FC2ブログ
クリックで開閉

やる夫はパーティの中のみそっかすのようです(DQシリーズ)4


41 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 22:30:07 ID:uKIBVpp6



  やる夫はパーティの中のみそっかすのようです4
                      (DQシリーズ)

            ____
           /_ノ   ヽ_\
         /( ●)( ●)\
        /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
        |     (  (      |
       /\     `ー'     /
      │/ ̄ ̄\__/ ̄ ̄\
      /::::\::::|:::::::::∪::::::::::|:::::/:::|
      |:::::::::::|::::::|:::::::::∥::::::::::|::::|::::::|
      |:::::::::::|::::§:::::::∥::::::::§::|:::::::|


.

42 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 22:36:19 ID:uKIBVpp6
         \           ::|        .:::/      ...:...:/
          .:\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|    ......:......::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
          . .::\       :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     .::::/
          . :. ::.::::\─── |_;_;__;_;_;;/     ../
           . : .:. .::::| : . : . /: . : . : . : :/. . : . : .::/: : . .
           ...:..:.:..::::|: : : /: : : : : : :/: : : : : :/: : : : . .  .
         .  ..:.::.:..::::|-=.:.:.:.:_;;:.-::::''´::: : : - ´: : : : : : : . .  . .
           :.::....:::::::|.:.:__;;:;..:::::-‐.::'''""~: : : : : : : : : : : : . . .  .
           ...lフ : ::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : : . .ワ . .  .
           . : :.::::::::|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヮ.:.:.:.:.:.:.:.ワ:.:.:.:.:.:: : : : . . . . .  . .
            .: :::::::;ィ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: ::: ::: : : : : : : . . .  .
           ./l ::/|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.::l: : _. . . . . . .
          / ..:|/.::/|~""''' ‐- ...;;__: : ~:"'i':‐:;;  "i''-!._ .:|\
        ´::|  / ::l/| |: : : : : : : : :: :: : : "'''-!.._: :.|"'-!:._ .:|\|
         :l/!  / |/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \\ .:::|\|  \
        /  |/| lニニニニニニニニニニニニl::::|\|  \ .:|
          / ..:|/ : : : : : : : : : : : : : \ \ .::|\
        /|  .:::l二二二二二二二二二二二二二二l .:::|\|  \
          |.:::/                      \|  \
         :/                          \ .:|\
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 一夜明け、ナジミの塔へと入りました。

 今日もメラは1発しか打ててません

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

43 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 22:40:04 ID:uKIBVpp6
   , ィ  / /   , ! ! 、 ヽ  ヽ(ヌ::.::.::.::.::Y)_
 //  / , l| |  /| l| |l lハ 、  、て)、::.::.:::|< ̄》
/ /  / / l| l | ,'|l| |l | |l `、 ∨;=ヘ::.:::ル1 ̄}
 /  / /| l|! l| ll | l| | |l   ll l|《_」「l「`ト、/
'/  /l l| | || | l| l| | |l | l|>七 l| 厂}j,小 !
'  / l| l| | |l |八 | | l|T"/jL斗;ァj / // l:l |
  /l| l| { 丁二ニ、ヽノ リ' /^玄沙 // / , // l  経験値乞食ねホント(ボソッ
/ //∧ l 八 弋忘ト        // / |:l l| |
'/〃|,小. ヽ \^"´         -=彳i 〃/l」 l| {
|l i| |l |il \ `丶、  ___、-_ァ   , ||!/| l|!
|l i| |l |i| |li| l「`7"フ´/ r-′  /=k| |l l  ∨!
|l i| リ i|l |li| iハ { ′  ヽ::`フ:i^ヽ、//| |{ !  { l
|川/ |l| |lil 川\r、__rヘノY^!::ト::.::.:「 Nヘ八  い、
| l/{ l|l|/ji| ノ !厂ヽ\ ヽ、∨ ヽ::.:〉 l |ハ ヽ、



      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |
  \\    (__人__)   /く< ビクッ
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 水銀燈からの視線も言葉もだんだんと厳しいものとなっていっているように思います。

 すばやささえあれば、前衛の二人より早くメラを撃てるのに・・・
 でも、今のやる夫にそんな力はありません

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
47 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 22:48:29 ID:uKIBVpp6

      ____
     /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o    (そのおかげでレベル上がったけど戦闘用魔法覚えれなかったお…)
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |  (覚えた新しい魔法が『ウスウス』って…)
  \     `ー'´     /

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 しかしながら、経験値乞食と言われつつもレベル2になることが出来た。

 だが、肝心の戦闘用魔法を新たに覚えることはなく、覚えたのは
 それ以外にカテゴライズされる魔法だった

 ある意味で防御魔法()と言えるかもしれない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

48 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 22:57:38 ID:uKIBVpp6
                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
              /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
             /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
             !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>   へぇ… その魔法覚えたのねぇ…
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
             | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
            ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
       .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
   . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 レベルアップした際に、新たに習得した魔法のことを水銀燈には知られてしまった。
 同じ魔法を専門にする者同士分かってしまうらしい

 他の3人にはバレてないのは幸いと言っていいのだろうか…

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

49 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:08:29 ID:uKIBVpp6
        \______/ ..::::::::;;;;;;;;;;
            |. ..,,-〒.-、 _.|...:::::::::;;;;;;;;;;
.          |. 「:ロ::|::ロ::|::::|.:::::::::;;;;;;;;;;
.          |. |:::::::|:::::::|::::|:::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,,,
.           |. |::ロ::|::ロ::|::::|:::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,
.          |. |:::::::|:::::::|::::|::::::::::::::::;;;;;;;;;;       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            |. |::ロ::|::ロ::|::::|:::::::::::::::;;;;;;;;;.     |  見えただろ あれが最上階だ     |
.        _l___|_.:::゙|:::::::|:::」:::::::::::;;;;;;;;.       ヽ_______________/
       /=======:::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;,,,
.      /f────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
.      /ト─────‐:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     /. |  : : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;
.    /[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;,,,
.     / | . . : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,
   /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,
.  /  . . ... ..:: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そんなこんなもありながら、バッタバッタと前衛3人が敵を倒していき
 ナジミの塔の最上階である4Fへとたどり着いたのだった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

50 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:18:17 ID:uKIBVpp6
      ゚,                    ∠.-イ
       ゚,                     /
       /       .: :.  ヽ:. \  、:. :.、 丶._
     /      .:  .::i ::.  ゙::.i:. ::.ヽ ::、::::::::.:.:.:.:. :...>
      ̄ ̄ 7  , .:::;  .:::ハ .::ト、  :!::::.、i:::::.:....',::::::.> ’
        /  .::!.::: i .:::/__! ::! ヽ  !`_、::i斗::::::i::、<. _
       / ,.:::::::::i l.::/=tテ、トミ ヽ|'ィキラ!'フi\∨\_\___  目的はこの『とうぞくのかぎ』じゃろう?
.        //.::::;::::::レi:イ`fi=ヘノ  ト.!、 ̄`f! l、 ::`::::、:゙、::::::::/
      ´/ .::イ::: ::::::Vハ{! /   ミ ヽ  il !ハ :::::::ヾ:、<     ほれ、もってけ
      ///.::イ :::::::::::{!      |ミ。   l!jイi  :::::::::゙、::::::.>:.,.
      /´ ,/,j :: :::::::゙、    ‐='"   jレ;i;i!  ヽ:::::::゙、::辷―‐‐ヽ
        ,ィi;|;| i: :::::::::゙、〈 ー――一 〉イ\;! i  ヽ::::゙、:::::.\
     _ /;i;i;i;i;| l :::::::::、\  ━  , イ j,  }! l、  ゙:::::゙、::::、::ゝ
  .<;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i! !  ::::::::::ヾ、 ー― ´/ /\ j;ヘ !;゙、  ::::::i;`i>:..
´;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iヽ.!、  ::::::::::::゙、   〃    //∧;i;i゙、  :::::゙、;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i>:.
;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iソ;iヽ ::::::::、:::ヽ  ;′  ///:.:.i;i;i;i;ヽ :::::゙、;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;/、
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 なんとも拍子抜けなことに、あっさりと『とうぞくのかぎ』は手に入った。

 これで目的は達した。さっさとレーベに戻って目的を果たそう。
 やらない夫たちはそう言って塔から出ていった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

51 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:21:28 ID:uKIBVpp6
              ト.  ∧  ∧ /^i  /./
         .、_    ト| \/  ∨ ∨  |/ / .イ
       ..__ \ー-、|                 // /
        \ ̄\ `              /_
       __、―`―゙                  ̄/
      __>\                    /
      `>/      ,   , ∧       ,,     ` >
     /_ニ二7   /  /‐{ 。!-----〈 |_  i <´      のぉ、そこのお前さん
    _二>//,/   ,.',  i.!__  冫fャ|ォi ゚  |  !  _\
   r'//////∠-‐7 , jノ!'  |厂ミ、〟jュ|ュ| ,ィ、!  !. |//>.= .,
   ∨////////∠イ  ノ  |t辷・ミ元ィ斥, /| 、 |\!///////!
   ∧//////////ノ/|   | 〃´  キ`}l|´゙/ | ト|/////////j
  / ∨///////≠ | |   ト、|, __ー_'_、jlレ゙| 仆|/////////'/
. /.  ∨////////,'| |   |、ヽ´ニニニイ/. |  |リ/////////∧
 {  ,' |/////////,| ∧   | ̄ヽ 丶,-‐‐| /'////////// |
 ゞ    ∨/(´ ̄`),'/!'/∧ .|≧=======テ|.///(´ ̄`)///  イ



          ____
        /     \
       ‐   ─     \
       (  ( ●)     \   えっ?
      (人__)         |
       `⌒´         /
       `l          \
        l           \
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 自分もそれに続こうとしたとき、爺さんに呼び止められた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

53 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:25:19 ID:uKIBVpp6
        ___ノ  ̄      ヽ     __>
 /   /  |       /――  ―ヽ. ||  \
./   /   i|   ̄ ̄V |   / ̄|   | | !  ト、>
|     |   ||___/  \ ├‐┤./ /|  |l
       / |べー-、ヽ____   ノノ!  | |
       | _≧_、 ー――,テr三'7'´   | |
       | `ゝ、・_>ーケ彡ノ l,。ク/!   ハ|
      |  //  ≠三シ 「~|| |   |  |   あのパーティはお主にはあまり合ってないように見える
  !|  .| |  .//        | |リ   |
     | |  | |        l! レ  ∧ |      出来ることなら早々に離脱し、別のパーティに入ることを薦める
     ト」 //     -、_ノ/   .| .|.|
     |  | |   /   _与/   .| ||
     ト、 | | /r==-‐‐r’/    | ,!
|   |  | \|    ̄ ̄ ̄∧ i   i |__
|   |! |\  ヽ 、___./ | |   ||    ̄ー 
|   | |  \     |\ | |  ||      



           ____
         /      \
        /  ─    ─\
      /    (●)  (●) \  ・・・ そう、見えますかお?
      |     (__人__)   |
      \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

.

56 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:31:26 ID:uKIBVpp6
        |\ハ/|/|/|
     __|        |__
     \              >
    ∠   /        ', /
.     /  /  ト‐‐‐‐‐‐イ  .l>
    厶イ厶   |_シ由_|  |>      同じくらいのレベルの面子が揃ったパーティに入り直せ
     / /  .|Tl・l、{ィl・lT  | ̄ ̄ ̄|
    厶イ   | /  _}ヽ │  ',    /   まだ間に合うぞ あのパーティは主には合わん
   /  レ1  .ト|、--:一`}|  V    ハ
 へ      |  V >‐‐‐<|  !   /  |
 | ハ    V| |\   /  V |⌒| |   ヽ
 |/  |  |⌒| V\\/  /|  ⌒ /    |
 |   ヽ. ⌒   |.  /  / ヽ  |     .|



       ____
      /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \   そう、かもしれませんお・・・ 考えておきますお
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /   (でも、抜けたら生活できなくなるお…新しいPTに入れるかも微妙だお)
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そう言ってやる夫はやらない夫たちを追いかけるようにして塔を後にしたのだった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

57 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:35:23 ID:uKIBVpp6
      ___|           `ー- 、
      \  __,.-――-ィY      /
      /  Y。   ゚。 イ   i   `>
       >  !:。,__ィニ=|   ト、  __\―ァ     (行ってしもうたか・・・)
     /_ /.`iF'ゝヽニ`、| i  ヾ、 、\  ̄<
        / イヘl!,j_。   `|/:. :.ト、マ:. ▽  ―‐゙   (あのままではPTとして合うはずもないんじゃが・・・)
        ∠!,: マ‐‐、ゝj|::::::..:i:ト、ト、::トヾ::::::、>
         レ|::::::ゝ┐イ'!/::::::|ハノ/////>,、
         ┌|/|::∧!,ゝ ! |∧!//////////>、
       /マ/,'レ'//:辷ニ/|'///////>'’´.:.:.|V
       /.:.:.:.:|/()/i:.|xxノ/()/////.:.:.:.:.:.:.:. l∧
.      〈:./:.:|///∧/.:/,ゝニヽァ'=-‐.:.:.:.:.:.:.:./. \
     /.:.:./7又ヌメ、ィマ'__メキ´ニ=-:.:.:.:.:.:.:.イ  _\
     !イゞ二l! {!xx/.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ  \  ̄

.
59 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:45:17 ID:uKIBVpp6
.   ____                             __
... /      \                   . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
./ ─    ─ \                   /:.:./  ニニニ 、:.:.:.:.:\
.   (◯)  (◯)  \               ,:':.:/:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:《 ヽ.       : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :
    (__人__)     |               //}:.:.:.:.:.∧:ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:ヽ }゚,...  : :   あんな歪なパーティじゃ、な… : :
.     `⌒´    ,/             ハ/ィ’:.:.l_/   { \:.:_:_ト:_l:.:.:.:.V{:.ハ.   : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
.     ー‐    \             |:.」||:.:.:.:N ̄` ヽ ´\:{ヽ|:.:.:.:.:l !::.:!
                            |:.l ||:.:.:.:| z=ミ   z==ミ|:.:.:.:.:|」:.:.|
         _r=ァ=、ィfZァ、,、..     |:.l_||:.:.:.:.    ´    |:.:.:.:.:|:.:.:l|            _           ,
      ,  ´fフ:´-=_:三ー_ー^ヘ.      |:.:从:.:.:込、  ー  ´  ,|:.:.:.:.:|:.:.:リ        ,.孑'¨´.:.:ン゙¨ ̄`¨ヽ、_  ,.〃
    / _r//'_ァ'='^ー'`´` ^ー\     )∧:.ヽ:.:l:.:.〕ト  _ ..イ:.|:.:.:.:.从/ ヾ、ー-ー'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ノ
   /r=、ソィー'7´          ヽ      ヾ:.\:イ: :|    |: :/:.:.: 、    _`ゝ'´.:.:.:.:.:.〃´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.;:.ヽ、,,___,
.......ハ L/イ| ヽヽ        ',    ヽ ',     イi:i: : : : : f´__  `7:.イ: /i゙ミ二三´.:f.:.:.:;企、i.:;匕三心.:.:.:.:.:.「゙ミ|.:.:.:.:.:ニ二≧
  , ソ/ l ハレ´イ{ { {     | ',   ハ ',  / |:i:i: : : : : |´    ∨: : : /i//  `ー-‐ァ!.:.:.:jニー―=ニ¨´ム.:.:.:.匕.:.:.:水二´
..゙//:/ ノj `´i |ムト、ト、   | }  リ i !. / .、|:i:i: : : : : |´ ̄ ̄/: : : /i//  / ,.:’:l.:.:.:{二三__,.斗-‐ュ.:.:.:i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`气=-
_ハ:{/イ: { 乂yニミ、ヽ  ノ メ ノ/. --ミ、 }ヾiト.゙/ ̄ ̄\.: : : イi ィ’..  _/.:__;:!.:.:.i`゙ミ、   ,ィ壬斗孑.:.i{lュ ャ=ニ二¨´
.. // |:. ヽ. { ´ ̄¨` `}イ,ィミxイ. / / ハ {.゙/ _ノ  ヽ、_ \.゙i イ..... `¨¨¨´_,才.:.:ハ'代zj   /弋zZ}!.:.iレ'.:.:.:`ヽ、_
.゙-ヘ、:.. l:...  lト\`'    ´ ¨//゙{   ' /l}八..| ( ●)(● ) |...  ト.,. -<∠斗!.:.:}ム ¨´       ̄´l.:.:j'′ャー-―イ´
  j:〉..:.l:...  l!     、_ __′"/´ | 人    ノ!   |  (__人__)  │... ノ く `¨ー匕¨'';.:.:{斗ゝ、′__,   才:.;イ:ミーゝ
:..`ヽ、..:∧:.. lト_、     イ.: j| {ヾ:i:i:i:i:i:イ.  |   `⌒ ´   |   { 斗七>孑ー 、';.:.l ,ィ´:.ヽ、¨ .ィ'´}:.;イ:::〉
‐.-_、::\:.ヽ:.. l::.::::>ー<l!:.:.|:. リ‐//レ.      |           |....  ,'::/        ム:ト';:::::::::::::才 ,._jムゞイ,′
/.::.: ̄:.`ヽト、.V/::}:ハ:{トヽ/!:. !:/‐'::/.      ヽ       /.   l::j ;'   ノニ=ラ´寸 `;:才´ j ,什/  ト、
..::..::.::.::.::.::.:..:ヽヽヽ=l:| ト='イ-!: /::;∠ イ_       ヽ      /....   {;i   ,′::/   ゙i!  }入  '´ }〃 / j`ヽ、
_.::.::.::.::.::.::.::.::.`トi`j:|__ヽ\ノ人::.::.::∠´.        >     <      l;'    ;::::::,′   ゞ彡 ゙' ,. 才    /   `ヽ
゙:.......ー ::.::.::.::.::.::.:K/:ハ.「jフス::.:.`:くヽ.         |      |....   {'   ム:::/ ,.斗‐;斗´     j   /      }
_::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.{_j   jァzく::.::..::..`ヽ、.      |      |....   j   ハ:/,ィ´ ,/     ,.   !  /::ヽ、      l
.

62 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/01(金) 23:59:02 ID:uKIBVpp6
          ┌=================================┐
     ____|                              |    _
    |―――r=:|                              | ┐ ()_)
    |―――l: └=================================┘ |\//
    |―――|:::___________________::|―\
    |―――i゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i――|
    |―――|  |  | | ̄,゙´l| ̄ ̄| | | ̄ ̄l| ̄ ̄l |  |  |――|
    |―――|  |  | | ,.゙  l|    | | |    l|`' , -l |  |  |――|
    |―――|  |  | l__l|__| | |__l|__':_l |  |  |――|
    |―――|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |――|
    l三三三|  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |三三l
         l:三:三:三:三:三:三:三:三 三:三:三:三:三:三:三:三:l
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 レーベに戻り、かぎを使って部屋に押し入り、『まほうのたま』を爺さんから受け取る。

 そして、今日もまた先日泊まった宿屋に一泊することとなったのである。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.

63 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:04:15 ID:xzoLAFcc

                  ____
                 /      \
               /─   ─  \    ふぅ、さっさと寝て明日に備えるお…
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)      |     __
           | |= \  ` ⌒´    _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
       /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|
  /                    ノ|  ./
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
|.      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 今日もいつものようにやらない夫は外に散歩に行っているので、気にせず先に寝ることに。

 夕飯も食べて、水も浴びてさっぱりしたので、今日はよく眠れそうだ。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.

64 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:07:49 ID:xzoLAFcc

          __  _____           __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \        | |
         /  (__人__)     ヽ      | |  (レベル上がったけど、もっと頑張らないとなぁ…)
       _rーー‐‐- 、_        / ̄ヽ___| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ   ./| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、.../  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                    / |  |
                  /   |/
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 いろいろなことを考えながら、ゆっくりと眠りへと入っていく

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.

65 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:13:09 ID:xzoLAFcc

\_人__人__人_/
 ≫ ‐|‐” ≪
≪   ‐|‐    ≫
 ≫ ニ / ≪
≪   /    ≫
 ≫  ツ   ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y\
          __  _____           __
          | |/─  ─ \..======| |
       パチッ . |/ (●) (●)   \         | | (なんだお、この音・・・?)
         /  (__人__)     ヽ      | |
         |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
  /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
 ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
/                   ノ|  /
                   / |/
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 眠りに入りかけたとき、どこかから軋むような音が聞こえて目を覚ます。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
67 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:19:32 ID:xzoLAFcc
                  ____
    _人___             /      \
    )ギ (           /─   ─  \    (また…、隣の部屋って女子の部屋だったはずだお…)
    )シ (         / (●) (●)   \
    ) ッ (     __  |   (__人__)      |     __
    `Y⌒     | |= \  ` ⌒´    _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |
           | |  / /l      丶 .l      .| |
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
       /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |
___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____
    ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|
  /                    ノ|  ./
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
|.      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 音は鳴りやむことなく、断続的に続いている。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.
69 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:27:07 ID:xzoLAFcc

          ____
        /      \
       / ─   ─   \   (そういえば、壁板の隙間が広がってる部分があったお…)
      /( ●)  ( ●)    \
      |  (__人__)       |  (そこから何してるかちょっとだけ見てみようか…)
       \ ` ⌒´       /
        /  ー‐      ヽ
       /            ` ノソッ

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 ベッドから静かに立ち上がり、昨日見つけた壁板の隙間に近づいて行く

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.
74 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:41:09 ID:xzoLAFcc
             , r '"´____  、    //{          ____ _
           /,    ´ -―r〈匀}Yー __ヽ、(({: :\   _,  '" : : : : : : : : : : : : : `丶、
          // /:::::::::,. ヘ≧ラ:::::::::::::_,,\::ヽ : :  ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄:`ヽ\
         / /:::::,. :::´:::;. ,-―ベ" ̄  `_,>:'´ : : : : : `ヾ: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /  /::::::/:::; イ  |    \ \   \: : : : : : : : : :}/:  ̄: `: : : : : : : : : : : : : ヽ
γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ  ヽ     ヽ:./ミヽ: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ.    __
_|  相変わらず元気よねぇこれ…   .|......ヘ       ハ/彡ヘヾV/三ミ:、: : : : : : : : : : : : : : : : : : `.../‐匕_\
_ゝ________________,ノ..  ,  i  |/イ _  ``"'''"´⌒ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ<  (乂 ) |
   < </ / 不ヽ ヾ\ |  !ヽ  ヽ  \    l   |  |} `ヽ        ',: : : : : : l: : : : : : : : : :\....\  つ |
    \__'/ /|::| イ/| \\  \   ヽ  | ィハ  ハ|{f沁        l: : : : : : l: : : : : : : 丶、: : :_/\__♥_ノ
    //  / |::|ー'   |、ヽ \\  \ |l /,.イ/ / /::j :ト'::!  ィー- 、_  |: : : : : : |: : : : : : : : : :  ̄¨フ
   //  /   |::| i    ', >\"\二  ヽ|レゞ'イ/ イ| /jヽVリ   _,≧三ニニ|: l: : : : :.|.: : : :、_ : : : :__/
  /::::/  /   i!::! ヽ   ヽ >イ l!ノ,.`      7  / |:/レ{//ノ     てノ::::圦|: l: : : : : |: : : : \
.__/::::/  /    /::/   \  \ ` ´        〉/ / :.:l´八 ヽ .     `ー≠=' |: l: : : : : |、: : : : : ;>
.\ヾ{  /    /::/i    |イ\ \ ////   , /イ : :,.=-マヘ.`t_、   ///// :., |ムl: : : : :.| 「 ̄ ̄
/ \<..._∠ イ∧   Vヘ.` ー一    ̄ / _ィL.. .r'     \     __ , イ /|:l | : : : : |│
=  ̄:::::::::::::::::ー―ヘ   ∨7`;―::>r―‐:'::.`ー'゙   ヽ      ヽ ̄l /j/./ ,' |:l | : : : : |/ヽ
ク:::/;:::r'       ヽヾl!ヽ|!-      /       ヽ         ',  レ'     |:l | : : : : l  `ヽ、
:::::: ::::,'         ヾ,|:! メ      __       __  ;: : . __    !  , r‐ー--ヘ|.: : : :./     ヾ
::::: :::;'           l! j  , r ''"´  `` ‐ 、  /  ヽjr''"´  ̄ ``ヽ、       j: : :.:/        l
:::: ::::!           ,   , /          \==/           , `ヽ 、   /: : :/         |
:::::::::l         /   ク,::            rヽ'            ト、      / : : イ        !
::::::::j       / 、  l |::        _.....ノ  :::y'          ',.\      l        /
::::::;'      /   ヽ j ヽ、 __/ ̄ン'" ,, C)::j           'l ヽ    ,i,         /
::::;'        /     ,'   ̄   ∠_´... ィ,ク  l''           ノ   l   ,:'  !       ,'
:::;        ,'     イ        ,.... -ノ ノ _ λ  _    __,,.. ィ"    l、    !      !
:;       ,'ヽ   r'            ' イ// ヽ ヽ  ̄ ̄         !    ,'      !
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 そこで行われていたのは、裸の男女の睦み合いだった。

 1対3の肉欲の宴がそこで開かれていた

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.
76 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:44:57 ID:xzoLAFcc
                  _/.7
               /`' ‐′ .! ,-,      ‐……- 、
               i       v .{.  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ‘.     / . ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
    ___            r.   , ィ /. {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:u:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
   /   ヽ        /.   /   /:.V:.:.xヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:
   |l ┼. |         /  ./   ハ:.l:./.介 》:u:.:.:..:.:.:/:!:.:.i:.:.l:.:.:.:.i
   |レ<ナヽ|      /   ,′.  { {/:.Vi:.l∨:.:.:.:.:.:.:.: ':..:l:.:l|:.:.l:.:.:.:.}
   |. あ ..|     ,.'   ,     /:i:.:| |:.| }:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:リ:.:.:.:.:.:.′
   | ・   |     ./.    ,.    〃 |:.:Y:.:レ:./:.:.:..:.:':.:.:.:.:j:イ:.:.:.:.:.:.:{
..   | ・   |    .,' ____  !.       |:.:.':./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:l:.:.:.:.:.:.:.|       ,./7        ___
   ヽ.・  /   ./. ´  ``  ‐-    }人:.{:.:.:.:.:. = 、.゙イ:.从:.:.:.:l:.:!      ノ/ ,'i'゙!_.      /   ヽ
     ̄      .ト、_.              `!:.:/.     ヽ  ヽ、::::j.    / .i/ , ,' ii.       |l ┼. |
             ¨    _             u       .\  i¨i/ ' ι///       |レ<ナヽ|
                 ` .‐   __                  \! '     /      |. あ ..|
                        )ヽ.、.        ',      ’、     ./.        | ・   |
     ___               ,./  ′`         !      i ヽ  .}′.       | ・   |
    /   ヽ               .i゙:"   : : :         /       ハ. !   |           ヽ.・  /
    |l ┼. |              i′   : : :     /      / .!′ .!  _          ̄
    |レ<ナヽ|          ._. - _.八   . :!: :   ` ´     !    |  |  .レ´   `ヽ
    |. あ ..|         /.     ヽ \ .: ::.              |   ヽ .!      ',
    | ・   |       .       .ヽ `¨ ∨        i     i    ヽ        i
    | ・   |       i‘.       \  ∨        :.     .i     !         i
    ヽ.・  /        , ヽ          \ ∨           ト、  i       ‘
       ̄          .i   ’          .ヽ .Y   u         八 `¨/           ',',
               レ  ハ             ヽ!           ‘、 .|           i∨
               /    ∧          ,'               ヽ、          i ∨
               Y.    ∧        /                  ` 、         ! !
               ‘.     ∧.         /             、       ヽ.     |. |
               ‘     ∧      i               ヽ/.       ヽ     !
                i.     ∧     λ                         ヾ.、 ,'
                !.     i ‘.     /               ヽ         、ヽ/
                /.     !  ‘.  /                     i.          .i/
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 一人はすでに大汗を背中に浮かべて、尻を掲げたまま倒れ込んでいた
 きっともうすでに一発か二発やった後なのかもしれない

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

77 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:45:20 ID:xzoLAFcc
              l   l.    _____
              l   l.  /    ::::::::::::::\
              l    /      ::::::::::::::::::\       / ̄ ̄ ̄ヽ
              l  /         ::::::::::::::::::::::\.   | えっ… .|
              l /         :::::::::::::::::::::::::::::::\... ヽ___/
                /          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  |   U        :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                |         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 \         :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               l \      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                   l... /    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 好奇心は猫をも殺す

 一瞬頭が見た光景を理解することを拒否したが、身体は素直で背中から冷や汗が出る

 震えて鳴りそうになる歯を食いしばるようにして、必死にばれないようにするだけで
 精一杯だった・・・

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

78 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:50:58 ID:xzoLAFcc

          / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |   ( ―)(―)             ,  、
        .|     (__人__)  ふぅーッ    ,´ ( ⌒ヽ )
         |       `-=━・   --==≡三三 ( (  ) ) )
         .|        ノ            ヽ `ー ノノ
         ヽ    .,ノ )/´二⊃           ヽ_- ノ
          >  /"/  '‐、ニ⊃ キンッ
       ./⌒ヽ  l    ´ヽ〉〆ヽ
       (   ヽ/    __人〉ヾ_ノ,ゞ
       .\  /   /   {  /
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 やる夫が少し視線を上げると、そこには男の姿があった。

 股倉で水銀燈とカレンにパイズリをさせ、脇には事後で尻を掲げ倒れ込むハルヒの姿。

 一休憩しているのであろう。煙草に火をつけ一服するやらない夫の姿がそこにはあった。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.
80 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:54:37 ID:xzoLAFcc

            ____
           /      \
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \  (これは…どういうことだお…?)
         |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 頭が上手く回らない。事態を飲み込めない。

 つまりこれがどういうことなのかを、推測も理解もできないくらいに混乱していた。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

82 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 00:59:33 ID:xzoLAFcc
                       _,,...,,,...,_
                   ,,..-‐''::::::::::::::::::::"''‐- 、.,_
                ,-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
──── 、       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::: ::: \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::;:|─・─‐\:::::::::::::::::::ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /           ̄ ̄ ̄ .・: 、∵ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /                  ,;), :;.(;;;ヽ ”、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             :;.ノ;;) ”、、;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::: : /              : ”    ヾ
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 遅れて催した吐き気に耐えきれず、慌ててトイレに駆け込み吐いてしまう。

 分けのわからないいろんな感情が渦巻き、表現のしようがない感情が胸によぎる
 そして、それを吐いてしまいたくて必死に便器にしがみ付く

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

.
84 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 01:03:46 ID:xzoLAFcc

         , -─‐──‐-、
       /        ゚    \
      / ;  ゜      °  \
      l  U      ;         l⌒ '"⌒ ヽ、
     |          u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
      ゝ。((-‐)  (ー-))::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
     (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

 その後、フラフラになりながら何とかベッドまでたどり着き、倒れ込む

 もう何も考えたくはなかった。このまま眠って、目が覚めたら全てが夢だったと
 そう思いたくなるくらいの衝撃だったのだから…

 そんなあり得ない可能性に全てを賭けるように、やる夫は意識を手放した。

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━
.

86 名前:HIO ◆GSpyI2J3e6[sage] 投稿日:2014/08/02(土) 01:05:37 ID:xzoLAFcc
今日はこの辺でおわりー
また明日ね

さてここからどう展開していくべきか・・・
関連記事
2014-08-05 : HIO ◆GSpyI2J3e6の雑談所 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

最新記事

検索フォーム

プロフィール

yaruokei

Author:yaruokei
昨年から利き腕の痛みがありブログ更新を中断していましたが検査を数か月繰り返した結果、筋肉が切れているだけだから治療不可と言われてしまったのでぼちぼち更新を再開させます。

Lc.ツリーカテゴリー

各作品へは「目次」からが便利です。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

ご意見、ご要望があればどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

まとめ希望も受け付けています。(ただし他サイト様で既にまとめられている場合は行いません。)

RSSリンクの表示

2013年下半期おすすめやる夫スレアンケート