::::::::l:::::::::l,:' / ,lイ    ` ̄    ' ´
----―― ''"´',::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l; /  ,'/
          !:::::::::::::::::::::::::::::l::::://,ィ; //



そして目が合ったが故に由乃はやる夫の中に潜む怪物を見通してしまったのだ。

そう。自分と同じ、人間の皮を被った悪魔を見つけ出してしまったのだ。

数少なき自分の同類。それを見付けた彼女は、直ぐに彼に恋い焦がれそして遂には凶行に及ぶ。

4702 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 00:58:51 ID:RD12XLgc0 [19/78]


          zー-、ー=ミ
          _ミ:::`゙::ヽ::::::::::`ヽト、
      _/.:::::.`ヽ:::::::::::::.\::ヽ:::::.、
      ≧:::::::ー=:::::-ミ:::::::::::::ヽ:::ヾ:ハ
       7.:::::::::::::::::::::::/ `ヾミ:ゝi::::,イ::j
.       }:::::::::::::::::::::::::〉 (  `゙'゛ '.'゙      そして彼は彼女に殺され、彼女も後を追って死んだ……
       j::イ::彡:::.イ/ =ミ:.,_   _,         では続きは後にしようか。
.      从::Y⌒ヽ::{  セtァ≧ソ r示j
       ∨ム  ;イ        ∨ ,゙          そろそろ彼の方でも動きがあるだろうからね。
.         ∨ハ、.j        _  j ,′           おっと、転生者についてはこの後語るよ。
         }从人    、____ '           では君達も彼の生をみて楽しむと良い。
      __ノ    \     ̄- ´/
      }////` <  `: ..    .,'            さて、私も仕事をこなすか。
      /_/////////` <r'´ ̄
.     //////`/<///////ハ
    ///////////,`/<// 丿
.   ////////////////////ヽ
    ム///////////////////// `ヽ
.   ハ////////////////////////ハ
   {///////////////////////////}、
   |///////////////////////////iム
.  ハ//////////////////////////}ハ

4703 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:00:18 ID:RD12XLgc0 [20/78]



              _、
             zミ:::::ハ
             {:::::::::r、      やぁ。カール。少々君の手を借りたいのだが良いかい?
             ゞ::::;ノハ.ヽ
            ノ三ニ\/`ヽ     うん…うん。ああ。分かった。報酬は高性能のカメラだね。
          /ニ二三三.\==\
           |. =ニ二三三三:ヾミ、ハ      ついでに彼の一生も見たい?分かったよ。
        r、_./=ニ二三三三{\.三ノ
        ∨ハニ=ハ 二三三:|
.         ∨//ノ }=ニ二三:|
          ̄  ハ=ニ二三ム
             } ニ二三三:}
             ∨ニ二三彡
             | ̄ ̄ : : ;′
             |: : i : : : :;
             '.: :,゙: : : :,
              } , : : : ;
             |:,: : : :,
             jミ: : : ,
             /: : : :/
            ./. : : :/!
            /. : : :/: |
           ノ: : : /: : |
          ,イ: : : /:_:_:_!
          ∨ヘゞf///,ヽ
            ゞ彡==´

4705 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:01:18 ID:RD12XLgc0 [21/78]




              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \
             /           、    、      ふぁ……ぁ…ぅ?
           /           i     l
        _/ 、  ,イ            /
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (ー)  \      ぅ…ん……
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


               _____
             / ⌒  ヽ_\
           / 。( ―) ( ―) ファー
          /    ⌒(__人__)⌒ \  _ノ⌒
            l         |   l^l^ln  | ――、_
          \      |r⊂    ノ/ ⌒丶、
          /      `ーゝ  ノ \

4706 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:02:36 ID:RD12XLgc0 [22/78]


      _____
     /-―- : : : : \
           ヽ: : : ヽ  ______
            } _: : : :´ : . . . . . . . . . . . .
          . : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . :`
          /  : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  \
.      /       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : . ヽ
      /: : / .:/     : :/: : : : : : : : : : : : : : : \: : : .      すぅ…すぅ……
        ://: : :/ : .     /     : : : : : : : : : : : : : : :   l
        /: : :/: : : . /: . ./  |    i.    \          |
.        ′: /:/|-‐∧:¨/Τ∧: : : :十、―|―ヽ--:. .| . . : |
        { : : { {八: :{ ∨ |/   : : :| :\|\: :. : : ハ:|: : : : :
.       八:.:/|∧ : 、| ====  \: :| ====`| : /:.:リ: : : :|
       \/ }: : i.:i i: : .           . : :i i:.| / |ヽ : : : : {
             : : :|                /: :|' 八: : : :
             /: :人               } : :レ′ : : : l
.           //|: : :> .    i┐    . イ: .:/: : : : :八 :.
           / |∧ : : : : >r| |ニニLΤ.:厶イ ∧: : /  \
              |/ ∨\: :l_|_|_   \:/ レ  }/
                      >|    |._/\/\
                /{ :|    |  \i:i:i:i:ヽ
                 /八」     |\__ノi:i:i:i:i:i:
               i:i:i:i:l____:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                   i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:


       ____
     /⌒  ー、\
   /( ●)  (●)\      ・・・・・・ありがとう。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-/ '    |
  \      `ー'´     /



目覚めて、彼がまず始めに発した言葉それだった。

そしてやる夫は疲れ果てて眠っている彼女に近付く。

4707 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:04:31 ID:RD12XLgc0 [23/78]



                |          |
                |          |
                |          |
                |          |
               /          |
 .l`ヽ、       _,,--..,,_          .|
 .',  `"''――‐''"            l
  \                       ,'
    `''-.、               /
        `ヽ             /
         \          /
             l            /
           |           /
           |   ./   /
             .l   /  /./
           ./  ./  /./
        ,..-‐./  ./  /./
      ∠,.-''/  ./  /ノ
      / ./  /_,,.-''
      .{_,,..-'ヽ-'


そしてやる夫はゆっくりと、寝ている彼女に手を伸ばす。

その顔に心からの笑みを浮かべながら、やる夫の看病をしてくれた少女に手を伸ばした。

4709 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:07:43 ID:RD12XLgc0 [24/78]

         ____
       /      \
     / ─    ─ \   .|.「「「l_ヽ
    /   (●)  (●)  \ ,:、!j l l l }ヽ ナデナデ
    |      (__人__)     |\/⌒ ヽヽヽ      ナデナデ
    \     `⌒´    ,/ 〈/l l l l.} 〉〉
    /     ー‐    \  |.!JJJ'
                  .|  | ノノ
                  {   |


 _,ィ" ̄ ̄ヽ、
.    ̄ \ : : : ヽ   -‐     ̄ ̄   ‐-
―==ニ二¨: : : : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :     -‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  \
_/   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . \
/     : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : .  ヽ
: : .  /  / : : : :.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:ヽ: : : :   :.
: :.:/   / /:  / : /: : : : : : : : : : : : : : :\: : : : : : : :
: / .: : .:/ /  :/ .〃 /    : : : : : : : : : : : :ヽ: : :i : .
/ / : : : /: :/  :/ :/'!: {:   |.      ヽ           |
 |: : : :/: :/: : :.ム '__i_,∧ : : ∧|:   !     i .| . . : : : |
 |: : :/|.:/i: : :/ ̄     ! : : | }厶.ミ―!--!―‐.:|: | : : : : : |
 |: :||:||:|i : |  ァ=ミ 八 : :.!./  _ヾ_:_._.|.: : : :∧: : : : : : : :!      ん……ん?
. :.::||:||八 :l V⌒ヾ  .\:   〃乍不卞ア.:/: :}/: : : : : : :!
  \| j/|: : \         \   弋zン, ./.:/ : / }: : : : : :八
.      ハ :八\    ,        ` ̄ 厶イ: :/ 丿: : : :i: : : \
     /: i: : :/:\   、       .〃  /: /イ: : /: :/|.:厂 ̄\
.    //|: :/l:|: : ` :    ̄ ´     .イ// : |: :/: :/ /
   ' /⌒ヽ:|\_: : :_> __ ..  <   ./<: ル }/ /. --
.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>:rrく:.:.:.:.:.:}\__彡く.:}.:.:.:.:.`:.:.. _  /.:.:.:.:.:.\
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/://:.:.:.:.:.:.:.:ト┌┴┴┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} }Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|{:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.|:└┬┬┘.:/.:.:.:.:.:.:.:.//.:j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:



さて。意外な事に、やる夫は本当に優しい顔で少女の頭を撫でている。
それは簡単だ。やる夫は本当に、心の底からの感謝を彼女に持っているからだ。

そして優しく撫でていると、彼女が目を覚ました。

4710 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:09:50 ID:RD12XLgc0 [25/78]




  \      
  ̄ >ー  、 ,. -──ュ 、
..         \  ‐ ^ ー┴ 、
::::::::..... __  j }     ̄ )ヽノ   ヾx
` ー ァ-<二 ノ.. ィヘ ´ ̄: :二フ\   jノ Yi
.  /ィ7:::::/::「:::l:: :lハ : ヽ \: ヽ: :lヘ.  ノノ
 / //l::::::l:::::|::::l: : :lノl : : i : : ヽ: Vl: i      えっと……
   N/l:::ΝTハ: :ト: :⊥:l: : :l : : : l: ハl: |
   l 从:::lfi弌 ヽl ヽlァlz: :l`: : //:::l: |      あ、あの……大丈夫ですか?
     l∧! Vソ    r{x}i >l: /^i:::ノ: |
.     lノ:l  '    `"´ l lイ:l〉j:: : l |
     イl:八          l : : l'イ:: l/∧
.      l::/l: > 、`     /l : :/l/lノj/
     l/⊥l>W iーr.  / l: :/ノ:〉


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\      ん?大丈夫だよ。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\      何時もよりも何倍もね。
  |             |
  \              /



さて。殺人鬼になった筈のやる夫がこれ程迄も理性的なのには理由がある。
それは簡単で単純な理由だ。やる夫が自分の事をやっと理解したからだ。

例えるならば精通を迎えた少年のように。檻から解放された囚人のように。
やる夫は正しく自分を自分から解放し、大人の階段を登ったのだ。

だからこそやる夫の心は今迄で一番満たされて、穏やかになっている。

4712 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:12:04 ID:RD12XLgc0 [26/78]

          ____
        /_ノ  ヽ\
      / ( ●) (●)、      さて。それじゃあ何で君みたいな子があそこに居たのか
    /::::::::⌒(__人__)⌒\      教えてくれないかな?
    |      |r┬-|    |
    \       `ー'´  /        
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


                  〃⌒
               ー=ミ{ __
             ,. . : :¨¨^: : : : : : : : : : : : .
           /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : .
              /'´/: : :/: /: : : : : : : :\: : \: : : ,
              ,. : /: /: /__ /: : :| : : : : \: : :', : :′
           : :./: /: :´: :/:{ : : |: : ‐-: : :`、 : : : |
           |: : : i : x==ミ{ : : ト、:ヽ: : :`: `、 : |
           |八: |ハ{ ヒう ヽ\ r示ミ : |\}: !
             ノ\: \:::.  ,    ゞ-'|: :|〉: : : :k:.      ・・・分かりました。
             / |:/: 八   、       |: :ヽ: {: :{ ヽ      (この人なら信用出来そう……)
                |′{: : : .     ´   イ: :|\「\}
                    {\{ r}___-=≦_:/{ヽ:|  `
                __r‐}::::|:::|:::::::::}
                -=//::|:::┌―┐:::/\‐-....
             /.:::::〈〈:::::|:::└―┘,:::::::〉〉:::::::::::..
.          /.:::::::i::::_>〈=ミ、__::/.:r<.:::::::/.::::::.
         /.:::::::\|:::{「::::::∨::::::/.:://-‐.::::::::::::::::|
          〈__彡 ⌒|:::::.f´ヽ:__::ニ=-.::r=======ミ、.:::|
.          \.:::::::::|:::::::〉 ー{ }-‐  }:|::::::::::::::::::::::} }__|
             ヽ-‐|::::::{___ノ::}ー=彡::., .:::::::::::::::::::ゝ=|
           〈::::::∨::}  / :}  }::::::〉.:::-‐‐-.::::/
.             |::::::::Ⅵ/|:|::ヽ/::::::::}-‐::::::::/
.             |:::::::::廴 _」:|::::廴`¨¨ア::::::::::::/|
          !::\:::::i ::::|::::|:::::::::: ;::::::::::::/ :|

4713 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:13:12 ID:RD12XLgc0 [27/78]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      カクカク  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                |  説明中  |
                                |_____|  シカジカ
                         , - - ||
 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □      /  (● ●|      □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
                         ゝ  (__人)|
                              ハ    ヽゆ
                              し     |
                          し   J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4715 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:14:01 ID:RD12XLgc0 [28/78]



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\
     / .イ '(●)  .(●)\      成る程。孤児院が潰れそうだから冒険者に。
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \    そしてパーティを組んだらああなったのか……
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |      (この子俺並みに運が悪いな)
  . \ ヽ           /


           __    , .-―-. 、
         ': : : : : : : : : `Y < ̄ ̄`ヽ
        /: : : /: : : : : : : : : : : \      
      /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :`、
       ': : : : /: : : : : : : : : : : : : : :\: : .      はい……
       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| |\|
       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :レ'  }
       |: : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : :|
       }i: : ::i : : : |: : : : : :l : : : : : : |
     八: : i|: : : :|: : : : : :!: : : ::i|: :ハ
.    /. ヾ{∨\ |ハ{\: :Ⅳ\/レ′
       /  ̄`   ヽ' ̄\
      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      ,':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..',
       |:..:..|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|:..:.|

4717 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:15:01 ID:RD12XLgc0 [29/78]



     ____
   /      \
  /  ─   ─\      そっか。じゃあ…アオバ政庁に行こうか。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     正当防衛とは言え、殺したし……ね。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                -―-ミ; : .、_
            /   ,, ニ.-. ≧: : ヾ
       . . -―=='" : : : : : : : : : :. ̄¨: :ヾ:ー:-. . _
    ,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
. . /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
/⌒ ̄/ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : ヽ
  ../.: : : : : : :=-‐: : : : : : : : ./ : : : : : : : : .i|.: : : :. :.ヽ: : : : : :‘,
  ./: : : :ニ=‐: : :/: : : : :/: : : :.{: : : : : : :i: : :.}|.: : : :. :. :.‘,.: : : :.‘,
. /: : :./.: : : : : :. :. :. :./: : : :/: : : : : : : i:ハ八 : : : : 、: : ‘..: : : :. :.ヽ
. ,': ://: : : : /.: : : :. :./: :/: :ハ:ハ: : : : : |! ′ ヽ.: : : :!: : :.i.: : : : : :.‘.
. {:/  ,: : : : /: :/.: :. :.′/: : |  |V{: : : :|!.   、_ ヽ: :|: : :.j{.: : : :. :. :.i
. }!   {: : : :/: : {.: :. .:.| /厶斗七八ヘ : : i!      .` ヽ}ー-ハ: : : : : : i|
..   ; : :./:i.: :. :. :. :.j// ,≫斧ミx...\:{     xf斧ミx./ ‘.: : : :. :.}|      ぁぅ……ご、ごめんなさい!!
.     i: :/V|.: : :. :. :.i   〃{じ::j:::}           {じ:::j::}㍉ ハ: : .イ 八
    V  j.: : :. :. :.{ハ   とうO-'         ゚ ー とう /r|: / }/
.        八: :V: : .ヽ{.:.  ,,,,,,,,,,         ,,,,,,,,,,   , ソ }/: ;′
      / |: : i: : : : :..ヘ         ′        ,_ノ.|: :人
  .       人: :i: : : |: : ∧                  / : : Ⅳ:ト:ゝ
.           人: : | : : ./ヽ      ´   `      .イ.:.: :.:.j: 八
.            ヽ:|: : .イ、: :i`.             イ }∨: :∧: : :\
           ム|: / ! .)人:ノ _|≧=‐-‐=≦ |: }/ .|: :∧: \!⌒
             j/  ./イ ヽ:.|`::...、    , .:´::}    .j:/ ∨
    -‐―- 、         ,. -}::::::::::┃i┃::::::::::{ト..、 ´       , -‐―-ミ
  へ::::::::::::::::::::::::..、_.,ィ''"´::::::::Ⅳ::::::{二二二}:::::::V! 二ニ=i‐,-.x::´::::::::::::::::::::::`
 /:::::::::::::::::::::::::::::::::|::| |::::::::::::::::|::::::::::::::┃|┃:::::::::::::|::::::::::::::::| |::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
./:::::::::::::::::::::::::::::::::: |::| |::::::::::::::::|;__::/\/\:__!::::::::::::::::! i::|::::::::::::::::::::::::::::::::::: }

4718 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:16:14 ID:RD12XLgc0 [30/78]



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛      えっ?なんで?
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \      (何で謝ってるの?寧ろ感謝してるけど)
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


          ,. : : : ::一: : : 二: :=: : .        _
       r: :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: :ヽ r: :´: : ⌒
     /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : :/、
   /: : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、
.   /: : : : : : :/;: : : : ::/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.   : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ: `ヽ : `\:_: : : : .;
  : :: :|: : : : : : : : :/: : : : :|: : : : : :ヽ : : : : : : : ヽ: : ヽ:.: :、ヽ ヾ: :.i
  : :: :|: : : : :|: : :/ : : : : : !: : : : : : :} _i_:i: : : ヘ: : : :ヽ: ヽヽ ヽ}
  : :: :|: : : : :|: :/´':|メ、__}、..: : : :./ " |: : :!:`:| : }: : : : :!ヾ',
  : :: :|: :: :: ::|:/ |_/|.---、.!: : : : :ハ`゛丁: :j:!: : : :|: : : : :!:|: :i
  : |: :|: : : : :!ィシ弐芹≡ゞ': : :/:/ イ≡斥ミッ|: : :/: : : : :!:i!: !      だ、だって……私の所為で…貴方がっ…!
  : |/:ヽ : : :|ヾ弋;;;;;;cノ. ,',.イ,'イ  .弋;;;;cノ メ|::j/: : : : : :!リi/
  : : : : 丶、!   :゙ ̄´´         ̄ " i/ : : : : :|: :!
  : : : : : : : !   `````      ′ ```` ./: : :i : : :八|
  : :|: : :| : :|:ヘ.   u                /!: : : ! : /
  : :|: : : : ::| : : :、    .⊂=ー ⊃  , イ: :|: : /|: /
  : :|: : :|j、|\ :|:::i丶       ̄   イ : i: /|::./ .|/
../⌒ヽ./   >r´i|    `  ´, | // !/ ル  ´,.:‐:.、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:rrく:.:.:.:.:.:}\__彡く:.:}:.:.:.:.`:.:.. _  /.:.:.:.:.:.\
:.:._ :.:.:.:./://:.:.:.:.:.:.:.:ト┌┴┴┐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} }Y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\



少女が謝る理由は、昨日のやる夫の錯乱を見てしまっているから。
あれ程の狂乱。そして助けられた負い目。それが合わさり少女の罪悪感を更に大きくする。
だからこそ、少女はやる夫に謝ってしまうのだった。

4720 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:18:08 ID:RD12XLgc0 [31/78]




     ____
   /      \
  /_、 ,,/"  \      ・・・・・・
/ (●) ゙(●) U \
|    (__人__)      |    (ヤバイな……何故謝ったのか本気で分かんなかったぞ)
\   ⊂ ヽ∩     <       (大事な事に気付けたのは良いけど…これはダメだなぁ)
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/


          ___
         /     \      確かに…辛いよ……でもね。
       /         \
     /     \ , , /  \      (よし。ならこうしよう!)
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

4746 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:48:00 ID:RD12XLgc0 [48/78]

         ___
       /     \ キリッ
      /   \ , , /\     それでも君を(ついでに)助けられたしね!
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

4721 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:20:17 ID:RD12XLgc0 [32/78]



                  ..........::::::::::::::::::.......
             ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       _,,......,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:::、
   _..-''"´,...‐`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:::::、
      ,.':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.丶:.:.:.:.:.:ヽ:.:.::::.
.     ,:':,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:::.:.::::.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:\:.:.:.::ヽ.:.:::.
   /' /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.l:.:.:l:.:::lヽ.:::l丶:.:.:.:.ヽ.、:.:.:.:.::ヽ、:.::::!.:.:::.      ぁ……えっと…
    '  ;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.!:.:.!゙:.:.! ヽ:.:.:. `ー- :.ヽ_`;,;.:.:_:ヽ:、::!.:.:::
      l.:.:.:;.:.:.:.:.:.i:.:.:.l:.:.:.::l:.:.:l'":.l´ \::.    ;゙ル;;心ヾ;`!:ヾ!:.:.::.
     l.:.:::!:.i:.:.:.::!:.:.:.!:.:.:::l'i:.:!_,,..!.,,   ヾ、  V;;::::℃; ' !.:.:.:l:.:.::.
.      ゙:.:::!.:.l.:.::::l:.:.:.:!、:.:::l,.ゞルマヽ     ヾじ::ノ'  ,:.:.:.:.:l:.::::.
     ゙::::l:.::!:.::::!、:.:.:!ヽ::::{,.∨;::::℃,         ////,:.;.:.:.:.:l:.;!:::.
       ヾ ゙:::!ヽ:l ヽ.:.i゙:::.`゙、. ヾじノ   、       /,.;:::::/:.:.:.:.:::.
        ゙::! ヾ\ヽ:!ヾ、::i:. ////    _ ,     //:::/:l:.:.:.:l:.:i、.
         ゙   ヾ丶:::::l::丶..           イ:::;:':/:.:.!:.:.:.:!:;' ヽ、
             ,'::;::::!::::::::!:::::::ヽ::::::::i=-= -一lー 、:::::::;l::::::;'!;'
            ,::/ !:::l:::::::::ヽ:、ー;:;:/l;;;;┌─┐;;;;l,'//∧二ニ=ヽ
             ,::/  V,.'ニニ二///,∧;└─┘;/////∧二二ニ\
           ;::'   /ニニニニ////,'∧;;;;;;;;;;;;;;//////,'∧二二ニニ≧.、
            l;' /ニニ二二//////∧;;;;;;;;;;/////////二二ニニニニ≧.、
           /ニニニニニ二\'////∧;;;;;/////////二二ニニニニ/二}
           /ニニニニニ二二二\,'///∧////////二二二ニニ/ニニ/



            __
         /      \      (良々。誤魔化せた。流石に本性を知られるのはなあ)
        /─  ─    \      (あんまり人は殺したくは…ないからねぇ)
      / (●)  (●)    \
      |   (__人__)       |
      \  .` ⌒´      /_
     //              ヽ /\
    / /        _     /  /
  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
    |              | /
    |__________|/

4723 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:23:25 ID:RD12XLgc0 [33/78]


       ____
     /      \
    /  ─    ─\      あ、そうだ…君の名前は?俺はやる夫。名字は無い。
  /    (●)  (●) \     ただの底辺だよ。
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


                  〃⌒
               ー=ミ{ __
             ,. . : :¨¨^: : : : : : : : : : : : .
           /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : .
              /'´/: : :/: /: : : : : : : :\: : \: : : ,
              ,. : /: /: /__ /: : :| : : : : \: : :', : :′
           : :./: /: :´: :/:{ : : |: : ‐-: : :`、 : : : |
           |: : : i : x==ミ{ : : ト、:ヽ: : :`: `、 : |      …私はシュテル・スタークスです。
           |八: |ハ{ ヒう ヽ\ r示ミ : |\}: !
             ノ\: \:::.  ,    ゞ-'|: :|〉: : : :k:.         よろしくお願いします!
             / |:/: 八   、       |: :ヽ: {: :{ ヽ
                |′{: : : .     ´   イ: :|\「\}
                    {\{ r}___-=≦_:/{ヽ:|  `
                __r‐}::::|:::|:::::::::}
                -=//::|:::┌―┐:::/\‐-....
             /.:::::〈〈:::::|:::└―┘,:::::::〉〉:::::::::::..
.          /.:::::::i::::_>〈=ミ、__::/.:r<.:::::::/.::::::.
         /.:::::::\|:::{「::::::∨::::::/.:://-‐.::::::::::::::::|
          〈__彡 ⌒|:::::.f´ヽ:__::ニ=-.::r=======ミ、.:::|
.          \.:::::::::|:::::::〉 ー{ }-‐  }:|::::::::::::::::::::::} }__|
             ヽ-‐|::::::{___ノ::}ー=彡::., .:::::::::::::::::::ゝ=|
           〈::::::∨::}  / :}  }::::::〉.:::-‐‐-.::::/
.             |::::::::Ⅵ/|:|::ヽ/::::::::}-‐::::::::/
.             |:::::::::廴 _」:|::::廴`¨¨ア::::::::::::/|
          !::\:::::i ::::|::::|:::::::::: ;::::::::::::/ :|
             ‘.:::::::::ヽi ::::|::::|:::::::::/::::::::::::::〉 |
               `:::::::::::i::::: ',::::〉:::/::::::::::::::/ .::|

4724 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:24:38 ID:RD12XLgc0 [34/78]


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      カクカク  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                                |  移動中  |
                                |_____|  シカジカ
                         , - - ||
 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □      /  (● ●|      □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
                         ゝ  (__人)|
                              ハ    ヽゆ
                              し     |
                          し   J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4725 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:25:35 ID:RD12XLgc0 [35/78]




          `ニー--、,.,.,.,._
          `ニ二ー-、ミミ、,.、,`ヽ__
          `ニ二ー-ミr'"  `^i'Z /_      えっ!?やる夫さんがやったんですか!?
           ヾミfa`i  `ォ,、,.,ノ'   /
             レ' > u ゙ー _!     \
         _ ,.イ ゝ、 (ニ=/   ヽ ̄
   ,. -‐''" ̄..:::::;;;;|ヽ`ー-、` ァ<
   f::::::::::::;;;;;;ヽ;;;;;;;;t;;;;ヽ   フヽ ゙t-、..__
   |:::::::::::;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;>ヽノ 〉-、|\:::::|ヽ
  .|:::::::::;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;;;;\;:::ヽ |  ||。<;;;;;|::::|
  |::::::::::;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;ヾ  l /;;;;;;;|::::!
  |::::::::::;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ//;;;;;__ |;:::|
  .|:::::::::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;:::j;;;;;;;;;;;;;;;;V/;;;;;::T゙┤;:ヽ
  |::::::::::::;;;;;;;;;l;;;;;;;;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;/o;;;;:::::l:::!;;;;;;;:ヽ
     ;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;::::!:ノ;;;;;;;;;;;:ヽ
     |;;::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;::::|f;;;;;;;;;;;;;;;;::ヽ



       / ̄ ̄ ̄ \
     /       . \      ……はい。幾ら…守る為とは言え…殺してしまいました。
    /  _ ノ   ヽ、_   \
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

4726 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:28:24 ID:RD12XLgc0 [36/78]


                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!      あ、そうですか……
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ     その子が襲われていた子ですか?
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u       (真逆あのやる夫さんが荒事に関わるとは……)
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/        (良く有るとはいえこれは一大事だなぁ……)
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii゙:::::::::::::::::::/:::::::::!


成歩堂としては、信じられない気持ちでいっぱいだった。
彼が子供の時から甘んじてEランクに居続けたやる夫。
その真意を聞いていただけに、やる夫が助ける為とは言え人を殺すなど信じられない かった。

4727 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:30:35 ID:RD12XLgc0 [37/78]


            _.....__...,-‐- .
        ┌-ゞ> ,,´/,,´ ,--.._゛‐-.. _      どうして……やる夫お兄さんは戦わないの?
        」ヽ/‐-‐゙´´ ̄´ヽ-  ``‐=二
         ヾ{        )‐- ニ.._‐<     それじゃあずっとそのままだよ?
         <| ノ    `ヽ i! !^ }彡
          l ⚫︎   ⚫︎ ┌ーi´
          ヘ⊃ 、_,、_,⊂( j
          /⌒l 、 __, イ ト
         /  // ▽ 厂l::::::::ヽ
         |  l ∨|| ∨:◎::::::|
 

       ___
     /   ヽ、_ \      色々あるけどねぇ…やっぱり怖いからだよ。
    /(● ) (● ) \      俺は…怖いね。怖くて仕方ない。だから戦えないんだよ。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /



       ____
     /⌒  ⌒\      まあ、全員が全員戦えたら冒険者なんて要らないさ。
   /( ―)  (―)\    本当はそれが一番良いんだけどね。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

4728 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:31:46 ID:RD12XLgc0 [38/78]


38



            _.....__...,-‐- .
        ┌-ゞ> ,,´/,,´ ,--.._゛‐-.. _
        」ヽ/‐-‐゙´´ ̄´ヽ-  ``‐=二
         ヾ{     U  )‐- ニ.._‐<     ならどうして冒険者をしてるの? 
         <| ノ    `ヽ i! !^ }彡
          l ⚫︎   ⚫︎ ┌ーi´
          ヘ⊃ 、_,、_,⊂( j
          /⌒l 、 __, イ ト
         /  // ▽ 厂l::::::::ヽ
         |  l ∨|| ∨:◎::::::|


        .___
     /)/ノ ' ヽ、.\
  ./ .イ '(●)  (●) \      ま、簡単に言うならそれでしか食えないからさ。
  /,'才.ミ)  (__人__)    \     真面な戸籍も無い。信用も無い。そんな奴をだれが雇う?
  | ≧シ'  ´ ⌒`        |      市民権もないから就職なんて出来やしないから冒険者をしてるんだよ。
  .\ ヽ           /

4729 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:33:02 ID:RD12XLgc0 [39/78]


                   __
              _,、;;-;;;'':!!!!!!!!'';;-、、_,,,
            -=ニ;;;;;!!!|||||||ゞ,、_、-、ミ!!iiL
           -=ニ;;;;;:::!!||||!<`   `'-'iノ
             -=ニ,、;;:,-、ii/  `''-、_ , _!
             `ヽ;;;;! !゙  u ニ'ニ`<イ      (……現実逃避してる場合じゃないな…はぁ)
               _i_,ゝ;;  u     . )i
             、'゙(~'、  !.  、──-/ u        えっと、やる夫さん。
          _,、-;;;゙/;;;;i  '、     ̄ ̄/         正当防衛はその女の子の話から認められました。
     _、-::''゙::::::::;;;/;;;;;;;i   ヽ, `'',,- -' u         ですが、殺人に対しての罰金が科せられます。
   ,、;;';゙;;;;::゙::、::::::::::::::/::_:::_ i、.  /ニ::i.´!\   u
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i::::::::::::::~,、-::'::|ヽ,/i|||||i !:::i丶          大分これでも減刑されてますが…銀貨三十枚の罰金です……
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::i:::::::::: <:::::::::::::i  ゙i||i゙ `|、::ゞ:゙:、
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::!::::::::::::ヽ;::::::::::!.  ||||| i:::゙::、::::::ヽ,
  !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::::::'、::::::::! i|||||! i::::゚:/:::::::::i::゙i
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::゙、::::::! i|||||||.!::::/:::::::::::!::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::!:::::::::::::::::::::::゙.、:::i.i||||||/:::/::::::::::::i:::::|
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!::::::::::::::::::::::::::::゙'、゙!||||'::::/::;;;;;;::::::!::::::!
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::゙'.i|';/::::::::::::`7:::::::!
  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ii゙:::::::::::::::::::/:::::::::!

4731 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:34:18 ID:RD12XLgc0 [40/78]


                   ____
                 /      \
                /⌒  ⌒    \      えっ!?
  ○  ○       /(  ) (  )    \
               |   (__          |      (安い!!?)
              \   _l        /
              /  ー        \



そう思ったやる夫だが、これはEランクに科す罰金としては中々に高い。
そもそもこのLVの人間は貯金の概念がないかのように、金が出来たら直ぐに使う。
だから、Eランクに科す罰金としては重かった。

けれど人を二人殺して、真面目に働けば一年程度で貯められる程度の罰金は安いとしか言えない。

4732 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:35:41 ID:RD12XLgc0 [41/78]

                        
                   
      ____
     /     \      えっ!?マジかよこれ!?
   / \:::::::::::/ \
  /  (●):::::(●)  \     (人を殺してこれだけ!?なら!)
  |     (__人__) u   |
  \  . |┬-r|    /
   /   `ー´9mー )
          `ーー‐'゙


                  _,,....,_
              ,.-‐''" -- 、`"'‐- ,,_
          ‐=、'ニ´-  ̄` zー'ー- 、  ',
             -=ニ,.=-‐,..、 z` - ,_  `´!'      少女を助けた。先に攻撃された。
           `ーz‐' i.r ;ヽ'   rr;jー r'      本来なら1年間の無償奉仕ですが、情状酌量の余地有りとされ
             `i. '、(i       l   罰金呑みにとどまりました。これ以上はむりです。
              ',,.r`'i.      _i´              ,、_
               |  `     'ー,'            /  `'' - .,_     _,,
.             ,. '/`'‐.、   'ーr- '              /       `''ー '",.'
       __ ,.-i" .ヽ   `'ー ,、'、.      ,.、     /           , '
    ,.-'-´- 、    l   ヽ   ,'""i;\     | ',、.  /          ,.'
   ,.'       ヽ  '--.、,. '´'、-.、l、_!',. ヾ'.、 r'=! l. i ./         , '
   !        i  ./    ヽ ` l '、!ヽ,ゝ/.,ノ ,! l ./        , ,.'
   l        、  `' 、.   ヽ. |  ヾ ゚,.'  '  ィ i/    r;- .,_ ,.'.,.'
.   ',           ヽ     `' 、.  ヽ!. ,...!、!,_     '/     `'-、'ヽ;'
.    ヽ        ヽ     `' 、,.r'"  `"ヽ、_,,. '゙i ``'ー- .,,r'´;`ヽ ',
.    ヽ        ヽ   ,. ‐'         ヾ、 ! !    r'´;"'ー  i'
      ヽ       ,`ー'"          | `!. !   ,.ri"´`- , r'
       ヽ      '            ,. ‐'  |   ', ,. !,' `''  ,)'.´
        ',、               , ‐'     !  / ','- .. ィ´l

4735 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:37:32 ID:RD12XLgc0 [42/78]



                    -‐…─-     , .-―- 、
               ´: : : : : : : : : : : :`Y  -=⌒
           / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
              ,': : : : :/: : : /: : : : : : ! : : : : : : : : :_,ヽ
          |: : : : /: |__/」_,.ィ|: : /|.: : :| : : : :ヽ:\
          |: : : : | _.レ' /l./. | / l∧ナト-. !: :.|: :.!      あ、あの!私が払っても良いんでしょうか?
          |: : : : |.汀斥卞 j/  ! イテ丁| i : :| : |
          |: : : ..八 弋_zノ    弋_,ソ | ト: :.| : |
          |: : :{. | : i` .//   ,  //  .レ|l: :八,'
          |八l: .人:!.u   r_―ュ  _∠:|: |l/
.          /   |: :|: i.> 、,  _,.. イ:i :| :!: |'
              ハ|\ト─..|/´}て ハ/{/N| ,'
            / ̄ ̄\ \ :./ /、 .| :| |i|  ̄ ̄\
        / ::::::::::::::::::  ./  '‐く  |_:| |i|::::::::::::::::::\
          |::::::::::::::::::::::::,'   、ヽ}.三三| |i| :::::::::::::::::::: \
          / :::::::::::::::::::::.{  r、ン'.\┬| |i|::::_::::::::::::::::::::}


                ―ヽ|||||||||||||||||ヽ,,,,
                 ̄|||//||||ゞゞ|ヾ||//      生憎それは認められない。
                 ̄`|δ|/ ー、  |      あくまで、彼に対する処罰だからね。
               _  ;;・'   'ー` γ
        , --、―― '  / | | ヽ  . 丶┘
      /;;;;;;;;;;:::ヽ:::::::::;;;;/;;;;;| \ ヽ _ ̄'
     /;;;;;;;;;;;;;;;::::|;;;::::::::く;;;;:::|、 /=|´|::|:::\
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;;;:::::::::、・´ヽ' |::::/|/:,┘::::::ヽ
   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::/::::::::::::ヽ::::::|  |:::| /:::。>::::::;:::丶
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;'::;;;;;::::::::::::丶:::| /::::|/::::/:::::::::/;;::::|
 /;;;;;;;;;;;;-、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::|'::::::|:::/_:::::::::/::::::::丶
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::`::、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|:::/;・';;;;;; ̄;/;;;;;;;;;;::::`.、
\;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'‐';;;;;;;;;;;;;/ヽ;;;;;;;;;';;::::'''ヽ
  \;;;;;;;;;;;;-,‐'' '`、、;;;;/;;;;;;;;;;;;/0;;;;;;;;;;;;;;'  ヽ;;;;;;;;;:::::::::::::・、
-   _''_'__|_;;_;_`・、;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;/;;;|   \;;;;;;;;;;;;;:::,--‐-、、_
--  __ _     ̄   ''''''''''''''''''''---   、;;;;;;;/___-、`-- 、ヽ
          ̄  ̄ ― --      、__      ̄ '''''''` ― ;

4737 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:39:33 ID:RD12XLgc0 [43/78]
安い理由。

1、遺族がいなかった。

2、戸籍なしの人間。

3、Eランク。

4740 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:40:36 ID:RD12XLgc0 [44/78]


       ____
     /      \
    /  ─    ─\      ふぅ。なら持ってきますね。
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |    良かった……こんな時の為に貯めておいて
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )      (落ち着け落ち着け。これは今回のケースだけ。落ち着け)
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/



          `ニー--、,.,.,.,._
          `ニ二ー-、ミミ、,.、,`ヽ__
          `ニ二ー-ミr'"  `^i'Z /_
           ヾミfa`i  `ォ,、,.,ノ'   /      えっ!?
             レ' > u ゙ー _!     \
         _ ,.イ ゝ、 (ニ=/   ヽ ̄        (すっごく散財してなかったっけ!?)
   ,. -‐''" ̄..:::::;;;;|ヽ`ー-、` ァ<
   f::::::::::::;;;;;;ヽ;;;;;;;;t;;;;ヽ   フヽ ゙t-、..__
   |:::::::::::;;;;;;;;;;};;;;;;;;;;;>ヽノ 〉-、|\:::::|ヽ
  .|:::::::::;;;;;;;;;;;;レ;;;;;;;;;;\;:::ヽ |  ||。<;;;;;|::::|
  |::::::::::;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;ヾ  l /;;;;;;;|::::!
  |::::::::::;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ヽ//;;;;;__ |;:::|
  .|:::::::::::;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;:::j;;;;;;;;;;;;;;;;V/;;;;;::T゙┤;:ヽ
  |::::::::::::;;;;;;;;;l;;;;;;;;;::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;/o;;;;:::::l:::!;;;;;;;:ヽ



成歩堂君としては、戦いたくないやる夫を戦いに追い込んでしまうと
内心、戦々恐々としていたのだが、肩透かしを食らったみたいだ。

4741 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:41:42 ID:RD12XLgc0 [45/78]



        ―==ニ二 ̄ `丶
         ´  ̄ ̄ ̄`: : : ¨ ̄ ̄ ̄
.      /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
      /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ヘ
.     // /: : : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : :ヽ : : :',
    /   /: : : : : : : : : : ::/|: : : : : : : : :ヽ: : : : : : :ヽ
      ,': ::/: : :/: : : ::_:/  |: : : ::|: :l: :i: :ハ: : :i|: : : ::|.      っ
       |: /|: : /:|: : ::/l/.__x'{: : ::八`x__丁 |: ::∧: : : |.   つ っ      あぅ……本当にごめんなさい!
       |/ :|: : |八: :::|  >人 : :|  <   .l: / :|Y: : :!
       |! 八: :|l}:::\| :::::   ヾ!  :::::  |/: : | }: : :{
         ∨ |: : :人     △      イ: :../|イ: : |



       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \      気にする事はないさ。
  |       (__人__)    |     これも自分がしたことだからね。
  \   ⊂ ヽ∩     <       
    |  |  '、_ \ /  )       
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/



これはやる夫自身の本来の性格。あの殺害された夢に苛まれることがなく、自分を知ったやる夫。
だからこそ前世の時よりも遥かに落ち着き、そして生き甲斐も知れたおかげで度量は大きくなっている。

それだけに、銀貨三十枚程度なんぞなんら惜しくなんてなかった。

4742 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:42:41 ID:RD12XLgc0 [46/78]



      \:\    (: :( ィ⌒ ̄ ̄`   、
        ,>  ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : \
          i/ : : : : : /: :.:/{ : : : : : : : : : ⌒ヽ
        //: ::/: :.:/: ://八.: : : :.i : : : :.\: :.'.,
      / ./:/,イ/ .:///{_/_{, . \、⊥ :_: : : : \ : 、     (誰にも迷惑かけない為に冒険者になったのに……)
.     | /:///{ : :{/:{ '´i/ }.    \{\`: : : : : :\}    (いきなり迷惑をかけてしまった……)
.     | {/// l|:.:∧八r≠=x    r≠=x} :| .!: : :.| `      (それも私を助けてくれた人に!!)
.     i  {/  V /ノ介゚。     '    .!゚ノ/l: |: :.:.:|ゝ
.            i :.∧ !    _    ゚Уノ从.:.:人
             ム、: :、   `  '   'i://',ミ∨  `
            \_,;≧= ─ =イ戎'\! `
                  r={¨¨ ̄ ̄¨}=z
            _厂´: :|::::::::::::::::::| : :}⌒\
.          ∧\\ : :|,イ⌒ヽ::ノ.: : ://:.、
.          /:. '.:. }::::}__/    }}\ _/::/:.:.:.:∧
        /:.:.:.:.:. }/:∧   _}}  } ̄\/:.:.:.
.        ′:.:.:∠: : : :∧/⌒ >、.'.: : : :.|、:.:.:.:.:.
       .':.:.:/{: : : : : : ∧r介_ /.: : : : :i \:.:.:.'
       :.:/:.:.:.:∨ : : : : : |{(⌒)./.: : : : :/:.:.:.:.: 、:.'
         |/{:.:.:.:.:.: 、 : : : : :|乂):〈: : : : : /:.:.:.:.:. : }:.}


シュテルは自分の胸から溢れ出る罪悪感に押しつぶされそうになっていた。
元々責任感の強い子だ。冒険者になったのだって、世話になった孤児院に恩を返す為だ。

そして勇んで冒険者になり、始めての討伐の後にあんな風な目に遭ってやる夫と出会った。
本当に運のない子としか言いようがない。この世界は真面目で良い奴に対して厳し過ぎる。

4745 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:44:34 ID:RD12XLgc0 [47/78]


     ____
   /      \
  /   _ノ ヽ、_.\      (大分気にしてるなぁ……)
/    (●)  (●) \      (気にしなくても良いのに……)
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


     ____
   /      \
  /         \      (だがこうゆう相手にそれを言っても気にするわな)
/ U  _ノ    ヽ_  \     (言って罪悪感が減るならそもそも抱かないもんだ)
|     (一)|lil|(ー)  |
/     ∩ノ ⊃_) /      (う~ん。ならこうするか)
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



一方やる夫は、しっかりとシュテルの罪悪感による逡巡を見ていた。
やる夫の感性はズレているし、人の心は分からない方だけれど、完全に分からない訳ではない。
だからこそやる夫には今シュテルがどうすべきなのか悩んでいるのが分かる。

そして次のようにシュテルに手を差し伸べた。

4747 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:48:36 ID:RD12XLgc0 [49/78]



               ____
             /      \
           / ⌒    ⌒ \     明日から俺は魔物を殺しに行く。
          /   (●)  (<)  \    良かったら手伝ってくれないかな?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/



            .   -──- .   _
          /. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´.::_:_:: ` 、
          /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :::\::::\
       . ::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::::\.::::::::\::::\
.      /:::/. :: :::::::/.:::: :::::/:: ::::::::::::::::::::::::::ヽ.:::::::::\::::\
     /:::/:::/:::::::/:::://:}:::/::: :::::::::::::/:::::::::.::::::: ::::::::::::::ヽ:::::ヽ
      /:::/::/. ::::ァ'- 77メ./::::::/.:::::/:/: :::/:::::リ. :: :: :: ::: ::V::ハ
.    //:::/::::::/. x≠=テ//:::::::/:/- x' :::::ハ.:: i: :: : :: ::V⌒
    /::/.::/::/《 |r' . :::i!ハ/::::/}/⌒}:/ X.:::::i:::::l::::::::::::::::.
  /::/.::::i/::/   !ト--'ソ! //  .芹ミヾ:::〉::}:l:: l|::::::N ::::::i      …っ!はい!わかりました!!
<.:イ .::::::: |:从   '"´ ̄     /.:r'.::::/ハ:ハ!:!:::l|::::::| l:::::::|
 }/! :::::::: |:::::| /j/j/j/   .  ⌒ヾイ }ノ:::/.::::::リ::::::| |:::::リ
   从: :: ::j :: ト、     _    /j/j/ /:/::/|:::::::/.:::::リ j:::/
    )::ハリ::::从\     `ヽ   . イ:/::/.リ::::/|::::::/ レ'
     レ' /::::ハ::X:j\    _ .  <::ル'::∧/:::/ .l::::/
       )ル'/)\i⌒Y--て=≠彳jル':::::/:://  .レ'
 x‐ ヘー‐ァ' /⌒)N   }f´ ̄{ノ. ::::::/∨く
/二Ⅴハ 7 / __∠ -v ̄ ̄ 〕二>x}:/   \
二二}ニj 〈  _ __ メノ ̄ 〈二i二二二>-- - x
二二|ニ{ニヘ  ーく   }    Ⅴ二二二二二 7ニハ
二二|ニ|二ヘ   ノ} .ノ    }二二二二二 7ニ/ハ
二二lニ{二ニヘ   ハ }    j二二二二二.7 7/二i

4750 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:51:18 ID:RD12XLgc0 [50/78]



     ____
   /      \
  /  ─    ─\      (贖罪の機会は充分に与えた。後は自分で晴らしてくれよ)
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   (とりあえず今日は我慢だ。欲望は律せなければダメだからな)
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ  (やっと気付けた幸せを逃してたまるものか!)
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /



己の欲望に負けるのはただの愚か者。一時期の欲を満たしただけで終わるのは忍びない。
何十年も耐えて来れたのだ。たかが一日程度は我慢出来ない筈がない。

ただ闇雲に殺意を振りまきたいのではない。殺したいんだ。だからこそ我慢出来る。

4751 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:52:43 ID:RD12XLgc0 [51/78]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                         |  そんなこんなで  |
                         |_________|
                         , - - ||
 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □      /  (● ●|      □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
                         ゝ  (__人)|
                              ハ    ヽゆ
                              し     |
                          し   J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4753 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:54:01 ID:RD12XLgc0 [52/78]



       -=llllllll|||||||||||lll;;;;,,,,
        ニニ|||lll||||!''ニ,_'''llll|!;      真逆本当に貯めていたとはね……
          ̄||δ'   lii!i`γ'
          |l;=,     , 」      それに明日から魔物を退治する……か。
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,        ……劇的に変わったなぁ。やる夫お兄さん。
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;:::::`l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/



仕事を終えた彼は、家の居間でそう呟いた。
昔からやる夫と話している彼だが、今日のやる夫は一番キラキラしていた。
出会った頃はまるで死人のような目をしていた彼。それがまるで夢を描く画家のようだった。

戦うのは嫌いだと言っていたやる夫に似合わない。酷く違和感しかなかった。

4755 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:55:28 ID:RD12XLgc0 [53/78]



   、_,,,;;illllllllllllllliii;;       ii_, 、      ……まあやる気を出してくれたのは良いことだね。うん。
   -ニ|||||||||!_,.‐ l        l.llli i
    `''!||';l'. '‘ .〉      .;-|;;',=ニ)        …ステータスはとても高いんだから頑張って下さいね。やる夫お兄さん
     /、_` 、__'フ、____     l|;;=ニミl  ,-、__,、__,,,;;;;;;、-、__
-----/- 、 ̄/::〉l  、 i―― i,'''''''´ノ ''''ヽ::::::::、:::-、;;;;;ヽ、 `ヽ、
;;;;;;;,/、_   `'' ヽ:、 _, | '、::::::,./` - ',  _,,::-l、;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;i;i   i
;;;;;;ノ   ヽ、    、:::、 i . 、/ ` _/_,:::'::;;;;;;;;;;;;メ;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;l;;i   |
;;;;/    ,)     、::ヽ l `i  //;;;;;;;;;;;;l';;;;;;;;;ヽ;8;i-;;;ニ;;|;_:l  |
.'/  _  人      i;;;;i ヽ、 __/';;;;;;;;;;;;;;;;;::l,;;;;;;;;;;;;;パ::l;;-:::::|´   l
ノ _,-`` ̄ `T―,、_ `;;;;ヽ/;;’;;;;;;;;;;;:::::/´`ヽ;;;;;;;;;;;::ナ;;:::::::::l ,--'-`----- ィ'ニニ
(、    _____ノ__ノ___ニ__>'く;;-、;;;;;:::/    ヽ::;;;;;;;:::`;t-' ´ `t----  、 l;;;;;;;;;;
 `―;;; ̄====ニニ 、_ ̄_ヽ;;;;:::_::`--:::::::, 、_ヽ;;;;;;::;;;;;>-----、  、___  l、;;;;;;;
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l、' _____ノ;;;;;;:::::::;;;;;;;;::-::-:;、;;ヽ;;;,,-iill||||||l!!''''     `l | `'';;;:
 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;;;;;;;;;ヽ;;;メlll''''´´´´/――   / l   |;
    ;;;;;;;|    l-''''''-'''''''''--'';;;、;;;;;;;;;;;;、:::、    l      | |   ノ;
    |;;;;;;;;;|    l         `'';;;;;;;;;;ヽ::、   i   __ _ノ_ |  /l;;

4757 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:57:01 ID:RD12XLgc0 [54/78]

    □
   ┌──┐
   └──┘
   ┌──────┐
   └──────┘
   ┌───────────────────┐
   │                                      │
   └───────────────────┘
   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

4759 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:58:06 ID:RD12XLgc0 [55/78]


さて。これはやる夫が転生した当初の頃の話しだ。


     ____
    / ノ  ヽ_\     …マジで?転生した…ぽいぞ……
  / u ● 三 ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´

     ____
    / ⌒ 三⌒.\      しかも子供…だと……それも孤児っぽいぞ……
  /  ○ 三 ○ \
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|      これは……ハードモードって奴か……
  \  ...|r┬-|   ./
       .`ー'´


ネットをしているからこそ、こんな時の状況把握は早かった。
似たようなパターンのネット小説を読んでいるだけに、どれだけ自分の環境が不味いかも良くわかった。

いやはや。ネットとは偉大なものである。

4760 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 01:59:45 ID:RD12XLgc0 [56/78]

            ,.,―― 、
           /       `ヽ      うぐぅ……追っていた安価スレがぁ……!
          /    ノ,    ○ Y      やっていたネトゲーがぁ……!
         i      ○   、_ ) ヽ     嘘だろ…くそが……
         |      '、__ ′  !
         |   ⊂⊃      /
         |           /
          |      _,,..‐ "
          |   , .'"´
          i  .!
            ゙、  ゙、
            \  ヽ
              ヽ  !
                ノ/
           i'/
              !


          ____
       /::::::::   \     これはもう……ダメだわ……死んだわ……
      /::::::::::::     \
      |:::::::::::::.       |
     \ ::::::::::......    /
       ,.ノi::::::::::    \
      ーイ::::::::    ├‐'
        ヽ::::...    / テフ
          V  /   テフ
           (  r'_ノ
          ー'


転生当初、やる夫は何故かちっこくなって、路地裏に転がっていた。
刺されたのと、今の状況と、そしてこの身体の記憶。それも合わせて自分の状況を理解した。

「あ、これ確実に転生だわ」と。それだけに絶望感も酷かった。

最も、絶望感の大半は二度とネットが出来ないことであったが。

4762 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:02:43 ID:RD12XLgc0 [57/78]


        ____
      /一  ー\      冒険者…?
    / 〓   〓  \     ……しゃあねぇ…行ってみるか。
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
    /⌒l       ィ’
   /  /        ヽ
    ヽ_ |       Y  |
     |       |  |
     |       ゛、ノ
     |     |    |
     |    | |   |
     (__ノ ヽ___)



だが、そんな時にやる夫は冒険者の話しを聞く。
何軒か雇ってくれと頼んだ末に、冒険者になったらどうかと言われたのだ。

生きて行くのさえ侭ならなかったが故に、やりたくはなかったが冒険者ギルドに行ってみた。

想像の中の冒険者なのかなぁ……と、少しだけ甘く考えていた。

4763 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:05:14 ID:RD12XLgc0 [58/78]


                    _______
                      _ ´::::::::::::::::::::二二ヽ:::::\__
                    ,. ´::::::::::::::::::::二二ニ丶::::::::::::::::\             
              /::ニ:::::::::::::::二二ニニ丶:::::::::::::::::::::::::ヽ            
                  ///::::::::::一=ニニ:::::::::::::::::::::::::::::\:::::ハ.     
              /::/:::::::::―一=ニニ::::::::::::::::::::、::::ヽ::::::::!::::::|     
            _,/::::::ニ二:::::::::::::::::::二二ニ=::::::::::|:::::::|:::::::|::::八     
          /{:;:イ:X⌒ヾニ::::::::::=ニ二二::::::::|:::::!:::::::::::::::::::::::::ハ   どうした坊主。ここは坊主の来るとこじゃねえぞ。帰んな 
            /ィ/ /´  \、 ー====ニニ彡ヘ:::::::::::::::::::::::::::::\::::::}      
         { 厶-――-、}}          ,r=\::::::::\:::\:::::::!:::{    
         ,.-〃/ \、--、 ヽ         /     ヾミ、:::\:::ヽ::|::::}    
__,.-‐ァ′/.l{∧  ヾ弐ぅ }  ,r==='′_,. -――   ヾ:::::::::::::::/    
    / ,.イ  `トヽ._    ̄`人、〃  /´ ̄ ̄ \     Y::::::::ハ、
  ./  /.:.|  .ハ  }} ̄ ̄,rテ^ヾニニ{  _,. -――',    }:::::イニYハ--、
-‐'′  ./.:.:.:|  / |__ルx=f´/   ノ   '、  `ヾ弐ぅー;}r====ァ'´} {リ| '.  ` ー-
     ./.:.:.:.:.! :{/´| ̄`}{ Y´  Y⌒ヽ  \   ̄ ̄ノ    / ノ/.:l   '.
___  f:.:.:.:.:.:.\∨  ;;''´`;廴__ノ-一′   ` ̄ ̄ _,x≠x;ァ'´/ l:.:.:.!   ヽ
//⌒>ー、_:.:.:.ヽ;'';''´  `ヾニニヽ,;:'';,    、_,x=彳ィリ  /‐'´  /.:.:.:!    \
   (_,/  },;:'';;     ;; `ー‐;;'  ';, ,;'';, _ノ´ イ  `Y/  ./.:.:.:.:.|
       /) ;,,    `゙; ̄};'   `''´ `';  /―一'´  /.:.:.:.:.:.:/j
⌒ ー‐;‐ ''´/,,       ;;''"´ ,,{;,,      ,;''イ      /.:.:.:.:.:.:.:./:/
  /^i/⌒ヾ.     `':;ー;;'' `       '; / ,.-一 '´.:.:.:.:.:.:.:./:/
./ /     }    ,;;'´ ';,  ';;      ;//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:/



冒険者ギルド。そこに入った時に、店のカウンターにいた大男にそう言われた。
正直、普通の人間なら回れ右をして足早に去る威圧感を持った男だ。

出迎えがそんな有り様だ。店の中の荒みようはさらに凄いものだ。まるでヤのつく自由業の方々の如くに荒れている。

4764 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:06:21 ID:RD12XLgc0 [59/78]



     ___
    /―  ―\      生憎、ここに用が有りましてね。
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|      冒険者になりに来ました。
  ヽ         /
   /⌒_,―、 ,ー、
   ヽ   ,/⌒ヽ⌒ヽ
   | ̄ ̄/ i   |   |
   ヽ   r   ヽ  ヽ
      ̄  ー‐‐'ー‐'


かと言って、それで引けば餓死して死ぬ。割と三日程食べ物を口にしていない。

死んで全てを失って、若干気に病んでいたが二度も死ぬのは嫌だろう。
だからこそここに、冒険者ギルドにまで足を運んだのだ。

4765 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:07:20 ID:RD12XLgc0 [60/78]



                    /:::::::::::::::::::--‐=::::::::::::::::::::::::::三二ニ=ミ
                 /:::::::::::::::::´:::::::::::::::::: ̄/::::::::::\:::::::::::::::::::::
                   /:://:::::::::::/:::/:::/:::/∧::::::::ヽ::::::::\::
               /:::::::/:::/:::/::/:::/::::/::}::::::::\:::::::::: ̄ ̄
.                j::/::/:::/:::::___/:::/::::/:::∧::::::::::::\::::::::: ̄:
              人{:::::::/:/⌒:::::::::::::::::::::/  \:\:::::::`=ー-:::
                 {:::|::::::j/::/ ̄ ̄ー=彡 ′    \j\:::::::::ー:
              V}::::::/               / ̄ ̄`ヽ:::
               }:::/{             __/
                ∨  ヽ            /
               ‘,   \       /  _z斗-‐ ¨ ̄
               -―― \.   / ,ィf'"´  ___
                  /-― }「`゙辷ぅx  /  j/ / ̄ ̄ ̄-― ̄\
            〔{--─ |  ‐==彡}ノ   /    ,ィ‐辷__ラ  ̄ノ\      ・・・・・・そうかい。
             \  |\   ノ====={     "¨¨¨ ̄         奥の階段を降りな。説明はそこだ。
               ´ ̄  ー‐一\彳 } l   \ \__
.          /       /\__/∨   '⌒ヽ  _ヽ__ イ
       /         /     V /'"⌒ヽ    )    \   /
      ´         /       ∧{    j/ ̄       }  ,ィ
             /        /  ト--ァく           / ヽ
.           /       __/  \ (ー}―      __,ル   }
         /         / i    ヽ }'个ヽ\_   ) (   ノ
.       /         / │       {  ̄{「 ̄ノ⌒  }ノ    i
  |\ /           /            ト====≦\   / /  j/
  │ \          /   |         {      }!\ー'  /
      \         /    |       \      \  /j  /
.  ∨     \    /    |            \____>  /
    ∨      \   ,      |           \___/
.     ∨       ヽ/     |\          / _}{__〈

4767 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:09:43 ID:RD12XLgc0 [61/78]


                    __
               ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
             /             `ヽ
            / -―-        -―-   ヽ、
            ,′                  ヽ      あ、そうだ。
            i   z==ミ       ィ==z    .|       お兄さん、無理して低い声なんて出さなくても大丈夫だよ?
           ,'                        |       充分お兄さんは強そうだしね!
             i⊂つ            ⊂つ /
           ゝ     (       )    /
            ` 、    `ーr'´`iー- ′ _,.イ
               > 、  `=='   ャ<
                   ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉


そんな威圧感たっぷりの大男に、やる夫は去り際にそう言った。命が惜しく無いと見える。

4768 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:12:57 ID:RD12XLgc0 [62/78]



             , ---- 、_
           /彡 xミミ三_ミ 、
          /彡彡,ノ/ `__-、゙ミ}、
          {,ィ彡<、}l´{oノ.ノ¨`}))、___      お、おう……
           {K〔_o!j´`ー ´u ,.イノ /`l \  ̄`ー
           `‐T メ(r_,-'  ./i _ノ/. : !   \ x┐
              `t-、,r'ニ- { ,/ /. : :.|!   ./ .|
             ,イ`ト、`´ >'´./ : : : ||   /  j
           // {: : :. ̄ァ<_ : : : :|:|     /
          / /. | : : : /、__/.:`ヽ_」:|    /
         /  /.   l\ /.::| ト、: : : : |    /
          }  .⊥.  ∨ ′:|  ∨: : : |   ./
        ./ .|  \   \: : |   ∨: :.|  /
     _ _{_ l    \   \!    \:|  /
   ,メ´ )_,{.(ト、ヽ、   \.  \     j /O
 .  `ーj´/ `t. `X \   \、 \   / /
   l´{ l、__り`  }\|\  O \、 \/ /
   ヽ `ー'ノーァ‐'l  ヽ    `  \/ /
    `T ̄ヽ´__,ノ   |       /,/
     {_ノ´     \       /イ
      \        }\   /        O



                    __
               ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
             /             `ヽ
            / -―-        -―-   ヽ、
            ,′            _    ヽ
            i   z==ミ       f:じ::j    |      じゃあね。優しいお兄さん。
           ,'                 弋゚zノ     |
             i⊂つ            ⊂つ /
           ゝ     (       )    /
            ` 、    `ー-'´`ー- ′ _,.イ
               > 、   __   ャ<
                   ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉

4769 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:13:47 ID:RD12XLgc0 [63/78]


           _,....----、,,...,,     
       .r‐''"彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ  
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ、\  
     .ノ;;;ノ;;;;;;;ノ;;;;;;;;;;;/;;;;;ト;;;;ミ;;;;;ミ;;;;;\  
     /;;;;;;;;;彡/,;;;;;;;彡ノ/ 入、ミ;;;;;;;;;ミ;;;;ヽ.   
    /;;;;;;::-<彡ノ彡" ノ./´. \\ ミ;;;;;;;;;i 
    /;;./   `ヽ、  ´ /r i/´` ` \;;;;;}  
    .り 、≦二ミ、\ ,ノ´ / 彡ニミ,r  ヽ|_     な、なんだあの餓鬼は……    
.   ノ`Y  \,,_○ ,i  ,!{  ノ i、○__ノ   i ヽ
   .|(.i |`''-.,,..,. ̄ ,.,..ノ.ノ (    ̄     ノヽ|  
   ヾ iヽ,,   ´>.く ,‐、 .ノ‐、     /|r.イ   
  ,-ノiゝi `ヽ、ii.  `‐(___)-'    / く|ノ ト--、__    
‐'"/::::| .人   X   ,丶し‐、   i´!  ノ  .|: \\ ̄"''-、.
´イ:::::ヽ  `ヽ  ` -く-'ニニヽ>   /´  /:::::::∧ \   `''‐- 、_
./:|:::::::::`、  入,,_   >--く   .ノ´   /:::::::::::i::::i  \      "''‐-- 、_
|::.|::::::::::::\   .ヘ、. ´    }} ,r´r  /:::::::::::::::/::::i   \
i::::i::::::::::::::::::ヽ、._ \''-、,,,,,..ゞ‐'./,.r''´::::::::::::::::::/:::::i      \
ヽ::ヽ,::::::::::::::::::::::~"''‐- :::  ,,.ノr''"::::::::::::::::::::::::/:::::/ ヽ    /'7
. ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::イ`''''"ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::/   ヽ /  /



やる夫が彼と会話を最初に交わしたのはダッチが十五歳の時である。

この時のやる夫に対しての第一印象は「不気味な餓鬼」であった。

4770 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:15:09 ID:RD12XLgc0 [64/78]




| ャ≠≡!「|ミx、 ヽト} [|ヽ./ / /! /! \f {  〃 ハ    / /
| ヾ:{  ヽ!'´:::`ヾ:.、Ⅵ / `x/ l i |    { i / / / /   〃 イ
|  `  /rァrぅr、:.ヘ\{  i/  !ハ    Xく/ / /  // /リ  /
l    {:! :: |! :: ;}  丶   j′{   / Xムメ='≠'//   /ヽ      ようこそ。糞の掃き溜めへ。
    `;廴_ ゙ ′.:/           Ⅵ;′〃::://くィK:r/ . イ j//         むざむざ命を捨てに来たの?
     ´  ̄ ̄ `          ′ " {::´::::::::::ハ/イ:::::レイノ
                          ‘.::::::::::/ く   トノ'斗'-
                          ヾ:::::{  `ー、!r- .._
                       ,       `.:::ヽ   j’  .イ:
                    /          \:丶 〃 .ノ:::::
: .                ´          ` .:`ゞ;彡 "
: : .                                ヾ;! 〃:
: : :.            ̄    、                }:Ⅳ/: :
\: : :.                        ヽ. ___ ..'イィ7: : :
:::::::ヽ:. .            .:`             ̄ ´ /-;' : : :
:::::rく:::\: .                       イノ: :/: : : :



そしてやる夫を出迎えたのはまだ歳の若そうな少女。
けれどその威圧感はカウンターにいた大男に決して引けをとらない。

4772 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:15:44 ID:RD12XLgc0 [65/78]



          ., '´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ.
        /            \
       /  ⌒      ⌒   .:::\
     /    r´(_ヽ   r´(_ヽ  .::::::ヽ      いえ!生きる為に来ましたので!
     !  _ ゞ;;'ノ    ゞ;;'ノ _.:::::::::::!
     ! (__) ( _,、_ ) (__):::::::::!
      ヽ      ヽ、_ノ       ..::::::::/
      \            ..::::::/
       /    ....::::::::::.....  ::::::::\



       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\     ・・・・・・そう。読み書きは出来るかしら?
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '          (不気味な目……子供なのかしら?)
. /.′/ ∧トx!ャ芯ミ灯  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /
彡'  / / 从{ヾ{代zrソ`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //
   / / / ∧ ドヽ ̄       ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\    ̄   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :

4773 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:20:12 ID:RD12XLgc0 [66/78]


                    __
               ,. -'"´ ̄    ̄`ー 、
             /             `ヽ
            / -―-        -―-   ヽ、      ・・・はい。問題ないです。
            ,′                  ヽ
            i   z==ミ       ィ==z    .|     (意外に日本語か。いや、意思疎通が日本語で出来るし当たり前か)
           ,'                        |
             i⊂つ            ⊂つ /
           ゝ     (       )    /
            ` 、    `ーr'´`iー- ′ _,.イ
               > 、  `=='   ャ<
                   ,ゝ ̄ `ー─┴- 〉


       __  rz、 _ - ―- ― - .f:izィ―‐z
       `ヽメ\|マィ ´   _  ー - 彡≦三←、
        ≫三イ ミ=    ̄      、ヾ. \
      //¨7     /  ,   l|   l}  ', ',\\
    //  }    ,'  / l| l|`ト、l| l l} '. \\      なら分かったと思うけど、全ての失敗は自己責任。
  //    |   .: | 卞≧トミ{ l `メ斗チ l|   .\\       ギルドのルールは遵守。破れば制裁。
//     ,′ .: |  代 { リヾ、j/{:fヨz:ハ/l′    \\
\{ヽ     /  .:  j  lヘ  ̄   " ゞ=チ |      ムイ     それは子供でも関係ないわ。
  \\  ./  .:  Ⅵ.::ゝ      ′ メ  |     /ノ
    \\'  .:    ,rzⅦ、   -  ィ   !    //
      \\.::   ( iゝ‐z >x  イ |:.   ヘ  // __
     ./__\\   〉 ̄ト 辷ラ七彡 :!::..   ハ  ̄ ̄7 /
    ハ ̄ ̄ ̄`ー"-: :ヽニユ辷ラソ、.-―z、ハ    / /
   ,'{/ ̄`Y: : : : : : : : : : : : ゝ:Yr=x: : : : : ム '.  ./ /
.  /く_ : : └──z: : : : : : : : :《ィ泌>: : : : ヾ、ハ / /
./  .〉: \: : : : : : :∧: : : : : : : :.ゞXイ: : : / ̄: ス 〈
   .: \: : `ー─: : :.ノ>─~ー、_: 〉ーく: : /:ノ\\
  ..::  ム: : : : : : :イ/: : : : : : : : : : ̄): :ヽ: : く  :. \\
 .::  .:  〉: : : : : : :|′:ヽ: : : : : : :_:._ノ、:_:_ノ!: : :ヘ. :.  \\

4775 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:21:08 ID:RD12XLgc0 [67/78]



            ,/    /   ;    ′              ヽ     `ヽ
          /′   ,′  i  :  i      i;  !         :.
         / '         | i\ i   __  }i   |:. ; ⅰ   |  {
         く   {     :i ⅰ| l   ト、 ⌒},ハ  |:.|: . li   .:|  {\      ではこの契約書にサインを。
         > 人{    :| 十┼-ミ  |i \ノ″ } _L⊥: ._ji}: . ; :i|     \
         ′  ! i 人 i _」,,,_li `,八 (}\斗‐┴┴‐くノ: .:i| :i|   \   ヽ
          /    人」   ヽ{Y´fhうミメ、 ヽノ`{ー=√厖刀  Y :i| :i|    \
               |\{ヽハ 乂】リ     \{ {辷ジ ))八八八
               |   |    ´" ゙`      \廴n彡'' { |           ,
               |   |  '.     、       ̄}} \ { |  ; \   ′
               |   |   人             (__丿   爪 !  !    \
               |   |   i  \   `こ ´      ___{_|_ヽ{  |       ヽ
         ____|  !   !   (丶.      ,.   ノ)   } } 八      ,
       <¨\     ̄ ̄ ̄ ̄≦\{几r=≦ { ̄ ̄「    ノ\.  \      ′
         )  ))         { {  }} }}   }  丿厂 ̄   〉、  \
        く  く          \\ \{   / / /     /  \  )


          ____
.         /―   ―\
.       /  ●   ●  \     書けました。
.        |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
.       \         /
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
    _(,,)  やる夫      (,,)_
    /  |            |  \
  /    |__________」   \

4776 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:22:31 ID:RD12XLgc0 [68/78]



       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '
. /.′/ ∧トx!∧从ハ!  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /      さて。じゃあそこの水晶に手を置いてもらえるかしら。
彡'  / / 从{ヾ{ =弌ミ.`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //      貴方に見合った職業に登録するから。
   / / / ∧ ドヽ         ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\   ` ´   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :


        ____
      /―  ―\
    /  ●   ● \      解りました。
  /⌒ヽ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|/⌒i
  ヽ   ヽ   __   ィ’  /
    ヽ          /
     }          /

4778 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:24:00 ID:RD12XLgc0 [69/78]


やる夫ステータス

                     ,イ
                    {ゞ、,、_,、r-w、_
                     ``ー'-'ー'^'ーz彡{ 、
             r'、      r-fW^ー-;__〈|ヾZl!
             ヾゝ、   ry'^l」rJnノ、/ ト'Tリ:::',:::\
              '^yミエンj´ト--' |;ヾーi //::::::::'、::::ヽ
                  ,ニヾ二ゝ!;;;;ヽr:'::::::::::::::丶_:ヽ
         ,ィー―――----Z三≧ー'、f^Y:::::::::::::::__:::::::::::l、
       ,ノ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::7:TT`ーzゞ':::::::::::::: 〈_o!::::::r' `丶、
      r::{:::l:::::::l:::::::::::::::::::::::::::::/::::l l   ``i-、_::::::::::::::::ノ   ` ヽ
  _,,. -‐{::::l:::ヽ:::::l:::::::::::::::::::::::/::::::l ゝ、_,ノ  ヾー- '´      |
'"´::::::::::::丶:ヽ、:::::::l:::::::::::::::::∠::::::::::::l/ ノ リ::ト、  {`ーv‐v-y、    /
:::::::::::::::::、__:`_`::::':::::::::::::::::`ヽ`l7-:l.:'   hノ `丶`'ーヘz)  Z! /
::::::::::::::::::::::::::::::::_,二::::::::::::::::::::::l:::::::::l,:' / ,lイ    ` ̄    ' ´
----―― ''"´',::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::l; /  ,'/
          !:::::::::::::::::::::::::::::l::::://,ィ; //

       やる夫 LV1
       生命力 70 気力 120


    ちから(str)   4    技能一覧(パッシブ)   ギフト?一覧(閲覧不可)

    すばやさ(agi) 5    野球術 LV8        転生者LV1         元日本人LV10

    かしこさ(int)   4     投球術 LV9       視生如死LV不可説不可説転

    きようさ(dex)  7    バッティング術  LV7    世外絶倫LV1

    たいりょく(vit)   4


    補助職業         その他

    野球選手LV7      交渉   煽り
                 読み書き 計算           

視生如死LV不可説不可説転=生きていることを死んでいることの如く捉える価値観。
              大幅な性欲の減退。恐怖、恐慌、威圧の完全無効及びに魂の不滅を得る。

転生者LV1=死のストレスを耐え切り、人格を損傷しなかった為に獲得。
      成長限界の撤廃と成長補正を得る。

世外絶倫LV1=全てのステータスと技能と才能が微小伸び易い。

元日本人LV10=高い論理観と道徳心を持つ民族。きようさとかしこさが伸び易く
        生存能力が高くなる。その反面、法律を守る、人に迷惑を与えない
       などの制約がある。元な為、効果は少し低い。(魔法はほぼ習得不可)

野球術LV8=打球に反応しそれを捕球するや早く駆ける技能。
      このLVは球界でも屈指の実力者。

投球術LV8=正確な場所に、時速155km越えの球を投げる技能。
      このLVは球界でも屈指の実力者。

バッティング術LV7=高い反応で小さな球を打つ技能。
          このLVは首位打者にもなれるクラス。

野球選手LV7=異世界の一人前の(球場)戦士。緊張緩和、冷静さを高いLVで維持。
       身体能力が伸び易くなるが、怪我をし易くなる。

4780 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:27:41 ID:RD12XLgc0 [70/78]



 / /   /::/  /::::::/ i! |  |  /i ,イ  i  | !  i   i | |   i |  i   !
イ/    /'´   |::/   l! |  |  ハ i !  l! ハ l!  !    ! 川  | !  !  i!   .′
イ            /    /! イ i人  | lハ  ! i | li  :   ,′}i ! イ .イ  ! .イ /
.         /     / i!ハ ! ト-トミLi__ハ l ハ i  :   / /!/!! /|/ | /_L.斗 /      貴方は…そうね。戦士として登録しておくわ。
.         / /   / i′! | ト、 | ヾ{__ヾ!≧トix i! / /〃,L斗≦/ i /i:|/:!       冒険者としての依頼はここか、若しくは政庁のロビーで受けなさい。
      / /    イ  ,イi∧| 小.z斗≦芋ミ:x卞ヾi∨ {/fチrレくyr/xう}く.イ′! ,
.    / /   / /  / |/ 〉:∧ヾ::{ rt'::::;ハ`、ヾⅥ //!ヾv{ {´ ( 才`7ヾソ/      (このステータスの高さ……間違いなくギフテッド)
  / /   /  /  / ∧ /::/ ∧  弋x._rソ_   }ハ/}′`:、:ヾ:、廴_ソ彡'.:.:.'ィ          (政庁の役人共の喜びそうな子ね)
イ /   /   /  / / .У:/ /::∧  `  ̄         ヾ:ミ辷} ̄フ:/イ7
_彡   /    /  / / 〃::/ /::/::圦              ` ーァfイ .::::::j′
.   /      /  / /  /:/ /::/:::::::/|\          j}    ,ィ.;:イ_ノ:):::::,′ /
 /       /  / /  /:/ /::// ::/ !:三ヽ.     __ __  〔《〈_  .イ::::::::/  /::
彡'       /  /:′ ,':/ /::// ::/  .}`ヾヽ.>.    ー   `>ミ辷彡チ≠==
        /  /   ;イ .:://::::/ 才::::::∧ ヽ}三≧x. ___ .._彡チ" /::::::厶、/:::::
.       /  /    〃 .://::::/   ヾ:::::::::∧    `ヾ::ィ:´    /::::::::::::://::::::::



三十年も前の冒険者の数は今よりも三分の一程で、当然ギフテッドの数も少なかった。

冒険者の平均ステータスが1~3の間と考えると圧倒的に優秀と言える資質。
技能も相当磨いていたのだろう。今直ぐにCランクになれるであろうステータス。

役人たちはさぞ大量の納税を期待しただろう。けれど彼はその期待を裏切った。

4782 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:30:00 ID:RD12XLgc0 [71/78]



     ____
    /―  ―\      委託……昼間で…飯付き……大銅貨六枚……
  /  ●   ● \
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ          ィ’


      ____
     /ノ  `ヽ\      神は言っている…!
   / .=・=  =・= \     『働いたら負けですよ』と……!
   |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
   > ..|r┬|    .ィ
.       `ー'´


まあこう思うのも仕方ないといえば仕方ない。
ネットゲーをやっている人間なら経験が有るだろうが、バージョンアップにサーバー移転。
そしてそれによる新規サービスの開始。キャラクターの喪失。新たなルールと更に強いレア装備。

……これを人生単位でやられたら何もかも投げたくなるだろう。

4783 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:35:36 ID:RD12XLgc0 [72/78]



だが、甘かった。この世界はやる夫には厳しかった。



               -―─- 、
           /         \      娯楽少ねぇええええ!!
        /⌒'  _ノ   \  (⌒ヽ,     ネット出来ないのはしゃあないけど……
.       /  ′ ( >)}lil{(< ) \ 丶
      {  {   | (__人__)l |   }  )    娯楽なさ過ぎぃぃいいい!!
.       丶 、 | i| ::::::::|│ | / /
.       \ ー| lLェェェl│ |   /
           7| l     | |   l
          /             |
.          ′           |
         i             l
.        乂            イ
          | /ー――一、 |
         し′      、_j



それは仕方なかった。Eランクでは殆どのことに制限がかかる。
それの筆頭としては、公共施設の利用制限(納税の義務を果たしていない為)や治療代の高額化。

やる夫が思っている以上に公共施設の利用制限は痛かった。
この時代、まだ写本業が成り立つ時代である。当然、本は高額で立ち読みなんて出来ない。
その為に図書館へ行きたいのだが、市民ではない為高い入場料を取られる。

4786 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:38:54 ID:RD12XLgc0 [73/78]


                -─‐──‐-、
             /             \
            / ;              ヽ.      本当人生って糞だな!!ちくしょうが!!
           l  U                l
           |      , 、     ;    |⌒´⌒`ヽ、
           !、  _ノ" "ヽ、__  ∪         \
            ヽ ((ー)  (ー) )::  /⌒゛`       l:
             /ヽ∪(_人__)∪__ ,ノ|     ,      |
             /   /` ⌒ ´     |.    |    ,   !
               /   ∪    |∪`-,,,.|"   |___,ノ   |
           /.   /     |    |    |     ,lー─- 、
        , --‐-ー、_/∪    l ∪   ,|    |   ,/ )    )
       く / / ァ- ,ノ _   \ノ^ノ^/⌒ヽj\   /^ー-‐'
        `ー' ー´ ̄ (_)  (_(_イ_,イ、_,ィ'´__/  ̄



そう、納税の義務を果たしていないが為にどの施設を利用しようにも高い金がいる。
現代日本で、当たり前のように公共施設を利用しているので更に歯がゆかった。

これがやる夫の無気力を駆り立てて行くことになってしまったのだ。

4787 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:42:21 ID:RD12XLgc0 [74/78]



            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \      糞ったれめ!!こっちは二週間も風呂入ってねぇよ!
         ′u | | |l !      u. ヽ
      /     !   (___人___)   }     酒も飲めねしよ!ふざけんなよ!!
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /
        ゝ          イ..ノ}
         7 ..ノ}      ! ノ
         /  .ノ     |´
          /          |



現代日本人としては二週間も湯船につからず、身体を拭くだけだと落ち着かないだろう。
それにやる夫は酒にも強くない。スラム街で暮らす以上、酔って帰れる筈がない。

身包みを剥がれるだけならまだマシだ。下手をすると命すらも取られる。何もかも最悪だろう。
それの対比ときての現代日本がどれ程天国のようかが分かってしまう。

4788 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:43:16 ID:RD12XLgc0 [75/78]



                       ! |l!│!l│!l!│!l!l│
                    │!l│!l!│!l!l│
                ―‐  、   │!l!│!l!l│
                /      .:ヽ     │!l!l│
             l         .:.:.l         │    本当に現代日本って天国何だなぁ……帰りたい…!(大泣き)
              ヘ     .:.:.:.:/
              \ .:.:.:.:.:.:.:く
              ィ´ .:.:.:.:.:.:.:.:|
            〈     .:.:.:.:.:.:.:.:|
               />、   .:.:.:.:.〈
                / !  l!    .:.:.:.:.l
           / {         .:.l
           ゝ‐'\____.:ノ
               :::::::::::::::::::::::::::..
                ::::::::::::::::::::::::::::..
                  ::::::::::::::::::::::::::...
                   ::::::::::::::::::::::::::
                     ::::::::::::::::


底辺の底辺。そこの娯楽は大抵は三つ。色を買うか、打つか、飲むか。この三つだけである。
読書で暇つぶし。なんて現代日本では当たり前の事なんて、貴族様ぐらいしかしていないだろう。

無意識に女と血を避けているやる夫では本当に何もかもが出来ない。

市民でも、図書館の入場料銀貨三枚は高い。(やる夫たちの入場料は二十枚。これは保険も兼ねている)

それをやる夫に払える訳がない。本当に暇過ぎてやる夫のやる気、そして気力を奪ってきたのだ。

4789 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:45:52 ID:RD12XLgc0 [76/78]

だが、これからは違う。


      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (⚪︎)  (⚪︎)\+ 。 *     ああ…これが俺なんだなぁ…。
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i
  l     殺 人 鬼     /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"



自分の本性に気付くのに掛かった時間は前世も含めると五十年弱。

その内、惰性とトラウマに苛まされた時間は三十年。

長い、長い、時間だった。だがこれからは違う。やる夫、本来の自分らしく生きるだろう。
心が赴くままに。魂の有りようのままに、殺していくだろう。

4791 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 02:48:38 ID:RD12XLgc0 [77/78]


では今日はここまで。

因みに、まだまだ人は頃しません!安心して下さいね!


4795 名前:名無しの読者さん[sage] 投稿日:2014/06/05(木) 02:57:24 ID:mAEEh9iU0
乙~
……あれ? やる夫の歳は確か四十二。なのにトラウマに苛まれた期間三十?


4796 名前: ◆rXrDkRVoGY[] 投稿日:2014/06/05(木) 03:03:53 ID:RD12XLgc0 [78/78]


>>4795歳は、四十二。つまり、意識が覚醒したのが三十年前。

十二年間は意識は虚ろ、という設定です。
関連記事
2014-06-05 : 続きのないチラシの裏 : コメント : 16 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
カールってやっぱりあのニートだよな?
2014-06-05 10:04 : URL : 編集
No title
無意志に血を避けてたって書いてあるじゃん
読みもしないでアドバイスっすか?
スライムに血はない、みたいな反論は自分が傷つけば血が出ますってことで封殺しておくね
2014-06-05 12:37 : URL : 編集
No title
現代日本から来た人間が狩りなんて『普通』はやらないわな。安全に稼げるならそっちに流れるのが日本人。
あえて例えるならグンマーな土地で警備員をするかグンマーな土地で傭兵として戦場に出るかを二択する状況。平和な『普通』の日本人なら警備員一択。
そうやって考えると今回のやる夫は異常性が解りやすく書かれてると思う。
2014-06-05 13:35 : URL : 編集
No title
親父がケモノガリだとはw
2014-06-05 13:43 : URL : 編集
No title
意識が覚醒したのが十二、あくまで可能性としてだけど
そうなると捨てられたのも十二の可能性も高いかな?
……もしかしてその頃に前世でやらかした異常性を発露させて
前世の母と違って受け入れられなかったとかかね
まあ、単純に理由なく捨てられた可能性も在るが
2014-06-05 15:13 : URL : 編集
ケモノガリの才能は子供に継ぐはずないんですがね
2014-06-05 16:32 : URL : 編集
No title
魔物相手だろうが殺傷沙汰避けてたってことだろう
そんなことも読み取れない読者様()のアドバイスってすごいですね
2014-06-05 17:21 : URL : 編集
No title

そうそう

普通に考えて血を避けてたってのは争い、闘争をさけるっていう暗喩だろ…
血が体につくとかいう直接的な意味じゃない
無意識に女と血を避けている→無意識に性的なことと争いを避けている

直接的な言葉で場面や心情を表現すると時に無粋に感じられる場合があるから、その際には暗喩表現を使う
というかそんな大げさな話ではないんだけどね

2014-06-05 18:22 : URL : 編集
No title
逆マイケルw
す薔薇しきバラシー!眼帯は…中n(血で…
2014-06-05 21:37 : URL : 編集
No title
そんな高確率で殺傷沙汰になるような警備の仕事を、寄生連中がこぞって請けにいくとか本気で思ってるのかね
そんなことがほとんど起こらない、あくまで見回り的なものか、危険が少ないから請けるんでしょうに
そんなことにも考えが及ばないから釣り宣言して逃げるしか出来ないんだね……
2014-06-05 23:32 : URL : 編集
No title
まさかケモノガリが出てくるとは思わなかったw
いいぞ、もっとやれ
2014-06-05 23:46 : URL : 編集
No title
久々にコメント欄に梅座様が沸いておられるわ

>さすがに釣り針大きすぎかなって思ったけど相手してくれてありがとう。ちょっと面白かったよw

典型的な捨て台詞すぎて、笑いが出てきたよ
2014-06-06 00:59 : URL : 編集
No title
そういう場所の警備って別に戦闘せんでもいいんだけど?
基本的に異常がないかの見回りや、見回ってますよの姿勢見せぐらいの意味しかない。
実力でもって取り押さえるなんて事は期待されてないよ。誰が面倒事起こしたかの確認役ぐらいなもんだ。
本当に荒事前提なら複数人投入するし、そうなら官憲への伝令役としてでも動けばいい。
なんで戦闘前提でしか考えれないのか……前提がおかしいからいくら後から取り繕っても破綻した結論にしかならんのに。
2014-06-06 22:47 : URL : 編集
No title
治安のいい住居を手に入れるには市民権が必要だが、魔物殺してランク上げないとダメだから無理
それ以外の手段を取るなら、委託をひたすら真面目にこなして誰かの目に止まるのを期待するしかない
それにこのやる夫は治安が悪い場所で、極力暴力沙汰に巻き込まれないよう動いてるのは前回でてる
殺傷沙汰を避ける=治安のいい場所に住むだけじゃないんだよ

あとこのやる夫が警備の仕事請けてるなんてどこにでも出てないぞ
一体どこからそんな判断飛び出してきたんだ?
まさかコメント欄の記述のみで判断してる?
2014-06-07 02:08 : URL : 編集
No title
管理人さん流石にこういうあからさまな荒らしはホスト規制でおkっすよ?
自分でアドバイザとか見てて不愉快なんで
2014-06-22 19:12 : URL : 編集
No title
正当防衛で罰金ってどういう事なの
2015-08-25 12:03 : URL : 編集
« next  ホーム  prev »

最新記事

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
おめシスはいいぞ…

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

ページランキング

ブログパーツ http://pranking8.ziyu.net/html/yaruokei.html

RSSリンクの表示